国際・政治: ずくなしの冷や水

2017年02月01日

中東の実像 6 イエメン

イエメンでサウジの侵略とそれを後押しする米国に抗議する大群衆のデモが行われています。


イエメンの人達は心底怒っています。また部族の戦闘要員が軍に合流しました。


イエメンの男性が着ている衣装は、ズボンがスカート状でこれは風が通って涼しいのと砂埃が内部に溜らないので良いのでしょう。おそらく下帯も簡単なものでしょう。シャツとズボンが一体のものもあるし、別れているものもあるようです。色が違う人もいます。

全員の上着が子どもも含めて背広です。足は素足にサンダル。これで後に見えるような急傾斜の山岳部で暮しています。


腰のベルトに伝統的な短剣を挿していますが、これがあれば屋外で活動するときに植物を切り取るとか、非常の場合は動物を捕まえて調理することができます。決して装飾ではないと思います。

イエメンの人はとても身軽です。身軽ゆえ、サウジの兵士が立て篭もった山の頂の窪みに背後から忍び寄り、頭上から奇襲などという作戦もやります。特に若い人の勇気、士気の高さには感銘を受けます。


太鼓は、集会の際の合図などにも使われるのでしょうか。


イエメンのオヤジたちは、若い人を先に戦線に送り出すということはしなかったのですね。若い人のジャケットは柄物です。髪型にも気を使っています。




いろいろな部族が参加しているようで、服装に多様性が出ています。


背広のふるさとは、イエメンでしょう。


青年たちが動員されました。






まだ若いです。
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(0) | 国際・政治

中東の実像 1

RTやFARSNEWSが掲載する中東の現地画像は、西側のメディアがほとんど伝えることのない市民の暮らしの実像を示しています。以下は、RTやFARSNEWSが掲載した画像を解像度を落として転載させてもらっています。

説明がありませんが、ユーフラテス川の浮き橋と思われます。場所は分かりません。一輪車に乗っているのはご婦人でしょう。少年の真正面を見る目が印象的です。今は困難が多くとも将来は良くなるとの期待を抱かせる良い写真です。


PRESSTVが2015/12/11に報じた"Yemeni forces take two Saudi villages in Jizan"の画像。イエメンの男たちが銃を担ぎ歌を歌いながら街中を行きます。

サウジに負けるな、と声をかけたくなります。

次の1枚もとても気に入っています。クルドの戦闘員は強いです。イラクのポピュラーフォースも同じです。



次の画像は、アレッポの近郊にロシア軍のヘリコプターが人道援助品を届け、荷物を積んだトラックが配布場所に到着したところです。一見すると、帰れ!と叫んでいるように見えますが、これは歓迎の身振りなんですね。

この後、もらったお菓子を食べる子供の姿が映ります。援助物資の入った袋には、Россия с Вами「ロシアはあなたとともに」と書かれています。この無骨さがロシアの取り柄です。

戦争になれば、頼りになりそうなおやじたちだって、何もできないのですね。管理人には、日本の現状とつながります。

次はどこの風景でしょう。最近、国際マラソンが開催された道路を女性が個人的に走っているところです。

埼玉や茨城の郊外と言われても信じるかも知れません。よく見ると看板の向きが右側通行に対応していることが分かります。道路わきは水田ではないでしょうか。イラン北部の緯度は日本とほぼ同じです。
このマラソンは、2016/4/9シーラーズの古代遺跡タフテジャムシードで開催されたパールス・マラソン大会です。

画像のトリックは容易です。偽旗作戦などで偽画像が大量に使われます。


posted by ZUKUNASHI at 12:32| Comment(0) | 国際・政治

中東の実像 3 シリア ガザ

シリアのアサドがダマスカス近郊の前線を視察して日没後の食事をとっているところです。周りは大統領を警護する特別の部隊のようです。兵士が若く、服装などが特にきれいです。短時間で全員引き上げました。




シリアの子供が水汲みなどの手伝いをしているところ。一人が紐で前から引いています。幼い時のこういう経験が生かされる平和な時代が続いて欲しいと願います。


ラマダンが終わりました。各地で大きな祈りの集会が開かれています。断食月明けでもここにいるお父さんたちは特に減量に成功したわけでもないようです。




街は買い物客で賑わっているようです。ダマスカスの果物屋、りんごやイチジクのようなものが見えます。アボガドもあります。シリアでは多様な果樹が栽培されていますが、地元産が出回るのはこれからでしょう。


晴れ着を着た女の子を少年たちが見ています。女の子の中には、顔に猫の鼻とひげを模したらしい黒い模様が描かれている子もいます。なんでしょう。


イスラエル軍が西岸占領地域の市民の住宅を破壊しています。廃墟となった住宅を呆然と眺める家族。イスラエルの残虐行為を非難する声が高まらないのは残念です。


2016/7/3のバクダッド市内でのテロリストの自動車自爆攻撃では建物が大きく損傷し、292人以上の市民が亡くなっています。これまでとは異なる新型の高性能爆薬が使われたとされています。どこかの外国政府が供給しているはずです。米国かサウジかトルコか。




posted by ZUKUNASHI at 12:22| Comment(0) | 国際・政治

中東の実像 4 カナート、地下水路

イラクのユーフラテス川の河口部に広がる湿地帯がユネスコの世界遺産に登録されました。国連環境計画のサイトから。


イランでは、カナート、地下水路が世界遺産に登録です。




この時期イラク、シリアでは乾期です。砂ホコリが舞い、中東の人の着る薄手の裾の長い衣服の意味が分かります。アフガニスタン、パキスタンから東が雨季です。


posted by ZUKUNASHI at 12:08| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月31日

トランプがマケインとグラハムは第三次世界大戦ではなくISISに焦点を合わせるべきと批判

トランプがマケインとグラハムは戦争屋だと公然と批判しました。知っている人は百も承知のことですが、ここまではっきりと公然と批判した政治家は初めてでしょう。

トランプはムスリムの入国禁止令で強い批判を浴びていますが、こういう動きを見ると、やはり期待したくなります。
まだまだ見えません、楽観できませんが。

RT2017/1/30
‘Focus on ISIS, not starting WWIII’: Trump blasts Senators McCain & Graham
The latest targets of US President Donald Trump’s ire are fellow Republican Senators John McCain & Lindsey Graham, who Trump says should focus on important issues “instead of always looking to start World War III.”

