ずくなしの冷や水

2018年11月10日

イチエフの漫画家は回し者

※ Nerry @styhn00氏の2018/11/5のツイート
近所の友人、脂漏性皮膚炎の他に白眼が真っ赤になったのも私と同時期だったよ。2013年1月。
当初は私よりすんごく気をつけていた友人だけど作業員漫画でほぼ大丈夫派になっちゃった。

※ SuzukiKunihiro @Kunihiro_29氏の2018/8/24のツイート
自分が都合よく原発事故を利用してのし上がり、分断、対立を煽るような真似をずっとしてきてるくせに、どの口が言うんだよって話。

※ 竜田一人 @TatsutaKazuto氏の2018/8/24のツイート
まさに「市民分断の象徴」ですね。なんであんな外から持ち込まれた余計なもので、こうまで揉めなければならなかったのか。「復興のシンボル」などちゃんちゃらおかしい。

・・・・・

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/8/10のツイート
原発再稼動推進派がいるじゃありませんか!
放射能安全語ってる方々がいるじゃありませんか!
2万Bq/kg食べても大丈夫という方々がいるじゃないですか!
1ヶ月100mSv大丈夫議員さんもいるじゃないですか!
これらの方々にしてもらえばよいのです!!!


※ SuzukiKunihiro @Kunihiro_29氏の2018/8/9のツイート
どうしてこんな、強制避難者の神経逆撫でするようなこと言うかね。廃炉に頑張ってることなんかわかるけど、だからって「やってやってる」なんてのはおかしいだろうよ。そんなこともわからないか。

※ SuzukiKunihiro @Kunihiro_29氏の2018/8/9のツイート
受け流してねーじゃん。浪江や富岡から避難してる俺の友人たちの神経をどんだけ逆撫でしてるか少しは考えろよ、NHKにまで出てくる有名人さんよ


※ 竜田一人 @TatsutaKazuto氏の2018/8/9のツイート
「あんなクソ企業潰してしまえ!」それはいいけど、その後誰が片付けやりますのん?
ワシらおらんようになったら、あんたらで出来るんかい?

・・・引用終わり・・・

イチエフの漫画家の本性が出ている。

※ 共同 2018/8/8
東電、第1原発グッズ販売中止
批判相次ぎ1週間で
東京電力が、福島第1原発の記念グッズとして1日に発売したばかりのクリアファイルに批判が相次いだため、販売を中止したことが8日、分かった。東電は「賛成も含めて多数の意見が寄せられた。販売について再度、社内で検討したい」としている。
 クリアファイルは1〜4号機や構内の写真を載せており、3枚セットで300円。第1原発構内のコンビニ2店舗のみで販売し、ほぼ原価のため利益は出ないとしていた。視察者や廃炉作業を担う企業から、かねて「記念品が欲しい」との要望があったという。


※ りん+ @ringz34氏の2018/8/8のツイート
東電って会社、性根から腐ってるな。
これは軽蔑していい案件だろう。
フクイチのクリアファイルを作ってた・・・( ꒪⌓︎꒪)

初出 2018/8/24 11/10追記
posted by ZUKUNASHI at 12:26| Comment(1) | 福島原発事故

海霧なるものはこんなに濃くてさーっと通り過ぎていくものなんですか 2

2018/7/16 02-11-24 4号機側から


2018/7/16 02-14-24 1号機側から


2018/7/16 02-23-24 4号機側から

上の画像が決定的です。海霧ではありません。4号機側のどこかから蒸気が出ています。共用プールかその北側、さらにもう一つ北側の建物の辺りです。共用プールは地下に被害が生じたとされていますが、復旧策の発表がありません。

2018/7/16 02-26-24 1号機側から


・・・・・

海霧であれば、F1構内広しとは言え、1号機側と4号機側でこんなに濃さが違うでしょうか。1号機北側から4号機南側まで約430mです。

2018/7/19 15-26-50 4号機側から


2018/7/19 15-32-50 1号機側から


2018/7/19 15-38-50 4号機側から


※ 中川ひろじ @nakagawahiroji氏の2018/11/3のツイート
おしどりマコ&ケントークライブ。東京電力の記者会見をライブで見ていた。自分が一番知りたいことを聞くことにした。「毎晩上がる白い煙は何ですか?」、東京電力は「水蒸気」と答えたので、「その水蒸気には放射能が含まれているのか」と聞くと「含まれている」と答えた。
posted by ZUKUNASHI at 12:18| Comment(0) | 福島原発事故

