国際・政治: ずくなしの冷や水

2023年01月20日

中国政府、シリアでの米軍の石油略奪を非難

China accuses US of oil theft
American “occupation troops” stationed in Syria are “looting” the country’s resources, Beijing said
China has blasted the United States for its “banditry” in Syria, claiming that Washington’s years-long military occupation and the “plundering” of Syrian resources have placed the country on the brink of a “humanitarian disaster.”

Addressing reporters during a press briefing on Tuesday, Chinese Foreign Ministry spokesman Wang Wenbin was asked to comment on recent reports in Syrian media that US forces had transported a large quantity of “looted oil” from Syria to Iraq earlier this month. 

“We are struck by the blatancy and egregiousness of the US’s plundering of Syria… Such banditry is aggravating the energy crisis and humanitarian disaster in Syria,” he said, citing Syrian government statistics purporting that “over 80% of Syria’s daily oil output was smuggled out of the country by US occupation troops” in the first half of 2022.

シリアに駐留するアメリカの「占領軍」が同国の資源を「略奪」していると北京が指摘
中国は、シリアにおけるアメリカの「盗賊行為」を非難し、ワシントンの長年にわたる軍事占領とシリア資源の「略奪」が、同国を「人道的災害」の瀬戸際に追い込んでいると主張しました。

中国外務省の王文斌報道官は、火曜日の記者会見で、米軍が今月初めにシリアからイラクに大量の「略奪された石油」を輸送したというシリアのメディアの最近の報道についてコメントを求められました。 

「我々は、米国によるシリアでの略奪行為の露骨さと悪質さに衝撃を受けている...こうした賊行為はシリアのエネルギー危機と人道災害を悪化させている」と述べ、2022年上半期に「シリアの1日の石油生産量の80%以上が米占領軍によって密輸された」と称するシリア政府の統計データを引き合いに出して、次のように述べた。

The level of US greed in stealing resources from Syria is as striking as its “generosity” in giving out military aid often in the amount of billions or even tens of billions dollars.

“Whether the US gives or takes, it plunges other countries into turmoil and disaster, and the US gets to reap the benefits for its hegemony and other interests,” he added. “This is the result of the US’s so-called “rules-based order.””

On January 14, Damascus’ state-run Syrian Arab News Agency (SANA) reported that “a convoy consisting of 53 tanks loaded with stolen Syrian oil” were brought from the country’s Hasakah province to US “bases in Iraqi territory,” noting the operation was carried out alongside local Kurdish militants which have long received American backing. The outlet also stated that 60 additional trucks smuggled stolen oil and wheat into Iraq earlier this month.

“The Syrian people’s right to life is being ruthlessly trampled on by the US. With little oil and food to go by, the Syrian people are struggling even harder to get through the bitter winter,” Wang added, demanding that “the US must answer for its oil theft.”

US forces were first sent to Syria in 2014, beginning with a contingent of special operators followed by more conventional ground troops the next year, most embedded with Kurdish fighters in the country’s oil-rich northeast. Though then-President Barack Obama maintained the deployment was focused only on combating Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorists, Washington had long intervened in Syria’s war against jihadist groups, sending and overseeing countless arms shipments to rebels seeking to overthrow the government in Damascus beginning as early as 2013.

Though American involvement in the conflict slowed under the next administration, in 2019 President Donald Trump said some US troops would remain in Syria “for the oil,” openly suggesting Washington would simply “keep” the energy resources. 

Subsequent reporting in 2020 would later reveal that the Trump administration had approved a deal between a US energy firm and Kurdish authorities controlling northeast Syria to “develop and export the region’s crude oil” – a contract immediately condemned as “illegal” by Damascus. However, while that particular deal would later fall through after President Joe Biden took office, Syrian authorities have continued to accuse Washington of plundering its resources and some 900 US troops remain in the country illegally.
シリアから資源を盗むというアメリカの強欲さは、何十億、何百億ドルという軍事援助をしばしば与えるというアメリカの「寛大さ」と同じくらい印象的である。

「米国が与えるにせよ、奪うにせよ、他国を混乱と災害に陥れ、米国はその覇権と他の利益のために利益を得るのだ」と付け加えた。"これが米国のいわゆる「ルールベースの秩序」の結果である"

ダマスカスの国営シリア・アラブ通信(SANA)は14日、「盗んだシリアの石油を積んだ53台のタンクからなる車列」が同国ハサカ州からアメリカの「イラク領内の基地」に運ばれたと伝え、この作戦が、長年アメリカの支援を受けてきた地元のクルド人武装勢力とともに行われたことに言及した。また、今月初めには、さらに60台のトラックが盗まれた石油と小麦をイラクに密輸したと述べています。

「シリアの人々の生きる権利は、アメリカによって無慈悲に踏みにじられようとしている。わずかな石油と食料で、シリア国民は厳しい冬を乗り切るためにさらに苦労している」と王氏は付け加え、「米国は石油の盗難に答えなければならない」と要求している。

米軍は2014年に初めてシリアに派遣され、特殊作戦部隊から始まり、翌年にはより通常の地上部隊が派遣され、そのほとんどは石油資源の豊富な北東部のクルド人戦闘員に組み込まれた。バラク・オバマ大統領(当時)は、この派兵はイスラム国(IS、旧ISIS)のテロリストとの戦いにのみ焦点を当てたものだと主張したが、アメリカは以前からシリアのジハード主義者との戦いに介入しており、2013年には早くもダマスカス政府の転覆を目指す反政府勢力に無数の武器を送り、監視していた。

アメリカの紛争への関与は次の政権下で減速したものの、2019年にドナルド・トランプ大統領は「石油のために」一部の米軍はシリアに留まると述べ、ワシントンがエネルギー資源を単に「保有」することを公然と示唆した。 

その後、2020年の報道で、トランプ政権が米国のエネルギー企業とシリア北東部を支配するクルド人当局との間で、「この地域の原油を開発し輸出する」契約を承認したことが明らかになるが、この契約はダマスカスから直ちに「違法」と非難されることになった。しかし、この契約はバイデン大統領の就任後、決裂した。シリア当局はワシントンが自国の資源を略奪していると非難し続けており、約900人の米軍が不法に国内に留まっている。

・・・記者の質問に答えた形ですが、事前通告があり、中国側がコメントを慎重に検討したものとみられます。中国の国際問題に対する態度の表明は明確化していますが、これはなかなかの毅然とした態度を示しています。


posted by ZUKUNASHI at 12:49| Comment(0) | 国際・政治

バンクオブアメリカの顧客口座から残高が消えた?

posted by ZUKUNASHI at 08:13| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月19日

ロシア、米国人に対するスパイ容疑の立件を開始

Russia launches espionage case against US citizen
The American is suspected of gathering data on “biological topics,” Russia’s Federal Security Service sA criminal case on espionage has been launched against a US citizen, Russia’s Federal Security Service (FSB) announced on Thursday.

“The American is suspected of collecting intelligence data on biological topics, directed against the security of Russia,” the agency said in a short statement.

The FSB didn’t reveal any further details about the case.

Espionage charges may carry a penalty of between 10 and 20 years behind bars, according to Russian law.

Former US Marine Paul Whelan is currently serving a 16-year prison sentence in Russia after being found guilty of espionage. He was sentenced in 2020 after being arrested two years earlier with a USB device containing sensitive information on him.
READ MORE: Trump fumes over ‘embarrassment’ for US

The American’s defense claimed he was set up by the FSB and given a flash drive, on which he expected to see photos from a tourist trip. Besides his US citizenship, Whelan also holds British, Canadian, and Irish passports.

