国際・政治: ずくなしの冷や水

2017年01月19日

ミャンマーの警察が少数民族ロヒンギャに暴力

FARSNEWS2017/1/4
Video Shows Torturing of Rohingya Muslims by Myanmar Police Force



TEHRAN (FNA)- Graphic footage has emerged on social media showing several Myanmar policemen kicking and beating two Rohingya Muslim villagers in Rakhine State who were among dozens of people who were instructed to line up for questioning. [VIDEO]

アウンサンスーチーの責任が問われる。

FARSNEWS2017/1/19
Iranian FM Asks UN to Focus on Rohingya Crisis

TEHRAN (FNA)- Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif deplored the crimes committed against the Rohingya Muslims in Myanmar, and asked the UN to focus on the issue as a priority.

Zarif made the remarks in Kuala Lumpur on Thursday, addressing an Extraordinary Session of the Organization of the Islamic Cooperation (OIC) Council of Foreign Ministers on the Situation of the Rohingya Muslim Minority in Myanmar.

Zarif called on the World of Islam to be united in supporting the Rohingya Muslims who have been deprived of the right of citizenship and are suffering from systematic discrimination and violence while there is a widespread hatred against them in country.

Zarif said that supporting the Rohingya Muslim minority is a collective responsibility of all Muslim nations.
posted by ZUKUNASHI at 23:04| Comment(0) | 国際・政治

テヘランで17階建てビルが炎上、倒壊

FARSNEWS2017/1/19
Raging Fire Destroys Old Building in Central Tehran








高層ビルの火災は怖いです。この事故はテロの可能性はないと市の当局者が述べています。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りし、ご家族に哀悼の意を表します。

TEHRAN (FNA)- A 17-storey building collapsed in Central Tehran on Thursday after a fire incident set it ablaze for less than 4 hours.
posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(0) | 国際・政治

ユーラシア大陸の鉄道網 復活か



[ロンドン 18日 ロイター] - 中国を出発した貨物列車が18日、約1万2000キロを走破して初めて英ロンドンに到着した。欧州との通商関係を強化したい中国にとって大きな前進となった。

列車は卸売業が盛んな中国東部の都市、浙江省義烏市を出発し、18日間かけてロンドン東部のバーキング駅に到着した。

列車は途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランド、ドイツ、ベルギー、フランスを経由。英仏海峡トンネルを経てロンドンに到着した。積み荷は家財道具や衣類、布地、バッグといった商品だという。

中国が2013年から始めた「一帯一路」構想の一環として、同国と鉄道網で結ばれた欧州の都市は、ロンドンが15カ所目となる。

・・・引用終わり・・・

2016/2/14に、6462マイルを旅した中国からの貨物列車がイランの首都テヘランに到着しています。

イランがアゼルバイジャン経由でロシアの鉄道網とつながろうとしています。カザフなどの中央アジアとも鉄道連結の動き。海路よりも確実なのかも知れません。

posted by ZUKUNASHI at 16:27| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月17日

US has increased efforts to recruit Russian diplomats in recent years – Lavrov

RT2017/1/17
US intelligence agencies have been actively trying to recruit senior Russian diplomats over the past several years, according to Russian Foreign Minister Sergey Lavrov, who also said that US diplomats in Russia have engaged in espionage.

“If we talk about recruitment techniques, we did not publicize the full statistics on that. But most recently, in the past few years, especially during the second term of Obama's administration, that unfriendly activity towards our diplomats has been growing in scale,” Lavrov said at a news conference on Tuesday.

According to the minister, US diplomats in Russia have also engaged in espionage and actively participated in the rallies held by the Russian opposition forces.
posted by ZUKUNASHI at 17:22| Comment(0) | 国際・政治

コービン クリスマスソングは盛り上がりに欠けたが

※ 太陽のイビキ ‏@taiyonoibiki 氏の2017/1/17のツイート
Jeremy Corbyn accused of being Russian "collaborator" for questioning NATO troop build-up on border https://interc.pt/2jWFr9Z by @ggreenwald

Jeremy Corbyn Accused of Being Russian “Collaborator” for Questioning NATO Troop Build-Up on Border
Glenn_Greenwald
posted by ZUKUNASHI at 14:29| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月16日

イランのソレイマニがイラクのエルビル視察後ISISの攻撃を予見していた

イランの諜報組織を率いるソレイマニは、軍事戦略に通じており、イラクやシリアはソレイマニの助言を高く評価しています。アレッポの陥落時にソレイマニはアレッポにいてアレッポ城を視察しています。

イランは、米国による経済制裁で苦しみ、今も米国やイスラエルと対決姿勢を緩めていません。国内が全体として緊張状態にあるのでしょう、政府、軍要人の発言は常に激しいものがあります。

ソレイマニは、サウジの王子が実の父親である王を殺害して王位に付くとの観測を示したり、発言、行動が注目されています。

この記事に出てくるイラククルドのバルザーニは、サウジから巨額のカネを贈られていたことが曝露されています。

FARSNEWS2017/1/16
Kurdish Media: ISIL's 2014 Attack against Erbil Warned by General Soleimani 10 Days Earlier

TEHRAN (FNA)- Commander of the Quds Force of Iran's Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Major General Qassem Soleimani had traveled to Erbil 10 days before the ISIL attack on the region in August 2014 and warned the Kurdish officials of the aggression.