カキによる食中毒多発

※ 桃夏 @momoran0306氏の2018/10/29のツイート
昨日カキ小屋で食べすぎて、お腹壊して人生で3位以内に入るくらいの激腹痛で汗がたれるくらい汗だくで食べたもの全部吐いてほんと救急車呼ぶレベルで気絶する痛みだったのでもうカキ小屋誘わないでください顔3(かなしいカオ)顔3(かなしいカオ)
・・・福岡の人だ。次は気絶だけで済まない恐れ。

※ 管理人が聞いた話。
関東に住む20代半ばの男性。2018/11初めに広島に旅行。生ガキを食べたそうだ。
週明け、胃腸炎で仕事を休んだと。1週間ほど休む見込みというからかなり重症だ。

※ itou kino @ItouKino氏の2018/11/6のツイート
どるぴんさんも大変でしたね
急性肝炎は、対応が遅れると生死にかかわる怖い病気です
やっぱりお寿司は厳重注意食品ですかね
周りでは、夏の間は控えていた人達が、涼しくなったからと言って、寿司やら牡蠣やらを食べ始めました
クワバラクワバラ、です ショッキング
posted by ZUKUNASHI at 12:07| Comment(0) | 福島原発事故

BTS という韓国のポップ音楽グループ知っていました?

k-pop giants BTS というグループのこと、全く知りませんでした。Jiminが「自民」のことかと思っていたため、全然この記事の意味が分かりませんでした。

※ なうちゃん(弱い自分を恥じないこと、弱い誰かを笑わないこと) @nauchan0626氏の2018/11/9のツイート
原爆を落とした米国には何も言えない癖に、過去に「原爆Tシャツ」を着ていた韓国のアーティストには居丈高な態度で振る舞い、日本のTVに出演をさせない。この傲慢さは、米国には卑屈なほどの態度で接する癖に、韓国の政治家には攻撃的な言動を繰り返す日本の政治家の卑小さをよく反映しているのです。


RT2018/11/9
K-Pop star’s mushroom cloud t-shirt bombs in Japan
A t-shirt depicting the US atomic bombing of Hiroshima has caused an explosion of controversy in Japan and prompted a TV station to cancel a performance by k-pop giants BTS.

The group was set to perform on TV Asahi on Friday, but the network pulled the plug after images of member Jimin wearing the controversial t-shirt sparked outrage online, the Japan Times reports.

The t-shirt had an image of an atomic bomb explosion with the words, “patriotism our history liberation Korea” written repeatedly on it.
The t-shirt appeared to reference the end of the Japanese occupation of Korea, which ended in 1945 after the US dropped two atomic bombs on the Japanese cities of Hiroshima and Nagasaki. Jimin is reported to have worn the t-shirt on the anniversary of the end of the occupation in August, but the images went viral this week.


“The T-shirt that one of the members wore made headlines and became controversial,” TV Asahi explained in a statement announcing the cancelled performance. The network said it talked to the record label about the shirt and then decided to cancel the appearance.

Unsurprisingly, BTS fans are pretty unhappy with the news. While some said they understood how it could be seen as controversial, others defended the shirt as being more about Korea’s liberation than the bombing of Japan.
posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | 社会・経済

