ずくなしの冷や水

2019年02月21日

ファーウエイ叩きは米国企業の利益擁護のため

ファーウェイ製の機材が中国政府のためにスパイ行為をしている証拠はないと欧州の国々が言い出しています。米国のファーウェイ叩きは自国企業の劣勢を補うためのものだと見破られてしまいました。盲目的に追随している日本はまたもや笑いもの。

根拠、証拠がないことは管理人は当初から指摘してきましたが、この経過で思い当たったのは、ケムトレイル。米国製薬企業の利益のために航空機で疾患の原因物質を撒くことも躊躇なくやりそうだということです。シリアにテロリストを送り込み、あれだけ残酷に市民を殺害しましたし、米軍の航空機が空爆で一般市民を多数殺害しました。サウジによるイエメン戦争、イスラエルによるパレスチナ人の殺害をも支援しています。

米国のやることには一つずつ疑いの目で吟味していかなければなりません。米国は殺人国家、米国民は殺人民族。この説はどうも当たっているらしいです。

RT2019/2/20
Chinese tech a threat? Europe weary of Washington's 'nonsense' allegations against Huawei
Washington is riding another wave of scaremongering by warning the world about the alleged dangers posed by Chinese tech giant Huawei. However, without solid proof, the message seems more like a cover for self-interests.

Senior US officials have been urging the world to be "vigilant" over Chinese tech corporations and their communication grids, threatening to curb partnership with misbehaving allies.
Clear and present danger?

US President Donald Trump and his inner circle are fixated on the idea that Chinese tech companies pose a national security threat to the United States, accusing them of spying and collecting intelligence for Beijing. As a result, Chinese tech firms – most notably telecommunications giant Huawei – have found themselves in Washington's crosshairs.

"We want to make sure we identify [to] them the opportunities and the risks of using that equipment," US State Secretary Mike Pompeo recently said, explaining the US' seemingly overzealous attempts to make its European and Asian allies stop even looking in Beijing's direction and preferably back out of telecommunications development projects with Huawei.
Proof, please

After months of strong words, the world has not been presented with any credible evidence suggesting that Huawei – the Chinese leading company in the telecommunications field – ever used its hardware or software to facilitate Beijing's spying activities.

On the contrary, an international consensus has been forming over the last couple of months challenging Washington's assertions. Just recently, Robert Hannigan, the former director of the UK's intelligence agency, GCHQ, made it clear that no evidence of Huawei's cyber-spying activities exists. "The key point here, obscured by the growing hysteria over Chinese tech, is that [the National Cyber Security Centre] has never found evidence of malicious Chinese state cyber activity through Huawei," he wrote in the Financial Times.

"Assertions that any Chinese technology in any part of a 5G network represents an unacceptable risk are nonsense."

Hannigan's expert assessment is in sync with that of the Italian Industry Ministry, which sees no threat from Huawei's participation in building its fifth-generation mobile phone network. "National security is a priority and if any critical issues emerged – which to date have not – the ministry would assess whether or not to take measures," the ministry noted this month.

The German IT watchdog also noted that it found no evidence that the Chinese giant ever spied on its customers. The chief of the Federation of German Industry (BDI) issued similar reservations, saying "you need proof" before accusing Huawei of spying for Beijing.

Paris also refused to listen to the US warnings about Huawei, rejecting proposed legislation earlier this month which aimed at toughening checks on telecoms.

But some of Washington's allies have embraced the crusade against Chinese tech. Warsaw is considering a ban on some Huawei products and called for joint EU action on the company after a Huawei sales director was detained by Poland's internal security agency. Officials later reported that his activity was not related to the tech giant, which immediately fired him.

While largely ignored by America's European allies, Washington's paranoia was well received across the Pacific in New Zealand and Australia, which faithfully barred the Chinese telecom giant from assisting in developing 5G networks.
Attacking on all fronts

The US campaign against the Chinese giant is, however, not just limited to scaremongering.

Huawei, according to the US, conspired to steal T-Mobile's intellectual property between 2012 and 2014, circumvented its unilateral sanctions on Iran – alleged wrongdoing that would certainly give Washington a formally legitimate reason to go after the company – and committed wire and bank fraud.

At the urging of the US, Canada arrested Huawei Chief Financial Officer Wanzhou Meng, the daughter of Huawei's founder, over Iran sanctions. The move soured relations between Washington and Beijing but has so far proven to be an even bigger headache for Ottawa.

Trump has already hinted that he may use Wanzhou Meng's arrest as a bargaining chip in the US' prolonged and difficult trade talks with China. The two nations are already locked in what has been described as a trade war, with both imposing tariffs on one another.
Unfair competition

Beijing has dismissed US assertions that Chinese 5G network technology presents any security risks, noting that the Huawei campaign is designed to "fabricate an excuse for suppressing the legitimate development" of the company. China maintains that Huawei is leading the development of 5G communications, while US companies are trailing behind in the competition to roll out the new mobile network technology, despite billions of dollars in investment.

