社会・経済: ずくなしの冷や水

2016年12月07日

年度末65歳定年失業、年金なし、家族なし、カネなし これからどうすんだ

このブログを見ている方には、あまりご関心がないでしょうけど、管理人より少し若い世代には年金受給資格なしの人が極めて多いです。

下流老人なるが故にそういう人達の窮状と展望のない明日が伝わってきます。

管理人が中学生の頃には集団就職がありました。その後も高度成長期には地方から若い人が続々と大都会に流れ込み、就職しましたが、大きな企業に勤める人もいれば、個人経営の飲食店や商店で働いた人もいます。

特に後者の人々は、途中で職探しを余儀なくされることが多く、年金をかけていなかった人が多数派です。未婚の男性も多いです。

団塊の世代が続々と65歳の定年年齢を超えつつあります。65歳を超えると就業の場を確保することが極めて難しくなります。パートの募集では、年齢65歳までと書かれている場合が多く、65歳以前に勤め始め継続勤務が可能な勤め先でないと、65歳を超えて働き続けるのは難しいです。

知人が65歳の定年に近づき年金を確認したら支給なしと分かったと言ってきました。蓄えはありません。年度末で今の勤めも終わりになります。

どーすんだ! 早く次の職探しをしろと伝えましたが、本人は楽な仕事しか、頭にないようです。道路工事の交通整理などですとかなり高齢まで働けるのですが、仕事はきついです。朝早く、終業も遅くなることもあります。それに暑さ、寒さ、強風、降雨。

知人に勤まるだろうかと心配しつつ、あれこれ私の知ることを告げました。

そして返ってきた言葉は、生活保護を申請すると。

うーん、まだ働ける人はそう簡単に生活保護認めてくれるかなあ? 東京都は65歳を越えたら、比較的容易に認めてくれるらしいが。

知人の割り切りに少し驚きました。彼より若い世代はもっとドライなんでしょう。若い方にも年金掛け金払っていない人は多いです。国の年金制度は信用できないと。

生活保護を申請する方は急激に増えるのではないでしょうか。年金受給に必要な掛け金払い込み済み期間を短縮するのは良いことだと思いますが、それだけでは問題は解決しないでしょう。

※ 共同2016/11/2
厚生労働省は2日、全国で生活保護を受給している家庭は8月時点で、前月から1877世帯増え、163万6636世帯となったと発表した。厚労省によると、5カ月ぶりに過去最多を更新した。高齢者の単身世帯の増加が要因とみられる。一方、受給している人も1071人増え、214万6143人となった。
 世帯別(一時的な保護停止を除く)では、単身者が大半を占める65歳以上の高齢者世帯が前月より1174世帯増え、83万4621世帯となった。前月同様、全体の5割を超え、過去最多となった。

※ cokage ‏@cokagemaru 氏の2016/12/6のツイート
今、厚生年金や共済年金を受け取って暮らしている世代の多くが「今だけ金だけ自分だけ」。自分達がそこそこまともに暮らせているから、若者の現状や将来に関心がない。というか、知ろうとしない。「私たちは十分働いてきた。だから年金貰えて当然。今の若い人は大変ねえ」とまるで他人事。

※ 朝日2016/12/7
国民年金の保険料を滞納している人のうち9割以上が、所得が低いため申請すれば支払いの一部もしくは全額を免除される可能性が高いことが分かった。6日の参院厚生労働委員会で、日本維新の会の東徹氏の質問に塩崎恭久厚労相らが明らかにした。
 厚労省は低迷する納付率を上げるため滞納者への強制徴収を進めているが、低所得者に対する強制徴収は「現実的に困難」(塩崎氏)という。
 国民年金保険料を2年間以上滞納している人は2015年度末で約206万人に上る。厚労省は年間所得が350万円以上の滞納者を強制徴収の対象としているが、来年度以降は300万円以上に拡大する。
 しかし、厚労省の実態調査では年間所得300万円未満が94%を占め、300万〜350万円が2%、350万円以上は4%にとどまる。厚労省は「対象者のうち相当数が督促済み。強制徴収できる対象者はかなり限定的だ」としている。
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | 社会・経済

2016年11月29日

マネキン・チャレンジご存知ですか 今流行です

管理人は、この Mannequin Challengeという言葉をテロリストの一味なのに救護活動をする国際NGOと偽るホワイトヘルメットのビデオで知りました。

ホワイトヘルメットがプロパガンダビデオを作って流したのですが、編集のミスでキュー(撮影開始の合図)が出るまで怪我人と救助者がじっとしているところまで含めて流したのです。

そのビデオをRTが取り上げ、「ホワイトヘルメットのマネキンチャレンジ」と揶揄したのです。

怪我人の代りにマネキンを使ったというのではありません。撮影される間被写体はフリーズ、静止しており、カメラのほうが活発に動き回る、そういうビデオ手法が「マネキンチャレンジ」と呼ばれ、流行っているのです。

The Mannequin Challenge is a viral Internet video trend where people remain frozen in action like mannequins while a video is recorded, usually with the song とWikipediaにあります。

ロシアの地下鉄の「マネキンチャレンジ」などがRTのこの記事にあります。
#MannequinChallenge in Moscow: Metro Station frozen in time (VIDEO)

ホワイトヘルメットの「マネキンチャレンジ」はこちら。
'WTF White Helmets': Bizarre ‘mannequin challenge’ in Syrian warzone (VIDEO)

東京などでは、一人で道に倒れていたり、壁にもたれたまま動かなかったりする人がいますが、個人で「マネキンチャレンジ」をやっているわけではありません。

どうぞ見かけたら、やさしく声をかけてやてください。

「キュー」を待っているの? それとも具合が悪いの? と
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(0) | 社会・経済

