健康・病気: ずくなしの冷や水

2022年07月14日

タンザニア、謎の病気で3人が死亡


タンザニアは3人が死亡した後、謎の病気を調査します

タンザニアは、3人の命を奪った謎の病気を調査するために医師と健康の専門家のチームを派遣した、と政府は水曜日に言った。

この病気の症状には、発熱、頭痛、倦怠感、鼻血などがあります、と政府の最高医療責任者であるAifelloSichalweは声明で述べています。

これまでに、リンディの南東部で13人の症例が報告されており、そのうち3人が死亡した。

Sichalweは、患者はCOVID-19だけでなく、エボラ出血熱とマールブルグ熱についても陰性であったと述べた。

他の患者が隔離されている間に、患者の1人は完全に回復したと彼は言った。

「政府は、この未知の病気をまだ調査している専門家のチームを結成した」と彼は付け加え、地域の人々に落ち着きを保つよう呼びかけた。

ガーナは先週、エボラ出血熱と同じ家族に属し、高熱や内出血、外出血などの症状があるマールブルグウイルスの疑いのある2例を報告しました。

タンザニアのサミア・スルフ・ハッサン大統領は火曜日に、リンディで報告された「奇妙な」病気は、環境悪化の結果としての人間と野生動物の間の「成長する相互作用」によって引き起こされた可能性があると述べた。
posted by ZUKUNASHI at 12:05| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月29日

食べ物を肌に塗っちゃダメ

posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月24日

「ハーゲンダッツ」から発がん性物質



・・・・・

なんでフランス産が香港と台湾に出回っている? フランスでは汚染がわかっていて極東に流した?

フランス産チーズも汚染の危険性があります。
posted by ZUKUNASHI at 00:27| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月23日

ロンドンの下水からポリオウィルス検出





UK raises alarm over deadly virus detection
Officials have warned of community spread after traces of poliovirus were found in London sewage
Traces of the virus causing poliomyelitis have been found in sewage samples in north and east London, the UK Health Security Agency (UKHSA) said on Wednesday. The authorities believe the virus was derived from a live vaccine still used in some countries and brought to the UK by a traveler from abroad. While no incidents of community spread have yet been found, health officials warn that it is “likely.”

The virus was identified as vaccine-derived poliovirus type 2 (VDPV2) and was detected several times between February and May at the London Beckton Sewage Treatment Works in Newham.

UKHSA officials say the virus samples are “closely related” but from different people, and that the virus has mutated twice already, suggesting community spread.

Health officials are trying to locate individuals who may have been infected and say the overall risk to the public is “extremely low.”

Britain was officially declared polio-free in 2003, but visitors from abroad sometimes carry the virus. If community spread is detected, it would be the first domestic polio infection in the UK since 1984.

British children normally take three doses of the polio vaccine at an early age. While the national vaccination rate is over 92%, London lags behind with just under 87%, however. The oral vaccine still used in some countries where the disease has not been fully eradicated might be the culprit in this case, with a traveler “shedding” the weakened virus.

Two out of three strains of “wild” polio have been eradicated across much of the world thanks to an aggressive vaccination campaign. The last case of Type 2 was detected in 1999, and the last instance of Type 3 was in 2012. However, Type 1 wild polio remains endemic in Afghanistan and Pakistan.

Poliovirus can spread through droplets or direct contact with feces-contaminated surfaces. Most of the people infected show no symptoms, with about 25% manifesting flu-like aches and pains. About one to five in 1,000 can develop more serious symptoms, as the virus attacks the brain and the spinal cord. In a small number of cases, the virus affects the muscles, leading to paralysis and permanent disability – or death, in the cases where muscles that help people breathe are affected.
ロンドンの下水からポリオウイルスの痕跡が発見され、当局は地域社会への拡散を警告しています。
英国保健安全局(UKHSA)は2日、ロンドン北部と東部の下水からポリオの原因となるウイルスの痕跡が見つかったと発表した。当局は、このウイルスは現在も一部の国で使用されている生ワクチンに由来し、海外からの旅行者が英国に持ち込んだとみている。地域社会で広がった事例はまだ見つかっていないが、保健当局は「可能性がある」と警告している。

ウイルスはワクチン由来ポリオウイルス2型(VDPV2)と確認され、2月から5月にかけて、ニューハムのロンドンベックトン下水処理場で数回検出された。

UKHSAの職員は、ウイルスサンプルは「密接に関連」しているが、異なる人からのものであり、ウイルスはすでに2回変異しており、地域社会での広がりを示唆していると述べている。

保健当局は、感染した可能性のある人物を探し出そうとしており、一般市民へのリスクは全体的に "極めて低い "と述べている。

英国は2003年に公式にポリオ無発生を宣言したが、海外からの訪問者がウイルスを保有していることもある。もし地域社会での感染が確認されれば、1984年以来、英国で初めての国内ポリオ感染となる。

