国際・政治: ずくなしの冷や水

2021年01月09日

アサドのシリア国民に対する残忍な戦争と米国特使がたわごと

※ U.S. Embassy Syria@USEmbassySyriaの2021/1/2のツイート
経済状況と人道的危機に対する責任は、米国の制裁ではなく、アサド政権のシリア国民に対する残忍な戦争にかかっています。
シリアへの特使ジョエル・レイバーンに関する声明:

注:原文はアラビア語、Googleの翻訳ソフトで訳しています。

※ Sargon Hadaya@SargonHadaya氏の2021/1/2のツイート
悲惨な経済状況は、2021年7月4日のシリアの大統領選挙に影響を与えることを目的とした一方的な制裁によって引き起こされています。米国の援助の疑いについては、北西部のジハード主義者と北東部の分離主義者に限定されています。

Sargon Hadaya@SargonHadaya氏のプロフィル
Husband, Father & Fisherman born in USSR by the way PhD in Political Science Senior Correspondent @RTArabic
Tweets are My Own
夫、父、漁師、ソ連生まれ、政治学PhD、RTアラビア語の上級特派員

RTの記者ですが、政治学の博士号を持っています。RTの記事が確かなのは、こういう人材が多いからです。

2020年末にデリゾールから一時帰宅するシリア軍兵士のバスをISISが待ち伏せし30人もの死者が出ました。



米国やその同盟の真っ赤なウソ まったくいつまで通用するのでしょう。

米国は国内でもMassacreをやっていると指摘する米国の医療関係者もいます。

※ mko@trappedsoldier氏の2021/1/3のツイート
なんで、笑う? 米軍が中東にいる限り、ISISやアルカイダ、クルドテロ組織が飼育され、市民虐殺に使われる。イランは、この歴史を終わらせようと中東から米軍を放逐しようと努力。アメリカはそのイランの努力をも口実に、ペルシャ湾を軍事化している。イラン人を殺し、中東全体をイスラエル化するため

※ mko@trappedsoldier氏の2021/1/3のツイート
ソレイマニとムハンディスが暗殺されたバグダッド空港に数十万人が集まった!

※ Twelver313氏の2021/1/3のツイート
Hundreds of thousands of mourners are outside Baghdad Airport Road, the site where Abu Mehdi and Hajj Qassem were killed
割れたハート
イラク国旗

※ Steele Maiko氏の2021/1/9のツイート
The Turkish Army proper have cut the M-4 highway in Idlib province.
The blockade is near the villages of “Jericho” and “Mahmbe” both located in southern #Idlib province.
The Turkish Army has reinforced its checkpoints and military sites along the important logistical route with personnel and military equipment.
#Syria #Turkey #Syrianarmyplease feel free to follow for daily Syrian updates







posted by ZUKUNASHI at 15:00| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月08日

ウクライナで警官に火炎瓶を投げた暴徒は自由の闘士 キャピトルヒルのおとなしい抗議者は国内テロリスト

シリア人の地政学者
※ Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2021/1/7のツイート
When Ukrainian protesters where ditching hundreds of Molotov cocktails at police, the US called them freedom fighters, not terrorists. Compare this to the tame protest that happened in #CapitolHill that they are calling domestic terrorism.

イラン
RT2021/1/7
Events on Capitol Hill show Western democracy is ‘fragile & vulnerable,’ Iran's president claims
The Iranian president has said that the storming of the US Capitol building by supporters of outgoing President Donald Trump demonstrates how weak Western democracy is.

Speaking on Thursday, Iranian President Hassan Rouhani took a swipe at the democracies of the West, adding that future American leaders should learn from what happened on Wednesday when violent protests on Capitol Hill saw four people die.

“What we saw in the United States… shows above all how fragile and Western democracy is,” Rouhani said as cited by local media.
「アメリカで見たことは...欧米の民主主義がいかに脆弱で傷つきやすいかを示している」とルーハニは地元メディアに引用されたように述べた。
We saw that unfortunately the ground is fertile for populism, despite the advances in science and industry.

Rouhani recapped the damage that the outgoing US president has caused on the international arena, especially blaming Trump for “great blows” to Syria, Palestine and Yemen.
ルーハニ氏は、退任する米国大統領が国際舞台で引き起こしたダメージについて、特にシリア、パレスチナ、イエメンへの「大打撃」についてトランプ氏を非難した。

Rouhani didn’t mince his words, describing Trump as “an unsound man” and saying his populism was to blame.

Rouhani expressed hope that the new US administration would be able to return to the law for the benefit of America and people around the world.

“Those who will take power in the White House… must make amends and return the American people, who are a great nation, to their true place,” Rouhani added.

On Wednesday, a protest turned violent after Trump supporters breached the Capitol building and staged an occupation. One woman was fatally shot, and three others died in “medical emergencies” during the unrest.

Later, Trump promised “an orderly transition,” after the US Congress certified the victory of Joe Biden.

ロシア外務省
※ Russian Foreign Ministry - МИД России facebook 2021/1/8
ロシア国旗 Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova:
The events in Washington are the internal affair of the United States. At the same time, we are again highlighting the fact that the electoral system in the United States is archaic and does not meet modern democratic standards; it offers opportunities for
many violations, and the American media have become an instrument of political infighting. This is largely the reason for the split in US society we are witnessing now.
We hope for the friendly American people to go through this dramatic moment in their history with dignity.

ジンバブエ大統領
※ President of Zimbabwe@edmnangagwa氏の2021/1/7のツイート
Last year, President Trump extended painful economic sanctions placed on Zimbabwe, citing concerns about Zimbabwe’s democracy.
Yesterday’s events showed that the U.S. has no moral right to punish another nation under the guise of upholding democracy. These sanctions must end.



posted by ZUKUNASHI at 10:01| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月07日

へー 日本でもトランプ支持のデモ



内幸町ですね。次の画像からすると、対中ヘイトグループ?




カラー印刷のプラカードを作るにもそれなりのカネがかかります。みんな自分の財布から出しているの?
posted by ZUKUNASHI at 17:06| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月06日

新コロナウィルスへの対処とその結果はその国の国情を如実に示す



エジプトで新コロナウィルス患者を収容する病棟全体の酸素供給が止まり、患者が死んだと伝えられています。エジプトでは他の病院でも同じ問題が起こっており、米国カリフォルニアの病院でもあったとされています。

2020年の春にエジプト旅行から帰ってきた日本人に新コロナウィルス感染が続々と見つかりました。エジプト国内の感染拡大は大きいはずですが、数値の上ではそう見えません。

トルコは、当初、感染者が報告されませんでした。報告が出始めても低位で推移していましたが、秋になって統計値が実勢とかけ離れているとの指摘が専門家によってなされ、当局は専門家を拘束したと伝えられています。上のグラフでも在庫放出の跡が顕著です。

イランは、早い時期に新コロナウィルス感染者が多数発生し、検査や街中の消毒を徹底して進めてきました、しかし、空気感染の防止という面では学校などの閉鎖の策も取られましたが、必ずしも十分ではなかったようで秋になって感染者が急増しました。テヘランの南にあるコム市では6月から9月半ばまで平均最高気温が30度を超えます。

中東全体に言えることですが、夏の炎暑を避けるために窓は小さく、ウインドキャッチャーなどの仕組みもありますが、換気面では十分ではないでしょう。欧州も冬の寒さのために窓は小さめなところが多く、寒くなって感染者が激増しているのはこれと関係がありそうです。一方、東南アジアの住居は開放的なものが多いですから、半屋外で生活しているようなもの。都市化が進んだところ以外では住環境面で利点があります。

イスラエルは秋のピークに並びかけています。パレスチナ人に暴虐の限りを尽くしています。兵器の研究では進んでいるはずですが、国内的な感染防止策は十全とは言えないようです。

ロシアは、初期に早々と国境を閉鎖しましたが、その後海外から帰国する人が相次ぎ、国内でロックダウンも行わなかったため、感染拡大が続きました。地方の新コロナウィルス対策の責任者が国境閉鎖と前後して海外に保養に出かけていたことが発覚し、罪に問われる恐れがあるとの報道がありましたが、今のロシア人は自己本位です。

プーチンがモスクワの新コロナウィルス患者の病院を視察しましたが、その病院の責任者がPCR+と判明しクレムリンがパニックになったことがあります。この後警戒態勢が格段に強化され、プーチンはモスクワ市内の秘密の場所からテレビ電話で指示を出すようになっています。ラブロフやザハロバの会見の様子を見てもそれほど警戒が強いようには見えません。ロシア人は、一般に体力に自信がありますし、新コロナウィルスの防護に関する啓発は必ずしも足りていなかったのではないでしょうか。

ロシアはワクチンを開発しました。接種が始まっています。国防大臣ショイグがワクチン接種を受けるところをテレビで放映したりしています。新規感染者数は頭を打ったように見えますがまだわかりません。

英国は、欧州で感染者数が飛びぬけており、今なお急増中です。PCR検査を積極的に実施していることが一つの要因かもしれません。一応、英国の感染症などに関する研究者の厚みは確かなようで、英国はいろいろな情報を発信しています。新コロナウィルスの変異株を自国分のみならず南ア分についても確認したことはそういう研究の成果です。ワクチン開発もその一つと言えます。

英国は強力なロックダウンを打ちましたがその成果がどう表れるか注目です。

米国は、グラフから外しましたが、米国の共和党議員をはじめとする支配層は、新コロナウィルス対策に協力的でありませんでした。トランプが愚かなだけではなくトランプの政策を左右する力のある人々が新コロナウィルスの脅威を理解していなかったのです。そしてホワイトハウスで集団感染発生にまで至りました。

集団免疫路線を採用したスウェーデンは、一科学者の独走ではありません。国王が失敗だったと批判していますが、新コロナウィルスへの対処は重要な国の政策決定として行われており、そこには政権当局者のリテラシーや政権にアドバイスする専門家の能力も関係がありますが、基本的に政権の政策判断とそれに影響力のある階層の支持が決定したものです。

上に見てきたように新コロナウィルスへの対処は、国柄を的確に示しています。ある意味大変勉強になります。

日本はどうでしょう。私は、政権当局者のリテラシーでも、専門家の能力、さらには人格の面でも日本は後進国の一つだと考えています。PCR検査を抑制して患者数を少なく見せかけるなどという姑息な手は、先進国ではありえないでしょう。

今なお、新コロナウィルスは陰謀論だとする人もいます。それならどうぞボランティアで新コロナウィルス患者収容病院の清掃やごみ回収をやってください。そういう方は、PPE個人用防護器具は不要ですよね。まあ、他の疾患だってあるからサージカルマスクはしてもよいことにしましょうか。

どこに陰謀論の余地があるのか教えてほしいと思っています。
posted by ZUKUNASHI at 12:02| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月05日

ジュリアン・アサンジの米国送致を英国裁判所が認めず

ジュリアン・アサンジの米国送致が英国裁判所によって否定され、メキシコがアサンジの亡命を認めると表明しています。


米国のbrutal incarceration 残忍な投獄、残虐な監禁 が判決理由の一つです。

RT2021/1/4
'Brutal' US incarceration system key factor in judge denying extradition of Assange
The conditions faced by prisoners in the United States’ incarceration system was the key factor in a judge’s decision not to extradite Julian Assange to face espionage charges.

In a stunning ruling announced at the Old Bailey courthouse in London on Monday, Judge Vanessa Baraitser found that extradition to an American jail would be oppressive to the WikiLeaks founder’s mental health.

After spending the vast majority of her ruling outlining the reasons why Assange should be extradited, Baraitser shocked onlookers by ordering the 49-year-old’s discharge.

“Faced with the conditions of near total isolation without the protective factors which limited his risk at HMP [Her Majesty’s Prisonson] Belmarsh, I am satisfied the procedures described by the US will not prevent Mr Assange from finding a way to commit suicide and for this reason I have decided extradition would be oppressive by reason of mental harm and I order his discharge,” she said.

