ずくなしの冷や水

2020年12月02日

ワイン&チョコレートがCovidを止める? 研究によると特定の食品がコロナウイルスを殺す可能性

新コロナウィルス関連ではこの記事は不快な内容ではありませんが、食品に含まれる成分が新コロナウィルスに効くとしても薬ほどの効き目はないのが普通です。過大な期待はできません。
RT2020/12/1
Wine & chocolate stop Covid? Study finds certain foods can kill the coronavirus
A range of foods and beverages, including dark chocolate, green tea, and muscadine grapes could be a secret weapon in the fight against Covid-19. New research has revealed they contain compounds that can kill the virus.

Scientists studied what happened when the virus that causes Covid-19 – SARS-CoV-2 – came up against chemical compounds found in plants known for their anti-inflammatory and antioxidant properties.

Fascinatingly, they discovered that compounds from green tea, two varieties of muscadine grapes, cacao powder, and dark chocolate were able to bind to a particular enzyme, or protease, in the virus and stop it reproducing.

The researchers, from North Carolina State University, carried out lab studies and computer simulations to examine how the so-called main protease (Mpro) in the coronavirus reacted to the plant compounds.

“Mpro in SARS-CoV-2 is required for the virus to replicate and assemble itself. If we can inhibit or deactivate this protease, the virus will die,” the study’s corresponding author, DeYu Xie, explained.

The investigations discovered that the chemical compounds found in the foods and drinks fill up a ‘pocket’ in the Mpro, rendering it useless, effectively stopping the virus from replicating.

“Green tea has five tested chemical compounds that bind to different sites in the pocket on Mpro, essentially overwhelming it to inhibit its function,” Xie said.

“Muscadine grapes contain these inhibitory chemicals in their skins and seeds. Plants use these compounds to protect themselves, so it is not surprising that plant leaves and skins contain these beneficial compounds.”
ダークチョコレート、緑茶、マスカダインブドウなど、さまざまな食べ物や飲み物が、Covid-19との戦いの秘密兵器になる可能性があります。新しい研究により、ウイルスを殺すことができる化合物が含まれていることが明らかになりました。

科学者たちは、Covid-19を引き起こすウイルス– SARS-CoV-2 –が、抗炎症作用と抗酸化作用で知られる植物に含まれる化合物に出会ったときに何が起こったのかを研究しました。

興味深いことに、彼らは、緑茶、2種類のマスカダインブドウ、カカオパウダー、ダークチョコレートの化合物が、ウイルス内の特定の酵素またはプロテアーゼに結合して、ウイルスの増殖を停止できることを発見しました。

ノースカロライナ州立大学の研究者たちは、コロナウイルスのいわゆるメインプロテアーゼ(Mpro)が植物化合物にどのように反応するかを調べるために、実験室での研究とコンピューターシミュレーションを実施しました。

「SARS-CoV-2のMproは、ウイルスが自分自身を複製して組み立てるために必要です。このプロテアーゼを阻害または非活性化できれば、ウイルスは死にます」と、研究の責任著者であるDeYuXie氏は説明しました。

調査の結果、食べ物や飲み物に含まれる化合物がMproの「ポケット」を埋めて、それを役に立たなくし、ウイルスの複製を効果的に阻止していることがわかりました。

「緑茶には、Mproのポケットのさまざまな部位に結合する5つのテスト済み化合物があり、本質的にそれを圧倒してその機能を阻害します」とXie氏は述べています。

「マスカダインブドウは、皮や種子にこれらの抑制性化学物質を含んでいます。植物はこれらの化合物を使用して自分自身を保護しているため、植物の葉や皮にこれらの有益な化合物が含まれていることは驚くべきことではありません。」
posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(0) | Covid19

今個人にできることは自分が感染しないこと 無症状感染者は周りに感染者を生む

※ 放射能内部被曝・新型コロナ感染情報@radioactive_SOS氏の2020/12/1のツイート
今さら「この3週間が勝負」と呼びかけてもコロナ疲れ、自粛疲れした国民は最早聴く耳を持たなくなっている。相変わらず観光地や繁華街には人出があふれ、通勤電車も満員。学校も休校しない。これでどうやって感染抑制を達成できるのか?3週間後はさらに酷い現実が待ち構えているだろう。後悔先に立たず

