ずくなしの冷や水

2017年11月22日

Lebanon PM Hariri says resignation on hold pending talks

RT2017/11/22
Lebanon PM Hariri says resignation on hold pending talks

Lebanese Prime Minister Saad Hariri says his resignation is on hold, following a request from President Michel Aoun to wait for more dialogue. Hariri says he is committed to working with the president.

In televised comments quoted by Reuters, Hariri said that he “presented my resignation to President Aoun today and he urged me to wait” for more dialogue. “I showed responsiveness to this hope.”

Hariri arrived back in Beirut earlier on Wednesday, following his surprise resignation two weeks ago. Hariri’s shock resignation, which took place while he was in Riyadh, prompted many to believe that he was forced to step down due to Saudi pressure, with the assumption that Lebanon had become caught up in the ongoing tensions between Saudi Arabia and Iran.

Aoun refused to accept Hariri's resignation until it is presented in person. Meanwhile, Hariri denied reports that Riyadh forced him to step down. He says the claims that Saudi Arabia was keeping him against his will are merely “rumors.”

Aoun, however, had been among those who believed Hariri was being “held captive” in Saudi Arabia in an “act of aggression” against Lebanon.

In his resignation speech, Hariri attacked Iran and Hezbollah for spurring conflict in Arab states, and said he feared assassination. This prompted Hezbollah’s leader to accuse Saudi Arabia of declaring war on the group and on Lebanon, claiming Riyadh detained Hariri and forced him to resign in order to destabilize the country.
posted by ZUKUNASHI at 21:23| Comment(0) | 国際・政治

Former Bosnian Serb commander Mladic sentenced to life by UN court

RT2017/11/22
Former Bosnian Serb commander Mladic sentenced to life by UN court
A United Nations tribunal has convicted General Ratko Mladic on 10 out of 11 counts of crimes he was accused of committing during the Balkan Wars of the 1990s. Critics of the prosecution of crimes during the violent collapse of Yugoslavia question its fairness.

The International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia (ICTY) handed down its verdict on Wednesday. The justices found Mladic guilty on most of the allegations dating back to the 1992-1995 war, including the massacre of Albanian men in Srebrenica. Mladic pleaded not guilty on all charges.

Presiding Judge Alphons Orie said the court found that Mladic’s actions during the war were “among the most heinous known to humankind” and amounted to genocide. The court sentenced the Serb to life in prison.

“I'm not surprised. The court was totally biased from the start,” Mladic's son Darko said after the verdict.

The conviction is likely to fuel resentment in Serbia that the international prosecution of crimes committed during the Balkan Wars was one-sided and failed to bring justice to victims of Albanians and Croats. Of the 161 individuals indicted by the ICTY, the body created specifically to prosecute wartime crimes, 94 are ethnic Serbs, compared to 29 Croats, nine Albanians and nine Bosniaks.

Only a handful of Serbs, including politician Milan Milutinovic, General Momcilo Perisic and Yugoslav army captain Miroslav Radic were acquitted by the tribunal, compared to well over a dozen defendants of other nationalities. The tribunal insists the statistics reflect the actual crimes committed during the hostilities.

The case of Mladic, 74, was the last for the ICTY to pass a verdict on. Among the crimes he was found guilty of were the killings of an estimated 8,000 Muslim males in the UN-designated safe zone in Srebrenica and the 43-month siege of the Bosnian capital, Sarajevo, during which over 11,000 civilians are estimated to have been killed. Mladic’s defense team is expected to appeal the verdict, with his case joining some two dozen others pending new rulings.
posted by ZUKUNASHI at 21:14| Comment(0) | 国際・政治

ジジババだけでなく女性ドライバーにも事故のリスク

管理人は車の運転を止めましたが、自動車の運転は持続的な精神的緊張を要するものだと改めて思います。

加齢によって緊張持続が困難になっていることが大きいですが、パソコンに向かっている時間が長く、手や頭を働かすことが完全にマイペースになっています。

パソコンの作業中は、手を止めても、何かに見入っても別に支障は生じません。

パソコンの中に映るのはリアルの世界ではない。

ところが車の運転は、完全なリアルの世界で、周りにペースを合わせなければなりませんし、一瞬たりとも手を止めたり、何かに見入る、疲れたから目をつむるというわけにはいきません。

車の運転は、肉体的にも精神的にも大変負担の大きい活動ですから、例えば酒に酔っている場合や寝不足や過労のときは安全に運転できない。

精神的な機能が落ちているという面では、被ばくによる障害が出ている場合も同じでしょう。駅や電車内で卒倒する人が、意識が飛ぶ人が安全に運転できるとは思いません。

郊外に出たときは、歩道のある道か車の通らない道を選んで歩きます。

たまにホームセンターの駐車場などを歩くと、やはり怖い思いをします。女性がワンボックスを運転していて内輪差に注意が欠けているようなことが多いです。ジジババは、前をよく見ていない、ブレーキなどの動作が遅いという面があります。

