ずくなしの冷や水

2019年11月12日

サウスカロライナの原発で放射性物質漏洩 核燃料工場でも

2019/11/8頃でしたでしょうか、カリフォルニアの地下原発でメルトダウンとかの話が流れたようです。RTはツイッターからも情報を集めており、噂になれば取り上げます。このような原発事業者が躍起になってプレイダウンする事故まで取り上げるのです。だいぶ寒くなってきても、ヒヤヒヤハラハラの話がお好きな人が多いですね。米国での原発事故、核廃棄物処分場での事故などは日常茶飯です。管理人はそういう情報源に当たる時間はないので、吟味もしませんでした。
メルトダウンとか、派手な事故の話は99.9%眉唾物です。本当に怖いのは人々が気づかないうちにじわじわと進む継続的な汚染などです。特に米国の事故は、地球の回転からして日本に届くのは欧州やロシアを過ぎてからなのです。線量率の上昇があれば必ず誰かが気づき発信します。

RT2019/11/12
South Carolina nuclear power plant operator insists ‘no danger to public’ after ‘small leak’ forces reactor SHUTDOWN
A nuclear power plant in South Carolina was forced to halt operations indefinitely to repair a “small” coolant leak in its reactor. The plant operator insists the incident is so minor there was no need to inform the public.

The coolant leak at the VC Summer nuclear plant in Jenkinsville, South Carolina had been discovered several weeks ago and last week engineers were forced to shut its sole reactor down. The company in charge of the plant, Dominion Energy, says no nuclear material has escaped the facility

Plant operators “have been monitoring a very small leak in the reactor coolant system,” Dominion Energy said in a statement. “This small leak is captured within the site’s containment building and is not going to the environment.”

A company spokesman, Ken Holt, reiterated on Monday that the malfunction was “small” and posed “no danger to the public,” and said while there was no need to halt activity at the plant, “operators made the conservative decision to shut down the reactor to address the leak” anyway.

The full extent of the incident remains unclear, but the company suggested a faulty valve may be the culprit. Dominion declined to say when the plant would be back online, arguing the date it returns to service is “market sensitive information.”

Though the plant operator insists there’s nothing to see at VC Summer, South Carolina-based nuclear safety expert and environmental activist Tom Clements said Dominion’s lack of transparency was alarming.

“They should have notified the public,” Clements told a local newspaper. “With nuclear plants, it is essential that there be full openness about safety related issues.”

Clements previously filed a complaint over a plan to construct two new reactors at VC Summer, arguing the company leading the project – the SCANA Corporation – employed unqualified engineers to draft construction blueprints, which led to thousands of design revisions, setbacks and cost overruns. Due to the mounting problems, the reactor plan was ultimately scrapped in 2017. The existing reactor at VC Summer has been in operation for over 35 years.


Troubled nuclear fuel plant in S. Carolina kept radioactive trash in LEAKY & RUSTY container

posted by ZUKUNASHI at 18:22| Comment(0) | 福島原発事故

「私は普通に子供が産めますか?」「いいえ、難しいでしょう」

警告:このブログの記事に怖い話が増えています。対応しきれないと当方に苦情を申し立てられてもお門違い。怖い話が嫌なら、このブログを見ないことです。

この記事は当初2019-07-13 20:07:53に「県別出生数の減少傾向 政策担当の皆さん、薬効きすぎていませんか?」の題名で掲載しました。

出生数の減少は、継続というよりも加速気味です。例年は春から秋にかけて出生数が増えるのですが、この10月のデータは悪いです。どこまで落ちるかわからない。

自治体の中には、人口動態の速報値の公表を工夫するところが出ています。隠してもいずれわかるのに。

不妊が原因となっているのであれば、女性側だけでなく男性の側にもなんらかの障害が生じているおそれがあります。もともと精子の数は、傾向的に少なくなっているようですが。

2019/7/22のニュースに次のようにあります。
時事通信社2019年7月22日(月)20時46分
少子高齢化「最大の課題」=安倍首相
 安倍晋三首相は22日の記者会見で、参院選後の政権運営について「最大の課題は少子高齢化への対応だ」との認識を示した。具体的な取り組みとして、教育無償化や全世代型社会保障などを挙げ、「国民の声によく耳を傾けながら、今後さらに議論を加速していく」と強調した。 【時事通信社】


やはり気づいていましたか? でも、やるべきことが違っていますよ!