※ 猫医長@TigerKittyMom氏の2020/12/1のツイート
コロナ+肺塞栓⇨リザーバー10L/分という重症が来たが、当院はコロナ病棟再開していないため転院先を探したのだが、保健所は待ちの患者が数人いるので見つけられないとの返事
絶叫した顔。
重症ベッドは公表より埋まっていて医療崩壊はすぐそこなんだと実感した。

・・・・・・

「この3週間が勝負」であることは事実。それゆえ海外では、行動制限を強めている。一方、日本ではGOTOの自粛程度。

これでは勝負に負けることは目に見えています。

各地で医療崩壊が迫っています。医療機関にさらなる負担をかけない自粛に努めるのが私には最大の寄与になると思い始めています。

知人が北海道旅行に行っています。帰宅したらそばには寄らないようにします。以前は、家に招き入れて話し込んだりしていましたが、ヘイトの話題が多いので距離を置くようにしました。今なお親密なら大変悩むところです。手のひら返しで玄関の戸を開けないなどということはできませんからね。

集団感染の事例や超過死亡の例を調べていると、千葉県で感染者の17%を占める無症状の感染者が感染拡大のテコになっていることが明らかです。無症状のまま陰性になるならそれは本人にとってハッピーなことですが、その間他の人に感染させ続けます。

無症状であれば、自分では感染に気付かない。気づくのは、他の人に感染させてその人が陽性となり、症状が出たためにその人の濃厚接触者として名が上がり、検査を受けて判明することが多いのです。

そのような事態になった時、せめてもの慰めはマスクをしていたことでしょう。マスクは自分の感染予防の基本ですが、社会的には自分のためよりも周りの人の感染防止面での効用が大きいのです。

高齢な者と幼い者に相対的に無症状感染者が多くなっています。
posted by ZUKUNASHI at 13:38| Comment(0) | Covid19

2019/12中旬には米国に新コロナウィルス保有者がいた

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/12/1のツイート
NEW−The coronavirus was in the US in mid-December 2019, a few weeks before it was officially identified in China, according to CDC analysis of blood donation samples. This also matches waste water analysis that found virus earlier in Europe.
スレッド #COVID19

2) This also matches early indicator data that already found excess flu illnesses in Hubei province (where Wuhan is) in early December as well.

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/12/1のツイート
New−CNN reports leaked documents of 117 pages from Wuhan show China vastly underreported #COVID19 cases during early pandemic, and had huge numbers of excess flu-like illnesses in December 2019.
右向き矢印
Key−R0 also vastly underestimated if cases underreported.

3) here is the earlier waste water study of #SARSCoV2 coronavirus in cities in Northern Italy in mid December already. This matches the reports that it’s been circulating in December before Wuhan outbreak was realized.

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/6/19のツイート
微生物
BREAKING: The #coronavirus was already present in two large cities in northern Italy
イタリア国旗
by December 18, over two months before the first case was detected, a national study of waste water has found in Milan & Turin. Oct & Nov 2019 water samples negative.

4) that said, some think the study might be picking up cross reactivity with other coronaviruses that are seasonally present. I think we need T cell immunity tests coming online soon like @AdaptiveBiotech to be more sure.

5) CNN also reports it. The study was peer reviewed in a medical journal−not merely a preprint. And it was by CDC scientists. It has some credibility.

6) For full transparency, here is the peer reviewed study in the journal CLINICAL INFECTIOUS DISEASES, published by Oxford University Press, with CDC authors. There is some debate about study. I will post updates. https://academic.oup.com/cid/advance-ar

7) For those wondering who is the senior corresponding author of the paper, it is Dr Natalie Thornburg, of CDC’s Respiratory Viruses Branch, Team Leader for respiratory viruses immunology. https://cdc.gov/ncird/dvd.html

8) and then there was this report from April 2020 about November 2019. Any other major outlets reported this too.