Kurdish media quoted a number of military sources as saying that General Soleimani visited Erbil 10 days before the ISIL terrorist group attacked the three little towns of Guwair, Khazar and Makhmour between Mosul and Erbil and warned President of Iraq's Kurdish Regional Government Masoud Barzani of ISIL's likely offensive after traveling to the region.

According to the military sources, Soleimani warned Barzani that the situation of the fronts he had visited displayed that the ISIL would likely attack Erbil and prevent its advance would be much difficult.

General Soleimeni, meantime, told Barzani that the Pishmerga forces were not ready and familiar with the ISIL tactics to resist against them, said the sources.

According to the report, upon his return to Tehran, General Soleimani also warned representatives of the Kurdish groups in Iran about the possibility of the attack but they ignored the warnings like Barzani.

Between 1 and 15 August 2014, the ISIL expanded Northern Iraqi territories under their control. In the region North and West from Mosul, ISIL occupied Zumar, Sinjar, Wana, Mosul Dam, Tel Keppe and Kocho, in the regions south and east of Mosul the towns Bakhdida (or Queragosh or Qaraqosh), Karamlish, Bartella and Makhmour.

The offensive resulted in 100,000 Iraqi Christians driven from their homes, 200,000 Yazidi civilians driven from their homes in the city of Sinjar, 5,000 Yazidi men massacred, 5-7,000 Yazidi women enslaved, and a war of several countries against ISIL.
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | 国際・政治

英国国防相はこんなウソを平気でつく

RT2017/1/16
2mn people freed from ISIS rule in last year, Fallon claims

Two million people have been liberated from Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) rule in the last 12 months, according to UK Defense Secretary Sir Michael Fallon.

In a Ministry of Defense (MoD) statement, Fallon said the US-led coalition has made substantial progress in Syria and Iraq.

“In the last year, over two million people have been freed from Daesh [IS] rule by Iraqi and moderate Syrian Democratic Forces, backed by coalition air power,” Fallon claimed.

“Britain is stepping up in the fight against Daesh: the Army has helped train over 32,000 Iraqi forces − and, in a controlled and precise manner, the RAF is taking out Daesh and working hard to minimize casualties in a very difficult, dense urban environment.

“Working with allies we will keep momentum, push Daesh out of Mosul, encircle Raqqa and eventually end Daesh’s reign of terror,” he said.

The UK officially began bombing Syria in December 2015 after a controversial parliamentary vote on extending airstrikes from Iraq, where the Royal Air Force (RAF) had already been operating at the request of the Baghdad government.

Key to the pro-war argument was Britain’s supposedly “unique” capacity to use Brimstone missiles.

However, as of July 2016, and despite one recorded use, it did not appear that Brimstone had killed any terrorists, according to Freedom of Information requests by the Huffington Post.

“This information contrasts dramatically with the case made by the Prime Minister [then David Cameron] for bombing when he said that the much-lauded Brimstone missile system would be crucial in cutting off the ‘head of the snake’ in Raqqa [the nominal IS capital],” Scottish National Party (SNP) foreign affairs spokesman Alex Salmond MP told the Huffington Post at the time.

The UK also has troops stationed in the region providing infantry training to local militias and is involved in conducting airstrikes in Iraq and Syria.

A number of British citizens, some of them former soldiers, have also become involved in fighting alongside the Free Syrian Army and Kurdish militias.

Last week, former British soldier Robert Clark, who was recently sentenced under the Terrorism Act for failing to give police the security pin to his smartphone at Heathrow Airport while attempting to fly to Iraq, told RT how he was prevented from joining the fight against Islamic State.

The 23-year-old from Carmarthenshire, Wales, who served four years in the British Army, said it was wrong to arrest him because he does not pose a security threat to the UK. The real danger, he says, is home-grown Islamist extremism.

“If you just look in the media… you see people going out to fight with ISIS. If they’re not stopping them but they’re stopping me then there’s something a bit wrong.

“They knew exactly what I was doing… but there’s people going out there which they don’t know about going to ISIS camps, and they’re wasting time arresting me, doing all this court case, just wasting police time, when they could be following up on people who they need to be following up on,” Clark said.

Britons who have managed to reach the frontlines in Iraq and Syria risk being killed in the fighting. Earlier in January, it was reported that the body of British chef Ryan Lock, who last year travelled to Syria to join the Kurdish militias, was recovered and may soon be repatriated to Britain.

Lock, from Chichester, was reportedly killed during fighting on December 21, and was the third Briton to die in battle alongside the Kurds.
posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(0) | 国際・政治

アレッポ解放で大きく変わった情報戦と国際勢力関係

ツイッターなどのSNSの世界を流れる情報が様変わりしています。ここ1年と3ヶ月シリア情勢を追ってきましたが、情報源はRT、FARSNEWS、PRESTV、クルド系のサイト、そして一部の方のツイートでした。

ツイートでは信頼感のあるものが少なくて、当初はまったく参照できませんでした。そのうち、太陽のイビキ@taiyonoibiki氏のツイートを見つけ、衣笠書林@猫の生活が第一@syuugoro2氏のツイートも参照していましたが、とにかく大手マスコミの情報が全部デタラメに近い有様で、頼りはロシア、イラン系の英語ニュースサイトでした。

