Covid19: ずくなしの冷や水

2022年11月11日

Woodworking Ceiling Mounted Dust Filter - How to Make

posted by ZUKUNASHI at 18:00| Comment(0) | Covid19

日本の子供のコロナ脳症が海外から注目されている


Japanese doctor warns of potentially fatal COVID-related brain damage in children
4月下旬に10歳未満の女児が「急性脳症」で死亡し、5月中旬には重い症状を発症した5歳未満の女児が全身にまひを残すなど、相次いでいる。日本小児神経学会は、全国でコロナウイルス感染症に伴う急性脳症の事例を調査する構えだ。

栃木県と自治医科大学によると、死亡した女児は当初、コロナウイルスの陽性反応が出た後、発熱などの軽い症状で自宅で療養していた。しかし、容態が急変したため、救急車で病院に搬送されました。集中治療室で治療を受けましたが、その後、死亡が確認されました。女児に持病はなかった。担当した自治医科大学小児科の村松和弘准教授によると、COVID-19による急性脳症で10歳未満の子供が死亡したのは全国初とみられるという。

一方、5歳未満の女児は、自宅で激しい痙攣と高熱、意識障害を起こし、その後病院でコロナウイルスの陽性反応が出た。一命は取り留めたものの、全身に麻痺が残りました。この女の子も基礎疾患はありませんでした。

急性脳症とは、ウイルスや細菌感染などにより、脳が急に腫れてしまう病気です。
posted by ZUKUNASHI at 12:25| Comment(0) | Covid19

コロナ後遺症でアレルギー

健康な10代の子供がコビドに感染した数週間後に、子供が新たに重篤な、生命を脅かすアレルギー反応を起こしたと両親が報告:ウイルスは新たに重篤なアレルギー反応を誘発することが知られていると研究者は述べている。
「私の14歳の子供は、チーズピザのポケットを食べた後、重度のアナフィラキシーに陥りました.彼らがその日最初に食べたもの。水で。今まで何に対してもアレルギー反応を起こしたことはありませんでした....
...これは、新型コロナウイルスから回復してから 1 週間半後のことです。私たちの家族は全員が予防接種を受けています。
彼らが言うには。
彼らは続けます:
「食べ物とは何の関係もない自然発生的な免疫異常やマスト細胞によるものなのか疑問に思っています.彼女を回復させるのに3回のエピショットが必要でした....
……血圧が異様に低かった。病院は、入院後1日半まで解放されませんでした。彼らは何が原因なのかわかりません。
ここでわかるように、これは Long Covid の調査で一般的に報告されています。
https://covidcaregroup.org/blog/post-covi

・・・・

以下、ヘアダイで発疹が出る例などが述べられています。
posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | Covid19

2022年11月10日

000








posted by ZUKUNASHI at 15:29| Comment(0) | Covid19

SARS-CoV-2タンパク質が体内の特定の組織に大きな損傷を与える可能性

「私たちの研究は、個々のSARS-CoV-2タンパク質がそれぞれ体内の特定の組織に大きな損傷を与える可能性があることを示しています.HIVやジカのような他のウイルスで発見されたものと同様です.


posted by ZUKUNASHI at 10:58| Comment(0) | Covid19

ケルソンからロシア軍が撤退



Russia to pull troops out of frontline city of Kherson – MOD
The regional administration worked for weeks to move civilians from the area, citing Ukrainian attacks
Russia has decided to withdraw its troops from the right bank of the Dnieper River, including the regional capital of Kherson. The Defense Ministry explained that it wants to avoid unnecessary losses among its forces and spare the lives of civilians.

While admitting that the decision is not an easy one, the commanders see little sense in keeping the troops on the right bank, the chief of the Russian military operation in Ukraine, General Army General Sergey Surovikin, told Defense Minister Sergey Schoigu on Wednesday. The general pointed to continued Ukrainian attacks on the Kakhovskaya hydroelectric dam on the Dnieper River, arguing that it could leave the Russian troops in Kherson cut off from the rest of the force with no way to escape.

A pullout would help save lives of the Russian soldiers and keep the combat effectiveness of the force grouping in the area, Surovikin said.

This is a very difficult decision. Yet, we would be able to preserve the most important thing: lives of our soldiers.


“Start the pullback of forces,” Shoigu told Surovikin in a video released by media outlets. The minister ordered the general to organize secure relocation for both soldiers and civilians.

