健康づくり: ずくなしの冷や水

2016年07月19日

B Vitamins in Promote Stem Cell Proliferation

FARSNEWS2016/7/18
TEHRAN (FNA)- Folates can stimulate stem cell proliferation independently of their role as vitamins, according to a new study that used an in vitro culture and animal model system in their findings.

Folates, whether supplemental B vitamins or natural folates found in food, are essential for the proper functioning of all cells in the body and are critical to prevent birth defects.

The study in Developmental Cell, shows for the first time that an adult stem cell population is controlled by an external factor arising from outside the animal--bacterial folate. In this case, that animal was a small roundworm model organism known as Caenorhabditis elegans.

"Our study shows that germ stem cells in Caenorhabditis elegans are stimulated to divide by a specific folate that comes from their bacterial diet," said the study's co-senior author Edward Kipreos, a professor in UGA's Franklin College of Arts and Sciences. "Folates are essential B-group vitamins. However, we show that the ability of a specific folate to stimulate germ cells is independent of its role as a vitamin, implying that it acts directly as a signaling molecule."

Naturally occurring folates exist in many chemical forms; folates are found in food, as well as in metabolically active forms in the human body. Folic acid is the major synthetic form found in fortified foods and vitamin supplements.

"Since its discovery in 1945, folate has been the subject of many studies that resulted in more than 50,000 publications. The finding in this study is the first of its kind because it presents evidence that folate is involved in roles other than those that were known before," said the study's co-senior author Jacob Selhub, director of the Vitamin Metabolism Laboratory at Tufts University.
posted by ZUKUNASHI at 00:01| Comment(0) | 健康づくり

2016年07月17日

赤身肉の過剰摂取は腎不全につながるおそれ?

FARSNEWS2016/7/17
Eating Red Meat May Bring On Kidney Failure

TEHRAN (FNA)- Red meat intake was strongly associated with an increased risk of kidney failure among Chinese adults in Singapore who were followed for an average of 15.5 years, a new report suggests. No association was found with intakes of poultry, fish, eggs, or dairy products, while soy and legumes appeared to be slightly protective.

Increasing numbers of individuals are developing chronic kidney disease (CKD), and many progress to end-stage renal disease (ESRD), which requires dialysis or a kidney transplant. Current guidelines recommend restricting dietary protein intake to help manage CKD and slow progression to ESRD; however, there is limited evidence that overall dietary protein restriction or limiting specific food sources of protein intake may slow kidney function decline in the general population.

To examine the relationship between dietary intake of major sources of protein and kidney function, a team led by Woon-Puay Koh, MBBS (Hons), PhD (Duke-NUS Medical School and Saw Swee Hock School of Public Health in National University of Singapore) analyzed data from the Singapore Chinese Health Study, a prospective study of 63,257 Chinese adults in Singapore. This is a population where 97% of red meat intake consisted of pork. Other food sources of protein included poultry, fish/shellfish, eggs, dairy products, soy, and legumes.

After an average follow-up of 15.5 years, the researchers found that red meat intake was strongly associated with an increased risk of ESRD in a dose-dependent manner. People consuming the highest amounts (top 25%) of red meat had a 40% increased risk of developing ESRD compared with people consuming the lowest amounts (lowest 25%) No association was found with intakes of poultry, fish, eggs, or dairy products, while soy and legumes appeared to be slightly protective. Substituting one serving of red meat with other sources of protein reduced the risk of ESRD by up to 62%.

"We embarked on our study to see what advice should be given to CKD patients or to the general population worried about their kidney health regarding types or sources of protein intake," said Dr. Koh. "Our findings suggest that these individuals can still maintain protein intake but consider switching to plant-based sources; however, if they still choose to eat meat, fish/shellfish and poultry are better alternatives to red meat."

安い赤身のオージービーフ一本槍は問題あり? 困ったな。
posted by ZUKUNASHI at 18:24| Comment(0) | 健康づくり

2016年07月13日

イブプロフェン(ブルフェン)などの医薬品が心不全の原因になる

Wikipediaから 日本では商標名ブルフェンで知られ、医療用だけでなく一般医薬品としても広く流通している。関節炎、生理痛および発熱の症状を緩和し、また炎症部位の鎮痛に用いる。イブプロフェンは1960年代に英Boots Groupの研究部門によりプロピオン酸の誘導体として創薬された。

RT2016/7/12
Ibuprofen & other common drugs, supplements may cause, exacerbate heart failure – study

Commonly-prescribed and -used medications, such as Ibuprofen, and nutritional or natural supplements may trigger or worsen heart failure, according to a new statement released by the American Heart Association.

The statement identifies drugs, supplements, and alternative remedies that "may cause or exacerbate heart failure" when taken with other medications or taken to treat certain conditions, the American Heart Association (AHA) said in a scientific statement released Monday on the website of the AHA journal Circulation.

Patients with heart failure, the leading cause of hospitalization for people 65 years of age and older, should discuss in detail with their healthcare provider every prescription, over-the-counter medication, nutritional supplement, or natural remedy, such as an herb, that they ingest, said Robert L. Page II, chair of the committee that formulated the statement.

“Since many of the drugs heart failure patients are taking are prescribed for conditions such as cancer, neurological conditions or infections, it is crucial but difficult for healthcare providers to reconcile whether a medication is interacting with heart failure drugs or making heart failure worse,”said Page.

For example, common heartburn medications or cold remedies can come with high levels of sodium, which can be detrimental to patients with heart failure conditions, the AHA said.

“Patients have been taught to read food labels for sodium content, but they also need to read labels on over-the-counter medications and natural supplements,” said Page.

Heart failure patients take an average of seven prescription medications per day, Reuters reported.

Certain medications can be toxic to heart muscle cells or alter how the heart muscle contracts, the AHA said, or interact with heart failure medications in a way that ultimately negates their benefits.

Heart failure is defined by the US Centers for Disease Control and Prevention as a condition in which "the heart cannot pump enough blood and oxygen to support other organs in your body." Nearly 6 million adults in the US have heart failure, the CDC says, and one in nine deaths in 2009 included heart failure among its contributing conditions.

Around half of people who are identified as having conditions of heart failure die within five years of diagnosis, the CDC says.

Supplements that contain ephedra can cause a spike in blood pressure, while other complementary or alternative supplements − such as St. John’s wort, ginseng, hawthorn, danshen, and green tea − can interfere with some common heart failure medications, the AHA said.

