ずくなしの冷や水

2017年03月20日

読む人の背筋が凍るもげたさんの不整脈体験

2017/3/19、もげたさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

不整脈のお話しです。

私は3月11日から4月はじめまでの時期に、多くの時間、外にいました。仕事の会場が停電で使えなくなり、その会場探しに、ガソリン不足の中、自転車を購入して所沢ー青梅ー立川ー所沢間を何度も往復しました。国道16号、20号あたりです。輪番停電があったときで、結構な距離と時間になります。運動がてらと思ってました。その時期に相当な被爆をしたのだと思います。

日にちは定かではありませんが、所沢のホームセンターに寄った日は稀に見る強風で、風に向かって漕いでも進まず、帽子も吹き飛ばされるくらいの風が街道を吹き抜けていました。ちょうど一番濃いプルーム群が来た時期に戸外にいたことになります。今思うとあの輪番停電は、原発が止まったら電気が使えなくなる、との脅しと、放射能が舞っているから外に出るなという警告だったのかとも思います。

5月のある日、首にぽつんと小さな吹き出物ができました。痛くも痒くもなかったので、気持ち悪かったです。そのときには放射能のせいかも、という考えがあったので、ネットで調べ始めていた時期です。当時、高校生の息子が茨城に住んでいたので、1号機、3号機爆発後の放射能が気になってWeb検索していましたが、どの程度危ないのか半信半疑でした。テレビでは大丈夫。ネットでは最悪のシナリオもありました。息子のいる茨城は危険かもしれない。でも、福島から200km以上離れた埼玉、東京は大丈夫だろうと高をくくっていました。

体に異変が起きたのは2011年の7月です。
突然、動悸が始まりました。不整脈です。あれっと言う感じで、胃のあたりにドクンと違和感を覚えたのが最初です。
日を追ってドクンドクンがだんだん増えました。そのうち収まるかと2ヶ月放置して、悪化するばかりなので病院に行きました。診断は期外収縮。心電図を計る24時間カウンターを付けると、1日400回の不整脈が出ていました。鼓動のタイミングが少しずれて早いということでした。

原因は加齢かと言われましたが、私の家系に不整脈はいません。今まで動悸なんてなかったし・・・。医者からは、人は一日10万回以上の鼓動があり、1万回超えなければ危険はないと言われましたが、チェルノブイリでは、セシウムが心臓に集まり、心筋梗塞で突然死したと聞いており、話してみましたが、我々はそういう勉強はしてないからと無関心な様子。結局、薬はもらわず、様子を見ることにしました。

2012年になり動悸が増えつづけ、寝ていても気になり出して、春先に測ると1日1000回ほど。そして2013年の暮れに、ついに1日1万回超えです。いつ、ぽっくり逝ってもおかしくないという思いでした。痛みがほとんどなかったのが幸いでしたが、さすがに薬をと考えました。

ところがです。
2014年が明けて暖かくなるにつれ、その動悸が収まります。3.11からちょうど3年目の4月には、ほとんどでなくなりました。セシウム134が半減期を迎え体内の量が減ってきたため、と考えています。
どうして断定的に言うかというと、因果関係を知りたいと思い、動悸が出てすぐ(2011年暮れ)に尿の放射能検査をしました。埼玉の私と茨城の息子両方からセシウムが検出されました。息子の方が少し高かったです。その半年後、1年後にも行いましたが、数値は少しずつ下がってました。その後は行っていません。その専門機関が数値を低く見積もっているという話しをネットで見たからです。

動悸のない平和な日がこのまま続けば目出度しなのですが、去年の夏くらいからまた少し始まっています。回数こそ少ないものの一日十回越える程度。食に対する防御が緩み始めたことが原因でしょう。引き締めなければと思いながら、忙しさにかまけて、実行できずにいます。お酒に逃げることも多いし(苦笑)。

会場探しを命じられた時に予感めいたものがありました。外に出たくないという気持ち。なんだかわからないザワザワ感です。あの時、出てなければ被爆は少なかったでしょう。でも、体に異変が起きなかったら、皆と同様になんの手立てもしないまま、暮らしてかもしれない。そう思うと、ある種の運命めいたものを感じます。

