木々と知り合う: ずくなしの冷や水

2017年05月14日

木々と知り合う カンボク

初めて見ました。ガマズミの仲間のようです。
周りの花びらの大きいのは、装飾花というそうです。



樹木検索サイト 木には名前がある
http://www.tree-watching.info/
便利です。
posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(0) | 木々と知り合う

2017年04月23日

2017年02月21日

木木と知り合う さざんか

冬の庭を彩るのは、サザンカ、椿、それに黄色のツワブキ、どれも目を楽しませてくれる。

民家の庭にあった山茶花。もともと淡い色なのだろうが、天気がよければ、もっとあでやかだろう。



こちらは、冬の陽を浴びた赤いさざんか。さざんかには、白いものもあって、これもきれいだ。




サザンカの自然樹形は、扇型になるようだ。2011/10/30撮影。



2012/12/23撮影。



庭にサザンカを植える人もいる。最近、ツバキやサザンカの木にチャドクガがついてかぶれる人がいると聞く。毛虫に触ればもちろんだし、毛虫がいた木に触ってもかぶれることがあるらしい。
毒針毛は幼虫が脱いだ皮(脱皮殻)にも長い間残りますので、冬に樹を剪定しても刺されることがあります。
チャ、サザンカ、ツバキに多い。洗濯物経由でも被害が出るそうだから注意が必要。

2016/12/4撮影

posted by ZUKUNASHI at 14:16| Comment(0) | 木々と知り合う

木木と知り合う 椿  ツバキ

つばきは、花がぽとりと落ちるので、病床の人に届けてはいけないと教えられた。鉢物も、「根づく」ことにつながり良くないと言う。



鉢物は、衛生面からしても適当ではないのは確かだし、日ごろ「ぽっくりさん」を願っている年寄でも、やはりツバキを贈られたら心穏やかならざるものがあるだろう。

私の場合は、「木木に知り合う」に掲げた木木の小枝を届けてもらえたらうれしい。元気で歩いた頃を思い出して退屈しないで済むし、100種類も届けてもらえば、満足して枯葉になって朽ちていくだろう。



ツバキは、サザンカと似ているので冬の花かと思っていたが、間違いなく春の花だ。上は、2011/4/3撮影。下は、2011/4/10撮影。



2012/4/1、泉自然公園で撮影。



2012/4/22、新習志野駅の近くで撮影したトウツバキ。一見して奇形かと思ったが、ネットでトウツバキの画像を調べると、こんな風にオシベが分かれて出ているものがあったので、特に奇形ではないようだ。



この花はとにかく大きい。支えてくれた人の手首と比べれば分かる。



上に掲げたものは街路樹や庭園木だが、庭が広ければ植える人もいる。最近、ツバキの木にチャドクガがついてかぶれる人がいると聞く。毛虫に触ればもちろんだし、毛虫がいた木に触ってもかぶれることがあるらしい。
毒針毛は幼虫が脱いだ皮(脱皮殻)にも長い間残りますので、冬に樹を剪定しても刺されることがあります。
チャ、サザンカ、ツバキに多い。洗濯物経由でも被害が出るそうだから注意が必要。

ガードニングの名人の方の庭で一輪だけ咲いていた卜半椿(ボクハンツバキ)。よく茶室に飾られます。奥さんのグリーンフィンガー(園芸家の手)も花とともに。とげの付いた枝もこともげもなくつかんだりしますが、とげがあることを知っているのでとげを避けてつかむんですね。
posted by ZUKUNASHI at 14:12| Comment(0) | 木々と知り合う

2016年12月19日

Warming Could Slow Upslope Migration of Trees

FARSNEWS2016/12/19
TEHRAN (FNA)- Scientists expect trees will advance upslope as global temperatures increase, shifting the tree line−the mountain zone where trees become smaller and eventually stop growing−to higher elevations. Subalpine forests will follow their climate up the mountain, in other words. But new research suggests this may not hold true for two subalpine tree species of western North America.

But new research published Dec. 15 in the journal Global Change Biology suggests this may not hold true for two subalpine tree species of western North America. According to the study, Engelmann spruce may not move to higher elevations as temperatures rise, and its lower-elevation boundary could recede upslope, so its overall range could shrink. And the hardy limber pine may advance upward in a warmer climate, but likely at the same slow pace as in today's climate.

