国際・政治: ずくなしの冷や水

2023年01月24日

米国は中国と戦う準備ができていない – 研究

US not ready to fight China – study
The Pentagon ran out of crucial missiles in first week in a simulated clash for Taiwan
The US doesn't have enough stockpiles of munitions or the industrial capacity to replenish them for a major military confrontation with China, a US think tank has warned, citing a series of war games it conducted.

The Center for Strategic and International Studies (CSIS) has urged the stockpiling of ammo and of materials for producing them, and the offering to producers of better terms so that they have incentive to invest in new facilities.

The CSIS, a nonprofit that lists among its donors major defense contractors, including Lockheed Martin, Boeing, and General Dynamics, criticized the state of the US defense industry as inadequate for “today’s competitive environment.”

The production base cannot support a protracted, high-intensity conflict, the report released on Monday stated. The country ran low on certain weapons in the simulation, including Javelin and Stinger missiles, 155 mm howitzers and counter-artillery radars, as these had been sent to Ukraine.

In a possible conflict with China over Taiwan, which CSIS assessed may break out with little preparation time, this scenario may replicate.

“In nearly two dozen iterations of a CSIS war game that examined a US-China war in the Taiwan Strait, the United States typically expended more than 5,000 long-range missiles in three weeks of conflict: 4,000 JASSMs, 450 LRASMs, 400 Harpoons, and 400 Tomahawk land-attack missiles (TLAMs),” the report said.

The think tank predicted that LRASMs, Long Range Anti-Ship Missiles, would be of particular importance, considering that the Chinese navy would likely impose a blockade of the self-governed island.

The US used up its inventory of those weapons in the first week in every iteration of the modeled conflict, CSIS noted, adding that the weapon’s production time is two years.

The report identified a number of underlying weaknesses, including the Pentagon’s status as a sole buyer of weapons, and its acquisition rules, which prioritize “efficiency and cost control over speed and capacity.”


Producers don’t enjoy predictable demand for munitions, which could be provided by multiyear contracts, for example, the report explained. So investing seriously in capital and personnel “is not a sound business decision” for them.

The US regulations for weapons exports mean that getting through the pipeline takes extra months, even years. Some advanced weapons offered by China and Russia get a competitive edge because of this, and due to their lower prices, the report said.

ペンタゴンは、台湾の模擬衝突で最初の週に重要なミサイルを使い果たしました
米国のシンクタンクは、実施した一連のウォーゲームを引用して、中国との大規模な軍事衝突に備えてそれらを補充するのに十分な弾薬の備蓄や産業能力を持っていないと警告した。

戦略国際問題研究所(CSIS)は、弾薬とその製造材料を備蓄し、製造者が新しい設備に投資する動機となるような条件を提供するよう促している。

ロッキード・マーチン、ボーイング、ゼネラル・ダイナミクスなどの主要な防衛請負業者を寄付者に挙げている非営利団体である CSIS は、米国の防衛産業の状態は「今日の競争環境」には不十分であると批判しました。

月曜日に発表された報告書によると、生産拠点は長引く激しい紛争をサポートすることはできません。 ジャベリンとスティンガー ミサイル、155 mm 榴弾砲、対砲兵レーダーなど、これらはウクライナに送られていたため、国はシミュレーションで特定の武器を使い果たしました。

CSIS が評価した、台湾をめぐる中国との対立の可能性では、ほとんど準備時間なしで勃発する可能性があるため、このシナリオが繰り返される可能性があります。

「台湾海峡での米中戦争を調査した CSIS 戦争ゲームのほぼ 20 回の反復で、米国は通常、3 週間の紛争で 5,000 発以上の長距離ミサイルを消費しました。4,000 発の JASSM、450 発の LRASM、400 発のハープーン トマホーク対地攻撃ミサイル(TLAM)400発」と報告書は述べた。

シンクタンクは、中国海軍が自治島を封鎖する可能性が高いことを考慮して、長距離対艦ミサイルである LRASM が特に重要になると予測した。

米国は、モデル化された紛争を繰り返すたびに、最初の 1 週間でこれらの兵器の在庫を使い果たしたと CSIS は指摘し、兵器の製造期間は 2 年であると付け加えた。

報告書は、武器の唯一の購入者としてのペンタゴンの地位や、「速度と容量よりも効率とコスト管理」を優先するその取得ルールを含む、いくつかの根本的な弱点を特定しました。

生産者は、たとえば複数年契約によって提供される可能性のある軍需品の予測可能な需要を享受していないと、レポートは説明しています。 そのため、資本と人員に真剣に投資することは、彼らにとって「健全なビジネス上の決定ではありません」。

武器輸出に関する米国の規制により、パイプラインを通過するにはさらに数か月、場合によっては数年かかることになります。 中国とロシアが提供する一部の先進兵器は、これと低価格により競争力を獲得していると報告書は述べています。

・・・武器産業の我田引水のレポートです。
posted by ZUKUNASHI at 23:33| Comment(1) | 国際・政治

ラブロフがエスワティニを訪問


エスワティニ
地理的には、スワジランドです。人口120万人ほど。子供の顔が明るいです。
外務大臣は、Thuli Dladla 玄関でラブロフを迎えている女性です。アフリカの閣僚には女性も多く、高学歴です。
今回もザハロワが随行していますね。次はアフリカなどの担当局長でしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 20:50| Comment(0) | 国際・政治

Atlanta Police Chiefの名言

posted by ZUKUNASHI at 19:58| Comment(0) | 国際・政治

the BRICS group




posted by ZUKUNASHI at 19:51| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ紛争は「すぐに広がるだろう」 – セルビア大統領

Ukraine conflict ‘will soon spread’ – Serbian president
Belgrade is under pressure because the West wants to focus on Russia, says Aleksandar Vucic
Belgrade is facing pressure from the US, EU and NATO over Kosovo because of the conflict in Ukraine, which is likely to escalate soon, Serbian President Aleksandar Vucic told the nation on Monday evening. He said the West was rewarding the ethnic Albanian authorities in the breakaway province for their campaign of violence against the Serbs.

Vucic spoke after meeting with the leadership of his ruling party, addressing the “proposal” by the West requiring Serbia to accept the breakaway province’s membership in international organizations – such as the UN, EU and NATO – or else. He said the document “hardly contains anything we would be happy about.”

The Serbian president explained that the EU is de facto at war in Ukraine, so it wants its “back yard” – including Serbia – to be brought to heel. His feeling, however, was that the conflict “won’t calm down, but will only spread.”

“You see it now, it’s not just Russia versus Ukraine. Soon it will spread to other territories. It is up to us that our country isn’t among them,” he said.

Vucic lamented the unwillingness of the West to listen to reason, even after it was clear that all recent incidents in Kosovo were caused by the ethnic Albanian authorities in Pristina. Even when the EU acknowledged this, they kept rewarding Kosovo, accepting its membership application and granting it visa-free entry, he added.

While Belgrade intends to defend its interests, Vucic explained it will be difficult to stop Kosovo’s admission to the Council of Europe or NATO. The document does not require Belgrade to explicitly recognize Kosovo as independent, but implicitly demands Serbia not to oppose its UN membership, he explained.

If Serbia refuses, the EU will halt all integration processes, reimpose a visa regime, stop all new investments, and withdraw all the current ones, Vucic warned. That would be worse than any sanctions, and he would prefer a compromise to “accepting everything right away,” he said.

“You know what it would mean for Serbia to be isolated in any way,” Vucic said, referring to the sanctions imposed in the 1990s during the Yugoslav Wars. He also noted that this is his last term as president, and he would not be loath to resign if that would mean protecting the country or buying time.

NATO troops took control of Kosovo in 1999, after nearly three months of bombing Serbia on behalf of ethnic Albanian insurgents. The province’s provisional government declared independence in 2008, but Belgrade has so far resisted US and EU pressure to recognize it, relying on support from Russia and China.
ウクライナ紛争は「すぐに広がるだろう」 – セルビア大統領
ベオグラードは、西側がロシアに集中したいので圧力を受けている、とアレクサンダー・ヴチッチは言う
セルビアのアレクサンダー・ヴチッチ大統領は月曜日の夜、国民に向けて語った。 彼は、セルビア人に対する暴力のキャンペーンのために、西側が離脱州の民族アルバニア当局に報いると述べた。

ブチッチ氏は与党の指導部と会談した後、国連、EU、NATOなどの国際機関への離脱州の加盟を受け入れるようセルビアに要求する西側諸国による「提案」に言及した。 彼は、この文書には「私たちが喜ぶことはほとんど含まれていない」と述べた。

セルビアの大統領は、EUはウクライナで事実上戦争状態にあると説明したため、セルビアを含む「裏庭」を鎮圧することを望んでいる. しかし、彼の気持ちは、紛争が「沈静化することはなく、広がるだけだ」というものでした。

「今お分かりでしょうが、ロシア対ウクライナだけではありません。 すぐにそれは他の地域に広がります。 私たちの国がその中に含まれていないかどうかは私たち次第です」と彼は言いました。

ブチッチは、コソボでの最近のすべての事件がプリシュティナのアルバニア民族当局によって引き起こされたことが明らかになった後でも、西側が理性に耳を傾けようとしないことを嘆いた。 EUがこれを認めたときでさえ、彼らはコソボに報奨を与え続け、加盟申請を受け入れ、ビザなしでの入国を許可したと彼は付け加えた。

ベオグラードはその利益を守るつもりであるが、ヴチッチは、コソボの欧州評議会またはNATOへの加盟を止めるのは難しいだろうと説明した。 この文書は、ベオグラードがコソボを独立したものとして明示的に承認することを要求していないが、セルビアが国連加盟に反対しないことを暗黙のうちに要求していると彼は説明した.

