ずくなしの冷や水

2017年04月24日

核兵器爆発の脅威は冷戦後で最も高い 国連の関係機関

FARSNEWS20174/23
UN Agency: Threat of Nuclear Weapons Detonation Highest Since Cold War
TEHRAN (FNA)- A UN-linked institute warned that the possibility of a “nuclear weapon detonation event,” is now the highest it has been since the end of the Cold War.

"The threat of a nuclear weapon detonation event in 2017 is arguably at its highest in the 26 years since the collapse of the Soviet Union,” said the UN Institute for Disarmament Research (UNIDIR), RT reported.

Nuclear deterrence was, and still is, the backbone of the military strategies of many world powers. Overall, nine states, the US, Russia, China, the UK, France, India, Pakistan, North Korea, and Israeli regime, possess more than 15,000 warheads, and global investment in the modernization and development of new, more capable and mobile nuclear weapons continues to rise.

One of the major factors threatening global security is the current state of US-Russia relations, the researchers argued.

"The return of Cold War-like confrontational postures has hindered international cooperation and confidence-building,” the UN agency's a comprehensive study said.

Comparing today’s security environment to that during the Cold War, the authors argue that the bipolar world appeared to be more predictable, and therefore more secure. The so-called mutually assured destruction (MAD) principle proved sustainable, unlike “current geopolitical complexities and expanded club of nuclear actors, which exacerbate the inherent dangers of nuclear deterrence.”

The 2010 review, which was written during the Obama administration, stated that “Russia and the United States are no longer adversaries” and listed nuclear terrorism as the biggest security threat. However, given how hostile relations between Moscow and Washington have recently become, this year’s document is expected to take a different stance.

Aside from uneasy relations between the US and Russia, the UNIDIR report cited the recent flare up in tensions on the Korean peninsula, where North Korea and the US continue to raise the stakes by flexing military muscle.

The report doesn’t see a reduction in America’s nuclear arsenal as a solution to worldwide nuclear tensions, however.

"Any weakening of the United States’ nuclear umbrella could spur further adventurism by adversaries and proliferation by allies,” the report claimed.

"Nuclear deterrence works, up until the time it will prove not to work… the risk is inherent and, when luck runs out, the results will be catastrophic,” it warned.

RTの記事の要約です。RTの記事は「シリア 米国 UN 2017/4/23
posted by ZUKUNASHI at 13:11| Comment(0) | 国際・政治

イドリブ毒ガス攻撃 ファクトファインディング 4

RT2017/4/20
Russia questions watchdog’s swift identification of sarin in Syria chemical incident

The Russian military has questioned the swift conclusion of chemical weapons watchdog the OPCW, which has reported identifying sarin in samples related to an alleged attack in Syria on April 5.

The Executive Council of the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons (OPCW) convened in the Hague on Wednesday for an update on the investigation into the reported chemical weapons attack in the town of Khan Shaykhun.

Director-General Ahmet Üzümcü told members that four OPCW designated laboratories have studied samples collected from three victims of the alleged attack during their autopsy and seven individuals undergoing treatment after surviving the incident. He said analysis of all samples indicated exposure to sarin or a sarin-like substance.

“While further details of the laboratory analyses will follow, the analytical results already obtained are
,” the official said.

The OPCW statement didn’t explain how exactly the samples were collected. The inspectors have yet to visit Khan Shaykhun, which would allow the collection of samples on the ground to confirm contamination from a chemical agent. The site is located in a rebel-controlled territory in the Idlib province. Üzümcü said such a visit would depend on the security situation and cited an attack on an OPCW fact-finding mission in May 2014.

The Russian military, however, questioned the swift analysis of the samples, saying the OPCW did not act with such speed in another incident in which a militant group reportedly used mustard gas in Aleppo.

“Russian specialists on the site of the crime [in Aleppo] collected samples of the agent, which had been delivered to representatives of the OPCW and transported to the Hague. By the way, the Syrian leadership at the time offered safety guarantees and insisted that OPCW experts visit Aleppo, but nobody came,” Russian Defense Ministry spokesman Maj. Gen. Igor Konashenkov said Thursday.

“Four months later the OPCW still cannot come to a conclusion and call the mustard gas found there mustard gas, saying additional analysis is necessary,” he remarked.

The Russian military said it wanted details on who collected the samples and how they were studied at OPCW designated labs, and why the analysis in this case was completed in a much shorter space of time.

He added that if the OPCW states that sarin gas had been used in the incident, it would find it difficult to explain how White Helmet first responders survived exposure to the agent.

Footage taken at the scene in the aftermath of the alleged attack showed people from the controversial rescue group helping the victims while wearing no protective gear rated for handling sarin.

The OPCW is expected to provide a preliminary report on the incident within two weeks.

※  太陽のイビキ‏ @taiyonoibiki 氏の2017/4/23のツイート
メディアが報道しない本当のシリア・中東⒀シリア、ハン・シェフーン神経ガス攻撃2017年4月11日付ホワイトハウス発表査定報告書に対する反論/セオドール・A・ポストル(マサチューセッツ工科大学・科学、技術、国家安全政策名誉教授)(全訳)
https://twitter.com/taiyonoibiki/status/856164080926605312

A君から届いた前回のメールは、私が理解するところでは、去る4月4日シリア、ハン・シェフーンで起きた例の神経ガスよる攻撃についてホワイトハウスが情報コミュニティからの得た情報として発表したある声明に関してのものだと思うので、私は今、それに返信しようと思ってこれを書いている。

トルコはハーンシェイハーンの化学攻撃に直接関与している。
FARSNEWS2017/4/23
Dissident Leader: Turkey Directly Involved in Khan Sheikhoun Chemical Attack
TEHRAN (FNA)- A Turkish dissident leader revealed that the pharmaceutical companies affiliated to Recep Tayyip Erdogan's government have provided the terrorists in Syria with Sarin gas, reiterating that Ankara has been directly involved in Khan Sheikhoun chemical attack.

Sarhab Golhan, the leader of Moon and Star party, was quoted by SANA news agency as saying that Erdogan is directly involved in the chemical attack and he is "the ISIL's current leader".

