デジタル・インターネット: ずくなしの冷や水

2019年08月17日

Microsoft Officeプリインストールミニパソコンに悩ませられた日

昨日、通販会社から届いた販促メールでしばし悩みました。

Microsoft Office 2010/Windows 10 ProがインストールされたミニPCが2万円をわずかに切る価格でセールになっていたのです。
CPUはAMD A6 -1450/メモリ 4GB/SSD 64GB/USB3.0/WIFI/HDMI/静音

管理人は、メモリ 4GB/SSD 64GBのスティックパソコンを使っています。Windows10Homeだけしか入っていなくて2万円でした。今、これを原子力委員会公表のMPデータをEXCELに読み込ませ、グラフにする用途に使っています。「ただ今の空間線量率 変動状況」のサイトに掲載しています。

私が2年前まで使っていたメインのパソコンは、メモリ 4GBに回転式のハードディスクでした。特に重い作業をしないのであれば十分使えます。ゲームは無理でしょうが。

ミニPCと呼ばれるものは、コンパクトでありながらインターフェースが豊富で使いやすいのです。セールのパソコンも無線LAN内蔵、HDMI搭載、USB3.0x2、USB2.0x4、VGAx1 、モジュラージャックもあります。

それに Microsoft Office 2010がプリインストールされてこの値段は驚異的です。EXCELを単品で買っても1万円以上します。

ところが、レビューを見ると、リセットボタンがあって都合でリセットをかけたら Microsoft Office 2010が消えてしまったという記述があり、正規の認証コードがついていないらしいという指摘がありました。Windowsのアプデイトだけでは消えないようですが、こういうWindowsプリインストールのミニPCの良いところは、Windowsがおかしくなったら初期状態に容易に戻せることなのです。

工場出荷状態に戻したらMicrosoft Office 2010が消えてしまうのでは、リセットが使えません。

これはMicrosoft Office 2010を不正規にインストールしているのではないのだと思います。2010版なら十分古い。最初にまずMicrosoft Office 2010に慣れさせておいて、いつかそれが消えた後は、比較的新しいMicrosoft のソフトを別途で購入してもらおうという高等作戦なのだと思いました。

今スティックパソコンも14,000円ほどします。手元で管理しているスティックパソコンにも不調が出ているものもありますので、追加で数台ほしいところですが、管理人の懐が窮迫中。

どうしよう、資金の手当ても考えずに清水の舞台と行くか・・・と考えていたら、クレジットカードが使えないことを思い出しました。

昨日のうちに予定の70台は売り切れたらしく、セールは終わりました。

これからは小型のパソコンが多くなるのではないでしょうか。発熱も少ないので電力消費も少なくなります。

・・・・・

少しでも安くと中古スティックパソコンを購入。Windows10の1607から開始。1607の追加分、そのあとに1803、そのあとに1903にとなるでしょう。ずいぶん時間がかかります。まず、ディスク容量を空けるために不要なゲームソフト、使わないソフト、マカフィを削除します。1日がかりで終わるか。昼前から始めて暗くなるころに一応ソフトも入れて動くようになりました。1903までアブデートできるのは何日か後のようです。

2万円のパソコン何台かほしかったです。スティツクパソコンの不調が増えていてちょっと困っています。

それに貸し出したシステムを手元で眺めるだけにとどめている例。同等システムのブランド品は、GM10のシステムになりましょうが、測定器が3万円、パソコンが1万5千円、モニターが5千円強になるでしょうから合計一式5万円です。5万円相当の機械をタダで借りられると思う方もおられないわけではないので、難しいです。

7/14の昼前から始めた中古スティックパソコンのアブデート、夕方に1803まで更新、その後更新が止まり、7/15の夕刻から再度試みたら1803から1903へ更新が始まりましたが、時間がかかりました。7/15の深夜まで。

これから5、6台帰ってきますので、調整作業が多くなります。型の古いスティックパソコンは1809で止まって1903になりません。機械が更新を拒否するのならそれはそれでいいのですが。管理人の予定する用途では問題がないので。

7/17に中古品がもう1個到着。昼頃から始めて夜中過ぎに1607から1803へのアプデイトを終えました。ソフトも入れたのでとりあえずは使えます。明日あたりからパソコンが次々と里帰りするでしょう。しばらくそちらで時間を取られます。

7/18は里帰りしたスティックパソコンの調整。すでに1803になっていますから何とか1903にアプグレード。

7/19は、2台1803を1903に。時間がかかります。

7/20、1803のもの1台を1903に

7/21、1台発送、中古1台設定、1903アプデイト失敗。里帰り2台調整開始、モバイルルーター不調充電不足判明。

7/22、朝までに1台1903アプデイト完了、モバイルルーター返送、1台発送。

7/23、中古1台システムバックアップ作成。Windows正規版が入っていた良かった。

7/24、里帰りしたスティックパソコンの調整。派遣先で画像の一部しか送信されなかったのだが、手元で動かしたら支障なし。どうやってあんなになったのだろう。貸与を受けた人は事実を語っていない。でも故障でなくてなにより。
1か所のパソコンで突然BIOS画面が出たとの報告。

7/25、当面後3個か。この後ぽつぽつと調整、7/31、8/1。
8/2、BIOS画面が出たものが届く。デフォルトに設定したらWINDOWS起動。これはすでに1903。途中でBIOS画面が出た原因が不明。
8/3 1個 1803を1903に
8/5 知人のノートパソコン1803を1903に。夕刻5時ころから始めて午前2時に終わらず。朝には終わっていた。ディスククリーンアップは比較的早かった。セレロンの機械だが遅い。

8/14、知人のノートパソコンのOSをアプデート、ずっと更新していなかったので古いアプデートを入れるの時間がかかる。まだ1903まで到達しない。

8/16、1個 1809を1903に
1809の累積更新 KB4511553
悪意のあるソフトの削除ツール KBB890830
再起動
Antivirusのセキュリティ更新 KB2267602(1.299.2.147.0)
1903の機能更新プログラム
再起動
所要4時間

8/18、1個 1903
1903の累積更新 KB4512508
悪意のあるソフトの削除ツール KBB890830


どうもWifi使用の環境だと不調や故障が出やすい。
・画面の出力がなくなった。
・インターフェースチップが故障
・途中でBIOS画面が出た
・稼働不安定 4件 うち3件は撤退。1件は有線化

アブデートに伴って新しい商用ソフトの試用版が入っていることがある。見つけたら片っ端から外す。
posted by ZUKUNASHI at 16:42| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月15日

簡単な防犯カメラ

防犯カメラを作りました。大金でも入った? いいえ、世の中が物騒になっているからです。

必要な機材は、長時間連続稼働が可能なWindows10マシン、管理人が使ったのはバージョン1903。これについている「カメラ」の機能を使いました。

カメラは、Webカメラといわれる3,000円程度のものでも十分使えます。管理人は200万画素のものを使いました。

UAB接続になっており、パソコンのUSB端子につないで、Windowsのソフト「カメラ」を起動させると、すぐモニター画面にカメラの画像が表示されます。

このソフトは、画面の明るさを調整できますし、2秒おきや10秒おきの自動撮影ができます。撮影した画像は、パソコン本体の中でもUSBメモリーの中にも保存できます。

撮影間隔は10秒が最長ですから1時間で360枚の画像になります。1日24時間ですと8,640枚。

撮影間隔を長くする、サーバーに記録したいという場合は、ShareXというソフトを使います。このソフトは、設定が結構面倒ですが、これを使わないでWindows付属のソフト「カメラ」だけを使うのなら簡単です。設定の詳細は、オン・リクエスト。

Windows10のバージョン1903にアプデイトできる機械が1台と、Webカメラ、そして便宜上ですがUSBメモリーが2個あったほうが良いでしょう。

Windows10のバージョン1903にアプデイトできる機械の入手価格次第ですが、安く入手して自分でアプデイトすれば、全体で1万円強で上がる場合もあるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 18:08| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月13日

米国企業のデータ収集から逃れるにはスマホ、中国製のソフト パソコンならオープンソースのソフト

SPUTNIK2019/8/9
To Avoid US Big Tech's Wiretapping Users Should Shift to Chinese Software & Devices – Cyber Expert

Forbes has reported alleged plans by Facebook to "wiretap" WhatsApp and other messaging services thereby rendering their end-to-end encryption useless. While the tech giant rubbished the claim, concerns continue to mount over Facebook's use of surveillance techniques to track users.

In late July, Kalev Leetaru, a Forbes contributor, raised concerns over Facebook's alleged plan to insert a backdoor content-scanner or "wiretapping algorithm" into its popular messaging apps.

"In Facebook’s vision, the actual end-to-end encryption client itself such as WhatsApp will include embedded content moderation and blacklist filtering algorithms," Leetaru claimed, suggesting that the tech giant would be able to scan messages before they are sent, allowing it to report suspicious activity.

Will Cathcart, WhatsApp’s vice president of product management, vehemently rejected Leetaru's assumption.

"We haven’t added a backdoor to WhatsApp," Cathcart told tech and science publication OneZero. "To be crystal clear, we have not done this, have zero plans to do so, and if we ever did, it would be quite obvious and detectable that we had done it. We understand the serious concerns this type of approach would raise, which is why we are opposed to it."

A Facebook spokesperson told OneZero that any research specialist would be capable of examining the WhatApps code to find out if anything had been changed, adding that the application is one of the most "scrutinised" in the world.

Earlier, US Attorney General William Barr criticised tech companies for not providing access to their "warrant-proof" encryption thereby thwarting law enforcement efforts to track criminal activities.

In September 2018 that the US Department of Justice reportedly tried but failed to force Facebook to break the end-to-end encryption of its Messenger chat app to provide law enforcement with a backdoor to spy on the voice conversations of gang suspects.

Facebook's Surveillance Practices

"Facebook wants to provide users with end-to-end encrypted communication. This is very good for privacy and 'democracy promotion,'" said Petri Krohn, a Finnish cybersecurity analyst. "Kalev Leetaru is saying that totally secret communication would not be in the interests of internet companies, as they need to access and read the messages to target their advertising. Reading the messages in the end devices would solve the problem. This seems to be what Facebook is planning to do. The end result would be cryptography that could be breached by US technology companies and the US government, but not other governments."

