日記: ずくなしの冷や水

2022年09月30日

季節の便り

posted by ZUKUNASHI at 22:48| Comment(33) | 日記

2022年09月20日

伊勢湾台風級を上回る台風


大型の猛烈な台風 第14号

2022/9/18、午後1時、管理人の住まいでは、強雨と雷鳴です。地上では風がほとんどなし。気温29.2度。一瞬停電しました。パソコンは電源を落とします。


2022/9/19、午前9時、気温29.1度。空は晴れて日が差しています。

伊方原発のある伊方町では空間線量率が0.025μSv/h上昇。

2022/9/20は夕刻一時雨や風がやみましたが、夜半から強い風。

9/20正午現在では、雨も上がったようで南風もほぼ収まりました。倒していた鉢の植木を起こさないといけません。

ご無事だったでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | 日記

2022年09月18日

窓ガラスサッシから雨漏りして床が水浸し


posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(0) | 日記

台風時に一番危険なのは「ドア」

posted by ZUKUNASHI at 21:33| Comment(0) | 日記

2022年09月14日

アルマジロの防御態勢

posted by ZUKUNASHI at 15:11| Comment(0) | 日記

2022年09月12日

歩く楽しさ歩ける喜び 2022年夏

2022/9/11、雨がなさそうなので近いところへ出かけました。福島第一原発事故で濃厚汚染地帯となった地域ですが、放射能はだいぶ減衰しています。

JRの新八柱駅はホームの北の端に出口がある地下駅です。この駅の辺りは高台になっていてそれで地下駅になっています。
外に出て少し歩くと、街が全体的に大変明るいです。なぜだろうと見回して考えました。高い建物が少ない。それだけではありません。空にぽっかりとした大きな雲がいくつも浮かんでおり、それからの太陽光の反射があり光が四方八方からきているのです。高台ですから、空が広い。明るいのに人の影がありません。家にも陰ができていません。

これは初めての体験でした。
新八柱から少し西に行くと稔台です。新京成の駅があります。特に目を引くものはありません。住宅街に入ります。狭い道に沿って年数を経た家が並びます。どの家も庭に少し木や花が植えられています。

休もうと思ってもこういう昔からの町並みは、公園がないのです。休み場所を探してきょろきょろしながら歩いて行ったらそれらしきものがありました。神社があり、ブランコなどの少しの遊具のある広場に「稔台開拓50年記念碑」がありました。座る場所もなく、ブランコも親子が使っています。少し待つと親子が別の遊具に移りましたので、ブランコに腰を下ろします。しばらく休んでいると、夫婦に連れられた幼児が広場の入口でもじもじしています。ブランコから離れて歩き出します。「空いたよ! どうぞ」と声を掛けましたが、なにも応答はありませんでした。

住宅街を下り河原塚小学校の近くから崖沿いに低いところを歩きます。
まてばしい通りの国分川にかかる橋に出ました。さあどっちに行くか。あまりきれいな感じはしませんが、国分川沿いの遊歩道を歩きます。この道は、なぜか中高年男性としか行き合いませんでした。

帰路の電車利用を考え、ほどほどのところで東に向かうことにしました。南に行けば北総線、秋山駅が近いですが、最近何度か行っています。斜面林が切れる辺りで高台に上りました。松戸東小学校。その前から南西方向を見ています。

この辺から住宅街が始まります。公園を見つけて昼飯にしました。若い男性が3歳と2歳とみられる男の子を遊ばせていました。ラジコンカー、簡易バドミントン、シャボン玉、サッカー。家が近いらしく、次々にいろいろな遊具を持ち出してきます。この若い父親が子供を遊ばせるために日ごろから用意してあったのでしょう。よーくわかりますが、なかなか思っていたようには遊んではくれないものです。

帰り際、元気な男の子二人で楽しみですね。今は大変でしょうが、こんな風に遊んでもらえるのはほんの一時ですよ。せいぜい楽しんでください、と声を掛けたら、笑顔で答えてくれました。子供たちがさよならと挨拶してくれました。

エントランスにガードニングの家がありました。なかなかきれいです。でも普通見るエントランスのガードニングとちょっと趣向が違います。男性がやっているのではないかとの思いが頭をかすめました。植木で隠れたところに男性がおられたので声をかけてみました。やはりご主人がやっておられるとのことでした。

まだそれほど年数が経っていないようですから、これからどんどん腕を上げてにぎやかにきれいになっていくでしょう。

近くの家は、樹木で庭を作っていました。この葉の大きな木にはモミジの翼果が見られます。写真を撮ろうとしていたら、木の下に男性が椅子に掛けて本を読んでおられたので声を掛けました。モミジの木だとのことでしたが、それ以上はわからないとのことでした。この日は、木陰で読書も気持ちよいでしょう。