"If investigations are carried out about Khan Sheikhoun incident, it will certainly reveal that Erdogan is behind it and all massacres happening in our region; the Justice and Development government opened the borders to the terrorists' easy traffic and equipped them with weapons," he added.

Golhan said that certain pharmaceutical companies close to the Justice and Development government have supplied the terrorists with Sarin gas to be used against the civilians and raise allegations against the Syrian government to provoke the international community.

Meantime, head of Turkey's Socialist Workers Party Turgut Kocak said that the same side that had provided the terrorists in Aleppo with chemical weapons supplied their comrades in Khan Sheikhoun with the same kind of weapons "and therefore, they were sent by Turkey to the Syrian city".

"We know that 90% of weapons in terrorists' hands have been sent from Turkey and we think that the terrorist groups in Idlib which are led by the Turkish intelligence agencies are the culprits behind the Khan Sheikhoun incident," he added.

In relevant remarks on Saturday, Syrian President Bashar al-Assad said Damascus is 100% certain that terrorists get chemical weapons directly from Turkey.

"Directly from Turkey, and there was evidence regarding this, some of [it has] been shown on the internet a few years ago. You had many parties and parliament members in Turkey who questioned the government regarding those allegations. So, it's not something hidden," Assad told Sputnik.

He further maintained that financial, armament and logistic support for terrorists in Syria, including recruitment, is provided through Turkey.

"They don't have any other way to come from the North. So, it's a hundred percent Turkey," Assad underlined.

On April 4, the National Coalition for Syrian Revolutionary and Opposition Forces claimed that 80 people were killed and 200 injured in a suspected chemical attack in Khan Sheikhoun, putting the blame on the Syrian government. Damascus vehemently rejected the accusations and said militants and their allies were responsible.

According to the Russian Defense Ministry, the Syrian Air Force hit a warehouse where militants stored chemical weapons, which were sent to Iraq. The Russian Foreign Ministry reminded that the Syrian government doesn't possess chemical weapons since mid-2014. Chemical weapons have been taken out of the country with the US help.

In response to the Khan Sheikhoun incident the United States launched 59 Tomahawk cruise missiles at the Syrian military airfield in Shayrat in Homs province.

ロシアはハーンシェイハーンの化学攻撃の現場を調べるため同地のアルヌスラ基地を攻撃
FARSNEWS20174/23
TEHRAN (FNA)- The Russian fighter jets targeted a main Al-Nusra Front (also known as Fatah al-Sham Front or the Levant Liberation Board) base near a town in Southern Idlib, while military sources say the army plans to expand control to Khan Sheikhoun to allow Russian inspectors to visit the site of the recent chemical attack.

The warplanes carried out two air-to-surface missile attacks on a garrison of Tahrir al-Sham Hay'at (the Levant Liberation Board) West of the town of Khan Sheikhoun a few minutes after the terrorists approached the base, destroying the center and killing or wounding most of the militants in there.

The Al-Nusra militants form a main part of Tahrir al-Sham.

In the meantime, informed sources reported that the Syrian Army plans to continue the march in Northern Hama up to the towns of Morek in Hama and Khan Sheikhoun in Idlib to provide a chance for the Russian forces to inspect the site of the chemical incident in Khan Sheikhoun.

The sources further added that current battle will not end in Khan Sheikhoun, and will rather expand then to other towns and villages.

A Syrian military source reported earlier this month that some 22 ranking commanders of the terrorist groups were killed as their meeting came under a fierce air raid by the Russian warplanes in Idlib province.
posted by ZUKUNASHI at 13:02| Comment(0) | 国際・政治

ラッカ解放作戦接近か

クルド勢がラッカに通じる戦略的に重要な幹線道路を抑えました。
FARSNEWS2017/4/23
Kurdish Forces Gain Control over All Strategic Highways Leading to Raqqa
TEHRAN (FNA)- Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) establish control of all strategic highways leading to ISIL's de facto capital of Raqqa.
"We have cut all the strategic ways of supplying Daesh [ISIL]. We have cut the connection with Iraq, freeing the way to Deir Ezzur and have gained control over the Eastern part of the province of Raqqa. With the attack on the city of Tabqa, all the supply routes have been finally cut, we also established control of the roads of Raqqa-Tabqa and Raqqa-Damascus," Kurdish news agency Firat quoted SDF spokeswoman Cihan Şêx Ehmed as saying.

She added that the SDF continue their offensive in the north of the Raqqa province.

"Now Daesh cannot replenish its forces and ammunition. They are besieged in Raqqa from four sides," she stressed.

According to SDF data, ISIL militants are retreating to the city of Raqqa and are preparing to conduct battles in the city. The Kurdish-led forces, in turn, continue to attack the city.

The Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) launched the Operation Euphrates Rage to retake Raqqa from ISIL in November 2016.

ISISはラッカからデリゾール郊外に司令部機能を移しつつあるとされています。
RT2017/4/23
ISIS ‘essentially moved’ its Syria HQ from Raqqa to Deir ez-Zor province – report
In a move that may affect the protracted Raqqa offensive, Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) terrorists have “essentially moved” their so-called capital in Syria to the eastern province of Deir ez-Zor, Fox News reported, citing unnamed US defense officials.

The jihadists and their military command are now centered some 140 kilometers southeast of the city of Raqqa, the US media report claimed.