交通事故はやられたほうはもちろん、やったほうも大変な不幸です。親族が病に倒れたり、亡くなったりする不幸のほかに、交通事故による不幸が増えているはずです。

友人の一人は、若いころから自動車クラブに所属していた車好き。今でも車を持っていますが、どれほど乗っているのか。私が現地調査で車を出してほしいと頼んでも、都内から郊外に出る道順もおぼつかないらしく、夫人がダメと制止しているのが電話で聞こえます。何かあったんでしょうね。

※  まちこ‏ @KomeDori氏の2017/11/22のツイート
たまに寄るスーパーに車が突っ込んでて、うーわー…ゴメン/お願いなんだけど、ドライバーはヨボヨボのお年寄りでも何でもなく普通のおばさんって感じの人で、まぁそうだね…って気持ち(お迎えして半年の車を踏み間違えたおばさんにお釈迦にされてる)
posted by ZUKUNASHI at 19:26| Comment(0) | 福島原発事故

北でも南でも体調不良 何でも食べていればそうなる

※  星原コーイチ‏ @Albert_kokinji氏の2017/11/18のツイート
聞こえてきた話。俺の住んでる地域でも4〜60代で体調不良を抱えた人が多くて、無警戒ならそうだろうなと変に納得してしまってるんだけど、隣町でも校長や教頭が次々倒れて、代わりに誰かがそこに行くとか大変な事になっているってさ。隣町ってのは、毎年あそこのマラソン大会に児童を派遣している町。

※ 道央にお住まいのjulia24さんからの投稿。
北も南も関係ありませんとも!
気をつけて下さいと、友人に機会を見て話します。
添加物に絡めて話しもします。

本当に面白いくらい、多くの人の耳には届きません。
ですからジワジワ来ています。

白血病2人(1名死亡)
食道の大動脈解離だか静脈瘤破裂で死亡
短期間に脳梗塞を2〜3回 (回復)70代
脳梗塞 (寝たきり)
腎臓の機能不全 (人工透析)50代
前立腺炎 60代
脊椎管狭窄症2人 (50代.70代)
肺癌で死亡 (非喫煙者)
重い疲労感、無気力、腎機能低下疑い、心筋梗塞疑い、脳梗塞疑い→骨髄異形(入院予定) 1名
突然死 1名
注文を忘れる、取り違える
近隣でのインフルエンザ、ノロの発病
近隣の親しい人の体調不良がどっと出てきました。

お客様、同級生、facebookのお友達まで広げると
原因不明の下痢、嘔吐
脳梗塞 1名
心筋梗塞 2名
癌 3名(2名死亡)
肺炎 (死亡) 1名
娘3人全員が本年中に骨折
腰痛
原因不明の一時的な麻痺 3名

猫の死産
犬の心臓病
犬の原因不明の死
犬の癌
犬の白内障
犬の脊椎管狭窄症
犬の腎不全

年に一度、いらして下さるお客様のお顔が見られなくなったら…
我が家にとっては色々な意味で、それも大変恐ろしい事です。

飲食店ですので、
お客様の脳味噌と心の有り様が、
twitterで読むような状態ではない事を願うばかりですが…
おかしいな、と感じる方が、確かにいらっしゃいます。
話が理解できない方が散見されます。
わが町のホテルでも、
首を傾げるようなお客様の振る舞いが聞こえて来ます。
我が儘ごり押しの方も
大便を落として行く方もいらっしゃる。

でも、まだ、気をつければQOL は改善されると思っています。
去年、神奈川から帰った娘の
怒りっぽさ、複雑な思考の回避はすっかり鳴りを潜めました。
足の裏の皮が酷く剥けていたのも、いつの間にか治りました。
しょっちゅう風邪だ何だと具合が悪くなっていたのも、
いつの間にか、間遠になりました。
夜中に酷い嘔吐と下痢に叩き起こされる事も、今は殆どありません。

※  大沼安史‏ @BOOgandhi氏の2017/11/22のツイート
北海道・旭川のMさんから、こんな話が。旭川市で脳溢血患者が異常なほど多発、病院は満杯で、リハビリも順番待ちの状況だそうだ。「こんなの初めて」と病院関係者も驚いているという。旭川だけの状況か? それとも? なぜ? 調査報道をお願いする。

・・・引用終わり・・・

星原コーイチ‏ @Albert_kokinji氏は、道北にお住いのようだ。julia24さんは道央でしたね。julia24さんがご家族について書いておられるのを見れば、北海道で内部被曝に気を付けた暮らしをすれば、西日本に避難された方と同じように体調が改善していることが分かります。

北の北海道でも南の沖縄でも日本の真ん中でもどこでも同じです。プルームを避け飲食物の汚染に気を付けなければ、体調が悪化し、疾病に至ることが多くなります。

外部被曝に関しては、かつて空間線量率0.05μSv/hのところが0.15μSv/hになれば、たとえばがん全般について単純に言えば、発症確率が3倍に上がるということです。年齢階層やそれまでの被曝履歴など推計・比較する集団によって異なりますが、例えば500人に1人の確率が500人に3人になってもまあ落ち着いて対処することができるでしょう。

