社会・経済: ずくなしの冷や水

2022年12月03日

電気自動車は化石燃料の車に置き換わるものではない


2022年11月06日
to produce ONE Tesla battery

スイスは、エネルギー消費を削減するために、電気自動車を路上から禁止し、電力不足の間はゲーム機の電源を切るよう命令する予定です。

・・・・・・

海外で上のような動きになっているのに日本ではこんな意見が見られます。どれだけ隔離があるか、驚きませんか。

posted by ZUKUNASHI at 18:12| Comment(1) | 社会・経済

日銀、日本国債の利回り1%上昇で、保有する日本国債に28兆6000億円の含み損

日銀が16年以上ぶりに日本国債保有の未実現損失を報告
「日銀は月曜日、9月末時点で国債保有に8749億円(62億9000万ドル)の未実現損失があると発表した…」

日銀は、日本国債の利回りが1%上昇した場合、保有する日本国債に28兆6000億円(2110億ドル)の含み損が発生する可能性があると発表した。
もう一度読んでみよう。
28.6兆円の損失。
金再評価って知ってる?

・・・・

2022/12/2現在の日銀の日本国保有高は、すべて合わせて5,411,781億円。541兆円。これに対して28.6兆円の評価損です。海外のヘッジファンドが日本国債のカラ売りを仕掛けているとされます。利回りが上がれば膨大な利益です。

日銀は売るに売れないので持ち続けるしかないですね。
posted by ZUKUNASHI at 17:05| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月29日

暗号通貨の下落続く

ビットコイン、2022/11/13の午前10時半に233万円でしたが11/14の10時半では226万円です。7万円ほど下がっています。13時半223万円。2022/11/15午前0時232万円

暗号通貨は、基本的にポンジスキーム、ねずみ講だと管理人は見ています。切手収集と同じようなものでは? まったく知識がなかったので、記事を読んでも理解が難しかったです。

暗号通貨関係の記事には初歩的な間違いがあるかもしれません。

これだけ下がっても特にニュースが流れないのは、暗号通貨の市場規模は小さいということでしょうか。機関投資家で保有しているところがあっても、金額的にはわずかでしょう。

Failed crypto exchange was money laundering op – report
FTX allegedly took in millions in crypto donations through Ukraine and may have laundered much greater sums


ブロックファイは暗号資産(仮想通貨)貸付業者でこの夏ころから経営問題があったようです。
ウクライナは、暗号スキャンダルが勃発する数日前に、FTX とのパートナーシップを隠蔽し始めました
ウクライナ-FTX イニシアチブは、キエフのために 6,000 万ドルを調達したと主張していますが、そのお金はどこに行ったのでしょうか?
@KitKlarenberg 西側援助物語の最新章について:

暗号通貨が広く下落しています。2022/11/21、午前11時過ぎのビットコインの相場は224万円。11/14の10時半では226万円でしたからそれよりも下落しています。

Traders fleeing crypto markets – Bloomberg
The collapse of the FTX exchange has dented investor confidence in cryptocurrencies
Traders are abandoning online crypto-trading platforms in a bid to safeguard their assets in the wake of the FTX bankruptcy, Bloomberg reported on Monday, citing experts.

The “wild-west days” of crypto markets are back again as the large trading houses that once thrived on arbitraging price gaps pull back, according to the media.

Prices for identical assets are reportedly diverging on various platforms. The gap between the funding rates of identical Bitcoin futures on Binance and OKEx has been as wide as an annualized 101 percentage points and remained at least 10%, compared to mostly single-digit gaps last month.

“Everybody is heading for the hills,” chief executive officer at Pythagoras Investments, Mitchell Dong, told the media outlet, specifying that the return of some price spreads shows “things that were previously arbed out are not so arbed out.” 

Dong said his firm is writing off its 1% and 7% exposures to FTX in its market-neutral and trend-following funds respectively.

Meanwhile, Fasanara Digital lending fund, which manages about $100 million, has reportedly dialed down its risk exposure to nearly zero.

Traders now have to decide whether to write off their exposure to FTX or create a so-called sidepocket that separates those assets from the main fund, explained Barnali Biswal, chief investment officer at Atitlan Asset Management, which runs a fund that allocates to different quant managers.

