ずくなしの冷や水

2018年11月12日

老人にアンドロイドスマホの扱い方を助言した日

この記事の画像は、アンドロイドスマホで撮影しています。

2018/11/10天気が良かったので予定を繰り上げて近くに出かけました。市川市内は北と西、そして南で町の様子が大きく変わります。南を除けば緑の残っているところも多く、徘徊には最適でしたが、放射能汚染が強く、特に西部で新松戸に並ぶ高い放射能を検出してからあまり行かなくなりました。

このお宅には、大きなサンシュユの木があり、今頃赤い実がたくさんついているのですが、今年は見当たりません。右端にある枝を切り取られた木がそれです。



サンシュユ 2011/11/25


先日は、枯れたシャクナゲの木を見ました。そろそろ影響が出てくる頃なのでしょうか。

この日歩いた辺りはまだ鉄道にも近いのですが、古い家が残されています。意図せず白黒になっていました。



こちらも大きな家です。もったいない。貸してくれれば老人の共同ホームに使えるのに。


こんな場所も残っています。若い男女数人がこの中に入っていきました。裏口でしょうか。もう少し広くて落ち葉が片付けてあればなかなかの入り口なんですけどね。


市川市内では新しい住宅建設が盛んです。家がどんどん新しくなっていきます。こういう土地を持っていた家は土地の売却や賃貸で収入があります。住民の中に割と裕福な人も少なくないはずです。そんな雰囲気を持った街です。


大柏川の遊水池

ここで休憩して私より少し年配に見える男性と話しました。78歳とか。もっぱら聞き役です。(少なくともそのつもりでした・・・)

老人:運転免許は、75歳前後の更新から認知症のテストがある。スライドを見せられて猫などが25出たのだそうだが、そのうちの覚えているものを書けというんだ。8つしか書けなかったよ。

あとその日の日付なども書かされたが、こちらはちゃんと書けたので76点。75点以上がA、45点から74点がB、44点以下がCでCに入ると医師の痴ほう症でないという診断書が必要なんだそうだ。

車はもう捨てた。重い買い物があるときしか乗らないから2万円出して廃車にした。これで年間25万円の出費節約になった。

私:そうですね。私も車は捨てました。というか人にやりました。車の運転が疲れるようになりましたので。出費節約のためには、あと新聞を止めれば年間5万円弱の節約、テレビを止めればやはり5万円弱になります。私は全部やりました。

老人:私は、ぽつくり逝きたいと思っている。それが一番周りに迷惑をかけないから。

私:そうですね。寝たきりになって介護してもらうのはよほどカネがあれば別ですが、家族に大きな負担になりますからね。ぽっくり逝きたい方は「食べて応援」していますよ。流行っていますよ。それでぽっくり逝った人。

老人:「食べて応援」って何ですか? この数年、自分より若い人もだいぶ死んだ。

私:福島第一原発の事故で放射性物質汚染が生じた場所の産物を選んで食べることです。そういう場所の産物にはセシウムなどの放射性物質がたくさん含まれているはずです。

セシウムはもともと動物実験で不整脈を起こす薬として使われています。それが多ければ不整脈にとどまらず心臓が止まりますから。


ご老人は「食べて応援」もまったくご存じなかったらしい。

私:福島第一原発事故からもう7年も経ちましたから、汚染地域の産物もセシウムの濃度は下がっています。今からぽっくり逝きたいと頑張ってもなかなか思うようには行かないかもしれませんが。

ご老人が私のタブロイドに気づいて尋ねてきた。

老人:私も、娘婿がくれたスマホを持っていて写真を撮るのに使っているが、その写真を印画紙に焼き付けたいと思っている。そのためにSDカードを買ったが、画像の取り出し方がわからない。

私:スマホの画像をSDカードに記録するには、スマホにそういう指示を与えなければなりません。SDカードを刺しただけではダメなんです。そしてSDカードを刺す前の画像は本体の記録用メモリーに入っていますからこれをSDカードにコピーして取り出さないといけないんです。そのための設定が面倒で私もその方法はやっていません。娘さんや婿さんにやってもらえませんか?