2016年11月26日

人形送り オウシュウサマ

千葉市の南部を歩いていると、ときどき見かけます。人形送りに使うわら人形でしょう。疫病や害虫を駆除する呪法として,春から夏にかけて行われる行事のようです。近くで畑を耕していた人に尋ねましたが、ご存知ありませんでした。



千葉市の北部で


オウシュウサマと言い、出羽三山に参詣する人達の信仰だそうです。悪魔払いのようなものと聞きましたがよく分かりません。同じ物を川にも立てるそうです。

稲作の病虫害の予防は、お札を立てるのでこれとは異なるとか。教えてくれた方も出羽三山におまいりしたそうですが、どこまで信じておられるのかと思わせられるほどにクールでした。
posted by ZUKUNASHI at 20:46| Comment(0) | 社会・経済

2016年11月14日

陸の孤島は姨捨団地

千葉市若葉区の現地調査も5回を数えました。緑が多く、徘徊には最適。難点は交通の便が悪いことですが、それゆえに自然が残されているということなのでしょう。

2016/11/13も徘徊して午後3時半過ぎに千城台駅の近くまでたどり着きました。スーパーのベンチで一休み、隣におられた男性と話しました。

男性は、そのスーパーの前にある県営住宅団地にお住まいなのだそうです。エレベーターなしの5階建て。「年寄りばっかりだよ」

少し向うに市営住宅もありますね。「あそこも年寄りばかり」

スーパーはここ以外に他にもあるんですか? 「駅前のビルにあるがここと同じくらいの広さかな。ここに車で来ている人は、国道(東金街道)の南から来ている人がほとんどだ」 このスーパーは広い平面駐車場があります。

東金街道の南には、大宮団地という大きな団地がありますが。「あそこは陸の孤島だよ」

モノレールがあっても終点の千城台から離れたところに住宅も多いですね。地元に職場があって車で通えればいいですが、若い人はバス、モノレール、電車と乗り継いで通勤するのは大変でしょう。外に出て行ってしまうかもしれませんね。「大宮団地などは空き家が多い。バスの便は少し良くなったが、交通費が高くて困るよ。モノレールはこの辺まで来るはずだったが、予算がなくて千城台までになった」

位置関係です。管理人は鎌取駅から京葉CC、京成団地、赤字で千城台から1.6kmと書いてある地点(急な階段があります)を経て千城台まで歩きました。


次の地図には小学校を落としてみました。大宮団地の中に小学校が一つあります。京成団地の周りに小学校がありません。大宮台小学校に通ったのでしょうか。ゴルフ場の中の道を通っても1.9kmほどもあります。

今大宮台小学校は、1学年1クラス多くて20人ほどの生徒しかいないそうです。なんでこんなところに小学校を作ったのでしょう。

若葉区の人口です。福島第一原発事故直後までは増加傾向が続きましたが、その後減少に転じ、最近になってまた少し増加傾向です。


次のグラフで見ると、2009年以降の自然減と社会増の累積値がほぼ拮抗するところまで来ています。自然減累積値はさらに増えるでしょう。社会増減がどうなるか。老人は住み続けるのではないかと見られます。


若葉区は、都賀駅から比較的近いところは若い方の流入もあるのでしょうが、この先先駆的な団地を中心に高齢化が進み、自然減が強まるでしょう。それを補う社会増がなければ、人口は減少速度を強め、不動産価格も低落していくのではないかと見られます。

千葉県では、千葉市、八千代市、市原市などに駅から少し遠い大きな団地があります。それらはこれから同じような変化を辿ると見込まれます。

・・・・・

ネットスーパー流行るかもしれません。

・・・・・

2016/11/14、千葉市の2016/10月分人口動態が公表されました。死亡数の12ヶ月移動平均はまた上がっています。


大気汚染測定用ろ紙の放射性物質濃度から




山王小学校と千城台北小学校で大きな差があります。その中間が都賀駅周辺。山王小学校のピーク値は、我孫子や印西よりも高くなっています。千葉市1区(中央区、稲毛区、美浜区)の人口動態指標が悪いのは初期吸気被曝が多かったということを示すのかもしれません。山王小学校は稲毛区の北部にあります。



(初出 2016-11-13 23:33:29 追記11/14)
posted by ZUKUNASHI at 12:17| Comment(0) | 社会・経済

2016年10月31日

はじめて見ましたハロウィン


2016/10/30市川市内で。いろいろな意見がありますね。

※ U ‏@wayofthewind 氏の2016/10/29のツイート
ハロウィンもクリスマスもバレンタインデーも、電通が煽り、財閥が潤い、国民はひたすら腑抜けていくだけの催しなんですよね(笑)
舶来モノを広めることで、既存の文化や風習を破壊していくという目的にも気づかない。
posted by ZUKUNASHI at 09:03| Comment(0) | 社会・経済

2016年10月23日

72yo retired Japanese soldier blows himself up in park, injuring 3 people

RT2016/10/23
At least two nearly simultaneous blasts rocked the Japanese city of Utsunomiy north of Tokyo on Sunday. One was caused by an elderly man who blew himself up in an apparent suicide, injuring three people in a park where a festival was underway in the process.

