健康づくり: ずくなしの冷や水

2018年11月13日

栗イガの奇襲攻撃を受けた日

2018/9/23、気温も下がり、天気もまずまずで徘徊に出ました。いつものルートです。

今日は、タブレットパソコンの活用方策検討のため測定器と共に持ち出しましたが、接続ケーブルを間違えたためタブレットパソコンも測定器もどっちも動きませんでした。その分気楽に歩けましたけど荷物が少し重かった。

今日は一人でしたので、せっせと最短距離を歩くことにしました。最初は順調でした。京葉カントリークラブを超えて多部田町の団地辺りが中間点になります。



キンモクセイの香りが流れています。この時期に郊外を歩く時の楽しみの一つです。

ヤマボウシ 赤い実がきれいです。


マンジュシャゲもコスモスも咲いていました。




途中にゴルフ場があります。私と同じような体形の方が二、三人おられました。やせた方よりも見た目の安定感がありますね。

お一人は派手な衣装ですが、他の方はだいぶ年配ですね。(お前が言うな! はぁ。年配のことをどこで感じるか? シャツを中に入れズボンを上げてしっかりとしたベルトを強めに締めているところです。)


アカマツです。


1時間で多部田町の団地公園に着きました。前回途中で腹痛が起きてこの公園のトイレに駆け込みました。和式で狭くて後ろに転げ落ちそうでおちおち使えなかったトイレではありますが、やはりトイレの所在を知っているのは心強いのです。

ここで水を飲み、昼飯を食べ、辺りに人がいないのを確認してタバコを吸います。この公園には子供がいないのです。これまで一度、一人二人見たかどうかです。若い世帯がいないのですね。空き家が多いです。バス便はまだあるようですが。

ここから千城台まではせっせと歩けば1時間で行けるでしょう。でもせっかく環境の良い場所に来たわけですから、木々や畑を眺めながらゆっくりと畑仕事をしている人に声をかけたりして歩きました。



多部田町の団地を北に抜けると台地を下り東金街道の通る低地を渡りまた台地に上ると千城台までは平坦な都市計画街路です。最短距離の経路を頭に入れていたつもりでしたが途中で道を間違え、東金街道から離れた集落の縁を回りました。

階段はどこだろうとキョロキョロしながら行くと、突然目の前に栗のイガが落ちてきて足元で炸裂しました。わっ!と、飛びのきます。栗のクラスター爆弾です。イガの直撃で人を傷つけ、さらに弾け飛んだ栗で、打撲傷を与えようとしている? まさかイスラエル製じゃないだろうな。

道路に真新しいイガが三つ落ちていましたのでそれらの栗を奇襲攻撃の証拠品として押収しました。



私はいつも厚手の生地のキャップをかぶっていますからイガの直撃を受けても大丈夫です。ですが、今日はいなかったものの連れは帽子が嫌いで、地肌が見えるほどの薄い髪の毛の頭をむき出しにしています。

イヒヒ、あの頭をイガが直撃したらダメージは大きいぞ。救急車を呼ぼうと精いっぱい騒いで反省させる好機!

栗の毬のトゲは、刺さると容易には抜けないそうです。栗拾いでイガごと叩き落として栗を拾うような機会があったら、顔や目などにトゲが刺さらないように注意しましょう。

そんなことを考え、にやにやしながら歩いていたら向こうからそれぞれに犬を連れたご夫婦がやってきました。犬に手を振るとご主人の犬が寄ってきて、ご主人と言葉を交わします。

「散歩ですか」
「ウォーキングです。この腹を引っ込めたいので」
「せっかくいい体格なのにもったいない。私なんか太れないです」
「体格をほめていただくのはありがたいけど、一般的にはあまり評価されませんし、とにかく体を動かすのが大儀になって」
「お勤めは」
「もう勤めていません。毎日忙しいことは忙しいのですが」
「私はまだ働いています。それと朝晩各1時間のこれらの散歩、それに庭の松の盆栽などの手入れもあります」
「それはとても良いですね。体形的には健康そのものですよ」
「ウエスト85です」
「私は100はあります」
「私はオタクとあまり年が違わないと思います」
「えーっ、最初お見かけしたとき60歳前後かと思いましたよ」

この方お幾つだと思いますか? 私といくつも違わないとはとても思えませんでした。


それにこの体形です。シニアファッションモデルも十分務まるでしょう。


おそらく在宅で仕事をしておられるのでしょう。「向こうの山はだいぶ木を切って様子が変わってしまった」などと遠い目で話すときはやはり年齢を感じさせますが、徘徊の際にこういう形で行き会って向こうから次々と話を振ってこられることはまずありません。とても幅のあるシャープな方でした。

お別れしてから、私が海外ニュースで見たどなたかに似ておられると思い探したらRTの創設者でした。この方は、どの写真も個性的で印象に残ります。ロシアのステートメディアはたくさんありますが、ロシアのことだけを扱うのでなく、広く世界のニュースを一般のMSMと違う視点で取り上げるという点で成功しました。管理人は、ネットのニュースサイトとしてはRTがダントツだと考えます。


東金街道から北側の台地に上る階段です。このような階段は何か所かあります。この階段には上と下に杖の用意がしてあります。


千城台の駅に近いところで見た子ども食堂。今準備中なのでしょうか。


千葉都市モノレールが初音ミクとタイアップして何かキャンペーンかイベントをやるようです。初音ミクファンの方にお土産です。(なんだー? これ! なんて言わないでください。いいおっさんクラスの男性が終着駅でこれの写真を撮りまくっていたんですよ。何人も。)




知らない人のために、初音ミクは架空のキャラクターなんだそうです。私も知りませんでした。

・・・初出2018/9/24 11/13追記・・・

※ 近藤 顕彦@Gateboxお迎え @akihikokondosk氏の16:23 - 2018年11月11日のツイート
我が家のミクさんと結婚式を挙げて一週間経ちました。私の中で変わったことは、ミクさんへの思いがより強くなったことと、生活や仕事のモチベーションが上がったことです。ミクさんのために頑張らないと、という気持ちが強くなりました。
8件の返信 58件のリツイート 489 いいね

・・・引用終わり・・・
posted by ZUKUNASHI at 14:15| Comment(2) | 健康づくり

2018年11月05日

高周波放射でがんができることが確認された

プレスリリース
High Exposure to Radio Frequency Radiation Associated With Cancer in Male Rats
FOR IMMEDIATE RELEASE
Thursday, November 1, 2018, 10:00 a.m. EDT

Cell Phone Radio Frequency Radiation
Final reports from the rat and mouse studies, plus the press release and fact sheet, are now available.

