Covid19: ずくなしの冷や水

2022年10月31日

*私の緊急対策第3弾*

新コロナウィルス感染の害、ワクチンの弊害が強まっています。
息子に次のように連絡しました。

ツイッターを見ていると、ワクチン接種者に末期のがんが見つかり短期間に亡くなる人の例が伝えられています。

対策は、何かこれまでと異なる体調変化があったら、病院で検査を受けてください。

それに、気休め程度にしかならないけど、イベルメクチン服用者にがんが消える例があります。

週1回くらいをめどに、イベルメクチンを1錠12mg服用してください。

感染予防にもなるし、スパイクたんぱく質が増えるのを抑制する効果もある。

ワクチン後遺症の人に効果が認められています。

亜鉛、ビタミンDのサプリを呑んでください。Mgはスーパーににがりが売っていますのでこれを買って適宜。

亜鉛とMgは、視力の回復に役立ちます。

・・・・・

これだけです。ワクチンを追加で打つなとはもう書きませんでした。予防法もないので、あとは運次第ですね。

第2弾で書いたことは、次の動画【井上正康】打った人が逃げ切るための最善策で推奨されていることが含まれています。いろいろな対策で自分の免疫力を高めていく、それしかないようです。



納豆はやはり効果が大きいようです。
https://twitter.com/Papa_Cocoa_Milk/status/1577161647235694596
posted by ZUKUNASHI at 04:27| Comment(0) | Covid19

2022年10月30日

8 months to rebuild T-cell & B-cell count after mild to moderate COVID

posted by ZUKUNASHI at 21:43| Comment(0) | Covid19

2022年10月29日

感染から数か月または数年後に「突然死」する病原体ははるかに危険

人気のない意見:

急性死亡率が「低く」、伝染率が高く、体の中心部に慢性疾患を引き起こし、感染から数か月または数年後に「突然死」する病原体は、急性期でより多くの人を殺すウイルスよりもはるかに危険です.

・・・今のコロナがこれです。警戒が緩んで感染者が増えると急死者が増えると恐れています。
posted by ZUKUNASHI at 22:53| Comment(0) | Covid19

虫垂炎と盲腸癌 生存率は65%

posted by ZUKUNASHI at 14:51| Comment(0) | Covid19

2022年10月28日

The #BQ11 & #BQ1 variants huge surge.

posted by ZUKUNASHI at 21:10| Comment(0) | Covid19

日本では急死事例ではなく杖使用者の増加?


posted by ZUKUNASHI at 11:19| Comment(0) | Covid19

2022年10月27日

クルーズ船でコロナのクラスター

posted by ZUKUNASHI at 23:14| Comment(0) | Covid19

モデルナとファイザーの二価ブースターは、BA.4/BA.5 株に対する抗体レベルを上げることができなかった

posted by ZUKUNASHI at 14:02| Comment(0) | Covid19

2022年10月26日

ワクチンでここまで人が死んだら発狂するよ

posted by ZUKUNASHI at 22:29| Comment(0) | Covid19

感染の態様が変化し病態も変わってきているらしい


都道府県別に見た人口100万人当たりの新規死者数が時間の経過とともに大きく変わっています。
人口100万人当たりの新規死者数過去24日間


最近は北関東から東北、北海道の人口当たり死者が増加。秋田、青森、北海道、福島、群馬、栃木など。感染経路などを調べておかないと打つ手はありません。全数調査を止めたので感染拡大の態様が分からなくなっている? どこでも気が付いてみたらコロナ蔓延中ということが起こりえます。

最近のコロナはインフル並み? でも死者は多いです。

posted by ZUKUNASHI at 22:21| Comment(0) | Covid19

研究室で作られたCovid株が米国政府から注目される

Lab-made Covid strain gets attention from US government
The university behind a deadly SARS-CoV-2 hybrid claims it didn’t have to gain clearance from the authorities
The Boston University researchers who developed an unusually deadly strain of the virus that causes Covid-19 did not clear their endeavor with the National Institute of Allergy and Infectious Diseases, the agency claimed on Monday, announcing it would be seeking answers as to why it only learned of the experiment through media reports.

The original grant application did not specify that the work might involve gain-of-function-type research, NIAID microbiology and infectious diseases division director Emily Erbelding told STAT News, adding that none of the group’s progress reports mention this crucial detail. NIAID and its parent agency the National Institutes of Health partially funded the study.

Despite multiple NIAID and NIH grants listed in the preprint paper, however, director Ronald Corley of Boston University’s National Emerging Infectious Diseases Laboratories insisted on Tuesday that the school had paid for the research on its own. Corley argued the federal funding had merely gone toward developing a system that would later be used in the controversial work. Besides, he said, the work didn’t qualify as gain of function because the resulting strain had only killed 80% of the infected mice, while the original Wuhan strain of the virus had killed 100% of the mice it was tested on.

