日記: ずくなしの冷や水

2019年04月30日

これだから徘徊老人はやめられない 若い女性から傘をもらった日


2019/4/27は、連休初日。肥満解消を目指して連続徘徊の1日目です。天気予報では雨の確率は低く、風が少し冷たいものの出かけました。昼頃の気温は15、16度でしょうか。この季節、このくらいの気温の日があると昔住んだ北の国の生活を思い出します。自分の気温体感がだんだん上がっているのに、冷たい空に触れるからなのか、それとも日照の具合と気温のミスマッチが北の国を思い出させるのかはわかりません。冷害になった年は毎日そう感じていました。

歩き出すとピンクの雪。残念、今日はまだコードピンクの格好はしていなかったんですけど、早くしろという天のお告げ? 2日ほど前、少し風が強かったですね。


シャクナゲですね。こんなに赤いものがあったかな。とても見事でした。


NHK放送大学。2015/10に政権批判を自主規制したと批判され、権威失墜です。屋上のバボラアンテナがなくなっています。今はデータ伝送はケーブルに移っているようです。


町中の民家の壁にありました。花はノウゼンカズラにそっくりですが、葉が違うし、花の季節も早すぎます。


幕張駅の近くは、中国人やインド人など外国人の営む料理店がたくさんあります。もともとこの近くに朝鮮学校があったと聞きました。そういうものを受け入れる風土があったのでしょうか。

そんなことを考えて歩いていたら、陳さんですか?という感じの親父さんがバックホーを運転して土砂をダンプカーに積み込んでいました。仕事中でなければ、話しかけるところです。


住宅街に入って民家の植木を見ながら歩きます。コデマリ、きれいです。


ところがこの頃からタブレットに雨滴が当たり始めました。空の雲は少し前から怪しかったのですが、今日は雨は降らないとの予想でしたので傘は持っていません。幕張パーキングエリアの近くでした。幕張駅が最寄ですが、雨の中歩くには距離があります。

さあ、どうすべえ。すぐ止むことを期待して雨宿りの場所を探します。京葉道路のトンネルまで急いで歩きます。あそこまで行けば、たばこも吸えるし、何時間いても迷惑だという人はいません。

トンネルについてまず一服。タブレットを出して、アメダスの画像を見ます。14時現在、全然降っていないことになっている。家にいればアメダス、雨雲レーダー、空間線量率の変化などで雨の動きを詳しく知ることができますが、タブレットではなかなか思うように操作できません。

雨は次第に強くなり、道路はすっかり濡れてしまいました。私はこのトンネルで結局35分間費やしました。暗くなるまで雨が降り続けば、アイフォンに「タクシー」と叫ぶつもりでした。その面ではアイフォンは遭難時の最後の手段としては機能するはずでした。

さて、ここでクイズです。私はここでどんな経験をしたでしょう。そしてその後どうしたでしょう。

選択肢を掲げましょう。私の体験は、読者には想像を超えたものが多いようなので。
@ 若い兄ちゃんが車に乗せてくれた。
A 年配の親父が車に乗せてくれた。
B 中年のおばさんが、駅まで傘に入れてくれた。
C たまたまタクシーが来たので乗った。
D 通りかかった人が傘をくれた。
E 通りかかった人が、雨宿りの場を貸してくれ、缶コーヒーを飲みながら1時間ほど話をした。

このクイズについて、ある読者から。「バカじゃね! 最初の記事題名が傘をもらった日だったからクイズにならないよ!」厳しい指摘。あはは、そうでしたね。

ネタばれで経緯を書きます。

雨宿りを始めて30分ほど経過したときです。私は、トンネルの出口で一生懸命タブレットで情報を集めていました。そしてふと顔を上げてトンネルの反対側を見ると車が出口の近くに止まりました。そして誰か車から降りて、トランクを開けたのです。

何やってんだろう。山に入るつもり? といぶかしく見ていると、その人がトランクから何か持ち出してこちらに走り出しました。

「傘使いますか?」と言ってくれていました。私はそちらに急いで向かいます。トンネルの途中でその方が、これ使ってくださいと、ビニール傘を渡してくれました。私がおカネ払いますからと言うと、使い古しだからいいですと。

ここは、ありがたく好意に甘えることにしました。若い女性でした。私がお礼を言う間もなくその方は引き返してすぐ車を発進させて消えていきました。次の画像は、発進直後の車です。残念ながら車の番号が読み取れません。



もらった傘を手にしてこんなことがあるものだろうかと、信じられない気持ちでした。

そして、私は雨の中を歩きだしました。雨に降られて沈んだ気持ちは吹き払われ、元気が満ちてきました。よーし、予定のコースを貫徹しようと決めたのです。

坂を上り高台の畑地帯に向かいます。その途中、道端にあった禾本科の何かです。曇りで草の緑色が鮮やかです。


てくてく歩いていくと、畑の中の道に水が溜まっています。転ばないように気を付けて歩きます。人参畑で若い男性が畑の周りにネットを張っていました。カラス除けだそうです。カラスは、畑の人参を掘り出して食べるのだそうです。

畑の中に直接降下するのではなく、周りに降りてからピョンピョンと人参に近づくのだそうで、人参の上よりも周りにネットを張るのが効果があると教えてくれました。就農して2年だそうです。もう父親は引退させて自分が全部やっているとのことでした。

若い人はネットで情報を集めたりして、農業のやり方も合理的になっているようです。その方は、そういう風にしているし、なっていると話していました。

福島第一原発事故がなければ、この地域は都市地域の生鮮野菜供給源として圧倒的に有利な地位にあったのです。すまないという気持ちを強くしました。

予定のコースを歩いて、キササゲの木を見ます。まだ全然花の気配はありません。


駅で盲導犬を連れたグループをお見掛けしました。盲導犬は賢そうだけど優しそうなとても良い顔をしていました。遠くからやっと1枚だけ写せました。特に犬は賢そうだとか優しそうだとかの感じがはっきりと出るものなんですね。うちの猫はそれに比べて・・・。


乗り換え駅のエスカレーターを上がっていったら、目の前に男性の生足が何本も。若い男性なのにすね毛が1本も見えません。脱毛しているんなら止めたほうが良いよ。体も大きくない。外国でそんなすべすべの足で短パンはいていたら国によっては男性に持てるかもしれないけど。


自然が一番、自然な気持ちが一番だよ!

私が雨宿りしたトンネルの近くには、いくつか介護施設があります。介護施設の職員の交代時刻は午後3時とかのところもありますね。私に傘をくれた方は、介護施設にお勤めだったのかと思っています。ありがとうございました。

初出:2019-04-27 17:29:34 追記 4/28 4/30
posted by ZUKUNASHI at 17:25| Comment(3) | 日記

2019年04月14日

おーい この人7*歳なんだって! 気は若いですよ 気はね

2019/4/13は風もない晴天でした。そろそろ長距離持久ウォーキングを始めようかと思いつつも出発が遅れたので近いところへ。歩き始めてすぐ、この春は木や草花の花が一斉に咲いていることに気づきました。こんなことはこれまで経験がない。

道路わきの畑に咲いたパンジーにチューリップ。菊のような花もあります。


これは何だったかな。


今年は桜とイチョウの芽吹きが同時です。


写真を撮りながら歩いていたら、作業服の専門店がありました。ホームセンターの品物とどう違うんだろうと興味がわいて入ります。特大サイズのズボンには常に関心がありますが、今はちょっと買う気がしない。ちらっと店内を見ると、ドゴール帽があります。一つだけ大きいサイズのもの。かぶってみたらぴったり、値段は約1,000円。デニム生地。普通のキャップを被った場合と全然感じが違う。官憲みたい。

ズボンがずり落ちるので、水着のスピードのようなものを下着に使おうと考えています。ズボンがすっぽり脱げ落ちてもスピードのようなものをはいていればそれまで一緒に脱げることはありません。街中を下半身スピード一つで歩いていたら警察に通報されるでしょうが、一瞬だけですから、笑われるか不快感を表明されるだけで終わるでしょう。

でもありませんでした。代わりにLLのペラペラの半ズボンを発見。水色にピンクのストライプがついてコードピンク表明にはもってこいです。800円ほど。レジのオネエサンに腰回りを測ってもらったら数センチ不足。でもゴムですからはけるでしょうと勧められて購入。

さらに歩きます。黄色味の強い桜


玄関先の鉢植え。時間的に日が当たらなくなってしまって色が映えません。


一休みしたくなりました。タバコは持ってきたけどライターを忘れました。この先にあるパチンコ屋で火を使わせてもらおうと思っていたら、パチンコ屋の前にあるベンチでおやじさんがタバコを吸っていました。火を貸してもらいます。

しばらく世間話をしておやじさんの年を聞きました。50歳台後半だと。えっ、そんなにお若いのというのが内心の印象。私も歳を言いますと、そのおやじさんが、二つ隣のベンチにいた年配女性に向かって、「おーい この人7*歳なんだって!」と叫びました。



えーっ、そんなに驚かれるようなことはありますか?
話の内容が若い? それとも外見が若作りで強い違和感?