3年前との比較で出生数が85%程度に落ち込んでいるところがいくつもあります。


2年前との比較で出生数が90%程度に落ち込んでいるところがいくつもあります。1年で5%出生数が落ちていることになります。








資料:厚生労働省全国人口動態統計速報

ずいぶん、出生数が減少しています。もう少し小さな地域区分で見てみます。小選挙区別。ここから、資料は各県庁が毎月発表する人口動態統計。

2019/5以前12カ月平均の10万人当たり出生率から2018/5以前12カ月平均の10万人当たり出生率を引いてみます。この1年間でどれだけ出生率が下がったかわかります。



茨城6区つくば市などで見ると、2019/5以前12カ月平均の10万人当たり出生率65.9人、2018/5以前12カ月平均の10万人当たり出生率71.8人、ですから差し引きでマイナス5.8人になります。

この表を見て何かお感じになりましたか? 私は思い当たることがとても多いのです。
茨城6、群馬4、茨城1、東京14などには濃厚汚染地帯があります。静岡5は浜岡からの気流の通り道、東京20、東京15も濃厚汚染ありですね。山形3は米軍土壌調査でリスクがあることが判明しています。神奈川10は幼稚園児が二人突然死する事件があったはずです。茨城4は核利用のメッカでしばしば被ばく事故が起きています。環境にも漏れています。

これらの地域は過疎化の進むド田舎ではありません。それでもこんなに出生率が下がっている。なぜでしょう。それぞれにお考えがあろうかと思いますが、管理人は、福島第一原発事故から8年余も経過して、今なお出生率が大きく低下し続けていることは、それぞれの地域にそれなりの原因があり、それが今も追加被ばくという形で産みにくさ、生まれにくさを引き起こしているのだと考えています。

もしある地域がベータ線源の濃厚汚染地帯であるとしたら、その地の農産物を8年以上も継続して摂取し続けたら、どうなるでしょう。

あるいは、恒常的に放射性物質を含むフレッシュな気流が流れているとしたらどうでしょう。

日本人は、すでに大きな被ばくの蓄積があります。そこにいろいろな形で追加被ばく要因がある。ベータ線源やアルファ線源は半減期が特に長くほとんど減らないのです。

今の日本の汚染環境がこのまま続き、日本人の行動、特に食行動のパターンが変わらなければ、出生率はさらに下がり続けるでしょう。

「私は普通に子供が産めますか?」と問われれば、管理人の答えは残念ながら、「いいえ、難しいでしょう」です。
posted by ZUKUNASHI at 12:01| Comment(2) | 福島原発事故

ホテル客室の空間線量率が高いところがある

〇北海道札幌市内
測定器GC10、ホテル客室0.169μSv/h。



〇長野県内(花崗岩起源の放射線が相対的に多いとみられる地域です)
測定器SOEKS
ホテル内:0.22μS/h(0.16〜0.24μS/h)

相対的に高い空間線量率の原因が何かはわかりません。
放射性物質が空気中を舞っているのでもなければ、0.2μSv/hの空間線量率のところに一晩、二晩泊っても、特に影響が出るということではないでしょうが、放射性物質が固着しているのか、あるいは浮遊性なのかわからなければ、嫌ですね。

他の読者からも情報。長野県松本市内で泊ったホテルで堀場のγ線のみの測定器を使用し、0.18〜0.2μSv/h以上も出たそうです。
posted by ZUKUNASHI at 01:33| Comment(0) | 福島原発事故

2019年11月11日

トルコが欧米出身のテロリストを本国送還

トルコが欧米出身のテロリストを本国に送還しているとの記事です。トルコは、シリア難民のヨーロッパへのゲートを開けると言って欧州を脅していましたが、今度はテロリストを出身国に強制送還すると強い姿勢を示し、欧州にゆさぶりをかけています。

トランプも、ISISテロリストを解放するぞと欧州を脅しました。

どこまで本気でやるのか、単なる駆け引きの材料なのか、よくわかりません。

FARSNEWS2019/11/11
Turkey: US Citizen Daesh Terrorist Repatriated
TEHRAN (FNA)- Ankara has repatriated one Daesh (also known as ISIL or ISIS) terrorist from the United States and this week will deport several more terrorists back to Germany, the Turkey’s Interior Ministry said on Monday.