アレッポ陥落後、的確な事実把握に基づいたツイートも増えました。シリア問題についてこんなに論じている日本人が多かったかなと驚くほどです。

ツイッターに流れる情報は、評価、選別が難しいことは、米国大統領選でも痛感しました。RTがよく取り上げていましたが、ほとんどがヒラリーに関するもの、アサンジがトランプに関してはヒラリーと違って何もないと述べていますが、RTの報道に依存しすぎて大局を読み取ることができませんでした。

太陽のイビキ@taiyonoibiki氏は、米国大統領選についてもツイートしていますが、もっと詳しく教えて欲しかったと今思います。当方のフォローが足りなかっただけなのですが。

米国大統領選については、別の意味で大きな収穫もありました。日本語メディアの情報のいい加減さをいやというほど見せ付けられましたし、金融などの専門家と称する人達も、まったく選挙情勢を読み違えていた上に選挙後の相場の動きが彼らの予想と正反対に動きました。

米国の選挙情勢すら、トランプが勝つ可能性も半分近くあると見通せなかったのです。それでよくアナリストが務まるね、と皮肉りたくなりますが、ジョージ・ソロスも大統領選を巡り巨額な損を出したといいますから、自分の金も賭けないサラリーマンアナリストにそれ以上を求めるのは酷な話なのかもしれません。

面白いのは、トランプが勝って、今年に入った頃からでしょうか、米国政治に関して目を引くツイートをする人が増えました。ええーっ、こんなに正しい判断をしておられるのなら、大統領選の前に見つけておきたかったと思いますが、それらの方の昔のツイートを追うところまではやっていません。

トランプは、今既にツイッターを活用していますし、就任後も活用するそうです。

今、管理人が断言できるのは、最新の確度の高い情報を得るには、英語のサイトやツイートの中から信頼できるものを選ぶ、そしてそれを追うことしかないということです。

情報を継続的に追うことにより、誰が正しく、誰がデタラメを言っているかが分かります。真実は、相互に矛盾がありません。

以下は、シリア関係で管理人が書いた記事の主要なものです。ほとんど読む人はいませんでしたが、自分が世界の動きを認識する上で欠かせない記事だったと、今は思います。

2016/12/20の記事「アレッポ東部からテロリストを運ぶ車列は救急車を先頭にそろそろと行った」は、画像を集め整理して手間がかかりましたが、張り合いのある記事でした。1年余の戦いの経過を知らなければ、あまり感じることもないでしょうが。

アレッポの解放後、中東を中心に国際勢力関係が大きく変わりつつあります。エジプト、サウジ、湾岸諸国、トルコなどが揺れ、イランは中東での地歩を高めつつあります。「劇場やテレビでは観ることのできない世界の超一流豪華キャストによるリアルタイムドラマ」、世界の人々の不幸が消えることを願って追い続けます。

2017年01月05日
うわーっ 頭が混乱する! シリア関連ツイート

2017年01月03日
トルコはどう動く 二幕目

2016年12月29日
ツイッターのホント 信頼に足る情報の見分けに知識と手間がかかる

2016年12月20日
エルドアンはシリアの泥沼からプーチンの手を借りて這い出たか

2016年12月26日
ツイッターのウソ その2 シリアのアンネフランク

2016年12月20日
アレッポ東部からテロリストを運ぶ車列は救急車を先頭にそろそろと行った

2016年12月14日
アレッポの戦闘が終わるまで

2016年12月07日
エルドアンの眠れぬ夜

2016年11月30日
シリア政府軍 アレツポを事実上解放
posted by ZUKUNASHI at 19:57| Comment(0) | 国際・政治

中東に大きな変化の兆し サウジがイランに会談提案 イエメンがロシアとエジプトに軍事面の協力を要請

2017/1/14のFARSMEWSによると、イエメン軍がロシアに軍事アドバイザーの派遣とテロリズムとの戦いのための戦闘機の配備を求めたと伝えられています。

the Yemeni army commanders have also urged the Russian army to enhance its cooperation with Sana'a and send a number of military advisors to the war-hit country, saying that they have also called on Moscow to deploy its fighter jets in Yemen to be used in the war against terrorism.

また、サウジは、クェートを介してイランに湾岸協力会議メンバーとの会談を求める予定と伝えられています。

サウジは、シリアとイエメンで泥沼にはまっており、そこを這い出るためには宿敵と交渉をせざるを得ないと判断したもののようです。

オペックの生産削減交渉ではサウジが譲歩してイランは経済制裁前の生産水準を確保すること成功したと見られます。イラン発の報道では、アジアなどへの石油販売を拡大しており、湾岸諸国には手ごわい競争相手となっているはずです。

アレッポ陥落、オバマ退場で舞台は大きく変わり始めました。

欧米のマスコミが何を伝えようと、中東の人々は正しい情報を選択して、誰が信用できて、誰が信用できないかしたたかに見抜いています。

そうでなければ、命が危うくなるのです。日本のマスメディアを見ていては、世界の動きは分かりません。佐藤某氏の「妄想」などに付き合っている暇はありません。

イランが数週間以内にもアゼルバイジャンと鉄道線路をつなぎ、イランからロシアへ列車が運行できることになると発表しています。ロシアにとっては東アジアとの間の貨物輸送の便が格段に向上します。