“The age-old arbitrage strategies are more and more lucrative,” the former Goldman Sachs managing director said. “However, contagion risk is elevated. So, we are being conservative in our approach,” he added.

According to Chris Taylor, who runs crypto strategies at GSA Capital, the downfall of what was once a trusted exchange will make professional traders seek ways to avoid putting up collateral on any centralized platforms, for instance by using prime brokerages instead. In short, they will want crypto to look more like Wall Street, if the exchanges allow it, he explained.

“There was a lot more trust in FTX than there was in Terra/Luna,” Taylor said. “You are now seeing some of the big players pull back not completely but try to have less collateral on centralized exchanges and think more about counterparty risk.”
暗号市場から逃げ出すトレーダーたち - Bloomberg
FTX取引所の破綻は、暗号通貨に対する投資家の信頼を低下させました。
・・・この記事の本文はまったく理解できませんでした。

2022/11/28、暗号通貨が値下がりしています。

ブロックファイ、会社更生手続き申請と流れています。11/16には暗号資産のジェネシス、資金調達失敗なら破産申請と伝えられました。11/15には、仮想通貨取引所のAAXが全取引を一時停止。

posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月23日

感謝の科学

The Science of Gratitude & How to Build a Gratitude Practice

The benefits of gratitude come from receiving it, not giving it


https://twitter.com/hubermanlab/status/1587936316116766720

Smart summary:
The major positive effects of gratitude mainly come from receiving gratitude, not giving it, according to data.
-------

Counter to what most believe, the major positive effects of gratitude (which are many, significant & impact psychology & physiology) mainly stem from receiving gratitude not giving it… or from observing others helping. That’s what the data show anyway. Either way, give thanks!

For details and sources: https://t.co/Aw0tG7Cc9W





posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月22日

英国でレストランや接客業の倒産が加速している


 
・・・・

日本の外食産業の売り上げを見ると、特に落ちてはいないようですが。
posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月21日

松戸市議会議員選挙 公明党が多い



・・・・

こんな動向ですと、国政選挙も望み薄です。
posted by ZUKUNASHI at 13:52| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月19日

日本のインフレ率は1982年以来最高

Inflation in Japan highest since 1982
A weak yen has been pushing up the cost of imported commodities
Japan’s consumer price growth accelerated to a 40-year high in October, driven by a weak national currency and imported cost pressures, government data showed on Friday.

According to the report, the nationwide core consumer price index (CPI) was up by 3.6% from a year earlier, showing the fastest pace of growth since 1982. Last month’s jump exceeded the 3.5% rise expected by economists and the 3% gain seen in September.

The rise in the index, which excludes volatile fresh food prices but includes oil products, confirmed that inflation remained above the 2% goal of the Bank of Japan (BOJ) for a seventh consecutive month.

The report indicated that foreign supply constraints have driven up the prices of imported food, industrial commodities and manufacturing parts. A fall in the national currency yen, which in dollar terms is down by more than 20% this year, has added to the woes.

Of the 522 items composing the CPI, 406 were more expensive in October than a year earlier. In September, the figure was 385.

Energy costs in the country soared by 15.2%, while food – excluding perishables – was up by 5.9%, the fastest rise in four decades.

Among food items, 88% were more costly than a year before, led by alcoholic drinks, such as beer and sake. Prices of household durable goods surged by 11.8%, their biggest rise since March 1975.

The BOJ has forecast average prices for the fiscal year to March 2023 will be 3% higher than in 2021-22 but that the rise for 2023-24 will be only half as great.

On Thursday, the regulator pledged to maintain monetary stimulus to achieve wage growth and sustainable and stable inflation. It will keep long-term interest rates around zero and short-term rates at minus 0.1%.