ラッカ郊外に設けられたUNのキャンプから人々が米国の空爆を恐れて再避難しています。
FARSNEWS20174/23
Syria: Over 10,000 Civilians Flee US Shelling in Raqqa
TEHRAN (FNA)- Internally Displaced Peoples could be seen at the UN-funded al-Karamah Camp located in the outskirts of the embattled city of Raqqa, as more than 10,000 people have fled the recent shelling by the US-led coalition. [VIDEO]


ロシアはモースルで大量の犠牲者が出たことを批判しています。アレッポでは市民を避難させるために時間をかけ、攻撃を強めながら粘り強くテロリストと交渉しました。ラッカでも同じようにまずは市民を逃がすことを優先しているように見えます。

デリゾールはユーフラテス川を挟んだ南側で砂漠地帯です。こういう地域に入ると、シリア軍、ロシア軍の空爆がやりやすくなるはずですが、そこまで追い詰められているのでしょうか?
posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | 国際・政治

シリア 米国 UN 2017/4/23

ISISがシリアの司令部をラッカからデリゾール州に移した。
RT2017/4/23
ISIS ‘essentially moved’ its Syria HQ from Raqqa to Deir ez-Zor province – report
In a move that may affect the protracted Raqqa offensive, Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) terrorists have “essentially moved” their so-called capital in Syria to the eastern province of Deir ez-Zor, Fox News reported, citing unnamed US defense officials.

The jihadists and their military command are now centered some 140 kilometers southeast of the city of Raqqa, the US media report claimed.

米国でハッシュブラウンがゴルフボールが原料に混入の疑いで製品回収
RT2017/4/23
Fore!: Hash brown recall in US over suspected golf ball contamination

RT2017/4/22
Risk of nuclear weapons use at all-time high since Cold War – UN study
The threat of a “nuclear weapon detonation event,” be it accidental or deliberate, is now the highest it’s been since the end of the Cold War, 26 years ago, a UN agency has warned, saying the risk is rising as relations between nuclear powers deteriorate.

With over 15,000 nuclear weapons possessed by nine states, the world now appears “full of potential for catastrophe,” warns a comprehensive study from the UN Institute for Disarmament Research (UNIDIR).

“The threat of a nuclear weapon detonation event in 2017 is arguably at its highest in the 26 years since the collapse of the Soviet Union,” said the research paper composed by several reputed scholars and disarmament experts.

Nuclear deterrence was, and still is, the backbone of the military strategies of many world powers. Overall, nine states – the US, Russia, China, the UK, France, India, Pakistan, North Korea, and Israel – possess more than 15,000 warheads, and global investment in the modernization and development of new, more capable and mobile nuclear weapons continues to rise.

One of the major factors threatening global security is the current state of US-Russia relations, the researchers argued.

“The return of Cold War-like confrontational postures has hindered international cooperation and confidence-building,” the paper said.

After Crimea’s reunification with Russia, the US quadrupled the budget for its European Reassurance Initiative to $3.4 billion in February of 2016, saying it was specifically intended “to deter Russian aggression.” Moscow, in turn, has deployed troops and weapons, including short-range Iskander missiles, in its westernmost enclave, Kaliningrad, in response to NATO’s massive military buildup along its borders

Comparing today’s security environment to that during the Cold War, the authors argue that the bipolar world appeared to be more predictable, and therefore more secure. The so-called mutually assured destruction (MAD) principle proved sustainable, unlike “current geopolitical complexities and expanded club of nuclear actors [which] exacerbate the inherent dangers of nuclear deterrence.”
The study comes as the US is launching a massive trillion-dollar program to modernize, support, and maintain its nuclear air-land-sea triad over the next 30 years. The colossal sum will be spent upgrading certain weapons systems, such as Minuteman III missiles first deployed 40 years ago, and the US Navy’s fleet of 14 Ohio-class nuclear submarines, according to Bloomberg.

In addition, the US Air Force has selected Northrop Grumman to develop and build a new long-range bomber to replace the Eisenhower-era B-52 at a projected cost of $80 billion. In the meantime, the Pentagon has begun preparing its latest Nuclear Posture Review, which could see the US turning back to confronting near-peer countries like Russia.

The 2010 review, which was written during the Obama administration, stated that “Russia and the United States are no longer adversaries” and listed nuclear terrorism as the biggest security threat. However, given how hostile relations between Moscow and Washington have recently become, this year’s document is expected to take a different stance.

Aside from uneasy relations between the US and Russia, the UNIDIR report cited the recent flare up in tensions on the Korean peninsula, where North Korea and the US continue to raise the stakes by flexing military muscle.

The White House has threatened to solve the “North Korean problem” with or without international support and sent the USS Carl Vinson strike group to the region. This has prompted an angry response from Pyongyang, which has promised to retaliate for an invasion with all means available, including nuclear weapons.

The report doesn’t see a reduction in America’s nuclear arsenal as a solution to worldwide nuclear tensions, however.
“Any weakening of the United States’ nuclear umbrella could spur further adventurism by adversaries and proliferation by allies,” the report claimed.

“Nuclear deterrence works – up until the time it will prove not to work… the risk is inherent and, when luck runs out, the results will be catastrophic,” it warns.

FARSNEWS20174/22
Damascus: Jordan Planning to Deploy Troops in Syria in Coordination with US
TEHRAN (FNA)- Syrian President Bashar al-Assad said Damascus has intelligence on Jordan planning to deploy troops in Syria in coordination with the US.

Syrian President told Sputnik that the Damascus government is aware that Jordan is planning to deploy troops on its territory in coordination with the United States.

"We have such information, but anyway Jordan was part of the American plan since the beginning of the war in Syria," Assad said.

He added that, "it's the United States who defines the plans, who defines the players, and who endorses everything regarding Syria coming from Jordan, and many of the terrorists coming from Jordan, and of course Turkey, since day one of the war in Syria."

The statement comes following the talks between US President Donald Trump and Jordanian King Abdullah II earlier in April. The two leaders held a bilateral meeting at the White House on crucial Middle East issues, such as means to defeat ISIL terrorist group.