“My hope is that this statement will be used by healthcare providers in all medical specialties to educate themselves about drugs that can exacerbate or cause heart failure,” said Page, a professor in the Department of Clinical Pharmacy and the Department of Physical Medicine/Rehabilitation at the University of Colorado Schools of Pharmacy and Medicine.
posted by ZUKUNASHI at 12:15| Comment(0) | 健康づくり

2016年07月04日

歩いてデトックス

※ 山本達也 ‏@tatsuminami15 氏の2016/7/4のツイート
昨日熱中症で試合中3人ぶっ倒れて救急車2台来たw

・・・引用終わり・・・

2016/7/3は暑かったですね。管理人は、減量とデトックスのために徘徊に出ました。

電車から降りたのが午後1時頃、帰路駅に着いたのが4時半頃でしたから3時間半ほど歩いています。

ペットボトル1本のマテ茶を飲み、額に巻いたタオルが完全に湿りました。背中のリュックはかつぐ紐上のところが半分ほど濡れました。シャツはびしょびしょ。

気温が下がれば帰路の駅でシャツを着替えるところですが、気温が高かったのでそのまま電車に乗って帰りました。

ボトムは半ズボンでしたので、デブでハゲの爺さんがマスクと鉢巻をして汚い脚を出して歩いている図。自分でも窓ガラスに写る姿を正視できません。

暑いので気分が悪くなったら救急車を呼ぶつもりでしたが、特にそんなこともなく歩けました。この夏、気候条件が許せば、できるだけ歩いて汗をかくつもりです。

4時間の測定で地上1m平均0.123μSv/h。

4kgは減らしたい。この夏の目標です。
posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | 健康づくり

2016年06月30日

100人以上のノーベル賞受賞者がGMO作物に対するグリーンピースの攻撃をやめよと書簡

RT2016/6/30
Nobel laureates to Greenpeace: ‘Abandon your campaign against GMOs’

Over 100 Nobel laureates have signed a letter asking Greenpeace to halt its campaign against genetically modified crops and feeds, especially Golden Rice. They argue that GMOs can offer life-saving food sources to the world’s poorest regions.

The group is holding a news conference on Thursday to discuss the topic at the National Press Club in Washington DC on Thursday.

“WE CALL UPON GOVERNMENTS OF THE WORLD to reject Greenpeace's campaign against Golden Rice specifically, and crops and foods improved through biotechnology in general; and to do everything in their power to oppose Greenpeace's actions and accelerate the access of farmers to all the tools of modern biology, especially seeds improved through biotechnology,” the signed letter states.

“Opposition based on emotion and dogma contradicted by data must be stopped. How many poor people in the world must die before we consider this a ‘crime against humanity’?”

The Nobel laureates argue that genetically modified Golden Rice has the ability to decrease Vitamin A deficiencies that trigger blindness and even death in young children living in the poorest parts of the world.

“Greenpeace has spearheaded opposition to Golden Rice, which has the potential to reduce or eliminate much of the death and disease caused by a Vitamin A deficiency (VAD), which has the greatest impact on the poorest people in Africa and Southeast Asia,” the letter said.

According to World Health Organization (WHO) statistics cited in the letter, around 50 million people worldwide suffer Vitamin A deficiency. This includes at least 40 percent of the kids under the age of five.

The men behind the campaign are Richard Roberts, chief scientific officer of New England Biolabs and Phillip Sharp, the winner of the 1993 Nobel Prize in physiology or medicine for the discovery of genetic sequences known as introns.

The surge in genetically engineered (GE) crops since the 1990s has led to a fierce debate over their effect on human health, environmental matters, food security and corporate power.

A new report by the National Research Council, which is criticized for its ties to industry, stated that consumption of genetically modified food has not harmed human health. “The committee concluded that no differences have been found that implicate a higher risk to human health safety from these GE foods than from their non-GE counterparts,” it said.

However, the findings were criticized by Food & Water Watch’s report, “Under the Influence: The National Research Council and GMOs,” which said the NRC accepted millions of dollars in funding from biotech companies.

Statistics reveal that US has been consuming genetically engineered (GE) crops for two decades, with over 90 percent of feed corn, soybeans, and cotton produced in the US labeled as GE.

Supporters of GE crops believe that GMOs have not had a negative impact on human health in that time.

However, opponents of GE foods argue that there are long-term indirect effects that need to be considered.

For example, corporations like Monsanto and Dow Chemical sell their own patented seeds that, given their genetic modification, can be mixed with biocides to kill pests and weeds. This practice can easily jeopardize long-term health of the soil and the biodiversity of a local environment that allows for natural pollination.

The Union of Concerned Scientists believe that “while the risks of genetic engineering are often exaggerated or misrepresented, GE crops do have the potential to cause a variety of health problems and environmental impacts.”
posted by ZUKUNASHI at 13:59| Comment(2) | 健康づくり

2016年06月18日

6 Zika-related pregnancies in US, half carried to term with birth defects

RT2016/6/17
In addition to the three babies born with Zika-related defects in the US, three other pregnancies with evidence of the virus were lost, according to the first Centers for Disease Control and Prevention report on Zika pregnancies since their registry launched.

The CDC reported six babies in the US had Zika-related birth defects on Thursday. Three of the babies with evidence of the Zika virus infection survived, but the three others were lost pregnancies.

It was the agency’s first report since launching the Zika pregnancy registry on June 9.

“Although these outcomes occurred in pregnancies with laboratory evidence of Zika virus infection, we do not know whether they were caused by Zika virus infection or other factors,” said the CDC in a released statement.

Zika has caused alarm throughout the Americas since numerous cases of the birth defect microcephaly, linked to the mosquito-borne virus, was reported in Brazil, the country hardest hit by the current outbreak. The rare birth defect is marked by unusually small head size and potentially severe developmental problems. More than 1,400 cases of microcephaly in babies have been confirmed in Brazil.

The CDC declined to provide further details on the six babies. Nor did they say whether the three lost pregnancies were the result of termination, stillbirth or miscarriage. In early June, two US cases of babies with microcephaly were born in Hawaii and New Jersey.

Those two US cases involved women who contracted the virus either outside the US in areas with active Zika outbreaks or through unprotected sex with an infected partner. There have not yet been any cases reported of local transmission of the virus in the US.

"The pattern that we're seeing here in the US among travelers is very similar to what we're seeing in other places like Colombia and Brazil," Dr. Denise Jamieson, co-leader of the CDC Zika pregnancy task force, said in a telephone interview with Reuters.