The research was conducted by scientists from the Department of Energy's Lawrence Berkeley National Laboratory (Berkeley Lab), UC Merced, the U.S. Geological Survey, UC Berkeley, and the University of Colorado at Boulder.

Their surprising findings are based on the discovery that the two species can be harmed by warming during the earliest stages of their lives, even at the cold, high-elevation edge of forest growth. In addition, seeds from trees now growing at the upper boundary of the species' range may not fare well at higher elevations. These insights could help scientists improve models that predict where and how fast subalpine forests will move in a warming climate.

"The assumption that trees will track their climate underestimates the challenges they face during seedling recruitment. The odds are stacked against trees at this stage, even under normal conditions, and we found that warming decreases the young trees' odds of survival even more," says research leader Lara Kueppers, a scientist in Berkeley Lab's Climate and Ecosystem Sciences Division and at UC Merced's Sierra Nevada Research Institute.

"This means there's a real risk that climate change may outpace tree migration -- some trees may not be able to keep up with their climate," Kueppers adds. "Seedlings are the future of the forest, so it's very important to learn how warming will affect them."

Scientists are interested in predicting what will happen to subalpine forests as the climate warms because a shift in the boundary between forest and alpine tundra biomes holds big implications for mountain water resources, the carbon cycle, and the planet's climate.

"Tree seedlings growing in the alpine tree line are an indicator of the early impacts of climate change on mountain habitats," says Matt Germino, a U.S. Geological Survey ecologist who contributed to the research. "The response of tree seedlings to carefully controlled warming treatments offers a window into a warmer world for forests."

To shed light on the future of subalpine forests, the scientists set up experiments at Niwot Ridge, an ecological research site in Colorado's Rocky Mountains. They focused on the impacts of warming on the first four years of the trees' lives. They also accounted for the role of localized genetic adaptation by studying seeds collected from low and high elevation areas within the trees' ranges. Both of these factors, seedling recruitment and genetic adaptation, are not well represented in models that predict the species' responses to warming.

The scientists planted the seeds at three sites, one at the low-elevation edge of subalpine forest, another at the high-elevation edge of the forest (the current tree line), and a third site in the alpine zone where the trees don't grow.

At each site, they planted 20 gardens divided into four groups. One group was heated from March to November with infrared heaters. This melted the snow early and raised the soil and seedling temperatures by several degrees, mimicking the effects of climate change. A second group was heated and watered, a third group was only watered, and a fourth control group was left untouched. The researchers planted the gardens each fall from 2009 to 2013 and followed their progress through 2014.

Counter to expectations, they found that warming reduced seedling survival for both species at all three elevations during the first year of life. The scientists expected survival rates to dip at the lower elevation site, where temperatures rose above the trees' normal climate, but not higher up, where warming was expected to help seedlings. They attribute this lower survival rate to drier conditions caused by warming, which negatively affected seedling survival.

Survival rates diverged for the two species after the first year. For the limber pine, the scientists found some benefits of warming at some sites, but not enough to reverse the negative effects from the first year. So, after four years, there wasn't a measurable effect of warming on survival.

"From this, we infer that limber pine has the potential to persist at its current location and expand upslope into the alpine zone, but it won't expand any faster in a warmer climate," says Kueppers.

For the Engelmann spruce, the negative impact of warming persisted through the fourth year. In addition, no warmed seedlings survived to be 4 years old at the low-elevation site. This means warming could impede the upward expansion of the species and cause the lower-elevation edge of its range to contract upslope.

In another surprise, the scientists found that seeds collected from lower elevation areas survived better in the alpine zone than seeds collected from higher elevations. This too could slow the upslope expansion of subalpine trees, as it's hard for lower elevation seeds to "leapfrog" over higher elevation trees and establish themselves above the current tree line.

"Overall, our findings indicate that seedlings are highly vulnerable to climate variation, which should be taken into account as we predict what will happen to subalpine forests in a warming climate," says Kueppers.
posted by ZUKUNASHI at 12:00| Comment(0) | 木々と知り合う

2016年12月07日

この実は何でしょう?