Donald J. Trump@realDonaldTrump 2017/1/30
The joint statement of former presidential candidates John McCain & Lindsey Graham is wrong - they are sadly weak on immigration. The two...Senators should focus their energies on ISIS, illegal immigration and border security instead of always looking to start World War III.

The president tweeted the rebuke in response to a joint statement by veteran GOP legislators who criticized Trump’s executive order placing a temporary travel ban on seven predominantly Muslim countries. McCain and Graham said the move was hasty and “not properly vetted,” and may ultimately work contrary to the stated goal of improving national security.

“This executive order sends a signal, intended or not, that America does not want Muslims coming into our country. That is why we fear this executive order may do more to help terrorist recruitment than improve our security,” the statement said.

The Republican hawks joined the loud chorus of largely left-wing condemnation of the executive order, commonly known as the ‘Muslim ban’ by critics. McCain and Graham have criticized Trump on a number of issues, including his plans to work alongside Russia in fighting terrorism in Iraq and Syria. The senators consider Russia a major threat to America.

Glenn Greenwald@ggreenwald
I know we're all supposed to love McCain & Graham now but it is true that their policy desires would have started WW3 multiple times by now.

In addition to accusing McCain and Graham of being warmongers, Trump issued a statement defending his decision to impose the travel ban.

Donald J. Trump12時間前
Statement Regarding Recent Executive Order Concerning Extreme Vetting
“America is a proud nation of immigrants and we will continue to show compassion to those fleeing oppression, but we will do so while protecting our own citizens and border. America has always been the land of the free and home of the brave.

“The seven countries named in the Executive Order are the same countries previously identified by the Obama administration as sources of terror. To be clear, this is not a Muslim ban, as the media is falsely reporting,” the statement said.

“This is not about religion – this is about terror and keeping our country safe. There are over 40 different countries worldwide that are majority Muslim that are not affected by this order. We will again be issuing visas to all countries once we are sure we have reviewed and implemented the most secure policies over the next 90 days,” it added.

Critics accuse President Trump of hypocrisy for citing the 9/11 terrorist attacks as an example of what he hopes to prevent with the travel ban. The perpetrators of the plane hijackings were nationals of Saudi Arabia, the United Arab Emirates, Egypt, and Lebanon, but none of the countries were affected by the executive order.

RT2017/1/31
‘Ammunition to jihadists’: Democrats decry Trump's 'Muslim ban' outside Supreme Court

Trump’s 'Muslim ban' has given “ammunition to all jihadists” across the globe, Democrat Bernie Sanders said at a rally denouncing the executive orders on refugees and immigration outside the Supreme Court in Washington, DC.

下線部の論理がわかりません。
posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(6) | 国際・政治

在英日本大使館が英国で中国の評価を落として何の利益があるんだろう

RT2017/1/30
Useful idiots? Japanese embassy pays British think tank to plant anti-China stories
The neoconservative Henry Jackson Society (HJS) think tank is on the payroll of the Japanese embassy, charged with drafting in public figures to spread anti-Chinese propaganda, investigators claim.

The Times’ investigation suggests the London-based HJS is paid £10,000 (US$12,500) per month to spread anti-Chinese propaganda, including through public figures like former British Foreign Secretary Malcolm Rifkind.

HJS frames itself as a pro-intervention and pro-capitalist voice, which aims to spread freedom and democracy around the world. It is run by the academic and failed Tory parliamentary candidate Alan Mendoza.

The deal between the think tank and the embassy was reportedly reached to counter the growing cooperation between the UK and China, championed by former Chancellor George Osborne.

The agreement reflects the rising tensions between China and Japan – the latter a close US ally in the Asia-Pacific region.

Rifkind confirmed to the Times over the weekend that he had been asked by HJS in August to put his name to an article called ‘How China could switch off Britain’s lights in a crisis if we let them build Hinkley C’, which criticized a UK-Chinese nuclear power station deal.

The comment piece claimed there may be a risk of a Chinese-funded power station having cyber-backdoors built into it which could present a risk to UK security.

Rifkin told the Times he had not been aware of the links between HJS and the Japanese embassy and said the think tank “ought to have informed me of that relationship when they asked me to support the article they provided. It would have been preferable if they had.”

The report indicates that HJS originally approached the Japanese embassy alongside a PR firm named Media Intelligence Partners (MIP), which is run by a former Tory PR man named Nick Wood.

The Times says it saw an early version of a proposal which would see the think-tank and PR firm develop a communications strategy for the embassy for a fee of £15,000 per month.

This, they said, would allow Japan’s concerns to be placed “on the radar of mainstream UK journalists and politicians.” It includes journalists from major papers like the Telegraph and the Guardian.

Other aims included the creation of “an engaged and interested cadre of high-level politicians” and a focus on the “threat to Western strategic interests posed by Chinese expansionism.”

The actual deal reached was for a lower figure of £10,000 plus expenses, according to the Times.

・・・・・

大紀元
日本大使館、英シンクタンクへ中国情報提供に毎月1万ポンド=英紙

buzzap
在英日本大使館が英シンクタンクに月140万円支払って反中キャンペーンを展開していたことが曝露される
posted by ZUKUNASHI at 21:18| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月30日

ロシアが再度新鋭機材投入

ロシアが Ka-52 Alligator Attack Helicoptersをシリアに投入すると伝えられています。ISISはシリア軍の所在を示す航空写真を入手するなど米国の助けを得てパルミヤに攻め入りました。シリア軍が手を焼いているためでしょう、新鋭の攻撃ヘリコプターを導入します。人が立っていますが、二人乗りで大きく爆弾の搭載数も多いようです。



アスタナの会議でロシアとシリアは、ISISやアルヌスラを除く、反政府勢力を会議の場に引き出し、両者の分離に成功しました。停戦に応じないISISやアルヌスラは徹底的に叩くとのロシアの意思表示です。

米国国務省は、オバマ政権末期はウソを言い立てて全面的な負けをごまかすしかありませんでした。トランプ政権のシリア政策はまだ見えません。シリア国内にセーフゾーンを設定するとか、ペンタゴンに30日以内に対シリア・テロリスト戦略を立てるよう命じたとの話がありますが、ロシアとの調整も必要でしょう。

英国の外相はいつも米国の言いなりに発言をしてオバカ振りを曝していましたが、アサドは残ってよいと言い出しています。路線変更です。米国の締め付けも緩んでいます。
posted by ZUKUNASHI at 00:29| Comment(1) | 国際・政治

