健康・病気: ずくなしの冷や水

2022年03月23日

Pfizer recalls drugs that could cause cancer

Pfizer recalls drugs that could cause cancer
Company pulls drugs aimed at treating heart attacks and strokes over nitrosamine contamination
The drug company Pfizer announced Monday it was recalling several lots of its drug Accuretic along with two generic versions, citing unacceptably high levels of a substance that US regulators said could cause cancer. People who used the blood pressure drugs to reduce the risk of stroke and heart attacks were advised to find alternatives.

Several “tainted” lots of Accuretic and two authorized generic versions of the drug (quinapril HCl/hydrochlorothiazide) distributed by Greenstone were found to have levels of N-nitroso-quinapril above the Acceptable Daily Intake (ADI) set by US regulators, Pfizer said in a statement. The company provided lot numbers and other information to identify the bad lots of the drugs.

While everyone is exposed to some level of nitrosamines, these “impurities may increase the risk of cancer if people are exposed to them above acceptable levels over long periods of time,” Pfizer noted.

The company did not specify what nitrosamine level was detected in the tainted lots, but said that the drug has “a safety profile that has been established over 20 years of marketing authorization and through a robust clinical program,” as well as that they are “not aware of reports of adverse events that have been assessed to be related to this recall.”

“Pfizer believes the benefit/risk profile of the products remains positive based on currently available data,” the statement said. The recall is purely voluntary and is being conducted “with the knowledge” of the US Food and Drug Administration (FDA).

Accuretic and its generics are prescribed for high blood pressure, in order to reduce the risk of “cardiovascular events” such as strokes and myocardial infarctions, i.e. heart attacks.

Patients currently taking them should “consult with their doctor about alternative treatment options,” Pfizer said, while wholesalers and distributors with the listed lots should “stop use and distribution and quarantine the product immediately.”

The New York-based pharmaceutical behemoth is worth billions of dollars and makes a variety of drugs. Over the past two years, it has also emerged as the principal maker of mRNA-based Covid-19 vaccines.
posted by ZUKUNASHI at 14:21| Comment(0) | 健康・病気

2022年03月19日

米国人は若くして死ぬようになっている

posted by ZUKUNASHI at 22:14| Comment(0) | 健康・病気

2022年03月07日

A very curious parasite toxin found in cats & mice




posted by ZUKUNASHI at 11:09| Comment(0) | 健康・病気

2022年02月20日

岩手の妊婦に何が起きている? 妊婦がワクチン接種で流産する



岩手医大サイトから


隠されたファイザーの試験データにより、妊娠中のすべての「ワクチン接種」女性が胎児を失ったことが明らかになった Ethan Huff
Hidden Pfizer trial data shows that ALL “vaccinated” women in pregnancy lost their unborn babies Monday, January 31, 2022 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2022-01-31-pfizer-trial-data-vaccinated-mothers-lost-babies.html#
(ナチュラルニュース)透明性を求める公衆衛生・医療関係者[Public Health and Medical Professionals for Transparency]が起こした訴訟で、ファイザーの武漢コロナウイルス「ワクチン」が、テストを受けたすべての妊娠中の母親を流産させたという同社の文書が提出されました。

「認可後の有害事象報告の累積分析」と題された、2021年2月までに報告された事象を記述したファイザーの報告書(その報告書はダウンロードできます)には、ファイザーのワクチン接種を受けた妊婦が一人も生きた赤ちゃんを産んでいないことが示されています。
・・・引用ここまで・・・

次の記事も関連ありだろうか。
posted by ZUKUNASHI at 18:04| Comment(0) | 健康・病気

うつ この症状が出たらこのくらいやばい

posted by ZUKUNASHI at 16:47| Comment(0) | 健康・病気

2022年02月06日

デブはニッチな需要がある



fusion@__fusion氏のこのグラフでは、開始点がもう少し上なのでは? ほとんど90kgに近かったのではないかと推測。だとすれば約10kgの減になる。

昔職場の若い男性が大きく痩せて見違えたことがある。彼が言うには、巨漢(デブ)は女性のニッチな需要があるのだと。確かに相撲取りの追っかけをする女性もいる。

だが、今は健康面で肥満のマイナス効果が強調されているので、ニッチな需要も消えつつあるはず。

デブの方、一緒に減量に努力しましょう!!