“A US citizen Daesh terrorist has been repatriated after the completion of legal procedures,” Ismail Catakli, the interior ministry spokesman, told Anadolu news agency.

The deportation of a German national Daesh terrorist is in progress, Catakli said, adding that a Danish Daesh terrorist would also be repatriated on Monday.

“So, a total of three foreign national terrorists will be deported from our country today,” he stated, noting that seven more German national Daesh terrorists will also be deported on November 14.

The legal proceedings for the two Irish national terrorists caught in Syria were about to end and they would also be repatriated soon, he added.

“Two more German national terrorists who had been captured in Syria will be deported […] this week. In addition, the legal proceedings for the 11 French national terrorists who had been captured on the Syrian territories are in progress,” Catakli said.

"Turkey will extradite them no matter what," he stressed.

Turkey’s interior minister on Saturday announced that Ankara would start extraditing captured Daesh terrorists on November 11 to their home countries.

The issue of the handling of Daesh members and their families detained in Syria --- including foreign members of the terror group --- has been controversial, with Turkey arguing foreign-born terrorists should be repatriated to their countries of origin.

Ankara has stated that it will send Daesh members back to their countries, but several European countries have refused, saying the terrorists were denationalized.

Turkey has so far deported 7,500 Daesh members, President Recep Tayyip Erdogan said last week, adding that there are currently 1,149 Daesh terrorists in Turkish prisons.

Since Turkey recognized Daesh as a terrorist group in 2013, the Turkish state has been attacked by Daesh terrorists numerous times, including 10 suicide bombings, seven bombings, and four armed attacks which killed 315 people, including police officers and soldiers, and injured hundreds.

In response to the attacks, Turkey launched anti-terror operations at home and abroad, neutralizing 3,500 Daesh terrorists and arresting 5,500.

posted by ZUKUNASHI at 23:36| Comment(0) | 国際・政治

US would attack foes & friends to protect its hegemony and doesn’t shy away from using terrorists as proxies – Assad to RT

US would attack foes & friends to protect its hegemony and doesn’t shy away from using terrorists as proxies – Assad to RT
Syria became a testing ground for the US as it refines its tools to safeguard global hegemony, President Bashar Assad told RT’s Afshin Rattansi in an exclusive interview. He also explained what many Syrians are fighting for.

Washington sees its former dominant role slipping away and is trying to preserve it using all means available, the Syrian leader believes. So the US would “fight the Russians, the Iranians, the Syrians, whoever said ‘No’. Even their allies if they said ‘No’. Like the Western governments, they will fight with them,” he said.

In fact, Syria was targeted by the US after two very costly direct military invasions in Afghanistan and Iraq. In the latter case, the US and its allies fought against Saddam Hussein – an Iraqi strongman, who enjoyed active support of Washington and London for decades – particularly in his war with another American rival – Iran.

Yet, later, relations between them soured in the wake of the Gulf War and Saddam’s Iraq was eventually designated a target for US invasion in 2003.

Campaigns against Saddam and the Taliban in Afghanistan turned out to be too costly for Washington and apparently brought lower yields than expected.

So, the US took a different approach in an attempt to topple his government, Assad said, a war through jihadist proxies. Contrary to the public declaration that terrorist groups like Al-Qaeda, the Nusra Front or Islamic State (IS, formerly ISIS) were to be eliminated, the US had no qualms about supporting them as long as they were following their goals.

“Al-Qaeda is a proxy against the Syrian government, against the Russian government and the Iranian government,” he explained.

How did ISIS rise suddenly in 2014?! Out of nowhere! Out of nothing! In Iraq and Syria at the same time, with American armaments?! It’s very clear.

US hand in glove of terrorists

He said IS at the peak of its power could not have been smuggling oil worth millions of dollars per month out of Syria without the US turning a blind eye.

“Since ISIS started … looting Syrian oil in 2014, they had two partners: [Turkish President Tayyip] Erdogan and his coterie, and the Americans, whether the CIA or others,” he said. The US-supervised looting of Syria’s riches openly continues today, he added. Yet, that looting – so the president says – doesn’t stop when a war ends.