2017年01月29日

中東の実像 8 イラン

イランの北部、テヘランとカスピ海の間にある山間の村 Kandolus です。とても緑が多いです。イランの通信社は、西側の政治社会の問題点を鋭く指摘します。イラン自身の国内的な人権などはどうなのか、これから変わるのか。イランも豊かで文化的なレベルの高い国です。いろいろな面で米国が強く警戒するのはよく分かります。



イランの田植え風景です。FARSNEWS2016/7/3 Iran, My Beautiful Country: Summer Days in Golestan Province ほかの風景も日本によく似ています。

あらかじめ苗の束を田のあちこちに投げておくところなども日本と同じです。

イランの北部は夏でも降雨が多いそうです。緑が多いわけです。



イランの北西部東アゼルバイジャンで2016/10/25、初降雪を見たそうです。この地域は雨量が多く、樹も茂っています。


イランの北部地方の秋の風景 日本と緯度が同じくらい。イランは今年雨が少なく水不足が心配されています。この写真、管理人が徘徊の途中に撮ったと言っても信じてくれる方はおられるでしょう。この色合いと葉の残り具合のタイミングが難しいです。



このような山の斜面に密集して作られた住宅、イランでは観光名所になっているところも。


羊追いは爺さんの仕事なんですね。子どもは学校に行かせないといけない。


イランでは、冬至は秋の終わりなんだそうです。新年も春分の頃。これはナッツ類でしょうか。


スイカ、ウリ専門店? 長持ちするんですね。


ザクロ、オレンジ。


ケーキ屋さん? ザクロの形のケーキがあります。ザクロは何かいわれがあるのでしょう。食べやすいものではありませんから。スイカは真っ赤。

※ Kameko ‏@kameatemygarden 氏によると、「強心作用のある食べもの。ザクロ。by Raymond Dextreit」とのこと。



肉は羊でしょうから、魚料理は喜ばれるはず。


カスピ海の沿岸、アゼルバイジャンとイランの国境の町Astaraで旅行者が食した昼食のようです。コメに羊肉の料理。ローストチキンのようなものもあります。ニンニク、ピクルス、香り草、コーラの手前はオリーブの実? その隣はサワークリームかヨーグルトか。スープも出ています。管理人にとっては、とってもご馳走だと思いますが、いかがでしょう?



開放化、国際化が進行しているように見えるイランも、対米、対欧州の外交では激しく対立することもあり、市民がその道具に使われることもあります。イラン国籍と英国国籍の双方を持つ女性がイランの実家を訪れた際に、安全保障上の嫌疑でテヘランの空港で逮捕され5年間の服役が確定しました。

イランで女子大学生が男子学生とパーティをやったという理由で鞭打ちの刑に処せられたこともあります。景色は良くても、旅行先としては二の足を踏まざるを得ません。

ナンを焼いているところのようです。薪ストーブのようなもので焼くんですね。それが一般家庭のやり方でしょう。



イランのお茶は紅茶です。なぜこんな屋外でお茶を沸かすのか分かりません。


服装を見ると、気温はそれほど低くないようです。
posted by ZUKUNASHI at 22:58| Comment(0) | 国際・政治

NATO軍のトルコ人兵士40名がドイツに亡命を希望

NATO軍に配属されたトルコ人兵士までが帰国すれば逮捕され、拷問を受ける恐れがあるとしてドイツに亡命を申し出ています。

少し前には在独トルコ大使館の館員と家族30名が亡命を申請しました。
2016年10月28日
トルコは何をしているのか どうなっているのか

日本にエルドアンが現れたらどうしますか? 中国? ロシア? どこに逃げますか? このまま狂人内閣が続いて、放射能の汚染地域に無理やり住まわせるような政策が取られれば、避難でなく亡命しなければならなくなるでしょう。

FARSNEWS2017/1/28
TEHRAN (FNA)- About 40 Turkish soldiers assigned to NATO sought asylum in Germany, a media report said Saturday, quoting officers who said they fear jail and possibly torture back home.

Around 43,000 people are under arrest in Turkey on charges or links to last year's failed military coup against President Recep Tayyip Erdogan, Deccan Chronicle reported.

"About 40 Turkish troops, mostly of high rank and stationed in NATO bases, applied for asylum in Germany," Der Spiegel magazine and the ARD television station said in a joint report.

One officer, who insisted he had no connection to the coup attempt or sympathy for those behind it, was quoted as saying: "If I return to Turkey I risk imprisonment, or perhaps torture."

The report quoted Germany's interior ministry and Office for Migrants and Refugees as saying the soldiers would be treated no differently as other people who apply for asylum.

Turkey has been vital to European Union (EU) plans to stop the mass flow of migrants from the Middle East and Africa into the bloc, especially to Germany.

Relations between Ankara and Berlin deteriorated in the aftermath of the attempt to topple Erdogan but German Chancellor Angela Merkel is planning to visit Turkey on February 2.

The German government has expressed alarm about the crackdown on alleged plotters linked to the coup while Turkey has criticized Berlin for failure to extradite alleged terror suspects.

Turkey blames the coup effort on US based opposition leader Fethullah Gulen. He denies the charges. Around three million Turkish people live in Germany.
posted by ZUKUNASHI at 01:42| Comment(1) | 国際・政治

2017年01月27日

ラブロフがシリア反政府勢力と会談

2017/1/27、ロシアのラブロフがシリア反政府勢力をモスクワに招いて会談しています。ロシアは1/23、24のアスタナの会議で反政府勢力側にロシあが作成した憲法の草案を示しました。下半分にアルFAESNEWSがその内容を伝えていますが、近代民主主義国の標準的な憲法といえるでしょう。

反政府勢力は、ロシアのそのような客観的で公正な立場を評価し、アスタナの会議でロシアと話をしたいとしていました。ロシアはそれを受けて直ちに反政府勢力と会談を持ちました。

上半分のRTの記事では、反政府勢力との間でどのような話が行われたかは書いてありませんが、おそらくはロシア提示の憲法草案についてクラリフィケーションを求めたものと思われます。

ロシア側は、この内容が国際的な理解と支持を得られると説明したでしょう。反政府勢力の要求内容について問われれば、ロシア側から問題点の説明もしたでしょう。

シリア国内の政府側と反政府勢力との間の交渉に先立ち、両者の共通の土台を築く上でロシアの貢献は大きいです。

ここまでやるとは少し驚きです。そしてこの経過を中東のすべての国が固唾を呑んで見守っています。ロシアに対する評価はまた上がりました。国連よりロシアが頼りになる、ということです。

RT2017/1/27
‘UN’s inactivity is unacceptable’: Lavrov speaks out on Syrian opposition talks

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has slammed the UN’s “inactivity” regarding Syrian peace talks, and urged them not to postpone the reconciliation process further.