Over the past weeks, the local authorities have launched an effort to bring as many civilians as possible to the left bank of Dnieper, citing a threat posed by Ukrainian forces located on the opposite side. Over 150,000 people had been moved out of the city as of today, according to Sorovikin.

Russia incorporated Kherson Region last month, after residents voted in a referendum to break away from Ukraine and seek accession to Russia. Kiev rejected the vote as a “sham” and pledged to use military force to recapture all territories it considers to be under its sovereignty.
ロシアは、州都ケルソンを含むドニエプル川右岸から軍を撤退させることを決定した。国防省は、自軍の不必要な損失を避け、民間人の命を守りたい、と説明している。

ウクライナにおけるロシア軍の作戦責任者であるセルゲイ・スロヴィキン陸軍大将は2日、セルゲイ・ショイグ国防相に対し、決断が容易でないことを認めつつ、指揮官は部隊を右岸に留めることにほとんど意味を見いだせないと述べた。将軍は、ドニエプル川のカホフスカヤ水力発電ダムに対するウクライナの攻撃が続いていることを指摘し、ケルソンにいるロシア軍が他の部隊から切り離され、脱出する方法がなくなる可能性があると主張した。

スロビキン氏は、「撤退は、ロシア兵の命を守り、この地域の部隊群の戦闘効果を維持するのに役立つだろう」と述べた。

これは非常に難しい決断です。しかし、最も重要なものである兵士の命を守ることができるだろう。

「撤退を開始せよ」ショイグはメディア各社が公開したビデオでスロビキンにそう言った。大臣は将軍に、兵士と民間人の両方の安全な移転先を確保するよう命じた。

Defense Minister Sergey Shoigu has ordered Russian forces to pull back from the city of Kherson and establish a new defense line along the Dnieper River. The minister made the decision on Wednesday following a report by Army General Sergey Surovikin, the commander of the country’s military operation in Ukraine.

One of the goals stated for the move is to assume better positions and save the lives of soldiers and civilians. Here are the key points of Surovikin’s televised speech to the top military brass on the latest developments in the conflict.
Kiev’s forces are targeting civilians

Ukrainian troops have been launching “indiscriminate strikes” against the city of Kherson, hitting schools and hospitals in particular, Surovikin said during his remarks on Wednesday. “People’s lives are in constant danger due to shelling,” he emphasized. Humanitarian aid centers and routes used by civilians for relocation across the Dnieper River are being struck as well, the general added.
Reasons for the pullout

Continued Ukrainian missile strikes on the Kakhovka hydroelectric dam located near Kherson also pose a serious risk to both the military and civilians on the right bank of the Dnieper, according to Surovikin. The dam has already been damaged in Ukrainian attacks, and another “devastating” blow could lead to “large areas” being flooded. It would also lead to massive civilian casualties and leave the Russian troops in the area cut off from the rest of the forces, the general argued as he suggested a pullout. Shoigu said he “agreed” with Surovikin’s arguments and ordered a regrouping of forces to the left bank of the Dnieper.

Successful defense and counter-offensives

Russian troops had earlier been able to successfully repel Ukrainian advances both in Kherson Region and in Donbass, Surovikin said. In particular, they managed to stop an offensive from the city of Kupyansk, which was seized by Kiev in September, into the Lugansk People’s Republic, he noted. The general said that a similar advance was prevented in the highly contested Krasny Liman area in Donbass. In some areas, Russian troops have launched counter-offensives, according to Surovikin.
Russian and Ukrainian losses

Ukrainian troops have suffered heavy losses in their attacks in recent months, according to Surovikin. Kiev’s forces are estimated to have lost more than 12,000 soldiers in October alone, along with more than 200 tanks and 800 other armored vehicles, as well as 18 combat planes. The general said that Russian losses were “seven to eight times lower.” Between August and October, Ukrainian attacks in Kherson Region alone cost Kiev more than 9,500 casualties, Surovikin said.
Relocation of civilians from Kherson

Russian forces have helped all civilians willing to leave the city of Kherson to relocate to the left bank of the Dnieper, the general said. More than 115,000 people had moved out of the city in recent weeks, he told Shoigu. “We have done everything possible to ensure their safety,” Surovikin said, adding that some civilians had moved to Crimea.
Situation on the frontlines

Russian troops have managed to “stabilize” the situation on the frontlines despite the continued Ukrainian attacks, Surovikin said. The general also stated that the partial mobilization carried out in Russia between late September and early November allowed Russian forces to build up reserves and greatly enhance combat capabilities. Troops that will be pulled out from the right bank of the Dnieper could also be sent to support offensive operations in other parts of the front, he added.