垣根に巻き付いていました。


こちらも同じ。花が目立ちますし、開花の期間も長いはずです。


クサギです。公団住宅の外周の斜面にあり大きく育っています。


今日は自転車で倒れるという失態を犯してしまいした。自転車置き場から走り出して信号待ちのために道の端で止まっていたのですが、いざ走り出そうとしたら力が入らず、バランスを崩してドウダンツツジの植え込みに倒れてしまったのです。通りかかった若い方が手を引いて起こしてくれました。いやー、恥ずかしかったですし、ありがたかったです。怪我はありませんでした。こういう事件が増えていって、老いを知ることになるんですね。

2022/9/3、天気は今一つの見込みでしたが、暑さも終わりに近づき、発汗促進のため出かけました。林の中を歩くには曇り空で元気が出ないので街中を歩くことにします。

勝田台から四街道駅までを計画します。直線距離で7から8km。結果は
12kmでした。最後は腰が痛くなって前かがみになって駅にたどり着きました。

駅から歩きだすと公団住宅かと思われる建物。駅前で1階が店舗、便利だったでしょうが、今は閉っている店舗もあるようです。

この地域にはテラスハウスが多いです。あまり人の姿が見られません。


年代物のシボレー。ナンバーもついていて現役です。こういう車は次第に価値が上がるんだそうですね。ガレージに入れたいところですが。

いくつか公園を通りましたが、子供の姿が見当たらない。公園の広場は草ぼうぼう。植栽樹だけは元気が良いです。勝田台は八千代市です。船橋市に比べるとやはり財政力の弱さを感じます。

駅前から延びる道をどんどん歩いていくと、家並みが多様化し、道路も曲折が多くなって宅地の終わりを感じさせます。畑に出ます。家庭菜園で老人男性が作業していましたが、ここは野菜よりも花の栽培が多い。

芙蓉です。前方へのふくらみの感じが何とも言えない。女性の豊かな胸を思わせます。

冬瓜の花です。カボチャやキュウリ、ウリの花は見分けがつきません。

貸農園の隅に鶏頭といくつかの花

これわかりますか? ゴマです。下のほうから順に花をつけてその後に種の入った鞘をつけます。

倒伏していた株の鞘を取り、中を開きました。種がわずかしか入っていません。本来ならびっちりとゴマ粒が並びます。

しばらく楽しませてもらってこれも終わり。狭い道から道路に出ます。
これは見た記憶がありますが、名前が出てこない。

ウメモドキ。花のない時期にきれいです。

ここで低地の田んぼに出ました。でも、低地から見る緑が少ないです。片側に立派な護岸があります。川沿いの低地の道が良くないので高いところに上がります。み春野の団地でした。ここから千葉市の花見川区。
み春野の団地の家並み

稲刈りが始まっていました。高台から見下ろしています。

エゴノキの種 今年は種の多い木が目立ちます。最後はどうなるんでしょう。熟して鳥が食べる?

この団地の中の公園で休み、道を確認しようとしますが、ロケットモバイルの格安SIMを入れたタブレットの地図がぼやけて表示されます。団地があるのに千葉市の緑区の山の中と同じです。

団地中央にある公園、ここも人が少ないです。

地図で詳しく経路を確認できなかったために宇那谷第2緑地に入り込み500m行ってから引き返しました。千葉市の公園などの管理当局は、「この先行き止まり」の看板をなぜ掲げられない?

ロケットモバイルの神プランで最近は空中写真のマップが表示されるようになったのですが、ぼけて細部が確認できないのでは遭難の元です。

高台に出ます。この辺は鹿放ケ丘というはず。畑地帯ですが、東京から遠いために松戸のように野菜栽培で高収益を上げることはできませんでした。落花生はその点では優れた換金作物だったでしょう。

秋野菜の準備ですね。

昔からの畑地帯の道路が工場や倉庫が作られて行き止まりになっています。幹線道路を歩きますが歩道がなく危険。畑の中の道を行くと高速道路にぶつかりました。橋を渡ります。家がある地域に入りますが、依然としてゆっくり歩けるような道路がないために、住宅地に入ることにします。住宅地は少し低くなっていて駅前のビルが見えます。

ここの住宅地は低層住宅がずーっと続いています。見るべきものがない。それに一休みする公園もない。とにかく歩き詰めに歩きました。最後は駅前から延びるメインストリートを歩きましたが、大型電気店にイトーヨーカドー。まったく楽しくないです。

