ずくなしの冷や水

2017年09月22日

モニタリングアシスタントについて

2017年09月20日 空間線量率モニタリングアシスタント募集 ボケ防止に好適!について多数のご照会をいただきありがとうございます。

どんな点をモニターしていただくか、チェックポイントをお知らせしています。この記事は、その内容を一般向けにしたものです。

モニタリングは、じっとモニター画面を見ている必要はなくて、例えば1時間に1回とかときどきチェックしていただくだけで十分です。肩の力を抜いてお読みください。

1 どんな事象がありうるか
(1) 突然、原子炉が大爆発などということはまずありません。ありうる、ありえたのはチェルノブイリ事故ですが、これは、危険な実験をやったためです。このような場合は、もう生きるも死ぬも距離次第となります。

(2) 金属の脆性が高まっている原子炉が運転停止に向けて温度を下げている場合にひび割れしたり(パカッと割れたりすることがあるのかどうかは知りませんが)する場合には、かなり急激な変化がありうるでしょう。

(3) 通常、色々な前兆や環境条件の変化があってそれに続いて、放射性物質の漏れが大きくなるという形です。
フロリダのハリケーンの際も、川が増水して電源が止まったら大変だと警戒されていました。川内原発では次のような前兆が出ています。


(4) 日本の場合は、やはり地震(及び噴火)です。福島第一原発事故の主原因は、津波ではなく揺れによるものだと考えています。福島第一原発と送受電する変電所も施設に損傷が生じ、送受電不能となりました。

福島第一原発では、1、2号機の排気塔が腐食により途中から倒壊の怖れありとされています。これは、F1構内ライブカメラで倒れたかどうかを確認できます。長者原の定点カメラでも分かります。

(5) テロではそんなに大きな事故は起せません。1981年6月7日にイスラエル空軍機がイラクのタムーズにあった原子力施設を攻撃破壊しました。空爆、破壊の仕方によりますが、原発事故の拡大防止のため爆撃を利用しなければならないこともありうるだろうと管理人は考えています。

テロリストが強力な放射性物質をばら撒いて一定の場所の空間線量率が大きく上がるということも考えにくいです。ISISのテロリストが医療用放射線照射施設からコバルト60を取り出して放射線を使った武器を作ろうとしましたが、断念したそうです。

敵を殺す前に自分が死にます。

アル・バクタデーディが殺害されたラッカの現場の爆撃前後の空中写真。重機を入れてがんがん壊していったわけではありません。戦闘機からの爆撃でこれだけ細かいガレキになっています。



次なる大きな地震で原発の建屋が大きく傾いたりした場合には、爆撃で付属港湾に落とし込むようなことが必要になるかもしれません。

(6) 怖いのは、深刻な事故が隠されていてジワジワと放射性物質が漏れ、そのうちどかーんと増えるような場合です。不意打ちを食らいます。
東海第二がベントで凌ぎきれなければ、この形になったでしょう。公設MPの表示が途中で消えましたが、SPM濃度の上昇から判断すれば、相当量の放射性物質が放出されています。福島第一原発事故の事故もこの形です。最初から深刻な事故が始まったのですが、実態が隠されたためあるとき、例えば関東では2011/3/15に放射性物質がどかーんと増えることになりました。

日ごろから注意深く空間線量率の変化を見ていれば、深刻な事故の発生は推定がつくのではないかと考えています。全電源喪失時に短時間でメルトダウンに至ることは、学習しました。

(7) 放射性物質に国境はありません。他の国で放出された放射性物質が飛んできます。日本の周囲には多数の原発があります。国内の核施設だけでなく海外、特に隣国の原発についても注視が怠れません。

海外のモニタリング結果については、地震、事故があったらすぐ確認のHにリンク先を掲げてあります。北米で事故が起きても、中米に及ぶことは気流の関係であまりないと思います。

2 どのサイトをチェックすればよいのか
○ ホワイトフードのただ今の空間線量
一覧性に関してはこのサイトにかなうものはありません。赤丸が30日間平均の2倍の空間線量になっていることを示しますから赤丸が増えたら警戒警報が出たと考える必要があります。

○ 新・全国の放射能情報一覧(全国の放射線量 エリア別統合グラフ
このサイトで地域別に空間線量率の変化を知ることができます。ホワイトフードのサイトで黄や赤の丸が出ていなくとも、このサイトのグラフがジワジワと上がっている場合は、なんらかの悪い兆候だと受け止める必要があります。

特に、たとえば日本海側の広い地域にわたって空間線量率がジワジワと上がっている場合は、隣国からの放射性物質の飛来が疑われます。

○ アメダス降雨量
大気中には放射性物質が滞留しており、降雨とともに降下してきます。「自然放射能」が降下してくると言われますが、人工放射能も空に滞留しています。

小学生の質問箱
先生:「雨が降ると空にある「自然放射能」が降ってくるんです」
生徒:「同じくらい雨が降っていても原発の近くで「自然放射能」が高いのはなぜですか」

ホワイトフードのグラフで黄や赤の丸が出たら、まずアメダスの降雨量を確認します。降雨がある場合は、降雨の動向と線量率の動向を合わせて観察します。公設MPの多いところを台風が通過する場合は、10分前の台風の目の位置を知ることができます。

個別の箇所について詳しく線量率水準を確認したい場合は、
○ 原子力規制委員会 放射線モニタリング情報のサイトで調べます。

このサイトは大変不親切に出来ていて、必要以上に多くのクリックを要する仕組みです。グラフが見れますが、連続して見る場合でも毎回目盛りの上限を直さなければなりません。おかげさまで管理人のマウスは、半年程度でダメになります。

補完的なものとしては
○ そらまめ君SPM濃度グラフ
これは最低でも1時間遅れで、タイムラグが大きいので最新状況を調べるためには使いにくいです。各地のこのグラフへのリンクをまとめたページを作っています。ご関心があれば、見られるようにします。私の事後的な分析に使っています。

3 日常的な変動範囲を超え、緊急事態ととらえるべきはどんなときか
今の日本の空には放射性物質が滞留しています。今後原発の再稼動も増えて、空間線量率の変動はより大きくなるでしょう。

管理人は、次のような場合に血圧が上がります。
@ 降雨がないのにホワイトフードの赤丸がいくつも出ている場合
この場合には、他の作業を停めて変化を追い、状況の把握に努めます。分かったことから同報メールで流し、ブログに記事を書きます。



