ずくなしの冷や水

2021年01月22日

東京オリンピックはもうない 新コロナはそれまでには収まらない

※ 共同通信公式@kyodo_official氏の2021/1/22のツイート
リオのカーニバル中止 − コロナで「不可能」と市長

ラオスが東京五輪不参加表明との情報

[東京 22日 ロイター] - タイムズ紙が与党関係者の話として報じたところによると、日本政府は、新型コロナウイルスのため東京五輪を中止せざるを得ないと非公式に結論付けた。政府は2032年五輪の東京開催獲得に照準を合わせるという。

2か月あきました。

共同2021/1/16 10:08 (JST)
【ニューヨーク共同】米有力紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は15日、新型コロナウイルスの影響で今夏の東京五輪の開催見通しが日々厳しさを増しており、第2次大戦後、初の五輪開催中止に追い込まれる可能性があると伝えた。
 同紙は、日本と米国、欧州主要国で感染拡大が続き、国際オリンピック委員会(IOC)らの間で、安全な五輪開催は不可能との声が出始めたと指摘。ディック・パウンドIOC委員(カナダ)が開催に「確信が持てない」と述べたことなどを挙げた。
 開催される場合、選手や関係者らが従来にない不自由さを強いられるとの見通しを示した。

またほぼ1か月あきました。

国際オリンピック委員会の会長がN95マスクをつけて来日しています。日本の新コロナウィルス蔓延状況はよく知っている。新コロナウィルスワクチンが実用化に近づきつつあるので実施に確信を抱いているかというとそうでもないらしい。とにかくやらないと推進者側は経済的な面でも、威信の面でも大きなダメージを受けますから規模が小さくなってもやりたいということでしょう。

参加選手には母国を出発前に感染検査をしてもらうとしています。ということは、日本が新コロナウィルス汚染地帯であり続けるという前提の話です。

毎日2020/11/16
オリンピック懐疑論打ち消し躍起 「東京倒れたら北京も」 IOC会長、来日の狙い

また2か月あきました。

日経電子版2020/10/24
11月から希望者払い戻しへ 五輪の販売済みチケット
新型コロナウイルス感染症の拡大で来夏に延期された東京五輪の販売済みチケットについて、大会組織委員会が希望者への払い戻しの受け付けを11月から始める方針であることが24日、関係者の話で分かった。パラリンピックは12月になる見通し。
組織委はこれまで公式サイトを通じて、五輪は約448万枚、パラは約97万枚を販売した。販売済みのチケットは延期が決まった後も原則的に有効で、払い戻しは延期により観戦できなくなる購入者に配慮して行う。


また3か月あきました。

AFP2020年8月24日 11:26 発信地:東京
東京パラの開催、感染ゼロの保証が条件 IPC会長
【8月24日 AFP】1年後に延期となった東京パラリンピックについて、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ(Andrew Parsons)会長が、大会は新型コロナウイルスの感染ゼロを保証できる必要があるとの見解を示し、感染対策が改善されなければ実施はできないと話した。
 その中でパーソンズ会長は、「もし今のような状況で明日がスタートだったら、実施はできなかっただろう」「さらに情報を集め、より良い準備をすることが必要だ」と話し、パラリンピック選手の中にはウイルスに特に弱い選手がいることから、現在のような感染リスクがある状態では開催は難しいという考えを示した。
 パーソンズ会長は、今のソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)対策や検査と追跡の水準では、4400人近い選手と関係者、無数のファン、ボランティア、メディアを守るのに十分ではないと話している。
「われわれは、どの程度のリスクレベルなら許容できるかを決めようとはしていない。それが最低限のラインであり、われわれはそこに譲れない一線を引く」「どうすれば確実に感染ゼロを実現できるか。選手村で一人でも感染者が出れば、大会自体がダメになる可能性もある」 (c)AFP/Sara HUSSEIN

この記事はまた1か月ぶりの更新です。

RT2020/05/26
Why wait? The 2020 Tokyo Olympics should be cancelled immediately. It has no place in a post-pandemic world
The globe’s greatest sporting event has become a bloated colossus of wasted money. Instead of trying to hold a Covid-compromised games next year, the IOC should pull the plug and focus on changing it for the better in future.

Montreal 1976 was an iconic Olympics. Gymnast Nadia Comaneci achieved the first perfect 10. It was so groundbreaking, the three-digit scoreboard displayed it as 1.00.

Bruce Jenner scooped gold in the decathlon, as did Sugar Ray Leonard in the boxing ring. But it was iconic for another reason: being 720 percent over budget. The city took 30 years to pay off the debt for the stadium (nicknamed The Big Owe) alone and shoveled in US$17 million annually to maintain it.

The then-mayor Jean Drapeau had forecast: “The Montreal Olympics can no more have a deficit than a man can have a baby.”

Every games since – apart from Los Angeles in 1984 – has been a financial basket case. Barcelona in 1992 had a 266 percent overrun, and Lake Placid’s 1980 winter games hit 324 percent. The spending on the spectacle that was Athens 2004 was a contributing factor in why Greece went bankrupt.
Lack of hosts

As analysis has become more detailed, politicians and city officials have rightly been apprehensive about bidding to host the Olympics. Instead of the usual selection of candidates and presentations to consider, now the International Olympic Committee (IOC) takes whoever it can get.

Five cities went for 2024, but three quickly pulled out. Left with two options and no bidders for the next cycle, the IOC agreed on Paris and offered the other bidder, Los Angeles, 2028.

London 2012 was lauded as being a joyous occasion, as Usain Bolt confirmed he was still the fastest man on the planet. But the stadium is a prime example of the ‘white elephant’ legacy that’s left behind.

English Premier League team West Ham United became tenants, but their annual rent didn’t cover the cost for the owners to stage their matches. West Ham’s initial offer to pay £300,000 to change the colour of the running track was turned down for commercial reasons.

