ずくなしの冷や水

2018年05月20日

サウジ皇太子MBSにやはり異変があったらしい

サウジのクラウンプリンスMBSが公の場に現れなくなったことから死亡説が浮上しましたが、いったんは4/21以降に子供向けアトラクション施設の開場式に出席した画像が流れ、死亡説は正しくないとの説が強まりました。

しかし、5/19に行われた軍事大学の卒業式に国防大臣でもあるMBSの姿が見えなかったことから、憶測が再燃しています。サウジ国内のみならず世界中が注目するMBSの消息ですが、サウジ国王は何も発言していません。

サウジ国王は、実子のMBSに王位を継がせるために王族内で話をつけたとされていますが、継承権をはく奪された皇太子とその親族の不満と反発は強いものがあるはずですし、MBSがクラウンプリンスになった後、汚職摘発と称して他の王族をホテルに閉じ込め拷問もしたとの話も流れています。

サウジの王位継承者は、米国が実質的に決めるとの説もあり、MBSはトランプに献金をしたりしています。イラク、シリアのテロリストの最大のスポンサーはサウジで、この費用やイエメン戦争の費用がかさんでサウジは国家財政の危機に陥っています。

MBSは対イラン強硬派であり、他方でイスラエルと急接近しています。

MBSが死んだとなれば、王位継承者の選定からやり直しになりますし、米国やイスラエルがサウジに対してこれまでのようなキャッシュディスペンサーの役回りを期待できるのか不透明な面も出てくるでしょう。イスラエルVSイランを軸とした現在の対立の構図が変わることもありえます。

サウジ国王は健康状態が良くないとされています。王位を継がせようと困難を押して王位継承権の地位につかせた皇太子が死ぬ、あるいは精神的に異常をきたすとなると、現国王にとってはこの上ない悲劇になります。

FARSNEWS2018/5/20
TEHRAN (FNA)- Saudi Crown Prince and Defense Minister Mohammed bin Salman who has not appeared in the public after the April 21 coup in his palace continues to be absent in public gatherings and was not seen among a host of Riyadh officials at the cadets graduation ceremony in King Abdolaziz military college on Saturday night either.

The Saudi defense ministry announced in a statement on Sunday that Riyadh ruler Faisal bin Bandar bin Abdolaziz has attended the ceremony instead of bin Salman.

The statement declined to comment on the reason of bin Salman's absence while naturally the defense minister should participate in such ceremonies.

Last Thursday, an Iranian daily reported that bin Salman is likely dead after an assassination attempt on his life last month, claiming intel from the security service of an Arab state.
(略)
Saudi Arabia, the world’s top oil exporter, has witnessed a series of radical political changes over the past year as Mohammed bin Salman ousted his cousin as crown prince and jailed well-known princes in an anti-corruption purge.

Moreover, bin Salman oversees social and economic reforms that have been censured by several powerful Wahhabi clerics.

Notably, bin Salman made no media appearance during the April 28 visit of the newly-appointed US State Secretary Mike Pompeo to Riyadh, his first foreign trip as the top US diplomat.

During his stay in Riyadh, Saudi media outlets published images of Pompeo’s meetings with King Salman and Foreign Minister Adel al-Jubeir.

This is while the state-run outlets used to publish images of meetings in Riyadh between bin Salman and former US secretary of state Rex Tillerson.

It is not clear if bin Salman’s disappearance is due to reasons such as him feeling threatened or being injured in the incident.

FARSNEWS2018/5/20
Saudi Concerns Growing over Fate of MBS as People Start Asking His Whereabout
TEHRAN (FNA)- Unofficial reports on the death of Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman after the last month coup have gathered pace after his month-long absence from the public as Hashtag وفاة_ولی_العهد (#Death-of-Crown-Prince) has gone viral in the country suggesting that the prince has succumbed to his injuries sustained during the coup.

Bin Salman has not been seen in the public since April 21 attack on his palace in Riyadh which has raised speculations about his injury and death.

Yousef al-Hazeri, an Arab social media activist, wrote in his twitter account that "if bin Salman's death is true, it means that Trump has this time used up the milking cow just like a traveling shampoo and threw it into the sinkhole".