このとき、私は頭の中で計算していた。78-35=43(娘)、43+5=48(婿)。上の作業ができるならよほどのスマホ使い名人だ。

老人:娘に頼んだが、できなかった。いろいろやってくれるんだが。孫(43-28=15)にも頼んだが、面倒だとやってくれない。

婿の話は出なかった。使い勝手の悪いセコハン(?)のアンドロイドスマホを義理の爺さんに渡したおやじ。婿の話になったとき、老人の口が急に重くなった。

私:パソコンとケーブルでつないで画像を取り出す方法があります。こちらのほうがやさしいし、SDカードを取り出す手間もありません。ご友人か知り合いで少し若めの人がおられれば、知っている方がおられるかもしれません。

昨日、一昨日知ったばかりのわずかな知識で、こんなに分かったようなことを言って良いのだろうか。

市川大野に近い団地の家並みです。なかなか整っています。


子犬、3か月だそうです。子犬を店で買うと何十万円もするものがあるんですね。驚きました。


この記事を書き終えて思いましたが、78歳のご老人にはおそらく新しい世界が開けたでしょう。「ぽっくり逝きたい」希望を叶えるためにはどうしたらよいかという初の情報だったのです。

通常、被爆問題についてここまで話すことはありません。セシウムが不整脈を引き起こすから説き起こしたのは初めてだと思います。ですが、そういう相手の関心事項をテコにして被爆問題に入っていけたこと。

そして、私がアンドロイドスマホについて、使い方を教えてあげたことで、相手はぽっくり逝く方法の説明はいい加減なものではないと思ったはずです。

関係のない知識が被爆問題についての説得力を高めるのに役に立つこともあるんだと思わされました。今回の屋外対話はこれまでで最高の出来といえるかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 02:11| Comment(0) | 福島原発事故

雨に濡れながら超人が走る この世のこととは思えない

サンケイ2018.11.6のニュース
福島県の復興マラソン盛況
東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された福島県の自治体で、市民マラソンが盛況だ。「被災地の現状を知りたい」「復興を応援したい」と県外からも多くのランナーが駆け付けている。
 昨春避難指示が一部解除された富岡町。9月末の「とみおか復興ロードレース大会」には、昨年の2倍となる約1300人がエントリーした。主催する町教育委員会によると、1980年に始まった大会は事故で中断した後、昨年再開。以前、参加者はほとんど町民だったが、今回は県外から約200人が訪れた。
 川内村は全ての避難指示が解除された2016年に「川内の郷かえるマラソン大会」を開始。初回は約1200人だったエントリー数が、今年は1800人を超えた。半数が県外からだった。今年は送迎バスに語り部が同乗し、事故当時の避難経路をたどりながら体験を伝えた。

posted by ZUKUNASHI at 00:45| Comment(5) | 福島原発事故

顔立ちは親にもらうが顔つきは自分でつくる

※ sarah(アベ最後の日) @lovelovesarah氏の2018/11/10のツイート
片山うそつきさんが「ミス東大」だったとはとても信じられないねとうちの老母に言いましたら、「長い間、悪事ばかり働いてくるとそれが顔に表れる。顔立ちは親にもらうが顔つきは自分でつくる」と申しました。「人の弱みに付け込んで金儲けしてれば下衆な顔つきになるのも道理」であると。

・・・引用終わり・・・

名言です。これは男女問いません。40歳になったら自分の顔は自分の責任とも言われます。

posted by ZUKUNASHI at 00:28| Comment(0) | 社会・経済

2018年11月11日

息ができない 袋を外せ! カショギの最後の言葉

トルコがカショギが殺された際の音声を記録したとされるテープをサウジ、米国、英仏独に渡しました。
それと同時に録音テープのショッキングな部分をメディアにリークし始めました。
エルドアンが何を狙っているか、MBSを排除して別のより穏やかな皇太子が王位を継ぐことになることが狙いだとされています。
サウジ国王は、地方旅行の途中体調が悪化してリヤドに帰ったとされます。
世界の関心が薄まったころにさらなるインパクトを持つ情報を流すトルコの小出し作戦は、これまでのところ功を奏しています。
サウジは完全に動きを封じられてしまいました。
トルコや米国の動きを見つつ、サウジ王室内で王位継承問題をめぐる争いが強まっていることでしょう。

FARSNEWS2018/11/10
Report: ‘I’m Choking’ Were Last Heard from Khashoggi
TEHRAN (FNA)- A senior Turkish journalist revealed bits from a secret audio tape that was allegedly recorded from the brutal assassination of journalist Jamal Khashoggi at the Saudi consulate in Turkish city of Istanbul, saying the slain man begged for his life before he died at the hand of killers.