Jordan is a part of the US-led coalition against ISIL, which is conducting airstrikes against Daesh in Syria without the approval of Syrian authorities and the UN, thus, violating the international law.
posted by ZUKUNASHI at 00:42| Comment(0) | 国際・政治

かけがえのない家族を連れて逃げたウルトラおやじさんから近況が届きました

2017/4/23、ウルトラおやじさんから寄せられた投稿を掲載する。ウルトラおやじさんからは、2017/1/6に次の投稿が寄せられ、これに触発された投稿が何件も寄せられるなど大きな反響があった。関連記事は末尾のリンク参照。

2017年01月06日
唯一持って逃げれるものは目の前にいる大切な家族 他の方の意見を読んで決心がついた

4月20日(木曜日)に会社の関係で、日本食の料理屋さん(九州北部)で会食をしたのですが、本日4月23日(日曜日)早朝から、40℃の高熱と下痢・歯茎の腫れでダウンしていました。
メイン料理は魚です。

食べるべきか食べざるべきか、結構悩んだのですが、取引先との懇親会なので食べないわけもいかず、食べた結果がこれです。
魚しかないので、選ぶ猶予はありませんでした。

九州県内の魚とは言っていましたが、正直「どうなんだろう?」と言った感じでしたが、体調は絶不調。

(経緯を知らない方へ説明→放射能の危険性という理由で中部地区から実家の九州へ移住。
 現在は九州の会社で勤務。おかげさまで貧乏になりました。でも健康になりました 笑 )

中部地域の会社勤務の時、東京・神奈川・群馬・栃木・静岡へ出張した時にも同じように出張後に高熱・下痢・歯茎の腫れなどの症状はありました。

とくに、酷かったのは静岡で、出張後1週間くらいは40℃前後の高熱が続いていました。
おまけに、膝の痛みです。
各種データをみると、東京・群馬・栃木の方が危険性は高いようなのですが、私の場合は静岡に行くと必ずといってもいいくらい、高熱と歯茎の腫れが1週間近くありました。

私自身の、現在の対策は以下のような感じです。

○肉類・魚介類・卵・乳製品・牛乳は一切食べない
○完全菜食主義に変更(野菜・豆類・木の実のみ食べる)

と言った具合です。
豆類も、豆腐などの未発酵の大豆食品は食べません。
大豆に含まれるフィチン酸が有害という理由です。
あと、ナス科の野菜(トマト・ナス・ピーマン・ジャガイモなど各種)は身体の炎症を促進するという理由から食べないようにしています。

大豆やナス科の危険性は、いろいろな研究論文などでも発表されおり、危険性が言われております。

現在の食事内容(上記の内容)で、特に問題が起きたということはありません。

もともと登山が趣味で、100kmウルトラマラソン、山岳トレイルに出ておりますが、野菜や豆・木の実だけの食事で体力が落ちたといったこともありません。

逆に、菜食主義に変更したことで、体力・持久力はUPしているのは?と感じています。
毎週末、山道をおよそ40km〜60km走っていますが、徐々にタイムが短くなり持久力がUPしています。

完全菜食主義(ビーガン)になったのは昨年ですが、子供たちがインフルに罹ったときも私だけは感染せず元気でした。

このような私の行動状況を長男(小学校4年生)は敏感に感じているらしく、野菜って元気になるの?とか聞いてきます。

親が実行すると、子供は敏感に反応します。

子供に言っても「訳の分からない」ことは、なかなか聞き入れてはくれません。
まずは、親が、実行して証明する。
これが、一番効果があります。

おかげで、長男は野菜を結構な量食べるようになりました。

よく菜食主義(ビーガン)はタンパク質を気にするあまり、ベジ肉などの大豆製の食品を多く食べると聞きます。
ベジ肉などの未発酵の大豆食材はフィチン酸が多く、食べると必須ミネラルを体内に吸収できず、結果として、菜食主義になったけれど体調不良になり断念する人が多いという話しを聞いたことがあります。ネットでも見かけますが。

あと、ナス科の食べ物でも、日本人はよく生のトマトを食べます。
しかし海外赴任の時に経験したのですが、海外では生のトマトはあまり食べた経験がありません。
推測ですが、日本以外の国は経験的に生のトマト(ナス科)は身体に悪いということを知っているのかもしれません。

食生活を見直すにあたり、経験・体験したことなどを総合的に考えて、現在の前記のような食事に変更しました。

牛乳でもそうですが、スウェーデンの研究チームが牛乳摂取によって骨折率が上昇するとの研究論文が発表されています。
過去にも同じような研究発表はありましたが・・・。
それを言ってしまうと、一産業がなくなり、税収が見込めなくなり失業者が増加する?
そういったことがあり、都合の悪いことは黙殺するのでは?と思ってしまいます。

私の子供には牛乳は飲ませていません。
放射性物質が濃縮しやすいという理由+カルシウムは100gあたり100mgとたいした含有量ではないという理由からです。
あと、カゼイン蛋白は身体に悪いのは?という疑念があるからです。←(各種論文発表からです)

論文で発表されたから信じるとかではなく、自分の身体で試験して試してみる。
その結果どうだったかによって、その論文を信じるか信じないかを実践しています。

本当に真実ならば、追試験を行っても同じ結果が得られます。

追試験の結果、つまり自分自身が実験台になって同じ結果が得られなければ、それは嘘・あるいは不確実性が含まれるということになります。

これは、私の大先輩から学んだことです。
追試験・追実験をして、同じ結果が得られなければ、その論文は疑ってかかれと言われたからです。

これからのサバイバルの時代、何が真実で、何が嘘か?
それを見抜く力が、生きる力になってきています。
『知らぬが仏』ではなく『知らぬがあの世』の時代です。


【補足】
以前、ずくなし様に取り上げていただいた投稿

知恵・経験・楽しい思い出・学んだことさえあれば幸せになれる
両手に持って逃げれるものは、子供や家族、という文章

その元を教えて頂いたのは、ユダヤ系ドイツ人の方です。(名前は××・アハター氏:今は70代)

仕事の取引で、初めて出会ったのは、2000年初頭です。
その後、日本の北アルプスに登りたいと言われ、登山が趣味の私が北アルプスのガイドをしてから懇意にしてもらいました。