英国の子供たちは通常、幼少期にポリオワクチンを3回接種する。しかし、全国的な接種率が92%以上であるのに対し、ロンドンは87%弱と遅れをとっている。まだ撲滅されていない一部の国で使われている経口ワクチンが、今回は旅行者が弱ったウイルスを「排出」したことが原因かもしれない。

野生型」ポリオの3つの株のうち2つは、積極的なワクチン接種キャンペーンのおかげで、世界の大部分で根絶されました。2型は1999年に、3型は2012年に、それぞれ最後の感染者が確認されています。しかし、アフガニスタンとパキスタンでは、現在も1型の野生株ポリオが流行しています。

ポリオウイルスは、飛沫や糞便に汚染された表面への直接接触により感染します。感染者の多くは症状を示しませんが、約25%はインフルエンザのような痛みや不快感を示します。1,000人に1人から5人は、ウイルスが脳や脊髄を攻撃するため、より深刻な症状を引き起こす可能性があります。ごく一部のケースでは、ウイルスが筋肉を侵し、麻痺や後遺症が残ったり、呼吸を助ける筋肉が侵された場合は死に至ることもあります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 07:21| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月11日

ラムゼイハント症候群

Ramsay Hunt syndrome:顔面半側の神経麻痺が生ずる。
ラムゼイハント症候群の原因は、「水ぼうそう」や「帯状疱疹」のウイルス

posted by ZUKUNASHI at 15:45| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月10日

臨床薬物試験の直腸がん患者の全員が実験的な免疫療法を受けてがんが寛解

Experimental drug cures 100% of patients of cancer – study
Small cancer drug trial sees all 12 rectal cancer patients completely cured

Every rectal cancer patient in a small clinical drug trial conducted by New York’s Memorial Sloan Kettering Cancer Center has seen their cancer go into remission after receiving an experimental immunotherapy treatment. The findings were published by researchers in the New England Journal of Medicine on June 5th.

One of the participants in the trial, Sascha Roth, told the New York Times that she was preparing to travel to Manhattan for weeks of radiation therapy when the results from Memorial Sloan Kettering came in, informing her that she was now cancer-free.

“I told my family. They didn’t believe me,” said Roth.

The same thing happened for the other patients who took part in the trial, as the cancer seemed to have vanished in every single one of them and was undetectable by a physical exam, endoscopy, PET, or MRI scans.

One of the authors of the paper detailing the trial, Dr. Luis A. Diaz Jr. of Memorial Sloan Kettering Cancer Center, told the NYT that he knew of no other study in which a treatment completely obliterated a cancer in every patient.

“I believe this is the first time this has happened in the history of cancer,” he said.

All of the patients had locally advanced rectal cancer - which means that tumors had spread in the rectum and sometimes to the lymph nodes but not to other organs – as well as a rare genetic mutation called mismatch repair deficiency (MMRd).

They were given six months of treatment with an immunotherapy drug called Dostarlimab, from the pharmaceutical company GlaxoSmithKline, which helped fund the research. The drug reportedly costs about $11,000 per dose and was administered to each patient every three weeks for six months.

As explained by CBS News medical contributor Dr. David Agus, the drug works by exposing cancer cells so the immune system can identify and destroy them. “This new treatment is a type of immunotherapy, a treatment that blocks the ‘don't eat me’ signal on cancer cells enabling the immune system to eliminate them,” he said.

The trial patients continued to show no signs of cancer even after six or more months of follow ups, which meant that they no longer needed standard cancer treatments such as surgery, radiation or chemotherapy. The cancer has reportedly not returned in any of the patients, who have now been cancer-free for a range of six to 25 months after the trial ended.
ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターが実施した小規模な臨床薬物試験の直腸がん患者の全員が、実験的な免疫療法を受けた後、がんが寛解している。この研究結果は、6月5日付の『New England Journal of Medicine』誌に研究者らによって発表された。

試験参加者の一人であるサッシャ・ロートさんは、ニューヨーク・タイムズ紙に、数週間の放射線治療のためにマンハッタンに行く準備をしていたところ、メモリアル・スローン・ケタリングから結果が届き、癌がなくなったことを知らされたと語った。

「家族に話したんだ。信じてもらえなかった」とロスは言った。

この試験に参加した他の患者も同様で、一人残らずがんが消えたように見え、健康診断、内視鏡検査、PET、MRI検査でも検出されなかったという。

この臨床試験を詳述した論文の著者の一人であるメモリアル・スローン・ケタリング癌センターのルイス・A・ディアス・ジュニア博士は、NYTに対し、ある治療法がすべての患者の癌を完全に消滅させたという研究は他にないと語っている。