A 小幅ながらも広い地域で空間線量率が上がっているような場合
この場合には原因が分からないことも多いのですが、上昇開始時点の比較により放射性物質の流れ方を推定します。手間のかかる作業が必要です。

2017/9/23に掲載した2017/9/22の関東の線量率上昇は川内が起源の可能性は、推定分析の例です。今回は、太平洋岸を通ったと推定できましたが、小幅な上昇が広い地域で生ずると、経路を推定するのが大変困難になります。この記事も午前中一杯4時間も掛かりました。

2010年は、年間を通じて死亡数が増えました。この事実は人口動態統計を蓄積分析する過程で判明しました。これは国内外の核関連施設から放射性物質が継続的に相当多くの量放出されたことによるものと現時点では考えています。

SPMの変化などから韓国が主原因と見ていますが、韓国内の情報がなく先に進めません。

B 広い範囲で公設MPの測定値の表示が止まっている場合
これは、2011/3/11の地震の後、東海第二原発の周辺で長時間にわたって表示が消え、今なお数値が分からなくなっています。

2017/9になって川内原発の周辺でも測定値の表示が消えました。

茨城県はご丁寧にも、公設MPの表示のほかに大気観測のSPM濃度の観測結果まで消しましたし、福島県も浜通りについて同じ措置を取りました。
欠測は隠蔽であり、隠蔽は知られたくない不都合な事実が生じているということです。

欠測は、地域別統合グラフで見れば分かりますし、確認したいときは、規制庁のサイトを開き、次の画面の赤丸をクリック。


○○県全域と出るのでこれをもう一回クリックすると次の画面が出ます。欠測のところは「情報なし」と表示されます。


なお、MPの1箇所だけが数μSv/hに急上昇しているが、周辺は上がっていない場合は、多くの場合機器故障です。原発の近くであれば、そのような場合も注視が必要ですが、近くに核施設がない場合は気にする必要はありません。

C 小幅な線量率水準の上昇にもこだわる理由
米国人医学者のゴフマンは、大きな集団で見れば外部被曝の累積ががん発症確率をあげるという研究で知られています。彼はこの研究を公表して職を追われました。


ベラルーシーのバンダジェフスキー博士。若いころに亡くなった方の臓器の放射能を測定し人類に貢献する研究成果をあげました。


彼らが他人を騙すような顔をしていますか?

管理人は、外部被曝よりも内部被曝のほうが何倍も悪影響があると考えています。日々の吸気被曝を最小限に抑制する。そのためにアシスタントの方の力が役立ちます。
posted by ZUKUNASHI at 10:06| Comment(2) | 福島原発事故

2017年09月21日

ロシアが米国にSDFがシリア軍攻撃を止めなければ応戦すると警告

ロシアが米国にSDFがシリア軍攻撃を止めなければ応戦・報復すると警告しました。

2017年09月18日 デリゾールの戦いに次のように書きました。

表向き米軍の支援を受けているのはSDFで米軍のISIS支援は表向きはないことになっています。ですから、米軍はSDFを動かしたり、ISISを動かしたり、駒を自在に操れます。
SDFがシリア軍のユーフラテス川北側への進軍に抵抗していますが、シリア政府はクルドの支配を認めないでしょう。ロシア軍もこれに合わせることになるでしょうから、クルドとシリア政府軍の衝突はありえると見ざるを得ません。

今回、SDFがISISと癒着している疑いがあるとされたことは、エルドガンのSDFはテロリストであるとの主張を強めるものです。トルコがシリア国内でテロリストと戦うためにさらに軍隊を派遣するとの口実になりかねません。

クルドは、シリア軍と一緒に戦ったり、制圧地域をシリア軍に引き渡したり、いろいろな動きを示してきましたが、米軍にやらされたのであろう今回のシリア政府軍攻撃は決定的な失敗になる恐れがあります。

もともとユーフラテス川の東にシリア軍を進軍させないというクルドの作戦は無理があります。ユーフラテス川の東もシリアの主権の下にあり、ここにテロリストを温存させることはシリア政府のこれまでの努力が水の泡になりかねません。

シリア軍の活動を妨害するものは、シリア軍は排除できます。クルドの作戦は無謀、シリア国内の混乱に乗じて独自の領土を確保しようとするのは、国際的にも支持が得られません。

クルドがこのまま米軍の言いなりになってシリア政府軍と戦闘を始めるのか、路線を修正するのか、米軍との関係をどうするのか、転換点になります。

後から二つ目のAMNの記事はクルドのサイドから書かれています。最後の段落に、"Despite the US’ efforts to stop the Syrian Army from crossing the Euphrates,"とあります。第三者的な書き方でクルドの中でも明確な戦略が定まっていないようにも感じられます。

その後にもう一つ記事が出ました。
"the Russian Ministry of Defense’s to issue a stern warning to Washington."とあります。米国の言いなりだということの表れでしょうが、クルドの市民、兵士はこちらのほうにより関心を持ち、危機感を感じるでしょう。


RT2017/9/21
Russia warns US it will strike back if militia attacks in Syria don’t end
Moscow has warned the US that if militias it supports in northeast Syria again attack positions of pro-government forces backed by Russia, the Russian military will use all its force to retaliate.

The troops of the Syrian Democratic Force (SDF), a predominantly Kurdish militia that receives support from the US military, have twice attacked positions of the Syrian Arab Army in the Deir ez-Zor governorate with mortar and rocket fire, according to the Russian Defense Ministry's spokesman, Major General Igor Konashenkov.

“Russia unequivocally told the commanders of US forces in Al Udeid Airbase (Qatar) that it will not tolerate any shelling from the areas where the SDF are stationed,” Konashenkov said, adding that the attacks put at risk Russian military advisers embedded with Syrian government troops.

“Fire from positions in regions [controlled by the SDF] will be suppressed by all means necessary,” he stressed.

Konashenkov said Moscow suspected the SDF of colluding with the terrorist group Islamic State (IS, also known as ISIS/ISIL) in Deir ez-Zor rather than fighting it, as it claims to be. He said Russia had detected the transfer of SDF fighters from the IS stronghold of Raqqa, to join forces with the jihadists.

“SDF militants work to the same objectives as IS terrorists. Russian drones and intelligence have not recorded any confrontations between IS and the ‘third force,’ the SDF,” the Russian general said.