ロシア、米国人に対するスパイ容疑の立件を開始。
米国人は「生物学的な話題」に関するデータを収集した疑いがあると、ロシア連邦保安局が発表ロシア連邦保安局(FSB)は木曜日、米国人に対するスパイ行為に関する刑事事件を起こしていると発表した。

「この米国人は、ロシアの安全保障に反する、生物学的な話題に関する情報データを収集した疑いがある」と、同庁は短い声明の中で述べている。

FSBは、この件に関するさらなる詳細を明らかにしなかった。

ロシアの法律では、スパイ容疑は10年から20年の禁固刑に処される可能性がある。

元米海兵隊員のポール・ウィーランは現在、スパイ容疑で有罪判決を受け、ロシアで16年の実刑判決を受けている。彼は2年前に機密情報が入ったUSBデバイスを所持したまま逮捕され、2020年に判決を受けた。

アメリカ人の弁護側は、FSBにハメられてフラッシュドライブを渡され、その中に観光旅行の写真があると期待されたと主張した。ウィーランは米国籍のほか、英国、カナダ、アイルランドのパスポートを所持している。
posted by ZUKUNASHI at 19:32| Comment(0) | 国際・政治

信念と自信をもって自説を述べる政治家たち

すばらしい。記者会見で、メキシコ大統領は@IndexCensorship
が米国政府 (NED) から資金を受け取っていること、およびその CEO であるルース スミースが「ジェレミー コービンに対するキャンペーン」を行っていることを非難しました。
インデックスは今や国際的なジョークです。

ハンガリーのオーバン、ウクライナの野党党首
ヴィクトル・メドヴェチュク、ベネズエラの
‎ニコラス・マドゥロ、皆個性的な顔をしています。

最近プーチンの顔も変わってきました。

posted by ZUKUNASHI at 15:57| Comment(0) | 国際・政治

世界の市場は日銀の政策転換を待っている



2023/1/14、日中、日本株は日経平均が330円下落し、さらに市場が閉まっても先物が400円近く下落しました。為替もドル円が米国市場時間を通じて下げ127円台になっています。

米国株式は、1/14は、ダウが110ドルほど上がっています。株式は日本に限定された動きです。

1/17、18と日銀の会合があります。週明け1/16(月)から日本株市場は波乱含みになるでしょう。為替もさらに円高が進むでしょうか。




2023/1/18正午前に日銀が金融政策会合の結果を発表。現状維持となりました。前日1/17からこの結果は予想されていたようで、株式市場は前日から上昇していました。結果発表でドル円は2円ほど円安になっています。



ドル円が発表から8時間で、午前10時ころの水準まで円高に戻ってしまいました。



2023/1/19、ドル円は前日の反転下落に続いて下落しています。日本株は、前日に日経平均が600円超上げましたが、1/19は寄り付きから下げ、引けは400円ほどの下落。乱高下しています。この後は、米国株式次第という感じです。
posted by ZUKUNASHI at 14:57| Comment(0) | 国際・政治

ラブロフ握手会 / ポーランド大統領、ウクライナの存続を疑問視 / 台北を「スケープゴート」にする可能性

Arab League defied Washington on photo op – Lavrov
The Russian FM claimed diplomats flocked to take pictures with him against US wishes
The US government pressured other nations to diplomatically isolate Russia, but many pushed back, sometimes directly defying instructions from Washington, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has said.

Moscow's top diplomat shared a story from his visit to Egypt last July to speak before the Arab League. The US and its allies unsuccessfully attempted to prevent his appearance, or stage a concerted condemnation of Russia by member states over the conflict in Ukraine, Lavrov claimed, citing Ahmed Aboul Gheit, the secretary general of the organization.

When the lobbying effort failed, Western nations asked Arab delegates “to at least not to take pictures with Lavrov – and I am not joking,” he said.

“For the record, after my speech, which took over an hour, each of the envoys asked me to pose for a picture,” Lavrov concluded.

ロシア外相のセルゲイ・ラブロフは、アメリカ政府は他の国々にロシアを外交的に孤立させるよう圧力をかけたが、多くの国々はそれを押し返し、時にはワシントンからの指示に直接逆らった、と語った。

モスクワのトップ外交官は、昨年7月にアラブ連盟で講演するためにエジプトを訪れた際のエピソードを披露した。米国とその同盟国は、彼の出席を阻止しようとしたり、ウクライナ紛争をめぐる加盟国の協調的なロシア非難を演出しようとしたが、失敗したとラブロフ氏は同組織の事務局長であるアーメド・アブール・ゲイト氏を引き合いに出して主張している。

ロビー活動が失敗すると、西側諸国はアラブの代表団に「少なくともラブロフと一緒に写真を撮らないように-私は冗談を言っているのではありません」と頼んだという。

「ちなみに、1時間以上かかった私のスピーチの後、各特使は私に写真撮影を要求してきた」とラブロフは締めくくった。

Polish president questions if Ukraine will survive
The West must send Kiev more weapons to stave off defeat, Andrzej Duda said in Davos
Addressing the World Economic Forum in Davos on Wednesday, Polish President Andrzej Duda pleaded for more deliveries of heavy weapons and ammunition to Ukraine, saying the country may not continue to exist otherwise.

“I am afraid that now, maybe in a few months, maybe weeks, there will be a decisive moment of this war. And this moment is the answer to the question: if Ukraine will survive or not,” Duda told the gathering.

The weapons the US and its allies have provided to Kiev are not enough to stave off a possible pending offensive by Russian forces, he said, so “it is critically important to send additional military support now.”

Duda added that missiles and modern tanks were the most important thing, and that Ukraine needs help because it “wants to become part of the Western community” including the EU and NATO. “But above all, they want to survive,” he said.

The Polish president’s plea comes a week after Duda announced that Warsaw would send Ukraine a number of Leopard 2 tanks, only to run into objections from Germany. 

Former Russian president Dmitry Medvedev, who now serves as the deputy chairman of the national security council, has speculated that Poland’s “tank coalition” is but a back door to the partition of Ukraine “long-awaited” in Warsaw. This was a reference to the “Eastern Borderlands” controlled by Poland between the two world wars, which include four regions of modern Ukraine – Lviv, Volyn, Ivano-Frankovsk and Tarnopol.

“But in this case one shouldn’t create a coalition, but instead draw up a collective document about the surrender of the rotten Kiev regime in order to save people; and about the future configuration of what will remain of Ukraine,” Medvedev said Tuesday on his Telegram account.

Moscow has repeatedly warned the West that sending weapons to Kiev only prolongs the fighting and increases the risk of a direct confrontation between Russia and NATO. The US and its allies insist they are not a party to the conflict, but their political leaders have repeatedly said in public that “Russia must lose” and committed to working towards that goal.
ポーランド大統領、ウクライナの存続を疑問視
欧米は敗北を食い止めるためにキエフにもっと武器を送るべきだとダボス会議でAndrzej Dudaは言った。
ポーランド大統領アンドレイ・ドゥダは、水曜日にダボスで開催された世界経済フォーラムで演説し、ウクライナに重火器と弾薬をもっと送るよう懇願し、そうしなければ国は存在し続けられないかもしれないと述べた。

「数ヶ月後、数週間後、この戦争に決定的な瞬間が訪れるかもしれない。そしてこの瞬間が、ウクライナが生き残れるかどうかの答えになる」と、ドゥダは集会で語った。

米国とその同盟国がキエフに提供した武器は、ロシア軍による差し迫った攻撃を食い止めるには不十分であり、「今、追加の軍事支援を送ることが決定的に重要である」と彼は述べた。

ドゥダは、ミサイルと最新の戦車が最も重要であり、ウクライナは、EUとNATOを含む「西側社会の一部になることを望んでいる」ため、支援が必要だと付け加えた。「しかし、何よりも、彼らは生き残りたいのだ」と述べた。

ポーランド大統領の嘆願は、ドゥダ大統領がウクライナにレオパード2戦車を贈ると発表し、ドイツから反対された1週間後に行われた。 

現在、国家安全保障会議副議長を務めるロシアのドミトリー・メドベージェフ元大統領は、ポーランドの「戦車連合」は、ワルシャワで「待ち望まれていた」ウクライナ分割への裏口でしかないと推測している。これは、リヴィウ、ヴォリン、イワノフランクフスク、タルノポルの4地域を含む、2つの世界大戦の間にポーランドが支配した「東部国境地帯」に言及したものであった。

「しかし、この場合、連合を作るのではなく、人々を救うために腐ったキエフ政権の降伏と、ウクライナに残るものの将来の構成について、集合的な文書を作成すべきだ」と、メドベージェフは火曜日に自身のテレグラムアカウントで述べた。

モスクワは、キエフに武器を送ることは戦闘を長引かせ、ロシアとNATOの直接対決のリスクを高めるだけだと、西側諸国に繰り返し警告してきた。米国とその同盟国は紛争の当事者ではないと主張しているが、政治指導者は公の場で繰り返し「ロシアは負けるべきだ」と述べ、その目標に向けて努力することを約束している。

Taiwan warns of ‘worst-case scenario’
Beijing might make Taipei its "scapegoat" if it fails to notch other wins, the foreign minister claims
Beijing is now "more likely" to attack Taiwan in the years to come, Joseph Wu, the foreign minister of the self-governed island, warned on Wednesday. And were President Xi Jinping to do so, it might be an attempt to take the public's eye off domestic problems, he added.

Speaking to Sky News, Wu noted that the situation around the island "in the last year compared to the two previous years is much worse." However, he also pointed out that "to me, 2027 is the year that we need to watch out for."

The minister explained '27 is the year Xi Jinping would likely enter his fourth term. "If in his previous three terms he cannot claim any achievement during his office, he might need to think about something else for him to claim as his achievement or his legacy," Wu explained.

Against this backdrop, Wu is fearful that "Taiwan might become his scapegoat." According to the minister, Xi "might want to resort to a use of force or creating a crisis externally to divert domestic attention or to show to the Chinese that he has accomplished something."