「これは癌の歴史上初めてのことだと思います」と語った。

患者は全員、局所進行直腸癌、つまり腫瘍が直腸や時にはリンパ節に広がっているが他の臓器には広がっていない状態であり、さらにミスマッチ修復欠損症(MMRd)という珍しい遺伝子変異を有していたのである。

彼らは、研究資金を援助した製薬会社グラクソ・スミスクラインのドスタリマブと呼ばれる免疫療法薬で6ヶ月間の治療を受けた。この薬は1回あたり約11,000ドルで、各患者に3週間ごとに6カ月間投与されたと伝えられている。

CBSニュースの医療寄稿者であるDavid Agus博士が説明するように、この薬は癌細胞を露出させて、免疫系がそれを識別して破壊できるようにすることで機能するのである。この新しい治療法は、免疫療法の一種であり、がん細胞の "私を食べないで "という信号を遮断して、免疫システムががん細胞を排除できるようにする治療法です」と、彼は述べています。

この治験では、6カ月以上の経過観察後もがんの兆候は見られず、手術や放射線、化学療法などの標準的ながん治療が不要になった。現在、試験終了後6カ月から25カ月の範囲で、どの患者さんもがんが再発しなかったと報告されています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 13:32| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月09日

中国はどこよりも早く、安くがんを治している



posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月07日

サル痘が今まで気づかれずに流行していたとは考えにくい

posted by ZUKUNASHI at 00:51| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月02日

SARS2はすでにSARS3 私たちが直面している地球規模の大災害は 計り知れない




posted by ZUKUNASHI at 08:54| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月31日

イラクでクリミア・コンゴ出血熱が流行

posted by ZUKUNASHI at 14:56| Comment(0) | 健康・病気

虫刺されで蜂窩織炎の人が多い

虫刺されで蜂窩織炎になった人の事例が伝えられています。
菌が体内に入っているためで、抗生物質での点滴などの治療が必要です。手足の切断を要することや死亡もあります。

posted by ZUKUNASHI at 13:00| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月30日

自然の大気条件下で形成される、人間の健康と環境に脅威を与える可能性のある反応性の高い化合物発見

New potentially dangerous chemical found in atmosphere
Researchers have discovered highly reactive trioxides that could pose hazard to human health
Scientists have discovered highly reactive chemical compounds that are formed under natural atmospheric conditions but could pose a threat to human health and the environment. While the existence of these compounds – called trioxides and consisting of three oxygen atoms bound together – had been theorized, researchers from the University of Copenhagen confirmed their presence in the air in a paper published Thursday in the journal Science.

Trioxides are extremely flammable and explosive. They are formed through the atmospheric decomposition of common substances emitted into the atmosphere, such as isoprene and dimethyl sulfide – in fact “from almost all chemical compounds,” according to co-author Jing Chen. Created by reactions between two types of radicals, they persist anywhere from a few minutes to several hours, during which time they may react with other compounds in the air.

During that time, the newly discovered chemicals are likely to be able to penetrate aerosols, which are tiny airborne particles, and could cause health hazards leading to cardiovascular and respiratory diseases, the researchers observed. The new compounds that form when trioxides combine with aerosols have not been studied and their effects on humans are not known.

Additionally, the researchers noted that trioxides might influence how many aerosol particles are produced. This could potentially impact aspects of the climate, such as how much sunlight is reflected back into space or absorbed into cloud formation, both of which in turn affect the temperature on earth.

While study co-author Kristan Moller noted that “most human activity leads to emission of chemical substances into the atmosphere,” his fellow co-author Eva Kjaergaard pointed out that the newly-discovered compounds were not themselves a new arrival to the atmosphere, stating “these compounds have always been around – we just didn’t know about them.”

The researchers, then, are not worried, despite the potential hazards posed by their discovery. Instead, they see it as an opportunity. “The fact that we now have evidence that the compounds are formed and live for a certain amount of time means that it is possible to study their effect more targeted and respond if they turn out to be dangerous,” senior author Henrik Kjaergaard explained.
Googleによる機械翻訳
科学者たちは、自然の大気条件下で形成されるが、人間の健康と環境に脅威を与える可能性のある反応性の高い化合物を発見しました。三酸化物と呼ばれ、3つの酸素原子が結合したこれらの化合物の存在が理論化されていましたが、コペンハーゲン大学の研究者は、木曜日にジャーナルScienceに掲載された論文でそれらの存在を確認しました。

三酸化物は非常に可燃性で爆発性があります。それらは、イソプレンや硫化ジメチルなど、大気中に放出される一般的な物質の大気分解によって形成されます。共著者のJing Chenによると、実際には「ほとんどすべての化合物から」です。 2種類のラジカル間の反応によって生成され、数分から数時間の間どこでも持続し、その間に空気中の他の化合物と反応する可能性があります。