過去数週間、地元当局は、対岸に位置するウクライナ軍の脅威を理由に、できるだけ多くの民間人をドニエプル川左岸に移動させる取り組みを開始した。ソロヴィキン氏によると、今日の時点で15万人以上が市外に移動した。

ロシアは先月、住民投票でウクライナから離脱し、ロシアへの加盟を求めたケルソン州を編入した。キエフは投票を「見せかけ」と拒否し、主権があると見なすすべての領土を奪還するために軍事力を行使することを約束した。

Pulling back ‘to save lives’: Key points of top Russian commander’s Kherson speech
The order to leave the city comes amid what Army General Sergey Surovikin said was a risk of being cut off
Defense Minister Sergey Shoigu has ordered Russian forces to pull back from the city of Kherson and establish a new defense line along the Dnieper River. The minister made the decision on Wednesday following a report by Army General Sergey Surovikin, the commander of the country’s military operation in Ukraine.

One of the goals stated for the move is to assume better positions and save the lives of soldiers and civilians. Here are the key points of Surovikin’s televised speech to the top military brass on the latest developments in the conflict.
Kiev’s forces are targeting civilians

Ukrainian troops have been launching “indiscriminate strikes” against the city of Kherson, hitting schools and hospitals in particular, Surovikin said during his remarks on Wednesday. “People’s lives are in constant danger due to shelling,” he emphasized. Humanitarian aid centers and routes used by civilians for relocation across the Dnieper River are being struck as well, the general added.
Reasons for the pullout

Continued Ukrainian missile strikes on the Kakhovka hydroelectric dam located near Kherson also pose a serious risk to both the military and civilians on the right bank of the Dnieper, according to Surovikin. The dam has already been damaged in Ukrainian attacks, and another “devastating” blow could lead to “large areas” being flooded. It would also lead to massive civilian casualties and leave the Russian troops in the area cut off from the rest of the forces, the general argued as he suggested a pullout. Shoigu said he “agreed” with Surovikin’s arguments and ordered a regrouping of forces to the left bank of the Dnieper.

Successful defense and counter-offensives

Russian troops had earlier been able to successfully repel Ukrainian advances both in Kherson Region and in Donbass, Surovikin said. In particular, they managed to stop an offensive from the city of Kupyansk, which was seized by Kiev in September, into the Lugansk People’s Republic, he noted. The general said that a similar advance was prevented in the highly contested Krasny Liman area in Donbass. In some areas, Russian troops have launched counter-offensives, according to Surovikin.
Russian and Ukrainian losses

Ukrainian troops have suffered heavy losses in their attacks in recent months, according to Surovikin. Kiev’s forces are estimated to have lost more than 12,000 soldiers in October alone, along with more than 200 tanks and 800 other armored vehicles, as well as 18 combat planes. The general said that Russian losses were “seven to eight times lower.” Between August and October, Ukrainian attacks in Kherson Region alone cost Kiev more than 9,500 casualties, Surovikin said.
Relocation of civilians from Kherson

Russian forces have helped all civilians willing to leave the city of Kherson to relocate to the left bank of the Dnieper, the general said. More than 115,000 people had moved out of the city in recent weeks, he told Shoigu. “We have done everything possible to ensure their safety,” Surovikin said, adding that some civilians had moved to Crimea.
Situation on the frontlines

Russian troops have managed to “stabilize” the situation on the frontlines despite the continued Ukrainian attacks, Surovikin said. The general also stated that the partial mobilization carried out in Russia between late September and early November allowed Russian forces to build up reserves and greatly enhance combat capabilities. Troops that will be pulled out from the right bank of the Dnieper could also be sent to support offensive operations in other parts of the front, he added.
セルゲイ・ショイグ国防相は、ロシア軍にケルソン市から撤退し、ドニエプル川沿いに新たな防衛線を設置するよう命じた。同大臣は、ウクライナでの軍事作戦を指揮するセルゲイ・スロヴィキン陸軍大将の報告を受けて、水曜日にこの決定を下した。

この移動の目的の一つは、より良い位置を占め、兵士と民間人の命を守ることであると述べられている。以下は、スロビキンがテレビで軍幹部を前に行った、紛争の最新動向に関する演説の要点である。