“We’re convinced that the inactivity of our colleagues at the UN, who haven’t conducted a single round of talks since last April, is unacceptable,” Lavrov said during a meeting with the Syrian opposition in Moscow.

“We hope that the UN will not put off calling the next round of Syrian talks anymore. At the same time, we’re sure that it’s time to stop beating about the bush during these negotiations, and to focus on reviewing concrete issues in accordance with the agenda indicated in resolution 2254 – including work on the [Syrian] constitution,” he added.

Lavrov went on to say that it would be “wrong” to compare the Iraqi constitution with the Syrian, because “in Iraq, it was about invaders who wrote the constitution and imposed it on the Iraqi people as an uncompromising text.”

In the constitution, “an attempt to put together and find common ground in the approaches voiced by both representatives of the [Syrian] government and the opposition over the past few years – all the time we’re in touch, aiming to find a solution to the Syrian crisis.”

The Syrian opposition has confirmed receiving “Russia’s suggestions regarding the Syrian constitution” from the Russian foreign minister, as cited by RIA Novosti.

On Thursday, RT obtained the draft of the constitution from a Syrian opposition source, with the bullet points of the documents being territorial integrity of the country, separation of political powers, and respect for minority rights as well as international treaties.

Negotiations in Astana took place on January 23-24, with official representatives from Damascus, Russia, Iran, and Turkey participating, as well as a delegation from the Syrian opposition.

After the talks, Russia, Turkey, and Iran said that the Syrian opposition had agreed to take part in further meetings, with the next one scheduled to take place in Geneva at the end of February.

Russian President Vladimir Putin expressed hope that the Astana negotiations could become “a good basis” for the reconciliation efforts in Geneva.

FARSNEWS2017/1/26
Text of Draft Syrian Constitution Proposed by Russia Revealed

TEHRAN (FNA)- Media revealed a document of the draft Syrian constitution proposed by the Russian delegation during the Astana talks.

Earlier in the week, the draft Syrian constitution, prepared by Russian experts, was presented to the Syrian opposition during the settlement talks in the capital of Kazakhstan, Rossiya Segodnya reported.

Head of the Russian delegation Alexander Lavrentyev underlined that Russia was not interfering in consideration of constitution and presented the draft to the opposition simply in order to accelerate the process.

Russian constitutional proposals for Syria that were handed over to the opposition during Astana talks suggest that the word "Arab" be removed from the official name of the country, the document obtained by Sputnik, reads.

"The Syrian Republic is an independent democratic sovereign state based on the principles of people and supremacy of law and equality and social unity and respect of the rights and the liberties of all citizens without any differentiation. The names of the Syrian Republic and Syria are equal," Russian-proposed constitutional draft, obtained by Sputnik, reads.

The document envisages changing Syria's borders only if the country's nationals support the move via a referendum.

"Any loss of Syrian territories is not acceptable, change of state borders can only be allowed through a general referendum with the participation of all citizens and on the basis of the desire of the Syrian people."

Russian proposals for Syria suggest that the Kurdish autonomies can use Kurdish and Arabic languages on equal rights.

"The Arabic language is the official language and the way in which the official language is used will be specified by the law." "The Kurdish cultural self-ruling systems and its organizations use both the Arabic and Kurdish languages equally," the document reads.

The documents suggest that the cultural diversity of the Syrian society must be ensured. "Upon the national heritage which promotes national unity, the cultural diversity of the Syrian society will be ensured."

Moreover, the draft constitution proposed by Russia suggests extension of the Syrian parliament’s powers so that it could declare war, impeach the president and approve the head of the Central Bank.

"The People’s Assembly will be responsible for … decisions on war and peace issues, the removal of the president from the office, appointment of the members of the Supreme Constitutional Court, appointment of the head of the Syrian National Bank and his dismissal from office."

The document also suggests the Syrian army not to be allowed to interfere in politics or used as a means of oppression.

"The Syrian armed forces and other armed units are under the society’s supervision and they will protect Syria and its territorial integrity. They should not be used as a means of oppression of Syrian people and interfere in the sphere of political interests. They do not play a role in the process of transition of power."

The constitutional proposals for Syria suggest that international law should be a priority in case domestic law contradicts it. The document stipulates the supremacy of the international law.

"The recognized principles and provisions of the international law and Syria’s international treaties are an integral part of its legal system. If an international treaty defines different rules than that of the Syrian law, then the rules of the international treaty will be used."
posted by ZUKUNASHI at 20:12| Comment(0) | 国際・政治

米国大統領のメールアカウント公開事故

米国大統領とそのpress secretaryがトランプのメールアカウントとパスワードをツイートで公開してしまった。

Gmailのようなウエブメールは、どの端末からでもメールアカウントとパスワードが分かれば、メールを読むことができます。

大統領のアカウントは、オバマ時代から使われていたらしく、オパマにメールを出した人は、内容を公開され多くの人に読まれてしまいました。



関係者は大変な迷惑。

パスワードを変えろと要求する10億通のメールが殺到しただろうと見られています。

※ Kayla Epstein 認証済みアカウント@KaylaEpstein 2017/1/26
The @POTUS account now seems to be associated with new addresses but I bet he got about a billion password change emails today
posted by ZUKUNASHI at 19:27| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月26日

ポーランドの田舎で地元住民が集団でチュニジア人のシシカバブの店を破壊した訳

次の記事は、RTが2017年のはじめに伝えたものです。2017/1/1、ポーランドの北東部の村 Elk でチュニジア人が経営するシシカバブの店を地元民が襲い店を破壊し、警察とも投石を交えて揉めた。この暴動はこの店を利用した地元の青年がチュニジア人の集団と喧嘩になり、殺されたことに起因しています。

なんでこんなポーランドの田舎でチュニジア人と地元民が集団で対立するのか、理解できませんでしたが、下にあるboさんのツイートでこの事件の背景と人種問題の歴史的経過までが理解できました。

RT2017/1/2
Xenophobic riots erupt in Polish town after local man killed at kebab diner (VIDEO)
At least 25 people were detained in the Polish town of Elk on Sunday after they smashed up a kebab diner and clashed with police, throwing firecrackers and stones. Up to 300 people took part in a rally after a Pole was allegedly killed by men of Arab descent.
City authorities in Elk, a city of 60,000 in northeast Poland, have requested extra police forces to be dispatched to secure public order after mass disturbances rocked its streets on Sunday. A few hundred locals gathered in front of the Prince Kebab diner to light up candles in a vigil for a 21-year-old Daniel, a local resident, who is said to have been stabbed to death in a brawl involving foreign employees of the café on Saturday night.

