日記: ずくなしの冷や水

2020年07月15日

季節の便り

posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(6) | 日記

2020年07月08日

関東以西で豪雨 熊本県で球磨川氾濫



共同2020/7/4 08:54 (JST)
気象庁臨時会見「命守る行動を」
避難呼び掛け遅く釈明も

共同2020/7/4 09:37 (JST)
熊本、鹿児島で避難指示10市町村に

共同2020/7/4 09:53 (JST)
熊本県が陸自に災害派遣要請

共同2020/7/4 08:54 (JST)
熊本・鹿児島で猛烈な雨
約7万5千人に避難指示
 停滞する梅雨前線の影響で九州で猛烈な雨が降り、気象庁は4日午前4時50分、熊本県と鹿児島県(奄美を除く)の自治体に大雨特別警報を発表した。両県の計9市町村が計約3万5千世帯、約7万5千人に避難指示を出した。両県に大雨特別警報が発表されるのは初めて。大雨・洪水警戒レベルで最も高いレベル5に相当し、土砂災害や浸水、河川氾濫から命を守るための最善の行動が求められる。
 気象庁は熊本、宮崎、鹿児島の広い範囲に土砂災害警戒情報を発表。熊本県球磨村渡では球磨川が氾濫した。九州新幹線は熊本―鹿児島中央の上下線で始発から運転を見合わせた。

RTから 下が北 

Google Mapによる


NHK2020年7月5日 14時15分
バス会社の車庫水没 23台すべて廃車か 熊本 人吉
球磨川が氾濫した熊本県人吉市ではバス会社の車庫が水没し、運行していた23台のバスがすべて廃車となるおそれが出ています。
記録的な大雨で、人吉市にある「産交バス」の人吉営業所の車庫は、川からあふれた水でおよそ1.8mの高さまで水につかる被害を受けました。
この車庫には路線バスと貸し切りバス合わせて23台がとめられていましたが、会社が調べたところ、いずれも車両に不具合が見つかるなどし、すべて廃車になるおそれが出ています。

まだ雨は続くそうです。警戒を。
熊本県球磨村の特別養護老人ホーム遠景、14人が亡くなっています。
美しい風景ですが、右側より左側のほうが一段低いです。川水が越流して建物の中に流れ込んだのですね。






老人の介護施設が災害などで被災し、入所者が亡くなる例が続いています。私の記憶では、最初は、福島第一原発事故による大熊町双葉病院の例です。新コロナウィルスによる集団感染、水害による例と続いています。

2020/7/7




2020/7/8




2020/7/8の午後は雨が上がったところもありますが、地球規模ではモンスーンの湿った空気が南から九州地方に流れ込んでいます。まだ雨が続きそうです、
posted by ZUKUNASHI at 21:21| Comment(1) | 日記

2020年07月04日

新コロナに罹患したハビブの父親が死亡

RT2020/7/3
Abdulmanap Nurmagomedov, father of UFC champ Khabib, dies from Covid-19 complications aged 57
The father and trainer of Khabib Nurmagomedov, Abdulmanap, has died in a Moscow hospital due to complications stemming from Covid-19 infection aged just 57.

A world-renowned mixed martial arts coach, Abdulmanap suffered a heart attack after being diagnosed with the deadly coronavirus, which required emergency bypass surgery, after which he was twice placed into a medically-induced coma.

His condition had been reported by doctors as 'serious but stable', but it has now been reported that the elder Nurmagomedov has sadly finally lost his battle with the disease.

ハビブの父親は新コロナウィルスにり患しており、それが心臓病の原因だったようです。軍の病院で新コロナウィルス感染で重症の患者に心臓手術。当然医師は防護服を着てやったのですね。外科は、最低限の機器があれば、あとは医師の腕次第のはずですが、ロシアの医師の腕はすごい。私にとっては、そちらのほうがよほど大きいニュースです。ロシアは、ダゲスタンまで新コロナウィルスが蔓延していた。コーカサス山脈の北側カスピ海に面した地域です。ロシア内の人の交流はずいぶん活発になっています。そしてもう一つ、ハビブが感染していないのか。大変懸念されます。


RT2020/6/10
Abdulmanap Nurmagomedov 'opens eyes, speaks to Khabib' during recovery from Covid-19 stroke, says manager
Follow RT onRT
The father and trainer of UFC champ Khabib Nurmagomedov, Abdulmanap, has opened his eyes and spoken to his son during his convalescence from a stroke brought on by Covid-19, according to the fighter's manager Ali Abdelaziz.

READ MORE: 'Abdulmanap remains in stable but serious condition': Russian MMA boss gives update on Khabib's father

Nurmagomedov Sr is currently recovering in a Moscow hospital after undergoing emergency heart bypass surgery and twice being entered into a medically-induced coma following a stroke caused by coronavirus, most recently on May 19.

The 57-year-old's condition since has been described as "serious but stable", by doctors and now Abdelaziz says he is making "progress" and is "responding" to those around him and even managed to speak to his son, the UFC's undefeated 155 lbs champion, who had earlier confirmed on Instagram the serious state of his father.

"Khabib is very strong, his family is very strong and his father is very strong," Abdelaziz told ESPN.

READ MORE: We have a prospective month': Khabib manager names potential NEXT FIGHT date & opponent

"He's improving. He opened his eyes, responding a little bit, good sign. Allah is in control. We have faith he will be better, but at the end of the day, it's completely up to his health whether it progresses or not. But he's progressing, and we're very happy about this."

Abdulmanap first fell ill in his native Makhachkala, Dagestan, in April but was misdiagnosed as having simply pneumonia-like symptoms. It was only when his condition deteriorated his family sent him to a military hospital in the Russian capital, where he was diagnosed with having the deadly virus.

Upon his arrival, Khabib, 31, was offered to be tested for the disease, but instead insisted all focus be centered on his father, who later suffered a stroke and underwent the emergency operation to restore normal blood flow around his body.

RT2020/5/14
Heart attack brought on by Covid-19: Details of Abdulmanap Nurmagomedov's health reported in Russia
Details have emerged on the health of Abdulmanap Nurmagomedov, father and trainer of UFC lightweight champion Khabib and who on Thursday woke from a coma, with reports revealing he suffered a heart attack brought on by Covid-19.

On Thursday, it was reported the renowned martial arts trainer had regained consciousness after entering into a medically-induced coma the previous day following heart surgery, but that he remained in a ‘serious but stable’ condition in a Moscow military hospital.

It was later revealed that upon arrival at the hospital from his native Dagestan, the 57-year-old was diagnosed with Covid-19 infection, which in turn brought on the attack, according to the Telegram channel 'Baza'.

Abdulmanap initially fell ill in his Makhachkala hometown in Russia’s Republic of Dagestan on April 24, having to be persuaded by family members to visit a doctor, and was later diagnosed with suffering from pneumonia-like symptoms.

Despite warnings from doctors, who prescribed him a strict course of treatment, Abdulmanap continued to go about his daily physical workout regime. He also refused to undergo testing for coronavirus.

After his condition worsened, Abdulmanap was sent by his family to a hospital in the Russian capital, despite his own wishes to remain in Makhachkala, although the facility was not equipped with extracorporeal life support which provides cardiac and respiratory assistance to those whose heart and lungs are not adequately working.

Abdulmanap suffered the heart attack on May 3, after which his condition drastically deteriorated, forcing doctors to perform heart surgery and connect the Nurmagomedov family patriarch to a life support apparatus and enter him into a coma.

Nurmagomedov family friend Ramazan Rabadanov explained that despite regaining consciousness, Abdulmanap is yet to speak following the operation. Doctors described his condition as 'serious but stable'.

"He regained consciousness today. He hasn't yet spoken. Yesterday [Wednesday] he was in a coma after a heart operation," Rabadanov said, talking to 360 TV.

A number of high-profile names in the combat sports world expressed their support for the father of the UFC’s 155lbs champion, including UFC head honcho Dana White who paid tribute to a "true martial artist who lives a life of pride, honor and respect."

There was also an unexpected show of support and humility from his son’s former foe Conor McGregor, who said he was “praying” for his recovery.

“Praying for the recovery of Abdulmanap Nurmagomedov. A man responsible for more World champions, across multiple fighting disciplines, than we even know,” 'The Notorious' tweeted.

“A true martial genius! Very saddened upon hearing this news tonight. Praying for the Nurmagomedov family at this time,” he added.

The Irishman lost via fourth-round submission to Khabib in Las Vegas in October 2018 for the UFC lightweight title. In the lead up to that fight McGregor engaged in a vicious war of words with the Russian in which he repeatedly made reference to his father and family.

In Russia, a total 252,000 cases of coronavirus have been reported, which has led to a 2,305 confirmed deaths from the disease.

RT2020/5/14
Khabib's father & trainer Abdulmanap Nurmagomedov WAKES from coma following heart surgery

RT2020/5/5
ハビブの父親が心臓の疾患でモスクワへ運ばれる。57歳、コロナ感染はなかったようです。

Khabib's father Abdulmanap Nurmagomedov 'transferred to Moscow hospital with heart problems on special flight' – reports

次の写真は2018/10です。ハビブを見る父親の視線は厳しいです。


次は2020/5、父親を見るハビブの視線が何か心配そうです。 

RT2020/5/13
Khabib's father & trainer Abdulmanap Nurmagomedov in COMA in Moscow military hospital – reports

Khabib's father presents Dagestan's newest MMA academy ahead of opening

2020年01月24日
ハビブは多動児だった

2019年09月13日
若きチャンピオンの登場 
posted by ZUKUNASHI at 11:13| Comment(0) | 日記

2020年06月30日

Dear readers outside Japan / Estimados lectores de este blog



The writer of this blog (myself) is a Japanese man with a varied professional experience who will turn 70 in a few years: I have worked in a large organization in Japan, have also worked abroad, have gone through redundancy, and worked in a part-time job at close to the minimum wage.

Now that I don’t work any more and that I’m in a fortunate enough situation where I don’t have to shiver from cold or starve, I thought I would use my spare time and experience for something useful for society and started a blog in 2005.

It has been a while since Japanese society stopped caring for the socially weak. The nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Power Plant has marked the final confirmation of this. We have been deprived of our humble pleasure of eating. Staying healthy has become a struggle. In other words, our right to health or even the right to life are being threatened. Threatened by the government and by some major firms. This angers me and my days are spent trying to fight against this situation so as to help this country go in a better direction.

It would be a great pleasure if I could share my concerns with you and that in doing so I were able to help this world, even if it is only in a small way.

Thank you for reading.

N.B. The graphs and tables in this blog are based on statistics of population dynamics, measurements of radiation in soil and food, and data from monitoring posts, all of which are provided by the government and municipalities. If judged as reliable, information gathered from tweets and blogs is also used for analysis.

・・・・・

El autor de este blog (Zukunashi) es un japonés con mucha experiencia profesional, quien trabajo por más de 40 años y cumplió 70 este año: ha trabajado en una organización grande en Japón por 30 años, incluyendo el trabajo en el extranjero. Zukunashi ha pasado por la redundancia y trabajado en un empleo a tiempo parcial, casi con el salario mínimo.

Ahora, como ya no trabajo más, y que estoy en una situación muy afortunado que no tengo que temblar de frío ni sufrir de hambre, pensé que aprovecharía mi tiempo libre y mi experiencia para algo útil para la sociedad y comencé este blog en el 2005.

Ha pasado un tiempo desde que la sociedad japonesa dejó de cuidar a las personas socialmente vulnerables. La crisis nuclear en la planta de energía Fukushima Daiichi ha marcado a la comunidad japonesa. Hemos sido privados de nuestro humilde placer de comer. Mantener la salud se ha convertido a una lucha. En otras palabras, nuestro derecho de estar sano o incluso el derecho a la vida están amenazado por el gobierno y por algunas grandes empresas. Esta situación me enfada y dedico mis días tratando a la lucha contra esta circunstancia con el motivo de ayudar a este país para que se dirige a una dirección mejor.

Sería un gran placer poder compartir mis inquietudes con ustedes y que al hacerlo, ayudemos a este mundo, aunque sea un cambio pequeño.

Gracias por leer.

NOTA: Los gráficos y tablas en este blog están basadas en estadísticas de la dinámica de la población, las mediciones de radiación en el suelo y alimentos, y datos de seguimiento de mensajes, todos los cuales son proporcionados por el gobierno y los municipios. Si se juzgan como confiable, información de tweets y blogs también están utilizadas para análisis.