その間、新たに発見された化学物質は、空気中の小さな粒子であるエアロゾルに浸透する可能性があり、心血管疾患や呼吸器疾患につながる健康被害を引き起こす可能性があると研究者らは観察した。三酸化物がエアロゾルと結合するときに形成される新しい化合物は研究されておらず、人間への影響は知られていない。

さらに、研究者らは、三酸化物が生成されるエアロゾル粒子の数に影響を与える可能性があることに注目しました。これは、太陽光が宇宙に反射されたり、雲の形成に吸収されたりするなど、気候の側面に影響を与える可能性があります。これらは両方とも、地球の温度に影響を与えます。

研究の共著者であるKristanMollerは、「ほとんどの人間の活動は化学物質の大気への放出につながる」と述べたが、彼の共著者であるEva Kjaergaardは、新たに発見された化合物自体が大気への新たな到着ではないと指摘した。 「これらの化合物は常に存在していました。私たちはそれらについて知りませんでした。」

したがって、研究者たちは、彼らの発見によってもたらされる潜在的な危険にもかかわらず、心配していません。代わりに、彼らはそれをチャンスと見ています。 「化合物が形成され、一定期間生存するという証拠があるという事実は、それらの効果をより的を絞って研究し、危険であることが判明した場合に対応することが可能であることを意味します」と上級著者のヘンリック・キャーガードは説明しました。
posted by ZUKUNASHI at 15:15| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月29日

天然痘の予防接種は、猿痘に対する防護になる



Lack of control could lead to terrorists using smallpox pathogens, says Defense Ministry
The chief of Radiation, Chemical and Biological Protection Force Igor Kirillov noted that smallpox vaccination, which many countries do not currently have, provides protection against monkeypox

MOSCOW, May 27. /TASS/. Lack of proper control could lead to the use of smallpox pathogens for terrorist purposes, Chief of Russian Radiation, Chemical and Biological Protection Force Igor Kirillov said on Friday.

"Lack of proper control and violations of biosafety requirements in the United States could cause the use of this pathogen for terrorist purposes. Between 2014 and 2021, unaccounted-for ampoules of the virus were repeatedly found in laboratories of the US Food and Drug Administration (FDA), the US Army Medical Research Institute of Infectious Diseases (USAMRIID) in Maryland and the Vaccine Research Center (VRC) in Pennsylvania," Kirillov said.

According to him, the work at these organizations was conducted in violation of the 1996 World Health Assembly resolution, according to which smallpox pathogen can be stored in only one US laboratory, which is the National Center for Infectious Diseases in Atlanta.

The chief of Radiation, Chemical and Biological Protection Force noted that smallpox vaccination, which many countries do not currently have, provides protection against monkeypox. He pointed out the World Health Organization has announced an emergency meeting of member states on the occurrence of an outbreak of this dangerous infectious disease in May 2022.

"We know that so far, 98% of those who caught the disease are homosexual males over 20. Earlier, Dr. David Hermann, who formerly headed WHO's emergencies department, said in an interview with the American press that sexual transmission is the main cause of the spread of the disease," Kirillov added.
管理不足により、テロリストが天然痘の病原体を使用する可能性があると国防省が指摘
放射線・化学・生物防護部隊のイーゴリ・キリロフ部長は、現在多くの国が行っていない天然痘の予防接種は、猿痘に対する防護になると指摘した

モスクワ、5月27日。/ロシア放射線・化学・生物防護部隊のイゴール・キリロフ隊長は、適切な管理の欠如により、天然痘の病原体がテロ目的で使用される可能性があると、金曜日に述べた。

"米国における適切な管理の欠如とバイオセーフティ要件への違反は、この病原体のテロ目的での使用を引き起こす可能性があります。2014年から2021年にかけて、米国食品医薬品局(FDA)、メリーランド州の米国陸軍感染症研究所(USAMRIID)、ペンシルバニア州のワクチン研究センター(VRC)の研究所で、このウイルスの所在不明のアンプルが繰り返し発見されました」と、キリロフ氏は述べました。

これらの組織での作業は、1996年の世界保健総会決議に違反して行われたもので、それによると、天然痘の病原体は、アトランタの国立感染症センターという米国の研究所にのみ保管することができる。

放射線・化学・生物防護隊長は、現在多くの国が行っていない天然痘の予防接種が、サル痘に対する防護になると指摘した。彼は、世界保健機関が2022年5月にこの危険な感染症の発生に関する加盟国の緊急会議を開催すると発表したことを指摘した。