管理人の手でようやく握れる位の大きさです。



こんなふうに生っていました。畑にいたご婦人からもらいました。カラスが次々に食い散らすと聞いて、歩きながら裂いてカラスの真似。アケビと同じように種が多く、それを包むゼリー状のものが甘いです。甘さはアケビと同じくらい。



アケビは皮を料理に使うと言いますが、こちらは果肉の内側に固い木質のようなものがあり、料理に使うには手間がかかりそうです。

花はこちらにあります。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/44535796.html
posted by ZUKUNASHI at 13:47| Comment(10) | 木々と知り合う

2016年11月04日

木木と知り合う 月桂樹

ゲッケイジュは、カレーやシチューに入れる香り付けの葉、ローレルと言ったほうが分かりやすいだろう。



しかし、庭園樹として育っている月桂樹は、葉に泥がついていたり、蜘蛛の巣が張っていたりで、あまりきれいではない。もちろん、洗えばいいのだが。



林の南縁にあったゲッケイジュは、2011/1/22に蕾をつけていた。

2012/4/22撮影、雄花。


2012/4/19撮影、雌花


次の赤い楕円の辺りを探してください。月桂樹はくもの巣がついていることがよくあります。ちょっと汚く見えるかも。このブログに載っている木の写真は勉強のためならコピーしたりしてお使いになってよろしいです。
posted by ZUKUNASHI at 02:00| Comment(2) | 木々と知り合う

2016年10月31日

木々と知り合う ギンバイカ

地中海地方原産のギンバイカ 銀梅花。最盛期は1週間ほど前だったようです。直径2cmほどの小さな花です。2016/7/3の撮影。


10/30、農家の庭先で。


posted by ZUKUNASHI at 09:13| Comment(7) | 木々と知り合う

2016年05月22日

木木と知り合う ニワウルシ

2016/1/10に掲載した画像です。最初ホオノキだと思いました。幹周りは、大人二人で届くかどうか。



2016/5/22、またここを訪れて何の木か確認しました。ホオノキではなく、ニワウルシでした。羽状複葉でちょうど花芽が付いていました。



これだけ樹形が整い、枝を地面の近くまで伸ばしたニワウルシは、他にはなかなか見られないと思います。


ニワウルシは、ウルシに似た葉をつけるが、ニガキ科でウルシのようにかぶれることはない。

枝分かれが少なく、大きな羽状複葉の葉が、枝の先に集まって付くのが特徴とされる。そして羽状複葉の個々の小さな葉の付け根近くに浅い切れ込みがあるかどうかが決定的な判別方法らしい。

下は葛西臨海公園で。



実は長さ4cmほどの翼があり、遠くまで飛ぶ。生育が早く、高さは25mにもなるという。別名「神樹」。



上は、香澄公園で。
posted by ZUKUNASHI at 20:14| Comment(0) | 木々と知り合う

2016年04月04日

木々と知り合う ダンコウバイ

ダンコウバイはクロモジと同じ仲間、花が似ている。
posted by ZUKUNASHI at 20:07| Comment(0) | 木々と知り合う

2016年03月27日

木々と知り合う ボケ





2011/1/2、民家の庭先で撮影。

淡い色のボケも美しい。2011/1/30、近隣公園で撮影。



posted by ZUKUNASHI at 23:59| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う スモモ・プラム

最近は、農村部でもスモモの木を見かけることは少なくなった。2011/4/10撮影。



夏の実と葉。万葉植物園で。



2011/06/26撮影。



葉の赤いベニバスモモというものもある。



下は、別の固体だが上と同じく柏の葉公園で。2011/4/10。




上と下の2枚は2016/3/26撮影
posted by ZUKUNASHI at 23:52| Comment(0) | 木々と知り合う

2016年03月02日

木々と知り合う ハナセンナ

アルゼンチン、ブラジル原産の常緑低木。類似のものを含めてアンデスの乙女ともいう。

日本には昭和初期に入ったという。2010/11/18の撮影だが、この時期に枝を伸ばし、次々と花をつける木は珍しい。秋口から花をつけていた。





2011/10/29撮影。私の背丈の1.5倍ほどに伸びている。盛りを過ぎつつある。


ハナセンナを中心にしたカードニング。とても美しい。




上と下で葉の形状が違います。



posted by ZUKUNASHI at 15:10| Comment(0) | 木々と知り合う

木木と知り合う ミモザ

ミモザは、アカシアの仲間で、下はフサアカシア。春、他の花に先駆けて咲くから、南欧などでは春を告げる花として祭りが行われたりする。

日本でも桜に先駆けて咲く。2010/3/20、谷津干潟公園の東側住宅街の中にある公園のミモザ。樹全体が黄色に染まっている。


この日は翌日未明にかけての暴風の前触れで南風が強かったが、風下に立つと桜餅の匂いがした。なんというおいしい香りだろう。桜でもこんな香りはしないのに。



ミモザの木は、風で枝が折れたりすることが多いが、エンジュノの一種のニセアカシアも同じ傾向がある。最近、公園でミモザやニセアカシアの姿を見ないのは、そのためだろうか。

