デジタル・インターネット: ずくなしの冷や水

2009年09月21日

β値など計算のデータ収集

2009/9/13にβ値などの計算例を掲げたが、相場観察の記事を書き進める上で、計算のためのデータをどう集めるか、前回の書き残しを終えておかないといけない。

問題は、計算しようとする銘柄数が100とか、300になった場合に、計算例の「引値」のシートのデータをどうやって蓄積するかだ。

1 Realtime Spread Sheetを使う。
2008/6/15の記事で「Realtime Spread Sheetで日経平均算出」を書いたが、楽天証券のRealtime Spread Sheetが使えれば、これが一番簡単だろう。

ただ、この方法では一度に280銘柄程度しかデータが取れないから、300以上のデータを取るときには、ファイルを複数作り、一つずつ順番に開いてデータを読み込ませ、これを別に作ったデータ統合用のファイルに「形式を選択して貼り付け」→「値」でまとめていくという手順が必要だ。

2 株価収集ソフトを使う。
この種のソフトでは、「株価収集君」がお勧めだ。以前にも紹介したことがあるが、高速性と安定性は驚異的だ。全銘柄約3800ほどを1分足らずで収集する。YahooのWEBデザインが変っても、これまでのところ、まったく問題は出ていない。

「株価収集君」では、データ収集銘柄を指定することもできる。この機能を使った方が楽だろう。

3 EXCELで外部データの取り込み機能を使う。
EXCELでは、「データ」→「外部データの取り込み」→「新しいWebクエリ」で他のWebからデータを取り込む機能がある。それぞれのセルに銘柄ごとのデータ参照先を入力すれば、データが取れるので、こちらを使う手もある。

4 証券会社のポートフォリオ表示機能を使う。
証券会社によるが、顧客がポートフォリオ銘柄を選定し、そのデータをリアルタイムで表示する機能を提供しているところもある。これからデータがCSVファイル形式で取り出せる場合、あるいはコピーしてEXCELに貼り付けることができる場合は、これも使える。

データ収集に関しては、各人の環境により工夫の余地が大きい。

注意点を2、3掲げておこう。

a データ収集は毎日(翌日早朝までに)欠かさず実行しないといけない。過去データの収集方法は限定される。金か手間がかかる。

b 収集漏れが生ずる場合に備え、価格であれば、「前日比」の項目も収集するようにする。これがあれば1日分の漏れを埋めることができる。

c ベータ値などの計算銘柄を追加した場合は、数か少なければ、過去データをYahooの時系列データから補充すればよい。

d データを収集して、「計算例」の「引値」欄に当日分を追加する場合は、銘柄ごとのデータがずれないようにする。この点は、データベースソフトを使うと、余計なデータが混じっていても必要なデータだけ取り出して整序することができて便利だが、EXCELベースの場合は簡単にはできないようだ。

e 「株価収集君」で全銘柄のデータを取り出すと、Yahooのデータに原因があって一部の銘柄でだぶりが生ずることがある。データベースソフトを使うと、ダブリは簡単に排除できるが、EXCELベースの場合は注意が必要だ。

f 出来高、高値、安値、引値を収集すればチェイキンのオシレーターが計算できるが、個別銘柄では出来高の変動が激しすぎてこのオシレーターではダマシが多くなる。

g Realtime Spread Sheetでは、信用倍率も取り出すことができる。今のような戻りの過程で、取り組みのよい銘柄で踏み上げが見られるときには有用だ。
posted by ZUKUNASHI at 09:37| Comment(0) | デジタル・インターネット

2009年09月13日

β値などの計算例

日本株のレンジ相場は、しばらく続きそうだが、新政権の政策が順次実現していくとの見方が強まったり、円高傾向が続いたりすると、業種、銘柄間の選好に変化が生じそうだ。

タイムシリーズの変化を把握するのはチャートが一番だが、クロスセクションともいうべき銘柄間の人気の変化を見るには、β値とかボラティリティの動きが参考になる。

こういうアプローチは、手間もかかるから関心のない人にはほとんど無意味なデータだろうが、これのデータ整理に重点を移してから、プロはこれらのデータを縦横に駆使していると、確信を持つようになった。

実は、β値とかボラティリティの計算は、簡単だ。

まず、株価などの変動の大きさを示すボラティリティは、日次の変化率の標準偏差を使えばいい。これを銘柄間で比較すれば、値動きが相対的に大きくなったか、あるいは小さくなったかを知ることができる。

一定の期間の終値データ → 日次変化率(当日終値÷前日終値−1) → 標準偏差

これは1σだから日次変化率が正規分布しているとの仮定に立てば、翌日の日次変化率は、プラス・マイナス1σの中に、68.27%の確率で収まることになる。

つまり、9/11現在の日経平均の日次変化率の標準偏差は0.0101だから、9/14の日経平均はプラス・マイナス105円程度に収まる確率が68%ということになる。

コア30銘柄で見ると9/11現在でこの1σが最も大きいのがJFEHDの0.0263、方や新日鉄は0.0228だから鉄が上がると思えば、JFEHDを買う人が多くなるだろう。

もちろん、何日間の日次変化率を使うかによって、当然標準偏差は変ってくる。ここでの決め手はなく、そのときの相場状況によって適当な日数を選ぶしかない。計算例では7日間の変化率を使っている。

次にβ値は、ある銘柄の日次変化率がベンチマークの日次変化率に対して連動する動きを示しているか、否かを見るのに便利だ。

日経平均をベンチマークとするなら

一定の期間の終値データ(ベンチマークを含む) → 日次変化率(当日終値÷前日終値−1) → ベンチマークの日次変化率をXとし、ある銘柄の日次変化率をYとして直線を当てはめた場合の傾き

こちらは、ベンチマークと同じ変化率で動いていれば値は1、まったく逆の動きなら−1となるはずで、実際に9/11までのデータで三市場1部銘柄を計算すると、−1.78から+3.87まで幅広く分布する。

−1.78は日本エアーテック、これに次いでβ値が低いのはヒューリック。一方、+3.87は山水電気これに次いでβ値が高いのはシルバー精工、シルバーオックスだ。ベンチマークの動きが逆ならこれらのβ値は+−が逆になっただろう。いずれにしても、極端な数値はつかえない。

β値1に近いのはユニプレスと京葉銀行。コマツは0.837と低い方だ。

β値も計算期間の取り方で数値が大きく変ってくる。銘柄特性を見る上では、長い期間を取ったほうがいいのだろうが、ここ1年ほどの変動は異常に過ぎるから、少し短期で使っている。計算例では23日間の変化率。

もう一つ、プロが短期売買に使っているとされる5日移動平均乖離率も簡単に計算できる。

5日間の終値データ → 当日終値÷平均値−1 → 5日間移動平均乖離率

ただ、これはあまり使えないように思う。乖離率が何%程度になったら利益確定なのか、見ていてもよく分からない。

文章だけでは、分かりにくいからコア30銘柄についての計算例をEXCELのファイルで掲げる。計算式自体は難しくないことは、すぐわかるだろう。もちろん、このファイルで使っている計算方法が厳密に言って正しいのかどうかは、専門家に聞かないとわからないが、しばらく使ってみて、これでも役に立つのだから、まあ、この程度でいいんじゃないの? というのが正直なところだ。

問題は、日次のデータをどうやって集めるかだ。30銘柄くらいなら手入力でも手間はかからないが、100銘柄以上となるとそうはいかなくなる。次回は、データ収集方法だ。

posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年07月07日

XBRLって何モノ?