それでも駅まで歩きとおしました。バスに乗ることも考えましたが、そんなにバスは走っていない。後で地図で確認しましたが高台を降りて低地を歩くと、ごみや廃材置き場などが多くて、こちらを歩いても楽しくなかったでしょう。八千代市、花見川区、四街道市と抜けましたが、二度と行く気はしませんね。

2022/8/14、軽めに5.4km。でも出るときと帰った時で体重が2.5kgは違いました。


よく通る道ばかり。マンションが増えていました。人通りもなく、特に写真をとるものもありません。

知人から、私の写真について、背が丸くなっているとのご指摘をいただきました。なるほど! 腹が重くなっている分、前のめりになっている? 改善策を模索中。涼しくなってリュックをきちんと担げば少しは改善するかも。

2022/8/11、暑かったのですが、風があったので人家のある郊外を歩きました。約8km。

昼過ぎに駅から歩きだしたら雨が降り始めました。この辺は夏には、雲が沸いて雨が降ることがよくあります。アパートの玄関などで雨宿り。

2年前からでしょうか、川に面した低地を埋め立てて宅地造成が行われていました。もう家が立ち並んでいます。


人家がまばらに立つ地域のお宅のアプローチ。それほど手をかけているようにも見えませんが、なかなか目を引きます。


畑の未開発の側の林に面した歩道を行きます。入口です。なかなか度胸がいります。


どんどん行くとこんな道です。


畑に出てしまいました。


自然の残る道を抜けたところ。後姿が、めっきり爺さんぽくなっています。なぜだろう。歩幅が狭くなっています。それに尻の張りが感じられません。そんなに体重落ちていないのに。

休耕畑、一面の草ぼうぼうです。

この日もタブレットスマホが暑さのため動作がおかしくなりました。写した写真が見られなかったり、地図が表示されなかったりします。

この日は水分を400cc以上取っています。水色のドゴール帽が全体びしょぬれになりました。この帽子は綿でできているので鉢巻代わりになります。

知人から半ズボンの時はスポーツタイツをはいていて忙しく体を動かしていたら7月ひと月ほどでなんと2kgもやせたと伺いました。それはすごい。私もやってみよう。ユニクロに安いのがあるらしい。

林の中を歩いて汗を流してくると夜はよく眠れ、翌日には体調が良いです。今月中にあと2回ほど出かけたいですが、台風が来ますね。

2022/7中は、お客があったり、見送りに行ったりで7/17と7/24の日曜がつぶれました。

2022/7/3、それほど暑くないとみて出かけましたが、汗びっしょりになりました。

駅前のURの住宅が取り壊されていました。

ハンテンボクでしょう。

花壇

URのとても大きな団地

街路樹のエゴノキがびっちりと実をつけています。

シモツケソウ 学んだばかり

ムクゲ  早いです。

塀が美しく飾られています。

まるでクリスマスツリー 栗の木ですよね。

エントランスのガードニング いろいろな花があってとてもきれい 

真っ赤なキョウチクトウ 右側は白い花です。

アーティーチョーク


2022/6/26、午前は風がありましたが、昼過ぎに風が止み、えらく暑かったです。



ツクバネガキ(読者に教わりました)


がけ崩れ現場の復旧の記録。この事故で家が2軒消えています。



ミツバチの巣箱のようです。


緑が濃くなりました。


杉の木 堂々としたものです。


ゴマギの老木 長い付き合いです。




畑に1株だけありました。おそらく、昔からの植物のはず、なんでしょう。→シモツケソウと教えてもらいました。


風が止んだ午後2時半ころ、この道を突き当りまで歩きました。背中をじりじりと焼かれ、リュックに入った荷物が熱くなっていました。


帰路のバス停の前の家。今回は待ち時間がありました。まだ手入れもよいです。子供たちが住んでくれるでしょうか。駅に出て鉄道利用の通勤は大変です。


2022/6/19、以前(5年前)に行った放射能測定
2022/6/12、都内

2022/6/5 前回歩いた松戸市の南西部、今度は丘陵の上を歩いてみました。結果的に老人の多い団地を回ることになりました。

市川大野から西にバスの通る道を行き、途中コンビニのあるところから細い道に入ります。しばらく行くとこんなに緑の多い場所。何かの資材置き場の跡のようです。大きなトラックが入れませんから、使いにくいでしょう。