"これまでのところ、この病気にかかった人の98%が20歳以上の同性愛者の男性であることがわかっています。これに先立ち、かつてWHOの緊急事態部門を統括していたデビッド・ハーマン博士は、アメリカの報道機関とのインタビューで、性的な感染が主な感染原因であると述べています」とキリロフ氏は付け加えた。

Russia calls on WHO to investigate US-funded laboratories in Nigeria − Defense Ministry
According to the Defense Ministry’s briefing slides, two US-controlled biolaboratories operate in the city of Abuja, one in the city of Zaria, and another one in Lagos
ロシア、WHOに米国が出資するナイジェリアの研究所を調査するよう要請-国防省
国防省の説明用スライドによると、米国が管理するバイオラボがアブジャ市、ザリア市、ラゴスにそれぞれ2つずつ運営されています
MOSCOW, May 27. /TASS/. Russia calls on the WHO leadership to investigate the activities of US-funded Nigerian laboratories in Abuja, Zaria and Lagos, Chief of Russian Radiation, Chemical and Biological Protection Force Igor Kirillov said on Friday.

"Against the background of numerous cases of US violations of biosafety requirements and facts of negligent storage of pathogenic biomaterials, we call on the leadership of the World Health Organization to investigate the activities of US-funded Nigerian laboratories in Abuja, Zaria, Lagos and inform the world community about its results," Kirillov said.

He recalled that according to the WHO report, the West African strain of the monkeypox pathogen came from Nigeria, another state in which the US has deployed its biological infrastructure. "According to available information, there are at least four Washington-controlled biolaboratories operating in Nigeria," the official stressed.

According to the Defense Ministry’s briefing slides, two US-controlled biolaboratories operate in the city of Abuja, one in the city of Zaria, and another one in Lagos.
モスコー、5月27日。/TASS/. ロシア放射線・化学・生物防護隊長イーゴリ・キリロフは、金曜日、WHO指導部に対し、アブジャ、ザリア、ラゴスの米国資金によるナイジェリア研究所の活動を調査するよう要請した、と述べた。

「米国がバイオセーフティ要件に違反し、病原性生体物質の保管を怠ったという多くの事例を背景に、我々は世界保健機関の指導者に、アブジャ、ザリア、ラゴスの米国出資のナイジェリア研究所の活動を調査し、その結果を世界社会に報告するよう要請する」とキリロフ氏は述べた。

彼は、WHOの報告書によると、西アフリカのサル痘菌は、米国が生物学的インフラを配備しているナイジェリアから来たものであることを思い出した。「入手可能な情報によれば、ナイジェリアには少なくとも4つのワシントンが管理する生物学的実験室がある」と同職員は強調した。

国防省の発表資料によると、アブジャ市に2ヶ所、ザリア市に1ヶ所、ラゴスに1ヶ所の米国管理下の生物実験室が稼動しているという。
posted by ZUKUNASHI at 14:13| Comment(2) | 健康・病気

2022年05月25日

モンキーポックスの確認地域が広がっている

モンキーポックスの確認事例が続々と世界の各地から出始めました。なぜこんなに急に出始めるのか、ちょっと気味が悪い。

英国、欧州、米国、カナダ、豪州、南米アルゼンチン、(アフリカ)

@ 天然痘の予防接種を受けていても感染する。
ドイツ ベルリンで天然痘の予防接種を受けていた50代男性のサル痘感染確認

A 空気感染、飛沫感染、接触感染。手洗いは言うまでもない。
マスク、換気、距離はサル痘でも有効

B 身体的な接触を避ける
暑い季節だが、肌の露出を減らす意味で長袖を着続けるべきとの説も。患者の使用した寝具から感染の例も。

C サル痘の感染確認はPCR検査による。日本はPCR検査に消極的なため検査が不備になる恐れ

D 潜伏期12日程度

E 初期症状は発熱、筋肉痛、発疹。最初に顔に水泡ができることが多い。

サル痘のウィルスに何らかの変異があり感染しやすくなったのかは確認されていません。天然痘の新種ではと疑う論者も。

感染事例急増の原因として、人々の免疫力の低下を上げる声が有力です。他の感染症にもかかりやすくなっていることになります。

サル痘感染者の死亡率は1%説から10%説まで、まだ定まっていません。

サウナで感染が広まった例があるようです。清潔でない寝具、タオルは危険があります。



皮膚の病変が現れる前にも感染するようです。これだけ急速な感染拡大は、そのせいではないでしょうか。

米国で感染が拡大し、すぐに日本に入ってくるでしょう。

Moscow comments on global monkeypox outbreak
There are no reasons to panic, the national health watchdog says
The Russian national health watchdog, Rospotrebnadzor, sees no reason to panic over the fresh monkeypox outbreak across the world. The disease is well known to humanity, the agency’s head, Anna Popova, told Russian KP Radio on Tuesday.