あっ、最近、心臓裏あたりの背中痛があってちょっと恐くなり、コンビニコーヒーを止めました。使っている水も駄目だし、海外産コーヒー豆も危ないようだし。心臓にいいと聞いたらっきょうを毎日囓ってます。その効果かはわかりませんが、背中痛はほぼなくなりました。らっきょう(中国産)、いいかもしれません (^^)

もげたさんの他の投稿記事
2017年01月13日
それって ラーメンで被曝ですね 確かに誘惑に負けてしまいますけど

2017年01月08日
顎が外れて病院なんて笑えない
posted by ZUKUNASHI at 23:19| Comment(3) | 福島原発事故

Israeli minister threatens to destroy Syrian air defenses

RT2017/3/19
The Israeli defense minister threatened to destroy Syrian air defenses after they shot at Israeli warplanes, which violated Syrian airspace and bombed targets on Syrian soil.

“Next time, if the Syrian aerial defense apparatus acts against our planes, we will destroy it,” Avigdor Lieberman told Israeli Public Radio on Sunday. “We won't hesitate. Israel's security is above everything else; there will be no compromise.”

He was referring to the Friday morning raid of the Israeli Air Force, the latest of several reported over the past few years, in which Israel claimed it targeted weapons bound for the Lebanese militant movement Hezbollah. Israel says it has to protect itself from advanced weapons which the militants try to obtain from the Syrian government.

Syria shot surface-to-air S-200 missiles at the Israeli planes as they were flying back from the night mission. Damascus claims it shot down one of the planes, while Israel denies it.

The Israeli media said one of the Syrian missiles was intercepted by Israel’s Arrow air defense system. It was the first time Israel officials have confirmed combat use of the advanced anti-missiles, which are originally meant to intercept heavy long-range ballistic missiles.

The Israeli military is investigating whether the decision to fire Arrow interceptors against the Syrian anti-aircraft missiles was justified, according to Haaretz.

The former prime minister and defense minister, Ehud Barak, said Saturday that the involvement of the system forced Israel to acknowledge cross-border military activity.

“It could be that with more thorough thought, it wasn’t worth firing,” Barak said at a community lecture in Be’er Sheva.

“We have usually tended to reserve what would be called ‘room for denial’ for Syrian President [Bashar] Assad,” he added.

While Israeli acknowledgment of an intervention in Syria is rare, it is not unprecedented. Last April, Prime Minister Benjamin Netanyahu confirmed for the first time that an attack on dozens of Hezbollah targets in Syria was indeed conducted by Israeli warplanes, as speculated by the media.

RT2017/3/20
Russia summoned Israeli ambassador over airstrikes near Palmyra
The Russian Foreign Ministry summoned the Israeli ambassador in Moscow to demand explanations for the airstrikes Israel conducted near the Syrian city of Palmyra last week, the ministry confirmed.

Ambassador Gary Koren was called in by Russia’s Foreign Ministry on Friday after news about the strike emerged, Russian Deputy Foreign Minister Mikhail Bogdanov told the media on Monday, confirming earlier media reports.

The embassy refrained from commenting on Koren’s visit over the weekend, but the Russian Foreign Ministry did say that the ambassador’s visit “was mostly to discuss the latest events in Syria and around it.”

On Friday morning, Israeli planes attacked several targets in Syria, reportedly destroying advanced arms provided to the Lebanese militant movement Hezbollah. Syria’s air defense force fired anti-aircraft missiles at the planes as they were returning from the mission. Israel said it shot down one of the interceptors with its Arrow long-range SAMs.

On Sunday, Israeli Defense Minister Avigdor Lieberman threatened to destroy Syria’s air defenses if the country attacked Israeli warplanes again.
“Next time, if the Syrian aerial defense apparatus acts against our planes, we will destroy it,” Avigdor Lieberman told Israeli Public Radio on Sunday. “We won't hesitate. Israel's security is above everything else; there will be no compromise.”

Israel has a long record of violating Syrian airspace with impunity that stretches back to before 2011, when the country’s current armed conflict began. Arguably the most famous incident occurred in 2007, when an alleged Israeli raid destroyed a suspected nuclear reactor in Syria’s Deir ez-Zor governorate.
posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(1) | 国際・政治

Lavrov: US antimissile deployment in Asia-Pacific ‘disproportionate’ to Pyongyang threat

RT2017/3/20
South Korea’s decision to deploy the THAAD antimissile system from the US is disproportionate to the threat posed by North Korea, which was voiced as justification by both Seoul and Washington, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said.

