ずくなしの冷や水

2019年08月21日

イエメンのフーシスが米国の多目的MQ-9ドローンを撃墜

米国の超高価なドローンが立て続けに落ちています。イラン沖で、イラクのバクダッド近くで、そしてイエメンで。イエメンフーシスのミサイルは進化が早い。今回は誘導ミサイルですね。

SPUTNIK2019/8/21
Pentagon Confirms US Military Drone Shot Down in Yemen - Spokesperson
Earlier today, Yemeni Houthis reported that their air defence had downed a US multipurpose MQ-9 drone over the province of Dhamar in the central part of the country.

Washington has confirmed that Houthi rebels shot down a US drone in Yemen, according to a Department of Defence spokesperson.

"Yes, that's accurate", the spokesperson said when asked to confirm earlier media reports that a US MQ-9 military drone had been shot down over Yemen's Dhamar governorate.

This comes as the movement's spokesperson told the Al Masirah broadcaster that the rocket which downed the drone was modernised on the spot and would soon be presented at a press conference.

He warned the Saudi-led Arab coalition to think 'a thousand times before invading Yemen's airspace'.

Yemen, located on the southern tip of the Arabian peninsula, has been mired in strife as the government forces, led by President Abdrabuh Mansour Hadi, and the rebel Houthi movement, have been locked in an armed conflict for several years.

The Saudi-led coalition has been carrying out airstrikes against the Houthis at Hadi's request since March 2015, with the rebels retaliating against the attacks. US drones are often used in Yemen to destroy suspected terrorists.
posted by ZUKUNASHI at 22:56| Comment(0) | 国際・政治

タイ南部で簡易な仕組みの爆発物が爆発 7人負傷

SPUTNIK2019/8/21
Blasts in Southern Thailand Injure 7 After Talks Between Insurgents, Gov't Fail - Reports
BANGKOK, (Sputnik) – Earlier in the week, the government refused to release Islamists allegedly involved in the continuous separatist insurgency in the south. Representatives of the largest separatist group in the region, Barisan Revolusi Nasional, had named the prisoner release as the main precondition for resuming peace talks with Bangkok.

Seven people, including three children, were injured in a series of explosions that took place in Thailand's predominantly-Muslim southern province of Yala on Wednesday, one day after the government refused to consider releasing detained Islamic separatists, local media reported.

Three improvised explosive devices hit power transmission towers, while two more blasts targeted a cell phone tower and an ATM, Channel 3 reported.

The attacks also caused power outages in two districts.

The Thai authorities have refuted any connection between the attacks and their decision to not consider the release.

“These explosions have nothing to do with the demands of separatists”, the Thai deputy prime minister told Channel 3.

The roots of the conflict in southern Thailand date back to the early 20th century, when the territory of the Pattani sultanate became part of the mostly Buddhist Siam (former name of Thailand) and was separated into three provinces − Narathiwat, Pattani and Yala. Since then, Muslim movements in these regions have repeatedly called for either broader autonomy or independence.

posted by ZUKUNASHI at 22:47| Comment(0) | 国際・政治

アンドリュー王子と交際していたソフトポルノ女優のレスビアンシャワーのシーンが英国女王を驚かせる

10年前にアンドルュー王子がNYのエプスタインの邸宅入り口ドアの陰から女性を見送っていたところが撮影されていました。10年前ですからアンドルュー王子の顔つきも今と異なり、画像を見てもよくわかりませんが、英国のメディアはそうだと言っています。英国王室はダメージコントロールに必死だと。


そして今度は、アンドルュー王子が見送ったブルネットの女性は、豪州の元首相キーティングの娘だと。with the similarities going "right down to the beauty spot on her left cheek".


SPUTNIK2019/8/20
Woman Seen With Prince Andrew in Epstein Video May Be Ex-Aussie Prime Minister's Daughter - Report

A 2010 video emerged last week featuring a man, who is believed to be UK Prince Andrew, bidding farewell to a mystery brunette leaving the New York mansion of US billionaire and registered sex offender Jeffrey Epstein, who killed himself in jail on 10 August 2019.

A woman seen with the Duke of York, Prince Andrew, in a video purportedly shot at the New York house of the now-deceased US financier Jeffrey Epstein in December 2010 is alleged to be Katherine Keating, daughter of former Australian Prime Minister Paul Keating, The Sydney Morning Herald reported.

The paper cited her friends as saying that the woman in the footage, which was first released by the Daily Mail last week and showed Prince Andrew waving her goodbye, strikingly resembled Keating, with the similarities going "right down to the beauty spot on her left cheek".

Keating has yet to comment on the speculation.

The video separately showed Epstein, who was just released from prison after serving a 13-month term for soliciting a minor for prostitution, leaving his mansion with a young blonde, who accompanied him to his car.

There's no suggestion that Keating, who had just moved to New York at the time to be closer to her then-boyfriend, prominent hotelier Andre Balazs, was aware of or involved in any of Epstein's supposed criminal activities. Balazs' name, meanwhile, is said to have appeared in the disgraced financier's "black book" that surfaced in court proceedings.

Incidentally, a few years ago, Keating who now works as Maverick's chief sustainability and strategy officer, presented a series of "One on One" interviews, published by The Huffington Post, with one of them featuring Ghislaine Maxwell, a British media heiress, who has been accused of being the "Madame" for Epstein's alleged sex trafficking circuit.
Video Released Days After Epstein's Apparent Suicide

The footage, presumably filmed on 6 December 2010, was released just days after Epstein committed suicide in his cell at the Metropolitan Correctional Centre in Lower Manhattan, New York, where he was detained pending trial next year on child sex trafficking allegations after being arrested on 6 July.

"When the Prince came to the door I was stunned. He said a few words to the girl, who was very pretty, and then she walked off down the street in the direction of Central Park. If I hadn't known it was Prince Andrew, I would have thought he owned the place", an unnamed source told the Daily Mail last week as the video was released.

An earlier photo making the rounds on the Internet showed the Duke of York hugging Virginia Roberts Giuffre, who claimed in a 2015 lawsuit against Ghislaine Maxwell, the alleged "Madame", that Andrew had groped her when she was a minor at Epstein's New York estate, and that she was used as a "sex slave" to please different famous and powerful men.