No monkeypox cases have been “imported” to Russia so far, Popova said, adding that Russia has a test-system capable of detecting the virus in a patient’s sample within hours. The Russian authorities have introduced sanitary control measures and have informed the medical personnel about the situation, she added.

“It is important to exercise vigilance,” Popova said as she urged medics to pay attention to certain symptoms that can be indicative of the disease. People who have traveled to the risk areas and have felt sick afterwards should inform doctors about their trips, the Rospotrebnadzor head advised.

The initial symptoms of monkeypox include fever, headache, muscle aches, backache, swollen lymph nodes, chills, and exhaustion. A rash often begins on the face and then spreads to other parts of the body.

However, Rospotrebnadzor sees “no reason for panic” or a “particularly heightened awareness,” Popova told KP Radio. According to Popova, European nations have so far faced “the least dangerous” variant of the virus. “It is less pathogenic. It causes a milder disease,” Popova said. The Rospotrebnadzor head also said that the virus had not acquired many mutations in comparison to the variants.

“We do not see mutations,” Popova said, adding that the first scientific publications dealing with the outbreak show that the virus “is not any different from the one that was before” the outbreak. Russians born before 1980 should also not be particularly concerned about the disease, Popova added, explaining that vaccination against smallpox was mandatory in the USSR before that year and it might be effective against monkeypox as well.

Monkeypox has been detected in over a dozen countries over the past few weeks, across Europe as well as Australia and in the US as well. Belgium has also become the first nation to order quarantine over the disease after it detected three cases on its territory. After a single patient was diagnosed with monkeypox about two weeks ago, the US rushed to snap up 13 million doses of the smallpox vaccine Jynneos, which was approved for use against the virus in 2019.

The WHO convened an emergency meeting on monkeypox last Friday as the number of suspected cases surged to over 100. Officials in the UK and US as well as some other countries have insisted the virus presents a low risk to the general public.

Most patients diagnosed with monkeypox recover after two or four weeks. According to the World Health Organization, the disease fatality rate amounts to some 3-6%.

However, a tabletop ‘simulation’ event conducted at the 2021 Munich Security Conference described a hypothetical monkeypox outbreak that led to 270 million fatalities globally.



posted by ZUKUNASHI at 16:43| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月23日

オランダで先月バクテリアで子供7人死亡


オランダ:先月の「水痘」に続いて少なくとも7人の幼児が死亡したと報告

小児科医は警鐘を鳴らします:危険なバクテリアが幼児の間で循環しています。
A群連鎖球菌感染症になって亡くなっているようです。
壊死性筋膜炎も見られるとあります。

ツイートが分かりにくいです。とりあえずの情報。
posted by ZUKUNASHI at 10:05| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月20日

英国でサル痘感染者 治療法なし

Сase of rare disease confirmed in England
There’s no cure for the Africa-linked infection, which can cause severe disease in some people, British medics say
A rare case of monkeypox has been confirmed in England, the UK Health Security Agency (UKHSA) announced on Saturday.

The agency emphasized that monkeypox is a rare viral infection that doesn’t spread easily between people. For most, it is a mild disease that disappears within a few weeks but some can develop severe illness.

The patient who has been diagnosed with monkeypox had recently arrived in the UK from Nigeria, and is being treated at the infectious disease isolation unit of Guy’s and St. Thomas’ Hospital in Central London.

“As a precautionary measure, UKHSA experts are working closely with NHS colleagues and will be contacting people who might have been in close contact with the individual to provide information and health advice,” the UKHSA said.

The agency considers the overall risk to the general public “very low.”

Monkeypox is similar to human smallpox, which was eradicated in 1980, and can be confused with chickenpox. Its initial symptoms include fever, headache, muscle aches, backache, swollen lymph nodes, chills and exhaustion. A rash often begins on the face and then spreads to other parts of the body.

According to the UK National Health Service (NHS), monkeypox can be caught from infected wild animals in parts of West and Central Africa.

“It’s thought to be spread by rodents, such as rats, mice and squirrels,” the NHS says.

Only a few people have been diagnosed with monkeypox in the UK and all of them traveled to West Africa or were close contacts of someone who had traveled there.

A 2003 monkeypox outbreak in the United States was traced to a pet store where small mammals from Ghana were sold.

Although monkeypox is generally milder than smallpox, the death rate among infected people in Africa can be as high as 10%, according to the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC).

