デジタル・インターネット: ずくなしの冷や水

2020年09月26日

オンライン会議でのカメラの切り忘れに注意

アルゼンチンでは、議員が女性の胸を・・・・
Stop forgetting to turn off camera: Argentinian MP resigns after sucking on woman's breasts during online congressional session

フィリピンでは、政府職員がオンライン中に秘書とセックスをして・・・Ultimate Zoom disaster: Philippines government official loses job after video meeting sex romp with secretary
その画像がリアルタイムで流れています。
posted by ZUKUNASHI at 14:04| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年09月24日

郵貯の電子決済サービス550万人が利用

共同2020/9/24
 ゆうちょ銀行は24日、提携するNTTドコモの「ドコモ口座」などの電子決済サービスを悪用した貯金の不正引き出しが22日時点で約380件、計約6千万円に拡大したと発表した。

・・・引用終わり・・・

郵貯は電子決済サービス利用者550万人に被害がないか確認を求めるのだそうです。

私は時代遅れで電子決済サービスを使っていません。読者から「遅れている〜」と見られているようですが、進んでいる人はどうぞご自分の口座を確認してください。

posted by ZUKUNASHI at 16:38| Comment(2) | デジタル・インターネット

2020年09月23日

テレビの発するパルス信号が村全体のインターネットを不調にした

RT22 Sep, 2020 19:04
Rise of the (old) machines: Malfunctioning TV disrupted Welsh village’s Internet connection for 18 MONTHS

An internet provider for a rural village in Wales has struggled for a year and a half to find the reason behind an extremely slow broadband connection, before finally tracing it to an old TV that interfered with the whole network.
Residents of the tiny rural village of Aberhosan had been plagued by unstable Internet access for months, before engineers with Openreach were able to fix the issue, ISPreview reported Tuesday.
“As a team we’d been facing an ongoing issue in Aberhosan for months. Not being able to solve the fault for our customers left us feeling frustrated and downbeat, but we were determined to get to the bottom it,” Openreach engineer Michael Jones has said.

The connection problem was first blamed on the run-down network and old cables, but replacing these did not fix the issue. The engineers then suspected an electronic device was interfering with the network, and embarked on the quest to find it, using a spectrum analyzer.
Their hunch proved to be true, as the crack team of investigative engineers discovered a so-called ‘single isolated impulse noise’ (SHINE), emitted in the area at around 7am every day. The impulse caused interference for the spectrum frequencies being used by local DSL services.
“The source of the ‘electrical noise’ was traced to a property in the village. It turned out that at 7am every morning the occupant would switch on their old TV which would in turn knock out broadband for the entire village,” Jones explained.
The owners of the troublemaking TV set were “mortified” to learn they’d unwittingly become the source of the Internet troubles for the whole community and “immediately agreed to switch it off and not use it again.”

・・・引用終わり・・・

アベルホサン:英国、ウェールズにある村

動作不良のテレビが電気信号を発してそれがインターネットの安定性を損なっていたという事例です。おそらく電磁波が発せられてインターネットの回線がこれを拾ってネットの信号が乱れたということではないでしょうか。

ノイズ発生源がテレビというのは珍しいですが、日本の大都市部では発生源不明なノイズにより電子機器が誤動作をするという例はよく見られます。管理人が管理しているリアルタイム空間線量率測定装置は、特に都市部に設置したものに不調が発生します。やはりインターネットの接続が切れたり、パソコンのソフトが誤動作したりします。

事例ごとに対策を講じますが、パソコンがノイズとなる電気信号を拾わないようにすることが必要で、力の弱い機械を強力なものに置き換えたり、Wifiを固定回線に変更したりします。

最悪の場合、パソコンが壊れます。
posted by ZUKUNASHI at 12:15| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年08月31日

家族が感染したら対話はメールで 心構えを

2020年08月23日
名古屋の感染男性家族の例

家庭の父親の立場にある人が感染し、その家族に感染する例が増えています。学齢期にある子供は登校停止となり、学校が休校になることもあります。

家族が新コロナウィルスに感染した時、家族内の連絡は家の中でもメールを使ったほうが良いでしょう。発声が少なくなれば飛散するウィルスも少なくなる。

メールは面倒ということであれば、LINEのグループ通話も使えます。これですと家族全員が同時に話ができます。

感染した人は、一室に閉じこもりましょう。そしてトイレや洗面所に行くときは、他の家族は別の場所に避難するようにします。食事はもちろん別に。お盆に載せて閉じこもった部屋に運ぶのが良い。

今の季節は、窓を開けておけます。窓は開放を。

家族の感染に備えてこんな準備を
1 歯ブラシ、漱ぎ用のコップは個人別にし、使うときだけ洗面所に持ち込む。

2 タオルは共用しない。少しでも使ったら洗う。漂白剤が使いたければタオルは白地のものに。

3 感染恐れの段階から家の中でもマスク着用。食事は個食にし各自が調理。必ず加熱したものを摂る。

4 衣類の交換の頻度を増やし、頻繁に洗濯。洗濯は個人ごと。物干しは自分でやる。

5 下痢の症状が出ることもあるので、トイレでの感染予防にも注意。

※ 虹BASILハーブ@basilsauce氏の2020/8/21のツイート
きょうまた毎週1回義務の無料PCR検査受けました。これまで全て陰性。わたしの対策はマスク手洗いアルコールスプレー携帯(トイレ便座にも)。気をつけてて感染したらもう誰のせいでもないと思ってます。
新型コロナウイルス 首都圏の感染者数と最新情報:東京新聞 https://tokyo-np.co.jp/article/16662

6 最悪の場合、家族が急死することもある。警察官が自宅に立ち入ることもある。

7 感染恐れの場合、人と接しないように注意。あとで他者に感染させたことが分かったら、責められることになる。

韓国では、人の集まる施設の消毒はこんな風にやっています。日本での消毒風景が流されないのですが。

きちんとやられていないのではないかと疑っています。感染者発生施設を含め。
posted by ZUKUNASHI at 11:11| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年08月03日

スマホの知識 その1

2020/7末から管理人の自宅で使っていたロケットモバイルの神プランSIMを入れた固定型ルーターがつながらなくなりました。丁度もう一台が定期点検のため里帰りしていましたが、これもつながりません。

本来3Gを使うはずですが、4Gの表示しか出なく、それもよく消えます。電波状況が悪いので電波の通りやすい場所に移せとの表示も。

以前から使用している場所でそうなりましたし、自宅内の環境はさらにゴミが増えただけで電波面ではそんなに変化はない。

携帯用電波を使うデータ通信は、基地局の不調があると原因把握と対応が難しいです。

・・・・・

以前、管理人のパソコン教室に参加された読者からお尋ねがありました。
スマホのバッテリーが膨らんできたのでこの際更新したい。アイフォンかアンドロイドか悩んでいると。

私:今何を使っているんですか?

読者:自宅に置くノートパソコン、スマホ、タブレットパソコンです。それにガラケー。

私:ずいぶんいろいろな情報機器をお使いですね。まず、ガラケーは特に問題なければ使用継続がよいでしょう。3Gなら特によし。ガラケーでデータ通信をしないものは、電波の使用量が少ないです。電磁波被ばく回避でメリットがあります。

ガラケーを使い続けるなら、アイフォンは意味ないです。作りがしゃれていて持ちたくなりますが、高い。サイトを見たり、メールの送受信が目的ならファーウェイのアンドロイド。2万円弱のものからあります。Googleに個人情報を抜かれるという問題はありますが、設定と使い方次第。

タブロイドは何に使うんですか? 大きさは?