・・・・・

Index of articles in English

Índice de artículos en español

用中文写的文章
给在日本的中国朋友

2017年01月21日
このブログは世界の人に読んでほしいです 翻訳転載歓迎

2015年09月06日
趣旨に反しなければ記事はご自由にお使いください

2017年04月09日
地域言語を使える方は 現地の方向けに被曝防止の警告を書いてもらえませんか?
posted by ZUKUNASHI at 18:08| Comment(9) | 日記

2020年06月07日

歩く楽しさ 歩ける喜び 2019〜2020春

2019年秋、徘徊時に見る木々に今年は実が見当たりません。タラヨウ、ナンキンハゼ。ドングリはたくさん落ちています。

台風15号、19号の影響もあるでしょう。ナンキンハゼはその影響かもしれませんが、でも、タラヨウの実がないのはなぜ?

2020/1/2に訪れた誉田駅に近い公園のクロガネモチには、赤い実が一つもありませんでした。この実は鳥が食べますので、いずれはなくなるのですが、本当に一粒も残っていませんでした。

台風のせいなのか、1月に入ったためなのかはわかりません。
全体的に木に元気がなくなっている。そんな風に感じます。

このところ海外ニュースが多かったり、電磁波の実験があったりと体を動かさなかったことを反省し、2020/1/2は、風もなく外出しました。

新しい団地と少し古い住宅街との境目を歩きます。少し古い町のほうが植栽が多くて楽しめるのです。静かな町を歩いていくと労働着の専門店の看板が。最近このチェーンでよく買っています。少し見ていこうと向かいますが、道が行きどまり。ショートカットで道に出ようと空き地に出て草地を歩いていくと、民家のベランダでお兄さんが土いじりをしています。ブルーシートに載せた泥や土の塊のようなものを選別しながら大きなプランターのようなものに移しています。

何か大事なものを植えようとしているんだろうか?

近寄ってみると、土や泥ではありません。お兄さんに聞くと「アイ」ですと教えてくれました。はーん、これが藍なんですか。

藍はタデ科の草本です。お兄さんが選別していたものは、藍玉にする前の「スクモ」と呼ばれるもののようでした。

このお兄さんは、畑で藍を種から栽培し、収穫し、発酵させ、自宅の工房で染めています。

このお兄さんの作品です。右側のシャツは縫い糸が白いままです。縫い糸は化学繊維のため染まらないのだそうです。

きれいな色でしょう。肉眼で見た時より色が濃く出ているかなと感じます。

こちらは絞りです。風が吹いて揺れたためにピントが合っていません。


工房は手作りだそうです。コンパクトな小屋にふつふつと発酵した藍を入れた容器が備えられ、電気毛布に包まれています。発酵に最適な温度に保つためです。

工房の中は極めてシンプル。匂いもほとんどない。薬品らしきものも見当たらない。味噌蔵の小屋のような感じ。ただ、出入りのドアが大きい。洗浄を外でやるからです。

このお兄さんは、何でもできますね。大工仕事、農業から微生物培養者も。これからはマーケッティングやデザインも学んでほしいところです。

化学物質過敏症の方には、正藍染め(しょうあいぞめ)は、良いかもしれません。藍の発酵作用で液体がアルカリ性になり、それが空気と触れて化学反応を起こしてあの色を出すのだと聞きました。薬品は使いませんから。

台風の被害はこの地域でもすさまじかったようです。現在。


2019/8月、この写真は上の写真の反対側から写しています。


ヤドリギだけが緑を残しています。この家の大谷石の塀も剥離が生じています。大雨の時は大谷石の塀のそばには寄らないようにしましょう。


神社にもお詣りしました。


2020/2/8は、徘徊と電磁波測定。この日、また遭難しました。疲れて歩けなくなったのです。いずれ思い出したら書きます。


2020/3/3、天気が良く暖かいので12kmコースに挑戦しました。仕事のない友人が同行してくれました。

駅から歩き出して間もなくの小さな公園から住宅が見えました。ベランダに屋根のある家とない家がありますが、福島第一原発事故後の経験からいうと、干し物をする場に屋根は必須です。降下した放射性物質が干し物に付着する度合いが格段に少なくなります。集合住宅のベランダは、プルームの流れてきた方向とベランダの向きによりますが、上に階があるところでは降下物は格段に少ないのです。


逗子市で道路の崖が崩れて女子高校生が亡くなりました。逗子市の例では石積みの石は大谷石のような種類の石だったそうです。上にもありますが、とてももろい。石積みの高い崖は前から苦手でしたが、さらに怖くなりました。お城の石積みの場所も近寄りたくない。


携帯電話の基地局アンテナ。1mW/m2ですからかなり強い。アンテナが3つあります。


梅は盛りを過ぎて早咲きの桜が咲いています。


ロドレイアです。最近よく見ます。


私の好きな道です。人が通らないこと、西側が開けて明るいこと、大きな赤松が四季を通じてきれいなこと、やはり木のない道は歩いていて楽しくありません。水田地帯は、この先はどんな景色?という期待感がないので、飽きが来るのが早いです。




もうすぐ目的地です。何とか歩き通せました。


2020/3/6、外出のついでに放射能を測定しました。アルファ線とベータ線も測れる器械を2台並べたタンデム方式で1台はガンマ線のみ、もう1台はアルファ線、ベータ線、ガンマ線に反応します。

葛西臨海公園の東端の護岸と林の間の草地です。込々で45cpm、ガンマ線のみで38cpm。


街中の駐車場、込々で78cpm、ガンマ線のみで42cpm。


この駐車場もだいぶ下がりました。測定箇所が違いますが、一時はこんなにありました。込々。2017/11です。


2020/3/25








最近は徘徊時でも人と話さないようにしています。ですがこの日は家庭菜園のおばさんと話をしてしまいました。反省、反省。4/5は天気が良ければ徘徊にと思っていましたが、結局出かけませんでした。また太りました。

2020/4/19、電車で出かけました。近くの公園は人でいっぱい。ランニングをする人もいて、危険を感じます。
電車の利用を控えていましたが、外出自粛がある程度浸透して休日の電車利用者は少なくなっているだろうとの読みです。午後4時少し前の外房線の電車内。誉田駅の辺りを走行中。電車の後方

前方。ご覧の通りでした。

1か月前にこうなっていれば、感染者の増加は抑制できたのでしょうけども、残念です。

もう八重桜です。

この日は、この丘を登りに行ったのです。この丘の上に何があると思いますか?

階段の入口が見えます。越智階段という名前がついています。

ふうふう息を切らせて階段を上っています。後ろからせっつかれて最後は死ぬかと思った。

大げさなとお笑いなさるな、こんな階段です。結構な段数がありました。

中学校があるのです。越智階段は、中学生の通学用なのです。ちょっと管理が悪いけど。

疲れて最寄りの駅に向かうことにしました。土気に向かいます。土気の街はチバリーヒルズなどとともに全体が造成された街ですが起伏が大きいのです。町に入る寸前の風景。

その反対側の団地のほうは、10mほど低くなっています。

ここから駅まではそんなに距離はありませんが、一山も二山も越さなければならず、駅の入り口も高いところにあって全然老人にはフレンドリーではありません。

開発計画の失敗だと思います。

2020/5/7は、誉田のがけ崩れの場所の調査に行きました。
その際に見たクレマチス


ここは私たちがいつも休憩するところです。地元の方がベンチを用意してくれたのです。このベンチに掛けて眺める景色は100mほど離れたところから斜面林が始まり、すばらしい。これを見るために千円以上の鉄道賃を掛けて足を運ぶのです。ベンチの脇の桐の木の花が咲いています。


民家の庭です。裏山の緑がとてもきれいです。


2020/5/17、天気が良く、出かけました。人出が多かったです。でも体力が落ちています。外に出なかったからでしょう。それに急に暑くなって、長そで、長ズボンですと暑いです。

この木はわかりません。エルサレム・セージと教えてもらいました。


カバープラントで使われていますが、これは木に登りついている。


バクチノキ 花は多かったようです。


これは何でしょう。マテバシイでしょうね。


シデの花


赤いマロニエの花


2020/6/7は、暑くなり日照も十分。昨日、日光浴の勧めの記事を書きましたので、その普及効果のほどを確かめに、葛西臨海公園に行きました。ここは、東京湾の南部辺りから放射性物質が飛んでいる疑いが濃厚なので、たまにしか行かないようになっています。たまたま6/7は北の風でしたから以前隣のレジャー施設で発生したような放射性物質を頭からかぶるよな事象は起きないだろうと判断しました。

園内に入って木々の様子を見ます。見慣れない実をたくさんつけた木があったのでそれを撮影したりしたあと、野鳥の楽園と呼ばれる池の周りに行くと、いますいます、日光浴の人が。

ですが、爺さんに近い人やおやじばっかり。しかも体格が貧相で見ちゃいられない。ここはいくつかこのようなテーブルとベンチがありますが、この隣のテーブルにもビキニ一丁の裸の親父が横になっていました。周りに若い人たちも子供連れもいましたが、あまり気にならない様子。中米のある国のように新コロナによる死亡者が増え、一時、道に放置されていたそうですが、日本でも新コロナによる急死遺体が裸でこういうテーブルの上に放置されていても誰も気にしないんでしょうね。



さらに回ると、簡易テントがあちこちにあってなかなかの人出です。私が以前、早春にコブシや花桃を撮影した東屋近くのテーブルにも裸の親父が。



東京ではいつから親父やおっさんが公園で裸体を惜しげもなくさらけ出すようになったんでしょう。ビキニを履いている人からトランクスのままの人まで。

私は確かに日光浴の勧めを書きましたよ。でもね、親父やおっさんは排除するつもりはもちろんありませんが、若いネーチャンやじっと見てはいけないオバサンがビキニで日光浴をして百花繚乱になることを期待していたのです。

記事の効果は確認できましたが、かなり意図したところとずれていました。私のほうがずれている? 確かに最近は東京に出るたびに迷子になっていますものね。

まあ、いいです。あれだけ裸で日光浴の人がいれば、あの記事を書いた甲斐がある。私も少し身体を慣らしてからもう少し露出度を高めて日光浴をします。せいぜい木漏れ日が当たるような場所ですね。さもないとシミ、老人班だらけになってしまう。
posted by ZUKUNASHI at 23:22| Comment(5) | 日記

2020年05月16日

私の情報収集・参照先に共通するのは結局これです

※ mko@trappedsoldier氏の2020/5/15のツイート
アベ信者は、政府の間違った政策によって国民が命を落としているのに、それを正当化するために絡んでいる。若者だろうと、高齢者だろうと、持病を持っていようと、みな大事な命。死んでもいい人、仕方のない人などいない!


振り返ってみれば、福島第一原発事故の時もそうだったのです。新コロナウィルスでさらに追い詰められ、このような発言が何かの機会に湧いてきて、しっくりと感じられるようになりました。
posted by ZUKUNASHI at 01:34| Comment(2) | 日記

2020年05月07日

千葉市誉田の土砂崩れ

千葉市誉田の土砂崩れ現場に行ってきました。いくつか教訓がありました。


次の画像の上のほうにある白い屋根と黒い屋根の2棟がつぶされました。崩壊部分は、黄色の矢印のある柱から住宅までの部分です。


次の画像でアンテナの付いた柱が倒れて斜面の途中にとどまっています。上の画像の茶色の屋根の家の崖の側にある白いラインから下のほうが崩れ落ちています。


Google Mapのストリートビューから。正面にアンテナ付きの柱が見えます。そのわきにもう一つ電柱があり、これは残っています。


この路地の奥の部分。現状。この路地は奥に向かって急こう配で下がっています。


崖下のつぶされた家の隣接する家数軒には次の表示がありました。丘の上の家にも同じ表示の家が何軒か。 


市川市も高台が入り組んだ地形になっており、急傾斜地崩壊危険地域があります。次は、斜面を草が覆っていますが、コンクリートがむき出しのところもあります。


この場所の高低差約16m。



一方、今回の事故現場の辺りは高低差17mはあります。


バスが通っていた県道から入って一番低い地点まで道路に沿って行くと高低差が30mあります。400mで30mですから1000mでは75m。箱根登山鉄道の急こう配に近い傾斜となります。


この事故現場に寄ってから、いつもの徘徊コースを歩きましたが、あちこちに折損木が見られました。それに竹が折れています。崩壊・地すべりの箇所も見られました。次は、上の断面図の終のバルーンの近くで撮影しています。最後の写真の奥の山にも崩壊箇所があります。


管理人が歩く道は、車の通行の少ないところで、泥もなく概してきれいなのですが、今回は道路に泥の堆積が目立ちました。雨量はまさにすさまじかったのでしょう。

この地域の雨水は村田川に流入しますが、次の画像はごく細い河川をまたぐ県道の端のガードレールです。道路が冠水しそこを流れてきた枯草がガードレールの支柱の下部に絡みついています。


