社会・経済: ずくなしの冷や水

2022年11月13日

崩壊した暗号通貨大手から数億ドルが消失

Hundreds of millions vanish from collapsed cryptocurrency giant
An estimated $662 million in digital assets has reportedly been withdrawn from FTX in ‘unauthorized transactions’
Failing cryptocurrency exchange FTX has begun moving assets offline, after more than $600 million in tokens was allegedly pilfered from the digital wallets on its platform.

After filing for bankruptcy protection from creditors on Friday, FTX “initiated precautionary steps to move all digital assets to cold storage,” said Ryne Miller, general counsel for the firm’s US arm. “Process was expedited this evening to mitigate damage upon observing unauthorized transactions.”

However, considerable damage had already been done. According to an estimate by blockchain research firm Nansen, $662 million flowed out of FTX’s US and international exchanges. The firm’s main wallet, which was used to process withdrawals, was drained of its entire balance of 45.8 million FTT tokens, worth an estimated $97.2 million, Nansen said.

A separate review by another analytics firm, Elliptic Connect, pegged the thefts at $473 million. The FTX community administrator on Telegram said the exchange had been hacked. FTX applications are infected with malware, according to the administrator, which also warned followers against loading the exchange’s website.

The Bahamas-based FTX and about 130 affiliated companies commenced Chapter 11 bankruptcy proceedings on Friday in Delaware. The firm also announced that Democratic Party donor Sam Bankman-Fried had resigned as CEO.

Bankman-Fried, who reportedly ranked behind only billionaire political activist George Soros in 2022 pledges to Democratic Party candidates, saw his entire $16 billion fortune wiped out this week, according to Bloomberg, which called the collapse “one of history’s greatest-ever destructions of wealth.”

Miller, the general counsel, said the exchange was “investigating abnormalities with wallet movements related to consolidation of FTX balances across exchanges.”

推定6億6200万ドルのデジタル資産が「不正取引」でFTXから引き出されたと報告されています。
破綻した暗号通貨取引所FTXは、そのプラットフォーム上のデジタルウォレットから6億ドル以上のトークンが盗まれたとされ、資産をオフラインに移行し始めました。

金曜日に債権者から破産保護を申請した後、FTXは「すべてのデジタル資産を低温倉庫に移動するための予防措置を開始した」と、同社の米国部門の顧問弁護士であるRyne Miller氏は述べています。「不正な取引が確認されたため、被害を軽減するために今晩、処理を急ぎました」。

しかし、すでにかなりの被害が発生していた。ブロックチェーン調査会社ナンセンの推定によると、FTXの米国および海外の取引所から6億6200万ドルが流出した。出金処理に使われた同社のメインウォレットからは、推定9720万ドル相当の4580万FTTトークンの全残高が流出したと、ナンセンは述べている。

別の分析会社Elliptic Connectによる別のレビューでは、盗難額は4億7300万ドルに上るとされている。テレグラムのFTXコミュニティ管理者は、取引所がハッキングされたと述べた。管理者によると、FTXのアプリケーションはマルウェアに感染しており、同取引所のウェブサイトを読み込まないようフォロワーに警告も発している。

バハマに拠点を置くFTXと約130の関連会社は、金曜日にデラウェア州で連邦破産法第11条の手続きを開始した。同社はまた、民主党の献金者であるSam Bankman-FriedがCEOを辞任したことを発表した。

ブルームバーグによると、バンクマン=フリード氏は、民主党候補者への2022年の献金額で、億万長者の政治活動家ジョージ・ソロス氏に次ぐ地位にあったとされ、今週、160億ドルの全財産が一掃された。同誌はこの破綻を「史上最大の財産破壊のひとつ」と呼んだ。

顧問弁護士のミラーは、取引所が "取引所間のFTX残高の統合に関連するウォレットの動きで異常を調査している "と述べた。



posted by ZUKUNASHI at 07:41| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月12日