The statement said that the siege of Raqqa by the SDF has been halted, apparently in response to the latest advances by Syrian government forces in Deir ez-Zor, which is located to the east from Raqqa along the Euphrates River.

“The central parts of the former ISIL capital, which account for roughly 25 percent of the city, remain under full control of the terrorists,” Konashenkov remarked.

According to the statement, in the last 24 hours Syrian government troops “continued their offensive operation” to destroy the last “IS bridgehead” near the city of Deir ez-Zor, the provincial capital. Troops led by Syrian Army General Suheil al-Hassan liberated around 16 sq km of territory and two settlements on the western bank of the Euphrates River.

“More than 85 percent of Deir ez-Zor's territory is under the full control of Syrian troops. Over the next week the city will be liberated completely,” Konashenkov said.

The city of Deir ez-Zor in eastern Syria was besieged by Islamic State in 2014. Syrian government forces lifted the blockade of the city in early September.

However, the liberation of Deir ez-Zor also triggered a confrontation between Syrian government forces and the US-backed SDF militants, the point of contention being control of Deir ez-Zor’s oil fields.

Following Damascus’s strategic victory, food, medicine and other essentials started to reach the city by convoy, where previously the inhabitants had to rely on air-drops.

The escalation of tension in eastern Syria is mirrored in the western Idlib governorate, where militant forces this week attacked Syrian positions in a designated de-escalation zone. The offensive threatened a unit of Russian military police, who were stationed in the area to monitor the ceasefire. Russia mounted an emergency rescue operation on Wednesday, in which three Russian special operations troops were injured. The Russian Defense Ministry claimed that the militants’ offensive had been instigated by US special services.

AMN2017/9/21
Syrian Army attacked twice by US-backed forces in Deir Ezzor: Russian MoD
BEIRUT, LEBANON (11:00 A.M.) – The US-backed forces in Deir Ezzor have shelled the Syrian Arab Army’s (SAA) positions at least twice this week along the western bank of the Euphrates River, the Spokesperson for the Russian Ministry of Defense, Major General Igor Konashenkov stated on Thursday.

“The Syrian governmental troops have been shelled twice from the areas on the western bank of the Euphrates controlled by the Syrian Democratic Forces and the US military,” Konashenkov said.

In addition to shelling the Syrian Army’s positions, the US-backed Syrian Democratic Forces have been accused of trying to obstruct the government’s advance across the Euphrates River by flooding the areas in the Euphrates River Valley.

Despite the US’ efforts to stop the Syrian Army from crossing the Euphrates, the latter’s forces successfully conducted an amphibious landing on the eastern bank of the river this past week.

AMN2017/9/21
Russia threatens to attack US-backed forces in Deir Ezzor
The US-backed Syrian Democratic Forces (SDF) have shelled the Syrian Arab Army’s (SAA) positions in Deir Ezzor at least two times this week; this has prompted the Russian Ministry of Defense’s to issue a stern warning to Washington.
posted by ZUKUNASHI at 21:34| Comment(0) | 国際・政治

クルドと米軍がシリア軍を激しく攻撃 ダムの水門を開けて渡河妨害も

RT2017/9/21
US-backed forces approaching Deir ez-Zor from north ‘work to ISIS objectives’ – Russian MoD
US backed Syrian Democratic Forces (SDF) approaching the Deir ez-Zor region from the north work to the same objective as Islamic State terrorists, the Russian Defence Ministry said.

The MoD added that Syrian troops had been shelled from areas where SDF and US forces are stationed.

Russia had detected the transfer of SDF militants from Raqqa, stronghold of the Islamic State (IS, also known as ISIS/ISIL), to northern areas of Deir ez-Zor, the Russian Defense Ministry's spokesman, Major General Igor Konashenkov, said in a statement.

“SDF militants work to the same objectives as IS terrorists. Russian drones and intelligence have not recorded any confrontations between IS and the ‘third force’, SDF,” Konashenkov said.

He added that the Syrian troops had been shelled at least twice from areas on the eastern bank of the Euphrates River, where SDF militants are stationed together with US troops.



RT2017/9/19
The Syrian Army liberating the Deir ez-Zor region from terrorists is facing strong resistance and massive fire from areas where armed opposition groups and US forces are stationed, the Russian Defense Ministry said.

The Syrian Army continues to liberate the Euphrates valley to the east of Deir ez-Zor with the help of Russian air forces, the statement from the ministry reads.

“According to the reports of the Syrian Army commanders, the most vicious counterattacks and massive shelling are launched from the northern [part of the region] controlled by the ‘Syrian Democratic Forces’ (SDF) and the US special forces that were deployed to the area to allegedly ‘lend medical assistance’ to these militants instead of liberating Raqqa,” the Russian Defense Ministry’s spokesman, Major General Igor Konashenkov, said.

He added that the Syrian Army also faced difficulties as it cut across the Euphrates River, where the water level surprisingly rose within several hours. Such water-level changes could only be the result of a deliberate flush at the dams that are also currently controlled by the armed groups backed by the US-led coalition, the major general said.

“As the final defeat of Islamic State [IS, formerly ISIS/ISIL] in Syria draws near, it becomes increasingly more evident who really fights Islamic State and who just imitates a fight for three years,” he said. “Even if the US-led coalition is not willing to fight terrorism in Syria, it should at least not prevent those who really do that consistently and effectively [from fighting terrorist groups].”