“We have drawn attention to the serious risks posed by the deployment of the US global antiballistic missile system in Asia-Pacific,” Lavrov said after meeting his Japanese counterpart Fumio Kishida in Moscow. The two ministers met alongside their respective military colleagues, Russian Defense Minister Sergey Shoigu and Japanese Defense Minister Tomomi Inada.

“We have voiced our assessments, according to which, if one wants to deal with threats posed by DPRK, the creation of such ABM system as well as pumping weapons into the region are a response far from proportionate,” Lavrov said.

He added that both Moscow and Tokyo condemn Pyongyang’s violation of resolutions of the UN Security Council restricting its missile and nuclear development. Russia believes that international sanctions imposed against North Korea for defying the council “should not be perceived as an instrument of punishment, but rather a stimulus for steering the situation back into political and negotiations track.”

South Korea decided to deploy the THAAD system, due to be fully operational by August, saying it was necessary to protect from a possible missile attack by North Korea. The deployment angered China, which believes that the American system compromises its national security. Beijing is reportedly retaliating against Seoul with a round of economic measures, hitting Korean tourism and export to China.

Russia has similar concerns over the US deployment of ABM shield in Eastern Europe. Washington claims the system is needed to protect European NATO members from an attack by Iran and has brushed aside criticism from Moscow.
posted by ZUKUNASHI at 22:24| Comment(0) | 国際・政治

「還暦を祝う会」を契機に関係者のがん発症が多数判明

2017/3/20、hiyaaseさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

知人のブログ見て唖然。
60歳の人の還暦を祝う会に来るはずだった年下の女性4人が cancer (ガンだよね)で来れなかったんだって。
次の記事は半月後で、 その還暦の人が食道ガンになったのだって。

この人たちは、誰も(おそらく、先にガンになった4人も) 食べ物からの被曝に関心なし。

ブログ主と還暦の人は、有名人で、他の周囲の人に影響力もいっぱい持ってるが、 栄養があって美味しい物なら、なんでも食べてきた人たち。

うーん。 今年は私の周囲にガンが多すぎる。 2014年の心筋梗塞ラッシュに次ぐ多さ。 気を付けよう。

posted by ZUKUNASHI at 19:10| Comment(0) | 福島原発事故

2017年03月19日

ソマリア自体が参加する対イエメンサウジ陣営がホデイダ港沖でソマリア難民ボートを銃撃42人が死亡

FARSNEWS2017/3/19
TEHRAN (FNA)- Somalia called on the Saudi-led coalition fighting in Yemen to investigate an incident in which dozens of Somali refugees were shot dead on board a boat.

It was not immediately clear who was behind the attack that killed more than 40 Somali refugees in waters off the coast of war-torn Yemen early on Friday, Deccan Chronicle reported.

The bloodshed was quickly condemned by UN and the International Committee of the Red Cross, and Somalia's Foreign Minister Abdusalam Omer urged the Saudi-led coalition fighting popular forces in Yemen to investigate.

Somalia is a member of the coalition fighting against the popular forces in Yemen.

"We call on our partners in the Saudi-led coalition to investigate the raid," the minister said in a statement.

"It is very sad, targeting a boat carrying Somali migrants near the coast of Hodeida in Yemen."

On Friday, a coalition spokesman denied responsibility for the attack.

The Red Sea attack took place off port of Hodeida, with women and children among the dead.

The International Organization for Migration (IOM), which has operations in Yemen, said 42 bodies were found, and more than 30 wounded people were reportedly taken to hospital.

The IOM said it believed the boat was heading for Sudan when it was attacked.

Despite a two-year war that has cost more than 7,000 lives and brought the country to the brink of famine, Yemen continues to attract people fleeing the horn of Africa.