イランは、さらにタジキスタン、トルクメニスタン、カザフスタンとも線路連結の交渉をしているそうですから中央アジアへの貨物輸送のゲートウェイはイランということになりそうです。

Astaraという町で線路をつなぐらしいのですが、地図を見ても線路が見当たりません。数ヶ月前にイラン、ロシア、アゼルバイジャンの三国首脳会議が開かれていますが、これが議題の一つだったのですね。
posted by ZUKUNASHI at 02:13| Comment(0) | 国際・政治

米国がシリア政権打倒のためにISISを作ったことが信じられないという方に

次の記事をお勧めします。

The Last Refuge
Absolutely Stunning – Leaked Audio of Secretary Kerry Reveals President Obama Intentionally Allowed Rise of ISIS…

この記事の冒頭に次のようにあります。

なにか調べ物をしていて、その問題の広がりに気付いて口あんぐりのことがある。国務長官ケリーの音声テープは、まさにそんな機会だと。

There are moments within investigative research when your jaw can stand agape as you recognize the scope of what you are reading or hearing. A brutally down-played audio of Secretary John Kerry is just such an occasion.

平易な英語で書かれていて、内容はよく整理されています。
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(4) | 国際・政治

2017年01月14日

Superbug resistant to every antibiotic available in US kills Nevada woman

RT2017/1/13
A woman in Nevada died when a superbug she picked up in India proved resistant to every antibiotic available in the US, according to the Centers for Disease Control and Prevention.

A woman in Nevada died when a superbug she picked up in India proved resistant to all 26 antibiotics available in the US, according to the Centers for Disease Control and Prevention (CDC).

The account of the unnamed woman’s death was made public on Friday in the CDC’s Morbidity and Mortality Weekly Report.

Public health officials said a 70-year-old resident of Washoe County arrived in the US in August last year after an extensive visit to India. She was admitted to an acute care hospital on August 18 and isolated with a resistant bacterial infection from a wound that had spread throughout her system.

“It was tested against everything that’s available in the United States… and was not effective,” Dr Alexander Kallen, a medical officer with the CDC who first reported the discovery of the superbug, told health news site Stat.
posted by ZUKUNASHI at 02:07| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月13日

東欧寒波で死者続出 ホームレスと移民に大きなリスク

少し前にサウジアラビアで雪。
英国で、東欧で大雪になっているようです。

FARSNEWS2017/1/12
TEHRAN (FNA)- Authorities dug out stranded residents as heavy snow blanketed Eastern Europe and people struggled with travel delays, power outages and subzero temperatures amid warnings that homeless people and migrants were among those most at risk.

The recent cold snap has now been blamed for at least 73 deaths, and seen the lowest temperatures for decades in some parts, National Herald reported.

Poland, the country hit hardest by the deep freeze, reported two more deaths as havoc spread to many countries across the region.

Greece’s navy sent a ship to the island of Lesbos to house some 500 refugees and migrants.

A medical association on the island said conditions at the main camp there were “inhuman,” with migrants in tents exposed to freezing temperatures.

Rights group Amnesty International urged the European Union and the Greek government to move migrants from the Greek islands to the mainland and launched an online petition.

Swaths of Northern and eastern Bulgaria were paralyzed by snowdrifts that blocked roads and left 117 towns and villages without electricity. The main highway linking the capital Sofia with the Black Sea port of Burgas was closed.

Bulgarian soldiers used heavy machinery to clear major roads, rescue stranded people and supply remote villages with food and water.

The energy ministry said that it had turned down emergency requests for power from neighbors Greece and Turkey to avoid the possibility of having to ration electricity for domestic customers.

In Kosovo, police said a homeless man was found dead, apparently from hypothermia, the second cold-related fatality reported in that country.

As temperatures plummeted to minus 25 Celsius (minus 13 Fahrenheit), there were power outages in many areas. Meteorologists said it was the coldest weather since 1963.

Snow continued to cut off communities in Southern Albania where the death toll since the cold snap began stood at nine, most of them homeless people.

Army helicopters and emergency authorities were distributing aid to remote mountain areas, while military and civil heavy vehicles helped clear snowbound roads.

In Romania, blizzards closed more than 130 roads and caused huge delays and cancellations on the railways.

Thousands of commuters rode the Bucharest subway, while others walked on the streets as snow piled high on the sidewalks. Several people were seen skiing.

In Serbia, where six deaths were blamed on the recent cold, authorities evacuated 130 snowbound residents.

Dozens of vehicles rescued people stuck in snowdrifts. In Bosnia, authorities said four elderly people had died of hypothermia since Jan. 2

Moldova border police temporarily closed seven border crossing points with Ukraine because of heavy snowfall.

Schools were closed in the worst-affected areas of Serbia and Romania and also on the Greek island of Lesbos.
posted by ZUKUNASHI at 01:29| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月12日

米国の内なる戦いに暴力は登場しないのか

米国大統領選でトランプが勝利したことは、一部のメディアや専門家は事前に予想していたところだったようです。クリントンが勝ちそうだとヒヤヒヤ、ビクビクしていたのは、情報操作に乗せられた私だけだった?

