健康・病気: ずくなしの冷や水

2022年08月13日

Zolgensma

Two children die after taking world’s ‘most expensive drug’
The patients developed acute liver failure but the manufacturer of Zolgensma insists it’s not a new “safety signal”
Two children died of acute liver failure after being treated with Zolgensma gene therapy, which is often referred to as the most expensive drug in the world, the medication’s manufacturer Novartis said on Thursday.

Acute liver failure is a “known adverse event” of the drug, which is used in patients suffering from spinal muscular atrophy (SMA), the Swiss pharmaceutical company said, but these are the first fatal cases caused by this complication. The patients had received corticosteroids, Novartis said, to prevent severe liver damage.

The deaths occurred in Russia and in Kazakhstan, the company said, adding that it had notified health authorities in markets where the drug is sold and has updated healthcare workers as well. Zolgensma costs about $2 million per patient.

“Pending health authority review and approval, the Zolgensma label will be updated to inform prescribers that fatal acute liver failure has been reported,” the manufacturer said.

Novartis emphasized that while the lethal cases are “important safety information,” they are not considered “a new safety signal” as the company continues to “firmly believe in the overall favorable risk/benefit profile of Zolgensma.” The pharmaceutical company said the drug has already been used to treat more than 2,300 patients worldwide “across clinical trials, managed access programs, and in the commercial setting.”



posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月12日

ヒトメタニューモウイルス感染症







posted by ZUKUNASHI at 19:52| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月10日

Flu Virus from Pigs






posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月09日

中国で新型ウイルスの発生が報告される

Outbreak of new virus reported in China
Taiwan is bracing for the possible spread of a novel and potentially deadly henipavirus that spreads from animals to humans

At least 35 people in China have become infected with a novel henipavirus that apparently spreads from animals to humans, setting off alarm bells in neighboring Taiwan over a potentially dangerous pathogen.

Taiwanese laboratories will need to establish standardized testing procedures to identify the Langya henipavirus (LayV), Chuang Jen-hsiang, deputy director of Taiwan’s Centers for Disease Control (CDC), told reporters on Sunday. Genome sequencing of the virus is expected to be completed within about one week, he said.

Chuang made his comments three days after the New England Journal of Medicine posted a study on the newly discovered virus, which was detected in China’s Shandong and Henan provinces. All of the affected patients had high fevers, while at least half were also experiencing fatigue, coughing, loss of appetite and a drop in white blood cells.

More than one-third of patients suffered liver failure, and 8% had kidney failure. The study said LayV is part of the Paramyxoviridae family of negative-strand RNA viruses, which can cause “fatal disease.” Its emergence comes as public health officials around the world are still dealing with the Covid-19 pandemic, which has reportedly killed more than 6.4 million people.

It’s not yet known whether the pathogen can spread from human to human, according to researchers. Testing on animals in the affected areas revealed that 5% of dogs and 2% of goats had been infected. Shrews might be key carriers of LayV, inasmuch as 27% tested positive.

None of the 35 infected humans had close contact with each other or a common exposure history, Chuang said. Contact tracing indicated that no family members or other individuals exposed to the infected people had contracted the virus.

The Taiwanese CDC will work with agriculture regulators to study whether similar pathogens exist in species native to the self-governing island, Chuang said. The Chinese outbreak hasn’t caused any deaths so far, he added.

Chinese researchers discovered a novel henipavirus, called Mojiang paramyxovirus (MojV), in 2013. Rats living in an abandoned copper mine in Yunnan province were found to be infected with the virus. Three men who had been working in the mine fell ill with severe pneumonia. They died long before scientists arrived on scene, so no direct connection to MojV was confirmed.

台湾では動物からヒトに感染する新型の致死的なヘニパウイルスの蔓延の可能性に備えている。

中国で少なくとも35人が動物からヒトに感染する新型のヘニパウイルスに感染したことが明らかになり、隣接の台湾では危険な病原体であることに警鐘が鳴らされている。

台湾の研究所はLangya henipavirus (LayV) を特定するために標準的な検査方法を確立する必要があると、台湾の疾病管理センター(CDC)の副所長Chuang Jen-hsiang氏は日曜日に記者団に語った。このウイルスのゲノム配列の解読は1週間以内に完了する見込みであるとのことである。

荘は、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌が、中国の山東省と河南省で検出された新発見のウイルスに関する研究を掲載した3日後にコメントを発表した。感染者全員に高熱があり、少なくとも半数は疲労、咳、食欲不振、白血球の減少を経験している。

3分の1以上の患者が肝不全になり、8%が腎不全になった。この研究では、LayVはパラミクソウイルス科のマイナス鎖RNAウイルスに属し、"致命的な病気 "を引き起こす可能性があるという。その出現は、世界中の公衆衛生当局が、640万人以上の死者を出したとされるCovid-19のパンデミックにまだ対処しているときに起こったものだ。

研究者によれば、この病原体がヒトからヒトへ広がるかどうかはまだわかっていない。被災地の動物を検査したところ、犬の5%とヤギの2%が感染していることが判明した。27%が陽性であったことから、サルもLayVの重要なキャリアである可能性がある。

Chuang氏によると、35人の感染者のうち、互いに密接な接触や共通の被曝歴がある者はいなかった。接触者追跡の結果、感染者の家族や他の人がウイルスに感染していないことが判明した。