There is currently no cure for the virus, although the smallpox vaccine is believed to prevent infection, according to the NHS and CDC.
Googleによる機械翻訳
一部の人々に重篤な病気を引き起こす可能性のあるアフリカ関連感染症の治療法はありません、と英国の医療関係者は言います
サル痘のまれな症例が英国で確認された、英国健康安全保障局(UKHSA)は土曜日に発表しました。

代理店は、サル痘は人の間で簡単に広がることのないまれなウイルス感染症であることを強調しました。ほとんどの場合、それは数週間以内に消える軽度の病気ですが、いくつかは重度の病気を発症する可能性があります。

サル痘と診断された患者は、最近ナイジェリアから英国に到着し、ロンドン中心部にあるガイズ病院とセントトーマス病院の感染症隔離ユニットで治療を受けています。

「予防措置として、UKHSAの専門家はNHSの同僚と緊密に協力しており、個人と密接に接触していた可能性のある人々に連絡を取り、情報と健康に関するアドバイスを提供する予定です」とUKHSAは述べています。

当局は、一般大衆に対する全体的なリスクを「非常に低い」と考えています。

サル痘は、1980年に根絶された人間の天然痘に似ており、水痘と混同される可能性があります。その初期症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、腰痛、リンパ節の腫れ、悪寒、倦怠感などがあります。発疹はしばしば顔から始まり、その後体の他の部分に広がります。

英国国民保健サービス(NHS)によると、サル痘は西アフリカと中央アフリカの一部で感染した野生動物から捕獲される可能性があります。

「それは、ラット、マウス、リスなどの齧歯動物によって広がると考えられています」とNHSは言います。

英国でサル痘と診断された人はごくわずかであり、全員が西アフリカに旅行したか、西アフリカに旅行したことのある人と密接な関係がありました。

2003年に米国で発生したサル痘は、ガーナの小型哺乳類が販売されていたペットショップにまでさかのぼりました。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、サル痘は一般的に天然痘よりも軽度ですが、アフリカの感染者の死亡率は10%にもなる可能性があります。

NHSとCDCによると、天然痘ワクチンは感染を防ぐと考えられていますが、現在ウイルスの治療法はありません。

Rare disease spreads in Europe
Previously detected in the UK and Portugal, monkeypox has reportedly infected gay men in Madrid
Health authorities in Spain have issued an alert over a potential outbreak of monkeypox – a rare and incurable viral infection – in Madrid. The alert follows similar outbreaks in the UK and Portugal, and all of the Spanish patients are gay men.

Spain’s Ministry of Health sent an alert to regional health authorities on Tuesday, after health officials in Madrid recorded eight suspected cases of monkeypox. Samples have been sent to Spain’s National Center for Microbiology for a definitive diagnosis.

“Generally speaking, monkeypox is spread by respiratory transmission, but the characteristics of the eight suspected cases point towards fluid contact,” a spokesperson for Madrid’s regional health department told the Guardian. “The eight suspected cases in Madrid are among men who have sex with men. They are doing well but this illness can require hospital treatment.”

Monkeypox is similar to human smallpox, which was eradicated in 1980, and can be confused with chickenpox. Its initial symptoms include fever, headache, muscle aches, backache, swollen lymph nodes, chills, and exhaustion. A rash often begins on the face and then spreads to other parts of the body.

There is no cure for monkeypox, although most patients experience mild symptoms and recover within a few weeks.
スペインの保健当局は、マドリードで希少かつ不治のウイルス感染症であるサル痘が発生した可能性があるとして、注意喚起を行いました。この警報は、イギリスとポルトガルで発生した同様の感染症に続くもので、スペインの患者はすべて同性愛者の男性である。

スペイン保健省は火曜日、マドリードの保健当局がサル痘の疑いのある患者8人を記録した後、地域の保健当局に警告を発した。サンプルはスペインの国立微生物学センターに送られ、確定診断が行われている。

「一般的に、サル痘は呼吸器感染によって広がるが、8人の疑い例の特徴から、体液による接触が考えられる」と、マドリッドの地域保健局の広報担当者はガーディアン紙に語った。「マドリッドで疑われる8人の患者は、男性とセックスをする男性の間です。彼らは元気ですが、この病気は病院での治療が必要な場合があります。"

サル痘は、1980年に根絶されたヒトの天然痘と類似しており、水痘と混同されることがある。初期症状は、発熱、頭痛、筋肉痛、背部痛、リンパ節の腫れ、悪寒、疲労感などです。発疹はしばしば顔から始まり、その後、体の他の部分に広がります。

ほとんどの患者は症状が軽く、数週間で回復しますが、猿痘を治す方法はありません。
Deepleによる機械翻訳





US confirms first case of rare disease
A Massachusetts man who traveled to Canada has tested positive for monkeypox
A Massachusetts man has been diagnosed with monkeypox after traveling to Canada, the US Centers for Disease Control and Massachusetts Department of Public Health confirmed on Wednesday.

