日記: ずくなしの冷や水

2014年12月16日

子煩悩なおやじ おやじの話100題

2014/12/15、友人に会うために出かけた。昼過ぎの電車はほぼ席が埋まっていたので老人優先席へ座る。隣に同年代のおやじ。寒いですねと話しかけられた。

結婚式場を見てきた帰りなんです。息子がホテルでやるというので。普通の結婚式場でやればいいのに、新浦安のホテルに決めたと言うんです。ディズニーランドのある浦安のホテルは高いはずなのに。

新浦安はホテルが多いですからね。邸宅風結婚式場もあるはずですよ。街中の結婚式場に比べれば高いかもしれませんが、都内のホテルでやるのに比べれば、うんと安いはずです。東京のほうがお客にとっては便利かも知れませんが。

値引き要求したら、30万円引いたらしいです。嫁は、こうゆう四角いのを広げて調べていました。

12月は結婚式はシーズンオフですから、大幅値引きをしてでも何としても契約を取ろうとするでしょう。

息子さんとしては、比較的安いところを選んだのだと思いますよ。私には、堅実な選択のように見えますが。今の若い人は、私らが思う以上に苦労していますから、いろろいろ考えていますよ。

給料は増えない、物価は上がる、今の日本の状況を知れば知るほど、所帯を持つことをためらう若い人も増えるのではないでしょうか。そんな中で、相手を見つけて式をあげるところまで持ってきたんですから、評価し、喜んでいいと思いますが。

そうですね。私らの若いときは右肩上がりだったから。ボーナスが増えたり、賃金の差額が追加支給されたりして、あれはありがたかったな。

若いときの貯金の源泉になりましたからね。息子さんの結婚式の費用援助してやるんですか? 

ええ、一部ですが。

援助は、これで区切りとされたほうが良いかも知れませんね。いつまでも援助できるわけではないし、息子さんも所帯を持つ以上、それなりの覚悟があるでしょう。親の援助で生活水準が上がると、あとあと大変かと思います。

これからは、息子さんの家のこととご自身の家のことは、切り離して、互いにあまり介入しないほうが良いかも知れませんね。援助も、特別の理由でもなければ、やらないほうが、息子さんのためかもしれません。親の援助を当てにして、嫁が経済観念を失ったら困りますし。

息子の自立は父親としては、なによりもうれしいことですよね。進学、就職、結婚と来て親父としては、子どもの世話は片付きますね。

家では、息子さんとよく話をされるんですか。

いや、いつも家ではぶすっとしています。

最近、私らの年代で突然死する人多いようですからね、この機会に親の側から家族に感謝の気持ちを伝えておいたほうがよいかもしれませんね。

直接伝えられればベスト、それが難しければ、結婚式で親戚と顔を合わせたときに、実はそんな気持ちでいるんだと話しておかれたらどうでしょう。いつか必ずご家族に伝わります。

へぇー、そんな気持ちだったんだと、みんな驚くでしょうけど、聞いた人は、だれもが気持ちが明るくなりますから、ぜひ機会を見て話されたらいかがでしょう。

電車を降りる際に、いい話を聞かせてもらったと礼を言われた。家ではいつもぶすっとしていても、家族思いの優しいおやじだった。

関連記事
2014年06月18日 おやじの話100題

2014年12月09日 ほっといてくれだとさ おやじの話100題
posted by ZUKUNASHI at 16:02| Comment(0) | 日記

2014年11月04日

今朝もありがたいことに目が覚めた

今年、2014年の春は、人口動態統計やネットの事例情報で健康被害の深刻化が顕著になり、夜床に着くときに明朝、目が覚めるだろうかと心配した。

急死された方が書き残してくれたブログやツイートを読んで、 被曝による突然死や重篤な疾病の前兆は必ずあるの記事を書いたのは、2013年12月16日だ。その後も注意してみているが、このことについては、確信を深めている。

身体の頑強な方は、不調もあまり気にせず暮らしておられるからだろうが、なんのこれしきと体調不良を甘く見る傾向があるのではなかろうか。

白血病は長引く風邪のような症状が兆候の一つだし、心筋梗塞では左胸から肩にかけてのコリが兆候になることが多いと聞いた。

私自身に関して言えば、この夏は特に体調を崩すことはなかった。危ない食品は極力回避しているし、雨の日は出かけず、外出時は常にマスク。少し遠出のウォーキングは自分で測定した累積線量を参考に目的地を選ぶ。外食は半年以上していない。

そんな風にできるのも、何もやることのない老人ゆえ、ということはもちろんある。遊び回るカネがないことも幸いしている。知人は、山形へサクランボ狩り、秋は北海道へ海の幸堪能旅行と旅行三昧だ。そのたびに土産をもらうのだが、いつも逡巡して少し食べただけで捨てることが多い。申し訳ないとの気持ちもあり、お礼の言葉は忘れない。

