Covid19: ずくなしの冷や水

2021年10月08日

ブルートゥースでワクチン接種者を検出する

ブルートゥースでワクチン接種者を検出できるのか、なかなか面白い話題です。

私のその後の調査結果を記しておきます。

アンドロイドタブレットにBLEスキャナーというアプリを入れました。

そのアプリの画面

Apx Distは Approximate distance でおおよその距離ですね。一番上の8.91mとありますが、その距離の範囲内には人がいませんでした。一番下の0.1mとあるのは、私のアイフォンです。

Adv とあるのは、Advertising で Advertising Intervalを示します。300msくらいが普通とされています。

この辺を調べるのに手間がかかりました。このサイトがご参考になるでしょうか。
Bluetooth Low Energyのアドバータイズとスキャン

このアプリはスキャンして応答のあったデバイスを次々に記録していきます。histryをdeleteするまで残るようですから300くらいに行くことは不思議ではない。

距離がわかるのは便利です。紛失したブルートゥース・デバイスを見つけることができます。

peripheralという画面で検出したデバイスを画面上にプロットする機能があるようですが、私のスマホではできませんでした。

周りに人が少ないところ、少なくとも10m以内に人のいないところを選びましたが、たくさんデバイスが検出されます。上の画像でも31mという距離が表示されています。

私がスマホをもってアイフォンから少しずつ離れてみると距離は13mくらいで頭打ちとなり、それよりも離れても距離が伸びませんでした。

それと初めて知りましたが、ブルートゥースのIDは電源オンオフの時に変わることが多いです。使用中にもこれが変わることがあるように感じています。しょっちゅうスキャンしていますから、変わってもすぐに見つけて切り替えればよい。

ワクチン接種者のIDも頻繁に変わる? もしそうだとすると個人の特定には使いづらいです。

posted by ZUKUNASHI at 20:59| Comment(0) | Covid19

EARL こういうアカウントは読むだけで時間の無駄




posted by ZUKUNASHI at 17:07| Comment(0) | Covid19

年少者の新規感染シェアが上昇を続けています





幼稚園などに通うお子さんが感染した場合、家族がどう対応するか、話し合っておられますか?

医師の受診も受けられないと考えておいたほうが良いです。

みんなの選んだ地方政府が、もうお手上げだと言っています。公共サービスはストップなのです。
救急車を呼んでも来ない、搬送してくれない状況になります。

千葉県で2021/7中に公表された集団感染事例。


共同2021/7/30 19:14 (JST)
児童生徒2万9000人が感染
クラスターは626件
 文部科学省は30日、一斉休校がほぼ終わった昨年6月から今年6月末までに、全国の小中高校と特別支援学校で児童生徒計2万9118人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。5月下旬〜6月は減少傾向となっている。学校で5人以上のクラスター(感染者集団)発生は計626件に上った。



婆保育園、休園中
学校だったとしても、私は小僧を休ませたと思う。
「学校なんて行かなくたって平気だ!」と言って。
自分も大丈夫だったから自信もって休ませる(笑)
私の育った時代よりさらに
本も豊富ですぐに読めるし、パソコンもあるし、
まったく学習に関しては大丈夫だと、心配していない。
私は子育て時も、読み書きがある程度でき、
お金の計算ができたらOK!と思って子育てしていました。
結果、まぁ、立派な大人になったかどうかは「?」ですけど、
そこそこ普通に大人になったと思われ、私も娘たちも。








生徒は小学6年だった1月中旬に発症した。入院したが、発熱やのどの痛みなどの症状は回復して1週間ほどで退院した。異変に気づいたのは3月4日。すぐ保健所に連絡した。食欲がなくなり、頭やおなかが痛んだ。7日、40度の熱が出て、8日に入院した病院で受診すると、即入院を告げられた。

 時間の経過とともに高熱に加えておなかが張り、全身が真っ赤に発疹、目も充血した。小児科医は、川崎病に似た症状がみられる小児多系統炎症性症候群(MIS-C)の疑いがあると判断。新型コロナの感染が引き金になった症例と推測した。MIS-Cは全身の血管が炎症を引き起こす原因不明の病気とされる。生徒は炎症を鎮める血液製剤の免疫グロブリンの点滴を始めた。