The decision sparked joyous scenes among WikiLeaks supporters who had gathered outside the court for the ruling. Speaking outside the Old Bailey, John Rees, who is part of the official campaign to stop Assange’s extradition, heralded Baraitser’s ruling as an “incredible judgement.”

“95 percent of this judge’s remarks supported the prosecution offence. She said there’s no public interest defence, there’s no journalistic defence, there’s no political opinion defence,” Rees explained.

“The one fact that swayed her into refusing the extradition was that the US prison system is so brutal that it will increase the risk of suicide, and she wasn't willing to put him into an oppressive prison system.”

RT2021/1/4
‘We’ll give him protection’: Mexican president promises asylum for Julian Assange
Mexico’s president has offered asylum to WikiLeaks founder Julian Assange, hours after a British judge refused to extradite Assange to the US to face espionage charges.

“Assange is a journalist and deserves a chance, I am in favor of pardoning him,” President Andres Manuel Lopez Obrador told reporters on Monday, saying “we'll give him protection.”

“Our tradition is protection,” Obrador added.

Earlier on Monday, Judge Vanessa Baraitser refused to extradite Assange to the US, where he has been charged with 18 counts of conspiring to hack US government computers, and with the publication of confidential military records. Baraitser did not take issue with the charges against Assange, but found that extradition would be oppressive, given Assange's mental health, and would leave the publisher at risk of suicide.

The US is expected to appeal the ruling, and Assange is still being held in London’s Belmarsh Prison pending a bail hearing on Wednesday. His supporters have lobbied US President Donald Trump to grant him a pardon, but Trump has not yet indicated that he will.

Assange has already lived much of the past decade in asylum, having been sheltered by Ecuador inside its embassy in London between 2012 and 2019. However, a change in Ecuador’s political leadership saw right-winger Lenin Moreno assume power in 2017 and, shortly after that, claim that Assange had violated the conditions of his asylum. He was dragged out of the embassy by British police in April 2019.

"彼を保護する メキシコ大統領、ジュリアン・アサンジの亡命を約束
メキシコの大統領はウィキリークスの創始者であるジュリアン・アサンジに亡命を申し出ました。

"アサンジはジャーナリストであり、チャンスを与えられるに値する。

"我々の伝統は保護である "とオブラドールは付け加えた。

月曜日の早い段階で、ヴァネッサ・バライツァー判事は、アサンジの米国への身柄引き渡しを拒否しました。アサンジは、米国政府のコンピューターをハッキングした共謀罪と軍事機密記録の公開罪で18件の起訴を受けています。バライツァー氏はアサンジの告発には異議を唱えなかったが、アサンジの精神状態を考えれば、身柄引き渡しは圧迫的であり、出版者を自殺の危険にさらすことになると判断した。

米国はこの判決を不服として上告する見込みで、アサンジは水曜日の保釈聴聞会を待つ間、ロンドンのベルマーシュ刑務所に拘束されている。アサンジの支持者はドナルド・トランプ米大統領にアサンジの恩赦を与えるよう働きかけているが、トランプ大統領はまだその意思を示していない。

アサンジは、2012年から2019年までの間、ロンドンのエクアドル大使館内でエクアドルに保護されていたため、すでに過去10年の大半を亡命生活で過ごしています。しかし、エクアドルの政治指導部の変化で、右翼のレーニン・モレノ氏が2017年に権力を掌握し、その直後に、アサンジが亡命の条件に違反したと主張した。彼は2019年4月にイギリスの警察によって大使館から引きずり出された。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 12:57| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月04日

陰謀論者必読 コロナ後の世界はどうなるか

この記事は面白いです。論拠もあげられている。でも訳しません。

RT2021/1/3
Humans of the GREAT RESET: What the future MIGHT look like in 2021 – if the controlling elites have their way
By Graham Dockery, RT
With vaccine rollouts underway, humanity looks set to win the fight against the coronavirus. But some elites planning a post-coronavirus ‘Great Reset’ don’t want to go back to normal. Here’s what they have planned instead.

As lockdowns and mask mandates became a part of daily life over the last year, politicians the world over asked their citizenry to accept “The New Normal.” The phrase became ubiquitous, but as vaccines inched closer to deployment, that phrase was replaced with a new one, “The Great Reset,” used to describe the monumental changes to human society needed in a post-coronavirus world.

Unveiled in May by Britain’s Prince Charles and the World Economic Forum’s Klaus Schwab, the ‘Great Reset’ is an ambitious plan to create a more equal, cashless, integrated and sustainable global society. World leaders have seemingly signed up to the plan, with its catchphrase, “Build Back Better” featured prominently in incoming US President Joe Biden’s campaign messaging.

Overdue liberalization, or technocratic New World Order? Opinion on the plan is divided between those who think it’s the shot in the arm the world needs, and those who think it will make Cyberpunk 2077 look like a utopian dreamworld. Whatever your opinion, here’s a look at the ‘New Normal’ that awaits in 2021 and beyond.
Vaccine passports for everyone

Even the World Economic Forum (WEF) has acknowledged that issuing citizens with immunity passports, or certificates of vaccination, could prove “controversial.” That hasn't stopped governments toying with the idea though. Britain is “exploring” the idea of creating a digital “freedom passport” database that would only grant access to public places to people who can prove a negative Covid test, while Ireland and Israel have discussed banning the unvaccinated from certain spaces. France may ban the unvaccinated from public transport.

Such moves have been fiercely criticized by civil liberties advocates, but those pushing them don’t care. “Prepare for a form of health passport now,” former British Prime Minister Tony Blair wrote last week. “I know all the objections, but it will happen. It’s the only way the world will function and for lockdowns to no longer be the sole course of action.”

Governments may not be able to force citizens to take a rushed and side-effect-riddled jab at gunpoint, but they won’t have to. The air travel industry has already said it will require proof of vaccination to fly this coming year, leaving wannabe travelers with a simple choice: take the jab or stay at home. Budget airline Ryanair boiled the idea down to a blunt catchphrase: “Jab & go!”

Digital IDs and social credit scores

Your vaccination record is just one facet of your identity that the architects of the Great Reset want access to. In a post on Christmas eve, the WEF set out an ambitious plan to create a digital identity app aimed at giving an official identity to more than a billion people worldwide said to be without one. Registering the world’s population is a goal shared by the United Nations, and the WEF’s proposed app would enable users to link up with ‘smart cities,’ healthcare and financial services, travel and shopping providers, and government departments.

Together with the idea of health passports, one can easily imagine a world where the unvaccinated could be excluded from these vital services. The International Monetary Fund has gone one step further, however, proposing this month that AI algorithms could be used to scan a person’s social media posts to determine their credit score.

Made too many anti-vax posts on Facebook? Sorry, pal, loan denied.
posted by ZUKUNASHI at 01:08| Comment(1) | 国際・政治

2021年01月03日

日本のフェイク新聞 毎日新聞

※ Global Times@globaltimesnewsの午後4:29 ・ 2021年1月3日のツイート
China state-affiliated media
Japanese media @mainichi
allegation that China is smuggling vaccines comes "out of thin air." Vaccine producers Sinopharm and Sinovac have denied selling unapproved vaccines overseas.

この記事ですね。話としては面白いが。

毎日新聞2021/1/1
水面下で出回る中国ワクチン 富裕層から永田町へ? 狙われる日本市場
中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチンが日本国内に持ち込まれ、日本を代表する企業の経営者など一部の富裕層が接種を受けていることが明らかになった。2020年11月以降、既に企業トップとその家族ら18人が接種を受けたという。ワクチンは、中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人が持ち込んでいる。個人が自分で使う以外の目的で海外からワクチンを持ち込むのは違法の可能性があるが、中国側がワクチンをテコに影響力拡大を狙っている姿が浮かんだ。
posted by ZUKUNASHI at 19:31| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月02日

米国イラン関係

トランプが退任前にイランに攻撃を仕掛けるとの説が流れています。ペルシャ湾に空母も送りました。イランは応戦・反撃体制を強化。トランプをソレイマニ殺害の犯人として手配したり、暗殺を謀る人が出るだろうと威嚇。トランプは、大統領退任後米国から他国に移り住むどころか、どこかに隠れなければならなくなっています。

以下の日本語訳は、www.DeepL.com/Translator(無料版)による。

RT2021/1/2
‘Marine BOMB’ prone to ‘sudden explosion’ found on hull of Iraqi tanker as Iran warns US may use false-flag attack to start war
Explosives experts were called in to defuse a naval mine found attached to the hull of an oil tanker as it departed an Iraqi port, prompting an evacuation of the ship’s crew amid simmering tension in the Gulf.

Iraqi authorities confirmed the discovery on Friday morning through the semi-official Security Media Cell Twitter account, saying a “foreign body” was spotted on the vessel as it entered international waters in the Persian Gulf on Thursday afternoon, some 28 nautical miles (52km) off Iraq’s coast.

“Immediately a team for handling explosives was formed from the Ministry of Interior,” the Security Cell continued, adding that the team was “still working to neutralize the mine and evacuate the target ship, and our naval forces are making a great effort with the bomb team to accomplish this mission.”

The tanker, rented from Iraq’s government-run Oil Marketing Company (SOMO), was in the area to refuel another vessel, which was successfully evacuated after the bomb was found.

Another security source who spoke with Reuters on condition of anonymity said the sea mine is “complicated” and has “sensors that could cause a sudden explosion,” adding that the bomb squad had never handled a device of that kind. “We asked for further assistance from a more professional bombs team,” he said.

The confirmation from Baghdad came one day after two private security firms – Ambrey Intelligence and Dryad Global – said that sailors feared that they had found a “limpet mine” on a Liberian-flagged ship in the Persian Gulf. Another private intelligence outfit, Aurora Intel, shared unverified photos and footage purporting to show the mine affixed to the tanker’s hull, also posting satellite imagery of the two vessels at sea.
イラクのタンカーの船体から「突然の爆発」を起こしやすい「海兵隊の爆弾」が発見され、イランは米国が戦争を始めるために偽旗攻撃を使用する可能性があると警告した。
イラクの港を出港した石油タンカーの船体に付着していた海軍の地雷を分解するために爆発物の専門家が召集され、湾岸の緊張が高まる中、乗組員の避難を促しました。

イラク当局は、木曜日の午後、ペルシャ湾の国際水域に入った際に、イラク沿岸から約28海里(52km)離れたペルシャ湾で「異物」が発見されたと、ツイッターの半公式アカウント「Security Media Cell」を通じて、金曜日の朝、発見を確認した。

"直ちに内務省から爆発物処理チームが結成された」と安保セルは続け、「地雷を無力化し、標的船を避難させるための作業を続けており、我々の海軍部隊は爆弾処理チームと共にこの任務を達成するために多大な努力をしている」と付け加えた。

イラクの政府系石油販売会社(SOMO)から借り受けたタンカーは、別の船に給油するためにこの地域にいたが、爆弾が発見された後、避難に成功した。

ロイターと匿名を条件に話した別の安全保障関係者は、海雷は「複雑」で、「突然の爆発を引き起こす可能性のあるセンサーを備えている」と述べ、爆弾処理班はその種の装置を扱ったことがないと付け加えた。"私達はより専門的な爆弾チームからの更なる援助を求めた" と彼は言った。

バグダッドからの確認は2 つの私用保安会社- Ambrey の情報及びDryad の全体-がペルシャ湾のリベリアの旗を付けられた船で "limpet の地雷" を見つけたことを船員が恐れていたと言った1 日後に来た。別の民間諜報機関であるオーロラ・インテルは、タンカーの船体に取り付けられた地雷を示すとする未検証の写真と映像を共有し、海上の2隻の船の衛星画像も掲載した。

リムペットマイン
リムペットマイン は、艦船などに対する破壊工作に用いられる水雷のうち、船底に磁力などで吸着・密着させ、時限ないしは遠隔操作によって爆発させるタイプのもの。「吸着爆弾」とも呼ばれる。 工作員を港湾に潜入させて、艦船に対する破壊工作を仕掛けるときに用いられる。 ウィキペディア

RT2021/1/1
Pentagon sends aircraft carrier USS Nimitz home from Middle East as anniversary of Soleimani killing looms
The USS Nimitz, the US Navy’s only aircraft carrier currently deployed near the Persian Gulf, has been sent home just a day after two B-52 bombers were sent to the area – despite supposed ‘chatter’ about a coming Iranian attack.