Nazif Karaman, head of investigation department at the Daily Sabah, a Turkish newspaper, stated Saturday that people who killed Khashoggi put a bag on his head to strangle and suffocate him.

“I’m choking, put this bag away from my head, I’m scared of claustrophobia(閉所恐怖症),” Khashoggi said before he died, according to Karaman who shared the information with the Qatari-based news channel Al-Jazeera.

Karaman based his account of the brutal killing on an audio tape that Turkish authorities say can prove Khashogi’s assassination in the Consulate on October 2 was pre-mediated.

In his interview with the Al-Jazeera, Karaman, who is believed to be close to the Turkish government, stated that the strangulation of Khashoggi lasted for seven minutes.

He also cited information from Turkish intelligence officials, saying that the 15-member Saudi hit squad that had traveled to Istanbul to kill Khashoggi in the kingdom’s consulate spent 15 minutes to dismember Khashoggi’s body after he was killed.

Karaman did not elaborate on how the Saudi assassination team managed to dispose of Khashoggi’s body, a question that remains unsolved in Turkey’s investigation.

He said, however, that the Saudi team had traveled to Turkey with some special “tools and equipment”, adding that the pictures and details of the gadgets will be published by Daily Sabah in the coming days.

Turkish sources have announced previously that authorities have an audio recording purportedly documenting the murder

President Recep Tayyip Erdogan said on Saturday that Turkey has given recordings on the killing of Saudi journalist Jamal Khashoggi to Saudi Arabia, the United States, Germany, France and Britain.

Speaking ahead of his departure for France to attend commemorations to mark the 100th anniversary of the end of World War One, Erdogan stated that Saudi Arabia knows the killer of Khashoggi is among a group of 15 people who arrived in Turkey one day ahead of the killing.

Saudi Arabia initially attempted to cover up the killing by insisting that Khashoggi had left the consulate. It then changed its narrative, saying the journalist died in a fistfight. Later, Saudi Arabia admitted Khashoggi was killed in a premeditated murder, but that to killing was an unplanned "rogue operation".

Turkish and Saudi officials have carried out joint inspections of the consulate and the consul's residence, but Ankara underscored that some Saudi officials were still trying to cover up the crime.
posted by ZUKUNASHI at 21:18| Comment(0) | 国際・政治

子供連れなら駅のホームでは端で待つほうが良い?

2018/11/10、外出したついでに駅のホームでアンドロイドタブレットを使い、WifiのSSID、アクセスポイントを調べました。

なんと出るは出るは、40か所以上。結局、市が設置したというWifiのSSIDを認識することができませんでした。ホームではなく駅前広場で電波が拾える?

調べると個別に接続する手間を省くために携帯用に簡単接続用アプリがあるようです。例えば、Japan Connected-free Wi-Fi。

これを入れることにしましたが、アンドロイドタブレットではGoogleストアからダウンロードします。仕方なくGoogleアカウントを入力。

(実際にはGoogleアカウントは長らく使っていないので認識されず新しいアカウントを取得しました)

アプリインストールの手間はかかりましたが、これで外でもWifiが使いやすくなるはず。

夕刻、コンビニに行った際にタブレットを持参してアプリを使ってみました。コンビニのすぐ側まで行かないとSSIDを認識しません。そしてそのコンビニは1回60分、1日5回までとなっていました。最初にコンビニの宣伝が画面に表示されます。

