Covid19: ずくなしの冷や水

2022年10月22日

Tollovid エノビッド



ノババックスブースターから1ヶ月後、#tollovidを1日12錠服用中、#enovidを被爆前後に使用後、コビドを発症しました。今のところかなり症状が出ている。これで楽になるのかもしれないけど、感染症に効くものってないんだよなぁ
posted by ZUKUNASHI at 17:44| Comment(0) | Covid19

コロナとあなたの心臓









posted by ZUKUNASHI at 16:22| Comment(0) | Covid19

ファウチ 防戦に必死だが次々と事実が

速報: 裁判所は、アンソニー・ファウチ博士、元ホワイトハウス報道官ジェニファー・プサキ、FBI 監督官の解任要求を認めました
言論の自由を抑圧するためのソーシャルメディアとの共謀に関連する特別捜査官のエルビスチャン、およびその他のバイデン政権の役人。
Rand Paul: We've Reconfirmed That Dr. Fauci Has Been Lying To Us About Gain-Of-Function Research
Sen. Rand Paul (R-KY) on Wednesday said Dr. Anthony Fauci has been "lying to us" about the origins of coronavirus on 'Jesse Watters Primetime' following a Senate hearing on gain-of-function research.


SEN. RAND PAUL: We learned that Dr. Fauci has been lying to us. The three scientists agreed that this was dangerous research. Two of the three absolutely said it was gain-of-function. The third said it was dangerous research and should have gone before a committee. When Dr. Fauci said, "Oh, we’ve reviewed this and the experts have looked at this, and said it’s not gain-of-function," even that wasn’t true. There was a committee that was formed after 2017 to look at this dangerous research. They didn't look at this research at all because they never reviewed it. So no one reviewed this to say it wasn't gain-of-function research. They didn't review it, period.

We also learned from the scientists today that the committee that is supposed to review these viruses is secret. We don't know the names. We don't know that they ever meet, and we don't have any records of their meetings. It's top-secret. Congress is not allowed to know. So whether the committee actually exists, we're uncertain. We do know that they've met three times and there are thousands of gain-of-function research proposals. They've only met three times, they’ve only reviewed three projects. So we learned a lot of things, but I think we reconfirmed that Dr. Fauci is not being honest with us. Yes, the NIH funded gain-of-function research. Yes, it was dangerous. And yes, nobody looked over this. Nobody reviewed the research. Yes, a million people died. And there still seems to be a significant lack of curiosity on the part of Democrats.


ランド・ポール ファウシ博士が機能獲得研究に関して嘘をついていたことを再確認した
ランド・ポール上院議員(共和)は、機能獲得研究についての上院公聴会の後、「Jesse Watters Primetime」で、アンソニー・ファウチ博士がコロナウイルスの起源について「私たちに嘘をついてきた」と述べた。

SEN. ランド・ポール:我々はファウチ博士が我々に嘘をついていることを知った。3人の科学者は、これが危険な研究であることに同意しました。3人のうち2人は絶対に機能獲得型だと言った。3人目は、危険な研究であり、委員会にかけるべきであると言いました。ファウシ博士が「ああ、我々はこれを見直し、専門家もこれを見て、機能獲得ではないと言っている」と言ったが、それすら真実ではなかった。この危険な研究を見るために、2017年以降に結成された委員会がありました。彼らはこの研究を見直さなかったので、全く見ていないのです。つまり、機能獲得研究でないと言うために、誰もこれを審査しなかったのです。彼らは審査しなかったのです、以上。

また、今日、科学者から、これらのウイルスを審査することになっている委員会が秘密であることを知りました。我々はその名前を知りません。委員会が開かれたことも、その記録もない。トップシークレットなのです。議会が知ることは許されない。だから、委員会が実際に存在するのかどうか、私たちにはわからない。しかし、3回開催されたことと、何千もの機能性向上研究提案があることは分かっています。たった3回の会合で、たった3つのプロジェクトしか審査していないのです。私たちは多くのことを学びましたが、ファウシ博士が私たちに対して誠実でないことを再確認したように思います。そう、NIHは機能獲得研究に資金を提供していたのです。そう、それは危険なことだった。そして、そうです、誰もこれに目を通しませんでした。誰も研究を見直さなかった。そうです、100万人が死にました。そして、民主党にはまだ好奇心が著しく欠如しているようです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

・・・これまでの論議を参照しないと意味がよくわかりませんが、ファウチの嘘は以前から指摘されています。

White House coronavirus czar resigns
Dr. Anthony Fauci said he will “continue to advance science and public health”
Dr. Anthony Fauci announced on Monday that he will step down as director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) and as President Joe Biden’s chief medical advisor. Fauci, the architect of Biden’s coronavirus policies, had earlier said he would resign before the end of Biden’s term in office.

In a statement released by the NIAID, Fauci said that he will leave his positions in December, having served for 38 years as head of the NIAID and as Biden’s chief medical advisor since the start of the president’s term last January.