Speaking in 2018, London Legacy Development Corporation chief executive Lyn Garner admitted: “The usage fee is extremely low. We could take the £300,000. It’s a drop in the ocean for the size of the losses we’re dealing with and will be dealing with for the next 97 years of this contract.” A renegotiation was done, but the point is clear.
Doubts over 2021

So questions have to be raised about Tokyo 2020. It’s already been moved back by 12 months, but whether it will go ahead is still far from certain. IOC President Thomas Bach has confirmed if it doesn’t happen then, it will be canceled. He said: “You cannot forever employ 3,000 to 5,000 people in an organising committee. You cannot have the athletes being in uncertainty.”

But they are. We’re no nearer a Covid-19 vaccine. Scientists say that even those who’ve had the virus and have antibodies may not have immunity after a short period of time.

The global death toll is 345,000, but it’s yet to really take hold in some parts of the world, and experts warn of a second spike.

It’s likely spectators in Tokyo will either be banned or, at the very least, their numbers will be reduced to maintain social distancing. Massive corporations are haemorrhaging money and shedding thousands of jobs. Once governments end the safety net of supporting incomes, there will be millions facing financial difficulties.

So, surely now is not the time to scatter billions on keeping an Olympics on ice. Let’s pull the plug now. We already know the vast spending on the games is virtually guaranteed to make a loss, so this extra expenditure just digs the hole deeper.
Athletes in limbo

There are also the athletes to consider. Not so much the highly paid stars, feted by the likes of Nike and Adidas. But those athletes who have day jobs and fit in sport around them. It would be the pinnacle of their lives to represent their country in the glow of the Olympic flame.

Is it fair to keep them hanging on? They’re investing in training regimes and maintaining their fitness to peak on the day of their event, when there’s a very real chance that the games simply won’t happen. So let’s give them the respect they deserve.

We should rip up the notion of Toyko 2020 being the tonic the world needs, something for us all to look forward to, cheering on our countrymen and women as they battle for gold. That’s an idealist narrative. The pandemic has wreaked so much destruction, both on human life and financially, and witnessing an epic 100 meters isn’t going to change that a jot.

Moving forward, the IOC could use the cancelation of the Tokyo games as an opportunity to bring the Olympics back to what it should be. For a start, it should redraw the model and cast off the need to rack up a mountain of debt for two weeks of glory.

It would be worth embracing the appetite for all things green, too, by making the games far better on the environment, instead of building massive structures that end up lying desolate, like a number of the Rio facilities used in 2016.

Post-coronavirus, some of the corporate sponsors won’t have the same level of funding, either. So, why not cast them off? They’re more interested in selling their products than sport anyway.

Let’s get back to what the Olympics should be all about: honest, fair and competitive sport, where everyone is chasing the dream of a medal hanging around their neck, as their national anthem is playing. Nothing else.

It all starts with Tokyo 2020. Lance the boil and shut it down.

RT2020/04/28
No more delays: Postponed Tokyo Olympics to be CANCELLED if coronavirus not under control by 2021, organizing committee head says
If the global coronavirus crisis isn’t brought under control by next year, the Tokyo 2020 Olympics – already re-scheduled for July 2021 – will be cancelled, the president of the organizing committee said in an interview.
Speaking to Japan’s Nikkan Sports daily, Organizing Committee President Yoshiro Mori ruled out any possibility of the 2020 Olympics being postponed beyond 2021. If Covid-19 still remains a threat next year, the Olympic Games will not take place at all, he said.

In that case, it's cancelled.

Mori, who also served as Japanese prime minister in the early 2000s, recalled previous instances when large-scale hostilities made holding the Olympics impossible. The Games were cancelled three times before – in 1916 due to World War I, as well as in 1940 and 1944 during World War II.

The Japanese official likened battling Covid-19, which has infected over 3 million people worldwide, to “fighting an invisible enemy.” If the world succeeds in keeping the epidemic at bay, “we'll hold the Olympics in peace next summer,” Mori said, adding that humankind “is betting on it.”

Previously, the International Olympic Committee (IOC) said Japan can’t consider a postponement beyond the summer of 2021. Calling it “a mammoth undertaking,” the body explained that re-scheduling the Games “will involve restrictions and compromises on the part of everyone involved.”

The existing dates for 2021 were settled upon in March by Tokyo and the IOC. The Games were originally set to run from July 24 to August 9, 2020, but the raging coronavirus epidemic led international sports officials to alter the plans.

もう当初計画通りの開催はないというのが世界的なコンセンサスです。空運、ホテル業界は当てが外れて大変なことに。

オリンピック、パラリンピックが中止されるとどんな影響が出ますかね。まず、経済的影響を受けるのは日本だけで他の国には影響なしですね。

ホテル業界に深刻な打撃。建設業界はすでに儲けるだけ儲けた。
デパートなどの売り上げにも影響ありますね。すでに訪日客の購買額は底に落ちているでしょうが。

結局一部の業界だけですかね。新コロナウィルスのほうが経済的な影響はけた違いに大きい。

共同2020/3/18 09:55 (JST)3/18 10:09 (JST)updated
今夏五輪開催は「無責任」
カナダIOC委員が非難
 2014年ソチ冬季五輪のアイスホッケー女子でカナダの4連覇に貢献し、国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めるへーリー・ウィッケンハイザー氏が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪を予定通り開催することは「無神経で無責任な行為。この危機は五輪よりも深刻だ」と自身のツイッターで非難した。17日、ロイター通信が伝えた。
 ウィッケンハイザー氏はIOCのアスリート委員でもある。「選手は練習ができず、移動も計画できない。施設は閉鎖され、五輪予選は世界各国で中止されている」と指摘し、五輪へ向けた準備で不安を抱える選手の心境を指摘した。(共同)