読者:持ち出すつもりでしたが、重くて無理。

私:その大きさのタブレットは、ネットの工事会社の職員が持ち運んでいるようなものです。先日来た親父は、腰のベルトにアイパッドをぶら下げていました。集金業務や工事管理の仕事にでもつくんですか? そのために慣れておこうと? 私のスマホdtabでもご婦人が持ち運ぶにはちょっとどうかという大きさです。

こんなやりとりがあり、読者はファーウェイのアンドロイドに決めたようです。

管理人はフンドロイドスマホについては、ファーウェイを基本に勧めています。スマホの技術的な面で標準になっています。管理人がアンドロイドスマホを有線LANにつなぐ、中のファイルを取り出すなどの作業を簡単にできても、読者に教え、ケーブルなどをお貸ししてもうまくいかないことがあります。スマホのメーカーが違うとスペックが微妙に違って動かなかったりするのです。中国で生産されるスマホ関係の周辺機器は、ファーウェイを基準に作っているはず。韓国製のスマホは、ファーウェイ製品のように米国から「制裁」を受けていません。米国の意向を忖度してバックドアでもなんでも提供しているのではないかと疑い、選択肢から除外しています。発する電磁波も強いものがあります。

スマホの更新でデータの移行で高度な技を使おうと研究される方もおられますが、プリミティブな手法で十分いけます。画像は、SDカードに集約して取り出し、パソコンで読みだせばよい。メールアドレスは、100とか500もお使いでないでしょう。受信したメールを別のパソコンなどに転送します。そして新しいスマホにその一時受信したパソコンなどからさらにメールを転送します。最初に一つメールアドレスを入力しなければなりませんが、当初のメール設定は避けられませんからその際に入れればよい。

電話番号は、この際紙に控えて本当のバックアップを作っておくのがよいでしょう。何かの衝撃で記憶させたものが消えたりすることもあります。

次は、SIMの選定。従来使っていたスマホ(タブレットでない)のSIMはマイクロのはずなので、ナノSIMを入手する必要があります。最近の携帯電波使用のスマホは、ほとんどがナノSIM利用です。

マイクロSIMからナノSIMに変えると普通3000円強の手数料がとられますが、今お持ちのスマホのSIM提供会社は料金もリーズナブル、サイズ変更も2000円強だそうで、交換して使い続けることにされたようです。

単独で売っているスマホは、ファーウェイに限らずSIMフリー、つまりどこの会社のSIMも使えるのが原則です。そうでないとスマホ単独で買う人がいなくなります。ただ、SIM提供会社のほうですべてのスマホに適合するようにしているかは疑問がありますので、そこはSIM提供会社に確認するしかありません。

スマホとSIMが適合しなければ、どちらかを変更するのに無駄なカネがかかります。

ちなみに管理人が使っているスマホは、アイフォンとファーウェイのdtab。アイフォンは電話とSMS(ショートメッセージ)、サイト閲覧ができます。これは遭難した際に救護を求めるために買いましたが、これまで幸いにしてこれで救急車を呼ぶには至っていません。もっぱら電話機で使っています。SIMもデータ通信はごくわずかな契約です。電話代を入れても月千円ちょっと。

dtabにはロケットモバイルのデータのみの神プランSIMを入れています。徘徊時に地図とニュースを見るのが主な用途。地図は表示されるまでに時間がかかりますが、文字情報だけならそれほど遅くない。ただし、本格的な田舎に行くとほとんど電波が入らないこともあります。

自宅で空間線量率のグラフを二つのパソコンからサーバーに送っており、送信に使う据え置き型のルーターにも同じ神プランSIMを入れています。5分に1回の送信が二つ。特に問題はありません。

データのみの神プランSIMはもう一つ保有しており、空間線量率測定システムとセットで貸し出す予定ですが、目下待機中。

固定ネット回線をLTE回線で代替できないかと、パナソニックの使用量無制限のSIMを入手しましたが、私の一日のデータ使用量が多いためでしょう、日曜の夜にはまったくサイトが呼び出せない状態になることがあります。同じパナソニックのSIMを使っている読者は、高速の容量引き上げを余儀なくされたそうです。パナソニックのSIMは推奨しません。ロケットモバイルの神プランのほうがマシかも。

さて、ここから本題です。小学生のお子さんがおられる家で緊急連絡用の通信機器を持たせるとしたら何がよいか。

@ 子供がスマホに平仮名を打ち込めるなら、軽い安いスマホとデータ+SMS のSIM
ロケットモバイルの神プランはデータのみで298円ですがこれにショートメールサービスを付加することができます。月額150円。税込み計で493円。

A 子供がスマホに平仮名を打ち込めないなら、やはり電話機能付きのスマホでしょうか。今は子供向けのガラケーというのは売っていないようですね。スマホの形です。

私の手元にあるスマホは、アイフォン、dtabともに、常時稼働するアプリを最小限にしています。dtabはもともと外出時だけ電源を入れています。

アイフォンは、電話機能があるので常に電源オンにはしています。そして他のアプリはほとんど止めています。メールはアドレス一個だけ入れていますが、プッシュ式に設定してあるのでメールの着信があったかを頻繁に調べる通信がないようにしています。

そういう設定のためでしょう。一度フル充電すると電話をしない限り1週間ほど電池が持ちます。

上の@の場合、位置確認のための交信はありますが、メールアドレスも入れないわけですから、ショートメールを使わなければそれ以上の電波交信はありません。もちろん使わないソフトは全部止めます。

格安SIMはますます多様化しています。ですが、ブランドにつられて選ぶと上のパナソニックの例のように使えないケースも。ソニーのゼロSIM(もう廃止されました)ではほとんどデータ通信を使いませんでしたのでよくわかりませんが、まだマシだったように記憶します。市場の評価を調べて選択する必要があります。

楽天がキャンペーンで割安なプランを出していますが、私のところはエリア外のはずなので調べていません。

スマホ更新の読者は、メールは転送の方法で、画像はノートブックとUSB接続し、Windows Photo(Viewer)?で画像を取り出すことに成功したそうです。Windows Photo(Viewer)というのは、Windows7についていたもののようです。Windows 10には付属していません。私は使ったことがありませんが、画像ファイルを探す機能があるようです。でもPC側からエクスプローラーでアンドロイドスマホの中を覗いても内蔵メモリーのファイルが確認できなかったと。どうなっているんでしょう。

私の場合は、アイフォン、アンドロイドともにUSBケーブルを接続すればPCのエクスプローラーでスマホ内部の個人ファイルを全部確認できます。このようにするにはなにかよくわからないことをやらされてようやく落ち着きました。

難航したアンドロイドスマホ内部の動画ファイルは、ファイルが大きすぎてメールにも添付できなかったのですが、スマホとタブロイドをbluetoothで接続して移動に成功したそうです。

移動に2時間もかかったと。そんなに大きなファイルならメールはもちろん、クラウドストレッジにLTE電波で送るのも無理ですよね。動画ファイルがいろいろいじっているうちにSDカードにコピーされていたそうですが、これにも30分近くかかっていたはずです。それゆえいつの間にか気づかないうちにコピーされていたというハッピーな結果になったと見られます。

この読者は、スマホからSDカードを取り出してPCに入れてみたが、読めなかったそうです。フォーマットしますかと聞かれたと。スマホに入れるマイクロSDカードはセキュリティがかかっていて他の機器で読めないことがあります。またスマホによっては、フォーマットの形式が違うこともあり得ます。LINUXで使用したUSBメモリーはWindowsPCではまず読めません。とても面倒です。

ファイルの移動、バックアップはおさらいしておかないといざというときに困ることになります。
posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年07月18日

ブラックロックというマルウェアが300を超えるAndroidアプリからパスワードとカード情報を盗む可能性

アンドロイドスマホでは、設定の際クレジットカードのデータ入力を求められます。管理人は断固拒否しています。無料ソフトはそれでもインストールできますのでその範囲でしか管理人は使用していません。

ブラックロックという新しいマルウェアは、300以上のアプリからパスワードとカード情報を盗むとされています。その他にもいろいろな情報を盗むらしい。

アンドロイドは、個人情報がダダ漏れだと繰り返し書いてきましたので、もう驚きもありませんが、個人情報漏れのニュースが続いています。Googleが詳しいMAPを提供したり、検索エンジンを提供しているのは、別に慈善事業ではない。彼らは営利事業としてやっているのです。そして掲載する広告よりもこれらの際で集めた情報のほうがより高く売れる。

各国の情報機関が高い値段でも個人情報を買うと思いませんか?

行動を監視したい人物の位置情報だってリアルタイムで把握できるんですよ。

あなたの行動履歴が把握できれば、出張中のデリヘル嬢と接点があったことなど簡単にわかります。

RT020/7/17
BlackRock alert: New malware can steal passwords and card info from over 300 different Android apps
Analysts have uncovered a new strain of malware that hides itself from Android users and poses as Google updates, in yet another example of increased hacking activity during the pandemic.

Discovered by mobile security firm ThreatFabric in May, the new malware, dubbed ‘BlackRock’, shares a common ancestry with previous banking trojan malware LokiBot.

LokiBot, considered a dead malware for some time now, infiltrates systems and harvests their information.

In the same vein, BlackRock, which shares a common source code ancestry with LokiBot and affects Android devices, invades victims’ devices once downloaded onto a system.

One of the key differentiating factors is that, instead of only targeting banking apps like previous trojans, BlackRock targets a variety of social networking, communication and dating applications.

It is thought that the change in target could be down to the fact that, with the world locked up because of Covid-19, hackers have noticed new opportunities for nefarious activity.

“It therefore seems that the actors behind BlackRock are trying to abuse the growth in online socializing that increased rapidly in the last months due to the pandemic situation,” ThreatFabric’s statement states.

The malware works via ‘overlays’, fake windows placed over legitimate apps that collect login and card data.