Fauci said that while he will leave these posts, he is “not retiring.” The 81-year-old doctor said that he would “continue to advance science and public health and to inspire and mentor the next generation of scientific leaders.”

Overseeing Biden’s response to Covid-19 and advising former President Donald Trump on the virus, Fauci became a deeply divisive figure, with liberals and Democrats viewing him as a representative of science itself, and Republicans and conservatives seeing his vaccine and mask mandates as tyrannical.

Fauci’s public statements did little to allay the concerns of the right, with the doctor once accusing his critics of “criticizing science because I represent science.”

His admission that he misled the public about how many Americans would need to get vaccinated to achieve “herd immunity” furthered this mistrust.

Fauci himself tested positive in June, despite having received four vaccine doses. He tested positive a second time two weeks later in what he called a ‘rebound’ case, experienced by some who take a course of Pfizer’s antiviral drug Paxlovid.

As he announced his resignation, data from the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) showed the US recording a weekly average of just under 94,000 cases of Covid-19 per day, down from a spike of 475,000 in January but higher than at any point during the summer months of 2020 and 2021.

Deaths linked to the virus have fallen from an average of more than 2,700 in January to 392 last week, roughly on par with figures from the previous two summers.

Fauci’s resignation was not completely unexpected. In an interview with Politico last month, the doctor said that he would leave before the end of Biden’s first term in office, in January 2025. Describing the current state of the virus in the US as “steady,” Fauci predicted that Americans would in the future be asked to take yearly or twice-yearly vaccine shots in a bid to keep it at bay.
アンソニー・ファウチ博士は、"科学と公衆衛生を発展させ続ける "と述べた。
アンソニー・ファウチ博士は月曜日、国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長とジョー・バイデン大統領の最高医学顧問を辞任すると発表した。バイデン大統領のコロナウイルス政策の立役者であるファウチ氏は、以前からバイデン大統領の任期終了前に辞任すると述べていた。

NIAIDが発表した声明の中で、ファウチは、昨年1月の大統領の任期開始以来、38年間NIAIDのトップとして、またバイデンの最高医学顧問としてその職を12月に離れると述べている。

ファウチは、これらのポストを去るとはいえ、"引退 "するわけではない、と述べた。81歳の医師は、"科学と公衆衛生を推進し、次世代の科学的リーダーを鼓舞し指導し続ける "と述べています。

バイデンのコビッド19への対応を監督し、ドナルド・トランプ前大統領にウイルスについて助言したファウチは、リベラル派と民主党が彼を科学そのものの代表と見なし、共和党と保守派が彼のワクチンとマスクの義務付けを横暴と見て、深く分裂する人物になった。

ファウチの発言は、右派の懸念を払拭するものではなく、「私が科学を代表しているから、科学を批判している」と批判者を非難したこともある。

また、「群れ免疫」を獲得するためには、どれだけのアメリカ人がワクチンを接種する必要があるのかについて、自分が誤解していたことを認めたことも、この不信感をさらに高めることになった。

ファウチ自身は、6月に4回のワクチン接種を受けたにもかかわらず、陽性と判定された。これはファイザー社の抗ウイルス剤パックスロビドを服用した人が経験する "リバウンド "と呼ばれるもので、2週間後に2回目の陽性反応が出た。

彼が辞任を発表したとき、米国疾病対策予防センター(CDC)のデータによると、米国では1日あたり週平均94,000人弱のCovid-19感染者を記録し、1月に急増した475,000人から減少したものの、2020年と2021年の夏のどの時期よりも高い数値を示しています。

ウイルスに関連する死亡者数は、1月の平均2,700人以上から先週は392人に減少し、過去2年の夏の数字とほぼ同程度となっている。

ファウチの辞任は完全に予想外だったわけではない。先月行われたPoliticoとのインタビューで、同医師はバイデン氏の最初の任期が終わる2025年1月までに退任すると述べていた。ファウチは、米国におけるウイルスの現状を「安定的」と表現し、将来的には米国人はウイルスを抑えるために、毎年あるいは年2回のワクチン注射を求められるようになるだろうと予測している。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。





Fauci doubled his wealth during Covid-19 – report
The top US health official profited handsomely amid the pandemic, financial disclosures appear to show
US chief medical officer Anthony Fauci’s net worth surged to $12.6 million in 2021, nearly twice the $7.6 million it had been in 2019, watchdog group OpenTheBooks revealed on Friday, citing financial disclosures it obtained from Fauci’s employer, the National Institutes of Health.

Already the highest-paid employee in the federal government before the pandemic as director of the National Institutes for Allergies and Infectious Diseases, Fauci pulled down a salary of $456,000 in 2021 and $480,000 in 2022. However, that paycheck represents just a fraction of the money he made while his Covid-19 policies helped push the US economy into a recession.

The disclosures show multiple trusts, retirement accounts, and other financial assets, all of which seem to have appreciated in value during the pandemic even as much of the real economy suffered. Book royalties and the $1 million Dan David Prize from Israel, as well as appearances and speaking fees, round out Fauci’s Covid-19 windfall. When OpenTheBooks asked the NIH to see all royalties paid to the doctor, however, the document they received – which would have shown exactly how much Fauci was financially benefiting from drugs and other patents – was reportedly heavily redacted.