・・・・

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏のこのツイートに対してたくさんのコメントがついています。2019年末以前に悪性のインフル類似の症状を経験したとの内容が多いです。日本国内でも同じような体験が聞かれます。
posted by ZUKUNASHI at 13:21| Comment(0) | Covid19

救急医はユダヤ人、運ばれてきた急患はネオナチの入れ墨

救急医がユダヤ人、運ばれてきた急患はネオナチの入れ墨というケースで懸命に治療に当たる救急医の心情が綴られています。米国人の人種差別やネオナチの受け止め方がわからないと日本語訳が難しい。

※ Taylor Nichols, MD@tnicholsmd氏の2020/11/30のツイート
He came in by ambulance short of breath. Already on CPAP by EMS. Still, he was clearly working hard to breathe. He looked sick. Uncomfortable. Scared.

As we got him over to the gurney and his shirt off to switch a a hospital gown, we all noticed the number of Nazi tattoos. 1/

He was solidly built. Older. His methamphetamine use over the years had taken its usual toll and his teeth were all but gone.

The swastika stood out boldly on his chest. SS tattoos and other insignia that had previously been covered by his shirt were now obvious to the room. 2/

“Don’t let me die, doc.” He said breathlessly as the RT switched him over from CPAP by EMS to our mask and machine.

I reassured him that we were all going to work hard to take care of him and keep him alive as best as we could. 3/

All of us being a team that included a Jewish physician, a Black nurse, and an Asian respiratory therapist.

We all saw. The symbols of hate on his body outwardly and proudly announced his views. We all knew what he thought of us. How he valued our lives. 4/

Yet here we were, working seamlessly as a team to make sure we gave him the best chance to survive that we could. All while wearing masks, gowns, face shields, gloves. The moment perfectly captured what we are going though as healthcare workers as this pandemic accelerates. 5/

We exist in cycle of fear and isolation. Fear of getting sick on the front lines. Fear of bringing a virus home and exposing our families. Fear of the developing surge of patients. Fear of losing our colleagues. Fear of not having what we need to take care of patients. 6/

And isolation because we don’t want to be responsible for spreading the virus, knowing that we are surrounded by it on a daily basis. Isolation because no one else can truly understand this feeling, these fears, the toll of this work. But we soldier on. 7/

Unfortunately, society has proven unwilling to listen to the science or to our pleas. Begging for people to take this seriously, to stay home, wear a mask, to be the break in the chain of transmission. 8/

Instead, they’ve called the pandemic a hoax, called us liars and corrupt, told us we are being too political by worrying about patients dying and trying to save lives.

They’ve stopped caring about our lives, our families, our fears, worried only about their own. 9/

He was already on high respiratory support and still working hard to breathe so I asked him about his code status and if he would want to be intubated, knowing that was all but inevitable and before the hypoxia made him more confused and unable to answer. 10/

He said that if a breathing tube was the only way he could survive, he wanted us to do everything we could. So we would. We were out of other options by this point, so we prepared. 11/

I’ve faced these situations countless times since medical school. Not the intubation - which is routine at this point for me and my team. The swastikas. The racist patients. Every single time I feel a bit shaken, but I went into this job wanting to save lives... 12/

... and every single time I’ve been able to smoothly and quickly move though those emotions to do so. “They came here needing a doctor, and dammit Taylor, you’re a doctor” is a mantra I’ve repeated to myself when I feel like my empathic core wanes. 13/

As I stepped out of the room to gear up for a high risk procedure and grab equipment, I checked my PPE. I had my N95, face shield, gown, gloves. Was I safe? Was my team safe? I pause to check and make sure I had all my equipment and backups if needed. 14/

I run through the meds and plan with the nurse and RT. I pause. I see the SS tattoo and think about what he might think about having Jewish physician taking care of him now, or how much he would have cared about my life if the roles were reversed. 16/

For the first time, I recognize that I hesitated, ambivalent.

The pandemic has worn on me, and my mantra isn’t having the same impact in the moment. All this time soldiering on against the headwinds, gladiators in the pit.