The CDC said it will begin issuing regular reports on Thursdays of poor outcomes of pregnancies with laboratory evidence of possible Zika virus infection in the 50 states and the District of Columbia. The agency hopes the registry will contribute understanding about the effects of the virus and ensure the most up-to-date information about pregnancy outcomes with Zika virus are publicly available.

“The poor birth outcomes reported include those that have been detected in infants infected with Zika before or during birth, including microcephaly (unusually small head size and severe developmental problems), excess fluid in the brain cavities and surrounding the brain, absent or poorly formed brain structures… or other problems resulting from damage to the brain that affects nerves, muscles and bones such a clubfoot or inflexible joints,” said the CDC in a statement.
posted by ZUKUNASHI at 00:51| Comment(0) | 健康づくり

2016年05月31日

よんたの健康づくり

私の教室は、便宜的に太極拳教室と標榜していますが、主に体幹強化と様々な健康法の紹介です。それと武の要素をお伝えします。これも必ず健康に繋がります。指導内容も、スワイショウ、試力、単操手、摩擦歩、立禅、正座合掌、スワイショウからの変化、拳舞など、中国拳法の基本稽古が主となります。型の稽古を好む人も多いので太極拳の型も一応します。

ずくなしさんのおっしゃってるイメージはおそらく、太極拳協会(今は楊名時さんからの流れが主流だと思います)の形かと思います。24式太極拳を普及した楊名時さんの功績はとても大きいものですが、今は家元制度のようになっているのではないかと感じています。お花やお茶の世界と同様です。一種の利権の世界ですね。健康に特化するあまり、武の要素が剥がれ落ちてきているのは残念です。

宮古島でも5年前に、無料教室をしました。沖縄本島では、若干有料で個人指導したり、学校でのレクで有料教室をしたりもしています。かなり評判がよかったと一応自分なりに自負しています。大阪ではあまり指導に取り組んでいません。今のところ、同年代の男性が一人、大変興味を持ってくれて私の稽古場にちょくちょく来てくれています。

太極拳教室でよく行われる24式太極拳は枝葉に過ぎません。私も型の稽古はしますが、協会の型に似ているようで全く違うものになっています。私が畏敬する達人から指南を受けたものです。動画では中々伝わらないと思いますが。少しずつアレンジし、今はまた大分違ってきています。

最も重要な稽古はスワイショウです。正しい形で1日2000回。これが基本です。40分ほどで、細切れでも構いません。私はとりあえず最低見積もりで通算600万回ほどしています。その結果出て来るものがあります。本当は非常に難しいものなのにきちんと教えられていません。「放鬆(ほうしょう・ファンソン)」の体感を獲得することが肝要です。前後と横がありますが、やっている内に無限の変化が出てきます。その変化についても是非伝えていきたいと思っています。合気上げの感覚、発勁(はっけい)の感覚が身についてきます。

講習費用について受講者にお任せ、ドネーション制としたのは、できるだけたくさんの人に伝えたいと考えたからです。逆に伝わりにくい面もあるかもしれませんが、お金が無かったら指導を受けられない、というのもどうも楽しくないのでは、と感じたからです。味噌でも醤油でも畠で作った野菜でも、と。(でも今は産地にこだわらないといけませんね、悲しいですが)

呼吸法で有名になってしまったある流派の月謝や入会金はとても高いものです。こんな仕組みだとお金持ちしか行けません。少し違うアプローチをしてみようかと思っています。結果的に、「中国拳法指導でも食べられる」ということに繋がると考えています。カネの論理が支配する大阪では無理かも知れませんが。
posted by ZUKUNASHI at 08:27| Comment(0) | 健康づくり

2016年05月28日

Hang up? Major US study finds link between cancer and cellphone radiation

RT20165/27
Hang up? Major US study finds link between cancer and cellphone radiation

With the majority of humans having access to a mobile phone the debate whether their use can cause cancer has been a heated one. Now a US government study has found a link between cellphone radiation and cancer in rats.

The unsettling findings are the result of a US$25 million study by the National Toxicology Program (NTP) – a division of the National Institutes of Health (NIH) – which has been underway for the past 2.5 years.

Although a full report on the study is not yet finished, the NTP has released its partial results early.

The research studied rats to determine whether the radio-frequency (RF) radiation emitted by mobile phones can cause cancer. To do so, pregnant rats were placed in special chambers. Once their pups were born, they were treated with RF radiation for approximately nine hours per day.

“All RF exposures were conducted over a period of approximately 18 hours using a continuous cycle of 10 minutes on (exposed) and 10 minutes off (not exposed), for a total daily exposure time of approximately 9 hours a day, 7 days/week,” the findings state.

Scientists found that male rats exposed to two types of RF radiation were significantly more likely than unexposed rats to develop a type of brain cancer called glioma. They also had higher chance of developing schwannoma, a rare and malignant heart tumor.

“The occurrences of two tumor types in male Harlan Sprague Dawley rats exposed to RFR (radiofrequency radiation), malignant gliomas in the brain and schwannomas of the heart, were considered of particular interest, and are the subject of this report,” the report states.

Female rats, on the other hand, did not experience significantly higher cancer rates.

“No biologically significant effects were observed in the brain or heart of female rats regardless of modulation,” the report states.

The radiation received by rats was “not very different” from what humans are exposed to when they use mobile phones, said Chris Portier, a former associate director of the NTP and the person who commissioned the study, as cited by Mother Jones.

As researchers increased the intensity of the radiation, the incidence of cancer in the rats also increased. The highest level of radiation was five to seven times as strong as what humans typically receive while using a mobile phone.

“I think this is a game changer,” Portier said. “We seriously have to look at this issue again in considerable detail.”

Scientists at the NTP have scheduled a conference for Friday to explain the partial results. The full report is due to be released next year.

The findings are significant for the majority of humans on Earth, with a 2013 UN report finding that out of the world's seven billion people, six billion had access to mobile phones. Meanwhile, only 4.5 billion people were found to have access to working toilets.
posted by ZUKUNASHI at 22:58| Comment(0) | 健康づくり

2016年05月17日

Giving up gluten does more harm than good in more ways than you think – study

RT2016/5/17
Going gluten free may not be the shortcut to getting ready for swimsuit season after all. While avoiding gluten is vital to those living with Celiac disease, everyone else can resume eating bread – and probably should, according to a recent study.

A study published in the Journal of Pediatrics found that giving up gluten may be more harmful for those not suffering from Celiac disease or wheat allergies than beneficial. The author of the study, Norelle Rizkalla Reilly of Columbia University’s Medical Center, points out that “Gluten-free packaged foods frequently contain a greater density of fat and sugar than their gluten-containing counterparts.”