“While Dr. Fauci has been a government bureaucrat for more than 55 years, his household net worth skyrocketed during the pandemic,” OpenTheBooks CEO Adam Andrzejewski told Fox News, attributing the doctor's wealth spurt to “career-end salary spiking, lucrative cash prizes awarded by nonprofit organizations around the world, and an ever-larger investment portfolio.”

Fauci has been criticized throughout the pandemic for allegedly profiting off the pricey antiviral medication remdesivir, which he proclaimed the standard for treating Covid-19 despite lackluster clinical trial results and having been against the initial advice of the World Health Organization.

Fauci appears to dislike discussing his finances in public, having been caught on a hot mic describing Republican Senator Roger Marshall as a “moron” for merely asking to see what were supposed to be publicly available documents. The Kansas senator, who is also a doctor, asked to see Fauci’s financials during a January hearing only for the NIAID chief to insist they were already public – a statement that was not true at the time. OpenTheBooks sued for access in January and only recently received the documents it posted on Friday.

Following the hearing, Marshall introduced the FAUCI Act (Financial Accountability for Uniquely Compensated Individuals) to require that government employees’ financial disclosures be publicly accessible on the Office of Government Ethics website.
米国の最高医学責任者アンソニー・ファウチの純資産が2021年には1260万ドルに急増し、2019年の760万ドルから約2倍になったことを、監視団体OpenTheBooksがファウチの雇用主である国立衛生研究所から入手した財務情報開示資料を引用して、金曜日に明らかにしました。

国立アレルギー・感染症研究所の所長としてパンデミック前からすでに連邦政府で最も高給取りだったファウチは、2021年に45万6000ドル、2022年に48万ドルの給与を引き下ろした。しかし、この給料は、彼のCovid-19政策が米国経済を不況に追い込む間に彼が稼いだ金のほんの一部に過ぎない。

開示された資料には、複数の信託、退職金口座、その他の金融資産が示されており、これらはすべて、実体経済の多くが苦しんでいたにもかかわらず、パンデミックの間に価値を高めたようだ。本の印税とイスラエルからの100万ドルのダン・デービッド賞、そして出演料と講演料が、ファウチのCovid-19の大金持ちを完成させた。しかし、OpenTheBooksがNIHにファウチ博士に支払われたすべてのロイヤリティを見るよう求めたところ、彼らが受け取った文書-ファウチが医薬品やその他の特許からどれだけの金銭的利益を得ているかが正確にわかるはず-は大幅に編集されていたことが報告されています。

「ファウチ博士は55年以上にわたって政府官僚を務めてきましたが、彼の家計の純資産はパンデミックの間に急増しました。" OpenTheBooks CEOのAdam AndrzejewskiはFox Newsに、博士の富の急増の原因を "キャリアエンド給与の急上昇、世界中の非営利組織から授与される有利な賞金、これまで以上に大きな投資ポートフォリオ" と説明しました。

ファウチは、臨床試験の結果が芳しくなく、世界保健機構の最初の助言に反していたにもかかわらず、コビッド19の治療の標準と宣言した高価な抗ウイルス薬レムデシビルで利益を得たとされ、パンデミックの間ずっと批判されてきた。

ファウチは公の場で財政を論じることを嫌うようで、公開されているはずの文書の閲覧を求めただけで共和党のロジャー・マーシャル上院議員を「マヌケ」と評したことがホットマイクでキャッチされたことがある。医師でもあるカンザス州選出のこの上院議員は、1月の公聴会でファウシ氏の財務内容の閲覧を求めたが、NIAIDの責任者はすでに公開されていると言い張った--この発言は当時は事実ではなかった。OpenTheBooksは1月に閲覧を求めて提訴し、最近になってようやく金曜日に掲載した文書を受け取りました。

公聴会の後、マーシャル氏は、政府職員の財務情報開示を政府倫理局のウェブサイトで一般公開することを義務付けるFAUCI法(Financial Accountability for Uniquely Compensated Individuals)を提出しました。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


Fauci forced to testify on social media censorship
Two Republican-led states have accused the federal government of working with social media firms to “censor free speech”
The White House’s chief medical advisor, Anthony Fauci, and other senior officials are set to be deposed under oath as part of a lawsuit claiming the government worked alongside social media platforms to create a “massive censorship enterprise” throughout the Covid-19 outbreak.

In a Friday ruling, Judge Terry Doughty granted a joint request from the attorneys general of Missouri and Louisiana to compel several current and former officials to testify in the suit, among them Fauci, ex-White House press secretary Jen Psaki, Director of White House Digital Strategy Rob Flaherty, Surgeon General Vivek Murthy and two high-level figures from the FBI and Department of Homeland Security (DHS).