セルビアが拒否すれば、EU はすべての統合プロセスを停止し、ビザ制度を再度課し、すべての新規投資を停止し、現在のものをすべて撤回すると Vucic 氏は警告した。 それはどんな制裁よりも悪いことであり、彼は「すべてをすぐに受け入れる」よりも妥協を好むだろう.

ユーゴスラビア戦争中に1990年代に課せられた制裁に言及して、「セルビアが何らかの形で孤立することが何を意味するかはご存知でしょう。 彼はまた、これが大統領としての最後の任期であり、辞任が国を守ることや時間を稼ぐことを意味するのであれば、辞任することを厭わないと述べた。

NATO 軍は 1999 年にコソボを支配下に置き、アルバニア系反乱軍の代理として 3 か月近くセルビアを爆撃しました。 州の暫定政府は 2008 年に独立を宣言したが、ベオグラードはこれまでのところ、ロシアと中国の支援に頼って、独立を承認するよう求める米国と EU の圧力に抵抗してきた。
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍はウクライナで「西側諸国のほぼ全体」によって反対された – 最高司令官

Russian military opposed by ‘almost entire West’ in Ukraine – top general
Chief of the General Staff Valery Gerasimov says modern Russia has never seen such intense hostilities
Russia is resisting a united effort by almost all of the Western nations against its military operation in Ukraine, chief of the Russian General Staff, Army General Valery Gerasimov, has said.

“Modern Russia has never seen such scale and intensity of hostilities,” Gerasimov, who earlier this month was appointed to lead Moscow’s joint forces group in Ukraine, told Argumenty I Fakty newspaper on Monday.

“Our country and its armed forces today are opposed by almost the entire collective West,” the general added, referring to the extensive military support being provided to Kiev by the US and other NATO member states during the conflict.

Russia has long insisted that the fighting in Ukraine is actually a “proxy war” waged against it by the West. Earlier this month, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said the involvement of the US and its allies in this conflict was “obvious.”

The secretary of Russia’s National Security Council, Nikolay Patrushev, also suggested that “the events in Ukraine are not a confrontation between Moscow and Kiev,” but a standoff between NATO – “the US and England first and foremost” – and Russia.

Both Washington and Brussels maintain they have no intention of getting directly involved in the conflict, but NATO Secretary General Jens Stoltenberg stated in October that “if [Russian President Vladimir] Putin wins, that is not only a big defeat for the Ukrainians, but it will be the defeat, and dangerous, for all of us.”

According to Gerasimov, besides the events in Ukraine, Russia’s General Staff also remains focused on ensuring the country’s military security in view of other existing threats. One of these is “the desire of NATO to expand through the inclusion of Finland and Sweden,” which applied to join the US-led military bloc in May, he said.
ロシア軍はウクライナの「西側諸国のほぼ全体」によって反対された – 最高司令官
参謀総長ヴァレリー・ゲラシモフは、現代のロシアはこれほど激しい敵対行為を見たことがないと言います
ロシアは、ウクライナでの軍事作戦に反対するほとんどすべての西側諸国による団結した努力に抵抗していると、ロシア軍参謀総長のワレリー・ゲラシモフ陸軍大将は述べた。

「現代のロシアは、これほどの規模と激しさの敵対行為を見たことがありません」と、今月初めにウクライナでモスクワの統合軍グループを率いるように任命されたゲラシモフは月曜日にArgumenty I Fakty新聞に語った。

「今日、わが国とその軍隊は西側諸国のほぼ全体によって反対されている」と将軍は付け加え、紛争中に米国や他のNATO加盟国によってキエフに提供された広範な軍事支援に言及した。

ロシアは長い間、ウクライナでの戦闘は西側諸国によるロシアに対する「代理戦争」であると主張してきた。 今月初め、クレムリンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフは、この紛争への米国とその同盟国の関与は「明らか」であると述べた。

ロシアの国家安全保障会議の書記官であるニコライ・パトルシェフも、「ウクライナでの出来事はモスクワとキエフの間の対立ではない」と示唆し、「何よりもまず米国と英国」である NATO とロシアとの間の対立であると示唆した。

ワシントンとブリュッセルの双方は、紛争に直接関与するつもりはないと主張しているが、NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグは10月、「[ロシアのウラジミール]プーチン大統領が勝利した場合、それはウクライナ人にとって大きな敗北であるだけでなく、 私たち全員にとって敗北であり、危険です。」と述べた。

ゲラシモフによれば、ウクライナでの出来事に加えて、ロシアの参謀本部は、他の既存の脅威を考慮して、国の軍事的安全を確保することに引き続き焦点を当てている. これらの1つは、5月に米国主導の軍事ブロックへの参加を申請した「フィンランドとスウェーデンを含めることで拡大したいというNATOの願望」であると彼は述べた。
posted by ZUKUNASHI at 17:20| Comment(1) | 国際・政治

英国やスウェーデンでは瀕死の者以外は病院に近づかないよう指導している


群れの免疫死カルト スウェーデンの最新情報: 彼らのチーフ メディカル オフィサーであるヨハン ブラット (略して Dr Death) は現在、病人や死に瀕している場合を除き、病院に近づかないように促しています: 基本的には英国と同じです。
英国は現在、多くの病人や死にかけている人たちに、助けを求めず、何としてでも病院や一般開業医の医療行為に近づかないようにと、際限なく伝えています。スウェーデンも同じように、新型コロナウイルスの感染が急増しています。

「特に親として、病気の子供がいるかどうかを考えなければなりません。子供が生命を脅かすほどの病気ではなく、呼吸が非常に困難な場合は、1177 に電話してアドバイスを受けるのがよいでしょう。
スウェーデンのチーフ・メディカル・オフィサーは、子供が呼吸に苦労している場合は、病院に連れて行くのではなく、ホットラインに電話するように保護者に伝えています。

・・・子供が呼吸に苦しんでいるときに、病院の助言で在宅のまま何ができるというのか。

日本も実態上似たようなものです。
posted by ZUKUNASHI at 10:57| Comment(0) | 国際・政治

ロシア、欧米の価格上限で原油転売禁止へ-メディア

Russia to ban oil resales under Western price cap – media
Domestic oil exporters will reportedly have to make sure buyers don’t use the mechanism for resale

Russian exporters may soon be forbidden from selling oil to buyers under the Western price cap mechanism, the Kommersant news outlet reported, citing government sources.

According to the report, the Ministry of Energy has prepared a draft decree obliging Russian legal entities and individuals to avoid Western-mandated oil price limit provisions in their contracts with foreign buyers. They will also have to ensure that these buyers, including traders and agents, comply with this requirement for the further resale of Russian oil.

The contracts will also have to pass inspection at the Federal Customs Service. If the agency finds any violations, in particular, any mention of the price cap, it may ban the export of the products specified in the contracts.

The draft document is yet to be approved by the government, sources told the news outlet. The Ministry of Energy has so far declined to comment on the report.

The price cap on Russian oil, introduced by the G7, EU and Australia, came into force on December 5. It bans Western companies from providing insurance and other services to ships transporting Russian oil unless the cargo is purchased at or below $60 per barrel. The cap may be revised in March, as Russian oil is currently trading below this level. On February 5, the Western coalition will also introduce a price cap on Russian petroleum products; however, its details are still being discussed.
READ MORE: Western states agree to two price caps on Russian oil products – US

Russia has been opposed to the price cap initiative from the start. Last month, President Vladimir Putin signed a decree banning the supply of Russian oil and oil products to foreign buyers that “directly or indirectly” mention the cap in their contracts. The ban will be effective for five months, from February 1 to July 1, 2023. The Kremlin specified that the decree also applies to contracts signed prior to February 1, if they mention the price cap.
ロシア、欧米の価格上限で原油転売禁止へ-メディア。
国内の石油輸出業者は、買い手が転売のためにこの仕組みを利用しないようにしなければならないと報じられている。

ロシアの輸出業者は近く、欧米の価格上限メカニズムに基づいて買い手に石油を売ることを禁じられるかもしれないと、コメルサント通信が政府筋の話を引用して報じた。

それによると、エネルギー省は、ロシアの法人や個人に対して、海外の買い手との契約において、欧米が要求する石油価格の上限規定を避けることを義務付ける政令案を作成した。また、ロシアの石油をさらに再販する際には、トレーダーや代理店を含むこれらの買い手がこの要件を遵守するようにしなければならない。

契約はまた、連邦税関の検査に合格しなければならない。もし違反が見つかれば、特に価格上限に関する記述があれば、契約書に記載された製品の輸出を禁止することができる。

この文書案はまだ政府の承認を受けていない、と情報筋はこのニュースレターに語った。エネルギー省は今のところ、この報道についてコメントを控えている。

G7、EU、オーストラリアが導入したロシアの石油に対する価格キャップは、12月5日に発効した。欧米企業がロシア産原油を輸送する船舶に対し、1バレルあたり60ドル以下で貨物を購入しない限り、保険などのサービスを提供することを禁止している。現在、ロシアの原油はこの水準を下回って取引されているため、3月に上限が改定される可能性がある。欧米連合は2月5日にもロシアの石油製品に価格上限を導入するが、その詳細はまだ検討中である。

ロシアは当初から価格キャップ構想に反対してきた。先月、プーチン大統領は、契約書に「直接的または間接的に」キャップについて言及する外国の買い手に対して、ロシアの石油および石油製品の供給を禁止する政令に署名した。禁止令は2023年2月1日から7月1日までの5カ月間、有効である。クレムリンは、2月1日以前に締結された契約についても、価格上限について言及していれば、この政令は適用されると明記している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(0) | 国際・政治

クレムリン、東京との平和条約締結の見通しについてコメント

Kremlin comments on peace treaty prospects with Tokyo
Japan is an “unfriendly nation,”which leaves no chance for formally ending the decades-old war dispute, a spokesman said
Despite a statement by Japanese Prime Minister Fumio Kishida that his country would continue to pursue a formal peace treaty with Russia, in reality there is no chance for such an outcome at the moment, Kremlin spokesman Dmitry Peskov has assessed.