“A GFD [gluten free diet] also may lead to deficiencies in B vitamins, folate, and iron, given a lack of nutrient fortification of many gluten-free products,” Reilly added.

The study found that many of the conceptions about the gluten-free diet are flawed. Although GFD is one of the only treatments for Celiac disease, 47 percent of Americans believe it is a fad. However, 25 percent nonetheless consume gluten free food. Why this is, no one really knows.

The study refers to a 2015 survey of 1,500 US adults that had adopted a gluten-free lifestyle. Though the majority reported having “no reason” for going gluten free, 26 percent believed that they were choosing a healthier lifestyle by doing so. The least common response to the survey was “I have gluten sensitivity.”

People believing that a gluten free diet is healthier may be mistaken in their assumptions, as the study found that consumers could be ingesting more harmful chemicals than they would if on less restrictive diets. For example, the study claims that “Arsenic is frequently present in inorganic form in rice, a concern for those on a GFD given that rice is a common ingredient in gluten-free processed foods.”

The boom in the gluten-free market that has resulted from these misconceptions has not necessarily helped those with Celiac either. For truly gluten-sensitive people, consuming wheat protein can trigger painful, sometimes very serious, gastrointestinal inflammation and other irritations.

Kristen Deschamps, who suffers from Celiac, described it to NPR as “severe stomach pain, like a very sharp stabbing − sometimes to the point where I can’t move for several hours.”

Deschamps explained that, while the expansion of gluten free products has generally improved her quality of life, the widespread adoption of the diet among the general populace has not.

“The biggest problem I experience is that restaurant servers don’t understand the difference between being celiac and going gluten-free as a lifestyle choice,” she explained. This has caused gluten to end up in her food, triggering a reaction.

A 2013 op-ed piece for Jezebel describes how the gluten-free trend is more damaging to the Celiac population than helpful. The author, Elissa Strauss, complains of not being taken seriously when discussing her gluten sensitivity, while lamenting a lack of knowledge about what it actually is.

She describes seeing gluten free food “stuffed alongside their gluten-containing counterparts in bakery displays. Considering even a few splashes of soy sauce, in which wheat is a minor ingredient, can trigger my celiac, a few crumbs of something not gluten-free is just not an option for me.”

posted by ZUKUNASHI at 12:58| Comment(0) | 健康づくり

2016年04月26日

よんたの沖縄紀行記 2016/4/26

お断り:この記事は無料ではありません。後日、よんたさんが指定する先へのカンパを呼びかけることがあります。了承いただける方だけお読みください。著作権はよんたさんにあります。


よんたの沖縄紀行記1
ずくなしさん こんにちは いつも私の拙文をお褒めいただき、恐縮しています。図に乗ってもう少し書かせていただきます。

思い切って長期の休みを取り、一人で沖縄に来ています。知人友人もいるので、初めて訪れる人や純粋に観光のみで来られる人とは、少し趣の違う訪問にはなるかもしれません。それでもここに来ると、特に離島に来るとどうしても圧倒的な自然の風景に魅入ってしまいます。

そうそう、ずくなしさんに沖縄紀行記に少し今風の問題提議の色をつけた投稿をさせていただくとお伝えしていましたね。でも、沖縄入りして間もなく熊本地震が起き、それにともなって中央構造帯の活動を知り、原発の危機的状況をも伝え聞くこととなりました。

のんびり紀行記なんて書いている場合かな、とペンが(あ、キーを打つ指が、かな)ひるんでしまいました。しかし、たまには良いだろう、ずくなしさんの読者は寛容な方が多いだろうと気を取り直し、少しそういったものも書いてみようと思います。

沖縄本島にも多くの観光ポイント歴史資産ポイントがありますが、2年ほど住んだ時にほぼ皆見て回ってます。今回も、ひめゆりの塔や対馬丸記念館などをもう1回じっくりと、そうそうガマも見に行こうなどと思ってました。

しかし、レンタカー代の余りの高さに音を上げてしまい、断念しました。その替わり、那覇市国際通りのすぐ近くの素泊まり宿にいたので、とことん市場回りを歩き回ることにしました。買い物は殆どせず、沖縄市場通りウィンドーショッピングに徹した訳です。これだけで充分異国情緒を楽しめます。

私は、沖縄は日本だという感覚を持てません。古来、中国の領土になったり独立国だったり、日本に占領されたり、アメリカに占領されたり、実に様々な境涯を経てきています。

本当は独立国となって沖縄本来の文化と器量の謳い上げができればいいのですが、なかなかこれができないでいます。今は日本に占領されているのだと思います。そう嘆く多くの沖縄人に会いました。

牧志市場ではとても多彩な食料品が並びます。豚の顔そのまんまを平べったく切り取ったものが(これは煮込んだのか燻製にしたのかよく分かりませんが)、ビニールパックに詰められて並んでいます。最初見たときは度肝を抜かれましたね。今見ると、懐かしいなぁと感じます。

でも、旅の身なのでこれはさすがに買えません。買ってもどう食べたらいいか分かりませんし。コラーゲンたっぷりでお肌ツルツルになりそうです。 むろん海産物も、これでもかというくらい並んでます。淡泊でおいしいイラブチャーとか、からあげにするとおいしいグルクンとか、青、赤、黄色の天然色で鮮やかな熱帯魚みたいなのが多いですね。カニや貝類も見たことないようなのがいっぱいあります。海藻はもずくとか海ぶどうなどがあっちこっちの店で定番のように置かれてます。

ただ、海産物については複雑な気持ちになってしまいます。まぐろ、ハマチなどの回遊魚はむろん全く買う気になれませんし、他の遠洋魚にも手が伸びません。沖縄の放射能汚染に詳しい専門家の知人も、充分注意するようにと言ってくれてます。その人は今は沖縄の魚はミジュン(沖縄のカタクチイワシ)しか食べないと言ってました。いずれこれも食べられなくなるだろうな、とも。

市場を歩き回っている内に、あ、この牧志市場ってどっちかというと観光客が対象だなと分かりました。価格も高めですし。市場でもほんの少し遠くに足を延ばすと、少し値段が安かったり、量も多かったりします。一目見て地元のお客さんだと分かる人たちがたくさんいたりします。

