ずくなしの冷や水

2021年10月23日

便利なリモートデスクトップ

2021/10/12、私設空間線量率測定システムの測定ポイントの一つが画像を送信していないことに気づきました。

このポイントは、リモートデスクトップで遠隔操作ができるようになっています。呼び出してみますと、デスクトップのグラフは正常に更新されています。

送信されていない。ネットが切れているわけではないです。遠隔操作ができるのですから。

このパソコンのソフトのうち画像送信を担うものに障害が起きています。

画像を集約するサーバーを開けてみますが、午前0時過ぎの画像が最後で、その後は更新されていません。

ソフトを更新しなければいけないようです。細部をいじるより(いじってもわからない)再インストールが確実な解決方法。

1 WindowsのOSアプデイト
2 内臓記録装置のクリーンアップ
3 ShareXの最新版のインストール
4 ShareXの設定ファイルの再インポート
ここまでやっても送信が再開されません。ShareXの送信先設定画面からサーバーにつながるかテストすると接続されます。

しかし、ShareXのエラーログを見るとサーバーから接続が拒否されたとあります。

さて困った、送り返してもらうしかないか・・・。

もう一回、サーバーの受信記録を見ながらShareXの送信先設定画面を調整すると、画像が一回だけ送信されていることが判明。どの設定のときに送信されたんだろうと自分の操作を思い出しながら、成功時の設定に直します。

送信開始されました。セキュリティを高める設定でうまくいきました。

他の測定ポイントは、このセキュリティを高める設定にはしてありません。サーバーの側の設定が変わったのでしょうか。そうなると他の測定ポイントの機械の設定を変えてもらわなければなりません。

まあ、様子を見よう。

2021/10/13もこの測定ポイントの機械でWindowsのOSアプデイトがあり、送信が止まっていたので、遠隔操作で直しました。この原因はスタートアップの設定が自動送信になっていなかったために再起動後送信が再開されなかったのです。

これまで、機械の不調の時には、機械を送ってもらっていました。スティックパソコンは140円の普通郵便で送れますので、交換に伴う費用も少なかったのです。

でも、今回のように遠隔操作で全部修理調整ができるとなると、発送の手間をかけることもなくなりますので、管理者にもメリットがあります。

リモートデスクトップの導入は、スティックパソコンは画像出力部分が弱く、ここが壊れて画像出力が止まることがよくありますので、その場合でも遠隔操作で出力画像を見ることができないか、見て設定を変えたりできれば壊れたスティックパソコンでも使えるだろうという経済的な動機に基づくものです。

セキュリティの面から、管理者の同意を得たところだけ遠隔操作を入れさせてもらっていましたが、仕組みがわかってくるとそれほどセキュリティ面の脅威はないようなので、これからは原則として使用するパソコンすべてにリモートデスクトップを入れさせてもらうことにしました。

設置してくれた管理者は、電源コードとネット回線のコードがつながっていることを確認してもらうだけでよいのです。そして電源ボタンを押してもらう。

発足当初から2年半が経過しますが、ソフトの設定などを改善して発熱も抑え、管理の手間がかからなくなっています。特に正午の再起動を導入してから送り返してもらうことがほとんどなくなりました。

WindowsのOSアプデイトと内臓記録装置のクリーンアップは時間もかかりますから、送り返してもらってやっていますが、遠隔操作が組み込んであればこれも現地に置いたまま処理できます。

今でも中古のスティックパソコンが流通していますが、何かの用途では現役なのでしょう。私は、手元の待機中のスティックパソコンについて半年に一度ほどWindowsのOSアプデイトの作業を集中してやっています。

・・・・・・

私設空間線量率測定システムの管理者のお一人から、リモートデスクトップを導入してやる、設定方法を教えろとの連絡をいただきました。

この管理者はパソコンを高度に使用しておられるので、遠隔操作をせずとも、管理者にお任せだったのですが、お申し出に従い、設定方法をお知らせしました。

と言っても、設定方法はネットにいくらでも載っています。必要なのは、Googleのアカウント名とパスワードなのです。Googleのアカウント名で遠隔操作をする端末をグループにまとめて管理しています。遠隔操作を組み込んだPCは起動するごとにGoogleのアカウントに自動でログインしています。