A Buckingham Palace spokesperson said in a Monday statement that Prince Andrew "has been appalled by the recent reports of Jeffrey Epstein's alleged crimes. His Royal Highness deplores the exploitation of any human being and the suggestion he would condone, participate in or encourage any such behaviour is abhorrent".

SPUTNIK2019/8/18
'Soft-Porn' Actress Who Used to Date Prince Andrew Shocked Queen With Lesbian Shower Scene - Reports
It's been a rocky month for Britain's Prince Andrew as court documents from the sex trafficking trial of Jeffrey Epstein have revealed that the son of Queen Elizabeth II allegedly groped an underage girl at the New York house of the disgraced US financier. But this is only the latest scandal that the Duke of York has found himself embroiled in.

Prince Andrew remains tight-lipped about the allegations of using Virginia Roberts Giuffre as a "sex slave" when she was a teen at Jeffrey Epstein's mansion in the 2000s, but denied them back in 2015, when the purported victim filed a lawsuit against professed procuress Ghislaine Maxwell.

At the time, his former girfriend, American actress Kathleen "Koo" Stark, broke her 32-year silence on their relationship to defend her ex-lover, saying that the accusations amounted to an "assassination of his character".

Their relationship was, in fact, scandalous, too.

Back in 1981, the Duke of York was set up on a blind date with Stark, who had been cast in Star Wars to play Luke Skywalker's friend, but her part was eventually cut out. The attraction was instant, and she would've become part of the royal family, if it were not for her "dirty" past, which, according to People, was a nightmare for the Queen.

At the age of 17, Koo starred in the film, Cruel Passion, an erotic drama, based on the novel, Justine, by the Marquis de Sade, where she played a young virgin thrust out of a French orphanage and into a depraved world of prostitution and perverse pleasures.

In 1976, she also played a young nymphet in the movie, The Awakening of Emily, which, according to reports, shocked Buckingham Palace: it featured Koo in a steamy lesbian love scene in a shower. The film became Britain's biggest-earning soft-core movie two years later.

Andrew and Koo were on a holiday on the island of Mustique in the Caribbean in 1982, when a photographer on a private trip recognised the couple and informed editors back home. Shortly thereafter, Koo was identified as a US soft-score porn actress, and her raunchy photos were splashed over newspapers' front pages.

After some outlets reported that Andrew had earlier taken Koo to meet his family at Balmoral, the Queen's Scottish castle, and potentially introduced her to his mother, Buckingham Palace broke its silence, saying, "We do not know if the Queen was aware of the girl's acting career before she was invited to Balmoral".

Andrew's mother was not there to read such headlines as, "Sex Scene Sizzlers From Andy's Girl", but she was reportedly dismayed by the X-rated occupation of her son's date.

"It is one thing for a prince to be seen with a film actress, but quite another to go away on holiday with a blue movie star. The Queen feels badly let down", a member of her staff was cited as saying, per People.

The couple called it quits in 1983, and he married Sarah Ferguson three years later. Stark later said that "the amount of attention and pressure on me became unbearable. It was a nightmare".

Despite ending their relationship, Koo jumped to the prince's defence in 2015, when he was accused of keeping an underage "sex slave", Virginia Roberts Giuffre.

"Prince Andrew is a dear friend of mine and godfather to my daughter. I've only known him to be honourable and honest, with Christian values. I dismissed the latest story as just another sexual slur to add to the list of criticisms of him in recent years. My first reaction was fury, then disbelief at the lurid allegations being made against a man I have known for more than 30 years", she wrote in a piece for The Mail.

The Duke of York wasn't charged with anything back in 2015, but multiple reports suggest that he may come under new scrutiny following Jeffrey Epstein's apparent suicide in his jail cell last week. According to the Daily Mail, citing an unnamed legal source, the FBI might shift their focus to Maxwell, who is said to have been friends with the royal, too.

Epstein was arrested on 6 July on multiple allegations of sex trafficking underage girls in the early 2000s and was awaiting trial next year at the Metropolitan Correctional Centre in New York. He was found hanged in his cell last week a few days after he was taken off suicide watch following a suspected suicide attempt in mid-July.
posted by ZUKUNASHI at 12:03| Comment(0) | 国際・政治

アルハンゲリスクの事故の後 CTBTOのロシア内観測所のデータが止まる

No, this Russian family is not looking at a nuclear explosion near their city, dear MSM viewers

場所がアルハンゲリスクです。8月に入ったらタンクトップを着ている人はいないはず。そこからしておかしいとわかります。
アルジャジーラはやはりレベルが低い。米国のMSMは意図的です。

共同通信社2019/8/16 23:51 (JST)
大気から微量の放射性物質
ノルウェー、ロシア事故関連か
 【ロンドン共同】ノルウェーの原子力安全当局は16日までに、同国北部のロシア国境地帯で大気から微量の放射性ヨウ素が検出されたと明らかにした。ロイター通信が報じた。ロシア北部アルハンゲリスク州の海軍実験場で8日に起きた「小型原子炉開発」に関係した爆発事故と関連がある可能性もある。
 ただ、ノルウェー当局者は「現時点でロシアの事故と関連があるかどうかは結論付けられず、調査の頻度を上げて分析を続ける」としている。9〜12日に北部スバンホブドゥで集めた大気のサンプルから検出されたという。
 事故では5人が死亡。ロシア当局は事故に関する情報を十分に開示していない。

JNN/TBS 2019年8月21日(水)10時29分
軍事施設事故後、ロシアの複数の観測所「放射線量の計測不能に」
 ロシアで放射線量の増加が観測された今月8日の軍事施設の事故後、ロシアの複数の観測所が、国際機関に対して「放射線量の計測ができなくなった」と報告していたことがわかりました。
 今月8日、ロシア北部の軍事施設で爆発事故が発生し周辺地域では放射線量の増加が計測されました。
 世界の放射線量などの情報を収集している国際機関CTBTO=包括的核実験禁止条約機構準備委員会は20日、爆発事故の2日後、ロシアの2か所の観測所から、「通信障害」などが理由で放射線量を計測できなくなったという説明があったことを明らかにしました。また13日にも、新たに2か所の観測所について「計測ができなくなった」という説明があったということです。
 CTBTOは「計測ができなくなることはある」としていますが、一部の欧米の専門家は「ロシア側が情報を隠しているのではないか」と指摘しています。
 ロシアの気象当局はこれまで、事故直後、通常時と比べ「最大16倍の放射線量が記録された」としたものの、2時間後には放射線量は「正常値に戻った」と発表しています。(21日06:03) JNN/TBS