共同2020/3/17 19:24 (JST)3/17 19:33 (JST)updated
安倍首相、五輪中止回避に全力
IOCと各国の動向注視
 安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、東京五輪・パラリンピックの中止回避へ全力を挙げる。中止の場合、日本経済への打撃は計り知れず、長期政権で積み上げた自身の政治的遺産を失いかねない。各国要人らとの会談などの機会を活用し、働き掛けを強化。政府、与党内には延期の観測が拡大しており、最終決定権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)や各国の動向を注視する。
 五輪が中止になれば、首相の政治責任を問う声も出かねない。自民党内では「五輪特需を見込んでいた日本経済の冷え込みは避けられず、アベノミクスは批判を浴びる」と不安視する声が相次ぐ。

【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、新型コロナウイルスの感染拡大が沈静化するのは「7月か8月ごろになるのではないか」との考えを示した。

[パリ 16日 ロイター] - フランス・オリンピック委員会のマセリア会長は16日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が5月末までに終息しない限り、2020年東京五輪を予定通り7月に開催することはできないと述べた。

毎日新聞2020年3月13日 22時15分(最終更新 3月13日 22時16分)
36%の企業が「オリンピック中止を懸念」 東京商工リサーチ調査 新型コロナ
 東京商工リサーチが2〜8日、全国の企業を対象に、新型コロナウイルスの影響で今後懸念されることを尋ねたところ、回答した1万5597社のうち、5615社(36・0%)が「東京五輪・パラリンピックの中止」を挙げた。
 調査は、12日に米国のトランプ大統領が大会の延期に言及する前に実施した。東京商工リサーチの担当者は「いま調査をすれば、中止を懸念する企業の割合はもっと高くなるだろう」と話している。【大久保昂】

産経ニュース2020年3月13日 11:21
五輪延期・中止「WHOの助言に従う」 IOCバッハ会長
 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は12日、独公共放送ARDのインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に伴い、東京五輪を延期、中止するかは世界保健機関(WHO)の助言に従うとの考えを明らかにした。
 インタビューで、バッハ氏は新型コロナウイルスの対応について、IOCに特別チームを立ち上げ、2月中旬からWHOの専門家と定期的に連絡を取ってきたと説明。延期や中止を判断する際は「WHOの助言に従うだろう」と述べた。

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、新型コロナウイルスの世界的流行を踏まえ、2020年東京五輪を1年延期することも関係者は検討すべきとの考えを示した。

※ イシケンTV - ニュース解説 / 石田健@ishiken_bot氏の2020/3/11のツイート
はい、大スクープきたで
・五輪組織委員会で電通顧問の高橋治之氏「2年延期が現実的」
・中止や無観客は金銭的損害が大きい
・1年延期なら他の大会と被る
・3月下旬から4月に本格的な検討開始
→ 日本のマスコミ、何やってるの?水面化の動き、なんで報道しないの?

WSJ Updated March 10, 2020 2:25 pm ET
If Olympics Can’t Be Held This Summer, Best to Postpone 1-2 Years: Japan Organizing Official
Japan Olympic organizing committee hasn’t discussed impact of coronavirus yet, board member Haruyuki Takahashi says

NHKニュース@nhk_news午後5:51 ・ 2020年3月9日
ブラインドサッカー イランが東京パラリンピック出場辞退 #nhk_news

※ 毎日新聞ニュース@mainichijpnewsの2020/3/7のツイート
東京オリンピック、無観客実施を検討 WHOと競技国際連盟担当者 米紙報道 

※ 笹山登生@keyaki1117氏の2020/3/4のツイート
日本国内の新型コロナウイルス感染拡大ピークだけで、オリンピック開催の可能性を考えてても、仕方がないのだけどね。
これから大陸ベースで感染ピークをみていけば、北米、アフリカ、南米大陸でのピークは、これからなのだし。
もう開催は、無理無理。

確かに。それにしても、東京オリンピック組織委員会のトップの方々、マスコミへの露出は控えてもらえないかという気がします。病み上がりで肉が落ちたお顔を拝見しているのもつらいです。周りが何も言わないから本人も気づかないでしょうけど。

※ 山口二郎@260yamaguchi氏の2020/3/5のツイート
安倍政権の動きがおかしい。特措法について公明が閣議決定を留保する一方、首相は中国、韓国からの来訪者の隔離を決断とのこと。日本で最も深刻なパニックに陥っているのは安倍首相だろう。内閣、与党が乱心の殿を抑え込む必要。憲政の危機。

五輪担当大臣がオリンピックの年内延期に言及。政権は動揺を示し始めました。

東京オリンピックは1年延期濃厚

2020/2/27、午後6時半、全国の学校を3/2から休校にするとの情報がテレビで流れたようです。

とにかくやることが荒っぽい。

※ 西 靖@y_west氏の2020/2/27のツイート
なぜ一昨日の「政府の基本方針」で一律の自粛要請はしないとした翌日にイベント自粛を要請し、さらにそも翌日の今日になって全国の小中学校、高校の臨時休校を要請。なぜ五月雨式に?科学的前提が変わったのでしょうか?IOC理事が東京オリンピックの中止、延期に言及したから、ではないですよね?
posted by ZUKUNASHI at 10:03| Comment(6) | Covid19

日本の親は子供のコロナ感染はたいしたことはないと?