食堂もそうですね。少し離れた所にある「じょうとう食堂」という所をよく利用しました。地元の人達がよく来ていました。 本当は外食じゃなく、自炊したかったのですが、宿に自炊設備はあるものの使いにくかったのでやむなく外食ばかりになりました。これは残念でした。

離島に行ってからはリベンジできましたが。 ただ、外食ではご飯で悩むことになります。おいおい、このご飯、どこの産地だよ、まさか福島じゃないだろうな、福島じゃなくても沖縄食糧の混ぜ米だろうな、うすーくにせよ、セシウムやらストロンチウムとか入ってんのかなぁ、などと考えてしまいます。

なるたけ沖縄そばを食べるようにしたのですが、そのときでも、出しは鰹節とか入ってるんだろうなー、などと思うとブルーになりました。5年前まではこんなこと考えたこともなかったのですが。

よんたの沖縄紀行記2
離島に来てからは、ずいぶんリラックスできました。私は2011年の4月に急に思い立って宮古島に移住したのですが、結局1年と持たず本島の那覇市に移ったという経緯があります。

宮古島で仕事が全然見つからず、やむなく那覇市に移った訳です。それも全く仕事が見つかる当てもない移動でした。なぜか宮古島で知り合った方(たまたま那覇市に移動されてました)が保証人になってくれ、アパートは見つかりました。那覇市でも仕事探しにはずいぶん苦闘しましたが、学校の臨時職員という職にありつきます。びっくりするほどに給与が安いのでめげてしまい、起業の根性もなく、2年後また大阪に舞い戻っています。

この件については、今回の2週間の旅で微妙な感覚があります。無鉄砲でもある程度何とかなるのじゃないか、ともかくも相談を続け、リサーチもし、何とかいけるのじゃないか、現地で仕事に就けない若者や中高年のサポートをするといった方向性もありではないか、或いは、大阪で被曝をなるたけ避けながら仕事をし、1年の内、4分の1でも5分の1でも沖縄で暮らす。そして何らかの仕事をする、などという夢みたいなことも考えることが可能じゃないか、などと混沌としたことを考えるようになりました。

それはさておき、ずくなしさんから指摘されたことに少し答えてみます。おっしゃる通り、何故か私は見知らぬ所に入っていつの間にかいろんな人と仲良くなったりすることがあります。沖縄では特にそれが顕著でした。

離島の宿に泊まるとき、地元の方が運営する民宿に泊まりました。内地の方が経営する民宿がたくさんあるのですが、まず地元の方の宿主と交流したいという気持ちもありました。とてもとても綺麗にされていてびっくりしました。そこで、リビングやダイニング、空き部屋やトイレ、風呂回りのフローリングのぞうきんがけをさせてもらいました。

少しでも宿主さんに喜んでもらいたかったのと、綺麗にしていただいていることのお礼の気持ちとでぞうきんがけを思いついた訳です。それに旅中とあって体もなまりますし、ぞうきんがけをすると運動不足の解消だけでなく、腰痛の緩和にも繋がります。

すると、びっくりするくらい、宿主さんも宿主さんの奥さんも喜んでくれました。それから一気にお気持ちを寄せていただけました。仲良くさせていただき、三線演奏と歌のご披露までしていただけました。しんみりとした内容の深い意味の歌でした。とてもお上手で感動をいただきました。

それと私は、沖縄の人たちの優しさと大らかさに随分助けられています。沖縄の人たちは、いやな人、きらいな人と思った場合でもとことん相手を傷つけたり追い込んだりする、ということをしない傾向があるようなのです。離島は特にそうですね。小さな島でひどくいがみ合っても、いろんな生活場面で場を共有したり仕事で絡んだりすることが出てきます。いつまでも対立を続ける訳にもいかないのです。

相手をとことん追い詰めない、というのは生活の知恵の一つなのかもしれません。 ぬるいと見る向きもあるかもしれませんが、私には素敵な感覚だなぁと思えてしまいます。同時に、人間として上等だなぁとも。

そう言えば、「じょうとう」という言葉を沖縄ではよく使いますね。値打ちがある、素晴らしい、価値が高い、イケテイル、クールだ、などというニュアンスが込められています。私にとっては、沖縄はとっても「じょうとう」な場所だなぁ、と感じるのです。

本当に色々な問題はあります。基地は本島でも離島でも、いやというほど見せつけられますし、伝え聞く話も腹立たしいを通り越して煮えくりかえるほどの不条理で充満しています。よくこれで何十年も我慢し続けてきたものだ、と感心もし、瞠目する思いを味わったことも2度や3度ではありません。

それでも沖縄の人たちはめげませんね。粘り強い腰は一つや二つじゃなく、3番腰、4番腰と言ってもよいくらい懐の深さがあり、したたかです。同時にはんぱない思いやりがあります。大好きですね。 どうもあまり紀行記とは言えない文になってきました。

よんたの沖縄紀行記3
離島入りする前の天気予報では、宮古島は全部雨マークでした。あーあ、これじゃ綺麗な海は見れないかな、なんて思ってました。でも、沖縄の、特に離島の天気予報は何故か丸で当たらないということも経験上知っていましたので、たまには晴れ上がる日もあるだろう、なんて期待を持ってました。

今朝は島に住む親しい友人が迎えに来てくれ、東平安名崎に行くことになっていました。朝日スポットなので行ってみよう、ということだったのです。東平安名崎で朝日を見るというのは経験がないので嬉しかったですね。

車で20分ほどで着けるので、6時ちょっと前に迎えに来てくれました。天気はあいにく小雨。それでも二人ともめげず、まぁ行ってみようぜ、雲が切れるかも知れんしとのことで、小雨決行。大雨でもいいさ、なんて少し悲壮な覚悟もふまえて・・・

ところが近づくにつれて、雲がどんどん切れていきます。晴れ間が少しずつ現れます。日の出が近づき明るくなるのと雲が切れて明るくなるのと相まって、急速に頭の上が明るくなります。二人で、こりゃ〜二人とも日頃の行いがいいんだぜ、神様がご褒美くれてるぜ〜、などと好き勝手言いながらさらに向かいます。

到着するころにはほぼ快晴に近い空模様に。海の色は限りない青、波間ははるか遠方まで続き、360度の絶景パノラマです。ばっちり日の出を拝むことができ、大感動物でした。

驚いたことに二組も先客がいました。私たちは3番手だったのです。 東平安名崎は宮古島でも1,2を争う絶景ポイントです。行ったことのある人で、晴れたときの東平安名崎を体験している方はエメラルドブルーに輝く海の色をご存じだと思います。