・・・引用終わり・・・

アルハンゲリスクの近くにはCTBTOの観測所は少ないのですが。




データが止まった観測所の場所をCTBTOのサイトで探しましたが、まだ見つかりません。
posted by ZUKUNASHI at 11:07| Comment(0) | 福島原発事故

福島第一原発事故当時は2ちゃんねるが1番の情報源だった

2019/8/20に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

ずくなし様はじめまして。ダルメキシアと申します。
最近こちらのブログにたどり着き、福島原発事故のタグの最新ものから読み進めております。
各記事大変勉強になります。自分が求めていたデータも得る事が出来、改めて自分の身を守るのは自分しかいないと気を引き締め直したところです。
この暑い中も頻繁にブログの更新をいただき、本当にありがとうございます。
先に申し上げておきますと...大変失礼ながら、メールアドレスはダミーです。
ご存知とは思いますが最近の日本は怖いのです。まあ、辿ろうと思えば辿れるとは思いますが、何卒御容赦願います。

前置きが長くなりました。(この後も長くなりますが少しお時間をいただければ幸いです。)
ずくなし様が西日本など遠方にも大きく汚染された範囲があるのが不思議だ、と記載されていた記事があったかと思いますが、その理由として2つあるような気がします。
自分は原発のお漏らしではない汚染の可能性があると思っています。

もうご存知かもしれませんが、
1つ目は、2012年に広島の岩国にある三井系の化学工場での火事が原因ではないかと思っています。岩国工場では確か劣化ウランを保管していたと記憶していますし、先程調べたらその様な記事もありました。
火事によりどの様な物が燃えたかは分かりかねますが、中国地方の汚染はこの工場の劣化ウランが燃えた煤煙がプルームとなって飛散したとすれば、中国地方の西側が広範囲に汚染されているのも理解いただけるかと思われます。

2つ目ですが、第二時世界大戦中に人形峠のウラン鉱を掘った際の残土をその後、旧原燃が管理すべきところを野ざらしで放ってあるため、それが風雨により拡散しているというものです。こちらは東海アマさんのブログに記載してあった内容ですが、人形峠の話は日本の原爆製造においての著書でも出てくる地名ですので、可能性がないことはないと思います。
人形峠は岡山と鳥取県の県境ほどにありますので、岡山、鳥取、兵庫、大阪北部あたりには影響が出てもおかしくないとは思います。
そこに原発銀座と伊方、玄海からのお漏らし分も追加されているのだと思います。

ただ、紀伊山地の汚染に関しては、福一由来若しくは川内のベントである可能性が高いかと思います。
311当時、当方は三重県の中部の山間部に居住しておりました。
ちょうど運良く?体調不良で長期休職しており、第一原発の状況が悪いようだとネットで情報が出てからは寝る間も惜しんで部屋に篭もり情報を調べておりました。
今では信じられないかもしれませんが、当時は2ちゃんねるが1番の情報源で、あちこちのニュースサイトを貼り付けてくれる方、早々とメルトダウンしたと言われるような専門的な知識のある方が集まっておりとても参考になったのですよ。
そんななか、ライブカメラを見張っていてくれた人が3号機が爆発した映像をすぐにGIFにして貼り付けて下さって、それを見た瞬間、これは大変な事が起こった!と部屋から飛び出し、当時幼児であった姪たちの飲水だけでも確保しようと春雨の降る中、水を買いにあちこち走って届けた記憶があります。
その前後数日間はハッキリしない天気が続いたと記憶していますので、その時に静岡〜三重県南部から漂ってきたプルームがあるとしたら、ある程度三重南、和歌山、奈良南で雨により降下したのではないかと思います。
他の過去記事には桑名で黄色い粉がベランダに積もったという話がございましたね。
自身は引きこもっていたので実際に確かめたわけではありませんが、家人に聞いても、ねっとりとした黄色い粉を観測したというような記憶はないとの事です。
サラッとしたウォッシャー液で落ちる黄色い粉は多少あったかもしれない、という話でしたが、例年の花粉と大差ないように感じたそうです。
(見渡す限りの山上まで人工杉とヒノキが植わっているような場所ですので、毎年粉がかなり積もるエリアです)
当時の事にに関してはまた何か思い出したりわかった事があり次第お伝えできればと思います。

お話したい事がたくさんありますが、今日はここまでで失礼致します。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

・・・引用終わり・・・

ダルメキシアさん こんにちは
最近こちらにお見えになって福島原発事故関係の記事をお読みとのこと、若干スロースターターの感もありますが、被ばく問題についてご関心を持って情報を集めるのは、いつから始めても有益なことではありますね。

個人情報の秘匿について慎重を期しておられるようで、とても良いことだと思います。その関係の記事もたくさん書きましたが、まだそこまで読む時間がおありでないようですね。

このブログに限らず、コメントを書き込むとコメント主のIPアドレスが通知、記録されます。メルアドはダミーを使う方も少なくないですが、ブログの運営者からそんなにコメント主にいちいちメールをしたりすることはないでしょう。そんなことをしていたら身が持ちません。

IPアドレスからは、コメント主を「辿ろうと思えば辿れる」でしょう。ハッキングの技術があれば簡単ですね。犯罪の恐れがある場合には、裁判所の許可を得てプロバイダーなどからそのIPアドレスの発信状況を開示させることもできます。

発信者を辿られて困るような相手先には、コメントを入れないことです。どうしても、コメントを書き込みたい場合は、モバイルルーターなどを使って一時的な変動IPアドレスを使います。もちろんこの場合も発信者をたどることは可能ですが、ブログの管理人が簡単に検索して、例えばこの人は掲示板のヘビーユーザーだと知るようなことができにくくなります。

一般論ですが、私の見方からすると、多くのネット利用者は、真偽のほどが不明な、意表を突くような記事がお好きです。私は前後、あるいは関連情報と整合性のないそういう記事は時間の無駄と思っていますので、読んでおりません。人気のあるものほどそういう面が強いです。

さて、前置きが長くなりました。

1 「西日本など遠方にも大きく汚染された範囲があるのが不思議」
これはどの場所のことでしょう。西日本も含めた福島第一原発事故による放射性物質汚染状況はだいたいわかっています。各種機関のシミュレーションを集めて吟味しましたし、自らSPM分析もやりました。