ポケモンなどをやるときは、コンビニの前でやれば通信料の節約になる? 人口密集地に住む人は、セルラー回線のデータ通信契約がなくても、公衆無線LANのある場所を渡り歩けばメールの受信くらいできる。急ぎの用件はガラケーのショートメールで、長いメールはコンビニの前でダウンロード。家に帰ってメールを読み、返事を出すときはコンビニまで。ついでにタバコを吸ってくる。

そんな通信費節約法もアリになるでしょうね。

災害や事故の際は、公衆無線LANのアクセスが増えてつながらなくなるでしょう。

災害時に他の人と連絡を取ろうとする場合、
@ ショートメール
A インターネットメール
B 音声通話
の順でつながりやすいでしょう。ガラケーをお持ちの方は、ショートメールのやり方に慣れておきましょう。

いくつか疑問がわきます。
1 駅のホームで40か所以上のSSIDが見つかりました。これらの発する電波が私のファーウェイアンドロイドに届いているということです。周りの乗客も多くがスマホを持っていますからそれらからも電波が出ている。エアードロップで画像を送ってくる人もいるくらいです。
携帯電話の電波も飛んでいる。

それぞれの電波は微弱でも塵も積もれば山となる。

100か所からWifi電波が出ているようなところもあるのでしょう。

そのうち電波過敏症で市街地でも体調が悪くなる人が出てくるかもしれませんね。

2 もう一点。スマホの設定、特にアンドロイドの設定は極めて複雑、煩瑣です。これを自在に使いこなせる人が、どれだけいるのでしょう。とても疑問です。老人にアンドロイドスマホの扱い方を助言した日に書きましたが、女性でアラフォーなどという人はまず当てにならない。男性でアラフィフティも同様。

ゲームしかしていない若い人には、複雑な設定は聞いても無理。そんなところだと思います。

3 これは期待ですが、公衆用Wifiが使える場所にお住まいなら、リアルタイム測定装置を設置してグラフのアップが可能かもしれません。平常時は送信省略で異常時にグラフを送ってもらえば、どんな事態なのかはこちらで判断できます。

Wi-Fi(無線LAN)中継機 のようなものもあるんですね。
posted by ZUKUNASHI at 19:50| Comment(2) | デジタル・インターネット

レイプ・少年兵・拷問・首切り・自爆テロのISISを傭兵として使うアメリカ!

※ mko @trappedsoldier氏の20:11 - 2018年11月10日のツイート
数か月間続く、サファ火山地帯でのISISとシリア軍との激戦。生きて捕えたテロリストが、タンフ基地の米軍からマシンガンや車などの補給を受けていたと認めた! レイプ・少年兵・拷問・首切り・自爆テロのISISを傭兵として使うアメリカ!

SOUTHFRONT
Captured ISIS Member Reveals How ISIS In Al-Safa Received Support From US-led Coalition Base At Al-Tanaf (Photos)
An ISIS fighter, who was captured by the Syrian Arab Army (SAA) during the special operation to free al-Suwayda hostages, revealed that the terrorist group’s cells in the area of al-Safa are receiving direct military support from the US-led coalition base in the border area of al-Tanaf.


“We received supplies from the U.S. base in al-Tanaf through Abu Audi, his brother Saeed and Abu Ali al-Buri (al-Badui), he is a member of ISIS, he provided us with vehicles and 23mm machineguns,” the captured ISIS member, Abu Abdullah Mayadin, told Syrian reporters on November 9.

Furthermore, Abu Abdullah revealed that many terrorists from Iraq, Turkey, Russia’s Ingushetia, India and Uzbekistan are fighting on the ISIS side in al-Safa. Previously it was thought that the terrorists there are only Syrians and Palestinians.



The Syrian Arab News Agency (SANA) released two photos, which had been extracted from Abu Abdullah smartphone. In the first photo, the terrorist is holding a US-made M16 assault rifle equipped with a US-made Trijicon scope. The second photo shows the terrorist carrying what was identified as a Chinese-made FN-6 Man-portable air-defense (MANPAD) system.



According to local observers, this type of the MANPADs was supplied to the Free Syrian Army in 2014 by Qatar, which had acquired them from Sudan. Later, these MANPADs were obtained by ISIS and al-Qaeda in Iraq and even Lebanon.