殺人鬼とスケベオヤジとどっちを選ぶかとなれば、当然スケベオヤジに決まっている、というのはある読者の言。

私のような老人は、トランプがモスクワで娼婦とゴールデンシャワーで遊んでも、あっ、そう、そんな遊びもおもしろいかも と思うだけだが、米国人はずいぶん強い関心を持つらしい。大きなメデイアが本気で伝えたりしている。

トランプの当選が決まってから、即反トランプデモやネガティブキャンペーンが始まり、クリントン側や政権当局者がなんでもロシアのせいにして責任逃れをするのを驚きの目で見ていたが、選挙から2ヶ月近く経過するのに一向に収まらない。

これまでのオバマ政権の政策を形作ってきた戦争屋、あるいはネオコンの見込み違いはよほど大きなものがあるらしい。トランプ政権がロシアと関係改善し、国内政策に重点を置くことが、自分たちの政治的・社会的地位、経済的利益の喪失に直結すると大変な危機感を持っている人達が多く、それらがカネに糸目をつけずに反トランプの活動を行っている。

クリントン陣営の内部情報を漏らしたと見られる人は、次々と消されている。殺人鬼を推す陣営だから当然といえば当然だが、今の反トランプ陣営の熱の高まりをみていると、これがどう収まるのか見当がつかない。

内戦になるとの見方も出ているが、やるならISISのテロリストを米国内に空輸してやってほしいものだ。

武器を使う戦いとなれば、暗殺合戦だ。今のトルコのように?

トランプは、ビジネスマンとしての経験を踏まえて自分で考えて話しているし、対応している。彼の政策の根幹は揺らがないのではないか。

国内的な緊張がどんな形で解消されるだろうか。

RT20171/13
Clinton backer Soros lost $1bn in stock market surge post-Trump win – report
Billionaire hedge fund manager and avid Hillary Clinton supporter George Soros lost $1 billion dollars in the wake of Donald Trump’s election victory after the stock market surged in reaction to the shock result, according to a report by the Wall Street Journal.
posted by ZUKUNASHI at 19:34| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月10日

シリアのイドリブで米軍B52が爆撃

2017/1/3、イドリブ州のトルコ国境に近い街、Sarmadaを米軍がB-52で空爆したとされます。米軍は、ここ数ヶ月イラク、シリアで散発的に空爆を繰り返しています。空爆の意図についての情報はありませんが、今回は空爆の場所からして意図を推し量ることができます。

次の図のトルコ国境通過点とあるのは、トルコからテロリストへの物資、人員供給のメインルートです。この国境はテロリストが支配しています。

トルコ国境に近いこの街は、テロリスト側が物資等の集散拠点として使っているでしょう。右上のバルーンあるDarat Izzaは、2016/11/11にロシア空軍が夜間爆撃を行った場所です。

東西、南北ともに1km強しかないこの街をなぜ米軍がB-52で爆撃したか。別にISISやアルヌスラをつぶそうとしてやっているのではなく、証拠隠滅です。

トランプになって和平交渉が進展し、テロリストの拠点が明け渡されたときに困る何か、つまり米軍兵士などが詰めていた作戦司令部のようなものがあるのか、あるいは生き証人になっては困る人物がここに潜んでいるかのどちらかです。

オバマは、政権を渡す日が近づくにつれてほとんど発狂状態とされています。ケリーも、カーターもおかしくなっています。米国は中東外交でロシアに負け、中東では米国に距離を置きロシアに接近する国が増えています。

負け戦の責任者として退陣を迫られる、歴史に残る惨めな政権の結末になるでしょう。発狂するのも無理ありません。

RT2017/1/10
US B-52 bombed Idlib, Syria, killing over 20 civilians – Russian MoD
More than 20 civilians were killed in a B-52 strike carried out by the US on the Idlib province in Syria on January 3, according to Russian Chief of the General Staff Valery Gerasimov.

“As we remember, in September last year, the US aviation carried out an attack in the Deir-ez-Zor targeting government forces. After this attack, Islamic State started its advance,” Gerasimov said during a Defense Ministry meeting, as cited by RIA Novosti news agency.

“The latest example of this is the January 3 airstrike, when a B-52 bomber – without warning the Russian side – hit a target in the town of Sarmada, Idlib Province, which is covered by the cessation of hostilities agreement. Over 20 civilians died as a result of the airstrike.”

The September airstrikes by the US-led coalition killed 62 and injured 100 Syrian soldiers near the Deir ez-Zor airport, a vital supply conduit for the enclave besieged by Islamic State (IS, formerly ISIS/ISIL) forces.

In November the US Central Command described the incident as “unintentional, regrettable error,” which was "primarily based on human factors."

READ MORE: Pentagon chief claims US fighting ISIS alone, Russia doing ‘virtually zero’ in Syria

Russia was notified of the planned strike via the “de-confliction” hotline, but was given the wrong location, said Brigadier General Richard 'Tex' Coe, who headed the CENTCOM investigation.

When Russian officers called the hotline to report the strikes were targeting Syrian positions, they were kept on hold for 27 minutes because the US officer who was the designated point of contact was not available. The bombing continued in that interval, according to Coe, and stopped once the Russian message went through.

During the Tuesday briefing, Gerasimov slammed the Western coalition in Syria for failing to achieve “any meaningful results" adding that "at the same time, significant numbers of victims among the civilian population and government forces were reported."