キエフ軍は一般市民を標的にしている
ウクライナ軍はケルソン市に対して「無差別攻撃」を行い、特に学校や病院を襲っていると、スロビキンは水曜日の発言で述べた。「砲撃により、人々の生命は常に危険にさらされている」と強調した。人道支援センターやドニエプル川を渡って市民が移転するためのルートも攻撃されている、と同将軍は付け加えた。

撤退の理由
スロビキンによると、ケルソン近郊にあるカホフカ水力発電ダムへのウクライナのミサイル攻撃が続いていることも、ドニエプル川右岸の軍と民間人の双方に深刻な危険をもたらしているという。ダムはすでにウクライナの攻撃で損傷しており、さらに「壊滅的」な打撃を受ければ、「広い範囲」が水没する可能性がある。また、大規模な民間人の犠牲者を出し、その地域にいるロシア軍を他の軍から切り離すことになると、将軍は撤退を提案しながら主張した。ショイグはスロビキンの主張に「同意する」と述べ、ドニエプル左岸に部隊を再編成するよう命じた。

防衛と反攻の成功
スロヴィキン氏によると、ロシア軍はケルソン地方とドンバスの両方でウクライナの進攻をうまく撃退することができたという。特に、9月にキエフに占領されたクピャンスク市からルガンスク人民共和国への攻勢を阻止することに成功したと、同将軍は指摘した。同将軍は、ドンバスで非常に争いの多いクラスニー・リマン地区でも同様の進攻が阻止されたと述べた。スロビキン氏によると、いくつかの地域ではロシア軍が反攻を開始したという。

ロシア軍とウクライナ軍の損失
スロビキンによると、ウクライナ軍はここ数カ月の攻撃で大きな損失を被っている。キエフ軍は10月だけで1万2000人以上の兵士と、200台以上の戦車、800台以上の装甲車、18機の戦闘機を失ったと推定される。同将軍は、ロシアの損失は "7〜8倍 "だと述べた。8月から10月にかけて、ケルソン州でのウクライナの攻撃だけで9,500人以上の死傷者が出たとスロビキン氏は述べた。

ケルソンからの民間人の移転
ロシア軍は、ケルソン市からドニエプル川左岸への移転を希望するすべての市民を支援した、と同将軍は述べた。ここ数週間で、11万5千人以上が市外に移動したと、同将軍はショイグ氏に伝えた。「我々は彼らの安全を確保するために可能な限りのことをした」とスロビキン氏は述べ、一部の市民はクリミアに移動したと付け加えた。

最前線の状況
ロシア軍は、ウクライナの攻撃が続いているにもかかわらず、前線の状況を「安定化」させることができたと、スロビキン氏は述べた。また、9月下旬から11月上旬にかけてロシアで実施された部分動員により、ロシア軍は予備へいを積み上げ、戦闘能力を大幅に向上させることができたと述べています。ドニエプル右岸から撤退する部隊は、戦線の他の地域での攻撃作戦を支援するために送られる可能性もあると、彼は付け加えました。

・・・・

軍内部の意思決定過程を公開するようになっています。戦略的な撤退が軍OBによって批判されたりしたために、誤解や批判を生じさせないようにしているもののようです。スロビキンはメディアへの露出が得意なようです。

ロシア軍は、ウクライナ軍がカホフカ水力発電ダムを破壊し、下流部に洪水をおこさせる可能性を現実のものとみています。ケルソンにはまだ市民も残っています。

次のツイートの動画を見ると、指令本部の会合のようです。
posted by ZUKUNASHI at 10:14| Comment(0) | Covid19

2022年11月09日

感染拡大中 #マスクはずそう の人には近づかない

posted by ZUKUNASHI at 14:52| Comment(0) | Covid19

long COVIDによる唾液腺への損傷


今日は非常に腹立たしいニュースを受け取りました。長いCOVIDによる私の唾液腺への損傷は、永続的で元に戻すことはできません.