円安が輸入商品のコストを押し上げている
日本の消費者物価の上昇は、通貨安と輸入物価の上昇圧力により、10月には40年ぶりの高さにまで加速したことが、金曜日に発表された政府のデータで明らかになった。

それによると、全国の消費者物価指数(CPI)は前年比3.6%上昇し、1982年以来最も速いペースで伸びていることが明らかになった。先月の上昇は、エコノミストが予想した3.5%の上昇と9月の3%の上昇を上回った。

生鮮食品は除くが石油製品は含まれるこの指数の上昇は、インフレ率が7ヶ月連続で日本銀行(BOJ)の目標である2%を上回っていることを確認した。

海外からの供給制約により、輸入食料品、工業製品、製造部品の価格が上昇したことが指摘されている。ドル建てで今年20%以上下落している自国通貨円の下落が、苦境に拍車をかけている。

消費者物価指数を構成する522品目のうち、10月は406品目が前年より高くなった。9月は385であった。

国内のエネルギーコストは15.2%上昇し、生鮮食品を除く食品は5.9%上昇し、過去40年で最も速い上昇率だった。

食料品のうち、ビールや日本酒などのアルコール飲料を筆頭に、88%が前年より高くなった。家庭用耐久財の価格は11.8%上昇し、1975年3月以来最大の上昇率となった。

日銀は、2023年3月までの年度の平均物価は2021-22年度よりも3%高くなるが、2023-24年度の上昇率は半分にとどまると予想している。

木曜日、日銀は賃金上昇と持続可能で安定したインフレを達成するために、金融刺激策を維持することを約束した。長期金利をゼロ付近、短期金利をマイナス0.1%に維持するとしている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 22:01| Comment(0) | 社会・経済

助けてと言える勇気は凄い事


posted by ZUKUNASHI at 09:57| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月17日

道で無心される






いろいろ意見がありますね。

私は、道などで寸借を申し込まれたことはない(おそらく身なりからして対象にならないのでは)。
アルバイト先で知った人に一時的な借金を頼まれ、貸したことはある。何万円か焦げ付いた。

現役のころだが、地下街に降りる階段で弁当を食べている人に千円上げたことがある。外国でも物乞いに少し上げたことがある。

迷子に水とパンを買って与えたが食べなかった。

生活が苦しい年配者を知っているが、自分の暮らしから積極的に寄付をするような気持ちは乏しい。道で出会って頼まれれば、手持ちがあれば渡すかもしれない。

なんとか気前よく渡せるようになりたいものだ。
posted by ZUKUNASHI at 21:59| Comment(4) | 社会・経済

暗号は「完全に腐敗している」-ヌリエル・ルビニ氏

Crypto ‘totally corrupt’ – Nouriel Roubini
The famed economist has blasted the industry in the wake of the FTX fiasco
Renowned economist Nouriel Roubini has denounced the cryptocurrency market as an “ecosystem that is totally corrupt,” and described some of its big players as “con men” after a major exchange collapse.

Speaking at Abu Dhabi Finance Week on Wednesday, he criticized Binance CEO Changpeng Zhao, known as CZ, and called for his crypto exchange to become the subject of careful scrutiny from regulators.

There were “seven Cs of crypto: Concealed, corrupt, crooks, criminals, con men, carnival barkers, and finally, CZ,” Roubini said on Wednesday at a panel hosted by CNBC.

“The lesson of the last few weeks is these people should be out of here,” he added.

The cryptocurrency market is going through unprecedented turbulence after last week’s sudden collapse of FTX, one of the biggest crypto exchanges. It reportedly has more than 100,000 creditors, and liabilities of between $10 billion and $50 billion. Despite filing for bankruptcy, millions of dollars worth of crypto continued to be drained from FTX wallets over the weekend, further undermining trust in the industry.

Binance initially considered buying its failing rival before pulling out of the deal. Roubini, however, suggests that Binance is not much different to FTX.

“I can’t believe that CZ and Binance have a license to operate in the UAE. He’s banned in the UK, he’s under investigation by the US Justice Department for money laundering,” Roubini said.

Binance was banned in the UK in late June, while regulators in Singapore forced the company to limit its service in the country. In the US, it operates through a spin-off company, Binance US, which has been under scrutiny since May.