Users who download a BlackRock-infected app are then asked to grant it access to the phone's Accessibility feature, which allows it to automate and perform its heinous behaviors.

But that’s not all: such access can also allow the malware to intercept SMS messages, spam contacts, log key taps and even sabotage mobile antivirus apps. The full list of actions can be found in the report.

BlackRock currently disguises itself as fake Google update packages offered on third-party sites, and has yet to be seen on the Google Play app store.

It is usually only a matter of time before such malware migrates, however, as has been documented with past threats.


posted by ZUKUNASHI at 23:25| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年07月11日

常用パソコン クリーンインストール

中東の某国から攻撃を受けているようなので、対策を講じています。ネットの複線化を終えました。マルウェア除去のソフトを使ってもまだおかしいので、クリーンインストールを決断。

基本的に、PCに入っているソフトを全部更新する覚悟で臨みます。自分が作ったファイルだけは何が何でも残さなければと、バックアップを取りました。300GBの外付けハードディスクが3500円ほど。すぐ認識されました。これは便利。大容量のUSBメモリーの二つ分くらいの値段。

定期的なファイルバックアップにこれを使っていきます。私の常用パソコンの中にある自分が作製したファイルは、80GB程度です。動画などを記録しなければ、静止画が多くてもその程度です。古いものは別途保存してありますが。

1 外付けハードディスクに自分が作製したファイルを全部コピー。desktop、document、picture、othersのフォルダーを作ってコピーした。

ブラウザのブックマークが多い人は、予めブックマークをエクスポートしてファイルとして保存しておきます。作ったファイルをドキュメントフォルダーの中に入れておいてもよいです。

2 クリーンインストール 1時間強を要した。設定の「更新とセキュリティ」から入り、「回復」から「その他の回復オプション」。Windows10を使っていれば、最新のWindows10が入りますがPCのスペックに制約があると、最新版が入るとは限らないはずです。

3 PCの中のdesktop、document、pictureのファイルは残っていた。消えたものがないかは照合していない。この点は、PCによって異なることがありうる。データファイルが常に残るとは考えないほうが良い。

4 ダウンロードのフォルダーも残っていた。Jtrim、ftpの一つはここから再インストール。ftpの一つを再設定。

5 FIREFOXをダウンロードしインストール。Bookmarkをインポート。ダウンロードには、Edgeを使うしかありません。

6 Thunderbirdもダウンロードしインストール。メールアカウントの設定、一部未済。FIREFOXもThunderbirdも競争相手。関係フィルも含めて全部きれいに消えました。

7 ftpの残り一つをダウンロード、インストール。設定終わり。パスワードの設定で手間取った。
以前にやった際と同じにやっても安定しない。ときどきパスワードを変えさせられるからなお分からなくなっている。

Thunderbirdのメールアドレスの設定も以前にやった際の記憶通りではうまく行かなかった。
レンタルサーバー会社のサイトを参照し、そのマニュアル記載の通りに一つずつこなしてやっと安定した。

Thunderbirdは設定のエクスポート機能がありますね。これを使ったほうが早かった。

8 いくつかのサイトにログインしてIDなどの情報を保存。 ブログ、ftp二つ、その他にもいくつかSB、SO済
ftpソフトもエクスポート機能があるようです。

9 Officeソフトが消えていた。excel、Access。再インストール。MICROSOFTのサイトにサインインすると自分のアカウントで過去にインストールしたソフトの名前とプロダクトキーが表示され、プロダクトキーの入力なくインストールできる。クリーンインストール前に表示されるofficeが残るというのはこのことか。

10 カスペルスキー 再インストール

やーなかなか大変です。2020/7/9早朝地震で起こされたので、残りの作業をやり終えました。

あらかじめ、ブラウザのブックマークをエクスポートして保存しておくことを忘れないように。FTPソフトは使わない人も多いでしょうが、メールソフトは設定のバックアップファイルを作っておいたほうが良い。

それとログイン情報は、きちんと記録しておくことです。全部EXCELに記録してあると、EXCEL再インストール前にはEXCEL Viewerが必要になります。

前にも書きましたが、IDにメールアドレスを使うことが多くなっているので、そういう用途に永続的に使うメールアドレスと、いざとなれば消してもよいメールアドレスを使い分けたらよいです。

自分でメールサーバーを管理していれば、メールアドレスはいくらでも新規の物を作れますし、消去も簡単。過去のメールを保存しておく必要があれば、そのメールアドレスのサーバー容量を減らし、保存されたメールが容量一杯になっているようにすれば、新しいメールは受け付けません。

レンタルサーバーを使っている人は、そんなにおられないでしょう。でもさくらのレンタルサーバーなら年間1500円程度でも便利に使えます。

私の場合は、レンタルサーバーがあるので、外付けハードディスクではなく、レンタルサーバーにバックアップのファイルを置けばいいのです。ですが、この方法では途中でデータを抜かれる恐れもあります。どうも不審なことが増えている。両用を考えています。とにかくPCは壊れるものです。

私はPC1台で二つの画面を使っていましたが、PC2台ディスプレイ2台使用に切り替えました。USB切り替え機でこれらのPCはオフラインでファイルをやり取りできます。マウスは二つ、キーボードは一つ。2台のPCのネット回線を別にすれば、どこかにコメントしても先方に把握されるIPはよく変動するもの一つだけです。

これで妨害が入るか様子を見ます。

現在使用のパソコンは2017年の秋に導入しましたのでもうすぐ3年になります。そろそろ考えないと。私の関心事項が、福島第一原発事故主体からプラス国際問題、そして新コロナウィルスへと移りつつあります。画像も多用するようになっています。スマホでは閲覧できないでしょう。

読者から最近ネットのスピードが遅いと聞きました。私のパソコンでスピードテストをすると日、時間帯によりスピードが倍半分です。大手電機メーカーの運営するLTE回線経由のネット接続では、日曜の夜にほとんどつながらなくなりました。

ネットの利用は加速度的に増えているはず。
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年07月02日

スマホの知識 その3

スマホの知識 その1で、アンドロイドスマホ内部の動画ファイルが大きすぎてメールにも添付できなかったため、スマホとタブロイドをbluetoothで接続して移動に成功した話を書きました。

実をいうと私はbluetoothの使い方がわからないのです。何度か試したことはありますが、成功せず。私の場合はアイフォン、スマホともにケーブルで接続したほうが簡単確実なので、それ以上は調べることはしていませんでした。

ところが読者の一部は、ずいぶん先進的でケーブルがだめならbluetoothがあるさと、bluetoothで大きなファイルを移動するほどの技術を習得していたのです。ちょっと調べて、やってみよう、いややってみなければということになりました。

これまで、息子夫婦がお茶を飲みながらちょこちょこと私のスマホに孫の写真を転送してくれることがありました。スマホを二つ見比べながらやつていたがそんなに難しそうには見えませんでした。

@ アンドロイドとアイフォン
ペアリングはできる。接続しない。

A Windowsパソコンとアントロイド
B Windowsパソコンとアイフォン
ペアリングはできますが、接続しないし接続してもすぐ切れる。

C 古いWindowsタブレットとこれまた古いWindowsスティックパソコン
ペアリングし、接続できました。タスクバーに入れてあるBbluetoothアイコンを呼び出してファイル送信をやってみましたが、送信エラーが出て送れず。

調べてみたら、アイフォンとアンドロイドではつながらないんだそうですね。それならアイフォンとWindowsパソコン、アンドロイドWindowsパソコンも無理でしょう。

でも、息子夫婦は私のスマホに写真を送れたんですよね。思い起こしてみれば、息子の伴侶はアンドロイドのほうに送りました、息子はアイフォンのほうに送りました。そういうことだったんですね。息子はアイフォンとアンドロイドと2台持ち運んでいるようでしたが。

たまたま私の手にしている物を見て、送信できるスマホから受信可能なスマホに送ったということなんですね。

bluetoothの無線イヤホンが流行っています。アイフォンやアイポッドで使うものが多いのでしょうが、特定のスマホとそれ専用の無線イヤホンを接続させ、音楽を流すのは難しくなさそうです。キーボードやマウスもおそらく機種選定さえ間違えなければ、簡単なのではないでしょうか。

私はあのイヤホンを見ると、このシステムで簡易な補聴器ができるはずだといつも思います。アプリを作り、高感度のマイクを接続するだけで行けるはずですけど、どこか開発しないかな。
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(3) | デジタル・インターネット

2020年06月30日

スマホの知識 その2

私がスマホについて書いてみようと思ったのは、読者からの照会があったこともありますが、オンライン授業やオンライン会議が広がりつつあるためです。

推測ですが、父兄の中には、スマホの小さな画面でもオンライン授業を受けられるようにしろという注文を出した人もおられるはずだと推測しています。できないことはないでしょうが、スマホのように小さな画面向けに教材を作るのは教師泣かせ、でもそういう人がきっといるはずだと思います。世の中にはスマホしか使っていない人も多く、それが世の中の標準だと考えているからです。