介護施設に入れられたら、きっと汚染食品を食べさせられてあっという間に逝くだろう。

世間は、放射能警戒派と気にしない派に両極化だ。気にせずに暮らして生き抜けるのならそれが一番いいし、そういう人もいるのかもしれない。

ウランやストロンチウム汚染を調べていると、今すぐに症状は出ないことが多いから年寄りはそのまま気付かずに亡くなっていく方も多いだろう。だが、若い人や子どもは、ウランやストロンチウム汚染の食品を食べ続け、糖尿病、白血病、がん、そして不妊や奇形出産などに見舞われることが多くなる。

脳障害で働けない人も増えてくるだろう。日本社会は、みんながそれぞれの持ち場で勤勉さを発揮してここまで経済発展を遂げてきた。だが、放射性物質が刻々と変化していくように、政治構造もその構成員もどんどん変質していく。今がいいからそれでいいと思っていると、経済は衰退、国民の健康状態はガタガタ、社会風潮は右傾化ということになっていく恐れが大だ。

放射能汚染を気にしない派は、そういう社会の変化に警戒を抱かないだけでなく、むしろ歓迎している人もいる。

日本の今の姿は、不安を呼ぶ。精神状態に疑問のある者が政治のトップに立ち、全国津々浦々にその人を支持する人々がいる。この先、あまり良いことはないだろう。少なくとも多くの人が死んでいく。

私が先か、彼らが先か。被曝回避の手は緩められない。
posted by ZUKUNASHI at 13:04| Comment(0) | 日記

2014年09月28日

空腹をこらえて歩く秋

クヌギの実。他のどんぐりでこんなに丸いものはない。ひげがいつもより白いようだ。


少し遅いハリギリの花。2011年は全般的に樹勢もあり実が多かったが、ここ2年ほど花や実がさえないものが目に付く。特にガードニングは、変調をきたしているようだ。いつも感心して眺めていたお宅の庭もすかすかになってしまった。



おなじみの庭木。



タブの木の巨樹。前は枝が広がっていて全景を入れるのに苦労したが。まるで盆栽作りだ。



歩くには、最も良い季節。着替えを用意してマスクをし、ときどき空間線量率を測りながら。減量中のため、空腹に耐えながら歩いた。前日は風が強く0.24μSv/hまであったが、今日はそんなに高い値はなかった。

posted by ZUKUNASHI at 18:31| Comment(2) | 日記

2014年09月22日

乱の予感

このところ、東京近郊では穏やかな気候の日々が続いている。郊外に出かける際に繁華街を通るが、何も変わったことはないように見える。

それはそれで幸いなのだが、読者から伺うところでは、健康被害がさらに広がり、深刻化していることは間違いがない。これまで汚染地域で何とか暮らしていた人も、このままでは殺されると考え始めたようだ。

関東以外の地方からは、突然死やがん死の情報が続いている。まだ西日本などでは、放射能に警戒しないと命をとられるという危機感は薄いようだが。

著名人の訃報を集計したら。50台の方の訃報が他の年代に比べて相対的に多い。働き盛りでまだ学生の子どももいるだろう。遺族年金でやっていける人がどれだけいるだろう。

体調悪化で追い詰められる人は増えている。介護を要する親がいたり、避難のための資金捻出で計画した資産処分が思うように進まない、権利者の間で意見がまとまらない、家族が避難に同意しない・・・原因はいろいろだが、時間的な猶予はなくなってくる。

体調不良や避難に伴ういろいろな困難を自己責任の問題としてとらえ、すべてを平常心で受け止められる人がどれだけいるだろう。

いずれ怒りや不満は爆発するだろう。あと半年か1年か。

2014/4に、「関東で脱出パニックは起こるか? 静かに死んでいく人が多いのではなかろうか」と書いたが、一部の疾病を除けば、体調悪化に陥った人が短期間で次々と亡くなっていくわけではないように見える。闘病する本人、看護する家族、怒りと怨嗟が渦巻くのではなかろうか。そんなにふうに思えてきた。

もう一つ、とても気味悪く感じることは、放射能問題では、チェルノブイリ事故後の対応に当たったウクライナ要人の助言や学問的な到達点とされることを無視して、被曝の害を否定する言説がまかり通り、政治ではこれまで公の言論の場では特別な言論紙でなければ見かけることがなかった極端に右寄りの言論が幅を利かせていることだ。

政権担当者がそのような傾向を持っているにしても、世の中の言論が、政策の流れがこんなに極端にぶれるのはとても恐いことだ。

ネットの世界は、基本的に言いっぱなしなのだと思うが、工作員という職業的な反論者、妨害者が現れて、ビッグネームに張り付いて情報発信、見解表明の邪魔をしている。こういうことが許されると理解する一般人も増えているようで、サイトの運営者が読者に警告を発している例もある。