Acting Defense Secretary Chris Miller announced the Nimitz would be heading back to its home port of Bremerton, Washington on Thursday, avoiding so much as a mention of Iran in his remarks – even as Washington and Tehran have traded threats and barbs for weeks ahead of the anniversary of Quds Force Major General Qassem Soleimani’s killing by US airstrike.

The Nimitz’s departure after over eight months deployed to the Persian Gulf leaves Iranian waters unoccupied (by the US, at least) – an odd choice, given Washington flew two nuclear-capable B-52s over the body of water earlier this week, announced the deployment of a submarine to the area, and sent still more fighter planes to Saudi Arabia.

The B-52 flyover was supposed to be a “show of force” to deter further Iranian revenge, as threatened by Ayatollah Ali Khamenei earlier this week – but it only succeeded in eliciting more hostility, as an unnamed Iranian military officer warned breaching the country’s airspace would elicit a “crushing and fiery response.”

The Nimitz was originally scheduled to return to the US in December, but it was held over to assist US troops exiting Somalia. “Most” of the 700 US troops stationed in that country are to be sent home by early 2021, according to the Pentagon – though the head of AFRICOM reassured nervous hawks that the US will not be vacating eastern Africa completely.

Iranian FM Javad Zarif claimed on Thursday that Iraqi intelligence had revealed a US plot to “fabricate pretext for war” – possibly by staging a false-flag event. While making clear Tehran was not interested in war, he promised the country would “openly and directly” defend itself. Zarif previously warned President Donald Trump against engaging in any “adventurism on his way out” after the president blamed a rocket attack in Baghdad’s Green Zone on Tehran – as usual, without conclusive proof.
米国防総省、空母ニミッツを中東から帰国させる ソレイマニ殺害の記念日が迫る
現在ペルシャ湾の近くに配備されている米海軍の唯一の空母ニミッツは、イランの攻撃についての「おしゃべり」にもかかわらず、2機のB-52爆撃機がこの地域に送られたわずか1日後に、帰艦させられました。

クリス・ミラー国防長官代理は木曜日、ニミッツがワシントンのブレマートン港に戻ることを発表したが、発言の中でイランについての言及は避けた。

ペルシャ湾に配備されてから8カ月以上が経過したニミッツが出発したことで、イランの水域は(少なくとも米国には)占領されていないことになる。ワシントンが今週初めに核搭載可能なB-52戦闘機を2機、水域上空に飛ばし、潜水艦の配備を発表し、さらに戦闘機をサウジアラビアに送ったことを考えると、奇妙な選択だ。

B-52の飛行は、今週初めにアヤトラ・アリ・カーメネイによって脅されたように、イランの更なる復讐を抑止するための「力の誇示」であると考えられていたが、イラン軍の無名の将校が、イランの領空を突破することは「破砕的で激しい反応を引き起こすだろう」と警告したように、さらなる敵意を引き出すことに成功しただけだった。

ニミッツは当初12月に米国に戻る予定でしたが、ソマリアからの米軍撤退を支援するために保留されました。"国防総省によると、ソマリアに駐留している700人の米軍の「大半」は2021年初めまでに帰国することになっているが、AFRICOMのトップは、米国が東アフリカから完全に撤退するわけではないと神経質なタカ派を安心させた。

イランのジャヴァド・ザリフ外相は木曜日、イラク情報部が「戦争の口実を捏造」する米国の陰謀を明らかにしたと主張した。テヘランは戦争に興味がないことを明らかにする一方で、ザリフ外相はイラクが「公然と直接」自国を守ることを約束した。ザリフ氏は以前、トランプ大統領がバグダッドのグリーンゾーンでのロケット攻撃をテヘランのせいにした後、ドナルド・トランプ大統領に「出口での冒険」に関与しないよう警告したが、相変わらず決定的な証拠はない。

الميادين عاجل@AlMayadeenLive氏の午前6:33 ・ 2021年1月1日・Octipulseのツイート
لبنان: أنيس النقاش: واشنطن أرسلت إلى طهران عبر قطر أنها لا تريد مهاجمتها وسحبت حاملة الطائرات لتأكيد ذلك
Googleによるアラビア語からの翻訳
レバノン:アニス・ナッカシュ:ワシントンはカタール経由でテヘランに攻撃したくないと送り、これを確認するために空母を撤退させた

PRESSTV2021/1/1
Some 'inside US' may avenge Trump-authorized Soleimani assassination: IRGC

Commander of the Quds Force of the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) says people inside the US may avenge the assassination of top Iranian anti-terror commander, Lieutenant General Qassem Soleimani.

"With what you did, you created another job for the freedom-seekers of the entire world, and it is even possible that some people inside your home (the US) ... would respond to your crime (of assassinating General Soleimani," Brigadier General Esmaeil Qa'ani said on Friday.

He made the remarks in an address to a ceremony marking the first anniversary of General Soleimani's martyrdom.

General Qa'ani further said the path of IRGC Quds Force and the Resistance Front will not change with the US "acts of mischief".

“Soleimani’s path had a leader. The key to General Soleimani’s greatness was that he always moved ahead under this leadership. This leadership is still in place, and the support for the oppressed will also continue,” he noted.

The Quds Force commander further cited regional examples to show the US assassination of General Soleimani has failed to impact the Resistance Front.

“In Palestine, a military drill is held on the anniversary of Hajj Qassem in a place where no one would previously fire a single bullet. Also in Lebanon, the Zionists have been in fear for the past three months,” he said.

“Today in Syria almost the entire country except for the territory occupied by the criminal US has been liberated. In the innocent and powerful Yemen, we see they are still moving ahead,” Qa’ani added.

He said the enemies of the Islamic Republic sought to target General Soleimani and Abu Mahdi al-Muhandis for thirty years, and finally the “filthiest man” was tempted by the Israeli regime and Saudi Arabia and made such an “unwise” move.

“The entire world will definitely condemn you. Those who committed this crime must know that all around the world, you may find a brave man who is ready to punish the cowards who did that,” he added.

'Trump not immune to administration of justice'

Addressing the same ceremony, Iranian Judiciary Chief Ebrahim Raisi said the enemy must know that life will get very difficult for it from now on, and the perpetrators of the assassination won't be safe anywhere in world.

The US president will not be immune to the administration of justice. The enemy should not think that the US president would enjoy a margin of safety after ordering the crime, he added.

He further noted that the enemy must await Iran’s harsh revenge.

“The time and location [of the revenge] will be determined by resistance forces,” he noted.

The Judiciary chief said the definite expulsion of Americans from the region will be one of the manifestations of the harsh revenge.

Hezbollah vows to take revenge

Meanwhile, Hashim Safi al-Din, the head of the Executive Council of the Lebanese resistance movement Hezbollah, told the same ceremony that the resistance front will definitely avenge General Soleimani’s assassination.

“We promise Imam Khamenei and the IRGC Quds Force that the Resistance will not calm down and remain quiet” before taking General Soleimani’s revenge, Safi al-Din said.

“We will take revenge from the villain America, and Trump will have the same fate as Saddam Hussein. We remain committed to our pledge, and won’t stop resistance,” he added.

'Gen. Soleimani barrier to implementation of US regional project'

Secretary General of the Palestinian Islamic Jihad, Zeyad al-Nakhaleh, said the US assassinated General Soleimani because he was an obstacle to the implementation of its projects as well as the Israeli and American efforts to reshape regional fronts.

“General Soleimani was present in all frontlines, especially in the Palestinian front,” al-Nakhaleh said, describing Soleimani as an international warrior and a martyr of Quds.

“The missiles fired at Tel Aviv had been supplied to the Resistance front under General Soleimani’s supervision. He was at the frontline, and on his day of martyrdom, Palestine and Islam were his priorities,” he added.

The top commander was assassinated along with his senior Iraqi comrade Abu Mahdi al-Muhandis and a number of other resistance fighters in a January drone attack, ordered by US President Donald Trump, near Baghdad International Airport.

イスラム革命防衛隊(IRGC)のクッズ部隊の司令官は、米国内の人々が、イランの対テロ対策最高司令官であるカセム・ソレイマニ中将の暗殺に復讐する可能性があると述べた。

"あなたがしたことで、あなたは全世界の自由を求める人々のために別の仕事を作ったのであり、あなたの家(米国)の中には、あなたの犯罪(ソレイマニ中将暗殺)に反応する人々がいる可能性さえある」とエスマエイル・カアニ准将は金曜日に述べた。

同准将は、ソレイマニ将軍の殉教1周年記念式典での演説でこのように述べた。

カアニ将軍はさらに、IRGCクッズ軍と抵抗戦線の道は、米国の「いたずら行為」によって変わることはないと述べた。

"ソレイマニの道には指導者がいた。ソレイマニ将軍の偉大さの鍵は、彼が常にこの指導者の下で前に進んだことにある。このリーダーシップは今も続いており、抑圧された人々への支援も続くだろう」と指摘した。

クッズ軍司令官はさらに、米国によるソレイマニ将軍暗殺事件がレジスタンス戦線に影響を与えていないことを示すために、地域の例を挙げた。

"パレスチナでは、ハッジ・カセムの記念日に、これまで誰も銃弾を一発も撃たなかった場所で軍事演習が行われている。また、レバノンでも、シオニストはこの3ヶ月間、恐怖の中にいました。"

"今日、シリアでは、犯罪者である米国が占領している領土を除いて、ほぼ全土が解放された。罪のない強力なイエメンでは、彼らがまだ前進しているのが分かる」とカーアニ氏は付け加えた。

彼は、イスラム共和国の敵は30年間、ソレイマニ将軍とアブ・マフディ・アル・ムハンディスを標的にしようとしていたが、ついに「最も汚い男」がイスラエル政権とサウジアラビアに誘惑され、このような「賢明でない」動きをしたと述べた。

"全世界は間違いなくあなたを非難するだろう。この罪を犯した者は、世界中で、そのようなことをした卑怯者を罰する準備ができている勇敢な男がいるかもしれないことを知らなければならない」と付け加えた。

"トランプ氏は司法運営に免疫がない

同じ式典で演説したイランの司法長官エブラヒム・ライシ氏は、敵はこれから人生が非常に困難になることを知らなければならず、暗殺の加害者は世界のどこにいても安全ではないだろうと述べた。

米国の大統領は、正義の行政に免疫がないだろう。敵は、米大統領が犯罪を命令した後に安全の余裕を享受すると考えるべきではない、と同氏は付け加えた。

さらに同氏は、敵はイランの厳しい復讐を待たなければならないと指摘した。

"復讐の)時間と場所は抵抗勢力によって決定されるだろう」と指摘した。

司法長官は、この地域からのアメリカ人の明確な追放は、過酷な報復の現れの一つとなるだろうと述べた。

ヒズボラ、復讐を誓う

一方、レバノンの抵抗運動ヒズボラの執行評議会のトップであるハシム・サフィ・アルディン氏は、同じ式典で、抵抗戦線はソレイマニ将軍暗殺の復讐を確実に行うだろうと語った。