適時開示情報閲覧サービスでXBRL文書が掲載されるようになりました。もともとEDINETで財務諸表をこの形式で提出することが義務付けられましたから、どうせなら決算短信も同じ形式でよりデータを活用しやすくするというのは、大きな改善です。

ところが、この形式のデータは手軽には使えません。ファイルを読解可能な形で開くには専用のソフトがなければならないのです。

XBRL文書を「とりあえずEXCELに読み込ませる」というフリーソフトを見つけて試してみました。資料はミタチ産業の決算短信です。

PDFファイルは、アクロバットリーダーがあれば、こんな形で開けます。



この文書のXBRLを「とりあえずEXCEL」で読み込むと下のような形で表示されます。売上高から売上高営業利益率の部分までを抜き出しています。



XBRLのソースコードをエディターで開くと下のような形です。売上高、売上高増減率、それに営業利益の数値までの部分です。最初に画像で。



上のコードを文字のままこのブログの入力画面に直接貼り付けると、下のように表示されます。一応コードを認識して数値だけを表示しています。

37034000000
0.070
930000000

こういう形で開示されると、閲覧サービスのサイトからXBRLのファイルを収集し、銘柄コード別に決算短信のデータを表計算ファイルなりデータベースのファイルに変換するのはごく容易なことになりましょう。

もう、何千の企業が同一日に決算を開示してもほんの数分でデータの整理や入力が終わるということになります。あくせくデータ入力しなくても済むということです。

なんとか、この省力化手法をワガモノにしたいところですが、手順は二つになります。
@ 適時開示のサイトからXBRLのファイルを探してダウンロードする。

A ダウンロードしたXBRLのファイルを順次開いて、指定したデータを一つのファイルに集約、整理する。

@はそう難しいことではなさそうです。今でも画像自動収集ソフトなどがありますから。

Aは、「とりあえずEXCEL」を使って手動でやっても省力化、転記ミス防止が図れそうです。

XBRLの最大のメリットは項目名と数値の対応関係がしっかりしていることであり、項目名も分野によって統一されています。EXCELファイルに転換できさえすれば、マクロを使って必要項目だけを残し、一つのファイルにまとめてデータベースに入力、あるいは全部のデータを丸ごとデータベースに入れて必要な項目だけを取り出して並べるという手法も取れます。

でも、できればもっと省力化したいもの。さてさて、誰に頼んだら便利なソフトを作ってもらえるでしょう?
posted by ZUKUNASHI at 20:04| Comment(1) | デジタル・インターネット

2008年06月15日

便利なソフトは知らないと損 3

1 サイトからリアルタイムでデータ引出し
EXCELには、ネット上のサイトから表の部分をシート上に引き写す機能があり、これは分単位で更新させることもできます。

下の画面は、「データ」→「外部データの取り込み」→「新しいwebクエリ」でYahoo ファイナンスの新日鉄の「詳細情報」を引いてきたところです。



この機能の活用の余地は大きいように思いますが、上の画面から必要な情報を抽出して蓄積したりするのは少し面倒です。

東証の業種別株価指数の蓄積程度であれば、1日に1回ですから使えるかもしれません。ただし、その日3時時点のデータに更新されるのは午後5時なので、私の場合は遅すぎて使えませんが。

EXCELにデータを引き写すという点では同じでも、リアルタイムのデータ取得を容易にしたRealtime Spread Sheet(楽天証券のMarket Speedという取引ツール・情報画面に付属)の使い勝手は抜群です。具体的な使用例は、一つ前の記事「Realtime Spread Sheetで日経平均算出」に書きました。

2 PDFファイルからデータ取得
PDF文書は開くのにも時間がかかるし、表示内容のコピーができないように設定してある場合もあって(開示資料でなんで一部コピーをできないようにする意味があるのでしょう!)不便です。

もともと、PDFファイルのメリットの一つは文書が改ざんしにくいという点にあるようですし、データを使わせたくないという場合もこの形式が使われます。

それでもデータを使いたいという場合は、PDFファイルをいったん自分のパソコンに保存し、それをAdobe Readerで開いて「ファイル」→「テキストとして保存」の機能を使います。

ファイルの容量やパソコンの能力によってえらく時間がかかることもあります。それに、テキスト化されたデータは形が崩れていることが多く、整形しないと使い物になりません。

PDFファイルを作るソフトが手元にあればもっと簡単にテキスト化できるのでしょうが、そこまでの装備がない私の場合は、この方法で手間をかけてデータを入手しています。

3 PDF文書などを大画面で表示

最近は大型液晶画面の値段も下がってきましたが、やはりまだ高価です。企業の開示資料はA4サイズのようで、19インチの液晶画面ですとよほど縮小しないと全体が表示されず、視力の低下した年寄りにはつらいことになります。

かといって、高価な大型液晶画面を買うことができませんので、試行錯誤の結果、古くなった17インチ液晶画面を縦に並べて使うことにしました。1280×1024ピクセルのもの二つ上下に並べれば、1280×2048ピクセルの縦長液晶と同じになります。ざっと27インチ相当となりましょうか。

24.1インチワイド液晶モニタで1920×1200ですからこれより画面が大きいことになります。

こんなやりくりをしたのも、1台のパソコンから二つの画面に出力できる安いグラフィックボードでも、横に並べるだけでなく縦に並べた形でも表示できることを発見したからです。安いボードでの二画面出力の場合、一つの出力はアナログ、もう一つはデジタルとなりますし、ボード付属のソフトで上下分割の形での表示に設定する必要があります。

ボード付属のソフトの中には扱いづらいソフトもあって、思い通りに表示できない場合もありますから、注意が必要です。

二画面出力のボードをつけたもう1台のパソコンは、画面を一つにしてソフトを効かなくしたら、それまでの画面設定が全部パーになりましたし、今もアプリケーションのいくつかは、斜め上方、使用中のディスプレイの枠外に表示されてしまうので、ログインもできなくなっています。
posted by ZUKUNASHI at 07:45| Comment(0) | デジタル・インターネット

Realtime Spread Sheetで日経平均算出

楽天証券のRealtime Spread Sheet、ほんとに便利ですね。当社に関してはシステムの脆弱性がうんぬんされたこともありましたが、Realtime Spread Sheetのサーバに関しては一度も不調を経験していません。他の証券会社も、個人投資家がいろいろなデータを入手して独自に分析できるよう配慮してほしいものです。

当社のこの仕組みをヨイショする意味もあって、日経平均を本当のリアルタイムで入手する方法を紹介します。

日経平均は日本経済新聞社の著作物ですし、その関連データも配布するのは許容されているのかよく分かりませんので、ここでは出来上がりのファイルを掲げることはせず、資料のソースを掲げますから、ご関心があれば、それぞれのソースに当たって挑戦してみてください。

1 日経平均構成銘柄
これは、Bloombergのサイトから取り出せます。マーケットデータ・株式の画面からランキングの表全体を選択し、コピーしてEXCELのシートに貼り付けます。

データ量が多いので、貼り付けが終わるまで少し時間がかかります。貼り付けられたら「コード」と「価格」の列だけをコピーし他の列に「形式を選択して貼り付け」→「値」で貼り付けます。いろいろな飾りが取れてスッキリします。

これができたら、最初に貼り付けた部分全体を削除し、「コード」と「価格」の2列を左端に寄せ、コードで昇順ソートしておきます。

2 株価の50円額面換算と採用株価、除数
日経平均は単純平均とされていますが、1株133万円のものから114円のものまであり、持ち株会社化などによって高額なものも多くなっています。

日経平均では50円額面に換算して平均を取るようになっており、30銘柄に「みなし額面」が適用されています。

1605 国際石油開発帝石ホールディングのみなし額面は50,000円、これを50円当たりで平均するわけで株価は1,000で除した値、6/13であれば1,330円になります。

さきほどのEXCELシートの空白列にまずすべて50を入力します。オートフィルでやれば一発です。そして、みなし額面のある銘柄だけその値に置き換えます。30銘柄ですから手間はかかりません。この列を便宜上、みなし額面の列と呼びます。