The Taiwanese Foreign Minister also stated that the "worst-case scenario" in terms of the standoff with Beijing had become "more likely," citing the increased Chinese military activity around the island. "Very often, you see how the sum of a tiny little accident might spark into a major war," he admitted.

The minister’s remarks come as last month Taiwan’s president Tsai Ing-wen announced that the island would extend compulsory military service from four months to a year starting in 2024, blaming Beijing’s "intimidation and threats against Taiwan" for the decision.

China denounced the move, warning that it would only lead to the island’s population being used as "cannon fodder" to support Taipei's "separatist" ambitions.

In October, Xi stated that, although Beijing seeks peaceful reunification with Taiwan, it "will never promise to give up the use of force," while reserving the option to "take all necessary measures" to achieve this goal.

Beijing considers Taiwan to be sovereign Chinese territory under its One China policy. The island has been ruled by nationalists since 1949, when they fled the mainland with US help after losing the Chinese Civil War to the communists.
台湾、「最悪のシナリオ」を警告
北京は他の勝利に失敗した場合、台北を「スケープゴート」にする可能性があると外相は主張している。
台湾のジョセフ・ウー外相は水曜日に、北京が今後数年のうちに台湾を攻撃する可能性が「より高く」なったと警告した。また、習近平国家主席がそうするのは、国内の問題から国民の目をそらすためかもしれないと付け加えた。

Sky Newsの取材に応じた呉氏は、島を取り巻く状況は「過去2年に比べ、昨年はずっと悪くなっている」と指摘した。しかし、"私にとっては、2027年が気をつけなければならない年である "とも指摘した。

同大臣は、'27年は習近平が4期目に入る可能性が高い年だと説明した。「もし、これまでの3期で何の成果も挙げられないのであれば、何か別のことを成果や遺産として主張する必要があるかもしれない」と呉は説明した。

そんな中、呉氏は「台湾がスケープゴートになるのではないか」と危惧している。習近平は「国内の関心をそらすため、あるいは中国人に自分が何かを成し遂げたことを示すために、武力行使や対外的な危機の発生に頼りたいのかもしれない」という。

台湾外相はまた、島周辺での中国の軍事活動の活発化を引き合いに出し、北京との対立という点で、「最悪のシナリオ」の可能性が高まったと述べた。「小さな事故の積み重ねが、大きな戦争に発展することはよくあることだ」と述べた。

同大臣の発言は、先月、台湾の蔡英文総統が2024年から義務兵役を4カ月から1年に延長すると発表し、その理由を北京の「台湾に対する威嚇と脅し」としたことに由来する。

中国はこの動きを非難し、台湾の人々が台北の「分離主義」の野望を支える「大砲の餌」にされるだけだと警告した。

10月、習近平は台湾との平和的統一を目指すものの、「武力行使を放棄することは決して約束しない」と述べ、そのために「必要なあらゆる手段を取る」選択肢を留保している。

北京は、台湾を「一つの中国」政策のもと、中国の主権領土とみなしている。1949年、中国内戦で共産党に敗れた後、米国の援助で大陸から逃れた民族主義者がこの島を統治している。
posted by ZUKUNASHI at 08:58| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月18日

米ロのスパイトップの会合はありうる / 西側諸国におけるロシア資産の没収 / バイデンの要請によるスパイ長官会議

New meeting with CIA’s Burns ‘possible’ – Russian spy chief
Heads of two countries' intelligence services previously held talks in mid-November

Sergey Naryshkin, who heads Russia’s Foreign Intelligence Service (SVR), said he is willing to have a face-to-face with his counterpart from the CIA, Director William Burns. The two previously held a meeting in Ankara in mid-November.

The top Russian spy said on Tuesday that a new engagement with Burns was “possible” provided that the parties agree to it, the news agency TASS reported.

Türkiye’s National Intelligence Organization hosted the previous meeting on November 14 last year, which reportedly lasted for about two and a half hours. The senior officials discussed nuclear threats arising from the Ukraine conflict and ways to mitigate them, according to the American side. Then, Burns reportedly traveled to Kiev to meet Ukrainian President Vladimir Zelensky.

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov lamented last month that the event in Türkiye became publicly known, blaming a leak in Washington.

“The Americans themselves told us ten times that this channel of communication was absolutely confidential and should not be disclosed … so that it would not be tainted by some propagandistic spin,” he told journalists.

“We agreed. But as soon as they landed in Ankara, [the news] got immediately leaked. I don’t know where from, whether it was the White House or the Department of State,” he added.

In his interview with TASS on Tuesday, Naryshkin discussed the Ukraine crisis, and Russia’s cooperation with China and Iran.
CIAのバーンズ氏との新たな会談は「可能」-ロシア・スパイ長官
両国情報機関のトップは11月中旬に会談したことがある。

ロシアの対外情報庁(SVR)を率いるセルゲイ・ナリシキン氏は、CIAのカウンターパートであるウィリアム・バーンズ長官との直接会談に前向きであることを明らかにした。両者は11月中旬にアンカラで会談を行ったことがある。

通信社タスが報じたところによると、ロシアのトップスパイは2日、当事者が合意すれば、バーンズ氏との新たな会合は「可能」だと述べたという。

昨年11月14日の前回の会談は、トルコの国家情報機構が主催し、約2時間半に及んだとされる。アメリカ側によると、高官らはウクライナ紛争に起因する核の脅威とそれを軽減する方法について議論したという。その後、バーンズはキエフに移動し、ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領に会ったとされる。

ロシアのラブロフ外相は先月、トルコでの出来事が公になったことを嘆き、ワシントンでのリークを非難した。

「アメリカ人自身は、このコミュニケーション・チャンネルは絶対に機密であり、公開すべきではないと10回も言ってきた...そうすれば、何らかの宣伝的なスピンで汚されることはない」と彼はジャーナリストに言った。

「我々は同意した。しかし、彼らがアンカラに到着するやいなや、(そのニュースは)すぐに漏れてしまった。ホワイトハウスなのか国務省なのか、どこからの情報かは分からない」と付け加えた。

ナリシキン氏はタス通信とのインタビューで、ウクライナ危機やロシアと中国、イランとの協力関係について述べた。

Ivan Timofeev: Why the West's new anti-Russia sanctions are a total game changer
The creation of mechanisms for the confiscation of Russian property will have long-term consequences for both the West and the whole world
Since the start of Russia’s military offensive in Ukraine, Western countries have frozen the assets of Russian state and private structures under so-called “blocking sanctions." They have also discussed the option of seizing them and transferring the proceeds to Ukraine. Presently, the only country with the necessary legal mechanism for this is Canada. Which will make it the first world country to practically implement the procedure.

How does this system work? What does the first attempt at its implementation look like, and what are the consequences that may follow?
Prohibited techniques and who uses them

In countries that impose financial sanctions, a loss of control over assets has become rather widespread. Blocking sanctions have been frequently used by US authorities over the past decades. The EU, Switzerland, Canada, Australia, New Zealand, Japan, and some others have also adopted the practice. Russia and China have the power to impose sanctions, but Moscow and Beijing rarely use it. For the West, however, this form of economic war has become common practice. 

Along with the ban on financial transactions with individuals and legal entities included on the blocked persons list, sanctions also imply the freezing of their assets in the jurisdiction of the initiating countries. This means that a person or organization under blocking sanctions can no longer use their bank accounts, real estate, and other assets. Since February 2022, Western countries have imposed such sanctions on more than 1,500 Russian individuals and organizations. Considering the subsidiary structures, the number is even greater. The frozen assets are huge and include $300 billion in gold and foreign exchange reserves. And that’s not counting $30 billion worth of Russian-owned assets blocked by the G7 countries. Yet asset freezing is not the same as asset seizure. In case of the former, the person in question is not able to dispose of their assets, but formally, it’s still their property. At some point, the sanctions may be lifted, and the person may regain access to their property. Even following years of restrictions, a chance to recover the assets remains.