And I realize that maybe I’m not ok. End/
posted by ZUKUNASHI at 11:30| Comment(3) | 国際・政治

液滴が〜 エアロゾルが〜 日本の専門家の不毛な議論





posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | Covid19

台湾でラクトパミンが使われている米国の豚肉輸入に反対の動き

議員が豚の内臓を議場にまき散らしています。もちろん日本では禁止添加物ではない。
posted by ZUKUNASHI at 10:09| Comment(0) | 健康・病気

米国はまだこの状態 誰もマスクをしていない

BREAKING-ペンシルバニア州の上院議員は、彼が#COVID19に陽性反応を示したことを知らされた後、トランプ氏との西翼会議を突然退席しました。
共和党上院議員のダグ・マストリアーノは先週水曜日、マスクなしのゲティスバーグ会議を主催した後、WHに向かっていた。
Wikipediaから西翼会議:ホワイトハウスの東棟(イーストウイング)は公開されているが、西棟(ウエストウイング)には大統領執務室や閣議室、シチュエーションルーム、定例記者会見室などがあり、アメリカ政治の中枢である。


古い写真ではないはずなのに、誰もマスクをしていません。West Wing meetingはトランプに近い政治家が何人も参加していたでしょう。陽性が出たと聞かされてさすがに突然離席しています。彼らは定期的にOCR検査を受けているんですね。

※ Al Jazeera News@AJENewsの2020/11/30のツイート
Top US infectious disease expert Dr Anthony Fauci, has warned that residents should brace for a 'surge upon a surge' of infections following the Thanksgiving holiday.

感謝祭の休日で統計値に抜けが生じているようです。
https://ourworldindata.org/coronavirus-data-explorer?zoomToSelection=true&country=IRN~IRQ~ISR~RUS~GBR~USA~BRA®ion=World&casesMetric=true&interval=smoothed&smoothing=7&pickerMetric=new_cases&pickerSort=desc



※ Sula The Newfie@NewfieSula氏の2020/12/2のツイート
返信先: @DrEricDingさん
I used to worry about these people getting sick/dying. No more. We know a lot more... maybe there is something to Darwinism... not just strongest survive but the smartest
以前はこの人たちが病気になったり死ぬのを心配していました。もう心配しない。 私たちはさらに多くのことを知っている...ダーウィニズムには何かがあるのかもしれない...強いものが生き残るのではなく、賢いものが生き残るのだ...
posted by ZUKUNASHI at 08:55| Comment(0) | Covid19

2020年12月01日

あなたの周りの隠れた感染者を知り対処する方法

身の回りに急死した方はおられませんか? もし原因不明で急に亡くなった方がおられたら、それは重大な危険信号です。

日本でも海外でも新コロナウィルスの流行で、新コロナウィルスに起因する呼吸器系の疾患で亡くなる方のほかに他の疾病の悪化によって亡くなる方がおられることが知られています。循環器系の疾患を持っているような方です。

新コロナウィルスが流行して多くの患者がいるところでは新コロナウィルスによる死者(とされる方)と分別して認識することは困難ですが、新コロナウィルス感染者の少ない地域では、新コロナウィルスによる死者とは到底思えない数の死亡例が出ています。

例1 新潟県糸魚川市で2020/7超過死亡が発生していました。


糸魚川市の人口は、41,496人。前年との比較で10万人当り死亡率50人の増加ですから4万人なら20人になります。例年なら死亡者50人程度のところですからこれが85人になったわけでかなりの異常事態が見られたはずです。

糸魚川市の感染確定者は、2020/7、建設現場で感染者が1名発生しています。2020/8/31現在で上越市の感染者14人、妙高市1人、糸魚川市1人です。この建設現場に関連する上越市の感染者が糸魚川市内で行動したことの影響もあるかと思われますが、そうだとしてもほんの数人の感染者でも30人もの死亡数の増加が見られたのです。

7月に鋭いピークが立ち。翌月には平常ペースに戻っています。死者の増加が短期間に集中しています。短い期間で亡くなった方がおられるということです。

例2 千葉県匝瑳市では2020年の旧盆過ぎて一族の集団感染が発生しました。匝瑳市の人口は約3万5千人。2020/8にピークができています。そして9月、10月もそれが尾を引いています。
 
匝瑳市の感染確定者は、8/28までは連日のようにありましたがその後は10月14日、10月15日、11月25日の3例だけです。

県発表の情報などによる限り、8月の中旬から下旬に親戚の集まりがあり、その後ほどなくして葬儀が営まれ、その機会に集団感染となりました。この経過から最初の集まりで感染が発生し、短期間で亡くなる方が出て葬儀が催されたのではないかと管理人は推測しています。

例3 千葉県旭市
2020/10に前5年平均より死亡者が30人も増えています。

8月末に感染者が出て9月、10月は感染者は確認されておらず、11月7日無症状の方が1名確認されているだけです。それでも10月にこんなに多くの超過死亡が出ています。