伊方原発の近傍などは、強く汚染されたところがあるようですが、データも不詳で管理人は認識しておりません。

2 「2012年に広島の岩国にある三井系の化学工場での火事が原因」
ここでは米軍が使う劣化ウラン弾を製造しているという説があります。
「中国地方の汚染はこの工場の劣化ウランが燃えた煤煙がプルームとなって飛散した」
この火災で劣化ウランが燃えたのなら、劣化ウランが飛散し、「中国地方の西側が広範囲に汚染されている」ことはありましょうが、劣化ウランはウラン238が主体です。これは子孫核種の中にガンマ線を出すものがありますが、基本的にアルファ線、ベータ線が主体です。
管理人は、中国地方についてのアルファ線、ベータ線測定結果を見たことがありませんので、汚染の度合い、範囲については判断できません。

管理人は、アルファ線、ベータ線を検出できる測定器で千葉県市原市のチッソから劣化ウランが飛散していた場合にその影響を把握できるか調べましたが、事実上無理だとの結論に至っています。

3 「人形峠のウラン鉱を掘った際の残土」「それが風雨により拡散している」ということはあるようです。ですが、「人形峠は岡山と鳥取県の県境ほどにありますので、岡山、鳥取、兵庫、大阪北部あたりには影響が出てもおかしくない」と言えるかは疑問です。岡山、鳥取の一部には影響があるでしょうが。

4 紀伊山地の汚染に関しては、福島第一原発事故由来の放射性物質が降下沈着したことは気流などの流れから管理人もそう考えています。これは記事を書きました。

なお、紀伊山地というか海に近いほうでは大阪府南部の核燃料加工工場の影響とみられる汚染があることも判明しています。

・・・・・

ずくなし様。お返事ありがとうございます。
個人情報保護に関する記事まで書いていただいていたのに事故でくくってしまったため有益な情報を見逃してしまうところでした。
教えていただいてありがとうございます。

自分の周りでは、見たところ事故はもうなかったようなことになってしまっています。
元々少なかった友人も家族も、事故後の自分の発言に「また何か言ってるよ」と疎遠となってしまいました。
疎遠になったのは、私の伝え方が悪かったのだろうと思っておりますが、あの時水を買うのを手伝ってくれた夫にさえ今は「お前の話には先(未来)がない、暗いからもうやめてくれ」と言われる始末です。
結婚して8年ですが、子供はまだ1人もおりません。

東へ行く用事は作らず(元々休日は引きこもり気味なので問題ありませんが...)
外食や中食はほぼ食べず
海のものは絶対に避けられない時以外は食べず
(義両親家で鮨と貝汁が出た時はもう泣きそうでした。誤魔化してほんの少しだけにしましたが...)
野菜の産地は自分が納得出来る地のものか海外の冷凍野菜を(残留農薬や遺伝子組み換えとどっちがマシだろうかと思いながら)買い
肉も国産と海外産の成長ホルモン等化学薬品が投与されていそうなもの、これもどちらがマシかと悩みながら食事の支度をしてきました。

ずくなし様ほど徹底出来ていたとは思っておりませんが、あまりにもまわりが何事も無い雰囲気のため、いったい自分は何のためにしているのだろうか、実は事故があったという記憶が私の妄想であったのではないかと、自分を疑った時期もありました。

でも今もこうして情報を発信されている方が居る事で、やってきた事は間違ってなかったとかなり舞い上がってしまった状態で、書き込んでしまいお気を悪くしてしまったのではと反省しています。

最後に、余計なお世話かとは思いますが...
事故後太られたとお嘆きになっているのをお見かけしましたが、太ること=悪いことではないと思います。
事故後自分も持病の薬の副作用で太りましたが、毎年夏を越える事が厳しいくらい体調が安定しなかったのが、特に暑かった去年でさえ問題なく過ごすことが出来るようになりました。
太った事で体力がついたのです。
知り合いの介護士さんも、膝や心臓に問題が出るくらい太っているのならともかく太っている老人は元気が良く長生きされると言われておりましたので、あんまり気にされなくても良いのでは?と思っています。
こちらは少し涼しい日が増えてきた様に感じますが、千葉はいかがでしょうか。
どうぞご自愛ください。

・・・引用終わり・・・

もう8年も経って人様のお世話を焼くこともないです。

私は、そんなに被ばく回避を徹底しているわけではありません。一に産地、二に品目という基準で食品や農産品を選んでいます。入手可能なものの中で、相対的にリスクが少ないものを選ぶ、それだけです。

知人、友人にもそんなに言っていません。友人が弁当にタラコをよく入れていると聞けば、タラコの産地を説明したうえで、「よくまあ、そんなの食うなぁ」と呆れた感150%でリスクを伝えるだけです。

友人は、その後皮膚症状が出て、タラコ止めましたが。

福島第一原発事故前から、農薬問題とか、放射性物質汚染問題はありました。水産物ではPCBとか水銀とか。クジラは食べない、養殖物は回数を少なく。

基本的に変わっていないんですよ。特定産地の特定の種類、品目に偏るのを防ぐだけでも、リスク軽減になります。

家庭でも家族に自分の苦労や努力がどれほど大きいか、わからせようとするのはやめましょう。恩を感じさせるよりも、もっと健康で元気になってほしいから、今日はこれにしたという取り上げ方で話しましょう。

ほしい産地のものがなくて・・・などという愚痴はやめましょう。そういう話をされたら、それなら俺食わなくていいからという返事が返ってくるでしょう。

環境汚染が進んだだけです。

以前から農薬汚染とか、水産物の水銀汚染とかには無関心の家も多かったのです。会うたびに「汚染が・・・汚染が・・・」と言われ続けたら相手も逃げ出します。

そういう人は、すでに被ばくの蓄積もあるでしょう。長い付き合いではないかもしれないし、大きな不幸が襲い掛かるかもしれません。みな、自分で選択しているのです。社会全体でそれを受け入れているのです。地方税が10%と決まっているように国民はそれを是としているのです。一人の力では何も変えられません。
posted by ZUKUNASHI at 00:52| Comment(0) | 福島原発事故

ロスアンゼルスタイムス 2020年夏季オリンピックは福島の原子力災害からの回復を助けることができるか?