The Americans always try to loot other countries in different ways regarding not only their oil or money, or financial resources. They loot their rights, their political rights, every other right. That's their historical role at least after World War II.

Assad said that murky ties between Washington and hardline militants in Syria is the reason why he is skeptical about Donald Trump’s claim that American special ops indeed took down IS leader Abu Bakr al-Baghdadi. Just like in the case of Osama Bin Laden, no definitive proof of the death was made public, which contrasts sharply with what happened to people like Iraqi leader Saddam Hussein or Libyan leader Muammar Gaddafi. Moscow, for its part, also has reservations about claims Baghdadi is dead, calling for the release of some definite proof.

Regardless of whether al-Baghdadi is dead or alive, the important thing is not to be sidetracked by the brouhaha, Assad believes.

The whole story was about whitewashing the American hand from being hand in glove with the terrorists during the last, not only few years, but during the last decades.

People fight and die for a cause, not a person

The narrative supporting regime change in Syria usually focuses on Assad and his inner circle, claiming that disposing of the so-called ‘dictator’ would be enough to ensure positive change in Syria. “Assad must go” has long been a mantra in the West. The man himself says the notion is ridiculous since hundreds of thousands of Syrians fighting on the side of Damascus are certainly not putting their lives on the line for his person.

“People would die, especially en masse for a cause, and this cause is defending their country, defending their existence, their future,” he said.

The same is even truer for nations like Iran and Russia, which sent their troops to help the Syrians in the battle against terrorism. Believing that any government would bet its interests on the political survival of a single foreign leader “is against logic,” Assad said. The leader is often accused of using brutality and terror tactics against the civilian population to turn against the militant groups opposing Damascus and pledge allegiance to the Syrian government. He argued that such an approach would be not only immoral but also impractical.

“The war in Syria was about capturing the hearts of the people, and you cannot capture the hearts of the people by bombarding them,” he said. “How could the Syrian people support their state and their president and their army, if they are killing them?”
Economic warfare continues

Assad said that Western leaders who say that the Syrian people are suffering under his government are hypocrites because the very same leaders inflict suffering on Syrians through economic sanctions. It is basically just another way to try and ensure regime change, he argued.

This is maybe the last ditch-attempt in order to push them to be against their government. But they tried it last winter, they tried it before, and it did not work because the people knew the whole story, and they knew where their interest lies.

Syria traditionally has a strong public sector, which provides many services like healthcare or education free or at subsidized prices. With the economy crippled by the war even more people rely on the government to get basic things like food or heating oil.

The sanctions, however, are not limited to the government, Assad said. Private investors are strongly discouraged by the US and its allies from bringing capital into government-controlled parts of Syria, which makes economic recovery, reconstruction and return of refugees harder.

posted by ZUKUNASHI at 18:16| Comment(0) | 国際・政治

「アサド政権、復興画策」?? アサドであろうと誰であろうと復興がシリア政府の喫緊の課題なのに

時事通信社2019年11月11日(月)7時38分
「IS後」シリアどうなる=アサド政権、復興画策―都内でシンポ
 過激派組織「イスラム国」(IS)掃討と米軍撤収が進むシリア情勢を検証するシンポジウム「ISとUSがいなくなったシリアはどこへ向かうのか」が10日、東京都内で開かれ、東京外国語大の青山弘之教授は「ISというブランドが使えなくなっても過激派は滅びない」と警告した。一方で、シリア復興をめぐり各国の思惑が今後うごめくと予想した。
 北部の要衝アレッポと、首都ダマスカスや西部の港湾都市をつなぐ幹線道路は、反体制派の「最後の牙城」北西部イドリブ県を貫く。青山教授によると、アサド政権とロシアは、反体制派に影響力を持つトルコと交渉し、この幹線道路の確保を急いでいる。「復興こそがシリアの国策」で、物流の復活は欠かせないからだ。
 青山教授の見立てでは、政権側としては10月末に始まった「シリア憲法起草委員会」などを通じ、来年の議会選に反体制派やクルド人を説得して一部でも参加させた上で、再来年の大統領選でアサド氏が勝利し、各国に体制打倒を断念させたい。復興を視野に欧米や湾岸諸国を巻き込んだ駆け引きが始まる可能性があるという。
 内戦前、現地で支援を行った経験がある支援団体「ピースオブシリア」の中野貴行代表によると、シリアは「物乞いもホームレスもいない社会」で、無線通信Wi―Fi(ワイファイ)普及も日本より早かった。復興には難民帰還が不可欠だが、帰国を避ける男性が多い。「徴兵を嫌がっている」ためだという。学校へ行っていない難民の子供も多く、中野代表は「4年行かないと復学しなくなるといわれ、『失われた世代』になってしまう」と早急な対策を訴えた。
 【時事通信社】
posted by ZUKUNASHI at 10:18| Comment(0) | 国際・政治