The researchers had created a hybrid of the original Wuhan strain of SARS-CoV-2 with the spike protein from the less-severe Omicron in an effort to discover whether the latter’s spike mutations were responsible for the milder illness experienced by those infected.

A gain-of-function experiment gone awry remains one of the main theories to explain the initial outbreak of Covid-19 in 2019, along with the theory that it originated from a bat at a Wuhan livestock market. However, there still has not been any investigation that would either confirm or deny any of the theories.

致死的なSARSとCoV-2の混成ウイルスを開発した大学が、当局の許可を得る必要はなかったと主張している。
Covid-19を引き起こすウイルスの異常な致死性株を開発したボストン大学の研究者は、その試みで国立アレルギー・感染症研究所の許可を得ていなかったと、同機関は月曜日に主張し、なぜメディアの報道を通じてのみその実験を知ったのかについて答えを求めると発表しました。

NIAIDの微生物学と感染症部門の責任者であるエミリー・アーベルディング氏はSTATニュースに対し、最初の助成金申請書には、この研究が機能獲得型の研究を含むかもしれないことは明記されておらず、グループの進捗報告書にはこの重要な詳細については何も書かれていない、と付け加えた。NIAIDとその親機関である米国国立衛生研究所は、この研究に部分的に資金を提供している。

しかし、ボストン大学のNational Emerging Infectious Diseases LaboratoriesのRonald Corley所長は、この論文の中で、NIAIDとNIHの複数の助成金が記載されているにもかかわらず、ボストン大学が独自に研究費を負担していると主張した。コーリー氏は、連邦政府からの資金援助は、後に論争の的になる研究に使われるシステムの開発に使われたに過ぎないと主張した。その上、武漢のオリジナル・ウイルスは100%殺したが、出来上がったウイルスは80%しか殺さなかったので、この研究は機能拡張とは言えないと言うのである。

研究者たちは、武漢のオリジナルSARS-CoV-2株に、重症度の低いOmicronのスパイクタンパク質を加えたハイブリッド株を作り、後者のスパイク変異が感染者の軽症化に関与しているかどうかを調べようとしたのである。

機能獲得実験の失敗は、武漢の家畜市場でコウモリに由来するという説とともに、2019年にCovid-19が最初に発生したことを説明する主要な説の1つであり続けています。しかし、いずれの説も肯定も否定もするような調査はまだ行われていない。



posted by ZUKUNASHI at 20:54| Comment(0) | Covid19

弱い症状でも死ぬリスクは10倍になる 心臓疾患の先の突然死を警戒すべき


「軽度の」Covidは、早期死亡のリスクを10倍増加させると、タイムズに発表された驚きの新しい研究が述べています:また、ついにCovidの軽度の脳卒中のいくつかの主流の認識..


彼らは、NHSが感染による心臓の問題を抱えた患者の流入に苦しむだろうと警告している.
本当に重要なのは、心臓疾患の急増ではなく、今、あちこちで起こっている「突然死」の急増である。昨日一日で5件報告しましたが、その大半は子供たちでした。

Covid, Sars Cov 2: 研究:6ヶ月以内に2回目の再感染をした場合、死亡リスクが2倍、入院リスクが3倍になる:今度は3回目、4回目、5回目などを想像してみてください。


SARSCov2 の致命的な影響の警告に関しては、潮目が変わっているようです。予想される冬の症例/死亡の猛攻撃に対する彼らの良心を何とか和らげるためですか?これらの事実は、以前から知られていました。

私もそう思っていたんです。 彼らはもう隠すことができないんです。 突然、メインストリームのニュースになったから、「警告したぞ」と言えるんだ。
私は、このニュースが主流になったことを嬉しく思っています。 たぶん、より多くの人が用心深くなり、真剣に受け止め、マスクアップするようになるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 15:17| Comment(0) | Covid19

無臭症 異臭症 光過敏症




posted by ZUKUNASHI at 12:49| Comment(0) | Covid19

コロナでもっと死なないと人々は気にしない

私は、人々が気にかけるようになるためには、COVID が世界の少なくとも 10% を殺さなければならないと信じ始めています。一人一人が自分の内輪で誰かを失う必要があります。私が間違っていることを願っていますが、COVID を無視することは不可能です。人々はいたるところで死んでいますが、それでも..
・・・Marky Mark氏は2021/11からコロナ後遺症、2022/5から寝たきりの生活

人口100万人当たりの新規死者数過去24日間


Ashton Carter, who served as Secretary of Defense under former US President Barack Obama, has passed away aged 68. Carter oversaw the arming of Ukraine and the US intervention in Syria, and welcomed transgender troops to the US military.