"There's no way the US can crush us," Huawei founder Ren Zhengfei told the BBC on Monday in his first interview since the arrest of his daughter. "The world cannot leave us because we are more advanced."

"Even if they [the US] persuade more countries not to use us temporarily, we can always scale things down a bit," he said.

While targeting Chinese tech could be an attempt to give Washington the upper hand in its trade war with Beijing, judging from the reactions of European countries, for much of the rest of the world, it's just bad business.

ファーウエイ関連記事
2019年02月17日
「5G」をめぐり中国が覇権を握るのは技術的に優れているから

2019年02月07日
3Gガラケーは貴重品かも

2019年01月03日
ファーウェイの5G技術、端末ともに欧米メーカーとの差が開く

2018年12月17日
使えるファーウエイのタブレット

2018年12月13日
HUAWEIの副社長は2018/5に甲状腺除去?

2018年12月12日
Beijing warns against ‘bullying’ its citizens amid ongoing US-Huawei saga

2018年12月12日
ひどい話です シリアやイエメンの市民を殺したりするのは平気な国ですが

2018年12月09日
中国はここで怒るべき 米国の恣意的な企業幹部の逮捕、拘束を受け入れるべきでない

2018年12月08日
パソコン、スマホ大衆向け製品での米国企業の支配は終わる

2018年12月08日
ファーウエイの財務部長がカナダで拘束、米国に送致 イラン絡み
posted by ZUKUNASHI at 11:23| Comment(0) | 国際・政治

発達障害 どう向き合うかとても難しい

義理の娘(孫の母親)に発達障害の増加について話す機会を作ろうと思っています。どう説明するか、とても難しいです。

しばらく忙しくてこの件から離れていましたが、2019/2/17、「発達障害 年長 OR 小学校」でツイートを検索しました。様々な話題がありますし、内容がよく理解できません。以下は、私の目を引いたツイートです。少しずつ情報を探しますが、圧倒的に成人の自分自身の発達障害に関するツイートが多いです。

@※ PsycheRadio @marxindo氏の2018年10月13日のツイート
自分が自分の専門分野で「発達障害」という言葉を使う時にはまず「幼児期から小学校の時期に発見される特性で知的な遅れもあるもの」をイメージするのだがネットで「発達障害」というと青年期以降に発見される知的な遅れを伴わないものがまずイメージされてることが多いラジね。

A※ tunenti @tunentl氏の2018年3月21日のツイート
店出しの途中、卒業式らしい親御さんの姿が見える。実は私の孫もそう。4月から小学校。震災後直後の福島原発爆発後に産まれたから、発達障害・知的障害がある。たぶん普通学級には入れないだろう。私は移住後、ずっと会ってない。音信不通。私がこの障害を最初に気付いた。どうか健やかでありますよう

B※ ゆずゆ悪魔 @_uz_c氏の2019/2/17のツイート
増えた訳じゃないよ。
親は意外とこんなもんよねみたいは(に)我が子をとらえてるから、
保育士、幼稚園、小学校の先生に言われて受診したら発達障害が分かったり、小学校入学前に検診して分かったりと、
いろいろですよ。
認めたくなくて行かないて親もいるし、大人になって分かって(た)人もいます。

管理人注:カッコ内は管理人

C※ いちごぱふぇ♪はちこ @mikanmikan101氏の2019/2/14のツイート
自分の子供に発達障害の疑いがあるから
医療機関で検査を受けた方が
良いかもしれないと
小学校の特別支援級の先生から
言われても
「うちの子はそんなんじゃありませんから!」と
突っぱねて拒否してキレてた方が
数年後にようやく受診して
子供が服薬を始めたんですね。

次は読者に教わった掲示板から。書き込みには、意味が理解しにくいものも多い。
https://girlschannel.net/topics/1945515/
D22. 匿名 2018/12/26(水) 15:44:47
皆さん周りに発達障害だと言ってますか?
うちの子は軽度のADHDで幼稚園のママに「落ち着きないから療育通ってる」と仲良い人には軽く言ってますが「○君すごい元気だもんね〜」「そんな変わらないけどね〜」とかフォローされると気を遣わせて申し訳ないなと思ってしまいます

E 


中には、私が発達障害と分かったとあるものもあって驚いたが、ありうることだ。発達障害の定義も様々。世の中に変わった母親は少なくない。私が避けているだけなのだと思った。

・・・・・

延ばしに延ばしていた孫の母親への情報提供のメールを書き終えて送りました。ふーうっ、大変でした。

結局次のグラフと上に転載したツイートの2番目と3番目の内容を使わせてもらって日本語で書き、これをネットの翻訳ソフトで英語に翻訳、それを直して、今度は英語を日本語に翻訳。

出てきた訳文が当初の日本語の趣旨に合っていればOKです。スペルミスがないし、そもそもかな入力しかしていないので、英語のキーを叩いていられない。

Percentage of elementary and junior high school students in need of special support


posted by ZUKUNASHI at 10:46| Comment(4) | 福島原発事故

ベネズエラ

SPUTNIK201/2/20
Venezuela Reopens Maritime Border With Dutch Antilles
On 19 February, the Latin American country's regional military chief announced the closure of the Venezuelan maritime border with the Dutch Caribbean.