ただいまの空間線量率 変動状況

このページのグラフについては、利用上の注意があります。同報メールご参照。管理人がパソコンの前にいるときだけ更新されます。
このページの表示時刻 2019年3月16日11時48分33秒









自分たちで空間線量率を測ろう会 リアルタイム空間線量率 全国

放射線モニタリング情報 全国及び福島県の空間線量測定結果 Top

空間線量率グラフ

全国の放射線量 エリア別統合グラフ

アメダス

全球の気流の流れ

2019年05月10日
私設リアルタイム空間線量率のグラフ参照時の注意点
posted by ZUKUNASHI at 09:58| Comment(1) | 内部被曝防止

2019年11月10日

日米FTA絶対反対

汚染水放出阻止署名の方は既に目標達成で大阪市長に反対署名を突きつける日程も決まったようですので、私は、下記問題に重点を移したいと思います。
内容が国民に隠されてるようで、twitterをやってない人はほとんど知らないようです。
下記に参考になりそうなリンク先を上げましたので、必要な行動や拡散をお願いします。
与野党含めて、国会議員が国民に知られぬ間に決めようとしているとしたら、もう手遅れですね!
だとしても、諦めず、出来ることをしましょう!

★13日(水)外務委員会。
強行採決が懸念されますあせあせ(飛び散る汗)

Aquaさんが、外務委員会メンバー名簿を作ってくださってます。
日米FTA絶対反対のFAXをお願いいたしますゴメン/お願い

https://twitter.com/noDPP8VEhibYP/status/1193098383373635585

★もう時間がありません️

#日米FTA 締結を阻止するため電話やFAX&拡散のご協力をお願いしますゴメン/お願い
https://twitter.com/Aqua98985173/status/1189955617470865408

★#日米fta
https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E7%B1%B3fta?f=tweets&vertical=default&src=hash


★ 内田聖子/Shoko Uchida
@uchidashoko

★ blueingreen
@blueingreen9

★ Aqua✩.*˚
@Aqua98985173

★ 百万回死んだ七本脚 TPP、EPA、SPA脱退、RCEP、FTA阻止しろ 移民反対
@efta_podia

https://pbs.twimg.com/media/Dt5uBoeUUAYetIg.jpg:large

FAXについて…。

★【各省庁FAXFAX番号】
https://twitter.com/Aqua98985173/status/1189278272963710977

★【政党別議員リスト】
〇〇党→議員名→スクロールして下の方にFAX番号があります。
https://giinwatch.jp/giin/giin-faction/

★自宅にFAXがない方に!
初月(150枚まで)無料のインターネットFAX
https://twitter.com/tc5lr74F6avTrIp/status/1181053944014893056

★庶民で家にFAXがなく、コンビニでお金払って送るのも、金銭的にきつい…と嘆いてた私に、心優しい方が、メールで送れるFAXサービスを紹介してくださいました!
しかも、初月は無料!
これでガンガンFAX送れる!
https://www.efax.co.jp/

★#日米FTA 阻止 要望書を送りたいけど、コンビニは高い・手間がかかる
という方に!
自宅FAXより速い・簡単いなずま
オススメのインターネット
要望書をコピーせず、ファイルでFAX送信出来ます。

【efax】と【秒速送信FAX】を使ってみて良かったので以下に紹介いたします

https://twitter.com/Aqua98985173/status/1185522032366080000


posted by ZUKUNASHI at 19:50| Comment(3) | 国際・政治

2019年11月09日

管理人はまだ毒気が強くて真似できない文章です

2019/11/9に寄せられたコメントを掲載する。コメントを寄せてくれたのんびりとさんは、おそらく、年配男性。身の回りの自然の変化などに触れながら、穏やかなそして含蓄のある文章。とてもいいですね。以前に女性の書かれた文章を紹介しましたが、それぞれに持ち味があって魅力があります。引用開始。