2018年05月18日
サウジの皇太子MBSは本当に死んだのか?
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 国際・政治

イランでキノコ中毒 190人入院、9人死亡

RT2018/5/20
9 dead, dozens critical & need liver transplant as 700+ get poisoned by wild mushrooms in Iran

At least 50 of the victims who were hospitalized across Iran’s eight provinces are in critical condition, with some requiring liver transplants to save their lives, the emergency services said.

READ MORE: Magic mushrooms are ‘safest drugs’ compared to LSD, ecstasy & cocaine – study

The country’s Ministry of Health attributed the incident to spring rain across the mountainous regions of the country, and issued a warning advising people to “avoid eating wild and unfamiliar mushrooms,” and refrain from even touching them because “skin toxicity is present in some species of fungi.”

Authorities advised the public not to buy mushrooms from street vendors. Those who experience abdominal pain, nausea, vomiting, or severe dizziness are advised to drink a lot of fluids and visit a health center immediately.


posted by ZUKUNASHI at 21:48| Comment(0) | 国際・政治

Saudi King Absent in OIC Meeting on Palestine, Amman Publicizes Differences with Riyadh

FARSNEWS2018/5/19
Saudi King Absent in OIC Meeting on Palestine, Amman Publicizes Differences with Riyadh
TEHRAN (FNA)- The extraordinary meeting of the Organization of the Islamic Cooperation (OIC) on Palestine was held in Istanbul on Friday in the absence of Saudi King Salman, while Jordan's king looked undeterred to show narrowing differences with Qatar, Turkey and Iran and distancing his country from Saudi, UAE, Bahraini policy of rapprochement with Israel.

The declaration issued at the end of the OIC conference described the US decision to relocate its embassy to Jerusalem al-Quds as "unlawful" which could “trigger chaos in the region".

“We reaffirmed once again the vital importance of preserving the sanctity and historical status of Al-Quds and Haram Al-Sharif for the whole Muslim Ummah, emphasizing that the Muslim Ummah could strongly defend its causes globally only by acting in unity and solidarity,” the declaration signed by 48 countries said.

During the conference held in the absence of the Saudi King and PA president, Jordanian King Abdullah II sat beside Qatari Emir Tamim bin Ahmed al-Thani, Turkish President Recep Tayyip Erdogan and Iranian President Hassan Rouhani.

Analysts believe that the move indicates Jordan's different stance with Saudi Arabia, the UAE and Bahrain which are rapidly moving towards normalization of ties with Israel.

Meantime, the Jordanian media said that King Abdullah II and the Qatari king have had intimate talks during the conference.

Addressing the conference, the Jordanian king said that "the violence, aggression, and violations perpetrated by Israel against the brotherly Palestinian people in Gaza and elsewhere in the Palestinian Territories must stop. The international community must uphold its responsibilities before history; peoples of the world and all people of conscience must uphold their responsibilities in protecting the Palestinian people and enabling them to gain their rights and end occupation, injustice, and despair".
posted by ZUKUNASHI at 02:10| Comment(0) | 国際・政治

S. Arabia Starts New Wave of Arrests over Ties with Israel

FARSNEWS2018/5/19
S. Arabia Starts New Wave of Arrests over Ties with Israel
TEHRAN (FNA)- Saudi authorities have arrested several activists for denouncing the industrious efforts made by Riyadh, particularly those of Saudi Crown Prince Mohammed Bin Salman, to normalize diplomatic relations with Israel.

The Arabic-language al-Quds al-Arabi newspaper quoted social media activists as saying that the Saudi authorities have last Thursday detained two male activists named Dr. Mohammad al-Rabi'eh and Dr. Ibrahim al-Madimiq and four female activists, including Lajin al-Hazloul, Azizeh al-Yousef, Iman al-Nafjan and Noureh Faqih, who are all against Riyadh's attempts to normalize relations with Israel.

Also, Abdollah al-Qamedi, a Saudi activist living in Britain, said that the Saudi authorities have imprisoned his mother and brother for over 50 years with permission to visit family members.

In a relevant report in February, Qatar’s Arabic-language al-Arab newspaper, reported that Saudi forces detained Noha al-Balawi, a female activist, over a post she published on her Twitter page, criticizing normalization of ties with Israel.

Balawi, wearing a niqab in the video, stated that Israeli-Saudi relations would only serve the interests of the Tel Aviv regime, and would be to the detriment of Arab nations.