そしてその先では、その川をボックスカルバートで地面の下を通したところで表土が洗われて道路が陥没していました。


さらに下流の様子。村田川が増水して排水が困難になったはずです。ここから暗渠になって50mほど先で村田川に注ぎ込みます。


以前撮影した村田川の様子。人の立っている脇に上の排水路の合流部分があります。


近所で土砂崩れで人が死んだ後に、
「危険宅地」と標識を貼られてもね・・・。

地形による危険度合いは素人でも容易にわかります。危険な家は子供に残しても負の遺産。値が付くうちに処分するのが良いです。

白い屋根の家は、途中で持ち主が替わったそうです。

・・・・・

2020/5/7撮影




災害から半年、地元では仮工事のままに置いておくとまた土砂崩れが起きるという声が高まっているそうです。
千葉市長が現場に花を供えたと聞きました。千葉市の建築許可の運用に手落ちがあったのではないかとの声も聞きました。

この事故現場の近くには崖が続き、同じような危険があるのではと思わせられるところが多いです。千葉市はこの地域で全面的な崖崩れ防止対策を行うか、あるいは放置するか。前者の場合は膨大な費用が掛かります。後者の場合にはまた事故が起きる恐れがあります。大きな負の遺産。

千葉県や千葉市の行政に過大期待は禁物。新コロナウィルス関係でも千葉県の情報整理、開示が遅く、県下の市のサイトに県の事務の遅れを指摘する声が見られます。
posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(0) | 日記

2020年04月06日

この方 学者としても他の面でも本物ですね

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/4/2のツイート
返信先: @koichi_kawakamiさん, @i_loved_forestさん
「つまづきやすい」物理は多岐にわたります。力学、電磁気学、量子力学、熱(統計)力学、等々。私は量子力学、熱力学は好きでしたが、電磁気学はさっぱり。つまづいて良いのです。大学は何をやるか見極める所。全部できる必要はない。私は物理で食ってくことができないと思ったので生物学やってます笑

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/4/3のツイート
つまづいたら、(必須科目ならば)単位はとっておいて、好きなことに打ち込めば良いと思います。

・・・・・・

@koichi_kawakami氏のアカウントをフォローし始めたのは、新コロナウィルス問題が起きてからですが、いろいろ教わりました。社会事象に対する見解も違和感なくすんなり理解、同意できます。一方で

※ Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)@takavet1氏の2020/4/4のツイート
思っていることを素直に発信すべきなのか、同様を与えないように楽観論で発信すべきなのか。

Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)@takavet1
京都大学 ウイルス・再生医科学研究所
附属感染症モデル研究センター
ウイルス共進化研究分野主宰
Research Map:http://researchmap.jp/read0165095
Facebook:http://facebook.com/miyazawa.taka?
ウイルスと宿主の共進化を主に研究しています。



※ sivad@sivad氏の2020/4/4のツイート
専門家には国民をコントロールする権利はありません。知見を率直に述べることが責務です。

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/4/7のツイート
”なぜ専門家会議は「命」より「経済」を優先したのか?”
「経済が止まると死人が出る」最近よく聞くフレーズ。真実なのでしょうけど、特に今の日本の経済界にはバブル崩壊のトラウマがあるように思えます。経済が止まっても、死なないように対処するのもまた政治でしょう。

・・・・・・

宮沢 孝幸さんという方、まだお若いようなのに、なかなかの思い上がりですね。古参の学者ほどそういう傾向が強まっているんでしょうね。

この際なので、私のお世話になっているツイート主

※ sivad@sivad氏は、私は知るのが遅かったが、福島第一原発事故後早い段階からブログで海外の文献を紹介しておられる。

※ 善川チャーリ@GoodBye_Nuclear氏にも原発事故の影響に関していろいろ教わった。お若い感じだったが、もう9年経って発信に重みが付いた感がある。あはは、他の人もそう見ている。



※ Angama@Angama_Market氏は、この9年間の変化が最も激しい方。福島第一原発事故発生当時は、家で絵を描いておられたのではなかったか。プロフィルに次のようにある。
「2011年末に全財産6万円で日本を出て1年世界ホームレスを経験した後、ルーマニアに住んでます。」
クリスバズビーを訪ねて行って、どの核種が一番害があるかと尋ねてウランだとの答えを得ている。そのツイートを読んで私はこのブログを書くことに弾みがついた経過がある。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏は、ツイート一つ一つが勉強になった。

※ mko@trappedsoldier氏は、シリア問題を追い始めてから。氏の情報収集範囲は広く、問題意識も鮮明。氏のツイート追っていれば海外情報を読む時間が取れなくても動きにはついていける。

皆さんに感謝。
posted by ZUKUNASHI at 10:49| Comment(0) | 日記

2020年03月28日

ボリショイ劇場のバレエが丸ごと見られます



白鳥の湖(2時間) 画質も音質も不足なし。

2020/3/27 日本時間夜11時から 白鳥の湖 ピョートル・チャイコフスキー作曲 すでにユーチューブで見られる。27分過ぎ、51分過ぎから誰でも知っているメロディ。改めて見ると、やはりすごい。

2020/3/28 11時 眠れる森の美女 ピョートル・チャイコフスキー作曲

2020/4/1 11時 皇帝の花嫁 リムスキーコルサコフ作曲

2020/4/4 11時 マルコ・スパダ ランソワ・オーベール作曲

2020/4/7 11時 ボリス・ゴドゥノフ モデスト・ムソルグスキー作曲

2020/4/10 11時 くるみ割り人形 ピョートル・チャイコフスキー作曲

ボリショイ劇場は何年か前に改築されています。舞台が広いです。昔に比べて踊り手の数も多くなっています。
posted by ZUKUNASHI at 11:04| Comment(0) | 日記

2020年03月14日

いやー 今週は忙しかった 市場観察

こんな話を読むと腹が立つ人もおられるでしょう。株式を保有されていた方は読まないでください。

管理人は、先週から相場が混乱すると見てわずかですがショートポジションを持ってました。INDEXのETFです。

毎日、少し売っては翌日か翌々日に買い戻すというオペレーションをやってました。朝9時から午後3時までですが、とにかく大きく動くので目が離せません。他の金融商品の相場も眺めながらいつ売りで入り、いつ買い戻すか。小口でちくちく取引しているのでオペレーションが結構手間なのです。

今回の相場変動は10年に一回か20年に一回の激しさと見込んでいましたが、そのとおりになりました。株式相場に参入したのはほんとに何年ぶりでしょう。

私は、米国は財政バブルをはじめとしたバブル経済であり、いつかは大波乱が来ると見ていました。そのため少し前ですが同報メールでバブル破裂を頭に置いてポジションはほどほどに、保有高を減らすのも考慮の余地ありと私見をお伝えしたりしてきました。

ですが皆さん強気なんですね。「相場はすぐ戻るわ」という方もおられました。その読者に機会があったら今回も強気ですかと聞いてみようと思っています。

いや、嫌みでも何でもないんですよ。アベノミクスバブルはコロナでついに崩壊は3/8に書き始めましたが、社会経済への影響は長く続くだろうは3/6に書いています。3/6にアクションを起こしていれば、痛手はだいぶ小さかったはずです。

これまでに大きく利が乗っている方は利益が飛んでも痛くないですよね。どうせアベノミックスに乗じて儲けた「不当利得」なんですから。

今回の相場変動はこれまでのものとは違うのではないかと思っています。私は、個人的にはドルが基軸通貨であることから米国の経済制裁・経済妨害のツールとして使われるのだから、ドルが基軸通貨の地位を失えばよいと思っています。

ですからペトロダラー崩壊は歓迎なのです。また米国の経済は他国への侵略戦争によって支えられている面があり、そういう戦争経済は維持不能にすべきだという考えです。

今回は、そういう米国の覇権の終わりの始まりになることを強く期待しています。

でもこの歳でわずかと言えども相場のポジションを持つことがこんなに疲れるとは思いませんでした。せいぜい施設整備費のうち、事業主借りになっている部分だけでも回収できればと思って始めたのですが、どうも下落相場はしばらく続きそうです。

そうなると人間、欲が出ますのでね。危ないです。自戒自戒。

・・・・・

ご質問がありましたので。

相場は難しいです。
貴金属の金の見込みは当たりました。ここ1年以上前からロシアや他の国がドルを捨てて金を積み増していました。
ドルが崩れた時に何でカネを保持するかとなれば金しかありません。
もっともこれも現金化の動きが強まる中で乱高下しています。
今は金の投資信託がありますので少額でも買えます。今1単位5000円から6000円ではないでしょうか。もし運用できる資金があれば、(金額が特に大きければ延べ棒で、雀の涙なら投信信託で)金に一部の資金を振り向けるのも考慮に値するでしょう。

日本株は日銀の胸先三寸。日銀の市場支配、市場操作がまかり通っています。そんな環境では日銀の動きをつかめる者が圧倒的に有利です。
そして日本株は、米国株式に追随ですから、米国株式を追わなければなりません。ご存じのとおり米国の金融市場はカルテル体質が強く、下げるも上げるも支配層の意のままです。

アベが退陣したら、日本株には激震ですね。

私が取ったポジションはショート、売りです。売る金融商品を持っていたわけではなく、借りて売っています。現物の売買よりもいろいろなルールが加わりますし、証券会社に信用取引の口座を持っていなければなりません。

相場の大幅下落について95%の確信を持っていたので手を出しました。でも、もっとはっきり書いて読者に勧めることは控えています。100%ではありませんので。もっとも多くの方は手持ちの金融商品が多いので、それをいつ現金化するかということになりますが、処分のタイミングは難しいです。上に書いたような事情で日本株の価格水準は人為的な面が大きいですから。

為替は、とても難しい。日々の変動と長期的なトレンドとどこに目を付けるかの違いもあります。これも米国の金融政策次第という面があります。

経済の堅実さという面では、ロシア株です。あの国の技術進歩は目覚ましい。中国との関係が良好に推移する限り、電子ハイテク機器の調達にも心配がありません。そして、学者の進言によるのでしょうが、遺伝子組み換えなし、農薬最小限の農産物は石油と並ぶ外貨獲得源になる可能性があります。当面サウジとのオイル戦争でルーブルは売られるでしょうけど。

FXはゼロサムゲームの最たるもの。損するだけです。

証券会社に勤めたからといって金融商品で儲ける知識技量が身に付くわけではありません。そんな技量が付くならみんながっぽり儲けて会社を辞めてもやっていけるでしょう。

自分ではリスクを取らず、人のカネを扱って口銭を稼ぐのが一番確実で楽なのです。
posted by ZUKUNASHI at 00:25| Comment(5) | 日記

2020年02月20日

明けない夜はない 冬があるから春に花が咲く

テロリストと戦い抜いて見通しを得つつあるシリアの親父たちです。試練に叩きのめされ、それでも立ち上がってきた親父たちはこんな表情を見せるのです。テロリストと同様なコロナウィルスに立ち向かうことなく降参した日本人には、こんな顔の親父はとんと見かけなくなりました。
2018/6


2020/1


2020/2 イドリブでテロリストを捕獲した兵士


2020/2、アレッポ国際空港へのダマスカス発第一便を飛ばすパイロット


読者のお便りから

> 私は、毎日、アベやスガが感染する夢を抱いています。もちろん朝から。
久しぶりに笑いました

政府は学校休みにする気配ないですね。子供も感染するし、今は軽くて済んだとしても、成長に影響が出てこないか心配です。
なんかもう、本当にずっと武漢の様子を見ていたので日本が今後ああなるかと思うと…
この1.2日落ち着けなくて。
中国ならコロナに勝てるでしょうし、復活するでしょう。日本はムリそうかも。
ご子息は日本脱出できてよかったですね。
この先数年は日本人は海外に行けないかもしれません。入国拒否されて。

・・・引用終わり・・・

互いに励ましましょう。そうならないことを願いますが、本当に大変なことになることもあります。

2020/2/18

2020/1/30青葉の森公園で。

posted by ZUKUNASHI at 00:18| Comment(5) | 日記

2020年02月12日

福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階

福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階です。老朽化が激しい。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/5のツイート
安心はできません。排気筒の中間錆大きくなりましたね。これでも倒れれば原子炉建屋まで20mしかなく燃料プールに打撃与えます。水が無くなればジルカロイ反応で火災(化学消火通用しない)起こすこともある。プールゲート壊しても近寄れなくなるし中性子線も飛ぶ。解放状態の原発総合的危険予知必要。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/12のツイート
福島第一3号機原子炉建屋3階監視カメラ設置しておいたほうがいいんじゃない。いつ崩れるかもわからないんだから。プール歪で割れはいって水漏れ起こすと大変でしょう。取り返し付かないよ。「オリンピックどころじゃないからね!」原子力村の悪あがきバレちゃうよ。