上流のダムから170km以上ありますから、前日か前々日に水門を開けたということですね。
posted by ZUKUNASHI at 16:26| Comment(1) | 国際・政治

ツイッターで見る深刻な身体症状がやはり増えている

かにちゃんと世界線‏ @hunterkani氏が9/5、前線復帰。3ヶ月ぶり。

※  かにちゃんと世界線‏ @hunterkani 12:27 - 2017年9月5日
繁忙期終わりました
そろそろ本気でいきますよ

同氏のツイート発掘力はすごい。ぞろぞろ出てきている。悪化継続は確実。

・・・・・

※  よもぎ‏ @1521m_MiTa 氏の2017/9/19のツイート
癌になった友達が検査の為 造影剤を使ったらアナフィラキシーショックを起こして入院した。一時元気になったように思ったけど、最近は横になる事が多く体力が無くなっていたようだ。病気の為の検査や薬で具合悪くなったら元も子もないですよね。とは娘さんの言葉。こんな入院でも入院費取られるんかな

※  れい‏ @esperanzasolo 氏の2017/9/19のツイート
職場で人が倒れて救急車が来て搬送されて、眼が開いていたけれど大丈夫かな。この前は休憩に行った方が戻らないので探しにに行ったらトイレ内で倒れてたそう。聞いたら"よくある"って。

2017/9/19のかにちゃんと世界線‏ @hunterkani氏のツイートは、寿司に関するものが多かったのですが、未だに寿司を食べて腹を壊している人が多いんですね。寿司食の何が腹痛や下痢の原因か分かりませんが、何度も腹痛や下痢を繰り返している方もおられるようです。そういう方は、すぐ体調が回復するのでしょうか、とても疑問に思っています。被曝が疑われますが、このようなことを繰り返していると、次第に反応が強くなりますし、腹痛ではとどまらないことになるでしょう。上のれい氏のツイートもすごい。"よくある"のを会社は放置かよ!

※  ようこりん@ダイエット‏ @youkorin_diet 氏の2017/9/10のツイート
こんばんはきらきら
今日のお昼は回転寿司でした寿司
写真は中トロです。程よい脂が乗ってて美味しかったにこにこ
そのあと多めのウォーキングしたのですが、帰ったあとに急に腸が動き出し…かなりの腹痛にあせあせ(飛び散る汗)
今はなんとかおさまりました。
元々晩御飯で調整する気でしたが、夜はリンゴだけにします

※  チコ‏ @secondtwi2 氏の2017/9/17のツイート
まじで明日運転したくない
右折するときに反対車線から車来てるのに視界から消える
自分の都合の良いように視界から消えるんだが。
運転したくないわん

※  a.k.a. まりのぶ‏ @iamslumbering氏の2017/9/15のツイート
バスプールに頭から血流して倒れてる人いるんだけど仙台いつからマッドシティになったの???

※  のら代‏ @yumibe 氏の2017/9/15のツイート
成田から池袋のホテルついて駅まで歩く道すがら酔っ払って道に寝てるサラリーマンが数名…今日はなきんか!

※ もうりふみや「Dr.MaDBOY」‏ @THEE_snaf氏の2017/9/12のツイート
先日、中学校からの友人が亡くなったとの知らせを受けました。心不全だったそうです。未だに実感がわかないですが、彼と最後に会ったときに行ってくれた「これからも頑張れよ」的な言葉をずっと生かしておきます。あと2でメイド喫茶行ったときの萌えチェキ。とりあえずは、安らかに。また会おう。

※  8600hiromi‏ @8600hiromi 氏の2017/9/13のツイート
息子が熱性痙攣になり救急車を呼びました。
治って熱性痙攣時の対処レクチャーを救急隊のお兄さんから受けた時
「熱性痙攣になって歯をくいしばるので無理に口開けさせるお母さんいるんです。気持ちわかるのですが指を噛みちぎられてお母さんも救急事態になるので、やめてね」
と言われて衝撃

※  時田た郎‏ @tokita_ro氏の2017/9/13のツイート
返信先: @Aniki0521さん
おれと似たような頭痛奴がおるんだけど、夜中に死にたくなるレベルの頭痛と寒気と手足痙攣が起きて救急車呼んだらしいわ!んで異常なしwww

※ 兎に角@3y♂&1y♂‏ @tonikaku_t 氏の2017/9/13のツイート
7119に電話したら初めての痙攣なので救急車呼んでくださいってことで。ピースケの痙攣で何度か運ばれてるからもう慣れたもんや…救急車…こんなこと慣れたくないわ…

※  金井祐介‏ @ysk_kni 氏の2017/9/14のツイート
北花田駅はこの時間から
ベンチで嘔吐してる人
横になって寝てるサラリーマン
いつからそんな荒れてるん

※  るみ‏ @rururum17 氏の2017/9/12のツイート
実家に遊びに行ってお昼ご飯食べてた時のこと。
甥っ子の熱性痙攣の姿を初めて目の当たりにした。
小さい子がチアノーゼ起こして痙攣している姿は怖くて…可哀想で…
初めて救急車呼んで病院へ。
診察室で先生のお話し聞いてホッとしたのか涙が出てきてしまった…。
無事で何よりでした(;_;)

※  n‏ @N____himitsu 氏の2017/9/12のツイート
意識不明で、痙攣してるのに30分以上放置してて、救急車呼んだの40分後ってありえない!
ずっと携帯いじってて、意識不明なのに、『立て!』とかありえない!
先生としてどうかしてるでしょ、。
ほんとにありえない!
クラスだけいい先生してて、部活で最悪な先生とかくそだよ!

※  うっひー【小さな声で真野単】‏ @eri_mayu 氏の2017/9/9のツイート
一時は手足が痙攣してて、顔も血の気がなかったので、そのまま目の前で亡くなってもおかしくなかった。ただ、救急隊の応急処置が間に合ったようで本当によかった。でも、1回目に倒れたとき、列から外れてスポーツドリンクのんでうちわで扇いで体を冷やしたりしてたら、握手会も参加できた気がする

※  雫(低浮上ですの)‏ @dr0p3o 氏の2017/8/30のツイート
途端に失神して痙攣してたって。倒れた覚えないとよね。確かに飲んでたコーヒーいつの間にか浴びとるんやけど。1分たたないうちに目覚めたらしくて周りがびっくりしてた。。わたしがびっくりだよ。

※  ぶらっく社畜‏ @Zero_Dragoner氏の2017/9/10のツイート
この前職場で足を痙攣させて意識がない状態で倒れてる人見たけど仕事が忙しかったし周りに人がいっぱいいたしよく状況がわからんかったな
職場は魔境

※ only plus *‏ @chomypomepome 氏の2017/8/24のツイート
数ヶ月前に、職場の年下の子、22、3歳の子が、職場でた.お.れ.て、私は、目の前で見てしまって、白目向いて痙攣してた。
その子が、また一昨日た.お.れ.て、また私が第一目撃者になってしまって、前回よりは断然短時間だったけど、白目向いてやや痙攣。