Speaking in an interview with France 24 television news network on December 13, 2017, Saudi Foreign Minister Adel al-Jubeir said the kingdom had a “roadmap” to establish full diplomatic ties with the Tel Aviv regime.

In mid-November last year, a Lebanese paper published a secret document that showed that the Saudis were willing to normalize relations with Israel as part of a US-led Israeli-Palestinian peace effort and unite Saudi-allied countries against Iran.

The document, published by al-Akhbar daily, was a letter from the Saudi foreign minister to bin Salman, explaining why it was in the kingdom’s interest to normalize relations with Israel. The letter said a rapprochement between Saudi Arabia and Israel has risks for the kingdom due to the strength of the Palestinian cause among Muslims.

The Saudis' willingness to boost ties with Israel has offended several Arab countries, including Jordan.

As for the Palestinian refugee issue, the letter says the Saudis would be willing to help the estimated five million Palestinian refugees worldwide settle in the host countries rather than being brought back to the occupied Palestinian territories.
posted by ZUKUNASHI at 02:02| Comment(0) | 国際・政治

US to Support Kurds in Manbij against Turkey

FARSNEWS2018/5/19
US to Support Kurds in Manbij against Turkey
TEHRAN (FNA)- Kurdish sources reported on Saturday that the US forces have underlined in their meetings with the Kurdish officials that they will remain in Manbij as differences have widened between the American and Turkish militaries over the presence of Kurdish forces in the town.

The Kurdish-language Hawar news quoted the military command council of Manbij as saying that a meeting was held between an official delegation of the US-led coalition forces' command center and a number of Kurdish commanders in Manbij.

The meeting on the political and security situation of Manbij was held in the presence of William Urback, a representative of the US state department, Commander of the US-led coalition General Jimmy Gerrard, Commander of the Kurdish forces in Manbij Mohammad Mostafa, Spokesman for Manbij's military council affiliated to the Syrian Democratic Forces (SDF) Sharfan Darwish and Deputy Commander of Manbij military council Ibrahim Banawi.

It added that the US forces have underlined their continued presence in cooperation with the Manbij military council until they prevail control over the entire region.

Meantime, Turkish President Recep Tayyip Erdogan has several times threatened that he will send his forces to Manbij after driving out the Kurds from Afrin.

Darwish had announced earlier this month that the US forces have set up a new military base in Manbij in Northern Syria at the borders with Turkey.

He said that the French forces have been stationed in the military base with the aim of monitoring and protecting the borders, adding that the base has been established immediately after the Turkish army and its allies' attacks on the Kurdish forces in Afrin and Ankara's repeated threats to enter Manbij.

Experts say military assessments show that establishment of a new military base in Manbij that comes in the backdrop of US President Donald Trump's pullout pledge will exacerbate tensions between Washington and Ankara.
posted by ZUKUNASHI at 01:37| Comment(0) | 国際・政治

日本社会の秘密 中年を見たら浅薄なネツトウヨだと思え 2

2018/5/19、横浜にてさんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

安保法や9条の街頭署名をしていると絡んでくるのが、この年齢層です。
そう言えば、わざわざ若い人が絡んでくることはなかったです。(無関心なだけ?)

私の感覚では、ネットは使えないけどもう少し高齢者(80代など)も多いのでは?
「中国が攻めてくるから9条は変えなきゃダメ」とかよく言ってきますね。
戦争の時は子どもで、たまたまさほど大変な思いもせずに通り抜けてしまった人達かも。

自分の両親からも「戦争は絶対にしてはいけない」と言われた覚えはないです。
肯定はしてないと思いますが、絶対にダメとまでは思っていない老人って結構いるように思います。もう、自分は行かないからかな?

「孫には戦争に行かせる。」と言ってたおじいさんもいました。
何かの修練みたいに思ってるのでは? 老人だから想像力があるなんてことはないです。

どれだけ、自分のこととして考えてきたかで決まるわけで、話をすると、小学生のほうがずっと理解力があったりします。

・・・引用終わり・・・

お書きになったこと私は良く分かります。

「絡んでくるのが、この年齢層です」
この年代層は、日々変わっている世界情勢などが理解できていないのではないでしょうか。特に、歴史と関連付けた現代の位置づけなど。

日本人は歴史の年表的な勉強はするでしょうが、なぜそうなったのかという歴史のダイナミズムは学校では教えません。

卒業してもそんな議論に触れずとも社会人として通用します。加えて、外国人と接することもない。

ですから「安保法や9条の街頭署名をしている」人がいると不審な行動、自分の理解を越えた活動をしている人として不安に思うのだと思います。

「中国が攻めてくるから9条は変えなきゃダメ」
という人は、自分たちが先の大戦中にやったことをある程度知っている?