今日の外見は、上の写真の左側とほぼ同じです。帽子とウエストポーチとシャツが異なりますが。

おやじさんは、年長組くらいの女の子と一緒でした。女の子が話しかけてきたので、帽子をとって見せたりします。頭は間違いなく年齢相応ですから。

年配女性は配偶者のようでした。検証のためこちらに寄ってきました。ご主人から聞きましたが、10年ほど前にくも膜下出血を2回発症したそうです。でも特に後遺障害をお持ちのようには見えませんでした。

ご主人が席を外した時に、奥さんがご主人は以前とても太っていてズボンのウエストは105cmもあったと聞きました(今の私です)。よく見ませんでしたけど、ご主人は現在は普通体に見えました。

「私もまだ痩せることはありますか、希望を捨てないでよいでしょうか」と問うとそうだと心強いお言葉をいただきました。ご主人が私の年齢に驚いたのは私がこの歳ででぶでぶに太っているため? 普通、私の年齢でこんなに太っている人はいない? そうかな〜 中東のニュースなどを見ていると年配男性には太っている人が多いのですけどね。

オウバイですね。


もしかしたら、ご主人は歳のせいでやせたと思っていたが、どうも違う。70過ぎてもデブはいる。自分が痩せたのはなぜ? という疑問だったのかもしれません。原因不明の「激やせ」!

しばらくしたら、中年近い女性と幼い男の子に小学生くらいの男の子も集まりました。

そのおやじさんに孫が3人もおられてよいですねと話したら、もっと多いんだよと。中年近い女性は中学生の3人の子供がいてさらに2歳の男の子にめぐまれたのだそうです。幼稚園の女の子と小学校らしい男の子は別の方のお子さんのようです。総勢孫6人。

その子だくさんのお母さんに話します。今は子供に恵まれない人が多くて不妊治療を受けている方が多いのに、4人も授かってとてもハッピーですねとお話ししましたが、特に反応はありませんでした。

梨の花


梨の花の画像の前まで書いて中断していましたが、その間にひょっとしてと気づいたことがありました。
2019年04月14日 日本から早晩 デブが消える

この記事に書いたことは自信があります。そして、私は、自分が着れる3L、XLサイズの安い衣類を手配しなければと思いついたのです。ホームセンターに用がありましたので、ズボンを見ました。カーキ色の夏物ズボン3Lをゲット。

スピードはホームセンターにはありませんでしたので、代わりに100円ショップでXLボクサーブリーフを試しに二個買いました。前閉じタイプなのでピチピチのものを無理やりはけばスピードと同じです。

昨日もLLのペラペラの半ズボンを買いましたが、なぜかLLが売れ残っていたのです。今日も3Lのズボンが売れ残っていました。上の画像の左側で私が着ているチェックのシャツは、やはりホームセンターの売れ残りのLLです。ちょっと腹の辺りがきついけどなんとか着れます。1,500円程度だったでしょうか。

これまで仕入れていたサイズのうち、大型、肥満体形のものが売れなくなっている? これが続けば、店は仕入れなくなります。私の着れる安価な衣料が手に入らなくなる恐れがあります。

山つつじ


私もそのうち被ばく影響で激やせして昔の衣類が着られるようになるのかもしれません。でも、この夏を過ごすためには衣類が不足です。孫に会いに行くときに普段の裸ん坊スタイルというわけにはいきません。

そのうちすぐ痩せるさ! と信じるのも難しい。かといって死ぬまでの大型衣料を買ったら無駄になる恐れ。悩ましいです。

気を取り直して、デブ中高年男性に安物衣料で整えるファッションの助言をします。

2018年11月13日 栗イガの奇襲攻撃を受けた日から
私と同じような体形の方が二、三人おられました。やせた方よりも見た目の安定感がありますね。

お一人は派手な衣装ですが、他の方はだいぶ年配ですね。(お前が言うな! はぁ。年配のことをどこで感じるか? シャツを中に入れズボンを上げてしっかりとしたベルトを強めに締めているところです。)


年配デブのファッションでの売りは、重厚感、安定感なのです。ですから、デブデブの生の体形が目立たないようにゆったりした衣類を着用します。白または黄色のシャツを着た方は、その点ではセオリー通りです。シャツ、ズボンともにゆったりしたものを着ています。ちょっとズボンが大きすぎるかなと見える方もおられますが、出来合いのズボンで間に合わせたのかもしれません。

こちらに向かってくる赤いシャツの方の体形が正面からではわかりませんが、そんなにウェストが太くないですね。体形に自信をお持ちなのでしょう。そういう方しか、こういうファッションはできないし、しないほうが良いのです。

他の3人の方は開襟シャツにチノパンかゴルフウェアのズボンですが、生地のしっかりした綿の開襟シャツは高いです。柄物のペラペラの半袖シャツのほうがよほど安いです。

腹が出ていると、バンドでズボンを止めることが難しくなります。ぎゅっと締め付けるのは苦しい。腰骨に引っかけることができれば、そこまでズボンの上端を下げて、バンドで留めるほうが安定することがあります。遠くでパターを打とうとしている方はおそらくそんな留め方をしているのではないでしょうか。

ズボンがずり落ちそうで気になる場合は、ズボンの下にぴっちりした下着をはきます。ズボンがずり下がってもぴっちりと固定された下着が見えれば周りはハラハラせずに済みます。



夏はTシャツだけでも良いのですが、やはり都市部に行くときはシャツがあったほうが体形も隠せて無難です。夏用の薄い半そでシャツの裾はズボンの外に出します。そのほうが涼しいです。シャツもそのような着方を前提にしているので、後ろの下のほうが長くなっていません。

まったくのプライベートの時間の時は、靴から言うと@ スニーカー(できればメーカー品、やはり歩きやすさが違う)、A 靴下はショートソックスでも可、B 半ズボンの時は白いソックス、毛脛が少し見えても構わない。C ズボンの留め方は上に述べた通り。D シャツはあったほうが良い。冷房のある場で温度の調節もできる。E 帽子必須 熱射病予防に役立ちます。

アクセサリーは、腕時計は古い。スマホを取り出してみるのが今風。ローレックスなどを誇らしげにしている人は、世の中を見る目にカビが生えています。ネックレスなども違和感。アップルウォッチをしている人がいたら、誰かに襲われて巻き添えを食うことがあるかもしれないのでさっさと離れましょう。

ミモザと桜が同時開花


プライベートな時間ですから、必要があれば、リュックサックでもウエストポーチでも、ボディーバッグでもなんでも使いやすいものを使ったらよいです。

夏以外の外出はポリエステルのスポーツウェアが断然お勧めです。ポリエステルの防風性のある表地に裏に起毛ないしは布地が張り付けてあるもの。私は1年ほど前に友人からもらったものを着始めてもう離せなくなりました。上の画像の左側、白いジャンパー風の上着と青いズボンの組み合わせです。真冬はこの上着ではなくダウンジャケットを着ていました。

徘徊時はすべてこれで済ませています。足首を締められるものが寒さに強いです。値段的にはピンからキリまでありますが、それほど高くないものでも十分使えます。

とにかく動きが楽。上の画像の右側は、昨日たまたま写っていた影ですが、こんな感じになります。なかなかワイルドでしょう? これなら70過ぎには見えない? おやじさんの配偶者に対する声掛けの意味を最初はこの衣装のせいだと受け止めたのでした。足、特に太ももを太く見えるようにするのがポイントです。

ジューンベリーのようです。これも早いです。


私は日本人男性に薄くなった頭髪を気にするくらいなら、帽子をかぶることを勧めます。私も若いときは頭髪の量が多かったこともあり、大きな帽子も売っておらず帽子はかぶりませんでした。ですが、髪の毛が薄くなったらこんなにありがたいものはありません。

私のかつら代わり帽子コレクションは次第に増えています。夏場は頻繁に洗いますので数が必要なのです。羊毛ハンチングは、日本では暑すぎてかぶれません。麦藁帽は洗えませんので、消耗品です。

ドゴール帽(中国製 安物 今日購入)
野球帽 3(中国製 ごく普通の地味なもの)
野球帽ツートンカラー(欧州製)
麦わら中折れ帽(メキシコ製)
羊毛ハンチング(英国製)
日本の麦藁帽(中国製)



鳩小屋のある家です。何度か通りましたが、最近鳩の気配がありません。畑の囲いを作っていた人に声をかけてみました。

鳩の飼育はもうやめている。コンテストで優勝したこともあるんだけどな。主人の姿を最近見ないからは入院でもしているのかな。

ここの鳩が優勝したレースでは、北海道からここまで帰ってきたんだ。5時間だよ。時速200kmで飛ぶんだそうだ。敵に襲われないように海面すれすれに飛んでくるらしい。5時間飲まず食わず飛び続けるから、帰ってきたらまず水と餌を与えるんだ。

レースの日に寄ったら、出発から4時間ほど経ったところでもうすぐ着くと言っていたんだが、ほんとに1時間後に帰ってきた。発信機が付いていてレースの主催者にも飼い主にも到着がわかるんだ。

地上の小屋と2階、3階に鳩舎が分かれていて、3階にレースに参加するような鳩がいる。それぞれ50羽ほどいたよ。

ハクモクレンですね。


ここには蛇やカエル、亀、ザリガニなどが多いから猛禽類が飛んでくる。ハヤブサやオオワシが来て鳩を捕食する。鳩を空中で攻撃し、落下したところを足でがっちりつかんで飛んでいく。

オオワシが繁殖の時期に集まって空を飛ぶときは壮観だよ。5、6羽集まるよ。5月ころかな。

そうですね、オオワシはとにかく大きいですね。東京湾の沿岸部から北に帰るところを見たことがあります。あの飛行物体は何だという感じですね。トンビやハヤブサはよく見ますね。その辺に見える森に住んでいるんでしょうか。