その次の空白列に「=50/(みなし額面の列の値)」の算式を入力。これもオートフィルで一発。便宜上、株価修正率と呼びます。そしてその次の空白列に「=株価×株価修正率」の算式を入力。またオートフィルを使います。

指数採用株価が計算できましたので、その合計を出します。ソフトバンク9984の下の行のセルを選択して「Σ」をクリック、合計が340,875.2と出たはずです。これを最新時点の除数24.394で割れば、13973.73と算出されて、6/13の日経平均が出ました。

3  Realtime Spread Sheetの各項目の入力
このソフトをお使いの方は良くご存じでしょうが、RSSの数式は例えば現在値を呼び出すのであれば、「=RSS|'9984.T'!現在値」となります。これを分解すると、

=RSS|'」 「9984」 「.T'!現在値」からなっていることが分かります。最初の部分はどの項目でも変わらず、2番目の部分はコード番号そのもの、3番目の部分は「現在値」の文字が項目により始値、高値、前日比などとなるわけです。

なお、「T」は東京証券取引所を示しますが、日経平均採用銘柄はすべて東証1部銘柄ですからこれをいじる必要はありません。

4 各項目の入力準備
指数採用株価の次の空白列に、「=RSS|'」とすべて入力、次の列に「.T'!銘柄名称」、「.T'!始値」、「.T'!高値」、「.T'!安値」、「.T'!現在値」、「.T'!前日比」と必要な項目を入力します。いずれも一番上のセルに入力してオートフィルを使います。

5 RSS数式入力
だいぶ列が増えましたが、空白列にRSSの数式を合成入力していきます。ここではEXCELの関数から「文字列操作」→「concatenate」を使います。

最初に入力しようとするセルを選択して「concatenate」をクリックすると下のような画面が出てきますから、次々につなぎ合わせるセルを指定していきます。一つ入力すると「文字列」の入力欄は自動で増えます。



入力してOKをクリックすると、「=CONCATENATE(I2,C2,P2)」などと入力されているはずです。後はオートフィルを使います。縦だけでなく横にもオートフィルを使うために自動で変更してほしくない個所、すなわち一番最初の部分とコード番号の指定個所は「$」をつけておきましょう。

=CONCATENATE($I2,$C2,P2)」  こんな形です。

このセルを縦と横に必要な数だけ、つまり縦であれば225番目のセルまでオートフィルで広げます。

これで数式は出来上がりです。シートを丸ごともう一枚のシートにコピーします。このとき、「形式を選択して貼り付け」→「値」にすることを忘れないように。

コピーしたら、Bloombergから写したコードの列と価格乗数、そして文字列を合成して作ったRSS数式の入った列だけ残して他の列を削除します。

シートの一番上に1行追加し、適当な見出しをつけます。そして、「価格乗数」の列を切り取り、右端の列が例えば「前日比」であればその右側に挿入します。

さらにその右に「=現在値*価格乗数」となるようにセル番号を用いて数式を入力、その列の上端に「Σ」で225銘柄の合計値を計算し、さらに24.394で割り算をします。「=sum(・・・)/24.394」という形です。

(追記)
2010/1/22、日本航空から東海旅客鉄道に採用銘柄が変更され、除数は24.718になった。東海旅客鉄道には価格乗数が適用されている)

さあ、これでリアルタイムの日経平均が表示されます。一つの銘柄でも動くと値が変わりますから、1秒に何度も変化します。

なお、この方法は途中で文字列の合成を行っているために、RSSから値を引き出せないことがあります。その場合は次の方法を試してください

@ 完成したEXCELのシートをいったん、CSVファイルで保存し、再びこれをEXCELで読み込みなおす。セルに残っていた余計な情報がなくなって読み込むようになります。

A @でもダメな場合は、最初のコード番号の列をRSS数式入力画面を使って225銘柄入力しなおします。そして、うまく表示されるようになったらこの列を他の列にコピーし列ごとに選択の上「コード」を「銘柄名称」などに全置換えします。

Aの方法は手間ですが、全部の項目をRSS入力画面で入れるよりよほど省力化できます。

このシートで示される日経平均の値を適宜記録してグラフに表示させることもできますが、私はこの部分を人に頼んでやってもらったので、マクロを使っているというくらいしか説明能力がありません。

Realtime Spread Sheet を使うために楽天証券に口座を開く人、多くなるのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 00:00| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年06月12日

便利なソフトは知らないと損 2

1 Open Office 
ワープロ、表計算、データベースソフトが入ったフリーのオフィススイートです。私の一番の注目はデータベースソフトが入っている点で、オフィスソフト最大手企業の製品ではプロフェッショナル版を買わないと入っていませんし、えらく高価ですがこれならすべて無料。

私はいつかデータベースの作り方を紹介しようと思い、そういえば一般のパソコンユーザーはデータベースソフトを持っていないはずと気づいてソフトの紹介とダウンロードの便に右サイドにリンクを張りました。

まだ、私は実用していないので使用した感想は書けませんが、別のソフトで作ったデータベースがほぼ完成したので、そのうちOpen Officeにエクスポートできるかも含めて試してみます。

2 サクラエディター
こちらは、パソコンのソフトを手直ししたりする人には必須のソフト。基本的な機能はウィンドウズに付属しているアクセサリーの「メモ帳」と同じですが、多くの人の知恵と創意の結集で機能が高度化しています。

私は、パソコンのソフトを手直ししてもらった際にこれを入れろと言われました。ソフト固有の余計な記号などを残さないためにこういうテキストエディターが必要なのだそうです。

名前は昔から知っていましたが、今回使ったら大きなサプライズ! テキストデータをCSVファイルに変換して表計算ソフトに読み込ませるためテキストエディターで文字の変換作業を行いますが、メモ帳では何分もかかっていた作業が瞬時に終わりました。

もう離せません。矩形での削除など従来ワープロソフトを呼び出してやるしかなかった作業もできるようです。

3 株価収集君
このソフトがないと株式データベースの運営はまず不可能です。株価と出来高の収集に使っていますが、早ければ全銘柄を1分前後で集めてくれます。銘柄をコードで指定した場合、700銘柄程度ですと20秒ほどで終わりますから場中にデータを取ることも可能です。

右サイドにリンクがあります。

4 FFFTP
サーバにファイルをアプロードするためのソフト。シンプルですが必要にして十分な機能。1日に何度もブログの画像を差し替えたり追加したりするたびにお世話になっています。

5 JTrim
フォトレタッチソフト。デジカメ画像をアップする前にサイズや色調を調整するのに使っています。使い方の解説も多くなっています。
posted by ZUKUNASHI at 12:00| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年06月11日

便利なソフトは知らないと損 1

相場情報を得るのはもっぱらインターネット経由、私の主要な情報入手先リスト。

(1) 適時開示情報閲覧サービス

(2) EDINET
春にシステムが変更され、会社の検索がやりにくくなった。

(3) インフォーシーク 経済・マーケットニュース
ここから通信社別のページに入ってロイターとブルームバーグのニュースをチェック。

(4) Klugニュース
最近発見。為替関係のニュースが主体で、とにかく早いのがとりえ。

(5)  外為ドットコム
リアルタイムのティックデータが見れる。30秒自動更新なのも便利。

(6)  CME Delayed Data
CMEのデータは無料サイトではここが一番。国内の証券会社でCMEの先物を扱っているところがあり、口座を開設するとリアルタイムの情報が得られるらしいと聞くのでちょっと迷っているところ。

(7) リアルタイム世界の株価指数
1分自動更新

(8) 世界の株価と日経平均
こちらはS&P500、原油先物などのチャートも。

(9) グーグルニュース
検索用語を登録すると関係記事がメールで知らされるニュースアラートが便利。

上のサイトの中で頻繁に最新データをチェックしなければならないものがいくつかあり、(1)は自動更新でないし、(4)も自動更新ではないようで、いちいち更新ボタンを押すのが厄介。