“After finding documentation of a collusive relationship between the [Joe] Biden administration and social media companies to censor free speech, we immediately filed a motion to get these officials under oath,” Missouri AG Eric Schmitt said in a statement. “It is high time we shine a light on this censorship enterprise and force these officials to come clean to the American people, and this ruling will allow us to do just that. We’ll keep pressing for the truth.”

While the defense insisted that senior officials can only be called to testify about their actions in office under “extraordinary circumstances,” Judge Doughty said the personnel in question met that standard. He added that the two GOP-led states “have proven that Dr. Fauci has personal knowledge about the issue concerning censorship across social media as it related to Covid-19,” ordering him to cooperate with a deposition.

Requests to depose the other officials were granted on similar grounds, as the judge concluded all either held direct meetings with social media firms about the purported censorship, or had close knowledge of those discussions.

Jen Easterly, who heads up the DHS’s Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) was also ordered to testify. She played a “central role” in “flagging misinformation to social-media companies for censorship,” the plaintiffs argued, describing the cyber agency the “nerve center” of “the federal government’s efforts to censor social media users.” The same official was said to be involved in the DHS’ now-defunct ‘Disinformation Governance Board’ – dubbed the ‘Ministry of Truth’ by critics – which would have created a new mechanism to facilitate cooperation between the White House and social media sites.

Initially filed last May by Schmitt and Louisiana Attorney General Jeff Landry, the lawsuit claims the federal government encouraged online platforms to censor, delete or ban certain speech about the pandemic, including discussion of the “lab leak theory of Covid-19’s origin,” as well as questions about the effectiveness of face masks, vaccines or lockdown policies, among other issues. The two AGs have largely relied on documents obtained through subpoenas of YouTube, Twitter and Facebook’s parent firm Meta, which detail regular communications between the government and social media sites.

The White House, as well as the eight officials ordered to testify, have yet to comment on Friday’s ruling. The depositions must take place within 30 days of the order, though it remains unclear whether the defense intends to appeal the decision.
posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(2) | Covid19

2022年10月21日

mRNAでなぜ不正出血が起きるのか

posted by ZUKUNASHI at 00:25| Comment(0) | Covid19

2022年10月20日

エボラとサル痘感染疑いと称してマスク着用


今日、CVSに行った。薬剤師も常連客も、わざわざマスクをしている人はいない。

なぜまだマスクをしているのかと聞かれたよ。エボラ出血熱とサル痘のハイブリッドなんだけど、医者から外に出て何をやっても大丈夫だと言われたんだ」と言う。

彼は静かに後ずさりして、それは私に伝染するのですか?と聞いた。

私は、新しいSARSの亜種と同じように、非常に感染力の強い病気だと言いました。
SARSってなんだ?
私は「COVID(コビド)」というものを知っているかと言いました。

正直なところ、SARSで脳に損傷を受けた人間がマスクをつけても大丈夫だと思うのは、薬局で薬をもらっている病人の周りだけです。いや、そうではない。 私たちは、最も狂った妄想的で利己的な、そして率直に言って邪悪な社会に生きている。

私は、永久的な脳の損傷を受けても大丈夫だとは決して思っていません。臓器損傷と自業自得の障害...ある夜、アップルビーズでチキンテンディーを食べたかったから.

次は、医師が子供にワクチンを打つところのようです。この医師からはウィスキーのワンショットももらいたくないなどとコメントがついています。医師がマスクをしていません。


なぜマスクをしているのかと聞かれたら、「コビドに感染して咳が出るから」と答えています。

コビドを使わないでください。 もっと楽しい怖い病気を使ってください。 私を信じて、それは魔法のように効きます。

・・・・・・

posted by ZUKUNASHI at 20:01| Comment(0) | Covid19

コロナ 海外では様々な変異株 制御不能になっている

感染者数は、全数把握を放棄しましたから今の数字を評価するかが難しいですが、最近時だけを見ても増えていますね。

秋田、青森、北海道は警戒が緩んでいるのではないでしょうか。増え始めるとグーンと増えます。埋もれた感染者が多いのではないかと思います。

海外ではいろいろな変異株が見つかっており、それぞれ特性が異なるようです。日本では医療関係者、研究者からの情報発信はあるのでしようか。


非常に気になる#COVID #亜種 の数が把握できなくなった。
SARS-CoV-2は完全に制御不能に陥っている。
ウイルスは最も危険で強毒な組み合わせ(多数)へと進化を加速している。
過去の医薬品はすべて時代遅れになりつつある。

・・・この方は、バイオサイエンス企業のCEOです。

パリ最新情報「新しいコロナ派生株『BQ.1.1』、欧州で拡大中。まもなくフランスで優勢へと報道」 Posted on 2022/10/20
posted by ZUKUNASHI at 18:52| Comment(0) | Covid19

this is a global scandal



posted by ZUKUNASHI at 17:04| Comment(0) | Covid19

空気感染するウイルスから身を守ることができない10のこと


スレッド
https://twitter.com/1goodtern/status/1582790216728817664
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | Covid19

2022年10月19日

ファイザーの隠蔽と各国政府の嘘が次々明らかに



posted by ZUKUNASHI at 21:18| Comment(0) | Covid19

米国の科学者が致死的な新型コビド変異体を作成

US scientists create new lethal Covid variant
The lab team behind the mutant variant was accused of “playing with fire”
Scientists at Boston University claim to have created a new variant of Covid-19 with an 80% mortality rate, by combining the highly-transmissible Omicron variant of the coronavirus with the original Wuhan strain. The research, which echoes experiments thought to have created the virus in the first place, has caused outrage.