RT2017/1/2
‘You needn’t be racist to say that Western Europe’s migrant policy is failing’
Equating resistance to the migrant influx into Europe with the extreme right is exactly the mistake that Western European politicians are making, political author and commentator Srdja Trifkovic told RT.

Journalist Michael Opperskalski weighed in with his own view, however.

On Sunday, the Polish town of Elk suffered a day of rioting incited by the fatal stabbing of a local man outside a kebab shop.

A 21-year-old Polish man was killed in a brawl there on Saturday evening after he threw a firecracker at the diner.

The Polish government has accused a Tunisian citizen of committing the murder.

Michael Opperskalski, journalist and expert on international affairs:

RT: So far, the details of this tragic incident are unclear, but what does it say about the general state of tensions between Poles and migrants from the Muslim world?

Michael Opperskalski: The situation is tense. It is a mixture of a complexity of problems. Just before Christmas break, the German intelligence service was providing the German government with an analysis of the situation in Poland, and parts of the analysis were leaked, saying that the situation in Poland is going to be more and more explosive. Number one: Explosive towards Western attempts, especially by Europe, and more especially by German, to dictate things on the Polish people and to decide things.

※ bo@jackiemopsy氏の2017/1/3のツイート
「平和にシシカバブを食べてたポーランド人がチュニジア人の店主に刺殺された事件があったために町の住民は*外国人差別主義*の抗議をした」というRTの見出しは冗談ではなかったらしい。

※ bo ‏@jackiemopsy 氏の2017/1/2のツイート
そうか・・250名の住民がこのレストランを破壊したんだ・・「あーあ・・とうとうやっちまった」感。水晶の夜と似た経緯。元の事件:レストランでは多勢に無勢でチュニジア人グループにポーランド人が刺殺されてた。「てめーら、いいかげんにしろ〜」と地元が反抗。報道は「白人ポーランド人が発狂」

※ bo ‏@jackiemopsy 氏の2017/1/2のツイート
「ポーランドって、ほら、アウシュビッツのあった国だしね。偏見いまだに強いみたい。」

※ bo ‏@jackiemopsy 氏の2017/1/3のツイート
ポーランドは昔はKalischの法でユダヤ人の殺害が他より重罪とされることによって自国民の命が軽んぜられてた。現在はポリコレの厳しい統制(「彼らには*特別な平等さ*が必要!」)によって実は移民の優遇のため再び自国民が軽んぜられてる。

※ bo@jackiemopsy氏の2016/11/24のツイート
「特定の民族だけ保護されると保護されないものは虫けらのように・・」例としてポーランドでKalischの法令のもとユダヤ人は特別保護を受けていたのだけども、そこではユダヤ人を殺害した罪はGOYIMを殺害した場合よりも重かった。

※ bo ‏@jackiemopsy 氏の2016/9/20のツイート
ユダヤ・マフィアのイスラエル建国への情熱の背景にはこのポーランドで味をしめた大成功の経験があったのだろうか、と時々思う。

※ bo@jackiemopsy氏の2016/9/20のツイート
ポーランドのユダヤ人は支配層とがっちり共謀して「虐げられる民」の名目のもとヨーロッパ空前の法的保護とゲットー内の自治権を獲得し、それを踏み台にして「ユダヤの楽園」(paradissus iudeaorum) と呼ばれるほどまでに繁栄し、主従関係をもくつがえしていったらしいのだけど

※ bo ‏@jackiemopsy 氏の2017/1/14のツイート
ずくなしさんがKalischの法令とポーランド・シシカバブ事件をまとめているけれども・・パズルの欠片が抜け落ちてる:移民の大量受け入れ促進、ポリコレ統制による移民の保護これらすべても、ことごとくユダヤ団体が仕掛け人であるということ。http://inventsolitude.sblo.jp/article/178388335.html
posted by ZUKUNASHI at 11:54| Comment(1) | 国際・政治

アスタナでシリア平和交渉



カザフスタンの書とアスタナでシリア反政府勢力とシリア政府が参加した平和交渉会議が開かれました。反政府勢力は、ジュネーブの会議でウォークアウトしたりしており、今回も会議が成り立つのか懸念ががありましたが、シリア反政府勢力は15グループが参加し、二日間の日程を一応終えたようです。

シリア反政府勢力側は、イランに強い反発を示しています。バックにイスラエルとサウジがいる、とても分かりやすいです。ロシアに提案をしたとしています。シリア内戦の主導勢力はロシアだということもありましょうが、イランは論外としてトルコや国連を相手にするようもロシアを相手にしたほうが話が早い、ということでしょう。

2017/1/27、ラブロフがモスクワにシリア反政府勢力を招き、会議を持つことになりました。 Moscow, Cairo and Riyadh groups も呼んだとされています。反政府勢力は戦争でメタメタにやられたが、和平を目指すロシアの姿勢は評価しています。最後はロシアが頼りなんですね。

2017/2/8、ジュネーブで国連特使が招集する平和交渉が予定されています。

RT2017/1/23
Kazakh President Nursultan Nazarbayev opened the talks, stressing that the Syrian conflict could only be solved “via negotiations.”

“The current difficult situation in Syria has drawn the attention of the entire world. I have to admit that the bloody conflict, which has continued for about six years, has brought nothing but misery and sorrow to the holy land where different civilizations and cultures lived,” he said.

会議結果 RTから
Russia, Iran and Turkey have announced they will establish a trilateral mechanism to support the ceasefire in Syria. In a joint statement issued at the end of talks in Astana, they said the Syrian opposition should take part in Geneva peace talks on the issue.