私はやり方がうろ覚えでしたので、実際にPCにリモートデスクトップをインストールしながら、やり方の要点を書きました。

インストールする際にブラウザーのGoogle Chromeを使う場合と使わない場合で手順が少し違ってきます。Chrome remote desktoは様々なOSで使えるために本来はGoogle Chromeの拡張機能であったはずなのに、MicrosoftのEdgeでもこの拡張機能が使えるようになっています。

以下の記述は、新品のミニパソコンにインストールする例です。ミニパソコンのセールを見つけると私設空間線量率測定システムの更新用PCとしてポツポツ買っています。

新品パソコンに他のソフトを何も入れない状態でリモートデスクトップを入れています。

1 ブラウザでremotedesktop を検索し、検索結果からgoogleのremotedesktopのサイトを呼び出します。


2 ここで左側に「パソコンにアクセス」、右側に「画面を共有」と表示された画面が出ますので、左のパソコンにアクセスをクリックするとGoogleへのログイン画面が出ます。このパソコンは端末として使い、私が遠隔操作で不具合を直しますので単に画面を見るだけでなく操作ができるようにします。

ただ、この段階で組み込まれているブラウザーによっては、Google Chromeのインストールを勧められることがありますのでインストールします。使わなければ後でアンインストールすればよいです。以下はGoogle Chromeをインストールしないで進めています。


3 Googleのアカウントでログインします。持っていなければ、あらかじめ作ります。メールアドレスは、Gmailでなくても一般のメールアドレスで構いません。ログイン用パスワードは、Googleにログインする時だけのパスワードです。
ログイン用メールアドレス 
***********@******.jp
ログイン用パスワード 
**********

4 ログインに成功すると次のような画面になり、そのGoogle IDで扱う遠隔操作の端末の名前が出ます。
右上の欄のパスワード保存をクリック。これはこのパソコンに保存されます。



5 アプリのインストールを許可します。右上にもインストールの確認欄が出ます。


右上にインストールされているアプリとありますが、スタートにピン留めするというのは、スタートアップに入れるということのようで、パソコン起動と同時にremotedesktopが潜在的に立ち上がります。


6 ここでソフトのインストールになります。画面下のリモートアクセスの設定の下向き矢印をクリック


7 画面上に「他のストアからの拡張機能を許可」という表示が出ますのでこれをクリック。これをやらないとダウンロードが始まりません。


8 ダウンロードが始まります。


9 Edgeに拡張機能を追加できるようになりましたと出ます。Chromeに追加をクリック。ここはちょっとおかしい。


もう一度確認。


10 名前の選択 適宜の名前を付けます。


11 PINを決めて入力します。2回。


12 このPCがオンラインになりました。画面の一番下にあります。


何度もこの作業をやりましたが、毎回、ここまでの作業の手順がいろいろあって迷わされました。

ブラウザにChromeを使っている場合がずっと簡単です。インストールが終わるとChromeの画面の真ん中あたりにremotedesktopのロゴが表示されここから遠隔操作に入ることができます。

これでよそからアクセスしようとする場合は、特定のGoogleIDの下のPCなら、このPINを教えてもらい、対象のPCを呼び出してPINを入力すればつながります。

googleのログイン用アカウントとパスワード、そして個別のPCの名前とピンがわからないと接続できませんし、他のPCに接続してもその家庭内LANを経由して他のノートパソコンなどの中身を見るにはさらにパスワードが必要になりますから、まずセキュリティ面は心配いらないだろうと判断しています。

・・・・・・

初心者が初心者に説明するのはとても難しい。
【簡単】Chromeリモートデスクトップの使い方から接続方法まで
posted by ZUKUNASHI at 13:41| Comment(0) | デジタル・インターネット

ワクチンは死亡数の抑制には効果が薄いようだ

Our world in dataから数値データを取り出し、最近ワクチン接種を急ぎ、完全接種者(2回接種者)が急増している国の死亡数累積値と完全接種者率の推移をグラフにしました。