Roubini, a New York University professor and chief executive of Roubini Macro Associates, came to prominence after predicting the financial crisis of 2008-09 and was dubbed ‘Doctor Doom’ by Wall Street.
有名な経済学者は、FTX騒動をきっかけに業界を非難しています。
有名な経済学者であるNouriel Roubini氏は、暗号通貨市場を「完全に腐敗した生態系」と非難し、主要な取引所の崩壊後にその大手企業のいくつかを「詐欺師」と表現しました。

水曜日に行われたアブダビ・ファイナンス・ウィークで、彼はバイナンスのCEOであるCZことChangpeng Zhao氏を批判し、彼の暗号取引所が規制当局の慎重な監視の対象になるよう呼びかけました。

暗号には「7つのC」があった。Concealed, corrupt, crooks, criminals, con men, carnival barkers, and finally, CZ」Roubini氏は水曜日にCNBCが主催したパネルで語った。

"ここ数週間の教訓は、これらの人々はここから出て行くべきだということだ "と彼は付け加えた。

暗号通貨市場は、先週、最大の暗号取引所の1つであるFTXが突然崩壊した後、前例のない乱気流を経験している。10万人以上の債権者と、100億ドルから500億ドルの負債があると伝えられている。破産を申請したにもかかわらず、週末には数百万ドル相当の暗号がFTXのウォレットから流出し続け、業界の信頼はさらに損なわれた。

バイナンスは当初、破綻したライバルの買収を検討していたが、その後、買収を取りやめた。しかし、ルービニ氏は、バイナンスはFTXと大差ないことを示唆している。

"CZとバイナンスがUAEで営業許可を持っているなんて信じられない。英国では禁止されているし、マネーロンダリングで米司法省の調査を受けている」とルービニ氏は言う。

バイナンスは6月下旬に英国で禁止され、シンガポールの規制当局は同国でのサービスを制限するよう同社に迫った。米国では、スピンオフ会社であるバイナンスUSを通じて運営されており、5月以降、監視の目が向けられている。

ニューヨーク大学教授でルービニ・マクロ・アソシエイツの最高経営責任者であるルービニ氏は、2008〜09年の金融危機を予測し、ウォール街から「ドクター・ドゥーム」と呼ばれ、注目を浴びた。

・・・・

暗号通貨の関係者は客を呼び戻そうと必死の努力です。値段も少し持ち直していますが、もう元には戻らないでしょう。

FTX panic spreads to other crypto platforms
Gemini is reportedly facing a liquidity crunch as clients demand their money after FTX filed for bankruptcy
The fallout from the rapid collapse of the FTX cryptocurrency exchange could result in more companies in the industry facing severe liquidity issues. Gemini, owned by the Winklevoss brothers, is suffering a rush on withdrawals.

According to data from blockchain analytics platform Nansen, in the past seven days, Gemini has registered $682 million in net outflows, with $485 million withdrawn in the last 24 hours of the survey. 

The company, which was founded by Cameron and Tyler Winklevoss, has been trying to calm crypto investors, announcing on Wednesday that it would halt withdrawals on its Earn accounts that provide interest. Its lending partner for the Earn accounts is Genesis, one of oldest and most well-known crypto brokers.

“We are aware that Genesis Global Capital … has paused withdrawals and will not be able to meet customer redemptions within the service-level agreement (SLA) of 5 business days,” Gemini said, adding that they are working to help customers redeem their funds from the Earn program “as quickly as possible.”

Crypto exchange Genesis confirmed on Wednesday that it has stopped customer withdrawals and issuance of new loans as a result of investor panic.

On November 9, two days before FTX filed for bankruptcy, Cameron Winklevoss issued a thinly veiled criticism of FTX, tweeting: “We do not do anything with your funds unless explicitly authorized and directed to do so by you. Regulatory oversight is important as it ensures that companies like Gemini do what they say they do.”



posted by ZUKUNASHI at 09:04| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月15日

カルト蔓延列島 3







5日から政府合同相談窓口 旧統一教会問題、30日まで














統一教会との関与が示された議員・知事ら121名一覧。現職閣僚から首相経験者まで






posted by ZUKUNASHI at 18:28| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月14日