若い方は基礎代謝量が多いので、食べる量を減らせばすぐ減量できます。職場の若い人は通勤時に都内で二駅ほど歩いたと聞いています。
posted by ZUKUNASHI at 11:09| Comment(0) | 健康・病気

2022年01月27日

マールブルグ病



マールブルグ病

posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | 健康・病気

2022年01月03日

カナダでロブスターに関係した神経性の病気?

Bizarre neurological illness plagues young Canadians
Otherwise healthy young adults in New Brunswick are falling ill with crippling symptoms
Bizarre neurological illness plagues young Canadians
FILE PHOTO コピーライトマーク AFP / Dr. Timothy Rittman, University of Cambridge

Dozens of young people with no preexisting conditions are developing symptoms of a new disease as activists and families suspect a cover-up on the part of the local government.

A whistleblower with Vitalité Health Network in New Brunswick told The Guardian on Sunday that symptoms include hallucinations, difficulty thinking, limited mobility, insomnia, and rapid weight loss. Local government has reportedly struggled to dismiss the growing number of cases as Alzheimer’s or other neurological diseases uncommon outside the elderly.

While the official number of cases recorded since the mystery illness was first publicly acknowledged in early spring has not budged upward from 48, multiple sources told The Guardian that as many as 150 people may have contracted the fast-moving illness. Still more young people require assessment, and several have died.
‘It’s happening & it’s probably spreading’: Canadian health officials baffled by MYSTERY deadly brain disease

“I’m truly concerned about these cases because they seem to evolve so fast,” the source told the outlet, acknowledging that “we owe them some kind of explanation.”

One of the more disturbing elements of the condition is how little is known regarding transmission. In at least nine cases, caretakers and others in close contact with sick individuals have developed similar symptoms to the ailing party, suggesting the illness not only spreads readily between unrelated individuals but that there may be environmental factors involved. Some have compared the illness to Creutzfeldt-Jakob disease, a fatal brain disease caused by misshapen proteins called prions, though screening reportedly produced no confirmed CJD cases.

The province has struggled to keep the cases under wraps – the case cluster only became public last year when a memo was leaked to the media, and the government has insisted the “cluster” itself is merely the result of “misdiagnoses” grouping unrelated illnesses together. Officials declared in October that eight fatal cases were due to “known and unrelated pathologies,” rather than a shared and unknown illness. An epidemiological report released in October supposedly ruled out any food, behavioral, or environmental exposure that could explain the problem.

However, another public health scientist who sought to remain anonymous suggested the government was covering something up. “The fact that we have a younger spectrum of patients here argues very strongly against what appears to be the preferred position of the government of New Brunswick – that the cases in this cluster are being mistakenly lumped together.”

Tim Beatty, whose father Laurie died with similar symptoms only to be posthumously declared an Alzheimer’s case, is attempting to have his father’s remains tested for neurotoxins, including β-Methylamino-L-alanine (BMAA), a suspected trigger for the illness. The local economy relies heavily on lobster fishing, and the chemical can be found in high concentrations in lobster, according to a study cited by The Guardian. Beatty and other families who’ve lost loved ones to the mysterious illness have speculated that the government’s refusal to acknowledge the possible existence of the disease cluster in the region could be politically or economically motivated.

“If a group of people wanted to breed conspiracy theorists, then our government has done a wonderful job at promoting it,” Beatty told The Guardian. “Are they just trying to create a narrative for the public that they hope we’ll absorb and walk away from? I just don’t understand it.”
posted by ZUKUNASHI at 15:58| Comment(0) | 健康・病気

2021年12月21日

どうぞお大事に

何気なく見ていたが、えっ90kg近くからあっという間に80kg! これはすごい。fusion@__fusion氏は(元)巨漢? 人様のことはあまり言えないが(^^)



深刻な局面でもユーモアを忘れない。もともと緻密な作業をしておられるようなのだが、とても立派。
12/8退院される、よかったです。



日頃少しずつでも減量しなければ。85kgのレッドラインは下回っているはずなのだが、体重計まで遠くて・・・。

健康診断で2年前よりも体重が減ったことに意を強くして、人様の食事に口をはさみたくなっている。

fusion氏のその後の食事のツイートを見ていたら、氏はかなりのグルメだ。天体観察からバードウォッチングまで趣味も広いが、行動範囲は自宅の庭程度で足りているのでは?