次の木は枝が折れたりして剪定されている。



アラビアゴムの木もアカシアの仲間で、観葉植物に使われる葉が大きく艶のあるインドゴムの木とは、まったく異なる。

ミモザとフサアカシアは同じもののようだ。ギンヨウアカシアもミモザと呼ばれることが多い。違いが今一つ分からない。



posted by ZUKUNASHI at 15:05| Comment(0) | 木々と知り合う

木々と知り合う エリカ・ヒース

ヒースは、ツツジ科の常緑低木で、イギリスをはじめとするヨーロッパからコーカサス、そして南アフリカなどアフリカ東南部に分布し、約630種があるという。

イギリスは、産業革命で樹木が伐採され、跡地にヒースが広がったとされている。荒野を連想させるヒースだが、花はなかなか美しい。

下は、2011/1/2、青葉の森公園で。





2012/4/28、千葉市内で撮影



posted by ZUKUNASHI at 14:52| Comment(0) | 木々と知り合う

木木と知り合う アキニレ

アキニレは、公園樹で良く見かける。細かい葉が繊細な感じだ。木肌には、コケが生えやすいようで緑がかっていることもある。枝を張った木の枝先は、極めて細く、冬に見ると新芽が出てくるのか心配になるほどだ。



手を加えずに放置すると上のような形になるが、剪定などの手を加えると変幻自在の木だ。大きな木でも上部の枝を切り落とすと葉がまとまってつく。

下は、毎年冬に強めの剪定が加えられ、それでも早春に葉を萌え出すアキニレ。枝の跡が規則正しく並んでいる。



肥沃な水分の多い土壌に植えられたアキニレは、全体として葉が小さめで密に茂る。

姿形は変わっても、葉を見れば見分けは容易。枝の先の方ほど葉が大きい。



秋に実を付ける。



密に植えられると、ボリューム感を持つ。



アキニレの手前に紅葉しているのは、ナンキンハゼ。青葉の森公園。

アキニレの実生は株立ちで、そのまま大きくなると下のような形になる。樹形の右半分だけを切り出している。2010/12/9撮影。


北海道には、ハルニレが多いと聞く。一本の樹木が広い畑の中に立つ北海道らしい光景では、そんな木はまずハルニレなのだそうだ。

posted by ZUKUNASHI at 14:49| Comment(0) | 木々と知り合う

木木と知り合う 梅

ウメ、梅は花が淡い色のものが多く、写真にとっても美しさが出しにくい。しかし、他に先駆けて咲く春の花だ。


2008/2/18撮影

実を採るための梅林は、下のように仕立てられている。昔から「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」という。梅は古い枝をおろして、新しい枝を伸ばすようにしないと実をつけない。





色の濃い紅梅は、実が小さく、梅干などの原料には向かない。2011/1/15、葛西臨海公園で。



2011/1/29、葛西臨海公園で。松などに囲まれていると美しさが出る。



2011/1/30、香澄公園で。これもどうにか、背景に常緑樹を取り入れられたので梅だと分かるが、白い空が背景なら花が咲いているのか分からない。





posted by ZUKUNASHI at 14:48| Comment(0) | 木々と知り合う

木木と知り合う ロウバイ



ロウバイは、蝋梅とか唐梅と書くので梅の一種かと思うが、クスノキの系列に属するらしい。



正月の前後に花をつけて良い香りがする。2009年の冬は、葉を残したまま花を咲かせているものが多かった。2009/12/23撮影。



次は、2011/1/2、民家の庭先で撮影。



次は、2011/1/15、葛西臨海公園で撮影。



葉は、えらくザラザラしてムクノキと同じ感じだ。6月下旬には実をつけている。



ロウバイは、種を播いて育てることが容易らしいが、種などにはアルカロイドであるカリカンチンを含み有毒だというので注意が必要だ

2013/2/3、葛西臨海公園で。薄い黄色がロウバイ、濃い黄色がマルバマンサク。


2013/2/16、川越市内で撮影。





posted by ZUKUNASHI at 14:44| Comment(0) | 木々と知り合う