ですが、内部被曝は様々な疾病発症の確率上昇度合いを10倍あるいは100倍に高めると管理人は考えています。それだけ確率上昇度合いが大きいために、空間線量率の上昇幅が小さいところでも病人続出となっているのだと考えます。

ささらほうさらさんから内海聡氏のfacebook記事を教えてもらいました。
放射能内部被爆と発ガン

内海聡氏は、「キチガイ医 内海聡」のアカウントで情報発信していた時期もあり、管理人は知っています。「霊魂」の問題なども出てきて難解でフォローを止めました。

上にリンクを付した2017/11/18付の記事は、まっとうな見解と思いますし、ブログ管理人には特に異論はありません。

記事の最後に次のようにありますが、これも極めてよく理解できます。やはりそうなんだ! です。
「当院でも内部被ばく測定やってますが最近は測りにさえ来なくなっています。」
posted by ZUKUNASHI at 19:06| Comment(7) | 福島原発事故

沖縄で米軍ヘリ墜落 沖縄南方で米軍機墜落 米軍の事故が続く

RT2017/11/2
A US Navy aircraft has crashed into the Philippine Sea with 11 crew and passengers on board. In a statement, the US 7th Fleet commander says a search operation is underway involving the USS Ronald Reagan.

It is understood the aircraft went down southeast of Okinawa at approximately 2:45pm local time on Wednesday. The US Navy says the names of those involved are being withheld until their family and next of kin can be notified.


※ 福島原発事故の真実と放射能健康被害‏ @hukusimaken の2017/10/15のツイート
■【最新記事】沖縄県高江でアメリカ軍ヘリが炎上事故→ストロンチウムが飛散か?琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬先生より米軍ヘリ炎上事故の最新情報について緊急寄稿をいただきました!★→http://www.sting-wl.com/okinawatakae-helicopter.html

SairiMedia2017/10/14
会見で矢ヶ崎氏は本日は十分なデータは取れなかったとしながらも、事故現場の風下でベータ線(放射線)を検出をしたと発表。しかしあくまで放射線を検出しただけであって放射性物質(ストロンチウム90)を特定したわけではないと強調しました。
さらに、記者の「現場の風下付近で検出されたベータ線の観測値から見ると、事故によってストロンチウム90が土壌に散乱したと推論することはできるか?」という内容の質問に「そうです」と回答し、通常では考えられない数値の放射線が観測されたことを説明していました。

琉球新報2017/10/14
東村高江のヘリ炎上事故現場周辺で放射線のベータ線検出 琉大の矢ヶ崎琉大教授、きょう午後4時に会見
東村高江で米軍ヘリが不時着し炎上した事故で、事故機の部品に放射性物質が使われていたことを巡り、放射能汚染などに詳しい矢ヶ崎克馬琉球大名誉教授が14日、炎上現場の風下で放射能測定したところ、放射線のベータ線が検出された。
 矢ヶ崎氏は14日午後4時から県庁で会見し、測定結果の詳細を発表する。
 米軍ヘリが不時着、炎上した現場地主の西銘晃さん(64)は矢ヶ崎氏の調査で放射線が検出されたことについて、記者団に対し、「出たと聞いて、びくっとした」と驚いた様子で語った。その上で「高江の若い消防団員が消火活動で(炎上した米軍ヘリから)10メートルくらいの近さにいた。彼らの健康診断も早くしてほしい」と心配そうに話した。さらに「真っ先には考えるのは健康被害だ。風評被害も怖い。確定したわけではないと思うが、(放射線が)検出されれば(この土地は)一生使えない」と声を落とした。
 西銘さんによると、矢ヶアさんは14日午前10時ごろに現場を訪れ、調査終了後、西銘さんに内容を伝えた。矢ヶア氏は風下280メートル付近など複数箇所で調査したとみられる。【琉球新報電子版】

琉球新報2017/10/15
放射線量“異常なし” 高江ヘリ 防衛局調査
沖縄防衛局は13日に引き続き14日も事故現場の放射線量の調査を実施した。矢ヶ崎克馬琉大名誉教授が調査した場所とほぼ同地点みられる所で、空気中と地面に近い地表部の放射線量をそれぞれ計測した。防衛局は2日間の調査結果について「一般環境中と比べても差異はない」と発表した。だが、具体的な数値は明らかにしていない。この結果については県とも共通認識を確認したとした。
 防衛局による放射線の調査は当初13日のみの予定だったが、地元の不安の声などを受け、急きょ14日も実施した。
 近隣の住民にも調査結果を伝えたという。今後の調査予定は未定だが「状況に応じて対応していきたい」としている。
 詳細な調査結果については公表が可能になった時点で「速やかに関係自治体に情報提供する」とした。
 14日は、事故現場付近の牧草地には午前から数台の米軍車両が出入りした。午後2時すぎには、機体近くの米軍テント横に米軍が新たな照明を設置する様子が確認された。