あの辺の森にもいると思う。(鎌ヶ谷の日本ハム球場のある辺りの森がよく見える場所で話をしていました。)

去年の強風で塩害が生じて大きな木が何本も枯れたよ。直径1m以上あるものが何本も枯れて切り倒した。



何十万円もかかりましたね。

1本20万円かかった。幹は欲しいという人にやったが枝葉は処理してもらうと1kg40円かかる。(1トン4万円)10万、20万と出せないから枝葉はそこに置いてある。乾いてから何かの機会に燃やすよ。

囲いに竹材を使っているのも間引きしたものの利用だ。真竹の成熟したものは、何年も乾燥させても節の気密性が失われず、燃やすと大砲を打ったような爆音が響いて近所を驚かすから扱いが面倒なんだよ。なかなか自然にはヒビが入らない。

1年にタケノコは150本くらい掘る。そして、100本くらいは竹を伐採する。そうしないとよいタケノコが出てこない。肥培管理が必要なんだよ。京都は畑のように管理しているな。肥料もたくさんやっている。

竹は、本来いろいろな用途があるんだが、今は梨畑の枝を支える番線の交点に支えとして立てるのに使われるくらいだな。

ニワトコ


いやー、私がこのブログでファッションの指導することになるとは夢にも思いませんでしたよ。今日は珍しく放射能の話はしませんでした。
posted by ZUKUNASHI at 21:34| Comment(1) | 日記

2019年04月07日

私も整理の達人になりたいものだが

公園でラジオコントロールカーを楽しんでいる老人たちに出会いました。
私より少し若いか同年代くらい。



この方々が持っているラジコンのベース車両は約2万円だそうです。それにパーツを改造したりして最も高いものは10万円もかかっていると。

レースなどはやらないで仲間で動かして楽しんでいるとのことでした。

ただ、左手前の方は、ラジコンボートもやると言っていましたので、レースもやるでしょう。

この方だけでラジコンカーをざっと6台ほど持ち込んでおられました。靴箱の幅を大きくしたような箱を段ボールで自作し、中が見えるように半透明の蓋をつけてあります。

家にまだ何台もあるそうですから、趣味にとどまらないのかもしれません。公園で遊んでいて譲ってくれと頼まれることもある?

この方は、公園でエチケットを守って楽しむための準備が万端でした。

もう片づけを始めていました。丁寧に箱にしまいます。このカートに積んで車のところまで運ぶのでしょう。

老人の高価な趣味用品では、バードウォッチングに使うカメラだという点で意見が一致しました。100万円もするレンズとカメラを持っている人もいると知っていました。

「ええ、バードウォッチングに使う超望遠カメラは、年配男性の『ステータスシンボル』ですよね。でも重いし、観測ポイントで丸一日待ち続けることもあって本気で写真を撮ろうとしたら、なかなか大変らしいですね」

「この辺であういうカメラを使う機会などほとんどないんでしょうけどね」 ←妬みです、口に出しませんでした。

この方の整理術に学びたいです。私は、4万3千円相当の電磁波測定器の輸送用に2500円ほどのアルミのケースを買いました。受け取った方は放射性物質でも入っているのかと驚いたらしいです。

都会はこういう大人がいるので面白い面があります。

2006年05月14日 ラジコン

2007年03月21日 ラジコン飛行機
posted by ZUKUNASHI at 18:39| Comment(0) | 日記

2019年04月06日

For your parents. Some photos I have taken today

義理の娘が里帰りするらしいのですが、持たせてやる土産がありません。食品は気が進まない。せめての気持ちだけでもと写真を撮りに出かけました。いつかご一緒に楽しみましょうと書き添えて送ります。







posted by ZUKUNASHI at 17:58| Comment(0) | 日記

2019年04月04日

アクロバティックな管理人の常時稼働PC群

管理人が自宅で24時間稼働させているPCが4台に増えました。前に3台の時のことは書きました。

1台目 ミニPC。EXCELがインストールしてあり、10分ごとに規制庁のサイトから測定値を読み込んでグラフを描かせ、これをキャプチャーしてサーバーにアプロードしています。

ミニPC⇔Wifi⇔モバイルルーター⇔携帯回線経由インターネット接続⇔規制庁サイト&管理人のレンタルサーバー
というつながりです。

2台目 スティックPC これは私設リアルタイム空間線量率測定システムのグラフを記録して後で参照するためのものです。サイト3つに6個ずつグラフを表示し、これを20分ごとに順繰りにキャプチャーして記録しています。
スティックPC⇔Wifi⇔モバイルルーター⇔携帯回線経由インターネット接続⇔管理人のレンタルサーバー

3台目 スティックPC これは私設リアルタイム空間線量率測定システムの管理人宅の測定システムです。このスティックPCは障害があり、モニターに画面を表示てきません。ただ、電源を入れれば、家電並みの設定にしてあるので自動的に測定を開始してグラフをサーバーの定められた場所に送信します。
GC10測定器⇔スティックPC⇔Wifi⇔モバイルルーター⇔携帯回線経由インターネット接続⇔管理人のレンタルサーバー 
となるはずなのですが、モニター画面が見れないのでスティックPCをWifiでモバイルルーターとつなぐことができません。スティックPCにセキュリティコードSSIDの入力ができないのです。

それでこれまでの蓄積をフル活用 
GC10測定器⇔スティックPC⇔有線LANアダプター⇔LANルータ⇔Wifi⇔モバイルルーター⇔携帯回線経由インターネット接続⇔管理人のレンタルサーバー

有線LANアダプターはセキュリティコードを入力しなくて済みます。ドライバーはWindows10に入っており自動でインストールされます。スティックPCにSSIDを入力する代わりにLANルータにSSIDを入力し、さらに受信用に設定する必要はありますが、それで動きました。

自分たちで空間線量率を測ろう会 リアルタイム空間線量率 全国
http://inventsolitude.sakura.ne.jp/homepage/realtimedoserate20.html
の千葉北西部 3 G9 です。

ところが、画面に変な表示が出て数値が読めません。これをどうやって消すか。キーボードをつないでリターンを押せば表示は消えるはず。「はい」でも「いいえ」でもどちらでも構わないので。


キーボードをつないでリターンを押して表示は消えました。(マウスでピンポイントでクリックすることもできないことはないのですが、なにしろ画像更新が15分ごと(これも変更できない)ですからマウスのカーソルをピンポイントでクリックすべき場所に合わせるのにえらい時間がかかります。)


この3台目 スティックPCのインターネット接続がうまくいったことは大きな意味を持ちます。

スティックPC⇔有線LANアダプター⇔LANルータ⇔Wifi⇔モバイルルーター の部分で
スティックPC⇔有線LANアダプター⇔スイッチングハブ⇔LANルータ⇔Wifi⇔モバイルルーター
とつなぐと、スティックパソコンを複数台モバイルルーターにつなぐことができるはずだということになります。

これが可能ならば、固定回線を廃止して格安SIMでデータをやりとりし、複数台のパソコンで格安SIMを使うという可能性が出てきます。スティックPCとLANルータの間はLANケーブルですから電波は出ません。

LANルータとモバイルルーターをネットの網に入れて窓の外にぶら下げておけばよいことになります。ケーブルはエアコンの貫通穴を通せばよいです。

とりあえず、試験はここまで到達しました。モバイルルーター活用時の電磁波対策、だいたいめどが立ったと考えています。

とほっとしたのもつかの間、さらにスティックPCを1台24時間稼働させることになりました。

全国各地の主だったMPの測定値を引いて早期警戒システムを作りましたが、これが早々と成果を上げたことに気を良くし、F1 2号機からのプルームを鹿島灘沿いの水際警戒ラインで察知しようとするものです。

スティックパソコンは手元の待機品を使用し、EXCELソフトを単体で購入しました。

ただ、最初に作った警戒ラインシステムもそうですが、EXCELで作ったグラフのキャプチャーがうまくいかないことがあります。通信に時間がかかってタイムオフになったり、キャプチャーの範囲がいつの間にか変わってしまう、不要なタスクバーの部分がキャプチャーされてしまうなどの問題が解決していません。

ShareXのユーザーフォーラムがあり、英語で検索するとうまく解決策が見つかることもありますし、回答を読んでもよくわからないこともあります。

そこは完ぺきを求めず、ほどほど実用になればOKという柔軟な姿勢で臨むことにしました。

携帯データ回線を使ったネット接続は、こちらもほどほどなんとか実用になっています。ですがやはり固定ネット回線と有線でつなぐほうが安定しますので、部屋が片付いたら有線接続に切り替えます。

モバイルルーターによるネット接続はテスト終わりです。まあ使えないことはないが、安定性に若干問題があります。それと携帯データ回線では、Windowsマシンを使う限り、年2回の大きなソフト更新をやらなければならないので、管理人の場合は、固定ネット回線をやめるのは無理とわかりました。管理人は数十台の小型Windowsマシンのメンテナンスを担当しています。

すべて固定インターネット回線につなげます。
常用パソコン、MiniPC、スティックパソコン3 でLANケーブル5本。
何か事故でも起きれば、これに予備パソコン、さらにスマホが加わりますからLANケーブル7本。メンテナンスを要するスティックパソコンがあればこれもつないで計8本のLANケーブル。