Los Angeles Times 
Olympics
Can 2020 Summer Olympics help Fukushima rebound from nuclear disaster?
By David WhartonStaff Writer Aug. 12, 2019 5:32 PM

FUKUSHIMA, Japan −An hour north of Tokyo by way of bullet train, the land is lush and green, framed by thickly wooded mountains in the distance.

This vast rural prefecture in northeast Japan was once renowned for its fruit orchards, but much has changed.

“There has been a bad reputation here,” a local government official said.

Since the spring of 2011, the world has known Fukushima for the massive earthquake and tsunami that killed approximately 16,000 people along the coast. Flooding triggered a nuclear plant meltdown that forced hundreds of thousands more from their homes.

As the recovery process continues nearly a decade later, organizers of the 2020 Summer Games say they want to help.

Under the moniker of the “Reconstruction Olympics,” they have plotted a torch relay course that begins near the crippled Fukushima Daiichi plant and continues through adjacent prefectures − Miyagi and Iwate − impacted by the disaster. The region will host games in baseball, softball and soccer next summer.

“We are hoping that, through sports, we can give the residents new dreams,” said Takahiro Sato, director of Fukushima’s office of Olympic and Paralympic promotions. “We also want to show how far we’ve come.”

The effort has drawn mixed reactions, if only because the so-called “affected areas” are a sensitive topic in Japan.

Some people worry about exposure to lingering radiation; they accuse officials of whitewashing health risks. Critics question spending millions on sports while communities are still rebuilding.

“The people from that area have dealt with these issues for so long and so deeply, the Olympics are kind of a transient event,” said Kyle Cleveland, an associate professor of sociology at Temple University’s campus in Japan. “They’re going to see this as a public relations ploy.”

::

It was midafternoon in March 2011 when a 9.0 earthquake struck at sea, sending a procession of tsunamis racing toward land.

The initial crisis focused on the coastline, where thousands were swept to their deaths. Another concern soon arose as floodwaters shut down the power supply and reactor cooling systems at the Fukushima Daiichi plant.

Three of the facility’s six reactors suffered fuel meltdowns, releasing radiation into the ocean and atmosphere.

Residents within a 12-mile “exclusion zone” were forced to evacuate; others in places such as Fukushima city, about 38 miles inland, fled as radioactive particles traveled by wind and rain.

The populace began to question announcements from the Tokyo Electric Power Co. (Tepco) about the scope of the contamination, said Cleveland, who is writing a book on the catastrophe and its aftermath.

“In the first 10 weeks, Tepco was downplaying the risk,” he said. “Eventually, they were dissembling and lying.”

The company has been ordered to pay millions in damages, and three former executives have been charged with professional negligence. Crews have removed massive amounts of contaminated soil, washed down buildings and roads, and begun a decades-long process to extract fuel from the reactors’ cooling pools.

All of which left the area known as the “Fruit Kingdom” in limbo.

It is assumed that low-level radiation increases the chances of adverse health effects such as cancer but the science can be complicated.

Reliable data on radiation risks is difficult to obtain, said Jonathan Links, a public health professor at Johns Hopkins University. And, with cosmic rays and other sources emitting natural or “background” ionizing radiation, it can be difficult to pinpoint whether an acceptable threshold for additional, low-level exposure exists at all.

In terms of athletes and coaches visiting the impacted prefectures for a week or two during the Olympics, Links said the cancer risk is proportional, growing incrementally each day.

The Japanese government has raised what it considers to be the acceptable exposure from 1 millisievert to 20 millisieverts per year. Along with this adjustment, officials have declared much of the region suitable for habitation, lifting evacuation orders in numerous municipalities. Housing subsidies that allowed evacuees to live elsewhere have been discontinued.

But some towns remain nearly empty.

“People are refusing to go back,” said Katsuya Hirano, a UCLA associate professor of history who has who has spent years collecting interviews for an oral history. “Especially families with children.”

Their hesitancy does not surprise Cleveland. Though research has led the Temple professor to believe conditions are safe, he knows that residents have lost faith in the authorities.

“That horse has left the barn,” he said. “It’s not coming back.”

::

A narrow highway leads west, out of downtown Fukushima, arriving finally at a 30,000-seat ballpark that rises from the farmlands.

Azuma Baseball Stadium was built in the late 1980s with a modernist design, blockish and concrete. Prefecture officials have begun renovations there.

“We changed from grass to artificial turf,” Sato said. “We’re updating the lockers and showers.”

The work is coordinated from a small office in the local government headquarters, where two-dozen employees tap away at computer keyboards and talk on phones, sitting at desks that have been pushed together.

Tokyo 2020’s initial bid included preliminary soccer competition at Miyagi Stadium, in a prefecture farther north of the nuclear plant. Six baseball and softball games were relocated to Azuma during later discussions with the International Olympic Committee.

“We made a presentation about the radiation situation and how to deal with it,” Sato recalled. “They understood and we think that’s why they got on board with this idea of the ‘Reconstruction Olympics.’ ”

Fukushima has spent $20 million on preparations over the past two years, he said, adding that his office has heard complaints from “a segment of the population.”

With infrastructure repairs continuing throughout the region, evacuee Akiko Morimatsu has a skeptical view of the Tokyo 2020 campaign.

“They have called these the ‘Reconstruction Games,’ but just because you call it that doesn’t mean the region will be recovered,” Morimatsu said.

Concerns about radiation prompted her to leave the Fukushima town of Koriyama, outside the mandatory evacuation zone, moving with her two young children to Osaka. Her husband, a doctor, remained; he visits the family once a month.

“The reality is that the region hasn’t recovered,” said Morimatsu, who is part of a group suing the national government and Tepco. “I feel the Olympics are being used as part of a campaign to spread the message that Fukushima is recovered and safe.”

Balance this sentiment against other forces at work in Japanese culture, where the Olympics and baseball, in particular, are widely popular. Masa Takaya, a spokesman for the Tokyo 2020 Organizing Committee, insists that “sports can play an important role in our society.”

In Fukushima, a city of fewer than 300,000, colored banners fly beside the highway amid other signs of anticipation.

Elderly volunteers, plucking weeds from a flower bed at the train station, wear pink vests that express their support for the Games. On the eastern edge of town, a handful of workers attend to Azuma Stadium.

Dressed in white overalls, they walk slowly across the field, stopping every once in a while to bend down and pick at the pristine turf. Sato remains optimistic.