あるとき、私に言ってくれたのが以下の文章です。

祖父・祖母はユダヤ系ということで、酷い経験をしたそうです。
いつも迫害を受け、いつも着の身着のままで追い出される。

その経験を元に、××・アハター氏が話してくれた話しです。

『日本人は、車・家・財産・名誉・お金に拘るが、そんなものは、戦争になったら価値はないよ』
『今のドイツ人も似たようなものだけどね』
『戦争になれば、裸で逃げなきゃいけない時だってある』
『その時に、持っていけるものは何だと思う?』
『それは、頭。頭脳。』
『物を持って逃げても、両手に持てるだけしか持てない。でもね知識や経験は無限でしょ?』
『頭脳には、無限にいろいろな物を詰め込める』
『死ぬ寸前まで、持ち歩くことが出来る便利な金庫は、頭脳なんだ』
『ミスター ウルトラおやじさん、今学ぶべきことを頭脳に沢山蓄えなさい』
『そして、楽しい思い出も沢山記憶するんです』
『楽しいときに写真を撮ることに夢中になってはいけない』
『日本人はカメラが好きなようだけど、写真をとったら半分の記憶しか残らない』
『カメラのレンズを通しての思い出はすぐに忘れてしまうから』
『自分の目でよく見て、自分の脳で記憶するんです』
『その記憶は、きっとあなたを幸せにしてくれる』

これを聞いたとき、私の身体は雷を打たれたような感覚になりました。
そして、わけも分からず涙が溢れました。
『もっと早く会いたかった。』
それが私の正直な思いです。

神様は必要な時に、必要な人と人とを結び付けてくれるなんて聞いたことがあります。

まさにこれなのか?と今更ながらに思っています。
そして、このことは、時代を超え国を超え、私の子供に教えている次第です。

ちょっと長文になりましたが、今、一生懸命に生きている方へ
少しくらいの、勇気になればと思い書きました。

・・・引用終わり・・・

ウルトラおやじさんありがとうございます。そう言えば、外国で生のトマト、食卓に上った記憶がありませんね。ナスももちろんですが。

毎週末、山道をおよそ40km〜60km走破ですか!! これはすごい山道マラソンですね。私の夏のグリーンサウナがせいぜい平場を12kmです。この夏はさらに頑張ります。

2017年01月07日
私は 世間では自分勝手でホントに凄い妻

2017年01月07日
私も稀代の悪妻として 夫の周りの「世間」ではちょっと名が知れてる存在

2017年03月16日
お気づきになりましたか 男性から投稿が増えています
posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(3) | 福島原発事故

2017年04月23日

歩く楽しさ 歩ける喜び 2017/2〜4

2月最初のウォーキングは、特に見るものもなく、放射能測定に終始しました。

読者の運営するブログ
http://ameblo.jp/motoko-ppp/
バラを栽培しておられるようですが、気張らずに撮影された写真がなかなかいけます。

2017/2/12


2017/2/26
また放射能測定のために出かけたのですが、そろそろ駅に向かおうかというころ民家の塀越しに白梅と紅梅が見えました。写真を撮って通り過ぎようとしたら、奥さんが鉢の手入れをしておられました。



声をかけてしばらくお話。マンションから何年か前に一戸建てに越してこられ、夫婦でのんびり暮しておられるとのことでした。

植木を誉めていたら、今天満宮の梅がきれいだから見ていけと勧めてくれました。口頭での説明でしたがだいたい分かります。大根足ならぬ大根干しを見かけたときに寄った神社です。

ちょっと遠いなぁと思いましたが、熱心に勧めてくれるので行きました。少し迷って20分ほど歩いたでしょうか。

坂を上った天満宮の裏庭にある樹です。



かなり大きな樹ですが、樹勢はあります。


南斜面に白梅、紅梅が按配よく植えられています。確かにちょうど良いタイミングです。



曇っていましたし、背景にシイやツバキなどの常緑樹があって引き立ちます。この植え方は、プロの指導ですね。とてもうまく出来ています。

ロウバイは盛りを過ぎつつあります。ヂンチョウゲが盛り。河津桜もだいぶ咲いています。週末に雨や風になりませんように。

2017/3/5は気温が上がりました。

長い階段を中年男性が上り下りしています。汗びっしょりでしたが疲れも見せず上って行きます。70回上り下りするそうです。時間は70分ほどかかると。上り下り1回で1分ですね。



この坂の上のほうに今頃花をつける木があってそれが何の木か確かめたいのですが、毎回、この坂の下に立って、うーん次回にしようと思うのです。木はいなくならないから。

次は、前にも取り上げましたが、田畑の隅に立ててある人形のようなもの。今回は、汚れていないところを写真に撮れました。今頃立てるんですね。そろそろ田の耕運も始まります。



ロウバイは終わり、マンサクが咲いています。コブシも早いものは咲き始めました。アブラチャンもほころびています。ツリバナも芽を伸ばしています。



午後次第に曇ってきて、花の色が冴えませんでした。

2017/3/12、天気が良かったので出かけました。松戸南部から市川北部。空間線量率0.137μSv/h、松戸が入ると少し上がります。

大きなサンシュユです。










帰路、駅に近くなっていつも休む公園に小学生の女の子たちが遊んでいました。柵を足がかりにして備品保管用の倉庫の屋根に上り、どんどん飛び跳ねています。最近の女の子、スゲーナ! と足を止めてみていたら、色黒の女の子が近寄ってきて「歳いくつ?」と聞きます。素直に実年齢を答えると、「若ーい」と。「肌がきれいでそんなに見えない」、「私の父さんより若く見える」。

ずいぶんひねた女の子です。父親が日本人、母親がフィリッピン人です。小学5年生クラスでは完璧な日本語でしょう。タガログ語も話す、英語はまだよく話せないと言っていました。

語学で攻勢に出た後、フィリッピンのことに話を切り替えます。そこまで行けばこちらのペース。ドゥテルテをどう思う? 「ブサイク」
でもあの人は乱暴なことをやっているけど、フィリッピンにとってはやらなければならないことだと思う。ドゥテルテは、ときにとてもいい顔をすることがあるよ。お父さんやお母さんはどう言っている?
「いい人だと」母親が言っているそうです。

なんで野球帽とマスクの私に話しかけてきたのか分かりません。そう言えば、先週の徘徊で握り飯を食べた東屋で老人と話していたら、よちよち歩きの女の子がこっちを見て離れません。熱い視線に手を振ったりしていましたが、楽しませてやろうと帽子を脱いで見慣れないであろう頭を見せてやったりしていたら、母親が変なもの見ているんじゃありませんとばかりに抱きかかえて行ってしまいました。