期間は2021/3/1から10/18まで。

青は死亡数累積値(左軸、単位人)、橙が完全接種者率(右軸、単位%)です。

まずワクチン接種で先行したイスラエル。5月半ばには完全接種者率が6割に達しました。5月、6月、7月は死亡数累積数が横ばいで推移しましたが、8月には死亡数累積数が増加し始めました。

イスラエルの最新時点での完全接種者率は65%ですから、
他の国に比べて飛びぬけて高いわけではありません。それにイスラエル当局はワクチンパスポートをワクチン接種促進のために打ち出したりしています。死亡数累積数の増加をブースターで抑えるという考えもあるようですが、方向性ははっきりしません。

トルコは、7月中旬からワクチン接種を加速してきましたが、8月中旬以降死亡数累積数は完全接種者率と同じようなカーブで伸びています。


マレーシアも、7月中旬からワクチン接種を加速してきましたが、9月中旬以降死亡数累積数が完全接種者率よりも急なカーブで伸びています。


ロシアは独自開発のワクチンを早くから接種しています。しかし、次のグラフでは、完全接種者率の動きと死亡数累積数の動きがほとんどパラレルになっています。完全接種者率が上がっても死亡数累積数の抑制を図ることができない状況です。

このため10月末から9日間の全土の休日を設定し、モスクワではロックダウンが予定されています。

日本は、6月中旬から接種数が急増しています。その頃の死亡数累積数の伸びは大阪を中心とした感染爆発によるものですし、9月に入ってからの伸びはオリンピックによる感染爆発に起因する死亡が尾を引いたものです。

最新時点では死亡数も落ち着いてきましたのでこれからに注目です。今はワクチン接種急拡大による感染防止効果が出ている段階ではないかとみられますが、今後ブレークスルー感染が出てくることも予想され、そのような感染が拡大した場合、死亡数が多くなる危険性は大きいとみています。ブレークスルー感染の場合、短期間で亡くなる方が出ることが知られています。

インドネシアは、この夏に感染爆発が生じ多くの方が亡くなりました。6月中旬から8月中旬までの間で死亡数が倍増しています。死亡数が落ち着き始めた9月初め時点でも完全接種者率は15%。この沈静化はインドネシア政府がイベルメクチンを配布したことによると考えられます。


インドの感染爆発は5月です。落ち着いたのが8月に入ってから。8月初めの完全接種者率はわずか7%。インドもイベルメクチンを含んだ医療セットを配布しています。インドの感染爆発を抑えたのはワクチンではなく抗ウィルス薬です。


米国は、6/1には完全接種者率が40%を超えました。その後も接種を推進し最新時点では56%を超えていますが、死亡数が落ち着いていたのは5月末から8月初めまでの2か月半です。

9月以降の死亡数の伸びはかなり急カーブになっています。ワクチンの重症化予防の効果が薄れていると見なければいけないでしょう。

ルーマニアは比較的早くからワクチン接種を開始。7/1には完全接種者率が25%に達しました。その後の接種スピードは少し落ちましたが、7月から9月半ばまで2か月半は死亡数が横ばい推移。

ところが9月末から死亡数が急増しています。

ワクチンは、決して新コロナウィルス感染症に対処する決め手ではありません。特に日本ではワクチンの副作用で1200人以上も亡くなっています。

深刻な後遺症も出ています。

・・・・・

2021年10月16日
現役開業医からワクチン慎重論

posted by ZUKUNASHI at 11:41| Comment(0) | Covid19

2021年10月22日

ワクチンと死亡との気になる関係

ourworldindataから取り出したデータで計算した国別のワクチン完全接種者の割合。左が2021/7/18時点、右が2021/10/18時点。上位の国を取り出していますが、最高がUAEの85%、70%台が6か国ほど。その時点で完全接種者の累計数が掲載されていない国はこの表から漏れています。

日本は68%で世界でも高い国に属します。60%のイスラエルを上回っています。7/18時点ではイスラエルは60%でしたからその時点の完全接種者はすでに3か月が経過しています。
日本は7/18には23%でした。
この3か月ほどでワクチン接種者率が大きく上昇した国の状況が日本の参考になるでしょう。