台湾CDCは農業規制当局と協力して、台湾の自治領である島の固有種に同様の病原体が存在するかどうかを調査する予定であると、Chuang氏は述べた。中国での発生は、今のところ死者を出していない、と彼は付け加えた。

中国の研究者は2013年に、Mojiang paramyxovirus(MojV)と呼ばれる新しいヘニパウイルスを発見しました。雲南省の廃銅山に生息するネズミが、このウイルスに感染していることが判明したのです。この鉱山で働いていた3人の男性が重度の肺炎になり、科学者が現場に到着するずっと前に死亡しました。科学者が現場に到着するずっと前に死亡したため、MojVとの直接的な関連は確認されなかった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。一部修正。

ニパウイルス、ヘンドラウイルスなどのヘニパウイルス(HNV)は、南アジア、オーストラリア、アフリカに生息する数種類のフルーツコウモリに感染する。アジアとオーストラリアのヘニパウイルスは、コウモリには無害だが、家畜やヒトに感染すると、急性脳炎や呼吸器疾患を引き起こし、死に至らしめることが多い。アフリカでは、森林伐採が広範囲で進行中で、コウモリとヒトの接触頻度が高まっているが、これまでのところ、アフリカのヘニパウイルスがヒトに感染したという報告はない。
posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月07日

ニューヨークでポリオ





Polio warning issued in US
The New York State Health Department is treating one case as the “tip of the iceberg” after finding the virus in two counties

Hundreds of Americans may be infected with the poliovirus, New York state health authorities claimed on Friday after identifying the virus in wastewater samples in two different counties.

According to State Health Commissioner Dr. Mary Bassett, as earlier polio outbreaks have shown, “New Yorkers should know that for every one case of paralytic polio observed, there may be hundreds of other people infected.”

“Coupled with the latest wastewater findings, the Department is treating the single case of polio as just the tip of the iceberg of much greater potential spread. As we learn more, what we do know is clear: the danger of polio is present in New York today,” Bassett added.

The polio samples were taken from two different locations in Orange County in June and July, as well as one location in Rockland County in July, according to the New York State Department of Health.

In late July, New York health officials identified the first polio case in nearly a decade in the US. The victim was an unnamed 20-year-old man from Rockland County who apparently contracted a vaccine-derived strain of the virus and started experiencing weakness and paralysis.

The authorities noted that the available evidence does not indicate that the man was the source of the transmission, adding that the “investigation into the origin of the virus is ongoing.” They also said they were working to roll out prevention measures, particularly in vaccination clinics, adding that “the best way to keep New York polio-free is to maintain high immunity across the population through vaccination.”

Faced with another potential crisis that could follow in the footsteps of the Covid-19 pandemic and the monkeypox outbreak, the Health Department encouraged those who have not done so to get vaccinated right away. It also said that those who live, work, go to school in, or visit Rockland County, Orange County, and the greater New York metropolitan area are at the highest risk of contracting the virus.

The US eradicated polio in 1979 and had not reported a new case originating within the country since then. Over the past four decades, new infections have been reported only in people who brought the virus from overseas.

Although polio is incurable, it can be prevented through vaccination, the health authorities said. The vaccine is 99% effective in children who receive all the required doses, while around 93% of Americans receive at least three doses by the time they are toddlers.

Polio, or poliomyelitis, is a life-threatening and extremely contagious disease that can be transmitted by individuals who exhibit no symptoms. In the worst cases, it can affect the brain and spinal cord, causing meningitis or paralysis.
ニューヨーク州保健局は、2つの郡でウイルスを発見した後、1つのケースを「氷山の一角」として扱っている

何百人ものアメリカ人がポリオウイルスに感染している可能性があると、ニューヨーク州保健当局が金曜日、2つの異なる郡の排水サンプルからウイルスを検出した後、主張した。

州保健委員会のメリー・バセット博士によれば、以前のポリオの発生が示すように、"ニューヨーカーは、麻痺性ポリオの1例が観察されるごとに、他の数百人の感染者がいる可能性があることを知っておくべき "とのことである。

「最新の下水調査結果も相まって、当局では、今回のポリオの一例は、もっと大きな広がりを見せる可能性のある氷山の一角に過ぎないとして扱っています。さらなる情報が得られるにつれ、現在わかっていることは、ニューヨークにはポリオの危険が存在するということです」とバセット氏は付け加えました。

ニューヨーク州保健局によると、ポリオのサンプルは、6月と7月にオレンジ郡の2カ所から、また7月にはロックランド郡の1カ所から採取されたとのことです。

7月下旬、ニューヨーク州の保健当局は、米国で約10年ぶりにポリオの感染者を確認しました。被害者はロックランド郡の無名の20歳の男性で、ワクチン由来のウイルス株に感染し、衰弱と麻痺を経験するようになったようです。

当局は、入手可能な証拠から、この男性が感染源であるとは言えないと指摘し、"ウイルスの起源に関する調査は継続中である "と付け加えました。また、予防接種クリニックを中心に予防策の展開に取り組んでいるとし、"ニューヨークをポリオフリーにする最善の方法は、ワクチン接種によって住民全体の免疫力を高く維持することである "と付け加えた。

Covid-19のパンデミックやサル痘の流行に続く、もう一つの潜在的危機に直面し、保健省は、まだワクチン接種をしていない人に、すぐにワクチン接種をするように促した。また、ロックランド郡、オレンジ郡、ニューヨーク大都市圏に居住、勤務、通学、訪問する人は、ウイルスに感染するリスクが最も高いとしている。