さらに行くと突き当りとなって丘陵から降りる階段がありました。途中で坂を上ってきたおじいさんが息を整えていました。

スリムな体形ですので私のように坂が登れないことはないはず。どうしたかと尋ねると、肺の機能が落ちていて最近まで入院していたのだそうです。これから支払いのためにコンビニに行くところだと。トラックの運転手をやってきて80歳を少し超えたところ、奥様を亡くして一人で公団住宅に住んでいるが、いろいろとうるさいと嘆いておられました。

息子さんと娘さんがおられてそれぞれに家庭を持っておられるのですが、いろいろな事情で一緒に住むことは難しいのだそうです。

今お住まいの団地の一戸を売却しようと査定してもらったら、リフォームしないと売れないということで資産価値ゼロと評価されたとがっかりしておられました。

この辺に限らず、千葉県の駅から遠い古いタイプの公団住宅は400万円くらいで買えるものがあり、私は、今の家を売らなければならなくなったら、そんな古い集合住宅を借りるか買うかして住もうと思っていて、関心を持っているのですが、300万円とか400万円の古い団地の住宅は、ほとんどがリフォーム費用と諸経費なんですね。

階段を降りたところ。丘陵の谷間になります。船橋、松戸、市川は、こんな丘陵の谷間があり、斜面林が残っているところも多いです。開発が進んで緑がなくなっているところも多いですが。

反対側の丘陵には、大きな建物があります。介護施設です。見分け方は簡単でベランダに仕切りがありません。

さらに進むと。この建物はL字型なのでとても大きく見えます。老人向けのアパートといったほうが良いかもしれません。食堂もありますが、各部屋に自炊施設があります。大手の企業が運営しているもので入居費用は高いです。同じ形のものが3棟。

その隣には築何年かわかりませんが、年季の入った公団住宅。高塚団地。5階建てでエレベーターはありません。階段で出会ったおじいさんは、こんな住宅にお住まいなのでしょう。私も昔こんな住宅の5階に住んでいたことがあります。

ベンチで一休み。歩き出すと、木に「ソロ」と名札がありました。初めて聞く名です。

シデをソロというんですね。クマシデ、イヌシデなどがあることは知っていましたが、アカシデというものもあり盆栽などに仕立てられるのだそうです。しめ縄につけるギザギザになった紙は、四手/紙垂と書くらしいですが、元はこのシデの果穂を表すものらしい。
植木ペディアで調べました。
団地を通り抜けてさらに西に向かおうとすると、東西に走る道が少ない。以前通った記憶のある細い道を抜け、さらに西へ。商店街に活気がありません。花屋と自転車屋が営業していました。

ここは梨香台団地、以前にも来ました。老人が多い。商店街は看板がさらに減っています。前は薬局の看板があったと記憶します。ここでポツポツ雨が当たり始めました。

団地を出ようとしたら雨が強まり雨宿り。そうだ、この団地も選択肢になるかもしれないと思いつき、下見のために12階まで上がってみました。通路からの展望。天気が悪くてよく見えませんが、戸建て住宅の込み入った辺りは、かなり雑然としています。

この住宅街を抜けて行くとまた小規模な団地。会社の寮のようです。近くの商店街は閉まっている店が多いです。昔は団地の人たちが食料品などを買い求めていたのでしょうが。坂を下ります。

長秋山慶国寺

大きな民家。道が狭いので塀が壊されるのでしょうか。

さらに下って平地に出ます。前回通った道を逆行し、松戸原木線に出て公園で一休み。

ここから秋山駅を経て北総開発鉄道沿いに歩いて東松戸駅。地図で見ても梨香台団地の近くにはスーパーが見当たりません。皆さん、買い物はどうされているんでしょう。梨香台団地と秋山駅の間はバス便がかなりありますが、車のない老人はバスで買い物でしょうか。

梨香台団地
家賃(共益費) 39,200円〜63,700円(5,450円)
間取り/床面積 1DK〜3DK/31u〜52u
posted by ZUKUNASHI at 15:32| Comment(4) | 日記

2022年09月05日

Tracking of an Eagle over a 20 year period



posted by ZUKUNASHI at 13:29| Comment(0) | 日記

2022年09月01日

ハリネズミ 早く渡れ

posted by ZUKUNASHI at 23:43| Comment(0) | 日記

2022年08月31日

2022年夏 酷暑

2022/7/20、午前11時半 気温30.8度
北側の窓から入る風が暖かいです。
東京都下などでは、午前11時に34度になっているところもあります。
13時、気温32度。だが風があるので暑くは感じない。
16時、気温32.5度。少し暑い感じ。
3時半、気温30.2度。暑い感じ。