The cyber-security analyst draws attention to a whole set of Facebook's surveillance techniques aside from the disputed "wiretapping algorithm" story.

Krohn does not rule out the possibility that Facebook is already using "edge AI" to listen in on conversations referring to Leetaru's May claim that the tech giant could use users' microphones "to scan the surrounding background environment 24/7, creating a globally distributed network of billions of always-on microphones transcribing global private conversations."

Earlier, in July, cyber-security experts raised concerns about the Silicon Valley giant's "automatic alternative text" that uses "object recognition technology to create a description of a photo for the blind and vision-loss community." Experts suggested that it could be used to track users and warned that it could be abused either by law enforcement and intelligence agencies or by hackers.

In February, CNBC revealed that Facebook maintains a list of individuals issuing threats against the company and tracks their whereabouts using the location data these users provide through Facebook apps and websites. Several of the tech giant's former employees called the tactics "very Big Brother-esque."

In June 2018, Siva Vaidhyanathan, a US cultural historian and media scholar, said in a Slate article that Facebook was conducting commercial surveillance on billions of users on behalf of its advertising clients, "using biographical data, records of interactions with others, the text of their posts, location (through Facebook apps on mobile phones equipped with GPS features), and the 'social graph'−a map of the relationships between items on Facebook (photos, videos, news stories, advertisements, groups, pages, and the profiles of its 2.2 billion users)."

"The chief danger from the Facebook commercial surveillance system lies in the concentration of power," Vaidhyanathan wrote, adding that the tech firm's huge set of personalised dossiers could be abused by both "peers and states."

The only way to avoid the US-based tech giants' surveillance is to use alternative devices and software, Krohn believes.

"To escape wiretapping by the US or the Five Eyes one must use Chinese phones with purely Chinese software and services. Or use a PC with only open source software, preferably a PC with a processor at least 10 years old, without the embedded spyware in the Intel Management Engine", the cybersecurity expert suggests, referring to an autonomous subsystem that has been incorporated in all of Intel's processor chipsets since 2008.

The views and opinions expressed by the speaker and contributor do not necessarily reflect those of Sputnik.
posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月12日

Huawei to re-organize within three to five years

SPUTNIK2019/8/12
Huawei Mulls Building 'Invincible Iron Army' to Fight US Sanctions Amid Trade War – Reports
The announcement comes after Huawei was hit by a wave of US sanctions and tariffs, with Qualcomm, Intel, Broadcom and others denying access to key components for its smartphones and Matebook computers.

According to Bloomberg, citing an unconfirmed memo, Huawei founder and CEO Ren Zhengfei said that the company needs to create an "invincible iron army" capable of weathering the US trade war on China and planned to implement changes over the next three to five years.

The Chinese telecoms giant also planned to restructure its operations after the Trump administration imposed sanctions on the Chinese telecoms giant, with the company facing a “painful long march”, Bloomberg reported on Monday.

Mr Ren's 'Long March' refers to the Chinese People's Liberation Army's tactical retreat from the nationalist Guomintang, eventually leading to the latter's defeat and the rise of Mao Zedong to power.

Google also temporarily halted Android updates for Huawei phones and Microsoft pulled Huawei products from its store before reversing the decision as US companies waited for US officials to provide licences allowing transactions with Beijing.

“We have to complete an overhaul in harsh and difficult conditions, creating an invincible iron army that can help us achieve victory,” Ren Zhengfei said in the memo dated 2 August. “We absolutely have to complete this re-organization within three to five years.”

“Two bullets fired at our consumer business group unfortunately hit the oil tanks,” Mr Ren reportedly wrote.

Mr Ren later spoke about Huawei’s edge over US telecoms technologies, stating that Huawei’s meteoric rise prompted Washington to attack the company and limit emerging markets from accessing the company’s next-generation products.

“The U.S. doesn’t use the most advanced 5G technology,” Ren wrote. “That may leave it lagging behind in the artificial intelligence sector.”

The news comes as Huawei launched plans for a research and development centre in Shanghai’s Qingpu district, SCMP reported on 7 August, where the company will invest 10bn yuan (£1.2bn) and house 30,000 to 40,000 workers to help the tech multinational make its own components for its consumer products as well as IT and Internet of Things devices to reduce dependency on US tech firms.

Huawei also unveiled its Harmony operating system on Friday, an open-source OS which aims to replace Android if Google refuses to provide updates for Huawei devices. Following the announcement, US officials halted issuing licences to Huawei on Saturday, as promised by US president Donald Trump in June, after Beijing refused to buy US agricultural goods, with the former slapping 10 percent tariffs on $300bn in Chinese goods and stating it would not conduct business with the latter unless a new US-China trade deal was reached.
posted by ZUKUNASHI at 22:45| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月11日

スマホ パソコンの選び方

2019/8/10、久しぶりに徘徊に出て、帰宅後ファーウエイのスマホから画像を取り出そうとしたら、画像を記憶させてあるSDドライブが開きません。

おかしいないつもケーブルをつなげば一発で開くのに。少し調べ、ソフトのインストールなどをやろうとしましたが、ファーウエイのサイトで調べたらやはりケーブル接続で開くと書いてあります。

ケーブルを取り替えたら一発で開きました。

昨年秋、徘徊中に私より少し年配の方に会ってスマホの画像が取り出せないで困っていると聞きましたので、スマホのファイルの在りかを開くのは結構難しいらしいという先入観があったのですが、その後私は簡単に開けていました。アイフォンでも簡単に開けています。

皆さん、どうされていますか?

スマホを有線でネット接続する方法を紹介したら、私の使っているファーウエイのスマホでないと動かない例がありました。

どうやら同じアンドロイドでも、メーカーが違うとスマホの中に記録された画像などのファイルを取り出したり、USB機器で応用動作をやることが厄介、あるいはできないということがあるようです。

ファーウエイのスマは安いものから高いものまでありますし、安いもの(私のバラマキスマホが安いものの典型ですが)でも個々の機能は高価なものとそれほど違わないようです。

ファーウエイの独自OSが搭載されたスマートフォンが発売されたら、機能を調べてみたいと思いますが、今私の予想では、スマートフォンを買い替えるなら、ファーウエイの独自OS搭載のものが最有力候補となりそうに思います。

そして、それはSIMフリーのものであることが前提で、別途格安SIMを契約してそのスマートフォンにセットして使うのが、経済的にも有利ということになろうかと思っています。

キャリアーからスマホ本体を買う必要はありません。機種を決めて安いところから買えばよいのです。中古スマホはSIMフリーかどうかどうもよくわからないものがあったりしますが、新品ならSIMフリーと書いてあれば間違いありません。

格安SIMは、Docomo回線を使っているものにします。読者からうかがっていますが、他のキャリアーが安いような印象を受けてそこからスマホ本体を買ったら、それをSIMフリーにしてもらおうとしたらその店舗で売ったものしかSIMフリーにできないと言われたと聞いています。お客の引き留め策なのでしょうが、そういうところとは契約しないことです。

管理人が使っている、ゼロSIMの音声通話付き、ロケットモバイル、DMMモバイル(楽天傘下に入ったらしいですが)はいずれも支障なく使えています。もちろん契約プランがデータ通信量を絞ったものですから通信容量の制約はありますが。

ついでに、パソコン買い替えをお考えなら、Lenovoを軸として検討したほうが良いです。管理人はLenovoのデスクトップが2台目ですが、あまり故障しません。5年使ったものは電源がおかしくなってCPUファンとともに交換しましたが、交換部品の入手が容易です。

電源ユニットは秋葉原で、CPUファンはEbayで品番を確かめて買いました。年に数回緩い仕事に使うほか、また原発事故が起きた時には、これを動員する予定です。

身内にパソコンのヘビーユーザーがいますが、日本製は買っていないはず。高度なパソコンを買うならLenovoか他の海外メーカー2社くらいしか選択肢がないはずです。もうパソコンの世界標準はLenovoになっているんではないでしょうか。

ご自分のパソコンの使い方に合わせてスペックを選びます。私の常用パソコンは、普及型ですがメモリーを8GBにしてあります。ヘビーユーザーは、core i7 でメモリー16GB、多ければ32GBなどというものを普通に使っています。

前にドンキの2万円パソコンを紹介したことがありますが、ネットの閲覧とメール程度ならそれで充分です。

管理人は、SPM分析の際にメモリーを限度いっぱいまで使う程度でした。過大なスペックのものを買う必要はありません。

これまでに管理人が試験して実用可能と判断した最も安上がりのシステムを書いておきます。固定インターネット回線がない場合で、体に悪影響があるとされるWifiは使わない前提です。携帯電波を使いますのでそその受信機を家の隅に置いてケーブルでつなぐプランになっています。

ロケットモバイルの格安SIM 神プラン(データ通信のみ)
 初期費用 契約料など約3,600円
 月額費用 298円+消費税
ファーウエイの据え置き型ルーター(Wifiは使用しない)
 初期費用 中古品なら6千円程度
スマホもつなぐ場合 有線ルーター、最安のバッファロー製品を使用
 初期費用 1,700円程度 
LANケーブル 所要の長さのもの
 初期費用 1,000円程度 
ミニパソコン Windowsプリインストール済みのもの。インターフェースが多くLANケーブルの接続できるもの 管理人の場合、中古で1万円以下で購入 
 初期費用 新品で2万円程度(Lenovo製品だと4万円以上)
モニター 中古
 初期費用 3,000円程度から 新品でも1万円程度からある。
キーボード、マウス
 初期費用 3,000円程度 
スマホもつなぐ場合 USB有線LANアダプター
 初期費用 200円〜1,700円程度 

合計
 初期費用 36,600円程度
スマホもつなぐ場合 
 初期費用 39,000円程度 

 月額費用 298円+消費税、電気代

ドンキのパソコンを使う場合、
ミニパソコン インターフェースが多くLANケーブルの接続できるもの 管理人の場合、中古で1万円以下で購入 
 初期費用 新品で2万円程度
モニター 中古
 初期費用 3,000円程度から 新品でも1万円程度からある。
キーボード、マウス
 初期費用 3,000円程度 
の部分がドンキのパソコンに置き換わる。少し安くなるか。
posted by ZUKUNASHI at 14:55| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月10日

ファーウエイの新OSは消費者にアンドロイドを捨てさせるか

新OSは、HarmonyOS。オープンソースでテレビに搭載することもできる。詳しくはまだわかりません。特にソフト面。1、2日で搭載するOSをアンドロイドから新OSに切り替えできるというのは工場出荷分に関してでしょうね。

RT2019/8/9
Huawei launches own operating system to replace Google’s Android
Huawei has rolled out its long-rumored Hongmeng operating system (OS), known as the HarmonyOS. The company says it can switch to the new system at any time, including on phones, if it is unable to use Android.