Abu Abdullah’s statement and the photos recovered from his smartphone confirm that the U.S. and its allies had supported the terrorist group in a direct and an indirect way from the al-Tanaf base. Moscow and Damascus pointed out this kind of U.S. activities in the al-Tanaf area multiple times during the last two years. However, Washington is not going to abandon its military base at the Syrian-Iraqi border because it plays an important role in the US strategy to oppose the growth of Iranian and Russian influence in Syria.

・・・引用終わり・・・

冒頭の画像でヤシの木が多くなっています。ヨルダンに近いところですから北部と様子が違います。背景にあるのはテロリストの遺体です。

中国は、Chinese-made FN-6 Man-portable air-defense (MANPAD) systemがテロリストの手に渡っていることを知っていながら輸出禁止の措置を講じていないようです。

2018年09月10日
1,000人以上のISISテロリストがシリア南部の火山頂付近に閉じ込められる

補給も難しい地域なので兵糧攻めですぐ陥落かとみていましたが、難航しています。米国が補給していますね。

posted by ZUKUNASHI at 11:07| Comment(0) | 国際・政治

新鋭機 Boeing 737 MAX 8 は大丈夫か

RT2018/11/10
MAXimized danger: Are 200+ new Boeing 737s plagued with glitch that led to crash in Indonesia?
A technical issue that Boeing flagged in a safety warning after the deadly 737 MAX 8 crash in Indonesia could happen to any other aircraft, and it’s "not unlikely" that the manufacturer knew about it, aviation experts told RT.

Earlier this week, Boeing issued a safety update to pilots flying its newest 737 MAX airliner, warning of a possible fault in a sensor that could send the aircraft into a violent nosedive. That sensor measures air flow over a plane’s wings, but its failure can lead to an aerodynamic stall.
International aviation experts told RT that a problem of this kind could doom aircraft of any type. The tragedy that happened to Lion Air’s Boeing 737 MAX is not the first of its kind to involve a faulty “Pitot tube” – a critical air-speed sensor that measures the flow velocity – explained Elmar Giemulla, a leading German expert in air and traffic law.

“This is not unusual in the way it happened before,” he noted, mentioning incidents similar to the Lion Air crash. Back in 1996, a Boeing 757 operated by Turkey’s Birgenair stalled and crashed in the Caribbean because of a blocked pitot tube. Likewise, erroneous air-speed indications, coupled with pilot errors, led to the crash of an Air France Airbus A330 over the Atlantic in 2009.

While the problem is not entirely new, it is unclear how Boeing had tackled it, according to Giemulla. “It is not very unlikely” that Boeing knew about the problem, he said, warning that “more than 200 planes are concerned and this could happen tomorrow again.”

There is so much experience with [using Pitot tubes] that it surprises me very much that this could happen to a newly developed plane.

However, the expert doubted that there has been any cover-up of the issue, instead suggesting that “obviously gross negligence” had been involved.

A 737 MAX 8 servicing Lion Air flight 610 last week ploughed into the waters of the Java Sea shortly after take-off from Jakarta, killing all 189 people on board. Investigators say there is a possibility that inaccurate readings fed into the MAX’s computer could have sent the plane into a sudden descent.
Meanwhile, David Learmont, an England-based aviation journalist and contributing editor of Flightglobal, suggested that the 737 MAX crash in Indonesia was more about poor maintenance or pilot error than the equipment itself.

He told RT that the ‘angle-of-attack’ sensor and the computerized system it feeds are “helpful but not essential to safe flight.”

Crews are usually trained to deal with this kind of failure and Boeing “has drawn the airlines’ attention to it,” he explained.

If the pilots had recognized what the problem was, it would have been possible for them to isolate the faulty system and fly the aircraft safely in the traditional way.

Lion Air had already known that a faulty sensor needed replacement “but believed they had fixed it.” Learmont argued that this is not a problem with the aircraft as such but a problem with a sensor system installed on other planes.

“Airbus uses angle-of-attack sensors also, as does Tupolev and other Russian manufacturers,” he said.