The delegations of Iran, Russia and Turkey support the start of negotiations between the government of Syria and armed opposition in Astana, January 23-24, 2017, said a statement read by Kazakh Foreign Minister Kairat Abdrakhmanov on Tuesday.

Moscow, Tehran and Ankara agreed that the Syrian crisis can be only resolved via a political process and that there can be no military solution.

The sides also agreed to a joint fight against militants from Islamic State, which alongside Al Nusra front has not been included in the negotiations. The trio also suggested separating the terrorists from Syrian armed opposition groups. They also welcomed the implementation of UN Security Council Resolution 2254 on the Syrian crisis, which was adopted in December 2015.

The countries said that they support the willingness of the armed opposition groups to take part in the next round of talks, which are scheduled for February 8 in Geneva.

Syrian Ambassador to the UN Bashar Jaafari told reporters it was extremely painful for the Damascus delegation to sit in the same room as Syrians linked to other agendas. He added that it was not the first time they had sat together, and that they had to do it for the sake of the Syrian people.

Mohammed Alloush, leader of the Jaysh al-Islam alliance, who is heading the delegation of the Syrian armed opposition at the Astana talks, said the rebels support a political solution based on UN auspices, while demanding the resignation of Syrian President Bashar Assad. Alloush added that the Syrian opposition will not engage in any talks with Iran and will not accept any statement by Tehran on Syria’s future.He said that he had given a proposal to Russia on the ceasefire, and expects an answer within a week.
posted by ZUKUNASHI at 00:28| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月24日

シリアのお茶はマテ茶

2016/3/31、PRESSTVが伝えたパルミラで休憩をとるシリア軍戦士の様子です。緑の液体の入ったコップが置かれています。鉄瓶のようなものも。



2016年3月18日の毎日新聞に次のようにあります。

シリアで最も好まれている飲み物は何か−−。紅茶やコーヒーがすぐに思い浮かぶが、これらをしのぐほどの人気を誇るのが南米原産のマテ茶だ。意外に思われるかもしれないが、20世紀初頭にシリアから南米に渡った移民が持ち帰って以来、広く親しまれるようになった。 
 19〜20世紀、オスマン帝国支配下のシリアから南米に多くの移民が渡った。新大陸に希望をかけたのだ。その後、里帰りした移民が携えていたのが、マテ茶だった。
 マテ茶は、イエルバ・マテの葉や小枝を収穫して乾燥させた後、麻袋に入れて10カ月ほど熟成させて作られる。そうすることで香りがよくなるのだという。
 苦みのある独特の風味が人気になり、今ではシリアは世界有数のマテ茶輸入国となった。茶葉の値段は1キロ4ドル(約450円)ほど。内戦の影響で値段は上がっているが、首都ダマスカスや中部ホムス、地中海沿岸地方などで特に親しまれている。ナッツ類をつまんだり、水タバコをふかしたりしながら、じっくりマテ茶を楽しむ人が多い。

・・・引用終わり・・・

マテ茶は茶葉の入った液をコップに注ぎ、先に小さな穴が空いた金属製のストローで濾して飲みます。そう言えば、家にあります。使ったことはありませんが。

日本茶は止めました。紅茶も放射性物質を吸収しやすいので、産地を考えて飲みません。そうだ!マテ茶があるじゃないか。今度試してみます。

ようやく探し出したマテ茶の缶には粉茶がわずかしか残っていませんでした。淹れてみましたが、特においしいこともなければ、まずいこともない。ウーロン茶よりは癖がないでしょう。

昨年の夏、ボトル入りのマテ茶があることを知り、だいぶ飲みました。ゆっくりとお茶を淹れて話すような相手もいないし、お茶を飲みすぎるとトイレが近くなるので、外出時には控えなければなりません。

お茶をお好みの方は、試してみてはいかがでしょう。麦茶のようにヤカンに入れて沸かせば大丈夫。簡単です。


(初出 2016/4/1  2017/1/24追記)

posted by ZUKUNASHI at 23:11| Comment(0) | 国際・政治

2017年01月23日

日本で反トランプデモがあったそうな

FARSNEWS2017/1/21
Anti-Trump Protests Held in Japan, Philippines
TEHRAN (FNA)- Several hundred people, most of them expatriate Americans, held a protest on Friday in the Japanese capital, Tokyo, against US President-elect Donald Trump, hours before his inauguration in Washington.

Some people held up electric candles and others carried placards reading "Love Trumps Hate" and "Women's Rights Are Human Rights", as they marched along a downtown street, Channel News Asia reported.

"Trump presidency gets my blood boiling ... Everything we value could be gone. It's time to speak your mind and concerns and to do our best to salvage the values we cherish in America," said Bill Scholer, an art teacher.

・・・引用終わり・・・

外国に出ている米国人は、これまでのオバマ、ヒラリーの政策が都合が良かった。TPPでアジアで稼げると思っていたのにだいなしだ! ということだと思う。

これだけ米国本土、そして海外で反トランプの行動が強まるということは、それだけ強い危機感を感じている人がいるということ、トランプ新政権がこれまでの公約を実行すると見ていることになる。

植民地の支配に従事していた人は、仕事がなくなるわけだ。

米国内、そして対外関係でドラスティックな変化が生ずるのではないか。

※ Tak Yoshi ‏@tak341 氏の2017/1/22のツイート
”ジョージ・ソロスはダボス会議でトランプ大統領を激しく非難しトランプ政権の政策を全て妨害し、トランプ政権を必ず倒すことを誓い、それまではトランプ政権下のアメリカから離れるようにと多国籍企業に忠告していたそうです”

ソロスのカネで作ったNGOが、ロシアで活動禁止となったほかマケドニアでは市民から反旗 出身国のハンガリーでもソロスが難民を送り込んでいると首相が批判。

posted by ZUKUNASHI at 21:46| Comment(1) | 国際・政治

2017年01月22日

2017年冬 シリア、トルコの混乱続く 平和交渉の行方に注目

2016年末のイスタンブール、ナイトクラブ銃乱射事件は、2017年の中東情勢の流れを示すとの見方が出ています。

トルコでは、2016年、首都アンカラや観光地でのテロが続いていましたが、12/31にイスタンブールの高級ナイトクラブで銃乱射事件が発生、世界各国からナイトライフの楽しみを求めに来た金持ちが犠牲になりました。犠牲者の中にサウジアラビア人も少なからずいましたし、インドの国会議員の息子やレバノンの国会議員の娘も。

イスタンブールは、今なおイスラム世界の解放区になっている?