日本人の暗号資産保有率は11%と最も高い 民間調査

日本人の暗号資産保有率は11%と最も高い ソース

20代男女で仮想通貨を50万円分以上持っている方が全体のおよそ8%。ソース

これはなかなか容易ではないです。20代ですから取り返しがつきましょうが。




日本のビットコイン取引量は、世界上位。ソース







#FTXがハッキングされた
取引所から 3 億 8,300 万ドルが引き出されました。ハッカーは脆弱性を利用し、ウォレットから大量の送金が行われました。
スマートフォンにアプリがある場合は、念のためアンインストールしてください。
posted by ZUKUNASHI at 20:29| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月10日

日本のメディアは低劣な記事ばっかり



posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月06日

日本人に冬の電力使用量削減を要請する可能性-メディア

Japanese may be asked to cut winter power use – media
The curbs could reportedly help avert blackouts
The Japanese government plans to call on households and businesses to save electricity when possible, starting from December, NHK broadcaster reported this week, citing an “unpredictable” power supply situation.

According to the report, Tokyo says utilities are likely to secure a reserve power supply capacity rate of 3%, the minimum needed for a stable supply nationwide. However, procurement costs of liquefied natural gas remain high. Officials are reportedly blaming Russia’s military operation in Ukraine for the higher costs.

“The government will endorse on Tuesday a request for households and businesses to save power between December and March, without going out of their way to do so,” NHK reported, noting that a similar request had been made in the summer, when demand for power surged as temperatures went up.

The media outlet quoted the authorities as saying that if all households manage to cut energy consumption by 1%, enough electricity could be saved to power 15,000 convenience stores for a day. “The government will ask that people layer their clothes indoors and switch off lights that are not in use.”

Tokyo also believes that a 1% cut in electricity use by all offices would be enough to power some 100 thousand households, according to NHK. It reportedly plans to ask companies to reduce their use of lights and air conditioning when possible.

Russia accounts for around 10% of Japan’s LNG imports annually. The East Asian nation has drastically increased energy purchases from Moscow in recent months amid growing fears of a shortage, data shows.

停電を回避できる可能性があるとの報道
NHKが今週報じたところによると、日本政府は12月から家庭や企業に可能な限り節電するよう呼びかける方針で、その理由として電力供給の状況が「予測不可能」であることを挙げています。

それによると、東京電力は全国的に安定供給に必要な最低限の予備電源率である3%を確保する見込みだという。しかし、液化天然ガスの調達コストは高止まりしている。関係者は、ロシアのウクライナでの軍事作戦がコスト上昇の原因だと報じている。

NHKは、「政府は12月から3月にかけて、家庭や企業に無理な節電をしないよう求める要請を火曜日に承認する」と報じ、気温の上昇で電力需要が急増した夏にも同様の要請が行われたと指摘した。

同メディアは、全家庭で消費電力を1%削減できれば、コンビニエンスストア1万5千店の1日分の電力を節約できると当局が述べたことを引用している。「政府は、室内で衣服を重ね着し、使用していない照明のスイッチを切るよう要請する予定だ。

また、NHKによると、東京都は、すべてのオフィスの電気使用量を1%削減すれば、約10万世帯の電力をまかなうことができると考えている。また、企業に対しても、可能な限り照明やエアコンの使用を減らすよう要請する予定だという。

ロシアは日本のLNG輸入量の約1割を占めている。東アジアの国は、不足の懸念が高まる中、ここ数ヶ月、モスクワからのエネルギー購入を大幅に増やしていることがデータで示されている。

・・・何を伝えたいのか、よくわからない記事です。
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月05日

「慰安婦」は'20年代から





https://twitter.com/D9bf0NRDYrL21Ba/status/1585497518216925185
posted by ZUKUNASHI at 00:12| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月29日

これは大問題になる事件


スレッド https://twitter.com/geography_tech/status/1586162277043970048
posted by ZUKUNASHI at 20:57| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月28日

日本の物価

2022/10/28発表の東京都10月消費者物価コア指数、前年比+3.4%。
posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月25日

日本の金融当局の歴史的敗北を見るだろう


posted by ZUKUNASHI at 21:19| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月22日

非常に過大評価されている10のこと








posted by ZUKUNASHI at 13:19| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月19日