Venezuela's government has reopened its national maritime border with the Dutch Antilles islands following its closure on Tuesday, the Reuters news agency reports, citing a regional military commander.

This comes after Venezuela's regional military chief said on Tuesday that he had ordered the closure of the Venezuelan maritime border with the Dutch Antilles islands. The move was made amid Dutch plans to open a logistical hub for humanitarian aid on the island of Curacao, however, the exact reasons behind Caracas' decision to close the border remain unclear.

Venezuelan President Nicolas Maduro refused to accept US aid that is currently waiting in Colombia, blasting it as a ploy to topple his government.

Venezuela is in the midst of a political crisis, which escalated in late January when Venezuelan opposition parliamentary speaker Juan Guaido declared himself interim president, disputing last year's re-election of Maduro.

Guaido was recognised by the United States and a number of other countries. At the same time, Russia, China, Mexico, Turkey and Uruguay were among those that voiced their support for Maduro as the country's legitimately elected president.
posted by ZUKUNASHI at 01:32| Comment(0) | 国際・政治

ロシアに中距離ミサイルが発射されれば指令センターにも報復攻撃をする 米国本土を含む?

2019/2/20
Putin: If mid-range missiles deployed in Europe, Russia will station arms to strike decision centers
If the US deploys intermediate-range missiles in Europe, Moscow will respond by stationing weapons aimed not only against missiles themselves, but also at command and control centers, from which a launch order would come.

The warning came from President Vladimir Putin, who announced Russia’s planned actions after the US withdraws from the INF Treaty – a Cold War-era agreement between Washington and Moscow which banned both sides form having ground-based cruise and ballistic missiles and developing relevant technology.

The US is set to unilaterally withdraw from the treaty in six months, which opens the possibility of once again deploying these missiles in Europe. Russia would see that as a major threat and respond with its own deployments, Putin said.

Intermediate-range missiles were banned and removed from Europe because they would leave a very short window of opportunity for the other side to decide whether to fire in retaliation after detecting a launch – mere minutes. This poses the threat of an accidental nuclear exchange triggered by a false launch warning, with the officer in charge having no time to double check.

“Russia will be forced to create and deploy weapon systems, which can be used not only against the territories from which this direct threat would be projected, but also against those territories where decision centers are located, from which an order to use those weapons against us may come.” The Russian president, who was delivering a keynote address to the Russian parliament on Wednesday, did not elaborate on whether any counter-deployment would only target US command-and-control sites in Europe or would also include targets on American soil.

He did say the Russian weapon system in terms of flight times and other specifications would “correspond” to those targeting Russia.

“We know how to do it and we will implement those plans without a delay once the relevant threats against us materialize,” he said.

・・・引用終わり・・・

ロシアは欧州に中距離ミサイルが配備されれば、発射地点だけでなく指令センターを報復攻撃すると明言しました。この指令センターが欧州にあるものを指すのか、米国本土をも含むのかは明らかにしませんでしたが、含まなければ戦略としては大きな不備を持ちます。欧州のポーランドを叩いてもさらに米国が他の周辺国、例えば日本から攻撃することもありうるからです。
ここは当然米国本土も含むことになります。

ロシアの最新鋭武器は、性能が格段に進化しています。欧州から中距離ミサイルが飛んで来たら弾道ミサイルで米国本土を攻撃する。あるいはいつ実戦配備されるかわかりませんが、原子力利用の巡航ミサイルも開発されています。

プーチンの発言は、ロシアの戦略としては当然のことですが、さて、米英などがどう反応するか。
posted by ZUKUNASHI at 01:12| Comment(0) | 国際・政治

2019年02月20日

狂牛病類似の症状を示す鹿の病気が米国24州に広がる 北米の放射性物質汚染は激しい

北米大陸の放射性物質汚染は強いものがあると管理人は見ています。個人的に、米国産牛肉は食べないように勧めています。

米国もどこかの国と同じで、放射性物質汚染のデータが乏しいです。米国の放射性物質汚染関連の記事を末尾にまとめました。

RT2019/2/9
‘Zombie deer’ brain disease spreads to 24 US states & Canada… and increasingly threatens HUMANS
An incurable, mad-cow-like brain infection nicknamed “zombie deer disease” that causes deer, elk and moose to behave strangely and aggressively has spread through half the US – and some fear it may soon turn up in humans.

Chronic wasting disease (CWD) renders its victims uncoordinated, confused and aggressive, while also causing them to lose weight and – eventually – their lives, giving rise to the nickname “zombie deer disease.” Sick animals walk in repetitive patterns and lose all fear of humans, developing a vacant stare.