米国は1979年にポリオを撲滅し、それ以来、国内発の新しい症例は報告されていない。過去40年間、新たな感染者は海外からウイルスを持ち込んだ人のみと報告されています。

ポリオは不治の病であるが、ワクチン接種によって予防することができると保健当局は述べている。ワクチンの効果は99%であり、アメリカでは93%の人が幼児期に3回以上接種している。

ポリオ(小児麻痺)は、生命を脅かす非常に感染力の強い病気であり、症状を示さない人でも感染する可能性があります。最悪の場合、脳と脊髄を侵し、髄膜炎や麻痺を引き起こすこともあります。
Deeplで翻訳

posted by ZUKUNASHI at 05:12| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月06日

体調悪い時 消化が良いのは茶わん蒸しや豆腐



posted by ZUKUNASHI at 23:48| Comment(0) | 健康・病気

性病が増加

posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月03日

スイスでジフテリア発生

posted by ZUKUNASHI at 07:59| Comment(0) | 健康・病気

2022年08月02日

森に行くと、ナチュラルキラー細胞の活動量が60~80%増加


・・・・・

この効果はありそうに感じます。完全な「森の中」でなくても緑の多いところなら同様な効果があるはずです。

私の「歩く楽しさ歩ける喜び」に掲げるコースはみな緑の多い地域です。真冬は、常緑樹、針葉樹の多い地域でないと緑は少なくなりますが、まだ針葉樹林は多いです。

林の中を走る自転車道があればよいのですが、日本では少ないですね。
posted by ZUKUNASHI at 22:04| Comment(0) | 健康・病気

マクドナルド社が販売する食品には強い毒性があり食用には適さない?

posted by ZUKUNASHI at 14:19| Comment(0) | 健康・病気

2022年07月31日

子宮頸がんワクチン その3

※ t_kaseki@t_kaseki
タイトルからしてヤバいんですけど・・・。何考えてんだ?

HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟が発足 「政治が動かさなければ子どもたちの命や子宮が守れない」 https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter @nonbeepandaさんから

※ nekomama@neko08221211氏の2019/12/26のツイート
子宮頚がんワクチンの被害者の多くが、病院に時間をかけて、受診しています
国の指定病院は近くにあっても受診はできません
副反応を認めない、副反応を診療したくないとしか思えない。
医療倫理はどこに?
いや人としての身心のカケラもない
被害を受け止めないかぎり、ワクチンは推進しないで
怒り(ムカッ)

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/1/8のツイート
「世界中で当たり前のようにうたれながら」←初耳ですね。世界でもあちこち問題ニュースで上がっていたよね。

※ kikumaco(2/1ビッグアップル)@kikumaco氏の午前10:56 ・ 2020年1月8日のツイート
厚労省がマスメディア不信をここまであけすけに語るのは珍しいかもしれない。厚労省の弱腰は非難されてしかるべきだけど、岩永さんも問題のあったメディア報道を「名指し非難」するべきなのでは|
HPVワクチン 厚労省はいつ積極的勧奨を再開するのですか?
・・・ははは、これにも非科学のお墨付きが付いた。

※ 高橋千鶴子@chiduko916氏の2015年5月13日のツイート
厚労委員会B副反応を訴える患者たちを、噂、思い込みだときめつけるHPVJAPAN。子宮頸がん制圧目指す専門家会議と連絡先も一緒だ。ワクチン二社から2年で7000万円寄付うけ、元GSK社でワクチンマーケティング部長に講師委託。透明性問われる製薬会社の規律違反では?局長「可能性あり」

※ Mr.S@MrS89715471氏の2020/1/26のツイート
YuHiさんのブログです。
峰宗太郎のバズフィードの記事の『嘘』を早速指摘しています。
このように、子宮頸がんワクチン推進派の連中は、ワクチンを打たせるためなら平気で『嘘』をつきます。
医者だからと信用してしまうと、地獄を見ますので、お気をつけください。

※ YuHiのブログ2020年01月26日
中国産HPVワクチン
先日、中国産のHPVワクチンが認可されたとのことで、ちょっと調べてみた。
調べたサイトは3ヶ所。(ref 省略)
カタログもダウンロードできた。(url 省略)
このワクチンのニュースを聞いた時、一番?だったのは、なぜHPVワクチンには9価まで出てきているのに、ここでまた2価に戻しているのだろうということだった。
調べていくうちにわかったが。
まず、中国本土でHPVワクチンを開始するに当たり、いきなり対象年齢を9〜45歳にしており、該当する女性が3億5400万人いるとのこと。
3億5400万人!
そりゃ、世界中のHPVワクチンが品薄になることでしょう。
で、中国産HPVワクチンだが
・中国のバイテク企業 Innovaxと、どっかの大学との共同研究の成果。
・Innovaxは グラクソスミスクラインとパートナーになっている。
なるほど、つまりCervarixの技術を再利用したということらしい。
だから2価なのだ。
そして、グラクソスミスクラインは、表には出ないが、ここで中国当局と利害関係を一致させた運命共同体になることに成功している。
(引用ここまで、以下はリンク先で)

※ sivad@sivad氏の2020/1/30のツイート
HPVワクチン問題に関心のある方は、ゴールドエイカーの「悪の製薬」おススメですよ。

※ sivad@sivad氏の2020/1/30のツイート
HPVワクチン副反応について、きちんと直接患者を診察し、研究を進めている医師や研究者の専門的見解を学ぶにはこちらがお勧めです。
http://kahyo.com/item/S201611-8

※ こりこ@korimaru0206
HPV vaccines has never been proven to prevent cervical cancer. Many girls and boys all over the world suffer from the side effects of HPV vaccines.