・・・引用終わり・・・

原発関係者はみんな逃げると思います。一般の方はどんな状況、境遇に置かれる? みんな何ごともなかったように行動して死んでいくんでしょうね。それも生き方ですね。

管理人は、「リアルタイム空間線量率 全国」と「ただいまの空間線量率 変動状況」が安定稼働を確保できましたので、これを監視しています。
posted by ZUKUNASHI at 20:21| Comment(0) | 日記

2020年01月17日

考えたら一家離散 家族の半分以上と言葉が通じない恐れ 英語に挑戦 1

息子の一人が結婚しそうだと別の息子に伝えたら、「それはめでたいことでぜひ婚約者に会ってみたい」と返事してきた。私は、君も考えないといけないのでは? と婉曲に促したつもりだったのだが。

まあ、結婚しなければしないでもいいのだが、今の環境で結婚相手が見つかったら99%外国人だと思う。そうなると、一番可能性のあるコミュニケーションツールは、英語。孫娘も英語で話していることが多いから、子供の配偶者を含めた家族全員の共通語は英語だ。

今でも息子との日本語での意思疎通すら怪しいのに・・・。そうなったら完全に難聴老人だ。この難聴は、補聴器を買っても直らない。さて困った。

「一家離散」すなわち、不幸な家族の一典型なんでしょうね。私はそういう不幸に見舞われた気の毒な老人、いや自分で招いてしまった愚かな老人なのだ。

※ sonoko @sonokoss 氏の2014/9/3のツイー
移住後、仙台に一度も戻っていない。2年8ヵ月になる。 戻る気持ちもなく、両親も戻るなと言う。母がかなり弱り、80歳近い父が買い物、掃除、洗濯と殆どの家事をしている。 これが父母と、ひとり娘の私が選んだ道。 お互い決して泣き言はいわない。後悔もない。心はいつも傍に...父よ母よ。

この方は、ちょっとセンチメンタル。「心はいつも傍に」なんて考えられない。視界から消えればそれで終わりだ。

イラン問題を契機に英米人のツイートに接することが多くなっています。文の構造が複雑な上に単語もニュースに出てくるものとちょっと違う。私が読めなくて困ったもの、調べたものをここに掲げていきます。一緒に勉強しませんか。

※ Ryan Lizza@RyanLizza氏の2020/1/13のツイート
Today the Sanders campaign attacked Biden on busing. But Sanders opposed busing, according to this 1974 interview. The reporter wrote that Sanders believed busing “creates racial hostility.” https://archive.org/details/middle

busingは、bus+ingで (人種差別廃止のための、生徒の)バス通学輸送を言うのだそうです。
上のツイートだけから判断すると、バイデンがbusingに否定的な発言をし、サンダースの陣営がこれを批判したが、サンダース自身busingに反対したことがある。1974年のインタビューでサンダースはbusingは人種的な対立心を産むと信じていると記者が書いている ということでしょう。

※ CNN@CNNの2020/1/11のツイート
Instagram and its parent company Facebook are removing posts that voice support for slain Iranian commander Qassem Soleimani to comply with US sanctions, a Facebook spokesperson said in a statement to CNN Business https://cnn.it/30ba9P9

インスタグラムや・・・が書き込みを削除している。どういう書き込みかというとイランの司令官カッセム・ソレイマニに対する支持をvoice表明するものを、その理由は米国の制裁。

イランの司令官カッセム・ソレイマニの前にslain(slayの過去分詞が形容詞的に挿入されています。「殺害されたイランの司令官カッセム・ソレイマニを支持する書き込みを削除している」ですね。
Instagram says it's removing posts supporting Soleimani to comply with US sanctions

知りませんでしたが、米国では、SNSがソレイマニを支持する意見の投稿を掲載してはならないんですよ。こんな国の言うデモクラシーなどまがいものです。

※ RT2020/1/12
The International Federation of Journalists condemned the censorship effort as “unprecedented in the history of social networks and in conflict with the very innate actuality of media.” In its letter to Instagram, the AoIJ Teheran noted that numerous Iranian state media accounts had been removed and 15 journalists had been censored recently, which goes against and freedom of speech principles.

innateは、生来の、天賦の という意味。innate ability 天賦の才, 天賦の才能 actualityは 現実(性), 現存; 実在. 難しい概念ですね。
the AoIJ Teheran:The Association of Iranian Journalists Teheran

目が悪くて、innateとinmateを読み間違えます。後者は塀の内側の人ですね。

※ ウクライナ機の撃墜事件後 vigil という単語が頻出しています。
wake : 航跡, 通夜, 葬儀式
all-night vigil over a body : 通夜
vigil は、辞書には、寝ずの番、徹夜、(祈願のための)通夜(つや)、警戒 などとされています。

vigilと聞いたら、神妙な顔をしなければなりません。

sputnik
US Realises That Guaido's Jig is Up, Planning New Strategy in Venezuela - Scholar
The US-backed 36-year-old opposition lawmaker Juan Guaido is continuing to lose his grip, while Nicolas Maduro's positions remain unwavering, says Brazilian scholar Gustavo Guerreiro weighing up what strategy the US is now likely to choose.
jigとは、治具の意味のほかにダンスのジグ(テンポの速い活発なダンス)の意味があります。ここではクワイドの浮沈を激しい上下動を伴うjigの踊りになぞらえているようです。

このほか内乱関係では、rig もよく見かけます。基本的に艤装(ぎそう)する意味のようですが、rig a horse raceは競馬の八百長、rig the marketは市場操作ですから、不当、不正なことを働く意味があります。

gripはまさに掌握する意味、
weighing upは、量ることから発して比較考量する、検討するの意味ですね。

※ Ian56@Ian56789氏の2020/1/13のツイート
Shock!
CONFIRMED: Israel Prodded The US Into The Reckless Terrorist Drone Strike That Murdered #Soleimani.

prodがわからないと意味が取れません。
She prodded me in the side with her elbow.彼女は私を肘で突いた などと使われるらしい。

reckless 無謀な もよく見ます。
blatant 露骨な

ロシアが進めているリビアの和平協議、良い見込みが出てきています。しばらくラブロフの姿が見えないと思っていました。UNや欧州の国ができないことをロシアがやっています。難民流入問題で欧州は助かるはず。彼らは何も解決できないくせに、なにかにつけロシアに制裁だとか言っています。南米でも中東でも頼れるのはロシアとの理解が浸透しています。
RT2020/1/13
Peace talks in Moscow bringing together the leaders of Libya’s warring parties were a serious step forward in attempts to put an end to a brutal civil war sparked by NATO’s disastrous 2011 military intervention.

この見出しの文章の基本は、Peace talks^ were a serious step forward ^(civil war)^です。^のところに直前の名詞を説明、修飾する語句が並んでいます。リビアの災難が、NATOとオバマ政権の介入によってもたらされたとの知識があれば容易に理解できます。

※ Serge@Zinvor氏の2020/1/15のツイート
American and Russian troops meet on the road in Hasakeh, Syria. Just the latest surreal image the war in Syria has produced, a crossover few could have predicted even just a year ago.


米国とロシアの兵士がハサカの道路上で出会う。シリアでの戦争が産んだ最新の超現実的なイメージ。1年前でもごくわずかな人しか予想できなかった交差。

このツイートは、シリア戦争のこれまでの経過を知らないと理解できないでしょう。次もitが何を指すのか、そこがポイントです。



(引き続くいくつもの)戦争もこの同盟を破らなかった、一部の馬鹿な西側のジャーナリストには決してそれはできない。won't の後に省略されているのはbreakでしょう。
Iran is in the heart of every Syrian, their help through the war was enormous, we won't forget it.このitはtheir helpですね。

Part of this war goal was to break it, but we refused to sell Iran in exchange of US "malign" support, everyone said we are nuts & this alliance will bring our end.
最初のitはAn alliance、nutsは頭のおかしい人たち、この同盟が我々の終わりをもたらすと

But everyday pass it proves it was worth it.
"everyday pass it"が主語で"it was worth it" 「それは価値があった」ことを証明しているということでしょうが、"everyday pass it"は、「毎日がそれendを避けて過ぎていく」という意味でよいと思いますが、文法的によくわからない。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/15のツイート
イランとシリアの友好関係は、アサドの父、ハフェズの時代から何十年も続いている。米国は、わずかばかりの援助と引き換えに、イランを売るよう持ちかけてきたが、シリアは拒絶した。経済的ダメージを受け、シリアは愚かだと言われたが、今、その決断が正しかったことが証明されている

※ Carl Zha@CarlZha氏の2020/1/15のツイート
Girlfriend said people eat Papaya to cure constipation on Bali. Does it work? Is there a faster natural cure? Urgently asking for a friend!
何を焦っているのかと思ったら、constipationは便秘でした。
constipateが便秘にさせる、diarrhea が下痢。現地で暮らすときはこういう単語が何よりも大事です。

※ RT@RT_comの2020/1/16のツイート
New appointment is not demotion for #Medvedev in current political climate – Neil Clark
demotionは降格、promotionの反対ですね。

ロシアの政局がらみで見たことのない単語がいっぱい。時間がなくて取り上げていませんが、そのうちに。

次のツイートは大変難しいです。
※ Javad Zarif@JZarif氏の2020/1/16のツイート
Appeasement confirmed.
E3 sold out remnants of #JCPOA to avoid new Trump tariffs.
It won't work my friends. You only whet his appetite. Remember your high school bully?
If you want to sell your integrity, go ahead. But DO NOT assume high moral/legal ground.
YOU DON'T HAVE IT.

Appeaseは和解という意味で使われることが多いですが、ここでは譲歩・妥協の意味でしょう。独の国防大臣がトランプの脅しを確認しています。

譲歩が確認された。
欧州3か国(英、独、仏)は、トランプの新しい関税を回避するために核合意の残存部分を売った。
私の友人たちにはそれがそうさせることはなかったであろう。
あなた方は、彼の食欲をそそるだけだ。あなたの高校時代のいじめっ子を思い出してください。
あなた方は、誠実さを売りたいのであれば、そうしたらよい。しかし、高い道徳的/法的根拠があるとは思わないでください。
あなた方には、それはない。
posted by ZUKUNASHI at 02:06| Comment(0) | 日記

2020年01月11日

サーバーに障害発生かと思ったらIPアドレスが変わっていた

管理人が借りているさくらインターネットのサーバーに障害発生の模様です。

画像がアップできません。メールも送信不能。配布したメールアドレスにも同じ障害が発生している可能性があります。

メールのご返事が遅れます。ご了承ください。

(この記事は、当初2020-01-09 12:34:12に掲載しました。)

・・・・・

さくらインターネットに照会しました。チャットで。メールを送信しようとするとエラーが出ると。

いろいろ調べてもらって、「 国外IPアドレスフィルタ 」を無効にして送信可能になりました。

そのときに係りの方が一言、IPアドレスが海外のものになっている・・・。

はーん、確かめると確かに米国。こんなところに引っ越していました。より拡大すると、湖の中にバルーンがあります。



これまでのプロバイダーのIPアドレスは使えないな。こんな時に備えて格安SIMによるネット接続の用意は整えていました。

まあ、まず固定接続のモデムをリセット。並行して据え置き型LTEルーターの準備をします。

モデムを再度立ち上げると元のIPアドレスに戻りました。私の契約するプロバイダーのサーバーが書き換えられていたわけではなく、どんな仕組みになっているんでしょう。

先般さくらのブログの私のサイトにサーバー攻撃がありましたし、私がその後も書いている内容は激しくなる一方です。それで今度はパソコン乗っ取りの手に出てきました。私が異常に気付いたのは、午前10時半ころ。メールを出そうとしたら、エラーが出ました。

1/9の未明まではサーバーアプロードが可能でしたので、午前3時ころから10時ころまでにIPアドレスを変えられています。午前10時半ころパソコンを立ち上げたので、米国はすでに夜の8時半。日本時間午後4時ころにIPをもとに戻しましたから、米国時間の深夜には元に戻したことになります。

数日前にちょっと嫌な予感がしていました。おかしなアクセス元があったからです。

アクセス数もごくわずかなこの程度のブログでもサーバー攻撃や、パソコン乗っ取り攻撃があるんですね。カスペルスキーを入れてあるのですが、裏口から入ってきていれば、自在に中を覗いてファイルをコピーしたり、書き直しているでしょう。