クラスノダール地方の山の鹿

クラスノダール地方の山々では、こんな美しい風景に出会えるのです
高貴な鹿は、ちょっとだけポーズも決めてくれました。

・・・・

黒海の東にあるクラスノダール地方は穀倉地帯ですが、南部にはコーカサス山脈に続く山並みがあります。こんなに険しいところもあるんですね。
posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(0) | 社会・経済

日本の山中で登山家が襲いかかる熊をかろうじて撃退

posted by ZUKUNASHI at 10:11| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月18日

カナダで遡上したサケの大量死 ベーリング海で10億ものカニの消滅が起きているらしい








posted by ZUKUNASHI at 11:52| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月15日

今、世界の相場は国際情勢で動いている

世界の相場が国際情勢で動いていることは、改めて言うまでもなく、当たり前のことですが、現下の世界情勢では、これが日々の変動に決定的な、圧倒的な影響を与えています。

2022/10/14の日本株は、前日の米国株の827ドルの大幅上昇を受けて日経平均が550円ものギャップアップで始まり、引けは853円高となりました。なんでこんなに上がる? その前日からの環境変化としては米国のCPIが8.2%上がったことです。でも、予想を少し上回る8.2%上がったからと言ってこれでCPIの上昇が止まる予兆だとは到底思われない。ウクライナ戦争、それに伴う経済混乱は収まりそうにありません。


日本株が大幅上昇した10/14、米国株式は400ドルの下落。前日の上げの半分が消えました。これに伴って時間外の日経平均は500円の下落。仮に10/17に日本市場がこの水準で始まれば、10/14に買いで入ったポジションはほぼすべて含み損を抱えることになります。

国内の論者は知りませんが、海外の論者は金融市場のリスクオフは長期化するとみており、株式市場は下落する、場合によっては破局的な下落もありうると論じています。そのような言説のいくつかは以前に掲げました。

中期的な下落相場では、カラ売りを仕掛けられるプロ、ないしセミプロにしか収益機会はないのです。買いから入る投資家は、新たなポジションをとるのを控えたほうが良いのではないかと思います。

特に日本の大手メディアの情報で国際情勢を知ろうとしている方は、とんでもない方向違いの情勢判断に陥っているはずです。ウクライナ兵士が大砲のえさにされているように、日本の投資家は国際的な投資機関の相場操縦に振り回されて資産を失っています。

国際情勢が変動要因という点では、外国為替がより顕著です。ドル円が148円を超えてきましたが、どうも日本経済の実力を反映している感があります。トルコリラのように底なしで下げていく恐れを感じます。

ただし、円安については、日銀が金利引き上げに転じたとたんに一時的には円が急騰しますので注意が必要です。国債も暴落しますから、債券ファンドに損が生じなければよいですが。

一つだけ確実なのは、世界の金融秩序が大きく変わりつつあることです。いつかの時点でドルが覇権を失います。そのとき今の市場システムの中でどんな変化が生ずるかは予想がつきません。

ドルの評価が下がり他のG7先進国通貨は持ちこたえるのか。それともG7先進国通貨は押しなべて評価が下がり、ブリックス諸国の通貨の評価が上がるのか。
今、ブリックス諸国の通貨で買いやすいのは中国の人民元です。

そして最も極端な話をすると、核兵器が使われるような状況になったら、貴金属の価格が上がるでしょう。金はやはり最終的な価値保全手段です。それも金の現物が最もリスクが少ないことになります。


まあ、金の現物を買うにはまとまった大きなカネが必要ですから大衆の価値保全手段としては使えませんが、常識としては知っておいたら良いです。

もし、宝くじが当たるなどして大金が転げ込んだら、買うべきものは不動産ではなく現物の金です。
posted by ZUKUNASHI at 13:46| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月11日

Heatwaves could make entire regions uninhabitable – UN

Heatwaves could make entire regions uninhabitable – UN
Rising temperatures are driving humanitarian catastrophes around the globe, a new report claims
Scorching heatwaves fueled by climate change could leave some areas of the world virtually uninhabitable over the coming decades, the United Nations said in a new report, warning that extreme weather could push poorer nations to the brink of disaster.