経済的な相互依存関係が強まっているのにそんなことをしたら共倒れです。これも時間が止まっているのでしょうね。

「もう、自分は行かないから」というのはありますね。私の友人は、何ごとにつけても自分は逃げられるか、逃げ切れるかという観点から見ていました。付き合い辞めましたけど。

中年以上の人は、自分が戦場に送られることはないと思っているでしょう。確かに日本の中年以上の男女は戦場では使えません。体力的にも兵器等の操作技術でも。

「孫には戦争に行かせる。」と言ってたじいさんは、何かの修練みたいに思ってる面もありましょうし、いざとなれば、親をさて置いて爺さんが決めることなどできないことを見込んだ発言です。

「どれだけ、自分のこととして考えてきたかで決まる」
そこです。私が徘徊の際に出会って話す人は、自分で考えている人です。そうでない人は、一言、二言言葉を交わせば分かります。別に政治の話をするわけではありませんが、話がかみ合いません。

日本の中年以上の人たちは、テレビによる白痴化が進んでいるか、愚民政策の優等生であることを誇りにしています。

・・・・・

以下は、SYさんのコメント。皆さん、日本の老人に手厳しいですね。引用開始。

高度経済成長の恩恵を最も受けた人たちでもありますね。
それも宗主国礼賛につながっているし、自分たちの実力だったかのように錯覚している。
差別感情も半端ない、まったくもって倒錯した感覚の集団です。

生活に苦労している若者はもう目が覚めたと思います。
戦争に行かなくても、徹底的に搾取されることはわかりきっています。
死なない限り逃げることはできません。

それとも(自分たちは? 若者は? みんな?)死ねばいいとでも思っているのかな?
だとしたら、人間のクズですね。いい歳をして哀しいことですが
救い様がないので放置するしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(4) | 社会・経済

2018年05月19日

LINUXの本格テスト始めました

konkorartさんからテスト用USBの提供をいただき、早速使用してみました。

次がLINUX用のFirefoxで私のサイトを見ているところです。違和感なしです。


時間を見つけてLINUXインストール済のUSBを作ってみます。これなら古いパソコンの活躍の場が広がります。

2018年05月16日
LINUXパソコンはこう使う これを読めばメリットが分かる "当ブログ特薦記事"
posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(2) | デジタル・インターネット

パソコン教室・機材譲渡始めました

読者から寄付を募って始めた線量率リアルタイム測定表示システムの設置数が間もなく全国で10台に達します。

昨年の9月からですから9か月になります。設置運営に協力いただいている方は、パソコンに詳しい方もそうでない方もおられますが、これまでに挫折した方はおられません。

何しろ完全セットアップ済、設置条件に即した必要機器付き、故障すれば引き取り交換サービス付きです。

使用者名、パスワードを設定してオートサインイン、必要なソフトをスタートアップに設定。モニターオフ、スリープの設定。型落ちのスティックパソコンのため1日かけてWindowsの更新。リアルタイムグラフのサーバーアプロード先の入力。ShareXを使っています。

個々の設置者向けのマニュアルも書きました。一つ書けば後は若干の手直して済みますが、使用するパソコンが2種類、測定器が4種類、ソフトが5種類。(自分でも時に混乱)

それに加えて、質問があればなんでもリアルタイム回答。初歩的なことから高度なことまで。(ブログ書いている間にメールが届きますからすぐ回答できるのです)

男性にも優しく、女性には特に優しく。

「関連機器の説明書やソフトがないぞ!」
「箱の中にCDが入っています」
「CDが小さくてデスクトップのCDドライブに嵌められない!」
「デスクトップを横にしてCDドライブに乗るようにしてください」