スイッチングハブを購入しました。8ポートで2500円ほど。デスクわきの二段式テーブルに集めます。電磁波が強くなりそうなので、集約後測定して対応します。

モニターは1台、HDMIの切り替え機を使いこれに3台つなげます。(1台はモニター出力が死んでいる) スティックパソコンを操作しなければならないときは無線のマウス・キーボードを使います。発信器をUSBに差し込むと使えます。

なお結論が出ていませんが、DMMのSIMで低速通信を選ぶとダウンロードで時間切れが生じます。ロケットのSIMではなかったように思いますので確認します。

posted by ZUKUNASHI at 14:08| Comment(0) | 日記

2019年03月02日

春はそこまで

2019/2/16は、昼過ぎから晴れました。風もなく日差しもあって暖かかったです。

でも、まだ花はわずか。



ハルニレ




2019/2/24、河津桜でしょうか。咲いていました。


2019/3/2、晴天でした。





posted by ZUKUNASHI at 18:47| Comment(0) | 日記

2019年03月01日

地球の反対側から来た髭の親父にバス路線を聞かれた日

2019/2/28は、雨になりました。所用で外出、3時間ほど集中的に作業してさあ帰ろうとバスを待っていました。

私は行列から少し離れ傘をさして立っていました。別に座らなくてもいいので。

すると60歳前後でしょうか、私より若い男性が寄ってきて〇〇に行くのはどのバスかと聞いてきました。流ちょうな日本語です。ジーパンをはいて、鼻ひげが少しあり、旅行鞄を引いていました。そして同行していた女性が外国人に見えましたので、外国人だとすれば驚異の日本語力です。

彼は両親が日本人で子供のころは家に帰ればすべて日本語だったそうです。鹿児島のご出身だと。南米から日本を訪ね、観光で千葉に回ったのだろうと私は推察しました。

19年前にも日本に来たが、今回はあまりに大きく変わっていてどこがどこやらわからなくなっていると言っていました。私も東京に行けば同じですよと返します。

バスが来たので彼らを促して先に乗せます。座ってからも、なにか困ったことが起きれば助けに入ろうと、彼らのほうは向かずに気配をうかがっていました。

雨のためバスの車内は混んできましたが、その親父は荷物をドアのそばに置いて立っていました。私が先にバスを降ります。彼は私に礼を言いました。

日本人よりよほど付き合いやすい。別にしょっちゅう海外を旅しているわけでもなさそうなのに、憶することもなく、堂々としていました。

なんで私に聞いてきたか? バス停にいたとき、マスクを外していました。髭は数日前に刈り込んで手入れをしていました。まだ体が動くことを強調する濃紺のトレーニングパンツに一応ブランドのスニーカー。白い髭にマッチする白いセーター、心の清さを象徴する明るい青のダウンジャケット。エコ関連のマークが入った野球帽。腹は出ている。

これが国際的に通用する品性をうかがわせる爺さんの恰好なんですよ。
私は彼の鼻の下にある白いものが混じった髭に親近感を感じました。髭のない爺さんなんか、・・・なんです。

そうそう、知人が私のブログをやむを得ず読んだのだそうです。でもあの人(私のこと)がこんなものを書いているとはちょっと似つかわしくない、イメージが合わないと思ったと言われました。

どういう意味? 

私が読者と顔を合わせたことがある、つまり私の顔や風体(ふうてい)を知っているのは、ほんの数える程度の人だけです。機器の受け渡しでやむなく。片手の指にも届きませんが、その方たちは同じように感じているんですかね?

あーっ、日本人は嫌だ! 外国生活が長い親父のほうが人を見る目は確かなんだ。

と愚痴ったら、読者が「ブログも更新、発送、徘徊。まるで孫悟空の活躍ですね」と慰めてくれたんですけど、私は遠くへは入っていないのです。今日は郵便局へ郵便と荷物を出しに2回行きました。郵便局の荷物受け取り二個。きんとん雲に乗って遠くに行く時間などないのです。JR運賃高いし。

私がやむを得ず編み出したのは、自分が飛んでいくのではなく向こうの街を丸ごと呼び寄せる術なんです。ネットがあれば簡単ですからね。

そのためますます忙しくなって、仙人風孫悟空でなく、手が何本あっても足りないつるっぱげ阿修羅になってるんです。

昨日から今日にかけて帰ってきたスティックパソコンのメンテナンスでWindowsの1809を2台に入れました。これだけが目立つた成果ですね。あとはなーんにも残らない・・・。
posted by ZUKUNASHI at 19:21| Comment(0) | 日記

2019年02月23日

ポルシェに華麗に乗り降りする方法

2019/2/22、所用で出かけました。夕刻帰ろうとしたら雨が少しパラついていました。用務先の主人が送ってやると。

ありがたいけど、彼の車は乗り降りが不便です。左ハンドルのスポーツカーです。

家まで送ってもらって知り合いが通らないか見回しますが、誰も通りません。仕方ない、野良猫しか見物人がいませんが、極力華麗に降りようと頑張ります。

しかし  腰、腰が上がらない。

窓の上の内側にハンドルがないのです。これはほんとに困る。

後ろから押してくれ! と言おうとしたらドライバーが下りてきて手を引いてくれました。

なんとも見っともない。誰もいなくてよかった。

えっ? ポルシェって どんな車か? はぁー、ご存じない?



ツーシーター、座席が二つだけなんです。荷物室はないようです。私が乗せてもらったポルシェの色? それは秘密です。

・・・・・

ポルシェの乗り降りの問題だから、きっとネットに何かあるはずと探したら簡単に見つかりました。

「ポルシェは車高が低く、乗り降りしにくいのですが、きれいにスムーズに乗り降りできるアドバイスをください。」

ありましたけど。全然参考にならない。

「乗り降りしにくいよね。
お客の納引きでポルシェは結構乗ったけど・・・最近腹がつかえる。」という答えまで。

注:納引きとは納車引き取りのこと

ポルシェは、デブ老人が乗るもの、乗せてもらうものではない?

ドライバーが先に降りてドアを開けて手を引いてくれるのを待つのがよいのでしょうか。それですと、もう完全に介護の世界ですよね。

通りすがりのご婦人が、ワンボックスしかもう乗れないんだよ! このデブ爺が! とつぶやいて通りそうないやな予感。
posted by ZUKUNASHI at 11:31| Comment(0) | 日記

2019年01月15日

そりゃ カネも払わないで田舎から野菜を送ってもらうわけにはいかないよね

2019/1/14は、好天で風もそれほどありませんでした。放射性物質が降って来るような来ないようなおかしな雰囲気でしたが、放射能で死ぬか肥満で死ぬかを天秤にかけて出かけました。

行先は、放射能の低い地域、今回は駅の南側の住宅街にある公園をいくつか回る予定。

最初に有吉貝塚公園、正午を少し過ぎたころ、日差しが強く寒くありません。ここは高台で南の街並みが見通せます。


後ろの木立の中に神社があります。晴れ着の娘さんを見かけました。


南西の東京湾の方向を見たところ。とても開放感のある場所です。


ここを降りて小川のある遊歩道を歩きます。景観はとてもよく整備されています。


この日は連れがいましたので所々で放射能を測定してみました。コンクリートつくりの階段の表面直置き0.17μSv/h。

私たちが測定しているのを見て若い母親が寄ってきました。何を測っているのかと。放射能を測っていると答えると有料で(カネをもらって)やっているのかと問います。

こんな測定にカネを払う人はいないでしょう、と答えたものの、後で考えるとなかなか面白い、鋭い発想をする方です。実際、使っていた測定器は読者の寄付で購入したものですし、ここまでの旅費もできれば寄付で賄いたいと思っていました。

質問に答えてこのブログに書いてあるようなことをかいつまんで話しました。コンクリートの表面をなぜ測るか、0.17μSv/hは他の地域と比べてどうか、どの程度危険なのか、被爆回避のために何に注意したらよいかなど。

この方は2011/3末に実家のある山陰に避難していたそうです。山陰は被爆影響が相対的に少ない、田舎から野菜を取り寄せたらよいというと、「そうそう送ってはもらえない」といいますので「ただで送ってもらおうと思ったらそうなります。運送料だって馬鹿にならないんですよ。ちゃんとカネを払わなくては。山陰の県が都内に出したアンテナショップに食品を買いに行く人もいるんですよ。ここからだと電車賃だけで相当かかりますよね」

放射能問題を知るには、どうしたらよいかと聞かれましたので、ネットにいろいろ情報があると答えます。
サイトなら規制庁のサイトをはじめとして線量率をグラフ化して変化を見やすくしたサイトなどがあります。

ここで連れが教えてあげたらと横から口をはさみました。「私もやっていないわけじゃないんだけど・・・、ツイッターにも信頼できる情報を流している人はいます。桑ちゃん、桑原さんとか何人もおられます。」

とごまかしました。とても恥ずかしくて私がこのサイトをやっているなどとは明かしたくなかったのです。

それにこの方は関心はあってもこれまでネットではほとんど情報を集めてはいないようでした。今、私のこのサイトを見始めても内容を理解するのに相当な努力が必要でしょう。トウカツという言葉も通じませんでした。

私はちょうどマスクを外していました。シャツはエリが擦り切れています。(擦り切れ始めたころのものが一番着心地が良いのです)