The Chinese tech giant officially unveiled the new platform on Friday. The operating system can be used on various smart devices and will be launched on “smart screen products,” such as televisions, later this year. After the launch in China, the OS can become available on global markets, Huawei announced.

While the company said that it currently prefers to power its smartphones with Google’s Android, it did not rule out the future use of its own system on smartphones.

“If we cannot use [Android] in the future we can immediately switch to HarmonyOS,” CEO of the Chinese tech giant’s consumer division, Richard Yu, told the Huawei Developer Conference in Dongguan. He added that the switch would take just one or two days.

Among its features, HarmonyOS can adapt to any device to create a “seamless cross-device experience” to build the basis for a “shared developer ecosystem,” according to Huawei. The tech giant also stresses that the new platform will officially be open source, which could be a part of the firm’s efforts to fend off US spying allegations.
The possibility of losing access to world’s most popular mobile OS arose after the US placed Huawei on its so-called “Entity List,” effectively barring American companies from doing business with the Chinese tech giant. Complying with the trade blacklisting, Google decided to suspend some business activity with Huawei.

The restrictions were later eased, including 90-day licenses for companies to continue working with Huawei, as well as further permission from US President Donald Trump to sell some equipment. However, Huawei still remains blacklisted and the US-China trade war has only escalated since then.

この金曜日、本日ですがファーウエイの新OSのより詳しい仕様が公表されるようです。このRTの記事は、専門用語を使っていますが、新しい中身はない。管理人の注目点は、処理スピードの速さ、バッテリーの持ち、アプリの豊富さに加えて個人情報収集手段としての役割がどこまで薄まっているかです。
処理スピードは速くなっているとされています。ファーウエイのバッテリーは強いです。アプリについては、ファーウエイがGoogle playと同様な仕組みを作ると報じられています。セキュリティについては、もともとこれが米国のファーウエイ攻撃の理由ですから厳しくなっているでしょう。アンドロイドのように何をするにも個人情報の利用許可を求めてくるようになっているかに注目です。
記事の中に、"Huawei phones using Hongmeng, or an unsupported version of Android in the interim, would be “more at risk of being hacked, not least by China.”"と書かれていますが、笑えます。新OSが出たらテストしてみようと思いますが、3万円強の投資、自分で使う予定もないのでためらっています。

ファーウエイはすでにCPUを内製化しています。そして次にOSの独自化に乗り出したのです。これはGoogleは防ぎたいところです。アンドロイドの個人情報抜出しが少なくなれば、Googleの収益源であるビッグデータが小さくなってしまうからです。今回のように「ファーウエイに使わせない」という措置は、ファーウエイは困った顔をしながら千載一遇のチャンス到来ととらえているはずです。Googleは妨害もできずとても困っているでしょう。無償のオープンソースとされるものが使われなくなって何が困る? ファーウエイの新OSを妨害する理由がありません。Googleは本当の困る理由は言えません。

スマホは、Microsoftが撤退しましたので、アイフォン、アンドロイド、ファーウエイの新OS3本立てとなるでしょう。そして、その中の良いもの、優れたものを消費者は求めますから、他のハードメーカーを含めて市場の再争奪が始まるはずです。面白い見ものです。

RT2019/8/8
Can Huawei's new OS make customers ditch Google’s Android?
Huawei is expected to drop more details about its homegrown Hongmeng operating system at an upcoming conference. But is the world ready to ditch Android for an untested Chinese alternative? And is Google worried?

A new Huawei phone equipped with the Hongmeng operating system could go on sale before the end of the year, the state-linked Chinese newspaper Global Times reported on Sunday. According to the newspaper, the phone aims to target the low and medium ends of the smartphone market, setting the price tag at around 2,000 yuan (roughly US$290).

The phone is likely to make an appearance at Huawei’s annual developer conference, kicking off on Friday in Songshan Lake. Ahead of any bombshell information, how likely is the operating system to woo customers away from the ubiquitous Android?

It’s worth noting that Hongmeng was never Huawei’s priority. The Chinese company - currently the world’s second-largest smartphone manufacturer behind South Korea’s Samsung - was content to ship its devices with Google’s Android operating system, until political developments between Washington and Beijing threw that arrangement into jeopardy.

Amid a simmering trade war between the two countries, the Trump administration added Huawei to a trade blacklist in May, forbidding US firms from selling parts and components to the Chinese smartphone giant. The restrictions on buying from American firms were suspended a month later, but not before Huawei executive Richard Yu announced it would release its own “Plan B” operating system in response. CEO Ren Zhengfei also hinted that the OS had been in development for some time, as Huawei had been “preparing” for US persecution.

The choice between Android - which has 2.5 billion monthly active users worldwide - and a “Plan B” operating system might seem like an obvious one for consumers, but Yu insisted that Huawei’s OS will run Android apps, and may even improve their performance. According to a report from Global Times, Chinese manufacturers OPPO and VIVO - which clog up sites like GearBest and Aliexpress with budget handsets - tested the OS and reported it to be 60 percent faster than Android.

If Huawei’s gamble pays off and the company ditches Android for good, Google could lose up to 800 million users, Zhengfei said last month. However, if the operating system proves a failure, Huawei could fall behind Samsung, Apple and the smattering of other Chinese makers that dominate the global smartphone leaderboards. Success for Huawei will likely rest on pushing out a functioning product, and convincing other Chinese manufacturers to adopt it.

While app availability will likely be users’ biggest concern, the choice between Hongmeng and Android will also come down to two key points: virus protection and battery life. Google Play Protect performs safety checks on any apps downloaded on Android devices. Without this protection, Google has reportedly warned that Huawei phones using Hongmeng, or an unsupported version of Android in the interim, would be “more at risk of being hacked, not least by China.”

Battery life issues have dogged Android devices as of late. Though bundled with some nifty battery-saving features, the latest iteration of the OS reportedly drains users’ batteries even faster than before. Here, Huawei could score a win. Originally developed for industrial and Internet-of-Things usage, Hongmeng contains fewer lines of code than any other phone OS, and could prove a miser on power.

However, that same threadbare nature has fuelled speculation as to whether Huawei would even bother using the OS for phones. In June, the company’s senior vice president Catherine Chen said that for this reason alone, Huawei would continue to work with Google if possible, a position contradicted by this week’s news.

Concrete answers are still thin on the ground, and until more is revealed at Friday’s conference, the threat to Google’s dominance is still all speculative.
posted by ZUKUNASHI at 05:35| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月07日

パソコンのセキュリティ対策を強化

パソコンのセキュリティ対策を強化することにしました。
考えてみれば、保護すべきは、
@ 読者のメールアドレス
A 自分の使っているネット、カードのIDなどのメモ
B 個人的な家族などの画像
だけです。
C 8年にわたって蓄積したデータもやはり壊れると困りますね。
D ブログのバックアップファイル

@については、管理人はハンドルネームしか知りません。名前は把握していないし、記録していない。
AはUSBメモリーに入れてその都度差し込んで使っています。
Bは、自分のものはともかくとして、家族の分の流出は困るな。
C、Dは、少し古いバックアップだけになってしまうがなんとかなる。

ハッキングされて中身をごちごちゃにされても致命的な問題はないですね。漏れたものが悪用されるおそれもあまりない。

もともと一般に入手可能でない情報など持っていない。
私のこのパソコンがハッキングされても私とブログを結び付けるのには少し手間がかかる。
身元がばれても別に開き直るだけ。

ハッキングされて、パソコンの中身をいじられるのが迷惑なだけだ。

イーサーネットの通信状況を調べるソフトを入れたが、専門的過ぎてよくわからない。シンガポールにあるらしいDNSサーバへとの交信が多いのはわかるが、AMAZONとの交信が多かった。これは広告の表示のためだろう。

広告の多いサイトを見ると、データ通信量が増えます。そのために容量を使い切り、低速しか使えなくなっている人も多いのでは? 広告の多いサイトは短時間で閉じる。開けたままにしないほうが良いかも。

業務用に使っているとか、機密情報を入れていないのなら、ハッキングを恐れることはそれほどない。ただし、マルウェアが仕込まれて自分のパソコンがネット内に悪さを仕掛ける基地にならないよう気を付けるだけ。

やられたらと気づいたら、即クリーンインストール。最低限必要なファイルはUSBに保存しておけばよい。

このように考えると、マルウェアをばらまくような用途に使われるのが怖いだけで、一般の個人の場合は、銀行など金融機関のIDやパスワードを入れておかなければ、ハッキングされてもほとんど害がないといえます。

重要書類をパソコンの中に保存しておくような人は注意しなければなりませんが、常時参照、加工するようなものでなければ別のメディアに保存して普段はオフラインにしておくのが常識です。

個人が会社から持ち出した個人情報のファイルが流出した例がありましたが、このような例では、以前から微妙なデータのファイルを扱っていることが知られており、ハッカーが待ち構えていたところにそのファイルが入れられたということなのでしょう。