宮古島に住んでいたとき、大阪から子ども連れで来られた3人を案内したことがあります。その日も快晴でした。到着した途端、ご夫婦とも、「わーーー!」と歓声を上げ、断崖の端っこの方まで駆け寄っていかれました。私は5才の男の子を振り返り、え? オレがお守り役ってことね? と納得してしまったものです。

ご夫婦とも、丸で子どもに返ったようにはしゃいで走り回っておられました。私は子どもと手を繋いでぼつぼつ追いかけたものです。子どもの方が何故か落ち着いてましたね。妙なものでした。

その後午前中に久松の海に連れてってもらいました。一人で体操できるポイントが欲しいというリクエストに応えてもらったのです。良いお天気は続いてました。太極拳のお稽古をちょぼちょぼやりながらずっと海を観ていました。3時間。

太陽の光を浴びて微妙に海の色が変化します。ダークグリーンから目の醒めるようなライトグリーンへ、そして一瞬でまたダークグリーンへ。丸で色の魔術師です。アゲハチョウが、バタバタという音が聞こえるかというくらい私のすぐ近くを飛び交います。海風がとても気持ちいいです。桃源郷ってこういう感じなのかな、って思いました。太極拳のお稽古でも、少し意味の深いヒントを掴めましたし。とてもとても素敵な時間でした。 たとえ沖縄に移住することが様々な事情でかなわなくても、時々は訪問してみよう、友達をもっとたくさん作ってみよう、改めてそう感じました。

いろんな要素があります。基地の問題がさらに複雑化し、もっと深刻な状況になるかもしれません。仕事の問題が難航し、移住どころか生活設計そのものを立て直す必要にせまられるかもしれません。それでも沖縄生活への憧れは消えません。

ひょっとしたら何とかなるんじゃないか、友達を作り、友達のためになるようなことでがんばり、たくさんの人に喜んでもらえるようなことを積み重ねたら道が開けるのじゃないか、漠然とそう感じています。そういう暖かさが沖縄には、特に離島にはありますね。

沖縄独立運動の闘士にでもなってみようかなぁ。あ、被曝回避の運動をサポートするというのもありだしなぁ。何にもコワイものはないし。ま、先のことは沖縄の神様に任せておくことにしましょう。
posted by ZUKUNASHI at 19:05| Comment(2) | 健康づくり

2016年04月08日

フラッキングに使われる薬品が内分泌かく乱化学物質を含むとの調査

RT2016/4/8
Fracking wastewater may cause fertility problems – study

Water pollution from chemicals used in hydraulic fracturing, or fracking, could pose a threat to the health of West Virginians, particularly in terms of reproduction, according to a new study.

Researchers at the University of Missouri announced on Wednesday that they had found high levels of endocrine disrupting chemicals (EDCs) in surface water near a fracking wastewater disposal facility near Fayetteville, West Virginia.

“We found levels of these endocrine disrupting chemicals high enough to threaten health,” Susan C. Nagel, director of the study and an associate professor of biological sciences at the University of Missouri, told Buzzfeed.

EDCs can interfere with hormones in animals and humans. They can also cause cancer, birth defects, and developmental disorders, according to the National Institute of Environmental Health Sciences.

日本では秋田県でフラッキングが行われている。
posted by ZUKUNASHI at 18:34| Comment(0) | 健康づくり

2015年11月02日

こうすれば「永遠の少年・少女」になれる 美容と健康一挙両得教えます

当ブログ独占手記を掲載します。投稿者が著作権を保有しています。転載ご遠慮ください。投稿者は60代の男性です。その点を頭に置いてお読みください。果物の甘さは炭水化物で、特に吸収が早いとされています。下に書かれているように豆腐など豆類も食べていますからたんぱく質を摂っていないわけではありません。言うまでもなく、すべての人に通用する食事法ではありません。世の中には不思議に見えることもいろいろあります。 引用開始。
 

Amazonで『食べない人たち』を読みましょう。 kindle本が1クリックダウンロードできます。

「不食」は私にはムリです。 「少食」ならできます。

今日は朝起きて、正午にアーモンド4粒。ビタミンとミネラル1錠ずつ。

午後は往復2時間のところへ出かける。 寒い日だが、べつに腹減って死ぬわけでもない。

不食の達人たちに言わせると 食べないといけないと思っている人は、食べないと身体がおかしくなるそうです。 食べなくてもいいのだと思っている人は、食べなくても平気だそうです。 思い込みみたい。

私は2年掛かって、少食にした。 コメ、パン、魚、肉、乳製品、卵、じゃがいも、ナス科植物、精製糖、異性化糖、精製塩をやめた。 それ以前に、酒と煙草をやめた。 それで2年で6kgやせた。

今夜は夕食だけ、果物と野菜のみ。たまにカレー。 カレーはインドの医食同源の薬ですかね。 豆腐には八丁味噌を乗せる。 納豆にはGABANのコリアンダーやセージを振りかける。 1食で少食。まだ70kgもある(汗)。

仕事時間はデスクワークで週に6日は10から12時間。 果物と野菜の海外食材比率80%くらい。 エクアドル、フィリピン、ベトナム、タイ、カナダ、アメリカ、宮崎、北海道。 果物は料理の必要もなく楽です。

夜のサプリは、キトサン、ビタミン、ミネラル、ビタミンB群各1錠。 食べることよりも大事なことが人生にはいっぱいあります。 私たちは食べるために生きているのではありません。

・・・終わり・・・

いかがでしょう? 簡単でしょう! 「永遠の少年・少女」になる方法

2年で76kg→70kg、6kg減です。意外なほどに落ちないんですね。管理人がもし同じように実践できたら10kg以上落ちますね。

でも、酒もタバコも止めるんですね。酒はできるかも知れないですけど、タバコはちょっと自信がありません。

それに、経済的にはどうなんでしょう。そんなに高いサプリは使っておられないようですが。

今の世、痩身のために何十万円もかける人がいますから、hiyaase流 少食化道場を開いたら押すな押すなの人気間違いないですね。

「食べることよりも大事なことが人生にはいっぱいあります」
確かにおしゃるとおりです。

でも、食べることが人生で一番大事な人もどうも多いようなんですよね。
posted by ZUKUNASHI at 23:54| Comment(5) | 健康づくり