この方が、帰宅して私のブログを見たらきっと亭主に話すでしょう。

今日子供と公園に行ったら変な人がいたのよ。公園入り口の階段に器械を置いて見ているから何やってるんだろうと聞いたら放射能を測っているんですって。カネももらわないでよくやるわね。
すごくデブな年寄りで足取りよろよろ、ひげがもじゃもじゃ、着ているものも良くなかったし、なんか加齢臭が強くて最後までマスク外さずにいたわ。
ブログ書いているというので見てみたら、頭おかしいんじゃないと思うほど放射能の問題ばっかり書いてあるのよ。あういう人を放射脳というんだわね。きっと。
あういう変な人がこの辺に出没するようになるのは困るわね。

この方は、おそらく体調不良の自覚をお持ちなんだと思います。でも、これまで被爆に起因する体調不良などの情報には触れていない。8年経ってもこんな方が多いのだろうと思いました。

泉谷公園の池の近くのベンチで測定した空間線量率。0.08〜0.09μSv/hと低いです。


さらに東に進みます。大きな調整池。右奥に県立こども病院が見えます。


道路わきに植えられたセイヨウバクチノキ。この季節でも緑が鮮やかです。葉は光を通します。


誉田南公園で。


鎌取や誉田の辺りは住宅建設が盛んです。でも駅までかなりあります。東京から直通電車がありますが、やはり遠いです。毎日の通勤が大変でしょう。


日が陰ってきたら連れが寒いと言い始めました。熱があるようだと。手を当てると冷たいです。タブレットの地図を活用して駅に急ぎました。この辺は海岸沿いよりも少し内陸でオキシダント濃度が上がったりします。
posted by ZUKUNASHI at 21:59| Comment(0) | 日記

2019年01月14日

今日もニュースが多い

ニュースが多いです。
※ 産経 2019.1.10 16:11
CA体調悪化で緊急宣言、着陸後に死亡 全日空
 10日午前2時20分ごろ、米ロサンゼルス発羽田行き全日空105便ボーイング777が新千歳空港の東南東約980キロを飛行中、50代の女性客室乗務員(CA)が、頭痛による体調不良を訴えた。
・・・今日の放射能の記事に詳しく引用しました。脳内出血のようです。

ハワイのツルシ議員が次の大統領選に出馬表明。
・・・前から話はありました。支持できる人がいなければ自分が出ると。まだ記事に当たれていません。

CIA Director Gina Haspel may have run ‘black site’ at Guantánamo Bay, court docs reveal

ホワイトハウス嘆願署名「県民投票がなされるまで #大浦湾 #辺野古 の埋立停止を求めます」
2019/1/12 9時半時点で207,044 signed  あと7000署名で上位4番目になります。意見を述べなければ意見はないと扱われます。ぜひ署名を伸ばしましょう。
ある読者の経験
年賀状やメールでお願いしっぱなしだと、なかなか自分からはしてくれないことが多いようです。
やり方がわからない・・・など(さして興味がなければURLで見てみようとも思わないようで・・)。
選挙と同じで「もう済みましたか?」と確認しないとダメみたいです。
そういう意味では、自公のしていることは見習うべきと思いました。
本当に一握りの人が数人の知り合いにひと押ししてくれるだけで4位になるんですけどね。


今日は知人に連絡して、代理署名をやります。その人のメールアドレスにコンファーム、確認のメールが入ったらコンファームボタンを押してもらいます。

ツイッターの記事に私の知らない人が大勢現れるようになりました。できるだけ検索結果を載せるようにしていますが、手が回りません。



FARSNEWS2019/1/13
Italian Expert Describes US Sanctions against Iran as Stupid Move
TEHRAN (FNA)- A prominent Italian economic expert described the US sanctions against Iran as a strategic folly, but meantime, warned that Washington wants to continue its hegemony over the oil-rich Middle-East region.

"The US sanctions against Iran are a completely stupid move and I fully oppose them. The US aims to control oil and extend its hegemony in the region by imposing the sanctions," Stella Cabeli told FNA on Sunday.

She noted that the US seeks to take control of the Persian Gulf and oil-rich regions at any costs given the importance of energy supplies in the world.

The US withdrew from the internationally-endorsed 2015 nuclear deal in May 2018 and imposed the toughest-ever sanctions against Iran in a bid to force Tehran to make more compromises over its power components, namely, the nuclear technology, missile program and regional presence.

In relevant remarks on Tuesday, Iranian First Vice-President Eshaq Jahangiri underlined the US inability to continue pressures and sanctions against Iran for a long period of time.

"The US created al-Qaeda and ISIL but Iran confronted them and finally Trump himself was forced to acknowledge that they have spent $7,000bln in the region but gained nothing," Jahangiri said, addressing an economic forum in Tehran.

He referred to Washington's embargos against Iran, and said, "This period will not last long because the US sanctions are very irrational and lack backing."

Jahangiri said the US withdrawal from the 2015 nuclear deal indicated the country's bullying policies, cautioning that Washington did not want a powerful Iran in the region.


posted by ZUKUNASHI at 01:23| Comment(2) | 日記

2019年01月10日

ジージーの東京土産は大きな青首大根

2019/1/10、測定器の調整のため出張しました。器械器具をリュックに詰めて。

ある下町のアーケードを歩いているとスーパーの店頭に私のすねほどもある大きな青首大根が箱入りで売っていました。どれどれどこの産物?  鹿児島県かい。これは買いだ。帰りもこの道を通ることに決めて用務先に向かいました。

少し時間がかかってしまいました。用務先の方といろいろ話し込んだりしたからというのは表向きで、それ以上に器械の調整に手間取ったのですが。

帰路スーパーの店頭にはまだ大根がたくさん積まれていました。1本、2本、3本、4本両手に持つのはこの辺が限界かな。長崎産のブロッコリーも一個。

レジの女の子は、ずっーと下を向いて客を捌いていたのに、ぐいと顔を上げて私を珍しいもののようにじーっと見ました。

今日は仕事でしたからというより、日曜に孫に会いに行ったので身だしなみはそんなに悪くなかったはず。平然として袋くれる?と聞きます。

レジ袋一つに2本詰めて両手に下げます。重い!

電車の車両に幸い空席がありました。足元に大根4本並びます。すかさず、対面のおばさんの好奇心あふれた視線を浴びました。その一人置いて隣のおばさんもちらちらと。

前にいた年配男性も一瞬視線を投げましたが、なんだ大根かという感じ。

乗り換えた電車は空いていて大根を座席に置くことができましたので目立ちません。

駅からは自転車です。前かごに大根4本、ブロッコリー1個。

おっ、おっ、ふらつくぜ!

無事帰りました。今晩のおかずは大根の煮物。肉を少し入れて、豆腐も。大根が太くて輪切りにしようとしてもなかなかスパッと切れません。

まだ味が染みていませんが、この時期の大根は筋もなくおいしいです。孫に食わせてやりたいな。でも1本178円の大根を届けるだけではちょっと遠い。

孫がインターホンを指さして、「じいちゃん来る」と言っていたと聞きました。

アルゼンチンの冷凍えびを届けましたが、おいしいと孫が手づかみで食べている写真が届きました。

これから東京に出かけるときは、空のカートを引いていきます。
posted by ZUKUNASHI at 21:43| Comment(1) | 日記

2019年01月08日

下流老人の僻み 1

カネがなくて貧乏生活。ひがみも出てくるが、そこはご容赦を。これは思いついたときに追記していく。

・ボジョレヌボー 全然おいしいとは思わない。
ワインが好きなら、チリ産ワインが安くてうまい。今は、たまに料理に使うだけ。カルフォルニア産は汚染が心配。
山梨県のサドヤのワインをもらったことがあるが、これはおいしかった。高いものも安いものもあるようだ。
テキーラのDonJulio、これはうまい。7千円ほどする。もらったら大事にして水割りで呑むが、なくなったらブラックニッカ。落差が大きすぎ。
ペルーのブドウ果汁を原料とした蒸留酒ピスコも飲んだことがある。これもうまかった。度数が高い。自分では買わなかった。

・マロングラッセ 要するに栗の甘露煮、甘栗で十分うまい。

・フォアグラ コレステロールの塊。焼き鳥屋で食べる鶏のレバーと変わらない。 

・キャビア おいしいものだとは思わない。少し生臭さがあるので、秋田の「とんぶり」に塩を効かせて生臭さを加えれば同じ。

・トリュフ(セイヨウショウロ) 自分は食べたことはないと思う。キノコで変わった香りだそうだ。白トリュフの香りはガソリンや漏れたガスのにおいとも。マツタケやシメジのほうがよほど上。キノコはもう食べないが。

・各種チーズ いろいろな種類があってうまいとは思うが、料理用にNZ産クリームチーズを買うだけになった。乳製品は原則食べない。

・高級チョコレート いろいろ乳製品や添加物などが入っている。昔は外国土産の定番だったが、今はもらっても食べない。脂肪分が高すぎる。

・バレンタインデー ばかげた風習

・パリのオムレツ 一人分が多かった。健康に悪そう。

・ロンドンの朝食に出るビーンズ 今なら楽しめるかも。あそこはおいしいものはない。

・ロシアの黒パン これはうまいと思う。ロシア人は、この匂いをかぎながらウォッカを飲んだと言う。放射能が少し高いと聞いた。

・洋ナシ 外国にいたときよく食べた。アイスクリームなどよりよほどうまいと好物だったが、福島第一原発事故後、山形産、新潟産どちらも食べていない。

・果物の王様ドリアン そんなにおいしいだろうか。子供のころドリアンというアイスキャンデーがあった。あれが懐かしい。
こちらはドリアンの野生種のようです。


・果物の女王マンゴスチン これは文句なしにおいしい。

・ライチー うーん、難しい。

・加工用バナナ 南米で食べた。少し甘いイモ。いけると思った。日本で売っていたので買ってみたが、全然別物だった。

・マンジョカ・キャッサバ タピオカ澱粉を作るイモ 茹でたものを食べてみたかったが機会がなかった。

・ビンロウ ご存じない方がほとんどだろう。台湾に出張した知人に買ってきてもらった。ヤシ科の植物の種で噛みタバコに似た使われ方をすると聞いて試したが・・・。台湾ガムとも呼ばれるが、発がん性ありとされている。

・霜降りの高級牛肉 ホテルオークラのレストランで霜降りの分厚いステーキをご馳走になったことがある。その晩、胃がもたれて困った。20年位前だったろうか。それ以来、和牛は敬遠。福島第一原発事故前から和牛を食べていないのは、そのせいだ。怪我の功名?