Some Western officials have spoken in favor of seizing the frozen assets and handing them over to Ukraine. Forfeiture mechanisms have existed for a long time. For example, property can be forfeited according to a court order as part of the criminal persecution of sanctions law violators. However, this procedure is hardly applicable for the mass seizure of property. Blocking sanctions are a political measure and don’t require the same proof of guilt that a criminal trial supposes. In other words, hundreds of Russian officials and entrepreneurs were put on lists because of their support of the special military operation but have not committed any criminal offense worthy of asset forfeiture. Sanctions have prompted a search for crimes like money laundering or other illegal operations. But the funds gathered this way would be a mere trifle compared to the volume of frozen assets. In order to seize and transfer the frozen assets, another plan is needed.
Unique Canadian Experience

Canada is the first country to legally implement the forfeiture mechanism. The 2022 revision of the Special Economic Measures Act gives Canadian authorities the power to seize property located in the country that is owned by a foreign state, any person or entity in that state, as well as a national of that foreign state who does not ordinarily reside in Canada. Such measures may be applied if “a grave breach of international peace and security has occurred that has resulted in or is likely to result in a serious international crisis.” The final decision is made by a judge after receiving a corresponding petition from a relevant representative of the executive authorities. Following that, the law says that the authorities, at their own discretion, may decide to transfer the proceeds from the confiscated property in favor of a foreign state affected by a grave breach of international peace and security, towards the restoration of international peace and security, and to compensate victims of a grave breach of international peace and security, gross human rights violations or acts of corruption.
ロシアによるウクライナへの軍事攻撃が始まって以来、欧米諸国はいわゆる "ブロッキング制裁 "でロシアの国家機関や民間企業の資産を凍結している。 また、これらの資産を差し押さえ、その代金をウクライナに送金するオプションも検討されている。現在、そのための法的な仕組みを持つ国は、カナダだけである。これは、この手続きを実質的に実行する世界初の国になります。

この制度はどのように機能するのだろうか。その最初の試みはどのようなもので、その後にどのような結果が待っているのでしょうか。
禁止される手法とその使用者

金融制裁を課している国では、資産に対するコントロールを失うことがむしろ広まっている。ブロッキング制裁は、過去数十年にわたり、米国当局によって頻繁に用いられてきた。EU、スイス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、その他の国もこの手法を採用している。ロシアと中国にも制裁を発動する権限はあるが、モスクワと北京がそれを使うことはほとんどない。しかし、西側諸国にとっては、このような形の経済戦争は常識となっている。 

制裁は、ブロック対象者リストに含まれる個人および法人との金融取引の禁止とともに、発動国の管轄下におけるその資産の凍結も意味する。つまり、ブロッキング制裁を受けた個人や組織は、その銀行口座や不動産などの資産を使えなくなるのです。2022年2月以降、欧米諸国は1500人以上のロシアの個人・団体にこのような制裁を課している。子会社組織も考慮すると、その数はさらに多くなる。凍結された資産は膨大で、3000億ドルの金や外貨準備高が含まれる。しかも、G7諸国がブロックしている300億ドル相当のロシア所有の資産はカウントされていない。しかし、資産凍結と資産差し押さえは同じではない。前者の場合、本人が資産を処分することはできないが、形式的には本人の財産であることに変わりはない。ある時点で制裁が解除され、再び財産にアクセスできるようになる可能性があります。何年も制限された後でも、資産を回収するチャンスは残っている。

欧米の高官の中には、凍結された資産を押収してウクライナに渡すことに賛成する声もある。没収の仕組みは以前から存在していた。例えば、制裁法違反者の刑事迫害の一環として、裁判所の命令に従って財産を没収することができる。しかし、この手続きは、財産の大量差し押さえにはほとんど適用できない。制裁の阻止は政治的な措置であり、刑事裁判が想定するような有罪の証明は必要ないのだ。つまり、何百人ものロシアの高官や企業家が、特殊軍事作戦を支持したという理由でリストに載せられたが、資産没収に値する犯罪行為を犯していない。 制裁によって、マネーロンダリングなどの犯罪や違法操業の摘発が進められている。しかし、このようにして集められた資金は、凍結された資産の量に比べれば、ほんの些細なものに過ぎない。凍結された資産を押収・移転するためには、別のプランが必要なのです。
カナダでのユニークな経験

カナダは、没収の仕組みを合法的に実施した最初の国である。2022年の経済特別措置法の改正により、カナダ当局は、外国、その国の個人または団体、およびカナダに通常居住していないその外国の国民が所有する、国内にある財産を差し押さえる権限を持つようになりました。このような措置は、"深刻な国際的危機をもたらした、またはもたらす可能性が高い国際平和と安全の重大な違反が発生した場合 "に適用されることがあります。 最終的な判断は、行政当局の関連する代表者から対応する請願書を受け取った後、裁判官によって行われます。その後、当局は自らの裁量で、国際平和と安全に対する重大な侵害の影響を受けた外国のために、国際平和と安全の回復に向けて、また国際平和と安全に対する重大な侵害、重大な人権侵害、汚職行為の被害者への補償のために、没収財産からの収益を移転することを決定できるとしています。

Biden asked Putin for meeting between spy chiefs – Moscow
William Burns and Sergey Naryshkin met in Ankara in November

A recent meeting of the top spies from Russia and the US was requested by President Joe Biden of Vladimir Putin, according to Moscow. The gathering took place late last year.

Sergey Naryshkin, the head of the Russian Foreign Intelligence Service (SVR), and CIA Director William Burns met on Turkish soil in mid-November. Russian Foreign Minister Sergey Lavrov mentioned the event during a press conference on Wednesday, as he was discussing the lack of peace talks on Ukraine. The US has yet to make a “serious proposal” on resolving the situation, he said.

There were “no revelations” during the Burns-Naryshkin negotiations, Lavrov stated. “In general, during sporadic contacts with Russia on various levels, the West says nothing that would go beyond its public stance,” he remarked.

The top Russian diplomat previously lamented that information about the meeting between the two intelligence chiefs had been leaked to the media.

“The Americans themselves told us ten times that this channel of communication was absolutely confidential and should not be disclosed… so that it would not be tainted by some propagandistic spin,” he told journalists last month.

“We agreed. But as soon as they landed in Ankara, [the news] was immediately leaked. I don’t know where from, whether it was the White House or the Department of State,” he added.

Naryshkin this week indicated that he would be ready to meet Burns again, provided that both sides agree to such contact.
バイデン氏、プーチン大統領にスパイ長官会談を要請 - モスクワ
ウィリアム・バーンズとセルゲイ・ナリシキンは11月にアンカラで会談した

モスクワによると、最近行われたロシアとアメリカのトップスパイの会合は、ジョー・バイデン大統領がウラジーミル・プーチン大統領に要請したものである。この集まりは昨年末に行われた。

ロシア対外情報庁(SVR)の長官セルゲイ・ナリシキンとCIA長官ウィリアム・バーンズが11月中旬にトルコ国内で会談を行った。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は18日の記者会見で、ウクライナに関する和平協議が行われていないことについて触れ、この出来事について言及した。米国はまだ事態の解決について「真剣な提案」をしていないという。

バーンズ-ナリーシキン交渉の間に「何の新事実もなかった」とラブロフは述べている。「一般的に、様々なレベルでロシアと散発的に接触している間、西側はその公的な姿勢を超えるようなことは何も言っていない」と発言している。

ロシアの外交官トップは以前、2人の情報長官間の会談に関する情報がメディアにリークされたことを嘆いていた。

「アメリカ人自身は、このコミュニケーション・チャンネルは絶対に機密であり、公開すべきではないと10回も言ってきた...そうすれば、何らかの宣伝的なスピンで汚されることはない」と、彼は先月ジャーナリストに語っている。

「我々は同意した。しかし、彼らがアンカラに到着するや否や、(そのニュースは)すぐに漏れてしまった。ホワイトハウスなのか国務省なのか、どこからの情報かはわからない」とも述べた。

ナリシキン氏は今週、双方が合意すれば、バーンズ氏と再び会う用意があることを示唆した。
posted by ZUKUNASHI at 21:35| Comment(0) | 国際・政治

日本は戦争のために再軍備する。アジアにとっての意味

Japan rearms for war: What it means for Asia
Tokyo is working to assert itself as a global military power and could destabilize its entire region in the process
By Timur Fomenko, political analyst
Prime Minister of Japan Fumio Kishida commenced 2023 with a tour of G7 countries, having visited France, Italy, the UK, the US and Canada. Holding the Presidency of the US-centric group for this year, Kishida will host its summit in Hiroshima in May.

While a lot of his trips focused on preparing ground for the summit, Kishida notably signed scores of defence deals along the way, showing how the visit ties in with Japan’s ultimate ambition right now: Rearmament.

Since the end of World War II, Japan’s military power has been limited by its constitution to be strictly defensive. The country renounced the right to settle disputes via armed conflict and ruled out having an army or fighting a war abroad. This has posed limitations on defence spending, but also made Japan reliant on the United States for its security. However, now these limitations are all but defunct, even if they still exist on paper. Tokyo has the well-equipped Japan Self-Defense Forces, effectively a standing defensive army, and has recently pledged to double its defence spending by 2027 and to attain “second strike” capabilities with an eye on both China and North Korea, spurring on a regional arms race.