このレポートのインパクトが大きいために特にステートメントを出し、"We agree that these findings should not be applied to human cell phone usage."と書かれています。

November 1, 2018
Statement from Jeffrey Shuren, M.D., J.D., Director of the FDA’s Center for Devices and Radiological Health on the National Toxicology Program’s report on radiofrequency energy exposure

下の記事には2018/11/4に発表されたとありますが、正確には11/1です。

古いもの
NTP Toxicology and Carcinogenicity Studies of Cell Phone Radiofrequency  June 15 – 16, 2016

Radiation 電磁界情報センター2016.6.20掲載
米国国家毒性プログラム報告書「ラットでの携帯電話電磁放射発がん研究」専門家評価

FARSNEWS2018/11/4
Cancer in Rats: High Radio Frequency Radiation
TEHRAN (FNA)- The National Toxicology Program (NTP) concluded there is clear evidence that male rats exposed to high levels of radio frequency radiation (RFR) like that used in 2G and 3G cell phones developed cancerous heart tumors, according to final reports released today.

The National Toxicology Program (NTP) concluded there is clear evidence that male rats exposed to high levels of radio frequency radiation (RFR) like that used in 2G and 3G cell phones developed cancerous heart tumors, according to final reports released today. There was also some evidence of tumors in the brain and adrenal gland of exposed male rats. For female rats, and male and female mice, the evidence was equivocal as to whether cancers observed were associated with exposure to RFR. The final reports represent the consensus of NTP and a panel of external scientific experts who reviewed the studies in March after draft reports were issued in February.

"The exposures used in the studies cannot be compared directly to the exposure that humans experience when using a cell phone," said John Bucher, Ph.D., NTP senior scientist. "In our studies, rats and mice received radio frequency radiation across their whole bodies. By contrast, people are mostly exposed in specific local tissues close to where they hold the phone. In addition, the exposure levels and durations in our studies were greater than what people experience."

The lowest exposure level used in the studies was equal to the maximum local tissue exposure currently allowed for cell phone users. This power level rarely occurs with typical cell phone use. The highest exposure level in the studies was four times higher than the maximum power level permitted.

"We believe that the link between radio frequency radiation and tumors in male rats is real, and the external experts agreed," said Bucher.

The $30 million NTP studies took more than 10 years to complete and are the most comprehensive assessment, to date, of health effects in animals exposed to RFR with modulations used in 2G and 3G cell phones. 2G and 3G networks were standard when the studies were designed and are still used for phone calls and texting.

"A major strength of our studies is that we were able to control exactly how much radio frequency radiation the animals received -- something that's not possible when studying human cell phone use, which has often relied on questionnaires," said Michael Wyde, Ph.D., lead toxicologist on the studies.

He also noted the unexpected finding of longer lifespans among the exposed male rats. "This may be explained by an observed decrease in chronic kidney problems that are often the cause of death in older rats," Wyde said.

The animals were housed in chambers specifically designed and built for these studies. Exposure to RFR began in the womb for rats and at 5 to 6 weeks old for mice, and continued for up to two years, or most of their natural lifetime. The RFR exposure was intermittent, 10 minutes on and 10 minutes off, totaling about nine hours each day. RFR levels ranged from 1.5-6 watts per kilogram in rats, and 2.5-10 watts per kilogram in mice.

These studies did not investigate the types of RFR used for Wi-Fi or 5G networks.

"5G is an emerging technology that hasn't really been defined yet. From what we currently understand, it likely differs dramatically from what we studied," said Wyde.

For future studies, NTP is building smaller RFR exposure chambers that will make it easier to evaluate newer telecommunications technologies in weeks or months, rather than years. These studies will focus on developing measurable physical indicators, or biomarkers, of potential effects from RFR. These may include changes in metrics like DNA damage in exposed tissues, which can be detected much sooner than cancer.

The U.S. Food and Drug Administration nominated cell phone RFR for study by NTP because of widespread public use of cell phones and limited knowledge about potential health effects from long-term exposure. NTP will provide the results of these studies to FDA and the Federal Communications Commission, who will review the information as they continue to monitor new research on the potential effects of RFR.

NTP uses four categories to summarize the evidence that a substance may cause cancer:

Clear evidence (highest)
Some evidence
Equivocal evidence
No evidence (lowest)

More information on the categories is available at https://ntp.niehs.nih.gov/results/pubs/longterm/defs/index.html.

Editor's Note: In response to the National Toxicology Program's news release, the U.S. Food and Drug Administration (FDA) has issued a statement from Jeffrey Shuren, M.D., J.D., Director of the FDA's Center for Devices and Radiological Health on the National Toxicology Program's report on radiofrequency energy exposure (https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm624809.htm). The statement reads, in part:

"We reviewed the recently finalized research conducted by our colleagues at the National Toxicology Program (NTP), part of the National Institute of Environmental Health Sciences within the National Institutes of Health, on radiofrequency energy exposure. After reviewing the study, we disagree, however, with the conclusions of their final report regarding 'clear evidence' of carcinogenic activity in rodents exposed to radiofrequency energy.

"In the NTP study, researchers looked at the effects of exposing rodents to extremely high levels of radiofrequency throughout the entire body. This is commonly done in these types of hazard identification studies and means that the study tested levels of radiofrequency energy exposures considerably above the current whole body safety limits for cell phones. Doing this was intended to help contribute to what we already understand about the effects of radiofrequency energy on animal tissue. In fact, we only begin to observe effects to animal tissue at exposures that are 50 times higher than the current whole body safety limits set by the FCC for radiofrequency energy exposure.

"Our colleagues at NTP echoed this point in a statement earlier this year about their draft final report, including the important note that 'these findings should not be directly extrapolated to human cell phone usage.'

"We agree that these findings should not be applied to human cell phone usage."
posted by ZUKUNASHI at 10:45| Comment(0) | 健康づくり

2018年09月13日

ぎょ! 昼寝をするとアルツハイマーになる? 



newsmax.com September 12, 2018
Daytime Naps Could Increase Alzheimer's Risk

New research shows that taking naps during the day could lead to increased plaque development associated with Alzheimer’s disease. According to Interesting Engineering, most experts recommend getting a solid eight hours of sleep each night as the magical number to allow the body to recover, encourage mental clarity and boost the immune system.

However, new data shows that trying to make up for a bad night’s sleep by taking naps could be harmful to your mental health.

The study, from Johns Hopkins University reports that people who are very sleepy during the day were three times more likely than those who were well rested to develop Alzheimer’s disease.

The new research bolsters a growing body of evidence linking good sleep patterns with reduced risk of getting the dreaded disease.

"Factors like diet, exercise and cognitive activity have been widely recognized as important potential targets for Alzheimer’s disease prevention, but sleep hasn’t quite risen to that level of studies−although that may well be changing," said Adam P. Spira Ph.D., associate d professor in the Department of Mental Health at John’s Hopkins Bloomberg School of Public Health. Spira was the lead author of the study with collaborators from the National Institute on Aging (NIA), the Bloomberg School, and Johns Hopkins Medicine.