そこで画面を自動更新してくれるフリーソフトを探し使ってみたものの、私のように1台の液晶画面でいくつもの画面を開いていると、自動更新してほしいサイトがいつのまにか別のサイトに切り替わっていたりして不安定・不便で使用断念。

調べるとインターネットエクスプローラー以外のブラウザでは表示画面の自動更新が可能なものがあるらしいことを発見し、その一つ、Mozilla Firefoxを使うことに決定。ダウンロードしてインストールまでは簡単で、自動更新の機能をつけるために、さらにRELOADのアドオンをインストール。

それを終えれば、画面上の更新ボタンがプルダウン式になり、ここで更新間隔を30秒とか1分に指定。このブラウザはタブ方式(一つの画面が一つのタブ、EXCELで一つのファイルに複数のワークシートが入っているのに似ている)で、タブごとに時間を指定できる。

これで更新の省力化が図れるはず。

Mozilla Firefox試用して気づいたことがニ、三。

(a) 新しいサイトを呼び出すとロードに時間がかかることがある。

(b) 文字サイズが多段階で調整可能。これはありがたい。

(c) このブログなどの画面構成を規定しているスタイルシートを適用しないこともできる。これをやるとシロートの作った手抜きサイトのような形で表示され、文字がバカでかくなる。

(d) もともとMozilla Firefoxはセキュリティ面が強いという理由でこれを好む人が多いらしいが、私の場合はフィッシング詐欺サイトなどにはアクセスしていないので(?!)、こちらは期待しておらず、検証もできない。

(追記)
(f) 自動更新が不便な点もあります。このブログに書き込んでいる最中に画面更新があると、記入済のものがみな消えてしまいます。

(g) 画面の中チャートがあってそれに更新ボタンがついているような場合は、画面全体は更新されても、枠内のグラフは更新されません。
posted by ZUKUNASHI at 00:07| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年04月20日

今日も道具の手入れ

今日は、ブログを書いたりする愛用のパソコンが壊れてしまいました。以前から文章の入力時に機械が一部を忘れてしまうことがあり、トシナンダナーと思っていたのですが、ディスプレイが不調になり、プラグを差し替えたりしても映らなく、なんどもスイッチオンオフを繰り返しているうちに、ピーピー、ピーーと警告音が止まらなくなりました。

ノースブリッジがおかしくなっているのでしょう。ASUSのA7A133という古いマザーボードですが、確か5年近く使っているはずです。もうこのマザーボードは使えませんが、よく働いてくれました。

パソコンの側面を開けて、ハードディスクとDVD+RW(変わっているでしょう? 安売り品です。CD−Rは焼けるので実用には支障なし)を取り出し、予備のパソコンに取り付けます。HDを2台にし、予備のパソコンに付いていたCDROMは外します。時にDVDと競合したりすることがあるので警戒しました。

キーボード、マウス、LANケーブル、ディスプレイケーブル、電源コード、音声出力コード、プリンターケーブル、USBハブを付け替えます。

緊張の中、スイッチを入れると順調に立ち上がりました。増設したHDにOSが入っているので機械が自動的に認識して、OS選択画面が出かねないと懸念していたのです。

古いパソコンについている部品はまだ使えますし、筐体は電源を取り外してゴシゴシ洗えば新品同様になるはずですから、部屋の隅においておきます。

「優しい息子」に見咎められて捨てろといわれる前に嫁入り先を探さないといけません。中古のマザーボードが一つありますし、CPUの予備もありますから組み立てるのは簡単なのです。

さて、問題はこの後のファイルなどの移転です。今朝、別に何か予感があったというわけでもないのですが、目下命の次に大事なデータベースのファイルはコピーを取ってありますから、ファイルをいじっておかしくなっても大丈夫。必要なソフトはほとんど入っていますから、こちらは手間がかかりません。

ブラウザーのお気に入りの移転は、古いものが入ったフォルダーから新しいフォルダーにコピーすればよいし、My Documentの中身を新しいドライブのMy Documentに移せばほとんど作業完了です。

ファイルをコピーし、メールソフトを設定して作業は無事に終わりました。

・・・・・

ところが、後でデータベースを使おうとしたら、ほとんど使えないではありませんか。

原因は、ファイルを探すための道ともいうべきドライブ以下のパスが変わってしまったためです。一つのデータベースの中でデータの参照先が完結していればこのような問題は起きませんが、私は、データの入り口を二つ、加工用のデータベースを必要に応じて複数作っており、作業の元となるテーブルは「テーブルのリンク」で別のデータベースのものを参照しているのです。

一つのデータベースの中では、ファイル名を変えるとそれを引用しているクエリの中のファイル名まで変わりますが、別のデータベースに入っているテーブルを参照している場合に、自動的にパスを変えるなどという芸当はやってくれないのですね。

いくつものデータベースのテーブルのリンクを付け直さないといけませんでした。

そして、まだ作業があります。銘柄コードから企業名に変換する辞書を入れないといけませんし、そのうち、まだ必要な作業が出てくるのかもしれません。クッキーが消えていますから、ログインの際のIDももう一度覚えさせなければならないでしょう。

常用のパソコンのデータ移転は厄介です。ネット証券会社は週末によくメンテナンス作業でログインができなくなりますが、データ量も膨大ですし、コンピュータを更新するだけでも、大変な作業なのではないでしょうか。

今日は天気も冴えなかったので、一日雑用で終わりました。

その後の追加作業
・ プリンタドライバの再インストール
・ エクセルのアドイン インストール
・ メールソフトのアドレスを発掘してインポート
posted by ZUKUNASHI at 21:55| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年04月14日

キーボードを洗う

パソコン入力に必須のキーボードとマウス、使い勝手の良し悪しで作業の能率が大きく異なります。

いろいろ使ってみましたが、特に高いものも値段の違いほどには使いやすさが増すというものでもないようです。

まず、キーボードでは、私のお勧めは、電器店の中古パーツ売場にある大手メーカーの古いキーボードです。私は2、3年前に100円か200円で2個ほど買って愛用しています。大手メーカーのキーボードは、10年も前には1万円ほどもした高級品なのです。

買ってきて、まず水洗いしました。風呂場にキーボードを持ち込み、ブラシに中性洗剤をつけキーボードの前面を洗います。凹凸の部分も丁寧に手早く洗い、終わったらシャワーで水をかけ、洗剤を流します。

すぐ、縦にして水を良く切り、縦のまま風通しのよいところに数日置いて完全に乾かします。

そんなことをして大丈夫なのかと驚かれるかもしれませんが、パソコンにつないでいなければ感電することはありませんし、キーボードの内部にはあまり配線はありません。キーの真下には、フィルムに封じ込められた銅線が走り、一部だけが露出しているのです。ですから、そのフィルムの中に水が入ることもありません。

キーを押すと、その下の箇所で電気が流れるようになり、どのキーが押されたか認識するようになっているのでしょう。

ノートパソコンを分解していて感じますが、基本的に水を被ったからすぐダメになるという部品はまずないでしょう。今は銅線の先端を基盤にハンダ付けするようなことはしておらず銅線などの接続部はほとんどコネクターになっています。外すのは簡単ですが、水が入ると乾かすのに時間がかかるでしょう。

キーボードは、そんな複雑な造りになっていませんが、完全に乾かしてパソコンにつないでみて正常に動作しなければ捨てます。つまり、この手は捨ててもいい安物や使い古しのものにしか適用できない荒技だということです。

まだやったことはありませんが、キーボードの分解など5分もあれば終わるはずですから、本当は、キートップだけを外して洗うのが正統派のやり方です。特にいろいろな機能のついた高価なキーボードは内部も複雑でしょうからこのような荒っぽいやり方は適当ではないと思われます。