A camera at NHK broadcaster’s Utsunomiya station recorded the sound of several explosions taking place one after another at around 11:30am local time. An aerial shot from an NHK helicopter shows two burned cars parked next to each other in the parking lot, one of which belonged to the 72-year-old retired soldier. Police say they discovered a suicide note written by the man.
posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | 社会・経済

2016年10月22日

SNSの一部が使いづらくなっているそうです

DNSサーバーへのサイバーアタックとか。

DNSサーバ(ディーエヌエスサーバ)は、Domain Name System を担うコンピュータやサーバソフトウェアのことで、例えば、 ”http://inventsolitude.sblo.jp/”のサーバーがネット上のどこにあるかを記録していて、照会があれば教えてくれる仕組みになっています。

Spotify, Twitter among major sites to suffer outages due to cyber-attack  http://on.rt.com/7sl6

ツイッター確認しましたが、特に接続できないということもありませでした。

深夜になってRTなどの表示が遅くなっています。
posted by ZUKUNASHI at 01:22| Comment(0) | 社会・経済

2016年10月17日

新潟日報電子版 2016/10/17午前0時過ぎの見出し

2016/10/17、日付けが変わって間もない時間の新潟日報電子版の見出し。知事選挙結果は21時過ぎの速報のみ。



ショックの大きさがありありと。分かってもらえますね、管理人が日ごろ言っていること。
posted by ZUKUNASHI at 00:26| Comment(3) | 社会・経済

2016年10月13日

HSBCが株価急落を警告

RT2016/10/13
HSBC issues 'red alert' of severe stock market crash

The technical analysis team at HSBC is warning recent stock market moves look eerily similar to just before 1987’s ‘Black Monday’, which saw the largest one-day market crash in history.

On October 19, 1987, the Dow Jones Industrial Average which comprises the 30 large US publicly traded companies, lost 22.6 percent of its value.

In a note to clients released Wednesday, Murray Gunn, the head of technical analysis for HSBC, said he was on red alert for an imminent sell-off in stocks in the light of the price action over the past few weeks.

"With the US stock market selling off aggressively on October 11, we now issue a RED ALERT. The possibility of a severe fall in the stock market is now very high," Gunn wrote.

Other financial firms have also issued red alert warnings. Citigroup told clients that investors aren't adequately hedging US election risk. The managing director at Citi Thomas Fitzpatrick has also pointed at the market's similarities to the 1987 crash.

The volatility has continued to rise since the end of the summer and the recent sell-off was seen across many areas of the market, and not just selected groups, according to the HSBC analyst.

Last month, Gunn warned stocks were under an "orange alert." Following the Dow Jones’ 200-point decline on Tuesday, Gunn threw up the ultimate warning signal, saying the drop is here.

The key levels that HSBC team is watching are 17,992 in the Dow Jones Industrial Average and 2,116 in the S&P 500.
posted by ZUKUNASHI at 20:59| Comment(0) | 社会・経済

2016年10月06日

1人住まいの老人宅にはモニターカメラを

※ Yuka ‏@yukadream0511 氏の2016/10/1のツイート
私のおばあちゃんはヘルパーサービスを受けています。でも、毎週買い物に行き食材を補充しようととしても野菜が傷んでいたり、食材がカビていたり。まともに使っていただいていません。おばあちゃんは物忘れが酷くなってきています。食事は食べたと言っていますが、何一つ減っていません。

・・・引用終わり・・・

何食べているんだろう。外から買ってきているのだろうか。その方がヘルパーは楽。

今は、モニターカメラによる記録は難しくない。インターネット経由の遠隔地リアルタイムモニタリングもできる。

必要な時代になったのかも。
posted by ZUKUNASHI at 12:04| Comment(0) | 社会・経済

2016年10月01日

太陽の巨大なコロナホールが地球に向き 太陽嵐が通信や電気システムに障害を与える恐れ

RT2016/9/30
Massive ‘coronal hole’ on the sun blasts Earth with solar storms

A massive coronal hole on the sun is currently facing Earth, directing a solar storm at our planet which can potentially wreak havoc on communication and electrical systems.

On the plus side, though, the storm also means an increase in spectacular aurora borealis displays.

The geomagnetic storm was predicted by SpaceWeatherLive after it noted the return of a massive coronal hole that had faced Earth a month ago.

“She's back! That massive coronal hole system that faced us four weeks ago is back and it survived its trip around the far side of our star.

“This truly gigantic coronal hole managed to cause geomagnetic storming conditions on five consecutive days during the first five days of this month. Fantastic auroral displays were reported from all around the world,” the website reported.

During its last rotation the solar winds also reached moderate storm levels - however scientists believe the hole has actually increased in size since then, according to the site.

The NOAA Space Prediction Center has issued a G2 (moderate) Geomagnetic Storm Watch alert. Level G5 (extreme) is the highest rating.

Solar storms are eruptions of mass and energy from the surface of the sun which can collide with the Earth’s magnetic field.

Auroras are produced by the interaction of solar winds with the Earth’s magnetic field and atmosphere. As the coronal hole has rotated around the sun’s surface and now faces our planet, the winds are stronger and there is a spike in geomagnetic activity.

This is good news for Northern Lights enthusiasts, who have more chances to catch a better glimpse of the amazing aurora displays during the solar storm.

Solar storms can have serious consequences if they are powerful enough though, knocking out communication systems and disrupting electronics possibly for several years.

The largest geomagnetic storm on record, the Carrington event, took place in 1859, knocking out telegraph systems across Europe and the US. Earth had a lucky escape in 2012 when solar storm of similar power occurred but missed striking the planet.

Earlier this year space weather specialists warned governments to prepare for the potential devastating consequences of geomagnetic storms.

Particularly powerful solar storms can also corrode water and sewer pipes, wipe out computer memories, and disrupt navigation systems.