今は、海外出張の多いビジネスマンは、ラップトップパソコンを持ち歩いています。そして行く先々でネットに接続するたびにIPアドレスが変わります。こうなると、ハッキングする時間的余裕がないことにもなりましょう。そういう場合に何としてでも、そのパソコンに入っているデーファイルが欲しければ、ラップトップパソコンを含めた荷物丸ごとハッキング、人もついでにハッキングということになるでしょう。

思い出したついでに常用パソコンのドキュメントのバックアップを取りました。常用パソコンのドライブCの使用量は143GB、ユーザー分は103GB。ブログに掲げる画像、人口動態統計などの蓄積分をすべて含めてそれだけです。WindowsのOSとアプリのソフトで40GB。こんなものでしょう。パソコンを更新して2年弱になります。

バックアップを取ったのは1年半ぶりくらい? 古いパソコンから取り出したIDEのハードディスクに3000円ほどで買ったUSB接続アダプターを付けてあり、久しぶりに使ったら動きました。これはコピーが早くて便利です。

特別な用途に使うのでなければ、個人用パソコンの記憶装置(昔はハードディスクと呼びました)は100GBもあれば十分です。ミニパソコンで60GBのものが多いのは、それなりの訳があります。無駄な容量を持つ必要はありません。
posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月06日

Huawei Could Release Smartphone with Its New Hongmeng OS Instead of Google's Android This Year

SPUTNIK2019/8/5
Huawei Could Release Smartphone with Its New Hongmeng OS Instead of Google's Android This Year
China's tech company Huawei has been actively developing a new operating system, 'Hongmeng,' after Google confirmed it would stop supporting Android updates for its devices due to US government restrictions on business between Huawei and US companies.

Huawei could release a phone with its own operating system later in the year after Google deprived the Chinese tech giant access to Android updates after the US blacklisted the company. Currently, Android is the operating system (OS) installed on Huawei smartphones.
According to the Global Times, the OS, built for use with smart TVs and watches rather than mobile phones – is set to be released on 9 August.
According to a source speaking to the Global Times, the new OS has cryptographic functions for protecting users' personal data.

"The new Huawei phones with the Hongmeng system will debut in the market in the fourth quarter, with up to several million units in stock. The new smartphones should debut along with the Huawei Mate30 series," added the source.

The new smartphone, priced at around 2,000 Yuan (£230), will target the medium to low-end market in China.

Previously, in an interview with French publication Le Point, Huawei founder Ren Zhengfei claimed Hongmeng OS would be a universal OS spread across multiple IoT devices and 60 per cent faster than Android's system, but admitted Huawei still lacks a good app store.
He indicated Huawei is now working to create that alternative.

In May, the US government blacklisted Huawei over its suspected connections with Chinese intelligence. The Chinese tech giant vehemently denied the allegations.

The sanctions ban US firms from striking deals with the company without first procuring special licenses.

Google subsequently confirmed it would stop supporting Android software on Huawei devices, which meant new and yet-to-be-released Huawei models would not be able to access Google apps, like Google Maps or Youtube.

Google has already suspended cooperation with Huawei in areas that require the transfer of equipment, software and technical services, except for those that are publicly available under open license.

After Google deprived Huawei of access to Android updates which its phones are dependant on, the US Department of Commerce allowed for temporary general permits, which will support existing communication networks and provide software updates to existing customers, until August 19.
posted by ZUKUNASHI at 11:53| Comment(0) | デジタル・インターネット

Windows10のアプデイト

お暑うございます。お盆も近づいたので管理人からお中元をお届けしましょう。

8/5 知人に頼まれてノートパソコン1803を1903にアプデイトしました。夕刻5時ころから始めて午前2時に終わらず、作業を続行させて寝たら朝には終わっていた。ディスククリーンアップは比較的早かった。セレロンの機械だが遅い。回転式のハードディスクの使用領域が大きく縮小。

おそらく処理速度が上がるでしょう。やってみようとお考えなら以下の記述を参考にしてください。

Windows7の機械をお使いでMicrosoftからアブグレードの案内が来ている方は、その案内の指示に従ってください。やることは同じようなものですが。

なお、ハードディスクの空き容量が大きい場合はそのまま作業してかまいませんが、空きが少ない場合は、作業開始前にIのハードディスクのクリーンアップを行う必要があります。

この作業には長い時間がかかります。寝る前に始めて寝ている間中動かしておきます。翌朝も使えないことがあります。

アプデイト、アブグレードの作業に失敗するとパソコンが起動しなくなる場合があります。その場合は思い切りよく捨ててください。どうせ古〜い型のオンボロでしょうから動いても使いにくいことこの上ないはずです。

では始めましょう。読者の健闘を祈る!!

@ デスクトップ画面左下隅のWindowsアイコン
A デスクトップ画面左下隅の歯車アイコン
B [Windowsの設定]画面から「更新」の言葉が入った項目をクリック
C 左側の列から[Windows Update]を選ぶ。[更新プログラムのチェック]をクリック


あとは自動で更新プログラムのダウンロード、インストール、そのあとの設定まで続く。
D インストール終了時点でいつ再起動するか聞かれるので選択
E これ以降はパソコンでの自分の作業はできない。数時間かかることもあるので、パソコンを使い終えて寝る前に再起動をかけ、そのまま電源を入れておく。
F パソコンのハードによっては再起動後の作業が完了しないことがある。その場合、自動でパソコンのソフトが元に戻される。

G 再起動後は、とにかく自動で設定が終わるまでパソコンは操作しない。電源を抜いたりするとパソコンが起動しなくなることがある。

H アプデイトが終わると、新しいバージョンのデスクトップ画面が出る。ブラウザーが起動して新機能を表示したりすることもある。ソフトが以前と同様に動くか確認する。

I ソフトが正常に動くことを確認して、エクスプローラーを開ける。
デスクトップ画面左下隅のWindowsアイコン →左クリック →Windowsシステムツール →エクスプローラー
画面左側のPCをクリック →WindowsC を右クリック → プロパティ → ディスクのクリーンアップ

空き容量の見積もりが始まるが、この時に[システムファイルのクリーンアップ]をクリック。再度空き容量の見積もりが始まる。このとき空き容量の計算をするのに少し時間がかかる。

[削除するファイル]の表示が出るので、その中から「古いWindowsのインストール」とか「Windowsのアプデイト用ファイル」とかの表示のあるGB単位の大きな項目にチェックを入れる。OKをクリック。

ファイルの削除が始まり、「古いバージョンに戻せなくなるがよいか」と聞いてくるのでOKをクリック。削除が始まる。終わるまで待つ。使用中のディスク領域が驚くほど減る。

起動しなくなったら、機械によってはシステムのバックアップが取ってあればインストールしなおしてまた動かすことができますが、厄介な作業になります。管理人が1803へのアプデイトに失敗した機械は、いろいろ試みましたが、成功しませんでした。SSD内蔵の特殊な機械ではあったのですが。
posted by ZUKUNASHI at 10:44| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年08月04日

パソコンが使えれば遠くまで孫に会いに行く必要はない

2019年08月04日
年配者の海外旅行 どうぞ慎重に
に引用したコンゴ帰りのご婦人は、実在しないのではないかと、ふと思いました。

それに「孫の顔を見に行く? そんな迷惑なことよくやりますね。」と書きましたから、相変わらず嫌なことを書く爺さんだと思われたでしょう。海外旅行に行く数少ない口実なのに。

ええ、この記事を読んで、そうか、外国に住んでいる人は知人や親族が訪ねてきたらいろいろ大変なんだとわかってくれる人はごく少ないでしょうし、ましてや自重する人などまずいないということはわかっているんです。

自分たちが先方の家に行くカネがあったら、それを先方に渡して、帰国時に使っても、どこかに旅行に行くのに使ってもらってもいいと言ってやったらどんなに喜ばれるかわからないのにと思うんです。

先方の家族にカネがあれば、親戚の若い人に海外旅行費用を援助してやるのもいいと思います。

さて、「孫の顔を見に行かずに」、家にいながら「孫の顔を見る」のは実は簡単なんです。

必要なのは、@ネット回線(できれば容量の大きな固定ネット回線)、A動画の再生できるパソコン、B電子メールアドレス
だけです。

ツイッターをご覧の方は、ツイートにはめ込まれた動画が見ることもあるでしょう。スマホで動画を撮って、そのファイルを取り出してツイートに添付しているだけです。

娘や息子が孫を写した動画を送ってもらえばいいのです。何度も繰り返してみることができます。

それだけなんですよ。

こっちから動画を送るのが難しい? そんなのは必要ありません。ジジババがよろよろ動く動画なんか送り付けられたら、楽しいどころか心配が増えるだけです。たくさん写真を撮ってその中からできるだけ元気そうに見えるものを送ります。

スカイプというテレビ電話のようなことができるソフトもありますが、これは各地に散らばるイベントの関係者が打ち合わせをしたりするときに使います。

今は、特に大学生を対象とするイベントなどは、何百名もがあちこちから参集するものであっても、印刷物は一枚も作られないことが多いのです。パンフレットもなしです。

皆、タブレットやラップトップパソコンにダウンロードして参照しています。黒板などももうないんですよ。会場ではオーバーヘッドプロジェクター。会場のパソコンに記録メディアを差し込んで使います。パソコンを持ち込んでつなぐ場合もありますが。

パソコンなど難しくないと繰り返して書いてきました。マナウスさえ使えれば、ほとんどのことはできます。文字入力だってオンスクリーンキーボードを使えばマウスの操作だけで足ります。

居ながらにして孫の顔を見るためには、メールと画像・動画ファイルの扱い方に慣れることが必要です。

メールは、アドレスの入力と本文の入力。ここまでは容易です。
添付ファイルと言われる本文と一緒に送信する画像ファイルなどの添付の方法もそんなに難しくない。メールに添付された画像ファイルの取り出し方も名前を付けてデスクトップに保存すればよいから難しくないです。

ただし、メールソフトにoutlookを使っていると、他のメールソフトを使っている人は添付ファイルを開けられないことがあります。

あと、メールから取り出したファイルを観るのはクリックだけで済みます。何も難しいことはありません。

命の危険を冒して地球の反対側まで行く? やめたほうがいいです。年寄りは。
posted by ZUKUNASHI at 17:24| Comment(0) | デジタル・インターネット

Siriってアイホンに入っているものですよね アップルがSiriを止める

音声を聞き取りそれで機械を操作する仕組みがいろいろ出回っています。
前から書いていますが、そういう音声データは、多用途に使われています。
SEXの際の喘ぎ声や睦言まで。聞き分けるためにネイティブまで雇っているとか。
読者の中で使っておられる方もおられるらしい。

音声だけでなく、カメラから画像ものぞかれているでしょう。
もちろん、メールの内容やいろいろな嗜好も把握されています。

周りの誰も注目してくれない、相手してくれないから、そんな注目されるヒトになるのがうれしい?
でもね、あなたの情報は、human-trafficking や臓器移植の提供者としての適性を審査されていることのほうが多いと思いますよ。

いつの間にか、あなたのアパートが空室になってしまう、そういうことになるのです。エプスタインのニュース読んだでしょう?