※ 黒崎 未知子@carolynkidman氏の2020/2/1のツイート
久々に
連日の下痢と腹痛に悩まされている
#HPVワクチン 副反応の娘
数日絶食状態です。
おしっこ状態の下痢に体力消耗しています。
かなり良くなっていたのに、
時々
すこーんとやられます。
#子宮頸がん ワクチン #腸内環境

※ t_kaseki@t_kaseki氏の2020/2/5のツイート
こういう扇情的、或いは宣伝っぽいタイトルの記事を書いて肩入れをしておいて全く疑われない思えるのなら鈍いとしか言いようがない。(疑う意味もなさげなので個人的にそういう方向では騒がんが。)
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-kankaku
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/sharonhanley-2
https://buzzfeed.com/jp/naokoiwanag

※ 岩永直子 Naoko Iwanaga@nonbeepanda氏の午前10:08 ・ 2020年2月5日のツイート
HPVワクチンの記事を書くと、「製薬会社から金をもらっているのだろう」と妄想を働かせる人は、なぜそんな発想になるのか不思議です。私は医療記者なのでそんなことはしません。厚労省の委員も、記事を自由に書きたいから謝金を受け取らずに引き受けています。なぜHPVワクチンでだけ言われるのだろう。
・・・ほんとに鈍いね。


※ NANA@omegazeus@nana7770214氏の2020/2/10のツイート
まず、深刻で重層的な副反応症状に長期間に渡って苦しんでいる少女や女性のことを、簡単に「体調不良を生じている子供」という表現に閉じ込めてしまうのは如何なものでしょうかと言わせていただきます。(→)
#HPVワクチン副反応 #深刻な副反応症状

※ ケリー@jpdrkk氏の2020/2/9のツイート
返信先: @nana7770214さん
ワクチン接種後の体調不良を生じている子供のセンセーショナルな映像に惑わされる事なく、未回復の方は接種者の0.005%であるという客観的数字も大切ですね。
画像

※ chriskyogetu@chriskyogetu1氏の2020/2/11のツイート
情報止めたというか、ワクチン被害者は接種費用以上にあてもない治療と援助のないまま高額な金を支払っている。それもこれも被害者はデマと隠蔽し続けた医者とWHOのせい。さっさと認めて改善していけば、今頃公費で打てたかもしれないのにね。子宮頸癌救えないのもみんな被害者無視した隠蔽のせい。

※ 右でも左でもある11.22@pbf8GLqCTLd9lb9氏の2020/2/11のツイート
日経新聞連載「がん社会を診る」で中川恵一氏が、『HPVワクチン 適切な対応を』として、子宮頸がんワクチン宣伝。
名古屋スタディーを肯定的に取り上げ、WHOの見解を出し、HPVワクチン推進に向けて力が入っている。
だが日本の事態を「大騒動」と呼ぶなど、被害者を貶める表現だ。
連載中止せよ。

※ レイジ@sinwanohate氏の2020/2/15のツイート
「厚労省が作成した医師向けのリーフレットの上にはHPVワクチン接種後の認知機能障害(記憶障害等)に関する記載があるにもかかわらず、接種を受けようとする女性やその保護者向けのリーフレットには、接種後の認知機能障害に関する情報が記載されていません。」ひどいな

共同2020/2/18 19:03 (JST)2/18 19:15 (JST)updated
接種勧奨中止で死者1万増と予測
子宮頸がんワクチン、北大
 北海道大などの研究グループは18日、日本での子宮頸がんワクチンの「積極的勧奨」の中止が続いて接種率が1%未満にとどまった場合、70%に維持された場合と比べ、今後50年で死者が1万人前後多いと予測する研究結果を発表した。積極的勧奨の再開を期待するとしている。
 子宮頸がんワクチンを巡っては、接種が原因で副作用が出たとして、接種を受けた女性が国と製薬会社に損害賠償を求める訴訟が各地で起こされている。関口正人弁護士は「副作用への対応をどうするかを無視し、過大な推計に基づいて積極的な勧奨の再開を期待するのは極めて無責任だ」と批判している。

※ sivad@sivad
アルミニウムアジュバントが神経や免疫に悪影響を及ぼす可能性があるというのは、以下のように多数の報告があるごくまともな学術情報です。アルミニウムが害をおよぼすわけない!というのは非科学的なデマなので注意しましょう。

Comparative safety of vaccine adjuvants: a summary of current evidence and future needs
Nikolai Petrovsky1,2
Author information Copyright and License information Disclaimer
The publisher's final edited version of this article is available at Drug Saf
See other articles in PMC that cite the published article.
Go to:
Abstract