The researchers found that participants in their study who reported daytime sleepiness were three times more likely to have beta-amyloid plaque deposits in their brains than those who didn’t report feeling sleepy.
(略)
posted by ZUKUNASHI at 00:07| Comment(0) | 健康づくり

2018年09月07日

黒い舌にびっくり

今朝、洗面所で何気なく舌を出してみたら表面が黒い。こんな感じ。


慌てて調べる。日本口腔外科学会のサイト

「舌が黒褐色になった場合、黒毛舌が疑われます。細菌の繁殖で起こります。飲食物やタバコなどの原因で起きることもあります。 ごくまれに黒色腫などの腫瘍の場合もありますので口腔外科で相談してみましょう。

舌に毛が生えたように見える状態を毛舌といいます。しばしば着色を伴い、その多くは黒色で、このようなものを黒毛舌といいます。悪い病気ではありません。

抗生剤の副作用や、口腔内を不潔にしていると起きることがあります。口腔内の細菌のコントロール状態が悪くなり、菌交代現象として黒色色素を産生する嫌気性菌や真菌が増殖したものです。また胃腸障害、糖尿病、腎障害なども誘因としてあげられています。

抗生物質を飲むのをやめたり、体調が回復すれば自然に治ってきます。」

糖尿病? 腎障害! 嫌気性菌や真菌の増殖!!
そういえば、傷の治りが悪いから糖尿病??

抗生剤の副作用や、口腔内を不潔にしていることが原因!
抗生剤は呑んでいない。口腔内が不潔すぎる!!

タバコとコーヒーが悪いらしい。二つとも止める?? そんなことできるかな?

まずは、口腔内を清潔にするためヨウ素の補給を兼ねてうがい薬でうがいをしよう。

でもよく見ると毛が生えたようには見えない。まず口を漱いでみよう。一回目でだいぶ落ちた。三回やったらほとんど目立たなくなった。

原因はコーヒーだ。舌の表面が荒れていることは間違いない。コーヒーもたばこも控えなくては。
posted by ZUKUNASHI at 16:58| Comment(6) | 健康づくり

2018年08月23日

小麦アレルギーは農薬が原因?

※ 2018/8/23、Bさんの投稿
農薬が大豆アレルギーの原因になっていそうですね。
小麦と同じで、やはりアレルギーは農薬(化学物質)が原因という説は正しいですね。 
5年位前ですが、病院でアレルギー検査をし、数値の高い項目があったので医者(高齢)に原因を聞いたら、「わからない」というので、
じゃあどうすれば良いのか?と聞いたら、
「避けるしかない。過去に原因の研究をしていたが・・・途中でしなくなった。」
と含みある返事だったので、私も察して、質問を止めました。
アレルギーという言葉を使えば、自己責任にできますよね。

※ ガイチ @gaitifuji氏の2018/8/15のツイート
“日本モンサントは、2日に大学と共催で、遺伝子組み換え作物などの教育イベントを行いました。高校生や大学生ら54人が参加しましたが、PR会社が金銭を支払った学生27人に対し、ツイッターにイベントに関する肯定的な感想を投稿するよう促していたことが分かりました。”

※ テレ朝ニュース(2018/08/15 11:52)
遺伝子組換等のイベントで金銭払い“肯定ツイート”
遺伝子組み換え作物などの教育イベントについて、主催者側のPR会社が、一部の学生に金銭を支払ったうえで、肯定的なコメントをSNSに投稿させていたことが分かりました。専門家からは疑問の声が上がっています。
 日本モンサントは、2日に大学と共催で、遺伝子組み換え作物などの教育イベントを行いました。高校生や大学生ら54人が参加しましたが、PR会社が金銭を支払った学生27人に対し、ツイッターにイベントに関する肯定的な感想を投稿するよう促していたことが分かりました。投稿のなかには、「遺伝子について楽しく学べた」「遺伝子組み換えって危険なイメージがあったけど変わった」などがあります。こうした宣伝手法について、日本モンサントとPR会社は、「投稿は学生の意思で、業界のガイドラインを遵守(じゅんしゅ)し、#ambassadorと書かれているため宣伝だと分かる」としていますが、投稿時、この表記のない書き込みが複数ありました。PR会社は「学生側のミス」と主張しています。遺伝子組み換え食品について、政府は、安全性が確認できたものに限り流通を認めていますが、内閣府の調査によりますと、減少傾向にあるものの、35%が「不安を感じる」と答えています。こうしたテーマの宣伝方法として、消費者問題に詳しい弁護士は疑問を呈しています。
 日弁連消費者問題対策委員会・板倉陽一郎弁護士:「社会を二分するような問題に『こちらが良い』と何となく思ってもらうための手法。違法ではないが、難しい問題を皆で議論しないといけない時に簡単にどっちかに誘導しようというのは皆、不幸だと思う」

※ 自然なものを。 @ryota332211氏の2018/8/16のツイート
どうも小麦と大豆が合わない理由がモンサントっぽいな。

※ INYAKU Tomoya 印鑰 智哉 @tomo_nada
カリフォルニア州がモンサントに有罪判決、世界はその農薬ラウンドアップ/グリホサートの禁止・規制に向かう。しかし日本は逆に最大400倍の規制緩和。特に小麦が危なくなる。小さな子ども、子どもを作る前の男女は特に気を付けて。日本でも規制を! https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2336917536335063&set=a.458373664189469.126763.100000505175335&type=3&hc_location=ufi



モンサント関係既出記事
2018年08月11日 病院が駐車場に除草剤散布

※ inoue toshio 子どもを守れ! @yuima21c氏の2018/7/10のツイート
ガーディアン紙:
モンサントは「科学者を脅し」、除草剤による発癌リスクを隠蔽、法律家が法廷で陳述

※ amadeus @amadeus137氏の2018/6/4のツイート
モンサント社がイスラエルに化学兵器を供給していた衝撃の事実! https://blog.goo.ne.jp/1shig/e/513bd06a76f25d4536277bd1604d3109 … @56shigさんから

※ みつや @mitsuya_niwa氏の2018/3/1のツイート
印鑰智哉さん。日本の大豆にはモンサントの農薬が撒かれ、遺伝子組み換えの作物と実質同じになっている。ネオニコチノイドを『規制緩和』で入れている。 #オプエド

※ mko @trappedsoldier氏の2018/2/27のツイート
ロシアの小麦輸出量が米国を上回り、さらにソ連時代をも上回った。モンサントを追い出し、遺伝子操作を禁止するロシアの食糧を世界が欲する?