2022/7/21
8時、気温29.2度。北の風あり。
13時半、30.3度。湿度が低いようで扇風機が効果

7/22、正午 29.4度 蒸し暑いです。午前中早朝から電車で外出しました。
16時半、30.0度、外出しましたが、暑いです。
20時、29.7度ですが、体感はずいぶん楽になりました。

この先、このくらいの暑さが続くんでしょうね。

7/23、8時半 29.6度 少し暑いです。風がないので暑くなりますね。

7/24、8時半、29.3度 風がない。午後8時 29.9度

7/25、7時40分、29.1度 北寄りの風(アメダスは南寄りの風)。13時、30.5度 少し暑くなってきた。

7/26、7時20分、29.2度。降雨、蒸し暑い。東海から関東南東部で雨。正午30.8度。外は湿気が強くて窓を開けられません。弱く換気しつつ扇風機でしのいでいますが、エアコン稼働が必要か。

7/27、8時30分、29.7度。風あり。16時半 30.2度 わずかに風がある。

7/28、7時30分、29.2度。
7/29、13時半、30.6度。扇風機でしのぎ切れるか。20時 30.5度。日中外出したが暑かった。

7/30、11時、29.7度

7/31、8時、30.3度。風がないので今日は扇風機ではしのげないか。12時 30.4度 15時29分エアコン稼働で30.4度。15時45分 29.2度

2022/8/1 9時45分 31.2度。エアコン稼働。日中外出 20時 31.7度。

8/2、8時31度。風なし。近所のコンビニが閉店中。エアコン稼働。午後3時すぎから友人の補助で自転車で往復2時間走りました。リュックは前方の荷物入れに入れておいたのに、帰路を確かめようとタブレットスマホを取り出したら、熱くなっていました。勝手にスイッチが入っていて地図を表示させようとしても反応がなかったです。
8/3、未明に暑くて目が覚めました。3時ころ、29.9度。午前中はエアコン使用、午後になって風が出ました。午後3時32.2度。窓を開けています。扇風機で耐えられるか。都心部で強い夕立。雷鳴が聞こえます。

2022/8/4午前8時 26.3度 日付が変わったころから北寄りの風となり気温低下。生き返ります。
8/4、東日本は全体的に気温が大きく低下。北海道東北では、10時現在で20度以下のところもあります。土曜日までは気温は低めで推移でしょうか。来週はまた暑そうです。午後外出、東京アメッシュを見ながら自転車で走りました。幸い雨に遭わずに帰宅。

2022/8/5、関東平野は北東の風。窓を開けておくと裸ではいられない気温に低下。各地で洪水などが発生。

2022/8/6、午前10時 28.1度。昼過ぎ自転車で往復2時間走る。
2022/8/7、13時20分 29.6度。空模様がおかしく遠出見合わせ。行き先で局地的な強雨。
2022/8/8、午前8時 29.9度。今週は暑いらしい。正午 29.9度。扇風機でしのげるか。
2022/8/9、午前11時半 30.9度。扇風機でしのげるか。
2022/8/10、午後5時20分 32.4度。今日も扇風機でしのぎ切りました。
2022/8/11、午前9時 29.7度 今年初のグリーンサウナ。
2022/8/12、午後3時30分 30.0度。
2022/8/13、関東地方は台風接近の予想。午前8時 29.5度
2022/8/14、午前11時 29.7度
2022/8/15、午前8時 28.2度。暑さも峠を越えたはずなのに11時20分 31.2度。
2022/8/16、午後1時半 30.8度。午後9時 30.6度
8/17と8/18は日中雨のようです。蒸し暑いでしょうか。
2022/8/17、午前10時 30.4度。昼を挟んで3時間エアコン使用。弱い雨が降っているようです。
2022/8/18、午前8時 29.8度。関東地方は雨、蒸し暑いです。
2022/8/19、午前9時 28.6度
2022/8/20、午前10時 29.8度
2022/8/21、午前10時 28.2度 涼しいです。
2022/8/22、午後1時半 29.3度
2022/8/23、午後1時 30.6度
2022/8/24、午前9時 30.5度 エアコンを使うしかない。
2022/8/25、午後1時 28.8度
2022/8/26、午後2時半 30.1度
2022/8/27、午後1時 29.8度
2022/8/28、午前10時半 25.4度 涼しいです。
2022/8/29と8/30は降雨もあり涼しかった。
2022/8/31、午後3時 29.7度
もう涼しくなってほしい。
posted by ZUKUNASHI at 15:11| Comment(2) | 日記