匝瑳市の集団感染に関連した感染者もおられますが、11/7確定の感染者は県外の患者の濃厚接触者として検査が行われ感染が判明したもののようです。無症状ですから、接触者は多かったでしょう。

例4 埼玉県蓮田市
蓮田市は9月に5人、10月に3人感染者が確認されています。それなのに9月からこれだけ死亡数が増えています。感染者は実際にはもっと多かったのではないかと疑われます。東京の通勤圏です。
 

例5 茨城県石岡市
石岡市では、9/1に一人、10月の上旬に3人感染者が確認されています。それでも10月にこれだけ増えています。11月の中旬からは連日感染者が見つかっています。10月は市内で感染が拡大しつつあったのではないでしょうか。それに伴って死亡者が増えたもののようです。
 

その月の死亡者の出方を見れば、新コロナウィルスによる超過死亡があるかどうかは、ほぼ判断がつきます。しかし、そのような経過を市役所が開示することはありませんから別の方法を使うしかありません。

一番入手しやすいのは、急死事例の巷情報です。上にあげたような超過死亡が大きい市では、月に10人、20人規模で超過死亡が発生します。遺族や関係者にとっては親族、知人などの急死は痛ましい限りです。誰もそれを触れ回ったりしませんが、世間話の中では出てくることもありましょう。

そういう話を耳にしたら、今は、しっかりと記憶にとどめ、家であなたの市の感染者の動向を調べます。

これまでほとんど感染者がいないところに急な葬式が続いたような場合は、把握されていない感染者がいることが強く疑われることになります。葬儀の出席自体、ためらわざるを得ない状況です。

そのような状況では、感染防止策を徹底する必要があります。
次の記事がご参考になるでしょう。
2020年12月01日
新コロナウィルス感染爆発 どう自衛するか
posted by ZUKUNASHI at 22:06| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス感染爆発 どう自衛するか

感染が拡大しています。欧米で感染者が短期に激増する例が見られ、どのような感染経路なのだろうと疑問に思っていましたが、日本でも「第3波」で感染者が激増しつつあり、その仕組みがわかってきました。

まず、市中の感染者、特に感染経路不明な者が増えていき、一定の水準を超えると、それらの感染者から感染しやすい場に新コロナウィルスが侵入し、短時間に広まって大勢の感染者を出すという仕組みです。

これですと市中感染で個人から個人へ、家族員の一人から他の家族員に感染するよりも何倍もの規模で感染者が発生します。

最近の介護施設や保育園などの集団感染の事例を見ると、まず職員が新コロナウィルスを持ち込み、職員間でさらには入所者や園児に新コロナウィルス感染が広がるという形が多いです。

このような内部で感染が広がりやすい施設は
@ 老人介護施設(入居者)
A 病院(入院者)
B 幼稚園、小中学校、高校、大学、各種学校
C 各種福祉施設、寮
です。

@、Aについて入居者、入院者の家族が気を揉んでもどうしようもないことが多いです。
Cも同じです。
Bについては、大学ではオンライン講義が導入されているところもありますが、高校以下ではおそらくオンライン講義が取り入れられるのは難しいでしょう。私は、幼稚園児や小学生については感染の危険が高いと見られれば登園、登校を停止するのも検討してよいと思います。勉強の遅れを取り戻すのはどうにでもなる。

集団感染の実例からいうと、温度管理をしている物流施設で従業員の集団感染が発生しています。冷房を効かせて換気が悪いことが原因の一つでしょう。

D 調理食品製造工場、調理食品等ピッキング施設、冷凍魚介類などの物流施設
E 工場や建設現場での休憩室でも集団感染が発生しています。これは、食事をしたりするためです。喫煙場所も感染のリスクが大きいです。

Dについては、作業中は常にマスクをつけておく。Eの休憩時の食事などの際には、休憩室外で食事をし、マスクをつけて休憩室に戻るなどの気の使い方が必要です。

E ジム 感染防止策を強化しているでしょうが、呼吸量も多くリスクが高いと言わざるを得ないでしょう。機械を使わないで屋外で運動することを考えてどうでしょう。
最近になってダンスクラブに起因する感染者が出た香港では、ジムよりもプールの規制が強くなっています。