Published jointly by the Red Cross and the UN's Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (OCHA) on Monday, the document points to intensifying heatwaves around the world, saying they are growing at an “alarming rate” and already “fueling catastrophes” in some countries.

“On current trajectories, heatwaves could meet and exceed… physiological and social limits in the coming decades, including in regions such as the Sahel, and South and South-West Asia,” the report said, saying some areas risk becoming “practically uninhabitable.”

The impacts would include large-scale suffering and loss of life, population movements and further entrenched inequality. These impacts are already emerging.

Highly populated cities are among the most vulnerable areas, with the UN citing a projected 700% increase in the number of urban poor people living in “extreme heat conditions” by the 2050s. That could render some regions “practically uninhabitable.”

“Projected future death rates from extreme heat are staggeringly high – comparable in magnitude by the end of the century to all cancers or all infectious diseases – and staggeringly unequal,” the report said, explaining that the world’s poorest will bear the worst effects of the changing climate.

Rising temperatures and more frequent heatwaves are also expected to “undermine agriculture and livestock systems, degrade natural resources, damage infrastructure and contribute to migration,” the report found, noting that economic losses related to “heat stress” will exceed $2.4 trillion worldwide by 2030.

Past heatwaves have had deadly consequences, estimated to have caused more than 70,000 excess deaths in Europe in 2003, and another 55,000 in Russia in 2010, according to statistics cited by the UN.

The report said “aggressive steps” were needed to avoid the worst outcomes, insisting that the “single most important arena for action is in slowing and stopping climate change.” Short of that, however, it suggested providing “early information on heatwaves” to help people “take timely action” to protect themselves, adapt new responses to “accelerating extreme heat” and investments into “thermally appropriate emergency housing,” among other things.
posted by ZUKUNASHI at 17:17| Comment(0) | 社会・経済

この人が日本のインフルエンサー? 


日本のインフルエンサーである西村浩之氏は、日本が琉球語を禁止し、日本語を話すように強制したことを無視して、沖縄人はきちんと話すことができないという人種差別的な発言をした.それでも彼は日本の SNS でまだ人気があり、彼の本やコンテンツをもう公開すべきではないかもしれません

posted by ZUKUNASHI at 10:26| Comment(0) | 社会・経済

2022年10月01日

旧統一協会や創価の人がいろいろな動きをする問題

このスレッドは、見ておいたほうが良い。
https://twitter.com/Koiramako/status/1575047102152859648

https://twitter.com/Koiramako/status/1575047102152859648
posted by ZUKUNASHI at 12:39| Comment(0) | 社会・経済

2022年09月27日

モーリー・ロバートソン氏の連続ツイート

posted by ZUKUNASHI at 22:38| Comment(0) | 社会・経済

2022年09月23日

権力の提灯持ちが「知識人」として通用する日本がおかしい




こんな人のツイートや発言に何でみんな関心を持つんですかね。他の人のツイートを読んだほうがよほど役に立つ。
posted by ZUKUNASHI at 14:39| Comment(0) | 社会・経済

2022年09月20日

8月の消費者物価指数 2.8%上昇

8月の消費者物価指数 2.8%上昇

[東京 20日 ロイター]
松野長官は、輸入物価の上昇で食料品やエネルギー価格が押し上げられていることが主因だと指摘。政府として物価高騰に対する追加策等を執行するため、約3兆5000億円のコロナ・物価予備費の使用を決定したところだとした。

これにより、食料品やエネルギーの価格高騰の抑制や、影響の大きい低所得層への支援、地域の実情に応じたきめ細やかな支援などを進め、価格高騰の影響緩和を図っていくと語った。
posted by ZUKUNASHI at 13:59| Comment(0) | 社会・経済

2022年09月18日

台湾でまた地震 南西諸島に津波注意報

台湾でM7.2の地震 沖縄の宮古島・八重山地方に津波注意報 気象庁
気象庁によると18日15時44分頃、台湾付近を震源とする地震があり地震の規模(マグニチュード)は7・2と推定されるとのことです。この地震を受け、同庁は沖縄県の宮古島・八重山地方に津波注意報を出しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:42| Comment(0) | 社会・経済