In 2022, former Prime Minister Shinzo Abe was assassinated. While he passed away, his ideas of Japanese military revisionism remained. The climate of geopolitical competition in respect to the rise of China and North Korea’s nuclear missile program has served as a platform for Japan to effectively end its pacifist epoch. These changes have allowed the nationalist Liberal Democratic Party (LDP), despite unfavourable economic results for decades, to perpetually stay in power amongst its key coalitions and thus force through this revisionism, despite opposition from some members of the Japanese public.

While the United States has always seen Japan as the bulwark of its power-projection in Asia, a position it consolidated during the Korean War, it is now allowing Japan to “escape the leash” of its post-war military limitations, hoping it will help in the containment of China. The Biden administration has established a strategy of creating coalitions to target Beijing, such as for example, the Quad and AUKUS. The US aims to counter the rise of China through granting allies extended military capabilities and capacity that they did not have previously. Such as, for example, allowing Australia to gain nuclear submarines through AUKUS or, in this case, giving leeway for Japan to expand its military reach, such as building new air bases in Okinawa.

In doing so, Washington increasingly understands Japan as a critical asset in a Taiwan-related contingency with China, with Japanese territory being effectively 100 kilometers or so east of the island itself. Thus, Japan now recognizes the island as a critical variable in its own defence policy, because if Taiwan falls to mainland rule, Japan will be militarily ‘checkmated’ by China, which will subsequently change the balance of power in Asia against the US. A missile unit is now being built on a Japanese island close to Taiwan itself. While Tokyo does not officially recognize Taiwan’s independence and maintains a position of strategic ambiguity on the matter, its very close relations with the US and the fact that its constitution was amended in 2014 to allow for military action in defence of allies both increase the possibility of Japan directly intervening in a Taiwan conflict.

What is notable is how Japan is not just turning to the United States for its own military expansionism, but to other countries too. This includes deeper relationships with the UK, Canada and Australia, amongst others. For example, Japan will build a “next generation fighter jet” with the UK and Italy which will involve the use of AI. While it is clear that the United States is pushing its allies to work together to try and contain China, on the other hand such moves also set out how Japan is attempting to reassert its own strategic independence with a view to establishing itself again as a military power in its own right, something it has not attempted since the 1940s.

All this, however, brings a new dynamic of danger to Asia. First of all, in the geographic region of northeast Asia, Russia and China both see Japan as a potential military opponent, and will likely align greater in respect to this dynamic. Second, Japan’s militarism is escalating an already tense situation with North Korea, who, facing a stronger Tokyo, is motivated to increase its nuclear and ballistic missile capabilities, finding greater justification to do so. Third, the sentiment of anti-Japanese nationalism in China will rise, meaning tensions between the two will increase. And, finally, despite a common ally in the United States, what will South Korea do in the face of an increasingly stronger Japan? It may feel militarily dominated or isolated, which will also force the country to arm itself further amid a myriad of challenges. As such, the rearmament of Japan will have a massive destabilizing effect on Asia, and it’s something Washington is happy to see occur in order to retain its clout over the region.

東京は世界的な軍事大国として自らを主張しようとしており、その過程で地域全体を不安定にする可能性がある。
岸田文雄首相は、フランス、イタリア、英国、米国、カナダを訪問し、G7諸国を歴訪して2023年をスタートさせた。米国を中心とするG7の今年の議長国である岸田氏は、5月に広島で同グループの首脳会議を開催する予定だ。

岸田外相はサミットに向けた準備に多くの時間を割いたが、その間に多くの防衛関連取引に署名しており、今回の訪問が日本の現在の究極の野心といかに結びついているかを示している。再軍備である。

第二次世界大戦後、日本の軍事力は憲法によって厳格な防衛力に制限されてきた。武力紛争を解決する権利を放棄し、軍隊を持つことも、海外で戦争をすることも否定してきた。そのため、防衛費に制約があり、日本は安全保障を米国に依存することになった。しかし現在、こうした制限は、たとえ書類上はまだ存在していたとしても、ほとんど消滅しています。東京は充実した装備の自衛隊を持ち、事実上の常備防御軍であり、最近では2027年までに防衛費を倍増し、中国と北朝鮮を視野に入れた「第二次攻撃」能力を獲得すると公約しており、地域の軍拡競争に拍車をかけている。

2022年、安倍晋三元首相が暗殺された。亡くなりましたが、日本軍修正主義の思想は残りました。中国の台頭と北朝鮮の核ミサイル計画に関する地政学的競争の情勢は、日本が平和主義のエポックを事実上終わらせるためのプラットフォームとして機能したのである。こうした変化は、数十年にわたる不利な経済結果にもかかわらず、国家主義的な自民党がその主要な連立政権の中で永続的に政権を維持し、日本国民の一部からの反対にもかかわらず、この修正主義を強行することを可能にした。

米国は常に日本をアジアにおける権力投下の防波堤とみなしており、その地位は朝鮮戦争の間に強化された。しかし、米国は現在、日本が戦後の軍事的制限から「逃れる」ことを許し、それが中国封じ込めに役立つことを期待しているのである。バイデン政権は、例えばクワッドやAUKUSのような、北京を標的とした連合体を作る戦略を確立している。米国は、同盟国が以前は持っていなかった拡張的な軍事力や能力を付与することで、中国の台頭に対抗することを目指している。例えば、AUKUSを通じてオーストラリアに原子力潜水艦の保有を許可したり、この場合、沖縄に新しい空軍基地を建設するなど、日本が軍事的範囲を拡大する余地を与えることである。

そうすることで、ワシントンは日本を、台湾関連の中国との有事における重要な資産として理解するようになっており、日本の領土は事実上、島そのものから100キロメートルほど東にあるのだ。なぜなら、もし台湾が大陸の支配下に入れば、日本は中国に軍事的に「牽制」されることになり、その結果、アジアのパワーバランスが米国に対して変化してしまうからである。現在、台湾に近い日本の島でミサイル部隊が建設されている。東京は台湾の独立を公式に認めておらず、この問題に関して戦略的に曖昧な立場を維持しているが、米国との関係が非常に緊密であること、2014年に憲法が改正され同盟国を守るための軍事行動が可能になったことは、いずれも日本が台湾紛争に直接介入する可能性を高めている。

注目すべきは、日本が自らの軍事的拡張主義のために米国だけでなく、他の国にも目を向けていることです。これには、英国、カナダ、オーストラリアなどとの関係の深化が含まれる。例えば、日本はイギリス、イタリアとAIを活用した「次世代戦闘機」を作る予定です。米国が中国を封じ込めるために同盟国に協力を促していることは明らかだが、一方でこうした動きは、日本が1940年代以来試みていない独自の軍事大国としての地位を再び確立するために、日本自身の戦略的独立性を再確認しようとしていることを示すものでもある。

しかし、このことは、アジアに新たな危険の力学をもたらす。まず、北東アジアという地理的条件において、ロシアと中国はともに日本を潜在的な軍事的敵対国とみなしており、この力学に関してより大きな連携をとる可能性がある。第二に、日本の軍国主義が、すでに緊張状態にある北朝鮮との関係をエスカレートさせている。北朝鮮は、より強い東京を前にして、核および弾道ミサイルの能力を高め、それをより正当化する動機付けを感じているのだ。第三に、中国における反日ナショナリズムの感情が高まり、両者の緊張が高まることを意味する。そして最後に、米国という共通の同盟国があるにもかかわらず、ますます強くなる日本を前にして韓国はどうするのだろうか。軍事的な支配や孤立を感じる可能性もあり、様々な課題の中でさらなる武装を強いられることになる。このように、日本の再軍備はアジアに大きな不安定効果をもたらす。そしてそれは、この地域に対する影響力を保持するために、米国が喜んで行うことでもある。

注:「2014年の憲法改正」とは、2014年7月1日の閣議決定及び安保法案により、政府が憲法第9条の解釈を変更し、これを踏まえて法律によって集団的自衛権の行使を容認することにしたことを指すと思われます。
posted by ZUKUNASHI at 14:32| Comment(1) | 国際・政治

2023年01月17日

英国でストライキ頻発中でも性別変更手続きが最大の政治課題

ここ英国では、救急車の運転手がストライキ中で、電車の車掌、バスの運転手、看護師、ロイヤルメール、国境検査官もストライキ中で、今は教師もストライキ中、医者もストライキに入ると脅していますが、議論の最重要課題は常にTransのものらしいのです。
速報: スコットランドの性別認識法は、前例のない動きで英国政府によって阻止されました。
スコットランド高等法院のアリスター ジャックは、この法律が成立するのを阻止する「セクション 35 命令」を提出しました。

トランスの問題に関するスコットランドの立場のために、連邦が解散する可能性は非常に高い

2022年12月23日BBC
スコットランド、性別変更手続きを簡易化 イギリス政府は懸念
英スコットランド議会は22日、法律上の性別変更の手続きを簡易化する法案を86対39の賛成多数で可決した。