木木のシリーズも、気分が変わって良いですね。
見せてもらってはすぐ忘れ、の連続ですが(苦笑)。

なかなか、なじみのある木に出会うことがありませんでしたが、
「いちい」は我が家の宅地の中にもあり、写真を興味を持って見ました。
いちいにも種類があるのか、こちらでは上に伸びていくものと、横に広がるものがみられます。
でも本来は縦に伸びていくものなのかな。
知っている人に教えられなければ、これがいちいだとは気付けなかったと思います。

刈り込みで芯止めをされて(?)、4カ月くらいも重い雪の下になったら、
それでも、すくすく伸びろと願う方が無理なのかもしれませんね。
我が家の何本かは、どれも横に広がったものです。
赤い実は口に含むと、トロリとして甘みがあります。
子どもの頃は、口にしてみたこともありました。
種や木の葉に、毒があったとは知りませんでした。

こちらは朝晩ずいぶん寒くなって、暖房器具がもう活躍中です。
雨の降らない日は赤とんぼたちが飛び回り、
いのちが尽きるまでの残りわずかな日々を、せいいっぱい過ごしている感じです。
元気いっぱい飛び回る時期も今も、その時々に応じたいとおしさを感じさせられます。
夜はいろんなところで眠るようですが、「おんこ」の木に乗っているのも見ます。
いちいはこちらではなじみのない名前で、「おんこ」と言った方が話が通じるのです。
でも、自分もそれなりの年齢になっているので、
「こちらでは」なんて、あたかも皆がそうであるかのような言い方は、違っているかもしれません(笑)。

いつもたくさんの記事をありがとうございます。


のんびりとさん こんにちは
生け垣などにするのは、イチイの仲間のキャラボクではないでしょうか。
まだ赤とんぼ見かけますか。私の徘徊先では春に見ることが多いです。数はめっきり減りましたね。それに蜂がいません。蝶も。花が咲いていても蝶がいないので絵になりませんね。
最近、民家の庭先の木々や草花があまり元気がないように感じています。気持ちに余裕がないのか、経済的に余裕がないのか、どっちだろうといつも考えてしまいます。
英国北欧の園芸家たちの画像は大変目を引きます。自分で撮る写真が良くないので、ツイートを引用させてもらっています。
なんじゃもんじゃの写真も掲げたんですよ。上に引っ張り上げます。お住まいの地域にもあると思います。



返信ありがとうございます。
キャラボクを調べてみたら、我が家のものと同じで、ご指摘(ご想像)の通りでした。
「いちい」の変種なのだそうです。勉強になりました。
これからは「おんこ(=キャラボク)」です。
写真の赤い実は、透き通ってきれいですね。
こちらのは少しつや消し(くすんでいる)の感じで、横や上を向いています。

なんじゃもんじゃの名前は、前に聞いたことがあったな。
もしかしたらコメントさせてもらったんじゃなかったけかと思ったら、やっぱりそうでした。
でも木や花の様子は、記憶の奥底でした(苦笑)。
年齢を重ねると、いつも新鮮です(笑)。

春に赤とんぼとは驚きでした。
こちらでは6月に入って、シオカラトンボが一番目に見られます。
赤とんぼはほかのどのトンボとも違い、人懐っこくて身体にとまったりもするんですよ。
田んぼで生まれるせいなんでしょうか?

鉢や蝶は、まだまだたくさん見ることができますが、
テントウムシやカタツムリはもう見かけなくなりました。
ホタルやトノサマガエルはもう何十年も見ていません。
個人的には、トノサマガエルがいなくなったのが何とも残念です。
木々や草花の元気がなさそうなのも、残念なことですね。

どんなことであれ、ものごとの兆しは、いつも静かなもの。
気付いた人が声を上げた時は、なかなか理解がされなくて、
みんなが「あっ」と思った時には、たいていは手遅れという気がしています。
最後まで気付かない(気付けない)場合もありますけど…。
posted by ZUKUNASHI at 20:36| Comment(0) | 社会・経済