続報も出ました。
RT2019/8/4
Apple suspends Siri program that allows employees to listen in on users' private conversations
Apple has announced it is temporarily suspending its program which monitored recordings from AI assistant Siri after reports that it allowed the company’s human contractors to listen in on private conversations.

“While we conduct a thorough review, we are suspending Siri grading globally,” Apple said in a comment to Business Insider.

The decision follows a report from the Guardian, last week, which revealed that company workers around the globe who review the recordings from the voice assistant regularly listen to users’ private conversations.

According to an Apple whistleblower, a small part of Siri recordings are frequently passed to human contractors working for quality control, or grading, of Siri responses to commands. The stated aim is to “improve and develop” Siri functions, and assess, among other things, whether the voice assistant was activated accidentally or on purpose, whether Siri was helpful, and whether its response to the query was appropriate.

While Apple does not explicitly mention any human involvement in Siri’s training in the assistant’s documentation, it did acknowledge that “a small portion of Siri requests are analyzed to improve Siri and dictation [to help] understand you better and recognize what you say.”

However, given the number of ways Siri can be activated, the voice recordings sent for evaluation revealed a large number of cases when Siri was activated accidentally. The contractors were therefore left to deal with recordings of confidential medical information, drug deals, or couples having sex, as part of their job in evaluating Siri’s effectiveness.

Apart from suspending the AI’s grading program and its thorough review, Apple has promised users it will add an option for the user to choose whether to participate in Siri grading or not.

“We are committed to delivering a great Siri experience while protecting user privacy […] As part of a future software update, users will have the ability to choose to participate in grading,” the company stated.

みゆうさんが訳してくれた次の記事は、若い女性は絶対に知っておいたほうが良い情報ですよね。日本ではレイプしても起訴されない例が増えています。「旦那! この子とこの子は、あの時の乱れ方が激しくて、しょっちゅう別の男を引き入れています。簡単にいけますよ!」と狙いをつけられてしまうことも・・・


RT 2019/7/27
シリ(Siri)、「日常的に」性交渉を録音 「数えきれないほどの」プライベートな瞬間をAppleの請負人に送信

AIアシスタントであるAppleのシリ(Siri)は、性交渉中の音声、身体的弱点といった医療情報、麻薬取引、その他のプライベートな瞬間を、ユーザーの知らない間に、「等級」を評価する人間に送信している、と内部告発者が明らかにした。

AppleのSiriによる音声補助機能(voice assistant)で録音された音声は、世界中の(人間である)請負人(訳注:仕事としてその業務を請け負って行っている人)に送信されている。匿名の請負人がガーディアンに語ったところによれば、これらの請負人たちは、反応の質が高いかどうか、起動が適切かどうかといった点に基づいて、AIを評価している。彼らは、(AIの)故意でない起動はAppleが設定しているよりもかなり多い(特にアップル・ウォッチのユーザー)と主張し、会社に対して問題の存在を認めるよう求めている。

「医師と患者の間でかわされるプライベートな討議、商取引、犯罪のように見える取引、性交渉などの際に生じる音声が、数えきれないほど録音されている。これらの録音には、ユーザーの現在位置や、コンタクトの詳細、アプリのデータなどを伴って表示される」ことを、内部告発者は明らかにした。

(以下、リンク先のタイトルのみ)

Amazon、アレクサの録音は、ユーザーが消去した後も残る場合があると認める

「アレクサ、誰が私を盗み聞きしてるの?」 何千人もの人間が、Amazonのデバイスから「(音声の)断片」をじっと聞いている

アレクサ、私のご近所さんは何をしてるの? 「ヒューマン・エラー」によって、ユーザーが他人の生活を盗み聞きできる場合も

Amazonの、子どもにやさしいエコー・ドット(Echo Dot)は、子どものプライバシー法に「著しく違反している」ことが調査で判明

外注されたスパイ行為:Google、「多少の」録音を聞き取るための「言語のエキスパート」の存在を認める

「匿名データ」から個人を特定しなおすことは、誰にでもできる 研究員が主張、あなたも試してみて

RT2019/7/27
Siri ‘regularly’ records sex encounters, sends ‘countless’ private moments to Apple contractors
Apple’s Siri AI assistant sends audio of sexual encounters, embarrassing medical information, drug deals, and other private moments recorded without users’ knowledge to human ‘graders’ for evaluation, a whistleblower has revealed.

Recordings from Apple’s Siri voice assistant are fed to human contractors around the world, who grade the AI based on the quality of its response and whether its activation was deliberate, according to an anonymous contractor who spoke to the Guardian. They claimed accidental activations are much more frequent than Apple lets on, especially with Apple Watch users – and wants the company to own up to the problem.

“There have been countless instances of recordings featuring private discussions between doctors and patients, business deals, seemingly criminal dealings, sexual encounters and so on. These recordings are accompanied by user data showing location, contact details, and app data,” the whistleblower revealed.


Amazon admits it keeps some Alexa recordings even when users delete them

'Alexa, who's eavesdropping on me?' 1000s of humans reportedly audit 'snippets' from Amazon devices

Alexa, what’s my neighbor doing? ‘Human error’ allows user to eavesdrop on stranger’s life

Amazon’s kid-friendly Echo Dot is ‘blatant violation’ of child privacy laws, investigation finds

Outsourced spying: Google admits ‘language experts’ listen to ‘some’ assistant recordings

ANYONE can be re-identified from ‘anonymous data’, researchers claim & let you TEST it
posted by ZUKUNASHI at 11:23| Comment(2) | デジタル・インターネット

2019年08月02日

危うい日本人のITネット利用

もう記事を書いても効果がなさそうなのでやめようかと思いますが、このブログの読者の多くがIT、ネット利用については、裸で街を歩いていると同然です。

1 電磁波の害を警戒していない。
2 ラジオで済むのにわざわざスマホでラジオを聴いている。
3 スマホに入っているアプリが至れり尽くせりだと感心している。(使えるまともなアプリはほんの少数と管理人は見ている)
4 個人情報がダダ漏れになっていることに気づかない。気づこうとしない。
5 音声や画像が吸い上げられていることに気づかない。(なぜ画像保存用のサーバースペースを使わせてくれると思っていますか?)
6 ツイッターやフェースブックが広告収入であんなに巨額の利益を上げられると思いますか?(あなたのツイッターのタイムラインにいくつ広告が出ていますか?)
7 このブログの読者のパソコンのハード・ソフト面の知識技量は極めて低い。おそらくそれが世の中の平均。
8 ネット利用を安くする方法があってもほとんどの人が携帯電話会社の言いなりでやってきたため、自分で判断ができない。ネット利用の少ない家では固定ネット回線の費用年間4万円を10分の1にすることも可能なのに。
9 スマホの回線提供会社の選定でSIMロック解除を渋ったりする会社を選んで後悔している例が多い。
10 ネット契約で無駄な高いプランを選んでいる。
11 若い人でパソコンを使いこなしていると自負している人も、不具合の診断やソフトの不調ではかえっておかしくしてしまう例も多い。
12 音声通話でなく、ショートメールのほうが電磁波の害も料金も少なくて済むのにもっぱら音声通話に依存する人も多い。
13 パソコンの購入ではオーバースペックの高価なものを購入している人も多い。ネット閲覧とメールだけなら2万円のパソコンで十分。
14 Gmailをビジネスだけでなくプライベートな連絡に使う人も多い。他者に読まれてもよい内容のメールと個人情報の多いメールは使い分けるのが常識。例えば政治的な立場が出るようなものは重要な個人情報を含んでいます。
15 ネットを長時間濃密に利用する人でもセキュリティソフトを使わない例が多い。(無料のウィルスチェックソフトは使わない。パソコンの動作が遅くなるだけ。)
16 米国がセキュリティの面で問題があるから使用禁止としたものは逆にとらえる。カスペルスキーは米国機関のハッキングなどを検知するため、ファーウエイは米国の言うなりにバックドアを設けなかったためらしい。

スマホやパソコンは、益だけではなく害も多いのです。財布も痛みます。

海外のメディアでは、ツイッターやフェースブックの問題が次々に指摘されています。日本語では流れません。

読まれてもいないし、読んでもらっても理解できない人が多いだろうし・・・、でも参考にしてくれる人もおられるようなので全く取り上げないのもどうかと・・・。

特にフェースブックでの問題が多いです。
‘The Great Hack’ expert warns that Facebook data-grabbing puts ‘power over people’
posted by ZUKUNASHI at 10:11| Comment(6) | デジタル・インターネット

2019年08月01日

パソコンから画像をどこかに送るマルウェアがあるらしい

以前、集団ストーカーの被害にあっているとツイッターで被害の報告をしておられる方が、ある日パソコンの中のあるフォルダーの画像が全部別のおかしなものに変わり、それがまた元に戻ったと書いておられることがあった。

スマホのバックドアのことを調べていて気が付いたのだが、このようなオペレーションはマルウェアやスパイウェアでやれるのではなかろうか。

ある人の持つパソコンの中に保管されている画像を全部吸い上げて違法なものがないか、機密に属するものがないか調べたいとき、パソコンの中に画像を探して読み取り、定められたところに送る役目を果たすソフトを送り込めばいいわけだ。