2013年11月18日

汚染食品、加工食品を排除したらどんな効果があるか

2013/11/17、最後のウォーキング日和になるかもしれないと思って、知人のところに書類を届けがてら2時間ほど歩いた。

整体院を営むその知人の話では、客の多くは年寄りではなく、20代、30代の男女なのだという。症状は腰痛、肩こり。一日机に向かってキーボードを叩いていれば、腰痛、肩こりから無縁でいることは難しいだろう。高くはない給料のうちから施療費を捻出しているから、基本給が下がったら施療を受けられなくなると心配している人もいるという。

私は、一時、虫歯でもないのに激しい歯痛を経験してから放射性物質をとらないよう気をつけており、今のところ自覚するような体調不良や体の痛みはない。嗅覚異常が少しあるが、鼻血は出していない。

夏に裸ん坊生活をしていたらぶくぶく太り、秋になって服がえらくきつくなったので減量に努めて数キロ落ちたが、これはなんらかの原因によるやけ食いの結果。

食べるものの選択や調理方法は、ほとんど定着した。

電子レンジはやむをえない場合以外は使わない。オーブン料理も電気代が高いからしない。加工食品は、豆腐、納豆、たまにこんにゃく、ベーコン以外買わない。惣菜は、とんかつや餃子をたまに買う程度。

調味料は一応揃えてあり、リスクの少なそうなものをそれなりに使っている。グルタミンソーダ、味の素はたまに塩と一緒に漬物に使うことがあるが、それ以外にはまったく使っていない。中華系の調味料の原料がよく分からない。

醤油、みりんは、脱脂大豆使用とか外国産の穀物を原料にしていると見られるものを買う。味噌も、国産大豆使用の高級品は買わない。豆腐も同じ。もともと安物を買っていたので別に不自由は感じない。

きのこは、買っていない。先日、セシウムたっぷりのきのこ汁をご馳走になったからもう死ぬまで食べなくてもいい。レンコンは、この2年半の間に佐賀産を一回だけ食べた。・・・よく考えたら、知り合いから分厚いレンコンのてんぷらをもらって喜んで食べたことがあった。

タケノコは、輸入物をときどき。こんにゃくは国産品をたまに。こんにゃくはマンナンだがどれくらいセシウムが入るのだろう。今はあまり検出されていないようだ。

国産牛肉は、もう何年も食べていない。もともと安い輸入牛肉しか食べていなかった。

豚肉、鶏肉からは、セシウムが検出されている。わずかでも入っているはずだと思う。

ここで思うが、安い素材を苦労して調理していた相対的に豊かでない家庭のほうが内部被曝は相対的に小さいのではないか。少しカネのある家庭は、未だに刺身を食べ、加工食品や国内産穀類使用食品を食べているはずで、内部被曝が大きくなっているのではないかと思うが、おそらく貧乏人の僻みだろう。

米は、北海道産をミネラルウォーターで炊いて現代ちまき方式で保存、食べるときに蒸し器で温める。北海道産米がうまくなっていて本当に助かった。

パスタは、備蓄食品として買ってあるが、最近は出番がない。ソースの材料が見当たらないのが理由。魚介類が食べられないのは痛い。

パンは自家製。最近はきび砂糖に、オリーブオイル、塩に、胡麻だけのセサミパン。私のミネラル源、そのままでも食べられる。

乳製品は、取っていない。ケーキや菓子を付き合いで食べるときに摂っているだけだ。排尿が改善するかと思ったが、悪化を防ぐ程度の効果しか感じられない。

さて、ここまで努力して効果のほどだが、体調悪化や体の痛みなどは感じないというそれだけだ。敢えて言えば、一時視力が悪化し、夜遅くなるとパソコンの画面を見るのに難儀したが、最近はそれほど支障を感じていない。血圧も薬の助けもあって、上130台。

別のことの効果が大きいのだろうと思う。一日45分のウォーキングをさぼると、てきめんに眠りが浅い。マスクをし、雨に当らないよう、歩いているのが効いていると自分では確信している。
posted by ZUKUNASHI at 11:12| Comment(2) | 健康づくり

2013年07月30日

セシウム排出対策も行き過ぎは良くない

ペクチンが放射性物質を体内から排出する効果があると聞いて、ニュージーランド産のりんごで作ったジャムをつけて自家製のパンで朝飯をとっていたら、口角炎になってしまった。

鳥取産のラッキョウで作った酢漬けをポリポリ食べながら、パンを食べることもあった。ラッキョウ漬けをたくさん食べていると通じが良いと喜んでいたが、これも口角炎の原因の一つだろう。

ジャムをやめて、ベーコンエッグに代えたら1週間で治った。

バンダジェフスキー博士は、2013/7の来日講演の質疑応答で次のように述べている。竹野内真理ファイルから

問い:キレート剤の効果は?

バンダジェフスキー博士:
ペクチンは複雑な問題で、好ましくない側面もある。私のペクチンの研究を始めた一人であるが、92年のウクライナ科学アカデミーの研究員が来て、効果を調べてくれと言った。依頼された研究を行い、同僚の一人は大きな論文で学位をとった。私の研究ではペクチンと粘土を混ぜたものが一番吸着してくれた。ペクトパルという薬剤だ。ペクトパル以上に吸着してくれるものを私は知らない。その後、ペクトパルについて誰からも情報をもらっていない。いくつかの研究所が何種類かのペクチンを使おうとしている。

しかしペクチンを作るのは難しい。りんごの皮と実の間の部分だが、すぐ酸化してしまうので、しっかりした施設がないと作れない。きちんとしたところで作ろうとしていると聞くと疑問がわく(?)。もうひとつの問題は、ペクチンが代謝全体に与える影響があまりよく知られていないということ。腸内のイオン交換がどうなるのか、よくわかっていない。子供に対して長期にわたって使うということだとその作用が十分にわかっていない。だから100Bq/kg以下の人に使うのは、反対です。もっと大きな人に、1週間とか10日間だけ使うというのであれば、賛成です。20〜30Bqだったら新たに取り込まないほうが、勝手に排出されるからそのほうが早いと思っている。

・・・引用終わり・・・

私自身、1年前に外回りのパート労働をやめたし、食べ物もさらに気をつけているので以前より体内の放射性物質は減っているとは思っているが、りんごジャム程度なら害はなかろうと思っていた。これまでりんごを皮ごと食べたことはない。

もともとサプリメントや特保食品は嫌いでというか、カネがかかるから使っていない。降圧剤のディオバンが唯一の薬。たくさん汗をかいたときにスポーツドリンクを、たまに単純な炭酸水を飲む程度でコーラなどはまずくて飲めなくなっていた。