・あわび アワビの刺身に付いていたワタで中毒したことがある。顔の筋肉が麻痺した。牡蠣はその後も少しは食べていたが、今は貝類は食べない。

・イセエビ・ロブスター 結婚式の料理の定番だが、身が少ないし味がいいとも思わない。あれは飾り物だ。

・老舗の高級羊羹 一口一回食べてみれば十分。現金が箱に入っていれば何度もらってもありがたいが。 

・恵方巻き 商業主義による迷信の最たるもの。事故があるそうだ。

・しゃぶしゃぶ 湯でこぼしという面では意味があるかもしれないが、わざわざサシの入った高い肉の脂を落として食べる意味が分からない。

・油こってりのラーメン 昔ラーメン店を自営していた人から聞いたが、ラーメンの汁の油は酸化しやすく常温で一晩置くと腹を壊すと。酸化防止には、熱いうちに冷凍庫に入れて急速に冷やし、翌朝まで低い温度で冷やしておかなければならないのだと。考えたら、家系ラーメンは食べたことがない。

・アボガド これはよく食べている。ただ食べごろをとらえるのが少し面倒。(whiteさんはワサビ醤油ですか、管理人は最近キムチと一緒に食べたり、いろいろです)

・ハネジューメロン これも野菜代わりに。めちゃ甘いものもあるが、スーパーに並ぶ安物はあまり甘くないので。漬物にも出来ると思う。(そうだ! 甘くなければキムチに加工してみよう。カリフォルニア産は避ける)

・マトン 食べ方を教わりやってみたが、イマイチ、また食べたいという気が起きない。中東で肉と言えばこれだから調理法もいろいろあるはずだが。(オセアニアにお住まいの方が、「そのままでもおいしいじゃないですか!」と言っていましたが、プレーンで常食できるようならそれはそれで立派です。)

クスクスはマトンのはずだが、臭みは感じなかった。なぜだろう。クスクスは粗挽きの硬質小麦を蒸してマトンの煮汁をかけて食べる。

・・・・・

Sさんから寄せられた「下流中年の僻み」

海外には後にも先にも新婚旅行のサイパン(二泊三日)以来行った事なし。国内旅行も素泊まりのみ(ロードサイド型ホテル)一泊ウン万円の温泉旅館など夢のまた夢。
車は全てポンコツ中古車、新車など買えない(買った後に調べたら茨城の中古車だったので売却予定、どうせ値がつかない)。
酒もタバコも○も、もちろんギャンブルもやる金は無し。
服はユニクロ、サイズの合わなくなったズボンを無理やりはいてベルトで固定 。
家は賃貸アパート、狭い家でひしめき合って生きている、一番大変なのは折り畳み簡易ベットの上げ下げ、指を何度挟んだか(今後も家を買う予定は無し、出来るなら自分達も早く移住したい)。
床屋はいつも1000円カット(髭を剃ると肌荒れするから別に良し)。
外食は殆ど出来ない。家族で行くと一食に数千円も勿体無くて払えない。腕時計はAmazonでタイムセールで1000円のCASIOのもの、靴下は流行りの指穴開きモデル

「下流中年の自慢」
線量計は二台所有。食品は外国産を中心に(行った気分で)。お金が無いのを知ってる友人達が知恵を授けてくれる。そして中古品を色々もらえる。
前の住人が光ケーブルを引いてくれていたのでネット料金が安く済む。子供達が一応遊んでくれる。人間ドックはお金がなくて10年受けてないから被曝もしてない。
両親と両祖母が健在(99歳と93歳)、ちょっとやそっとでは壊れない、頑丈に産んでもらった。
そして最後にずくなしさんのサイトに出会う事が出来、被曝回避の知識を得る事が出来た事 真偽はご想像にお任せします。

壱番屋創業者 宗次徳二氏を連想しました。
外食できない→結果として被曝回避徹底
食品は外国産を中心→同じ効果
酒もタバコも○も、もちろんギャンブルもやる金は無し→ギャンブルやるカネはなくても移住のためのカネはあるでしょう。今が使い時です。そのうち、代わりに使ってあげるという人が押し寄せます。
サイズの合わなくなったズボンを無理やりはかずに痩せましょう。管理人は3kg痩せただけでズボンがだいぶ楽になりました。
サイズが合わずに無理やり穿いてベルトで止める?! えっ、もしかして痩せたんですか、ほっそりと格好良く。
散髪は、電動バリカンがお勧め。管理人は髭剃りの際にはまずバリカンで無精ひげを短くします。10年近く使ったバリカンを更新しました。7千円弱。管理人と違って髪の量が多いから無理? そんなことありませんよ。管理人だって10年前から今のように髪の毛まばらだったわけではありません!
posted by ZUKUNASHI at 22:17| Comment(7) | 日記

2019年01月07日

孫が遊んでくれた日

※ ナナチル@アダルトチルドレン @burytheold氏の2019/1/4のツイート
私は二人のおじいちゃんを見てしまった。
一人は「孫と遊んでやった」と言い、もう一人は「孫が遊んでくれた」と言っていた。
していることは同じだけど、幸せなのは後者の方だよなぁと。
いつも人に対して「自分がしてやった」と思うのか「自分もしてもらった」と考えるのかで景色が変わるんだなぁ。

・・・引用終わり・・・

管理人は、2019/1/6、孫に遊んでもらいに出かけました。人形を買って、もらった絵本、衣類、アルゼンチン産のエビを持ってガラガラとカートを引いてリュックを背負って。

会って泣かれました。でも、そこは年寄りの知恵で人形を取り出して見せると機嫌が直ります。

今日は、私がジージーであることを認識してもらいました。私を指さしたのでわかっている?

孫がテレビの前で体を動かし、一緒にやろうと私のほうを向きます。一緒に手を振ったりしていたら、あああっ、ズボンがずり落ちて白い股引が丸見え。

少しだけビールを飲み、ワインも少し。3時間ほどで辞去しました。もう少しするとおむつも取れるはずなので、そうなれば孫と二人で留守番ができるように少しずつ友好関係を強めていかなければなりません。

孫は、テレビを見ているし、同年代の子供と触れる機会を作っているので、日本語のほうが早いようです。やれやれ。

孫に遊んでもらうためにはどうする? もう子供の速い動きにはついていけません。アンパンマンなどの漫画の主人公に親しんで絵本を見て何を言おうとしているか、察知できるようにならなくてはいけません。

歌を歌えるわけでもなし、どうやって孫の関心や興味を引き付けるか。その前に正しい日本語を話すようにしなければ。課題は多いです。

就学間近の子供を持つ親御さんが「たくさん食べてたくさん出して、そしてたくさん遊んでいます。このまま育ってくれることを祈るばかりです。」と書いておられます。

親にとっても子にとっても容易でない時代になってしまいました。

・・・・・・

話が全く変わりますが、私は昨日、自分が相好を崩しているであろう時にセルフィーで自分の顔を撮りました。

いつも携帯しているタブレットは音声に反応してシャッターが落ちます。タブレットのレンズを内向きにしておいてバシャバシャと撮影。

今日冷静なところで画像をチェックして一番好みの自分の画像を選び、トリミングして息子たちに送りました。

「葬式写真保存しておいてくれよ、いつ何があるからわからないから」というのが本音です。

わずかに微笑んでいるが歯が見えない、そして割と真面目(そうに)に見えるものです。

子供に送ったメールには、誕生日が過ぎて7*歳になったことを書きました。幸い元気でいることを示す画像として葬式写真を添付。

これだけ急死が増えると適当な写真がなくて慌てるケースもあるでしょう。家族の写真を撮っておきましょう。

今は、デジカメやスマホで写真が撮れます。バシャバシャ撮っておいて、その中から表情の良いものを選べば良いのです。真正面でなくて少し斜めから。視線は撮影者のほうに向いていないほうが良いかもしれません。

その人の生き生きした表情の瞬間をとらえるのはプロの写真家でも難しいです。器械の進歩で素人でもそれなりの写真が撮れます。

器械の取り扱いに慣れた人は、家族全員の顔写真を撮っておきましょう。相手が緊張しないようにスマホなどで。ある程度広い視野が映り込むようにして撮れば、顔の部分を拡大して使うことができます。