They also pose a risk for astronauts in space who may be exposed to levels of radiation, beyond their prescribed exposure levels, within hours of a powerful solar storm.

posted by ZUKUNASHI at 12:03| Comment(0) | 社会・経済

2016年09月19日

富山市議会議員「老後の生活が心配で」政務活動費不正

朝日新聞デジタル 9月19日(月)5時9分配信
「老後の生活が心配で」富山市議会の不正、元議長が証言

「辞職ドミノ」で揺れる富山市議会の政務活動費不正問題。自民会派前会長で元議長の中川勇氏(69)が、市議計8人の辞職・辞職表明が相次ぐ異例の事態となった後、初めて朝日新聞の取材に応じた。不正のきっかけは議員年金の廃止で「老後の心配があった」と語った。一方、カネは遊興費などに消えていた。
 中川氏によれば、政務活動費(旧政務調査費)の不正を始めたのは2011年。地方議会の議員年金がこの年に財政難で廃止され、「辞めて老後の生活をどうするか心配になった。このままじゃダメだと思った」。このとき当選5回。酒席など付き合いにかかる費用もかさんでいた。自宅を大規模改築したことに伴うローン返済も、月19万円と重くのしかかっていた。
 旧知の印刷会社から白紙領収書の束をもらっていたことを思い出した。チェックを受けることもなく、不正は簡単にまかり通った。
 会派によると、確認できた中川氏の最初の不正は11年4月の市政報告会の際にかかったとする印刷代11万4千円の架空請求だ。その後も印刷会社の白紙領収書に架空の金額を記入し、政活費を不正請求する手口が多用されていた。最初の11年度、中川氏の不正取得額は約124万円。翌12年度も約114万円に達した。中川氏によると、手口は04年ごろ、別の元市議(故人)に教わったという。
 「飲むのが好きで、誘われたら断れない性格」。特定の店だけだと自身の評判に関わると考え、最低3、4軒は顔を出すようにした。帰宅は未明。一晩で何万円も消えていった。

・・・引用終わり・・・

この報道、管理人はむなしい思いで読みました。この元議長さんは、正直な方だと思います。

@ 「飲むのが好きで、誘われたら断れない性格」
社交的な性格に加えて議員は普段の付き合いが大事です。
「最低3、4軒は顔を出すようにした」
体力的にも大変ですし、財布の負担はそれ以上に大きいです。供応の懸念もありますが。

A 「議員年金の廃止で老後の心配があった」
任期4年ですからこの方は当選6回なら24年議員をされています。基礎年金の受給資格はお持ちでしょう。
富山市議会は、2016/6、議員報酬を月70万円に引き上げています。年間840万円。
基礎年金だけですと、議員退職後は付き合いがなくなるといっても収入激減で家計収支の革命的圧縮、生活の徹底リストラを強いられます。

B 自宅を大規模改築したことに伴うローン返済月19万円
お子さんなどと一緒にお住まいなら、そちらの援助を受けることもできるでしょうが・・・。
改築がいつか分かりませんが、月19万円なら年間228万円、これは大きいです。議員報酬引上げ前なら年間給与720万円でした。

給与引上げ前の状態で交際費等がかさむのなら、不正に政務活動費の取得を図る誘因は大きいです。年間百数十万円、年間給与の15%程度に当たります。

もともと議員という職業は極めて不安定です。落選したときに誰が支援してくれるか、4年間は収入がほぼなくなることを覚悟しなければなりません。そのような場合に備えて、地元企業の顧問をしたりする人が多いのは当然なのです。

配偶者が安定的な職業に就いていて、落選の場合にも生活維持は可能ということでないと、ついつい不正に手を染める、汚職に手を染めるということになりがちです。

現役引退後に生活破綻を来たす例は、少なくないようです。年金からもしっかり税金を持っていかれます。補助的な収入もいつかは途絶えます。

管理人の知るところでは次のようなケースで困難に陥る方が少なからずおられます。
@ 住宅ローンの返済が終わっていない。
A 社交的で飲み屋に行って濫費をする。管理人が聞いた例では、昔から行きつけの飲み屋に行って見栄からテーブルいっぱいに料理を出させてほとんど手をつけずに帰る例がありました。
B 自家用車の維持費
C 病院入院等の臨時の出費
D 冠婚葬祭の連続

人生、何があるか分かりません。普段から生活防衛の態勢にシフトしておくことが良いのではないでしょうか。

管理人の場合です。
A 外食はしない。もともとそれほど外食が好きではなかったが、福島第一原発事故後外食が苦痛になった。今は、おごってくれる友人から誘われた場合しか出かけない。

B 自動車は捨てた。これによる節減効果は大きかった。今は電車で出かけるだけでシーズンに一日1500円も電車賃を使うと高いと思うが、自動車を使うのに比べれば、月間5千円程度だからガソリン給油1回半程度と同じ。

C テレビは捨てた。新聞は止めた。勧誘の断りの文句。「目が悪くて新聞読めないんだよ、ごめんね」 ウソではありません。

D 遠距離の旅行 途中の体調悪化が怖くて出かける気がしない。被曝の危険もある。そのうち海外には一回くらい行かないといけないかも知れないが、そのときは決死の覚悟。

E 衣類はとにかく着つぶす。みんな汚染されている。新品は下着以外買わない。

F 道具類は買わない。捨てなければならないものの多さにうんざりしている。粗大ゴミは捨てるのにカネがかかる。

G 医療費がやはり増えている。健康維持に努力するつもりだが減量が進まない。

・・・・・

昨日2016/9/18に感じたこと。
年寄りに対して、若い人は、「晩節に巨大な打ち上げ花火が! その花火を目指して、危機感を持っている人たちが集まって来ます」などと持ち上げますが、費用や票が伴う保証はありません。