米軍で事故が続いています。
NATOの演習で鉄道輸送中のタンクがポーランドで駅のホームの屋根にぶつかり多数が損傷
2017/6/17未明、日本の相模湾沖で、米海軍のイージス艦「フィッツジェラルド」 (DDG-62)と、フィリピン籍で日本郵船が運用するコンテナ船「ACXクリスタル」が衝突。乗組員7人が死亡
2017/8/21現地時間午前5時24分ごろシンガポール沖で米誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がリベリア船籍のタンカーと衝突。乗組員5人が負傷、10人が行方不明。
2017/5には誘導ミサイル巡洋艦「レイク・シャンプレイン」が韓国漁船と衝突。
2016/8には、潜水艦「ルイジアナ」がワシントン州沖で定例任務中に洋上補給艦と衝突。
2017/9/29、シリアでオスプレイがハードランディングで大破
2017/8オーストラリア沖でオスプレイMV22が海に落ちて乗員3人が死亡
2017/10沖縄でCH53E大型輸送ヘリコプターが墜落炎上
2017/10/17米海軍の訓練飛行中の電子戦機が太平洋上に燃料タンクを落下させた
2017/11/4(?) A US Navy crewman is being hospitalized for a “serious, non life-threatening injury” after he was hit by a plane in tow on the USS Carl Vinson flight deck.

共同2017/10/14 14:11
沖縄で炎上米軍ヘリに放射性物質
在日海兵隊発表、住民健康に不安
 在日米海兵隊は14日、共同通信に対し、沖縄県東村の民間地に不時着、炎上したCH53E大型輸送ヘリコプターの一部に放射性物質が使用されていると明らかにした。健康被害を引き起こす量ではなく、既に取り除いたとしている。現場周辺では住民の健康への不安が広がっている。
 海兵隊によると、放射性物質はインジケーターと呼ばれる複数の部品で使用されていた。
 2004年に沖縄県宜野湾市の沖縄国際大に米軍CH53D輸送ヘリが墜落した事故では、機体の回転翼安全装置などで放射性物質のストロンチウム90が検出された。

※  宍戸俊則(shunsoku2002)‏ @karitoshi2011 氏の2017/10/12のツイート
高江に墜落したヘリの残骸の検証に行っている米兵たちは皆、高性能のマスクを着用している。
やはり、ヘリのローター部分の部品にストロンチウムがあったので、内部被曝を避けるようにしているのだろう。
せめて、そこに関する注意喚起を日本国民にもしてもらえないのだろうか?

※  Lila‏ @BabysisterLila 氏の2017/10/11のツイート
沖縄の東村高江の集落に米軍機が墜落。NHKは同型ヘリCH53が13年前に沖縄国際大学の敷地内に墜落した事故に触れながら、装着部品に放射性物質が使われていたことは報道していない。
ローターブレード7枚が全焼したとのことで、放出されたストロンチウムを吸い込むと危険!️休校にすべきでは



第一報は、読者から教えてもらいました。

cmk2wl@cmk2wl 28 分
米軍ヘリ 訓練場付近で着陸後に出火 沖縄 www3.nhk.or.jp/news/html/2017… 今回墜落したのはCH53。 沖縄の軍用ヘリ墜落について togetter.com/li/553930 >米軍の CH53D は全6翼、1翼 18,500,000Bq × 6で 111,000,000Bq の Sr90。

cmk2wl@cmk2wl 23 分
返信先 @cmk2wl
【重要】リアルタイムアメダスによると墜落現場からの風は名護市方面に吹いています。 pic.twitter.com/g7O4I6nMk1

cmk2wl@cmk2wl 15 分
返信先 @cmk2wl
【重要】予報では名護市と本部半島方面にしばらく風が向かいます。 CH53がストロンチウム90のIBIS(翼の亀裂検出装置)を搭載していたか不明ですが、厳重な警戒を。添付は10月11日 22時の風向き予報。 pic.twitter.com/8iX99XsOAX

cmk2wl@cmk2wl 4 分
返信先 @cmk2wl
沖縄県中部地方の方へ。屋内退避して、窓を閉め、換気扇を止め、エアコン冷房を強くかけて、室内を加湿。風呂やバケツに扇風機で風を送ってください。しばらく様子を見るのです。

https://mobile.twitter.com/taisoubu_onesan/status/918060328377708544?p=v
体操部のお姉さん @taisoubu_onesan
東村高江で米軍CH53ヘリが墜落・炎上したとみられる現場です。集落に近い県道70号そばの民間地です http://twitcasting.tv/atsushi_mic

仁尾淳史(あつしの沖縄滞在日記発売中) @atsushi_mic 10 分 【大拡散希望】米軍ヘリCH53墜落現場よりキャス配信モイ!iPhoneからキャス配信中 - / 東村高江にCHヘリ落ちた #衆議院選挙 cas.st/1878bdb4

劣化ウランだったら大変ですね。

cmk2wl @cmk2wl 16 分
返信先 @cmk2wl >沖国大の CH53D 墜落に関して、航空評論家は「古い機種ならば、回転翼の主軸部分に、バランサーとして劣化ウランが使われていた可能性がある。最近の機種ではタングステンが使われているが、製造後に交換するようなものではない」 https://togetter.com/li/553930

RT2017/10/11
US CH-53 chopper crashes in Okinawa Prefecture, Japan – media
A US Sikorsky CH-53 Sea Stallion military helicopter has reportedly crashed in Takae village in the Kunigami district of Japan’s Okinawa Prefecture, according to local media.