共同2018/10/30
【ジャカルタ共同】インドネシア首都ジャカルタの東方沖で格安航空会社(LCC)ライオンエアの旅客機が墜落した事故で、離陸2分後に旅客機から「飛行制御に問題が生じた」とジャカルタ空港の管制室に連絡があったことが30日、分かった。国家運輸安全委員会が明らかにした。
 運輸安全委によると、ジャカルタ空港出発から2分後の29日午前6時22分(日本時間同8時22分)ごろ、飛行制御に問題が生じたため、高度を1700フィート(約520メートル)から5千フィートに上げてよいかとの連絡が入り、管制側は了承したという。旅客機はその11分後に墜落した。

RT2018/10/29
Boeing 737 MAX 8 suffers its 1st deadly crash. What do we know about the jet?





・・・引用終わり・・・

離陸直後に飛行制御に問題が生じたとしています。機材の欠陥か整備不良はほぼ間違いない。

日本の航空会社ではまだ就航していないようです。

RT2018/11/7
Boeing’s new 737 MAX may ‘abruptly dive’ due to errors – media
Following the deadly 737 MAX 8 crash in Indonesia, Boeing is preparing to alert airlines that errors in its newest aircraft series can make the plane “abruptly dive,” Bloomberg revealed.

The bulletin from Boeing will say that erroneous readings from the jet's flight-monitoring system can cause the planes to “abruptly dive,” the newspapaer reported on Wednesday, citing a person familiar fight the company’s plans.

According to the report, the warning is based on the investigation of the Lion Air Flight 610 crash in Indonesia. On October 29, a Boeing 737 MAX 8 aircraft crashed in the sea shortly after takeoff, killing all 189 people on board.

Data extracted from the flight recorders revealed that the aircraft experienced problems with airspeed indicators during its last four flights.

The 737 MAX is Boeing’s newest and most advanced aircraft series, as well as the company’s bestseller. The jets were in high demand and enjoyed a good reputation as safe and reliable carriers.

However, last year Boeing had to briefly ground its 737 MAX fleet as discrepancies were found in its engines. Later, several jets were grounded by India’s Jet Airways, also due to engine problems.
posted by ZUKUNASHI at 00:40| Comment(0) | 国際・政治

2018年11月10日

How Khashoggi was killed: Erdogan says chilling audio sent to Saudi Arabia, US, UK, France & Germany

RT2018/11/10
How Khashoggi was killed: Erdogan says chilling audio sent to Saudi Arabia, US, UK, France & Germany
The recordings that could reveal the killing of Jamal Khashoggi at the Saudi embassy in Turkey in shocking detail have been shared with France, Germany, Saudi Arabia, the UK, and the US, President Recep Tayyip Erdogan has said.

“They all know since they all listened to the conversations and everything,” Erdogan said in a televised speech on Saturday.

Erdogan also accused Saudi Arabia of knowing that the killer of the former Washington Post columnist is among a group of 15 Saudis who touched down in Turkey the day prior to the killing, leaving again for Riyadh in the hours following Khashoggi’s death.

“Saudi Arabia could resolve this by making this 15 talk,” Erdogan said. “The murderers are surely among this 15 or 18, there's no need to look elsewhere.”

FARSNEWS2018/11/10
US, France Want More Details on Khashoggi Killing
TEHRAN (FNA)- US President Donald Trump and French President Emmanuel Macron agreed on Saturday that the Saudi authorities needed to shed full light on the murder in Turkey last month of Saudi journalist Jamal Khashoggi, a French presidency source said.

The two leaders also agreed that the Khashoggi affair should not be allowed to cause further destabilisation in the Middle East and that it could create an opportunity to find a political resolution to the war in Yemen, according to the official, World News reported.

Saudi Arabia, which has faces global criticism and potential sanctions over the murder of Khashoggi in its consulate in Turkish city of Istanbul in early October, leads a coalition battling Ansarullah forces in Yemen.

FARSNEWS2018/11/10
Whistle-Blower: Saudi King Unable to Complete Provincial Trips for Health Conditions
TEHRAN (FNA)- Saudi whistle-blower Mujtahid, who is believed to be a member of or have a well-connected source in the royal family, revealed that Saudi King Salman has not been able to complete his recent visit to the country's provinces and returned to Riyadh for bad health conditions.