少しでも気を抜くと、じりじり体重が増える恐れありでは? 朝食にビーフシチー、サラダ、「トースト+マスカルポーネ 牛乳」とあって、DMを送りそうになった。マスカルポーネを食べて目に見えて太った経験がある。






fusion@__fusion氏の作成したデータを使って記事を書いています。
posted by ZUKUNASHI at 13:44| Comment(0) | 健康・病気

2021年11月19日

この運動で肩こり解消

posted by ZUKUNASHI at 20:06| Comment(0) | 健康・病気

2021年09月26日

でんぷん合成 この発明は世界を変えるインパクト




Synthetic starch can be made in lab 8.5 times more efficiently than in nature, potentially revolutionary Chinese study reveals
Chinese scientists have developed an industrial process to produce starch from carbon dioxide. If successfully scaled-up, it may free up farmland currently used to grow plants like maize and potatoes.

Starch is a substance that plants produce from carbon dioxide and sunlight to store energy through a complex metabolic process. It is used extensively in the food industry. It also plays a role in papermaking, biofuel production, and has other applications.

A group of Chinese researchers has developed an 11-step process that synthesizes starch neatly in a bioreactor. A paper detailing their find was published on Friday in Science magazine.

“Starch could in future be made from carbon dioxide in a process similar to brewing beer,” Ma Yanhe, one of the authors who heads the Tianjin Institute of Industrial Biology (TIB), told Chinese media.
著者の一人で、天津工業生物学研究所(TIB)を率いるMa Yanhe氏は、中国のメディアに対し、「デンプンは将来、ビールを醸造するのと同じようなプロセスで、二酸化炭素から作られるようになるかもしれません」と語っている。

いくつかの指標では、この人工的なプロセスは自然界で見られるものよりも効率的だという。科学者たちは、工業用デンプンの生産に使われる主食の1つであるトウモロコシの場合と比べて、二酸化炭素の変換率が約8.5倍高いと推定している。彼らの反応を利用した1立方メートルのバイオリアクターは、十分なエネルギーを投入すれば、母国の0.33ヘクタールのトウモロコシ畑と同程度の生産物を作ることができるという。

posted by ZUKUNASHI at 21:03| Comment(0) | 健康・病気

2021年07月11日

うつにテレビは悪い





テレビが好きな人は、テレビが流す「こうあるべき」ををそのまま内面化してしまう。ところがどっこい、自分はその「あるべき」姿にはほど遠い。静かになったとき、不安が増し、あるべきでない自分に焦りを感じるのは当然だ。友人の一人が若いころからテレビ愛好家だったが、10年以上前から私がテレビを見なくなって全く話が合わなくなった。役に立つ情報は伝えるが、受け入れる度量がないと感じたときは、そこで話は止めている。器はどんどん小さくなっている。不安にさせたらうつが強くなってしまう。
posted by ZUKUNASHI at 08:29| Comment(0) | 健康・病気

2021年07月09日

薬の副作用の補償の体験談

薬の副作用の補償の体験談

https://twitter.com/mieno/status/1413170362234249216

posted by ZUKUNASHI at 09:26| Comment(0) | 健康・病気

2021年05月29日

電車の中での心臓マッサージの体験



ぜひ次のスレッドをお読みください。
https://twitter.com/hazki_cheke/status/1398072794802311168
posted by ZUKUNASHI at 22:29| Comment(0) | 健康・病気

カナダ南東部でクロイツフェルト・ヤコブ病に似た症状が多発

※ Hero@laddiecherie氏の2021/5/29のツイート
カナダ南東部で、プリオン病に似た未知の致死性脳疾患患者が次々に確認されている。致死性の高いクロイツフェルト・ヤコブ病と症状が似て、記憶喪失、視覚障害、痙攣などの症状がみられるが、原因も治療法も明らかになっていない。早い進行に、患者は大きな不安を抱えている。