※ セブリットニャン太郎ミルクティー同盟βきらきら‏ @BOT500542431 氏の2017/8/19のツイート
就職1年(これで終わろ)
某職場で介護職として就職
はじめはよかったものの、その後の仕事時間は異常
10月のある日の仕事中に、少し呼吸が辛くなったが、休める訳もなく仕事を続けていた
そうすると段々呼吸が浅くなり、痙攣を起こしつつその場で倒れる、起きたら点滴してた
11月に辞める。

※  まひ@24王の器か09‏ @mfcr82 氏の2017/9/6のツイート
もー‥‥昨日職場の兄ちゃん仕事中に痙攣起こして病院送りになってるのに‥‥だからあれほど店一旦閉めましょうって言ったのに店長‥‥この野郎‥‥しかも店長今日休みだし‥‥この野郎‥‥

※  (੭•̀ᴗ•̀)੭まゆ毛‏ @shiosai_chang 氏の2017/9/13のツイート
同級生のお母さんが突然亡くなった。
親が離婚する前ご近所さんでよく遊んでいた子だし何度かお泊まり行ってお世話になったこともある。
数週間前1度会ったけど、普通に元気だったのに、、、
親の死が他人事では無くなってきたよ。

※  ジョブ6‏ @jobroku 氏の2017/9/14のツイート
高校の同級生が突然亡くなった。先週末の飲み会に来るとか来ないとかって言っていたのに急すぎる…。
急遽通夜に参加できた友達と今のうちお互いに会えるだけ会っておこうって話になった。



※  まりめろ(危機)‏ @MariMelo3_ 氏の2017/9/14のツイート
川口ってヤンキー多いって言われてるけどまさにそうだった。
流血して倒れてる人、また違う所で倒れてる人、地面に頭叩きつけてる人等、やたらと大声で叫ぶ人等…まじ川口すごー
地面に頭叩きつけてるのが一番意味が分かんなかったw

※ yayoi‏ @yayoi12333 氏の2017/9/13のツイート
何ヵ月も微熱が続いてる友人、ずっと原因が分からずって聞いてたけど、よく聞いたら「脾臓が腫れてる」らしい。
アレだよねぇ。
何回も検査してるけど、医者は特に問題ありませんって言うだけだって。

※  メンマ氏‏ @menmanist氏の2017/9/11のツイート
昨日は家で兄貴が突然吐いて、今日は職場で対面近い人が突然倒れて救急車に運ばれたし、いつ自分の番が来るんだろうという状況

※  Gun&Guitor LIFE‏ @RitchieBlackmau 氏の2017/9/11のツイート
また同僚が倒れた。
定年後1年は税金対策で嘱託社員になるのはよくあるが、さらに半年延長させられて、9月末までだった。
足が痺れて、呂律が回らなくなり救急車で運ばれた。
会社で何人も見たアカン状況や。
やっと隠居できるのに、、、
「生きろ!」
まだくそ暑いのに、黒い礼服着させるな!

※  寛助 (Suzuki 父)‏ @zzsuzuki24 氏の2017/9/11のツイート
午前中に、職場の男性が急に倒れた。回りがおたおたしていたので、救急処置をしました。救急車で運ばれましたが、無事に回復して自力で歩けるようになりました。良かった!私は、今回で救急処置をしたのは 4回目です。何故でしょうか?

※  信者でよかった!焼野原‏ @SupponponParty 氏の2017/9/11のツイート
ヤベー音したと思って振り返ったら一般車にトラックが突っ込んでたけど一般車の向きおかしかったから何が何だか

※  とだ‏ @ha_z39t 氏の2017/9/11のツイート
男の人がホームで
倒れてて救急隊もたくさんいて
その隣に女の人が
泣きながら寄り添ってて
なんか朝から泣きそうになった

※  肘肩 腰胴44歳 ほぼ菜食(ꌶꈊꌶ)‏ @tokoroteninochi 氏の2017/9/11のツイート
脳梗塞怖え。
身内で脳梗塞で倒れた人が複数いるので本当怖えの。

※  さき‏ @_mssbb氏の2017/9/10のツイート
道歩いてたら人倒れたんやけど救急車呼んだ後みたいやったから何もせずに通りすぎたら3分後にまた人倒れててびっくりした
倒れてる人連続で見るのははじめて

※  あぽろん@本垢凍結‏ @aporondantyo 氏の2017/9/10のツイート
お土産を渡しにおばあちゃんち行くのにお土産忘れるの本当頭悪すぎる私はなんでこんなに物忘れが酷いの病気なの

※  taka@復職準備中‏ @takashi0331sky 氏の2017/9/10のツイート
最近物忘れが激しいのでメモ帳使ってるんだが。
色々突っ込みたいが最後のズゴックって…
昨日の俺。何を託したんだ。

※  斉藤大士‏ @taishi060920氏の2017/9/4のツイート
家の50メートル圏内に酔いつぶれて道に寝てるおっさんが5人いるあたりさすが立石だと思うよ。

※  まどろむくまお。‏ @mkkusmk氏の2017/9/3のツイート
仕事柄夜中に帰ることが多いけれど、ほぼ毎日のように生きた屍をみる。みんなよくそんなとこで寝るなあって思う所で酔いつぶれて寝てる。今日は歩道のド真ん中で大の字で寝てる人と、段差の所に綺麗に靴と財布並べて隙間で寝てる人を見た。今週もストレス社会で頑張ってきたんかな。いつもお疲れ様。

※  あゆむは死んでます‏ @ayumu0042
今年に入ってから親戚がどんどん倒れて亡くなっていっててどうしたらいいかわからないしなにより涙が
目が痛い
19:15 - 2017年8月29日

※  花千烈風‏ @Chaosfantom
昨日、名古屋のラボでカードしてたんだけど、後ろのテーブルの人が急に椅子を傾けてテーブルに寄りかかってきたんだよね。迷惑な客だなーって友達と見てたら突然、痙攣し出した。んで、そのまま倒れて意識失ってた。救急車呼んで大事には至らなかったみたいだけど、ああいう時って焦る。
2:26 - 2017年8月28日

※  Minchan2☆ハイヒールエボ札幌勢‏ @Minchan2
今は施設に入っている認知症の義父が入院してた際、立ち上がったら倒れて心停止で緊急で呼ばれたこともあったなー
知り合いの同僚も30代で、ランチタイム中にカフェで心停止、亡くなった話も聞くし、明日は我が身かもしらん。
17:49 - 2017年8月26日