Japan is among “unfriendly nations” targeting Russia with sanctions and “does not show any constructive attitude” by acting the way it does, the Russian official told journalists on Monday.

“In essence, there is no meaningful dialogue at the moment. Under these conditions, de facto” there is no potential for securing a peace treaty between the two nations, he added.

Kishida mentioned relations with Russia earlier in the day in a speech before the Japanese parliament, in which he outlined his cabinet’s priorities for domestic and foreign policies. He said the government would “continue to adhere to its policy of resolving the territorial issue [with Russia] and concluding a peace treaty.”

Russia and Japan have been technically at war with each other for almost eight decades. Tokyo disputes Russian sovereignty over four of the islands in the Kuril Archipelago that the Soviet Union captured during the WWII hostilities. Moscow conditioned the USSR’s declaration of war against Japan in August 1945 on an agreement by other Allies that the Kuril Islands would be ceded to it, once Imperial Japan was defeated.

In the San Francisco Treaty of 1951, Japan relinquished its claims on Kuril Islands, but it later claimed that the four disputed land masses, which Tokyo calls the “northern territories,” were never part of the archipelago.

The issue remained unresolved after the USSR collapsed, though Moscow offered some compromises, such as simplified visa issuance for separated Japanese families and joint economic development.

In 2017, Russian President Vladimir Putin said Tokyo could deploy military assets threatening Russia, should it have control over the disputed islands, and that it was a major concern for Moscow.

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov mentioned the situation during a press conference last week. A few years ago, his department offered to formulate a comprehensive peace treaty, which would have sidestepped the territorial dispute and set the framework for its eventual resolution, he stated. The Japanese side rejected the idea, the minister added.
クレムリン、東京との平和条約締結の見通しについてコメント
日本は「非友好的な国」であり、数十年来の戦争紛争を正式に終わらせる可能性はないと報道官が述べた。
岸田文雄首相がロシアとの正式な平和条約締結を追求し続けると発言したにもかかわらず、現実には今のところそのような結果になる可能性はないと、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は評価している。

日本はロシアを制裁の対象としている「非友好的な国」の一つであり、そのような行動によって「建設的な態度を示していない」と、ロシア政府高官は月曜日に記者団に語った。

「本質的に、現時点では意味のある対話は存在しない。このような状況下では、事実上」2国間の平和条約締結の可能性はない、と彼は付け加えた。

岸田氏はこの日、国会での演説でロシアとの関係について言及し、内政と外交における内閣の優先事項を説明した。彼は、政府が「(ロシアとの)領土問題を解決し、平和条約を締結するという方針を堅持し続ける」と述べた。

ロシアと日本は約80年間、技術的に互いに戦争状態にある。東京は、第二次世界大戦中にソ連が奪取した千島列島の4つの島に対するロシアの主権を争っている。モスクワは、1945年8月のソ連の対日宣戦布告を、日本帝国が敗北したらクリル諸島を譲り受けるという他の連合国との合意を条件とした。

1951年のサンフランシスコ条約で、日本は千島列島の領有権を放棄したが、その後、東京が「北方領土」と呼ぶ4つの陸塊は、千島列島の一部ではなかったと主張するようになった。

ソ連が崩壊した後もこの問題は未解決のままだったが、モスクワは日本の別居家族に対するビザ発給の簡素化や共同経済開発など、いくつかの妥協案を提示した。

2017年、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、東京が係争中の島々を支配した場合、ロシアを脅かす軍事資産を展開する可能性があり、それはモスクワにとって大きな懸念であると述べた。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は先週の記者会見で、この状況に言及した。数年前、同省は領土問題を回避し、最終的な解決のための枠組みを設定する包括的な平和条約を策定することを申し出た、と彼は述べた。日本側はこの案を拒否したと、同大臣は付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 00:55| Comment(0) | 国際・政治

ロシアと西側は「本当の戦争」の危機に瀕している - ラブロフ氏

Russia and West on verge of ‘real war’ – Lavrov
The West has long aimed to destroy everything Russian, the FM has said
The current situation in Ukraine shows that the conflict between Russia and the West can no longer be defined as a “hybrid war” but is instead approaching being a real one, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Monday.

Speaking at a press conference following a meeting with his South African counterpart, Naledi Pandor, Lavrov also noted that this “almost real” war was something that the West “has been preparing for a long time against Russia.” The minister claimed that Western powers are seeking to destroy everything Russian, from the language to the culture that had existed in Ukraine for centuries, and even forbid people from speaking their native language.

Lavrov went on to point out that such practices have become commonplace throughout Ukraine and that the country’s last two presidents, Pyotr Poroshenko and current leader Vladimir Zelensky, have both turned into “presidents of war” and “Russophobic leaders” after gaining power, despite running their presidential campaigns under the promise of establishing peace.

The minister also recalled that Ukraine has adopted laws that prohibit using the Russian language in education, media, and even in everyday life. “And this is all supported by the West,” Lavrov said, adding that this support extends to neo-Nazi marches with swastikas and symbols of banned Nazi divisions being held across the country.

He also accused the West of turning a blind eye to the fact that Kiev’s forces continue to deliberately choose targets and carry out attacks in such a way as to terrorize the civilian population. “The West knows perfectly well that the Ukrainian regime deliberately bombs cities and towns using Western-supplied weapons,” the minister said.

Lavrov reiterated Moscow’s position that it has not carried out attacks in Ukraine against civilian infrastructure, and that the damage to it is attributable to Kiev’s regular practice of deploying heavy weapons and air defense systems in residential areas.

Despite the spiraling tensions, Lavrov noted that Moscow remains open to negotiations with Kiev, and warned that those who refuse talks should understand that the longer they are delayed, the harder it will be to find a solution.

The minister also asked the Ukrainian government to explain, perhaps through a third party, how it sees the situation in the country playing out and the possibility of negotiations with Russia.

西側は長い間、ロシアのすべてを破壊することを目的としてきた、と外相は述べた。
ウクライナの現状は、ロシアと西側の対立がもはや「ハイブリッド戦争」と定義することはできず、むしろ本当の戦争に近づきつつあることを示している、とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は月曜日に述べた。

南アフリカ共和国のナレディ・パンドール外相との会談後の記者会見で、ラブロフ外相はまた、この「ほとんど現実の」戦争は、西側が「ロシアに対して長い間準備してきた」ものであると指摘した。同大臣は、西側諸国は、ウクライナに何世紀にもわたって存在してきた言語から文化に至るまで、ロシアのすべてを破壊しようとしており、人々が母国語を話すことさえ禁じていると主張した。

さらにラブロフ氏は、こうした行為がウクライナ全土で常態化しており、同国の過去2人の大統領、ピョートル・ポロシェンコ氏と現首相ウラジミール・ゼレンスキー氏はいずれも、平和確立を公約に掲げて大統領選挙を行ったものの、政権獲得後は「戦争の大統領」「ロシア恐怖症のリーダー」と化していることを指摘し、「ウクライナでは、このようなことが日常茶飯事になっている」と述べた。

また、同大臣は、ウクライナが教育やメディア、さらには日常生活においてロシア語の使用を禁止する法律を採択していることを想起した。「そして、これはすべて西側によって支援されている」とラブロフ氏は述べ、この支援は、卍や禁止されているナチス部門のシンボルを掲げたネオナチの行進が全国で開催されていることにも及んでいると付け加えた。

また、キエフ軍が意図的にターゲットを選び、市民を恐怖に陥れるような攻撃を続けていることに、西側諸国は目をつぶっていると非難した。「西側は、ウクライナ政権が西側から供給された武器を使って意図的に都市や町を爆撃していることを完全に知っている」と同大臣は述べた。

ラブロフ氏は、モスクワはウクライナの民間インフラに対する攻撃は行っておらず、その被害はキエフが重火器や防空システムを住宅地に配備するという常套手段に起因するという立場を改めて強調した。

ラブロフ氏は、緊張が高まっているにもかかわらず、モスクワはキエフとの交渉に依然として前向きであると指摘し、話し合いを拒否する人々は、話し合いが長引けば長引くほど、解決策を見つけるのが難しくなることを理解すべきだと警告した。

また、同大臣はウクライナ政府に対し、同国の情勢がどのように展開し、ロシアとの交渉の可能性があると見ているか、おそらく第三者を通じて説明するよう要請した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 00:29| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月22日

ロシアとの戦いはウクライナにとって「非常に、非常に難しい」-米軍最高司令官

Fighting Russia ‘very, very difficult’ for Ukraine – top US general
While Kiev has vowed to seize huge tracts of what is now Russian territory, Moscow’s forces have won a series of key battles

Ukraine will struggle to make good on its promise to drive Russian forces out of its former territory, US Chairman of the Joint Chiefs of Staff Mark Milley stated on Friday. While civilian officials in Washington insist that Kiev must keep fighting, Milley has repeatedly questioned the chances of success.