この事件は、イスタンブールの「解放区」としての地位を危うくするもので犯行声明を出したISISの狙いは、それによってトルコに警告を与えたものだとする見方が出ています。

この乱射事件の容疑者が警察の聴取でラッカから指示を受けていくつか場所を下見してナイトクラブに決めたと供述しています。それがトルコ国内のプレスに流れていますから、トルコはISISと対決する方向に舵を切っています。

英国在住のアラブ専門家、Abdel Bari Atwan氏によると、al-Baghdadiは、サウジや湾岸諸国、リビアへの攻撃を指示したとされます。サウジについては石油関連施設が攻撃目標だと。

別の報道では、al-Baghdadiは、外国人戦闘員に対してモースルで自爆攻撃をするか、自国に帰るか、どちらかを選べと指示したとされています。一時後継者の話がありましたが、また消えました。

ISISのシリア、イラクでの壊滅的な敗退で、ISISは窮地に陥っており、おそらくはトルコ、サウジ、湾岸諸国などのスポンサーに対する不満が高まっていると見られます。スポンサーと喧嘩して大丈夫かとの疑問が湧きますが、別のスポンサーもいます。



イスラエルは、シリア国内の和平を妨害しようとダマスカスの近くの軍事空港にミサイル攻撃を行いました。テロリストがダマスカスの水道水源を汚染したり施設を破壊しており、これはシリアの混乱を長引かせようとするイスラエルの差し金と見られています。

米国は、イラクのモースルのテロリスト支配地域に武器などを空中投下しています。

トルコは、ロシアとシリア停戦の話をまとめ、シリア北部アルバブのISISのセンターにロシアと共同で空爆を行っています。イドリブに近いトルコ・シリア国境通過点を閉鎖するとの考えも示していてどこまで本気か分かりませんが、トルコは自らの体面を繕うためにISISと距離を置くポーズを示しています。

ISISがナイトクラブ銃乱射を組織したのは、そのようなトルコの変わり身に対する強い警告であり、2017年はエルドアンの拙速な政策決定でトルコはテロの泥沼になるとの見方が有力です。

サウジは、国家財政の逼迫からテロリストに対する支援を絞っています。イエメン攻撃も財政逼迫の主因になっているとされます。対イエメン攻撃の武器も人員もカネで購っています。

イエメンでは飢餓が深刻化しており、国際社会はサウジにイエメン攻撃を止めさせるべきですが、サウジに武器を売って巨利を得ている米国、英国などは自らが戦争犯罪に加担しているという反省もありません。

サウジでは、国王の息子が王座を狙っており実の父をないがしろにするとの観測も出ていますし、サウジ家の中でも国外脱出しようとする者が増えて、当局は国外脱出を止めているとされます。サウジではいつ内戦が起きてもおかしくないとの観測もあり、ISISの攻撃が具体化すれば、それがサウジ国内騒乱の引き金になる可能性があります。

サウジの石油関連施設が破壊されれば、OPECで原油生産制限の旗を振ってきたサウジが強制生産制限を食らうわけで、他の産油国は今後の展開を半ば期待を持って眺めているでしょう。

注目されるのは、ISISの首領バクダーディの消息です。Abdel Bari Atwan氏の記事での言及は、バクダーディがおそらくは最近になつて指示したということでしょうが、他のメディアでは伝えられていません。米国はISISの劣勢強しと見てISISの幹部を個別に殺害しています。

昨年末も米国同盟の空爆が各地で何度か行われており民間人に犠牲者が出ています。なぜ今ここを空爆するのか、その理由が明らかでないものもあり、米国サイドがバクダーディを消しにかかっているのではないかとの疑いを管理人はぬぐいがたいです。

おそらく、まだ成功していないのでしょう。サウジや湾岸諸国を攻撃目標にしろとのバクダーディの指示が本物なら、これらの国は米国に抗議してバクダーディに指示を撤回させろと迫るでしょう。

一方で米国トルコはテロリストをシリアからイエメンに移送していると伝えられています。

トルコは、自国内でのテロリストの残留は受け入れないことにしたようです。では退却してきたテロリストをどこに送るか。サウジはイエメンに送って破壊活動をさせようとします。

このような動きは、テロリスト支援国の側ですでにテロリストの扱いに手を焼いていることの現れです。トルコやサウジの支配から脱したテロリストは、自国に帰ります。欧州や中東あるいはその周辺国でテロが増えるのは避けられないでしょう。

トルコ首相がイラクを訪問しました。イラク北部に配置したトルコ軍の引き揚げ問題を話し合ったと見られますが、詳しくは伝えられていません。トルコ首相の表情が険しくなってきています。


トルコとサウジや湾岸諸国は足並みが揃っていません。トルコが外交で得点をあげ、エルドアンのシリアからの撤退の花道を作ろうとしても、サウジや湾岸諸国がそうはさせないという局面が出てきそうです。

トルコでテロが連続です。1/4のイスタンブールのレストランで銃撃、少なくとも二人が負傷、1/5にはイズミールの裁判所前で自動車爆弾が爆発。

トルコリラが通貨投機のターゲットになっています。エルドアンは投機家はテロリストだと非難。戦いはこれからでしょう。

2017/1/23、カザフスタンの首都アスタナでシリア和平交渉が始まります。サウジとカタールは呼ばれず、シリア、トルコ、イラン、ロシアが参加、米国の参加にイランは強く反対していますがロシアは米国を招請しています。米国国務省ではなく、トランプ新政権に参加要請をしたとのことで、イランの対応によってはオブザーバーとなる可能性もあります。エジプトは参加要請があれば参加すると表明。トルコはクルドの参加に反対、アルヌスラなどは参加拒否を表明。

シリアでは、デリゾールの軍事空港をテロリストが一時押さえたようですが、政府軍が盛り返したとも伝えられています。ロシア空軍がかなり激しく空爆したようです。

2017/1/20トルコの副首相がダボス会議で、アサド抜きの決着は目指さない、それは現実的でないと述べています。The facts on the ground have changed dramatically とも。やはりアレッポの勝利は大きかったです。

アスタナ会議、2017/1/23-24、参加者
the Syrian government and opposition
Russia, Iran, Turkey, the US, and the UN special envoy Staffan de Mistura.米国はカザフ大使なのでオブザーバー的位置づけか。

The main objective of the inter-Syrian talks in Astana would be confirming of the agreements on ceasefire in Syria of December 29, 2016, sources close to the talks told TASS on Sunday.