Like mad cow disease, CWD attacks the brain and spinal cord and is believed to be caused by prions, infectious proteins that travel in bodily fluids and remain contagious for years after leaving the body of their host. Also like mad cow disease, in its early days at least, some scientists have scoffed at the notion it can be transmitted to humans. Others see history repeating itself.

“It is probable that human cases of CWD associated with the consumption of contaminated meat will be documented in the years ahead,” Michael Osterholm, director of the University of Minnesota’s Center for Infectious Disease and Research Prevention, warned lawmakers at the Minnesota Capitol on Thursday.

It is possible that number of human cases will be substantial and will not be isolated events

Minnesota is currently in the throes of its worst-ever CWD outbreak. The disease is incurable, and its long latency period means symptoms can take as long as a year to show up – meaning a hunter could shoot a healthy-looking deer and take it home for dinner without knowing he was consuming infected meat. While a Canadian study demonstrated last year that macaques fed with CWD-infected meat developed the disease, leading Canadian authorities to issue a health advisory, the CDC merely “recommends” against eating infected deer, and US wildlife agencies say eating the virulent venison is a “personal choice,” according to the Twin Cities Pioneer Press.

“If Stephen King could write an infectious disease novel, he would write about prions like this,” Osterholm said, reminding Minnesota lawmakers that public health experts and beef industry executives refused for a long time to believe mad cow could infect humans as well – until researchers confirmed the presence of its human variant, Creutzfeldt-Jakob disease, in people who had eaten infected meat in 1996.

CWD infection rates are sky-high among some US captive deer populations, reaching 79 percent, according to the CDC. Even in the wild, in some areas more than one in four deer are infected with the disease. The report stresses CWD incidence is “relatively low” nationwide, but pockets of high incidence in the Midwest have researchers worried, including the University of Minnesota team, who are looking to develop a rapid-testing device to be used on live and dead animals.

・・・引用終わり・・・

慢性消耗性疾患(CWD)は、犠牲者をぎこちなく、混乱させ、攻撃的にする一方で、体重を減らし、最終的には落命させることから、「ゾンビ鹿病」というニックネームがついた。病気の動物は繰り返しのパターンで歩き、人に対する恐怖を失い、うつろに凝視するようになる。



シカに肉骨粉を与えるようなことはありませんよね。

シカはキノコを食べます。
【3】世界遺産 知床 鹿はきのこを食べる!

キノコが何らかの物質を蓄積濃縮したら、それを食べたシカに移行します。

北米の放射性物質汚染は強いと管理人は見ています。ワイオミングやコロラドで事例が多いようです。穀倉地帯にも出ていますね。ネブラスカ、カンザス。ミネソタ州は、ミネアポリスより北は山間部です。

福島原発事故の真実と放射能健康被害★


北西部の甲状腺被ばく線量が大きいところは、ハンフォードの影響ですね。ネバダから真北に流れる気流はそう多くはない。

・・・・・

2019年02月19日
workers at Hanford illegally dumping radioactive water

2019年02月19日
Grand Canyon museum exposed tourists to radiation for YEARS, whistleblower says

2018年11月16日
A Fukushima waiting to happen? Huge stockpile of nuclear waste on California fault line threatens US

2018年11月14日
カリファルニアの山火事で放射性物質が飛んでいる?

2018年10月27日
ハンフォードでまた事故

2018年08月23日
ハンフォードからの放射性物質は まとまりのある雲塊を追跡するようなものではなく広大な地域一帯に拡散した

2018年08月08日
米連邦保健当局職員 発がんと放射性廃棄物との関係がありうることを認める セントルイス

2018年07月21日
米国カリフォルニア ナパバレーの2011年産ワインからセシウム検出

2018年07月03日
米本土核実験の放射性降下物による健康被害は従来見積もりよりも大きい

2018年02月03日
福島発の放射性物質による米国の汚染は続くだろう

2015年07月15日
福島第一原発事故後の北米大陸におけるヨウ素、セシウムの堆積

2015年07月03日
福島第一原発事故は ノースアメリカ・シンドローム 1

2014年05月17日
野生熊が突然死してもおかしくはないが 北米大陸とその太平洋岸の初期被曝と汚染は激しかったようだ

2014年02月20日
福島第一原発事故による米国西海岸の汚染は強いだろう 3

2014年02月17日
福島第一原発事故による米国西海岸の汚染は強いだろう 2

2014年01月30日
福島第一原発事故による米国西海岸の汚染は強いだろう 1

2014年01月24日
福島発の放射性物質は偏西風に乗って

2014年01月04日
福島発の放射能による米国の汚染はどれほどか 2

2014年01月04日
福島発の放射能による米国の汚染はどれほどか 1


posted by ZUKUNASHI at 22:31| Comment(2) | 国際・政治

子宮頸がんを上回る口腔がん・咽頭がんの死亡率

AERA2019/2/16
若い女性にも舌がんが増加! 子宮頸がんを上回る口腔がん・咽頭がんの死亡率
 国立がん研究センターの統計によると、舌がんを含む口腔がん・咽頭がんの死亡者数は年々増加傾向にあり、2012年には7000人を超えた。2013年の統計では、舌がんを含む口腔がん・咽頭がんの死亡率は46.1%で、がんのなかでは10番目に高かった。これは、同年の子宮頸がんの死亡率24.7%(16位)、乳がん19.3%(19位)を上回る数字だ。「口腔がんの死亡率が増加しているのは、先進国では日本だけです」と、柴原教授は憂う。