この実績が認められ、本日はスペックが見込み違いで活用が難しいスティックパソコンのセットアップ付きの購入申し込みをいただきました。

測定器は何台か有償販売しました。スティックパソコンも高度な使用者に押し込み販売したものがあります。

そうやって回収した資金でまた機材を買い付けるという完全自転車操業。

フリーソフトを活用して2万円でリアルタイム測定表示システムを作ったのは、試行錯誤で忙しい思いをしましたが、自信になりました。それに、市価130万円のホットスポットファインダーと同等な働きをするシステムを3万円で作ったのも、誇れる実績です。これは威力があります。

今後は機材の先行取得を止め資金の枠内での機材購入、システム設置勧誘を進めます。

一方でLINUXの研究も始めます。Windowsは便利になっていますが、高度なハード機器を必要とします。カネをかけずに多くの人がパソコンを使えるようになってほしい。そんな気持ちもあります。その条件はできていると感じています。

それにしても、10cm×5cm×1cmのスティックパソコンでも立派な働きをします。誘導ミサイルには、こんなパソコンが1基に一つか二つ使われているんだろうなと思うと複雑な気持ちです。専用量産品なら1個1,000円もしないでしょう。

線量率リアルタイム測定表示システムの設置数が10台になり、万一の場合の状況判断の助けになると判断しています。特に公設MPが表示を止めた場合、頼りになるのはこれらの個人が運営する測定システムです。

今後、これらのリアルタイムグラフをどのように公開していくかは、寄付を寄せてくれた方々と協議して決めたいと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 22:13| Comment(0) | デジタル・インターネット

南風で東葛でも練馬でも空間線量率上昇 放出源は東京湾に?

※ SUGARSPECTOR @sugarspector
今日東京練馬で昼過ぎ0.44μ超えた。絶対何かドサクサに紛れて燃やしてる。今3種類のガイガーで測ってるから間違いない。ウクライナだと移住レベルなのに。遠くない未来、日本は滅ぶと思う。
2:11 - 2018年5月12日

・・・引用終わり・・・

「今日昼過ぎ」とありますから、2018/5/11の昼過ぎでしょうか。

この日は南風で管理人自宅南側の屋外に置いた線量率計の値が上昇しました。






線量率の高い時間帯がどれくらい続いたのでしょう。0.44μSv/hというと、それなりに飛んできています。走って逃げるレベルです。洗濯物に付着したものもあるでしょうが、洗濯物を測定して高い値が出るかは微妙なところでしょう。

練馬区内の個人運営の測定結果。とてもよく管理されていて信頼性が高いです。2018/5/11に上がっています。


警戒すべき範囲は、海岸線から1.5kmどころではないようです。

2018/5/19の午前1時過ぎに管理人自宅で0.2μSv/hを越えるスパイクが立ちました。屋内の南側、ベランダから1mは離れています。降雨はなかったようです。






強い南風が吹くたびに東京湾の北側で線量率が上がる現象が続いています。福島第一原発事故から丸7年経過し、放射性廃棄物の焼却、焼結処理の量も減っているはずですが、それにもかかわらずこのような現象が続くということは、放射性廃棄物の処分、管理に不備ないしは欠陥があるためではないかと管理人は考え始めています。オリンピック開催中も続くはずですし、長期にわたって続くようなら、このような現象の続く地域は居住不適です。

ハンフォードサイトから西47kmにある都市ヤキマでは、脳の一部や頭蓋骨のない新生児の異常が多発していると報じられています。

2017年09月27日
普通に稼動中の原発のゲップは、こんな強力な物なんですかね??

2018年05月09日
東京湾北部沿岸にお住まいで空間線量率の変化を知りたい方にお知らせ

2018年04月26日
ためらいがありますが、警告を掲載します 衣類の放射性物質汚染

2018年04月26日
先の土日に千葉県の一部で濃度の高い放射性物質の降下があったと見られます

2018年04月27日
信じがたい すさまじい汚染

posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(0) | 福島原発事故

地理院地図による地形断面図













2011/3/21降雨量。雨はほぼ同じ時間に始まっており、上の図で3/21は印西と成田、鎌ヶ谷、葛飾でそれぞれ1時間のタイムラグがある。




千葉市にある日本分析センターの空間線量率測定値。3/15の16:00、3/16の9:00、3/21の8:00にピークがあります。


気汚染測定用ろ紙の放射性物質濃度から
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(0) | 福島原発事故