正装した時でなくても可。むしろみんながリラックスしているときのほうがその人らしい良い写真が撮れます。
posted by ZUKUNASHI at 12:03| Comment(2) | 日記

2019年01月04日

外でフリース羽織っている人 ホコリ運搬人 そばには行かない

※ cmk2wl @cmk2wl氏の11:04 - 2019年1月4日 のツイート
イギリスの研究チームは、ポリエステルの毛布、フリース、シャツを洗濯し実験。
フリースがもっともマイクロプラスティックを放出し、一回一点の衣類から最大で 1900本以上のマイクロファイバーを放出していた。

※ cmk2wl @cmk2wl氏の11:04 - 2019年1月4日 のツイート
フリースのジャケットを 1回洗うと最大で 2グラムのマイクロプラスティックファイバーが。さらに24時間洗濯機を回すと、洗い込んだジャケットは新品より 25%もマイクロプラスティックファイバーを放出。

※ 太陽と月と大地 @AIPf94KzajOVg17氏の2019/1/4のツイート
返信先: @cmk2wlさん、@kazu8hokkaidoさん
横から、すみません。
身につける物はできるだけ自然素材のものが良いのですが、見落とされるのが、
壁紙です。今の壁紙は、紙ではなくプラスチック。放射能や電磁波(放射能も電磁波の一種)に晒されると、劣化激しく、粉状になったり綿埃のようになったり。それを吸い込んでいます。

posted by ZUKUNASHI at 21:37| Comment(0) | 日記

まったくもって 腹の立つ正月

東大名誉教授の論文を巡り、大スキャンダル発生。個人情報の同意なしの利用に加え、論文内論理の重大な誤り。

早野某一派の安全論を支えにしていた人は、2階から突き落とされることに。

※ おーちゃん @aki_ohchan氏の2018/12/30のツイート
「データを語って『大丈夫』と言っている、思想じゃない」
と豪語した科学者が、
「データを間違えた」
で済むわけない。謝罪もしてない。
今まで早野氏の主張を根拠に「放射能安全」を説いていた人たちは、なんで怒らない?糸井重里氏は? https://buzzap.jp/news/20181229-hayano-ryugo-lie/

※ Buzzap!社会 @Buzzap_Social氏の2018/12/29のツイート
2018年12月29日
ずっと嘘だったんだぜ。

「福島の放射能は安全」と言い続けてきた早野龍五東大教授、個人被曝線量論文で無断提供の線量データを1/3に改ざん捏造していた | BUZZAP!(バザップ!) https://buzzap.jp/news/20181229-hayano-ryugo-lie/

※ hiroshi ono @hiroshimilano氏の2018/12/30のツイート
要はこれ、原子力ムラからお小遣いもらうためにずっと嘘ついてたんでしょ。人間のクズだね。豪勢なお小遣いだったのだろうけれど。

「福島の放射能は安全」と言い続けてきた早野龍五東大教授、個人被曝線量のデータを1/3に改ざんしていた
https://buzzap.jp/news/20181229-hayano-ryugo-lie/

※ Soul Riot @JpnRiot氏の2019/1/3のツイート
単なる計算ミスではなく、健康に関わる個人情報を本人に断りなく使用した上に、KEKの黒川さんが指摘するように物凄く不自然な計算ミスです。にもかかわらず、謝罪も釈明も説明もなく、呑気に歌舞伎のツイートをしてる早野さん。モラルがおかしいでしょ。倫理とかどこですか?

※ Shoko Egawa認証済みアカウント @amneris84氏の21:29 - 2019年1月2日 のツイート
返信先: @ham141872057さん、@KazuhiroSodaさん
あなた方は、生まれてこの方、1度の計算ミスもしたことがないのでせうね。


※ Hironobu SUZUKI氏の2019/1/3のツイート
Hironobu SUZUKIさんがShoko Egawaをリツイートしました
算数ドリル扱いですか。論文で致命的な計算ミスしてるのに幼稚な反応。下手すりゃ(いや下手しなくても)捏造扱いされてもおかしくないのに。でも素人さんの感覚ってこんなもんなんだろうな。

※ 想田和弘認証済みアカウント @KazuhiroSoda氏の2019/1/1のツイート
僕は放射線に関しては専門家じゃないし、早野龍五氏らが出してくるデータや計算については批判・検討する能力などない。しかし東電や政府を絶対に批判しようとせず、安全とは言い切れぬはずのことまで安全と断言する早野氏の言動には、高度な政治性と胡散臭いものを感じてきた。

※ 想田和弘認証済みアカウント @KazuhiroSoda氏の2019/1/1のツイート
だがそのことを指摘すると「科学に政治を持ち込むな」だの「福島の敵」だの「科学オンチは黙っていろ」などと四方八方から激しくバッシングされて驚いた。科学に政治を持ち込んでいるのは早野氏の方なのに、分かりやすい政治的言説を避けて客観性を装うのが巧妙なので、無色透明のように見えてしまう。

※ Shoko Egawa認証済みアカウント @amneris84氏の21:19 - 2019年1月2日 のツイート
返信先: @KazuhiroSodaさん
すみません、早野氏が「科学に政治を持ち込ん」だというのは、どの発言でしょうか?具体的にお示し下さい。早くからデータを黙々と可視化し、給食の計測をし、子供の被曝量を測り…そういう活動とともに研究もされていた同氏に「政治性」ほど似合わない言葉はないように思うものですから。
・・・この発言には管理人は腰を抜かすぜ。みんなごまかしが目的と見えていた。検出限界の操作をはじめとして。事実経過と実態を知らない者のたわごと

※ ttxp 準強姦もみ消し事件にもっと怒ろう️
‏ @ttxp_fctn7007氏の2019/1/2のツイート
返信先: @amneris84さん、@KazuhiroSodaさん
「東電や政府を絶対に批判しようとせず、安全とは言い切れぬはずのことまで安全と断言する早野氏の言動には、高度な政治性と胡散臭いものを感じてきた。」が、その答えになっていますが?

※ Shoko Egawa認証済みアカウント @amneris84氏の2019/1/2のツイート
「安全と言い切れぬはずのことまで安全と断言」って、何についての、いつの発言でしょうか。

※ ttxp 準強姦もみ消し事件にもっと怒ろう️
‏ @ttxp_fctn7007氏の2019/1/2のツイート
その前に、「自然科学的言動も政治性と無縁ではない」ことは、理解されたのですか?

※ Shoko Egawa認証済みアカウント @amneris84氏の2019/1/2のツイート
要するに、ご自分が望む政治的発言をしなかったから、「政治的」でけしからん、ということのように聞こえますが。ローラさんを非難する心の動きと、あまり変わらないような…

※ ttxp 準強姦もみ消し事件にもっと怒ろう️
‏ @ttxp_fctn7007氏の2019/1/2のツイート
そうではなくて、自然科学について語る場合も、なんらかの政治的立場に与する政治性が不可避である以上、政治的に無縁な立場を気取ること自体が一つの政治的立場であるということです。ノンポリが実際は極めて政治的であることと全く一緒の話です。

※ imai tko @imaitko氏の2019/1/36のツイート
9 時間9 時間前
返信先: @amneris84さん、@KazuhiroSodaさん
該当ツイートはすぐに出てきませんが、早野氏の過去のツイートで、福島に関して"科学的には厳密には言い切れないことも、これからは言い切ってしまうことにした"という旨の発言がありました。その時から早野氏は科学者であることをやめたんだなと思いましたね

※ 民主主義を取り戻す @wHYLhvnLDoDm4ki氏の2019/1/2のツイート
そのデータが間違っていたと言われてますよね。一生懸命にデータをとっていたことで、データの不正確さをカバーできますか。そんなわけないでしょ。

・・・・・

追随者または支持者とみられる人たち
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210氏
kikumaco(1/8,18ベアーズ)氏
Haruhiko Okumura @h_okumura氏
糸井 重里認証済みアカウント@itoi_shigesato 氏
Shoko Egawa認証済みアカウント @amneris84

これらの者の安全安心論で慢心していた方々は、早晩付けが来ます。お分かりですよね。覚悟はできていますよね。

このブログの記事を@hayanoで検索するとヒットするのは、次の5件だけです。キャプチャー画像に@hayanoが出てくるものもあると思いますが。管理人はまったく@hayano氏のツイートに読む価値があるとは思っていませんでした。それゆえ引用もしていません。

2018年11月14日
今日の放射能備忘録 179
※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2018/11/7のツイート
返信先: @hayanoさん
Koichi Kawakamiさんがryugo hayanoをリツイートしました
早野氏がまたいいかげんなことを仰っています。検査した結果、「悪性ないし悪性疑い」の小児甲状腺癌が見つかっていることをどうお考えになるのでしょうか?

※ ryugo hayano認証済みアカウント @hayano氏の10:03 - 2018年11月7日のツイート
【SYNODOS】「甲状腺スクリーニング検査を実施しないことを推奨する」――IARCの勧告/ https://synodos.jp/fukushima_report/22298
(これ,まだ一般紙やTVは報道していない?)