電気自動車は暴走する

posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(1) | 社会・経済

日本の暗号通貨投資家にやっと動き






・・・暗号通貨は、ビットコインも含めて2022/11/13も下がっています。

機関投資家、仮想通貨と永久に決別か−FTX危機がとどめに
・ 「機関投資家のアセットアロケーションに仮想通貨は適さない」
・ 「分散投資として仮想通貨に投資する議論は少し前に死んだ」
posted by ZUKUNASHI at 07:13| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月13日

崩壊した暗号通貨大手から数億ドルが消失

Hundreds of millions vanish from collapsed cryptocurrency giant
An estimated $662 million in digital assets has reportedly been withdrawn from FTX in ‘unauthorized transactions’
Failing cryptocurrency exchange FTX has begun moving assets offline, after more than $600 million in tokens was allegedly pilfered from the digital wallets on its platform.

After filing for bankruptcy protection from creditors on Friday, FTX “initiated precautionary steps to move all digital assets to cold storage,” said Ryne Miller, general counsel for the firm’s US arm. “Process was expedited this evening to mitigate damage upon observing unauthorized transactions.”

However, considerable damage had already been done. According to an estimate by blockchain research firm Nansen, $662 million flowed out of FTX’s US and international exchanges. The firm’s main wallet, which was used to process withdrawals, was drained of its entire balance of 45.8 million FTT tokens, worth an estimated $97.2 million, Nansen said.

A separate review by another analytics firm, Elliptic Connect, pegged the thefts at $473 million. The FTX community administrator on Telegram said the exchange had been hacked. FTX applications are infected with malware, according to the administrator, which also warned followers against loading the exchange’s website.

The Bahamas-based FTX and about 130 affiliated companies commenced Chapter 11 bankruptcy proceedings on Friday in Delaware. The firm also announced that Democratic Party donor Sam Bankman-Fried had resigned as CEO.

Bankman-Fried, who reportedly ranked behind only billionaire political activist George Soros in 2022 pledges to Democratic Party candidates, saw his entire $16 billion fortune wiped out this week, according to Bloomberg, which called the collapse “one of history’s greatest-ever destructions of wealth.”

Miller, the general counsel, said the exchange was “investigating abnormalities with wallet movements related to consolidation of FTX balances across exchanges.”

推定6億6200万ドルのデジタル資産が「不正取引」でFTXから引き出されたと報告されています。
破綻した暗号通貨取引所FTXは、そのプラットフォーム上のデジタルウォレットから6億ドル以上のトークンが盗まれたとされ、資産をオフラインに移行し始めました。

金曜日に債権者から破産保護を申請した後、FTXは「すべてのデジタル資産を低温倉庫に移動するための予防措置を開始した」と、同社の米国部門の顧問弁護士であるRyne Miller氏は述べています。「不正な取引が確認されたため、被害を軽減するために今晩、処理を急ぎました」。

しかし、すでにかなりの被害が発生していた。ブロックチェーン調査会社ナンセンの推定によると、FTXの米国および海外の取引所から6億6200万ドルが流出した。出金処理に使われた同社のメインウォレットからは、推定9720万ドル相当の4580万FTTトークンの全残高が流出したと、ナンセンは述べている。

別の分析会社Elliptic Connectによる別のレビューでは、盗難額は4億7300万ドルに上るとされている。テレグラムのFTXコミュニティ管理者は、取引所がハッキングされたと述べた。管理者によると、FTXのアプリケーションはマルウェアに感染しており、同取引所のウェブサイトを読み込まないようフォロワーに警告も発している。

バハマに拠点を置くFTXと約130の関連会社は、金曜日にデラウェア州で連邦破産法第11条の手続きを開始した。同社はまた、民主党の献金者であるSam Bankman-FriedがCEOを辞任したことを発表した。

ブルームバーグによると、バンクマン=フリード氏は、民主党候補者への2022年の献金額で、億万長者の政治活動家ジョージ・ソロス氏に次ぐ地位にあったとされ、今週、160億ドルの全財産が一掃された。同誌はこの破綻を「史上最大の財産破壊のひとつ」と呼んだ。