可決が発表されると、議会にはトランスジェンダーの権利活動家の歓声が響いた。一方、法案に反対する女性の権利活動家などは「恥を知れ!」と叫んだ。

議論を呼んでいるこの法案では、変更に必要なジェンダー認定証明書(GRC)に申請できる年齢を16歳に引き下げた。また申請の際に、性別違和(生物学的な性別と性自認に違和感がある状態)の診断書が不要となり、自己申告での変更が可能となった。

性別変更手続きの簡易化を認めたのは、イギリスではスコットランドが初めて。

イギリス政府は法案に懸念を示しており、各政府の決定を国王が個人的に承認する「国王裁可」を食い止めることで、スコットランドでの正式な法制化を阻止する可能性があるとしている。しかし、スコットランド自治政府はこれに強く反発している。

欧州ではアイルランドやデンマーク、ノルウェー、ポルトガル、スイスなど9カ国が、自己申告での性別変更手続きを可能にしている。22日にはスペイン下院が、身分証明書と申請のみで法律上の性別を変更できる法案を可決し、上院の採決を待つばかりになった。

London vetoes Scotland’s new transgender law
PM Rishi Sunak’s government has vowed to stop Edinburgh’s new gender recognition legislation from enactment
・・・英国政府は拒否権発動だと。
posted by ZUKUNASHI at 19:08| Comment(0) | 国際・政治

ヴィクトル・メドヴェチュク論文 / ポーランド世界大戦論 / ゼレンスキー暗殺計画 / デイヴィッド・L・フィリップス論評

Viktor Medvedchuk: Total Western support for Zelensky tells us that the US and NATO don't want peace in Ukraine
The West must shoulder blame for the conflict, as it has pushed KieListening to many Western politicians, it seems completely impossible to understand the essence of the current conflict in Ukraine, and the mechanisms which led us here.

Take US President Biden: He denies that American troops are directly involved in the conflict but at the same time he consistently emphasizes his country’s multi-billion dollar weapons supplies. If such huge sums are diverted for military purposes in Ukraine, it should mean that Ukrainian interests are extremely important for the US.

However, there is no desire for the US army to fight there. Thus, Kiev’s concerns are probably not so vital, after all. And do these weapon supplies, worth billions of dollars, amount to donations? A profitable business? Investments? Or are they for political purposes?

There are no clear answers.

Take the most recent revelations, from former German Chancellor Merkel, that the Minsk Agreements were just an attempt to give Kiev time to re-group. This revelation means that no one was ever going to establish peace in Ukraine. Which means, of course, that Russia was deceived.

But why? For the west to protect Ukraine or to to take it for themselves? And why did they need this deception if they could simply implement what was recommended by Germany? Or did Berlin deliberately suggest something that could never have been implemented? We could go as far as asking if political swindlers ought be held to account but it seems much more relevant today to start clearing the smoke from around the current situation.

What were the root causes? And how can we get out of a situation that is becoming ever more dangerous? Well, let us begin this analysis with the ultimate origins of the crisis.v into this catastrophe
Viktor Medvedchuk: ゼレンスキーに対する西側の全面的な支持は、米国とNATOがウクライナの平和を望んでいないことを物語っている。
西側は、キエフをこの破局に追い込んだとして、紛争の責任を負わなければならない。
ヴィクトル・メドヴェチュク:ゼレンスキーに対する西側の全面的な支持は、米国とNATOがウクライナの平和を望んでいないことを物語っている

多くの西側政治家の話を聞いていると、現在のウクライナの紛争の本質や、ここに至ったメカニズムを理解することは全く不可能に思える。

バイデン米大統領は、米軍が紛争に直接関与していることを否定する一方で、自国の数十億ドル規模の兵器供給を一貫して強調しています。このような巨額な資金がウクライナの軍事目的に流用されているとすれば、米国にとってウクライナの利益が極めて重要であることを意味するはずだ。

しかし、米軍がそこで戦うことを望んでいるわけではありません。従って、キエフの懸念は、結局のところ、それほど重要ではないのだろう。そして、何十億ドルもするこれらの兵器供給は、寄付金に相当するのだろうか?儲かるビジネス?投資か? それとも政治的な目的なのだろうか?

明確な答えはない。

ドイツのメルケル元首相が最近明らかにした、ミンスク合意はキエフに再編成のための時間を与えるためのものに過ぎなかったという話を考えてみよう。この暴露は、誰もウクライナに平和を確立するつもりはなかったことを意味する。ということは、当然、ロシアは騙されたことになる。

しかし、なぜ? 西側がウクライナを守るため、あるいは自分たちのためにウクライナを手に入れるためか?また、ドイツが提案したことを実行に移すだけでよいのなら、なぜこのようなごまかしが必要だったのでしょうか。あるいは、ベルリンが意図的に実行不可能なことを提案したのだろうか。政治的詐欺師の責任を問うことまではできても、現在の状況の周辺から煙を取り除くことの方が、今日的であるように思われます。

根本的な原因は何だったのか。そして、ますます危険になっていく状況から、どうすれば抜け出せるのか。まず、この危機の究極的な起源から分析しよう。
<長文です>

Ukraine’s defeat may lead to WWIII – EU state's PM
The prime minister of Poland has urged Germany to send tanks to Ukraine
Ukraine’s defeat may lead to a Third World War, meaning Germany and other NATO countries must step up and send Kiev more weapons, Polish Prime Minister Mateusz Morawiecki claimed on Monday.

Speaking in Berlin at a celebration of German politician Wolfgang Schauble’s 50-year career, Morawiecki insisted that Germany must allow the delivery of Leopard 2 tanks to Ukraine. Poland and Finland have promised Kiev the tanks, but need formal German permission to actually hand them over.

“Today Ukrainians are fighting not only for their freedom, but also in defense of Europe,” Morawiecki insisted. “I call on the German government to act decisively and deliver all types of weapons to Ukraine.”

“The defeat of Ukraine may become a prelude to World War III, so today there is no reason to block support for Kiev and postpone matters indefinitely,” he added.

The Polish PM also spoke of “Ukrainian blood being shed” to prevent what he claimed could be a Russian attack on other EU countries. Last week, Ukrainian Defense Minister Aleksey Reznikov said in an interview that Ukraine was shedding blood to carry out “NATO’s mission,” so the US-led bloc ought to supply it with weapons.

Germany has about 110 Leopard tanks that it could potentially hand over to Ukraine – 88 of which are the old Leopard 1s – but actually making them fit for service would cost hundreds of millions of euros and take about a year, Rheinmetall CEO Armin Papperger claimed in an interview over the weekend. 

Moscow has repeatedly warned the West that sending weapons to Kiev prolongs the conflict but will not change its outcome. German tanks “will burn like the rest” of Western weapons, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said Monday.

Morawiecki’s visit came on the same day German Defense Minister Christine Lambrecht confirmed she was stepping down. Germany has pledged to begin the deployment of a Bundeswehr-operated Patriot air defense battery to Poland. That move was arranged after a Ukrainian missile struck a Polish village in November, killing two civilians. Warsaw ended up having to debunk Kiev’s claims that the missile had been Russian. 
ウクライナの敗北は第三次世界大戦につながる可能性がある-EU諸国の首相
ポーランドの首相は、ドイツにウクライナに戦車を送るよう要請した。
ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は月曜日、ウクライナの敗北は第三次世界大戦につながるかもしれない、つまりドイツと他のNATO諸国は、キエフにもっと武器を送るよう強化しなければならない、と主張した。

ベルリンで開催されたドイツの政治家ヴォルフガング・シャウブルの50年のキャリアを祝う会で、モラヴィエツキ首相は、ドイツはウクライナにレオパルド2戦車の納入を許可しなければならないと主張した。ポーランドとフィンランドはキエフに戦車を約束したが、実際に渡すにはドイツの正式な許可が必要だ。

モラヴィエツキは「今日、ウクライナ人は自由のためだけでなく、ヨーロッパの防衛のために戦っている」と主張した。"ドイツ政府には断固として行動し、あらゆる種類の兵器をウクライナに引き渡すよう求める"

"ウクライナの敗北は第三次世界大戦の前奏曲となる可能性があり、今日、キエフへの支援を阻止し、問題を無期限に延期する理由はない "と彼は付け加えた。

ポーランド首相はまた、ロシアによる他のEU諸国への攻撃を防ぐため、「ウクライナの血が流される」とも語った。先週、ウクライナのアレクセイ・レズニコフ国防相はインタビューで、ウクライナは「NATOの任務」を遂行するために血を流しているのだから、アメリカが主導する圏域は武器を供給するべきだ、と述べた。