No casualties have been reported so far, according to the Okinawa Times.

Local police have been sent to the scene to investigate the situation.

Japanese media published photos purportedly taken near the site of the crash, showing a blaze and a huge black plume of smoke.

The military helicopter, which is used for personnel transportation, belongs to Marine Corps Air Station Futenma, NHK report citing US military officials. The aircraft was reportedly lost in the vicinity of the northern training ground.

Japan hosts around 54,000 US military personnel, 42,000 dependents and 8,000 civilian employees of the Department of Defense, according to US Forces. They are dispersed among 85 facilities on Honshu, Kyushu, and Okinawa.

The presence of American military aircraft in Okinawa and accidents in the area involving them have sparked protests from the locals.

In August, Defense Minister Itsunori Onodera asked the US to temporarily stop flying the Osprey tilt-rotor aircraft in his country after a fatal crash off the coast of Australia. The accident involved a US Marines aircraft stationed at a base in Japan.

Following US assurances that the flights are safe, Japan's Defense Ministry announced that Osprey flights could continue.


posted by ZUKUNASHI at 17:22| Comment(0) | 福島原発事故

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます 設備等に充当します

寄付・カンパへのご協力ありがとうございます。

2017年09月23日 寄付・カンパのお願い

寄付・カンパは、送金で完了します。それ以外のご負担はありません。

当方からささやかな謝意の表明として送らせていただいている同報メールは、決して愉快な内容ではありませんが、「ウザイじゃないか! 送るな!」との声はまだいただいておりません。お知らせいただけば、いつでも送信停止します。

寄付された方は、同報メールを受信されることをお勧めします。調査検討結果のレポートで一般公開がためらわれるものは、まず同報メールでお知らせしています。送金時の名義と受信に使うメールアドレスだけで結構です。身内の方が了解されればその方に送信することもできます。

寄付金で購入した新しい測定器による現地調査を読者の希望を踏まえて一部実施しました。天候を見ながら出かけています。

・・・・・・

寄付・カンパの使途を概略お知らせします。

中古GM-10を格安で譲受けて屋外で稼動開始しました。冒頭ページに画像を掲載。

管理人のこれまでの常用パソコンをデータ整備の補助として使うとともにGM-10用のグラフ表示で24時間稼働。時々障害が出ます。

機能の高い個人用測定器の追加購入(テスト結果を記事にしました。現地調査の前線に投入しました)

管理人が日常的に使う代替パソコンの導入(セットアップ終わりました)。

高機能測定器によるリアルタイム表示用パソコンの導入。GM-10のグラフに加えて、いざというときにMAZURによる測定値をどうやってリアルタイムで表示するか模索しましたが、ファイルが更新された都度、サーバーにアプロードするソフトを見つけました。

これを使えばMAZURによる測定値ファイルをリアルタイムでサーバーに送れます。サーバーからファイルを取り出してデータ変換、グラフ化の後、アプロードという手順を踏めば、ほぼリアルタイムのグラフ表示ができます。近く、実験の予定。

この方式ですと、電源とwifiのあるところならどこにでもノートパソコンを持ち運んで測定可能です。データの管理は管理人の自宅でできます。なかなかのアイディア。貸し出しも可能になります。

アンチウィルスソフトの導入。CIAのスパイマルウェアも検出してくれるカスペルスキーを採用しました。ウィルスが検出されています。
管理人の現地調査旅費

空間線量率モニターへの謝礼(ご本人は辞退の意向なので調整します。負担の多い監視業務をわずかな謝礼で継続してもらおうという当方の魂胆見え見えでしょうか。ご本人は読者からのねぎらいの言葉に喜んでおられます)。年明けには、明年4月以降のモニターを募集する予定です。南北アメリカ大陸にお住まいの方で、ご在宅の時間が多い方にお願いしたいと考えています。

記事翻訳を依頼した方への謝礼

しばしば参照させてもらっている企業の運営するサイトについては、順次引用転載の許諾申請を行う予定です。要すればライセンス料を支払います。

個人の運営するサイトについては、資金に余裕がある場合感謝と応援の気持ちからわずかなりとも寄付をすることを検討します。
posted by ZUKUNASHI at 12:47| Comment(0) | 福島原発事故

プーチンがアサドとの会談結果を踏まえ各国首脳と電話などで会談

FARSNEWS2017/11/21
Putin to Discuss Syrian Settlement with Trump, Middle East Leaders
TEHRAN (FNA)- Russian President Vladimir Putin will hold telephone consultations with US President Donald Trump and some Middle East leaders, he said during talks with Syrian President Bashar al-Assad.

"On the basis of our today’s meeting, I will hold consultations with the leaders of the countries I already mentioned. Today a conversation is planned with the Qatar’s Emir, tomorrow with US President Donald Trump and then with the regional state leaders," Putin said, TASS reported.