そういう無責任なおだてには乗ってはならないと強く反省しました。
posted by ZUKUNASHI at 18:16| Comment(2) | 社会・経済

2016年09月01日

ジカウィルスはエボラよりも大きな脅威の可能性 シンガポールで感染者増加

共同通信2016/9/1
【シンガポール共同】シンガポール保健省は1日、同国で新たに33人のジカ熱感染を確認したことを明らかにした。うち1人は妊婦としている。シンガポール国内で感染した可能性が高い患者は計115人になった。マレーシア保健省も同日、最近シンガポールから帰国した女性1人の感染を確認した。マレーシア国内で感染者が判明したのは初めて。
 感染者の国籍などは明らかになっていない。在シンガポール日本大使館によると、日本人が感染したとの情報は寄せられていない。
 感染者はこれまで、シンガポールの特定の地区に集中していたが、今回確認された33人のうち2人は別の地区に居住している。

※ amaちゃんだ ‏@tokaiama 氏の2016/8/30のツイート
ジカ熱感染41人に、渡航歴なし シンガポール
http://www.cnn.co.jp/world/35088178.html
歴史上存在しなかった疫病で、ワクチン業界の巨利が見えている場合、まずは業界による意図的な疫病拡散陰謀を疑うのが正しい時代なのだろう

RT2016/2/21
Scientists claim they have managed to sequence the Zika genome, while the head of the world's second-largest private funder of medical research warns the virus is a larger threat than Ebola.

Saturday’s announcement in Brazil is said to be more evidence of its link to cases of microcephaly in affected countries - and a step toward developing a vaccine.

By understanding how Zika behaves in the human body and how it can be combated through tests and vaccines, Federal University of Rio de Janeiro (UFRJ) researcher Renato Santana said on TV Brasil, “What we know now may help us understand why the virus has chosen children's brain cells over those of adults - the pregnant women.”

Jeremy Farrar, a former Professor of Tropical Medicine at Oxford University where the Zika virus "fighting" GM mosquitoes are produced, is now director of the Wellcome Trust, which announced this month it was sharing Zika virus data with the Bill and Melinda Gates Foundation and the National Institutes of Health.

よく分からない。続報待ち。

RT2016/7/25
Europe’s first Zika-caused microcephaly baby born in Spain

RT2016/7/29
Patients test positive for Zika virus in 2 UK cities – reports

(初出 2016/2/22 追記 7/26)
posted by ZUKUNASHI at 14:31| Comment(0) | 社会・経済

2016年08月14日

日本の新聞では世界の動きは分からない

※ p ‏@OdNezu 氏の2016/8/12のツイート
「シリア国軍がまさにアレポを解放しようとしていた瞬間、アメリカと国連勢力は3万6千人のテロリストと約450億ドルを投じて解放を阻止しようとしている。オバマを筆頭とした西側勢力がテロを支持していることは今や火を見るよりも明らかだ」http://bit.ly/2bakfsj

※ 朝日新聞2016/8/13
 シリアの少数民族クルド人の武装組織を中心とする「シリア民主軍」(SDF)は12日、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配してきた同国北部マンビジュを制圧したと発表した。同地をトルコからの戦闘員や武器、食料の補給拠点にしてきたISにとっては大打撃だ。
 米軍主導の有志連合は空爆でSDFを支援した。両者は続いてISが首都と称するラッカ攻略を本格化させる構えだ。
 マンビジュはトルコ国境の南約30キロにある交通の要衝。ラッカへは約140キロ。ISの前身組織が2014年初めに同地を制圧して以来、ここを拠点にトルコから外国人戦闘員や武器、食料を調達してきた

・・・引用終わり・・・

どちらも正確さを欠くところがあるが、日本のマスコミはそのバイアスに意図が見られる。

posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 社会・経済

2016年08月03日

UK ‘sailing blindly’ into financial meltdown bigger than 2008, think tank warns

RT2016/8/3
Britain is heading for financial crisis worse than the 2008 collapse and the Bank of England (BoE) is “asleep at the wheel,” a think tank has warned.

A devastating report by the Adam Smith Institute (ASI) has blasted the BoE’s stress tests – which are meant to check the resilience of a bank to economic shocks – as being like “a ship radar system that cannot detect an iceberg.”

The report’s author, Durham University professor of finance and economics Kevin Dowd, said every single UK bank would fail “more rigorous” stress tests used by the US Federal Reserve.

He predicts Britain is sleepwalking into a second global financial crisis which will be even bigger than the last one.

Dowd argues in the report titled ‘No Stress II: the flaws in the Bank of England’s stress testing programme,’ that current BoE “health checks” on banks are “worse than useless.”

“The purpose of the stress-testing program should be to highlight the vulnerability of our banking system and the need to rebuild it. Instead, it has achieved the exact opposite, portraying a weak banking system as strong,” he writes.

“This is like having a ship radar system that cannot detect an iceberg in plain view.”

“The Bank of England is asleep at the wheel again, and we will be back to beleaguered banksters begging for bailouts - and the taxpayer will be ripped off yet again, but bigger this time.”

Dowd also warned the Eurozone banking system is facing another crisis capable of bringing down British banks.

“Once contagion spreads from Italy to Germany and then to the UK, we will have a new banking crisis but on a much grander scale than 2007-08,” he wrote.

The economics professor claims the BoE’s stress tests rely on “risk weights” for banks’ assets, which have been criticised for downplaying the true riskiness of assets such as mortgages and sovereign debt.