“President Biden, President Zelensky, and most of the leaders of Europe have said this war is likely to end in a negotiation,” Milley said during a meeting of the US-led Defense Contact Group at Ramstein Air Base in Germany. “From a military standpoint, this is a very, very difficult fight,” he added.

The US alone has allocated more than $110 billion in military and economic aid to Kiev since last February – supplying Ukraine with progressively heavier armaments, including infantry fighting vehicles, anti-air systems, and more than a million artillery shells.

Although Ukraine’s NATO-trained troops appear on the cusp of receiving Western-designed main battle tanks, Russian forces have inflicted a series of crushing defeats on Kiev’s military in recent weeks. The strategically important Donbass settlements of Soledar and Klescheevka have both fallen to Moscow’s troops, and the key city of Artyomovsk is now facing Russian encirclement.

“I still maintain that for this year, it would be very, very difficult to militarily eject the Russian forces from every inch of Russian-occupied Ukraine,” Milley said on Friday, referring to the four former regions of Ukraine that voted to join Russia in September, and Crimea, an historic Russian territory that voted to rejoin the Russian Federation in 2014. “That doesn’t mean it can’t happen, doesn’t mean it won’t happen. But it’d be very, very difficult.”

Retaking all of this land – including Crimea – is the stated objective of Ukrainian President Vladimir Zelensky. To that end, he has the support of the US, with President Joe Biden and Defense Secretary Lloyd Austin vowing to bankroll his military for “as long as it takes,” and Secretary of State Antony Blinken declaring in December that “fundamentally, Ukrainians are making the decisions” about whether they want to attempt to capture Crimea or not.

However, Milley’s public statements have been more tempered than those of Biden and his cabinet. Asked in November whether Ukraine stood a chance of retaking its pre-February territory, he said that the probability of this outcome “is not high, militarily.”
posted by ZUKUNASHI at 16:56| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月21日

世界のエリートが集まるダボス会議


Escort agencies booked solid for Davos forum – media
Sexual harassment by wealthy men at WEF is “so common” that female guests are advised not to attend events alone, an Austrian outlet has reported
The Swiss escort agencies near Davos are already fully booked ahead of this year’s World Economic Forum, the elite gathering that brings together heads of state, corporate executives, and influential non-profiteers, Austrian outlet Exxpress reported on Sunday, citing a missive purportedly sent from one such agency.

In a message to unnamed hospitality staff and published by Exxpress, escort agency Sensuallounge Escort urges readers to book their “fine selection of ladies and gentlemen” ahead of time to ensure “the best possible care and company during the World Economic Forum.” 

Sensuallounge reportedly offers “services for all sexual orientations,” and the outlet claims one night with one of their employees costs €2,350 (just over $2,500). The service does not appear to accept cash as payment, offering clients the option of paying with a major credit card or via PayPal. 

Explaining that the WEF’s annual get-together is high season for Swiss prostitutes, Exxpress revealed the agencies set up dedicated websites for the conference. Their roster seemingly fully booked, Sensuallounge’s site had already disappeared as of Monday. 

While the WEF invited about 2,500 people as accredited delegates this year, over 30,000 more are expected to descend upon the ski resort for the dinners, parties, and, according to a growing body of journalism documenting the “dark side of Davos,” sex for payment that occurs outside the forum.

Sex workers also await in hotels and bars frequented by guests, according to a 2020 report from the Times UK, and women - even if they are accredited WEF attendees - are “routinely harassed” by the men who dominate the conclave. Indeed, the event began warning women that year not to go out alone after dark, “because if something happens with some big CEO, who is going to be believed? You or them?”

Prostitution at Davos has caused controversy in years past, though the bigger concern appears to be keeping the working class under control. The Swiss Army has been authorized to deploy as many as 5,000 troops if needed to provide security to the billionaires. 

The theme for 2023’s conference, which runs from January 16-20, is “Cooperation in a Fragmented World.” Protesters were already onsite ahead of the event’s official opening on Monday, denouncing attendees’ use of private jets to deliver climate-change platitudes, and the presence of fossil-fuel executives at the supposedly sustainability-conscious forum.

クロアチアの元EU議会議員


posted by ZUKUNASHI at 15:14| Comment(0) | 国際・政治

シリアで神風ドローンが米軍基地を攻撃

Kamikaze drones strike US base
Two fighters with a US-backed Syrian militant group were injured in the attack, the Pentagon confirmed
Several explosives-laden drones have targeted an American military base in southern Syria, with one successfully hitting the compound, according to US Central Command. Washington keeps just shy of 1,000 soldiers in the Middle Eastern nation, despite repeated demands from Damascus to withdraw.

CENTCOM said the attack involved three suicide drones and occurred on Friday morning at the US garrison in al-Tanf, Syria, where American forces have long been stationed alongside militia fighters who previously sought to overthrow the Syrian government.

“Two of the drones were shot down by Coalition Forces while one struck the compound, injuring two members of the Syrian Free Army partner force who received medical treatment. No US forces were injured,” the military said, adding that such strikes are “unacceptable” as they “place our troops and our partners at risk and jeopardize the fight against ISIS.”

Situated near the three-way border junction with Iraq and Syria, the al-Tanf outpost was established by US troops in 2016. They soon embedded with a rebel faction then known as Maghaweir al-Thowra (‘Commandos of the Revolution’), which has since rebranded to the Syrian Free Army (distinct from the former Free Syrian Army).

While Washington maintains the “vetted opposition” group is meant to combat Islamic State terrorists and has abandoned its aims to oust Syrian President Bashar al-Assad, it has faced controversy in recent months amid allegations of corruption and drug trafficking by its members. In September, the US-led coalition was forced to sack the group’s commander, with the military saying the move “occurred to ensure the long-term success” of the militia.

The al-Tanf garrison has come under similar drone attacks on several occasions over the years, with sporadic strikes by unidentified actors. Last summer, Russian forces – who continue to support the government in Damascus – conducted several airstrikes in the area against a group of “US-trained and equipped” militants who purportedly “had committed terrorist acts and killed civilians.”

In addition to 200 US soldiers based at al-Tanf, around 700 operate elsewhere in Syria, most in the country’s oil-rich northeast, where they have allied with Kurdish fighters. The Syrian government has repeatedly declared Washington’s military presence illegal, and continues to accuse US forces of stealing vast amounts of the country’s energy resources.
神風ドローンが米軍基地を攻撃
米国が支援するシリア過激派組織の戦闘員2人が攻撃で負傷したことを米国防総省が確認
米中央軍によると、爆発物を積んだ複数の無人機がシリア南部の米軍基地を攻撃し、1機が基地を直撃した。米政府は、ダマスカスからの度重なる撤退要求にもかかわらず、中東のシリアに1000人弱の兵士を駐留させている。

中央司令部によると、攻撃は3機の自爆ドローンを巻き込み、シリアのアルタンフにある米軍駐屯地で金曜の朝に発生した。

「無人偵察機のうち2機は連合軍によって撃墜され、1機は施設内に落ち、シリア自由軍のメンバー2人が負傷し、手当てを受けた。米軍に怪我はなかった」と軍は述べ、このような攻撃は「我々の軍隊とパートナーを危険にさらし、ISISとの戦いを危うくするものであり、容認できない」と付け加えた。

イラクとシリアとの三方国境の分岐点近くに位置するアルタンフ前哨基地は、2016年に米軍によって設立された。彼らはすぐに、当時Maghaweir al-Thowra(「革命の司令官」)として知られていた反政府派に組み込み、その後、シリア自由軍(旧自由シリア軍とは異なる)に改名した。

ワシントンは、この「吟味された野党」グループはイスラム国のテロリストと戦うためのもので、シリアのバッシャール・アル・アサド大統領を追放する目的は放棄したと主張しているが、メンバーによる汚職や麻薬売買の疑いがあり、ここ数ヶ月は論争にさらされてきた。9月には、米軍主導の連合軍が同軍の司令官を解任せざるを得なくなり、軍はこの動きが「民兵の長期的な成功を確保するために起こった」と述べている。

アルタンフ駐屯地は、ここ数年、何度か同様の無人機攻撃を受けており、正体不明の者による散発的な攻撃も行われている。昨年の夏、ダマスカス政府を支援し続けているロシア軍は、この地域で「テロ行為を行い市民を殺害した」とされる「米国が訓練・装備した」武装勢力に対して数回の空爆を行った。

アルタンフに駐留する200人の米軍兵士に加え、約700人がシリアの他の場所で活動しており、その多くは石油資源の豊富な北東部で、クルド人戦士と同盟を結んでいる。シリア政府は、米軍の駐留を違法と繰り返し宣言し、米軍が国内の膨大なエネルギー資源を盗んでいると非難し続けている。


posted by ZUKUNASHI at 14:24| Comment(0) | 国際・政治

米海軍特殊部隊員、ウクライナで殺害される / クロアチア大統領が批判に反論

US Navy SEAL killed in Ukraine
Washington says the Iraq and Afghanistan veteran was a deserter from the American military
The US Navy confirmed on Friday that a member of the elite SEAL force was killed in eastern Ukraine, but said that Naval Special Warfare Operator Daniel Swift was in “active deserter status.”