スマホは、スマートフォン、つまりスマートな電話機なのです。そして画面が小さいためにタブレットスマホが出てきた。しかし、これとて操作性はパソコンに比べて大きく劣ります。私はdtabにキーボードとマウスを接続して使ってみたことがありますが、私の指による画面タッチがどれほどのストレスになっていたかを確認しました。画面が小さく、老眼でいちいち画面を拡大しなければ読み取れないところもあります。

スマホは、OSがWindowsではありません。アップルのOSかアンドロイド。それぞれ別物で操作は大きく違います。タブロイドスマホに似ているタブロイドパソコンというものもありますが、これはPCというべきものです。WindowsOSのものもあります。

前回の記事で、読者がアイフォンに乗り換えようかと悩まれた話を書きました。この方は例外的な研究熱心の方ですが、WindowsOS、アンドロイド、iOSと三つも使いこなすことになります。定型的、初歩的な使い方だけをしているのならこれらの使い分けはそれほど難しくないでしょう。ですが、機器を交換することになり内部のデータを移し替えるようなことになると大変な作業になります。一応、ネットにはそういう作業についての解説も多く出ていますが、これはパソコンでないと読みにくい。

またより使いやすくするために周辺機器をつなごうとすると、アンドロイドではこの機種でできたことがあの機種ではできないという例が頻繁に起こります。有線LANにつなぐ、キーボードやマウスを接続する、内部のファイルを取り出す場合など。

この読者は、場合により、WindowsOSの7と10、アンドロイド、iOSと三つも使いこなすことになったでしょう。それができることは素晴らしいとも言えますが、私は使いこなすこともできず辟易しています。

使う機種はむやみに広げないほうが良い。

次にメールについて
最近、サイトへのログインの際に二段階認証システムを取るところが増えています。二段階認証とは、まずパスワードを入力してログインの手続きを開始し、サイトの管理者からメールやショートメールで送られるセキュリティコードを入力して初めて認証が完了し、ログインできるというシステムです。

このセキュリティコードは、あらかじめ先方に登録したメールアドレスに送られます。

そして多くのサイトでメールアドレスをID代わりに使うことが多くなっています。ですからIDとして使われているメールアドレスを変更するのは大変な手間になります。

私が入手した格安SIMでは、メールアドレスを配布するところが少数派です。そしてそういうメールアドレスを使っていると、格安SIMを変更する都度、メールアドレスの変更の手続きが必要でこれは相当な手間になるでしょう。

それに携帯電話会社が配布するメールアドレスは、スパムメールが入りやすいようです。スマホではPCからのメールは受信拒否という措置が可能なようで、そのようにしている方が多数派です。

メールアドレスを集めればカネになる

私が以前シカゴの新聞社の速報を通知するというサービスに登録したらその後全く心当たりのないところから宣伝メールが入りました。新聞社の業務とは関係のないところです。登録を取り消してもメールは来ました。今思いますが、米国では多くの機関が自らが集めたメールアドレスを販売しているのでしょう。それを新聞社が真似てみたというところなのでしょう。

Googleが利用者の名前やメールアドレスやその他の個人情報を集めて転用していることは知られています。これが大きな収益源です。

携帯電話会社が配布するメールアドレスは連番になっていたりして、利用者を問わなければ手当たり次第にメールを発信することが可能でしょう。そして送信不能でなければ使用中と判断されて、次々と他のメールが届くことになります。

携帯電話会社が配布するメールアドレスは、自分で変更することが可能なはずです。それを怠るとそういう事態になります。そして中には、携帯電話会社を変更し、メールが届かなくなる例もあります。どこかに何か依頼しておいて、その返事が来ないことになるのは依頼者がメールアドレス変更通知を怠ったりした場合に起こります。サイトのログインIDにメールアドレスを使うことが多いので、メールアドレスが変われば、ログインができなくなります。

もともとスマホはメールの管理がやりにくいです。私はスマホではメールの送受信をしていないのでどんなメーラー、メールソフトがあるか知りませんが、PCでTHUNDERBIRDを使う場合のようにメールアドレスを10個も使い、それぞれの受信フォルダーを一覧で管理するようなことはできないだろうと思います。

メールアドレスは、今は、昔のホットメールのように使い捨てのものでは用が足りなくなっています。Gmailは情報が駄々洩れ。プロバイダーの付与するメールアドレスを使うなら、それは親族とか限られた範囲にとどめ、その他の者やサイトには別のメールアドレスを使います。そういうメールアドレスをどう入手するかですが、ただで使おうというのは甘すぎです。レンタルサーバー会社と契約すれば、年間1500円程度でメールアドレスがほぼ無制限に発行できます。メールアドレスごとにサーバーの一定の容量を割り当てますから、その容量がなくなれば、それ以上は発行できません。

メールアドレスにスパムメールが届く、クレーマーから嫌がらせが届くようになったら、そのメールアドレスを廃止すれば一気に片付きます。私は同報メールの受信者にメールアドレスを配布しましたが、これまでのところ問題が起きたという話は聞いていません。そもそもいつでも廃止可能な便利なメールアドレスなのに何で配布希望が少ないのだろうと不思議に思っているところです。

私がアイフォンを入手してメール設定をしたとき、よくメールが入るメールアドレスをフェッチ方式(定期的に新着メールがあるか確認に行く方式)で入れました。そしたらメールがひっきりなしに入り、電池が1日でなくなりました。これはいかんとプッシュ式(メールサーバーから一定時間ごとに新着メールを送り込む方式)に変え、かつ普段はほとんど使わないメールアドレスを入れたら電池が1週間持つようになりました。データ通信量も減ったはずです。

一日何通もメールが入り、その都度スマホから返事を打つようなことは私には想像もできないです。

2019年09月27日
スマホでキーボードを使って入力する

2019年08月11日
スマホ パソコンの選び方

2019年06月18日
管理人は自分のデスク周りの電磁波低減策を講じました
posted by ZUKUNASHI at 12:34| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年06月28日

Malwarebytes Antivirusでスキャンしてみましょう

Malwarebytes Antivirus

最初に次のサイトを開けます。ここではWindowsマシンを例にとって進めます。
Malwarebytes free downloads
OSの種類としてWindowsを選びます。

次の題名のページが開き、同時にダウンロードしたファイルを保存するかどうか聞いてきますので、保存するをクリック。
Upgrade now for a safer online experience

ダウンロードが終わったら、この画面の下のほうに
How to install Malwarebytes と説明が出ていますのでそれに従います。

エクスプーラーでダウンロードのディレクトリィを開けるとMBSetup.exe というファイルがあるはずですから、これをクリック。インストールが始まります。業務用ではなく家庭用を選びます。

インストールに少し時間がかかります。インストール中は進行度合いが示されます。完了するとこれは消えて、Malwarebytesへようこそ と表示されますから 開始するをクリック。

今すぐ購入するか聞かれますので、後で をクリック。

次の画面で開始をクリック。スキャンが始まります。


スキャンが終わると次の画面になります。テストに使ったPCは小さなものなのであまり時間がかかりませんでした。



特に問題なしでしたが、問題のあるマルウェアがある場合は、ソフトの指示にしたがって処理します。これは難しくありません。

完了です。ソフトはそのままにしておいて構いませんが14日経ったあとも同じように使えるかは疑問。何度も使う場合はライセンスを購入してください。

最初にMalwarebytes Antivirusのサイトのどこから入るかで、表示内容は異なってきます。

マルウェアやスパイウェアを拾いたくなければ、怪しいサイトにアクセスしないことです。

アダルト関係でマルウェアやスパイウェアを呼び込んでしまって国民生活センターに相談するようなことはやめましょう。自分で後始末を!