 口腔がんはこれまで、喫煙率が高く飲酒量の多い、生活習慣がよくない中高年の男性に多いといわれてきた。、ところが、日本癌治療学会がんの診療ガイドラインによると、口腔がんの罹患(りかん)者の男女比は変化してきていて、近年は男女比3:2と、女性の比率が高まっているという。なかでも、若い女性に口腔がんが増えていると、柴原教授は指摘する。

「口腔がんが若年化してきていることは間違いありません。私の患者さんでは男性で19歳、女性で22歳が最年少です。最近、16歳の女子高校生に舌がんが見つかったという報告もありました。数十年前では考えられないことです」(柴原教授)

 口腔がんが若い人たちに増えている理由は、まだ明らかになっていない。ただ、遺伝的な要因ではないと、柴原教授は考えている。後天的に“慢性的に”“物理的な”刺激を受けてがんが発生するというのだ。

 国立がん研究センターの統計によると、舌がんを含む口腔がん・咽頭がんの死亡者数は年々増加傾向にあり、2012年には7000人を超えた。2013年の統計では、舌がんを含む口腔がん・咽頭がんの死亡率は46.1%で、がんのなかでは10番目に高かった。これは、同年の子宮頸がんの死亡率24.7%(16位)、乳がん19.3%(19位)を上回る数字だ。「口腔がんの死亡率が増加しているのは、先進国では日本だけです」と、柴原教授は憂う。

 口腔がんはこれまで、喫煙率が高く飲酒量の多い、生活習慣がよくない中高年の男性に多いといわれてきた。、ところが、日本癌治療学会がんの診療ガイドラインによると、口腔がんの罹患(りかん)者の男女比は変化してきていて、近年は男女比3:2と、女性の比率が高まっているという。なかでも、若い女性に口腔がんが増えていると、柴原教授は指摘する。

・・・引用終わり・・・

この記事を教えてくれた方のコメント

昔と違い、タバコを毎日20本以上吸う、あるいは濃い蒸留酒や強い日本酒を愛飲する方は男女を問わず減る一方です。

一方で、若い女性は男性と違い、外食ではさまざまな材料を使うスイーツ、品数の多いヨーロッパ風などのコースの食事が大好きです。

今となっては、タバコやアルコールによって癌を発症する人よりも、
むしろ調味料や乳製品に混入した放射性物質を取り込み、アルファー線・ベータ線で口腔内や喉を被曝し、癌に罹患する危険性のほうが高いのではないでしょうか。

かくして、妊娠できる健康な若い女性はますます減っていくのですね。。。悲しいことです。

・・・引用終わり・・・

男ならタバコ、女なら口紅などの化粧品が原因の一つでは? もちろん放射性物質もあると思いますが。特に日本産のたばこは放射性物質が多いですしね。口紅をつけている人は唇が放射性物質吸着の役目を果たしている?

まさかと思いますが、長時間労働、低賃金で歯医者に行けないことが原因なんてことはありませんよね。
posted by ZUKUNASHI at 21:40| Comment(0) | 福島原発事故

こういうことですね

※ からなっとうあせあせ(飛び散る汗) @karanatt000氏の2019/2/19のツイート
ひっそりと治療してる芸能人増えたな。49歳...

的場浩司、2度の手術を告白 「深刻に受け止めんで下さい…」既に仕事復帰(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000090-it_nlab-ent … @YahooNewsTopics
posted by ZUKUNASHI at 20:56| Comment(0) | 福島原発事故

ホワイトハウス嘆願署名 メールアドレスを持っている方にはこんな方法で署名をお願いできます

※ Rob Kajiwara @robkajiwara氏の1:33 - 2019年2月20日 のツイート
I was detained for 110 minutes while trying to enter Japan. Immigration took me to a separate room and interrogated me, asking me a bunch of questions about Henoko.