・・・唾液が出なければ消化が進みません。常に水を含みながらものを食べるしかない。
posted by ZUKUNASHI at 09:09| Comment(0) | Covid19

2022年11月08日

たった5日で血栓で死ぬ



男性は、中肉中背、毎朝1時間のウオーキングを欠かさず、健康を保っていたが、ファイザー製の新型コロナワクチン2回目接種後から異変が生じた。
家族の話では、男性は胸の違和感を訴え、「息切れがする」と日課のウオーキングをやめている。男性は、接種5日後、あまりの苦しさに診療所に電話をし、受診に向かおうとした。自転車に乗ってこぎ出したところで「やっぱりしんどい」と止まり、そのまま倒れた。見送りの妻が周りに助けを求め、男性は救命救急センターに搬送されたが、すでに心肺停止状態。

・・・・・

1回目の接種後から血栓が生じていたのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 17:30| Comment(0) | Covid19

ワクチンがウィルスを再活性化する!



・・・・・・

新コロナウィルスは、症状がなくなっても身体に残るとみるべきなのでしょう。帯状疱疹のウィルスは身体に隠れていて免疫力が低下すると帯状疱疹を引き起こすとされます。

新コロナウィルスmRNAワクチンを打った人は、新コロナウィルスに対する免疫力が低下する。それゆえコロナに感染しやすくなる。ワクチンを打てば打つほど免疫力が低下し、少しのウィルス量に暴露しても感染してしまう。

極めて簡単に言うとそういうことのようですね。

だとすると、ワクチンを打ち、かつ感染した人は、再感染しやすいということになります。自然感染した人は、ワクチンによる免疫よりも強い免疫を持つといわれましたが、最近ではそういう自然免疫がどこまで有効なのかはっきりした見解が見られなくなっています。

すでに感染歴がある人がmRNAワクチンを打つことは、身体に残るウィルスを再活性化させ、かつこれまでに作られた免疫を損なってしまうことになりますね。
posted by ZUKUNASHI at 10:31| Comment(0) | Covid19

この冬のコロナ楽観論は疑問

posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(0) | Covid19

2022年11月07日

ワクチン接種の後遺症対策は難しい

新コロナウィルス向けのmRNAワクチンは、ウィルスがヒトの細胞と融合する働きを持つスパイクタンパク質のみをヒトの細胞内で人工的に作る遺伝子を利用したワクチンです。

体内で新コロナウィルスのスパイクタンパク質が大量に作られ、それに対して体の防御反応が働いて、このスパイクタンパク質に対する強い免疫ができることが狙いです。

mRNAワクチン接種によってこの狙いは達せられているのですが、効果が適応免疫システムを超え、自然免疫応答を調節するようになることがあります。

mRNAワクチンが自然免疫を損なうのです。この状態になると、帯状疱疹(ヘルペス)が出たり、がんができたり、様々な健康上の問題が生じます。

mRNAワクチンは、武漢型の新コロナウィルスをもとに作られていますので、ワクチンによる免疫ができていても、変異株には効果を発揮しません。むしろ自然免疫が反応しなくなるのであれば、新コロナウィルスの変異株には侵されやすくなります。

FLCCCが「ワクチン後遺症へのアプローチ」という文書を公表しています。これを読むとワクチン後遺症の発現形態はさまざまで、適用すべき治療法もまだ定まっていません。

ワクチン後遺症へのシロウト判断による対処は困難ですし、有効な措置をとることは難しいでしょう。経験と知見のある医師の管理が必要です。

「1stライン治療法(症状別ではなく、重要性の高い順に記載)」に、断食やイベルメクチンの服用、サプリメントの利用が上げられていますが、例えばイベルメクチンの服用では「0.2-0.3mg/kg 毎日、最大4-6週間」とされており、感染時の服用基準量と比べて著しく多いものとなっています。

この「1stライン治療法」に掲げられている対処は、比較的弊害が生じても軽く済むものではないかと思われますが、それだけで顕著な改善を見ることは多くはないのではないかと思われます。(なお、FLCCCの文書に示される基準量は白人を対象にしたもので、平均的な日本人には過大ではないかとの意見もあります)

ワクチン後遺症とみられる例は、すでに多く、これからさらに増加するでしょう。知人からは知り合いの高齢者が重い帯状疱疹で入院したと聞いています。

今、ワクチン後遺症の抑制のために誰にでも取りうる措置は、次のことではないでしょうか。

@ さらなるmRNAワクチンの接種はやらない。

A 新コロナウィルスへの曝露を避ける。細心の注意が必要。(変異株へのmRNAワクチンの感染防止効果はないですし、武漢型のウィルスに対応した免疫がどう反応するかもわかっていません)