F1原子炉注水を止め冷却状況確認へ

NHK2018年11月09日 13時02分
原子炉注水を止め冷却状況確認へ
福島第一原子力発電所2号機の「燃料デブリ」の冷却状況を調べるため、東京電力は、来年3月をめどに、原子炉への注水を7時間止めて温度の変化などを確認する試験を行うと発表しました。
安定して原子炉に注水ができるようになってから注水量をゼロにするのは初めてで、東京電力は、温度変化を適切に評価し緊急時の対応に生かしたいとしています。
福島第一原発1号機から3号機では、原子炉格納容器の内部に溶け落ちた核燃料と構造物が混じり合った「燃料デブリ」がありますが、東京電力によりますと、原子炉の温度は注水によって30度前後で安定しています。
東京電力は、事故などで注水が止まった場合、原子炉の温度は1時間におよそ5度上昇すると評価していますが、この評価は空気中などに熱が放出される自然放熱が考慮されておらず、考慮した場合、1時間あたりおよそ0.2度の上昇にとどまるということです。
このため、東京電力は、注水を止めて実際に上昇する温度を確認する試験を行うことになりました。
試験はまず、来年1月をめどに、注水量を7日間程度、現在の半分の1時間あたり1.5トンに減らし、影響を調べた上で、来年3月をめどに注水を7時間止めて温度の変化などを確認するということです。
安定して原子炉に注水ができるようになってから、注水量をゼロにするのは初めてです。
東京電力の想定では、7時間の注水の停止で温度の上昇は1.4度ほどにとどまる見込みですが、想定を大きく上回って、温度が15度上昇した場合は注水を再開するということです。
東京電力は、温度の変化を適切に評価し、地震や津波などの際の緊急時の対応に生かしていきたいとしています。
posted by ZUKUNASHI at 00:53| Comment(0) | 福島原発事故

2018年11月09日

木々と知り合う ナンジャモンジャ

春、花が咲くと木に雪が積もったように見える。ナンジャモンジャノキ、別名ヒトツバタゴ。





2010/11/3、青葉の森公園で撮影。この公園には10本ほどがまとめて植えられており、花が咲いた時期は見事だろう。

2011/5/4、青葉の森公園を訪れたらちょうど満開だった。



とても美しかった。大きな画像で見ていただきたい。コンパクトカメラだが、うまく撮れた。花の下で、お年寄りが休んでおられた。画像サイズは1280×960ピクセル。

NZのヒトツバタゴの仲間
posted by ZUKUNASHI at 23:57| Comment(3) | 木々と知り合う

Saudi Arabia’s War on Yemen Has Been a Political, Financial and Diplomatic Disaster

FARSNEWS2018/11/8
Saudi Arabia’s War on Yemen Has Been a Political, Financial and Diplomatic Disaster
TEHRAN (FNA)- Saudi Arabia and its allies are desperate to cease fire in Yemen, but they want a major victory to continue their interfering role in talks over the fate of the country before holding fire; otherwise, they will earn nothing, but utmost humiliation after years of bombing a poor, defenseless nation. It's now several months they have come to realize that they have lost the costly war and wish for a way out without being so much humiliated.

The bankrupt regime also needs to shrink its budget deficit with spending cuts and a drive to raise revenues from sources other than oil. To do so, a major requirement is ending the costly and failed war on Yemen.

After all, the Saudis need more American bombs and missiles, and it costs a silly mount of cash to get them. At the penniless department of the Pentagon there are no freebies for the regime changers in the Middle East. They have to pay upfront.

Just for the record, according to the US State Department, a single Tomahawk or Hellfire missile strike against the civilian targets in Yemen - involving F-15s, F-16s or F-22s and drones - costs up to $500,000. The Saudis have been “proudly” using the same type of missiles against the poorest country in the Middle East for over three years now, and the financial ramifications have been devastating for their accountants in Riyadh.

It’s all the reason why the Saudis, proxy forces, and regional vassals are so desperate to begin some so-called peace talks and end the costly war on the people of Yemen at the earliest. True, they have in the meantime been bombing the country. But that’s all really. The Saudis want to end the war before the war ends them! Their American allies also know that they can’t win it anyhow.

The Saudis and their allies know that they will be suffering if Riyadh makes the choice to continue the costly “proxy war”. Moreover, the political class in Riyadh is not willing to pay more for the war on Yemen - they have no money and they are beaten and bankrupt.

As it all stands, in their foolish agenda for regime change in Sana’a, the House of Saud got nothing. America was far bigger and far richer than Saudi Arabia, yet still got defeated and went bankrupt on the back of two illegal wars. The war on Yemen was not any different.

The “proxy war” of exorbitant air raids, precision-guided bombs, laser spotters, Tomahawk and Hellfire missiles - under the pretext of fighting alleged “Iranian-backed Houthis” – failed to succeed. It also ended with an insolvent Saudi Arabia. After all, Riyadh's very first and lethal mistake was calling a nation the agents of another country.