放射能問題で追い詰められている人は、不安や不満をぶつけるところを探しているのではないだろうか。自分や家族の身を守ることで手一杯、他人のことや政治の動きに連帯して反対の声を上げる余裕もないのかもしれない。

知人などと安倍政権の危険な政策に関する懸念を話し合ったことはないが、みんなどう考えているのだろう。放射能問題は、あなたはこう思うからこうしている。私はこう思うからああしている、ですむ。それぞれの立場を認めてあとは自己責任。

だが、戦争突入準備ではそうはいかない。あなたの娘は兵隊になって戦いたいかもしれないが、私の息子には人殺しをさせたくないし、息子を殺されたくない。それぞれの立場を認めてあとの結果は自己責任というわけにはいかないのだ。

憲法9条問題は、もっと大きな国民的な反対論が出て来るはずのものと考えるが、そういう動きが広がっているようには見えない。差し迫った危機に、どうすべきか、この問題でも考えることを放棄しているのかもしれない。

被曝によって脳神経障害が進むとの指摘もあるが、脳神経障害が進んでいるような人は、他の疾患も出ているだろうから、いずれ表舞台から静かに病室に消えていく。

ネットの世界を見て、ささやかながらもブログを運営していると、正常な感覚、判断を失っているのではないか、心身に異常が出ているのではないかと疑われる例にも遭遇するようになっている。お前が典型だと言われかも知れないが、そんな風に感じている。
posted by ZUKUNASHI at 20:00| Comment(0) | 日記

2014年09月21日

秋の彼岸



sonoko @sonokoss 氏の2014/9/3のツイート
移住後、仙台に一度も戻っていない。2年8ヵ月になる。 戻る気持ちもなく、両親も戻るなと言う。母がかなり弱り、80歳近い父が買い物、掃除、洗濯と殆どの家事をしている。 これが父母と、ひとり娘の私が選んだ道。 お互い決して泣き言はいわない。後悔もない。心はいつも傍に...父よ母よ。


2014/8/16に寄せられたコメント
つくばに父が住んでおり、月数回、父のもとへ行っていましたが、つくばから東京への帰りの車の中でいつも背中にびっしり疱疹ができました。帯状疱疹を3度も繰り返しました。その父は今年亡くなりましたが、新盆にも帰ることはできませんでした。「早く逃げなさい」が父の最後の言葉でしたし、生前よく「生きている人が大事」と言ってくれていたので、墓参りに行かなくても「それでいい」と言ってくれてる気がします。
posted by ZUKUNASHI at 18:45| Comment(0) | 日記

2014年08月15日

残暑お見舞い申し上げます つくつくぼうし

つくつくぼうしが鳴いています。夏も終わりに近づいています。どうぞ、無事に夏を乗り切ってください。



画像をクリックすると、Windows media playerで再生が始まります。繰り返し再生される設定になっている場合は、適当なところで止めてください。
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | 日記

臭木と言うなかれ 花はジャスミンの香り

2014/8/15、お盆休みの友人に誘われて、汗をかくためのウォーキング。ペツトボトルを2本ナツプザックに入れ、薄い風通しの良いシャツに・・・マスクで歩く。

読者から、セイヨウバクチの木が赤い実を付けていると2週間ほど前に伺っていたから機会を作って出かけようと思っていた。

残念ながらセイヨウバクチの木に実はついていなかったが、セミがたくさんいて動画を撮ることができた。

お寺参りはしないが、このウォーキング先には古墳もあったりして、歴史のある地域だ。そのひとつが山崎道祖神のエノキ。推定樹齢200年以上。街道にもなっていたのだろうし、近くにある岩名仁王尊には、昔は参詣者が絶えなかったと言う。



岩名仁王尊の仁王像。今の私は、こんな顔をしているように人からは見えるだろう。胸と肩、そして腕の筋肉を除けば、今の私の体型とそれほど変わらない。親しみを感ずる仁王像だ。



今回の樹木の狙いは、クサギ。葉を揉んで臭いをかぐと臭いためにこの名がついたらしいが、私は臭みを感じたことはない。逆に、花はジャスミンに劣らない良い香りがする。山崎道祖神の先の道を少し入ったところにあつたクサギ。風が強かったが、馥郁たる香りが絶えない。



この小道にあったナナカマドらしい木。大きな木で、葉が少し大きい上に柔らかそうでナナカマドか迷ったが、実はナナカマドだ。





岩名仁王尊からは離れているが、飯野観音という歴史のある社寺もある。道路も狭く個人の参詣も少ないようだが、ここには樹齢400年のマキや杉、大イチョウなどがそびえ立つ。車でのアクセスが悪くても、ウォーキングにはむしろメリットだ。