Improved use of highly pure antigens to improve vaccine safety has led to reduced vaccine immunogenicity and efficacy. This has led to the need to use adjuvants to improve vaccine immunogenicity. The ideal adjuvant should maximize vaccine immunogenicity without compromising tolerability or safety or posing undue risk. Unfortunately, adjuvant research has lagged behind other vaccine areas such as antigen discovery, with the consequence that only a very limited number of adjuvants based on aluminum salts, monophosphoryl lipid A and oil emulsions are currently approved for human use. Recent strategic initiatives to support adjuvant development by the National Institutes of Health should translate into greater adjuvant choices in the future. Mechanistic studies have been valuable in better understanding adjuvant action but mechanisms of adjuvant toxicity are less well understood. The inflammatory or danger-signal model of adjuvant action implies that increased vaccine reactogenicity is the inevitable price for improved immunogenicity. Hence, adjuvant reactogenicity may be avoidable only if it is possible to separate inflammation from adjuvant action. The biggest remaining challenge in the adjuvant field is to decipher the potential relationship between adjuvants and rare vaccine adverse reactions such as narcolepsy, macrophagic myofasciitis or Alzheimer’s disease. While existing adjuvants based on aluminum salts have a strong safety record, there is an ongoing need for new adjuvants and for more intensive research into adjuvants and their effects.

※ yuuki@yuukim氏の午後0:01 ・ 2020年2月26日のツイート
ワイドスクランブル
村中璃子「新型コロナは初期は風邪と変わらない、なので4日は待っていい確実な期間、フライングして慌てて受診しなくていい」「今、インフルエンザより感染力低いんじゃないかと見られています、そうそう簡単に感染しない」
杉村太蔵「先生の話を聞いて安心した」
(゜-゜)?
・・・子宮頸がんワクチンでも新コロナウィルスでも嘘ばかりだ。人格的に問題ありでは?何でこんなのがテレビに出てくる。テレビも製薬会社からカネをもらっている? でもやればやるほど、嘘がばれていく、信用できないことがわかっていくと思う。エージェントのウソを集めて海外に発信、子宮頸がんワクチンの問題点を訴えていきましょう。

※ sivad@sivad氏の2020/2/29のツイート
WHOはワクチン忌避の理由として、”lack of confidence”、つまり信頼性の欠如を挙げています。副反応被害者や副反応研究者を誹謗する村中璃子氏らのような言動こそ「反ワクチン」ということですね。副反応を認めて信頼性の高い医療体制を作りましょう。

※ 内田@uchida_kawasaki氏の2020/3/4のツイート
村中璃子、本名で検索しても医師等資格確認サイトで、出てこないんだよね。ふっしぎ〜

※ くろやす@kuroyasu17
村中璃子がまともな医者で常識のある人間なら、カリフォルニア沖のクルーズ船に助言はしてもこうは言わないだろう。
こういう奴を、珍重してコメント求めたりするのは愚行だ。
引用ツイート
村中璃子 RIKO MURANAKA@rikomrnk ・ 3月6日
日本はベストを尽くしても世界から批判を浴びたクルーズ船対応だが、米CDCのお手並拝見。
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukam

※ あぶどーら@gucci20191氏の2020/3/8のツイート
村中璃子(中村理子)氏は2009年の新型インフルエンザにも関与した宣伝屋(子宮頸がんワクチン)

村中璃子(中村理子)氏は2009年の新型インフルエンザにも関与した宣伝屋(子宮頸がんワクチン)
2016-03-26
中村理子氏は、新型インフルエンザの宣伝番組にも出演してました。
今見ると、ドキュメント番組に偽装した薬屋の宣伝番組です。
感染拡大 WHO女性監視官は見た 緊急特集 ドキュメンタリ宣言(2009.5.25)
・・・今はもう48歳くらい? そりゃ、もう恥ずかしいことなんかないよね。

※ Mustapha(ムスターファ)@kibounohoppe氏の2020/3/9のツイート
何故、こんな迷惑な人をテレビ局は平然と出してるの?
各局、人選を誤ってます
#村中璃子
1年前の2019年3月26日に東京地裁が出した原告の全面勝訴判決に出版社のウェッジ社と編集長の大江紀洋さんが従って賠償金を払い、謝罪広告を出したりしたことで、
(続く)

さくら通り法律事務所
2020-03-09
対「村中璃子」裁判が終結しました

※ はいほ☻ーる@syannyaroo氏の2020/3/10のツイート
被害者を診察もせずにクララ病、親をミュンヒハウゼン症候群と言い放った #村中璃子 がテレビに出る度に心をエグラレル様に傷ついている被害者が居る
それでもテレビは出演させ続ける
これはテレビによる被害者への虐待とも取れるのではないか
司法での判決も無視しているテレビ業界とは一体なんなのか



※ chriskyogetu@chriskyogetu1氏の2020/4/8のツイート
追記: あと京都大学大学院の医学系、理系にも確認取りましたが該当する人物はいないとのことです。授業はやってるはずだからそんなはずないのですが。

※ sivad@sivad氏の2020/4/8のツイート
返信先: @chriskyogetu1さん
村中璃子は医学系研究科 松田文彦教授が担当の「ゲノム科学と医療」という授業の中の「科学研究の成果をいかに伝えるか」という集中講義をやると2020年度シラバスにありますね

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/13のツイート
2010年子宮頸がんHPVワクチン・ガーダシルの副作用が欧米で問題になり、販売が困難に。ゲイツは国連に呼びかけ、HPVワクチンの世界での実施をキャンペーン。2012年、日本と新興国でワクチンが接種されたお蔭で、メレクの株は35%上昇。すでに問題になったワクチンを実施!
https://globalresearch.ca/big-pharma-and