データのないところを他のデータで代用して計算するクエリーがうまくできませんが、7/18と10/18の比較で完全接種者の伸びが最も大きいのは台湾です。

スリランカ、ネパール、豪州、韓国も高い。

完全接種者の推移


人口に占める完全接種者の割合推移


人口100万人当たり死亡数累積値の推移

このグラフをワクチン完全接種者の割合のグラフと比較すると、完全接種者緩やかに増えているところで死亡数が同じような感じで増えています。








posted by ZUKUNASHI at 20:06| Comment(0) | Covid19

空気感染、マスク、イベルメクチン ワクチン

このブログでは、早い時期から新コロナウィルスは主たる感染経路が空気感染だと考えてそのように述べてきました。

この記事です。
2020年02月04日
新コロナウィルス関係 情報1

「武漢コロナウイルスは感染力が強い。飛沫感染、空気感染する。
中国では、患者の自宅のドアノブから武漢コロナウイルスが検出されている。
症状には、発熱、咳などのほか下痢を伴う。
一度感染して治癒しても抗体ができないとの説がある。
治療にはいくつかの薬が効果があると見込まれているが、まだ確定していない。」

この記事を改めて読み返すと、最近判明したとされることも既に書いてあります。

※ Hiroshi Makita Ph.D.@BB45_Colorado氏の2020/1/31のツイート
実は、中国で解析完了した病原性コロナウィルスのゲノム全情報が世界に提供されていて、それによって抗ウィルス剤とワクチンの開発が一斉に始まっている。
この報道は数日前からBBCで流れており、日本で初とかいっても、今更感が強い。
というか、日本に中国から遺伝子情報来てないの?

※ bird on a roc@pirodaikan氏の2020/2/1のツイート
重症化率は致死率の40倍 抗体は長続きせず再々感染を余儀なくされ人類滅亡の力を持っている最悪のビールスだと言う事を知っていた方がいい
新型肺炎”死者259人に 感染者は1万1900人超(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

※ Miki Hirano@mikihirano氏の2020/2/2のツイート
コロナウイルス感染症は、わずか15分の会話で人から人へ感染し、もしくは、感染者と同じ閉鎖空間に2時間いただけで感染する。また、発症前でも感染することを中国保険当局が確認。
Deadly coronavirus takes just 15 minutes to spread from person to person, via @nzherald

※ China Tips by myokoi@myokoi1962氏の午前8:09 ・ 2020年2月1日のツイート
新型肺炎に関し、感染後にできる抗体には長期間持続しないものもある。一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがあるとの見解を中日友好医院の先生が発言。 #中国


中国の患者830人に。死者25名。
SPUTNIK2020/1/24
Total Number of Coronavirus Cases in China Rises to 830, 25 Deaths - Report
(感染者の致死率3%です。2021/10現在の日本では1.3%。感染者の治療が試行錯誤であったであろう段階でのこの致死率3%は立派なものです。)

China has also come forward with news that the virus can spread before any symptoms show. The country's health minister Ma Xiaowei confirmed the bad news on Sunday, which has panicked some US doctors.
中国では、症状が現れる前にウイルスが広がる可能性があるとも報じられている。これは米国の一部の医師をパニックに陥れた。

Dr. William Schaffner, an adviser to the US Centers for Disease Control and Prevention, called the news a “game changer” and said this means the virus is “more contagious than we originally thought.”
ウィリアム・シャフナー博士は、このニュースを「ゲームチェンジャー」と呼び、これはウイルスが「当初考えていたよりも伝染力が強い」ことを意味すると述べた。

※ HattoriM@HattoriM氏の2020/1/25のツイート
これは物凄いスピード!中国科学院と上海科技大学らの研究チームが新型コロナウイルスMpro蛋白の結晶構造を既に決定し、構造に基づくvirtual screening及び酵素活性測定により30種の既知化合物に対し阻害活性を同定と発表。内12種はHIV治療薬。臨床試験に向けて研究継続中。https://mp.weixin.qq.com/s/SyTjhfInWpLG

・・・・・・

日本の科学者はこのような情報をどう受け止めていた? ロックダウンは中世の手法とか何も知らないで言っていたのでは?