2021年9月は10歳未満が急増しています。幼稚園などの集団感染が続いていますが、老人介護施設でも集団感染が増えている印象です。



posted by ZUKUNASHI at 00:23| Comment(1) | Covid19

2021年10月07日

千葉県 8月の救急搬送要請 約半分しか応じられず

NHK2021年10月07日 17時44分
千葉県 感染急拡大の8月の救急搬送要請 実際に搬送は約半分
新型コロナウイルスの感染が急拡大していたことし8月、千葉県内ではおよそ3000件の救急搬送の要請がありましたが、実際に病院に搬送できたのは、およそ半数にとどまったことがわかりました。
これは7日、千葉県議会の常任委員会の中で明らかにされたものです。
千葉県によりますと、感染が急拡大していたことし8月2日からの4週間で、県内すべての消防本部に自宅やホテルで療養していた新型コロナの患者本人やその家族などから2936件の救急搬送の要請がありました。
これに対して病院に搬送できたのは1449件で、およそ半数にとどまりました。
搬送されたなかったケースのほとんどは、保健所や救急隊が病院に照会したものの搬送先が決まらなかったり入院調整の対象にならなかったりしたもので、およそ80件は搬送先が遠いため本人が辞退するなどしたということです。
特に8月16日からの1週間は、868件の搬送要請に対し搬送できたのは396件で、45.6%にとどまりました。
中には患者への対応が長時間に及ぶなどして、すべての救急隊が同時に出動していた消防本部もあったということです。
千葉県は「入院待機ステーションなどを設置したので、今後、感染が拡大しても救急車を効率的に運用できるようにしていきたい」と話しています。

・・・・・

8月はずーと家にいて救急車のサイレンを聞いていました。
posted by ZUKUNASHI at 19:07| Comment(0) | Covid19

インド政府が配布した家庭用医療キット



パラセタモール、別名:アセトアミノフェン・・・解熱鎮痛薬
ビタミンC、マルチビタミン、亜鉛、ビタミンD3・・・サプリメント
イベルメクチン12mg(10錠)
ドキシサイクリン100mg(10錠)・・・合成抗菌薬
フェイスマスク、除菌剤、手袋、アルコールティッシュ
デジタル体温計
パルスオキシメーター・・・これも?

完全なセットです。私の薬箱とほぼ同じ。国民のどの範囲まで配布したのでしょう。ですがこれだけ配って服用させれば、そりゃ効果ありますね。

問題はこれをいつまで続けられるか。

イベルメクチンの効果を否定したWHOに勤務するインド人を殺人罪で告発する動きがあります。

・・・・・

解熱鎮痛薬としてのアセトアミノフェンは、市販薬(カロナールなど)がいくつかあります。なお、解熱鎮痛薬としてはアスピリンも使えてこちらは血栓防止作用があります。

・・・

ドキシサイクリン(商品名例:ビブラマイシン)は、個人輸入になります。イベルメクチンとともに扱っているところもあります。

サプリントなどは日本で調達可能。パルスオキシメーターは値上がりしています。
posted by ZUKUNASHI at 14:16| Comment(0) | Covid19

脳梗塞の前兆

posted by ZUKUNASHI at 14:09| Comment(0) | Covid19

目がピンクの人はコロナに感染している

posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | Covid19

モデルナワクチン、異物混入 副作用













ロイター2021/10/6
[ストックホルム 6日 ロイター] - スウェーデン保健当局は6日、1991年以降に生まれた人に対する米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種を停止すると発表した。ワクチンを接種した若年層の間で、心筋炎や心膜炎などのまれな副反応の症例が増加している可能性を示すデータを受けた措置。

当局はリスクが極めて低いとしつつも、「とりわけモデルナ製ワクチン2回目接種後の相関関係は明白」とし、今後は米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンの接種を推奨するとした。

デンマークも、年齢18歳以下に対するモデルナ製ワクチン接種の停止を発表した。
posted by ZUKUNASHI at 08:39| Comment(2) | Covid19

2021年10月06日

新コロナウィルスの起源は研究所からの漏洩でなくバイオ攻撃?