The Russian leader reiterated that on November 22 he will meet with Turkish and Iranian Presidents Recep Tayyip Erdogan and Hassan Rouhani in Sochi.

"Apart from the named partners, as you know, we are actively working with other countries as well: Iraq, the US, Egypt, Saudi Arabia and Jordan. We are constantly interacting with these partners," Putin noted.

※  Joseph Davis‏ @jdavismemphis氏の2017/11/22のツイート
"Putin told Trump that President Bashar Assad confirmed his commitment to political reforms, including constitutional amendments. Assad also supported the idea of holding presidential&parliamentary elections as part of a transitional political process"

RT2017/11/21
‘We’re talking strongly about bringing peace to Syria’: Trump after hour-long phone call with Putin
The issue of Syria dominated the more than hour-long phone call between the Russian and American presidents. Putin briefed Trump of his recent meeting with Assad, and both leaders agreed on the importance of the UN-led Syrian peace process.

Putin told Trump that President Bashar Assad confirmed his commitment to political reforms in Syria, including constitutional amendments. Assad also supported the idea of holding presidential and parliamentary elections as part of a transitional political process during his Monday meeting with Putin in Sochi.

The Russian president informed his US counterpart of the forthcoming meeting between the leaders of Russia, Iran and Turkey aimed at finding ways to further normalize the situation in Syria while contributing to the political process in the Middle Eastern country. The trilateral talks are scheduled for Wednesday, November 22.

“Both the parties expressed satisfaction with the phone call, which was practical and informative,” a statement from the Kremlin reads.

The White House said Washington reaffirmed its support for the Joint Statement of the US and Russia issued at the APEC summit on November 11.

“We’re talking very strongly about bringing peace to Syria, very strongly about North Korea, and about Ukraine," Trump told journalists following the phone call with Putin.

The Russian president said a resolution of the Syrian political crisis must be based on the principles of preserving sovereignty, territorial integrity and the independence of Syria. Putin added that Russia has offered to host the Syrian Congress on National Dialogue in Sochi.

Putin again spoke of normalizing bilateral relations, especially when it comes to fighting terrorism. He added that cooperation between Russian and US security services could be of great practical significance. Trump supported Putin's ideas, the Kremlin said.

Putin and Trump agreed that the crisis around the Korean peninsula should be solved through diplomatic means, according to the Kremlin. While discussing the Iranian nuclear program, the Russian president restated Moscow's commitment to the full implementation of the 2015 Iran nuclear deal, known as the Joint Comprehensive Plan of Action (JPCOA). He also called the agreement “an important factor of regional stability” that also contributes to the global nuclear non-proliferation regime.

Putin and Trump also touched on the terrorist threat and drug production in Afghanistan. Speaking about the situation in Eastern Ukraine, Putin once again underlined that there is no viable alternative other than the full implementation of the Minsk Agreements by all parties to the Ukrainian conflict.

Trump and Putin last spoke on the sidelines of the Vietnam APEC summit in mid-November. And even though there was no official meeting between the two leaders during the gathering, they still managed to hammer out a joint statement on Syria, in which they said the Syrian conflict “does not have a military solution.”

Trump later described his brief encounters with Putin during the summit as “good discussions.” He also slammed those who oppose US rapprochement with Russia, branding them “haters and fools.” He tweeted that “Russia can greatly help” the US in solving many pressing world issues.

Putin also held separate phone conversations with King Salman of Saudi Arabia, Egyptian president Abdel Fattah al-Sisi and Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu on Tuesday. The discussions centered on the situation in Syria as well as a range of bilateral issues.

posted by ZUKUNASHI at 10:36| Comment(0) | 国際・政治

謀略と暴力の絶えることがない中東

シリアの内戦が終息に向かう中で、ISISや他のテロリストを支援してきた勢力が新たな陰謀を今度はレバノンに仕掛けています。
レバノン首相ハリリがサウジから辞任表明し一気にこの陰謀に世界の注目が集まりました。
舞台は次々に変わり、イラク、シリア、イエメン、カタール、そして今度はレバノンです。
中東の陰謀劇は、基本的なプレーヤーの政治的な指向を理解しておけばそれほど不可解なものではありません。

・中東では、イスラエルがパレスチナ人に日常的に暴力を加えており、中東に平和が根付くとこの暴力が特に目立つことになり、イスラエルを批判する勢力が結集して暴力的あるいは非暴力でイスラエルに対抗することになります。

・サウジは、イランが力をつけて中東での存在感を高めていることを脅威と受け止めています。イランを脅威と強く警戒するイスラエルとサウジは連携しているのですが、どう見ても対等な協力関係ではなくサウジがイスラエルの下にひれ伏している風刺漫画のイメージが強いです。これほどまでにサウジがイスラエルに従属する理由は何か、今一つ分かりません。

・米国も中東での影響力や支配を維持するうえでイランが邪魔な存在です。かくして、米、サウジ、イスラエルの同盟関係が浮かび上がります。

レバノンに対する陰謀、混乱の仕掛けについては、
2017年11月17日
レバノン ロシアとのガスプロジェクトを破棄するよう脅しを受けるが最新情報です。

ここで注目されるのは、レバノンでロシアの企業と組んで進めようとしていたシェールガスの開発プロジェクトを破棄しろとの要求が出ていることです。レバノンの外務大臣はラブロフに会い、ロシアの政治的なサポートを求めています。