At the same time, the operation carried out by the Russian Aerospace Forces since September 30, 2015, "has turned the ride of the Syrian war", Gerasimov said.

アレッポ西部 Darat Izza ロシア機の夜間攻撃
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(2) | 国際・政治

2017年01月06日

メインストリームメディアMSMのウソ

BBC2017/1/1
ロシアのハッカーの不正プログラムを発見=米バーモント州の電力会社
米北東部バーモント州の電力会社、バーリントン・エレクトリック・デパートメント社は12月31日、社内のラップトップ・パソコン内に、ロシアのハッカーが使っているとされる不正プログラム(マルウェア)が見つかったと発表した。
・・・このマルウェアはウクライナで使われていた数世代前のマルウェアだとされています。

RT2017/1/4
Washington Post disproves claim Russia hacked US power grid in new article
Russia is not behind the malware activity at the Vermont power utility in the US, the Washington Post reports quoting unnamed officials. The article follows a correction of another report by the newspaper, alleging Moscow hacked the US power grid via Vermont.
On 30 December last year, Burlington Electric a Vermont-based power company, raised the alarm over a potential malware on one of its computers and reported the case to the authorities.

※ 太陽のイビキ@taiyonoibiki氏の2017/1/1のツイート
ザ・ガーディアンも嘘をつく。ジュリアン・アサンジヘのインタビュー内容を大幅に改竄(かいざん)。
British newspaper the Guardian has been heavily criticized for publishing a summary of an interview with Wikileaks founder Julian Assange, which selectively edited his quotes. The interview was originally given to Italian outlet La Republica, and the misleading publication went viral on social media.

※ 衣笠書林@猫の生活が第一@syuugoro2氏の2017/1/2のツイート
【虚報ファイル:朝日新聞・久世和彦・ハフポスト−昨年10月28日】シリアの学校を標的にした空爆で児童22人死亡 国連「意図的なものであれば戦争犯罪だ」http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/27/syria_n_12679920.html
★証拠の写真が10枚の写真を合成した贋物と判明しているのに記事を放置したままだ。

※ mko@trappedsoldier氏の2017/1/2のツイート
米軍がモスールの小児病院を爆撃し子どもの犠牲者が出ている。そのことは書かない朝日新聞・久世和彦・ハフポスト

RT2017/1/3
CNN mocked for using screengrabs from Fallout 4 in Russian hacking story
※ McFeels @jazzhandmcfeels氏の2017/1/3のツイート
.@CNN used a photo from a website that replicates the terminal hacking from Fallout. Neat trick! #FakeNews #russianhacking
9:49 AM - 3 Jan 2017

※ Hutch @LawlessPirate氏の2017/1/3のツイート
In another case of #FakeNews being #FakeNews, @CNN took a screenshot from the video game @Fallout 4 to depict #RussianHacking in a segment. pic.twitter.com/XfCeq36jC9

RT2017/1/4
WikiLeaks ‘suing CNN’ over ex-CIA official’s on-air Assange smear
WikiLeaks says it intends to sue CNN after a counter-terrorism analyst for the US cable news channel labeled Julian Assange a ‘pedophile’ on air.
In a tweet on Wednesday, the whistleblowing organization signalled its intention to bring legal action against CNN over the matter, tweeting: “We have issued instructions to sue CNN for defamation.”
‘pedophile’とは小児性愛者のこと

※ 衣笠書林@猫の生活が第一@syuugoro2氏の2017/1/5のツイート【一方的、選択的、偏裁的−陣営主義丸出しの−時事通信】イランなど16カ国が武器供給=戦争犯罪容疑のイラク民兵向け http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010500490&g=int
★アムネスティは所詮米英の世界戦略の道具だが、時事通信は公正中立の独立した団体かの様な印象操作をする。
posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月05日

海外の同年代に親近感を感じるこのごろ

何かの評論家、名前が分からないが、この重厚な印象をかもし出せるのは立派。


米国共和党下院議員Dana Rohrabacher氏

RT2017/1/5
Rohrabacher plans first congressional delegation trip to Russia after Trump inaugural
posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月03日

トルコはどう動く 二幕目

劇場やテレビでは観ることのできない世界の超一流豪華キャストによるリアルタイムドラマ、二幕目はサプライズの連続で始まりました。

駐トルコロシア大使の暗殺犯が今年に入って何度もカタールに飛んでいることが明らかになりました。

カタールやUAEはサウジとともにテロリストを支援しています。バングラデシュで日本人が犠牲になったテロを引き起こしたグループにはUAEから資金が送られていました。

暗殺犯は2015年にアルヌスラに参加して戦っていたとの報道があります。彼がカタールに行った目的はそこで特命を帯びることです。もともと、トルコはテロリストの活動を支援し、政府軍の兵士も送り込んでいますから警察官のような立場の者がテロリストの行動に同調することはありうることです。特に金銭報酬を得られれば、個人的なインセンチブは高まります。

この暗殺犯の行動にはトルコ政権上層部は予め知っていたとされますが、政府公認の暗殺劇ならこんなに簡単に背景が割れないでしょう。テロリストから警察官へ、そして暗殺者に。今回は、トルコ政府の関与という面ではロシア機の撃墜事件とは異なると思います。