マキ
posted by ZUKUNASHI at 19:55| Comment(0) | 日記

2014年08月01日

プロフィル

何者なるぞや?   怪しいものではござらぬぞよ。

プロフィルがないとのご指摘をいただきましたが、上の一言に尽きます。

年齢は60歳をかなり過ぎたところ、性別男性。身長170cmプラスα、体重82kg程度。(パートの肉体労働に耐えるためにたくさん食べたら太り、パートをやめても戻りません)


前面は、もう少し見苦しくなくなってから

職業経験は、最低賃金すれすれのパートをはじめ、海外での勤務、それにリストラ体験といろいろあります。

ありがたいことに、健康に特段の支障もありませんので、時間を少しは世のためになることに使えないかと思い、ブログを運営しています。

このブログを書き始めたころから日本の社会はますます悪くなっていると感じていましたが、放射能禍で事態は決定的に。ささやかな食事の楽しみも失われ、健康で過ごすことも難しくなってしまいました。

私が元気な間は、このブログに、世の中の変化を綴り続けます。

posted by ZUKUNASHI at 22:35| Comment(12) | 日記

2014年07月21日

葛西臨海公園の芝生に咲いた夏の花

2014/7/21、少し運動しようと葛西臨海公園へ。ハマゴウ、ハマボウが咲いていた。それよりも目を引いたのは、国籍不明の衣装をまとった老若男女。朝鮮の方かな、中国の方? それとも・・・と頭をひねった。不思議に中南米系やアフリカ、中近東を思わせる衣装がない。

よさこい踊りの衣装としては、せいぜい朝鮮風、中国風が限界なのかも。この季節なら、女性はもっと露出が多いほうが、観客を集められるだろうに。サンバ並みとは言わないまでも。

船橋のチームリーダー。浅草風。コーディネイトのアイデアがすごい。


明治維新風?


チョゴリ風? モンゴル風?


こちらは日本風ではあるがちょっと違うか。中国風の方も。


にわか編成のチームも多いようで踊りが揃わないが、それはご愛嬌。千葉県の都市から来たというチームが多かった。危機があると踊りたくなる?? FUKUSHIMA IS ALSO HAPPYというダンスの動画もある。日本人は、みんな踊ってハッピーなのか。こういう踊りをマスクして観ている私がおかしいのだと思う。

葛西臨海公園では、本当に海水浴場が開いていた。
posted by ZUKUNASHI at 22:29| Comment(4) | 日記

2014年06月18日

おやじの話100題

このブログの読者は、女性と比較的若い男性が多いようだから、世のおやじたちの実像をあまりご存じないであろう。

おやじたちの思想と生活に関する正しい理解を推進し、彼らの福祉の向上に寄与すべく、ウォーキングなどの際に出会ったおやじたちの生態の一端を紹介していこう。

まず、最近、電車で見かけた男性。50歳台後半だろうか。私の眼から見るとなかなかのおしゃれだ。メッシュのハンチングにリストバンド、バッグ、ズボン、靴、ベスト。スポーティな感じでまとめている。そして少し伸ばしたあごひげ。金はかけていないようだが、自己主張がはっきり伝わる。

中年以上の男性も、最近はこのような方をときどき見かけるようになった。

日曜の昼頃で夜勤帰りだろうか。私が連れをからかっていたらそれを見て笑っていたという。



この後は、画像の掲載は予定していない。プライバシーの侵害は意図していない。既出記事からも引用する。

2014/3/31、千葉市の外れまで遠出をした。帰路、駅まで歩くのがしんどいので時間を見計らってバス停に行くと珍しく先客。文庫本とペットボトルを手にしたおじさん、私より少し若そうだ。

バス停のある辺りの景観が良いとすっかり気に入った様子だ。住むのも良いと言うので、同意しつつも放射能が高いことを告げる。無視されるかと思いきや、するどく反応。放射能問題の新聞記事をスクラップしているそうで、汚染地帯のコロステン市がどうこうとも言っていた。

その方の住まいを聞き、最近、がんなどの発症が多いようだと話すと、そうだろう、やはり出始めたなとの感想だった。

どんな仕事をされてきたのかは分からない。服装はブレザーにズボン、革靴。カバン、ザックなどはなし。ぶらりと散歩に来たようにも見えたが、かなりの時間歩いたようだ。たまたま出会って放射能の話をした人の中で、この方ほど反応が強かった人は始めてだ。

2014/6/15、ウォーキングに疲れて畑の中の道をとぼとぼ歩いていたら、畑の草刈作業中のおやじが道端で休んでいる。声をかけるとすぐ立ち上がり、こちらの服装を眺めすぐウォーキングと気づいたはずなのに、「いいご身分ですね」と。日曜に、リュックサックを担いでTシャツに汗をにじませながら歩いているのに!