"我々は、ソレイマニ将軍の復讐を行う前に、イマーム・カーメネイとIRGCクード部隊に、レジスタンスが落ち着いて静かにしていないことを約束する "と、サフィ・アル・ディン氏は述べた。

"我々は悪役アメリカから復讐を受け、トランプはサダム・フセインと同じ運命をたどるだろう。私たちは公約を守り続け、抵抗を止めません」と付け加えました。

'ソレイマニ元大統領、米国の地域プロジェクトの実施を阻む障壁'

パレスチナ・イスラム・ジハード事務局長のゼヤド・アル・ナハレ氏は、米国がソレイマニ将軍を暗殺したのは、ソレイマニ将軍がそのプロジェクトの実施や、地域戦線を再構築しようとするイスラエルと米国の努力の障害になっていたからだと述べた。

"ソレイマニ将軍はすべての戦線、特にパレスチナ戦線に存在していた」とアル・ナハレ氏は述べ、ソレイマニを国際的な戦士であり、クッズの殉教者であると表現した。

"テルアビブで発射されたミサイルは、ソレイマニ将軍の監督の下、レジスタンス戦線に供給されていた。彼は最前線にいて、殉教の日にはパレスチナとイスラム教を優先していた」と付け加えた。

最高司令官は、バグダッド国際空港の近くで、ドナルド・トランプ米大統領が命じた1月の無人機攻撃で、イラクの先輩同志アブ・マフディ・アル・ムハンディスや他の数名のレジスタンスの戦闘員とともに暗殺された。

RT2020/12/31
Trump plotting false flag to ‘fabricate pretext’ for attack on Iran, Foreign Minister Zarif says

Iranian Foreign Minister Javad Zarif has claimed “intelligence from Iraq” suggests the US is plotting to “fabricate” a reason to wage war on Iran. Stressing Tehran “doesn’t seek war,” he warned such a scam will be met with force.

Accusing US President Donald Trump and his cabinet of “wast[ing] billions” to surround Iran with air and naval military assets while Americans are suffering with Covid-19, Zarif revealed in a tweet on Thursday that Iraqi intelligence had tipped off Tehran to a US “plot to FABRICATE pretext for war.”

“Iran doesn’t seek war but will OPENLY & DIRECTLY defend its people, security & vital interests,” the diplomat continued.

Tensions between the two countries are running exceptionally high due to the approaching anniversary of the US assassination of Iranian General Qassem Soleimani, the Quds Force leader killed in an airstrike in Baghdad on January 3.

While Iran retaliated at the time by striking two US bases in Iraq, allegedly causing brain injuries in an uncertain number of soldiers stationed there, Ayatollah Ali Khamenei renewed calls for “revenge” earlier this month, adding that Iranians should not “forget enmities” with the US government, no matter who is serving as president.

The US sent two B-52 bombers to the Persian Gulf earlier this week in a show of force, triggering outrage from Tehran. A military adviser to the Ayatollah reminded Washington that “all their military bases are covered by our missiles” and urged Trump not to “turn the New Year into mourning for Americans.” Another military officer warned that the US would meet a “crushing and fiery response” if the planes breached the country’s airspace.

The US has attempted to pin numerous apparent false flag attacks on Iran under the Trump administration, from the mysterious holes appearing in Saudi and Japanese oil tankers to the endless stream of rockets landing in Baghdad’s Green Zone that have an uncanny knack for coming to rest in unpopulated spaces. Trump’s financial backers for both the 2020 and 2016 elections were dominated by rabid Iran hawks, and the president’s ‘failure’ to start a war with their favorite bogeyman is no doubt weighing on the White House.

While Trump withdrew the US from the JCPOA nuclear deal in 2018, not merely reimposing sanctions but actually adopting new ones, Washington’s efforts to bend the other signatories to its will had mixed results. Insisting that Iran hold tight to the terms of a deal to which the US was no longer a part of, the White House didn’t get many takers.

トランプ氏はイラン攻撃の口実を捏造するために偽旗を企てている、とザリフ外相は言う。

イランのジャヴァド・ザリフ外相は、「イラクからの情報」が、アメリカがイランに戦争をする理由を「捏造」しようと企んでいることを示唆していると主張した。テヘランは「戦争を求めていない」と強調し、そのような詐欺は力ずくで行われるだろうと警告した。

ドナルド・トランプ米大統領と彼の内閣は、アメリカ人がコビド19で苦しんでいる間、イランを空軍と海軍の軍事資産で囲い込むために「数十億を浪費した」と非難し、ザリフ氏は木曜日のツイートで、イラク情報局が米国の「戦争の口実を捏造しようとする陰謀」をテヘランに密告したことを明らかにした。

"イランは戦争を求めてはいないが、国民、安全保障、重要な利益をオープンに、そして直接的に守るだろう」と外交官は続けた。

2つの国の間の緊張は、イランの将軍カセム・ソレイマニ、1月3日にバグダッドの空爆で殺されたクード軍のリーダーの米国の暗殺の接近した記念日のために非常に高く実行されています。

当時、イランはイラクの米軍基地2カ所を空爆して報復し、そこに駐留していた不確かな数の兵士に脳損傷を与えたとされていたが、アヤトラ・アリ・カーメネイは今月初め、「報復」を改めて求め、イラン人は誰が大統領になっても米国政府との「恨みを忘れてはならない」と付け加えた。

米国は今週初め、力の誇示として2機のB-52爆撃機をペルシャ湾に送り、テヘランからの怒りを引き起こした。アヤトラの軍事顧問は、「彼らの軍事基地はすべて我々のミサイルで覆われている」とワシントンに念を押し、トランプ氏に「新年をアメリカ人のための喪に服さないように」と促した。別の軍の将校は、もし飛行機が国の領空を突破した場合、米国は「破砕的で燃えるような反応」を受けるだろうと警告した。

サウジアラビアや日本の石油タンカーに現れた謎の穴から、バグダッドのグリーンゾーンに着陸するロケット弾の無限の流れまで、米国はトランプ政権下でイランへの多数の明白な偽旗攻撃の可能性を指摘しようとしてきたが、それは人がいない場所で休息を取るための不思議なコツを持っている。2020年と2016年の選挙のためのトランプ氏の財政支援者は、狂信的なイランタカ派に支配されており、彼らのお気に入りの厄介者との戦争を開始するための大統領の「失敗」は、間違いなくホワイトハウスに重しをかけている。

トランプ大統領は2018年にJCPOA核取引から米国を撤退させたが、単に制裁を再適用するのではなく、実際に新たな制裁を採用した。ホワイトハウスは、イランに対し、米国がもはや参加していない取引の条件を堅持するよう主張したが、多くの賛同者は得られなかった。



posted by ZUKUNASHI at 16:22| Comment(0) | 国際・政治

2021年01月01日

イラン、トルコ、パキスタンが鉄道を復活させる

イランが中国と協力して鉄道網の整備を推進しています。アゼルバイジャンを経由してロシアの鉄道とつなげる計画もある。中国からは、欧州への直通貨物列車の実験も行われています。中国の内陸部から鉄道でユーラシア大陸の各地に荷物を届けられるメリットは大きい。
中国はレール敷設の大型機械を開発していて、コンクリート製の枕木をポンポンと落としながらレールを引いたり、枕木をつけたレールを敷いていくなど画期的な機械が開発されています。中国の勢いは止まらない。

PRESSTV2020/12/30
Iran, Turkey, Pakistan plan to revive railway line: Report

Iran, Turkey and Pakistan plan to revive a railway line connecting Istanbul to Tehran and Islamabad and ultimately extend it to China, Tokyo-based newsmagazine Nikkei Asia reports.

The three countries launched a container train service in 2009, but it only got as far as test runs and was never fully operational.

Even so, they always planned to follow up the initial freight trains with passenger services and are now willing to launch the ITI transnational line with the aim of enhancing connectivity with China's Belt and Road Initiative (BRI), the report said.

The railroad service, stretching for 6,540 km, will cut the 21-day journey between Pakistan and Turkey by sea to 10 days. And by extension, it will connect to China's Xinjiang autonomous region which is populated by ethnically Turkic Uighur Muslims, Nikkei said.

According to Lukasz Przybyszewski, a West Asia analyst for the Asia Research Center at Warsaw's War Studies Academy, the ITI railroad would further boost BRI, a trillion-dollar plan to connect the infrastructure and economies of countries across Asia, Africa and Europe.

Przybyszewski believes that Beijing regards Iranian transport infrastructure in particular as part of BRI. The ITI railroad, he says, will help Iran move around US sanctions.

"For Tehran, this is an attractive alternative trade route because the ECO countries trade, in local currencies," Przybyszewski told the publication.

ECO stands for the Economic Cooperation Organization, a 10-member political and economic intergovernmental organization founded in 1985 by Iran, Pakistan and Turkey.

Under President Donald Trump, the United States has been following a policy of “maximum pressure” against Iran in order to isolate the country through severing all modes of international trade with the Islamic Republic.

However, Przybyszewski believes it is “practically impossible to isolate and stop Iran from trading with its neighbors”.

According to the expert, infrastructure projects such as the ITI railroad will stimulate the Iranian economy, and new railway connections will offer greater flexibility going forward.

Last year, China took a major step to upset the United States in its efforts to isolate Iran economically by committing to several hundred billions of dollars in investment in the Islamic Republic.

China updated a 25-year deal signed with Iran first in 2016 that foresees $400 billion of Chinese investment in the resource-rich Middle Eastern nation.

According to analysts, the deal represents “a potentially material shift to the global balance of the oil and gas sector” and could mark a "seismic shift in the global hydrocarbons sector” where no US dollars will be involved in commodity transaction payments.

The central pillar of the new deal is that China will invest $280 billion, developing Iran's oil, gas and petrochemicals sectors. There will be another $120 billion investment in upgrading Iran's transport and manufacturing infrastructure.

Officials have said China’s close involvement in the build-out of Iran's manufacturing infrastructure would be entirely in line with its mammoth One Belt, One Road initiative.

The Asian giant, they say, intends to utilize the low cost labor available in Iran to build factories, designed and overseen by large Chinese manufacturing companies, with identical specifications and operations to those in China.

The idea is to ship Chinese products to Western markets by using Iran’s transport infrastructure.

Beijing’s biggest transportation project in Iran is worth $1.5 billion to electrify the rail line from Tehran to Mashhad for a length of 926 kilometers.

There are also plans to establish a Tehran-Qom-Isfahan high-speed train line and to extend this upgraded network up to the northwest through Tabriz.

The railway is part of the 2,300-kilometer New Silk Road that will link Urumqi in China’s resource-rich Xinjiang province to Tehran, connecting Kazakhstan, Kyrgyzstan, Uzbekistan and Turkmenistan along the way and extending to Europe via Turkey.

Tabriz, home to a number of key oil, gas and petrochemical and other industrial sites, and the starting point for the Tabriz-Ankara gas pipeline, will be a pivot point in the route.

However, those investment plans have been put on the back burner since the US reimposed sanctions on the Islamic Republic in 2018.
posted by ZUKUNASHI at 22:25| Comment(0) | 国際・政治

Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse

RT 31 Dec, 2020 15:54
Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse
As the incoming Democrat surrounds himself with hostile Russophobes, the frosty US-Russian relationship doesn’t look likely to thaw any time soon. In anticipation, Moscow is already shifting to a policy of deterrence.

In comments made to the media on Christmas Eve, Russian Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov was critical of US policy toward Russia. Discussing the most recent round of economic sanctions levied by Washington against the country, Ryabkov accused the US of “accommodating the domestic needs of those interested in further non-stop escalation of tensions in relations with Russia, and letting them know that Washington led by the current administration has no intention to slow down its anti-Russian campaign.”