The United Nations refugee agency, UNHCR, says Yemen is hosting more than 255,000 Somali refugees.
posted by ZUKUNASHI at 23:57| Comment(0) | 国際・政治

歩く楽しさ 歩ける喜び 2017/2〜3

2月最初のウォーキングは、特に見るものもなく、放射能測定に終始しました。

読者の運営するブログ
http://ameblo.jp/motoko-ppp/
バラを栽培しておられるようですが、気張らずに撮影された写真がなかなかいけます。

2017/2/12


2017/2/26
また放射能測定のために出かけたのですが、そろそろ駅に向かおうかというころ民家の塀越しに白梅と紅梅が見えました。写真を撮って通り過ぎようとしたら、奥さんが鉢の手入れをしておられました。



声をかけてしばらくお話。マンションから何年か前に一戸建てに越してこられ、夫婦でのんびり暮しておられるとのことでした。

植木を誉めていたら、今天満宮の梅がきれいだから見ていけと勧めてくれました。口頭での説明でしたがだいたい分かります。大根足ならぬ大根干しを見かけたときに寄った神社です。

ちょっと遠いなぁと思いましたが、熱心に勧めてくれるので行きました。少し迷って20分ほど歩いたでしょうか。

坂を上った天満宮の裏庭にある樹です。



かなり大きな樹ですが、樹勢はあります。


南斜面に白梅、紅梅が按配よく植えられています。確かにちょうど良いタイミングです。



曇っていましたし、背景にシイやツバキなどの常緑樹があって引き立ちます。この植え方は、プロの指導ですね。とてもうまく出来ています。

ロウバイは盛りを過ぎつつあります。ヂンチョウゲが盛り。河津桜もだいぶ咲いています。週末に雨や風になりませんように。

2017/3/5は気温が上がりました。

長い階段を中年男性が上り下りしています。汗びっしょりでしたが疲れも見せず上って行きます。70回上り下りするそうです。時間は70分ほどかかると。上り下り1回で1分ですね。



この坂の上のほうに今頃花をつける木があってそれが何の木か確かめたいのですが、毎回、この坂の下に立って、うーん次回にしようと思うのです。木はいなくならないから。

次は、前にも取り上げましたが、田畑の隅に立ててある人形のようなもの。今回は、汚れていないところを写真に撮れました。今頃立てるんですね。そろそろ田の耕運も始まります。



ロウバイは終わり、マンサクが咲いています。コブシも早いものは咲き始めました。アブラチャンもほころびています。ツリバナも芽を伸ばしています。



午後次第に曇ってきて、花の色が冴えませんでした。

2017/3/12、天気が良かったので出かけました。松戸南部から市川北部。空間線量率0.137μSv/h、松戸が入ると少し上がります。

大きなサンシュユです。










帰路、駅に近くなっていつも休む公園に小学生の女の子たちが遊んでいました。柵を足がかりにして備品保管用の倉庫の屋根に上り、どんどん飛び跳ねています。最近の女の子、スゲーナ! と足を止めてみていたら、色黒の女の子が近寄ってきて「歳いくつ?」と聞きます。素直に実年齢を答えると、「若ーい」と。「肌がきれいでそんなに見えない」、「私の父さんより若く見える」。

ずいぶんひねた女の子です。父親が日本人、母親がフィリッピン人です。小学5年生クラスでは完璧な日本語でしょう。タガログ語も話す、英語はまだよく話せないと言っていました。

語学で攻勢に出た後、フィリッピンのことに話を切り替えます。そこまで行けばこちらのペース。ドゥテルテをどう思う? 「ブサイク」
でもあの人は乱暴なことをやっているけど、フィリッピンにとってはやらなければならないことだと思う。ドゥテルテは、ときにとてもいい顔をすることがあるよ。お父さんやお母さんはどう言っている?
「いい人だと」母親が言っているそうです。

なんで野球帽とマスクの私に話しかけてきたのか分かりません。そう言えば、先週の徘徊で握り飯を食べた東屋で老人と話していたら、よちよち歩きの女の子がこっちを見て離れません。熱い視線に手を振ったりしていましたが、楽しませてやろうと帽子を脱いで見慣れないであろう頭を見せてやったりしていたら、母親が変なもの見ているんじゃありませんとばかりに抱きかかえて行ってしまいました。

2017/3/19は、スギ花粉の採集に遠出しました。スギ花粉に関しては、これが黄色い粉ですに記載しました。

道路沿いの何箇所かでスギ花粉を採取しましたが、農家の畑の道路側の端で花粉を取っていたら車で帰宅したその家の主婦が車を止めて笑いながら見ていました。

その後挨拶に行きましたが、その方はえらい花粉症で、1月にも注射を打ってもらったと言っていました。スギ花粉を集めるなんて正気の沙汰ではないということなのでしょう。もっと一杯取って行ってくれとは言われませんでした。