※ 伊藤隼也@itoshunya氏の2021/1/21のツイート
中野区は年末年始の家庭内感染が、小中学校、職場などで更にウイルス感染拡大し市中でコロナ陽性者が蔓延している。親は自主休校を考える時期だと思うが、学校現場はもう少し声を上げて欲しい。子ども達を守るのは教育現場の使命だ。

・・・・・

家庭内感染が増えているのは中野区だけではない。日本の子を持つ親たちは健康問題に理解が足りない。
posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | Covid19

食品経由の感染が出ているように思う

これだけ感染者が増えて、しかも感染経路不明が多いとなると、私たちが見落としている盲点が必ずある。

ある若い方の体験記を読んだが、年末年始に友人数人と自宅で会食、だが他の参加者に体調不良はない。美容室に行った。てすりの汚染から? と書かれていた。

美容室での感染はありうるかもしれない。だが、それなら美容師が感染するはず。美容師が無症状であったとしても狭い範囲で感染者が増えるだろう。

私は、会食に出された食品が原因ではないかとみている。食品なら一皿の食品でも部分により汚染状態は異なるだろう。

食品が新コロナウィルスを運ぶということは間違いない。 

※ 藤田康介 新刊『中医養生のすすめ』@mdfujita氏の2021/1/16のツイート
#新型コロナウイルス肺炎 1/14 天津で発見されたアイスクリームのPCR検査陽性の件。原材料・包装・生産ラインなどで検査が行われ、原料でウクライナ輸入のホエイパウダーでPCR陽性を発見。また65箱(390個)のアイスクリームが市場に流入していて、関係人員の隔離し、PCR検査を行い陰性とのこと。

※ 藤田康介 新刊『中医養生のすすめ』@mdfujita氏の2021/1/16のツイート
さらに、河北区・西青区の3つのアイスクリームからもPCR陽性反応が出ているため、引き続き、調査が行われていくとのことです。
どこでウイルスが紛れ込んだのでしょうね。
ソースです。https://mbd.baidu.com/newspage/data/landingshare?pageType=1&isBdboxFrom=1&context=
{"nid":"news_6344152028791585490"}

・・・・・

日本では、食品加工や食品仕分け工場などで集団感染が発生しています。例えば、作業者が感染してウィルスを放出中に作ったサンドイッチは、ウィルス汚染の恐れがあります。

そういう食品加工工場では、個別にぽつぽつと時間を置いて感染者が見つかっている例もあります。

ハンバーガー店で従業員5人が集団感染した例があります。従業員は空気感染がメインでしょうが、お客にも感染がなかったとは言い切れない。空気感染と食品経由の感染の2ルートがあり得ます。

飲食店の従業員にこれだけ感染者が出ると、どこの店で、どこの店の食品で感染したかは、もう突き止めようがないです。

スーパーやコンビニで買う加工食品を介した感染はありうると考えていたほうが良いです。特に生ものは危険。アイスクリームやサンドイッチは加熱して食べませんから。生ものは、買ってきたそのままでは食べないことにしているという方もおられます。

厚生省は、加工食品からの感染例は聞いていないと言っていますが、それは厚生省が調べていないから。「感染はない」とは言っていません。「彼らが聞いていない」だけで研究者などは疑っています。中国は感染可能性があるので調査に入っているのです。日本は穴だらけです。
posted by ZUKUNASHI at 00:29| Comment(2) | Covid19

2021年01月21日

高齢者施設で集団感染が続く 現行の集団介護システムはコロナが続く限り継続は困難

最近判明した集団感染の事例です。

@ 次は、入居者が発症して検査したら陽性だった。職員や他の入居者に感染者がいないか調べたら、無症状の職員が6人見つかったという事例です。老人ホームの入居者はそんなに外を出歩くことはありませんから、施設内での感染の可能性が高い。となると、No1687から1692の職員の中にウィルスを入居者に感染させた者がいる可能性が高いことになります。



これら6人の職員は、施設内での接触で感染した可能性がありますが、入居者に発症者が出なければ、なお無症状感染者のままでいた可能性が高いです。
最近は、そういう隠れた感染者が多くなっているのではないでしょうか。症状があっても軽くて済む場合もあります。

2020/12/29の第2報で感染者が21名に増えています。
21名中有症状が6名、無症状が15名です。無症状の人たちは、いつから感染していたのかわかりませんが、本人はその自覚なく周辺にウィルスを放出し続けていたのです。もちろん、新規感染者は入居者ですから外を出歩くことは少なかったかもしれませんが。

職員→職員&入居者で感染が広がったとみられます。職員は通いですから、市中に感染者を生んだ恐れがあります。最新の状況。


次の事例でも無症状感染者が多いです。No1620の方はNo1619の方(この表にはありません)の濃厚接触者で検査を受けて陽性が判明しています。入居者と職員に6人もの無症状感染者が見つかっています。このケースでは、入居者が集団感染の発端になっているのかもしれません。
A 南房総市晴耕苑


次の事例では、8823の入居者の方は、感染経路不明とされています。陽性者は全員有症状。
B 野田市 ライフケアセンター


次の事例で有症状が4人、無症状が5人。
C 野田市 グランデ柳沢


次の事例で有症状が10人、無症状が5人。1/15の発表で感染者55名。
D 白井市菊華園


次の事例では無症状の方はまだ出ていません。9595の方は感染経路不明。
E 浦安市 うらら新浦安


F 柏市 さかき光陽


G これは進学塾での感染事例 船橋市の進学塾Axel


H 市川あさひ荘 感染者49名に。特別養護老人ホーム 市川あさひ荘の定員104名

市川あさひ荘の庭の桜

I 市川市のグレースケア市川は、2021/1/21現在の感染者 42名に。


J 浦安市 きらら北栄


K 成田市の食品加工工場

輸入されたサケマスの加工でしょうか。成田に二つ工場があります。

L 我孫子市布佐 特別養護老人ホームアコモード

我孫子は、介護施設や障がい者福祉施設などでの集団感染が相次いでいます。超過死亡も多く、特に感染拡大が激しいようです。

M 市原市の青柳園 職員が集団感染の発端になっていることが分かりやすい例です。市原市高齢者施設関係A


市原市では、市原市高齢者施設関係@もあります。



N 松戸市ケアハウスサンシャイン 松戸市内高齢者施設関係D


O 松戸市グループホームユーカリ新松戸 松戸市内高齢者施設関係C


P 八千代市小池更生園


Q 孫子市布佐平和台ケアホームアメリア


R


S これは工場です。








こうなってくるとクラスター追跡手法で感染拡大を早期に食い止めるのは難しくなります。広く網をかけて検査しなければ、隠れた感染者が増える一方になるでしょう。

※ flurry@flurry氏の2020/12/29のツイート
いま気付いたのだけど、野尻技監が病院での大量検査を決断した理由の一つとして、『もう1つは、感染が明らかになるのは、感染が病院や老人福祉施設等の集団に持ち込まれた場合だろうと考えていたことだ』と述べているのか。
この時点で、病院が炭鉱のカナリア的な検知器になる可能性を想定していた?