Windowsマシンの新しいOSバージョンは、OSの再インストールが容易です。ハードデスクを全部空白にしてからOSを再インストールする、クリーンインストールすれば最も簡単、完璧ですが、PCの中にある自分の作ったファイルをバックアップしておく必要があります。
posted by ZUKUNASHI at 13:07| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年06月27日

ネットのセキュリティ問題は身近な問題

お断り:この記事はパソコンのセキュリティ対策で技術的なことを書いています。わかりにくいとは思いますが、いったん、どこかから妨害を仕掛けられると、防御はなかなか大変なのだということを知ってください。ネットであちこち閲覧する程度なら、妨害を仕掛けられることはないでしょうが、集団ストーカー行為の被害を受け個人のパソコンの中に保存していた画像がとんでもないものに置き換えられてしまった例もあります。つまり保存していた町内会の会計帳簿が書き換えられたり、消えたりすることがあるということです。
ほかには、個人のパソコンが乗っ取られて他の多数のパソコンの攻撃基地に使われる例もあります。犯罪に使われれば、あなたの使うパソコンが捜査当局に押収されて詳しく調べられることもあります。

・・・・・

管理人は、ウィルスのコロナと同時にデジタルのコロナと戦っています。

中東の某国からブログの内容が気に食わないらしく、妨害を受けています。私の常用のパソコンにアクセスしていますからなかなかの技術力。

対策を講じました。詳しくは手の内がばれるので書けませんがこんなことなどです。

セキュリティの甘い固定ネット回線のプロバイダーを解約、新規に3通りのネット回線を契約しました。固定とLTEです。

Windowsでは、パソコンの名前を変更できます。アカウントも変えられます。なんでパソコンの名前を変更できるようにしてあるのだろうと疑問に思っていましたが、パソコンの識別は、最終的には名前なんでしょうね。

数か月前にツイッターで見たオンラインセミナーに参加したら私の常用パソコンのアカウント名が参加者名として表示されました。これはいかんとアカウント名を変えました。こちらは使用者名という感じですね。

インターネットの世界での住所は、IPアドレスですが、これはプロバイダーが割り振ります。このIPアドレスがわかればそのパソコンにアクセスすることは造作もないので、IPアドレスが頻繁に変わるようにしました。サーバーに侵入されても気が付かないプロバイダーなど使っていられない。

プロバイダーとレンタルサーバー会社を使ってみてわかりましたが、会社により技術水準が大きく異なります。これだけセキュリティの面で悪人と戦わなければならないことになると、技術力の低いプロバイダーやレンタルサーバーは使えません。

IPアドレスの異常を検知するためにIPアドレス変更通知(Windows版)Ver1.2.0 というフリーソフトを使っています。これは便利です。

IPアドレスが変わると、例えば私の使っているパソコンを識別する方法は、パソコンの名前、アカウント名、クッキーなどを使うことになるでしょう。

パソコンの名前の変更:設定→システム→バージョン情報→このPCの名前を変更 
アカウントの変更:Windowsシステムツール→コントロールパネル→ユーザーアカウントの変更→アカウント名の変更

クッキーは、ブラウザーを使用した場合に先方のサイトから受け取って記録しますので、これはブラウザーを閉じる際に全部消去。閲覧履歴も消します。一度ログインすれば次回からほぼ自動的にログインできるサイトも、毎回ログインの手続きが必要になり面倒ですが、考えてみればそれが当然ですよね。

クッキーをその都度消す:FIREFOXの場合 右上の三マークをクリック→オプション→プライバシーとセキュリティ→Firefox を閉じたときに Cookie とサイトデータを削除する(C)

これまでの常用パソコンのほかに手元にあったスペックの低いパソコンを加え、2台を並行して使うことにしました。スペックの低いパソコンは、もっぱらネット閲覧用です。RAM4GBでプラウザーのタブをいくつも開くと、メモリー不足。常用パソコンでメールのやりとり、データの保存、加工を行います。常用パソコンは原則的にネットにつながず、必要な場合に短時間だけ固定回線につなぐ、別系統のネット回線を使うことも予定。

これら2台のパソコンのデータのやりとりに、USB切り替え機を使います。どんなものかちょっと分かりにくいでしょうけど、USBハブというパソコンのUSB差込口を増やす機器があります。USB切り替え機というのは、一つのUSBハブを2台のパソコンで切り替えて使えるようにしたものです。

これを使うと、USBハブにつないだワンセットのキーボードとマウスを2台のパソコンで共用することができます。そしてUSBメモリーも共用できるのです。(SDカードを使うとセキュリティ機能が働きますので2台で共用できません)

接続先のパソコンを切り替えると、一般のUSBメモリーですと、その中身が表示されます。パソコンで作成した画像、メモ帳に記録したテキスト、後で見たいURLなどをこのUSBメモリーに保存しておけば、2台のパソコンで記録、取り出しができます。切り替え式ですから2台のパソコンがつながることはありません。つまりオフラインでデータをやり取りすることができます。

昔から2台のパソコンでキーボードとマウスとさらにディスプレイを共用するケーブルはありましたがケーブルの数が多く使いにくいものでした。USBができてこういう共用システムが格段に便利になっていることを知りませんでした。使ってみてわかりましたが、画面の広さやシームレスでのマウスの使いやすさは、一つのパソコンで二つのディスプレイを使うほうが便利です。

ですが、複数のパソコンでオフラインでたやすくデータをやり取りするのは、私の知る限りこの方法がベストです。もちろんUSBメモリを抜き差ししてデータをやり取りする方法もありますが、頻度が多いととてもやっていられない。

こんな工夫を整えて、いざ使用開始。ところがここでえっと驚く現象が。やはりIPアドレスが勝手に変わったのです。はーん、そういうことか。スパイウェアが入り込んでいます。

カスペルスキーを入れてあるのに無力でした。マルウェアのクリーニングソフトでスキャンしたらレジストリーの一部を削除していました。これでも改善されなければ、常用パソコンのOS再インストールを行います。大量のデータをどう安全に残すか考えます。とりあえず収まりました。

Malwar
ebytes
に何度かお世話になっています。カスペルスキーが効かない面でも効果あり。有料版を入れないといけないです。

世の中のネットセキュリティ状況は、どんどん悪化しています。

ネットを使わないで生活していくことは難しい。私は新聞も取っていないし、テレビもない。セキュリティ対策に力を入れていきます。

RT2020/6/22
Israeli Pegasus spyware used on Moroccan journalist just after its maker vowed to respect human rights – Amnesty
Israel’s infamous NSO Group is in the spotlight again, with its controversial spying tool – deployed against journalists and activists around the globe – allegedly helping spy on another victim, an award-winning Moroccan reporter.

Omar Radi, an investigative journalist based in Rabat, the capital of Morocco, was targeted by perpetrators who silently deployed a “network injection attack,” Amnesty International said in a new report.

The method that was allegedly used against Radi doesn’t require the victim to click on a malicious link. Once infected, the mobile device proceeds to a website that downloads the notorious Pegasus spyware, which gives complete access to the phone’s camera, microphone, calls, media files, and messages.

The journalist’s device was attacked multiple times last year, according to forensic data of tech experts from the rights group.

Amnesty believes the timing of the attacks coincided with the NSO Group – Pegasus’ developer – publicly pledging to abide by the UN guidelines on respecting human rights by the business community.

It vowed to evaluate “the potential for adverse human rights impacts arising from the misuse of NSO products,” and terminate client access to their software if necessary.

“NSO Group clearly cannot be trusted. While it was undertaking a PR offensive to whitewash its image, its tools were enabling the unlawful surveillance of Omar Radi, an award-winning journalist and activist,” Danna Ingleton, deputy director of Amnesty Tech, said regarding the revelations.

While NSO claims Pegasus is intended for government use – meaning that private entities are not able to procure it – and claims it carefully vets customers, a number of journalists, activists, and human rights campaigners have found themselves on the wrong end of Pegasus attacks across the world.

Last year, WhatsApp confirmed that dozens of Indian lawyers, journalists, and rights activists were among the 1,400 users affected by the snooping software. Pegasus was used by hackers to infect devices with malware, disguised as incoming calls.

The vulnerability has since been patched up, but Facebook, the parent company of WhatsApp, filed a lawsuit against the Israeli surveillance firm. NSO denies responsibility for the way their software is deployed by government clients.