年齢を聞かれて正直に答えると、その方は私より1歳年上だったが、会社や団体の顧問をしており、時間があると農事組合法人でアルバイトをしているという。時給800円、やってみないかと誘われたが、交通費が1時間の労働ではまかなえない。

そして、農作業が健康に良いという話から私の腹を見ながら内臓脂肪だねと警告してくれる。自分はこうだとシャツをまくって見せてくれた。私ほどではないが、やはり出ている。お返しに私もめくって見せてやればよかっただろうか。

健康診断結果では、いろいろ懸念もあるらしい。私らの年齢になって何もないと言う人はまずいないが、この先輩氏は家でじっとしていると、人生の残り少ない時間を浪費しているとでも感じるのだろうか。

じゃがいもの茎と葉を取り去り、周りの草も刈って幼稚園児の芋ほりの準備が終わりに近づいていた。

この先輩氏は、あちこちの顧問に就任しているから、いろいろ実社会の知識やコネをお持ちなのだろう。市役所のそれなりの管理職を勤め上げた方だろうと思えた。

・・・・・

私は、正規就業を辞めてから、時間もできたし、勤め先のしがらみもなくなり、あちこちで自分が今まで知らなかった世界の人と努めて接するようになった。

そんな体験が多かったのは、まだ体力もあり自転車であちこち走り回っていた6年ほど前の頃だ。中でも道路工事の警備をやっていた方と仕事中にもかかわらず、話し込んでいろいろ聞いた話は興味深かったし、とても勉強になった。

そのときに伺った話は、大型トラック運転40年に記録してある。

世の中に、こんなに地道に、まじめに勤め上げて自分の経歴に誇りをもっておられる方もおられることは、私には大きな発見だった。

もちろん、高度経済成長の時代が始まるころにきちんとした運送会社に勤め始め、経済成長とともに仕事も拡大し、安定した職業生活を続けられたという時代的な背景はある。

この方は見るからに、そして話の中身も誠実そのものなのだが、かといって世間知らずというわけではない。私が、なぜ私にいろいろ話して聞かせてくれたのかと問うたのに対して、顔を見ればどんな人かは一目で分かると答えた。

この体験に気をよくして、その後は機会があればおやじに声をかけることが多くなっていった。

しかし、世の中は、そんなにハッピーな人だけではない。むしろ苦労している人が多いのも、この体験の少し前に思い知らされていた。

日本もワーキングプアが定着に書いた内容がそれで、今読み返しても、当時の状況は継続し、さらに悪化していると痛感する。


(続く)
posted by ZUKUNASHI at 23:58| Comment(0) | 日記

2014年05月30日

口臭、加齢臭、らっきょう臭

先日買っておいたらっきょうを漬けた。すでに塩漬けになっているものは、水を切って酢に漬けるだけでよい。

生のラッキョウを買って、急ぐなら湯がいて漬けるのが一番良いのだろうが、手抜きをした。

酢は、ラッキョウ漬け用に売っている酢を半分、安い穀物酢を半分にして使っている。

ラッキョウ漬け用の酢には調味料が入っているようだ。砂糖を少し入れるだけにしている。

1年前に漬けたらっきょうは、琥珀色になってうまく出来た。確か、1年半ほど前に漬けたと思うカリフラワーと大根は予想以上のうまさだ。

ブロッコリーやアスパラガスは、色が変わるしうまくなかった。パプリカも瓶の彩には良いが長く漬けてはだめだ。漬けて数日で食べるなら良いかもしれないが、それなら漬ける手間が疑問。

今年は、小梅も漬けてみた。握り飯の中に入れるつもりだ。

この夏には、引越しを決断しなければならない可能性が高いのに、ガラス瓶の容器を増やしているのは愚かしいと自分でも思う。

最近、体臭や口臭がきつい人が増えて、診察室で空気清浄機の能力をアップしなければならなかったというツイートも見かけた。

ラッキョウは臭い。口臭に、加齢臭、タバコ臭、デブの汗臭さ・・・ラッシュアワーの電車になんかとても乗れない。都心に出ることも少なくなったが、さらに減るだろう。

友人の家に行くのも迷惑だろうから止めておこう。年寄りがだんだん家に閉じこもりがちになるのが、よく分かる。

・・・・・

2014/5/30、懸案が一つ片付いた。この季節になると耳の垢が湿気で膨らむのか、聞こえが極端に悪くなる。ひとりでいる時間がほとんどなので、耳が遠くなっても別に支障がないはずだが、買い物に行ったときに店員の話が分からないときがある。

何度か世話になった耳鼻咽喉科医院があって、行くならそこなのだが、耳鼻咽喉科は幼児の患者が多い。待合室でも、診察室でも幼児が泣いているのを見るのは辛い。私も子どものころに耳鼻咽喉科に行って、頭の中をほじくられるようで恐かった。

それに、今は甲状腺の異常も増えているかもしれない、深刻な様子の母子を見るのではとの思いから一日延ばしにしていたが、1週間ほど前から覚悟を決めて、頭や体を少し丁寧に洗い始めた。体臭がないようにとの配慮だ。