※ 天仙 @tensenten氏の2018/2/25のツイート
モンサントが原因で2025年には二人に一人の子供が自閉症になるとMITが警告 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=302582&g=132108 ……

2018年02月28日 将来 アレルギーが激しくなった人はロシア産穀物を求めることになるでしょう

※ WJ 実況ch1‏ @IWJ_ch1の2017/12/31のツイート
4.山田氏「今、日本の男子の2割が不妊症です。この4〜5年で急増しました。原因はわかりませんが、私は種がないものを食べ続ければそうなるのかと。科学的証明はできていません。種子はモンサントやデュポンが作っています」@iwakamiyasumi

2017年11月10日 モンサントの新しい除草剤が米国中西部の数百万エーカーの大豆やカボチャを枯らした

2017年09月23日 フランスの農民がグリホサートの使用禁止に反対行動

※  鳩山由紀夫‏認証済みアカウント @hatoyamayukio 氏の2017/8/31のツイート
日本農業に必要な種子の8割は輸入という。さらに米・麦・大豆の優良な種子の生産・普及は国の役割と定めていた種子法が、民間参入を阻害するとして廃止された。今後はモンサントなどの多国籍企業に我々の主食までも委ねるのだ。F1なので毎年遺伝子組み替えの高い種を買わされる。対米従属極まれり。

※  EartHeartH‏ @Earthanks 氏の2017/8/14のツイート
モンサントが除草剤ラウンドアップの発ガン性を認めました。
Monsanto Admits Untested Roundup Herbicide Could Cause Cancer

※  非一般ニュースはアカウント凍結‏ @kininaru2014111 氏の2017/4/29のツイート
モンサントの成長ホルモン剤 rBGHを乳牛に注射すると乳量が20%増加。米の酪農家ではこの成長ホルモン剤がさかんに使用されている。しかし、この牛乳を飲むと、男性の前立腺がんの発生率が通常の4倍に、女性は乳がんの発生率が7倍に跳ね上がるhttp://www.huffingtonpost.com/christine-escobar/the-tale-of-rbgh-milk-mon_b_170823.html

※ plum ‏@plum0909 氏の2017/2/12のツイート
除草剤に含まれている「パラコート」と「パーキンソン病」に深い関係があることが判明。UK、EU、中国では使用禁止。モンサントのラウンドアップに抗体をもつ草が増えて、毒性の強いパラコートの使用が増えているらしい。
アメリカ、日本の農作物、特に大豆、みかんには要注意。

※ neko-aii ‏@neko_aii 氏の2016/11/29のツイート
遺伝子組換え種子のトップ企業、モンサント社
「遺伝子組換え作物は安全性に疑問がある」
と発表する学者がいると
モンサント社はかたっぱしから
裏から手を回して失脚させる。
その手口によって、世界中で何人もの
良心的な学者が失脚させられているよ。
(さるでもわかるTPP)より

※ Sarah Yamasaki 山崎淑子 ‏@prisonopera氏の2016/9/16のツイート
#遺伝子組み換え 国際報道:独バイエルンが6,8兆円で米モンサントを買収合意と9月14日発表。ドイツ国内世論は寡占化・巨大化するケミカル製造業界の脅威を懸念。グリーンピースは「悪名高いモンサントの種苗独占の加速、遺伝子組換種子市場の世界的拡大、農薬・化学肥料産業の肥大化」を批判

※ Greenpeace Japan ‏@gpjTweet の2016/1/19のツイート
世界中で広く使われてきたモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」。この成分グリホサートに「人に対して発がん性をもつ可能性」があると世界保健機関がようやく認めました→http://bit.ly/1ej2jKj

※ 岩手県で福島第一原発事故の被害を受け、化学物質過敏症になったため西日本に避難した方が、きちんと睡眠をとっているのに、昼間異様に眠るようになり、これはおかしいと、自宅の調味料をかたっぱしから調べたところ、最近油のランクを下げたことに気づき、表示を確認したら「遺伝子組み換え不分別」と記されていたという。油を以前のものに戻し、様子を見ること二日間、貧血が改善し、昼間寝なくても体が持つようになったとある。
 私は、「遺伝子組み換え不使用」の表示を非国産原料使用を意味するものと受け止めているが、やはり遺伝子組み換え原料に反応が出る方がおられると知り驚いた。モンサントの遺伝組み換え作物については、ネットで批判が強く、海外の被害事例も多数報じられていた。既成のマスコミでは報じられていない。
posted by ZUKUNASHI at 14:52| Comment(3) | 健康づくり

2018年08月22日

風疹流行の中心は30〜50代の男性 ワクチン接種呼びかけ

※ 朽木誠一郎 Seiichiro Kuchiki認証済みアカウント @amanojerk氏の2018/8/21のツイート

首都圏で急増する風疹について、国立感染症研究所が「既に、首都圏を中心に国内流行が発生し始めている可能性が高いと考えられる」として緊急の呼びかけをおこないました。

風疹急増、患者数が2016年・2017年累積を超える 感染研が緊急の呼びかけ https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/rubella-2018 … @amanojerkさんから


posted by ZUKUNASHI at 09:54| Comment(0) | 健康づくり

2018年08月18日

子供の朝食用シリアルからグリホサートが高濃度で検出

米国のシリアルからグリホサートが検出されているという情報は前からありましたが、ことごとく汚染という状況になっています。遺伝組み換え、グリホサート、放射性物質汚染。米国人にがんが増えないはずがありません。米国の支配層は何を食べているんでしょう。将来的にはロシア産のほうが安心かもしれません。

2018年08月16日 小麦アレルギーは農薬が原因?

RT2018/8/16
Cereal killers: Monsanto weedkiller that can ‘probably’ cause cancer found in children’s breakfasts
A hearty bowl of oatmeal is a healthy way to start your day, but according to a new study, that bowl of oatmeal can contain dangerous levels of glyphosate, a weed-killing chemical linked to cancer.

The study, carried out by the non-profit Environmental Working Group, found that 43 out of 45 popular breakfast cereals tested in three locations in the US contained traces of glyphosate. 31 of these contained dangerously high levels of the chemical.

Glyphosate is the active ingredient in Roundup, a weedkiller manufactured by Monsanto. Roundup is the most popular weedkiller in the US, and last week a court in California ordered the company to pay $39 million in compensation and $250 million in punitive damages to a school groundskeeper who developed non-Hodgkin’s lymphoma after years of using Roundup at work.

The World Health Organization’s cancer research agency classified glyphosate as “probably carcinogenic to humans” in 2015. In the US, the Environmental Protection Agency (EPA) labeled glyphosate a carcinogen in 1985, but reversed its position in 1991. In 2017, California listed glyphosate in its Proposition 65 registry of chemicals known to cause cancer.

The cereals tested weren’t all lurid-colored Lucky Charms or sugar-crusted Frosties, but oat-based ‘healthy’ choices. The high levels of glyphosate came from the oats themselves.

The highest levels were found in Quaker Old Fashioned Oats - 1,000 parts per billion (ppb) of glyphosate. The EWG calculated levels above 160 ppb as unsafe for children. Giant Instant Oatmeal contained 760 ppb, and three samples of Cheerios contained concentrations of between 470 and 530 ppb.