At the same time, the war in Yemen exposed the tenuous nature of Saudi Arabia’s relationships with its principal Muslim allies. The most important of them, Pakistan, surprisingly refused to send its army to assist the kingdom. The Sisi government in Egypt − in which Riyadh had invested many billions of dollars and which was considered the kingdom’s “strategic depth” − also reportedly refused to send large numbers of ground troops to participate in the fighting. Instead, Cairo sent a small contingent of several hundred soldiers and three to four ships to assist Riyadh. And in some instances, even those countries that agreed to participate in the Saudi-led campaign developed conflicts of interest with Riyadh over the course of the fighting; for example, the Saudis and the Emiratis are backing forces that are at odds over the future of Yemen and this created friction that has at times erupted into violence between local actors.

Any doubters should take a look at the Saudi budget plan for this year, which is also making a return back to global credit markets after a 25-year hiatus. The cash-strapped regime is about to secure a five-year $10-billion loan from international banks! Digits and numbers show that Saudi Arabia will definitely go completely bankrupt by 2020 if it doesn't stop its military adventurism in the region now. Riyadh is desparate to find a way out of Yemen, but the problem is that they don't have the tact and diplomacy, let alone strategic leadership.
posted by ZUKUNASHI at 23:42| Comment(0) | 国際・政治

東海村使用済み核燃料再処理施設で放射性物質漏れ

※ 北風ロビン(慌てると転ぶので注意) @oldblue2012
氏の20:05 - 2018年11月9日のツイート
放射性物質漏れ 外部影響なし|NHK 茨城 https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20181108/1070004642.html
「プルトニウム転換技術開発施設」7日午後1時半ごろ、放射性物質を密閉して扱う「グローブボックス」の外側に放射性物質を含む泥状の物質が付着しているのが見つかった。833ベクレルのプルトニウムとみられる物質が検出

NHK2018年11月08日 19時53分
放射性物質漏れ 外部影響なし
東海村にある、廃止計画が進む使用済み核燃料の再処理施設で、7日、設備の一部で放射性物質による汚染が確認されたと事業者の日本原子力研究開発機構が発表しました。
作業員に被ばくのおそれはなく、外部への影響もないということです。
汚染が見つかったのは東海村の東海再処理施設にある「プルトニウム転換技術開発施設」です。
日本原子力研究開発機構によりますと、7日午後1時半ごろ、施設内の点検中、放射性物質を密閉して扱う「グローブボックス」の外側に放射性物質を含む泥状の物質が付着しているのが見つかったということです。
機構が検査したところ、833ベクレルのプルトニウムとみられる物質が検出されました。
放射線量は人体に影響がないレベルだとしていて、点検作業に当たっていた5人に被ばくのおそれはなく、外部への影響もないということです。
機構では、この設備のパッキンが老朽化して中の放射性物質が漏れて外側に付着したとみて原因を詳しく調べています。
日本原子力研究開発機構の再処理廃止措置技術開発センターでは、「申し訳なく思っている。原因を確認して再発防止に努めたい」と話しています。
posted by ZUKUNASHI at 22:35| Comment(0) | 福島原発事故

サウジのイスタンブール総領事公邸の井戸からフッ化水素酸を検出 ボリスジョンソンが興味深い発言

FARSNEWS2018/11/8
Jamal Khashoggi Case: Traces of Acid, Chemicals Found at Saudi Consul’s Home
TEHRAN (FNA)- A source in the Turkish attorney general’s office revealed that the investigative team found traces of hydrofluoric(フッ化水素) acid and other chemicals inside a well at the Saudi consul general's home in Istanbul.
注:フッ化水素酸(Hydrofluoric acid)は、フッ化水素の水溶液である。俗にフッ酸と呼ばれ、工業的に重要であるが、触れると激しく体を腐食する危険な毒物としても知られる。Wikipediaから

The source told Al-Jazeera the killers dissolved Jamal Khashoggi's dismembered body in acid in one of the rooms at Consul General Mohammed al-Otaibi’s residence.

RT2018/11/8
Former UK foreign secretary Boris Johnson has put forth an intriguing argument for finding the killers of Washington Post columnist Jamal Khashoggi: not doing so will help Iran! Oh, and maybe the war on Yemen is bad, also.