Swift died on January 18 from injuries sustained in combat with Russian forces, an unnamed US Navy official told reporters in a background briefing.

“We can confirm the recent death of a US citizen fighting in Ukraine,” the State Department said in a statement, which did not name Swift. “We are in touch with his family and providing all possible consular assistance. Out of respect for the privacy of the family during this difficult time, we have nothing further to add.”

Swift’s service record shows that the Oregon resident enlisted in 2005 and received medals for taking part in the Global War on Terrorism, and the campaigns in both Afghanistan and Iraq, according to Time magazine. He was listed as going absent without leave (AWOL) in March 2019.

The administration of US President Joe Biden has officially discouraged Americans from enlisting in ‘foreign legion’ formations set up by Kiev. At least eight US citizens who did so anyway have been killed in the fighting over the past year.

Unofficially, US, UK, and other NATO special forces have been active in Ukraine since before the hostilities escalated in February 2022. French media testified to the presence of British and American special operators in April. This was confirmed in December by General Robert Magowan, former commandant of the Royal Marines since promoted to general staff duty. Magowan said the Royal Marines had engaged in “discreet operations” in a “hugely sensitive environment and with a high level of political and military risk.”

In August, British media revealed the existence of the ‘Mozart Group’, an ostensibly private and crowdfunded outfit led by Andrew Milburn, a retired US Marine Corps colonel. Milburn has since inadvertently revealed the Ukrainian army’s massive casualties in Donbass and had some choice words for the leadership in Kiev.

Washington maintains that the US is not a party to the conflict, though it has committed billions of dollars in financial aid and military supplies to Ukraine and publicly pledged to support Kiev “for as long as it takes” for Russia to “lose.” Moscow has warned the West that sending weapons and “mercenaries” to Ukraine will only prolong the conflict and risks a direct confrontation.
米海軍特殊部隊、ウクライナで殺害される
イラクとアフガニスタンの退役軍人は米軍からの脱走兵であるとワシントンは発表している
米海軍は18日、ウクライナ東部でエリート部隊SEALの隊員が死亡したことを確認したが、海軍特殊戦オペレーターのダニエル・スウィフトは "積極的脱走兵状態 "にあったと述べた。

スウィフトはロシア軍との戦闘で負った怪我により18日に死亡したと、無名の米海軍関係者は背景説明の中で記者団に語った。

国務省は、スウィフト氏の名前を伏せた声明の中で、「我々は、ウクライナで戦っている米国人の最近の死亡を確認することができる」と述べている。「我々は彼の家族と連絡を取り合い、可能な限りの領事支援を行っている。この困難な時期に家族のプライバシーを尊重するため、これ以上付け加えることはない」と述べた。

タイム誌によると、オレゴン州在住のスウィフトは2005年に入隊し、世界テロ戦争、アフガニスタンとイラクの両戦闘に参加し、勲章を授与されたことが勤務記録からわかる。2019年3月に無断欠勤(AWOL)したと記載されている。

ジョー・バイデン米大統領の政権は、キエフが設置した「外人部隊」編成にアメリカ人が入隊することを公式に阻止している。いずれにせよそうした少なくとも8人の米国人が、過去1年間の戦闘で死亡している。

非公式には、米国、英国、および他のNATOの特殊部隊は、2022年2月に敵対行為が激化する以前からウクライナで活動してきた。フランスのメディアは、4月に英米の特殊工作員の存在を証言している。これを12月に確認したのは、元英国海兵隊司令官で参謀本部に昇格した後のロバート・マゴーワン将軍である。マゴワン将軍は、英国海兵隊は「非常に敏感な環境と高いレベルの政治的・軍事的リスクの中で」「慎重な作戦」に従事したと述べた。

8月、英メディアは、米海兵隊の元大佐であるアンドリュー・ミルバーンが率いる表向きは民間でクラウドファンディングを利用した「モーツァルト・グループ」の存在を明らかにした。ミルバーンはその後、ドンバスでウクライナ軍が大量の死傷者を出していることをうっかり暴露し、キエフの指導者に対して厳しい言葉を投げかけている。

ワシントンは、米国は紛争の当事者ではないと主張しているが、ウクライナに数十億ドルの資金援助と軍事物資の提供を約束し、ロシアが "負ける "ために "必要なだけ "キエフを支援すると公に約束している。モスクワは西側諸国に対し、ウクライナに武器や「傭兵」を送ることは紛争を長引かせるだけで、直接対決の危険性があると警告している。

EU treats Croatia like ‘retarded’ child – president
Zoran Milanovic responded to criticism on his stance on Ukraine and objected to Brussels' treatment of his country
Croatian President Zoran Milanovic called out the European Union for treating its members like developmentally-challenged children, telling reporters on Friday that his tolerance for such behavior was approaching its limit.

Speaking at a joint press conference with Hungarian President Katalin Novak in Budapest, Milanovic had some choice words for EU foreign policy commissioner Josep Borrell when it came to Croatia’s participation in the peacekeeping mission in neighboring Bosnia.

“Borrell sent Croatia a memo last month filled with lies, in which he treats us as if we were retarded – excuse my language, as if we had special needs – so he would prevent us from even a symbolic presence in the Althea mission. I’m trying to stay polite, but at some point enough is enough,” he said.

“This kind of treatment is deeply irritating,” Milanovic added. “Today they do this to Hungary, tomorrow it will be some other, bigger country they want to bring into line. They did it to Poland until recently, too. Poland now gets a pass due to the situation in Ukraine, but their turn will come again tomorrow.”

Brussels has sought to compel the governments in Warsaw and Budapest to accept EU policies on migration and “rule of law” by threatening to withhold funds that Poland and Hungary were rightly entitled to.

One of the biggest problems for the EU is the way Brussels treats member states, the Croatian president insisted.

“I think Croatia and Hungary are within the framework of European values, which can’t be the same for every state,” Milanovic said. “If the EU wants to progress, it has to accept this diversity.” The current approach by Brussels is “seriously problematic,” he added, noting that it may soon be tested on a member state bigger than Hungary, which the EU won’t be able to treat the same way.

Milanovic also commented on the backlash to his comment earlier this week, when he called the conflict in Ukraine a “proxy war” against Russia – for which he was complimented by Russian Foreign Minister Sergey Lavrov.

“When I call it a ‘proxy war’ in which Ukraine is the biggest victim, and that only Washington and Moscow can negotiate its end, I am merely quoting Ukraine’s current defense minister, who said NATO is fighting Russia with Ukrainian blood. But no one wants to hear that,” the Croatian president said. “I won’t allow us to be turned into a little dog that just goes around in a big pack and keeps barking.”
EU、クロアチアを「知恵遅れ」の子供のように扱う-大統領
ゾーラン・ミラノヴィッチ大統領は、ウクライナに対する自身の姿勢に対する批判に応え、ブリュッセルの自国に対する扱いに異議を唱えた。
クロアチアのゾラン・ミラノビッチ大統領は、EUが加盟国を発達障害児のように扱っていると非難し、そのような行為に対する寛容さが限界に近づいていると、金曜日に記者団に語った。

ブダペストでハンガリーのカタリン・ノヴァク大統領と共同記者会見したミラノヴィッチ大統領は、クロアチアのボスニア平和維持活動への参加に関して、EUのジョセップ・ボレル外交政策委員に対していくつか言葉を発した。

「ボレルは先月、クロアチアに嘘八百のメモを送りつけてきた。そのメモには、我々を知恵遅れであるかのように、失礼だが特別なニーズがあるかのように扱い、アルテア任務に象徴的に参加することさえできないようにしようということが書かれていた。私は礼儀正しくありたいと思っているが、ある時点でもう十分だ」と彼は言った。

「このような扱いは、非常に腹立たしい」とミラノビッチ氏は付け加えた。「今日はハンガリー、明日は他の大国と同じようなことをするつもりだろう。ポーランドも最近までそうだった。ポーランドはウクライナ情勢を理由に今はパスしているが、明日にはまた彼らの番がやってくるだろう」。

ブリュッセルは、ポーランドとハンガリーに当然与えられるべき資金を差し控えるという脅しによって、ワルシャワとブダペストの政府に移民と「法の支配」に関するEUの政策を受け入れさせようとしている。

EUの最大の問題の一つは、ブリュッセルの加盟国に対する扱い方だと、クロアチア大統領は主張した。

「クロアチアとハンガリーは、ヨーロッパの価値観の枠内にあると思うのだが、それはどの国も同じというわけにはいかない。「EUが発展しようとするならば、この多様性を受け入れなければならない。ブリュッセルの現在のアプローチは「深刻な問題」であり、EUが同じように扱うことができないハンガリーよりも大きな加盟国に対して、近いうちに試されるかもしれないと、彼は付け加えた。

ミラノヴィッチ氏はまた、今週初めにウクライナ紛争をロシアに対する「代理戦争」と呼び、そのことでロシアのセルゲイ・ラブロフ外相から賛辞を受けたことについてもコメントした。

ウクライナが最大の犠牲者であり、その終結を交渉できるのはワシントンとモスクワだけだという『代理戦争』と呼ぶとき、私は、NATOはウクライナの血でロシアと戦っているというウクライナの現国防相の言葉を引用しているだけである。しかし、誰もそんなことは聞きたくない」と、クロアチア大統領は述べた。"大きな群れをなして吠え続けるだけの小犬にされるのは許せない "と。
posted by ZUKUNASHI at 14:16| Comment(0) | 国際・政治

この動きはどう展開する?