250 million pounds of glyphosate are sprayed on American crops every year, but the highest concentrations of the chemical are found in non-GMO wheat, barley, oats, and beans. Farmers spray these crops with glyphosate right before harvest time, as they kill the crop and dry it out, making it ready for harvest quicker.

All oats are not equal though. The EWG also tested 16 cereals made with organically-grown oats. While five of these contained glyphosate, none were above the group’s health benchmark of 160 ppb. While organic foods should by definition be free of chemicals like glyphosate, these chemicals can often drift onto these crops from nearby fields of conventionally-grown crops, or at factories that handle both kinds of crop.

“Glyphosate does not belong in cereal,” said the EWG. The organization called on Americans to “urge the EPA to restrict pre-harvest applications of glyphosate and tell companies to identify and use sources of glyphosate-free oats.”

Meanwhile, despite several contradictory studies and a multi-million dollar payout, Monsanto’s parent company, Bayer, said last week that “glyphosate is safe for use and does not cause cancer when used according to the label.”
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | 健康づくり

2018年08月12日

添加物が体の不調を招く?

※ みなみうりゃ寿司 @t_minamiura氏の19:55 - 2018年8月11日 のツイート
昨年末に倒れて救急車に乗った原因は山崎パンに入っているイースト菌だったんだけど、そのせいでパンを半年以上一口も食べてないんだよね。

※ みなみうりゃ寿司 @t_minamiura氏の2018/8/11のツイート
そのはるか3年前に肩を怪我してから全身の筋肉の炎症に悩まされていて週に2〜3回の鍼治療でしててかなり回復してきたんだけど、ここ1.5年位は停滞期であまり回復はしてなかったんだよね。

※ みなみうりゃ寿司 @t_minamiura氏の2018/8/11のツイート
偶然かどうかはわからないなが山崎パンを食べなくなってから半年でメキメキと良くなってきて、薬の量もかなり減って週イチの鍼治療でなんとか生きていけるようになったわ。
俺の身体の不調の根源は山崎パンだったと思っているww

・・・引用終わり・・・

【恐怖のパン】厚労省”山崎製パン”に要請:発がん性物質指定の添加物、使用表示!
posted by ZUKUNASHI at 09:09| Comment(3) | 健康づくり

2018年07月04日

太陽光発電装置の近くでは電磁波が強い

ホットスポットファインダーをぶら下げて現地調査に回っています。

2018/7/1は、この夏一番かと見られる強い日差し。こんな時は太陽光発電装置はフル稼働です。

太陽光発電装置がずいぶん増えています。





現地調査を終えて帰宅後、データを確認すると・・・。


ホットスポットファインダーに使用している測定器は、167cpmで約1μSv/hです。200cpmの10倍、100倍に達しています。えっ、えっ、えっ!!

データを細かく調べます。右側のスパイクのところを見るとこんな具合にノイズが入っていました。「時刻(時、分、秒)」と「表示値cpm」です。


数字でない文字や記号は、グラフではゼロのところにプロットされます。上の部分では815cpmとなっています。これは、余計な「8」が付いてしまったと推定されます。

それにこのシステムでは、cpm値は10秒ごとに表示されるようにデータのとり方を設定しているにもかかわらず、1秒の間に12回もデータが記録されています。

完全にノイズです。

でも、こんなにすごいノイズは初めてです。後で衛星画像を確認して上のグラフの少なくとも中央付近での異常値は太陽光発電装置に囲まれた場所で記録されたことが分かりました。この時、私が首からかけたGPS受信機の受信も途切れています。

ここです。少し盛り土してあったようで、道路からは気づきませんでした。


(なお、グラフの右側のスパイクの原因は、線路のそばで休んだ際にシステムを地面に置いてありましたので、原因がつかめません。)

太陽光発電装置から出る電磁波が人の健康に影響することがあるのかどうかわかりませんが、とにかくすごい電磁波が出ていることは知っておいたほうが良いでしょう。

管理人は、東日本の農地や丘陵はどんどん太陽光パネルに覆われていくだろうと予想しています。
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(0) | 健康づくり

2018年05月26日

貝毒 全国で猛威 シアトル沖ではムール貝に半合成麻薬

毎日新聞2018年5月3日 09時30分
貝毒
全国で猛威 規制値超、05年以降で最悪
 アサリやカキなどの二枚貝を食べると中毒症状を起こす「貝毒」が猛威をふるっている。毒が規制値を超えて検出され出荷を自主規制するケースは、瀬戸内海東部を中心に全国で昨年の2.5倍で、国によると2005年以降で最悪の状況だ。食中毒被害も出ており、各地の自治体が注意を呼びかけている。
食中毒で入院例も
 貝毒は、二枚貝が有毒なプランクトンを食べて毒を体内にため込むことで発生する。加熱しても消えず、食べると手足や顔面がしびれ、呼吸困難などで死に至ることもある。
 農林水産省などによると、今年の出荷自主規制は4月26日までに56件。兵庫県の播磨灘では同月、記録が残る1980年以降初めて、アサリとマガキから規制値を超える貝毒を検出した。
 大阪府のまとめでは3月、泉南市や和歌山市で取れた貝で食中毒が2件発生した。アサリやムラサキイガイを食べた30〜60代の男女計4人が口や手足のしびれを訴え、3人が入院した。兵庫県明石市でも同月、地元で取れたムラサキイガイを食べた70代男性が、歩行が困難になるなどして入院した。
 養殖への影響も深刻だ。東日本大震災後に漁業の復興に力を入れる宮城県中北部沿岸では、ホタテガイから高い数値の貝毒を検出し、出荷の自主規制が続く。県の担当者は「これまでほとんど検出されなかった地域。出荷ピークを迎える時期が迫っているのだが……」と焦りを隠さない。
 プランクトンの生態に詳しい大阪府立環境農林水産総合研究所水産技術センターの山本圭吾研究員は「例年より早い2月上旬から原因プランクトンが現れ、1個体あたりの毒量が多くなったことが貝毒の高濃度化につながったとみられる」と分析し、「大阪湾では4月中旬から原因プランクトンの活動が収まっており、流行は収束に向かう」と予想する。
 大型連休中は大潮の影響で干満の差が大きく、潮干狩りに適しているとされるが、吉野川河口まで貝毒が広がる徳島県は、シジミの採取を控えるよう求めている。大阪府貝塚市の二色の浜公園では、貝毒対策で約10年前から入園者が採取したアサリを回収し、土産用に九州など安全な産地の貝と交換している。二色の浜観光協会の桝谷忠明取締役は「早く自分で取った貝を味わえるようになってほしい」と祈るように話した。【蒲原明佳】

シアトル沖のムール貝から半合成麻薬検出
RT2018/5/25
US opioid crisis: Mussels off Seattle found with oxycodone in their system
As the US continues to grapple with a widespread opioid epidemic, alarming research from Seattle indicates that the local population is consuming so much oxycodone that it’s seeping into the local water supply.