Noting that “the next US president will receive a difficult legacy,” Ryabkov stated that “I am not sure that those who might be responsible for Russia after January 20 [when Joe Biden is sworn in] are inclined and ready to seriously start strengthening a healthy foundation,” adding that “[w]e are moving from bad to worse.”

Ryabkov’s comments cannot be viewed in isolation, but rather must be examined in the context of the past two decades, during which time the US has been angrily lashing out at Russian President Vladimir Putin for the “crime” of seeking to right a Russian ship that was floundering in the stormy seas of post-Cold War lethargy brought on by years of misrule on the part of Boris Yeltsin.

From the US' perspective, Yeltsin was a compliant asset who sought Russian stability through the implementation of flawed market reform that sacrificed Russian democracy, allowing “economic liberalization” to transform into a Russian version of 19th-century American “robber-baron” capitalism. After years of watching the US run roughshod over a prostrate Russia, buying elections and humiliating Yeltsin in phone calls where he begged his American counterpart, Bill Clinton, to give Russia a modicum of respect, Putin took the reins of power as Yeltsin’s hand-picked heir apparent.

Putin won the Russian presidential election of 2000 and has never wavered from his vision of restoring Russia to what he believes is its rightful position as one of the world’s “great powers.” This has been a constant irritation to Washington, which has sought to sustain the post-Cold War subservient status of Russia as a “defeated” nation whose ambitions were to be permanently subordinated to a “victorious” US/NATO alliance.

As President-elect Biden surrounds himself with a cast of Russo-phobic “Putin whisperers” whose singular focus is on how best to undermine the legitimacy of the Russian president, he should pay heed to the words and assessments offered up by Ryabkov.

The future will not be 'business as usual', where the US dictates policy options to a Russia waiting in the wings. Russia will no longer stand idly by waiting for the US to come to its senses, but rather will treat the US for what it has become – a malign actor who must be deterred rather than accommodated. It is the US, not Russia, who has seized the mantle of 'Evil Empire'.

Ryabkov’s statements are not a threat – indeed, he made it very clear that Russia is ready and willing to work with the US to improve relations.

“If at any stage of the development of the process of its thinking on Russia, Washington demonstrates the readiness to try to clear the way in at least some areas, we will not keep them waiting,” Ryabkov noted. “We are ready for that. But we are not going to beg them to do so. We need relations with the United States as much as Washington needs relations with Russia. They should be fully aware of that.”

The deputy foreign minister declared that “it's up to the Americans to choose how, when, and what should be done about our bilateral relations. We are not initiating any contacts with Biden's transitional team, and we are not going to do so. Whenever they become interested, they are welcome, every address is known.”

But Ryabkov was not optimistic for any change coming from the new administration, noting that “[it] would be strange to expect anything good from people, many of whom have built their careers on Russophobia and slinging mud at my country.”

Russia, Ryabkov declared, would be considering a two-track approach toward relations with the US, one that was driven by the reality that “US policy on Russia is deeply hostile and contravenes our fundamental interests.” As such, Russia would be seeking “total deterrence of the United States in all areas.” The second track, “selective dialogue,” would be engaged “only in those areas that are interesting to us, instead of the areas interesting to them only.”

Ryabkov picked up on the use by Biden of the term “adversary” when describing Russia. “If you are adversaries,” he said, “you should sit in your trench, while we will do everything we can to make things worse and more difficult for you. This is the essence of the US policy on Russia, it is crystal clear. This is what we should proceed from and we have no illusions about who we are dealing with on the other side. The situation will fully persist under the new administration.”

US-Russian relations under a Biden administration, Ryabkov declared, were reflective of “a historical moment of truth, when the masks slip and when there is no need to cover with empty words some things that have become obvious recently. This is what is called the naked truth of life. It should be perceived in all of its diversity as it is.”

Russia was patient with Trump, operating under the mistaken belief that the current incumbent sought to better relations. But no more. As Ryabkov noted, “I know for sure there was no interest in normalizing relations with the Russian Federation when the Trump administration was in office.” The door leading to the betterment of relations will remain unlocked, if the US decides it wants to enter. But it will no longer remain open, with Russia standing by like a girl ready to be stood up on prom night.

Those days are over, never to return. This is the new reality that Biden and his coterie of Russophobic advisers are going to have to deal with going forward, a pragmatic reality that no longer seeks or desires a foundation of a friendship upon which to conduct relations.

旧来の敵である米ロ関係はバイデンの下で改善されるのか?いや、悪化するだけだ
次期民主党員が敵対的なロシア恐怖症者に囲まれているように、凍りついた米ロ関係はすぐには解消されそうにない。それを見越して、モスクワはすでに抑止政策に移行している。

リャブコフ外務副大臣はクリスマスイブにメディアに向けたコメントで、米国の対ロ政策を批判した。リャブコフ氏は、最近ワシントンがロシアに課した経済制裁について、「ロシアとの関係をさらにノンストップでエスカレートさせたいと考えている人々の国内ニーズに対応し、現政権が率いるワシントンが反ロシアキャンペーンを減速させるつもりはないことを彼らに知らしめている」と非難した。

次期米大統領は難しい遺産を受け取ることになる」と述べ、「ジョー・バイデン氏が就任した1月20日以降にロシアの責任者になるかもしれない人たちが、健全な基盤を真剣に強化し始める気になっているかどうかは分からない」と述べ、「悪いことから悪いことへと進んでいる」と付け加えた。

リャブコフ氏のコメントは単独で見ることはできないが、過去20年間の文脈の中で検討しなければならない。その間、米国は冷戦後のボリス・エルツィン大統領の長年の失政によって引き起こされた冷戦後の無気力の荒波の中で浮沈していたロシアの船を正そうとしたという「罪」でロシアのウラジーミル・プーチン大統領に怒りをぶつけてきた。

アメリカから見れば、イェルツィンは、ロシアの民主主義を犠牲にした欠陥のある市場改革を実施することでロシアの安定を求め、「経済の自由化」が19世紀のアメリカの「強奪者バロン」資本主義のロシア版へと変貌することを可能にした従順な資産であった。アメリカが衰弱したロシアの上を奔走するのを何年も見てきた後、選挙を買収し、電話でイェルツィンを辱め、アメリカ人のビル・クリントンにロシアに少しは敬意を払ってほしいと懇願した後、プーチンはイェルツィンの手で選ばれた後継者として権力を掌握した。

プーチンは2000年のロシア大統領選挙で勝利し、ロシアを世界の「大国」としての正当な地位に戻すというビジョンを決して揺るがない。このことは、冷戦後のロシアの「敗戦国」としての従属的な地位を維持しようとしてきたワシントンにとっては、常に苛立ちの種であった。

次期大統領バイデンは、ロシア大統領の正統性をいかに損なうかに焦点を当てたロシア恐怖症の「プーチン・ウィスパラー」たちに囲まれているので、リャブコフの言葉と評価に注意を払うべきである。

将来は、米国がロシアに政策の選択肢を指示するような「いつも通りのビジネス」ではないだろう。ロシアはもはや、米国が正気になるのを待っているだけではなく、米国が何をしているのかを知らず知らずのうちに見ているのではなく、むしろ、米国を悪者扱いするだろう。悪の帝国」のマントを手に入れたのはロシアではなく、アメリカなのだ。

リャブコフ氏の発言は脅しではなく、ロシアは米国との関係を改善するために協力する用意があり、喜んでいることを明確にしている。

"もし、ロシアに対する考え方の発展過程のどの段階でも、ワシントンが少なくともいくつかの分野で道を切り開こうとする準備ができていることを示したなら、我々は彼らを待たせたりはしない」とリャブコフは指摘した。"我々はその準備ができている。しかし、彼らにそうしてほしいと懇願するつもりはない。ワシントンがロシアとの関係を必要としているのと同じくらい、我々は米国との関係を必要としている。彼らはそのことを十分に認識しているはずだ」と述べた。

外務副大臣は「我々の二国間関係について、いつ、どのようにして、何をすべきかはアメリカの選択次第だ」と宣言した。我々はバイデンの移行チームとの接触を開始していないし、そうするつもりもない。彼らが興味を持つようになればいつでも歓迎するし、すべての住所は知られている。"

しかし、リャブコフ氏は新政権の変化を楽観視しておらず、「多くの人がロシア恐怖症でキャリアを積み、わが国に泥を撒き散らしてきた人たちに何か良いことを期待するのはおかしい」と指摘した。

ロシアは、「米国の対露政策は深く敵対的であり、我々の基本的な利益に反する」という現実を受けて、対米関係の二本立てを検討していると、リャブコフ氏は宣言した。そのため、ロシアは「あらゆる分野で米国の全面的な抑止力」を求めている。第二のトラックである「選択的対話」は、「自分たちにとって関心のある分野だけではなく、自分たちにとって関心のある分野だけを対象にする」というものである。

リャブコフは、バイデンがロシアを表現する際に「敵対国」という言葉を使ったことを取り上げた。"もしあなた方が敵対者であるならば、あなた方は塹壕の中に座るべきであり、我々はあなた方のために状況を悪化させ、より困難にするためにできる限りのことをするだろう」と述べた。これが米国の対露政策の本質であり、はっきりとしている。これが私たちが進むべき道であり、私たちは相手が誰なのかについて幻想を抱いていません。新政権下では状況は完全に持続するだろう。"

バイデン政権下の米ロ関係は、「仮面が剥がれ落ち、最近明らかになってきたことを空虚な言葉で隠す必要がなくなる、歴史的な真実の瞬間」を反映しているとリャブコフ氏は宣言した。これが人生の裸の真実と呼ばれるものである。それは、その多様性のすべてにおいて、あるがままに知覚されるべきである。"

ロシアは、現在の現職がより良い関係を求めたという誤った信念の下で動作し、トランプとの忍耐でした。しかし、これ以上はない。リャブコフ氏が指摘するように、「トランプ政権時代には、ロシア連邦との関係を正常化することに関心がなかったことは確かだ」。関係改善につながる扉は、米国が入りたいと判断すれば、開かれたままだ。しかし、ロシアはもはや開いたままではなく、プロムの夜に立ち上がる少女のように待機している。

そんな時代は終わったのだ。これが、バイデンと彼の同人のロシア恐怖症アドバイザーたちが、今後対処しなければならない新たな現実であり、もはや友好関係の基盤を求めたり、求めたりしない現実である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 21:56| Comment(0) | 国際・政治

若ければなんでも挑戦できる 若いことは素晴らしいこと

シリア人でオーストラリアに住むシリアンガール。シリア戦争の事実を伝え、確かな地政学的な分析で世界的に知られています。


2020年にどんな失敗が起こったとしても、2021年が何をもたらすとしても、私はついにLEDバルーンを見つけて購入しました、そして何物もその勝利を奪うことはできません!