"The meeting is a step to complete the process of separating the terrorist groups (those who have accepted and those who have declined to hold talks and join the ceasefire) in Syria's geography," al-Aboud told FNA on Sunday.

He, meantime, underlined that the Astana meeting is not the last step but is the first measure to reach a comprehensive ceasefire in Syria.

Al-Aboud also stressed that the Astana conference will be a touchstone to asses Turkey's sincerity in convincing its affiliated groups to remain committed to the ceasefire.

The Syrian opposition delegation currently represents 14 militant groups. A leader of Jeish al-Islam, Mohammed Alloush, said he would head the opposition delegation.
posted by ZUKUNASHI at 22:15| Comment(1) | 国際・政治

2017年01月21日

ダマスカスの水源をシリア政府軍が奪還

FARSNEWS2017/1/16
Aerial Footage Shows Wadi Al-Bardi Region Under Control of Syrian Army
TEHRAN (FNA)- The Syrian army won back Ein al-Khazra right after winning back the strategic villages of Basima and Ein al-Fijeh in Wadi al-Bardi region in Western Damascus. [VIDEO]

FARSNEWSのドローン映像からのキャプチャーです。動画を見ると、すごい谷底の中にあります。


Google Mapから。




この地点から15キロも西に行けばレバノンです。














posted by ZUKUNASHI at 23:06| Comment(0) | 国際・政治

中国はトランプ大統領にとても困っている

※ 共同通信公式 認証済みアカウント@kyodo_official 2017/1/21
中国、トランプ氏の演説中継せず − 大統領就任は速報、国営テレビ

中国は、クリントン陣営に巨額の寄付をしている。あれは人権問題を取り上げさせないためのワイロだとの指摘も出ていて、米国内部からそれが事実だとリークされることを恐れている。

米国企業が海外に設置した工場の製品から高関税をかけるとの方針に反発

トランプが台湾の大統領と電話で話したこと、台湾関係者を就任式に招くことにも反発

ずいぶん静かだなと感じていたが、中国は今後の対米政権アプローチで手詰まりなのだろう。カネで動かせるクリントンに肩入れしすぎたサウジと同じだ。
posted by ZUKUNASHI at 13:15| Comment(0) | 国際・政治

次はフランス大統領選

ル・ペン大統領候補は極右政党の代表のようだが、言っていることはそれなりにマトモのように見える。

EU議会での演説で欧州の対シリア政策の欺瞞性を鋭く突いていた。

このお姉さんの顔はニュースでときどき見ているが、邪悪な悪人のようには見えない。

世界の政治指導者が変わる。

トランプ、ドゥテルテが出てきて、いずれエルドアンは消えるだろう。

とてもおもしろい。

※ The Independent ‏@Independent の2017/1/21のツイート
Marine Le Pen holds lead in latest first round French election poll
posted by ZUKUNASHI at 13:13| Comment(1) | 国際・政治

2017年01月20日

マケドニアでソロスの活動に市民から反旗あがる

RT2017/1/19
‘Stop Operation Soros’ movement begins in Macedonia
A new initiative, Stop Operation Soros (SOS), dedicated to countering the influence of American billionaire activist George Soros, has been launched in Macedonia.

In a press conference on Tuesday, the founders of the group called on all “free-minded citizens,” regardless of ethnicity or religion, to join them in the “fight against one-mindedness in the civil sector, which is devised and led by George Soros,” the Vecer newspaper reported. The movement says it will first focus on uncovering ‘subversive’ activities by Soros-funded NGOs.

According to Nikola Srbov, a columnist for pro-government news portal Kurir and co-founder of SOS, Soros-funded NGOs have monopolized civil society in Macedonia and used their position to suppress dissenting views.

“We've witnessed the takeover of the entire civil sector and its abuse and instrumentalization to meet the goals of one political party. That is unacceptable and goes beyond the principles of civic organizing,” Srbov said at the press conference.

“The Open Society Foundation, operating under the Soros umbrella, used its funding and personnel to support violent processes in Macedonia. It has monopolized the civil society sector, pushing outside any organization which disagrees with the Soros ideology,” he stated.

Another co-founder, Cvetin Cilimanov, editor-in-chief of the state-run MIA news agency, accused Soros’s Open Society Foundations of undermining Macedonian sovereignty by working not only with the opposition center-left SDSM party, but also with outside interests. By cooperating with foreign embassies and organizations such as USAID, Cilimanov believes Soros-backed groups have interfered in the political process of Macedonia.

“This is unacceptable and has largely contributed to a feeling in the public that the traditional relations of partnership Macedonia enjoyed with some countries are being undermined,” Cilimanov told journalists.

A third founder of the initiative and editor-in-chief of the Republika news portal, Nenad Mircevski, declared that the group would work towards the “de-Soros-ization” of Macedonia, echoing a speech made by former prime minister and leader of the ruling VMRO-DPMNE party Nikola Gruevski in December. In the speech, Gruevski accused foreign powers and Soros-backed organizations of meddling in Macedonian politics.

Opposition figures have expressed concern at the rhetoric used by Gruevski, fearing the start of a crackdown on dissent and advocacy groups.

The Open Society Foundation (OSF) was set up by Hungarian-born Soros between the mid-1980s to early 1990s with the stated aim of helping former Eastern bloc countries transition from communism. However, aside from its support for progressive causes such as drug policy reform, the OSF has also been involved in political activities and Soros publically supported the violent overthrow of the legitimately-elected government in Ukraine during the ‘Euromaidan’ revolution. This has earned him the ire of Russian authorities, which in 2015 banned Soros and his foundations as a threat to national security.

Soros and his foundations have come under scrutiny elsewhere as well. In an interview with the internet portal 888.hu in December, Hungarian Prime Minister Viktor Orban said that 2017 would bring about “the extrusion of George Soros and the forces symbolized by him.” Orban has accused Soros of undermining European borders and values by helping facilitate the flow of refugees and asylum seekers from the Middle East and elsewhere. During a Reddit AMA (Ask Me Anything), WikiLeaks’ Julian Assange also blasted the Organized Crime and Corruption Reporting Project, funded by Soros, for focusing “exclusively on negative stories about Russia and former Soviet states.”
posted by ZUKUNASHI at 00:57| Comment(0) | 国際・政治