日本と中国の感染症対策の知的水準がどれほど違うか思い知らされます。

イベルメクチンに関する情報を最初に掲載したのは次の記事です。

2020年06月17日
新コロナウィルス関連情報 14

※ Kosuke Hatta 八田浩輔@kskhatta氏の2020/6/5のツイート
新型コロナをめぐる観察研究論文をランセットとNEJMが相次いで撤回。いずれも米国のデータ分析企業が関わっていた。久々に大型の研究不正疑惑です。この企業は一般メディアにも取り上げられたイベルメクチンの「効果」を強調した査読なし論文にも関与している模様

このツイート主は毎日新聞の外信部所属。その後この方のツイートは引用していません。

一歩踏み出したのが次の記事です。
2020年11月20日
重要!! 寄生虫薬イベルメクチンが新コロナウィルスに効く

この記事は、ママレモンさんから寄せられた投稿をきっかけにして書いたものです。それまでもイベルメクチンに関する情報は読んでいましたが、肯定的に取り上げるまでの確信もなく、記事にすることは見送りつつ、自分でイベルメクチンの個人輸入をしてみました。2020/11です。

世間ではバイアグラなどの特殊な薬を個人輸入している人もいることは知っていましたが、イベルメクチンは(も?)50錠単位で買うと安くはありませんので、慎重に購入を開始しました。当初はかなり高く1錠200円程度につきました。

さらに情報を収集して次の記事で私なりの方針を決めました。
2021年01月17日
管理人の新コロナウィルス対策は 自己隔離とイベルメクチンがメイン

知り合いなどにイベルメクチンを紹介する動きをひそかに始めたのが2021/2頃です。そして価格動向を見ながら何度か購入し、子供の家などに配りました。

そのあと、他の薬も備えることにし、「私の薬箱」を書いたのが2021/8です。

2021/10にアメリカ国立衛生研究所(NIH)がイベルメクチンをCOVID19の抗ウイルス薬として正式承認しています。試買してからほぼ1年、紹介し始めてから半年遅れました。

マスクについては、2020年の春に品不足となり大変困りました。でもこの品不足が日本人の新コロナウィルス対策にマスクが欠かせないとの印象を強く植え付けたのはケガの功名かもしれません。

この時期、粗悪でないマスクを海外から調達できないかと考え、いろいろ模索しました。最後は中国の縁筋に依頼して航空貨物で送ってもらうことを考えましたが、なんとかつなぐことができて、マスク出回り増とともに友人がアメ横で買った粗悪品を押し付けられることとなりました。

これはユニクロのマスクと重ねて使って消化する予定です。

その後KF94も購入しましたのでマスクは私が死ぬまで買わなくてよいでしょう。

私の田舎の親せきなどを見ていると、ツイッターだって他のサイトだって私と同じものを見ることができるのです。でも、まったく見ていない。テレビの情報が多い。

これはやはりリテラシーの違いだと認めざるを得ない。地方だから都会の害悪はすぐには侵入して来ないというのは正しくありません。

それに権威に重きを置くのもほどほどにしないといけない。日本の政府を頭から信じてはいけない。ノーベル賞受賞者だからと信じてはいけないのです。彼らもデマを流します。

2021年10月11日
ノーベル賞受賞山中伸弥氏のワクチン動画は正しくないところがあります

ワクチンについては、イベルメクチンを早期に服用すれば、かなり高い割合で進行を食い止められることを知り、ワクチンを接種するかどうかは悩みませんでした。もう同調圧力にさらされることもない。

その代わりイベルメクチンを少しずつ買い増しし、予防も兼ねて服用することにしましたが、これまでのところではそれほど多くの数は使っていません。

日本の保健当局のやることは、効果と副作用がわかっていないことも開示しない、何かあった時の保障もやはり実質を伴わない。もっぱら情報隠蔽、情報操作。極めて悪質だと思っています。