次の画像は、シリアンガールを称える目的で作られたのでしょう。


大学に在籍しているらしいのですが、上の画像でも世俗的なイメージで描かれています。
posted by ZUKUNASHI at 11:29| Comment(0) | 国際・政治

2020年12月29日

市民記者の張展氏に懲役4年 香港、武漢と取材

この記事は最後までお読みください。ロイターやAFPがなぜ親切に日本語にして流していると思いますか? 彼女にはどこかから取材費が流れているはずです。当局に拘束された場合にその救出作戦が行われます。

2020年12月29日3:19 午前7時間前更新
武漢のコロナ情報発信で懲役4年、市民記者に中国の裁判所

[上海 28日 ロイター] - 中国・上海の裁判所は28日、新型コロナウイルス流行のピーク時に湖北省武漢から実態を報じた市民記者の張展氏(37)に「混乱を誘発した」として懲役4年の判決を言い渡した。記者の弁護士が明らかにした。

新型コロナの情報発信を巡る中国の裁判はこれが初めて。 張氏は混雑した病院や人通りのない通りから情報を直接発信。新型コロナ発生地の実態が、中国政府の説明よりも悲惨な状況であることを浮き彫りにした。

裁判を傍聴した張氏の母親は「理解できない。本当のことを少し言っただけで、懲役4年の刑を受けた」と非難。張氏の弁護士はロイターに対して「上訴するだろう」と話した。

武漢で新型コロナ取材の市民記者 「社会秩序びん乱」罪で懲役4年
2020年12月28日 18:40 発信地:上海/中国 [ 中国 中国・台湾 ]
【12月28日 AFP】(更新、写真追加)新型コロナウイルス感染が最初に拡大した中国・武漢(Wuhan)で取材を続け、流行初期の混乱の中での情報発信をめぐって「社会秩序びん乱」の罪に問われた市民ジャーナリストの張展(Zhang Zhan)氏(37)に対し、中国・上海市の裁判所は28日、懲役4年の有罪判決を言い渡した。張氏の弁護団が明らかにした。

 元弁護士の張氏が武漢からリアルタイム発信した現地報告とエッセーは、今年2月にソーシャルメディア上で広く共有され、当局の目に留まった。中国当局は当時、感染発生直後の対応への批判をかわそうと、新型ウイルスについて警鐘を鳴らした医師8人を訓戒処分としていた。

 張氏は武漢当局の初期対応に批判的で、2月に記したエッセーでは「人々に十分な情報提供を行わず、ただ街を封鎖した」と政府を非難。「これは甚大な人権侵害だ」と述べていた。

 弁護団によると、裁判所は張氏がインターネット上で「虚偽の主張」を拡散させたと判断した。判決が読み上げられた際、張氏は打ちのめされた様子だったという。


報道武肺疫情被控尋釁滋事罪成 公民記者張展判刑4年
Googleによる訳
ウーハン肺炎の流行について報告した中国市民ジャーナリストのチャン・ザンは、挑発的な問題で起訴され、本日、裁判所から4年の刑を宣告されました。弁護士のZhangZhan Ren Quanniuは、中央ニュースエージェンシーに対して、判決が重すぎたため、再度訴える必要があると非難しました。

事件は今朝上海浦東新区人民法院で開かれた。中央報道機関はレン・クアニウが、裁判官が張張に4年の懲役を口頭で宣告したと述べたと述べた。書面による判決はまだ出されていない。判決を受けてから10日以内に訴えることができる。張張は訴えるべきである。以前の検察の判決勧告は、4年以上5年未満の期限付きの投獄でした。RenQuanniuは、判決は不合理であり、判決が重すぎると述べました。

ブリティッシュ・ブロードキャスティング・コーポレーション(BBC)は、月曜日の朝、何人かの人々が連帯を表明するために法廷の前に集まり、多数の警備員がその場にいたと報告した。報告書は、警察が記者が法廷の外で写真を撮ることを阻止しようとしたと述べたとAFPを引用した。

BBCは、裁判所は完全な判決を発表していないと述べたが、インターネット上で回覧され、弁護士の張張によって確認された起訴によると、彼女はトラブルを引き起こした疑いで5月15日に上海公安局の浦東支部に拘留された。逮捕は19日に同じ地域の検察官によって承認されました。検察官は起訴状で、張張が2月3日に呉漢に入り、WeChat、Twitter、YouTube、その他のオンラインメディアを通じてテキストやビデオで繰り返し「大量の虚偽の情報を公開」し、Radio FreeAsiaやEpochTimesなどの海外メディアを受け入れたと述べました。インタビュー。

BBCは、この起訴状は、張張が「ウーハンでの新しいコロナウイルス肺炎の流行を悪意を持って誇大宣伝し、多くの聴衆と悪影響を及ぼした」と主張している。「犯罪の事実は明らかであり、証拠は確かで十分である。彼は挑発と挑発の犯罪に対して刑事責任を問われるべきである」。中央報道機関によると、張張は逮捕された後、上海浦東新区拘留センターで抗議するために空腹ストライキを行ったが、病院は強制給餌を行っていた。 Ren Quanniuは、ZhangZhanは今日でもまだ弱いように見えると言いました。

※ チベット歴史研究会@TibetUygurClub氏の2020/12/29のツイート
#張展 #张展
起訴内容はRFAや大紀元メディアと結託して大量の嘘を拡散させた
やり方としては武漢でコロナで死亡した一家の葬儀や火葬場に張り付いて撮影したりそれを大袈裟に反中メディアに流したというもの

※ チベット歴史研究会@TibetUygurClub氏の2020/12/29のツイート
キリスト教徒を偽装してハンストやったりとかこの記事にはあるが法輪功っぽい気がするが判決とか記事で法輪功信者の記載は見えない
以前香港デモでもこの人は当局に逮捕されているのでバックに元々依頼人がいて新型コロナ発生で即座に武漢に飛んだとのこと

Mango Pressマンゴー@Mango_Press_氏の2020/12/29のツイート
#ZhangZhan isn't a 'journalist' nor is she a 'citizen journalist' (all journalists are citizens anyway, dumb choice of words by capitalist media). She's a nuisance

Here is her youtube channel, video is of her attempting to break a lockdown checkpoint

Mango Pressマンゴー@Mango_Press_氏の2020/12/29のツイート
Here is #ZhangZhan's youtube channel:

Please watch all her videos even if you cannot speak Chinese, you can see what she's doing - Which is being a Nuisance in the middle of a pandemic. Nothing journalistic here...
posted by ZUKUNASHI at 10:53| Comment(3) | 国際・政治

2020年12月25日

シリアはロシアの介入がなければリビアと同じになった

MFA Russiaロシア国旗@mfa_russiaの2020/12/のツイート
吹き出し
#Zakharova: It was thanks to ロシア国旗 #Russia’s decisive role that international terrorism sustained a crushing blow in シリア国旗 #Syria, which thereby avoided the fate of リビア国旗 #Libya whose statehood was destroyed by illegal #NATO air raids.
#ザハロワ:ロシアの決定的な役割のおかげで、国際テロリズムがシリアで大打撃を受け、それによってシリアはNATOの違法な空爆によって国体が破壊されたリビアの運命を回避することができた。

・・・・・・

ザハロワがシリア戦争について踏み込んだ発言をしています。シリアのテロリストが強くなれば、ロシアを含む周辺国にテロが広がるのでそれを防ぐというのが参戦理由の公式な説明でした。

上の発言は、その裏の構図として、NATOがテロリストともにシリアを破壊しようとしていた、少なくともそうなる恐れがあったと述べています。

欧州諸国が米国と並んでテロリスト側に肩入れしていたことは、明らかになっています。血なまぐさい欧州のダブルスタンダードです。NATOや欧州諸国、米国に対するロシアの外交姿勢が少し変わったのかもしれません。

2020年12月15日
ロシアがEUとの対話を止めることがあると警告

シリアは、ロシア軍とシリア軍によるテロリスト掃討が着実に効果を上げ、テロリストの活動は限定された地域に封じ込められています。

次は最近のトルコ配下のテロリストの動き。ロシアは、イドリブで狙いを定めて空爆しています。トルコに関しては、時間をかけて静まるのを待つ、クルドと米軍の石油盗掘については、時期が来るのを見ているように思います。






穀倉地帯です。サイロが2か所に見えます。上のツイートにある画像は右上にあるサイロのようです。
posted by ZUKUNASHI at 12:36| Comment(4) | 国際・政治

2020年12月22日

もしあなたが家族を連れて外国にいたら

もしあなたが家族を連れて外国にいるとしたら、この新コロナウィルスの嵐をしのぎぬくことができるでしようか。

日本で日本語のメディアが伝える情報は当局の意向に沿ったバイアスのかかったもののみになっていますが、途上国ではおそらく同じだと思います。

今は、ネットや衛星放送で先進国の情報も入ります。紙の新聞だけの時と異なり、情報量は格段に多くなっています。ですが今度はあふれる情報の中から信用できる情報を選び出し、それらを総合して状況判断を下し、子供の学校をどうするか、帰国するか、世帯主の仕事はどうするかなどを判断しなければならなくなります。

管理人はこのブログに最新情報をまとめるために、一日、外出時を除きパソコンの前に座っています。

まあ、どれほど役に立っているかは知れたものではありませんが。

このような感染症の流行は、熱帯地方では日常的にありますが、温帯、寒帯においては、経験した人がいないはずです。海外にお住まい方は、春先には大変迷い、悩まれたと思います。

当初は新コロナウィルスの流行の状況についても、このウィルスの特性についても、そして防護策についての情報が決定的に不足していました。

そんな中でも、皆さん自らの対処についてそれぞれに決断を下さなければなりませんでした。

上海に駐留されていた方は、一度も日本に帰国しなかったという方もおられます。ロックダウンもありませんでしたし、これは結果的に大正解でした。

スウェーデンにお住まいだった方は、同国の方針に疑問を感じて帰国。今、同国の集団免疫路線が破綻して感染者、死亡者が急増していますから、日本に帰ってきたこの方も正解でした。

一方リスクを冒して春先に日本からエジプト旅行に出かけた方は、多くの方が感染して帰ってきました。中には亡くなった方もおられるかもしれません。

この感染症、新コロナウィルスに関しては、海外からの情報に使われる単語が普段ほとんど見ないものです。管理人は、ずっと英語が母国語でない国の戦争の情報しか英語では読んでいませんでしたから、単語がわからない、そして、情報の発信源が英米ですから英語自体が難しくなっています。

でも、そこは耐えて情報を集めなければ生き残れない時代になっているのだと思います。

若い方は、海外で暮らす機会はやはり増えていくでしょう。基本的な安全を確保する上では、国際共通語の英語で幅広い語彙を養っておくことが必要です。

年末年始、退屈ならば、ぜひ海外情報を読んで慣れておくことをお勧めします。そして、どのメディアの情報が信頼できるか、メディアの世界の土地勘をつけておかれたらきっと役に立つと思います。

海外情報ではフェイクニュースも大変多いです。
posted by ZUKUNASHI at 22:48| Comment(0) | 国際・政治

2020年12月21日

US Forces Reportedly 'Steal' Syrian Crude Oil

シリアの米軍がSDFと共謀してシリア産原油を国外に持ち出していることは周知のところですが、チグリス川をわたるパイプラインを設置して利用していることが伝えられています。タンカーの車列に比べてより「動かぬ証拠」となっています。

SPUTNIK2020/12/21
US Forces Reportedly 'Steal' Syrian Crude Oil 'On Daily Basis'
by Daria Bedenko
Earlier in the week, reports emerged suggesting that a convoy of US military vehicles had left Syria's oil-rich Hasakah province and crossed the country's border with Iraq, reportedly filled with stolen oil.

US forces, in collaboration with the militias of Qasad (Syrian Democratic Forces), "continued to steal Syrian oil" from the fields of the al-Jazira region after having laid pipelines across the Tigris River in the Semalka area into Iraqi territory, Syrian state-run news agency SANA reported on Sunday, citing civil sources in the al-Malikiyah region,

According to the report, before transporting the "stolen" oil barrels to Iraqi territory, US forces took them "by tankers from Karachuk fields in the northeast of Rumailan".

"The tankers unload oil into oil reservoirs in Semalka region, then the oil is pumped through pipelines laid in the river into Iraqi territories", SANA report said, referring to the source, who noted that "hundreds of barrels" of "stolen crude oil" are pumped through these pipelines.

The sources also said that the US forces send "dozens of tankers" loaded with the reportedly stolen oil to the Iraqi lands through what is described as "the illegal crossings created for this purpose such as Al-Walid crossing in al-Ya’rubiyah countryside".

Earlier in December, SANA reported that a 85-tanker convoy, along with military vehicles, carried "stolen oil" into Iraqi territory, crossing the Al-Walid border crossing.