B 新コロナウィルスへの曝露があった場合、あるいは感染した場合は、抗ウィルス薬で速やかにウィルスを消す。(個人の判断で使用できる抗ウィルス薬は事実上イベルメクチンです)
 すでに感染履歴のある人は、再感染で死亡リスクが高まります。

mRNAワクチンの自然免疫に対する影響度合いを個人別に測定する方法があるのかもしれませんが、そのようなサービスがあるとは聞いていません。

ワクチン接種者に時間の経過とともに死亡する人が増えることは確実なようです。「mRNAワクチン接種者がすべて3年から5年以内に死ぬ」との説は信じがたいですが、全くの間違いとも思えません。

2022年07月25日
え、3年後、孫を引き取らなければならないのか!


「東京理大の村上康文名誉教授が同一抗原で繰り返し免疫化を行った場合、動物実験で5回目から死亡例上矢印1
7〜8回繰り返すと半分近くが死亡する


・・・buzzfeedの記事は残念ながら参考にならなかった。ワクチン接種を勧めているし、新コロナウィルスり患では医師なら誰でもよいということにはならない。

イベルメクチンは、日本では処方薬ですので市中薬局で購入することはできません。個人輸入代行会社を通じてインド製のものなどを購入します。以前は発注(通販と同じです)から数週間かかっていましたが、最近購入した読者からは、1週間で届いたと聞いています。個人輸入代行会社により価格が異なります。何人かが代表者を決めてまとめて一箱単位(48錠入りなど)で購入すれば1錠200円以下で買えます。

2022年07月28日
ワクチン接種 次は止めないと死ぬぞ


・・・まだ車椅子なんですね。治療の余地はないんですかね。
















posted by ZUKUNASHI at 21:31| Comment(1) | Covid19

日本ではこれは起きていない? 死産と流産の増加


パンデミックが発生したため、ここでは死産と流産が大幅に増加しています。以前の研究では、Covidが胎盤に感染し、子宮内で赤ちゃんを窒息死させることが示されています。
posted by ZUKUNASHI at 15:05| Comment(0) | Covid19

コロナ発症したら 今のルール

コロナ・インフル同時流行「検査キットや解熱剤準備を」 厚労相
感染拡大時に発症した際は、重症化リスクの高い人は発熱外来を受診し、小学生以下の子どもはかかりつけ医など小児科医に相談。重症化リスクの低い人は、まず新型コロナの検査キットを使い、陽性であれば地域の健康フォローアップセンターに登録するとしている。



・・・・

青年層、壮年層は検査は自費です。それに重症化の基準に当てはまらないまま亡くなる例が増えるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 14:01| Comment(0) | Covid19

症状が悪化していても10日目まで陰性の例が出ている


ウイルスが変化した:パズルのピースが集まってきた?最近、発病10日目に「コビドのような感じた」と報告した人がいましたが、発病10日目まで陰性が続き、徐々に悪化しているようです...。


...その人は 2021 年の夏にデルタを患っていたので、Covid がどのように感じられるかを知っています。 10日目に入ると、彼らはまだ悪化しており、昨夜は「徹夜」の咳が出ました...


...今日、ついにRATで陽性と判定された(かすかな線)。通常、感染者は症状が出てから2日目から7日目にかけて感染力がピークに達する(だからRATで陽性になる-感染しているかどうかではなく、感染力の指標とされる)のだが、これはウイルスの通常の動きではない。


...最新のレポートによると、ウイルスは今でははるかに長く続いており、人々は最初の数日/週ではなく、2 週目の半ばに感染レベルに達しています。


現実には数え切れないほど多くの新型株があり、日々生み出されているのですが、その新型株は、異なる方法で作用しているように見えます:異なる:長い、ほとんど古典的な野生型やアルファ病の経過のように:しかし、10日目に感染レベルに達し始めるのは、私にはニュースです...。

・・・・・

これは厄介です。症状が悪化し、より長く続くケースが増える恐れ。
posted by ZUKUNASHI at 10:08| Comment(0) | Covid19

2022年11月06日

日本政府の情報が信頼できないから海外の情報を見ています 突然死

ラッパーのアーロン・カーターが、新型コロナウイルスの「本当にひどい」発作からわずか6か月後に突然亡くなりました。



・・・突然死は止まらない。
posted by ZUKUNASHI at 09:40| Comment(0) | Covid19

2022年11月05日

イベルメクチンに関する追加情報 6







・・・がんが消えたなどの事例が伝えられていました。

COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第 7 版
(2021年2月1日)