“Everyone’s circumstances are different,” he said. “Maybe there will be some people who come back to Fukushima because of this.”

Dylan Hernandez contributed to this article.

・・・・・

불안한 도쿄올림픽..미 언론 "체류만 해도 암 위험 증가"
온누리 기자 입력 2019.08.13. 20:32 수정 2019.08.13. 22:42

以下は韓国語から英語へのGoogleによる機械翻訳

[anchor]

As I said, Fukushima is not only about polluted water, but also directly connected to the Tokyo Olympics, where we talked about it a short time ago due to various environmental pollution. The Tokyo Olympics, which play in Fukushima and eat Fukushima agricultural products, are in danger of radiation. One of the basic rights of athletes is to be threatened. "If you stay in Fukushima for a week, the risk of cancer increases every day," the Los Angeles Times warned.

This is Onnuri.

[reporter]

An empty land where Fukushima is reluctant to return even to those who lived.

But the Japanese government beckons to come to Fukushima to the world.

[Shinzo Abe / Prime Minister of Japan (last month): I would like to tell the whole world how Tohoku is recovering from the great disaster.]

Still high radiation levels.

But Japan only says 'safe'.

A year before the Tokyo Olympics, the American press, the LA Times, visited Fukushima, a controversial land.

The newspaper said the Japanese government raised its radiation safety standards by 20 times.


Although only eight years after the nuclear accident, Fukushima is making people live.

"The Fukushima area considers the Tokyo Olympics a strategy to promote radioactive safety," he added.

He also quoted an interview with Professor Johns Hopkins Public Health, saying, "If a player or coach stays in Fukushima for a week or two, the chances of getting cancer will be higher every day."

[Kim, Ik Joong / Former Professor, Dongguk University Medical School: The longer the radiation dose, the greater the probability of cancer. You can understand it like this.]

The Olympic Games are held 70km away from the nuclear accident site and 100km away from the soccer field.

On dirt and grass with contaminated soil, players who run hard and breathe harder are more likely to be exposed to radiation.

[Kim Ik Joong / Former Professor, Dongguk University Medical School: You get a lot of breathing when you exercise. Internal exposure through breathing increases a lot.]

In addition, as Fukushima's food goes to the table in the Athlete's Village, according to the Japanese government's plan, the right to health of the athletes will be even more threatened.

(Video Graphics: Kim Jung Eun)

◆ Related Reports
For public discussion of Fukushima risk… Only work, "safe" repeat
→ Go to article: http://news.jtbc.joins.com/html/139/NB11865139.html

サンケイ2019.8.20 13:33
韓国、放射能や食の安全に疑義 オリンピック会議前に通知
 東京都内に各国・地域のオリンピック委員会代表者が集まり、20日から開催される東京五輪関連会議を前に、出席予定の韓国オリンピック委員会(KOC)が、東京電力福島第1原発事故の影響を念頭に、食の安全や選手の健康を懸念する事前通知を日本側に送付していたことが19日、分かった。「選手村の建築木材に放射能汚染の影響はないのか」などの内容で、五輪関連サイトにある日本海や竹島などの地図表記についても抗議。日韓関係の摩擦が五輪をめぐる国際会議の場にも持ち込まれた形だ。
posted by ZUKUNASHI at 00:08| Comment(0) | 国際・政治

2019年08月20日

香港の暴動は米国が世界でやっている悪行を認識する良いチャンスです 何が真実かこの際、見つめて理解しましょう

香港の暴動の背景が一層はっきりしてきました。米国議員が自分らの意に沿わない結果となったら重大な帰結が待っていると脅しています。ロン・ポールは、The United States has a habit of involving itself in political unrest all over the world,と述べています。

イラクで、シリアで、リビアで、イエメンで米国は何をしていますか?

単に、反政府だから抵抗者の側に理があるなどということはありません。ISISのテロリストは反シリア政府ですが、同じように「加油」と声をかけますか?

自分はリベラルだからと安易に香港の暴徒を応援することは、米国の宣伝に乗って米国の内政干渉以上の侵略行為に加担していることになるのです。

米国のそういうカラー革命といわれるレジム・チェンジ作戦で中東でこれまで何十万人、何百万人の人が亡くなったか知っていますか?

歴史を、世界情勢を知らない日本人、あなたはリベラルでも何でもない。単なる米国の宣伝に乗せられたバカです。

ツイッターをやっている人は、自分のフォローしている人が香港の暴動問題についてどんな発信をしているか、確認されたほうが良いです。多くの人が全然わかっていない状況です。それはやむを得ない面もありますが、その程度の発信者としてうのみにしないよう注意が必要です。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/17のツイート
れいわも田中龍作も大袈裟もみな、アメリカのカラー革命支持。香港を分割し占領しようとしているのに、何が「民主主義、自由」だ! おまけに、日本会議、幸福の科学・実現党など極右カルトも香港デモクラシー支持。考えることを放棄したリベラル? よくあんな連中と唱和できるわ

※ @h-yamachan@yamavhan氏の2019/8/17のツイート
香港の「星条旗を掲げ」「トランプに解放を要請する」このことに、香港の「市民運動」の本質が見える。
こんな運動に日本の市民運動家が同情したり、支援したら、それこそアメリカのネオコン・CIA・NEDの敵対国転覆運動の手先になってしまう。

※ 共同2019/8/19 08:37 (JST)
武力介入なら米中協議取引できずと米大統領
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、香港の「逃亡犯条例」改正案を巡るデモに関し、1989年の天安門事件のように中国当局が武力介入すれば、米中貿易協議での取引も難しくなると述べ、中国の動きをけん制した。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/19のツイート
騙される人がまた1人
引用ツイート
 菱山南帆子@nahokohishiyama ・ 8月19日
170万?!
すごいーー!
香港抗議集会、主催者発表で170万人が参加 https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_ne


※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/19のツイート
「これは仕事。自分を雇ったボスがいる」と、英植民地旗を振る男性がしゃべっちまった
引用ツイート
Jon Chan@sumtingwong2019 ・ 8月19日
“我在工作,你自己買一支吧,我真的在工作,我背後有老闆看著”

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/20のツイート
中国側のこの情報戦の反撃を怖れ、CIAがツイッターとフェースブックに命じて中国系アカウントを凍結している? 香港の民主化運動も、台湾独立運動も、北朝鮮の体制変革もシリアのアルカイダもみんな同じ輪! これは香港にとどまらない世界的スキャンダル!