“Accidental lab leak” DEBUNKED−deliberate bio-attack CONFIRMED
By Kevin Barrett, Veterans Today Editor

Less than a minute into the above video, Cat McGuire and I start breaking down the Mighty Wurlitzer’s most insane propaganda story of the week. Headlined “New evidence undermines the COVID lab-leak theory − but the press keeps pushing it,” the story, authored by presumed Mockingbird operative Michael Hiltzik, is a textbook case in shameless, undisguised deception and doublespeak.

Admitting that evidence for a natural (zoonotic) origin is “spotty” (i.e. nonexistent), Hiltzik then argues that this argument for a lab origin

“has never been quite true − virologists know that animals have been the source of most of the viral diseases afflicting humanity…”

Hiltzik’s sentence makes no sense whatsoever. The fact that animals have occasionally passed viruses to humans, and vice versa, during humanity’s 300,000 years on Earth, and that during about 299,950 of those years there were no biological warfare labs to compete with animals as a source of new viral diseases, is utterly irrelevant to the claim that there is no evidence for COVID jumping from animals to humans…and there would be such evidence if such a thing had happened. The ancient history of animal-human virus transmission is obviously not “evidence” of anything with regard to COVID! As a propagandist whose job is to short-circuit critical thinking rather than elicit it, Hiltzik apparently hopes that his readers will skim his incoherent words carelessly and emerge with a vague emotional bias against the claim that COVID is a bioweapon.

Hitzik is not just counting on his readers being hasty, sloppy, and mindless. He also assumes they are ignorant, writing that the argument that COVID is a lab-manufactured bioweapon “has become weaker than ever over the last year.” Anyone who has actually followed the debate knows that this is an outrageous lie. In fact, most knowledgable mainstream scientists−meaning those who have actually researched the issue and done their homework−increasingly agree that the spike protein was obviously manufactured, the furin cleavage site is a smoking gun, and the complete lack of evidence for any conceivable natural leap from humans to animals essentially rules out the natural origin theory. For details, read Nicholson Baker’s understated yet devastating article “The Lab Leak Hypothesis.”

After insulting his readers by assuming their carelessness and ignorance, Hitzik goes on to argue that since there is no convincing evidence of any specific accidental lab leak (true) while an early cluster of cases involved people who had passed through the Huanan seafood market (true), obviously COVID came from bat-soup-slurpers and pangolin-steak-eaters, not biowar scientists (absurdly false). That argument ignores the overwhelming evidence that COVID emerged from a botched US biological warfare attack on China and Iran, and that the American operatives who presumably spread the disease in Wuhan under cover of the October 2019 Military Games would have targeted the Huanan seafood market, 20 kilometers from the Wuhan Institute of Virology, as a way to (a) spread the virus in a very crowded place, and (b) create plausible deniability via two “blame China” cover stories.

Hitzik’s propaganda piece is so transparently disingenuous, and was so obviously written in bad faith, that the author ought to be investigated as a possible accessory to the coverup of the COVID bio-attack alongside the five suspects I name in my new American Free Press Article:

COVID-19 Biowar Investigation: Persons of Interest

As I point out in the above-linked article, the key people pushing the COVID natural origin theory are in fact suspects in the botched bio-attack. Charles Calisher, the lead author of the most influential pro-natural-origin article, “has been accused by the Cuban government of participating in a CIA biological attack on Cuba that sickened hundreds of thousands of people and killed around 150, most of them children. According to Cuban authorities, Calisher is a CIA spook who went undercover with the CDC and WHO to visit Cuba in 1975 and lay the groundwork for the subsequent US introduction of mosquito-borne dengue fever to the island.”