Carter’s family announced his death on Tuesday, saying that the former Pentagon chief suffered a heart attack the night before. He leaves behind a wife and two children.

Carter served as Obama’s second secretary of defense, taking over from Chuck Hagel in 2015 and holding the post until Jim Mattis was appointed by Donald Trump in 2017.

・・・一部の県の発表で2022/8の死亡数が大きく伸びていることはわかっていましたが、全国計でこれです。すごいです。

posted by ZUKUNASHI at 00:01| Comment(0) | Covid19

2022年10月24日

鼻洗浄はCOVID入院のリスクを軽減

posted by ZUKUNASHI at 16:10| Comment(2) | Covid19

Covid-19の起源を特定したと主張する新しい研究

New study claims to have determined Covid-19 origin
The virus behind the Covid-19 pandemic has a genetic structure typical of “synthetic viruses,” authors say
The virus that caused the Covid-19 pandemic was most likely created in a laboratory, a study by German and American scientists has claimsed.

A team of three researchers concluded that Sars-CoV-2 was a genetically modified virus, after comparing its structure to that of “wild” and laboratory-borne equivalents.

Sars-CoV-2 literally has “fingerprints” of genetic manipulations, according to a preprint released by Valentin Bruttel of Germany’s Wuerzburg University, Alex Washburne of the US-based Selva Analytics research center and Antonius VanDongen of Duke University, also in the US. The paper published this week reported that the three scientists had found a recurring genetic structure element called a restriction site, which they describe as a sign of the virus’ genome having been “stitched” together.

“To make a virus in the lab, researchers usually engineer the viral genome to add and remove stitching sites, called restriction sites. The ways researchers modify these sites can serve as fingerprints of in vitro genome assembly,” the paper, which has not yet been peer-reviewed, claims.

The structure of Sars-CoV-2 is “anomalous in wild coronaviruses” but “common in lab-assembled viruses,” it adds, pointing to the certain “synonymous or silent mutations” that differentiate the restriction sites. The concentration of such mutations “is extremely unlikely to have arisen by random evolution,” the preprint says.

The study results show that “this virus is 99.9 percent an artificial, probably manipulated, copy of a natural virus,” Bruttel told Germany’s ntv news media outlet. The researcher said that, during his study, he found the signs of similar manipulations he carries out daily to create protein-based drugs for autoimmune diseases.

Bruttel, who holds a doctoral degree in the field of immunology and was awarded this year’s Innovation Prize at German Biotechnology Days – the national forum of the biotech industry – told ntv he had been working on the study since summer 2021, when he first noticed abnormalities in the virus genome.

The study, however, has been promptly lambasted by other immunologists, including Kristian Andersen of the Scripps Research Institute in La Jolla, California. Andersen branded the paper “nonsense” that was “so deeply flawed that it wouldn’t pass kindergarten molecular biology.” He also presented his own version of Sars-CoV-2 genome analysis in a series of tweets.

German virologist Friedemann Weber, who leads the Institute for Virology at the University of Giessen, said that the “fingerprints” found by Bruttel and his colleagues do not necessarily point to the artificial origin of the virus, since genetic manipulations with it are possible even without the techniques the study was pointing to. At the same time, he admitted that one “can actually do it like” the study suggests it was done but called such a method “not necessary and actually more complicated.”

Covid-19パンデミックを引き起こしたウイルスは、「合成ウイルス」に典型的な遺伝子構造を持っていると著者らは述べている。
Covid-19のパンデミックを引き起こしたウイルスは、実験室で作られた可能性が高いと、ドイツとアメリカの科学者が主張する研究がある。

人の研究者チームは、Sars-CoV-2の構造を「野生」および実験室で発生した同種のウイルスと比較した結果、遺伝子組み換えウイルスであると結論づけたのである。

ドイツのヴュルツブルク大学のヴァレンティン・ブルッテル、米国のセルバ・アナリティクス研究所のアレックス・ウォッシュバーン、同じく米国のデューク大学のアントニウス・ヴァンドンゲンが発表したプレプリントによれば、Sars-CoV-2は文字通り遺伝子操作の「指紋」を持っているとのことであった。今週発表された論文では、3人の科学者が制限部位と呼ばれる繰り返し現れる遺伝子構造要素を発見したと報告しており、彼らはこれをウイルスのゲノムが「縫合」された痕跡であると表現しています。

「研究室でウイルスを作る場合、研究者は通常、制限部位と呼ばれる縫合部位を追加したり削除したりするために、ウイルスゲノムを操作します。研究者がこれらの部位をどのように変更するかによって、試験管内ゲノム組み立ての指紋のような役割を果たすことができる」と、この論文は主張している。