The BoE’s use of flawed quantitative risk models also came under fire, as did its reliance on models that only imagine one single stress scenario at a time.

Former BoE FinancialPolicy Committee member Bob Jenkins has also attacked the Bank’s weak regulations in the past.

Jenkins has argued the BoE should require banks to hold much larger levels of equity to protect them from future shocks. At the moment, the BoE only requires private banks to have equity cushions of up to 5 percent – meaning if their assets fell below this, they would become insolvent.

The ASI report coincides with a leading research institute’s prediction that Britain will fall back into recession at some point in the next 18 months.

The National Institute of Economic and Social Research (NIESR) warned on Wednesday there is a 50 percent chance of recession due to generation uncertainty and the dropping value of the pound as a result of Brexit.

posted by ZUKUNASHI at 20:23| Comment(0) | 社会・経済

米国大手証券会社がこの先3ヶ月は株式市場から離れろと

ゴールドマンサックスが、株式の売り推奨? 自社が売った後にこのような売り推奨を出すのは証券界の常套手段ですが、下がらないと損が出ますからいろいろ手を尽くすでしょう。ドイツ銀行、イタリアの銀行など銀行の危機も言われています。2016/8/2はまた円高に復帰しました。

RT2016/8/2
Stay away from stocks for the next 3 months, warns Goldman

Analysts from the Wall Street bank Goldman Sachs have downgraded their prediction for US and European stocks for the next three months. They expect a reversal of investor positioning and say further growth requires a better economic environment.

Goldman expects the S&P 500 and the STOXX Europe 600 to contract about 10 percent over the period.

"Given equities remain expensive and earnings growth is poor, in our view equities are now just at the upper end of their 'fat and flat' range," said the analysts.

The downgrade follows a recent rally in risk assets, driven by both light positioning into the Brexit vote and a search for yield, according to the bank.

“Our risk appetite indicator is near neutral levels and its positive momentum has faded, suggesting positioning will give less support and we will need better macro fundamentals or stimulus to keep the risk rally going. But market expectations are already dovish, and growth pick-up should take time,” they added.

Goldman Sachs is downgrading stocks to 'underweight' for the next three months, but keeping a 'neutral' position in the next year, staying 'overweight' in cash.
posted by ZUKUNASHI at 10:14| Comment(0) | 社会・経済

2016年07月15日

この選挙では おかしいことがたくさん

@ 神奈川県下にお住まいの読者から

投票所にて、おかしいと感じたこと、 投票後 お年寄りが出口調査されてました、 私も 聞かれたくて 20分ほど いたのですが、数名の記者は 目も合わせませんでした、 そして お年寄りが出てくると サッとインタビューに、 若い人人 中年の若めの人には 行かなかったです、 たまたまでしょうか? ここだけでしょうか? 「思った通りの結果だった」という感想が 多いですが、統計とかインタビューの結果とか、恣意的に 行われている可能性がないでしょうか? マスコミで 改憲派圧勝見込み、と 先ず伏線を張る。 出口調査では ひょっとして高齢者を多く調査する、とか。 前提から 誘導されてるのかなあ?と 不信感を感じました、…個人の 小さなエリアの出来事ではありましたが。 と言うのは 身の回りの人でも、「共産党好きじゃないけど、改憲派の暴走のブレーキとして 野党共闘に入れると思う」と言う声も 多かったので、予想通りだった、と言う言葉が ピンと来ませんでした。

A リッチガール☆ ‏@becomerichgirls 氏の2016/7/12のツイート
三宅洋平さんの500票以上あった投票用紙が0票になった理由書いてなかったからまとめる。
確かにそこには500束積んであったのを役員がきてボールペンは無効だと言って無効の箱にどんどん入れたことにより500票以下となり無効になった。
これが真実です。
あり得ない大人役員。

※ リッチガール☆ ‏@becomerichgirls 氏の2016/7/12のツイート
都内で不正選挙が行われた
500票以下は0票になるそう。
でも確かにそこには500票積み上げられた三宅洋平の票があったのに。
0になった。
たかだか3箇所で同じことが起きていても数千票しかかわらないかも知れない
が裁かれるべき。毎回不正をやってるのって何党なの?
・・・意味の分からないところもある。

B STOPtheFOOL反戦反核亀ガメラ怒 ‏@kamezuki 氏の2016/7/12のツイート
@tokaiama 街頭に2万人集めた三宅洋平氏が落選 開票立会人の告発:(職員が)これはマジックインクだから、あ、これはボールペンだからと、ケチをつけながら、「問題票」や「疑問票」のところへ入れて行くのです。コメ欄参照http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/5a67c5e0e3454134d1acfd00a59053d8 … …

※ amaちゃんだ ‏@tokaiama 氏の2016/7/15のツイート
衝撃的な動画『投票所で実験してみた。鉛筆の筆跡を指でこすってみたら・・・』とその動画
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/479.html

・・・・・

情報をお寄せください。
posted by ZUKUNASHI at 13:52| Comment(15) | 社会・経済

自衛隊の海外派兵

共同2016/6/12 17:51
南スーダン、陸自10次隊に交代
安保法の新任務は見送り
12日、南スーダン・ジュバの宿営地で、陸上自衛隊施設部隊の看板を9次隊の相園和宏隊長(左)から引き継ぐ10次隊の中力修隊長(施設部隊提供・共同)
 【ナイロビ共同】南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊施設部隊は12日、首都ジュバの宿営地で9次隊から10次隊への交代式を行った。新たに活動する10次隊は第7師団(北海道千歳市)を中心に約350人で構成される。
 武装集団に襲われた国連要員らを、武器を使って救出する「駆け付け警護」などの新任務の付与は見送られている。駆け付け警護は、3月施行の安全保障関連法で可能になった。ジュバ市内や国連施設のインフラ整備に従事する。
 10次隊の隊長を務める中力修1等陸佐は「南スーダンの平和と安定に貢献できるよう任務にまい進したい」とコメントした。