※ 武侠天下@中華エンタメ情報 Enjoy China@wuxianob氏の午後9:37 ・ 2019年8月20日のツイート
香港民陣派の背後関係がどんどん繋がってきたなぁ。ま、一般市民による抗議デモでないことぐらい、今までの統率された行動力と資金力を見れば一目瞭然。一般香港市民による自由人権ガーとか言ってたら、自分の無知を晒す事になるので気を付けないと。

※ mko@trappedsoldier氏の午後9:07 ・ 2019年8月20日のツイート
香港の若者に街頭行動を講義していたオスロ・フリーダム・フォーラム。BBCが伝えたその先があった。オスロのフォーラムで話したのは、ラエド・アルサレー。どこかで見たと思ったらホワイトヘルメットの責任者! 香港のデモクラシーとアルカイダがつながった! ツイッターが検閲して隠そうとする筈だ


次の記事をみゆうさんが訳してくれました。ありがとうございます。

FARSNEWS(イラン)2019/8/15
米下院外交問題小委員会、もしも中国が香港で暴力を使ったら「迅速な結果を招くことになる」と脅す

テヘラン(FNA)−香港の「平和的な抗議者」に対するいかなる暴力も中国にとっては「誤り」であり、「迅速な」反応を引き起こすことになる―。米外交問題小委員会はこのように警告し、あくまで政情不安への責任は中国政府にあると強調した。

米国の下院外交問題小委員会(議長:エリオット・エンゲル(D-NY)とマイケル・マックコール(R-TX))の有力メンバーが水曜日に声明を発表した。声明は、「6月4日事件」とも呼ばれる、1989年に天安門広場で流血の惨事となった抗議行動を引き合いに出した警告となっている。RTが報じた。

「我々は中国政府に対し、同様の過ちを避けるよう切望する。(もし過ちが繰り返されるなら)それは国際的な糾弾と、迅速な結果をもたらすことになるだろう」と議員たちは述べた。

この声明は、中国政府の政策が問題の「根源」であると非難することで、「この件の背後には、問題を煽るようないかなる外国勢力も存在しない」と(暗に)主張している。そして、先週、香港の抗議派リーダーたちとアメリカ領事館の役人であるジュリー・イーディーが会合していたことを無視している。彼女は、「単純に仕事で」彼らに会っていた、とされている。

イーディーと抗議者たちが、訪問の間に何を話し合っていたかは明らかになっていない。しかし、アメリカ人外交官が調整役をしているのだ。これまでに世界中で起こった「カラー革命」の背後にアメリカがいることを想起すれば、香港の政情不安における米国政府の役割について、疑問が沸き起こってこようというものだ。

ドナルド・トランプ大統領は火曜日、米国諜報機関を引用して、中国政府は軍を香港との境に集結させている、とツイートした。しかし、中国軍の動きはその前日、香港を統治している中国共産党系列のメディアですでに報道され、軍の演習に伴うものであると説明されていた。

高まりを見せる粗暴な声明に対し、中国外務省は水曜日、アメリカは「我々の問題に首を突っ込む」べきではない、と主張。香港は中国領土の一部であり、「アメリカ」でも「イギリス」でもない、と強調した。

FARSNEWS2019/8/15
US House Foreign Affairs Panel Threatens ‘Swift Consequences’ If China Uses Violence in Hong Kong
TEHRAN (FNA)- Any violence used against “peaceful protesters” in Hong Kong would be a “mistake” for China and will trigger a “swift” response, a congressional foreign affairs panel has warned, insisting Beijing is responsible for the unrest.

The ranking members of the House Foreign Affairs Committee – Chairman Eliot Engel (D-NY) and Michael McCaul (R-TX) – issued the warning in a statement on Wednesday, drawing parallels with 1989 protests in Tiananmen Square that ended in bloodshed, also known as the ‘June Fourth Incident’, RT reported.

“We urge China to avoid making such a mistake, which would be met with universal condemnation and swift consequences,” the lawmakers stated.

The statement also made the case that “No foreign powers are fomenting this dissent”, arguing Beijing’s policies are the “root” of the problem, and dismissed last week’s meeting between Hong Kong’s protest leaders and US consulate official Julie Eadeh, who was “simply doing [her] job”.

While it is not clear what Eadeh and the protest figures discussed during the visit, the coordination with an American diplomat – reminiscent of previous US-backed “color revolutions” around the world – has raised questions about Washington’s role in Hong Kong’s unrest.

President Donald Trump warned in a tweet on Tuesday that Beijing was amassing forces along the border with Hong Kong, citing US intelligence, however the troop’s movements were reported a day prior by the ruling Chinese Communist Party’s own media outlet, which characterized them as part of a military exercise.

Responding to increasingly harsh statements, the Chinese foreign ministry on Wednesday announced the United States should not “stick their noses in our affairs”, and insisted that Hong Kong is a Chinese territory, not “American” or “English”.


posted by ZUKUNASHI at 23:58| Comment(11) | 国際・政治

Mercedes caught ‘spying on drivers with secret tracking devices’

RT2019/8/20
Mercedes caught ‘spying on drivers with secret tracking devices’
Mercedes-Benz has found itself at the center of an apparently illegal spying operation, following reports that it installed tracking devices on thousands of vehicles and shared customer location data with third parties.

According to the Sun, Mercedes-Benz fitted secret sensors to all new and used vehicles sold through its official dealers from as far back as 2018.

These sensors can pinpoint a vehicle’s location and the data is then transmitted to a central location. Both the driver and car information can then be passed to bailiffs who can then seize and repossess the vehicle from indebted drivers at will.

The company sold more than 170,000 new cars in Britain this year, roughly 80 percent of which are reportedly sold on finance plans.

The sensors are separate and operate independently from both the anti-theft tracking devices and the optional extra ‘Mercedes Me’ service.

Mercedes has yet to officially confirm how long it has been engaged in the practice, but reportedly claims the trackers are only activated in “extreme circumstances” in which drivers have defaulted on payments and failed to contact the company in a timely fashion.

Tracking a vehicle without its driver's knowledge or consent is illegal under EU data protection laws. However, many customers apparently unwittingly give their permission by not thoroughly reading the lengthy terms and conditions. Mercedes claims that the clause about “location sensors” can be found right above where a customer signs their finance contract.