2017/3/19は、スギ花粉の採集に遠出しました。スギ花粉に関しては、これが黄色い粉ですに記載しました。

道路沿いの何箇所かでスギ花粉を採取しましたが、農家の畑の道路側の端で花粉を取っていたら車で帰宅したその家の主婦が車を止めて笑いながら見ていました。

その後挨拶に行きましたが、その方はえらい花粉症で、1月にも注射を打ってもらったと言っていました。スギ花粉を集めるなんて正気の沙汰ではないということなのでしょう。もっと一杯取って行ってくれとは言われませんでした。

その家から数百メートル離れた家で主婦が庭の手入れをしていました。家の前を歩きやすい細めの道路が通っています。スギ花粉の話をしたらその方は、「こんなところに住んでいるのに私は平気なの」と涼しい顔。

スギ花粉がベランダに溜って黄色くなることはあるそうです。放射能の話をしましたが、ほとんど関心なし。庭木の話に戻り、管理人の長年の徘徊の経験から得た観察結果を検証しようと思いました。

「こちらは花桃ですよね。門周りの修景に門かぶりの松でなく桃を植えるお宅増えています。こちらにはツバキ。この組み合わせですと、庭木についてはご主人よりも奥様の発言力がかなり勝っておられるようですね。ご主人の家庭内の発言力が低下すると門かぶりの松は植え替えられる運命のものが多いんです。そうなったときは、多くのケースではご主人は奥様の尻に敷かれていることが多いんですよ」
「うちも、そのとおりよ!」
その家に40年お住まいだそうですから60代半ばでしょうか。

斑入りのアオキ、葉が斜め上を向いてつややかなので空の色が映ります。カメラの画像を確認して青い葉っぱに驚きました。


2017/4/2
枝垂桜、とてもきれいです。画像は一部修正しています。


アケビが塀の柵に巻き付いています。ここまで仕上げるのに特にこの季節は毎日のように新芽を剪定するのだそうです。5枚葉のアケビ、白い花と3枚葉のアケビ、赤紫色の花がないと実の付きが良くないそうです。


キブシ、昨年の4/9にも見た木です。剪定されていました。


ボウシュウスイセン 日本スイセンでこれは香りがあって珍しいと。甘い香りというよりもヒサカキの匂いに似ています。畑の手入れをしていたご婦人は、とても物知り。庭にしてしまうともう手を入れられなくなるから畑にしていると。これだけの畑、人力だけでは難しいですねと述べたら、小さな耕運機を使っておられるそうです。「昔はスコップ一つでやったのよ。まだ若かったし」と返されて、一瞬言葉に詰まりましたが、すぐ「いや〜 今でもお若いですよ」と切り抜けました。歳を聞くのは爺さんだけにしています。




コブシです。




ユーカリです。夢の島のユーカリは少なくなったようですが、このくらい大きくなっているでしょうか。20mは優にあるでしょう。


本日の空間線量率 0.1358μSv/h 北総開発鉄道に近づくと0.136μSv/h程度出ます。

2017/4/16は、春本番の良い天気。元気を出して歩き回りました。







この地域ではイノシシの害が増えており、畑や水田の周りに電気柵が設けられていました。イノシシを捕獲するオリです。

イノシシが水田に入って転がりまわり、稲穂をなぎ倒すことがあるそうですが、イノシシがなぎ倒した稲の穂は脱穀、精米してもイノシシの臭いがついて食べられないと聞きました。

今日は予定外の困ったことが2件ありました。歩きくたびれて駅に向うためいつも使うバス停に行ったらバス停のポールがありません。反対側を見ても何もなし。

人も通らないのでバス路線が廃止されたのかと尋ねる相手もいません。廃止されたんだろうと諦めて駅に歩いて向うことにしました。

そして、しばらく歩いたら大きなカリンの木、ツボミが真っ赤できれいです。写真を撮ろうとカメラを探したらありません。

落としたか? よーく考えて、休憩場所に忘れてきたことに気づきました。取りに帰るには片道1.5kmほど歩かなくてはなりませんが、傾きつつある日差しを浴びながらせっせと歩きました。

休憩場所は急な坂を上った丘の上にあります。二つ上にある桜のある坂道を登ります。

休憩場所を離れて30分〜40分経過していたと思いますが、カメラは残っていました。二度も落として正常に動かないときもありますが、愛着のあるカメラです。

この道を1時間の間に3回通りました。


以前バス停があった場所に戻りましたが、さすがに疲れが出ました。駅まで歩けば40分ほど。休みを取りながらせっせと歩けば暗くなる前にはたどり着きます。

乗せてくれる車もなさそうなので歩き始めます。4、5分歩いて幹線道路から離れようとしていたら、たまたま空車のタクシーが通りかかりました。

駅まで5分、1000円でした。徘徊時にタクシーを使ったのは初めてです。タクシーに乗ったのはこの10年ほどありませんでした。

でも、2路線あったバス路線が廃止されてしまって、車のない、車の運転できない人はどうするのでしょう。平坦な道ばかりではありませんから自転車で遠くまで買い物に行くのも難しい人もいるでしょう。

東京まで通勤している人も多いのに東京近郊の交通手段の実情はこんなふうに変わりつつあります。

2017/4/23
クマガイソウです。野草愛好家はとても珍重するそうです。

管理人は、野草は苦手です。しゃがまなければならず、近接して撮るのでカメラのピントを合わせるのが難しいです。カメラ自体の性能も要求されるし、三脚もいります。

次はチューリップの原種だそうです。トルコが原産ですね。




2017/3/5に神社の階段を70回往復してトレーニングしているという中年男性に会いましたが、今日お会いしたら80往復に上げたそうです。

トレーニングの目的は、アマチュアマラソン大会に出場するためと言っていました。齢を加えることに10分程度ずつ記録が落ちているのを何とかしたいと、11月のマラソン大会に向けて今から下半身の筋肉トレーニングに励んでおられるそうです。