※ ナカムラクリニック@nakamuraclinic8氏の2020/4/18のツイート
「メルク社がHPVワクチンを押しまくってた頃、米国では25歳以下で子宮頸癌で亡くなったのは合計8人だった。
一方、HPVワクチンの副作用で死亡または重篤な後遺症を患ったのは何人か?数万人である。
これははっきり犯罪であり、信じられないことに、いまだにこのワクチンは販売中である」
おー、怖
疲れた顔

※ 瀬川深 Segawa Shin@segawashin氏の2020/4/27のツイート
三浦瑠璃などもそうだけど、コロナ禍の初期から「PCRなんて無駄コロナなんて寝てれば治る。それに引き替えHPVは」と全然関係もなければ不要不急のワクチンを執拗に勧めてくるあたり、信念を持った馬鹿としか言いようがない。それにしてもHPVワクチン推進とPCRで医療崩壊クラスタ、綺麗に重なるよな…。

※ sivad@sivad氏の2020/4/27のツイート
HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』
副反応対策も重要です。
https://jstage.jst.go.jp/article/jsnt/3

※ 善川チャーリ@GoodBye_Nuclear氏の2020/4/27のツイート
「肺炎に対する抗体」 #村中璃子 さんが発見したそうです。

※ Atsuko TAMADA@atsukotamada氏の2020/5/3のツイート
村中璃子は一橋の同級生。数年前からHPVワクチンの副反応被害者や支援者、専門の医師を『ウェッジ』というJR東海の雑誌で攻撃していたのを、私も被害者の側について批判をしてきたつもり。一橋が当時HQという同窓会誌で取り上げたことについても編集委員の先生に問題が大きいと伝えた。

BuzzFeed Japan 2020/5/20(水) 17:54配信
「9価ワクチン承認後は速やかに定期接種に」 自民党のHPV議連が訴える
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)への感染を予防するHPVワクチン。日本では毎年約1万1000人が新たに発症し、3000人が死亡しているが、公費で受けられる定期接種となっているにも関わらず、積極的に勧めるのが差し控えられて約7年となる。この間、接種率は1%未満に落ち込んでいる。【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】
自民党の「HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟」(細田博之会長)の役員会が5月20日に開かれ、9種類のHPVへの感染を防ぐ「9価ワクチン」承認後の速やかな定期接種化などを求めることで合意した。
終了後、呼びかけ人で子宮頸がんの経験がある参議院議員三原じゅん子氏は、「新型コロナウイルス対策で大変なこういう時だからこそ、みなさんにワクチンの重要性というものを改めて考えていただける機会にしていただきたい」と、ワクチンで病気を予防できることの大事さを訴えた。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/5/23のツイート
アメリカでロビー活動に最も資金を出しているのが、メガ製薬会社。軍需産業より多額だと言われている。同じ金で、被害者を黙らせようとしている? 被害者を攻撃するなど、人間じゃない。村中璃子も!

※ こりこ@korimaru0206氏の2020/5/25のツイート
WHOのデータベースに登録されている人は氷山の一角で実際はこの10倍と言われている。
日本人が登録されているのかは不明。医療システムすらないアフリカや発展途上国からの報告はほとんどない。それでもHPVワクチン接種後報告はあっという間に10万人を超えてしまった。
#HPVワクチン薬害

※ こりこ@korimaru0206氏の2019年9月19日のツイート
WHO副反応データベースVigiAccessより
HPVワクチン
[目の障害 ]
視覚障害(1161)
かすみ目(1125)
視界不良(867)
視線麻痺(392)
眼球運動障害(350)
目の痛み(325)
複視(221)
失明(212)
散瞳(157)
視力低下(147)
まぶたの浮腫(132)
一時的な失明(96)
http://vigiaccess.org
午前7:24 ・ 2019年9月19日

※ sivad@sivad氏の2020/5/25のツイート
HPVワクチン問題に関心のある方は、ゴールドエイカーの「悪の製薬」おススメですよ。

悪の製薬: 製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること (日本語) 単行本 – 2015/5/25

※ こりこ@korimaru0206氏の2020/6/4のツイート
「3,000人が命を落とす子宮頸がんはHPVワクチンによって多くが予防可能」
本当でしょうか?
HPVワクチンが世に出て10年以上経ちますが、未だに、世界中で、子宮頸がん死を防いだというエビデンスは見当たりません。
死亡者3,000人の80%以上がワクチンではなく定期検診を推奨される中高齢者ですよね?

※ Change.org Japan@change_jpの2020/6/4のツイート
子宮頸がん予防ワクチン 無料接種年齢の拡大求める署名14,800を突破|http://Change.org Japan(チェンジ・ドット・オーグ) #note #オンライン署名 #HPVワクチン #子宮頸がん
https://note.com/change_jp/n/n5

※ はいほ☻ーる 鍵垢知らん人無理@syannyaroo氏の2020/6/5のツイート
返信先: @korimaru0206さん
そうですよね
10年ではデータ取れてないってことですね
なんも出てないでしょう発表とか
この署名の面々は発表なさらないのかしら
効果あると仰るなら発表されたらよろしいのに...