This crossing is seen by the Syrian government as illegal due to lack of Damascus' jurisdiction.

This is not the first time the United States has been blamed for stealing the country's oil, as Trump, who last year said that the American presence will help make sure that the Syrian oil does not fall into terrorists' hands, was accused by Syria's Ambassador to UN Bashar al-Jaafari of snatching crude from Syria. Al-Jaafari referred to a deal made between the Kurdish-led Syrian Democratic Forces (SDF) and an American company.

Although Trump vowed to withdraw American troops from Syria, he backtracked the decision, saying that the US military will remain to "keep the oil". Damascus has repeatedly slammed the American presence in the country, noting that Washington has never received permission from the UN or the nation's government to send troops into Syria.

posted by ZUKUNASHI at 17:13| Comment(0) | 国際・政治

Israeli Pegasus spyware allegedly used to hack phones of dozens of Al Jazeera journalists

Israeli Pegasus spyware allegedly used to hack phones of dozens of Al Jazeera journalists in large-scale attack - report
21 Dec, 2020 00:52 / Updated 3 hours ago
The personal phones of some 36 Al Jazeera journalists have been hacked by “government operatives” who used a controversial spying tool by Israel’s infamous NSO Group to snoop on them, a report by a Canadian research lab claims.

The report, released on Sunday by Citizen Lab, a research unit at the University of Toronto specializing in cybersecurity, alleged that the phones belonging to the employees of the Qatar-based media network, including journalists, producers, anchors, and executives, had been compromised and hacked with “an invisible zero-click exploit in IMessage” in July and August this year.

The exploit allowed the perpetrators of the attack, which Citizen Lab, “with a medium degree of confidence,” blamed on “government operatives” from Saudi Arabia and the United Arab Emirates, to infect the phones with spyware without the journalists having to click on malicious links themselves.

In its report, Citizen Lab said that the clandestine techniques employed in the attack “were sophisticated” and therefore “difficult to detect,” since the “targets” were often unaware of anything suspicious going on.

The hack might have remained undetected this time as well, were it not for the network’s Arabic language channel reporter Tamer Almisshal, who sounded the alarm that his phone might have been spied-on and let the researchers monitor his online traffic starting from January 2020. Several months after, in July, the researchers saw his personal phone visiting a website where it got infected with NSO’s group Pegasus spyware without Almisshal’s ever clicking on the link.

The discovery has prompted a wide-ranging search for possible other victims among Al Jazeera staff, eventually leading to Citizen Lab and the channel’s IT unit identifying a total of 36 personal phones that had been successfully targeted by the “four NSO group operators.” One of them, who the group nicknamed “Monarchy,” allegedly tapped into 18 phones, while another one - dubbed “Sneaky Kestrel” - spied on 15 phones.

The group said that it believes “Monarchy” was acting on the marching orders from Riyadh, since it “appears to target individuals primarily inside Saudi Arabia,” while “Sneaky Kestrel” focused on those journalists who were “primarily inside UAE.”

The researchers said that the security loophole that facilitated the hack was closed with the IOS 14 update released in September, but noted that, until then, it had likely been taken advantage of on a large scale.

We suspect that the infections that we observed were a miniscule fraction of the total attacks leveraging this exploit

Apple, for its part, appeared to throw weight behind Citizen Lab’s allegations of a state-sanctioned hack, saying that the reported attack “was highly targeted by nation states,” but noted that it could verify the findings of the report.

The Israeli group told The Guardian it would “take all necessary steps,” if it is provided with “credible evidence” that its spying tools were abused.

It’s not the first time the producer of Pegasus spyware kit finds itself in the spotlight in connection with allegations that its tech was used against reporters. Amnesty International reported in June this year that an award-winning Morocco-based journalist Omar Radi fell victim to the same spyware in an attack strikingly similar to the one described by Citizen Lab.

Last year, WhatsApp confirmed that dozens of Indian lawyers, journalists, and rights activists were among 1,400 users affected by the snooping software.

Despite the perpetual controversy surrounding the NSO group, an Israeli court in July sided with the firm and the Israeli Ministry of Defense in a case brought by Amnesty International, which demanded a ban on international sales of the software.
posted by ZUKUNASHI at 13:36| Comment(0) | 国際・政治

2020年12月19日

トランプ大統領の「微妙な」時期の「イランに対する米国の攻撃の可能性」にイスラエル軍が備える–報告

※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/12/19のツイート
My sources in #Iran tell me the possibility of @realDonaldTrump
hitting specific locations in Iran is very high. There is a war preparation still in the air.

RT2020/11/26
Israeli military braces for ‘possible US strike on Iran’ during ‘sensitive’ days of Trump presidency – reports
トランプ大統領の「微妙な」時期の「イランに対する米国の攻撃の可能性」にイスラエル軍が備える–報告
The Israel Defense Forces (IDF) are preparing for a possible US attack on Iran before President Donald Trump leaves office, viewing his lame-duck period as a “very sensitive” time, according to several recent reports.
最近のいくつかの報告によると、イスラエル国防軍(IDF)は、ドナルド・トランプ大統領が辞任する前のイランに対する米国の攻撃の可能性に備えており、彼のレームダック期間を「非常に微妙な」時期と見なしています。
The Israeli government has instructed the IDF to draw up plans in the event Trump orders a preemptive strike on the Islamic Republic, which could potentially target the country’s nuclear infrastructure, journalist Barak Ravid reported in Axios on Wednesday, citing anonymous senior officials in Tel Aviv.
イスラエル政府は、トランプがイスラム共和国への先制攻撃を命じた場合に備えて、IDFに計画を立てるよう指示した。これは、イランの核インフラを標的にする可能性があると、ジャーナリストのバラク・ラヴィドはテルアビブの匿名の高官を引用して水曜日にアクシオスで報じた。
The preparations are linked not only to the possible strike itself, but to the retaliation it might provoke from Iran, which could look to respond using proxy fighters deployed across Syria, Lebanon and the Gaza Strip, the officials told Ravid. However, the journalist noted that the plans were not the result of any specific intelligence indicating such a strike had been ordered, with the officials simply anticipating a “very sensitive period” before the inauguration of presumptive president-elect Joe Biden on January 20.
準備は、攻撃自体の可能性だけでなく、シリア、レバノン、ガザ地区に配備された代理戦闘員を使用して対応するように見える可能性のあるイランからの報復にも関連していると当局者はラビッドに語った。しかし、ジャーナリストは、計画はそのような攻撃が命じられたことを示す特定の情報の結果ではなく、当局は1月20日に今の想定では大統領に選出されたジョーバイデンが就任する前の「非常に微妙な期間」を単に予想したと述べた。
The report comes just days after Israel’s Channel 13 similarly stated that both Washington and Tel Aviv plan to step up “covert operations” against Tehran in the final days of Trump’s term, though the broadcaster offered no details on what shape that could take. The New York Times, meanwhile, reported earlier this month that Trump had recently “sought options” for a strike on Iran’s nuclear capabilities – which it said would “almost certainly be focused on Natanz,” the country’s primary uranium enrichment site. But the president was reportedly “dissuaded” from an attack by advisers, who warned it might kick off a bloody regional conflict. It is unclear if they have returned to the idea since.
報告書は、イスラエルのチャンネル13が同様に、ワシントンとテルアビブの両方がトランプの任期の最終期間にテヘランに対する「秘密作戦」を強める計画であると述べた直後に出たが、放送局はどのような形をとることができるかについての詳細を提供しませんでした。一方、ニューヨークタイムズ紙は今月初め、トランプがイランの核能力に対する攻撃の「選択肢を模索」したと報じた。これは、イランの主要なウラン濃縮サイトである「ほぼ確実にナタンツに焦点を当てる」と述べた。しかし、伝えられるところによると、大統領は、それが血なまぐさい地域紛争の始まりになるかもしれないと警告した顧問によって攻撃から「思いとどまらせられた」。それ以来、彼らがその考えに戻ったかどうかは不明です。
Nonetheless, Iranian officials reacted to the Times report vowing a “crushing response” to any US strike.
それにもかかわらず、イラン当局者は、タイムズの報告に米国の攻撃に対する「破滅的な対応」を誓う反応をした。
Trump’s presidency has been marked by intense hostility toward Tehran both in rhetoric and policy, shredding a landmark nuclear agreement inked under the Barack Obama administration in 2015 and resuming a raft of crippling sanctions lifted under the deal. Declaring a “maximum pressure” campaign, Trump also moved to wreck Iran’s petroleum sector, aiming to slash vital oil exports to “zero” and effectively grind its economy to a halt, even at the peak of its coronavirus outbreak.
トランプ大統領は、レトリックと政策の両方でテヘランに対する激しい敵意を示しており、2015年にバラクオバマ政権下で結ばれた画期的な核合意を打ち砕き、合意の下で解除された多数の壊滅的な制裁を再開しました。トランプ氏は「最大の圧力」キャンペーンを宣言し、イランの石油セクターを破壊し、重要な石油の輸出を「ゼロ」に削減し、コロナウイルスの発生のピーク時でさえ、経済を効果的に停止させることを目指しました。
Though Trump has so far managed to avoid an outright war with Iran, open fighting may have only been narrowly averted after the January assassination of Qassem Soleimani, a beloved Iranian general who led the country’s elite Quds Force. Iran responded to the kill strike with a barrage of rockets on Iraqi bases housing US troops – though besides humiliation no serious injuries were inflicted in the reprisal since Tehran apparently passed an advance warning to Baghdad, giving Americans enough time to seek shelter.
トランプはこれまでイランとの完全な戦争を回避することができましたが、イランのエリートクッドフォースを率いた愛されるイランの将軍であるカセムソレイマニが1月に暗殺された後、戦闘はわずかに回避された可能性があります。イランは、米軍を収容するイラクの基地でのロケット弾の弾幕で殺害ストライキに対応したが、テヘランがバグダッドに事前警告を伝え、アメリカ人に避難所を探す十分な時間を与えたため、この報復では屈辱以外に深刻な負傷者は出なかった。

・・・・・

イランの科学者が国内で暗殺されました。モサドの長年のターゲットだったとされています。

※ Mark Ames@MarkAmesExiled氏の2020/11/28のツイート
Curious what role Azerbaijan played in assassination of Iranian scientist. Israel just helped Azerbaijan dictatorship crush minority Armenian separatists.
Their relationship is very clear: Israel helps Azerbaijan deal with Armenians; Azerbaijan helps Israel against Iran.
イランの科学者の暗殺においてアゼルバイジャンがどのような役割を果たしたかに興味があります。 イスラエルは、アゼルバイジャンの独裁政権が少数派のアルメニアの分離主義者を粉砕するのを助けたばかりです。
彼らの関係は非常に明確です。イスラエルはアゼルバイジャンがアルメニア人に対処するのを助けています。 アゼルバイジャンはイランに対してイスラエルを助けます。

Rudaw English@RudawEnglishの2020/11/28のツイート
Iran's President Rouhani: "Usurping Zionist regime" acted as "mercenary" in assassination of top nuclear scientist Mohsen Fakhrizadeh − statement

mko@trappedsoldier氏の2020/11/28のツイート
科学者ファクリザデの暗殺に抗議して、市民がテヘランのパスター広場に集まっている

mko@trappedsoldier氏の2020/11/28のツイート
暗殺は、ポンペオ、ネタニヤフ、モサドのコーヘン、皇太子ビンサルマンのサウジアラビアの会議の直後に起こった。
ネタニヤフ首相の事務所は、核物理学者の暗殺についてコメントすることを拒否している

Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2020/11/28のツイート
Two days ago I predicted on the @FaultLinesRadio
program that Trump was going to try beg Netanyahu for support by offering to start a war with Iran. Pompeo's visit to JSIL was foreboding of the assassination of the scientist.