10時半頃、予約を入れてみようと電話すると、今なら空いていますとの返事。それ今だっ、とばかりに急いで洗髪し、カラダも洗って、よそ行きに着替えて自転車で走る。

普段、途中で歩き出す坂も、今日は気合で上りきった。何人か先客がいたが、少し待って無事治療終了。医者に1年に1回は来なさいとまた言われてしまった。2年ぶりだった。

何年か前に、私より少し年上の方とサイクリングの途中で話をした際に、体はどこも悪くないが耳が遠くなったと話しておられた。

加齢で聴力が落ちるのは避けがたいが、耳掃除だけでも聞こえはぐんと改善する場合が多いと思う。耳掃除だけのために耳鼻科に行くのはどうもという年寄りも多いだろうが、そこは子供が付き添って受付の手続きをし、医師に症状を説明してくれれば、年寄りも治療を受ける敷居がぐんと低くなる。

耳が遠くて怒鳴らなければ聞こえないみたいだと思ったら、耳鼻科に連れて行こう。
posted by ZUKUNASHI at 21:48| Comment(0) | 日記

2014年04月19日

待ち遠しい春 待たれた春 やっと来た春 春たけなわ

寒い日が続いて身体を動かす機会が減っている。また、ぶくぶく太るだろう。

次の写真は、ロンドン南部ウィンブルドン近くの2月最後の週末の風景。イギリス南部は暴風雨が激しかったようだが、水仙なども咲き始めたという。小川に沿って若木が植えられている。

この春、私は、ハルニレとゴマギの木の花を撮影して紹介したいとタイミングを計っている。ハルニレは少し早かったが、次はゴマキだ。



3月の最初の週末、ロンドンでは桜が満開だという。大きな画像も



kingyoさん コメントありがとうございます。ありがたいお言葉、とてもうれしいです。小出氏も絶望に打ちひしがれることはないでしょう。私もぼちぼちと書き続けます。

子どもは親の思うとおりには動きません。ですが、汚染の少ないところに帰省先ができれば、いつでも身を寄せられますから大きな意味があると思います。

2014/3/9、千葉市内で撮影。



2014/3/16、市原市内で撮影。





シキミだ。大きな木で花がたくさん付いている。庭木にする方がおられるのも分かる。2014/3/31撮影。



モクレン



春のパリ



2014年の桜





桂の木に並び立つウワミズザクラ 2014/4/19撮影。猫の尻尾のような白い房状の花 あまり目立たない。イヌザクラはまだつぼみだった。

posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(3) | 日記

2014年01月02日

2014年1月

2014/1/2、ほぼ1ヶ月ぶりのウォーキング

マンリョウとシダ。正月の飾りそのもの。


赤い実を付けたマムシ草の茎が倒れているところ。この実は猛毒。


藪の中にあったすずめ蜂の巣。


現政権打倒に力を貸してくれないかい?

川の中で水生昆虫を探す研究者。
posted by ZUKUNASHI at 17:34| Comment(0) | 日記

2013年12月31日

年末のご挨拶

今年一年お疲れ様でした。

私は この国に絶望しかないとは考えません。
新しい年も希望を得るために戦いを続けます。
負けてたまるか! 



タラヨウ
posted by ZUKUNASHI at 23:35| Comment(9) | 日記

2013年09月12日

お知らせ

ここ数日、画像などを置いてあるレンタルサーバーの調子がおかしく、画像が消失したりしています。このため、ブログの記事に掲載した画像が表示されないことがあります。

今朝は、パソコンのファンが動いていないのに、マウスのポインターだけが画面に表示されるおかしな状態でした。

ネット関連の機器やパソコンに異常が生じている例は他の方のところでも生じているようです。それほどの実害はありませんが、天災地異の前触れではないかと警戒しています。

富士山の周りで振動が多くなっているようです。
posted by ZUKUNASHI at 17:28| Comment(0) | 日記

2013年09月07日

インターネット不通なら放射能情報完全遮断

朝、ネット回線が突然死していた。私自身は幸いにも免れたが、モデムを手に持つとほの温かい。

プロバイダーからの貸与品だから電気店に走って買ってくることもできない。プロバイダーの故障受付窓口の電話番号を探して代品を請求したが、すぐに代品を届けてくれるはずもない。

ネットから解放されて1日掃除でもして過ごすのもよいかと考えるが、簡易測定器の値は結構高い。うーん、全国サムネイルはどうなっているだろう。ネットが使えないと福島第一原発の現状や空間線量率の情報は完全に遮断されることを改めて認識。インターネットで主体的に情報を得ようとする人以外は、放射能問題を知らないのは当然なのだ。

シリア情勢、オリンピックの開催地決定、気になることもある。新聞は取っていないし、衛星放送も見られない。プロバイダーは1日で届くと言っていたが、事実上2日の空白になる。私と同じ暇な友人に電話して、あれ見ろ、これ見ろと頼むことも出来るが、もう放射能問題は嫌になっているらしいから迷惑だろう。