ドイツはウクライナに引き渡せる可能性のあるレオパード戦車を約110台(うち88台は旧型のレオパード1)保有しているが、実際に使用に耐えられるようにするには数億ユーロの費用と約1年の時間がかかると、ラインメタル社のアーミン・パッパーガーCEOが週末のインタビューで主張していた。 

モスクワは西側諸国に対し、キエフに武器を送ることは紛争を長引かせるが、その結果を変えることはないと繰り返し警告している。クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は月曜日、ドイツの戦車は西側諸国の兵器と同様に「燃えるだろう」と述べた。

モラヴィエツキ氏の訪問は、ドイツのクリスティーヌ・ランブレヒト国防相の退任が確認されたのと同じ日に行われた。ドイツは、ドイツ連邦軍が運用するパトリオット防空砲台のポーランドへの配備を開始すると公約している。この動きは、11月にウクライナのミサイルがポーランドの村を襲い、民間人2人が死亡した後に取り決められたものである。ワルシャワは結局、ミサイルはロシアのものであったというキエフの主張を覆す必要があった。 

CIA director made secret trip to Kiev prior to Ukraine conflict – media
Bill Burns reportedly warned Ukraine’s President Vladimir Zelensky that he might be assassinated
CIA chief Bill Burns reportedly made a secret visit to Ukraine in January 2022, a month before Russia’s offensive against Kiev started, and told President Vladimir Zelensky that Moscow was plotting to assassinate him.

The clandestine meeting between Burns and Zelensky came to light in a soon-to-be-released book by author Chris Whipple on Joe Biden’s presidency, Business Insider reported on Monday. The trip came at a time when the Ukrainian president was publicly dismissive of US claims that Russia was poised to attack Kiev and was arguing that the warnings were creating “panic.”

“Burns had come to give him a reality check,” Whipple wrote in his book, ‘The Fight of His Life: Inside Joe Biden’s White House’. Biden had instructed the US spy chief to “share precise details of the Russian plots.”

While Zelensky had been reluctant to believe US intelligence assessments of a likely Russian offensive, he was immediately “sobered” and “taken aback” by the claim that he personally might be targeted. As it turned out, the assassination claim was apparently false, inasmuch as there have been no confirmed Russian attempts to kill Zelensky. Russian forces presumably had ample opportunities to take shots at the Ukrainian leader, especially as he ventured out of hiding increasingly, visiting such locales as Bucha and the front-line city of Bakhmut.

Whipple claimed that US intelligence was so detailed that it helped Ukrainian security forces foil two Russian attempts to assassinate Zelensky. Kremlin press secretary Dmitry Peskov denied media reports in April that Moscow wanted the Ukrainian president dead, adding that regime change wasn’t among the goals of Russia’s military operation.

Burns, who served as US ambassador to Russia from 2005 to 2008, also provided Zelensky with details of the plans for Russia’s military offensive, according to Whipple’s book. The author didn’t identify his sources, saying his interviews were done on condition of anonymity. 

While Biden’s administration has tried to take credit for its warnings about the conflict, US intelligence agencies haven’t been altogether accurate in their Ukraine assessments. For example, they reportedly told the White House that Russia would overwhelm and defeat Ukrainian forces within a few days. The CIA’s plan was to support an insurgency against Russian occupiers.
CIA長官、ウクライナ紛争前にキエフへ極秘出張-メディア。
ビル・バーンズ、ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領に暗殺されるかもしれないと警告したと報じられる
CIA長官ビル・バーンズは、ロシアによるキエフへの攻勢が始まる1ヶ月前の2022年1月にウクライナを極秘訪問し、ウラジミール・ゼレンスキー大統領に「モスクワが彼の暗殺を企てている」と伝えたと伝えられている。

BurnsとZelenskyの密会は、作家Chris Whippleが間もなく発売するJoe Bidenの大統領時代に関する本の中で明らかになったと、Business Insiderが月曜日に報じました。ウクライナの大統領が、ロシアがキエフを攻撃する用意があるというアメリカの主張を公に否定し、警告が "パニック "を引き起こしていると主張している時に、この出張は行われたのである。

バーンズは彼に現実を確認させるために来たのだ」と、ウィップル氏は著書『人生の戦い:ジョー・バイデンのホワイトハウスの内側』で書いている。バイデンはアメリカのスパイ主任に "ロシアの陰謀の正確な詳細を共有するように "と指示していた。

ゼレンスキーは、ロシアの攻撃はありそうだというアメリカの情報機関の評価を信じたくなかったが、自分個人が狙われているかもしれないという主張に、すぐに「身の引き締まる思い」をし、「びっくりした」という。しかし、ロシアがゼレンスキーを殺そうとした事実は確認されておらず、暗殺説は誤りだったようだ。ロシア軍は、ウクライナの指導者がブチャや前線都市バフムトなどを訪れて潜伏することが多くなったため、十分な射撃の機会を得たと思われる。

ウィップル氏は、米国の情報は非常に詳細で、ウクライナの治安部隊がロシアの2度のゼレンスキー暗殺計画を阻止するのに役立ったと主張している。クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は4月、モスクワがウクライナ大統領の殺害を望んでいるというメディアの報道を否定し、ロシアの軍事作戦の目標に政権交代は含まれていないと付け加えた。

ウィップル氏の著書によれば、2005年から2008年まで駐ロシア米国大使を務めたバーンズ氏は、ロシアの軍事攻撃計画の詳細をゼレンスキー氏にも提供したとのことである。著者は、インタビューは匿名を条件に行われたとして、情報源を明かさなかった。 

バイデン政権は紛争に関する警告を自分の手柄にしようとしているが、米国の情報機関はウクライナの評価で完全に正確だったわけではない。例えば、ロシアは数日以内にウクライナ軍を圧倒し、打ち負かすだろうとホワイトハウスに伝えたとされる。CIAの計画は、ロシア占領軍に対する反乱を支援することだった。

US and NATO mistakes led to Ukraine conflict – ex-State Department adviser
The Biden administration’s policy of “constraint” invited Russia to “test the boundaries of its bellicosity,” David L. Phillips argues
The West had “many options” to deter Russia from sending its military into Ukraine last February, but failed to avail of them and responded weakly when it happened, according to former US State Department adviser David L. Phillips, writing in the National Interest.

In an article published on Friday, Phillips, who worked with the Clinton, Bush and Obama administrations, argued that Russian President Vladimir Putin had “telegraphed his plan to attack Ukraine long before the first shot was fired.”

“By exercising unilateral constraint and making unforced concessions, the Biden administration invited Russia to test the boundaries of its bellicosity,” Phillips wrote.

He argued that, with the US fearing Russia could put its nuclear weapons to use if the West interfered, Biden responded to the conflict “carefully with half-measures.”

Biden’s early pledge that NATO troops would not be deployed in Ukraine was “unnecessary,” claimed Phillips, who directs the Program on Peacebuilding and Human Rights at Columbia University.

When it comes to sanctions on Russia, these were “implemented so incrementally that Putin was able to cushion their impact on Russia’s economy,” he added. Philips also suggested Ukraine should have been provided with “state-of-the-art NATO weaponry” from the outset.

Had the West taken “proactive preventive measures” before Russia launched its offensive in February last year, this could have "changed Putin’s calculus,” he claimed. For instance, if NATO had set up a war crimes tribunal for Ukraine, the “prospect of accountability" would act as a deterrent, he argued.

Once the conflict began, however, Phillips suggests NATO could have “deployed more troops to frontline states like Romania” to demonstrate “resolve and readiness.” It could also have implemented a no-fly zone over certain beleaguered cities – a step the NATO decided against, fearing it would bring the bloc into direct conflict with Russia.

Russia sent troops into Ukraine on February 24, 2022, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The protocols, brokered by Germany and France, were first signed in 2014. Former Ukrainian president Pyotr Poroshenko has since admitted that Kiev’s main goal was to use the ceasefire to buy time and “create powerful armed forces.”