※ 想田和弘認証済みアカウント @KazuhiroSoda氏の2019/2/20のツイート
想田和弘さんがRob Kajiwaraをリツイートしました
ホワイトハウス宛の署名を始めたカジワラさんが、日本入国時に110分も拘束されて辺野古のことについてあれこれ尋問され、沖縄選出の国会議員が動いてくれてやっと解放されたとのこと。この国にもはや言論や思想の自由はないらしい。つーかマジやばくね?ホワイトハウス嘆願署名「県民投票がなされるまで #大浦湾 #辺野古 の埋立停止を求めます」


この署名は、メールアドレスで署名者を識別しています。それゆえ、メールアドレスが異なれば受理されます。(同姓同名などいくらでもいます。同じパソコンからでもかまいません。) メールアドレスを持った人がいれば、署名の趣旨を話し、その人の了解を得て、「私が代わりに今から署名の手続きをするから、2、3分経つと
Action Needed: Verify your signature
という題名のメールが届くから、そのメールの中にある
Confirm your signature by clicking here.
というところをクリックしてほしい。」 と伝えます。
クリックされれば、画面が変わりますからその人がコンファームしてくれたかどうかがわかります。


※ microcarpa @microcarpa1氏の2019/1/7のツイート
ホワイトハウスからカジワラ氏に連絡があり、#辺野古 署名は、ホワイトハウスが対応を発表するまで(それがいつになるかわかりませんけれど)、引き続き署名可能なようです。引き続きお願いいたします。
https://twitter.com/nony/status/1082122249409159169

※ Kana Kubota @affluencekana氏の2019/1/4のツイート
1月7日まであと2日
みなさんぜひもう一度お声かけをお願いします!
http://bit.ly/2G5mKwV
辺野古署名今トップ5あと38,000筆ほどでサイトのトップ4に入れます
トップ4を保つとサイトを訪れる人に常時見てもらるようになり周知が高まります


※ asuka @asuka_SGP氏の2018/12/11のツイート
@robkajiwara
手(パー)こんにちは!
あなたが、署名活動を始めたのですか?
あなたは、日本語が読めるのですか?

※ Rob Kajiwara️️☃️クリスマスツリーサンタ @robkajiwara氏の19:40 - 2018年12月11日のツイート
返信先: @asuka_SGPさん
ハイサイ!
はい、私は署名活動を始めました。
ちょっと日本語を読むことができますが、
私はそれでうまくいきません。

※ わからんT.Katsumiギター(エレキ) @tkatsumi06j氏の2018/12/10のツイート
#拡散歓迎 【訳】ホワイトハウス嘆願署名「県民投票がなされるまで #大浦湾 #辺野古 の埋立停止を求めます」
私も先ほど署名しました。Stop the landfill of #Henoko / Oura Bay in #Okinawa until a referendum can be held in Okinawa @WhiteHouse #MCASFutenma https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

管理人は署名しました。

1 署名サイトに行くには次をクリック。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

2 この画面が出ます。

ファーストネームとラストネーム、実在のメールアドレスを記入し、Sign Now をクリックします。

3 この画面に変わります。


4 即、確認メールが送られてきます。

クリックして Confirm します。

5 署名完了の画面

You've successfully signed the petition below. Your signature has been verified and counted. と書いてあります。

※ Rob Kajiwara @robkajiwara氏の2019/2/2のツイート
I would like to express my heartfelt gratitude to all of the Japanese who have been supporting me, Henoko, and Okinawan issues in general. We could not have achieved everything we have so far without you. Thank you! にふぇーでーびる!
posted by ZUKUNASHI at 19:29| Comment(21) | 社会・経済

放医研の明石真言理事 官邸に「疫学調査不要」

東京新聞2019年2月18日 朝刊
官邸に「疫学調査不要」 福島原発事故で放医研理事
東京電力福島第一原発事故後の二〇一一年四月、国の研究機関・放射線医学総合研究所(放医研)の明石真言(まこと)理事が福山哲郎官房副長官(当時)に、住民の疫学調査は不要と進言していたことが分かった。原発事故の疫学調査では一般的に、多発が心配される甲状腺がんの患者数や分布を調べ、放射線の影響を分析する。しかし、国は本格的な調査に乗り出さず、福島県が「県民健康調査」を始めた。 (榊原崇仁)

 甲状腺がんの原因となる甲状腺内部被ばくの測定も、国は千八十人で終えていた。明石氏はこの測定を問題視しなかった上、甲状腺がんの状況も調べなくてよいと提案したことになる。

 本紙は、同年四月二十六日に明石氏らが福山氏と首相官邸で面会し、住民の被ばくについて説明した会合の議事概要を情報開示請求で得た。文部科学省が作成し、放医研が保有していた。

 それによると、経済産業省の幹部が「論点として疫学調査の必要性の有無があろうが…」と切り出し、明石氏が「住民の被ばく線量は最も高くても一〇〇ミリシーベルトに至らず」「(疫学調査は)科学的には必要性が薄い」と述べていた。

 明石氏は現在、量子科学技術研究開発機構執行役。取材に応じ、「健康影響が確認できる基準は一〇〇ミリシーベルトと理解していたが、外部被ばくは原発の正門付近の空間線量からそこまでにならないと判断した。甲状腺の内部被ばくは国の測定で線量が高い人でも五〇ミリシーベルト、一〇〇ミリシーベルトにならなかったはず」と説明。「必要性が薄い」と判断した理由に、平常時との差が確認できるほど病気が増えると考えにくかったことを挙げた。