F 学習塾 学習塾は一般にスペースが狭く、特にマンツーマン形式の学習塾では会話が多いですから感染者と近接した時間が長ければ、マスクでは遮断しきれない恐れがあります。

G 一般の開業医 一般の医院は発熱した患者は受け付けない例が多くなっています。しかし、無症状の感染者もいますので待合室はリスクはあります。医院の待合室は狭い。受診者の少ない時間帯を選んでもなかなかうまくいきません。私は、半年医院をパスしています。

H ホームパーティ これは集団感染の事例がいくつもあります。飲食、カラオケでしょうから極めてリスクが高い。飲食を伴う葬儀や法事も同じです。結婚式はどうなっているのか知りません。

I 飲み会 これもハイリスクです。理由を付けて断る。二次会で接待を伴う飲食店などに行くのもハイリスク。私が聞いているところでは、40代になるとこのような行動に慎重になる人が30代以下よりも多いそうです。

J 日常的な買い物 スーパーでの買い物などはお客の少ない時間を選んで短時間で済ませます。
物販店では販売員の感染経路不明な感染事例が少なからずありますので、お客への対応時に感染した販売員もおられるものと見ています。買い物時にはマスクをして、販売員と接する時間を短くする。距離も取るという対応です。

実は、30代以上の女性、つまり家庭の主婦が多いと見られる階層の感染者は同年代の男性の約6割です。日常的な買い物で感染者がどんどん増えているということではないと受け止めています。



K 主婦も使うことの多いコーヒーショップで従業員に感染者が出たり、集団感染の事例が確認されています。

L 物販店の一つであるコンビニについては、早い時期からコンビニ店員に感染者が出て、企業からの開示が続きました。管理人は、当初、これらの感染者は多くが20代とかの若い方でしたから勤務先ではなく別の場所でたまたま感染したのだろうと見ていましたが、全般的に感染者が増え、コンビニの商品納入業者での集団感染が発生したこと、コンビニ店員の感染者発覚が引き続き多いことから勤務先で多くの客に対応する中で感染した例もありうるのだろうと考えるようになっています。

ただ、客の店内滞在時間は限られているはずであり、レジでの精算もそんなには時間がかかりませんから、それでも客が途切れることなく続けば感染がありうるのか、なお迷うところです。

仮に店内での感染がありうるとすれば、ビニールをたらした程度では遮蔽は困難ということになりましょう。

M コンビニに関連してスナック菓子類で注意を要するのは、袋の表面が汚染されている恐れがありうることです。店で袋入りの菓子、スナック類を買い、帰宅後に手を消毒してスナック類を開封して食べ始めたとしても、袋の表面が汚染されていれば袋を持った手でスナックを取り出し、口に運べば、汚染物がスナックと一緒に口に入る恐れがあることになります。袋から別の入れ物に移してから食べる。
おにぎりなども同じです。手で直接食品に触るのは避けたほうが良い。
飲み物も要注意。マスクの下からストローを差し込んで飲んでいる人は見たことがありません。

N スーパーなどで行われる実演や展示などで人と近接するのは、リスクありです。
携帯ショップで時間をかけて説明を聞いたりするのもリスクがあります。今は、機種変更でも携帯ショップではセッティングをやってくれないそうですが、接客時間を短くする狙いでもあるのでしょうか。

O 移動手段
航空機は意外と換気が良いわけではないとされています。機内感染の事例がいくつも出ています。
電車、バスは、夏の間窓を開けたりしていましたが、寒くなってくるとそれも難しいでしょう。換気は良くないと見ざるを得ません。
千葉市の資料では市外通勤者、つもり電車通勤者に感染経路不明な感染者がかなりいることが示されています。空いた電車を選ぶ、危険を感じたら場所を移動する。
タクシーは、今は運転手と客との間に仕切りがあるのでしょうか。沖縄でプリンセス号の客を乗せたタクシー運転手が感染した例はよく知られています。
自転車、バイク、自家用車での移動は感染リスクは少ないでしょう。

P スタジアムなどでのスポーツ観戦
2020/10末横浜スタジアムで感染実験が行われています。この実験で感染したと受け止めている方もおられます。密集状態で声も出ていれば感染はあります。