The second most important pro-natural-origin author, Peter Daszak, is another biowar “spook with a Ph.D.” who has recently become notorious:

A smoking-gun document has surfaced in which Daszak asks the Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) for fourteen million dollars to play with bat-based “high spillover risk SARSr-COVs. We will sequence their spike proteins, reverse engineer them to conduct binding assays, and insert them into bat SARSr-COV (WIV1, SHC014) backbones…to infect humanized mice and and assess capacity to cause SARS-like disease…by the end of Y1, we will create a prototype app for the warfighter that identifies the likelihood of bats harboring dangerous viral pathogens at any site across Asia.”

Why would “the warfighter” want an app identifying and locating Asian bats carrying dangerous pathogens? Obviously the warfighters Daszek is talking about are not US soldiers invading China who might be forced to suddenly seek refuge in bat-infested caves! Daszek is creating an app for biological warfighters. He is trying to sell DARPA on the idea of building a bat-coronavirus-based bioweapon, unleashing it on China, and blaming the Chinese by pointing to the virus’s supposed origin in Chinese (not American) bats.

And this, of course, is precisely what happened in October, 2019.

As my AFP article concludes:

If anyone with jurisdiction, such as the International Criminal Court, ever decides to launch a real investigation, they should begin by detaining and questioning the real suspects: people like Robert Kadlec, John Bolton, Mike Pompeo, Peter Daszak, and Charles Calisher.

この議論は、COVIDが米国による中国とイランへの生物兵器攻撃の失敗から生まれたという圧倒的な証拠を無視しており、2019年10月の軍事ゲームを隠れ蓑にして武漢で病気を広めたと推定される米国の工作員は、(a)非常に混雑した場所でウイルスを拡散し、(b)2つの「中国を非難する」カバーストーリーによってもっともらしい否認をする方法として、武漢ウイルス学研究所から20キロ離れた華南海鮮市場を標的にしただろう。

ヒッツィックのプロパガンダ記事は、あまりにも明らかに不誠実であり、明らかに悪意を持って書かれているので、この著者は、私がアメリカン・フリー・プレスの新しい記事で挙げた5人の容疑者と並んで、COVIDバイオ攻撃の隠蔽の共犯者の可能性があるとして調査されるべきである。

・・・・

米英豪の元情報機関の職員らで構成する調査チームがデータを収集・・・そんなの信憑性なしと即断していましたが案の定

posted by ZUKUNASHI at 16:12| Comment(0) | Covid19

ジョンソン&ジョンソンで血液凝固症候群の4人目の死亡者

posted by ZUKUNASHI at 15:21| Comment(0) | Covid19

ロシアとイランはなぜワクチンがメインなのか

新コロナウィルスは生物兵器だとの所説がまた勢いを持っています。

中国とイランで早い時期に感染拡大したことが、その可能性を暗示します。ロシアは、中国での感染勃発を見てすぐに国境を閉鎖しましたが、急速な感染拡大を止めることができていません。

ロシアは自国で何種類ものワクチンを開発。イランもワクチンを国産化する努力をしていますが、現在のワクチンがいかなるものかよくわかりません。

いずれにしてもロシアとイランは、ワクチンを新コロナウィルス対策のメインに据えています。有効な抗ウィルス薬もあるのにそれらを活用しないのはなぜなのでしょう。ロシアはアビガンを量産しているとされます。でも催奇形性のあるとされる抗ウィルス薬は国民に敬遠されるかもしれませんし、初期に呑まないと効果が薄い。

このウィルスが変異しつつ長く存続するとの前提に立てば、一時的な予防効果の抗ウィルス薬よりも効果が持続するワクチンのほうが好ましい?

中国やロシアのワクチンは、確かに変異株にも一定の効果があるらしいのですが。



でも理解が難しいのは、ロシアもイランも感染者の致死率が高いです。英米仏などに比べれば感染者率が低いからまだ当局の政策は国民に受け入れられるという判断なのかもしれませんが、まだ死亡数は頭打ちになっていません。