このようなネット回線不通事故が災害時に起きたらどうすればいいか。電気が止まる場合を含めて、災害時の通信手段の見直しを迫られた。

私の手持ちの通信手段は、@固定電話、Aデータ通信の出来ない携帯電話、それにB団地内だけ電話線を使うネット回線。

@ 固定電話は停電になっても電気を使わない通話のみの電話機は使える。FAX機能のある電話機は動かない。単純な機能の電話機は家にある。

A 私の携帯電話は、よく電池切れとなっているから電池を切らさないよう気をつけないといけない。
B ネット回線は停電ならパソコンとともにまったく使えない。

まあ、停電時でも音声通話はなんとかなりそうだが、メールが使えないのは困るから、携帯電話の契約を変更しメールが使えるようにしないといけないだろうか。

停電なら、外部からの情報も入らないし、おそらく生き延びるだけで精一杯だろう。炊事だってままならないのだから。携帯電話からメールが出せればブログの更新は出来るが、「生きています」と知り合いに告知する程度の意味しかない。

次に、ネット回線のみ不通の場合

今回は、常時接続回線の代替手段としてダイアルアップによるネット接続が真っ先に頭に浮かんだが、それが可能なプロバイダー契約を半月ほど前に息子が別の事情で解約してしまった。

たしか、登録手続き不要で電話料金と併せて請求の来るダイアルアップ接続を提供する業者があったはずと思うが、ネットで調べないとそういう業者がまだあるのか、そのアクセスポイントはどこかなどが分からない。

もう一つ頭に浮かんだのは、コーヒーショップなどでの無線LANの利用だが、利用できる無線機器はあってもノートパソコンのバッテリーが弱っているから電源なしではとても使えない。

結局、ダイアルアップによるネット接続を試みることにして、まずはネットカフェ探しだが、これもネットで探さないと分からない。

近所の知り合いに電話して調べてもらい、自転車に乗って出かけた。ネットカフェははじめての体験。人工皮革でリクライニングのゆったりした椅子は、作業がやりにくい。

ネットカフェで「お知らせ」の記事を打ち込み、ダイアルアップのアクセスポイントと設定情報をメモして帰る。ネットカフェ滞在時間約40分。パソコンは起動に時間がかかり、使いにくかった。ついでに書いておくと、そのネットカフェにもシャワー設備があったから、自宅の湯沸かし器が故障した場合などには世話になることもあるだろう。

帰宅してダイアルアップ接続を試みる。今時、モデムのついているパソコンは珍しいが、知り合いからもらった古いノートブックが動くので、これを使って接続。すんなりとつながったがやはり遅い。

どのサイトもファイルサイズの大きい画像が多用されるようになっているし、リアルタイムでグラフを更新するサイトも使うことが多いので、遅いのは当然か。

今回の非常時対応テストでは、メールのやり取り程度ならこのダイアルアップは使えるし、限られた特定のサイトを見るだけならあまり問題はないだろう。

だが、大量のデータをダウンロードしたり、それをもとに作成した画像をアップロードするようなことは無理だ。文章だけならなんとかこなせそうだ。後で分かったが、Windowsの自動更新機能が働いてファイルをたくさんダウンロードしていた。ダイアルアップ接続の際には自動更新を停止する必要がある。

ネットカフェに何時間も滞在すれば大きなデータファイルのダウンロードも可能だが、過去の蓄積分は自宅のパソコンの中だ。

日頃、常時接続回線でやっているようなネットの使い方は明らかに無理と判明。ではどうするか。

2系統の常時接続ネット回線を維持するのはコストが嵩む。携帯電話のデータ通信機能を使うか?

だが、災害時になれば、携帯電話のデータ通信機能もスマートフォンが増えているからどうなるかわからない。固定電話回線も混雑するからダイアルアップによるネット接続はつながらないだろう。

となれば、他のお宅の常時接続回線を使わせてもらうしか方法はない。近所の家で家庭内無線LANを使っていてその電波が漏れていることはよくあるが、それにただ乗りするのはよくないし、最近はパスワードで保護されている。知人宅にノートパソコンと無線LANの送信機と受信機を持ち込み、玄関先で作業させてもらえれば一番良い。

デスクトップで普段使っているブックマークをノートパソコンに移しておき、あちこちのサイトの情報を確認しながら自分なりに情報を整理した結果を載せていく、その程度にとどまらざるをえないだろう。だが、MPの空間線量率のデータは欲しい。そういう限られたデータだけは、知人宅で取得して自宅で作業、その後にアプロードという手順にならざるを得ない。