Q 家庭はどうでしょう。感染者と同居して感染防止をするのは極めて困難です。ホテルなどに収容する措置が絶対的に必要です。
海外では家族全員が住居内でマスクを着用し、家庭内感染を免れたという例があります。家族のだれか一人でも体調に異変があったら即家族全員が家の中でマスク着用です。

R 手洗い、うがいは欠かせません。特に手洗いですが、忘れてはならないのはスマホの消毒。スマホがウィルスに汚染されていると手洗いの後に触るとウィルスが手に移ります。アルコールで消毒が必要です。

S 届けられた宅配便の表面や中の物品がウィルスに汚染されていることもあります。物の表面に付着したウィルスが活性を保つ期間については諸説ありますが、電話機の画面、紙幣、ステンレス鋼など、いくつかの表面に28日間残存する可能性があるとの説もあります。もちろん、時間の経過とともに活性の失われるウィルスもありますから、汚染度は落ちていきます。急ぐときはアルコールや漂白剤で消毒する方法もありますが、私は数日から長いときは1週間程度放置してから開封しています。

㉑ 新コロナウィルスの殺菌、消毒には太陽光に充てることが有効。洗濯ものはできるだけ太陽光に当てる。 

㉒ 目の粘膜から感染する場合もありゴーグルが勧められていますが、視野に影響が出る場合もあります。フェイスシールドは、ゴーグルと違い空気の遮断性はありませんが、他者から飛んできたつばの飛沫を顔面に付着するのを防ぐ効果はあります。

まとめると
@ 何よりもマスク着用です。「死んでもマスクを離しませんでした」というくらいの決意を!
マスクをつけていないと、感染リスクは極端に上がる。(感染に気付かないこともあるので、マスクをしないことはウィルスをまき散らす行為になることも)
保健所の濃厚接触者の調査では、マスクをしていれば濃厚接触者に該当しないそうです。←←これには大きな疑問があります。
A 人のいる屋内の換気は限定的。換気良好な場所は風の吹き通るところ。つまり、屋内で換気のよい場所などまずない。「冷暖房完備」は換気が悪いということ。
B 感染者がいる場では、滞在時間が長ければ、それに応じて感染確率は確実に上がる。屋内に限らず屋外でも生じうる。
C どこに感染者がいるか、誰が感染者かわからないわけで、結局人と接する時間をとにかく短くするしかない。

2020年11月22日
有効とされることを確実に一つずつ

2020年11月22日
新コロナウィルスにどこで感染している?
posted by ZUKUNASHI at 11:07| Comment(0) | Covid19

香港が感染者発生で規制強化

RT2020/11/30
Hong Kong tightens curbs on public gatherings, closes karaoke centers as it reports 76 new Covid-19 cases
Authorities in Hong Kong will close game centers and swimming pools from Wednesday, while also ordering civil servants to stay at home after a new spike in coronavirus cases.

The city recorded 76 new Covid-19 cases for the day, including nine untraceable local cases, with Chief Executive Carrie Lam saying “the figure on Monday was slightly lower.” However, she added: “I don’t want the public to mistakenly reckon that the peak of the epidemic is over already.”

The city will roll out new restrictions on Wednesday, to be in force for at least two weeks, ordering most of the 177,700 civil servants to work from home, apart from those providing emergency and essential on-site services.

Authorities are closing game centers, theme parks, karaoke lounges and swimming pools. Government performance venues will work only for online streaming performances, while gyms, sports venues and beauty parlors will be allowed to operate with additional restrictions.

Groups utilizing sports facilities will be limited to two people, and the number of patrons permitted at each table at restaurants will be reduced from four to two. Restaurants will also be required to close at 10pm. Bars and dance clubs were already shut last week.

Tougher penalties are being imposed for the violations of anti-epidemic measures, including the limit on gatherings, mask-wearing in public places and mandatory testing. “Law enforcement must achieve a preventive effect,” Lam said. “The fixed penalty now is HK$2,000 [US$258], we need to raise this, hopefully by multiple times over.”

The latest resurgence of coronavirus cases in the city of 7.4 million was “very severe,” Lam said. The 76 new cases on Monday brought the total to more than 6,300, with 109 deaths. The nearly four-month high of 115 new infections was registered on Sunday.
posted by ZUKUNASHI at 11:00| Comment(0) | Covid19