International Criminal Court investigations
国際刑事裁判所


posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 国際・政治

世界的な経済波乱




・・・日銀は追い詰められてきます。





posted by ZUKUNASHI at 10:53| Comment(0) | 国際・政治

ロシアは最後まで戦う ボレル

Russia ‘fights to the end’ – Borrell
The West must keep arming Ukraine because Moscow defeated Napoleon and Hitler, the EU’s top diplomat said
EU foreign policy commissioner Josep Borrell said on Friday that the West must keep sending weapons to Kiev, warning those who think Russia has lost or is doing poorly that Moscow has a history of winning long wars.

“Russia is a great country, a great nation that is used to fighting to the end, almost losing and then recovering,” Borrell said in a speech in Madrid, bringing up the 1812 invasion by Napoleon Bonaparte’s French empire and the 1941 invasion by Adolf Hitler’s Germany as historical examples of this.

“It would be absurd to think that Russia has lost the war or that its military is incompetent,” Borrell added.

He claimed that so far Moscow “has been losing the war but it still has enormous strength and capacity to continue [fighting].”

Because of this, he said, “now is the time to continue arming Ukraine with the necessary material and military means to wage the kind of war it has to wage.” He described this as “not only a defensive war but one that allows it to take the initiative and break fronts and prevent Russia from launching a new, very powerful and bloody offensive in a few months.”

Borrell’s invocation of Napoleon and Hitler was unusual, as Moscow has repeatedly compared the current efforts by the collective West with the two invasions, known as the Patriotic War and the Great Patriotic War, respectively.

Napoleon led a multinational army recruited from all across French-dominated Europe and reached Moscow, but failed to compel Russia’s surrender. The war ended with Russian cavalry on the streets of Paris two years later. Hitler’s effort, also aided by numerous continental allies and vassals, fell just short of Moscow. The Axis armies were savaged at Stalingrad and turned back at Kursk, with Russian soldiers taking Berlin in 1945.

According to Russian estimates, the US and its allies funneled almost $100 billion worth of weapons, ammunition and supplies to the Ukrainian military in 2022. Despite this unprecedented effort, Borrell on Friday continued to insist the West was not a party to the conflict, and that the EU did everything it could to avoid it. Former leaders of Germany and France, however, publicly admitted that the European-mediated Minsk agreements had been a ploy to buy Ukraine time to prepare for war.

The EU’s high commissioner for foreign affairs spoke at Madrid’s Teatro Real, where he was presented with the New Economy Forum 2022 Award. One of the presenters was Javier Solana, Borrell’s predecessor at the EU post and NATO’s secretary general in 1999, when the US-led bloc launched an unprovoked war against Yugoslavia.
EUのジョセップ・ボレル外交政策委員は金曜日、西側諸国はキエフに武器を送り続けなければならないと述べ、ロシアが負けた、あるいはうまくいっていないと考える人々に、モスクワには長い戦争に勝利した歴史があると警告を発した。

ボレルはマドリードでの講演で、「ロシアは偉大な国であり、最後まで戦い、負けそうになり、そして回復することに慣れている」と述べ、その歴史的例として1812年のナポレオン・ボナパルトのフランス帝国による侵攻と1941年のアドルフ・ヒトラーのドイツによる侵攻を持ち出した。

「ロシアが戦争に負けたとか、ロシア軍が無能だと考えるのは馬鹿げている」とボレル氏は付け加えた。

これまでのところ、モスクワは「戦争に負けているが、それでも(戦いを)継続するための膨大な力と能力を持っている」と主張した。

そのため、「今こそ、ウクライナが行うべき戦争に必要な物質的・軍事的手段で武装し続けるべき時だ」と述べた。彼はこれを、"防衛的な戦争だけでなく、主導権を握って戦線を突破し、ロシアが数カ月以内に新たに非常に強力で血生臭い攻勢に出るのを防ぐことができる戦争 "と表現した。
ボレルがナポレオンとヒトラーを引き合いに出したのは異例で、モスクワは西側の集団による現在の取り組みを、それぞれ愛国戦争と大祖国戦争と呼ばれる2つの侵略と繰り返し比較しているからだ。

ナポレオンは、フランスが支配するヨーロッパ各地から集めた多国籍軍を率いてモスクワに到達したが、ロシアの降伏を強制することはできなかった。2年後、パリの街にロシアの騎兵隊が現れ、戦争は終結した。ヒトラーもまた、多くの大陸の同盟国や家臣に助けられながら、モスクワまであと一歩のところで敗退した。枢軸国軍はスターリングラードで壊滅し、クルスクで逆転され、1945年にはロシア兵がベルリンを手に入れた。

ロシアの推計によると、米国とその同盟国は2022年に約1000億ドル相当の武器、弾薬、物資をウクライナ軍に流した。このような前例のない取り組みにもかかわらず、ボレルは金曜日、西側諸国は紛争の当事者ではなく、EUは紛争を避けるためにできることはすべてやったと主張し続けた。しかし、ドイツとフランスの前首脳は、欧州が仲介したミンスク協定が、ウクライナに戦争の準備をさせる時間を稼ぐための策略であったことを公に認めた。

EUの外務高等弁務官は、マドリードのテアトロ・レアルで講演し、新経済フォーラム2022年賞を授与された。プレゼンターの一人は、ボレルの前任者であり、1999年に米国主導でユーゴスラビアに対していわれのない戦争を仕掛けたNATO事務総長のハビエル・ソラナであった。
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | 国際・政治

2023年01月20日

米国は密かにISISを支援している-モスクワ

US covertly sponsoring ISIS – Moscow
Washington wants to take revenge on the Taliban for its defeat, the Russian Foreign Ministry says
The US has been reaching out to armed groups that oppose the Taliban and secretly giving money to Islamic State (IS, formerly ISIS), Zamir Kabulov, Russia’s presidential envoy for Afghanistan, has said.

When asked if the US is in contact with the Afghan opposition in an interview with Russia 24 TV on Friday, Kabulov said, “Yes, there is such data.”

The Americans have been acting this way “because they really want to avenge their shameful military-political defeat in Afghanistan, and in retaliation they do everything so that peace isn’t established in this troubled land,” he claimed.

“But worst of all is that, in addition to contacts with the armed opposition in Afghanistan, the Anglo-Saxons are covertly sponsoring Islamic State, who are aimed at undermining not only the stability of our Central Asian partners… but also the security of Russia,” Kabulov added.

The US and its allies pulled out of Afghanistan in August 2021 after a two-decade intervention. The chaotic withdrawal, which saw billions of dollars’ worth of American military equipment left behind, was carried out after the Taliban swept through the country and captured the capital, Kabul in a matter of weeks, facing little resistance from the Afghan military – which US forces had trained to resist the militants.

The sanctions and the withdrawal of US and other foreign aid to Afghanistan after the Taliban takeover have further deepened the humanitarian crisis in the country. Under previous US-backed administrations, this aid accounted for around 75% of the Afghan budget. According to the UN, around 24.4 million people, or more than half of the country’s population, are currently in need of humanitarian assistance.

In December, US Secretary of State Antony Blinken defended the Biden administration’s decision to leave Afghanistan, saying that if the American forces remained there, “it would have, I think, made much more complicated the support that we’ve been able to give and that others have been able to give Ukraine” amid the conflict with Russia.

The US-based Brown University estimated that the invasion of Afghanistan cost Washington more than $2.1 trillion overall. The US Department of Defense said on Thursday that military aid provided to Kiev since the start of the conflict with Moscow last February has surpassed $26.7 billion.
米国は密かにISISを支援している-モスクワ
ワシントンはタリバンの敗北に復讐したい、とロシア外務省が発表
米国はタリバンに反対する武装グループに接触し、イスラム国(IS、旧ISIS)に密かに資金を提供していると、ロシアの大統領特使ザミール・カブロフ氏が述べた。

金曜日に行われたロシア24テレビのインタビューで、アメリカはアフガニスタンの野党と接触しているかと聞かれたカブロフは、"はい、そのようなデータがあります "と答えた。

アメリカはこのような行動をとっている。なぜなら、彼らは本当にアフガニスタンでの恥ずべき軍事的・政治的敗北を復讐したいからであり、報復として、この問題のある土地に平和が確立されないようにあらゆることをしている」と彼は主張する。

「しかし、最悪なのは、アフガニスタンの武装勢力との接触に加えて、アングロサクソンが密かにイスラム国のスポンサーになっていることだ。彼らは、中央アジアのパートナーの安定だけでなく、ロシアの安全も損ねることを狙っている」とカブロフ氏は言い添えた。

米国とその同盟国は、20年にわたる介入を経て、2021年8月にアフガニスタンから撤退した。タリバンがアフガニスタンを席巻し、数週間で首都カブールを占領し、アフガン軍(米軍は武装勢力に対抗するために訓練していた)の抵抗をほとんど受けなかったため、数十億ドル相当の米軍機材が残されたまま、混乱した撤退が行われたのである。