Mujtahid disclosed the news on his twitter page on Saturday.

"The Saudi king is now in a specialized hospital. His return to Riyadh was not planned because he was due to travel to al-Jawf from Ha'el region and then go to other areas but his son, Mohammed, decided to bring him back to Riyadh after his health conditions aggrevated," he wrote.

The news came as the killing of Jamal Khashoggi, a prominent Saudi journalist, has triggered an escalation of criticism against Saudi authorities. The journalist went missing after visiting the Saudi Consulate in Istanbul in early October, while Riyadh eventually acknowledged that he had been killed inside the building.

Saudi Arabia attempted to cover up the killing by initially insisting that Khashoggi had left the consulate. It then changed its narrative, saying the journalist died in fistfight. Later, Saudi Arabia admitted Khashoggi was killed in a premeditated murder, but that to killing was an unplanned "rogue operation".

Turkish and Saudi officials have carried out joint inspections of the consulate and the consul's residence, but Turkish President Recep Tayyip Erdogan said some Saudi officials were still trying to cover up the crime.
posted by ZUKUNASHI at 23:54| Comment(0) | 国際・政治

東海第2原発30キロ圏内(UPZ)の住民約96万人の避難すら無理です

毎日新聞2018年11月8日 12時21分(最終更新 11月8日 12時21分)
茨城県
原発事故時 要配慮者の避難手段乏しく
 茨城県の広域避難計画では、原発事故時の避難は自家用車が基本で、高齢者や障害者などの要配慮者はバスや福祉車両などで移動する。しかし、必要な台数不足や運転手の被ばく対策の遅れから、現状は「絵に描いた餅」にすらなっていない。
 県原子力安全対策課によると、原子力防災が必要となる東海第2原発30キロ圏内(UPZ)の住民は約96万人。うち要配慮者は7万〜8万人いる。自家用車を持たない人を含めるとバス移動は約14万人で、約3000台が必要と試算した。
 自力歩行できない高齢者や障害者を車椅子やストレッチャーに乗せたまま運べる福祉車両も不足している。原発5キロ圏内だけで対象者は約1500人に上り、約1000台が必要とされるが、県ハイヤー・タクシー協会が所有するのは30台ほどだ。
 県は今年7月、事故時の協力協定を県バス協会と締結すると発表した。だが、大井川和彦知事が中身が何も決まっていないことを知り、締結前日に延期した。運転手の被ばく上限は年間1ミリシーベルトに設定する予定だが、運転手への防護服や線量計の配布方法、補償などの具体的な条件は決まっていなかったという。
 協会の加盟118業者が所有するのは2982台。運転手が出動を拒否する恐れもあり、協会の担当者は「県には事故時に何台出せるか確約できないと言っている」と話す。【加藤栄、吉田卓矢】

NHK2018年11月10日 5時23分
東海第二原発再稼働「拒否権ない」に自治体が謝罪と撤回要求
運転期間の延長が認められた茨城県にある東海第二原子力発電所の再稼働の際、事前の了解を得るという協定を結んだ周辺の自治体と事業者の日本原子力発電の会議が9日夜、開かれ、日本原電の副社長が認可のあと「協定に拒否権という言葉はない」と発言したとして、自治体側から謝罪と発言の撤回を申し入れました。
東海第二原発は7日、原子力規制委員会から原則40年に制限された運転期間を最長20年延長することが認められました。
認可のあと日本原電の和智信隆副社長は、東海第二原発が再稼働する際に周辺の6つの自治体と結んだ「実質的な事前了解を得る」とする協定について、報道陣の質問に答える形で「拒否権という言葉はない」などと発言していました。
9日夜、茨城県東海村で6つの自治体と日本原電との懇談会が一部非公開で開かれ、自治体側から発言への批判が相次ぎ、発言の撤回と謝罪を申し入れたということです。
懇談会のあと東海村の山田修村長は「発言はごう慢で見過ごすことはできない。撤回と謝罪がなければその先の協議はできない」と述べ、強い憤りを示しました。
日本原電の剱田裕史東海事業本部長は「申し入れについては会社に持ち帰って検討する。誠意を持って対応していく」と述べました。
posted by ZUKUNASHI at 23:15| Comment(0) | 福島原発事故