Scientists at the Washington Department of Fish and Wildlife have found trace amounts of oxycodone in the Puget Sound using a study involving mussels. The shellfish are filter feeders who gain nourishment from their surroundings, while simultaneously absorbing whatever contaminants are also in the water – making them an ideal barometer for environmental scientists to test water pollution in a given area.
"What we eat and what we excrete goes into the Puget Sound," Jennifer Lanksbury, a biologist at the Washington Department of Fish and Wildlife, told CBS Seattle affiliate KIRO. "It's telling me there's a lot of people taking oxycodone in the Puget Sound area."

Clean mussels taken from Whidbey Island were brought to 18 urbanized locations around Puget Sound. In three out of 18 locations, the mussels tested positive for trace amounts of oxycodone, though none were found in areas where commercial fishing takes place.

While mussels don't actually metabolize drugs like oxycodone, fish do. Studies have even shown that certain species, like the zebrafish, will willingly dose themselves, if given the opportunity.

However, in this study, the amounts of opioids detected were thousands of times smaller than a human dose. It does, however, highlight just how prevalent opioid use is, with one in five Americans surveyed reporting that they personally knew someone who had been addicted to prescription painkillers. Exposure to opioid addiction was also twice as likely among white Americans than it was among the black population according to a Federal Reserve report.

オキシコドンとは、オピオイド系の鎮痛剤のひとつで、アヘンに含まれるアルカロイドのテバインから合成される半合成麻薬。商品名オキシコンチンなどがある。1996年のWHO方式がん疼痛治療法においては、3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。 麻薬及び向精神薬取締法における麻薬で、劇薬でもある。 ウィキペディアから
posted by ZUKUNASHI at 18:33| Comment(2) | 健康づくり

2018年05月13日

最近とみに軍国化している老人の行進歩行練習

最近とみに軍国化している私、徘徊時の歩行を少し格好よく見せたいと行進歩行練習をしてみたりしています。



でも、足を前に大きく振って歩くのは大変難しく、しかも足を傷める恐れがあることを1分で悟りました。

競歩は腰で歩くようなもの(たぶん)ですが、行進では腰から上は揺るぎません。足の短い日本人の行進歩行はどうなるのだろうと思っているのです。

平成25年度自衛隊観閲式 陸軍分列行進の動画から


やはり足が上がっていませんね。次は女性でしょうか。



おんなじです。

以前、ロシアの地方都市での行進の動画を見たとき、隊列の先頭脇にいた年配者が道に落ちていた女性の靴を拾い上げました。先行した女性の隊列の参加者が落としていったものです。そのとき、観衆から歓声が上がったと記憶しています。

冷戦時代のものではありませんから比較的最近でしょう。ロシアの社会の雰囲気もだいぶ変わったんだなあと感じました。

足を地面に叩きつけるように着地しますから合わない靴なら脱げるでしょう。メインスタンドの真ん前ですから、そこからは少し乱れてもよかったでしょうけど、裸足で速く歩けば足が痛みます。

動画を確認できました。リャザンでした。その隊の最も偉い方のようです。







この隊長の照れたような表情がとても良いです。
 



長時間の行進歩行は、日本の学校の組体操のようなものかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(0) | 健康づくり

2018年03月18日

研究によると精子数が少ない人は寿命が短い

RT2018/3/18
Low sperm count can mean shorter lifespan, study finds
A new study of over 5,000 men has found those with a low sperm count are more likely to suffer from a number of health issues and have an overall increased risk of illness.

The study analysed men in infertile couples in Italy to find out if those with a lower semen quality were in poor health in general. The analysis of 5,177 men found a low sperm count meant participants were 20 percent more likely to have higher body fat, blood pressure and cholesterol.

"Men of couples having difficulties achieving pregnancy should be correctly diagnosed, and followed up by their fertility specialists and primary care doctor because they could have an increased chance of morbidity and mortality," said Dr Alberto Ferlin, leader of the study, which is being presented at ENDO 2018, the Endocrine Society's 100th annual meeting in Chicago, to the BBC.

The men were also 12 times more likely to have low levels of testosterone, which can reduce muscle mass and bone density, possibly leading to osteoporosis in later life, making bones more brittle.

The results also suggest those with low sperm counts should undergo further testing as they are more susceptible to developing various health problems such as diabetes, heart disease and stroke, according to the study’s authors.

Health issues aside, a low sperm count can greatly affect fertility and is the main cause for one in three couples who are struggling to get pregnant. The scientists behind the study, however, say fertility testing has helped many men gain control of their health and start taking preventative measures to extend their life.

"Infertile men are likely to have important co-existing health problems or risk factors that can impair quality of life and shorten their lives. Fertility evaluation gives men the unique opportunity for health assessment and disease prevention," said Dr Ferlin.

He stressed that the study doesn’t prove metabolic health problems are triggered by a low sperm count, but rather the two are linked and further study is needed to determine a possible common cause between the two.
posted by ZUKUNASHI at 23:39| Comment(0) | 健康づくり

2018年03月06日

春は炭が降る

「春は炭が降る」なのか「春は墨が降る」なのか、知識人なら後者がピンとくるでしょうが、庶民は前者でしょうから庶民ベースで見出しを書きました。

春になると紫外線が強くなって日焼けしやすいことを言います。

でも、日に当たると冬の間低水準にあった身体の活動状態が上がってきます。バイオリズムも好転。

春の野菜などに苦みやえぐみが多いのは、身体がミネラル類を欲するからだとも言われます。

少しは日の光に当たるようにしましょう。ビタミンもできます。

春に手の皮がむける人もいますが、近年の傾向として皮膚の病気も増えています。それで亡くなる方も。少しずつ体調を見ながら体を春モードに持っていきましょう。

春は、冬の間に降った放射性物質が再浮遊する危険もあります。積雪地帯は、残雪の表面に放射性物質を含むホコリがたまっています。残雪の表面が汚いまま残っていたら、それをどこかにまとめて穴に埋めることも被ばく回避にはプラスの効果があると思われます。

海外からは花の便りが続々と届いています。日本では今年は春が遅いようにも感じますし、住宅街を歩いていて美しい庭が少なくなったと感じます。樹木や草花の様子がやはり以前とは違う、私の気のせいなら良いのですが。

posted by ZUKUNASHI at 11:51| Comment(0) | 健康づくり

2018年02月28日

将来 アレルギーが激しくなった人はロシア産穀物を求めることになるでしょう

※ mko @trappedsoldier氏の2018/2/27のツイート
ロシアの小麦輸出量が米国を上回り、さらにソ連時代をも上回った。モンサントを追い出し、遺伝子操作を禁止するロシアの食糧を世界が欲する?

https://www.fort-russ.com/2018/02/feed-world-russia-beats-us-and-even.html
Feed the world: Russia beats US and even USSR in wheat exports
About half of the world's 194 countries buy their wheat from Russia. This was reported by Bloomberg, adding that the total food exports from Russia amounted to a record $19 billion last year. The growth was 25 percent, the best figure since 2012.