Sars-CoV-2の構造は、「野生のコロナウイルスでは異常」だが「実験室で組み立てられたウイルスでは一般的」であるとし、制限部位を区別する特定の「同義またはサイレント変異」を指摘している。このような変異の集中は、「ランダムな進化によって生じた可能性は極めて低い」と、同プレプリントは述べている。

この研究結果は、「このウイルスは99.9%、人工的な、おそらく操作された、天然ウイルスのコピーであることを示している」とブルッテルはドイツのニュースメディアntvに語っている。この研究者は、研究中に、自己免疫疾患のためのタンパク質ベースの薬を作るために毎日行っているのと同様の操作の兆候を見つけたという。

免疫学分野の博士号を持ち、バイオテクノロジー業界の全国フォーラム「German Biotechnology Days」で今年のイノベーション賞を受賞したブルッテル氏は、ウイルスゲノムの異常に初めて気づいた2021年夏から、この研究に取り組んでいたとntvに語った。

しかし、この研究は、カリフォルニア州ラ・ホーヤにあるスクリップス研究所のクリスティアン・アンデルセンを含む他の免疫学者から早速非難を浴びている。アンダーセンはこの論文を「ナンセンス」であり、「幼稚園の分子生物学に合格しないほど深い欠陥がある」と烙印を押した。彼はまた、一連のツイートで自分なりのSars-CoV-2ゲノム解析の方法を提示した。

ギーセン大学ウイルス研究所を率いるドイツのウイルス学者フリーデマン・ウェーバーは、ブルッテルらが見つけた「指紋」は、この研究が指摘している技術がなくても、ウイルスを使った遺伝子操作は可能なので、必ずしも人工的な起源を示すものではない、と述べている。同時に、この研究が示唆するように「実際にできる」ことも認めたが、そのような方法は「必要ではなく、実際にはより複雑である」とも呼んだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 12:10| Comment(0) | Covid19

SARS2は空気感染するHIV

posted by ZUKUNASHI at 10:48| Comment(0) | Covid19

2022年10月23日

海外からのコロナ情報 急死と脳損傷が増えています

コロナに関しては、海外のツイッターアカウントと国内のアカウントの両方をフォローしていますが、国内のアカウントの情報発信が極端に減少しているように感じます。

私のフォロー先だけなのかもしれませんが。

しかし、海外のアカウントからは、ワクチン接種、コロナ感染後の急死事例の頻発とコロナ感染後の永久的な脳損傷事例が多数伝えられています。

この内外の差は何でしょう。日本では急死事例や脳損傷が少ないはずがないと思いますが。

ツイッターで「コロナ」で検索すると反マスクのツイートがぞろぞろと並びます。激しい言葉を使ったものが多いので、これらは何か運動の一環かなと思えてきます。

2022年10月22日
こんな変化を感じていませんか COVIDによる永久的な脳損傷

2022年10月20日
急死事例がこんなにある 日本も同じはず

2022年10月17日
急死事例が続いている 突然の呼び出しに備えないと
posted by ZUKUNASHI at 08:05| Comment(0) | Covid19

こんな変化を感じていませんか COVIDによる永久的な脳損傷

周囲の人々の行動の奇妙な変化に気づいたことがありますか。人々はより忘れがちです。些細なことで攻撃的になる人。ひどい意思決定をしている人々?

これは COVID の永久的な脳損傷です

いくつかのCovid感染、予防策のない1年、そして強力なプロパガンダの不足の後、私が愛する人々はもはや認識できなくなりました.彼らは完全に新しい人になりました。これは別のものです。これらは劇的な人格の変化です。
人々は、Covid 後の精神病が存在すること、または Covid が脳の損傷や人格の変化を引き起こすことをまだほとんど認識していません。 (スレッド)
「39歳の女性は、寄生虫に感染していると信じて子供たちに漂白剤を飲ませようとした後、保護命令を介してEDに来ました.患者は約3週間前にCOVID-19と診断されたことを認めています.. 」
「8日間安静にした後、彼女は最初は気分が良くなりましたが、神経学的および精神医学的症状の猛攻撃を経験し始めました…」この間、私の性格はフラットでした.私は無関心で、あまり感情がありませんでした。 Covid が私の脳を乗っ取ったのです。」
「基本的な性格は成人期を通じて一定のままである傾向がありますが、脳機能を混乱させる状態は性格の極端な変化を引き起こす可能性があり、これが COVID-19 に感染した一部の人々に起こるという証拠が増えています。」
「ウイルスは、パンデミックが終わった後も長く続く神経症状を誘発します。」



posted by ZUKUNASHI at 07:50| Comment(0) | Covid19

2022年10月22日

コロナワクチン被害者遺族の会記者会見


posted by ZUKUNASHI at 21:42| Comment(0) | Covid19