この手法が適用できる程度のキーボードであれば、コーヒーなどの液体をこぼしたら、即刻キーボードのプラグを引き抜き、すぐ水で洗えば良いことになります。

電解質の入った液体がキーの下の接触部に入るとそこがショートした状態となり、パソコンにとんでもないシグナルが送られることになりますし、弱い電流とはいえ過大に流れると危険です。

ノートパソコンではこの手は使えません。キーボードを外すのが一苦労だからです。その点、普通のパソコンの方がリスクが少ないと言えるでしょうか。

手垢やホコリを洗い流すには、水と中性洗剤が一番。見違えるようにきれいになります。

次にマウスですが、マウスは中古品というわけにいかないので、新品を買いますが、いくら高いものでも毎日使っていると1年も経過するとおかしくなることもありますから、特別に安いものは避けて、ほどほどのもので我慢です。

こちらは汚れても外側の清掃は容易です。安全のためプラグを抜いてから中性洗剤を薄めて布に含ませ、ふき取ればきれいになります。

念のため注意点を再掲します。
@ キートップなどの汚れを落とす目的なら、洗浄時にキーボードの内部に水を満たさないようにする。
A 水で洗剤をしっかり洗い流す。
B キーボードの内部が完全に乾くまで、絶対に使わない。
posted by ZUKUNASHI at 14:19| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年04月05日

面倒なパソコンのカスタマイズ

私のブログに来てくださる方は、もちろんパソコンをお使いのはず。それにトレードに勤しんでおられる方は、2台、3台とお持ちでしょう。前にも書きましたが、私のパソコンはすべて何年も前に自作した時代遅れのスペックなのです。

ですが、瞬時を争うようなトレードはしていませんし、データベースもちゃんと動いていますから不満はないのですが、ダウンロードした特殊なファイルをデータベース用に変換する場合など、スペックの劣る機械では1時間近くかかることもあり、作業をさせたままウォーキングに出かけたり、風呂に入る時間があります。

先週来、家人にせかされて大掃除を(するふりを)していましたが、優しい息子がもう少しスペックが良いパソコンをくれると持ってきてくれました。試用しますと確かに速いようですから、1台をこちらに置き換えることにしました。

しかし、使っているうちにどうも ?? のことが多いのです。例えば、グラフをペイントソフトでgifに変えようとするとPhotoshopが立ち上がり、えらく時間がかかりますし、ライセンスが切れているようで使えません。

こんなのは要らないとアプリケーションを削除しようとしても設定画面からは見つからないのです。!?

OSの修復インストールを行い、自分が使うアプリケーションもいくつかインストールしましたが、どうもおかしいのです。息子に聞くと、「あれは、クリーンインストールしないとダメ、何が起きてもおかしくない」と。

!!!  そんなの初めに言ってくれなくちゃ。

据え付けていろいろなコードをつなぎ変えた後ですからパソコンを入れ替えるのも面倒で、ディスクのフォーマットからやり直しました。

@ OSのクリーンインストール
ここで、ドライバーのインストールが必要となり、マザーボードのドライバーとグラフィックボードのドライバーを、メーカーのサイトから探し出してダウンロード、インストールです。これも時間がかかりました。
A OSのアプグレード(SP4)
B Officeソフトのインストール
C 楽天証券のRealtime Spread Sheet
D 株価収集君
E CDR書き込みソフト 呉葉
F FFFTPソフト(サイトに画像をアプロードするファイル転送ソフト)
G メールソフトの設定
H Adobe Readerのインストール
I 画面のデザインの設定(老眼で細かい文字が見にくいので大きなフォントを使っています)
J デュアル画面なのでその構成の設定
K ブラウザーのお気に入りの整理

何時間もかけて、ようやく終わりました。目下のところ「イベントビュウワー」でログを確かめても、特にエラーや警告は出ていません。

それにしても、皆さん、パソコンのカスタマイズはどうされているのでしょう。調子が悪くなったら、すぐ、アプリケーションインストール済みのパソコンに買い換えるのでしょうか。

それとも、家族にやらせる? 知人に頼む?

頼める人もおらず、薬を口に放り込み、目をしょぼつかせ、肩こりを揉み解しながら夜鍋仕事を続ける私・・・・、世の中にはもっと不幸な老人もいるはずだと思わなければ続けられませんでしたよ。

さて、天気も良いし、桜でも見てきましょう。
posted by ZUKUNASHI at 13:51| Comment(0) | デジタル・インターネット

2008年02月26日

リンクについて

このブログは、検索エンジンのスクロールを許していますので、どこのサイトがここにリンクを張っているか、気にしてもしょうがないことですが、特定の分野のサイト経由で来訪されるとみられる方のマナーの悪さが目に付くこともあります。

このため、特に株式関係のブログ、サイトからのリンクは辞退させていただいております。

このブログへのリンクが張られたサイトやブログに関しては、その内容等につき、一切、価値判断を行っておりませんことを申し添えます。
posted by ZUKUNASHI at 17:51| Comment(4) | デジタル・インターネット

2008年02月02日

文字を大きく読みやすくする

このブログのシステムで不便なのは、記事本文の文字の大きさを細かく調整できないことです。

細かい字を読むのは、加齢とともに辛くなってきますので、私自身、いささか負担を感じています。

文字を拡大して読むのには、Mozila Firefoxのようにブラウザで表示ズーム機能の整ったものを使うのが良いようです。 
posted by ZUKUNASHI at 22:02| Comment(1) | デジタル・インターネット

コメントとトラックバック

このブログは、当初、自分の便宜のために運営していましたが、福島第一原発事故後は、私自身の放射能問題との長い戦いの経験を踏まえ、環境に放出された放射性物質の怖さを訴え、少しでも健康被害が少なくなってほしいとの願いから運営しています。

取るに足らないブログなのに、中年男が女の名でコメントを寄せてきたり、それなりにおもしろいこともあります。

いただいたコメントは、すべて拝見し、公開して差し支えない、他の読者の参考になると判断した場合のみ公開しています。コメント記入欄にあるメールアドレスはシステムとして公開されません。

質問、意見照会のコメントには、個別に直接返事をする場合もあります。

なお、このブログシステムでは、スパムコメント防止のためか、コメントを寄せられた場合、発信元のIPアドレスがサーバに記録されますので、ご注意ください。
posted by ZUKUNASHI at 21:01| Comment(48) | デジタル・インターネット

2008年01月12日

あなただけよと書くメールは

今日は天気も良くないし、株式市場も冴えないので朝から別の事をしていたら尊敬する先輩からお尋ねがありました。

「同じ文面のメールを何人もの友人に送信するとき、各個人には他の人に同じ文面のメールが送られていることを隠したいのですが可能でしょうか。つまり貴方だけに送ったメールという形にしたいのです。昨年末何人もの友人に同じ文面のメールを送ったら、ばれてしまい、皮肉を言われた」そうなのです。

最高のお人柄なのですが、どんなことを書いたのでしょう。早速返事を書きました。

アウトルックで「メール」をクリックして新しいメール作成の画面を出すと、通常、上部に「宛先」と「CC」そして「件名」が表示されます。

多くの方に同一文面を送るときは、宛先にアドレスを連記してもいいし(自動的にセミコロンが入ります)、CC、つまりカーボンコピーの欄に宛先をいくつも書き込むこともできます。

CCの場合は、宛先の人にこういうメールを送りましたからご参考までにコピーを送りますという意味合いになります。

メールの送信先の人たちに他の送信先の人のアドレスを知られたくない場合は、BCC(ブラックカーボンコピー)の機能を使います。メニューの「表示」をクリック、「すべてのヘッダー」にチェックを入れるとBCCの欄が現れます。

ここに書き込んだ宛先は、他の人には表示されませんが、確か宛先が「Undisclosed-Recipient」になるはずで、同一文面を多くの人に送っていることはばれてしまいます。