その家から数百メートル離れた家で主婦が庭の手入れをしていました。家の前を歩きやすい細めの道路が通っています。スギ花粉の話をしたらその方は、「こんなところに住んでいるのに私は平気なの」と涼しい顔。

スギ花粉がベランダに溜って黄色くなることはあるそうです。放射能の話をしましたが、ほとんど関心なし。庭木の話に戻り、管理人の長年の徘徊の経験から得た観察結果を検証しようと思いました。

「こちらは花桃ですよね。門周りの修景に門かぶりの松でなく桃を植えるお宅増えています。こちらにはツバキ。この組み合わせですと、庭木についてはご主人よりも奥様の発言力がかなり勝っておられるようですね。ご主人の家庭内の発言力が低下すると門かぶりの松は植え替えられる運命のものが多いんです。そうなったときは、多くのケースではご主人は奥様の尻に敷かれていることが多いんですよ」
「うちも、そのとおりよ!」
その家に40年お住まいだそうですから60代半ばでしょうか。

斑入りのアオキ、葉が斜め上を向いてつややかなので空の色が映ります。カメラの画像を確認して青い葉っぱに驚きました。
posted by ZUKUNASHI at 21:43| Comment(0) | 健康づくり

タラコで腰痛 ニンニク多食で改善

2017/3/19、匿名希望さんから寄せられた投稿を掲載する。この話は、耳の痛い人、耳寄りな話に聞こえる人も多いでしょう。引用開始。

2月末にどうしても食べたくて、明太子を買いました。自由が丘の高級スーパーで、3、4本入って5〜600円だったと思います。家族には食べさせず、自分だけ。1日に一本位食べました(結局パック半分は捨ててしまいましたが)最初は何ともなかったのですが、2、3日したら腰が痛くなって来ました。

もともと(原発前から)年に2回くらいなるのですが、1週間経っても収まりません。痛みも腰だけでなく、背中のあちこちに移動する事もありました。寝起きやパソコン後はつらいのですが、スポーツクラブでマシンを動かしても痛みは伴わず、運動中は痛くなかったり、これは整形外科的な痛みじゃないのかもと思い始めました。

デトックスしかないと思い、運動とボトル水を多めに飲んだりしていましたが、横になって休みたい事も多くなってしまいました。

家族にも、そこまで腰が痛いとは言えず我慢していましたが、人生で初めての強く長い腰の痛みでした。種々のストレスがあったとはいえ、そちらに向かっていったことはほんとに情けない事でした。

主人が休みの土曜日に、朝からニンニクが入ったチャーハンや昼も夜もニンニクのこれでもかというほど入った男の料理がはじまりました(夜はもういい加減にして欲しいとニンニクをよけて食べる位)。その日にたまたま昼は煮干しがたくさん入ったスープがどろどろに近いインスタントラーメンを初めて食べました(これもニンニク入り)。

すると、次の日、起きると痛みは消えてました。ほんとに不思議でした。でも昼間少し痛みが出て来たので、日曜日もニンニク多用ミネラルたっぷりの食事をとりました。すると次の日はもう痛みはありませんでした。

ニンニク、煮干し、炒めるのに使ったオリーブ油やごま油でミネラルがたくさんとれたからでしょうか。以前どなたかがニンニクは取るようにしていると書かれていましたよね。私は朝晩はなるべく気を使っていますが、昼食まではミネラルを意識して多用してはいませんでした。

油や塩、砂糖は余り精製されてないもの、煮干しやナッツ等は特に心配なのでホワイトフードや安全すたいるのモノを使っています。私は変な物を食べた時に足がつったり胸が痛くなる事はあるものの、自分でカナリア体質だと思った事はありません。

明太子を食べた時も、胸痛は出ませんでした…

腰が痛いんじゃなくて、内臓の不調の方もいらっしゃるのではないでしょうか。腫れた内臓が骨に当たって痛いという事もあると聞いたことがあります。
posted by ZUKUNASHI at 17:15| Comment(2) | 福島原発事故