 放医研は文科省所管で一九五七年に発足した。緊急被ばく医療体制の中心的機関として位置付けられ、福島の事故では官邸や各省庁の助言役として活動。国が疫学調査をする場合は、実施主体になる可能性があった。国がこの調査をしなかったのは、放医研が否定的だったことが影響したとみられる。

・・・引用終わり・・・

放医研の明石真言理事が疫学調査の必要がないと述べていた。明石真言氏は私の目からは見送り人に見えていました。核利用関係機関の内部的な事故などで被ばくし、放医研に送られた人の病状について同氏が会見で説明することが多く、楽観的な見方がされるとともに個人情報だとしてその後の消息が分からなくなることが多いからです。

多くの日本人が健康悪化の原因を知ることもなく見送られたとみることもできます。

この方です。

2016.2.20 放射線医学総合研究所福島復興支援本部いわき出張所 開設記念講演会からキャプチャー

※ 島薗進 @Shimazono氏の2019/2/18のツイート
島薗進さんがh■m■■k■(秘密保護中・反戦争法案)をリツイートしました
放医研とはどのような機関か?放医研は国連科学委員会に代表を送る組織でもある。その国連科学委員会(UNSCEAR)は当初から政治性の強い組織。放医研は「医学」を掲げているが原子力開発と不可分の国策的な組織。厚生省ではなく科学技術庁所管だったのはなぜか?https://togetter.com/li/1306041

※ 金子勝認証済みアカウント @masaru_kaneko氏の2019/2/18のツイート
【放射線ムラは犯罪的だ】福島原発事故後、放医研の明石真言理事が福山哲郎官房副長官(当時)に、住民の疫学調査は不要と進言していた。甲状腺がんの状況も調べなかったが、277名も発生している。原発を続けるためには、データ隠し、ごまかしが横行。原発とともに滅びる日本。

※ 添田孝史 @sayawudon氏の9:42 - 2019年2月18日 のツイート
そもそも被曝量が十分わかっていないのに「健康影響は無いだろう」と疫学調査をしないよう進言する放医研の明石氏。津波再検討の実質先送りを規制対象・東電との二者密談で認めてしまった国の審議会委員(東北大・今村文彦氏)。我が国の「科学的助言」の実態は、なかなか怖い。

※ 白石草 @hamemen氏の13:22 - 2019年2月18日のツイート
明石氏は、原発事故の健康影響に関するあらゆる会議の委員なのだけど、事故後のスクリーニングやヨウ素服用や計測などの対応全てに関与している人なので、そもそも利益相反だと思ふ。

※ T−T @tcy79氏の2019/2/20のツイート
これは100mSv安全論で住民の被曝調査をさせなかったひと。

SYNODOS / シノドス2018.05.12 Sat
UNSCEARの報告はなぜ世界に信頼されるのか――福島第一原発事故に関する報告書をめぐって
明石真言氏インタビュー / 服部美咲

※ T−T @tcy79氏の2019/2/20のツイート
シノドスは早野さんのも含めて放射能安全論をいま全力で繰り返しツイートしてる。やはりPAだな。

・・・引用終わり・・・

明石真言氏が出てくるこのブログの記事

2017年07月10日
日本原子力研究開発機構・大洗被爆事故の作業員3人が再々入院

2017年06月12日
日本原子力研究開発機構被爆事故 体表面の汚染を内部被曝と間違えた?? そんなことはありえない

2017年06月09日
アルファ線源の大量内部被爆 極めて重大な事故 日本原子力研究開発機構 1

2017年06月08日
アルファ線源の大量内部被爆 極めて重大な事故 日本原子力研究開発機構 2

その他、放医研の名前が出てくるもの

2019年01月29日
福島県に関する情報に注意! 正視できない状況になっていくと思います

2019年01月26日
11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後  反応

2019年01月22日
11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後

2018年09月28日
今日の放射能備忘録 177

2018年05月18日
あの方たちはどうされているだろう

2017年11月30日
今日の放射能備忘録 164

2017年08月05日
米学者:プルトニウムの吸入・摂取に安全量はない 放医研見解とえらく違うぞ ハンフォード事故
posted by ZUKUNASHI at 19:11| Comment(2) | 福島原発事故

横須賀市の給食は丸ごと検査でセシウム「フリー」だったと早野龍五



検出限界値未満だからと言って決してゼロではない。一定の検出限界値のもとでNDでありうるだけだ。横須賀市は神奈川県下でも人口動態の悪化が顕著だ。


WBCから学校給食まであらゆる分野でごまかしをやっているようだ。次々に暴かれている。

よほど気を付けないと、あいつらに殺されるぞ!

あらゆる面で隠蔽ごまかし、信じられるものなどない。データ再チェック、応戦態勢再構築だ。

彼らは、人が死ぬのは承知の上だ。未必の故意による殺人。いや、それ以上だ。故意による殺人になるのでは?