西側の製薬会社のくびきがない分政策選択の自由度ははるかに高いはずです。

ロシアでは、プーチンの部屋に行く前に消毒液のミストシャワーを通らなければならないこともありました。あの国は斬新な発想をします。

両国ともに新コロナウィルス対策の細部がよくわかりません。ともに新コロナウィルスが生物兵器であることはありうるとの前提で臨んでいるはずです。

今もワクチン開発の手を緩めていません。新コロナ禍は長引くと見ています。

抗ウィルス薬を使って感染爆発を抑えたインドネシアがこの後どうなるか、どうするか。

抗ウィルス薬を国民に継続的に服用させ続けるのは難しいということはありましょう。ただ、ワクチンの感染防止効果が数か月で弱まってしまうことが明らかになり、これも繰り返し接種しなければならない。

インフルエンザのどれほど効果があるのか疑問もあるワクチンも毎年打っていることを考えれば、新コロナウィルスのワクチンが何年も効果を持つというのはもともと期待できないのかもしれません。

ロシアが新コロナウィルスでどんな出口を予定している?中国との対比でどうとらえるべきなのか、難しいです。

日本はワクチン効果が表れて感染者が激減しています。

イランもワクチンの効果が出てきたとみられます。グラフが似ています。

イスラエルはワクチンパスポートを導入。ブースターショットを始めています。



インドネシアは抗ウィルス薬の配布で感染者が激減。一方でワクチンの接種も拡大しています。抗ウィルス薬からワクチンの効果に乗り移れるか。

ロシアはまだ1日に900人近い死亡者を出しています。ロシア国内では国の新コロナウィルス対策についていろいろ意見も出ているはずなのに表面化しない。ミシューシチン内閣に力がないのか、イランが新コロナウィルスの抑圧に成功すればプーチンも内閣に任せきりというわけにはいかないでしょう。抗ウィルス薬をなぜ使わないのか大いに疑問があります。

マレーシアは人口のワクチン接種者割合が日本やイスラエルと並び7割を超えています。9月半ばに感染者のピークができておりそれがようやく崩れたところです。マレーシアはイスラエルと同じように感染者や死亡者に波乱が生じていると見るべきかもしれません。

米国はワクチン接種水準が高いのに死亡数の水準も高位で推移です。



中国は新コロナウィルス封じ込めに今のところ最も成功しています。生物兵器論をとればターゲットの一つが厳重な措置で被害を抑え、攻撃を仕掛けた側が大きな被害を受けていると評価することになるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 13:07| Comment(0) | Covid19

ベトナムでは路上でコロナ見舞金を交付している


・・・・・・

100万ドンは日本円で4900円ほど。ベトナムでは夏から感染者が急増しています。イベルメクチンを買うのに使ってもらえば当局は満足?

建物内でなく路上での交付事務は合理的です。見舞金配布事務で感染を引き起こしてはならない。



・・・・・・

一方、シンガポールでは感染急増


posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | Covid19

ファイザーとスプートニク(?) ワクチンで効果はどう違う

イランがワクチン接種を加速化しているのは前掲の通りですが、新大統領のライシが大号令をかけていたんですね。

FARSNEWS2021/10/5
Iranian President Seyed Ebrahim Rayeesi said in August that the country will import millions of doses of COVID-19 vaccine, stressing the necessity for providing millions more jabs to give immunity to the society.

“Experts believe that 60mln more doses of vaccine should be provided to control the improper situation of coronavirus outbreak in the country,” he added.

Rayeesi underlined for more serious measures to respect the health and hygiene protocols and control the border traffic to prevent further spread of coronavirus.

He set an ultimatum for the government to drastically change its methods of fighting the coronavirus epidemic as the country’s health system struggles under a fifth wave of infections.

Rayeesi told members of the national coronavirus campaign headquarters that Iran has to come up with an extensive plan for mobilizing volunteer forces to fight the rapid spread of the disease.

“The universal plan for overhaul in methods of fighting the coronavirus will be compiled in a special committee using the experiences of the past one and half years of the country,” said the president.