In a research paper published last week, the scientists explained that they isolated the spike protein of the Omicron variant and combined it with the “backbone” of the original strain that circulated in early 2020. This created a virus that “robustly escapes vaccine-induced…immunity” and inflicts “serious disease” on laboratory mice, 80% of whom died during testing, the paper stated.

While the team admitted that their mutant strain would likely be less deadly in humans than mice, they found that it produced five times as many virus particles in lab-grown human lung cells when compared to the Omicron variant.

The paper has yet to be peer reviewed.

News of the research caused outrage online, as it is widely believed that similar ‘gain-of-function’ research – a term describing the alteration of a pathogen to enhance its potency – at the Wuhan Institute of Virology in China led to the global Covid-19 pandemic. The US funded such research at the Wuhan Institute, although it is still unclear whether the specific coronavirus that caused the pandemic originated in the lab.

“This should be totally forbidden, it’s playing with fire,” former Israel Institute for Biological Research head Shmuel Shapira said of the Boston experiments. “How many times did virologists say they were not making chimeric SARS viruses more deadly? How many???” reporter Paul Thaker tweeted.

The Boston team aren’t the only scientists returning to potentially dangerous research in the aftermath of the pandemic. EcoHealth Alliance, the private company responsible for much of the Wuhan Institute’s pre-2020 gain-of-function research, was awarded a $650,000 grant by the US last month to study “the potential for future bat coronavirus emergence in Myanmar, Laos, and Vietnam.”

この変異体の研究チームは "火遊び "と非難された。
ボストン大学の科学者は、感染力の強いオミクロン変異型コロナウイルスとオリジナルの武漢株を組み合わせることによって、80%の死亡率を持つ新しい変異型Covid-19を作り出したと主張しています。この研究は、そもそもウイルスを作り出したと考えられている実験と同じものであり、怒りを買っている。

先週発表された研究論文の中で、科学者たちは、オミクロン変種のスパイクタンパク質を分離し、2020年初頭に流通したオリジナル株の「バックボーン」と結合させたと説明している。この結果、「ワクチンによる免疫から強固に逃れ」、実験用マウスに「深刻な病気」を引き起こすウイルスが誕生し、その80%が実験中に死亡したと論文には書かれている。

研究チームは、この変異株はマウスよりもヒトでは致命的でない可能性が高いと認めたが、実験室で育てたヒト肺細胞では、オミクロン変異株と比較して5倍のウイルス粒子が生成されることを発見した。

この論文はまだ専門家による審査を受けていない。

というのも、中国の武漢ウイルス研究所で行われた同様の「機能獲得」研究(病原体を改変してその効力を高めることを表す言葉)が、Covid-19の世界的大流行につながったと広く信じられているためである。米国は武漢研究所のこのような研究に資金を提供したが、パンデミックを引き起こした特定のコロナウイルスがこの研究所から発生したものかどうかはまだ不明である。

イスラエル生物学研究所の元所長であるシュムール・シャピラ氏はボストンの実験について「これは完全に禁止されるべきで、火遊びである」と述べた。「ウイルス学者たちは何回キメラSARSウイルスをより致命的にしていないと言ったのだろうか?とレポーターのポール・テイカーはツイートしている。

パンデミックの余波で潜在的に危険な研究に戻ってきた科学者は、ボストンのチームだけではありません。武漢研究所の2020年以前の機能獲得研究の多くを担当した民間企業であるエコヘルス・アライアンスは、先月米国から65万ドルの助成金を受け、"ミャンマー、ラオス、ベトナムにおける将来のコウモリコロナウィルス出現の可能性 "を研究することになった。

・・・これからいくらでも変異ウィルスが現れるということになります。もはや個人で防護する以外に方法がない。中国は、新コロナウィルス出現の過程に一定の関与があると言わざるを得ない。武漢での迅速、大規模な対応はそれなりの危険性の認識があった。


posted by ZUKUNASHI at 12:38| Comment(0) | Covid19

超党派議員連盟ワクチン大議論会

posted by ZUKUNASHI at 10:21| Comment(0) | Covid19

2022年10月17日

マスクは継続使用 いずれ次の大波が来る

海外で続々と新コロナウィルスの変種が発見されています。致死性の高いものもあり、マスク着用の推奨を取りやめた国でもこれを復活しています。

欧州諸国では入院患者数が増加傾向。


Angama氏もマスクしています。
・・・・欧州にいるアジア系の学者か研究者の雰囲気です。髪もおかしくない。日本語、英語、ルーマニア語を使える。日本の企業に、支援するところは出てこないのかな。