上の例で画像が全部入れ替わってしまったということだが、これは理由がある。アプロードだけを続けているとイーサーネットの動きがおかしくなり、異常を検知されてしまう恐れがある。それを防ぐには画像を1枚吸い上げると同時にダミーの画像を1枚送り込めばよい。そうすれば、上りの信号も下りの信号も多くなって画像を抜かれていることには気づきにくい。

そして順次画像を吸い上げていって自分のほうから送り込んだ画像が帰ってきたら、そのフォルダーの画像はすべて吸い上げることができたとわかる。

なぜそんなことをするか? パソコンの所有者が人に見せたくないとパソコンの奥にしまっていた秘密の画像を覗いてみたいという動機もあるだろう。

犯罪捜査が目的のこともあるかも知れない。脅迫という狙いを持つこともあるかもしれない。

ある日、こんなメールが送られてくる。

拝啓  ずくなしの冷や水様
いつもブログの更新、暑い中ご苦労様です。
さて、貴殿は、男女のいかがわしい写真や小児性愛の疑いがある幼女の画像を収集しておられると情報を得ました。

こんな写真や


こんな写真に見覚えがおありでしょう。


孫娘だとの触れ込みでカムフラージュしておられますが、幼女のかわいい写真も溢れるほどお持ちですね。

これらの画像は、どんな目的で収集しておられるのでしょう。まさか、個人的ないびつな欲望のためではないと信じていますが、これらの画像が貴殿のセルフィー画像などと一緒に流出した場合、無用な誤解を受けることもあるかもしれません。

下流老人だからもうどうなってもいいとよく書いておられますが、世の中ではそういう老人が晩節を汚したといって蔑みの的になることはよくご存じでしょう。


私どもは、そういう困難な局面に遭遇された善良な市民の方の力になりたいと考えております。

ビットコイン〇〇枚で問題解決のお力になりたいと念じております。1日以内にビットコインでの支払先をお知らせしますので、ご検討ください。


念のため申し上げておきますが、小児性愛の画像は、パソコンなどに記録、保有しているだけで犯罪となり、刑法犯となりますので、どうぞ慎重に対処されることをお勧めします。

アンドロイド携帯とGmailで個人情報を徹底的に抜かれ、そして家で使うパソコンのIPアドレスを把握されたら、ありえないことどころではなく、簡単にやられてしまうことだと思うがどうだろう。

誰かが提示したリンク先をクリックするだけでマルウェアは忍び込んでくるのだから。
posted by ZUKUNASHI at 20:57| Comment(1) | デジタル・インターネット

2019年07月15日

Wifiは精密機器の故障を呼ぶ

リアルタイム線量率測定システムの管理を1年以上続けてきた結果、どうもWifi使用の場で故障が多いような気がしている。

リアルタイム線量率測定システムの設置環境は個別に詳しくは教わっていない。当初はすべてWifi利用を前提としてシステムを配布していた。

その時からシステムの稼働が安定しない事例があり、システムの撤収を余儀なくされた例があるが、これまでに4件を数えている。1件ではスティックパソコンが故障し、画面が映らなくなった。

その後有線接続をお願いしてきており、Wifi接続は減ってきているが、やはりWifi接続の環境でスティックパソコンの不調がある。

一般に言われているが、USBメモリーやSDカードが壊れることも多い。T社のものが特によくないとの説もあるがそこはわからない。

管理人は、スティックパソコンにインストールすべきソフトやバックアップファイルをUSBメモリーに入れてスティックパソコンの調整の際に使っているが、昨日は、バックアップファイルが壊れていることが判明。電源を通じたままの機械に抜き差しするから電気的なショックで壊れることもあると思う。

パソコンの回復用ディスクイメージをUSBメモリーやSDカードに保存する場合があるが、いざというときに使えないこともありそうだ。全く使っていなくても、Wifiの電波でおかしくなることも十分にありうる。現にスティックパソコンの基盤回路がおかしくなったりしているのだから。

常用パソコンのファイルを回転式のディスクにバックアップをとっているが、これが目下利用可能な方式の中では最も安上がりで確実なようだ。もつと頻繁にやらないといけないが。

スティックパソコンは電気消費量も少なく、リアルタイム線量率測定システムのように負荷は軽いが24時間稼働のシステムには最適と考えているが、有線LANアダプターの電気消費量が多いらしく電圧が下がってしまうのが悩みの種だ。これからはモジュラージャックのついたミニパソコンに切り替えていかなければならないのかもしれない。

先立つものは資金手当て。いろいろ考えなければ。

管理人は、高価な電磁波測定器は、アルミのツーボックスに保管している。2台で5万円したからWifi電波にやられて壊れたら泣く。今は自宅ではWifiは使っていないが。

Wifiを有線接続に切り替えるための助言を何件かやりましたが、遠隔助言では難しいですね。現場に行ってやるほうがよほど楽です。どうせ一回やれば済む話なので、テクニカルタームなど覚えてもまた使うことはほとんどないでしょうし。

ただ、ある程度知識のある方は、こんな方法があると告げて、機械を手配してやれば、ご自分で実現する方もおられます。必ずしも若くはない方でもそうです。今は、ソフト的に面倒なのは、モバイルルーターなどの設定をパソコンから行う場合だけで、あとはいろいろいじらないとつながらないということはあまりありません。

有線LANの設定は今はほとんど介入する余地がありません。Wifiの設定よりも比較にならないほどに簡単です。

不調となり、数カ月取り外していた液晶モニターが調子を回復しました。考えられる原因は電磁波です。Wifiを止めました。
posted by ZUKUNASHI at 15:10| Comment(0) | デジタル・インターネット

あるサイトを開けてあなたの現在地を地図上に表示させることができます

GPS付きのスマホをお使いの方、あなたが今どこにいるかは、容易にかなり正確に知ることができるんですよ。

もちろん、GPS付きスマホで地図を開ければ、現在地が表示されることが普通でしょうが、あなたのスマホ端末ではなく他人が別のパソコンから、あなたのスマホのGPSデータを使って地図に現在地を表示させることができることが理解できる例です。

簡単に言うと、あなたのスマホのIPアドレスを誰かが知った場合、あなたの居場所をかなり正確に容易に把握できるということです。

やってみますか?

https://web-designer.cman.jp/javascript_ref/others/gps/

または CMANで検索して このサイトの「JavaScriptで位置情報(GPS)取得」というページを出します。

ページの下のほうにある 「あなたの位置を取得」から始めます。
途中で位置情報を使わせるか聞いてきますので、許可します。許可しないと位置が把握できません。

あとは、画面の指示に従ってGoggleの地図上にあなたの現在地を表示させることまでできます。

このサイトは、訪問者のIPアドレスを把握していますから、こんなに手際よく簡単にできますが、要するにIPアドレスが分かり、それとつながることができればこのようなことは簡単にできるということですね。

徘徊老人にGPSスマホを持たせて現在地を把握するシステムがあるようですが、極めて簡単なんですね。

このような徘徊追跡システムでは、位置情報の利用を常に許可していますが、アンドロイドスマホではいろいろなデータをアプリに使わせるか聞いてきます。そんな中にこの許可取得が紛れ込んでいたら位置情報が使われてしまうことはあり得ます。

犯罪者の追跡にも使えるし、集団ストーカー行為でも追跡に使われるかもしれません。

いやね、なんでこんなことをやったか、知ったかというと、スマホのIPアドレスは電源を入れるたびに新しいIPアドレスが割り当てられているはずだと思っていて、それを確認しただけなのです。

スマホのIPアドレスを知るためにこのブログにコメントを書いたりした(コメントを書くとIPアドレスも記録されます)のですが、もっと簡単に自分のIPアドレスを表示してくれるサイトがあるはずと探していたら行き当たりました。

ある方が、ルーターを導入するのにうまくいかなくて、付属のCDを使ってIPアドレスを設定するんだと言っておられたので、すごいプロと驚いていたんです。

でもね、IPアドレスはプロバイダーが割り当ててきます。携帯電波なら携帯会社ですね。そうでないと彼らは自分の管理する正しい通信相手かどうかわかりませんから。そして個別の端末は、そのIPアドレスを世界中に張り巡らされたインターネットの住所、識別番号として使っているのです。モバイルルーターや固定式のルーターを使うのに自分でIPアドレスを設定してもつながらないと思います。かえっておかしくなるんじゃないかと思っているんですが、試行錯誤も勉強のうち、見守っているところなんです。

(自分で好きなようにIPアドレスを作ってそれでインターネットの世界に入っていけたら、正規のIPアドレスの通信を横取りすることが可能になりますから、それはできないようになっています)

スマホ、特にアンドロイドスマホは、個人情報吸い上げ機だと何度も書いてきましたが、理解できない人が多いようです。個人情報が知られてもかまわないというお考えなら別にいいのですが、あなたの無警戒なスマホ利用を通じてあなたの通信相手の情報も流出してしまうこともありますのでね。

イラクでは、米軍がISIS幹部の携帯電波を追跡してドローンで殺害した例があります。端末の電話番号やIPアドレスが把握できれば、こういうことは簡単なのです。この攻撃のとき、巻き添えで亡くなった人が何人もいたんですよ。

今の日本では、集団ストーカー行為の巻き添えで電磁波を照射されたりする危険は現にあります。
posted by ZUKUNASHI at 07:54| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年07月11日

イランが独自のアンドロイドOSを開発

FARSNEWS2019/7/10
Iran Nearly Done to Replace Android with Indigenous OS
TEHRAN (FNA)- Iranian Minister of Information and Communications Technology (ICT) Mohammad Javad Azari Jahromi said the country has almost completed a 100% homemade operating system for cellphones to replace the American OS, which has time and again stopped offering service to Iranian users on the pretext of Washington’s unilateral sanctions.

On the sidelines of the ceremony of opening of 11 smart bike stations in the capital city of Tehran on Tuesday morning, Azari Jahromi told reporters that the operating system is full, but has an extension and with greater autonomy than other operating systems, it does not allow a third party to interfere.