カナダで次々発見される謎の致死性脳疾患─原因不明で治療法なしという恐怖

・・・・・

狂牛病は、骨粉に含まれたストロンチウムが原因とされています。人間が牛を経由してストロンチウムを体内に取り込みクロイツフェルト・ヤコブ病を発症した例があります。

今回の異変は、カナダの南東部、大西洋に面したアケイディア半島に患者が集中しているとのことで、原因はわかっていない。
posted by ZUKUNASHI at 20:20| Comment(0) | 健康・病気

2021年05月10日

最近とみに軍国化している老人の行進歩行練習

初出2018/5/13、2021/5/7、5/9追記 末尾に今回の行進の動画あり。

最近とみに軍国化している私、徘徊時の歩行を少し格好よく見せたいと行進歩行練習をしてみたりしています。



でも、足を前に大きく振って歩くのは大変難しく、しかも足を傷める恐れがあることを1分で悟りました。

上の行進はシリア軍の兵士です。儀仗兵のような服装です。足が伸びていて格好がよい。

競歩は腰で歩くようなもの(たぶん)ですが、行進では腰から上は揺るぎません。足の短い日本人の行進歩行はどうなるのだろうと思っているのです。

平成25年度自衛隊観閲式 陸軍分列行進の動画から


やはり足が上がっていませんね。次は女性でしょうか。



おんなじです。

以前、ロシアの地方都市での行進の動画を見たとき、隊列の先頭脇にいた年配者が道に落ちていた女性の靴を拾い上げました。先行した女性の隊列の参加者が落としていったものです。そのとき、観衆から歓声が上がったと記憶しています。

冷戦時代のものではありませんから比較的最近でしょう。ロシアの社会の雰囲気もだいぶ変わったんだなあと感じました。

足を地面に叩きつけるように着地しますから合わない靴なら脱げるでしょう。メインスタンドの真ん前ですから、そこからは少し乱れてもよかったでしょうけど、裸足で速く歩けば足が痛みます。

動画を確認できました。リャザンでした。その隊の最も偉い方のようです。







この隊長の照れたような表情がとても良いです。
 



長時間の行進歩行は、日本の学校の組体操のようなものかもしれません。

TASS2021/5/7
MOSCOW, May 7. /TASS/. A full-dress rehearsal for the upcoming military parade dedicated to the 76th anniversary of the Soviet Union’s Victory in the Great Patriotic War has taken place on Moscow’s Red Square, a TASS correspondent reported.

2021年も5/9はロシアの戦勝記念日のパレードが行われます。夜間の練習風景が伝えられていますが、これは昼間のフルドレスでの最も本番に近い形での練習。練習風景が流れるようになったのは、やはり大きな変化です。

お姉さんたちの分列行進、とっても格好いいです。


でもよく見ると左側の行進の前方にいる人たちと後ろ、末尾にいる人たちでは、だいぶ足の出方が違います。ちょうど右足が前に出ている瞬間ですが、後ろから2列くらいはどうも揃っていない。一番こちら側の人は足を合わせようと右側の人たちの動きをじっと見ています。

それに左側(前方)の人は、背丈があり、足も長い感じです。スカートが少し短めの人もいて、捲れているところが刺激的。先頭を一人で歩く方は、それほど背が高くないようですから、スカートが長く見えます。後ろのほうにいる方も同じですね。

背が低い方は、当然歩幅も狭くなります。どうやって遅れずについていけるのか不思議に思っているのです。10歩ごとに1歩余計に歩くというわけにもいきませんから。

2021/5/9は日曜日。RTかSPUTNIKが中継するのではないでしょうか。日本との時差は6時間ですから日本の夕方ですね。

私は見ようと思っていますが、目当てはお姉さんの足ではなくて最新兵器です。

2021/5/9、日本時間で午後4時に軍事パレード開始。モスクワは曇りで寒そう。途中で雨が当たり始めました。お姉さんたちは短いスカートで行進でしょうか? さて。


お姉さんたちは、スカートでした。これは寒い。

次の隊の歩幅が最も大きかったです、




細めのズボンのほうが足の動きがよくわかる。


最新型のタンクのようです。対戦車砲に強くなっているとされます。


核搭載可能な長距離ミサイルでしょう。冷戦時代にはこんなものの登場が多かった。


長距離爆撃機に空中給油のデモも

パレードが終わってから各隊の代表者がプーチンにあいさつするために一列に並んで待っていました。両脇にいる人たちに中央に寄るよう促してからねぎらいの言葉を述べたようです。