未だに被ばく回避の意思のない人が姿を消すのは、もうどうしようもないとあきらめるほかないかもしれない。幸運を祈るだけだ。

神のご加護を!!

でも、諦めの境地でそのように割り切って考えると。日本ではすごいプロセスが進んでいるんですね。民族内での淘汰のプロセスが。

そういう言葉の多い英語では何に当たるんでしょう。
genocide、mass murder、mass homicide、massacre、annihilation、
extermination、elimination、liquidation、eradication、decimation、butchery、bloodletting、pogrom、ethnic cleansing、holocaust

@ 学校でウソを教え、社会でウソを浸透させる。
A ウソを見抜けなかった人は被ばくし、その代で健康を害して早く死ぬ。死ななくても遺伝子に損傷を受ける人が多くなる。
B 遺伝子に損傷を受けた人は、子孫を作りにくい、子孫ができても障害があったり、早死にしたりする。
C ウソを見抜けなかった人の系統は、生物学的問題に経済的な問題が加わり早晩途絶える。
D ウソを見抜けなかった個人のレベルでは、なぜかわからないままに倒れていって終わるが、社会全体でみれば、ウソを見抜いて防護策を講じた人の系統が生き残る。
E 社会の中で情報弱者、生きる上での危険に注意深くなかった人の系統が消えていく。
F 「ウソを見抜けなかった個人」の中には、疑いを持っても被ばく回避を実践しなかった人も含まれる。それゆえ、学歴、経済力、頭の賢さ、社会的地位、思想傾向などの特定の指標と被ばく蓄積が強く相関しているようには見えない。
G ただ、職業面では、漫画家、脚本家、声優、大学教員などに被ばくが原因とみられる急死事例が先行的に発生した時期がある。
H 福島第一原発の作業従事者、除染作業従事者、汚染車両運搬業務従事者などを除けば、屋外労働、肉体労働に従事する人に強い被ばく症状が集中的に発生しているようには見えない。
I 日本に住む人全般の遺伝子に損傷が増えているはずだ。
J 経済的な階層別には、ある程度経済的な余裕があり、いい物、おいしい物を購入可能な階層(の特に子弟)に被ばくに起因するとみられる障害が出ている例がある。
K 一方、官邸の機密費で飲み食いしている人たち、政治家の体調不良の事例情報が、中枢神経障害とみられるものを除き低位に推移している。経済界の上位にある人たちの体調不良による引退などの情報も低位に推移。
L Kの現象が、その人たちがなんらかの別途の情報源を有していて被ばく回避を心掛けているためなのか、特に高級な飲食店が使用食材を厳選しているためなのかは不明。(高級レストランの中には食材選択面への配慮をうたっているところもある。オバマは来日時数寄屋橋のすし屋のすしは食べなかったがホテルのすし屋のすしを食べた)

日本は単一民族ではありませんが、「日本人」が圧倒的に多い。その「日本人」の中で個人別の系統選抜が行われているのです。

上に見たように、日本での「淘汰」は個人が有する特定の指標に応じて、ターゲットになっているようには見えません。

ですから "ethnic cleansing" には当たらず、核・原子力利用で生活の資を得ている人たちが自分たちの利権を保持するために事実を隠蔽し、ウソを流しているのです。それだけです。真理は常に単純です。

今、日本は "Indiscriminate mass homicide" を進める勢力に支配されています。政府がその支配の道具になっています。

シリアでISISが勢力を拡大し、ダマスカスのシリア政府が崩壊寸前に追い込まれた時でさえ、シリア政府はISISと対峙し続けました。

弾薬で爆薬で、米軍機の空爆で多くの市民が殺されましたが、ISISがシリア国内から消えようとしている今、シリアの人々は復興に立ち上がり、希望に燃えています。シリア危機発生から間もなく8年です。

シリア危機は福島第一原発事故とほぼ同時期に始まっています。原発事故から8年経っても日本の人々の健康被害は収まらず、将来の健康被害顕在化の恐れは強まっています。

私たちは、核・原子力利用推進勢力の私欲のためのテロを一日も早く終わらせ、政府を自分たちの影響下に取り戻さなければなりません。

※ nagaya @nagaya2013氏の2019/2/20のツイート
これは、ただの瑕疵ではなく事故後の原子力行政の「測らない」「測るんならND」「手段を工夫して過小評価」「自然放射線との一般化」という評価方針の一環としての論文なんだ。そこでは科学が歪められ、住民の権利侵害のために利用されており、早野龍五氏はその司令塔だったんだ。という視点がほしい。

※ 日経サイエンス認証済みアカウント @NikkeiScienceの2019/2/20のツイート
「福島第1原発事故 個人被曝線量の解析論文に疑義」
福島県伊達市の住民が測った個人線量を解析した論文が揺らいでいる。 日経サイエンス2019年4月号(2月25日発売) http://www.nikkei-science.com/201904_078.html #研究倫理 #雑誌情報
posted by ZUKUNASHI at 19:08| Comment(0) | 福島原発事故