He explained that since last year a number of Iranian software has been removed from mobile phones by American companies for various reasons, which was a blow to a large number of Iranian businesses.

Azari Jahromi said the move started from Apple and Google followed it and caused the young people's business to cope with problems.

“A person or group abroad, under different pretexts, removed mobile apps from the mobile phones and they were removed from customers’ lists," the official noted.

He stressed that during this time, "We were using the Iranian youth and launched the Iranian mobile operating system."

Azeri Jahromi pointed out that during harsh economic conditions, "We should not be indifferent in this regard", and so the 10-12 base services that were used and sanctioned by the United States, such as the cloud app and the map, which were repeatedly sanctioned, were set up in Iran.

Back in September 2017, Digital service distributor Google Play followed Apple’s lead in removing Iranian apps from its store, citing US sanctions against the Islamic Republic.

Companies such as Google and Apple were hosting Iranian apps reportedly under a license issued by former President Barack Obama’s administration in 2014.

According to Tyler Cullis, an associate attorney specializing in US economic sanctions and export controls, the unilateral sanctions cover virtually all transactions between the US and Iran, “including the provision of goods, technology, and services.”

Iran has about 48 million smartphone users in the country of more than 80 million. Apple’s market in Iran is related to iPhone holders who number in the upwards of 7 million. Google is the top visited website in Iran according to Alexa ranking.

There are currently thousands of applications in Iran developed by startups which were hosted by the likes of Apple and Google.

posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年07月10日

フォロワーの多いブログにも報道倫理規定を デンマーク教育大臣

SPUTNIK10:15 10.07.2019
Denmark Prepares Social Media Regulation Following Popular Blogger's Suicide Note
Influencer Fie Laursen's suicide note received 30,000 comments and 8,000 likes and was available to the public for an entire two days until removed by the blogger herself.

Influencers and bloggers who have thousands of followers on social media must adhere to press ethics rules, Danish Minister of Children and Education Pernille Rosenkrantz-Theil of the Social Democratic Party has stated.

Her announcement came in the wake of a recent scandal, in which popular blogger Fie Laursen, who has over 330,000 followers on Instagram, published a suicide note. The letter, which received 30,000 comments and 8,000 likes, was publicly available for two days before being removed by Fie Laursen herself.

According to Pernille Rosenkrantz-Theil, similar incidents must not occur in the future.

“All journalists are familiar with the press ethics rules that, for example, that one must be careful about talking about suicide in the public space. When managing popular blogs with hundreds of thousands of followers, I think we can make the same demands. Had Fie Laursen known these rules, she would hopefully have pulled the brakes before publishing the letter”, Pernille Rosenkrantz-Theil told the newspaper Berlingske.

According to the minister, a specially appointed board should be tasked with observing that the rules are being followed and authorised to remove posts that presumably violate press ethics.

“The blogs must have a duty to designate, say, three people who must have the password for the blog or profile. These people can then remove a post if they believe it violates the press ethics even though it was the blogger has posted it”, the minister explained. According to her, this is a necessity, since some influencers now have a larger followship than established media.


Whether individuals and media outlets comply with press ethics rules is assessed by the Press Board, which may express criticism and ask for rectification. The minister suggested that the limit for press ethics responsibility may be drawn at about 5,000 followers.

Vibeke Borberg, lawyer at the Danish School of Media and Journalism, argued that imposing editorial responsibility on bloggers may be a tough task. Borberg also warned against equating established news media with social media such as Instagram, Facebook, and Twitter.

“The significant difference is that ordinary media work on the basis of editorial and journalistic methods, to which the press ethics rules apply. Social media, on the other hand, are just a platform where users post that something of completely different nature. It is rather of a form of communication than it a news platform”, Vibeke Borberg explained.

Conservative politician Mette Abildgaard denounced the suggestion.

“'Dear suicidal girl. You may be punished for violating editorial standards for your public suicide note'. Wow, how sympathetic”, she tweeted.

“This is called socialism... You say you want to protect the weakest, but in the end it is always the weakest that are hit”, another user chimed in.

By contrast, The Danish Bloggers Union welcomed a debate on blogging rules. According to its chairwoman, Lisbeth Kiel, the organisation is currently preparing an ethical code, in which, she hopes, many web personas will volunteer. According to her, advertisers can help push the trend in the right direction by investing their money with the bloggers who meet the ethical requirements.

One of Denmark's most popular bloggers, Sarah Louise Christiansen, the author of the fashion and lifestyle blog Sarahlouise.dk, agrees that more rules are needed in her profession.

“I believe bloggers and influencers should have greater responsibility for what we can and can't do. We have so many people who look up to us and listen to us. So we have a huge power. The truth is, there are people who follow the influencers blindly, and it's mega scary. So I totally agree, of course we should have tighter rules”, Sarah Louise Christiansen told Danish Radio, describing bloggers as “neither journalists, nor ordinary people”.

23-year-old Fie Cecilia Laursen is a Danish blogger, YouTuber, author, reality star, and photo model. Her suicide note published this past weekend was immediately reported to Instagram, while her family also struggled to get it removed. Instagram later parried that the letter was kept on purpose out of consideration for Laursen's health and very life.
posted by ZUKUNASHI at 17:35| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年07月06日

ファーウェイの据え置き型無線ルーターの使い道

アイフォンのSIMを格安SIMに変更してもうすぐ1か月になります。当初予定通り、電話と非常時の地図やタクシー会社検索の機能に特化しました。メールアドレスは一つ入れていますが、ほとんど使っていない緊急用。

Wifiは止めています。

電池の持ちが格段に改善しました。一時は1日しか持たなかったのに。設定によって全然変わるんですね。ともに電話はめったにかかってこない、かけない使い方。

アイフォンの電池が持つようになったのは、携帯回線の音声を除き、携帯回線のデータとWifiの電波を受信・発信しなくなったためですから手を伸ばせば届くところに置いてありますが、ずいぶん電波が減ったことになります。

家庭内の電磁波抑制策としてファーウェイの据え置き型無線ルーターを使ってみました。この機械は3年ほど前に24,000円程度で売り出されたのですが、ほとんど売れなくて1年ほど前には4,000円前後で見切り処分されたようです。現在、高いもので7500円、安いもので4000円程度で売られています。新品と称しているものも開封品で明らかに使った跡があります。ただ、ファーウェイのスマホの技術の転用ですから次々と故障して使えないものが出ているということではないようです。中古品の流通があります。

この製品は、とても面白いです。3年前ですから格安SIMが出始めた頃でしょうか。ファーウェイは格安SIMを使った携帯回線経由のネット接続が増えると見たのでしょう。携帯回線(データ)とつないでネットをするための機械です。Wifi経由でパソコンと接続できます。固定ネット回線につないでWifi発信機としても使えます。

特徴は、LANポートがあり、携帯回線(データ)からのデータを有線でパソコンなどにつなぐことができる点、また、逆方向で固定ネット回線とつないでWifi発信機としても使えることです。

そして、この機械はWifiを止められるようになっています。日本のメーカーが作ったモバイルルーターにもLANポートがあり、Wifiを止めることのできる機種がありますので、携帯回線(データ)からのデータをWifiを使わずに有線で取り出したいと考える向きはわずかながらいる。

auのSIMを使うスマホなどのクレードルは、4千円前後からありますが、LANポートを有しているものがあり、Wifiを止めることのできるものもあるらしいのですが、実機でのテスト結果はまだ聞いていません。

ファーウェイのこの据え置き型無線ルーターは、途上国では重宝すると思います。例えば、途上国に移り住んだ時、ネット回線を引くことが難しい場所も多いでしょう。例えば、シリアの砂漠に近いような地域でもテロリストはスマホを使っています。携帯回線は使えるのでしょう。それならそこでネットを多用するならこの機械が有用です。工事費が不要です。

私が入手したものは、日本向けの正規品と商品紹介に書かれていましたから、各国向けの製品があるのでしょう。日本では失敗したようですが、ファーウェイの商品開発はなかなか良いところに目をつけています。そして、日本では携帯回線(データ)の電波やWifiの電波を手持ちのスマホなどで受信することの危険性が啓発されていないために、売れなかったということもわかります。

日本での電磁波の害は途上国を大きく凌ぐものになるでしょう。放射線の害にも、電磁波の害にも、グリホサートの害にも目を向けない日本。没落する国は目先の便利さしか考えず、企業の利益優先。

ファーウェイのこの据え置き型無線ルーターが4千円程度で入手できるなら、リアルタイム測定装置のシステムも選択の幅が広がります。

当初、@ 測定器+スティックパソコン+Wifiで始めました(これが最安の組み合わせでした)が、その後電磁波特にWifiの害を回避するため、A 測定器+スティックパソコン+固定インターネット回線に移行を進めています。Wifi利用の場合は生活空間のWifi電波が強くならないように対策を講じたケースもあります。

固定インターネット回線がない場所、お宅でのこのシステム設置が進めづらい状況になっていますが、B 測定器+スティックパソコン+(生活空間から離れた場所に置いた)据え置き型無線ルーターからのLANケーブル接続 が選択肢として採用可能になります。

ただ、この場合、据え置き型無線ルーターに格安SIMが必要ですからその契約を誰がするか、機械にSIMを入れて設定作業をだれがするか、の問題が残ります。SIMはデータ通信量が上りだけ、かつ10分毎あるいは5分毎の30KB程度のファイル送信だけですから大した通信データ量にはなりません。ロケットモバイルの神プランで十分です。

どこか特に危ない原発が再稼働した場合に、時限的にリアルタイム測定システムを置いてもらうことで危険を感知できるようにするのであれば、Bのシステムです。それもSIMの契約は管理人が行い、すべてセット済で送るということになりましようか。測定器、スティックパソコン、据え置き型無線ルーター、格安SIM初期費用の合計で3万円強。ランニングコストは毎月の電気料と格安SIM通信料で500円ほど。