保健所が把握した感染者の中で無症状の者の割合を見てみました。千葉県について12/22から12/28確定者。総数1192人のうち無症状の者223人、感染経路不明419人。もともと無症状感染者は誰かに移したか移されたか、周りに感染者がいた場合にしか検査されませんから、総感染者の中では少なくなるのが当然です。

一方、感染者が見つかった市町村数は、日を追って次のようにどんどん増えています。



とにかく感染者はどこにでもいると考えておいたほうが良いです。

※ maron コロナ後遺症疑惑もう10カ月目になりました。
@maron64414914氏の2020/12/29のツイート

きっともう、すでに蔓延しすぎていて、むやみに検査をしたら、陽性者だらけで大変すぎるから、検査するななんだろなぁ・・・
沖縄も検査すればするだけ陽性者が出て大変すぎたから、検査しなくなったんだったよね・・・

・・・沖縄がそういう経過だったことは管理人は知りませんでした。

※ 伊藤隼也@itoshunya氏の2020/12/29のツイート
友人八王子にあるクリニックでは風邪症状の患者さんを普通に診察してPCRや抗体検査を行なっている。11月後半からPCR陽性を連日保健所に報告。抗体検査も短期間に6例も(22例実施)陽性。要するに東京中にコロナ蔓延。無症状者捕まえない限りは終息しない。検査のコンビニ化や大胆な施策が必要だな。

※ mkr29@mkrgold氏の2020/12/30のツイート
看護師の友人が働く病院で、コロナや風邪症状無く違う病気で入院前の感染症の検査でコロナ陽性のパターンが日に3件ぐらい有るそうで知らずに接触して怖いと言ってました
我慢している顔

※ ヤン ヨンヒ 양영희@yangyonghi氏の2020/12/31のツイート
ソウル作業室近くの珈琲店。今スタバ的カフェは持ち帰りonly営業。韓国は(首都圏?)無症状感染者を探そうと「少しでも体調悪ければ、体調が良くても気になるなら検査受けて!匿名OK無料!」とTVやラジオで言ってる。数字より、マジで無症状感染者からの感染を防ごうとしてる感。感染経路把握70%以上。

・・・・

食事つきの高級ホテルと言われる老人介護施設。このような感染症が続く間は、ハイリスクです。介護を要する家族のおられる家庭には容易でないことになりました。

posted by ZUKUNASHI at 23:25| Comment(1) | Covid19

ツイッターが在米中国大使館のアカウントを凍結 ウィグル政策をめぐり

RT 21 Jan, 2021 03:19 / Updated 6 hours ago
Twitter locks out Chinese embassy to the US after ‘dehumanizing’ Uyghur tweet as if to prove it isn’t JUST anti-Trump
21 Jan, 2021 03:19 / Updated 6 hours ago
Twitter has locked the Chinese Embassy to the US out of its account for supposedly violating its policy against dehumanization with a tweet defending its activities in Xinjiang, just weeks after suspending US President Trump.

The tech giant has locked @ChineseEmbinUS, the official account of Beijing’s US Embassy, for supposedly violating its policies against dehumanization by refusing to delete a tweet defending the government’s policies regarding Uyghur Muslims in the Xinjiang region. A Twitter spokesman confirmed on Wednesday that the account was still locked.

The tweet, which said Uyghur women were no longer "baby-making machines" thanks to the Chinese government's work in "eradicating extremism" in Xinjiang and had instead become "more confident and independent," had already been hidden since January 8 behind a "this tweet is no longer available" notice. However, Twitter requires the embassy to delete it manually in order to unlock the account. The embassy tweeted several times after making the offending post, which remained viewable for at least 24 hours before it was censored.

Chinese media had previously skewered Twitter’s response to the tweet as “hypocrisy,” and other tweets that remain viewable also defend its policies regarding the Uyghurs. One post shows a graph depicting the minority’s population growing more than 25 percent from 2010 to 2018, and another explains the details of Beijing’s “family planning policy in Xinjiang.” China has defended its Uyghur policy as countering extremism in the region, where the US in November stripped the Eastern Turkistan Islamic Movement (ETIM) – a militant religious organization – of its terrorist designation.
posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 国際・政治

イスラエルでファイザーワクチンの効果が出てくるのはいつになる?

イスラエルの新規感染者 7日移動平均

RT 20 Jan, 2021 20:12
Thousands of Israelis test POSITIVE for Covid-19 despite receiving Pfizer/BioNTech jab

More than 12,400 people in Israel have tested positive for coronavirus after being vaccinated with the Pfizer/BioNTech jab, including 69 who had received their second dose, the country's Health Ministry said.

Some 189,000 people were tested for Covid-19 after being vaccinated, with 6.6 percent getting a positive result, according to ministry data reported by Israeli outlets. The majority were apparently infected shortly after receiving the first jab of the two-part vaccine – a period when the inoculation isn't expected to have kicked in yet.

However, 1,410 people tested positive two weeks after their first injection, by which time partial immunity should have already taken effect.

Moreover, 69 patients became infected with the novel coronavirus despite already having been administered both shots of the vaccine, the ministry said. Israel began administering the second doses almost two weeks ago, with Prime Minister Benjamin Netanyahu being the first to complete the course.

Pfizer has said that a spike in immunity occurs between Day 15 and Day 21 after the first jab, when the effectiveness of its vaccine increases from 52 to 89 percent. According to earlier trials, the protection offered by the vaccine reaches the 95 percent level a week after the second dose is administered, the pharma giant said.