今のところ、ブログに掲げてあるようなまっとうな画像を法律に触れるような怪しい画像に書き換えられたりはしていません。ファイルはわかりません。いじられたものがあるかも。コピーを取られたものはあるかもしれません。

でもいじられても私の作業ができなくなるだけで、他の方に迷惑をかけることはありません。メールアドレスは、知られると困りますが、Gmailでなければ、それほど覗かれる心配もないでしょう。Gmail使用の方には何度も警告してきました。

IPアドレスを変えられて、メール設定で「 国外IPアドレスフィルタ 」(国外のパソコンからのメール発信を止めるフィルタ)を無効にして国外IPアドレスからのメール送信を可能にしましたが、IPアドレスが元に戻ったので「 国外IPアドレスフィルタ 」を有効にしました。

読者に配布したメールアドレスが海外から送信できないと聞いていましたが、このフィルターのせいですね。ウエブメールを使えばどこからでも送信できます。

ここで気づきました。逆に「 国外IPアドレスフィルタ 」を有効にしておけば、IPアドレスが乗っ取られて私のパソコンのIPアドレスが他の国のIPアドレスに変えられた場合には、メールが送れないので気が付きます。1日に送受信するメールは、内容的には業務連絡というべきものですが、多いときには多いです。

そして、サーバーの設定を全部元に戻しました。サーバーへのアプロードも国外のIPアドレスからはできません。

今日は朝から他のサイトを見ていて画面が出るまでに時間がかかることに気づいていました。北米のプロバイターのサーバーからデータを取っているんですから当然ですかね。

ここで特にご理解いただきたいのは、私のこのブログの記載内容程度でも北米の国の情報機関は、神経をとがらせて嫌がらせをしてくるのです。彼らは何が怖いか。真実が広まるのが怖いのです。このブログは、別にホイッスルブロアーの情報や暴露情報を扱っているわけではありません。海外のニュースソースは、ツイッターの情報と、RT、FARSNEWSがメインですからすべて公開情報です。それを転載し、日本語で訳やコメントをつける。これが嫌でたまらないのです。

ほかの有力ブロガーやツイッターアカウントを持つ人が北米の情報機関からどれだけ注目され、時に嫌がらせを受けているかは知りません。おそらく日本では私と同じような経験をしている人はまずいないはずです。書いている内容からして。

北米の情報機関が今回最も不快に思ったのは、次の記事でしょう。書いている私が鬼の首を取ったかのように感じていたのですから。

2020年01月08日
マフディ首相は国会でこんなことを暴露したらしい

真実を書く、ありのままに、わかりやすく書く。

これが私の国際関係情報をはじめとする記事全般についてのポリシーです。

アクセスは減り続けていますから北米の情報機関もあまり気にすることはないんですけどね。影響力など限りなくゼロに近い!!

そもそも日本人は真実を知ろう、理解しようとはしないのです。フィクションの世界の心地よさに酔いしれているのですから。

なんらの影響もないブログですからいつ止めてもよいと思っています。もっとアクセスが減ったら、その時になるのか、それとも嫌がらせが強まったらになるのかわかりませんが、とりあえずは嫌がらせと戦います。

ネット回線は常時2回線動かすことにしました。固定ネット回線でIPアドレスを頻繁に変更する方法を模索します。現在の業者でできなければ業者を変えるか、携帯向け電波利用に切り替えます。固定ネット回線は、里帰りしたスティックPCのメンテナンスの時だけ使ってもよいですし。

ブログの記事も書き換えられる恐れがありますから、バックアップを忘れないようにします。

上に書いたような話は、日頃、個人情報だだ洩れの方は、別に気にならないかもしれませんが、それは無害な家畜とみられているからです。飼い主に反抗すれば、飼い主はそれまでに蓄積した個人情報をフルに活用して制圧に乗り出します。

反抗するまでに至らなくても、このブログを見ていることが分かれば、危険人物度が2段階、3段階も上がります。

私は、そのうちドローンで攻撃されて家ごと焼かれるかもしれません。どうぞお楽しみに。ただ、そのとばっちりはあなたにも及ぶことをお忘れなく。怖ければこのブログを見ないことです。

なお、ご自分の使用中のIPアドレスは、https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi のサイトで簡単に調べることができます。

・・・・・

北米の政府機関からとみられるハッキング攻撃が続いています。

手口は、
@ 私のブログに多数のダミーサイトからアクセスします。
2020/1/10はこんな感じです。アクセス元です。

A 私がアクセス記録を見て、これなんだろうとクリックすると、私のPCのIPアドレスが先方に把握されてしまいます。
B 先方は、このIPアドレスを乗っ取ります。方法はわかりません。私の使っているプロバイダーの提供するモデムの情報を書き換えている? モデムをリセットしたらIPアドレスが元に戻りました。このとき自分で用意したルーターは稼働継続していましたから、こちらではない。モデムは、プロバイダーがこちらに渡す前に自社のサーバにつながるようにセットしてあるはずですよね。固定回線は、あくまでも契約プロバイダーのサーバを経由してインターネットにつながっています。契約プロバイダーは、私に配布したモデムのどこかが書き換えられていることに気づかずにつないでいた?

モデムの脆弱性を利用している? 

昨晩、寝る前にモデムの電源を落とそうと考えていましたが、フラフラだったので忘れました。これからパソコンの電源を落とすと同時にモデムから始まる宅内のネットワークの電源を落とします。

C 昨日1/9の夜から、また様々なダミーサイトからのアクセスが始まっています。アクセス記録のページを開いても触らないようにしています。私のこのブログのアクセスは、こういうダミーサイトからのものがほとんどで。人間が見ている者はほんの数えるほどしかない? 1日数百なのかも。


ネット接続は2回線用意しました。ネット閲覧だけだからとウブンツの入った安いパソコンをつないでいますが、ちょっと使えないですね。危ない作業は、LTE回線経由でやります。

ハッキングなどの攻撃の模様は、ここに記録していきます。

2020/1/10の未明に寝るとき、家のネット回線を全部電源オフにしました。朝電源を入れたら、IPアドレスは変わっていませんでした。すっかり忘れていましたが、私の手元には3台のパソコンが24時間稼働で線量率を測ったり、グラフを送信しているのでした。更新が止まりました。これらは、LTE回線経由に切り替えなければなりません。有線接続ですと有線LANルーターが必要です。無線LANを使えば追加費用なし。悩ましいです。

就寝時には、24時間稼働のパソコンのネット接続をLTEルーター経由に変えることにしました。モデムとルーターの電源を落とします。LTEルーター経由ではうまく送信できるかちょっとわかりません。

リアルタイム測定システムの千葉北西部3とただいまの空間線量率変動状況が更新されないかもしれません。

2019年11月02日
米国の当局はこのブログの何が嫌いなのか

2019年10月19日
このブログが炎上? それともハッキング攻撃中? 本日のアクセス15万PVになる?

あるプロバイターのお知らせ
第三者による電話サービスの不正利用への対策について
2015.07.13
お知らせ
国内の通信事業者が提供するIP電話サービスをご利用のお客様において、悪意のある第三者が通信機器や電話設備・ソフトウェア等に対して不正なアクセスを行い、ご利用のお客様にとって覚えのない海外の電話番号へ大量に発信し、高額な国際通話料を発生させる被害が報告されています。 弊社からは、注意喚起情報の掲載※1や特定地域への発信規制※2などの対策を実施してまいりましたが、サービスをご利用のお客様におかれましても、改めてご利用になっている電話設備やソフトウェアを提供するメーカー・ベンダー及び機器保守事業者等にご相談いただき、外部からの接続環境や国際電話の一部もしくはすべてを規制する設定、並びに通信機器のパスワードの運用・セキュリティ対策について確認・見直しを行い、第三者による「なりすまし」や通信機器の「乗っ取り」に十分ご注意下さいますようお願いいたします。
posted by ZUKUNASHI at 23:52| Comment(0) | 日記

2019年12月08日

歩く楽しさ 歩ける喜び 2019晩秋

私の長距離耐久徘徊コースは12kmです。今年は、気候が優れなかったりして、このコースを歩いていないように思います。体力が落ちてもう歩けないかもと心配になって、2019/11/17に歩いてみました。

ところが予想外に快調に歩けたのです。出発場所の駅の時計は12時10分を指していました。到着場所のモノレールの駅まであと10分の場所に着いたのが15時前ですから正味3時間で歩いています。

今日は単独行でしたから、極力近道を歩きました。それでも3時間で歩けたのは大きな成果です。1時間4kmですが。

ここでもやはり竹がたくさん折れてしまったようです。




畑でサツマイモの収穫をしていました。今年はすんなりと細い形のものが少ないそうです。消費者は、何よりも見栄え重視だと。味はその次。

桜が咲いています。


午後2時ころには、雲一つない快晴になりました。1時間半ほど歩いて休憩。木の切り株に腰かけ、握り飯を食い、水を飲みます。
周りはゴルフ場の松と野原の雑草、そして少し離れた林です。別にどうっていうことのない風景ですが、私にはこんな時間が至福の時なのです。


いったん台地を下ります。


茂原街道を渡って急傾斜地崩壊危険地域の階段を上ります。備え付けの杖を借りてやっと上りました。


登り切って車止めに腰かけて息を整えているところ。ハーハー、ゼイゼイ。


ようやく落ち着いて周りを見ると。


しばらく行くと家の前に畳が積まれていて災害廃棄物、連絡済と書いてありました。この辺も床上浸水? 台地の上なのに??


予定の時間よりもだいぶ早いです。でも、特に見るところもなしと駅に向かって歩きますと、高齢のご婦人が歩いてきました。道に人がおらず、話しかける人がいなかったのです。皆さんこんなに天気が良い日に家の中にこもっているんですかね。

「すみません。お尋ねしますが、この辺は大雨で浸水したんですか?」
「浸水はなかったわ」
「ここに来る途中、畳が災害被災物として家の前に積み上げてありましたので」
「雨はすごかったけど。そこで土砂崩れがあった」
「すぐそこですか? 人が亡くなったんですか?」
「人は死ななかったけど、家のすぐ前まで土砂が落ちていた」

現地に向かいます。
スーパーのフェンスの間から覗いた景色。

Google Mapから


歩いている途中で見た畳は、屋根が壊れ、屋内に雨水が入って濡れたのですね。


駅前に着きましたが人が少ないです。上半身着替えます。仏教系の布教のネーチャンが何人かいましたので、あらかじめ断りましたが、ゼーンゼンこっちには関心がないようです。なんと失礼な。親鸞聖人と同じ体形が自慢なのに。
本日の体形


その後に、彼女らを冷かしました。「勧誘はいらないよ。前に、蘇我駅の前にしゃべるプラカードのお姉さんがいてね、すごい美人なのにプラカードに隠れて顔が見えないのがもったいなかったね。」
美人、美人と強調しました。
「誰だろう?」とグループの一人。同じ活動グループなんですね。でも「すごい美人」は思い当たる人がいない。そうだと思います。

タバコを吸って帰ろうとすると、今度はその先でキリスト教系の団体が布教活動を始めました。

「あっちにいるのは、〇〇〇の〇〇だよね。」
よく居合わせることがあるようです。
「あれについては?」
「間違った宗教を信ずると害になります」
「はーん、なるほど。あそこに立っている人たちは、間違った宗教を信じて自分に害を与え、布教活動によって他の人にも害を及ぼそうとしているわけですね」
「あの人たちにそう言って抗議してくるからね」
笑うしかないオネエサンを置いて帰りました。

1年前の9月に同じコースを歩いていました。
2018年11月13日
栗イガの奇襲攻撃を受けた日

これからの季節、歩き終わったら汗で濡れた、湿った下着などは必ず着替えます。さもないと風邪をひきます。てきめんです。着替えを持たないなら汗をかかないように注意。

2019/11/24は、10年ぶりの道を歩きました。昔、よく自転車で走ったのですが、福島第一原発事故後は自転車での遠出は止めたのです。

地図を手に道を確認しながら進みます。あまり変わっていませんでした。ただ、今の私の関心の的が変わっているためでしょう、送電線と携帯基地局を探しながら上を向いて歩いています。