2年前には、ショイグがプーチンと向き合っている(報告している?)時間が長くて異様でしたが、今回は短くて敬礼の後握手をしてすぐにプーチンの演説に移りました。権威主義的な印象を薄めようとしているように見えます。

最後にプーチンとタジキスタンの大統領が無名戦士の記念碑に花輪を捧げて終わりました。



posted by ZUKUNASHI at 19:42| Comment(2) | 健康・病気

2021年04月29日

ロスアンゼルス沖にDDTの大量投棄場所を確認



https://www.latimes.com/environment/story/2021-04-26/ddt-waste-barrels-off-la-coast-shock-california-scientists
posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(0) | 健康・病気

2020年12月19日

豆料理 日本で見なくなりました

Elijah J. Magnier@ejmalrai氏は、ベネズエラ出身の国際ジャーナリスト、感染がわかって14日間ホテルに留め置かれたようです。



Caraotas Negras 黒インゲンマメ

※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/12/19のツイート
The first 3 days I was exhausted but no fever. Taste & smell very present. One day I walked for 6.5 km in my hotel room. In 14 days I released 8 TV and radio interviews, written 3 articles and felt like a lion in a cage.
I just want to go home.

※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/12/19のツイート
My advice:

Get Pulse oximetry. It is a small, clip-like device, a non-invasive and painless test that measures your oxygen saturation level daily.

Mine was between 96% and 97.5%. It should not go below 92%-95% otherwise you are in trouble.

And above all: don't panic.

※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/12/19のツイート
Today I am grateful to say:

In the last 3 decades, I have survived dozens of wars around the world and the #Covid_19.

この方は、スペイン語、英語、アラビア語が自在です。"Veteran War Correspondent: Covered & lived for +3 decades in Bosnia, Iraq, Iran, Lebanon, Syria, Libya, Sudan & more."とあります。
Allah Yesallemkoum 神のお恵みがありますように アラビア語
posted by ZUKUNASHI at 14:27| Comment(0) | 健康・病気

2020年12月02日

台湾でラクトパミンが使われている米国の豚肉輸入に反対の動き

議員が豚の内臓を議場にまき散らしています。もちろん日本では禁止添加物ではない。
posted by ZUKUNASHI at 10:09| Comment(0) | 健康・病気

2020年11月17日

最近食中毒が多いらしい


産経新聞11/16(月) 18:55配信
だしパックの煮すぎが原因? 保育園の給食で食中毒 東京
 東京都は16日、墨田区内の保育園で給食を食べた1〜6歳の園児28人に、一時的に腕や顔に発疹などの症状が出たと発表した。都によると、墨田区保健所は、きつねうどんのスープから検出された化学物質「ヒスタミン」が原因の食中毒と断定。給食の調理業者が、ヒスタミンが入っていた市販のだしパックをメーカーによって定められた調理法よりも長く煮て、抽出された可能性があるとみている。
 都によると、ヒスタミンは赤身魚などで繁殖する菌によって生成されるといい、使用済みのだしパックから微量が検出された。だしパックのメーカーは煮る時間を10分間としていたが、給食の調理業者は45分間煮ていた。都は「記載されている用法を守ってほしい」と呼びかけている。
 保育園では11日昼にきつねうどんなどの給食を提供。園児75人を含め91人が食べた。園児28人に発疹などが出たが1時間ほどで収まり、いずれも軽症だった。

※ maron コロナ後遺症疑惑もう9カ月目ですよ!いつになったら治るの!!
@maron64414914氏の2020/11/17のツイート
コロナの無症状感染による、免疫の過剰反応が引き起っているせいで、普段反応しないような微量のヒスタミンに対してまで過剰に免疫反応が現れてアレルギー反応が出ているだけでしょう!

・・・指摘のような面もあるかも。
野生キノコなどの放射性物質汚染は続いている。
posted by ZUKUNASHI at 12:11| Comment(0) | 健康・病気