When it comes to vaccines, the results of clinical trials may differ from how the immunization performs in the field, where it's administered to a much greater number of people.

RT 1 Jan, 2021 18:03
Hundreds of Israelis get infected with Covid-19 after receiving Pfizer/BioNTech vaccine – reports
With the vaccine not providing immediate immunity to the coronavirus, over two hundred Israeli citizens have been diagnosed with the disease days after getting the Pfizer/BioNTech jabs, local media reported.

The number of those who got Covid-19 despite being vaccinated was at around 240 people, according to data from Channel 13 News.

The Pfizer/BioNTech vaccine, which the Israeli health authorities rely on, doesn’t contain the coronavirus and can’t infect the recipient. But time is needed for the genetic code in the drug to train the immune system to recognize and attack the disease.

The course of the US-made vaccine requires two shots. According to the studies, immunity to Covid-19 increases only eight to ten days after the first injection and eventually reaches 50 percent.

The second jab is administered 21 days from the first one, while the declared immunity of 95 percent is achieved only a week after that. And, of course, there’s still a five percent chance of getting infected even if the vaccine is at its full potential.



posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(0) | Covid19

各国のワクチン接種状況 問題噴出



※ You@You3_JP氏の2021/1/13のツイート
イスラエルの23才の若者は、コロナに感染後、回復し、コロナの抗体を持っているのに無謀にも不要なワクチンを接種してしまった。その結果、高熱がでて嘔吐した後、心不全と腎不全の多臓器炎症症候群となった
「コロナから回復した者がワクチンを接種するべきでない。この詳細はWHOに報告した」 twitter.com/andrewbostom/s…

※ mko@trappedsoldier氏の2021/1/18のツイート
カリフォルニア健康省が、モデルナのワクチンに対するアレルギー副反応が予想より多く発生し、ワクチン接種を停止するよう要請している。

Shawna Khalafi@ShawnaKhalafiTV氏の2021/1/18のツイート
#BREAKING from @CAPublicHealth
: Vaccine providers have been recommended to pause the administration of a specific lot of the #Moderna #COVID19 vaccine due to possible allergic reactions that are under investigation.

RT2021/1/17
51 adverse reactions reported & 1 person hospitalized in Delhi as India begins world’s largest Covid-19 vaccination program
Dozens of health workers in Delhi who were the first in line to be inoculated against Covid-19 have experienced side effects from the jab, with one admitted to the ICU, as India begins its nationwide immunization drive.

At least 51 healthcare workers in India’s capital suffered minor adverse reactions after receiving the jab on Saturday. Health authorities said the most common side effects were dizziness and headache.
Several people reported tightness in the chest and were administered medical treatment, while one individual experienced a serious health emergency after suffering from headache, rashes, respiratory distress, and tachycardia after taking the vaccine. The patient was administered adrenaline and rushed to an intensive care unit, India Today reported, adding that his symptoms worsened for at least 30 minutes after being hospitalized. The case has been classified by health authorities as a serious instance of AEFI (adverse events following immunization). However, his vitals are now said to be stable.
India granted emergency approval to two variants of the Covid-19 vaccine earlier this month: Bharat Biotech's Covaxin, and Covishield, a jab based on the AstraZeneca/Oxford formula and manufactured by the Serum Institute of India. Both shots are being used in India’s capital.
In total, 4,319 health workers were vaccinated in Delhi on the first day of the immunization drive, although officials had hoped that more than 8,000 personnel would receive the jab.
India hopes to vaccinate more than one billion people, starting with 30 million doctors, nurses, and other frontline workers. The government says it plans to immunize 300 million people by August.
Prime Minister Narendra Modi has hailed the massive public health initiative as a clear demonstration of India’s “capability,” but his government has been accused of rushing approval for the two jabs.

SPUTNIK2021/1/15
リトアニア 医療関係者が新型コロナに大規模感染 ファイザー社のワクチン接種後に
リトアニアの首都ヴィリニュスの医療機関の医師ら79人にコロナウイルスの感染が確認された。同医師らはこれまでにファイザー社とバイオエヌテック社のワクチンの初回接種を受けていた。事態の原因について同機関感染症センター長のリギタ・ヤンチョレナ教授が発表した。

同教授は動画の中で、「このことはワクチンとは関係がないと言える。おそらく、彼らはワクチンの接種の際にはすでに感染していた。登録のためのワクチンの審査を精査すると、ワクチンの初回接種後わずか12日後でリスクが20%下がっていることが明らかになっている」と指摘する。

nytimes Jan. 12, 2021
Doctor’s Death After Covid Vaccine Is Being Investigated

A Florida physician developed an unusual blood disorder shortly after he received the Pfizer vaccine. It is not yet known if the shot is linked to the illness.
Health authorities are investigating the case of a Florida doctor who died from an unusually severe blood disorder 16 days after receiving the Pfizer coronavirus vaccine.

Dr. Gregory Michael, a 56-year-old obstetrician and gynecologist in Miami Beach, received the vaccine at Mount Sinai Medical Center on Dec. 18 and died 16 days later from a brain hemorrhage, his wife, Heidi Neckelmann, wrote in a Facebook post.
マイアミビーチに住む56歳の産婦人科医グレゴリー・マイケル医師は、12月18日にマウントサイナイ医療センターでワクチンを受け、16日後に脳出血で死亡したと、妻のハイジ・ネッケルマン氏はフェイスブックの投稿に書いている。

Shortly after receiving the vaccine, Dr. Michael developed an extremely serious form of a condition known as acute immune thrombocytopenia, which prevented his blood from clotting properly.
In a statement, Pfizer, the maker of the vaccine, said it was “actively investigating” the case, “but we don’t believe at this time that there is any direct connection to the vaccine.”
“There have been no related safety signals identified in our clinical trials, the post-marketing experience thus far,” or with the technology used to make the vaccine, the company said. “Our immediate thoughts are with the bereaved family.”
https://ourworldindata.org/grapher/cumulative-covid-vaccinations?tab=chart&stackMode=absolute&country=RUS~ISR~GBR~USA~FRA~DEU~CAN~ITA~SWE®ion=World



Occhio David@DavidOcchio氏の2021/1/11のツイート
返信先: @segal_eranさん, @philippefroguelさん
I really hope for you (and for us) that it will work !
Your country will be the first to show if this strategy and this vaccine work.