posted by ZUKUNASHI at 18:27| Comment(8) | 健康・病気

2022年07月27日

マールブルグ・ウイルス














posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(0) | 健康・病気

2022年07月25日

クリミア・コンゴ出血熱がスペインに上陸

posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | 健康・病気

2022年07月14日

タンザニア、謎の病気で3人が死亡


タンザニアは3人が死亡した後、謎の病気を調査します

タンザニアは、3人の命を奪った謎の病気を調査するために医師と健康の専門家のチームを派遣した、と政府は水曜日に言った。

この病気の症状には、発熱、頭痛、倦怠感、鼻血などがあります、と政府の最高医療責任者であるAifelloSichalweは声明で述べています。

これまでに、リンディの南東部で13人の症例が報告されており、そのうち3人が死亡した。

Sichalweは、患者はCOVID-19だけでなく、エボラ出血熱とマールブルグ熱についても陰性であったと述べた。

他の患者が隔離されている間に、患者の1人は完全に回復したと彼は言った。

「政府は、この未知の病気をまだ調査している専門家のチームを結成した」と彼は付け加え、地域の人々に落ち着きを保つよう呼びかけた。

ガーナは先週、エボラ出血熱と同じ家族に属し、高熱や内出血、外出血などの症状があるマールブルグウイルスの疑いのある2例を報告しました。

タンザニアのサミア・スルフ・ハッサン大統領は火曜日に、リンディで報告された「奇妙な」病気は、環境悪化の結果としての人間と野生動物の間の「成長する相互作用」によって引き起こされた可能性があると述べた。
posted by ZUKUNASHI at 12:05| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月29日

食べ物を肌に塗っちゃダメ

posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月24日

「ハーゲンダッツ」から発がん性物質



・・・・・

なんでフランス産が香港と台湾に出回っている? フランスでは汚染がわかっていて極東に流した?

フランス産チーズも汚染の危険性があります。
posted by ZUKUNASHI at 00:27| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月23日

ロンドンの下水からポリオウィルス検出





UK raises alarm over deadly virus detection
Officials have warned of community spread after traces of poliovirus were found in London sewage
Traces of the virus causing poliomyelitis have been found in sewage samples in north and east London, the UK Health Security Agency (UKHSA) said on Wednesday. The authorities believe the virus was derived from a live vaccine still used in some countries and brought to the UK by a traveler from abroad. While no incidents of community spread have yet been found, health officials warn that it is “likely.”

The virus was identified as vaccine-derived poliovirus type 2 (VDPV2) and was detected several times between February and May at the London Beckton Sewage Treatment Works in Newham.

UKHSA officials say the virus samples are “closely related” but from different people, and that the virus has mutated twice already, suggesting community spread.

Health officials are trying to locate individuals who may have been infected and say the overall risk to the public is “extremely low.”

Britain was officially declared polio-free in 2003, but visitors from abroad sometimes carry the virus. If community spread is detected, it would be the first domestic polio infection in the UK since 1984.

British children normally take three doses of the polio vaccine at an early age. While the national vaccination rate is over 92%, London lags behind with just under 87%, however. The oral vaccine still used in some countries where the disease has not been fully eradicated might be the culprit in this case, with a traveler “shedding” the weakened virus.

Two out of three strains of “wild” polio have been eradicated across much of the world thanks to an aggressive vaccination campaign. The last case of Type 2 was detected in 1999, and the last instance of Type 3 was in 2012. However, Type 1 wild polio remains endemic in Afghanistan and Pakistan.

Poliovirus can spread through droplets or direct contact with feces-contaminated surfaces. Most of the people infected show no symptoms, with about 25% manifesting flu-like aches and pains. About one to five in 1,000 can develop more serious symptoms, as the virus attacks the brain and the spinal cord. In a small number of cases, the virus affects the muscles, leading to paralysis and permanent disability – or death, in the cases where muscles that help people breathe are affected.
ロンドンの下水からポリオウイルスの痕跡が発見され、当局は地域社会への拡散を警告しています。
英国保健安全局(UKHSA)は2日、ロンドン北部と東部の下水からポリオの原因となるウイルスの痕跡が見つかったと発表した。当局は、このウイルスは現在も一部の国で使用されている生ワクチンに由来し、海外からの旅行者が英国に持ち込んだとみている。地域社会で広がった事例はまだ見つかっていないが、保健当局は「可能性がある」と警告している。

ウイルスはワクチン由来ポリオウイルス2型(VDPV2)と確認され、2月から5月にかけて、ニューハムのロンドンベックトン下水処理場で数回検出された。

UKHSAの職員は、ウイルスサンプルは「密接に関連」しているが、異なる人からのものであり、ウイルスはすでに2回変異しており、地域社会での広がりを示唆していると述べている。

保健当局は、感染した可能性のある人物を探し出そうとしており、一般市民へのリスクは全体的に "極めて低い "と述べている。

英国は2003年に公式にポリオ無発生を宣言したが、海外からの訪問者がウイルスを保有していることもある。もし地域社会での感染が確認されれば、1984年以来、英国で初めての国内ポリオ感染となる。

英国の子供たちは通常、幼少期にポリオワクチンを3回接種する。しかし、全国的な接種率が92%以上であるのに対し、ロンドンは87%弱と遅れをとっている。まだ撲滅されていない一部の国で使われている経口ワクチンが、今回は旅行者が弱ったウイルスを「排出」したことが原因かもしれない。

野生型」ポリオの3つの株のうち2つは、積極的なワクチン接種キャンペーンのおかげで、世界の大部分で根絶されました。2型は1999年に、3型は2012年に、それぞれ最後の感染者が確認されています。しかし、アフガニスタンとパキスタンでは、現在も1型の野生株ポリオが流行しています。