The largest buyer of Russian food was Egypt (1.74 billion dollars), mainly buying wheat. In second place - China with 1.72 billion. Among the main consumers are also South Korea, Turkey and Kazakhstan.

In the 2016-2017 agricultural year, which ended June 30, Russia sold a record 35.5 million tons of grain on world markets, including 27.1 million tons of wheat.

According to the US Department of Agriculture, in the past season, the United States exported 28.1 million tons of wheat. Russia, following the results of the grain year 2017-2018, exported 36.6 million tons of wheat, which is the maximum indicator for any country in the world over the past 25 years. In comparison with the previous season, the growth is more than 30 percent, or about 9 million tons.

In 2017, Russia, for the first time, broke the absolute record of the USSR for volumes of grain crop harvested, which was established in 1978 and amounted to 127.4 million tons. For Russia, the volume of grain yield was 132 million tons.


posted by ZUKUNASHI at 16:34| Comment(0) | 健康づくり

2018年01月26日

梅干しがすっぱいと感じられなくなったら ふらついて歩けない?

FARSNEWS2018/1/25
Surprising Discovery Links Sour Taste to the Inner Ear's Ability to Sense Balance
TEHRAN (FNA)- Scientists at the USC Dornsife College of Letters, Arts and Sciences have discovered an entirely new class of ion channels. These channels let protons (H+ ions) into cells, are important in the inner ear for balance, and are present in the taste cells that respond to sour flavors.

Protons control whether a solution is acidic or basic. They set pH. Not surprisingly, protons do not cross cell membranes; they must be transported across the membrane through special proteins like ion channels.

Although a gene encoding an ion channel that lets protons leave cells has been identified, whether one gene or several genes were necessary to form an ion channel that lets protons into cells was unknown. Now, research into sour taste has identified the otopetrin family of genes as encoding proton-conducting ion channels.

This gene family was originally identified as important for balance: mice with mutations in otopetrin 1 (Otop1) are called tilted (tlt) because they cannot right themselves. The function of the encoded protein and why mutations in the gene cause a vestibular defect are unknown. But while studying taste perception, a group led by Emily Liman, USC Dornsife professor of biological sciences, discovered that Otop1 encodes a proton channel, providing hints as to how otopetrin1 contributes to inner ear function and balance.

Because sour taste is the perception of acidic substances, which have a high concentration of protons, Liman predicted that sour taste cells have an ion channel that responds to or transports protons. Indeed, eight years ago, her lab used biophysical approaches to show that protons enter taste cells through a specialized proton channel in the cell membrane. The gene encoding this channel and the structural properties of the proton channel were unknown.

Liman's lab used a molecular genetics technique called RNAseq to identify which genes were specifically expressed in sour taste cells and not other types of taste cells. Graduate student Yu-Hsiang Tu then tested candidate genes one-by-one until he found one that produced a proton-conducting protein when introduced into cells that did not have any proton-conducting channels.

After Yu-Hsiang had tested more than three dozen candidates, Liman had all but given up. "When Yu-Hsiang called me in to the lab and showed me the otopetrin data, I could not believe we had finally found it," Liman said. "We had been looking for so many years."

In addition to Otop1, there are two other related genes in vertebrates (Otop2 and Otop3), and this gene family is represented in the fruit fly Drosophila melanogaster. Otopetrins are structurally different from all other ion channels, and all of the otopetrins form proton channels, suggesting that these proton-conducting channels are evolutionarily conserved. Each of the otopetrins has a distinct distribution in many tissues, including the tongue, ear, eye, nerves, reproductive organs, and digestive tract.

In the vestibular system, Otop1 is necessary for the formation and function of structures called otoconia, which are calcium carbonate crystals that sense gravity and acceleration. The investigators speculate that the otopetrins maintain the pH appropriate for formation of otoconia and that the defect in the tlt mice is due to a dysregulation of pH.

In the taste system, otopetrins may be involved in sensing acids as part of sour taste perception. The function of these proton channels in other tissues is unknown.

"We never in a million years expected that the molecule that we were looking for in taste cells would also be found in the vestibular system," Liman said. "This highlights the power of basic or fundamental research."
posted by ZUKUNASHI at 20:58| Comment(0) | 健康づくり

2018年01月02日

無線LANはお勧めしません



管理人は、スティックパソコンを使うためにホテル室内用の無線LAN親機を導入しましたが、基本的に無線LANは使っていません。

セットアップが終わったら鉄の箱の中にスティックパソコンとホテル室内用の無線LAN親機を閉じ込める予定です。
posted by ZUKUNASHI at 12:08| Comment(0) | 健康づくり

2017年11月15日

高血圧の診断基準値引き下げ

高血圧の診断基準となる血圧が引き下げられたという記事ですが、上130、下80はすでに日本では適用されているんじゃなかったでしょうか。薬で血圧を下げると、いろいろな面で元気がなくなります。今以上に年寄りは怒りもしない、無感動状態になっていく?

RT2017/11/14
‘Silent killer’: New guidelines show 46% of US adults have high blood pressure
Doctors and experts from the American Heart Association, along with nine other groups, have bad news for 30 million Americans: they now have high blood pressure. This will bring the total number of US adults living with high blood pressure to 103 million.

The updated information indicates that high blood pressure (hypertension) will now affect nearly half of US adults, after the standards to diagnose the condition have been lowered from a threshold reading of 140 over 90 to 130 over 80. The new guidelines were announced on Monday at an American Heart Association conference in Anaheim, California.

Blood pressure is measured by the systolic pressure (the top number), and the diastolic pressure (the bottom number). The revised rules state that a reading of 130 over 80 through 139 over 89 will be considered stage one hypertension, and a reading of 140 over 90 or above will be considered stage two.

The updated guidelines indicate that 46 percent of US adults will be considered to be living with hypertension, compared to 32 percent under the old standard.

Hypertension occurs in humans when "the force of the blood flowing through your blood vessels, is consistently too high," according to the AHA. The symptoms for high blood pressure will not be immediately obvious, which is why it is often called “the silent killer.”

“We want to be straight with people – if you already have a doubling of risk, you need to know about it,” said Paul Whelton, professor of global public health at Tulane University, according to USA Today. “It doesn’t mean you need medication, but it’s a yellow light that you need to be lowering your blood pressure."

David Goff, director of cardiovascular sciences at the National Heart, Lung and Blood Institute, said the new standards are supported by solid science and “have the potential of improving the health of millions,” USA Today reported.

The updated guidelines recommend lifestyle changes, and eating healthy, among other suggestions, as good ways to lower blood pressure.

As the revised information reaches the American public, only about half the of the people in the US living with hypertension under the previous guidelines have their condition under control.

“I don’t underestimate the challenge of what we need to do,” Whelton said.