But why still 42% of >60 y still in critical case, if 80% are vaccinated ?

Allen Berman@berman_allen氏の2021/1/11のツイート
Easy answer, it takes a couple of weeks to build immunity, and presumably, very few yet have gotten the booster. Have to wait a while longer, to see the vaccine kick in, "statistically".



RT2021/1/14
After months of bashing Russia’s Sputnik V vaccine, Western journalists in Moscow line up to be inoculated against Covid-19
Since Russian President Vladimir Putin announced the registration of Sputnik V, the world's first vaccine against Covid-19, sections of the Western media have taken aim at a formula they’ve dubbed both dangerous and ineffective.

However, in recent weeks, Moscow-based representatives of the very same outlets have lined up to receive the much-maligned Sputnik V. Living in Russia, it is no surprise that the correspondents have a much more realistic view of the country than their New York and London-based superiors.

On Friday, the New York Times’ Andrew Kramer revealed he had received his first dose of Sputnik V, praising the “bona fide accomplishment for Russian scientists continuing a long and storied practice of vaccine development,” even noting that Moscow has avoided some of the logistical problems seen in the West.

However, Kramer appears to have forgotten how his own newspaper was quick to bash the Russian formula, running a headline calling its faster-than-normal development “beyond stupid.” Of course, the breakneck speed applies to all available Covid-19 vaccines, which usually take years to be approved.

“Western experts focused mostly on the questionable early approval, not the vaccine’s design, which is similar to the one produced by Oxford University and AstraZeneca,” he noted.
The publication’s Moscow bureau chief, Anton Troianovski, also admitted to receiving the vaccine.

RT2021/1/16
13 Israelis suffer FACIAL PARALYSIS after taking Pfizer Covid jab, amid influx of reports detailing adverse effects
At least 13 Israelis have experienced facial paralysis after being administered the Pfizer Covid-19 vaccine, a month after the US Food and Drug Administration reported similar issues but said they weren’t linked to the jab.

Israel has been hailed for its speedy and efficient mass inoculation program, which has vaccinated a staggering 20 percent of the country’s population since the drive began at the end of December.

For a handful of Israelis, however, the initiative has led to some unexpected health scares. At least 13 people have reported mild facial paralysis after receiving the Pfizer/BioNTech jab, Israeli outlet Ynet reported, citing the Health Ministry, adding that officials believe the number of such cases could be higher.

“For at least 28 hours I walked around with it [facial paralysis],” one person who had the side effect told Ynet. “I can't say it was completely gone afterwards, but other than that I had no other pains, except a minor pain where the injection was, but there was nothing beyond that.”

The unnamed individual noted, though, that the unpleasant reaction was “something rare” and stressed that it was “important” people get vaccinated. However, he conceded that he was undecided about receiving a second dose of the vaccine.

Israel’s Health Ministry has stated that it is safe to administer the second shot, provided the facial paralysis passes and there are no lingering, long-term effects from the first jab. But some Israeli medical experts have chosen to ignore this advisory.

Ynet quoted Prof. Galia Rahav, director of the Infectious Diseases Unit at Sheba Medical Center, who said she did not feel “comfortable” with administering the second dose to someone who had received the first jab and subsequently suffered from paralysis.

“No one knows if this is connected to the vaccine or not. That's why I would refrain from giving a second dose to someone who suffered from paralysis after the first dose,” she told the outlet.

Last month the FDA disclosed that Bell’s palsy, a form of temporary facial paralysis, was reported by four participants during phase three trials of the Pfizer vaccine. All four cases involved individuals who had been given the actual jab. There were no reports of paralysis among the control group that received a placebo.

In its report, the FDA noted the “numerical imbalance” of Bell’s palsy cases among the vaccine and placebo groups, but it said there were no other “non-serious adverse events” that showed a similar pattern.

Ultimately, the US drug regulator concluded that the issue was “consistent with the expected background rate in the general population,” and added that there was no clear evidence linking the coronavirus vaccine to the unpleasant medical condition. Still, the agency recommended“surveillance for cases of Bell’s palsy with deployment of the vaccine into larger populations.”
posted by ZUKUNASHI at 20:26| Comment(0) | Covid19

ベネズエラの国民はえらい


上の画像は、国境での引き渡しの様子です。次の写真の中央にある黒い大きな建物の右側から撮影しています。上がベルズエラ、下がブラジル。

カラカスからここまで直線距離で900kmあります。ここからマナウスまで850kmあります。マナウスでは酸素が欠乏して列をなして治療を待つ患者に死の宣告状態だったのです。


※ The Global School for Social Leaders@globschool
氏の2021/1/16のツイート・
The city is running out of oxygen tanks, sentencing a long line of new comers to death.
This is the last situation reported in #Manaos (15.01.21), #Brazil.
There is none to blame. This is the price of bad #Leadership. #Covid19

※ Alex Chaparro@AlexRChaparro氏の2021/1/16のツイート
Colapsa red de salud en #Manaos se comienza a transferir pacientes a estados de SP y MG Ni oxígeno tienen #covid19 #Brasil
ブラジル国旗
Googleによるスペイン語からの翻訳
ヘルスネットワークが崩壊#Manaos患者をSPとMGの状態に移し始めますどちらの酸素も持っていません#covid19 #Brasilブラジル国旗