ポリオウイルスは、飛沫や糞便に汚染された表面への直接接触により感染します。感染者の多くは症状を示しませんが、約25%はインフルエンザのような痛みや不快感を示します。1,000人に1人から5人は、ウイルスが脳や脊髄を攻撃するため、より深刻な症状を引き起こす可能性があります。ごく一部のケースでは、ウイルスが筋肉を侵し、麻痺や後遺症が残ったり、呼吸を助ける筋肉が侵された場合は死に至ることもあります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 07:21| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月11日

ラムゼイハント症候群

Ramsay Hunt syndrome:顔面半側の神経麻痺が生ずる。
ラムゼイハント症候群の原因は、「水ぼうそう」や「帯状疱疹」のウイルス

posted by ZUKUNASHI at 15:45| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月10日

臨床薬物試験の直腸がん患者の全員が実験的な免疫療法を受けてがんが寛解

Experimental drug cures 100% of patients of cancer – study
Small cancer drug trial sees all 12 rectal cancer patients completely cured

Every rectal cancer patient in a small clinical drug trial conducted by New York’s Memorial Sloan Kettering Cancer Center has seen their cancer go into remission after receiving an experimental immunotherapy treatment. The findings were published by researchers in the New England Journal of Medicine on June 5th.

One of the participants in the trial, Sascha Roth, told the New York Times that she was preparing to travel to Manhattan for weeks of radiation therapy when the results from Memorial Sloan Kettering came in, informing her that she was now cancer-free.

“I told my family. They didn’t believe me,” said Roth.

The same thing happened for the other patients who took part in the trial, as the cancer seemed to have vanished in every single one of them and was undetectable by a physical exam, endoscopy, PET, or MRI scans.

One of the authors of the paper detailing the trial, Dr. Luis A. Diaz Jr. of Memorial Sloan Kettering Cancer Center, told the NYT that he knew of no other study in which a treatment completely obliterated a cancer in every patient.

“I believe this is the first time this has happened in the history of cancer,” he said.

All of the patients had locally advanced rectal cancer - which means that tumors had spread in the rectum and sometimes to the lymph nodes but not to other organs – as well as a rare genetic mutation called mismatch repair deficiency (MMRd).

They were given six months of treatment with an immunotherapy drug called Dostarlimab, from the pharmaceutical company GlaxoSmithKline, which helped fund the research. The drug reportedly costs about $11,000 per dose and was administered to each patient every three weeks for six months.

As explained by CBS News medical contributor Dr. David Agus, the drug works by exposing cancer cells so the immune system can identify and destroy them. “This new treatment is a type of immunotherapy, a treatment that blocks the ‘don't eat me’ signal on cancer cells enabling the immune system to eliminate them,” he said.

The trial patients continued to show no signs of cancer even after six or more months of follow ups, which meant that they no longer needed standard cancer treatments such as surgery, radiation or chemotherapy. The cancer has reportedly not returned in any of the patients, who have now been cancer-free for a range of six to 25 months after the trial ended.
ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターが実施した小規模な臨床薬物試験の直腸がん患者の全員が、実験的な免疫療法を受けた後、がんが寛解している。この研究結果は、6月5日付の『New England Journal of Medicine』誌に研究者らによって発表された。

試験参加者の一人であるサッシャ・ロートさんは、ニューヨーク・タイムズ紙に、数週間の放射線治療のためにマンハッタンに行く準備をしていたところ、メモリアル・スローン・ケタリングから結果が届き、癌がなくなったことを知らされたと語った。

「家族に話したんだ。信じてもらえなかった」とロスは言った。

この試験に参加した他の患者も同様で、一人残らずがんが消えたように見え、健康診断、内視鏡検査、PET、MRI検査でも検出されなかったという。

この臨床試験を詳述した論文の著者の一人であるメモリアル・スローン・ケタリング癌センターのルイス・A・ディアス・ジュニア博士は、NYTに対し、ある治療法がすべての患者の癌を完全に消滅させたという研究は他にないと語っている。

「これは癌の歴史上初めてのことだと思います」と語った。

患者は全員、局所進行直腸癌、つまり腫瘍が直腸や時にはリンパ節に広がっているが他の臓器には広がっていない状態であり、さらにミスマッチ修復欠損症(MMRd)という珍しい遺伝子変異を有していたのである。

彼らは、研究資金を援助した製薬会社グラクソ・スミスクラインのドスタリマブと呼ばれる免疫療法薬で6ヶ月間の治療を受けた。この薬は1回あたり約11,000ドルで、各患者に3週間ごとに6カ月間投与されたと伝えられている。

CBSニュースの医療寄稿者であるDavid Agus博士が説明するように、この薬は癌細胞を露出させて、免疫系がそれを識別して破壊できるようにすることで機能するのである。この新しい治療法は、免疫療法の一種であり、がん細胞の "私を食べないで "という信号を遮断して、免疫システムががん細胞を排除できるようにする治療法です」と、彼は述べています。

この治験では、6カ月以上の経過観察後もがんの兆候は見られず、手術や放射線、化学療法などの標準的ながん治療が不要になった。現在、試験終了後6カ月から25カ月の範囲で、どの患者さんもがんが再発しなかったと報告されています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 13:32| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月09日

中国はどこよりも早く、安くがんを治している



posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | 健康・病気