「信頼しているのは貴殿だけ」とか、「私の知り合いの中で一番美しいのは貴女」などというメールを送る場合、BCCでも同一文面が他に送られていることが分かりますから、上の方法は使えません。

アウトルックに連絡先が登録してあれば、メールを送りたい人のアドレスをクリックするとメール作成画面が現れますから、そこに同じ文面をコピーする方法ではいかがでしょう。

メモ帳かワードで文章を作っておいて、それを1通ごとに貼り付ければ良いのです。宛先欄にいくつもアドレスを書き込んだり、アドレスを貼り付けるのと比べて、それほど手間が多くなることはなさそうに思います。

・・・・・・・・・

以前、安い投資顧問を使っていたときに、宛先連記方式でメールが送られてきて、あちこちの会社にお勤めの方が職場でその種のメールを受け取っていたことがわかったことがあります。

ITは便利ですが、少し間違うと個人情報流出などで怖いこともあります。でも、何事もそういう失敗を重ねて、上手になっていくのですね。先輩、頑張ってください。
posted by ZUKUNASHI at 13:42| Comment(0) | デジタル・インターネット

2007年12月18日

サーバーメンテナンス

円ドル____112.89円(7:55)
NYダウ____-1.29%DOWN
NASDAQ___-2.32%DOWN
アジア市場__安い
欧州市場___安い
CME日経平均_前日大阪比-120円、15,120円(情報ベンダーと相異も)

昨日の米国市場は、住宅市場低迷の景気への悪影響やインフレの高まりに対する警戒感が強まり続落です。スタグフレーションを予見しているのでしょう。

格付機関が、債券の保証会社であるモノラインの格付を引き下げる動きを見せており、これも金融市場に大打撃を与えることが懸念されています。サブプライムローン関係債券だけでなく米国の地方債も保証しているそうですし、地方債は世界の投資家が買っているといわれています。オレンジカウンティが破綻したこともありました。

昨晩はドルがユーロに対して上昇していますが、これは米国の金利引き下げが遠のいたとの見方によるもののようです。

米財務長官は、シティグループなどが傘下のSIVを支援し、オフバランスの投資をバランスシートに計上する動きが、信用収縮の拡大を抑制する一助になるとこの動きを歓迎しています。、サブプライム対策基金の設立は難航しているようで年末までに設立されるかどうか定かではありません。

自らの功績と栄光が一挙に崩れかねない状況になってきたグリーンスパンが、いろいろ発言しています。米国政府は公的資金を投入すべきとまで言い始めています。ブッシュは「間違いなく悪い前兆や懸念が存在するが、基盤は健全だ」と述べていて、悪い前兆や懸念にどう対処するつもりなのか、わかりません。

ブッシュ政権も失敗、間違いを指摘され続け、それが「前兆や懸念」から現実のものとなる中で退陣することになるのでしょうか。こういう難局には米国人のアニマルスピリットが発揮され、事態の打開に向けて集中的な努力が傾けられると言われていますし、サブプライムローンを元に組成した債券もジャンク同然になっていれば、これを買って利益を取ろうとするファンドも現れてくると言われていますが、ちょっと動きが鈍いでしょうか。

日本株は、このところ欧米の株価を先導して下落しています。昨晩の原油先物が下落したのはアルジェリアの鉱業大臣が「必要ならOPECが2月の総会で増産を決定することもあり得る」と述べたことなどが影響しているのだそうです。

エネルギー価格の高騰は代替エネルギーの開発等を促進しますから良い面もあると考えますが、世界を激しいインフレに陥れるようなことになるとOPEC諸国にもマイナスが大きくなるでしょう。ほどほどの高値での推移を狙うのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・

今日も大きく下げて始まりましたが、大分戻しています。新興市場の一部銘柄に年金資金の買いが入ったとの説もあり、リバウンド狙いの買いで新興市場が上げています。

このところ大きく下げていたネット関連が値を戻し、その他金融の一角も高くバイオや不動産の一部に高いものが見られます。鉄鋼が反発し下落中の保険と接近です。

下の図でも明らかなように日本株は欧米の株価の先行指標となっており、欧米の株が下げる日は真っ先に日本株が下げます。日本経済の動向が世界的に大きな影響力を持つからではなくて、市場のヘゲモニーを握る海外の投資家が小手試し、ウォーミングアップをしているからのようです。


日本時間の昼は、米国東部時間の夜9時。米国の新しい動きは、日本市場の午後から織り込んでいくことになるのでしょう。今日の戻しもどこまで当てにできるかは、午後の様子を見ないと判断つきません。

ムーディーズがモノライン大手4社について想定損失を引き上げた上で(2006年組成分で損失割合見込みを11%から19%へ引き上げ)再評価すると発表しています。

・・・・・・・・・・・・

アジア市場、上海が午後に下げ、インドも下落です。日本市場は大きな上下動の後、少し下落して引けていますが、あまり落ちなかったのはなぜなのか、情報ベンダーのニュースを見てもよく分かりません。

次の大波が来るまでの一時の休憩でなければ良いのですが。





今日の午前中は、サーバーのメンテナンスがありました。
posted by ZUKUNASHI at 08:31| Comment(0) | デジタル・インターネット

2007年10月13日

カードの有効期限まで流出

丸紅系のパソコン商社7584丸紅インフォテックが10/12、インターネツトショッピングサイトから個人情報が漏洩したと開示しています。

2005/6から2007/7まで計22回にわたり海外から不正侵入を受け、会員ID、パスワード、クレジット番号、カード有効期限、名前、電話番号、メールアドレス、住所を含む情報が漏洩したと見られ、漏洩件数の最大数は、サイト停止時点での会員数13,670名(うちカード情報あり13,263名)。

発覚の契機は、2007/7/31にクレジット会社からのカード利用に関する調査・対応依頼です。カードの不正使用があったのでしょう。

同社は、サイト運用の委託先である9715トランスコスモスに調査を指示し、9/13情報漏洩の可能性ありとの報告を受けて9/21サイトを一時停止しています。トランスコスモスはラック(3857のラックHDだと見られます)に調査を依頼し、上にあるような深刻な情報漏洩の疑いが強いとの報告を受けて丸紅インフォテックは警察にも相談しています。

トランスコスモスの発表によれば、同社は丸紅インフォテックから受託したサイト運営を(株)アイブイピーにシステム構築と運用管理を委託していたとしています。

サイトへの不正侵入の痕跡の把握は難しいのでしょうが、カード会社からの通知から不正侵入の痕跡把握までずいぶん時間が経っていますし、サイト利用者や本人カード会社への連絡もずいぶん間があいています。

今回の情報漏洩は、カード番号と有効期限が盗まれるという大失態です。カードの毎月の請求明細は、レシートなりカードの使用記録と毎月きちんと照合し、不審な点があればすぐカード会社に連絡するなど、用心を怠らないことが必要なようです。

私は通信販売の場合、銀行振込みが可能なら事後の振込み、そうでなければ代金着払いを選択するようにしています。日本最大の通信販売サイトからメールアドレスが流出した疑いを持ってから気をつけるようにしています。

海外からの不正アクセスも珍しくありません。こんなどうでもいいブログでも、コメントスパムやトラックバックを裏口から書き込もうとする者がいて、連日海外の特定のIPアドレスからアクセスが繰り返されています。今のところは、レンタルサーバー会社が撃退してくれていますが、ある日突然、とんでもない記事が掲載されるようなこともあるかもしれません。

私がボケておかしくなるのが早いか、ハッカーが抜け道を見つけ出すのが早いか、競走だとも言えそうです。
posted by ZUKUNASHI at 13:43| Comment(0) | デジタル・インターネット