※  Minchan2☆ハイヒールエボ札幌勢‏ @Minchan2 8月26日
どんなに健康に見えても、司法解剖してもわからない原因不明の心停止があると。
ただ、鼓動が止まるだけ、らしい。
怖いわー

※  紅‏ @ss1010_tales
お疲れ様。
実は私も今月14日、小中学校の同級生を亡くしました。死因は不明で、多分心筋梗塞。
そして今日、3才の猫が亡くなりました。朝起きたら倒れてた。
残された私たちに出来ることは忘れないこと。
お互い体を大切に、元気に生きましょ!!!
20:48 - 2017年8月30日

※  深谷勢‏ @fujiokamin 氏の2017/8/25のツイート
飲み屋ないのに道で寝てる人多すぎでしょ藤岡市

※  Asahi‏ @Sunshine_0517 氏の2017/8/27のツイート
夜の学校の回りの道歩いたら
酔っぱらいしかいないじゃん
道で寝てる人多すぎw

※  心がサティスファクションするちゃぁP♡‏ @MadCat_sideP氏の2017/8/28のツイート
なんか駅出た瞬間立ちションしてるおっさんいるし全裸の男性いるし道で寝てる人いるしここはこの世の終わりか?

※  ぱご‏ @pagod5rc 氏の2017/8/29のツイート
ひさびさに泥酔して道で寝てる酔っぱらい見た。
警察来るまで相手してあげたけど「ここどこ?俺だれ?何してた?」ってそればっかり聞いてきた。結婚指輪してたし、奥さんに心配かけんなよ。

※  ゴリラ‏ @GORILLA_STRONG_氏の2017/8/19のツイート
焼き肉食べてたら隣のお兄さん痙攣して倒れたンゴ
posted by ZUKUNASHI at 15:08| Comment(3) | 福島原発事故

首筋が激痛 項部硬直(こうぶこうちょく) 髄膜炎菌感染症

2017年09月18日
2017/9中旬の九州南部での放射性物質漏洩はかなり大規模なものだった(初出 2017/9/13 17時 9/18加筆、題名修正)に次のようなコメントが寄せられています。

Aさん:9/8 朝起きると、右首筋が激痛(こんなに首が痛くなる経験は初めてだったが、寝違えたか?と思った。現在も少し痛みが残っている)
9/9 歯茎腫れる(免疫が下がると必ず反応する場所)
ここ数日間、ずっと体が怠い。

Bさん:首の痛みですね
どの放射性物質が首の痛み(炎症)を起こすのか分からないのですが、いろいろな年齢層の方々が首の痛みを訴えていることが分かりました
放射性物質の放出&到着は9〜10日あたりでしょう

Cさん:激しい頭痛と首の痛みのメカニズムを考えていて、 項部硬直(こうぶこうちょく)という症状ではないかと思い当たりました。髄膜刺激症状とされています。

項部硬直(こうぶこうちょく)という症状は、管理人は理解ができていないのですが、次の記事で言及されていると教えてもらいました。

2015年08月19日
山口県で開催のスカウト世界大会参加のスウェーデン人ら、髄膜炎に罹患の可能性
公衆衛生当局は同大会の参加者に対し、医療機関を受診し、感染の可能性がある髄膜炎菌感染症の拡散を予防する抗生物質の処方を受けるよう要請した。
 脳や脊髄を覆う保護膜の「髄膜」に炎症が生じる髄膜炎は、生命に危険が生じる可能性もある疾患。症状としては、高熱、項部硬直、嘔吐(おうと)、激しい頭痛などがある。

この記事に書かれている事象は原因と経過が分からず気味悪い事件として記録したものです。その気味悪さは今も残っています。

被曝との関係は分かりませんが、被曝で炎症を起して強く痛むということはあります。管理人は歯茎が大きく腫れて水も飲めないほどになり、歯医者で抗生物質を処方されて吞んだら数時間で快方に向かったことがあります。2011年のことです。

※ Kameko‏ @kameatemygarden 氏の2017/9/19のツイート
これはあると思う。心当たりのある経験あり。私の場合は最初に首が回らなくなった。その後首の右後ろに恒常的に痛みが来るようになった。今では避けている国に行った時のこと。腰でもあるように思う。断言はできないけれど、経験から疑っている

首筋が痛む、頭痛がするという症状では、このようなメカニズムのこともありますので、念頭に置くとともに、病院を受診してください。
posted by ZUKUNASHI at 14:57| Comment(0) | 福島原発事故

次の大地震が接近か 地震の動向に注意

2017年8月10日 9時36分ごろ千葉県北西部地震発生。ずっと体感地震がなかったのにこのところ増えています。

マグニチュード10回移動平均。2017/2/1から9/21 9時まで


2017/8/2 2時02分ごろ 茨城県北部でマグニチュード 5.5

2017/7/20、9時13分東日本で地震。震源地 福島県沖
マグニチュード 5.6

カムチャッカで大きな地震 津波の可能性も
2017/7/18
Tsunami alert as powerful quake hits off Russia’s Kamchatka
A powerful 7.4 magnitude earthquake off Russia’s Kamchatka region may trigger tsunami waves within a 300km radius, the US Pacific tsunami warning center said.

2017/7/2午前1時頃熊本県で最大震度5の地震
発生時刻 2017年7月2日 0時58分ごろ
震源地 熊本県阿蘇地方
深さ 10km
マグニチュード 4.5

2017年7月1日 23時45分ごろ 2017年7月1日 23時50分 胆振地方中東部 5.3 5弱

2017/2/28 16時50分頃
東北の広い範囲で地震。東京近郊ではゆっくりと揺れました。
2017年2月28日 16時49分ごろ
震源地 福島県沖
緯度  北緯37.5度、経度  東経141.4度
深さ 50km
マグニチュード 5.6 津波の恐れなし