Syrian Girlリマインダーリボンシリア国旗@Partisangirl氏の2020/11/28のツイート
How British-Australian Kylie Moore Gilbert was recruited to spy for Israel, got caught by Iran, then released in a prisoner swap. Juicy details you don't get in the Australian media. https://farsnews.ir/en/news/139909

共同2020/11/29
核施設爆発も「イスラエル関与」
イラン当局、初めて言及
 【テヘラン共同】イラン原子力庁のカマルバンディ報道官は28日、核開発の中枢を担う中部ナタンズの核関連施設で7月に起きた爆発事件について、イスラエルが関与したとの見方を示した。イラン学生通信が伝えた。同事件でイラン当局がイスラエルの関与に公に言及したのは初めてとみられる。
 同通信によると、報道官は、今月27日に起きた核科学者ファクリザデ氏の暗殺とナタンズ施設爆発の両方について「イスラエルが関与したとみられる」と述べた。証拠は挙げなかった。
 ナタンズ施設では7月2日に爆発があり、ウラン濃縮に使う遠心分離機の開発や組み立てを行っていた建物が損壊した。
posted by ZUKUNASHI at 14:47| Comment(2) | 国際・政治

2020年12月18日

What is the Arab Spring, and how did it start?

What is the Arab Spring, and how did it start?

Ten years ago, revolts spread like wildfire across the Arab world, spurring events that changed the region.

17 Dec 2020

From the fall of old, authoritarian leaders to the repression of revolts, here are some key dates and events that make up what is known as the Arab Spring.
The Tunisian spark
Keep Reading
Arab Spring protesters reflect on Hosni Mubarak’s legacy
How economic hardship fuelled the Arab Spring 10 years ago
Remembering Mohamed Bouazizi: The man who sparked the Arab Spring

On December 17, 2010, a young Tunisian who sold vegetables from a barrow set himself afire to protest against police harassment.

Mohamed Bouazizi died on January 4, 2011, but not before his gesture went viral, sparking protests against the cost of living and the country’s authoritarian President Zine El Abidine Ben Ali.

Ben Ali’s 23-year-rule ended 10 days later when he fled to Saudi Arabia, becoming the first leader of an Arab nation to be pushed out by popular protests.

The protests inspired a wave of revolts across the Arab world as people rose up to protest against authoritarianism, corruption, and poverty.
Protests spread from Sidi Bouzid across Tunisia, turning deadly [File: Christophe Ena/AP Photo]
‘Mubarak out!’

On January 25, 2011, thousands of Egyptians marched in Cairo, Alexandria and other cities, demanding the departure of President Hosni Mubarak, who had been in power for 30 years.

On February 11, as more than a million took to the streets, Mubarak resigned and handed control to the military.

The Muslim Brotherhood-linked government of Mohammed Morsi was elected in 2012, but was overthrown the following year by the military led by the general, now president, Abdel Fattah el-Sisi.
Egypt’s 18-day uprising led to the toppling of then-President Hosni Mubarak on February 11, 2011 [File: Mohamed Abd el-Ghany/Reuters]
Bahrain’s ‘Tahrir’

On February 15, protesters took over the Pearl Square roundabout in the capital which they renamed “Tahrir Square”, and demanded a constitutional monarchy among other reforms.

But their camp was stormed by riot police three days later, killing three people and injuring many.
Months-long anti-government protests in Bahrain were suppressed by the monarchy [File: Hasan Jamali/AP Photo]
Libya explodes

The same day the Bahrain protests started, the Libyan police used force to break up a sit-in against the government in the second city, Benghazi.

The country’s leader Muammar Gaddafi pledged to hunt down the “rats” opposing him.

The uprising turned into a civil war with French, British and American air forces intervening against Gaddafi.

On October 20, 2011, Gaddafi was captured and killed in his home region of Sirte by rebels who found him hiding in a storm drain.

The country is now split between rival eastern and western-based administrations.
Protests against Gaddafi’s 42-year-rule broke out in February 2011 [File: Esam al-Fetori/Reuters]
Syria follows

On March 6, a dozen teenagers tagged the wall of their school in southern Syria with “Your turn, doctor”, referring to President Bashar al-Assad, a trained ophthalmologist.

The torture of the youths sparked mainly peaceful protests at first, and calls for democratic reform.

But with violent repression by the government, the revolt turned into civil war.

Syria’s war also contributed to the rise of the ISIL (ISIS) group and renewed conflict in neighbouring Iraq, culminating in a genocidal attack on minorities in the north of the country.
Tunisia’s first election

On October 23, 2011, Tunisians streamed to the polls for their first free election, in which members of the Ennahdha movement triumph.
Yemen’s Saleh goes

On February 27, 2012, Ali Abdullah Saleh, who had ruled Yemen for 33 years, handed power to his deputy Abdrabuh Mansur Hadi, after a year of protests.

The Arab world’s poorest country, Yemen, also descended into violence following initial protests.
Then-President Ali Abdullah Saleh was hurt in an assassination attempt in June 2011, forcing him to seek treatment in Saudi Arabia [File: Muhammed Muheisen/AP Photo]
Moscow saves al-Assad

Russia, who with Iran is al-Assad’s biggest ally, started air attacks against Syrian rebels on September 30, 2015, changing the course of the war.

After 10 years of fighting, which left 380,000 dead, al-Assad was able to claim significant victories.
posted by ZUKUNASHI at 11:15| Comment(0) | 国際・政治

ルガンスク起源の聖画像をもらったラブロフはどうするか

2020/12/17のアルジャジーラのこの記事は、難しいです。
簡単に言うと、ボスニア・ヘルツェゴビナ訪問中のロシア外相ラブロフにボスニア・ヘルツェゴビナの輪番制の大統領を務めるミロラド・ドディク(スルプスカ共和国の大統領でセルビア人)がイコン(聖画像)を贈呈し、これがウクライナのルガンスクが起源だとの説が流れ、ウクライナの大使館が経過を照会し、輪番制の大統領の一人になるゼリコ・コムシック(ボスニアのクロアチア人大統領)がイコン入手の経緯を説明すべしと主張したというものです。
イコンは、キリスト・聖母・聖人などの聖画像で、古くに作られ、芸術的にも価値のあるものが多いとされます。ロシアはイコンの国外持ち出しを禁じているのではないでしょうか。
ラブロフは、少し厄介な問題に巻き込まれました。ルガンスクはロシアの一部だと見る人にとってルガンスク起源のイコンをロシアに返すのは理にかなったことですが、ウクライナは反発します。

パソコン用語のアイコンは、iconですから このイコンが語源でしょうか。

https://www.aljazeera.com/news/2020/12/17/ukraine-demands-explanation-over-icon-bosnia-gave-to-russian-fm

Ukraine has demanded an explanation from Bosnia and Herzegovina over reports that a member of the presidency gifted a centuries-old Ukrainian religious icon to Russia’s top diplomat, a minister has said.

Bosnia’s Serb president, Milorad Dodik, the current chair of the rotating post, reportedly gave an Orthodox Christian icon to Russia’s Foreign Minister Sergey Lavrov during a visit on Monday.

The Ukrainian embassy has sent a note demanding an “urgent explanation regarding the possession of their cultural heritage, which according to allegations from the note, was given as a gift”, Bosnia’s Foreign Minister Bisera Turkovic said.

“An investigation is sought” and the note has been forwarded to the presidency, she added.

“Such a serious accusation inflicts major harm to Bosnia-Herzegovina notably since it involves the presidency chairman.”

According to the Bosnian Serb news agency SRNA, the gilded icon is 300 years old and originates from Lugansk, a region in eastern Ukraine held by Russia-backed separatists.

Ukraine has been fighting rebels in the Donetsk and Lugansk regions since 2014 following Moscow’s annexation of the Crimean peninsula.

The Ukraine embassy did not immediately respond to a request for comment from the AFP news agency.

Zeljko Komsic, Bosnia’s Croat member of the presidency, commenting on the scandal, said Dodik needs to clarify how the icon ended up in his hands.

“If it’s true that this is an icon that comes from Ukraine, which was brought from Ukraine to Banja Luka, during the conflict in Ukraine, if it was stolen … then someone needs to go to jail,” Komsic said.

Lavrov’s trip to Bosnia was already marred by scandal after his initial meeting with Dodik, who is the ethnic Serb member of Bosnia’s tripartite presidency and prides himself on close ties with Moscow.

The Croat and Bosniak presidents later refused to meet the Russian diplomat arguing he had “disrespected” Bosnia.

They cited notably the lack of a Bosnian flag during the meeting with Dodik, at which only the flag of Bosnia’s Serb-run region of Republika Srpska was displayed.

The unusually harsh move reflected a growing rift between Bosnia’s two political halves, the pro-Russian Republika Srpska and a Bosniak-Croat federation that is pushing for NATO membership.
Source : Al Jazeera and News agencies
posted by ZUKUNASHI at 01:33| Comment(0) | 国際・政治

2020年12月17日

ロシアの地方でエホバの証人のリーダーが拘束される

TASS@tassagency_enの2020/11/24のツイート
Russia state-affiliated media
Russian authorities take local Jehovah's Witnesses leaders into custody:

Russian authorities take local Jehovah's Witnesses leaders into custody
According to investigators, searches are being conducted in Moscow and more than 20 other regions of the country

MOSCOW, November 24. /TASS/. Officers from the Russian Investigative Committee have detained the leaders of Jehovah's Witnesses in Russia, Spokesperson for the Moscow branch of the Investigative Committee Yulia Ivanova told TASS on Tuesday.

"A number of organizers and members of the movement have been identified and detained, they will be taken to one of the committee’s units for investigative activities," she pointed out.

"According to investigators, a group of individuals aware of the Supreme Court’s decision, which has already come into force, has been administering the organization’s religious unit in northeastern Moscow since June 2019. Clandestine meetings took place in an apartment on Chelyuskinskaya Street, where followers studied religious literature and information from other sources, which promote the teachings of Jehovah’s Witnesses, and carried out other activities typical of the organization," Ivanova specified.

It has also been established that the unit’s members recruited residents of Moscow and other Russian regions to join the banned religious movement.

"The First Department for Investigation of High-Profile Criminal Cases and Public Safety of the Investigative Committee’s Moscow branch has opened a criminal case under Article 282.1 of the Russian Criminal Code (arranging the activities of an extremist organization)," the spokesperson added.

According to Ivanova, investigators from the Moscow branch of the Investigative Committee, Interior Ministry officials and Federal Security Service (FSB) officers are carrying out searches in Moscow and more than 20 other regions of the country.

15 Jul, 14:25
Head of Jehovah's Witnesses cell in Siberian city detained on extremism charges
A search of his apartment is underway and investigators are questioning the witnesses

どんな問題があったのかは書かれていません。日本でもエホバの証人の拠点は多いです。
2018年01月07日
エホバの証人 創価学会 ご縁がありませんでした

そういえば、最近、駅頭での宗教の勧誘を見かけませんね。「これを信ずれば、新コロナウィルスに感染しません。」といえば入信者続出でしょうけど。現在の信者自体が新コロナウィルスを警戒している? 

そうそう、集団礼拝は環境次第で集団感染の場になりますね。韓国で例があります。いろいろな宗教がピンチに置かれている。大阪の維新とかいう運動も似たようなものでしょうか。

次のツイートは、創価学会に関連したもの
※ hoshiboo@Albert_kokinji氏の2020/12/15のツイート
政教分離の点でも全くダメでしょ。言い訳のしようがない。しかもですよ。政権についているのに、底辺の人の生活を向上させる気は無く、底辺に置いたまま、それを救えるのは信仰だと信者集め票集めをして、信者にはちょっとだけ便宜を図ると言うやり方。よく信者でいられるなぁと感心しますよ。
posted by ZUKUNASHI at 10:45| Comment(2) | 国際・政治