2007年03月31日

ブログのアクセス増大法

このブログをOCNのブログから「さくらのブログ」に引っ越して1年が経過します。両者の違いは、管理画面の分かりやすさ、記事投稿時のサーバーの反応速度、それと検索エンジンの来訪の有無です。

昨年6月からの来訪者数とページビューの記録を見ると、ブログをどこかに登録しなくても、記事投稿をどこにも通知しなくても、検索エンジンの来訪を許容する設定になっていれば、次第にアクセスが増えてくるようです。

下の日次来訪者のグラフで左端は2006/6/1、右端が2007/3/31ですが、最近は来訪者の増加も止まりました。


これまでのアクセス変化の要因をあげると、(1)はMSNやYahoo検索エンジンの来訪、(2)が外国からのコメントスパム、(3)がGoogleの来訪とGoogleによる来訪者の増大、(4)が年末年始と成人の日、(5)がIXIやIBMに関連した記事の掲示板への転載、いくつかの商用サイトからのリンク、トラックバックの書き込みです。

記事が掲示板等に転載されても、必ずしもその後の来訪者が底上げされるという形になっていません。このブログの記事はおもしろくないし、儲けのネタが転がっているわけでもありませんから当然です。

知り合い等は、専門的過ぎるとか、新興市場銘柄に関心ないからと、とっくに読んでくれるのを止めたらしいのですが、一体、どなたが読んでくださっているのでしょう??

ご来訪者の中には、ブログやサイトを運営している方も多いようですので、私の1年弱の経験から得たアクセス増大法をご紹介します。

(a) 更新頻度は高いほうが良い。
このブログには、1時間ごとに更新状況を調べに検索エンジン(?)が来ています。こちらは日次実来訪者にはダブルカウントされませんが、「/index.rdf」や「/index20.rdf」の閲覧者とページビューは増えます。

ネタがなければ新聞記事のコメントでも良いということになりましょうし、上場銘柄のリストなどのデータを掲載しているような場合は、とにかく変更があるたびにまめに修正するのが良いようです。

(b) 記事には固有名詞を多用、同一用語を繰り返さず言い方を変えて語彙を多様に。
これは、検索エンジン対策です。固有名詞をぼかして書いたり、「ヒロタのシュークリーム」を「ヒタロのシュークリーム」と書いたりすると、読者には見当がついても検索エンジンにはキャッチされませんので、キャッチされたくない場合は、逆にそうします。

(c) リンクやトラックバック、コメントスパムも極力受入れる。
どこでこのブログを知るのかわかりませんが、一時外国からのコメントスパムや国内のちょっとあやしいトラックバックがずいぶん増えましたので、現在ではコメントは承認制、トラックバックは受け付けない設定に変えました。

検索エンジン対策としては、これらも受入れた方が検索時の表示順が上がるはずです。コメントスパムや商用のトラックバックは、このブログから自らのサイトに誘導する目的よりも検索エンジン対策に重きをおいているように見えます。

(d) 有力なサイト・ブログにリンクを張ってもらう、あるいはこちらから張る。
Googleで「ずくなしの冷や水」を検索すると、このブログにリンクを張ってくださっている3ないし4のサイトが出てきます。

外国からのコメントスバムや商用トラックバックの繁盛ぶりは、Googleのリンク至上主義の弊害と言えるでしょう。MSNやYahooの表示順位付けは、Googleとは異なり、リンクの多寡にそれほどのウェイトを置いていないようです。

(e) 自らのサイトの中でもリンクを多用する。
自らの記事相互間の参照のためのリンクや外部のサイトを参照してもらうためのリンク、画像を表示する仕組みもリンクの一種と言えるでしょうから、あちこちのスペースを使ったほうが良いのかもしれません。

私は、プロバイダーの無料スペースに画像を詰め込んで、既に満杯になりましたので現在はさくらの有料スペースに画像を置いています。


「別にアクセスが増えても、手間がかかる割には一文の得にもならないでしょう」との声が聞こえてきそうですが、確かにそのとおりです。

でも、ブログを運営するということは、自分の考えをいろんな人に知ってほしい、そして参考にしてもらえればありがたい、さらには意見をもらえれば自分の成長にもつながってもっとうれしい、ということではないでしょうか。

世の中には、まだ知られていない有益なブログやサイトが沢山あるのではないかと思いますし、これから先、そういうブログなどが輩出して多くの人の目にとまることを期待してこの記事を書きました。
posted by ZUKUNASHI at 06:13| Comment(0) | デジタル・インターネット

2006年06月26日

ネットアクセス・携帯バトル

ソフトバンク(9984)がネットアクセスで新方式を打ち出しました。今朝の報道によれば、家庭の近くまで光回線を使い、電柱上に専用設備を設置し、そこから家庭内へは通常の電話回線を利用するというものです。

この記事を見たとき、私は今使っている「Bフレッツマンションタイプ」を思い浮かべました。この方式は団地の建物の中に(管理組合の承諾を得て)光回線を引き込み、その信号を各戸のメタル電話回線に載せられるよう「光−メタル」変換用機械を設置し、各戸ではADSLモデムと同様な機械を用いて電話回線経由でネット接続しています。

ソフトバンクの場合、この「光−メタル」変換用機械を電柱の上に置くというのです。NTTの回線はどんどん光に置き換えられていますから、どこでもNTTの光回線につなぐことは出来るでしょう。「光−メタル」変換用機械も小さく出来るでしょうから別途電力が必要としても実現可能性はありそうです。

しかし、この機械から各戸の引き込み電話線に信号を載せるのはどこでやるのでしょう。これまでは電話局の局舎内でNTTと戦いながらやってきたはずです。NTTがそう簡単に応ずるでしょうか。

金はかかりますが、各戸への引込み線をソフトバンクが引く手はあります。NTTは一般電話を引いている家庭にIP電話化を勧めていますから、ソフトバンクはその際にIP電話への切換えを勧めれば良いわけです。

となると、これからはラストワンマイルを巡ってソフトバンクとNTTの熱い戦いが勃発する可能性もありそうです。ソフトバンクは、メタルでも光でもラストワンマイルに対応可能となります。

それに、ソフトバンクは「電柱の上」だけを狙っているのではないのではないでしょうか。光回線でつながり、あちこちに散在する拠点は、携帯にも、無線LANにも活用可能です。

と考えて、今日はソフトバンクの株価が大きく動くと予想しましたが、まったく期待はずれでした。

出来高も少なく、前日比35円安で終わっています。


この銘柄の値動きが重い原因として信用買い残が多いことが指摘されています。上の図で右端のデータは6/16現在です。6/19からは日々の出来高が減少傾向にあり、価格も冴えません(縦の座標は信用残です。出来高、株価には便宜的なものになっています)。

ただ、買い残のうち94%が制度信用によるものですから信用残が急増した2006/1始めの買い建て分は今週決済期日が到来します。高水準の信用買い残が続く一方で信用売り残もここ3週間ほど高止まりしています。

信用倍率は2.3倍です。この倍率なら信用取り組み好転と受け取られ、一旦上げ始めれば踏み上げ相場になりかねません。買い方はギリギリまで粘る作戦でしょうか。明日6/27の引け後に6/23申込現在の信用残高が発表されます。

その結果によっては、上下に振れる可能性があります。昨年末の怒涛の上げ相場を夢見る私は固唾を呑んで眺めているところですが、またもや痛い思いをして終わるのでしょうか。

2006年04月16日

アフィリエイト・プログラム

最近「アフィリエイト・プログラム」で小遣い稼ぎをする人が増えています。大手アフィリエイト・サービス・プロバイダー「エーハチネット」登録会員の2006/1月分獲得報酬ベスト3は、第1位が376万円、第2位が138万円、第3位が111万円です。月にこれだけですよ、すごいですね。