2022年08月20日

蓮の実


緑色でふっくらとした蓮の実、食べてみませんか?
posted by ZUKUNASHI at 15:46| Comment(0) | 日記

2022年08月14日

geese fly with their master's yacht

posted by ZUKUNASHI at 23:19| Comment(0) | 日記

2022年07月24日

我が家も緊急事態

欧州に4週間滞在した子供の一人Bがコロナに感染して帰国が遅れている。

7/17、一緒に食事をした孫(Aの子)がコホンコホン、母親は発熱しているそうで欠席だった。

85%の確率で私も感染している。

海外から一時帰国している子供Cとその配偶者には、KF94マスクとIVM、そしてカモスタットを渡してきた。

私は帰宅後、すぐIVMを1錠服用。

明日から体温測定。

7/24に見送りの予定だが行けるだろうか。

欧州出張の子供Bは、陰性になったらしいが、検査証明書が取得できないらしい。

孫の家Aには、大人はイベルメクチンを呑んでおくよう促した。一時帰国中の息子Cにも服用を勧めた。

夜遅くなって、Aの配偶者は熱が下がったと連絡あり。幼稚園に通う孫の咳が気になる。

私の感染確率50%に低下。警戒は続けよう。モズクを食べた。

7/18、午前11時。感染リスクの会合から24時間経過していないが、今のところ発熱、咽頭痛、怠さ、頭痛、吐気いずれもなし。無症状感染かもしれないが、それで終わるなら免疫はつくはずだから、よしとしなければ。他の人に移す心配はない。

今日は夕刻に2回目のイベルメクチン服用予定。

子供Bの動向がわからない。あえて連絡を取らないでいる。まあ、基礎疾患もないはずだから、り患しても大ごとにはならないはずだが、過信は禁物。研究者は、自分の専門分野以外は、バカであることを認識すべき。

子供に渡せる、特に優れた身体的特質も、才能も、財産もないので、親としては、とにかく健康だけは身に着けてほしいと思っていた。

子供が成人すれば、もう親がどう思おうが手は届かない。

リスクイベントから24時間経過。イベルメクチン1錠服用。体重から計算する基準量は1.4錠だが、1錠にとどめている。

ご心配をいただきありがとうございます。

リスクイベントから31時間経過。IVM2回目を呑んで6時間経過するが副作用的なものは感じない。

7/18、孫の家ではみんな正常に復し、孫は炎天下で遊んだと。感染確率10%に低下。明日以降のIVM服用はその時点の体調で判断。

家族Bは、検査で陰性になったが、航空便の座席が確保できないようだ。家族Cも来日時の飛行機は満席だったという。(それでよく感染しなかったものだ)

2022/7/19朝、体調に変化はない。7/19、午後3時、体調に変化なし。リスクイベントから48時間経過。IVMの服用は見送り。

ヒー、やっばり怖いんだ。後期高齢者だからと言って入院させてもらえるとは限らないし。

57時間経過。体調異常なし。

7/22、家族Bが帰国。空港まで行ったが、飛行機がランディングしてから出てくるまで1時間以上かかった。特にトラブルはなかったようなのだが。

家族Bは、発熱はなく、倦怠感と筋肉痛だったという。特にやつれたということもなかった。

家族Bは、混乱の続くロンドンから直行便に乗れず、欧州の別の空港で乗り継いで帰国。別の子供Aが言うにはそれでも運が良いほうだと。そのAも1か月半ほど前に欧州に出張して、誰もマスクをしていないと言っていた。

まあ、とりあえずの難局は乗り越えられた。

7/22、金曜日ですが、早起きして午前6時ころの電車で空港に向かいました。早朝通勤時の電車は混んでいました。マスクなしの人もいます。これでは、感染者は増えますね。私自身は、到着ゲート前で人との距離に注意しながら1時間ほど立っていただけで、使った電車もそんなに混んでいなかったので、感染リスクは低いと判断。