2016/12/28 21時38分頃茨城県北部でマグニチュード6.3の地震

2016/10/21 16:08
共同通信
鳥取中部で震度6弱
岡山や島根も大きな揺れ
21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町、北栄町で震度6弱の地震があった。岡山県北部で震度5強、島根県隠岐でも震度5弱を記録するなど、関東から九州にかけての広い範囲で揺れを観測した。
 気象庁によると、震源地は鳥取県中部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.6と推定される。津波の心配はない。
 その後も、鳥取県や岡山県で震度4を観測するなど、余震とみられる地震が続いた。

amaちゃんだ氏の2016/9/24のツイートでは、最近のM規模の大きい地震として次のものが上げられていますが、下線以外のものは上のグラフに含まれていません。含めても大きくは変わりません。これからです。
9/22 19:21 4.7M 千葉県南東沖
9/23 00:56  5.3M 千葉県南東沖
9/23 01:20  4.7M 千葉県南東沖
9/23 09:14  6.5M 関東東方沖
9/23 09:30 4.5M 千葉県南東沖
9/23 09:42 4.9M 千葉県南東沖

posted by ZUKUNASHI at 09:18| Comment(22) | 東日本大震災

ティラーソン 米ロの外交使節団を巡る紛争

米国に国務長官(外務大臣)はいるのかなと思わせられるほどにティラーソンの発言が伝えられていません。北朝鮮問題、ロシアとの間の公館縮小・閉鎖問題で発言が聞こえてきません。国連大使がときにヒステリックな発言をする。
トランプに振り回されてとてもやっていられないというのが本心でしょう。でも、彼は賢いです。発言しないことが身を守る上で最も有効と判断しているのでしょう。1年務められるか。

2017/9の国連総会時にラブロフとティラーソンが会談しています。会談の内容も薄いようです。ラブロフはカウンタパートを失ったも同然では? それが米国の作戦かも知れませんが。

RT2017/9/1
Diplomatic war: From Obama’s expulsion of Russian embassy staff to Trump’s closure of SF consulate
A series of diplomatic ‘tit-for-tat’ steps since Barack Obama’s expulsion of Russian staff last year has severely strained relations between Russia and US. In its latest move, citing a “spirit of parity,” Washington gave Moscow 2 days to shut down its San Francisco consulate.

Just days before the New Year celebrations, then-US President Barack Obama declared 35 Russian diplomats in the US “persona non grata” and gave them 72 hours to leave the country. The decision affected 96 people – the officials and their families, according to the Russian foreign ministry.

Obama described those expelled as "intelligence operatives," having alleged that the Russian embassy staff acted in a "manner inconsistent with their diplomatic status." Washington also closed two Russian diplomatic compounds in New York and Maryland. Those were vacation retreats, which the US claimed Moscow used for intelligence-related purposes.

The Kremlin resisted retaliatory measures suggested by its foreign ministry so as not to ruin the holidays for American diplomats. "We reserve the right to retaliate, but we will not sink to the level of this irresponsible ‘kitchen’ diplomacy. We will take further moves on restoring Russian-American relations based on the policies that the administration of President-elect Donald Trump adopts," Russian President Vladimir Putin said at the time.

To justify the expulsions, the Obama administration blamed Russia for allegedly interfering in the US presidential election which saw Republican candidate Donald Trump become president. No evidence of Moscow's interference or hacking has ever been made public by the US intelligence community.

Moscow denied accusations of Russia aiding Trump and said it’s "reminiscent of a witch hunt," with Putin noting that the US is not "a banana republic" for others to interfere with its people's choice and determine its political course.

July 25, 2017: Congress approves unilateral anti-Russia sanctions bill

Despite the new US president's apparent intentions to build better relations with Moscow, and after months of contacts through various diplomatic channels that led to reassurances, Trump signed legislation that imposed new sanctions against Russia at the beginning of August.

Passed by the Senate and the House of Representatives, the new legislation partially stripped Trump of his presidential authority to formulate a foreign policy vis-a-vis Russia, by limiting his ability to ease sanctions without the approval from Congress.

Trump signed the 'Countering American Adversaries Through Sanctions Act' but noted it was "seriously flawed" and had "clearly unconstitutional provisions" that encroach on the executive branch's authority to negotiate foreign policy.

Having discussed Washington’s sanctions policy with US Secretary of State Rex Tillerson, Russia's Foreign Minister Sergey Lavrov said the US law on sanctions against Russia “has become another link in the chain of unfriendly steps and dangerous for international stability, striking a powerful blow to the prospects for bilateral cooperation."

July 28, 2017: Moscow tells US to cut embassy staff down to size

Following the legislation’s approval by the US Congress, the Kremlin hit back, targeting the American diplomatic missions in Russia.

Moscow ordered the US State Department to limit the number of its personnel in Russia to 455, bringing it in line with the number of Russian diplomats in the US. President Putin said 755 American staff would have to leave by September 1.

Moscow also took back property used by American mission staff in the Russian capital, barring embassy workers from the retreat in the renowned Serebryany Bor park and forest area as well as storage facilities in the south of Moscow.

August 21, 2017: US cuts back visa operations in Russia
In response, the US embassy in Russia announced it was suspending all "non-immigrant visa operations" in Russia as of August 23. Visa operations would resume in September, but only at the main embassy building in Moscow. Russians would no longer be able to apply for visas at US consulates in St. Petersburg, Yekaterinburg and Vladivostok.

Lavrov said the visa decision had been made to worsen Russian citizens' attitude toward their authorities, with his ministry adding the move had "an obvious political connotation."

Russians will have to wait for 85 days for an appointment at the US embassy in Moscow if they want to apply for standard tourist visas, according to the State Department.

The appointment waiting time is 53 days for other non-immigrant visas, such as business ones. Before the announcement, the time limits were reportedly much shorter, even during high season.

August 31, 2017: US orders closure of Russian consulate
Though the decision to cut back consular operations in Russia was made by the State Department and not Moscow, the Trump administration cited “the spirit of parity invoked by the Russians” to order the closure of Russia’s consulate in San Francisco, California and two diplomatic annexes in Washington, DC and New York City, on August 31.

Russia was given 2 days’ notice to implement the decision.
“The US is prepared to take further action as necessary and as warranted,” State Department spokeswoman Heather Nauert said in a statement announcing the move. White House press secretary Sarah Huckabee Sanders confirmed to reporters that Trump himself made the decision.

Lavrov “expressed regret over the escalation of tensions,” noting they were not initiated by Russia. He told Tillerson that Moscow would "closely study" the new US measures and would inform Washington of its reaction in due course.


RT2017/8/18
Damage control? Tillerson pushes for diversity at State Dept amid Trump controversy
US Secretary of State Rex Tillerson has joined the list of top US officials who made statements about the importance of racial diversity in their agencies amid public outrage over President Donald Trump’s comments on the violence in Charlottesville.