This time, the Israeli firm said in a statement that it is “deeply troubled” by the Amnesty report. “We are reviewing the information therein and will initiate an investigation if warranted,” it said.

posted by ZUKUNASHI at 07:05| Comment(2) | デジタル・インターネット

2020年06月19日

グーグルのクローム、拡張機能通じスパイウエア拡散

ロイター2020/6/19
グーグルのクローム、拡張機能通じスパイウエア拡散=民間調査
[サンフランシスコ 18日 ロイター] - セキュリティー企業のアウェイク・セキュリティーは、グーグルのウェブブラウザ「クローム」上で動作する拡張機能(アドオン)に組み込まれたスパイウエアが新たに判明し、そのダウンロード回数が約3200万回に上ると明らかにした。

専門家が先月に指摘したことを受け、アルファベット傘下(GOOGL.O)のグーグルは70以上の悪意あるアドオンを公式アプリサイト「クローム・ウェブストア」から削除したと発表した。

こうした悪意ある拡張機能の大半は、ユーザーに疑いのあるサイトを警告したり、ファイルを変換する機能を提供するとしていたが、閲覧履歴や組織内のビジネスツールにアクセスする情報を抜き取っていたという。

アウェイク・セキュリティーは、ダウンロード数からすると、クローム公式サイトを通じて最も広く拡散したマルウエア(悪意のあるプログラム)だとしている。

マルウエアの開発者は明らかになっていないという。

アウェイク・セキュリティーは、自社のブログ(here)でリサーチ結果を公表している。

・・・グーグルが噛んでいることは自明。

共同2020/6/19 07:58 (JST)6/19 08:09 (JST)updated
中国ファーウェイ通じ情報流出
元米グーグルCEOが見解
 【ニューヨーク共同】米IT大手グーグルで最高経営責任者(CEO)を務めたエリック・シュミット氏は18日までに英BBCラジオで、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機器を通じた中国当局側への情報流出は「間違いない」と述べ、安全保障上の懸念を示した。高い技術力への危機感も表明した。
 シュミット氏は現在、グーグル親会社のアルファベットの技術顧問。米国防総省の技術分野に関する諮問機関のトップも務める。
 シュミット氏は「ファーウェイが国家安全保障上、容認できない行為を行ってきたことは間違いない」と指摘。中国側への情報流出は「起きたと確信している」と強調した。

・・・「確信している」んであって、証拠は示されていません。自分たちがやっていることの問題を矮小化するために他国が同じようにやっていると言い立てるのは、米国の犯罪者の常套手段。
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(2) | デジタル・インターネット

2020年05月22日

栃木県のサイトにトロイの木馬ウィルス?

カスペルスキーが警告を出しました。

次の画像の背景は栃木県の人口動態のサイトです。

警告画面の拡大
posted by ZUKUNASHI at 18:27| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年05月21日

今流行りのZoomズームとはどんなもの?

オンライン会議用のソフトが急速に普及しています。ソフトの種類はいくつもあるようですが、Zoomというソフトが最も使われているらしい。セキュリティが甘いとされるあのソフトです。

次は英国の閣議をオンラインでやっている模様のようです。こんな風に顔画像だけを並べることもできますし、真ん中に広く資料を映し出すこともできます。


オンライン会議と言っても、テレビ電話の多人数参加版です。一対一でないために参加者のPCとは異なるZoomの管理するサーバーが全体の情報の流れを制御します。Zoomの使用料月2700円はソフトの使用料も含んだサーバーの利用料です。

1か月ほど前だったでしょうか。海外のある人のツイートをたまたま見たら、オンラインワークショップがちょうど始まるところでした。

ここから入れとアドレスURLが書いてあったので、クリックするとまずZOOMソフトのインストールが始まりました。

すぐ終わってつながりました。講師の画像が見えます。参加者の顔出しは一部だけ。その参加者の中にZUKUNASHIという名前だけの人が。カメラは使っていませんし音声もマイクなしですので顔や音は出るはずがないのですが、なんで名前がzukunashiなの? どこから取った??

ツイッターの名前は違いますので、このパソコンのアカウントから取ったんですね。やーっ怖い怖い。本名を書いておくべきではありませんね。
アカウント名の変更方法を末尾に書きました。アンドロイドは別の手順です。

今売られているノートパソコンは、カメラとマイク、スピーカーが内蔵されていますから、それらがひとりでに動き出すこともあるかもしれません。

欧州の方のワークショップでしたけど、画像はスムーズに流れました。

誰!? そこで覗いているのは!
と言われないように、すぐ抜けましたけど。

普通はパスワードをかけるので、こんな風に簡単に入り込むことはできません。次の記事にあるように、50万件を超すアカウントが売買されているようですが、これはテレビ会議の主宰者ではなく参加者のアカウントでしょう。

テレビ会議のURLアドレスも流出していますから、誰かのアカウントを使って会議に参加することもできる。そしていかがわしい画像を映し出したり、侮辱的な言葉を流したりすることができるというわけです。

SPUTNIK日本2020年04月15日 12:25短縮
テレビ会議ツール「Zoom」 50万件超のアカウントが闇市場に流出、売買
セイバーセキュリティー企業Cybleはハッカー向けの闇市場フォーラムでオンライン会議用ソフトウエアの「Zoom」のサーバーの50万件を超すアカウントが売買されていることを突きとめた。ビジネスインサイダーが初心者向けのコンピューターヘルプサイト「ブリーピングコンピューター」の情報を引用して報じている。
報道によると、アカウントは1件あたり1セント以下の価格で取引されているものから、ほとんどはほぼ無料で提供されていた。
アカウントはテレビ会議に潜入し、Zoom利用者に侮辱的なコンテンツや発言をぶつけ、煽動を図るために悪用された。
Cybleは平均で1件あたり0.002ドルを支払い、53万件のアカウントの取得に成功した。各アカウントにメールアドレス、パスワード、テレビ会議のURLアドレス、それにログインするためのナンバーの情報がついていたという。これらのデータは遅くとも4月1日から闇市場に現れはじめている。
Zoomでテレビ会議のユーザーに問題が生じたのはこれが初めてではない。4月初め、プライベートなテレビ電話数千件が外部に流出した。

・・・引用終わり・・・

まだ使っていませんが、一対一のテレビ電話も簡単にできるようです。それならスマホでもやれますね。

何人も参加してのテレビチャットならテキストデータの入力が苦手の人でも遅れずについていくことができそうです。

これからは、井戸端会議はパソコンの前でということになりましょう。離れたところに住む家族ともこのような方法で顔を見ながら話をすることもできます。

これからは地域の空間的な制約を超えたコミュニティが発達していくのではないでしょうか。ブログを運営していて、内容が良くなるのもそうでないのも読者次第と感じることが多いです。コミュニティ類似のつながりができるかどうかなのでしょう。

学者の世界など、専門分野によって世界各地の限られた人数の人たちが点と線で結ばれてコミュニティを作っています。

原子力村などといわれますが、あれは利益追求集団でかなり結びつきの強いコミュニティの性格も持っていますね。

アカウントの変更方法
Windowsの場合
Windowsマーク「スタート」 → アプリの一覧 → 「W」欄の「Windowsシステムツール」 → 「コントロールパネル」 → (大きなカテゴリーのときと多数の項目が表示されるときがあります) 「ユーザーアカウント」 → 「アカウントの管理」 → 「アカウントの変更」 → 「アカウント名の変更」

SPUTNIK2020/5/17
Zoom Videoconferencing Service Reportedly Down for Users Around the World
The majority of reports are coming from the London area and several other UK cities. Other affected nations include Turkey, Israel, the UAE, India, Japan, and the US, among others.
Users of the Zoom service have been reporting problems with accessing the videoconferencing feature of the application globally, according to the Downdetector website. Several users also complained about not being able to log in, while others were unable to use Zoom's website.
The first reports came in about 11 a.m. GMT and by 1:51 pm, Downdetector counted 72 reports, after which the number of complaints started to decline.
The web conferencing platform has seen a spike in the number of users since the beginning of this year, due to global lockdown restrictions that were imposed due to the ongoing coronavirus pandemic, which has infected nearly 4.5 million people since its onset in late December.
posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年05月05日

Windowsタブレットで監視カメラ

これから世の中がますます物騒になっていきそうです。
そうならないためには、セーフティネットの充実が必要だと思いますが、今の政権では望みがたい。

手元にリアルタイム空間線量率測定システム用に買ったWindows組み込みの小型タブレットパソコンがあります。だいぶ古いスペックの低いもので中古価格は5千円前後でした。

この機械に測定器をつないでリアルタイム空間線量率測定システムの端末に使おうと思いいろいろ工夫しましたが、USB端子が一つしかないためにうまく行きません。

測定器のデータをリアルタイムで取り出しながら充電することができないのです。

安いウェブカメラもありますのでスティックパソコンにつないで動かしてみましたが、これはもちろん監視カメラになりますしカメラの設置場所の自由度が高いです。しかし、使ったウェブカメラは使用電流が大きくてスティックパソコンが熱を持ちました。

それならばとタブレットパソコンの内蔵カメラを使ってみたら、使えました。5秒おきとか10秒おきに静止画像をキャプチャーしてマイクロSDカードに保存します。動画は、Windows付属のカメラソフトで動画を指定すれば動画が記録されます。記録された画像を見るには、SDカードを取り出してもよいし、電源供給のケーブルをつなぎ変えて他のパソコンからSDカードの中を見ることもできます。

私の使ったWindows組み込み小型タブレットには、マイクロHDMI端子がありますから、ここから撮影画像をリアルタイムで別のディスプレイなどに映し出すことができます。

問題は、このWindows組み込みの小型タブレットをどこに置くかです。ドアの覗き窓にカメラのレンズを合わせて設置するのは難しそう。窓の換気口でもあればその外側に結束バンドで留めるのが現実的でしょうか。