https://twitter.com/COVIDnewsfast/status/1581642830950281218
The Minimizers Playbook: 2022 年を通して、SARS-CoV-2 を自然界の一部として受け入れるというこのキャンペーンの最終目標が正確に何に向かっているのかが明確になり始めていましたが、今では次に何が起こるのかが非常に明白になっています。  ・・・中略・・・
このスレッドがあなたを怖がらせたなら、ごめんなさい。これはまさに正直な真実です。物語とそれがどのように変化したかを見ているなら、彼らが世界を動かし続けるために私たち自身を犠牲にすることを望んでいることは明らかです。
SARS News Network (SNN) 風邪ひき@COVIDnewsfast
そして、SARS 2 のような巨大な病気について話しているとき、それは絶対に起こらないでしょう。それはディズニーから直接出てきた完全なおとぎ話です。専門家の意見に耳を傾け、また、科学が追いつくことができるように伝染を遅らせるまで、パンデミックを終わらせることはできません。
Chantal Renaud #LongCovid @Ninjazz636
残念ながら、政府やPHがこれを真剣に受け止める前に、経済にもっと大きな影響を与える必要があります。そして、それは起こります。時間の問題です。ますます多くの労働年齢の貢献者が死亡し、毎日障害者になっています。


予言。急速に出現する新奇な変種たちの中から、大規模な大量死の破滅的な新潮流が出現するだろう。それは、「もし」ではなく、「いつ」の問題である。命を救うために今すぐ行動を起こそう。 さもなければ、今日から「我々はこれを予測することができなかった」というスピーチをもっと書き始めることだ。

posted by ZUKUNASHI at 11:41| Comment(0) | Covid19

急死事例が続いている 突然の呼び出しに備えないと

Jess@MeetJess氏が最近の突然死の事例を収集してくれています。男女を問わず、若い方から壮年層が多いです。日本でも最近有名人の訃報が多いです。
身内に何があるかわかりません。呼び出しを受けたときにすぐに駆け付けられるようにカネと衣類を確認しておかなければなりません。まずは背広です。

カネはどれくらい用意して置かないといけない? それととにかく痩せること。

それぞれのツイートが別のスレッドにつながっています。どのスレッドも長いです。






ツイッターで「急死」で検索すると結構な数がヒットします。ワクチンとの関係を疑われているものが多い。

スレッド https://twitter.com/LauraMiers/status/1578784082049511435



・・・米国が特に多いということなのでしょうか。日本でも同じように起きている、あるいは起きるのでは?
posted by ZUKUNASHI at 07:37| Comment(0) | Covid19

2022年10月16日

BQ1 and BQ 11 Analysis








posted by ZUKUNASHI at 22:15| Comment(0) | Covid19

イスラエル保健省、流出したビデオが本物であることを確認、虚偽の声明を発表

次はエポックタイムスの記事。原則的に参照しないことにしていますが、どうも深刻な問題らしい。
Israeli Ministry of Health Confirms Leaked Video Is Real, Issues False Statements
Israel’s Ministry of Health has confirmed that a leaked video showing an expert warning the agency about potentially facing lawsuits over COVID-19 vaccine side effects is real, but issued false statements about the discussion.

Video footage recorded during a meeting held behind closed doors over the summer showed that experts hired to analyze post-vaccination adverse event reports said the analysis proved a causal relationship between some of the events and the vaccines and warned about presenting the data in a certain way in order to avoid lawsuits.

In an official report authorities released about two months later, in August, they said, “The report presents all the cases that were reported in close proximity to the receipt of the coronavirus vaccine, and does not necessarily indicate a causal relationship between receiving the vaccine and the reported phenomenon.”

The ministry, or MoH, repeatedly declined to comment to The Epoch Times about the video and also did not return queries from Yaffa Shir-Raz, a health journalist and professor who obtained the video from a source.

Officials present during the meeting also declined to comment or did not respond to comments and have not commented publicly on the situation.

An unnamed official at the MoH now says the video is legitimate. The remarks were made to Reuters, which posted a “fact check” on clips of the meeting that Shir-Raz has posted online and in social media posts sharing the clips.

The official did not address why key portions of the discussion were left out of the final report. The official asserted that all the data presented during the meeting appeared in the final report. The official also claimed that the clips were “taken out of context.”

“The meeting participants can confirm that the sections were taken out of context,” the official said. “The leaked clips were carefully selected and edited in a biased manner, so that their presentation deliberately omits the fact that this is a discussion about raw data that has not undergone any analysis or standardization, during an initial attempt by an assisting team to understand from epidemiological professionals how to proceed and analyze raw data correctly.”

Shir-Raz told The Epoch Times that she found it interesting that an anonymous MoH source responded to Reuters when the ministry would not respond to repeated requests from her.

“It is unfortunate that the Ministry of Health does not have enough courage to stand behind its response officially, and instead prefers to hide behind an anonymous responder,” she said in an email.

Falsehoods

The MoH official offered several falsehoods in their comments to Reuters.