ラブロフは、レバノンの主権や領土の一体性を支持するとしつつ、介入はしないと慎重な姿勢を示しました。レバノンは、軍事的な紛争に発展する可能性を警戒しており、その場合のロシアの援助を求めたものとみられます。

中東各国がいざというときの庇護者としてのロシアへの期待を高めていますが、レバノンの動きは早かったです。ロシア企業とのプロジェクトに関する要求があったことから話を持っていきやすかったことはありますが。

フランスのマクロンがハリリをフランスに招待し、ハリリはフランス経由でレバノンに帰るとみられますが、レバノンが支援を期待するのは、フランスではなくロシアです。

サウジと湾岸諸国がカタールを封鎖する手段に出てカタールはイランに接近することになりました。

サウジの戦略はとても分かりにくく、それが成功しているとは思えません。サウジは悪役、切込み役をやらされているようにも見えますが、主体性を発揮したつもりでも読みや詰めが甘く結果としてそうなっているのか、自らその役割を喜んで引き受けているのかよく分かりません。

とにかく、テレビドラマより面白い中東の陰謀劇。大きな戦争にならないことを願うのみです。

Next stop, Paris! The strange journey of Lebanon’s Saad Hariri

Serge‏ @Zinvor氏の2017/11/13のツイート
Saad Hariri looks tired, broken & possibly drugged. Look at the way he looks to the side during the interview & tell me this man has free will to not spew what Saudis are telling him.



FARSNEWS2017/11/21
TEHRAN (FNA)- Iranian Supreme Leader's top adviser for international affairs Ali Akbar Velayati Warned of new plots by the supporters and sponsors of the ISIL terrorist group, and said that the new wave of destabilizing the Middle East is coming.

"They (US and other terrorists’ sponsors) have been talking about plans for redrawing the Middle East since a few years ago; their intention of creating a new Middle East was to disrupt borders and for doing that they needed to cause discord and weaken the resistance so that the Israeli regime would feel safe and secure; the plan was funded by Saudi Arabia and its mastermind was Israel,” Velayati explained.

He reiterated that the defeat of the ISIL will provoke the terrorists’ founders and sponsors to hatch new destabilizing plots in the Middle East.

In relevant remarks last Monday, Iranian Foreign Ministry Spokesman Bahram Qassemi warned Riyadh against keeping up its rhetorical blame game against Iran and its divisive policies in the region a day after the Saudi foreign minister once again targeted Iran with a flurry of baseless accusations against the Islamic Republic.

Qassemi's remarks came after Saudi Foreign Minister Adel Jubeir said Thursday that the kingdom’s actions in the Middle East were a response to what he called “Iranian aggression.”

サウジはハリリをパリへ行かせましたが、妻子はサウジ国内にとどめていると。
※  Bassem‏ @BBassem7氏の2017/11/22のツイート
Hariri may be back, but Saudi Arabia has his wife and children as collateral
posted by ZUKUNASHI at 10:01| Comment(0) | 福島原発事故

シリアのアサドと国民を称え 祝福する!









左から一人置いてアサド、プーチン、ショイグ、ゲラシモフ。ゲラシモフはロシアの外交+軍事の理論家だとされています。


※  RT‏認証済みアカウント @RT_com 2017/11/21 15時
Putin will hold phone talk with Trump on Tuesday – Kremlin https://on.rt.com/8spv

次は、プーチンがアサドを見送るところらしいです。後ろ姿は大変印象が異なります。アサドは、ロシア製の飛行機でソチからトルコ領空を経由してダマスカスに帰りました。



ラブロフにショイグ、素晴らしい仕事をした。今夜は彼らに感謝して特別に乾杯!

クルドは、どうも善良ではない?
※  Rojava‏ @AzadiRojavaの2017/11/22のツイート
Is President Putin ill? He does not look so good on this pic of Assad hugging him? Or maybe it is the picture in a bad moment.
posted by ZUKUNASHI at 09:54| Comment(0) | 国際・政治

ヒズボラ事務総長がアブカマルでの米軍のテロリスト救出作戦を批判

シリア政府軍側の若者が迫撃砲を打っています。この身のこなし、若いことは素晴らしいこと、それを無駄にしてはいけないと、つくづく思います。画像クリックでfarsnewsの動画に飛びます。
17秒ころからご覧ください。


2017/11/21
TEHRAN (FNA)- The secretary general of the Lebanese Hezbollah resistance movement announced that despite the US claims about fighting terrorism, it spared no effort to help Daesh (ISIS or ISIL) in the Syrian town of Albu Kamal.

Sayyed Hassan Nasrallah made the remarks in a televised address to the Lebanese nation in capital city of Beirut on Monday, presstv reported.

Nasrallah noted that recapturing Albu Kamal was a major victory over Daesh, because Albu Kamal was the last Syrian city occupied by Daesh.