この種の記事はあまり関心がない人が多いので、まずはここまで。詳しい作り方はオンリクエスト。

アンドロイドスマホでもソフトを探せば同じようにできるはずですが、試していません。
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年04月30日

教員の皆さん 自宅のカメラからの送信時にはどうぞご注意を



Drama erupts after half-naked woman photobombs broadcast of Spanish celebrity journalist

こちらは微笑ましかったのですが
BBC2020年3月27日
あの「BBCパパ」、自宅勤務は「大変」 例の書斎から家族と

2017年03月15日
教授のネット経由のインタビュー中に幼児が部屋に入り込む
posted by ZUKUNASHI at 01:11| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年04月25日

新コロナウィルスで仕事のやり方が変わる 一般人のコミュニケーョンも 2

新コロナウィルスの脅威は何年も続きますから、一般人の会話も対面、口頭から電話、メールに変わっていくでしょう。電話はコストが高いのでメールに変わっていくのでは。キーボードを使わず、狭い画面で文章を書いて校正するのはとても難しいです。

それにスマホではメールの管理が難しい。

言葉足らずのメールなどによるトラブルも出てくるのでしょうね。

ネットを通じたコミュニケーショの方法はいくつかあります。
電話による音声通話は別とします。
@ メール(Gmail、プロバイダーメールなど一般に電子メールと呼ばれるものです。メール送受信ソフトを使わないと送受信できないものとブラウザメールと言ってブラウザーでメールサーバーにアクセスして送受信状況を確認できるものもあります)
A ショートメール(SMSとも呼ばれます。携帯電話の番号を宛先にして短い文章を送受信できます。音声通話のできるスマホにはこのためのソフトが組み込まれていることが多いです。)
B LINEというソフトは、基本的に文章の送受信に使われています。相手がこれを使っていなければメッセージは送れません。
C ツイッター 相手がツイッターをやっていればその相手に向けてツイートすることでメッセージが伝わります。
ツイッターではDM(ダイレクトメール)も使えます。相互にフォローしあっていないと送れないはずです。最初のDMが入った時にツイッターに登録したアドレスに通知が入ります。
D WhatsAppは出会い系のアプリですから当然テキストは送れます。でもこれに入っている人は限られる。
E ブログ コメント欄からメッセージを送れるのが普通です。

携帯電話を持ち、音声通話をしている人なら、その人の番号さえわかれば自分の携帯電話、スマホからショートメールが送れます。緊急時で相手のメールアドレスがわからない、相手が電話に出ないという場合には、ショートメールを送ってみることは検討の余地があるでしょう。

BからDは、利用者が限られます。一般的なコミュニケーションツールとしては使えない。

伝えられる情報量が多いのは、何と言っても電子メールです。管理人は、スマホでは普段使わないアドレスを覚えさせているだけなので、まずそれにはメールが入りません。常用のアドレスを入れた時、メールを消すのが大変で往生しましたし、電池の減りが激しかったので止めました。

アイフォンのメール設定をしていて、プッシュ型とフェッチ型のメール確認方法があるらしいことを知りましたが、アイフォンはプッシュ型の設定にしました。ですからメールが届かなければスマホはメール関係の動きをしません。電池の減り方が少なく1回の充電で5日程度持ちます。音声通話もほとんどないからです。(管理人の実像は、世の片隅にひっそりと生存しているだけの世間から捨てられた老人なのです)

電子メールを使う場合、いろいろなサイトなどの登録に使うアドレスがあるはずで、これを変更するのはその後に大変な作業を伴います。スマホを変更するとメールアドレスが変わり、それまでの交信相手がメールを送れず当惑することがあります。最近はいくつものメールアドレスを使い、しかも頻繁に変更する方がおられますが、そういう方はメールを見落としている場合が散見されます。

パソコンとスマホでメールを同期させている方もおられますが、これは一つの方法。重要なメールを残すにはパソコンです。

最近、オンライン会議が増えてZOOMというソフトの利用が増えているそうです。先日、海外の人のツイートを見たら、たまたまオンラインワークショップがちょうど始まるところでした。

ここから入れとアドレスが書いてあったので、クリックするとまずZOOMのアプリインストールが始まりました。

すぐ終わってつながりました。講師の画像が見えます。参加者の顔出しは一部だけ。その参加者の中にZUKUNASHIという名前だけの人が。参加したから名前が出ても何もおかしくないのですが、アプリインストールの際には特に名前の入力を求められなかったのです。

なんで名前がZUKUNASHIなの? どこから取った??

ツイッターのアカウント名は違います。もしかしてこのパソコンのアカウントから取った? やーっ怖い怖い。パソコンのアカウントに本名を使うべきでありませんね。

カメラもマイクも使っていませんから顔や音は出るはずがないのですが、もしノートパソコンであればカメラとマイクがオンになって顔画像が送られ、あーっ!闖入者だと騒ぎになったかもしれません。通常はパワードがかけられているんでしょうけど、たまたまそこにはなかったのです。

そんな事件ありましたよね。いやらしい画像が表示されたとか。

オンライン会議の一参加者としてZOOMを使うなら極めて簡単ですが、情報漏れのリスクなどは大きいようです。

これからの井戸端会議はZOOM利用のオンラインに?

オンライン講義は、いろいろなソフトが出ているようですが、画像と音声をリアルタイムで受信して見るにはネット回線の容量が大きくないといけないでしょう。生徒がすべてそういう環境を確保できるか。

ネット回線の負荷を少なくするには、@テキストや画像部分はPDFで作っておいてあらかじめダウンロードさせる。A講師の音声はツイッター利用のポドキャストで。B質問はツイッターの文字経由でというのが一番学生の受講体制が整いやすいのかもしれません。

これも何度も書いていますが、オンライン会議でログを取り後で読み直すと自分の発言というか発信がいかにラフであるか気づく方が多いと思います。このブログに寄せられたコメントに返信を書くに当りコメント主が男性か女性かを考えます。

てっきり女性だろうと考えていた方が中年以上の男性であったケースが何度もありました。何年も(騙されたのではなく)信じこまされていた方が何人もおられます。今は、書かれた内容に社会見識が現れ文章も丁寧なものは、それを否定する手掛かりがない限りは男性だと先入観で臨むようになりました。女性の皆さんごめんなさい。

でもツイッターをやっておられる方は、個々のツイートに性別を念頭に置いて読むと、やはり性差が出ていることに気づかれると思います。女性のネットウヨが多いと言われるのも頷けるところです。女性にも言葉が汚い方は少なくありません。男女対等の社会ですから男も女も同じですね。

Saori Watanabe
@wsary

4月25日
PCでZOOM講義中、同時にiPadにApplePencilで描画して板書代りとしたい場合。
Mac:LightningケーブルでiPadをMacに有線接続し、QuickTimeの「新規ムービー録画」からカメラをiPadに選択、iPadの画面がミラーリングされる。
Win: ミラーリングソフトを使う。
あとはZOOMの画面共有を使えばOK。
posted by ZUKUNASHI at 15:00| Comment(0) | デジタル・インターネット

新コロナウィルスで仕事のやり方が変わる 一般人のコミュニケーョンも 1

※ Atsuko TAMADA@atsukotamada氏の2020/4/10のツイート
オンライン講義、昨夜の突然の決定に泣く同世代の女性同僚たちと電話で話して、一人一人に無理のない方法を提案。今日からは、中間管理職として、非常勤の先生を含め、すべての教員に4週間弱で準備してもらうのが仕事ですよ!と背中を押しておいた。

・・・引用終わり・・・

日本の大学で続々とオンライン授業に移行です。当面授業は休みでその間に準備をというところが多いでしょう。

大学は、教員がそれぞれに教材を作製しますから、今月いっぱいは先生方は教材作成に追われるはず。10年前のノートを手に板書で講義をするような世の中ではなくなりました。そして講義内容が外部に漏れる恐れも強くなりました。あの先生の講義を見てみたいと願う人が受講生に紛れ込んだりして、騒ぎになるかも。

テキスト そして 画像もあるかも。
PDFで作るのが一番楽でしょう。プレゼンテーションソフトを使えば、ポイントの強調などは上手にできますが、日々の授業ではもっと緻密な資料が必要。

次はクルディスタンの方が自宅でオンライン会議に参加しつつ、何か作業をしておられるところです。大きな画面は、デスクトップにつながれているはずです。手前にキーボードがあります。

画像は、https://www.rudaw.net/english/opinion/kurdistan-education-online-learning-14042020から

白いノートブックパソコンが置かれていますが、常用のパソコンで時には持ち運ぶのでしょう。

冒頭のツイートでもわかりますが、大学の教員でもこなせる方とそうでない方の差は大きいでしょう。高校でもどこかが教材を用意してくれるかどうか。実際にそういう教材で授業をするのは大変難しいと思います。