やはり、何よりも頼りになるのは近くの他人という結論になった。

・・・・・

2013/9/6、早朝からネットに障害が発生し、インターネットの利用が困難になっています。代替手段を模索中ですが、明日の午前中までネット回線に制約が残る見込みですので、データのダウンロードを要する連載記事については、掲載が遅れます。

インターネットカフェを使ってこの記事を書きました。

(初出 2013/9/6、9/7題名変更 全面改訂)
posted by ZUKUNASHI at 09:55| Comment(2) | 日記

2013年07月29日

羽化したが羽が広がらないセミ どなたか原因などを教えてください

読者からの投稿です。セミの生態に詳しい方、セミの観察等をなさっている方から、所見や解説をいただければ幸いです。

投稿者のコメント。
「東京に近い神奈川県北部にて 2013年 7月29日 このような蝉の抜け殻と死骸を見つけました。羽が両方とも糸のようになっています。専門家の方のご意見を頂ければ幸いです。」



追加写真。天地を逆にして少し大きく、明るさも強めました。



なお、上に掲げた画像の転載、転用を禁じます。転載等の希望があればコメント欄から申し込んでください。私から許諾の可否を投稿者に照会し、ご返答します。許諾依頼のコメントは公開しません。

ネット上では、セミの脱皮、羽化の記録が数多く見られます。次のサイトの記録は詳細です。
posted by ZUKUNASHI at 22:00| Comment(3) | 日記

2013年03月24日

2013年春の早さは異常

2013/3/17、青葉の森公園にて
左からハクモクレンコブシ荒久古墳

今年の花粉症は特に激しいようです。外出が難しい方にご覧いただければと思い・・・。えっ、花の写真を見ただけでくしゃみが出る? 失礼しました。どうぞお大事に。



2013年の春の早さは異常だ。2011年の木々の便りに比べると20日ほど早い。

2013/3/24 見た花
マンサク 終了
トサミズキ 盛り
サンシュユ 終盤
ハクモクレン 終盤
コブシ 終盤
レンギョウ 終盤
桜 満開
カイドウ 咲き始め
ベニバナトキワマンサク 咲き始めから盛り
ニワトコ 咲き始めから盛り
ハナズオウ 咲き始め
ユキヤナギ 満開
ハーデンベルギア 満開
オウバイ 満開
チャンチン 新葉が出始め
アンズ 盛り
台湾フウ 新葉が出た







花の後に無粋だが、天変地異の前触れのような感じがしている。もわーっと温湿なのもいやな感じだ。長年サクラや他の花の記録をつけている方がおられれば、お尋ねしてみたい。

posted by ZUKUNASHI at 17:17| Comment(0) | 日記

2013年01月01日

2013年を 嘆きの年 戦慄の年にはしたくない

そんな気持ちで新しい年を迎えました。でも願いもむなしく、すさまじい、ひどい年になるでしょう。日本ではすべてのものに放射能汚染が広がっています。

トルコは2013/1/1から工業製品を含むすべての日本産品に放射能検査を始めるとのこと。他の国にも波及するでしょう。

大晦日のスーパーは、例年通りににぎわっていました。私は、かまぼこと伊達巻を近所の方からもらい、少し食べました。餅は食べずに終わりそうです。

友人がフライドチキンを差し入れてくれたけれど、ワンピース食べてとってもおいしいと言って後は遠慮しました。こちらは、福島第一原発事故前からの不健康食品です。

自然は、以前より美しいように思いますが、長く眺めていると目が被曝しそうにも思います。パソコンモニター越しの方が安全かもしれません。

これまでの常識すべてが見直しを迫られます。

異変は、このブログの検索語彙に現れています。次は、1月上旬に公表される主要都市の12月人口動態に注目です。死亡数の年間のピークは1月です。自らが死亡数を押し上げ、斎場の混雑を増すことにならないよう気をつけます。

クロガネモチ

ヒマラヤザクラ

どちらも、2012/12/31に撮影したものです。
posted by ZUKUNASHI at 15:00| Comment(5) | 日記

2012年12月31日

アクセス記録2012

2012/01 ユニーク訪問者数 7,523 PV 56,617
2012/02 ユニーク訪問者数 8,691 PV 56,209
2012/03 ユニーク訪問者数 10,202 PV 72,508
2012/04 ユニーク訪問者数 20,287 PV 100,774
2012/05 ユニーク訪問者数 20,967 PV 124,772
2012/06 ユニーク訪問者数 28,267 PV 152,630
2012/07 ユニーク訪問者数 16,008 PV 125,651
2012/08 ユニーク訪問者数 14,337 PV 106,219
2012/09 ユニーク訪問者数 14,970 PV 119,636
2012/10 ユニーク訪問者数 15,521 PV 126,348
2012/11 ユニーク訪問者数 16,099 PV 118,008
2012/12 ユニーク訪問者数 15,868 PV 117,025

合計 1,276,397PV
posted by ZUKUNASHI at 23:59| Comment(0) | 日記