2016年04月04日
今日の放射能 備忘録122
※ nagaya@nagaya2013氏の2016/3/17のツイート
「偽訳」とは言い当てましたね。早野氏@hayanoのツイートは放影研、IAEA、JAEAの意向をくんだものだととは思ってましたが。ここまで露骨だと、もはや科学者ではなく「宣伝担当」としての顔が前面にでちゃってます。つまり下手。
https://mobile.twitter.com/YuriHiranuma/status/710648947774099457

2016年03月15日
今日の放射能備忘録 121
※ きむらとも ‏@kimuratomo 氏の2016/3/5のツイート
科学的に立証されていないことを「科学的に問題ないと断言」してしまった早野龍五氏@hayanoという「学者」、科学者としての地位と名誉とプライドを、今日、全て棄て去った。それが「原子力のため」なのか「国策のため」なのか、引っ括めて「東大のため」なのか、それは知らんが、哀れなことだ。

2015年07月18日
今日の放射能備忘録 102
※ サイボーグ001 ‏@cyborg0012 氏の2015/7/4のツイート
@drsteppenwolf @hayano 早野氏も玄妙氏と同じく過剰診断者でしょう。あなた方の見解は、早期発見を遅らせ、進行がんを放置させ、外科治療を困難にさせ、癌の再発リスクを高め、結果的に子供の生命に危害を加えていることになる。その倫理的な責任を一生背負ってください。

2013年05月27日
2013/5/23 日本原子力研究開発機構の原子力科学研究所で事故 福島第一原発日々放出量の1年分以上の放出量
posted by ZUKUNASHI at 00:52| Comment(0) | 日記

2018年12月10日

何にコンプレックスのある男性に慰めになる?

The Guardian2018/12/7
My life in sex: ‘An enormous penis isn’t without complications
The man with a big penis

全部読んでいませんが、日本人でも大きい人ほど、役に立たなくなるのは早い傾向があります。もともとあれが活力を増すときは血管の出口をしっかりと閉めたうえで心臓に負担がかかっているはず。血圧を下げるために降圧剤を飲んでいて、若い時と変わらない元気などありうるわけがありません。

バイア〇〇が使われ始めたころ、会社の経営者などの接待時のお土産にバイア〇〇が渡されることも少なくありませんでした。

今はどうか知りません。会社の経営者などとの付き合いはもともとないので。

バイア〇〇は、もともと毛生え薬ではなかったのではないでしょうか。その後ブルーアイなどの副作用がない薬が開発されて、今、出回っているのは別の名前のものでしょう。

昔、開業医が処方箋も出さずに引き出しから薬を取り出して売っていたとかの話もありましたので、薬の卸売り業者が医師に渡していたのかもしれません。

お医者さんももともとフツーの人なのです。

これだけ循環器系の不調が多くなれば、あちらにご縁がなくなっている男性多いでしょうね。薬も効かないのでは。
posted by ZUKUNASHI at 11:29| Comment(0) | 日記

2018年12月01日

何者風にするか悩んだ日

知り合いの主婦から紅葉を見に行こうと誘われ、2018/12/1、私の知っている近場に案内しました。

この主婦、その年代にしてはスタイルもよく、着ているものも見る人が見れば高級品と分かるもの、容貌も悪くない。ただ関西人で口が悪いという一緒に歩くには少し気を使うウォーキングの道連れです。

私がしかるべき格好をしていれば(つまり高級品で身を固めていれば)夫婦に見えるでしょう。スリムな妻にでっぷりおやじ、金持ちは概してそうですよね。

何者風の衣装にするか思案しました。家事使用人の爺や風、庶民的な服を着た単なる案内人風、要介護老人風、不倫関係風(これは無理)、残念ながら今着て電車に乗り外を歩けるものは限られます。面倒なこともしたくない。

結局、ひげの手入れをして、カーキ色のシャツ、トレーニングパンツにウィンドウブレーカー、スニーカー姿で出かけました。キャップ、マスク着用。いつもと同じですね。

主婦もどちらかというと、派手な服ではありませんでした。まあ、どんなカップルと見られたかわかりませんが、注目されたのは外見ではなくで彼女の関西弁のおしゃべりでした。そんなに間違ったことを話しているわけではないのですが、かなりのウヨクでかつ辛辣。



目的地について一休み。私は屈みこんでスマホの写真を確認していました。主婦としゃべりながら。ふと顔を上げるといつの間にか前のベンチに座ったカップルが、なにこの人たち? という感じで見ています。すぐに主婦を促してベンチを去りました。

今年の紅葉はいつもより遅いです。まだ緑のままのモミジも。




以下は植物園で撮影。スツールに最適? ただし尻に棘が。




これご存知ですか。マダガスカル産の多肉植物の一種です。アデニア・グラウカ(トケイソウの仲間です。Adenia glauca・幻蝶かずら) これだけ大きなものは、オークションで買うと何万円もします。




よく道を知っているとほめられました。主婦は毎日歩いています。また行きましょうと言われませんように・・・。

サンザシです。この木はめったに見ません。でも小学校でチリ紙をくしゃくしゃにしてピンクの色を付けた造花はこれの花に似ています。
posted by ZUKUNASHI at 18:31| Comment(0) | 日記

2018年10月29日

楽しくない写真ばかりだと気が滅入ります


ピンクフロイドのロジャーウォーターがブラジルでの公演で大統領選挙の最有力候補で右派の元陸軍将校ジャイル・ボウソナロに反対する発言を繰り返し、当局から選挙前日10/27の午後10時以降に選挙について語ったら選挙違反で逮捕されるとの警告を受けました。主催者側が冷や冷やしながら見守る中、ロジャーウォーターは2分前に語りを止め会場暗転、大きなディスプレイに文字が表示され、10時ジャストにそれが消えたと伝えられています。75歳、信条、行動に見合う風貌です。
Roger Waters dodges arrest with a last-minute slap at Brazil's Bolsonaro





Michelle performed by Tatyana Ryzhkova
Beatles Michelle, arrangement for guitar was made by G. Anellino. Thank you for supporting me on: https://www.patreon.com/tatyana

以下はFARSNEWSから。グルディスタンにザクロの収穫期が来ました。

険しい山岳地帯です。男性は着物とモンペのような服を着ています。

この男性はヘソの少し上に帯をしています。よーくわかります、その事情。

皮をむいて実をほぐして果汁にしています。強心効果があるといっても面倒でそんなに食べられたものじゃない。



煮詰めています。

場所はここです。
posted by ZUKUNASHI at 09:36| Comment(1) | 日記

2018年10月28日

スマホデビューを音楽隊が祝ってくれた日

2018/10/28は、バラマキスマホをもって出かけました。カメラの性能を試すのとオフラインでどの機能がどれだけ使えるか試すためです。

目的地の駅で下車して歩き出すと、ほどなくブラスバンドが演奏を始めました。船橋市消防局音楽隊が、私のスマホデビューを祝うために待ち受けていてくれたのです。(私は日々の行動予定を公表していないのによくわかったと感心感激しきりでした。)



あまり楽しくないコースでした。結局白井駅に抜けて帰ってきましたが、船橋市が散策コースなどと称しているコースは道は狭く、歩道もなく、危険極まりません。

車の通行の多い道を避けるためにGoogle mapを使いました。昨晩下調べした時のキャッシュが残っていたらしく縮尺の大きい地図はオフラインでも見ることはできました。

とても便利です。アンドロイドバラマキケータイで見るとGoogle mapはオンラインではかなり細部まで表示されます。

でも、こういうものを使うのは、私に取っては邪道なのです。私の原則は、「道がわからなければ人に尋ねる」なのです。

いつも的確に教えてもらえるとは限りません。ですが、その地域の人が通りすがりの者にどう対応するかを調べるのはこれが一番なのです。それによって、いろいろなことがわかります。壮年男性、中年女性、若い男性、若い女性。

私の長い経験からすると、道を教えてもらうことに関しては、若い男性が一番です。女性は概して主観的な説明をします。自分の日ごろの体験の範囲を超えませんから、車を使っている人は歩くとどれくらいの時間がかかるかは、答えられません。

高校生以下の女性に道を聞くことは、もともと無理なんだと思います。彼らは、地理なんかには関心がない。

年寄りもこれまただめです。出歩いておらず、家族の運転で送り迎えしてもらっていますから新しい道や街路を覚えるはずがない。

道を尋ねたあと、世間話に発展することがありますが、これがとても有益なことが多いです。ですが、これは完全に相手次第。世の中を観察していない人とは話が発展しません。

ゼロSIMで外出時にもアンドロイドスマホでネットを使えるようにするか、アイフォンで表示される程度の詳しさの地図で我慢するか、考えます。

帰路、電車の中でスマホを取り出して、いじっていたら反対側にいた若い男性が目を丸くしてみていました。ホームレスと見まがう白髭のデブ爺がウィンドブレーカーのポケットからタブレットスマホを無造作に取り出していじったりするのが、その若い方には新鮮だったのでしょう。

ギャラリーというアイコンをタップしたら今日撮った画像を見ることができたので、画像チェックをしていただけなのです。文字入力はしていません。

あまりにその人のびっくり具合が大きかったので、アイフォンも取り出していじって見せればよかったかな、今日はもっていなかったが測定器付きのWindowsタブレットパソコンも出したりしまったりしたら、もっと楽しんでもらえたかもしれないと思ったところです。

往路では、タブレットパソコンを出していると隣の若い女性が覗き込んできました。今度から、そういう時はこのブログの英語記事を呼び出して読んで見たり・・・、タブレットパソコンで若い人を挑発する楽しみが増えました。
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | 日記