教材を作るのは、このブログの一つ一つの記事を書くことの何倍、何十倍もの手間がかかります。

大学の先生だけではありません。これからはいろいろなことがネットを通じて行われるようになるので、家庭の主婦もパソコンに習熟しないといけなくなるでしょう。


・・・これでは校長と生徒との距離は保てても生徒同士、生徒と担任の距離は保てない。

新コロナウィルスの脅威は何年も続きますから、一般人の会話も対面、口頭から電話、メールに変わっていくでしょう。電話はコストが高いのでメールに変わっていくのでは。キーボードを使わず、狭い画面で文章を書いて校正するのはとても難しいです。

それにスマホではメールの管理が難しい。

言葉足らずのメールなどによるトラブルも出てくるのでしょうね。

毎日新聞2020年4月21日 09時26分(最終更新 4月21日 09時26分)
東北大、オンライン授業で障害 試行初日、アクセス集中
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東北大は20日、オンラインの授業を始めたが、システム障害が発生して一部の学生が授業を受けられなかった。
 20日が試行期間の初日で、約3500人が受講。アクセスが集中したため、約2時間にわたり授業を視聴できなくなったが、午前11時ごろまでに解消された。同大の担当者は「閲覧できなかった授業内容は別途提供し、成績に影響はない」としている。【滝沢一誠】

スマホでのオンライン講義の視聴は難しいでしょうね。パソコンを買い、ネット回線の強化を図ると結構なカネがかかります。

1年半ほど前に低価格パソコンを調べたことがあります。リアルタイム空間線量率測定送信システムの機材を安価に調達するためでした。

2019年02月06日
70歳過ぎでもパソコンデビュー

2018年09月08日
低スペックパソコンはこう使う 侮れないドンキのパソコン

この時は少しはサイト巡りをするが基本は文章作成という前提で書きました。ですが、オンライン授業の視聴、オンライン会議への参加になるとまったく用途が違うと言っていいでしょう。

次はあるセミナーの様子です。参加者はみなノートパソコンを開いています。オンライン会議になれば、参加者が各自自宅でパソコンに向き合い、それらのパソコンがネットでつながるわけです。


今調べたら、3万円強で14インチ画面、1.5kg、Wifi、LAN対応のノートブックが買えるようです。

これにネット接続の機器が必要になります。アパートにネット回線が付属していればそれを使えばよいし、ネット回線がない場合は格安SIMを契約してモバイルルーターか据え置きルーターでネットに接続することになりましょう。

格安SIMについては、研究したことがあります。
2020年01月20日
格安SIMは使えるか
この記事で読者から
データ無制限プラン 1,980円/月 月間データ容量無制限で
送受信最大500kbps というプランを教えてもらいましたが、その後
F-使い放題700 初期費用3,000 円 基本使用料1,580 円 / 月
最低利用期間なし 各月最初の1GBまで(下り最大375Mbps上り最大50Mbps)それを超えても容量無制限(上下700kbps)というプランを見つけ、知人に勧めてSIM設定の依頼を受けましたのでつないで試してみました。

私の常用パソコンにつないで使いましたが、最初の1GB部分では、固定回線の代用になるほどに速かったです。しかし、GoogleMapで場所探しの作業をしたら半日で1GBを使い果たし、ガクッとスピードが落ちました。でもちょっと遅いなという感じで使えないわけではないという感じでした。

ノートパソコン35,000円程度、格安SIM手数料3,300円+月1800円程度、モバイルルーター15000円程度、合計初期費用54000円程度かかります。

管理人は、HUAWEI E5577S SIMフリー モバイルwi-fiルーターを使ってみましたが、使っていて調子が悪くなっています。HUAWEIの据え置き型ルーターは安定して使えています。FREETEL SIMフリー対応 Wi-Fiモバイルルーターも使ってみました。管理人は3千円で買いましたが、今は8500円ほどに値上がりしています。

モバイルルーター、据え置き型ルーターというのは、携帯向け電波のデータ通信部分を送受信してネットに接続する機能を持ちます。これの選択時にはSIMフリーのものを選びます。携帯回線業者の販売するルーター機器は、格安SIMに差し替えようとしても使えないものがありますので注意が必要です。

電磁波被ばくの防止という観点からは、据え置き型のLTEルーターでWifiを止められ、LANケーブルで接続できるものが望ましいのですが、とりあえずは設備の確保でしょうか。

なお、格安SIMにはサイズが3種類あり、サイズが大きいとLTEルーターに入らないことがあります。LTEルーターに入れた後にルーターの設定が必要ですが、ノートパソコンとWifiで接続してLTEルーターの中のソフトをブラウザーで呼び出して設定します。説明書通りに一つずつ丁寧にやればつながります。できなければ誰か慣れた人に頼みましょう。

前から書いていますが改めて

旅行に出かけるカネがあったら自分の子や親戚の子にオンライン費用として小遣いをあげましょう。それに孫の顔を見に行くなどということは、相手には迷惑至極。見たければビデオクリップを送ってもらいましょう。
posted by ZUKUNASHI at 14:04| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年04月02日

会議アプリZOOMが個人情報漏れで訴えられる

Video Conferencing App Zoom Sued Over Illegal Disclosure of Personal Information
Remote conferencing services company Zoom is being sued by a user who claims that the service illegally provided users’ personal information to another party without first disclosing such an exchange.
Late last month, Vice News’ Motherboard reported that Zoom’s iOS app was sharing users’ data with social networking website Facebook - prompting the company to respond.
"We will be removing the Facebook SDK [software development kit] and reconfiguring the feature so that users will still be able to login with Facebook via their browser,” Zoom said in a March 27 statement to the outlet following the report.
“Users will need to update to the latest version of our application once it becomes available in order for these changes to take hold, and we encourage them to do so. We sincerely apologize for this oversight, and remain firmly committed to the protection of our users’ data,"
While the remote conferencing company has since removed the segment of the app’s code which provides the data to Facebook, one user was clearly not satisfied and filed a lawsuit against the company in a San Jose, California, federal court on Monday, according to a report from Bloomberg.
The court document observed by the outlet argues that Zoom’s “wholly inadequate program design and security measures have resulted, and will continue to result, in unauthorized disclosure of its users’ personal information.”
Robert Cullen, the Sacramento, California, resident who filed the suit, is looking to represent other users of the video conferencing service, according to Bloomberg. The court filing demands that Zoom pay punitive damages and other damages over its violation of California’s Consumer Privacy Act.
In addition to legal troubles, the video conferencing app has recently been hit with hackers trying to troll the service - which has seen a spike in use following the continued COVID-19 novel coronavirus-related stay-at-home orders and quarantines worldwide.
Sputnik reported Tuesday that the US Federal Bureau of Investigation had launched a probe after receiving “multiple reports of conferences being disrupted by pornographic and/or hate images and threatening language.” Additionally, New York Attorney General Letitia James issued a letter to Zoom “with a number of questions to ensure the company is taking appropriate steps to ensure users’ privacy and security,” according to a spokesman for James’ office.

※ Hironobu SUZUKI@HironobuSUZUKI氏の2020/4/2のツイート
Zoomが怪しいとまではいわないけど、行儀が悪いソフトウェアだぞ、あれ。
あちこちでZoomを使うとかいうので、Virtualbox上のGNU/Linuxで隔離して動かしている。あんなのメインの環境には怖くて入れられない。

※ Hironobu SUZUKI@HironobuSUZUKI氏の2020/4/2のツイート
まあそれ以上にスマホのソフトに危ないのがいっぱいあるので、バレルセオリーじゃないけど、こんな所でZoomを疑っても、だからどうした、という話になるけど。

※ あゆ 歴女 目標は海外大学進学@YAYU04T氏の2020/4/2のツイート
突然すみません… 職場からZOOMを入れてほしいと言われたのですが不安です。
やはり危ない物ですよね?

※ Hironobu SUZUKI@HironobuSUZUKI氏の2020/4/2のツイート
あなたがもし日頃、LINEを使っているなら、Zoomが危険がどうかを考えるだけ無駄です。
もしLINEすら危険だと思って使わない人なら再考の余地ありです。
posted by ZUKUNASHI at 23:53| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年03月13日

行政機関のウェブサイト閲覧履歴がグーグルに流れる

読売新聞 編集委員室@y_seniorwriters 2020/3/13
グーグルの無料ソフトを使っていた12の行政機関のウェブサイトから、国民の閲覧履歴がグーグルに提供されていたことが明らかになりました。データの価値とプライバシーに対する認識はなぜこんなに甘いのか。編集委員の若江雅子と社会部の畑武尊が背景を探りました。詳しくは13日朝刊解説面で。(隆)
posted by ZUKUNASHI at 10:32| Comment(0) | デジタル・インターネット