原因不明の体調不良 照れやはにかみの影に不安がのぞいている

2017/3/19にひまわりさんから寄せられた投稿を掲載する。

原因不明 + 入院のツイート例の)twに「被爆原因を疑っているような雰囲気はまったくありません」 そんな気もしますね。

twで、周囲にお年寄りがいない感じがして、ちょっとまずいように思います。
お年寄りには経験があります、ヒマでもあります。その熱なにか変だよ〜と心配し一生懸命考えてくれるかもしれません。

昔、鯖で食あたりしました、救急車レベルの痛みで入院、痛み止め注射でほっと一息つきました。
翌日痛みはケロリと消え、普通の体調感に。回復食(薄いおかゆ→普通食)のため1週間入院しました。
以前、家族が激腹痛で油汗、腸閉塞の疑いで緊急入院、なりかけていたっぽい。点滴・絶食。三日目あたりで退屈するほどに元気がもどる。様子見+回復食もあり、1週間入院。
皆が皆、痛みがケロリ消えするわけでもないでしょうが、、、

3年程前、腸の粘土感(?)と頭痛でぐったりし起き上がれない時がありました。
家族は病院にと言いましたが、食事で「ホの合算値が高かった」との自覚があった。
腹部の不快感Maxとぐったり感でこんこんと眠り続けること数日、この間飲まず食わず半ば気絶状態といえたかもです。(よい子はまねしないで下さい)
このあとお医者に、脱水症直前で点滴、自宅で回復食、体調がもどるまで約2週間かかりました。

食あたりでも腸閉塞でもない感覚が恐ろしかった。
運が悪ければ、脱水症の前に三途の川を渡っていたかもしれなかった・・・

話かわりますが、地域によって違うでしょうが、東京のお通夜では握り寿司が普通に並んでいます。最近はどうなんでしょう?

体調の落ちているときに「ホの合算値高」に遭遇すると強烈な一撃が来るかもです。
そこまででなくても、心臓が弱っていたり、1人暮らしだったり、真夏日だったりが重なると怖い。

てれやはにかみの影に不安がのぞいていると思うのは、考えすぎでしょうか。
そんな人のためにずくなしさん、ガツンと言ってやってください、できるだけ呼びかけて下さい、お願いします。
posted by ZUKUNASHI at 17:04| Comment(0) | 福島原発事故

米軍の空爆で死亡者42人でもBBCは米軍と明かさない

※ BBC News Japan‏認証済みアカウント @bbcnewsjapan の2017/3/17のツイート
BBCニュース - シリア・アレッポでモスク空爆か 「42人死亡」と民間団体 http://www.bbc.com/japanese/39300341
シリア情勢を監視する英国拠点の団体「シリア人権監視」によると、北部アレッポ州で16日、反政府勢力が掌握するジネ村のモスク(イスラム教の礼拝所)に対して空爆があり、42人が死亡し、多数が負傷したという。

現地情報を収集している同団体は、夕方の祈りの時間でモスクは満員で、犠牲者のほとんどは一般人だったと話している。

どの勢力による空爆かは明らかになっていない。ジネ村は、反政府勢力が主要拠点とする地域にある。ロシアとシリアの軍機が以前からこの地域上空で飛行しているほか、米軍機も同地域のイスラム聖戦主義勢力を空爆している。

米中央軍司令部は、米軍が16日にシリアで空爆を実施し、過激派勢力アルカイダの数人を死亡させたと発表したが、モスクは砲撃していないと説明。同司令部は当初、近隣のイドリブ州での空爆だったと述べたが、後に正確な場所は不明だと訂正した。

報道官のジョン・トマス大佐は、「我々はモスクは標的にしなかったが、標的にした建物、つまり(過激派の)会議が開かれていた場所はモスクから約15メートルの距離にあった。そのモスクはまだ残っている」と述べた。

シリアでは前日の15日に首都ダマスカスの裁判所前で自爆攻撃があり、少なくとも31人が死亡したばかり。

3月15日は、アサド政権に対する反政府運動の開始6周年だった。2011年3月15日以来、32万人以上が死亡し、1100万人が住む場所を追われたと言われている。

※  RT‏認証済みアカウント @RT_com の2017/3/17のツイート
Dozens killed in ‘suspected US strike’ on Aleppo mosque (GRAPHIC VIDEO) https://on.rt.com/861h
Qalaat Al Mudiq

US admits strike on ‘Al-Qaeda meeting’ in Syria amid reports of deadly mosque attack nearby

Dozens of worshipers have reportedly been killed in an airstrike on a mosque in Syria’s Aleppo province. While the Pentagon only admitted to striking terrorists several miles away in Idlib, some reports suggest US missile debris were recovered from the mosque’s rubble.