エルドアンは、テロリスト支援、暴力奨励が国内に跳ね返ってきていることを痛感したでしょう。プーチンと頻繁に電話会談している最中の事件でした。

エルドアンは、シリア内戦の泥沼から抜け出そうともがいています。シリアのテロリスト支援、兵士の送り込みなどこれまで進めてきた政策の正当化をどう図るか、そしてどうやって戦線を縮小するか。アレッポの戦いでテロリストは壊滅的な被害を受けました。ロシアは東アレッポへの空爆を停止していたのですが、シリア政府軍の士気が上がり戦略的な成功もあったと見られます。

アレッポの戦いで勝利を収めたシリア政府は、この勢いを駆ってさらにテロリストに対する攻撃を強めようとしています。

テロリストの側は、米国の政権交代が迫るに連れ、米国からの支援が望めなくなるというリスクに直面しています。サウジも財政破綻直前、エルドアンは国際的な非難と人的物的な消耗が強まる中で自身の政治的ダメージの軽減を図るには、シリア内戦の停止にプーチンとともにリーダーシップを見せるしかないと考えているのではないでしょうか。

イスラエルの議会関係者との会合でエルドアンは、シリア・アサド政権の人権侵害を非難しアサドを倒してシリア国民を救うために出兵していると述べ、世界を唖然とさせました。この論理は通用しないどころか「そら見ろ、ウソが終わったぞ」という反応を呼び起こしました。

エルドアンとプーチンとの電話会談でシリア問題の政治的解決を図るためシリア政府と反政府勢力との交渉をカザフスタンで行うことが合意されたのは、12/16です。ロシア大使暗殺は12/20ですからそれ以前からエルドアンはシリア問題の政治的解決を受け入れる姿勢であったわけです。

そして、サプライズの二つ目。ロシアがシリア政府に代わり、トルコが反政府勢力に代って軍関係者の間で進められていた交渉がまとまり、早ければ2016/12/29の深夜からシリア全土で戦闘停止が実現する見通しが立ったようです。

この停戦の当事者はシリア政府軍とその同盟勢力、反政府勢力側はISIS、アルヌスラ、タクフィリを除いた武装勢力とされていますから、ISIS、アルヌスラに対する戦闘は続きますが、シリア政府軍にとっては兵力を集中できるメリットは大きいです。反政府勢力側はこのまま戦闘を続ければいずれ壊滅させられることは確実ですからそういう状況で闘い続けることはできません。

そしてトルコはアレッポの西部、イドリブ地方に通じるトルコ国境を閉鎖する約束をしたと伝えられています。これは、トルコからテロリストが人員や物資を搬入するメインルートですからこれを閉鎖する意味は大きいです。

サプライズの三つ目。2016/12/27、エルドアンが記者会見で、米国はトルコがISISを支援していると非難しているが、米国主導の同盟こそISISを含むシリアのテロリストを支援していると非難したのです。

米国とトルコの間では、このところ怪しい雰囲気が漂っていました。クーデター未遂事件の背後に米国がいるとの見方もありましたし、クーデター後トルコが絶好のチャンスとばかり米国在住のGullenの送還を求めたにもかかわらず、米国は応じませんでした。

トルコと米国は協力しながらシリア内戦を仕掛けてきました。ここで仲間割れです。米国は、ISISの古い幹部を個別に殺害してきました。口封じと見られますが、とんだところから米国の罪状を曝露されそうになって慌てています。

トルコの外務大臣は、ロシアとの停戦推進の合意をプレイアップし、明日にでも停戦が実現しそうな期待を表明していますが、ロシアはそのような合意ができたことは認めつつも、この先の見通しについては慎重な姿勢を示しています。テロリストグループのいくつかは、まだ公式には何も聞いていないとしています。

トルコは、反政府武装勢力の代理者として交渉に当たったはずですが、米国と同じくテロリストに約束を履行させる力は持っていないのかもしれません。国境閉鎖をやれば動きが出てくるでしょうが、トルコがテロリストから攻撃される恐れもあります。

2016/12/29、エルドアンが何かの授賞式で演説し、再度米国がテロ組織を支援していると非難した上で "Erdogan went on to warn that such terrorist organizations will also “eventually attack the nations that support them.”と述べています。

エルドアンが意味しているテロリストとは、"the Kurdish People's Protection Units (YPG)"のことですが、彼は米国が支援したテロリスト、ISISから攻撃を受けるぞと脅しています。トルコ自身、やはりテロリストの脅威を感じ始めているということではないでしょうか。

欧州はクリスマスが終われば、ほぼ平常に戻ります。12/31は半日程度で仕事を終え、1/1は休日、1/2から仕事というパターンです。イスラム国はさらに日本とは異なります。年末年始にも世界情勢は変化し続けます。

2016/12/29、プーチンがトルコとの間でシリアの停戦交渉がまとまったと述べています。ですが、この合意は大変脆弱だとしています。

2016/12/29、シリア軍が12/30の深夜から全土で停戦すると表明。ISISなどは対象外で戦闘が続きます。

トルコは、ユーフラテスシールド作戦で多数の戦死者・負傷者を出しており、シリア難民の18歳から35歳までの男子を強制的にシリアに送り返してトルコ配下の戦闘員とともに戦わせることにしたと伝えられています。