途中2系統の送電線が込み合っている地域に来たら、低いところに見慣れないアンテナが。


これはWifiじゃなくて携帯基地局ですよね。比較的新しいです。上を送電線が通っていますから電波障害があるはず。それの解消策でしょうか。

こんなアンテナも見ました。近所の人、喜んでいるんでしょうか。


船橋市の中心部に近づくにつれて、建売住宅が並ぶところが多くなってきます。




これでは郊外の姨捨団地は、どんどん寂れていきますね。

どの辺だったか記憶が定かではありませんが、ある交差点で信号を待っていたら、自転車の前後に男の子を載せた若い母親が脇に止まりました。自転車の前に乗った小さい子のほうが熱心に母親にプロテスト。声は大きくもなかったし、泣いてもいなかったと思います。真剣に何か母親に話しています。

私は、その子のすぐ隣にいましたから微笑ましくて、「どうした〜」と男の子に声を掛けました。母親が「まだ公園で遊びたいと言っているんですよ」とほほ笑んで答えました。

時間は3時半を過ぎたころだったでしょうか。

家から少し離れた子供が喜ぶ公園まで母親が自転車に乗せて連れて行った帰り。

子供は、自転車の前後に乗っているから母親の指示には従っている。そのうえで小さい子供が体をねじって母親に要求を主張している。駄々をこねているのではなく。

母親はやることもいろいろある。互いに主張はある。その中で、母親が子供ときちんと対話する姿勢を取っていることの現れ。子供が賢く育っています。

子供が暗くなるまで公園で遊びたいというのは、極めて正常な姿です。ですが、とても残念なことは、福島第一原発事故後は、公園での遊びも安全性に懸念もある。

あの小さな子の将来が楽しみ、健康に育ってほしいと願いつつ彼らの後ろを駅まで歩き通しました。

もう、あういう小さな子供がその能力を120%使って、自分の要求を主張してきてたじろぐようなことは、私には永久にない。孫を抱いて柔らかい幼児の身体を30年ぶりに体感することはできたが、やはり、自我を持って自己主張を始めたころが子供は一番かわいい。

そしてその段階に達すれば、あとは子供は親からどんどん離れていくだけだ。

2019/12/1は、曇りの予想でしたが、日が射したので近くへ出かけました。最近は、スキヤキソング、上を見て歩いているのでどこに行っても新鮮なのです。

昔の千葉街道でしょうか、幕張駅入口。北を向いています。


同じ場所で西を向いています。この2か所は230mほど離れています。


幕張駅の改札階に上がって南を見ると、もうあちこちに携帯向けのアンテナ。集合住宅の上にあるものも多いです。
一方北側から見ると、アンテナが目立ちません。人口密度も、商業集積度も異なるのでしょうがえらい違いです。

幕張駅の北口側を歩いて回っても、区画整理が進んでいることもあるのでしょうか、アンテナが見当たりません。船橋西税務署の近くで一つ見ました。

坂を上って武石インターを越える辺りまで行くと携帯用と見られる高い塔の上に載ったアンテナがいくつもあります。


新しく住宅開発が行われている地区でも。


この地域から高い塔に載ったパラボラアンテナが見えました。どこの塔でしょう。


武石インターから見えます。東京電力花見川変電所の施設です。


NTTの施設からはパラボラアンテナが見られなくなっていますが、東京電力はまだ使っています。これから電磁波が拡散しているということはないのでしょうか。

もし、GM-10がパラボラアンテナの電波をとらえる性質があるとすれば、探索に使える手軽な機材になります。高層住宅にお住まいの方は、携帯用アンテナの電波とこういうパラボラアンテナの電波が当たっている可能性を念頭に置いたほうが良いでしょう。

今日は、なぜか女性と出会い言葉を交わすことが多かったです。ある日曜農業の菜園で中年にちょっとまだ早いかと見られる女性が野菜をチェツクしていました。野菜が大きく育っています。しばらく雨が多くて来られなかったが、久しぶりに来たら野菜が大きく育っていて、収穫しようにも持ち帰る準備をしておらず、どうしようかと困っていると言っていました。

大きな大根を地面に置いて写真を撮り、友人に送信してどうかと聞いていました。私ににんじんを2株、ねぎを1本くれたのでもらって帰りました。


にんじんはありがたかったけれど、本日は痛恨のミス。ウィンドブレーカーに入れてあったタブレットスマホが落ちてガラスにめちゃくちゃヒビが入ってしまいました。

次の図は、今日見かけた携帯向け電波の塔


2019/12/8は、気温は低いものの風もなく好天となりました。外出をメールでお勧めしてすぐ自分も外出。昼を過ぎてしまったので、近場で済ませました。

ある駅の駅前広場で、手作りアクセサリーを売っていたお姉さんが暇そうだったので、サクラの役目でもしてやろうと、少しお話しました。もっぱら私の勉強でした。

プラスティックを使ったアクセサリーなのですが、最近は材料も進んでいるようです。A液とB液を加えてしばらくかき混ぜていると透明な液体ができるのでそれを型に流し込むと透明なプラスティックの中に花びらなどを閉じ込めることができるんだそうです。

この時期は、プレゼントシーズンなので夜なべ仕事で徹夜することもあるとか。自宅の一室が作業場だと。私の家と同じでダンボール箱やコンテナで埋まっているんだろうなと想像しました。

私に特に役立ったのは、出店手続きと費用。自治体の外郭団体が仕切っているようでした。1坪くらいのスペースで1日3000円くらい。これなら一人もお客が来なくても損失は少ない。

えっ、何をするつもりかって? 教えますけど、私が出店した暁には必ず来てくださいね。

易者です。

看板は、「生きることはみんなつらい」、「今を生き抜く」、「2年後に日本を襲う最大の不幸は?」、「今あなたの一番の不幸の種はこれ!」、「千葉の妖怪 予言は当たるも八卦、当たらぬも八卦」
こんなところでどうでしょう。ブログの読者はどんな内容か見当が付くというものですが、そんなに簡単ではありませんよ。人によっては言うことがまるで変わりますから。

「被ばくが心配? ええ、そういう人、まだいますね。でもご存じないでしょうけど放射脳と呼ばれている人は、神経症状の人が多いんですよ。分裂気質とも言ったらいいでしょうかね。彼らは、もう8年も経ったのにまだ8年前の恐怖から脱却できないでいるんです。気の毒にね。今でもそんなことを口にする人がいたら相手にせず、さっさと離れたほうがいいでかす。昔と同じ生活をしてかまいません。政府も学者もそう言っています。えっ、配偶者が心配している? そりゃ別れるしかないですね。・・・」
とまあ、こんな調子。

「電磁波が怖い? 電磁波過敏症になった? そういう人おられますね。でも、医師の診断書がありますか? 私が知る範囲では、スマホやパソコンを扱えない人が、IT嫌いが嵩じて、電磁波過敏症などという病気を作ったじゃないですかね。今が世、スマホ使わなければ生きていけません。社会の落伍者になります。気の持ちようで電磁波過敏症と思っていた症状なんか消えていきますよ。ほら、被ばく問題でもにこにこ笑っている人には放射能は来ないと言っていたじゃないですか。にこにこ笑っている人には電磁波も来ないんです。それが日本の常識です」

でもよく勉強している人には別の対応です。
「家族が福島第一原発事故による被ばくを回避できるように8年半頑張ってきましたが、もう疲れてしまって。」
「そうですか、よく頑張りましたね。放射能問題の知識はどこから得ていますか?」
「ネットです。ずくなしの冷や水とか、ツイッターの桑ちゃとか。でも、彼らは、健康被害はこれから先が問題だと言います。家族も私の被ばく回避策に不満があるし、もう手を緩めてもいいんじゃないかと思っているんです。ブログ書いている人は、もう高齢でご本人が認知症状が加速していると認めているんです。そういうのを信じていてよいのかと迷っています。」
「そうですね。そのとおりですね。ずくなしの冷や水は煽りサイトだと乳酸菌で商売していた人は言っていましたね。あの認知症が進んだ耄碌爺は、私なんですよ。」
「まあー」

こんな調子で30分500円。テーブルの上には、筮竹(ぜいちく)」の代わりにパソコンでも置きましょう。緑区のお寺で占いをやる人がパソコンに見入っていたのを見かけました。

問題は服装です。あれはちょっと変わった服装です。日本の羽織紋付でもない。正月の香取神宮で露店の一角を占めていました。あれ一式いくらくらいするんでしょう。背広にするかな? まさか売れ残りカジュアル衣料というわけにはいきませんよね。髭は伸ばし放題伸ばす。手入れが大変だけど。

怪しげな職業はやっぱり衣装が決め手なんです。この前の宮中の儀式でも感じませんでした?

とても勉強になった一日でした。話した相手のオネエサン、30代の後ろのほうかなと思っていたら、なんと50代で20代の娘が二人もいると・・・。とんでもない見間違いでしたけど、そのオネエサンはえらく喜んでくれました。真実だけが役に立つわけではないのです。

埋立地を歩きました。昼過ぎでしたから谷津干潟に通じる水路を海水が流れていきます。カモがたくさん集まって、水中にもぐって餌を摂っています。


ハマヒサカキが咲いていたので、匂いが流れてきましたが、良い香りはなくて臭いだけ。
posted by ZUKUNASHI at 21:16| Comment(0) | 日記

2019年11月21日

ありがとうございます ブログを書いていてこんなにうれしいことはないです

2019/11/21に寄せられた投稿を掲載する。暇な老人冥利に尽きるというのはこのことですね。とてもうれしいです。引用開始。

何年も前にちょっと投稿させていただいたきりになっていましたが、ブログはよく拝見させていただいております。2年ほど前、国内ながら西の方に移住しまして、関東在住のころよりも体調が改善しました。もう手遅れと思っていたのですが効果ゼロではないようです。

さて、実は香港出身の友人に先週末会う機会がありまして、デモの様子を聞きました。一言でいえば、ずくなしさんの記事そのものでした。

アメリカの洗脳教育を受けたリーダーを中心に一部の学生が暴徒化しており、一般市民に自分たちを支持するかどうか聞いて回って支持しないと答えた人の家に放火するありさまということでした。

彼女と話している間にも彼女のスマホには香港の知り合い達から次々に状況を知らせる着信が届いていました。観光客と留学生はほとんど去り、飲食店もガラガラ。市民はデモ隊が封鎖した道路のガレキを撤去しながら意地でも仕事には出かけようと頑張っているとのことでした。

そのような話をしている間にも、デモ隊がふさいだトンネルを、これから市民と警察のボランティアが障害物の撤去作業をしに向かうという知らせが入り、まるで紛争地とつながっているかのような緊迫感でした。民主化運動の学生が嫌悪され、警察や軍隊は市民の味方として歓迎されているとのことでした。

デモ隊はすっかり洗脳されており、香港の独立という目標のためには何をしても許される、最終的にはアメリカが守ってくれる、と非現実的なことを信じていて話が通じないそうです。香港の一般人にも彼らの支持者が少数いますが、自分の信じる情報以外には耳を貸さないそうです。

彼女はずくなしさんのブログを知りませんでした。(というより日本語の情報にアクセスしていません。)しかし、概要を知らせただけで「まともです!」と一言。即座に賛同していました。

かくいう私は彼女の話を聞くまでは別の見方があるのだなあと思った程度でした。その後、彼女の話を周囲の20代から80代の10名ほどに披露しましたが、さすがにリアルに当事者とつながっている人からの情報なので驚きながらも信じてもらえました。

しかし、事態が収束に向かっている今頃になって気づく情弱さ加減が情けないです。もっとも気付いていればとっくに海外に脱出していますね。

というわけで、ずくなしさんの情報を見分ける眼力にはいつも恐れ入っております。日本に住んでいると正しい情報にアクセスするのがどんどん困難になるばかりですので、ずくなしさんのブログは本当に貴重な情報源です。いつも感謝しております。

・・・引用終わり・・・

ありがとうございます。ついでに、手前味噌をもう1件。

阿修羅掲示板からアクセスがあります。リンク元は
戦争は、なぜ起きるのか?CIA工作員が、だましてわれわれをウソ世界へと導いているのが原因だ17
投稿者 あのに 日時 2019 年 11 月 18 日 22:02:14:
です。

この記事は「ホワイトヘルメットの闇は、シリア侵略戦争の中核的なウソ部分であったのだ」との立場で書かれていますが、この中でこのブログの記事を引用していただきました。

国際問題に関する記事は、このブログの記事の中では決してアクセスは多くありません。でも、2019年10月23日
トルコに兵を引かせるためにロシアはどんな知恵を出すかの記事については、熟年女性とみられる読者から読みごたえがあったとの感想をいただいています。

また、2019年10月16日 シリア問題 現時点での論評 管理人の記事は、同じ時期に報じられたロシアや欧州の方の記事に比較してもそんなに見劣りするものではなかったと自己評価しています。