タリバンによる支配の後、アフガニスタンへの制裁と米国やその他の外国からの援助の撤退は、同国の人道的危機をさらに深めた。米国が支援する以前の政権下では、この援助はアフガニスタン予算の約75%を占めていた。国連によると、現在、同国の人口の半分以上にあたる約2440万人が人道支援を必要としている。

12月、アントニー・ブリンケン米国務長官は、バイデン政権のアフガニスタン撤退の決定を擁護し、米軍が残っていれば、ロシアとの紛争の中で、「我々が行えた支援や他の国が行えたウクライナへの支援がより複雑になっていたと思う」と述べた。

米国のブラウン大学は、アフガニスタンへの侵攻は全体で2兆1000億ドル以上の費用がかかったと推定している。米国防総省は24日、昨年2月のモスクワとの紛争開始以来、キエフに提供された軍事援助は267億ドルを超えたと発表した。

・・・米英がシリア、イラクのISISに資金援助をしていることは、公然の秘密ですが、米国がアフガンに送り込んだとされるISISテロリストにも資金援助をしているとロシアの特使が述べました。
posted by ZUKUNASHI at 23:25| Comment(0) | 国際・政治

ロシアの資産没収 / CIA長官のキエフ訪問 / ポーランド退役将軍がウクライナ戦争について語る / ゼレンスキーの対ロシア制裁強化の要求は継続 / ウクライナ難民労働者の不当待遇

Russia blasts US asset expropriation scheme
The illegal transfer of Russian assets to Ukraine would be a “breach of fundamental American values,” Moscow says


CIA head briefs Zelensky on ‘Russia’s next steps’ – media
The US intel chief reportedly made yet another trip to Kiev last week
CIA Director William Burns quietly visited the Ukrainian capital for a classified meeting with President Vladimir Zelensky and his intelligence apparatus, multiple outlets reported on Thursday. Besides sharing Washington's intelligence analysis, the official also allegedly warned that US military aid could wane in the coming months amid opposition from Republicans, who recently took control of Congress.

Burns arrived in Kiev sometime late last week and discussed “his expectations for what Russia is planning militarily in the coming weeks and months,” emphasizing “the urgency of the moment on the battlefield” for Ukrainian forces, according to the Washington Post.

“Director Burns traveled to Kiev where he met with Ukrainian intelligence counterparts as well as President Zelensky and reinforced our continued support for Ukraine in its defense against Russian aggression,” an unnamed US official confirmed in a statement to Reuters.

During the talks, Ukrainian officials reportedly raised concerns about US support and asked how long they could expect the aid to continue. Burns allegedly acknowledged that “at some point assistance would be harder to come by” with Republicans again holding a majority in the House, as a number of conservative lawmakers have grown increasingly critical of the American largesse. 

Since taking office, President Joe Biden has authorized more than $27 billion in direct military assistance to Kiev, with the latest $2.5 billion aid package approved on Thursday.

Last week’s trip was not Burns’ only visit to Ukraine over the last year, having met with Zelensky in January 2022 – weeks before Russia sent troops into the neighboring state – and again in November. He is said to be a “respected figure” among officials in Kiev due to his intelligence briefings, which have included warnings about plots to assassinate the Ukrainian leader and information about Russia’s military plans.

According to Russian Foreign Minister Sergey Lavrov, Burns also met with the head of Moscow’s Foreign Intelligence Service (SVR), Sergey Naryshkin, in Turkey last November, around the same time he visited Kiev. While Lavrov said “no revelations” were made during the talks, he noted that the sit-down came at Biden’s request. Naryshkin, meanwhile, said he is ready for another round of talks with Burns earlier this week, provided the two sides can agree on the details.

A career-long diplomat before becoming CIA director, Burns previously served as the US envoy to the Russian Federation under President Barack Obama. As ambassador, he issued warnings behind the scenes about NATO’s continued expansion toward Russia’s borders, penning a 2008 memo obtained by WikiLeaks which discusses the subject in detail. Nonetheless, Burns remains vocally critical of Moscow in public comments, telling PBS last month that Russia is not “serious” about “real negotiation” to end the conflict with Ukraine.
CIA長官、ゼレンスキー氏に「ロシアの次のステップ」を説明-メディア。
米国の情報長官は先週、またもやキエフを訪問したと報じられた
CIAのウィリアム・バーンズ長官は、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領と彼の情報機関との機密会議のために、ウクライナの首都を静かに訪問したと、複数の報道機関が木曜日に報じました。 ワシントンの情報分析を共有するだけでなく、最近議会を支配した共和党の反対で、米国の軍事援助が今後数ヶ月で衰退する可能性があると警告したと言われている。

ワシントン・ポストによると、バーンズ長官は先週末にキエフに到着し、「ロシアが今後数週間から数ヶ月の間に軍事的に何を計画しているかについての彼の予想」を話し合い、ウクライナ軍にとって「戦場での緊急性」を強調したという。

「バーンズ長官はキエフを訪れ、ウクライナの情報機関関係者やゼレンスキー大統領と会談し、ロシアの侵略に対するウクライナの防衛に対する我々の継続的な支援を強化した」と、米国当局者はロイターへの声明の中で確認した。

会談では、ウクライナ政府関係者が米国の支援について懸念を示し、いつまで支援が継続されるのか尋ねたとされる。バーンズ氏は、共和党が下院で再び多数を占めるようになり、多くの保守派議員がアメリカの大盤振る舞いに批判を強めているため、「ある時点で援助が難しくなる」と認めたという。 

ジョー・バイデン大統領は就任以来、キエフへの直接的な軍事支援として270億ドル以上を承認しており、最新の25億ドルの支援は木曜日に承認された。

ロシアが隣国に軍隊を送り込む数週間前の2022年1月にゼレンスキーと会談し、11月に再び会談している。彼は、ウクライナ指導者の暗殺計画に関する警告やロシアの軍事計画に関する情報を含む情報報告を行ってきたため、キエフの当局者の間で「尊敬される人物」だと言われている。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相によると、バーンズ氏は昨年11月、トルコでモスクワ対外情報庁(SVR)のセルゲイ・ナリシキン長官とも会談しており、キエフ訪問と同時期に行われたようだ。ラブロフ氏は会談で「何も明らかにならなかった」としながらも、バイデン氏の要請で会談が行われたことを指摘した。一方、ナリシキン氏は、今週初めにバーンズ氏と再度会談する用意がある、ただし、双方が詳細について合意できる場合に限る、と述べた。

CIA長官になる前は外交官としてキャリアを積んだバーンズ氏は、バラク・オバマ大統領の下で米国の駐ロシア特使を務めたことがある。大使として、彼はNATOがロシア国境に向けて拡張を続けることに水面下で警告を発し、WikiLeaksが入手した2008年のメモには、このテーマを詳細に論じた文章が記されている。それでもバーンズ氏は、パブリックコメントではモスクワに対して声高に批判しており、先月にはPBSで、ロシアはウクライナとの紛争を終わらせるための「真の交渉」に対して「真剣」ではない、と語った。

Polish general proposes ‘mobilizing’ Ukrainian refugees
Even 100 Western-made tanks would not help Kiev defeat Moscow’s forces, the former Land Forces commander believes

Western nations should “mobilize” Ukrainians who have fled the conflict against Russia, train them, and send them to the frontlines, retired Polish General Waldemar Skrzypczak said on Thursday. The former commander of the Polish Land Forces expressed doubt, however, about whether there is anything the West can do to help Kiev achieve victory.

NATO should start raising a Ukrainian “army” in Poland, Germany, and France, Skrzypczak told Polish media outlet Wpolityce, adding that the West should not even ask the Ukrainians if they want to fight or not. “You have to mobilize, conscript [them] into the army and that’s it,” he said.

However, the general, who once served as an adviser to the Polish Defense Ministry and as deputy defense minister, painted a rather grim picture of Kiev’s prospects.

“There is no military chance for Ukraine to win this war,” he said, adding that the only way to beat Russia is to “suffocate” it politically and economically. Skrzypczak believes that even supplying modern, Western-made tanks will have little effect on the battlefield.

“Even 100 tanks will not change the situation, in which the Russians are building a multifold advantage over the Ukrainian army. The Ukrainians will not defeat the Russians with a hundred Leopards,” the general said.

Earlier, Warsaw and Helsinki considered sending German-made Leopard 2 battle tanks to Ukraine. London also promised a dozen of its Challenger 2 tanks. Berlin, which has long resisted the idea, warned that sending any German-made military equipment to Ukraine without its consent would be illegal.

Skrzypczak maintained that control over Donbass is well within Moscow’s grasp, and the loss of the region would turn Ukraine into an “agricultural country.” He also expressed doubt that Russia plans to occupy all of Ukraine, saying it is unfeasible.

Western military aid only enables Ukrainians “to fight but not win,” the general said, raising the question of whether “all Ukrainians are to die on the battlefield.”

Moscow launched its military operation in Ukraine last February, citing the need to protect the people of Donbass, as well as Kiev’s failure to implement the 2014-15 Minsk accords. Kiev has maintained that the attack was completely unprovoked.