Khashoggi, a self-exiled critic of the current Crown Prince Mohammed bin Salman, was last seen entering the Saudi consulate in Istanbul, Turkey on October 2. Ankara immediately accused Riyadh of murdering the journalist, with anonymous government officials offering many graphic accounts of his death. After initially denying the accusations, the Saudis admitted Khashoggi was killed inside the consulate. The investigation is ongoing.

Writing in the Post on Thursday, Johnson seemed confident he knew all the facts already.

“I don’t have any doubt about what happened: the plot to lure him to the Saudi consulate; the savage attack by heavies from Crown Prince Mohammed bin Salman’s own security team; the dismembering of the body,” he said. “Nor do I doubt for a second that this disgusting assassination was ordered at the highest levels of the Saudi regime.”

Interestingly, Johnson’s phrasing about the “highest levels” is identical to that of Turkish President Recep Erdogan, who wrote that the Turks “know that the order to kill Khashoggi came from the highest levels of the Saudi government,” in an opinion piece the Post published last week.

Though Erdogan did not once mention Bin Salman’s name, it was abundantly clear from the piece that he was advocating a palace coup in Riyadh in which King Salman would pick another successor – someone less hostile to Turkey and Qatar, perhaps.

Boris appears to be of the same mind, but he took a different tack: if the Saudis don’t punish those who ordered Khashoggi’s killing – and end the war in Yemen while they’re at it – this would “boost Iran, and all regional critics of the Saudi regime.”

Iran as the root of all evil in the Middle East is a trope frequently invoked by the Trump administration, the Saudis and Israel, and Boris goes to great lengths to acknowledge that he agrees with it. However, he writes, “we will not put Iran back in its box unless we accept that the Iranians are also highly skillful at exploiting the consequences of the policies of the West and its allies.”

As examples, he lists the 1982 Israeli invasion of Lebanon, the 2003 US invasion that “virtually handed [Iraq] them on a plate,” and the “West’s limp-wristed and ultimately abortive attempts” at regime change in Syria. In Yemen, Johnson argues, Tehran had “virtually no influence… and no real strategic interest” until the Saudi-led coalition began its “ill-fated campaign” in 2015.

While the Saudis and their allies may be legally right in Yemen, Johnson writes, “the plain fact is that the campaign has not been successful.”

Both the murder of Khashoggi and the war in Yemen are bad for Saudi Arabia and good for Iran, he concludes.

Johnson visited Saudi Arabia in September, for a three-day, all-expenses-paid trip he said was related to a “campaign of improving education for women and girls.” He resigned from Theresa May’s government in July, reportedly due to disagreements over Britain’s exit from the EU. Recent polls show him tied with May for the most popular politician in the UK.
posted by ZUKUNASHI at 15:22| Comment(0) | 国際・政治

福島の小児甲状腺癌と外部被曝に相関がある

※ レイジ @sinwanohate氏の22:35 - 2018年11月7日のツイート
論文「福島の小児甲状腺癌と外部被曝に相関がある」。Epidemioplogy誌へのレター。大平らの先行論文は相関がないと結論したが、2巡目の健康調査結果を含めた解析では、図の赤点のグラフのように相関が見られた。これはスクリーニング効果では説明できない結果である、と。
https://journals.lww.com/epidem/Citation/publishahead/Re___Associations_between_Childhood_Thyroid_Cancer.98619.aspx




・・・引用終わり・・・

甲状腺の異常は、放射性ヨウ素のほか、放射性セシウム、劣化ウランによっても生ずるとされています。

外部被ばくは、体外にある放射性物質による放射線被ばくですが、外部被ばくが大きいということは、その場所に様々な放射性物質がより多く沈着しているということですからセシウムやウランによる内部被ばく・外部被ばくが大きくなります。

管理人は、甲状腺異常に関しては、吸入、経口摂取による内部被ばくの影響が大きいと考えます。

外部被ばくが年間1ミリシーベルトを超えるか超えないかという問題ではなく、放射性物質の沈着が多く、外部被ばくが大きいところでは、内部被ばくが測定不可能であってもこれも当然大きくなると考えれば、汚染地帯からは逃げることが必要です。
posted by ZUKUNASHI at 02:44| Comment(0) | 福島原発事故