お年は60歳間近、それでもこれだけのトレーニングに励んでおられることは驚嘆するしかありませんが、管理人は少し危惧を覚えました。被曝回避などはほとんど気にしておられない様子。無事に秋のマラソン大会でよい成績を収めることができるよう祈るばかりです。
posted by ZUKUNASHI at 20:47| Comment(0) | 健康づくり

ヤマハンノキ


posted by ZUKUNASHI at 20:34| Comment(0) | 木々と知り合う

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その3

この記事は2017/4/24、計算違いを修正しました。図表と記述を変更しています。

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その2 で鳥取県の分析結果を用いて、ウラン238の崩壊系列の核種の出す放射線の数の比を推定しました。



米国が行った土壌調査の結果では6箇所についてウラン238のベクレル数が測定されています。そこでその数値を用いてウラン238を基準として子孫核種のベクレル数を推定すると次のようになります。いわき市の1件は省略しています。


このデータでグラフを作ります。トリウム234すべてPa234mに変わり、Pa234mからPa234になるのはごく一部ですから、Pa234は考えないことにします。

横須賀市地表面積100平方センチ当りの子孫核種の存在量、単位ベクレル。これですとわずかです。


ですが、1平方メートル当たりに直すと上の数値の100倍になります。


横須賀市で地面1平米当りでビスマスなどが20ベクレルあるとします。とするとその前後の鉛やポロニウムも同じくらいあるはずです。全体では数百ベクレルになるでしょう。その多くはまだ土中にとどまっているでしょうが、その一部が風に煽られてフラフラと飛べば、気の触れた老人が草原で手に持つ放射能測定器の値が30cpmも上がることは、別にマジックでもトリツクでもないこと分かっていただけますよね。

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その1に次の情報を引用しました。

爆発後の日々 横浜の堆積物からは、プルトニウムとアメリシウムは検出されなかった
「ただし,Pb210が異常に高いです。これは同位体研究所のエムポアディスクの使ったストロンチウム分析でも問題になったβ線を出す物質です。
この毒性について分かりませんが,築7年のマンションの屋上に自然由来のPb210が8000Bq/kgも堆積する可能性があるのか私には分かりません。」

ビスマス214が平米30ベクレルあれば、その娘のポロニウム214もその程度ありえますし、その次の娘の鉛210は半減期が長いので原子数がポロニウム214と同程度であれば、1秒当りの崩壊数、放射線数は格段に少なくなります。この事例は福島第一原発事故のあった年ですから鉛210も福島の原子炉から飛んできた可能性もあります。マンションの屋上で累積、濃縮していたのかもしれません。標本採取のやり方などが分かりませんが、標本の重量が少なければ、8000Bq/kgもありえないことではないでしょう。

今私達に差し迫った危険は、ウラン系列の放射性物質が食品の中に入り込んでいることです。ラジウム226が日本産の食品の多くから検出されています。味噌から数ベクレル検出された例があります。

こんなデータもありました。
みんな楽しくHappy♡がいい♪
「日立・鹿島沖 真いわしからセシウムよりも多いウランの娘核種(2種類)が検出」どんな娘達か調べてみました。 から


エジプトのAtomic Energy AuthorityとBenha Universityの研究者がエジプトの輸入食品について放射能測定を行った結果が論文に掲載されています。
Gamma Spectroscopic Measurements of Some Imported Foodstuffs in Egypt

サンプルに選ばれた食品は、日本の水産物が5点、ロシアの水産物が2点、穀物が2点、ウクライナの穀物が10点、ノルウェーの水産物が5点、イエメンの水産物が3点、ベトナムの水産物が1点、トルコの穀物が3点と飼料添加物4点。


この結果ではトリウム232も出ています。トリウム232の崩壊系列も長いです。

トリウム232系列の崩壊過程


ウラン232系列の崩壊過程

出典:日本原子力学会資料

ウラン235 アクチニウム系列の崩壊過程
posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | 福島原発事故

2017年04月22日

こんなコメントも来るんですよ

000000
2017/04/22 23:11
2017/3 小選挙区別人口動態 … a@a.a
2chの各板に対する無差別投稿、くそうぜえ。 いいかげんにしろや、屑が
180.46.***.***

あsdさだsだ
2017/04/22 23:10
2017/3 小選挙区別人口動態 … a@a.a
2chの各板に対する無差別投稿、くそうぜえ。 いいかげんにしろや、屑が
180.46.***.***

・・・・・

今日2017/4/22は、2017年04月20日 2017/3 小選挙区別人口動態 市原市の死亡数が異常 何が起きている? 
へのアクセスが異常に多いです。

もう、国内のアクセスなど問題にしていないから、よそに投稿することなどないんですがねぇ。

それに2チャンネルの見方知らないし。

複数の板にリンクが張られているようですが、リンクから来ているアクセス総数など微々たるものなんですよ。まあ、ユニーク訪問者数は増えていますけどね。普段より5割増しかな?

2チャンネルの人気も落ちたもんだ。

2チャンネルよりももっとおもしろいサイト一杯あるからね、今は。

そう言えば、ツイッターのリンクから来る人も、ずいぶん少なくなりましたね。

いつも変わり映えしないことしか書いていないから、面白くないんでしょうね。

ネット上の情報の流れ方も確実に変わっています。
posted by ZUKUNASHI at 23:33| Comment(0) | 福島原発事故

新機材導入

2017/4/15、北朝鮮危機が高まっていましたが、晴天で強い風がありましたので、また屋外測定に出ました。

まず、裸で測ります。10分間測定で60CPM、前回より高いです。


食品用ラップフィルムで包んで。ほんど下がりません。2分で打ち切りました。57CPM


ビニールケースに入れて。30CPM


屋外の測定を終えて屋内で裸で測ったら24CPM、通常並みです。

屋外で裸で測定した時とビニールケースに入れた場合との30CPMの差を生む原因物質は何でしょう。アルファ線源はありそうですが、あっても数は少ないです。なにしろ測定器の検出部分の数mm以内に入らないと検出できません。