管理人は、別に昔から国際問題を詳しくフォローしてきたわけではありませんし、英語で仕事をしたこともありません。でも、広く情報を集め、常識的に判断すれば、何が正しく、何が嘘かはわかります。それが年の功というものなのかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 20:33| Comment(2) | 日記

2019年11月18日

徘徊記録のまとめ

私の徘徊記録、簡易紀行は、徘徊から帰った後、その日の印象に残ったことを思い出し、写真があればそれを適当なサイズに加工し、それを先にブログ画面に掲げて文章をはめていくことが多いです。

ここ1、2年の簡易紀行を振り返ると、単に歩いて疲れるだけでなく、人と出会って話をする楽しさも覚えたように思います。

私がこんな記録をつけているのは、自分のためというよりは若い人に読んで参考にしてもらいたいからなのです。特に地方にお住いの若い方に。

社会的なプレゼンスが大きい方のエッセイや趣味、登山、旅行の記録などは印刷物などの形で出版されていますから書店で購入できますし、図書館にも備えてあります。でもあちらはぴしっと背広で決めた建前の語りです。下流老人の簡易紀行、下流老人の一般の方との交流の記録としては、私の簡易紀行は他には見られないユニークなもののはずと自負しています。

私の若い時、いずれ都会に進学するなり、働きに出なければならない、自分の進路を決めなければならないという段階になって、都会の生活実態がわからないのはとても不安でした。でもそれから50年も生きてきて、いろいろ知ることもできました。

下流老人の私ですが、上流老人の知り合いがいないわけではありません。でも交流は途絶えました。今の私の心の友は海外の活動家です。

若い方にとって私はまさに爺さんの年齢に当たるでしょう。でも、この徘徊日記を見てもらえばわかるように自分の考えのままに自由に生きると人によってはこんなふうに生きるということです。最低限の生活資金があれば、自由な生き方ができる。それが都会の魅力です。

私はもうしきたりの多い田舎には住めないでしょう。伝統の持つ価値はもちろん認めるのですが、それに拘束され、強制されることはまた別です。若い人が自分の人生に枠をはめる、はめられる必要はない。

しきたりや慣習、閉鎖的な地域集団に息が詰まる感じを抱いている若い方も多いと思います。でも、いずれ学校からは放り出されます。ずっと今の環境のまま囚われの身で居続けるわけではないのです。学校なんかやめてもよい。勉強したくなったらすればいい。

多くを望まなければ、どこででも生きていけます。アフリカ辺りで生まれたホモサピエンスは、酷暑の地にも極寒の地にも根付いていることはご存じですよね。

2019年11月17日
歩く楽しさ 歩ける喜び 2019晩秋

2019年11月04日
歩く楽しさ 歩ける喜び 2019年盛夏・初秋

2019年04月30日
これだから徘徊老人はやめられない 若い女性から傘をもらった日

2019年04月29日
団地の通りから老人の姿が消えつつある と実感した日

2019年04月14日
おーい この人7*歳なんだって! 気は若いですよ 気はね

2019年04月7日
私も整理の達人になりたいものだが

2019年03月18日
千葉市民は薪割り斧の使い方が上手いことを知った日

2019年03月10日
100歳まで行けますよ!

2019年03月01日
地球の反対側から来た髭の親父にバス路線を聞かれた日

2019年01月15日
そりゃ カネも払わないで田舎から野菜を送ってもらうわけにはいかないよね

2018年11月25日
心臓手術をした人生の先輩に出会った日

2018年11月13日
栗イガの奇襲攻撃を受けた日

2018年11月12日
老人にアンドロイドスマホの扱い方を助言した日

2018年10月22日
介護夫の話を聞いた日

2018年10月15日
同じ年頃の女性に65歳と見られた日

2018年09月29日
スマホを使ってみようか その3 久しぶりの徘徊

2018年08月22日
スマホの便利さを痛感

2018年06月25日
電車の中で乳児がにっこりと笑いかけてくれた日

2018年05月14日
50代独身男性の父親に意見した日

2018年05月05日
窓からばあさんに手を振ってもらった日

2018年04月24日
ずくなし爺はあっち側に行った? GG4人と話した日 3

2018年04月23日
ずくなし爺はあっち側に行った? GG4人と話した日 2

2018年04月23日
ずくなし爺はあっち側に行った? GG4人と話した日 1

2018年03月25日
歩く楽しさ 男子高校生から飴玉をもらう 花見

2017年08月27日
歩く楽しさも最近は中位

2017年07月30日
歩く楽しさ 歩ける喜び 2017/5〜7

2017年04月30日
歩く楽しさ 歩ける喜び 2017/2〜4

2017年03月05日
よぼよぼジジイ認定記念日

2017年01月29日
歩く楽しさ 歩ける喜び 2017/1

2016年12月31日
歩く楽しさ 歩ける喜び 

2016年11月14日
陸の孤島は姨捨団地

2016年10月19日
私 ピックアップトラック1台で簡単に殺られてしまうと確信

2016年10月03日
歩く楽しさ 歩ける喜び

2016年06月04日
成人男子がチェルノブイリ事故前にウランが原因と見られる甲状腺がんを6時間かけて摘出手術

2015年10月24日
2015年秋
posted by ZUKUNASHI at 00:58| Comment(0) | 日記

2019年11月03日

ロシア極東の猫の仲間

※ Земля леопарда@Leopard_land氏の午後2:15 ・ 2019年4月23日のツイート
Дикие кошки в городе! しょぼり
Дальневосточный леопард и амурский тигр были отмечены фотоловушкой в пределах Владивостока. Однако без паники
顔1(うれしいカオ)
Дело в том, что часть национального парка ≪Земля леопарда≫ территориально входит во Владивостокский городской округ.
http://leopard-land.ru/news/6047







Spotted in the wild: Rarest big cat in the world caught playing like a kitten in Russia (VIDEO)
posted by ZUKUNASHI at 11:23| Comment(0) | 日記

2019年08月31日

リアルタイム測定表示システムの管理者向けマニュアル

T 不調の場合
1 測定器GC10のカウント数が増えない、頻繁にリセットする場合
→GC10に供給される電流・電圧の不足です。GC10と有線LANアダプター以外のものを外してください。

→GC10moniterのグラフのソフトがおかしくなっている場合があります。DOWNLOADのフォルダーを開けてGC10moniterのフォルダーのうちジッパーのないものをフォルダーごと削除し、ジッパーのあるフォルダーをクリック。すべて展開(解凍)してインストールしてみてください。

→上の二つの方法で直らない場合は、電源アダプターの能力低下によるものと見られますので、電源アダプターをより力のあるものと交換します。

2 画面が止まってしまった。
→Windows10のOSアプデイトが続いています。自動で復帰、再稼働する場合もありますし、そうならない場合もあります。モニターがある場合は、マウスをつないで再起動してください。

→これで正常化しない場合は、機器またはソフトに異常が生じていますので機器を交換します。

3 落雷が激しいときは、電源アダプターを抜いて電気が流れないようにしてください。
落雷、ブレイカー作動でもグラフ表示がおかしくなった例があります。例えばこんな画像になります。


原因が解明できていませんが、モニター画面のキャプチャーの範囲がおかしくなっています。
850×480程度の大きさであるはずのものが630×440程度になっています。ShareXでキャプチャーの範囲を修正すれば治りますが、やり方がわからない場合は、交換しています。

上の画像をよく見ると、タスクバーの部分は全体が映っています。ところがそれより上の部分は画面の一部分です。ShareXのキャプチャー画面は、ディスプレイで見る対象範囲とは異なるのです。Windowsの中でディスプレイ用の画面はそれぞれに合成されていることがわかります。

4 ShareXは最新バージョンを入れています。ソフトの背景が黒です。特に更新しなくてもかまいません。

5 ネット接続は、Wifi経由より有線経由のほうが安定します。
(1)有線LANアダプターは、安いものを使っています。そのためドライバーのインストールが必要な場合もあります。
(2)有線LANアダプターは、再起動後にUSB端子の抜き差しが必要なことがあります。そうしないと機械が有線LANアダプターを認識しないことがあります。

6 測定ポイントの1か所でタブレットパソコンを導入していただくことになりました。

7 これまでの機器故障の例を振り返ると
@ 電磁波環境が良くない。
A 電気の供給が安定していない。
B 機器の接続に無理がある。
などがあります。測定システムの稼働が安定しない場合は、何らかの阻害要因が働いているということですので、撤収しています。撤収はすでに5件あります。

U セッティング全般
GC10とスティツクパソコンの組み合わせの例です。すてぃくパソコン以外のパソコンも利用し始めていますので、組み合わせは多様になっています。



次のように配線をつなげばすぐ使えます。



ネット接続でWifi利用の場合は、SSID セキュリティコードの入力でマウスとモニターが必要になります。
モニター画面右下のインターネット接続の操作ポイントから始めて、お使いの無線LANステーションを選び、セキュリティコードを入力します。

有線LANにケーブルで接続する場合は、スティツクパソコンにGC10と有線LANアダプターをつなぎ、電源を入れます。それだけで送信が始まります。送信がなされているかは、http://gm10readings.blog.fc2.com/blog-entry-35.html のページで確認できます。原則10分ごとに画像が送信されます。

すべて接続したら、電源コード差し込み場所の脇にある楕円形のスイッチを灯りがつくまで押して電源を入れます。

WINDOWSが立ち上がり自動でサインインします。
続いて、GC10AのソフトとSHAREXが自動で立ち上がり、GC10のグラフが現れます。しばらくすると、このグラフが自動的に左上の隅に移動します。次の図の下半分は、ShareXのソフトの画面です。通常操作はいりません。



重要: 組み込まれたソフトをいじらないでください。パソコンのハードとソフトに習熟した人でなければソフトの組み合わせを理解して操作することはできません。ある程度パソコンを知っているという程度では無理です。いじられると再調整のため返送再送付の手間がかかります。どうしてもいじらないと気が済まない方にはそのための機械を貸し出すことも致します。何度も不調になる場合は、撤収させていただきます。費用がかさみます。

画像キャプチャー、送信ソフトのSHAREXについては、設定をいじらないようにしてください。最適な状態に調整してあります。

V SHAREXの設定調整
ただ、特別な事態が発生して10分間隔の送信を5分間隔に短縮していただくような場合には、調整が必要になります。以下は、そのような場合のための解説です。

オートキャプチャーのスタートボタンクリックはパソコン起動とともに自動で行われます。送信間隔を変更する場合は画面右下の [ヘ]マークを左クリック、続いてSHAREXのマークを右クリックしてメインの操作WINDOWを呼び出します。

SHAREXのメインの操作WINDOW左一番上の Capture をクリックすると次の噴き出しが出ます。その一番下のAutocaptureをクリックします。



Autocaptureの画面です。


上の画面ではRepeat timeが300秒になっていますが、必要な場合はこれを調整します。

そして一番下の横長ボタンがStopと表示されていれば、今秒数をカウントしているということを示します。動いています。SHAREXの画面の右上隅の_印をクリックしてこの画面を見えなくすればOKです。右上のすと送信が止まります。

送信間隔を変更したときは、SHAREXの×を押していったん消してから再起動するか、AUTOCAPTUREの画面を×で決して再度動かしてください。それによりソフトの中にその設定が記憶されます。

このシステムを自宅に設置しておけば、海外旅行中でも見慣れた自宅の線量率の動きに異状がないか確認することができるのです。

W 時刻の合わせ方
全般的にスティックパソコンが古くなってきており、内臓電池が消耗し、時刻を保持できない例が出ています。

時刻のずれの修正方法
Windows10 バージョン1809まで
日付と時刻 で
[時刻を自動的に設定する]をオフにします。
[日付と時刻を変更する]がクリックできるようになりますからこれをクリックして時刻を修正します。
終わったら[時刻を自動的に設定する]をオンにします。

Windows10 バージョン1903
時刻と言語 で
[時刻を同期する]の項目の[今すぐ同期]ボタンをクリックする。

X 有線化
電磁波の影響を管理人も確認しましたので、Wifi使用の方には、有線ケーブルへの切り替えをお願いしています。最近のアパートは、有線によるネット接続の環境が整備されています。有線LANアダプターを使うだけで簡単に切り替えができます。それにより測定器の設置場所の制約が生じますが、概して部屋の内側に設置されているモジュラージャックに近いところに測定器を置いても空間線量率が大きく下がることはありません。ガンマ線は部屋の内部まで通っているのです。