The US State Department will be hiring more non-whites to fix the “great diversity gap” that exists at the agency, Tillerson said on Friday, addressing interns and fellows at the State Department.

“Only about 12 percent of our senior foreign service officers are non-white,” Tillerson said, while only nine percent of Foreign Service specialists are African-American.

RT2017/8/15
Tillerson calls out Turkey, Bahrain, Saudi Arabia & Iran over religious freedom
US Secretary of State Rex Tillerson has singled out several Muslim-majority countries for violating religious freedoms. He also called out Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorists for their “genocide” of Yazidis, Christians and Shia Muslims.

Tillerson has accused friends and foes alike of violating their citizens’ religious freedoms, particularly focusing on Muslim-majority countries in his presentation of the US State Department’s annual report on religious freedom worldwide.
posted by ZUKUNASHI at 08:34| Comment(0) | 国際・政治

アルヌスラの攻撃撃退でロシア機が戦闘員850人を殺害

RT2017/9/20
850 jihadists killed as Russian warplanes help Syrian Army repel Idlib offensive – Moscow

Russian warplanes and Syrian forces have repelled an offensive by jihadists in a de-escalation zone in Idlib governorate in Syria. The forces killed some 850 militants and destroyed 11 tanks and other assets, Russia’s General Staff reported.

The offensive was launched by the militant group formerly called Al-Nusra Front and its allies on Tuesday morning, a statement from the General Staff said.

The jihadists attacked the positions of government forces stationed to the north and northeast of the city of Hama. The positions are part of a designated de-escalation zone, which covers Idlib governorate, the powerbase of a number of anti-government armed groups in Syria, the Russian military said.

The report accused US security services of instigating the offensive, which, the statement said, is meant to derail the successful operation of Damascus forces east of Deir ez-Zor.

The Russian General Staff said the militants tried to capture a unit of the Russian military police, which have a mandate to monitor the ceasefire in the Idlib de-escalation zone. The unit was forced to fight against a larger enemy presence for several hours, but prevailed thanks to the support of a local militia.

The Russian command in Syria ordered an operation to repel the militants’ assault, including airstrikes and a ground offensive conducted by the military police and special operations forces, General Sergey Rudskoy, spokesman for the Russian General Staff, added in the statement.

The Russian unit was successfully rescued. Three troops from the special operations forces were injured, but the Russian forces suffered no fatalities, Rudskoy said.

The General Staff said the jihadist offensive had been stopped. The militants’ estimated losses include some 850 fighters, 11 tanks, three infantry fighting vehicles, 46 armed pickup trucks, five mortars, 20 freighter trucks and 38 ammo supply points.

The statement says Syrian government forces supported by Russian warplanes launched a counteroffensive and recaptured territories previously seized by the jihadists.

スプートニク2017/9/20
Al-Nusra Front terrorists used artillery, tanks and infantry fighting vehicles during their offensive in the Idlib de-escalation zone, the Russian General Staff said on Wednesday.

"Despite agreements signed on September 15 in Astana, al-Nusra Front terrorists and allied militants, who do not want to uphold a cease-fire, launched a strong offensive on the positions of the government troops on September 19 to the north and northeast of the city of Hama in the Idlib de-escalation zone," the General Staff's statement said.

The militants' attack was "initiated by US secret services to stop the successful advance of the government troops to the east of Deir ez-Zor," it adds. The militants managed to penetrate Syrian army defenses to the depth of some 12 kilometers.

"In general, as a result of measures undertaken by the Russian command and the Syrian general staff, the terrorist offensive was stopped, and they suffered significant damage," the chief of the Main Operational Directorate of the Russian General Staff, Col. Gen. Sergei Rudskoy said.

A Russian military police unit of 29 personnel was encircled as the militants sought to capture it and was repelling the attacks for several hours together with a local tribe that had signed a cease-fire agreement. A group of Russian Spetsnaz and Syrian special operations forces came to the rescue, backed by Su-25 strike fighters. The military police unit broke the siege and left the area. Three servicemen were wounded.

The Syrian Army, supported by Russian warplanes, launched a counterattack and have almost completely reclaimed their positions in the Idlib de-escalation zone. The operation to destroy terrorists will continue, the General Staff said.

"A total of 187 terrorist targets were hit by air strikes and artillery fire, about 850 terrorists, 11 tanks, 4 infantry fighting vehicles, 46 pick-up trucks, 5 mortars, and 38 weapons depots were destroyed," Rudskoy added.
posted by ZUKUNASHI at 08:27| Comment(0) | 国際・政治

米国の保安部隊がアルヌスラのシリア軍攻撃を仕掛けている

RT2017/9/20
US security services behind Al Nusra offensive in Syria’s Idlib – Russian MoD
The Russian Defense Ministry says that, according to their data, an offensive launched by Al Nusra terrorists and their allies in Syria was orchestrated by the US security services, aiming at derailing the Syrian Army operation near Deir ez-Zor.

“According to our intelligence data, the offensive was instigated by the US security services to stop the successful advance of the government forces to the east of the [city of] Deir ez-Zor,” the Russian Defense Ministry said in a statement, commenting on the incident.
Read more

The jihadists attacked the positions of government forces stationed to the north and northeast of the city of Hama on Tuesday in an attempt to break through the Syrian Army defenses into a designated de-escalation zone, the ministry said.

One of the major goals of the terrorists consisted in capturing a unit of the Russian military police monitoring the situation in the de-escalation zone, the ministry said.

The terrorists, however, failed to achieve their goals and their offensive was eventually repelled by government forces supported by Russian military aircraft.

Earlier, Russian officials already suspected the US of having links to some radical groups in Syria and even of attempts to let Al Nusra terrorists off the hook. On September 11, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said that the situation around the Al Nusra Front terrorist group remains “highly ambiguous” as it was repeatedly spared in the operations conducted by the US-led coalition and its allies.

Lavrov then condemned this situation by denouncing the actions of “some members of the US-led coalition that seek to spare Al Nusra” as “absolutely unacceptable.”
posted by ZUKUNASHI at 07:49| Comment(0) | 国際・政治

米国の本質を公言するトランプ それはそれで意味がある

RT2017/9/20
Czech President Milos Zeman criticized Donald Trump for lecturing “misbehaving” countries during his address to the UN, and says that the international community should be based on parity – not “masters and students.”
posted by ZUKUNASHI at 07:34| Comment(0) | 国際・政治