※ 共同通信公式 ‏@kyodo_official の2016/7/11のツイート
政府、邦人退避で自衛隊機派遣 南スーダン戦闘受け ほか − 22時トップ5ニュース

※ NHK2016/7/15
自衛隊機が南スーダンから日本大使館職員を輸送
アフリカの南スーダンで激しい戦闘が起きたことを受け、日本人の国外退避に備えるたため派遣された航空自衛隊の輸送機が、日本時間の14日夜遅くにかけて現地の日本大使館の職員4人をアフリカのジブチに輸送しました。
防衛省は、南スーダンで激しい戦闘が起きたことを受け、現地に残る日本人の国外退避に備えるため、今月11日、航空自衛隊のC130輸送機3機を派遣し、3機は日本時間の14日朝、活動の拠点となるアフリカのジブチに到着しました。
防衛省によりますと、その後、外務省から要望があり、輸送機1機がおよそ1500キロ離れた南スーダンの首都ジュバに飛行し、日本大使館の職員4人を乗せて日本時間の14日午後11時半ごろ、ジブチに戻ったということです。輸送の際、特に危険な状況はなかったということです。
海外の治安情勢の悪化などで自衛隊の航空機が日本人を輸送したケースは、今月バングラデシュで起きた人質事件や、平成25年のアルジェリアでの人質事件などに続き、今回で4例目となります。
輸送機の部隊は引き続きジブチに待機し、外務省の要望を踏まえて対応に当たることにしています。
posted by ZUKUNASHI at 13:48| Comment(0) | 社会・経済

2016年07月14日

自民党はなぜか票は取れる そうですねそこがポイントです

2016/7/13、yさんから寄せられた投稿を掲載する。悔しさ、理不尽さはよく理解できるけれども、選挙の現実を知ってもらったほうが良いだろう。引用開始。

報道ステーションで、選挙にかならず行く、なるべく行くを合わせて90%を超えていたのに、ふたを開けてみると期日前投票だけ過去最高、で投票率は50%台になったのがひどく引っかかります。

マスコミがいう投票率が正しいのか判断できません。
投票率を手分けしてサンプリングできないものでしょうか?
どなたか良い知恵のある方はいらっしゃいませんか?

自民党はなぜか票は取れます。
政治的なことを何も考えたことがなくても、選挙に通ってしまう候補者もいるのは納得できません。
私が目撃した自民党の選挙運動や演説は末期的でした。

選挙前日、横浜市内の駅で無地の赤いのぼりを何本か立てて誰かの候補者のチラシを配っている男性がいました。
よく見たら自民党でしたが、受け取っている人は殆どいませんでした。
野党は、のぼりに候補者名やスローガンを書いていますが、自民党は有権者が喜びそうな言葉すらなくなってしまい、争点隠しをするには
無言を貫くしかなかったのかもしれません。

別の日、横浜駅で河野太郎と石破茂が応援演説をしていました。
動員なのかどうかは分かりませんが結構人はいました。
河野太郎は主に共産主義国家の悪口でした。
「ベルリンの壁の前で、何人もの人々が銃殺された。」とか「共産国家は食物の配給制で皆さんのような普通の生活はできません。』とか?? 選挙前にこんなことが言いたいの?? 他に言うことないの?? という内容でした。

それに続いて石破茂は「神奈川は出生率が下がっていてこのままいくとどんどん人口が減ってしまいます!!」と言い出すので、聞いていられなくなって帰ってきました。
もう自民党には有権者にアピールできることがないのでトンチンカンな話をするしかないのではないかと思いました。

SEALDs、それに続く高校生、中学生、そしてママ達の方よっぽど聞く側に訴える話ができます。
山本太郎さんも街に出て自分の支持者出ない人たちにも語りかけ、さらにその場で質問を受け答える。

少数派、まっとうな意見を持つ人達を追い詰めていってるつもりでしょうが、自分たちが権力を使って追い詰めている相手は、悩み苦しみながらその試練の中でどんどん力をつけていっている。
そして個人の能力が比較できないほど差が付いている。

それでもトンチンカンな演説に拍手している人たちがいるので不思議でしたが、たとえこの演説だけしか判断材料がなかったとしても、
ありがたく聞いて自民党に投票しようと思う思考は私には理解できませんでした。

・・・引用終わり・・・

@ まずテレビ報道番組の予想を信じてはいけません。「選挙にかならず行く、なるべく行くを合わせて90%を超えていた」などという調査結果は、ほとんどが根拠のないでっち上げです。何人調べていると思いますか? 千人に聞いたとしましょう。日本の市町村数は1,741です。市が790、特別区が23ですから、市の1割と特別区23の住民を相手に調べても、一つの市または特別区につき10人です。例えば、渋谷区の住民10人を無作為に選んで聞いたとしても、どれだけ代表性があるでしょうか。管理人のようなへそ曲がりは、マスメディアのアンケートと聞いただけで、がちゃんと電話を切ります。時間がもったいない。だいたい、こういうアンケートに応答するのは、話し相手もない暇な人ですし、格好をつけて答えます。そうでなければ、アンケートが打ち切られてしまうでしょう。