トリチウム? トリチウムのベータ線は食品用ラップフィルムを通れないとの説もあります。であればより強いベータ線です。

ベータ線の一部を検出できるSOEKSの測定値は0.15μSv/h程度で推移でした。特別に高くありません。

SOEKSでは測れないベータ線、トリチウムでもないベータ線源とは何でしょう。

今環境中に残っているものといえば、半減期の長い放射性物質です。

ウラン238の崩壊系列表を見ます。ベータ崩壊はPb鉛とBiビスマスが主体です。


ベータ線が届く距離は、そのエネルギーによって決まります。
トリチウムの出すベータ線は、エネルギーが低く0.018MeVとされています。

こちらの周期表・元素一覧でエネルギーを調べ

こちらの β線の飛程の計算ツールで飛距離を計算します。

トリチウム 0.018MeVだと空気中で1.321cmと出ました。
上の崩壊系列表からPb鉛とBiビスマスを選んで
Pb-214 0.351MeVだと空気中で79.64cmと出ました
Bi-214 0.609MeVだと空気中で170.4cm

Pb-210 0.01651MeVだと空気中で1.17cm。
Bi-210 1.16MeVだと空気中で411.4cm。

ずいぶん格差があります。新機材のベータ線エネルギー検出レンジを0.15MeV以上とすると、トリチウム、Pb-210は検出が難しく、Pb-214、Bi-214、Bi-210は検出範囲となります。

SOEKSのベータ線エネルギーレンジは狭く、セシウム134、137の出すベータ線も一部しか検出できないとの説があります。次の記事にあるように0.5MeV程度〜とすれば、Bi-214、Bi-210が検出です。

ドイツのこととか
RKSB-104でセシウム由来のベータ線は検出できるか?

このように考えると、新しい測定器は、Pb-214、Bi-214、Bi-210が風に乗って飛んできたときにその発するベータ線を検出しているということになりましょう。

もう一度上のウラン238の崩壊系列表を見ると、ラドン222以降は半減期が短いものが多く、時間の経過とともに放射平衡(永続平衡)が成立するとされています。ただ、Pb-210の半減期は22年となっていますからまだここで溜っているものも多いでしょう。

そのように考えれば、今後時間の経過とともにPb-210、Bi-210の崩壊が増えることになります。もちろん、Pb-210は風に乗って飛んでいますから特定の場所で放射平衡が成立するわけではありませんが、極めて広い地域をとらえて全体として見ればそうなります。

管理人がこれまで現地連続歩行測定で調べた結果によれば、地表5〜10cmの測定値は、地上高1mの測定値の1割から2割増し程度でした。どんな核種のベータ線を捉えているのだろうとずーっと疑問に思っていましたが、やはりストロンチウム、イットリウムのベータ線が主体ではないかと思えてきました。そこにビスマスのベータ線が少し加わっている!!

今度風がないときに地表面の測定をやってみます。

上に書いた推測が裏付けられたらどうしよう? と とても悩みます。

2016/10/10の徘徊でSOEKSが少し高い値を示しました。地上高1m。飛んできたのはセシウムか、ビスマスか、それともストロントウム? 風の強い日は外出を控えるのが良いということになりましょう。

・・・・・

2017/4/21、午前はほとんど風がありませんでした。屋外で測りました。裸で27cpm、プラスティックケースに入れて26cpm、廊下で裸で24cpm。廊下で測定した値は屋内での測定値と変わりません。

前回の60cpmを検出した場所よりは高さがあります。風の有無だけに着目すれば30cpm以上も違います。

前回60cpmを検出した同じ場所で裸で、このテーブル放射能が強いようです。


手持ちに切り替え、少しずつ下がって最後は30cpm、ここまで低ければ遮蔽の有無ではあまり差が出ません。


最後に風の良く通る高台で。この後二重のビニールケースに入れて34cpm。ベータ線はほとんどない。


アルファ線測定
雨水下水道流入口 裸で直置き 47cpm


ビニール袋に入れて 42cpm


アルミ板を敷いて 22cpm


測定器の上や横から入る放射線を考えなければ、アルファ線5cpm、ベータ線20cpm、ガンマ線22cpmですが。

2017/4/22、前回60cpmを検出した同じ場所(定点2)で裸で手持ち、34〜36cpm。

二重のプラケースに入れて33cpm。ほとんど差はありません。

別の定点観測点(定点1)は裸で28cpm。

ベータ線はほとんどないようです。芝生の広がるところは少しベータ線が多いです。

2017/4/22までの測定結果

60cpmの記録は、測定時に使用したテーブルの汚染の影響がありうるようです。

継続調査で確認します。

2017/4/22は夜になって雨が降り始めました。1分ごとに記録が残るようにセットし、測定器を窓際に置いて外出したらパソコンがスリープになって記録が取れなくなっていました。

ですが、やはり降り始めにカウント数が上がっています。28から33へ。この間約18分でした。

今はぽつぽつといった雨。器械を外に持ち出して測り始めましたが、寒くて3分で断念。29cpmでした。

雨の降り始めはやはり上がります。

2017/4/23、好天で千葉市南部へ徘徊に出かけました。

千葉市東部で少し風がありました。34cpm
その後、二重のプラケースに入れて23cpm。自宅屋内とほとんど差はありません。ベータ線の遮蔽はかなり強いとみられます。

一方全行程を通してのSOEKSの計測値、0.67μSv/h、5時間11分。平均0.1288μSv/h。

2017/4/25、午後定点2で測定。屋外のテーブルの放射能を測ります。
裸で62cpm

ビニール袋に入れて60cpm、アルファ線はいつもわずかです。

アルミ板を敷いて36cpm、ベータ線が24cpmもあります。

二重のプラケースに入れて28cpm、ガンマ線のみ。千葉市南部よりかなり高い。

樹の下の苔むした場所で47cpm、短時間では77cpmもありました。

ビニール袋に入れて46cpm、やはりアルファ線はわずかです。

posted by ZUKUNASHI at 22:55| Comment(2) | 福島原発事故