日本と同じ4月ころにワクチン接種を開始して、当初は数が伸びませんでしたが、8月、9月、10月と接種件数が加速的に伸びています。


次はイランと日本の新規感染者と死亡数の推移ですが、似た形となっており、目を引かれました。


イランの感染者のピークが日本より数日早いです。イランの死亡者は日本より一桁多いですから、振れが少ないです。


イランは、ワクチンを自国生産にする方針を示していましたが、そう簡単ではない。ワクチンのほとんどを輸入したのではないでしょうか。

であれば、ワクチンはロシアか中国から供給されているでしょう。

ファイザーのワクチンを使っているとみられるイスラエルは、接種率が上がった後に感染者や死亡者に波乱が起きています。日本ではどうなるか。そしてイランではどうなるか。ワクチンの違いによる差が大きく表れることも考えられます。注目です。

新大統領のライシ


注目していましたが、やはり仕事をしています。
posted by ZUKUNASHI at 00:08| Comment(0) | Covid19

2021年10月05日

ワクチン接種が進み5か月もすると感染間もなく亡くなる人が増えるようだ

イスラエルのワクチン接種の開始は早く、2021/3には国民100人当たり100回を超えてきています。その成果でしょう3/20から7/20までは新規感染者がほぼなくなった状態。ところがそれを過ぎると感染者が急激に増え始めました。7月半ばからワクチン接種回数を増やしていますが、まだ止まりません。
一方、死亡数も新規感染者数と同じ動きで8月からまた増加しています。

人口100万人当たり感染者累積数の推移


人口100人当たりワクチン接種回数 横軸の始まり、左端が2020/12/15になっています。


人口100万人当たりコロナ死亡者累積数の推移


イスラエルの感染者が再び増え始めた7月半ばからの新規感染者と死亡者。

ワクチン接種が進むと感染者の動きと死亡者の動きにタイムラグが少なくなってきているようです。

感染しないように全力を 感染したら後々まで注意をに掲げたグラフから

マレーシアはワクチン接種に積極的です。


イタリアもワクチン接種率は高い。


一方、ワクチン接種率の低いイランは


ワクチン接種が一定の段階に達して約5か月経過するとこのような変化がみられるように思います。ワクチンの効果がほとんど失われるのが6か月後ともいわれており、5か月はこれに見合います。

仮に2021/6に2回接種を受けた人がいたとします。2021/11末には5か月経過です。ワクチン接種の効果が人によりましょうがかなり失われます。特に感染防止面。

ワクチンを接種した人も新コロナウィルスに感染することはあり、ブレイクスルー感染と呼ばれます。無症状のこともありますが、その人が他の人に感染させないわけではありません。

ワクチン接種した人は、感染して重症化防止の面で効果があったとされており、それは事実のようです。ですが、時間の経過とともにそれも怪しくなる、そのためにタイムラグなしで亡くなる方が出てきているのではないかと思われます。




人民網日本語版 2021年10月4日(月) 18時50分
新型コロナ、中国の完全な制限解除はいつか?専門家の見解―中国メディア
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う制限の完全解除の時期について、鍾南山院士は「少なくとも80%、または85%以上と、圧倒的多数の人々がワクチンを接種してからだ」と述べた。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う制限の完全解除の時期について、中国国家呼吸医学センター、広州医科大学附属第一病院、広州呼吸健康研究院の鍾南山院士は「少なくとも80%、または85%以上と、圧倒的多数の人々がワクチンを接種してからだ。ワクチン接種後は病気に対する予防力、特に症状悪化を防ぐ力が強くなる。つまり我々の多くが無症状、または軽症に過ぎなくなる。これが一つ」と述べた。広州日報が伝えた。

鍾氏は「次に、中国はこの状態を長く続けるわけにはいかない。これは世界的な疾病であり、中国と世界が共に努力して打ち勝つ必要があるからだ。各国、特に大国では、感染状況が比較的抑えられている。ワクチン接種率が比較的高ければ、死亡率も下がっていく。こうなって初めて、完全な制限解除が可能となる」と指摘。

「中国のワクチン接種率は2021年末には80%以上になるだろうが、ワクチン接種後、一般的には、国内外を問わず、半年以降に予防効果が著しく下がる。そのため、我々はさらに多くのワクチンを開発するとともに、この問題を解決するために免疫を強化する方法を研究している」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)
posted by ZUKUNASHI at 16:48| Comment(0) | Covid19