Details of the strike on the Al-Jinah mosque are scarce, but over 50 people might have been killed in the incident, according to various reports. Images from the scene shared on social media show the wide-scale destruction.

RT2017/3/17
Russia urges US comment on reports of fatal Syria mosque strike
The Russian Defense Ministry has urged a comment from the Pentagon after photos of a purported US missile fragment found in the rubble of a bombed Syrian mosque emerged online.

“A photo showing a fragment of an air-to-surface AGM-114 Hellfire missile has emerged. It leaves no chance for the US-led coalition to remain silent as usual and for diplomats to spout anti-Russian rhetoric,” Major-General Igor Konashenkov said Friday.

Russia is expecting the Pentagon to comment on the deadly airstrike on a mosque in Syria’s Aleppo province, where at least 40 civilians were feared killed overnight into Friday, March 17.

“I think we should expect comments from the US partners anytime soon,” Konashenkov noted.

The news of the strike was broken by the UK-based Syrian Observatory for Human Rights and the White Helmets activists who shared the first pictures from the scene. Some news outlets were quick to lay the blame for the attack on Moscow or Damascus.

Tragic mistakes that claim lives of civilians do happen at war, the Russian spokesman said, however adding that “before releasing anti-Russian false stories, they [media sources] should do their job as professionals by thoroughly studying the facts and getting to the bottom of things.”

The authenticity of the photo supposedly showing a metal piece of a missile with a serial number inscription is yet to be confirmed.

Russian and Syrian forces, as well as the US-led coalition air powers are known to be conducting operations in the affected area. The US admitted to targeting a building located next to the mosque where an Al-Qaeda terrorists meeting allegedly took place, noting that the mosque itself wasn’t hit.

“We did not strike nor did we hit the mosque that was within 50 feet of the half of the building that we struck where a meeting of Al-Qaeda in Syria was taking place,” said CENTCOM spokesman Colonel John Thomas, according to AFP.



Google Earthからこのモスクを探し当てました。ここにはモスクに付き物の塔が見当たりません。質素なモスクです。破壊された建物の
15メートル離れたところに多人数が礼拝ができる大きな建物などありません。次の2枚は南北が逆になっています。







FARSNEWS2017/3/17
TEHRAN (FNA)- Over 100 civilians were killed and wounded in the US warplanes' air raid on a mosque in a village in Northwestern Syria, local sources said.

The sources said that at least 57 Syrians were killed after an American airstrike on a mosque in the terrorist-held village of al-Jinah at the border between Idlib and Aleppo provinces on Thursday evening.

They added that 90 more were injured and the death toll is expected to rise.

Another report put the death toll at around 75.

Some 300 people, mostly civilians, were in the al-Jinah mosque as it was abruptly hit during prayers time by an airstrike, burying many beneath the rubble.

In relevant developments on Tuesday, 15 civilians were killed and several more were wound in a US-led coalition air raid near Raqqa city.

The US-led coalition fighter jets targeted the Research Center region near the ISIL-held city of Raqqa, killing 15 civilians and wounding several more.

Also, the Arabic language al-Arabi al-Jadid news website reported on Monday that at least 17 civilians, including children and women, were killed and 15 others were injured in the US-led coalition air raids in Kasarat village South of Raqqa city.

The website added that the warplanes' combat flights over two villages in Eastern Aleppo left five civilians dead and 11 more wounded.

・・・・・・
以下ツイッターから

※ mko‏ @trappedsoldier 8時間8時間前
アレッポのアルジナ・モスが空爆され、50人以上が死亡。西側メディアは「ロシア空爆」と主張するが、ミサイルの破片は明らかにヘルファイアー。米軍機がモスクで祈る市民を大量虐殺! CENTCOMはアルカイダのミーティングを狙ったといつもの弁解。人の命をなんと思っている、野蛮人!