Liberty (originally the National Council for Civil Liberties), an organization which fights mass surveillance and abuse of power, described the “creeping growth of surveillance in the private sector” as “particularly disturbing.”

RT has contacted Mercedes for comment.
posted by ZUKUNASHI at 23:30| Comment(0) | 国際・政治

女性に異変? この記事のアクセスが落ちません

ツイッターやリアルの世界の女性に異変が生じているように感じます。

甲状腺の異常は女性に多いとされますが、被ばくで中枢に来るのも女性が多い?

@ 街中で杖を突く人に女性が多いです。
A 「今日の放射能」に取り上げましたが、オウム真理教問題で名の売れたジャーナリスト、子宮頸がんワクチンで活躍中のジャーナリストなど、私の基準からするともうおかしいと断定せざるを得ない。
B リアルの世界でも、この人どうしたの?という例が何例も。
C 子供が生まれない女性も急増していることは確実。

妊娠困難と中枢神経の機能失調は関係がある?

私が知っている女性の多くはこのブログの読者ですから、被ばく回避に努めています(少なくともそのはずです)。

それでも心配な面が出てきているということは、被ばく回避が行き届かなかった福島第一原発事故後間もない時期の吸気、飲食による被ばくが原因です。

対策は追加被ばくを避けること以外にあまりありませんが、汗をかくことは排出促進に効果があることは確実。

私の友人は、食い意地が張っていて変なものを食べては皮膚症状を起こしたりしていますが、まだ何かの疾患で入院したりするに至っていません。建設現場で働いています。福島第一原発事故後、初期被ばくが原因となって胸一面に赤いブツブツができています。

被ばく症状を自覚するようになったら、これまでと同じ生活は無理なのです。そのことをわかっていますか?

管理人が、この暑い中でも徘徊で日中外を3時間も歩いたりしているのは、発汗で放射性物質の排出を促進するためです。

調子の悪いときは、もちろん静養も必要ですが、体調と相談しながら体を動かし、発汗を促すよう努めましょう。

別に特に温度が高いところに飛び出す必要はありません。汗がダラダラ出ればそれだけ効果があるようだと管理人は感じています。そこまでしなくても、じっくり汗をかき、肌着を替えたくなる程度の発汗でも十分です。それを繰り返す。

秋や初冬でも防寒対策をして歩けば、少し風があってもじっとりと汗ばむようにはできます。もちろんこういう時は、湿った肌着を早く替えることが必要です。さもないと風邪をひきます。

女性は、着替えが面倒なこと、用足しも不便だというハンディはあります。でも、今は頭からすっぽりかぶる不透明なポンチョのようなものを用意すれば、着替えは容易です。

できない口実を上げていませんか? 外出すると食事の用意ができない、ただでも疲れているのにウォーキングなんてと。

それに化粧なしで外に行きたくない、化粧が崩れた顔を人に見せたくない。・・・あなたは温泉に入るときもばっちり化粧しているんですか?

幼い子供がいるから? 外国では子供をバギーに乗せてジョギングする人もいてそのための車輪の大きなバギーもあります。

病気になった時でも、仕事を休まないのが自慢??

それなら仕方がありませんね。おかしくなっている人はそういう人たちなんですね。

なお、出産は最大のデトックスと言われますが、日本の女性は妊娠しなくなっています。それに被ばく影響が中枢神経にまで及んだ場合、出産によるデトックス効果は中枢神経障害には及ばないようだと管理人は考えています。

自分は大丈夫だろうと高をくくっている人のために書いておきます。

2011/3/15(火、好天)早朝東京都・神奈川県中央部、ほぼ終日関東一円
2011/3/16(水、好天)未明から早朝神奈川県ほぼ全域、千葉県千葉市など
2011/3/20(日、好天)昼前から深夜まで関東一円、特に内陸部
2011/3/21(月、祝日、雨天)鹿島灘から東葛、東京東部。

上の期日に上に書いた地域にいて特に屋外にいた方は相対的に強い吸気被ばくがあります。神奈川県にお住いの方について管理人はこの半年ほどとても怖い思いをしました。

※ 内海 聡@touyoui氏の2019/8/17のツイート
ホルモン性疾患の対応
 子宮内膜症や月経困難、副腎疲労や橋本病、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌など、ホルモンにまつわる病気は数多くあります。
その多くでホルモン剤が使われたりしていますが、このホルモン剤は決して使ってはいけないクスリの代表格です。... https://facebook.com/satoru.utsumi/

大事なことを書くのを忘れていました。中枢神経の障害を引き起こす主因は、管理人はウランとその子孫核種だろうと考えています。ウランの半減期はとてつもなく長いのです。ですから農産物の中の放射性セシウムが減っても、これらは同じようには減りません。

今でも日々食する農産物などの中に入っているのです。それを食べ続けているわけですから、すでに症状の出ている人が何も対策を講じなければ、症状はさらに悪化するでしょう。

食料品の南半球産のもののウエイトを高めるべき、ということは前から書いてきました。
posted by ZUKUNASHI at 15:42| Comment(0) | 福島原発事故

インド・パキスタンは核兵器を隣国に打ち込む愚を分かっていないのか

カシミールをめぐるインド・パキスタンの対立が緊迫化しているようだ。

だが、相互に相手国に核爆弾を打ち込んだときの惨禍を冷静に評価してほしい。爆発地点の一次的な被害だけでなく、大気中に放出された放射性物質が相手国にも自国にも長い年月にわたって被害を与える。

チェルブイリや福島の経験に学ぶべきだ。

核が抑止力となるのは、地理的に離れた国同士でのこと。隣国に核爆弾を打ち込むのは自殺行為だ。

スリランカの紅茶やパイナップルから放射能が検出されている。インド産の農産物に汚染があることは自明。国民にすでに被ばく蓄積があるだろう。

核爆弾が使われれば、東南アジア一帯に汚染が及ぶ。福島第一原発事故ではフィリッピンに汚染が生じた。

インド・パキスタンに周辺国から自制を求める声が上がっていないのは、実際に核爆弾が使われることはないだろうとの読みなのだろうが、大きく影響を受けるであろう中国は動けないのか。
posted by ZUKUNASHI at 09:44| Comment(1) | 福島原発事故