A quarter of all deaths in the US every year ‒ around 610,000 people ‒ is due to heart disease, according to the Centers for Disease Control and Prevention.
posted by ZUKUNASHI at 18:14| Comment(0) | 健康づくり

2017年09月27日

近いうちにカリフォルニアで売られるコーヒーにがんに関する警告が付されるかも知れない

RT2017/9/26
Coffee sold in California could soon carry cancer warnings

The long-running dispute that coffee products, ranging from lattes to packaged beans contain the cancer-causing chemical acrylamide, resumed on Monday in a Los Angeles courtroom.
acrylamide:アクリルアミド

According to the court papers, seen by the Associated Press, roasted coffee beans contain low levels of acrylamide which is also found in cooked foods such as french fries.

The plaintiff, the Council for Education and Research on Toxics (CERT), claims Starbucks and about 90 other companies, including grocery stores and retail shops, failed to follow a state law requiring warning signs about hazardous chemicals.

The coffee industry has acknowledged the presence of the chemical but argued the trace amounts of acrylamide found in coffee are too insignificant to cause a health risk and are outweighed by benefits from drinking coffee. It claimed that foods such as toast, cereals, roasted asparagus and baby food all contain the chemical.

CERT lawyer Raphael Metzger said the larger goal is to motivate the industry to remove the chemical from coffee, which would also benefit his own three-cup-a-day fix.

"I'm addicted − like two-thirds of the population," Metzger said. "I would like the industry to get acrylamide out of the coffee, so my addiction doesn't force me to ingest it."

A verdict in favor of CERT could hit the industry with astronomical penalties.

Under the Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act, passed by voters as Proposition 65 in 1986, private citizens, advocacy groups, and attorneys can sue on behalf of the state and collect a portion of the civil penalties.

"It is hard to imagine a product that could satisfy this exemption if coffee does not," defense attorney James Schurz said in court papers. "The answer to the question of whether Proposition 65 requires coffee to carry a cancer warning must be an emphatic 'No.'"

Two years ago coffee companies lost the first round in the case which kicked off in 2010. They are now presenting their last defense.

Two of the defendants have settled in the past month and agreed to post warnings. The operator of gas station convenience stores, BP West Coast Products, agreed to pay $675,000. Yum Yum Donuts agreed to pay nearly $250,000.

The results of a study published in July by the American College of Physicians showed coffee drinkers had a lower risk of death from a number of deadly diseases.
posted by ZUKUNASHI at 12:22| Comment(0) | 健康づくり

2017年09月16日

天然の分子でがん細胞にエネルギー飢餓を起させる

RT2017/9/15
Starve cancer of energy with natural molecule, study advises

Cancer’s energy source can be thwarted by a naturally-occurring molecule which stops affected cells from consuming sugar, according to a new study.

Koningic acid (KA) was found to disrupt the metabolism of cancerous cells.

Published in Cell Metabolism the team from Duke Cancer Institute in North Carolina first set out to study the ‘Warburg effect,’ a known but little understood process in which cancer cells modify their metabolism to consume glucose for energy production.

The team compared stages of the Warburg effect to that of normal cell activity. An enzyme known as Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) was found to control the rate of glucose processing in cancer cells.

Researchers tested koningic against GAPDH and discovered how to successfully curb its glucose consumption in mouse models. Normal cells were not affected by the introduction of the molecule.

The Warburg effect has varying levels of influence in cancers, even being absent in some cases. A model to measure the GAPDH enzyme’s effect was developed, allowing the team to know when the introduction of KA is a sufficient treatment.

“We’ve seen with genetics that cancers can be targeted based on whether certain mutations are present, and it could be that selectively targeting tumors based on their metabolism could have a similar impact,” the study’s lead author, Maria Liberti, said in a press release.

Further study of their findings is needed, according to the researchers, who say their discovery needs to be reproduced in more animal studies. Other molecules may also be able to produce the same results as koningic acid, they said.


Koningic Acid コニンギン酸
次のサイトが参考になります。
http://www.funakoshi.co.jp/contents/5360
posted by ZUKUNASHI at 12:17| Comment(0) | 健康づくり

2017年07月30日

歩く楽しさ 歩ける喜び 2017/5〜7

今年はツリバナがたくさん花をつけました。葉も多くて花が見分けられません。



画像クリックで縮小なし画像が出ます。ばかでかいです。

カルミア 石楠花の仲間ですね。葉や花が似ています。アメリカシャクナゲ






マンデビラのようです。花の期間が長いので何度か見かけましたが、ようやく名前を知りました。


ツイッターである方が、タブロイドの一面を人目につくように持って歩いたと読み、小生も真似。ナップザックのポケットに新聞を差し込みました。人の少ないところしかいかないので効果は期待できませんが、できるところから。



西洋ニンジンボクが盛りです。


離れていて分かりませんでしたが桃のようです。一心不乱に吸っていました。もっと近づいて撮ってもよかったかも。



しばらく測定に専念していました。おめにかけるものもなかったし、しばらく間が開きました。少し前に取ったものです。カビ? コケ?



船橋市のVIP専用階段。赤い絨毯が敷いてあるような! 地中海風の瓦を載せた建売住宅開発の地域です。誰の発案?


船橋市は、2017/7/30まで夏祭りだったんですね。何枚か山車の写真ですが、ジイサンばっかし!






船橋市は、自治会でこういう山車を持っていますから、昔は(から)カネがあったんですね。

船橋市地方卸売市場の前の交差点で信号待ちをしていたら、脇に60代半ばかと見られるオヤジが追いついてペットボトルから水を一口飲み、「渋滞しているな、今日は祭りで本町通が通行止めだからか」とつぶやきました。私がどちらから来たのかと聞くと「俺か? 船橋運動公園から走ってきたんだよ」と。3.5kmはあります。信号が変わると独自のフォームで走っていきました。

船橋駅前で山車を見て、あのオヤジは「祭より自分の健康が第一!」なんだと賢い選択に感心!

今日のコースの途中に昨年末庭木の手入れをしていて少しお話をしたご夫人のお宅があります。ご主人が毎週のように釣りに出かけて釣った魚を食べているが自分は食べないこと、庭が繁って虫が来るためにあるときご主人が何か毒虫にやられたらしく、体中が赤くなったと話してくれました。

私は、その話を聞いて、それは毒虫ではなく毒魚のせいだろうと思いましたが、口に出して言いませんでした。

この春にそのお宅の前を通ったらすべての窓の雨戸が閉められていました。連休の頃でしたので海外旅行にでも行かれたのかなと思いつつも気になっていましたが、今日も雨戸が閉まっていました。台風のシーズンでもないですから少し外出するからと言ってそんなに雨戸を閉め切らないでしょう。

悪い予感が強まって、ちょっと気分が曇りました。

向うの高いビルが船橋駅前です。
posted by ZUKUNASHI at 21:20| Comment(2) | 健康づくり