× Sakir Khader‏認証済みアカウント @sakirkhader
#Syria: At least 75 civilians killed, tens wounded in a heavy Russian airstrike on a mosque in the rebel-held village of al-Jinā, w-Aleppo.

× 常岡浩介容疑者☪‏認証済みアカウント @shamilsh 3月16日
シリア革命(内戦開戦?)6周年の今日、イドリブでロシアによる空爆があり、子ども少なくとも15人が殺害された
・・・この方はいつもこれです。

共同通信2017/3/18
 【ワシントン共同】米国防総省のデービス報道部長は17日、米軍が16日にシリア北部アレッポ県で行った空爆で、国際テロ組織アルカイダのメンバーが会合を開いていた建物を破壊したと述べ、モスク(イスラム教礼拝所)が攻撃を受けたとの見方を否定した。
 シリア人権監視団(英国)は、モスクが空爆されて市民ら少なくとも49人が死亡したとしている。同省は証拠として空爆現場の写真を公開。デービス氏は、モスクはほぼ無傷で、破壊されたのは隣の建物だと説明した。
 ロイター通信によると、シリア人権監視団は、破壊された建物もモスクの一部だったと反論している。

次は米軍が公表した画像です。


以下はRTが伝えた画像です。建物の右側



上の画像より少し後ろに下がった場所から見ています。人々が歩いているすぐ向うに大きな穴が開いています。


重機を入れて建物の下敷きになった人を探しています。


建物の内部、2階建てです。


二つ上の人々が歩いている場所から後を見たところです。これを米軍はモスクだとしほとんど無傷だとしています。建物の上にスピーカーがあり、礼拝の前にここからコーランを唱える声が流されます。






米軍は礼拝所の手前の突き出た部分を爆撃しています。


入り口が北ですから、礼拝所の奥が南、南に向って礼拝をします。入り口近くにいた人が犠牲になりました。

posted by ZUKUNASHI at 02:14| Comment(1) | 国際・政治

ロシアが国連安保理にイエメンのホデイダ港攻撃は重大な結果をもたらすと警告

FARSNEWS2017/3/18
Russia Warns UNSC of Grave Consequences of Attacking Yemen’s Hodeida Port

TEHRAN (FNA)- Russian Deputy Permanent Representative to the UN, Vladimir Safronkov urged for a peaceful resolution of the conflict in Yemen and warned in a UNSC meeting on Yemen of grave humanitarian consequences of an imminent attack on the Yemeni port of Hodeida.

The Vladimir Safronkov noted that Russia expressed its concern over the fact that "unfortunately, the warmongering logic and desire to solve problems by military means is so far prevalent in Yemen", TASS reported.

"We warned that storming the port of Hodeida will lead to grave humanitarian consequences," he said.

The UN Security Council held a meeting on Yemen at the initiative of Russia discussing the humanitarian situation in that country and efforts on the peaceful resolution of the conflict between the warring sides, the Russian deputy permanent representative to the UN told reporters after the closed-door meeting.

The meeting was held amid a spike in hostilities in Hodeida province where the country’s main port, which receives humanitarian aid, is located.

According to Safronkov, the purpose of the consultations was "to urge the UN to step up its efforts to establish a real diplomatic process and negotiations."

The diplomat noted that Russia expressed its concern over the fact that "unfortunately, the warmongering logic and desire to solve problems by military means is so far prevalent in Yemen." "We warned that storming the port of Hodeida will lead to grave humanitarian consequences," he said.

The diplomat emphasized that the delegations of all 15 Security Council member-countries "expressed their unanimous stance on the inadmissibility of getting involved in a military solution to the problem, it is necessary to search for a political settlement."

"As far as we understand, the Arab countries are likewise concerned about the situation in Yemen and the humanitarian consequences of the situation," Safronkov said, commenting on the consultations.

Speaking about the work of UN Special Envoy for Yemen, Ismail Ould Cheikh Ahmed, the diplomat noted that the efforts of the envoy who spent the past few weeks holding consultations with the countries in the region and other interested international players "are clearly insufficient."

"We want him to play a more active role," Safronkov said. He recalled that last week UN Under-Secretary-General Stephen O’Brien described the situation in Yemen as the largest humanitarian crisis on the planet. "Many Security Council member-countries were grateful to us for convening these consultations," he said.
posted by ZUKUNASHI at 00:50| Comment(0) | 国際・政治