While the agencies are working with his healthcare providers and local health boards to identify anyone who had contact with him, they insist his case poses no risk to the public, and he is reportedly hospitalized and in good condition.

The case is the first to surface in the US this year and comes on the heels of an alert by the Spanish authorities of a potential outbreak of the virus among 23 people in Madrid. While typically spread by respiratory transmission, a spokesperson for Madrid’s regional health department said the local outbreak was driven by “fluid contact,” noting that eight of the suspected cases were found in gay men.

Around 20 suspected cases of monkeypox also surfaced among young Portuguese men in and around Lisbon this week, and a number of similar cases have been confirmed in the UK. Of the seven UK cases confirmed as of Monday, four of the most recent were in gay or bisexual men, and the first involved a person who had recently been to Nigeria, where the infection was likely contracted.
Fresh cases of rare monkeypox located
Cases of the ‘very unusual’ disease have been confirmed in Italy and Sweden
The US and European countries including Spain, Portugal, the UK, Italy, and Sweden confirmed cases of monkeypox, a rare African disease, this Thursday.

Doctors at Spallanzani hospital in Rome said they had diagnosed one person with monkeypox after his return from a trip to the Canary Islands. Two more cases are suspected, but not confirmed, according to reports by Reuters and the Italian daily newspaper La Repubblica.

Meanwhile, Sweden has confirmed a case of monkeypox in the Stockholm region, according to a Swedish Public Health Agency press statement.

“The person in Sweden who has been confirmed to be infected with the virus is not seriously ill, but has received care,” Swedish health official Klara Sonden said in the statement. “We do not yet know where the person became infected,” she said, adding that the investigation is ongoing to determine the extent of the “very unusual” disease.
Swedish health officials say they reported the case to the World Health Organization (WHO) and European Centre for Disease Prevention and Control (ECDC). Symptoms of the disease include lesions, fever, headaches, muscle aches, backaches, swollen lymph nodes, chills, and exhaustion. Skin problems due to monkeypox are “often reported as localized to the genitals, groin and the skin around the anal opening,” the Public Health Agency of Sweden said on Wednesday.

The ECDC notes the “unusually high frequency of human-to-human transmission” observed in recently confirmed and suspected cases reported in Spain, Portugal, and the UK. It says “the likelihood of further spread of the virus through close contact, for example during sexual activities, is considered to be high,” and that “intimate contact during sex with infectious skin lesions seems the likely mode of transmission.” The likelihood of transmission in the absence of close contact is considered to be low.
posted by ZUKUNASHI at 07:03| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月10日

犬の呼吸器疾患

posted by ZUKUNASHI at 17:43| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月03日

私が患者の前で泣いたのは


私が患者の前で泣いたのは、赤ちゃんに複数の*致命的な*奇形があった20代の女性だけが妊娠を満期まで運ぶことを余儀なくされました。出産前のケアへのアクセスを欠いて、彼女は中絶をするのに手遅れになるまで奇形について知りませんでした。 1 / n

https://twitter.com/DataDrivenMD/status/1521387665802686464


今夜ここに座っていると、彼女がどうしてるのかと思わずにはいられません。今後数年間で彼女の立場にもっと多くの女性がいる可能性があることを知っているので、私は彼女が何を言うのか疑問に思わずにはいられません。私は中絶禁止法を推進している無知な嫌いな人に怒りを感じずにはいられません。 9/9

posted by ZUKUNASHI at 19:01| Comment(0) | 健康・病気

2022年05月01日

ウロキナーゼ



ウロキナーゼは、米軍の男子トイレの尿から抽出していたと聞いたことがあります。青年期に達しない子供でも体内のウロキナーゼの産出は活発なんですね。

ただ、あくまでも健康な者の尿でないといけない。幼稚園児から小学校の低学年までですね。女児はダメなのかな。
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(0) | 健康・病気

2022年04月09日

米国、中国、鳥インフル




共同2021/6/1 18:09 (JST)6/1 18:27 (JST)updated
中国、H10N3型が人に感染
鳥インフル、世界初か
 【上海共同】中国国家衛生健康委員会は1日、江蘇省鎮江市の男性(41)から鳥インフルエンザ(H10N3型)が検出されたと発表した。同委員会によると、H10N3型の人への感染が確認されたのは世界初。「偶発的な感染で、大規模な流行が起こるリスクは極めて低い」としている。
 専門家は「人から人への感染が起こっていないので、現時点で恐れる必要はない」と指摘した。
 男性は4月23日に発熱。症状が悪化し、同28日に医療機関で治療を受けた。現在も入院中だが状態は安定している。同委員会は感染の状況などを明らかにしていない。


posted by ZUKUNASHI at 16:20| Comment(0) | 健康・病気