The official falsely said, for instance, that the reports that were analyzed “cannot be verified,” when the reports were submitted to a new system that requires submitters to include information such as their name and a number from their citizenship certificate. The new system replaced an older system in December 2021 and the data was garnered through May 2022.

MoH also claimed that “there are no unknown side effects or new signals.”

But according to Sasha Zhurat, one of the presenters, that’s not true.

She said during the meeting that the data “allowed us to really identify new phenomena like tinnitus, like hypoesthesia and paresthesia” and that “we actually identified new phenomena that do not appear in the consumer brochure such as dizziness, tinnitus, hypoesthesia, paresthesia.”

Zhurat also pointed out that the brochure, handed to prospective vaccine recipients, listed certain durations for possible side effects.

The leaflet says the problems are “supposed to pass within a few days and we saw that this was not the case,” Zhurat said. Some problems lasted for more than a year, including menstrual irregularities, with no end in sight.

Zhurat declined to comment on the discussion, telling The Epoch Times in a Facebook message that she’s no longer part of the team analyzing the data.

Shir-Raz had said on Twitter that one of the meeting portions showed that only one of the four health maintenance organizations (HMOs) in Israel provided adverse event reports. MoH said that reports were received from all of the HMOs, or organizations that provide citizens with healthcare.

The HMOs have not responded to requests for comment.

During the meeting, presenters said that many of the reports came from Meuhedet, one of the HMOs. Maccabi, another, “did not send that much because … they collected phenomena by themselves and not through your form,” Maya Berlin, another member of the team said.

Dr. Mati Berkovitch, the leader of the team, said the point was “super important.” “This means that there are HMOs that keep the information close to their chest,” he said.
引用ここまで
イスラエル保健省、流出したビデオが本物であることを確認、虚偽の声明を発表
イスラエル保健省は、専門家がCOVID-19ワクチンの副作用について訴訟を起こされる可能性があると警告している流出ビデオが本物であることを確認しましたが、その議論について虚偽の声明を発表しました。

夏に非公開で行われた会議で記録されたビデオ映像では、ワクチン接種後の有害事象報告の分析を依頼された専門家が、分析により一部の事象とワクチンとの因果関係が証明されたと述べ、訴訟を避けるためにデータを特定の方法で提示することについて警告していることが示されています。

約2ヶ月後の8月に当局が発表した公式報告書では、"この報告書はコロナウイルスワクチンの受領に近接して報告されたすべての症例を紹介しており、ワクチンの受領と報告された現象との因果関係を必ずしも示していない "と述べている。

同省(MoH)は、このビデオについて、繰り返しエポックタイムズにコメントを拒否し、また、ある情報源からビデオを入手した保健ジャーナリストで教授のYaffa Shir-Raz氏からの問い合わせにも返答がなかったそうです。

会議に出席していた役人もコメントを拒否するか、コメントに応じず、この状況について公にはコメントしていない。

MoHの無名の関係者は現在、ビデオは正当なものであると述べている。この発言は、Shir-Razがオンラインやクリップを共有するソーシャルメディアの投稿に掲載した会議のクリップの「事実確認」を掲載したロイターに対してなされたものです。

この関係者は、議論の重要な部分が最終報告書から省かれた理由には言及しなかった。この関係者は、会議で発表されたデータはすべて最終報告書に記載されていると主張している。また、このクリップは「文脈から切り離されたもの」だとも主張している。

"会議参加者は、その部分が文脈から切り取られていることを確認できる "と、この関係者は述べた。"流出したクリップは、慎重に選択され、偏った方法で編集され、そのプレゼンテーションは、生データの正しい進め方と分析方法を疫学専門家から理解しようとする支援チームの最初の試みにおいて、何の分析も標準化もされていない生データについての議論であるという事実を意図的に省略しています。"

Shir-Razは、The Epoch Timesに、同省が彼女からの度重なる要求に応じないのに、匿名のMoH情報源がロイターに回答したことは、興味深いことであると話しました。

「保健省が公式に回答する勇気を持たず、匿名の回答者の後ろに隠れることを好むのは残念なことです」と、彼女は電子メールで述べた。

虚偽の事実

厚生省の担当者は、ロイターへのコメントでいくつかの虚偽を述べています。

例えば、この職員は、分析された報告書は、提出者に名前や市民権証明書の番号などの情報を含めることを要求する新しいシステムに提出されたのに、「検証することができない」と虚偽の陳述をした。新システムは2021年12月に旧システムに代わり、2022年5月までのデータを収集した。

MoHはまた、"未知の副作用や新たなシグナルはない "と主張した。

しかし、発表者の一人であるSasha Zhuratによると、それは真実ではない。

彼女は会議の中で、このデータによって "耳鳴り、感覚低下、知覚異常のような新しい現象を本当に確認することができた "と述べ、"めまい、耳鳴り、感覚低下、知覚異常など、消費者向けパンフレットには出てこない新しい現象を実際に確認した "と語った。