Moscow has repeatedly warned the West that sending weapons to Kiev only prolongs the fighting and increases the risk of a direct confrontation between Russia and NATO.
ポーランドの将軍がウクライナ難民の「動員」を提案。
西側製戦車100台でもキエフがモスクワ軍を倒す助けにはならない、と元陸軍司令官は考えている。

西側諸国はロシアとの紛争から逃れたウクライナ人を「動員」し、訓練して前線に送り込むべきだと、ポーランドのワルデマル・スクリプチャク退役将軍は19日、述べた。しかし、元ポーランド陸軍司令官は、キエフの勝利のために西側ができることがあるかどうかについては、疑問を表明した。

NATOはポーランド、ドイツ、フランスでウクライナの「軍隊」を育て始めるべきだと、Scrzypczak氏はポーランドのメディアWpolityceに語り、西側はウクライナ人に戦いたいかどうか尋ねることさえするべきではないと付け加えた。「動員し、軍隊に徴兵する、それだけでいい」と述べた。

しかし、ポーランド国防省の顧問や国防副大臣を務めたこともあるこの将軍は、キエフの見通しについてかなり厳しい見方を示した。

「ウクライナがこの戦争に勝つ軍事的チャンスはない」と彼は言い、ロシアに勝つ唯一の方法は、政治的・経済的に「窒息」させることだと付け加えた。Skrzypczak氏は、西洋製の最新型戦車を供給しても、戦場での効果はほとんどないと考えている。

「ロシア軍がウクライナ軍に対して何倍もの優位性を築いている現状は、戦車100台でも変わらない。ウクライナ軍は100台のレオパードではロシア軍に勝てないだろう」と同将軍は述べた。

ワルシャワとヘルシンキは、ドイツ製戦車「レオパルド2」をウクライナに送ることを検討していた。ロンドンもチャレンジャー2戦車12両を約束した。ベルリンでは、ドイツの同意なしにドイツ製の軍備を送ることは違法であると警告し、長い間この案に反対してきた。

ドンバスの支配はモスクワの手の届くところにあり、ドンバスを失えばウクライナは「農業国」と化すとスクリプチャク氏は主張する。また、ロシアがウクライナ全土を占領する計画には疑問を呈し、「実現不可能だ」と述べた。

西側の軍事援助はウクライナ人に「戦うことはできても勝つことはできない」だけだとし、「すべてのウクライナ人が戦場で死ぬことになるのか」と疑問を投げかけた。

モスクワは昨年2月、ドンバスの人々を守る必要性と、キエフが2014〜15年のミンスク協定を履行していないことを理由に、ウクライナでの軍事作戦を開始した。キエフは、この攻撃は全くいわれのないものであると主張している。

モスクワは、キエフに武器を送ることは戦闘を長引かせ、ロシアとNATOの直接対決のリスクを高めるだけだと、西側諸国に繰り返し警告してきた。

Top EU official comments on sanctions ‘debate’ with Kiev
European Council President Charles Michel says dialogue with Ukraine has become “more difficult”
Negotiations regarding further sanctions on Russia with Ukrainian President Vladimir Zelensky are becoming increasingly complicated with each new round, European Council President Charles Michel said during a trip to Kiev on Thursday. The statement came after Zelensky urged the EU to impose even tighter restrictions on Moscow.

“Each debate on sanctions is much more difficult than the previous one,” Michel told reporters, as quoted by Bloomberg. “We have good debates with President Zelensky, and I will brief my colleagues on what are the Ukrainian proposals and we will consult. I’m confident we will be able to strengthen the pressure on the Kremlin.”

Michel added that the EU will adopt a tenth sanctions package on Moscow. “We have to see which additional sectors can be targeted in the future,” he said.

The EU imposed sweeping restrictions on Russia after Moscow launched its military operation in Ukraine in late February. Zelensky called on Brussels on Thursday to target Russia’s nuclear industry, including “all entities involved in the Russian missile program.” He also asked for a full ban on Russian energy exports.

The bloc’s efforts to completely relinquish Russian oil and gas have been met with resistance from countries such as Hungary, whose economy is heavily dependent on Russian energy. Budapest has managed to gain several carve-outs that allow it to continue receiving supplies from Moscow. “Russian [energy] accounts for 85% of Hungary’s gas consumption and 65% of oil demand. This cannot be changed overnight,” Tamas Menczer, the state secretary for foreign affairs, explained last week.

The Hungarian government shared survey results this month indicating that “97% of Hungarians reject sanctions that cause serious damage.” It added that “the message is clear: the Brussels sanctions policy must be reviewed.”

The Kremlin stated last month that the Russian economy has adapted to the sanctions and that it is impossible to deny that the restrictions are hurting the EU countries as well. Russian Foreign Minister Sergey Lavrov accused the West on Wednesday of trying to use sanctions to incite “a revolution” in Russia and assert “the dominance of the US by all means.”
EUトップ、キエフとの制裁「議論」についてコメント
シャルル・ミシェル欧州理事会議長、ウクライナとの対話は "より困難になっている "と発言
ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領とのさらなる対ロ制裁に関する交渉は、新しいラウンドを重ねるごとに複雑になっていると、木曜日にキエフを訪問したシャルル・ミシェル欧州理事会議長が述べた。この発言は、ゼレンスキー大統領がEUに対して、モスクワにさらに厳しい制裁を課すよう求めたことを受けてのものである。

ミシェル大統領は記者団に対し、「制裁に関する議論は毎回、前回よりもずっと難しい」と述べた。「ゼレンスキー大統領とは良い議論ができているし、私は同僚にウクライナの提案について説明し、協議するつもりだ。クレムリンへの圧力を強化することができると確信している。

ミシェル氏は、EUはモスクワに対する第10次制裁パッケージを採択すると付け加えた。「今後、どの部門を追加でターゲットにできるかを検討する必要がある」と述べた。

EUは、モスクワが2月末にウクライナで軍事作戦を開始した後、ロシアに徹底的な制限を課した。ゼレンスキー氏は23日、ブリュッセルに対し、「ロシアのミサイル計画に関わるすべての団体」を含むロシアの原子力産業を標的にするよう要請した。また、ロシアのエネルギー輸出を全面的に禁止するよう求めた。

ロシアの石油とガスを完全に手放そうとするEUの努力は、ロシアのエネルギーに経済を大きく依存するハンガリーなどの国々から抵抗を受けている。ブダペストは、モスクワからの供給を受け続けることを可能にするいくつかのカーブアウトを得ることに成功した。「ハンガリーのガス消費量の85%、石油需要の65%をロシアが占めている。これは一夜にして変えることはできない」と、外務事務次官のTamas Menczer氏は先週説明した。

ハンガリー政府は今月、「ハンガリー人の97%が深刻な損害をもたらす制裁を拒否している」という調査結果を発表した。さらに、"メッセージは明確だ:ブリュッセルの制裁政策は見直されなければならない "と付け加えた。

クレムリンは先月、ロシア経済は制裁に適応しており、制裁がEU諸国にも打撃を与えていることを否定することはできないと述べている。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は2日、西側諸国は制裁を利用してロシアで「革命」を扇動し、「あらゆる手段によるアメリカの支配」を主張しようとしていると非難した。

Ukrainian refugees mistreated in EU country – report
Those who fled the conflict to Finland are being severely underpaid, a builder’s union inspection has found
An investigation conducted by a Finnish builder’s union has revealed that Ukrainian refugees working on a construction site in the northern city of Tampere were being significantly underpaid and mistreated by the contractor in charge.

According to a report released by the Finnish Construction Trade Union (Rakennusliito) on Wednesday, Ukrainian builders working on the Sulkavuori wastewater treatment plant were forced to apply as self-employed entrepreneurs instead of entering an employment contract. Because of this, the union says the workers were paid less than half of the appropriate rates for the job.

Rakennusliito found that experienced steel fixers at the Sulkavuori site, who were pulling 10-hour shifts on weekdays and six-hour shifts on Saturdays, were being paid less than half of the amount that would allow them to work as actual entrepreneurs – around 14 euros per hour. However, after service fees, insurance fees and pension contributions, their net salary came to just ten euros per hour. Moreover, the inspection also found that salaries for the month of November were only paid out in mid-January.

It was also unclear who was even supposed to pay for their work, the union’s contracts expert, Toni Malmstrom, said in a statement. “Management on-site and the workers themselves had different information about who pays their wages,” according to Malmstrom.

The site managers explained to the union that the Ukrainian workers arrived at the Sulkavuori plant via a Latvian charity. However, the union claims it has discovered that the organization is in reality an employment agency called SIA UNA R. 

“Disguising the exploitation of foreign labor, in this case Ukrainian war refugees, as charity crosses all boundaries,” said Kimmo Palonen, the vice chair of the union. “It’s about the gray economy and the exploitation of people. It is clear that the main contractor of the construction site bears a heavy responsibility for the way a public construction site financed with tax funds treats the workforce.”

The union says it has reported the case to regional authorities, the police, the tax office, and the immigration administration.
ウクライナ難民、EU諸国で不当な扱いを受けていた-報告書
posted by ZUKUNASHI at 18:14| Comment(0) | 国際・政治

60年前 飛行機事故で水素爆弾が落下した現場

熱核爆弾が飛行機から落下し、ノースカロライナ州の田舎にあるこの場所に命中しましたが、運が良すぎて不発に終わりました。

軍は爆弾を掘り起こそうとしましたができなかったので、そのまま放置されました。

これは 1961 年のことです。このあたりの農家は、それ以来、衝突現場の草刈りを行っていません。

・・・60年経っても木はこのくらいにしか大きくならない。


爆弾のほとんどは回収されました。大規模な捜索にもかかわらず発見できなかったため、まだ地面に残っているのは熱核二次核であり、それ自体では爆発することはありません。
posted by ZUKUNASHI at 13:48| Comment(0) | 国際・政治