[東京 31日 ロイター] - 興和(名古屋市)は31日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として第3相臨床試験を行っている「イベルメクチン」について、北里大学との共同研究(非臨床試験)から、オミクロン株に対しても、デルタ株などの既存の変異株と同等の抗ウイルス効果があることを確認したと発表した。

二つ下にEric Feigl-Ding (@DrEricDing)のツイートを掲げていますが、彼の引用している研究は問題があるものです。最近NHKも否定的な立場から取り上げていましたが、日本国内のイベルメクチンを処方している複数の開業医の観察によれば、効果があることは間違いないです。家族が感染した方から情報が寄せられています。コメント欄にあります。



化学工業日報 2022/3/7
厚労省、コロナ薬支援で「イベルメクチン」選定
 厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染症治療薬実用化支援事業の対象として、新たに興和を選んだと発表した。同社の申請に基づいて具体的な額を決定し、補助金を交付する。
 支援対象となったのは興和が新型コロナ感染症治療薬として開発中の抗寄生虫薬「イベルメクチン」。現在、第3相臨床試験(P3)を行っている。今回、評価委員会における専門的・学術的観点、事業継続的観点からの評価を踏まえ、国庫補助の対象事業として採択した。
 厚労省は世界各国で開発が進んでいる同治療薬を日本で治験し、国内で早期に実用化する目的で支援事業を行っている。今回が3次公募で、応募は興和の1件だけだった。













SARS-CoV-2に対するイベルメクチンの作用機序−広範なレビュー











FLCCCの主要メンバーであるPierre Kory氏の論文で死亡率低下の計算に使われたデータに不備があったようです。イベルメクチンの処方に関連したものではないとされています。




Retraction Watch
Bad MATH+? Covid treatment paper by Pierre Kory retracted for flawed results





「抗ガン剤としてのイベルメクチン」に関しての数々の論文を知る





・・・SYさんのコメントにあったようにイベルメクチンの個人輸入が急激に増えると、個人輸入を制限する動きが出てくるかもしれません。





https://twitter.com/Tamama0306/status/1432977869697732617/photo/1



posted by ZUKUNASHI at 22:58| Comment(2) | Covid19

フランスでマスク復活

フランス医学アカデミーは、高齢者、合併症のある人、弱者と接触する家族や医療従事者、妊婦など、すべての人に対し、密閉した公共空間でFFP2(N95)マスクを着用することを緊急に推奨しているワクチン接種済みでも!
2) さらに、フランス国立アカデミーは、「病院、診療所、ケアセンター、薬局、および混雑時の公共交通機関など公衆に開放された閉鎖空間ではサージカルマスクを着用する」ことを、それ以外の人にも推奨しています。
3)フランスNAMの理由
"フランス本土では、インフルエンザ様疾患の増加や散発例が確認され、2歳未満の小児の気管支炎が流行期に入ったことから、季節性インフルエンザの早期流行の見通しが明らかになりつつある。"
4)「2021-2022年シーズンは、2022年4月に遅いピークを迎え、9週間にわたって流行したインフルエンザが再流行した。インフルエンザ+Covid-19」の同時感染例が、規制実施前、あるいは対策解除後に世界中で多く報告された」...。
5) "したがって、この二重感染の可能性は、最も深刻な形態に弱い人々をさらし、病院サービスを飽和のリスクにさらすので、2022-2023年シーズンには考慮されなければならない..."。
6)「Covid-19に対するブースター注射とインフルエンザワクチン接種の併用を目的としたワクチン接種の推奨を強く印象づけるものである[6]。また、バリア対策の見直しも正当化される。
HT to @CecPhil

7) 一方、米国最高裁は、飛行機、列車、バスの乗客にマスクのルールを課す空港TSAの権利を支持し、訴訟を却下した。 問題は、TSAか@CDirectorが、それを実行するための行動を推奨するかどうか?
posted by ZUKUNASHI at 20:25| Comment(0) | Covid19

ワクチン2回接種後に亡くなった若い男性4人の報告 サイトカインストーム発生

posted by ZUKUNASHI at 19:06| Comment(0) | Covid19

眼科医は緊急手術が増えているらしい



管理人がフォローする眼科医が一日に3件の緊急手術と書いていました。
目は大事、おかしかったらすぐに診察を受けましょう。
posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | Covid19