海外には副作用の少ないワクチンもあるようですから、そういう実績のはっきりしたものなら接種してもらうかもしれませんが、そのような機会は来ないでしょう。

ブログでは、ワクチンの危険性を指摘する情報も載せていますが、管理人の意見として消極に対応すべきと書くのは避けてきました。効果と副作用がわかっていないのですから積極、消極どちらでも正しくない。

ワクチンについては、接種が本格化してすぐ深刻な副作用の問題が出てきました。そしてそれは接種の進捗とともに深刻さを増してきました。

mRNAワクチンの危険性については、ごく少数ながら警告を発する人もいましたが、政府が推進の旗を振り、医師や研究者が同調して発信すれば、そういう声はかき消されてしまいますね。

このブログのアクセスは、記事の主力が放射能問題から新コロナウィルス問題に切り替わると、大きく減りました。上に書いたように、断定的な無責任なことは書いていませんから、読みにくいし、読んでもどうすればよいかわからないということでしょう。

2021年の春には、アクセスに使われる機器が特定のものに偏ってくるという変化が生じました。
2021/5/22、午後4時時点でのこの日のアクセス記録

Mac OS Xのユーザーは医師とか学者とかデザイナーなどの知的労働者です。

この傾向は続いており、私の念頭に置く読者層と乖離が生じていますが、これはどうしようもない。私としては、できるだけわかりやすく書いているつもりなのですが。

幸い、デマを流すなとかのご指摘はいただいていません。

新コロナウィルスの猛威と対策の現状はだいぶわかってきましたので、先週からまとめの記事をいくつか書きました。この記事もこれまでの記事内容をチェックし、総括する意味があります。

2021年10月17日
ワクチン接種者、感染者の時日経過後の症状など

2021年10月18日
ワクチン接種 死亡 後遺障害

2021年10月13日
コロナ感染 死亡 後遺症
posted by ZUKUNASHI at 11:06| Comment(0) | Covid19

ファーウエイCFOの釈放でロビイストに50万ドル支払い


ゼロヘッジの記事冒頭部分の機械翻訳
中国の大手ハイテク企業であるファーウェイは、民主党のロビイストであり献金者でもあるトニー・ポデスタに50万ドルを支払い、第3四半期にホワイトハウスへのロビー活動を行いました。この時期は、バイデン司法省がファーウェイのCFOである孟晩舟のカナダからの帰国を認める取引を行った時期と重なります。
posted by ZUKUNASHI at 10:32| Comment(0) | 国際・政治

2021年10月21日

コロナ後遺症認定にはPCR検査で陽性反応が必要

posted by ZUKUNASHI at 23:05| Comment(0) | Covid19

水道水汚染


posted by ZUKUNASHI at 22:12| Comment(0) | 社会・経済

イベルメクチンに関する追加情報 6

イベルメクチンについては、いろいろな情報を収集し、管理人としてのこの薬品の評価は定まりました。そのため、ここに掲げる情報は減らしています。








・・・SYさんのコメントにあったようにイベルメクチンの個人輸入が急激に増えると、個人輸入を制限する動きが出てくるかもしれません。





https://twitter.com/Tamama0306/status/1432977869697732617/photo/1



posted by ZUKUNASHI at 22:10| Comment(0) | Covid19

年末までに米軍はイラク撤退













posted by ZUKUNASHI at 21:52| Comment(0) | 国際・政治

ロストフ原発1基蒸気漏れで緊急停止 いや定期点検だと続報

Emergency workers race to Russian nuclear power plant as reactor shut down amid reports of steam leak, radiation levels ‘normal’
A Russian nuclear power plant in the southern city of Rostov-on-Don has detected a steam leak and initiated emergency protocols, RIA Novosti reports on Thursday. One unit of the plant is said to have been shut down in response.

放射能漏れはないようです。





Rostov nuclear plant’s unit 2 shut down for scheduled maintenance
"No violation of the parameters and terms of safe exploitation has been registered," a source in the NPP’s information and public relations department informed

RTから続報が出ていません。訂正記事も。ちょっとおかしいです。
posted by ZUKUNASHI at 19:49| Comment(0) | 福島原発事故