Shortly before the hostilities broke out, the Kremlin recognized the Donbass republics as independent states and demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join any Western military bloc. Last September, Donetsk and Lugansk, as well as Kherson and Zaporozhye regions, were incorporated into Russia following referendums.
米国とNATOの間違いがウクライナ紛争を招いた-元国務省顧問
バイデン政権の「抑制」政策は、ロシアに「好戦性の限界を試す」ことを招いたと、デイヴィッド・L・フィリップスは主張する。
元米国国務省顧問のデビッド・L・フィリップス氏は、ナショナル・インタレスト誌に寄稿し、西側諸国には昨年2月にロシアがウクライナに軍を派遣することを抑止する「多くの選択肢」があったが、それらを活用できず、いざというときの対応も弱かったと指摘した。

クリントン、ブッシュ、オバマの各政権で働いたフィリップス氏は、金曜日に発表された記事の中で、ロシアのプーチン大統領は「最初の発砲が行われるずっと前に、ウクライナを攻撃する計画を電報で伝えていた」と主張した。

"一方的な制約を行使し、無理な譲歩をすることで、バイデン政権はロシアに好戦性の限界を試すように誘った "とフィリップス氏は書いている。

彼は、西側が干渉すればロシアが核兵器を使用する恐れがあるため、バイデンは "中途半端な手段で慎重に "紛争に対応したと主張した。

コロンビア大学で平和構築と人権に関するプログラムを指導するフィリップス氏は、バイデン氏が早い時期に表明したNATO軍のウクライナへの派遣は「不必要」だったと主張している。

また、ロシアへの制裁については、「段階的に実施されたため、プーチンはロシア経済への影響を緩和することができた」とも述べている。フィリップス氏はまた、ウクライナには最初から「NATOの最新鋭兵器」を提供すべきだったと指摘する。

昨年2月にロシアが攻撃を開始する前に、西側諸国が「積極的な予防措置」を取っていれば、「プーチンの計算が変わったかもしれない」と同氏は主張する。例えば、NATOがウクライナに戦争犯罪法廷を設置していれば、「説明責任を果たせるという見通し」が抑止力として働くだろうと主張した。

しかし、紛争が始まれば、NATOは「決意と準備」を示すために、「ルーマニアのような前線国家にもっと軍隊を配備する」ことができたはずだとフィリップスは指摘する。NATOは、ロシアとの直接対決を恐れて、この措置に反対したのである。

ロシアは2022年2月24日、キエフがミンスク合意を履行していないとして、ウクライナに軍を派遣した。ミンスク合意は、ドネツクとルガンスクにウクライナ国家内での特別な地位を与えることを目的としたものである。ドイツとフランスが仲介したこの議定書は、2014年に初めて署名された。ウクライナのピョートル・ポロシェンコ前大統領はその後、キエフの主な目的は、停戦を利用して時間を稼ぎ、"強力な武装勢力を生み出すこと "だったと認めている。

敵対行為が始まる少し前に、クレムリンはドンバス共和国を独立国家として認め、ウクライナは西側軍事ブロックに決して参加しない中立国であることを公式に宣言するよう要求した。昨年9月、ドネツク、ルガンスク、ケルソン、ザポロジェの各州は住民投票によりロシアに編入された。
posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月16日

米国労働市場のひっ迫はコロナによる死亡者多数のため

米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、労働市場が現在非常に逼迫している理由は、多くの労働者がCOVID-19で死亡したためだと述べた。
「働いていたはずの 50 万人近くが ...COVID で死亡した」とパウエルは言ったhttps://axios.com/2022/12/16/the
posted by ZUKUNASHI at 13:56| Comment(1) | 国際・政治

済州島四・三事件

posted by ZUKUNASHI at 11:54| Comment(0) | 国際・政治

韓国がUAEへの武器売却強化を狙う

Asian country aims to ramp up arms sales to UAE
South Korea’s president has arrived in Abu Dhabi for trade talks at a time when the Emirates are cutting reliance on US weaponry
South Korean President Yoon Suk-yeol traveled to the UAE on Sunday seeking to capitalize on new opportunities for weapons sales. Seoul is deepening its defense ties with Abu Dhabi as the Emirates pivot away from relying on Washington for military support in the wake of the botched US withdrawal from Afghanistan.

Yoon arrived in Abu Dhabi for a state visit and was welcomed at the presidential palace with an honor guard and military air show. UAE President Mohammed bin Zayed Al Nahyan announced plans to invest $30 billion in South Korea, telling Yonhap News, “We decided to make the investment with confidence in the Republic of Korea that keeps its promises under all circumstances.”

South Korea is already building a massive nuclear power plant in the UAE and has been sending commandoes to the Emirates since 2015 to provide military training. The two governments signed agreements on Sunday to deepen ties in such areas as technology and energy, including an oil-stockpiling deal, as well as defense.

“The atmosphere is extremely ripe for security or military cooperation between South Korea and the UAE involving the arms industry,” a presidential office official in Abu Dhabi told Yonhap.

That ripening reportedly began after the chaotic US exit from Afghanistan in August 2021. “The mishandling of the US withdrawal from Afghanistan raised doubts in the region not only about the US willingness to honor its defense commitments, but also its capacity to do so,” according to the Middle East Institute, a Washington think tank.

A few months after the Afghan debacle, in December 2021, the UAE suspended deals to buy $23 billion in US-made F-35 fighter jets and attack drones. A month later, Abu Dhabi agreed to purchase an M-SAM air-defense system from South Korea for $3.5 billion. The M-SAM was developed in cooperation with Russia, based partly on technology used in S-350E and S-400 missile systems.

US officials had reportedly imposed demands on the UAE to win approval for the F-35 deal, including halting a Chinese company’s construction of a logistics port, refusing to use 5G telecommunications equipment from China’s Huawei, backing away from technology partnerships with Beijing and agreeing to remote monitoring of the fighter jets by Washington.
アジア諸国は、UAEへの武器売却を強化することを目的としています。
韓国大統領がアブダビに到着し、米国製兵器への依存を減らすために貿易協議を行った。
韓国の尹淑烈(ユン・スギョル)大統領は日曜日、UAEを訪問し、武器売却の新たな機会を生かそうとした。ソウルはアブダビとの防衛関係を深めており、首長国はアフガニスタンからの米国の撤退の失敗を受け、軍事支援のためにワシントンから軸足を移している。

ユン氏は国賓としてアブダビに到着し、大統領官邸で儀仗隊と軍の航空ショーで歓迎された。UAEのモハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン大統領は、韓国に300億ドルを投資する計画を発表し、聯合ニュースに「どんな状況でも約束を守る大韓民国に信頼を置いて投資を行うことにした」と語った。

韓国はすでにUAEに大規模な原子力発電所を建設しており、軍事訓練のために2015年から首長国連邦にコマンドーを派遣している。両政府は日曜日、防衛だけでなく、石油備蓄契約を含む技術やエネルギーなどの分野で関係を深める協定に署名した。

アブダビの大統領府関係者は聯合ニュースに「韓国とUAEが武器産業に関わる安全保障や軍事協力を行う雰囲気は極めて熟している」と述べた。

その熟成は、2021年8月の米国のアフガニスタンからの混乱した撤退の後に始まったとされる。ワシントンのシンクタンク、中東研究所によると、「米国のアフガニスタン撤退の誤った処理は、米国が防衛公約を守る意志だけでなく、その能力についても地域内に疑念を抱かせた」という。

アフガンの大失敗から数カ月後の2021年12月、UAEは米国製F-35戦闘機と攻撃型無人機を230億ドル購入する取引を停止した。その1カ月後、アブダビは韓国からM-SAMという防空システムを35億ドルで購入することに同意した。M-SAMは、S-350EやS-400ミサイルシステムに使われている技術を一部応用して、ロシアと協力して開発されたものである。

米国当局は、F-35の承認を得ようとするUAEに要求を突きつけたと報じられている。中国企業による物流港の建設中止、中国のファーウェイによる5G通信機器の使用拒否、北京との技術提携からの離脱、ワシントンによる戦闘機の遠隔監視への同意などがその例である。
posted by ZUKUNASHI at 07:09| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月15日

グアンタナモ:CIIA拷問

posted by ZUKUNASHI at 23:14| Comment(0) | 国際・政治

NATO はウクライナで敗北している今、核兵器に訴える?

NATO は、ウクライナで敗北している今、核兵器に訴えるでしょうか?

私たちは皆それを考えています。

・・・・

Syrian Girlは、シリアの出身で海外に在学中の地政学研究者。シリアは、欧米に支援されたテロリストと2011年以来戦っています。英米、NATOの戦争への関与はよくわかっています。多くの人がNATOが核兵器を使う危険性を心配しています。
posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(0) | 国際・政治

黒人泥棒はその場で即決処刑された

#StopExecutionsinIranちょっと待って、アメリカで何が起きているの?黒人泥棒はその場で即決処刑された。
気にしないで、イランでの殺人者の処刑をやめてください


その男は銃を持っていて、強盗をしていた。銃撃者は窮地をまぬかれない。銃撃者は強盗の背中を撃ったのであって、正当防衛ではないので無罪にはならないと思います。その時は刑務所に行くんだ。歩いていて叫んだり、発言しただけで絞首刑になるわけではないんだ、それがわかるかな?

・・・知れば知るほど米国には住みたくない。



posted by ZUKUNASHI at 01:37| Comment(0) | 国際・政治

「第三帝国の興亡」





posted by ZUKUNASHI at 00:06| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月14日

0000

posted by ZUKUNASHI at 23:05| Comment(0) | 国際・政治