7/23、家族Cの配偶者に何か土産と考え、家の中を探したら、日本製の装身具が見つかった。ケースが経年変化で汚れている。洗ってみたら特に目立たない。これにしよう。

7/24、昼前に家を出た。待ち合わせはうまくいき、落ち合って土産を渡し、一緒に食事をした。家族Bも来てくれたので4人。

今回は、息子たちが協力してくれて、歓待できたと思う。ありがたいことだ。

最後は感染警戒も忘れ、ハグした。

午後5時に帰宅。イベルメクチンを1錠服用。飛行機は時間通りに出発したことを確認。

これで我が家の夏の行事は終了。残りの夏は暑さに耐えて、汗を流して過ごす予定。コロナにかからないことが何よりも家族を心配させないで済む。

7/25、イベルメクチンを1錠服用。7/26、念のための1錠服用。基準量よりはかなり少ない。

・・・・・

現時点の水際対策
現在、日本人を含む全ての入国者は、出国前72時間以内に検査を受け、医療機関等により発行された陰性の検査証明書を入国時に検疫所へ提示しなければなりません。
全ての入国者(日本人を含む)は、出国前72時間以内に検査を受け、医療機関等により発行された陰性の検査証明書を入国時に、検疫所へ提示しなければなりません。
有効な検査証明書を提示できない方は、検疫法に基づき、日本への上陸が認められません。
出発国において搭乗前に検査証明書を所持していない場合には、航空機への搭乗を拒否されます。
検査証明書の取得が困難かつ真にやむを得ない場合には、出発地の在外公館にご相談ください。

検査証明書の様式については特に指定はなく、任意のフォーマットでご用意いただけますが、以下の項目が日本語または英語で記載されている必要があります。
必須項目
(1)氏名
(2)生年月日
(3)検査法(有効な検査方法を参照)
(4)採取検体(有効な検体を参照)
(5)検体採取日時
(6)検査結果
(7)医療機関名
(8)交付年月日
任意フォーマットの場合には検体、検査方法等の必要事項該当箇所にマーカーをするなど、検査証明書の確認が円滑に行われるよう、ご協力をお願いいたします。
任意フォーマットを提示する場合、内容の確認に時間がかかるため、「ファストトラック別ウィンドウで開く」の事前登録を強く推奨しています。

上記の必須項目を満たした証明書のフォーマット(様式)を以下に掲載しています。必須項目を満たしたフォーマットを利用したい方は、これを医療機関に提出して用意いただいても構いませんのでご活用ください。


posted by ZUKUNASHI at 17:43| Comment(9) | 日記

2022年07月17日

久しぶりの都心

福島原発事故以降、外食は控えていました。新コロナウィルス出現前にたまに安い外食店に入ることはありましたが、コロナ以降はそれも控えていました。

今回、外国にいる息子が結婚して来日。皆で食事をすることになり、私は都心に出かけることになりました。

さあ大変。身だしなみを整えなければなりません。いつも出掛ける時は半ズボンですが、今回は長ズボン。半袖の柄物のシャツに、麻の薄いジャケットを着ることにします。やはり、上着があるのとないのでは、たとえボロであっても気を使っているように見えます。

衣類は、しばらく前に着てみて入ることを確認。

次は、首から上の身だしなみ。1週間前に自分で整髪しました。1日前にもう一回整髪。そしてバリカンでひげを刈りました。マスクの隙間をなくすためにひげはないほうが良い。

当日朝、カミソリで髭を剃りました。頭髪は短く刈り上げていますが頭頂部の周りに少し長い髪が残してあります。

海外の個性的な人の画像を掲げていますが、よく見ると皆さんひげや髪の手入れが良いです。

頭髪に整髪料を使おうかと迷いましたが、べったりと頭皮に引っ付いてしまうので、洗い髪のまま。

鼻毛も切ります。眉毛も少し手入れ。

出掛けた時は、雨が当たりそうな気配でしたが、都心に着く頃には日が差してきました。

上着が暑い。レストランに入ったころには、汗をかいていて今度は上着が脱げません。脱ぐと寒くなります。

まあ、特に失礼にもならずに会食を終えられたと思います。

みんなの会話は英語でした。今日顔を出していない二人も英語を話します。私は耳が遠いし、そんなにすらすら英語が出てきませんから、子供の助けを借りながら会話をしていました。

でも、楽しかったです。孫は5歳ですが、女の子でもあり、いろいろと話をするようになっています。言っていることが理解できないことも多いですが、爺ちゃんは遊び相手だと思われています。

食事の際に撮ってもらった写真を見たら、頭髪が立っていて髪が結構あるように見えています。歳相応の外見になんとか整えることができました。私的には、ほぼ100点。


衣類の購入もなし。往復の電車賃とレストランの支払いだけで済みました。
posted by ZUKUNASHI at 23:41| Comment(2) | 日記

2022年07月07日

熊の親子の海水浴



ロシアの海岸のようです。どこでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 13:26| Comment(0) | 日記