“The US helped Daesh as much as it could in Albu Kamal short of directly engaging forces that fought to liberate the town from Daesh,” the Hezbollah leader noted.

Nasrallah went on to note that the US provided Daesh terrorists with full air cover in Albu Kamal.

The US sent its drones to Albu Kamal and provided Daesh with accurate information about what was going on, Nasrallah said, adding that American forces also waged electronic warfare against forces that were fighting to liberate Albu Kamal.

American forces also provided air transfer for Daesh commanders and facilitated their escape to Eastern shores of the Euphrates, he said.

The Hezbollah leader stated that even Turkey’s President Recep Tayyip Erdogan slammed the US for helping Daesh.

Nasrallah emphasized that recapturing Albu Kamal led to unity of Syria and ended Daesh’s self-proclaimed state in the country.

Following recent victories in Iraq and Syria, he added, the military structure of Daesh collapsed in the two countries and Iraqi forces have reached the Syrian border.

Hezbollah leader noted that the victory over Daesh was victory of Islamic values over terrorists’ savagery.

Nasrallah also highlighted the role played by Commander of the Islamic Revolution Guards Corps’ Quds Force Major General Qassem Soleimani in anti-terror operations in both Iraq and Syria.

He noted that Soleimani was commanding anti-Daesh operations in the two countries at the frontline and was never a commander to issue orders from behind the lines.

Elsewhere in his remarks, Nasrallah referred to the latest meeting of the Arab League foreign ministers in Cairo, who designated the Lebanese Hezbollah as a terrorist group, saying that this was not the first time that such accusations were leveled against Hezbollah.

Arab League Secretary General Ahmad Aboul Gheit announced at a press conference in the Egyptian capital of Cairo on Sunday that Arab states had agreed to designate Lebanon’s Hezbollah resistance movement a “terrorist organization.”

The Arab League’s extraordinary general meeting on Sunday was held at the request of Saudi Arabia, which has assumed an aggressive stance against Hezbollah for its alleged links to Iran, Riyadh’s powerful rival in the region. Riyadh associates Hezbollah with Iran and has been trying to weaken the resistance movement, which is Lebanon's de facto deterrent force against Tel Aviv.

In its concluding resolution, the Arab League announced that Arab foreign ministers, excluding those of Lebanon and Iraq, would hold Hezbollah responsible for supporting “terrorist groups” across the region.

Nasrallah said the Arab League statement has labeled Hezbollah’s council, which is part of the Lebanon’s government, as a terrorist outfit, alleging that it provides missiles to terrorist groups in the region.

He added that accusations about Hezbollah sending missiles to regional countries were false and undocumented, emphasizing that the group has never sent any missiles or even light weapons to Kuwait, Yemen, Iraq or Bahrain or any other country in the region.

The leader of Hezbollah went on to say that the Arab League has warned Lebanon that if Hezbollah is not disarmed, security of the country would be in jeopardy.

Hezbollah rejected the accusation, noting that the main threat to security of Lebanon was the Zionist regime of Israel.

He stressed that the resistance front’s weapons were the main factor restoring security and stability to Lebanon, because they were used for defensive purposes in the face of the Israeli aggression.

Nasrallah emphasized that Hezbollah’s weapons were used only against terrorist groups such as Daesh and posed no threat to security of Lebanon.

Nasrallah stated that the main reason behind the recent Arab League meeting was not to discuss the issue of Palestine or other problems facing the Islamic world, but its main reason was the recent missile attack against a Saudi airport near the country’s capital, Riyadh.

Refusing Saudi Arabia and Arab League’s claims that the missile was provided to Yemeni Ansarullah fighters by Iran or the Lebanese Hezbollah, Nasrallah said Iran or Hezbollah had not sent any missiles to Yemen and Yemeni forces made their own missiles in the country.

He categorically rejected Arab League’s claims in this regard, noting that Saudi Arabia and its allies must admit that they have been defeated by Yemeni forces in their war of aggression against the country.

Nasrallah emphasized that Arab countries must put an immediate end to their support for terror groups, and do not fill the Middle East region with such outfits.

He reiterated that no member of Hezbollah was involved in the November 5 Yemeni missile strike against King Khalid International Airport of Riyadh.

The Hezbollah leader then took the Arab League to task for failing to address Saudi Arabia’s devastating aerial bombardment of the “Arab country of Yemen,” saying, “Saudi Arabia is bombing Yemeni people day and night.”

Strongly denouncing the Riyadh regime over perpetrating outrageous atrocities against millions of “Arab Muslims” in Yemen, Nasrallah lashed out at the Arab world’s “deafening silence” over the grim situation in Yemen.

“The turmoil we are witnessing in the Arab world is a cover for the announcement of normalization of relations with Israel,” he commented.

Nasrallah then called on Arabs to do their best to maintain their national unity in the face of all divisive efforts.

The Hezbollah secretary general also praised Lebanese officials and politicians for their firm stance regarding Prime Minister Saad Hariri’s shock resignation, calling on him to return to Lebanon as soon as possible.
posted by ZUKUNASHI at 01:51| Comment(0) | 国際・政治