アフィリエイトって一体何? という感じですが、パソコン販売店がインターネットプロバイダーの契約を受け付け、客からもらう手数料は低く抑える代わりにプロバイダーから手数料を受け取っている場合、その販売店はプロバイダーのアフィリエイト(提携企業)になっているなどと言われます。

アフィリエイト・プログラムも同じで、サイト運営者は「アフィリエイト・サービス・プロバイダー」(ASP)が提示する一定の条件の下で企業のリンク付きの広告を掲載するだけですが、その広告を通じて企業側に成果があったとき、つまり消費者がその広告を経由して商品を購入したり、資料請求を行ったり、サービスを申し込んだりした場合に「成果報酬」が支払われます。

冒頭に書いたような多額の報酬が動くようになっていますから企業からアフィリエイト・プログラムの運営、つまりサイトに広告を掲載してくれる人を探し、広告のクリックの状況を把握し、報酬を支払うという一連の業務を受託代行するASP会社も仕事が急増しているはずで、既に上場した企業もあります。2005/11にJASDAQに上場したファンコミュニケーションズ(2461)はASP事業が主力です。

アフィリエイト・プログラムによる広告は、商品やサービス、イベントなどの情報や感想を書いたりしているサイトに多く、思想性の強いサイトはせいぜい書籍の広告程度に留まっています。もともと読者のサイト閲覧の意図が異なるわけですから当然と言えば当然ですね。

訪問者の数が特に多くページビュー(閲覧ページ数)が安定しているサイトは、ASPを介さずに直接広告主と契約ししかも定額の掲載料を取っています。日本気象協会のtenki.jpは自身のサイトで広告掲載の勧誘を行っていますし、asahi.comのサイト上部には大企業の大きな広告がありますが、こちらも掲載料金が決まっています。

訪問者の数が安定しなかったり、そもそも訪問者の数が少ないため広告掲載の効果を事前に判断しがたいサイトがASPのお世話になることになりますが、一定期間決まった広告を掲載するのではなくサイトの内容が変わればそれに応じた広告をASPから配信して掲載するシステムを採用するところもあります。

このような動的な広告表示システムを最も有効に使っているのが検索エンジンのGoogleです。Googleでは毎回検索結果に見合った広告が表示され、その広告がクリックされた回数に応じて広告主に請求が行われる課金方式ですからアフィリエイト方式だと言えます。また自社サイトへの広告掲載にとどまらず一般のサイト運営者に対してもサイトのコンテンツにターゲットを絞ったテキスト広告やイメージ広告を自動的に配信し、報酬を支払う仕組みもありますからASPの機能も有しています。

検索エンジンでは、企業にとっては検索結果で自社サイトが上位に表示されることだけで大きな広告効果がありますから、できるだけ上位に掲載されるよう知恵を絞ることになります。「検索エンジンマーケティング」に関するコンサルタント業務のアウンコンサルティング(2459)がそのようなニーズに応えていることは2006/1/11の記事で書きました。

ところがそれもやりすぎるとGoogleのご機嫌を損ねるようで、2006/3/28サイバーエージェント(4751)グループが運営する複数のサイトがGoogleで検索しても表示されなくなりました。Googleではリンクの多寡をそのサイトの賑わいを計る尺度の一つにしていることが明らかですので、同グループは関連性のないサイトの間で大量のリンクを張ったらしく、翌日リンクを外したら元に戻ったそうです。

でも、Googleは広告に関しては「適切なキーワード設定により、お客様の広告がクリック単価の高い他の広告よりも上位に掲載されることがあります」と述べているくらいですから、サイト側の自助努力を否定しているわけではありません。一切表示されないようにしたのだとすれば、やり過ぎで大人気ない対応と言わざるを得ないでしょう。

ネット広告を使った詐欺も被害金額が巨額に上っています。Googleは2006/3/8、クリック詐欺によって広告代金を過剰請求されたとして米ギフト用品大手のレインズ・ギフツ・アンド・コレクティブルズが広告主を代表してグーグルやヤフーを訴えていた裁判で、Google側が約106億円の和解金を支払うことで原告側と合意したと発表しています。

クリック数を異常に増やして広告費をだまし取る、いわゆるクリック詐欺は、報酬の増加を図るためサイト運営者が自らあるいは人を雇って広告をクリックし続けたり、プログラムを作ってクリック数を増やしたりする手口が多いそうです。こういう不正が横行しないようシステム的に対策を講ずるのも、ネット広告を取り扱う業者の責任です。

IT業界の巨人マイクロソフトの栄光を翳らせた目下世界最大の急成長企業Googleの収益源はほとんどすべてネット広告によるものですし、Yahooなどのポータルサイトの広告費収入も急増しています。広告媒体としてのネットの価値はますます高まっていき、いろいろな派生ビジネスが出てくるのでしょうか。

検索ではGoogleの後塵を拝する形となったMSNも最近猛ハッスル、ありとあらゆるサイトのデータを収集しているそうで、このブログも収録されています。家のニートに聞いたら、「でも訪問者増えないよ」とのことでした。

実はこのブログもアフィリエイト・プログラムで広告を掲載できることを発見したのです。ブログスペースの提供者であるさくらインターネットのレンタルサーバーの広告を掲載し、契約成立の場合は月額利用料金相当額が成果報酬として支払われますし、読者が広告をクリックしただけでもクリック1回当りわずかとはいえ報酬が支払われるようです。

広告を置いてみようかと思いましたが、そうなると好き勝手に自分の思いを書き連ねることよりも、お金持ちで消費性向の高い人たちに好まれる迎合的、消費礼賛的な記事ばかり書くようになるのは必定なので止めました。

金で心を売りたくありません、と書けば格好いいのですが、生活費に窮迫して1日中訪問者もないブログの広告をクリックし続ける自分の姿があまりに惨めでようやく思いとどまったというのが本当のところです。

ようやく空が明るくなって雨が上がったようです。少し出かけてきます。
posted by ZUKUNASHI at 12:47 | TrackBack(0) | デジタル・インターネット

2006年02月24日

偽物メールの横行

民主党が永田議員の「ガセネタメール」問題で大揺れです。例のメールはネット上で画像が流通していましたが、頻繁にメールを使う人が出すものにしては、長音の「ー」がハイフンの「−」、「堀」が「掘」になっているなどおかしいところだらけだと指摘されていました。

2/12に紹介した目下最もホットなブログの一つ「きっこの日記」でも、沖縄で亡くなった証券会社副社長親族との往復書簡が掲載されていますが、これが偽物ではないかと疑問が呈されています。

手紙なら筆跡がありますから偽造はそう簡単ではありません・・・特に私のような悪筆なら絶対に真似できません・・・が、メールならいとも簡単、自分流の署名を入れてもコピーすれば終わりです。電話も声色を使ったり、花粉症で声がおかしいという言い訳をしたりする例があるとのこと、まずは疑ってかかれということになりそうで・・・いやな世の中ですね。

便利なデジタル・コミニュケーション手段もほんとに重要なことには使えないし、逆に誰かの名前を騙って悪いことをしたりすることも容易です。発信者のIPアドレスで突き止めることができると言いますが、近所の家の無線LANから漏れた電波を使えば足跡は残りません。家庭内無線LANも暗号をかける必要があります。参考人で警察に呼ばれたりしたくありませんからね。

今日は日経平均は上がりませんでしたけど、新興市場が連騰しましたので今日の基準価額 待望の10,000円台を回復し10,026円になりました。ご声援ありがとうございます。

9月末以来の騰落指数のグラフ、見てやってください。株の怖さを分かっていただけると思います。


「INAORI SENNIN特撰ポートフォリオ」の評価額指数は、ジャストシステムがストップ高になるなどで109.4になりました。こちらはレバレッジがかかっていません。

大分暖かくなりましたが、風邪を引かれている方もお見かけします。どうぞ良い週末をお過ごしください。私は天気が良ければ久しぶりに自転車で遠出の予定です。