トルコは、ISISから al-Bab を支配後に引渡しを受けるつもりのようでしたが、ISISの抵抗が強いとされ目論見どおりには行っていないようです。トルコは米国が空爆でサポートしないことに不満を表し、ロシア空軍はal-Bab を空爆しました。状況は複雑に見えます。

ここまでが2016/12/30昼時点の状況でした。そして2016/12/31、イスタンブールのナイトクラブで銃乱射事件が発生、39人が死亡、69人が負傷しました。犠牲者は多くが中東諸国の者でサウジ、ヨルダン、リビア、レバノン、チュニジア、米国、ベルギー、 モロッコ、クエート、インドの各国人、ロシア人の女性、フランス人女性、イスラエルの女性などが含まれていたとのこと。

このナイトクラブ Reina night clubは、地元のセレブと金持ちの外国人が集まる高級クラブと言われています。"the attackers "wanted to scare the international people who come here for fun." イスタンブールはそういう面でも世界に知られていたようです。

年が明けてからISISが犯行声明を出しています。トルコとISISの関係はとても複雑になっています。ISISの背後にいる国、勢力とトルコとの関係が険悪になっているということかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 11:33| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月02日

韓国軍の軍用機が日本海に対船舶ミサイルを落とす

落としたのは、ハープーンミサイル3発、魚雷1発、爆雷1発。市民に被害はなかったと言っています。ボタンの押し間違えによるとしていますが、こんなに多くのミサイルなどをうっかり落とされては怖くてたまりません。

RT2017/01/01
South Korean military plane accidentally drops anti-ship missiles into sea

A South Korean military plane has accidentally dropped anti-ship missiles into the Sea of Japan (or the East Sea), according to the country’s military, which added that the crew triggered the release by pushing the wrong button.

The P-3CK four-engine anti-submarine and maritime surveillance plane dropped three Harpoon missiles, a torpedo, and depth charges into the sea, Yonhap news agency reported, citing the South Korean military.

“One of the plane’s crew mistakenly touched the emergency weapons release switch at around 6:10am,” an official source was cited as saying.
posted by ZUKUNASHI at 01:20| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月01日

日本発のニュースがMSMのネット版に大きく載る 死ぬまで働けの日本に海外から強い関心

the Wall Street Journal 2016/12/28
Japan Ad Agency CEO to Resign Over ‘Death by Overwork’ Case


The Japan Times ST 2016/12/28
Dentsu chief Ishii resigns amid mounting pressure over employee’s suicide


RT2016/12/29
‘Death by overwork’: Head of Japan’s largest ad agency to step down after employee’s suicide


The New York Times2016/12/28
Japanese Ad Executive to Resign Over Employee’s Suicide Stemming From Overwork


BBC2016/12/28
Dentsu chief resigns after overworked employee commits suicide


International Business Times2016/12/29
Who Is Tadashi Ishii? Japan’s Dentsu CEO Resigns After Employee’s Suicide Due To Overwork


EYEWITNESS NEWS2016/12/29
Head of Japan's largest ad agency resigns over 'death by overwork'


FINANCIAL TIMES 2016/12/29
Dentsu chief falls on the sword that he wielded
Head of Japanese advertising agency as much a creation of its culture as its guardian



REUTERS 2016/12/28
Head of Japan's largest ad agency resigns over 'death by overwork'


mUmBRELLA 2016/12/29
Dentsu CEO Tadashi Ishii quits one year after overworked employee jumped to her death


NHK WORLD 2016/12/28
Labor authorities to refer Dentsu to prosecutors


NIKKEI ASIAN REVIEW 2016/12/28
Dentsu suicide triggers major crackdown
Investigation into 24-year-old's death highlights widespread problem of 'karoshi'



JAPAN TODAY 2016/12/30
Dentsu subjected to on-site probe 10 times before overwork suicide


Bloomberg 2016/12/29
Dentsu CEO Quits Over Employee Suicide Blamed on Overwork


FORTUNE International 2016/12/29
Head of Japan’s Biggest Ad Agency Resigns After Suicide of Overworked Employee


INDEPENDENT 2016/12/29
President of ad giant Dentsu to resign over case of employee who died 'from overwork'


QUARTZ 2016/12/28
TOXIC CULTURE
In Japan, death-by-overwork is so common it has its own word 



共同通信2016/12/30
電通への立ち入り調査10回 違法残業、5回是正勧告


news.com.au 2016/12/30
Boss of Japan’s biggest ad company resigns after an overworked employee kills herself


MailOnline 2016/12/30
Head of Japan's biggest advertising agency resigns after an employee killed herself on Christmas Day and blamed him for overworking her


asiaone 2016/12/31
Resignation of Dentsu president over staff suicide a stark warning for business leaders


campaign 2016/12/12
Dentsu to abandon its 1951 ‘devil’ rules The agency is to remove controversial commandments designed to promote hard work from its staff handbooks.


EXAME.com 2016/12/29
CEO da Dentsu se demite após suicídio de funcionária


ALJAZEERA 2016/12/29
Will Japan's overwork culture change?
It is known in Japan as "karoshi" - death linked to exhaustion - and thousands die in this way every year.
posted by ZUKUNASHI at 23:23| Comment(3) | 国際・政治