Masaki Oshikawa (押川 正毅)
@MasakiOshikawa

1月15日
ヤバい話が続きますね。
ブラジルのマナウスでは人口のほぼ3/4(!)がCOVID-19に感染し、悲惨な状態で集団免疫をほぼ達成したと見られていた。しかし最近、再度感染が急拡大。最近発見の変異株P1は、これまでの感染で獲得した免疫(抗体)を無効化するのではないかと考えられている…

Eric Feigl-Ding
@DrEricDing
・ 1月15日
The Brazil
ブラジル国旗
Manaus #COVID19 epidemic is getting epically worse. And many scientists suspect it might be because of the new Brazil P1 variant of #SARSCoV2, which has many multiple mutations. Quick thread
スレッド
https://theguardian.com/world/2021/jan
posted by ZUKUNASHI at 19:42| Comment(0) | 国際・政治

日本の新コロナウィルス禍 出口見えず

日本がどのようにして新コロナウィルス禍を脱出できるのか、道筋がまったく見えません。日本の首相は、国会でコロナへの対応遅れは全くないと開き直りました。

@ ワクチンを接種したからと言ってすべての人が感染しなくなるわけではありません。

A 世界で次々に変異株が見つかっており、これらには既存のワクチンが効かないものもあるとされています。
英国での研究によると、英国で見つかった変異株にはファイザーのワクチンの抗体の有効性が低いとされています。

B いったん感染して平癒しても変異株が出てくれば再感染することがあります。

C 再陽性化の例が出ていますが、再感染ではなく身体の中にあったウィルスが再活性化した例が含まれるとの説もあります。

D 年少者や若者は感染しにくいとの説がありますが、少なくとも20代男女は各年代の中で最も感染者が多いのです。10歳未満の感染者も増えています。

E 変異株は、若い人に感染しやすいとの指摘もあります。
英国流行変異ウイルス 静岡の3人感染 英滞在歴なく市中感染か 2021/1/18

F 今亡くなっている方は、高年齢層の方がほとんどですが、壮年齢層にも死者が出ています。亡くなる方は、多くが急死の形です。

G 新コロナウィルスによる症状が平癒しても、後遺症が残ることが少なくありません。高年齢層は死亡、若年齢層は後遺症です。コロナ感染者は退院後140日以内に12.3%が死亡しているという海外の調査結果もあります。

H 新コロナウィルス患者を収容できる病床が不足しており、「中程度」とされる患者も病院で治療を受けられなくなっています。千葉県でも自宅で亡くなる人が出ています。この医療崩壊の状態はさらに進むでしょう。そうなると、高年齢層でない人たちにも死亡者が増えます。
これが東京の現状です。入院できない...「私 死ぬかも」

I 欧州の名門中の名門とされる家の50代の当主が心臓の不調で急死しました。この方の住んでいた場所は新コロナウィルスの蔓延が進んでいました。健康管理には医師のサービスも含めて万全を期していたでしょうに気の毒で、残念なことです。

J 新コロナウィルスは、身分や門地を問わないのです。クレムリンはプーチンを感染させないためにクレムリン以外の場所でリモート執務の体制をとりました。

K 世界各国の感染者数を比較すると、日本はまだ低位にあります。一つは日本人のマスク習慣が寄与しているとみられます。もう一つは、PCR検査を絞っていて感染者の把握に大きな漏れがあるからです。PCR検査の拡充に政府は依然として消極的です。これを増やしたとたんに爆発的に感染者数が増えてトルコの二の舞になります。ずっと隠ぺいを続けなければ責任問題が噴出するのを避けられなくなっています。



L ここに至っても、新コロナウィルスなど存在しないとか発信している方がいますが、そういう声に惑わされないようにしましょう。心が休まるかもしれませんが、命を失ったり、後遺症に苦しんだりします。

M 日本でぐずぐすと新コロナウィルス禍が長引くと、経済的には深刻な影響があるでしょう。ここ15年ほどで企業数が激減した業種があります。街中の印刷屋さんと写真屋さんです。

印刷はコンピューターの普及で特別な大量印刷品を除きオフィスの中で処理できるようになりました。中小の企業が淘汰され、製品に貼るラベルなども小さなロットのものは少なくなってしまいました。

印刷の大手、中堅への集中が進んだのです。

DPEという看板を掲げていた店も激減しました。デジカメと電子ファイルをプリントする機械が普及し、プリントは電気店やコンビニでするようになりました。そもそも写真を見るのにいちいち印刷しない場合が増えています。

新コロナウィルス感染のリスクが続く限り、警戒する人は警戒します。タバコの害が強調されて喫煙者が減ったように健康面のリスクを避けようとする人は一定割合でいます。

どんな業種が逆風を受けるか。まず挙げられるのは飲食店です。風俗営業は特に警戒されるかもしれません。

カラオケ店も大きな影響があるでしょう。

そして老人介護施設は今のシステムのままで存続するとは思えません。市中に感染者がいる限り、いつかウィルスが持ち込まれます。

航空機によるかクルーズ船によるかを問わず、海外旅行はリスキーということが認識されるでしょう。

影響は必ず出ます。ただ、それがどのくらいの時間的なスパンでどの程度の強さを見せるかはまだわかりません。

事業主、従事者ともにじわりじわりと影響を認識するでしょう。今年1年はそれが進行する過程ではないかとみています。
posted by ZUKUNASHI at 13:40| Comment(1) | Covid19

この波があなたのところにいずれは届く

次は千葉県2021/1/20発表の感染者発生リストから集計
人口10万人当り市町村別


人口当たりの感染者数の多い都市が入れ替わっています。集団感染が発生すると低位の市町村が一気に上位に躍り出ます。






早くから感染者の多かった東葛地域から感染者の出方が遅かった都市に地域が拡大していることがわかります。

これが東京から近県へ、そして地方へと広がっています。あなたのお住いの町まで届くのは時間の問題。英国で検出の新型が直配便で届くことだってあります。
posted by ZUKUNASHI at 13:01| Comment(0) | Covid19