また、Zhurat氏は、ワクチンの接種予定者に手渡されたパンフレットには、起こりうる副作用について一定の期間が記載されていることを指摘した。

パンフレットには、「数日で治るはずの問題が、そうでないことがわかった」とZhuratは言った。生理不順など、1年以上続く問題もあり、終わりが見えなかった。

Zhurat氏はこの議論についてコメントを避け、The Epoch TimesのFacebookメッセージで、彼女はもうデータを分析するチームの一員ではないことを伝えました。

Shir-Raz氏はTwitterで、会議の内容の1つとして、イスラエルの4つの健康維持組織(HMO)のうち1つだけが有害事象の報告書を提供していることが示されていると述べていた。MoHは、すべてのHMO、つまり市民に医療を提供する組織から報告を受けたと述べた。

各HMOはコメントを求めても応じていない。

会議では、報告者の多くがHMOの1つであるMeuhedetから報告を受けていると述べた。もうひとつのMaccabiは、「...彼らは自分たちで現象を集め、あなたのフォームを通さないので、そんなに送ってこなかった」と、チームのもうひとりのメンバーであるMaya Berlinは言った。

チームのリーダーであるMati Berkovitch博士は、この指摘は "超重要 "であると述べている。"情報を胸に秘めるHMOが存在する "ということだ。
posted by ZUKUNASHI at 10:04| Comment(0) | Covid19

2022年10月15日

2年前に落下させて壊したタブレットを修理 もう1台にもひび

私の愛用のdtabは、3年ほど前に知人から2台まとめて譲渡してもらったものですが、気に入って愛用しています。この画面サイズですと携帯電話回線を使わずWifi専用も多いのですが、これは携帯電話回線が使えます。1台にロケットモバイルの神プランSIMを入れて使っています。

主に地図を参照するためで、地図の表示が遅いですが、使えます。それに最近は、Bluetoothの電波やwifiのアクセスポイントを調べたりする際に、このファーウェイのスマホは便利なのです。

2年前、ウォーキングの際に手に持っていたものをウィンドブレーカーのポケット入れてほかのことをしていたら、ポケットからはみ出て落下。表面のガラスがぐしゃぐしゃにひびが入ってしまいました。


細かいガラス片もありましたので、とりあえず稼働を確認し、表面にラップフィルムを張り付けて机の引き出しにしまい、2年が経ちました。

ガラスを交換してくれる業者がいることはわかりましたが、もう1台のタブロイドスマホを2年間使ってきました。

最近友人が100円ショップで買ったという画面カバーがはがれてきたというものですから見せてもらったら、カバーは樹脂製ですが、しっかりしている。

dtab用のカバーも通販で購入できます。割と厚みがあってしっかりと付着するようです。ラップフィルムの代わりにこのカバーを付けたらどうだろう、価格750円程度。

昨日、カバーを張り付けました。カバーが浮いてガラス片が出てきては大変ですから、周りをガムテープで縁取りすることにしました。今日、カレンダーを買いに行ったついでにホームセンターで半透明な養生テープを購入。そして縁の部分に張り付けたのが次の画像です。(前面)

ガラス面のひびはわかりますが、使えないことはない。

次の画像が裏側です。包帯だらけのことがひとわかりです。カメラのレンズ部分はふさいでいません。


これで世界に1台しかない私のタブレットスマホが出来上がりました。

機器の内部は今のところ支障がないです。Wifiも使えます。でも、写真を撮るときは裏側を相手に見せますから、すごい機械を使っていますねと驚かれるんでしょうね。

この絆創膏だらけのタブロイドは、MAZURというアルファ線も一部測れる放射線測定器のデータ取得用に使う予定です。 

・・・・

この記事を書いてから1年近く経過。数日前に使用中のDtabの画面下部にひびが入っていることに気づきました。手荒に扱った記憶もないが、リュックに入れているときにカメラの角でも当たったか。

そのままでも使えそうですが、さらにひびが広がらないようにカバーを取り付けることにしました。出費780円。

2台ともに4年前に入手しました。落として壊したのは私の不手際ですが、やはり4年も経つと支障が出てきますね。バッテリーが30%を切ると電源が落ちてしまうようになっています。スマホは安いものに限る!!

カバーが届き、貼り付けました。こちらは縁をガムテープで抑えなくても大丈夫のようです。

古いものは、養生テープがめくれてきた部分を強力なガムタープで貼り直しました。一面だけ茶色のいかにもガムテープ貼っていますという感じ。まあいいや。
posted by ZUKUNASHI at 16:32| Comment(0) | Covid19

2022年10月14日

ブラジルのワクチン支持者、4回目(ブースター2回目)とインフルワクチンを同時に接種突然死

posted by ZUKUNASHI at 21:15| Comment(0) | Covid19

失明

posted by ZUKUNASHI at 15:20| Comment(0) | Covid19

2022年10月13日

life expectancy in US came back to 26 years ago

posted by ZUKUNASHI at 22:48| Comment(0) | Covid19

2022年10月12日

Gryphon sub-strain (XBB) is more lethal during the acute phase




posted by ZUKUNASHI at 21:10| Comment(0) | Covid19