有線LANアダプターは、高いものから安いものまでいろいろありますが、安いものの中にはWindowsに対応するドライバーが含まれていないものもあります。Windowsのバージョンによって異なるようです。アンドロイド用の有線LANアダプターが比較的安価で売られていますが、これも機械によっては動いたり、動かなかったりします。
https://drive.google.com/file/d/1W45Fiy1Ei_-6TrCTec2v24fKnsZNX9RV/view?usp=sharing

ドライバーが必要なアダプターも使えるように事前にインストールするようにしています。
モバイルルーターをお使いの場合は、使用機器の状況を伺い対策を助言しています。電磁波の害を許容範囲とお考えならWifiを使い続けたらよろしいです。

Y 電圧低下防止策
スティックパソコンにGC10、有線LANアダプター、マウスと三つもつなぐと電流が弱まり、GC10が稼働しないことがあります。電気の消費が大きいのはマウス、その次が有線LANアダプターになりましょうか。そもそもGC10、有線LANアダプター、マウスと三つも同時につなげませんが、GC10のケーブルを外すと再起動しないといけなくなりますのでマウスをつなぐときは有線LANアダプターを外してマウスをつなぎます。マウスと有線LANアダプターは、つないだ時だけ作動し、いったん切っても復帰に問題が生ずることはありません。

三つを同時につなぐこともできますが、セルフパワーUSBハブという器具が必要です。バスパワーですとスティックパソコンでは電流不足で安定しない場合が多いです。

Z ソフトのアブデート
Windows OSについては、極力バージョン1903へのアプデートを図っています。それにより再起動が少なくなることが期待できるためです。

なお、最近、一部の測定ポイントではSTK1という古い機種を使っています。この機種は1903へのアブデートができません。1803または1809で使い続けます。セキュリティ関係の更新は行われます。

ShareXについては、最新の12.4.1へ切り替えつつあります。ShareXの画像送信先については、時に勝手に変わって所定のサーバーに送られないトラブルが発生することがありましたが、順調なものの設定ファイルを他のパソコンにも適用することにした結果、そのトラブルは減っています。ほぼ見かけません。

もし、送信しないなどのトラブルの場合は次の個所を確認してください。

画面右下のヘの字を左クリック、ShareXのマークを右クリックでトップ画面が開きます。
ShareXのトップ画面を開けて、Histryを見ます。ここに送信履歴が記録されています。
送り先がおかしくなっていないか見てください。

おかしいときは設定ファイルを入れ替えていただくことがあります。
application setting を開けて importです。
設定ファイルはこちらから最も安定したもののコピーをお送りします。

空間線量率リアルタイム測定送信システムについては、システム開発は一区切りです。

\ 設置場所の変更
屋外に置く前提であれば
測定器、スティックパソコン、モバイルルーターの組み合わせが使えます。(Wifi使用です)

これにソーラー電池を加えれば、家庭用電源のない場所にも設置できます。いずれも直流5Vを使用します。

屋内設置の場合は(家庭用100V電源が使えれば有線LAN方式に準ずるものとして)
測定器、スティックパソコン、据え置き型LTEルーターの組み合わせが使えます。この方式は実地テストに入りました。

] グラフの表示箇所
スティクパソコンを交換すると機械の名前が変わります。機械ごとのグラフは次のページですべて見ることができます。
空間線量率測定値
このページでは、そのスティックパソコンがどこにあろうと名前に応じた最新(最終)のグラフを表示しています。

一方、

ずくなしの冷や水 リアルタイム空間線量率のぺージは、その時点で稼働中のスティックパソコンが送り出した画像を設置場所に合わせて表示しています。こちらの更新は時に遅れることがあります。

自分たちで空間線量率を測ろう会 リアルタイム空間線量率 全国は、その時点で稼働中の測定点を一覧形式にまとめています。

東北・新潟
千葉
東京・東海
中京・中国
四国・九州・沖縄
は、画像キャプチャー用のサイトです。このサイトの画像を1時間に1回を目安にキャプチャーし保存しています。


これまでスティックパソコン交換の際には機械番号をお知らせしていませんでしたが、有線接続の場合にはモニターを使わない場合もあり、起動画面で機械番号を確認できない場合もありますので、新しい機械の送付の際に機械番号をお知らせします。

Ⅺ 設置後の立ち上がり時
このシステムでは最小限の操作で済むように極力自動化しています。
1 グラフ描画、送信、位置指定のソフトは、スタートアップに入れてあり、電源オンと同時に起動します。それぞれが立ち上がるまでに少し時間がかかります。
2 ShareXのキャプチャー画面の指定は、ShareXが記憶しています。送信間隔も同じです。
3 サーバーの送信先は、スティックパソコンごとに指定してあります。
4 有線LANアダプター使用の場合、接続して電源を入れるだけで足ります。操作は必要ありません。最初にネットワークの中で認識できるようにするかどうか聞いてきますが、はいでもいいえでも、どちらでも構いません。クリックしなければひとりでに消えます。

Ⅻ 機械の温度上昇
気温が上がってきました。スティックパソコンの温度管理については、次の点にご留意ください。

スティックパソコンは、ソフトのダウンロード、インストール時でなければCPUも稼働が少なく、熱もわずかしか発しません。そのため、平常時はそんなに熱くなりません。

もし、触って熱い!と感じるようであれば、それは何かインストールの作業をしています。毎月セキュリティ関係のソフトの追加がありますが、これは短時間で終わります。

触って熱い!と感じることが多ければ、スティックパソコンを取り替えます。新しく配布したスティックパソコンは、原則として1903をインストールしてありますので、大きな機能更新のためのソフトイン下ストールはありません。(ただ、2019/8〜9は結構追加の更新がありました。)

念のため、スティックパソコンは、空中につるす形で設置してください。何も接触しているものがなければ熱を帯びても火災の心配はいりません。過熱すればパソコンが壊れて電気が止まります。管理人は、レジャー用の樹脂製の椅子の周りにスティックパソコンが垂れ下がるような形で設置しています。

13 グラフ描画ソフト、GC10モニターがおかしくなり再インストールをする方法(再掲)

GC10のWindowを×印を押して消します。

EXPLORERでダウンロードのフォルダーを開き、GC10のフォルダーのジッパーのないものを削除します。

次にジッパーのあるものをクリックして、EXPLORERの画面の上にある「すべて解凍」を指定します。

解凍された新しいフォルダーにある放射能マークをクリックして動かします。このソフトは、スティックパソコンを起動するごとにスタートアップから自動的に起動します。(上の方法でやればGC10のフォルダー名称が変わりませんのでスタートアップもショートカットもそのまま機能します)

再起動で確かめてください。

タブレットパソコンを使用する場合などシステムの中にバッテリーを内蔵する機器が組み込まれているときは、バッテリーの残量が大きく低下しないように留意してください。電圧低下がシステム全体の機能停止につながります。

サーバーから取り出したグラフがいつまでも更新されない場合、次の原因が考えられます。
GC10の稼働が止まっている。GC10の液晶モニタを見てください。

GC10モニターソフトの動きがおかしい。スティックパソコンを再起動してください。

ShareXのHistryを確認してください。ShareXのメイン画面にHistryという項目があり、これを開けると直前までの送信状況がわかります。

送信が不成功になっていれば、アダプター以降のネット接続のどこかに問題があることになります。

2019/8/22、高度なシステムの全体点検調整を行いました。小型モニターが映らなくなったという不調です。

(1) 小型モニターにつなぐ。NO Signalの表示。ケーブルを交換してもダメ

(2) 手元のモニターにつなぐ。GC10グラフソフトは起動しており、グラフを描画しているが、モニター画面の全体的な大きさ、配置がおかしい。

(3) 画像が送信されていない。モバイルルーターのSSIDが入力されていない。モバイルルーターから見ると、接続機器ゼロ。(SSIDが入力されていなかったのはモニターが映らなかったため)

(4) 有線LANアダプターをつなぐ。画像送信。送信された画像は正常。

(5) スティックパソコン再起動、画面の変調は直る。

(6) モバイルルーターのSSID入力、双方で認識。有線LANを止める。
モバイルルーター経由アプロードOK。モバイルルーターは順調だが、電磁波測定器を近づけると高周波の警報が鳴り続ける。やはり離しておくことが必要。

(7) 液晶モニターが不調
HDMI入力不良
VGAアダプターを使ってVGA経由でも改善せず
モニターの設定をリセット、原因は、モニターの左端「PC/AVボタンの選択」が変更になっていた。ケーブルは異常なし。

(8) 再起動、GC10ソフトのWindowの大きさも回復。
画面がおかしいときは様子を見ながら何度か再起動。小型液晶モニターの画面の画素にスティックパソコンが対応していないこともあるための現象の模様。

小型モニターは、衝撃に弱いので注意。

(9) GC10Aのケーブル根元が危うくなっているので別のものと交換

管理者のノートパソコンを使ったシステム試験
スティックパソコンよりも安定している感がある。

ただ、メールなど他の用途にも使っている場合は、その間のグラフ送信を止める必要がある。さもないと書きかけのメールの内容がアプロードされる恐れ。

ShareXのオートキャプチャーを一時止めればよい。Start、Stopボタンを切り替える。GC10Aのデータ処理は継続する。デュアルディスプレイにする方法を検討予定。

・・・・・・

最近Windowsの更新が多いなあ、と思っていましたが不備に対応するための緊急アプデイトがあったようです。

リモートディスクトップの命令で特殊なものを送ることにより、管理者権限でそのパソコンを自由自在に扱えることになるという危険が確認され、緊急アプデイトが行われています。最新のアプデイトを行うとリスクは排除されるそうです。

スティックパソコンは、Windows10 Home エディションですからリモートデスクトップをサポートしていない、リモートデスクトップの機能は使えないはずですが、念のため次の確認をお願いします。

Windows10のバージョンにより適用されるアプデイトは異なります。お手元のスティックパソコンの大半は Windows10のバージョン1903になっており、1803が1台、1809が1台残っている可能性があります。(アプデイトが進んでいなければ)

ハードは下の表にある "32-bit system "ですからバージョンごとに次の更新がインストールされていればOKです。



最新のアプデイトが適用されているかは、次のページでわかります。管理人の常用パソコンです。上の表の黄色で囲んだところがインストールされています。


これを見るには、歯車印 → 更新とセキュリティ → Windows Update と進みます。更新の履歴を表示する で上のリストが表示されます。



該当するアプデイトがない場合は、更新プログラムのチェックをクリックし、更新を促してください。

手元のスティックパソコンの1809版では、8/14にKB4511553がインストールされています。

マイクロソフトからの通知
CVE-2019-1181 | リモート デスクトップ サービスのリモートでコードが実行される脆弱性

このページの左側にある製品のWindows OSに応じて記事の欄にある番号の更新がインストールされているかを調べ、イントールされていなければ、更新を促します。

ご自分のパソコンのハードやOSがわからない場合は次のようにして調べます。歯車印 →Windowsの設定で システム を選択→ バージョン情報

posted by ZUKUNASHI at 13:05| Comment(1) | 日記

2019年07月16日

天気回復か 2019/7/4〜7/16 各地でベータ線量が増加

2019/7/4午後、降雨域が南下し、西日本にも晴天が広がっています。茨城県北部といわき市はまだ雨が残っているようです。

※ pure white @shira_ju氏の2019/7/6のツイート
最近、家の周りの線量が明らかに高いです…
6月中旬までは、0.05〜0.07μ㏜/hだったのが、最近は余裕で0.1〜0.15μ㏜/hいきます。ここは東海地方ですよ…
これはやはり、F1の5、6号機から漏れている放射性物質のせいでしょうか…。

・・・引用終わり・・・

東海地方から中京までガンマ線はそれほど増えていないようです。どんな測定器かわかりませんが、ベータ線を検出するものならベータ線が増えている可能性も。


濃度グラフの目盛りは対数










2019/1月末にもこの調査結果を参照していました。
2019/1/30から2/1まで。ここではアルファ線とベータ線も測定しています。


次はベータ線量ですが、1/31ではなくて1/30にピークがあります。


思いついて伊方原発のモニタリングデータを探しましたが、グロスベータのデータがありませんでした。

2019年02月11日
別府で0.33Bq/cm2のβ線観測


2017年09月30日
2010年問題の手がかりになるか

2019/7/14午後、南魚沼市で+0.04μSv/h。他はそれほど上がっていないのにここだけ大きく上がっています。


2019/7/16、不純な天候が続いています。三陸地方ではヤマセが吹いてスイカや果物に甘みが乗らないと聞きます。F1も霧がかかることが多いです。7/16は東京地方は一時雨の予想なのにところにより強い雨。天気予報が当たりません。
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | 日記