木々と知り合う: ずくなしの冷や水

2012年11月04日

木々と知り合う トウガラシの盆栽

2012/11/3撮影。こちらのお宅では、前にクレナイヤマアジサイの盆栽が飾ってあった。栽培技術は、名人級だ。



サネカズラの実が赤くなっていた。
posted by ZUKUNASHI at 18:20| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う クコ

2012/11/3撮影





現場でクコと確認できなかったので、実の味は試していない。
posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年10月24日

木々と知り合う ガマズミ

ガマズミ。2010/11/3、青葉の森公園で。



次は、2010/11/13撮影。



次は、2011/5/14、葛西臨海公園で。



次は、2011/5/21撮影。ミズキは葉が互生、花びらも細長い。ガマズミは低木で大きくならない。



2012/5/27撮影。



2012/7/29撮影。





2012/10/14撮影。用水路にかぶさるように繁っていた。

posted by ZUKUNASHI at 23:00| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年10月22日

木々と知り合う ノバラ

2010/11/13、印旛沼で撮影。ノイバラともいう。





2012/10/21撮影。梨畑をバックにして垣根に植えられたノイバラ。花の季節も長く、実も楽しめるし、病虫害にも強いから良いアイディアだ。白い花とピンクの花が残っていた。



posted by ZUKUNASHI at 00:00| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年10月15日

木々と知り合う ウメモドキ

2011/12/3、習志野市内で撮影。



2012/10/14、市原市内で撮影。

posted by ZUKUNASHI at 18:50| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年10月14日

木木と知り合う ケンポナシ

2012/6/24、市原市立市東中学校の斜面で。

ケンポナシは葉は互生だが、左右2枚ずつの互生となる「コクサギ型葉序」が見分けられる。





この斜面には大きな木の切り株が多い。ミツバウツギとケンポナシ、誰が選んだのだろう。地元に自生する樹木の中から、姿形の良いもの、よく育つもの選んだのだろう。よく育っている。秋にまた訪れてみたい。

2012/10/13撮影。果柄が膨らんでいる。かじると何か果実の味だ。


posted by ZUKUNASHI at 21:11| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年09月12日

木々と知り合う サンタンカ

道端で見かけた丸い赤黒い実。イヌビワより大きく、まん丸だ。葉はくちなしに似ているようにも思うが、くちなしの実は丸くない。

いろいろ調べて、サンタンカの実だろうという結論になった。



赤黒くなった実を二つにちぎると中は未成熟のイチジクに似ている。サンタンカの実は柔らかく甘いと書いてあるのを見かけたが、甘くはなかった。それに、この種では蒔いても芽は出てこないだろう。



春に確かにペンタスのような花をつけていたような記憶もあるが、確かでない。来年の春まで待ってみよう。
posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年09月09日

木々と知り合う クリ

栗の花は花火に似てなかなかきれいだ。2011/6/11撮影。この時期、ドングリのなる木の多くが花をつける。



2011/6/26撮影。イガに花ガラが一本ずつついている。花に一つずつイガが付いていると言うべきか。



2012/9/9撮影。今年は栗が豊作で、枝が折れたと収穫作業中の老人が話していた。栗も新しい品種が開発されるので、毎年、何本かは新しい品種に更新しているのだそうだ。

posted by ZUKUNASHI at 21:37| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う ジンジャー

ジンジャーリリー

2012/9/9撮影。花は私の顔の高さにあった。葉をちぎって臭いをかぐと確かにショウガの香り。白い花は、芳香があるという。

posted by ZUKUNASHI at 21:36| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年08月10日

木々と知り合う ボタンクサギ

2012/7/1に見たガマズミに似た花。名前を調べて、最初は、チョウジガマズミかと思ったが、葉の凹凸が少なく、おしべが花弁の先に飛び出ているから違う。

トキワガマズミは、葉に光沢がある常緑樹で、ハクサンボクに近いという。

地中海沿岸原産のビブルヌム・ティヌスに似ているが、花の咲く時期も違う。調べてもよく分からないから、ビブルヌム・ティヌスにしておいたが、1ヵ月後、クサギを調べていてボタンクサギというものがあると知った。これだこれだ、早速訂正。




2013/6/30撮影


posted by ZUKUNASHI at 20:36| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年08月06日

2012年08月02日

木々と知り合う プリンセスダイアナ

クレマチスの一種、プリンセスダイアナ





これも名前を知るのに時間がかかったが、この命名は分かるような気がする。2012/7/8撮影。
posted by ZUKUNASHI at 21:39| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う アオハダ

アオハダ 2012/7/8撮影。雌雄異株で、雌木は秋に小さな赤い実をつけるという。




アオハダの名のゆえん。


posted by ZUKUNASHI at 20:47| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年07月23日

木々と知り合う ハンゲショウ

ハンゲショウ、半夏生、半化粧とも書くようだ。2012/7/15撮影。



クーラーの室外機と外壁の隙間から伸びていた。
posted by ZUKUNASHI at 23:24| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う ヤブミョウガ

2012/7/22撮影、花のつき方が変わっている。葉の艶が良いが濡れているわけではない。

posted by ZUKUNASHI at 23:20| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う オカメザサ

2012/7/22撮影。別名ブンゴザサ(豊後笹)。後方に見えるのもササだが、こちらはどこにでもある。浅草の酉の市で、おかめの面を下げて販売したことが名前の由来とのこと。

posted by ZUKUNASHI at 23:16| Comment(0) | 木々と知り合う

木木と知り合う ニンジンボク

セイヨウニンジンボク





次は、在来のニンジンボク。2012/6/17、泉自然公園で撮影。



2012/7/22撮影。

posted by ZUKUNASHI at 16:00| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う ツタウルシ

千葉市内の昭和の森の近くで杉の木に絡み付いていた。2012/7/22撮影。「つる性の三出複葉」ですぐ判明した。

posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年07月21日

木々と知り合う ツルドクダミ



2012/7/15撮影。歩き疲れていてよく眺める余裕がなかった。確信はないが、ツルドクダミだと思う。
posted by ZUKUNASHI at 20:21| Comment(0) | 木々と知り合う

2012年07月19日

木々と知り合う イヌザンショウ

奇数羽状複葉で葉は対生、鋸歯あり、花もピンボケでないから名前探知は楽勝と思っていたが、とんでもない見込み違い。サンショウは雌雄異株で花が違う。サンショウ、カラスザンショウもあるが、対生はイヌザンショウだけ。花の開き初めなので、雌花と確認するのに手間がかかった。

2012/5/12撮影。

posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(0) | 木々と知り合う