テレビ報道番組の予想などは、これはどういう意図で流されているのかという裏を読まなければなりません。まじめに客観的に調べた結果などということは100%ありません。そんな手間をかけていられません。

A 「投票率は50%台」になったのは、私はできすぎだと思っています。投票率のチェックは出来ません。投票場に張り付いて投票に来た人をカウントする手はありますが、それができるのはほんの一部の投票場だけですし、期日前投票場にも張り付かなければなりませんから、事実上無理です。

B 「自民党はなぜか票は取れます。」そのとおりです。yさんには、まず選挙というのは、日々の糧を確保する、できればより多くの糧が欲しいという人が積極的に取り組んでいることを理解して欲しいです。理念や正義感では普通の人は動かないのです。

自民党の選挙運動は、徹底した利益誘導型です。半年も1年も前から投票してくれそうな働きかけ先の名簿を組織内でノルマを課して作成します。一人の候補者について何万人もの名前が記載された働きかけ先リストが職域別や地域集団、利益集団系列ごとに作成され、選挙が近づけばこのリストを使って電話で働きかけます。

陣営によっては、何十人もの人が事務室に集まって一日中電話を掛けまくることもありますし、運動員の自宅から電話をすることもあります。そして、電話に対する反応を、リストに記録し、票読みをします。

自民党の選挙運動は、職域集団ごと、利益集団ごとに会合の場などを使って行われ、運動員、あるいは世話役がリストのとりまとめや用紙の配布、電話攻勢のタイミングなどを指示します。

自民党の選挙運動は、建設会社などの朝礼で、地元の自治会役員の戸別訪問などで進められるのです。街頭でなされる演説などは、選挙の風物詩です。お付き合いでしかないのです。

次は千葉県の上位得票者の得票率です。なぜ猪口が房総の辺鄙な地域で高い得票率を得ているのでしょう。これらの地域の中には今なお実弾(現金のこと)が飛ぶと噂されている地域もあります。普段、猪口がこれらの地域で辻説法をしているとも聞きませんし、地域との結びつきがあるとも聞きません。



昔、敦賀市長が志賀原発の地元で「えー、その代わりに50年後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ」と述べて会場の喝采を浴びたという話があります。

目先のことを考えれば、理念など関係ないのです。反原発? それで私の利益は何? です。

今、この国では「票」も利権なのです。自分の持つ利権をいかに高く換価するか。地方ではこれだけです。もちろん、都市でも自分の持つ利権の行使効果を最大にするにはどうしたらよいか考えて、票を投ずべき政党、候補者を選びます。自分の勤める企業のためになる候補者、自営業なら仕事が増えるような施策を推進してくれる候補者、悪徳商会の経営者であれば悪事がばれたときにレクサス1台でもみ消してくれる候補者・・・。

選挙とはそういうものであり、政治は利害の衝突の決着手段です。いくら理念を訴えても選挙民は動きません。三宅洋平氏の支持層は若い人でした。まだ自分の持つ利権の価値に目覚めていない、使い方を知らない人達です。支持の広がりには限界があります。

yさんは、今回得がたい良い経験をされたのではありませんか? 私はそう受け止めていますが。

・・・・・

2016/7/14、yさんからさらにコメントが寄せられた。

不正選挙についてはこれだけ取り沙汰されているのに(真っ白ではないのに)当事者がしらを切ればそれを追及する手立てがないのでしょうか?

選管も公示後に証紙の貼っていない自民党候補者のポスターが貼ってあると住所を電話したら「選管で確認後、警察に連絡して剥がしてもらう」というものの最後まで放置。何度か電話すると「ポスターがあっても投票行動に結びつくとは限りませんから」という始末。
どうせ対応する気がないなら、そんな決まりはなくせば良いのに、
与党や大きい政党は野放しです。

こんな感じどこかで??と思ったら、学校や市役所に被曝について対処して欲しいと持ちかけた時を同じでした。
先生、教育委員会、市役所も子供の事より、とりあえず毎日の生活をやり過ごし、自分に責任が回ってこなければ問題ないという態度を変えることはありませんでした。

そういう人たちが形成してい日本社会で、選挙だけ道理が通るわけ無いですね。

家族に被曝回避で総スカンを食らったので、社会的に何かできないかと模索してきましたが、結局、家族や周りにいる一人一人の問題に戻ってきてしまったように思います。

2〜3年前は、自分は参院選の時はどうなっているのだろうか?と思っていましたがとりあえず、まだ生きています。
これから、スピードをあげて無関心でいた人から淘汰されていってしまうでしょう。
その大波が少しひいたあとで、多少マシな世の中になっていくのでしょうか?

どうせ死んでもともとの世界になってしまったわけです。
これから始まるさらなる「未体験ゾーン」に突入した日本を見届けないと。

・・・引用終わり・・・

yさん、「家族や周りにいる一人一人の問題に戻ってきてしまった」との認識は、私はとても貴重だと思います。そこをどう動かしていくか、そのためにどうするか、心理学的な側面、社会運動論の側面などいろいろありますが、結局は個人がどう真実を見極め、どう考え行動するかの問題です。

シリア問題を追っていて思いますが、日ごろの不満を政府にぶつける好機だとして、外国の煽りに乗り、反政府で武器を持ってみたものの、本当の敵は誰だったのか、シリア各地の年配者が目を覚ますまで、大量の犠牲者とロシアの介入と生き残ったものの飢えが必要でした。

そこまでいかないと真実が見えないという面はどこにでもいつの時代にもあります。しっかり被曝回避して「さらなる「未体験ゾーン」に突入した日本を見届け」ましょう。
posted by ZUKUNASHI at 15:47| Comment(2) | 社会・経済