顧問弁護士のミラーは、取引所が "取引所間のFTX残高の統合に関連するウォレットの動きで異常を調査している "と述べた。



posted by ZUKUNASHI at 07:41| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月12日

日本人の暗号資産保有率は11%と最も高い 民間調査

日本人の暗号資産保有率は11%と最も高い ソース

20代男女で仮想通貨を50万円分以上持っている方が全体のおよそ8%。ソース

これはなかなか容易ではないです。20代ですから取り返しがつきましょうが。




日本のビットコイン取引量は、世界上位。ソース







#FTXがハッキングされた
取引所から 3 億 8,300 万ドルが引き出されました。ハッカーは脆弱性を利用し、ウォレットから大量の送金が行われました。
スマートフォンにアプリがある場合は、念のためアンインストールしてください。
posted by ZUKUNASHI at 20:29| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月10日

日本のメディアは低劣な記事ばっかり



posted by ZUKUNASHI at 11:27| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月06日

日本人に冬の電力使用量削減を要請する可能性-メディア

Japanese may be asked to cut winter power use – media
The curbs could reportedly help avert blackouts
The Japanese government plans to call on households and businesses to save electricity when possible, starting from December, NHK broadcaster reported this week, citing an “unpredictable” power supply situation.

According to the report, Tokyo says utilities are likely to secure a reserve power supply capacity rate of 3%, the minimum needed for a stable supply nationwide. However, procurement costs of liquefied natural gas remain high. Officials are reportedly blaming Russia’s military operation in Ukraine for the higher costs.

“The government will endorse on Tuesday a request for households and businesses to save power between December and March, without going out of their way to do so,” NHK reported, noting that a similar request had been made in the summer, when demand for power surged as temperatures went up.

The media outlet quoted the authorities as saying that if all households manage to cut energy consumption by 1%, enough electricity could be saved to power 15,000 convenience stores for a day. “The government will ask that people layer their clothes indoors and switch off lights that are not in use.”

Tokyo also believes that a 1% cut in electricity use by all offices would be enough to power some 100 thousand households, according to NHK. It reportedly plans to ask companies to reduce their use of lights and air conditioning when possible.

Russia accounts for around 10% of Japan’s LNG imports annually. The East Asian nation has drastically increased energy purchases from Moscow in recent months amid growing fears of a shortage, data shows.

停電を回避できる可能性があるとの報道
NHKが今週報じたところによると、日本政府は12月から家庭や企業に可能な限り節電するよう呼びかける方針で、その理由として電力供給の状況が「予測不可能」であることを挙げています。

それによると、東京電力は全国的に安定供給に必要な最低限の予備電源率である3%を確保する見込みだという。しかし、液化天然ガスの調達コストは高止まりしている。関係者は、ロシアのウクライナでの軍事作戦がコスト上昇の原因だと報じている。

NHKは、「政府は12月から3月にかけて、家庭や企業に無理な節電をしないよう求める要請を火曜日に承認する」と報じ、気温の上昇で電力需要が急増した夏にも同様の要請が行われたと指摘した。

同メディアは、全家庭で消費電力を1%削減できれば、コンビニエンスストア1万5千店の1日分の電力を節約できると当局が述べたことを引用している。「政府は、室内で衣服を重ね着し、使用していない照明のスイッチを切るよう要請する予定だ。

また、NHKによると、東京都は、すべてのオフィスの電気使用量を1%削減すれば、約10万世帯の電力をまかなうことができると考えている。また、企業に対しても、可能な限り照明やエアコンの使用を減らすよう要請する予定だという。

ロシアは日本のLNG輸入量の約1割を占めている。東アジアの国は、不足の懸念が高まる中、ここ数ヶ月、モスクワからのエネルギー購入を大幅に増やしていることがデータで示されている。

・・・何を伝えたいのか、よくわからない記事です。
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | 社会・経済

to produce ONE Tesla battery



posted by ZUKUNASHI at 00:02| Comment(0) | 社会・経済

2022年11月05日

「慰安婦」は'20年代から





https://twitter.com/D9bf0NRDYrL21Ba/status/1585497518216925185
posted by ZUKUNASHI at 00:12| Comment(0) | 社会・経済