もう機械購入は止めようと思っていますが、自分の財布と相談して考えます。

さて、今日はスティックパソコンのソフト更新と作動確認の作業です。明日にも発送できれば。
posted by ZUKUNASHI at 10:11| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年07月02日

固定ネット回線がない家で有線LANネット網を構築するならHUAWEI LTE CUBEで決まり 初期費用15,000円で年間36,000円節約の余地

費用をかけずに固定ネット回線がない家でWifiを使わずに有線LANネット網を構築する方法を検討してきましたが、次の方法が確実なようです。

1 格安SIM(データのみの契約)

2 携帯電波(データ)を受けてパソコンとつなぐためのモバイルルーターまたは据え置き型のルーター
 (1)SIMロックフリー モバイルルーター+専用クレードル
   Aterm MR05LN 3B クレードルセット PA-MS05LN 3B  (高価)

 (2)SIMロックフリー 無線 WiFi ルーター据え置き型
   HUAWEI LTE CUBE E5180 白 無線 WiFi ルーター
   (比較的安い市価8,500円ほど)


 (3)対応ネットワーク限定 無線 WiFi ルーター据え置き型
   Speed Wi-Fi HOME L01s white UQ版 HWS32SWU
   対応ネットワーク:WiMAX 2+  au 4G LTE  のみ  (比較的安い)
   これは、(2)と似ていますが、対応する携帯電波が限られています。

 (4)SIMロック モバイルルーター+専用クレードル
   WIMAXのモバイルルーターについては、専用クレードルが販売されているものがあります。

  上に掲げたものには有線LANポート(LANケーブルの差込口)があります。

3  2と同じようにLANポートから携帯データ回線から信号を取り出す方法として
  SIMロックフリーWifiのみのモバイルルーターとWifi受信機を組み合わせて使う方法があります。  

  その用途に使えるWifi受信機としては 例えば
  ・TP-Link WIFI Nano 無線LAN ルーター 11n/g/b 300Mbps 中継機 子機 ホテル WiFi USB給電型 ブリッジ APモード TL-WR802N

  ・BUFFALO WLI-UTX-AG300/C
   があります。この方式では携帯の電波をとらえるルーターとLANケーブルを差し込むWifi受信機の間でWifiを使いますのでWifiの電波を止めることができません。置き場所に工夫が必要です。

4 LANケーブルで信号を取り出した後、複数の端末で使おうとする場合
 ルーターが必要なことがあります。 例えば安価なルーターとしては
  BUFFALO 有線ルータ BBR-4MG BroadStation エントリーモデル などが使えます。

Aterm MR05LN 3B クレードルセット がSIMロックフリーでもあり、現に使っておられる方もおられますが、23,000円ほどします。中古ですと少し安い。こちらは高価なため資金難で購入してテストができませんが、HUAWEI LTE CUBE E5180 白 無線 WiFi ルーター8,500円の実機テストを行うことにしました。

もし目論見通りにいけば、Wifi電波抑制に効果が期待できます。LANケーブルを引くのは室内の美観を損ねます。ですが、そこは妥協を。

お手持ちのSIMでも使える可能性があります。設定はSIMのはめ込み、APNの設定のみになる見込みです。

固定ネット回線の障害時バックアップシステム
なお、管理人は、固定ネット回線の障害時バックアップシステムとして、モバイルルーターと格安SIMの組み合わせを使っています。最安のFREETELのモバイルルーターとロケットモバイルの神プラン。メインのパソコンはWifiの機能がありませんので、Wifi受信機として Hommy USB2.0 WIFI 無線LAN 子機 親機 アダプタ 購入価格217円を使っています。

このバックアップシステムは、メインのIPアドレスを知らせたくない場合の代役としても使えます。ハッキング対策です。

※ この記事に書かれたことは何かの作動、機能を保証するものではありません。

2019/7/2、HUAWEI LTE CUBE E5180が届いたので、つないでテストしました。

1 格安SIMをセットする。DMMのマイクロナノSIMをこちらに移す予定でしたが、この機械のSIMの規格はマイクロSIMでサイズが合いません。これまでは、位置をうまく合わせることで標準サイズのSIM差し込み口にもナノを使ってきましたが、この差込口ではそれはできません。

やむを得ず前に使った残りがあるはずと、探しまくってナノマイクロSIMサイズに変換するアダプターを見つけました。アダプターを使うと接触部分がうまく接しないことがあるのですが、私のようにいろいろな器具にはめて使う人はやはりマイクロナノSIMです。

さてどうなるか、電源を入れないとわかりません。なお、機械にはダミーのSIMが入っていました。

2 パソコンとLANケーブルでつないでルーターのAPN設定
 このルーターはLANポートがありますので、最初の設定の時にWifiでつなぐ手間(SSIDの入力)をかけなくても、LANケーブルでつなげばつながります。

電源ケーブルをつないだだけで電源が入りました。

ブラウザーを立ち上げてソフトを呼び出します。まず、このソフトにログインします。ここまでの段階でSIMがないとの表示は出ていません。SIMが認識されているようです。

そして続いてルーターを設定するのですが、まずクイック設定からプロファイルを作ることから始めます。
APNを設定します。これはSIMを渡してくれた会社の説明書にしたがってやります。


3 ルーターのWifiを止めることが可能か。
 事前にマニュアルを読んでいたら、Wifiを止める方法についてヘルプのここを見ろと書いてありました。Wifiは止められます。


4 LAN接続のほうはルーター機能があるか。
ファーウェイのルーターをつないでいたミニパソコンがルーター経由でインターネットにつながりました。
LANケーブル経由でパソコン1台はつながることが確認されました。

では、ルーターからハブを介して複数のパソコンにつながるでしょうか。だめです。LAN接続のほうにはルーター機能がないようです。

5 安価な有線ルーターでどうだろう。
別の場所で使っていた有線LANルーターを外してつなげます。配線の切り替えがとても厄介です。それにLANケーブルが古くなっていて接触が悪い。でも、複数台がネットにつながりました。


自宅のGC10のグラフ、EXCELで空間線量率の変化を調べるスティックパソコンとミニPC、空間線量率グラフを記録するスティックパソコン、それに管理人のメインの常用パソコン。テストを始めるまで聞いていた音楽が流れ始めました。音楽がつかえたりしません。

6 電磁波はどうだろう。高周波が強いです。生活空間から離れた携帯電波の入りやすい場所に置きます。


7 機器構成系統図
HUAWEI LTE CUBE E5180 市価8,500円
↓ LANケーブル1本、付属電源アダプター
BUFFALO 有線ルータ BBR-4MG BroadStation エントリーモデル 市価1,695円
↓ LANケーブル1本 付属電源アダプター
8ポートスイッチングハブ TP-Link スイッチングハブ 8ポート ギガビット 磁石付き らくらくマウント TL-SG508 市価2,869円 付属電源アダプター
↓ LANケーブル5本
デスクトップパソコン、ミニパソコン、スティックパソコン計5台。

BUFFALO 有線ルータ BBR-4MG BroadStation エントリーモデルのアウトプットは4ポート、ケーブルが4本差し込めます。一般の家庭ではそれで十分でしょう。スイッチングハブは必要ないと思います。

機器代金 2台で1万195円
LANケーブル 数本。短いものは100円ショップで売っています。

格安SIM 今回はDMMの格安SIMを使いました。これは高速と低速に切り替えができます。高速の枠を使い切ると低速のみとなりますが料金は自動的には増えません。
DMMデータ通信SIMプラン ライト 月額440円+消費税
手数料 3,394円+消費税

当初の設定が少し難しいでしょうか。システム自体は極めて簡単です。

ここまでの実機テストの記事部分は、HUAWEI LTE CUBE E5180とDMMの格安SIMでネットにつないで書いています。画像のアプロードが少し遅いですが、他はそれほど気になりません。実用可能です。


同報メールで便宜供与の案内を出しました。(出そうとしたらメールが発信できませんでした。SMTPサーバーが違うと。メールは入ってきているんですが。)

何か事故が起きれば、予備のパソコンも動員して情報収集になります。固定回線経由とモバイル回線経由ではメールの発信などで制約が出る面がありそうです。できればモバイル回線のパソコンは別のデスクトップを充てるのがよいのかもしれませんが、今ある予備機はRAM4GBの時代遅れ。少し考えます。

今日半日で950MB使ってしまいました。


・・・・・

これまでの他の成功例
ルーター Atrem MR05Nと専用クレードル
有線ルーターとLANコード10m 約3千円
スマホでWifi使用。無線ルーターを遠くに設置。

やれやれ、節約策としてはこれで対応策を示せたことになります。管理人の場合このシステムに切り替えれば初年目22,000円、2年目以降36,000円の節約になります。

ただ、スティックパソコンのメンテナンスをどうするか、それがある間は切り替えは困難でしょう。
posted by ZUKUNASHI at 20:53| Comment(0) | デジタル・インターネット

2019年07月01日

音を上げたのは販路を絶たれた米国マイクロチップ企業

ロイター 2019年7月1日 / 08:36 / 7時間前更新
ファーウェイへの米企業の部品販売は汎用品のみ=NEC委員長
[ワシントン 30日 ロイター] - 米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は27日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に米企業が部品を売ることを認めるトランプ米大統領の方針について、適用されるのは世界中で幅広く利用されている汎用品に限定され、慎重に扱うべき大半の製品は引き続き販売が禁止されるとの見解を示した。

カドロー氏はテレビ番組「フォックス・ニュース・サンデー」でファーウェイが必要としている部品について「米商務省は汎用品の場合のみ追加のライセンスを認める」と述べた。

同氏は、米マイクロチップ企業は特に「他の国から幅広く入手できる製品を販売している」と指摘。「これは全般的な制裁解除ではない。国家安全保障上の懸念は依然として最重要だ」と語った。

・・・引用終わり・・・

ファーウェイは、マイクロチップの内製化を急ピッチで進めるだろう。それが企業として事業の安定化、外敵リスク排除につながるわけだから当然だ。
posted by ZUKUNASHI at 15:46| Comment(0) | デジタル・インターネット