2022年07月01日

これはいいかも



リール付きの釣り具に針の代わりにボールをつけています。打ちやすいし、ボールを拾いに行く必要がない。

posted by ZUKUNASHI at 11:19| Comment(0) | 日記

2022年06月29日

変わった子供は長い目でうまく育てることが必要



posted by ZUKUNASHI at 15:03| Comment(0) | 日記

千葉市誉田のがけ崩れは発生から1年半かかって擁壁工事が終わりました

2019/10/25千葉県下で豪雨の被害がありました。

千葉市緑区誉田町でがけ崩れが発生し3人の方が亡くなっています。管理人はこの地域によく徘徊に出かけていました。

誉田駅の南側は数十年前に団地開発が行われています。駅に近い丘陵をテラス状に開発しています。団地の中の東西に通る道路は所により急傾斜です。

東側の道路上で現場を遠望しています。大きな木が見える辺りが現場。この辺は右側に見える家のように崖の擁壁の上に作られています。


ぱっかりと崖が崩れています。下の画像と比較すると、崖の上部一部だけしか映っていません。次の2枚は、報道写真




地形断面図。台地の上と下の道路の間で20mの高低差があります。細長い建物の奥で高低差15mはあったでしょう。


台地の上のがけ崩れ現場の真上に伸びる道路。向こう側に傾斜になっています。側溝の水はどこへ?


このお宅は奥行きがあって大きいです。奥の崖が崩れて家を奥から押し出したんですね。台地の上のテレビアンテナのついた長い柱がほぼ丸ごと見えています。Googleストリートビューから


家の奥の半分は形を保っていますが、前半分はどこに行ったのか消えています。報道写真



以下は管理人が現地で撮影
2019/11/10撮影


2020/5/7撮影


2020/10/6撮影


2021/1/14撮影


2021/4/3撮影



この画像の右側枠外、道路添いの家数軒は、居住者の気配が薄いです。千葉市はこれらの家の背後の斜面について擁壁工事を行っていません。もともと建築許可を出してはいけない場所だったんですよね。

ここに建築を始めた方が住めなくなったのであれば、自己責任とも言えましょうが、不動産は売買されます。押し出された家も途中で持ち主が変わったそうです。

千葉市長は、今度は県知事になりました。千葉県全体で不備な行政が続くでしょう。これも千葉県民の選択です。

2022/6/26撮影


関連記事
2020年05月07日
千葉市誉田の土砂崩れ
posted by ZUKUNASHI at 13:01| Comment(0) | 日記

2022年06月28日

白夜

駐アイスランド中国大使のツイートです。
午前0時の少し前。霧雨が降っているそうですが、晴れていれば、南の地平線に近いところは、ずっと明るく光っています。
posted by ZUKUNASHI at 23:24| Comment(0) | 日記

2022年06月27日

ひょう害

2022/6/3、市川市や船橋市でひょう害がありました。自動車で走行中、ガラスが割れたという例も。

市川市は柏井地区、船橋市は藤原。どちらも私が歩き回っている区域です。

総武線の南にある市川工業高校でも窓ガラスが割れた、原木中山駅で屋根に穴が開いたとありますから被害の範囲は広い。

2022/6/5は、市川大野から西側に歩きましたが、一時雨に降られました。特にひょう害の跡は見られませんでしたので、こっち側は害がなかったのでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 17:22| Comment(0) | 日記

2022年06月23日

私も季節感が無い人になる

年寄りは季節感覚を失うことがありますね。私の友人は、初夏に共通の友人に出した手紙に残暑見舞いの言葉が書いてあったらしい。手紙を受け取った友人も特に違和感がなかったらしく、私が「おい、かなりボケてるようだぞ」と指摘して初めて気づいたようでした。

次は、モトコのブログ2022/6/18の記事から拝借

「私と同居中に、父はすでに季節感が無い人になっていました。
これから冬に向かうのか、夏になるのかも不明なようで、
冬に「夏だから暑い」とか
夏なのに「冬だから寒くて」とか、とんでもない発言もあった。
父が一人暮らししていた時も、倒れる直前の夏は
クーラーを切って、窓を閉め切ったまま、とんでもない暑さの中で
寒い寒いと訴えて寝ていたことがあった。
↑クーラーなどで部屋温度を下げると、具合が良くなった。

今日は土曜日で、施設の職員さんの数がいつもより少ないはず。
朝ごはん後に皆で体操とか、散歩とかもないし、
ちょうど洗濯物の回収に、父の部屋へ入ってもらってよかったです。」

・・・・・

私ももうすぐかも。でも、絶対に夏が好き。それは変わらないと思う。

「モトコのブログ」は、年配者が読んでためになる記事が多いです。はぁー、こうなっていくのか。家族などは、こう感じながら世話してくれるのか。

迷惑をかけないようにするにはどうするか。

とても参考になります。チョーお勧め。
posted by ZUKUNASHI at 08:24| Comment(0) | 日記