アンドロイドスマホの取り扱いに閉口

アンドロイドタブレットを入手したので使わねば損とカスタマイズに励んでいます。

一番の印象は、
2018年11月03日
アンドロイドスマホは個人情報収集機器

それに、手元のアンドロイドタブレットはdocomoのバラマキスマホとからかわれているものですから、docomoのソフトがたくさん入っています。

一番煩わしいのかDメニュー。トップ画面を上にスワイプするとニュースなどが現れます。ですが、芸能人のゴシップなどどうでもよい記事ばかり。なんとかしてこれを消したいとあちこちいじった結果、これが消えました。

あと、docomoのソフトは、片っ端から消えるものは消し、無効にできるものは無効にしました。

残るのは、Map、インターネットブラウザー、カメラ、電卓、音声レコーダー、ギャラリー(画像を見る)程度でしょう。災害用キットは、音声通話ができないとつまり電話番号がないと使えない。他にも電話番号がないと使えないものがあります。

GoogleのMapは、アンドロイドスマホで見ると、衛星画像の撮影時点が新しいです。

ChromeブラウザーでGoogle検索を行うと、パソコンでやる場合と違って出てこないサイトやページがあります。そして、アドレスを打ち込んでもマイナーなサイト、ページは見つからないと表示されます。
(この辺はGoogleの将来的な戦略を示唆するものかもしれません。今でもエキテンなどのサイトはオプション料金を払うと表示順が繰り上がる仕組みになっているようです)

EUがGoogleにアンドロイドスマホメーカーにChromeブラウザーやGoogle検索のバンドルを要求するのを止めろと命じたのは、見識です。

当局の意向や金の払いの良し悪しで検索しても出てこないサイトが増えることは大いにありうるだろうと思います。

Googleの検索エンジンは、原発1基分程度の電力を使っていると言われたこともありました。

ツイッターでも、facebookでも、事業主体が一方的にサービスの提供条件を決めています。消費者はそれを受け入れるかどうかの選択ができるだけです。ツイッター社も、facebook、Googleも別にそのサービスを安定的に供給する法的義務など負っていません。

これまでスマホを何種類か使ってみて、スティックパソコンにバッテリーと液晶画面とセルラー回線の送受信装置を付けたものと何も変わらない。いろいろな使えないソフトが盛りだくさん乗っかっているだけとの印象を強めています。

アンドロイドスマホはOSのライセンス料がいらないので価格競争力があり普及しているということではないでしょうか。

アンドロイドスマホでパソコンによるネット閲覧と同じような利便性を望むのは無理ですね。このスマホは、カメラと地図閲覧用そしてプレゼンテーションに特化させて使うしかないかもしれません。

自分のブログを呼び出して、そこにリンクを張ったサイトであれば、マイナーなものでも表示させることができることがわかりました。これはブログがクロームに渡すリンク先情報を辿っているからなんですね。

自分のブログの冒頭に書いてあるリンク先の文字を大きくしタッチしやすくしました。少し見直します。

このスマホは、カメラと地図閲覧、あらかじめリンク先を掲げたサイトの閲覧、そしてプレゼンテーションに使えることになりました。

ニュースサイトとツイッターのリンクも載せることにしました。ツイッターのアカウントは、スマホに覚えさせます。

それにしてもなんでChromeを使うのにログインが必要なの?? 

他の方のスマホの使い方は知りませんが、メール、ショートメール、電話、カメラ機能が主なところで、後はゲーム、趣味のサイトの閲覧のようですね。

ニュースを読み、ツイートをしているような方は少ない?

そんな風に感じましたがいかがでしょう。そうだとすると7万、8万もするスマホ、タブレットは無駄そのものですよね。私の買ったスマホで十分足りる、そんな風に思います。

気づいたことを追記していきます。
posted by ZUKUNASHI at 20:55| Comment(0) | デジタル・インターネット