日本茶はもちろん厳禁、知人の家を訪問して出されれば飲むだけだ。缶コーヒーもインスタントコーヒーも飲んでいないし、子どもがいなくなってから麦茶も作っていない。

加工食品も、ハムは止めたし、ベーコンすら少し警戒している。

そんな中でのりんごジャムのインパクトは大きかったのかもしれない。ペクチンが代謝に与える影響すらわかっていないと聞いて驚いた。

ネットで見ると、放射性物質排出対策でサブリメントを使っている人も多いようだが、博士が言うように、「新たに取り込まないほうが、勝手に排出されるからそのほうが早い」というのが確実で弊害がないことは確かなのだろう。

汚染されていない食品を探してバランスよく食べることに改めて気をつけよう。ようやく北海道産の野菜が出回り始めて選択が楽になった。ナスは関東物しかなくてなかなか食べられない。キャベツも不自由だ。

2013/07/29 14:00 【共同通信】
降圧剤ディオバンで皮膚障害か 厚労省が調査開始

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤ディオバン(一般名・バルサルタン)を服用後、皮膚の広範囲がただれるなどの重い症状が出たとの報告がわずかながらあるとして、厚生労働省などが29日までに調査を始めた。薬の添付文書に副作用情報として記載するようノ社に指示するか、8月にも判断する。
 ディオバンをめぐっては、京都府立医大が臨床研究に不正なデータ操作があったと発表。ノ社は「今回の厚労省の調査は一連の問題とはまったく関係のないものだ」と説明するが、今回の調査結果によってはこの薬への不安感が高まることが予想される。

ウヒェー、どこにリスクがあるか知れたものじゃない。心疾患の防止のため最近はまじめに服薬しているのだが。
posted by ZUKUNASHI at 07:44| Comment(0) | 健康づくり

2013年07月21日

木々の夏の花

念願のオオモクゲンジの花に会えた。モクゲンジの花は終わっていた。木の花は目だたず短期間で終わってしまうものが多い。桜などは例外中の例外なのだと思う。

2013/7/21 撮影









セイヨウボダイジュ=セイヨウシナノキ 実はシナノキそっくりだ。シナノキは、葉が光を通さず夏の日差しよけには良いが、庭木としては陰が少し暗い感じがする。



ホルトノキも花が盛りだ。

posted by ZUKUNASHI at 19:47| Comment(0) | 健康づくり

2012年11月03日

秋本番

2012/11/3 泉自然公園にて 

posted by ZUKUNASHI at 21:32| Comment(0) | 健康づくり

2012年04月14日

2012年春





posted by ZUKUNASHI at 23:55| Comment(0) | 健康づくり

2011年10月12日

もはや森林浴はカラダに良くない

10/9、久しぶりに郊外の公園にウォーキングに出かけた。この時期は、桜などの紅葉が美しいはずだが、台風15号で葉が吹き飛ばされてほとんどない。木の実も風に飛ばされたらしく、少なくなっているものもあるし、逆に例年以上にびっしりと実をつけているものもある。

森林浴でフィトンチッドを胸一杯に吸ってリフレシュといきたいところだが、森林の中では上下左右から放射線が飛礫(つぶて)のように飛んできていることを考えると、リラックスできない。

国の機関が調べた、森林内における放射性物質の移行調査結果が公表されおり、広葉樹混合林では表土の上に積もったリター(落葉,枝や花,種子,樹皮,動物の遺骸など)の放射能が土壌中の蓄積量の9割を占めることが判明している。

一方、スギ壮齢林では、リター層の割合は5割。

そして、高度別の空間線量率は、森林外では、地表面に近いほど空間線量率が増加し、高さが高くなるほど減少傾向。広葉樹混合林内では、地表面に近いほど空間線量率が高く、ある高さで一定になる傾向が見られ、スギ林では壮齢林及び若齢林とも樹冠に近いほど空間線量率が高く、スギ壮齢林では地表面においても空間線量率が比較的高い傾向にあるという結果が出ている。

森林の中を歩くのは、今や放射線浴になってしまった。幹の内部の放射性物質はまだ少ないようだが、今冬から来春にかけて、スギ花粉がどの程度の放射性物質を含むことになるのか、懸念する声もある。

森林に隣接した住宅では、森林からの放射線の影響が大きい。除染は林縁から20m程度の範囲のリターを除去するのが効果的とのことだが、森林の持ち主にそれを要求できるのか。国有林なら可能だろうが、民有林だと容易ではなさそうだ。

小出裕章氏は、10/11の「たね蒔きジャーナル」で奥多摩地域のセシウム汚染に関連し、「山の中には入らないほうがいいだろうと思います」と述べている。
posted by ZUKUNASHI at 10:32| Comment(0) | 健康づくり

2009年08月03日

秋は早いぞ

今年は、既にトンボの数も多く、コスモスが咲き始めたり、秋が早いのではないかと感ずる。日照が多くないと果物は甘味が乗らない。米も大丈夫だろうか。

アケビがこんなに大きくなっている。葉がきれいに撮れたが、ホンコンカポックの葉に似ている。



畑の一角にあったムクゲ。白い大輪の花だ。葉も厚くて黒味がかっている。公園などにもよく植えてあるが、土地が肥えていれば、こんなになるのだと気づいた。



夕刻、駅にたどり着いたら、祭りのようだ。この辺は、なしの栽培農家が多いから、収穫を待つこの時期が都合よかったのだろう。

老人クラブのよさこい踊りを鑑賞。出演者の平均年齢は73歳くらいと紹介があった。この出し物の前にあった八丈太鼓は、女性だけだったが平均年齢75歳と!



菜の花をイメージしたという衣装にひょっとこのお面をつけて踊るお年寄。どなたも軽い身のこなしを披露されておられたが、お年寄りたちの素顔もとても味があった。



踊り手の前に置かれた布には、「笑う角には福がくる」という趣旨の言葉が書かれていた。

電車に乗ってから、私も、そろそろ老人クラブに入って、みんなと一緒に童謡を歌ったりしないといけないだろうか、そうしないと憎たらしい顔つきのまま人生の秋を早々に終えてしまうのかと、少々心配になった。

画像の転載、転用を禁止します。
posted by ZUKUNASHI at 21:56| Comment(0) | 健康づくり

2009年04月19日

新緑の候

今年は新緑が特に早いようだ。

萌える緑



もみじ



もみじ



次は黄桜のようだ。



でも、枝の一部を良く見ると ??



民家の庭



posted by ZUKUNASHI at 20:33| Comment(0) | 健康づくり