今の新規感染者の減少はワクチン効果です

このところ急激に新規感染者数が減少していますが、これはワクチンの効果だとみられます。青が新規感染者、橙が死亡者。ともに日次。



全国的な傾向であること、人的な接触については実質的に緩和方向にあったこと、オリンピックの開始以降に新規感染者が急増する中、時期を同じくしてワクチン接種が急ピッチで進められたことからそのように判断してよいと考えます。


上のグラフを少し説明すると、日本のワクチン接種件数が8千万件に達したのが7/23、それから2週間で1億件到達、さらに17日で1億2千万件、また17日で1億4千万件、その後19日で1億6千万件と猛スピードで接種が進められました。

日本の人口を1億3千万人とすれば、2回接種した人も多くなっています。

それにこのワクチン接種の期間に新規に感染した人が多いことも忘れてはならないでしょう。オリンピック開始の7/23には累積感染者数86.2万人でしたが、9/23には169万人に達しています。自分で自然免疫を付けた人も83万人もおられるのです。

ワクチン効果は、人的接触などが急激に増加し、無警戒な人たちが増えない限り、1か月か2か月は継続するものとみられます。


これまで感染防止のため医院にかかることや他の用事を先延ばしにしていた方には、それを片付けるチャンスになります。

ただし、その場合でも距離、マスク、換気はしっかり確保する必要があります。寒くなり、換気が悪くなりがちな時期が来る前に用事は片づけたらよいです。

他の記事に書きましたが、ワクチンの感染防止効果は、2か月程度で低下し始め、5か月も経つと効果がほとんどなくなります。

慎重に行動する必要がありますが、ことを運ぶときは大胆に片づけてしまいましょう。このような好機は次にいつ来るかわかりません。

それにワクチンを接種した者同士では「相互利益」ですが、ワクチン接種をしていない人は「他力本願」なのです。身の危険を冒してワクチン接種に踏み込んだ人たちには感謝と敬意をもって接しましょう。

posted by ZUKUNASHI at 00:09| Comment(4) | Covid19

2021年10月04日

2021/8 各地で大きな超過死亡


2021/8死亡数292人、超過死亡分推定51人




こちらのほうが異常さがわかるでしょうか。8月は約100人の超過死亡です。


深刻です。88人程度の超過死亡と推定されます。2019/8と比べると、253人が351人に増えています。都市化が進んで住民が互いに疎遠になったといっても異常はある程度意識されているはずです。


次は横浜市 林横浜市長の最後の功績です。すごいです。超過死亡数推定460人。




今年に入っての推定超過死亡数8月までで2,200人です。


9月も死亡者が出続けるでしょう。




横須賀市の2021/8の推定超過死亡数50人。超過死亡が続いています。


6月にはワクチン接種が始まっていましたが、超過死亡は前年と変わりませんでした。










松戸市は、3月4月に続いて8月も推定超過死亡が約100人


川崎市 ここも8月に100人規模の超過死亡


市川市 今年最大の超過死亡数60人。






千葉市の8月超過死亡約100人、人口98万人。年間で超過死亡が1000人近くに行くでしょう。例年に比べ1000人に一人余計に亡くなっている計算です。










静岡県計の超過死亡数2021/8は推定440人で年初来最高。


茨城県牛久市 2021/8の超過死亡推定30人。人口85千人。






8月推定超過死亡19人。











埼玉県は全般的に悪いです。

2021/8の超過死亡860人程度







千葉県の2021/8の推定超過死亡数800人。




posted by ZUKUNASHI at 11:57| Comment(9) | Covid19

さて、感染者数はこれからどうなる

2021/10/3、千葉市の飲食店街を観察してきました。
1 緊急事態宣言解除で人は出ていますが、道路は混雑しているという感じではない。
2 昼過ぎの時間帯ですが、飲酒の人も多い。
3 飲食店は感染リスク低減のために外との仕切りを開放するなどの対策を講じているところもある。
4 若い男女、カップルが多い。
5 軽食のできるカフェには中年女性のグループが目につきました。
6 昼過ぎの時間帯ゆえか、中年以上の男性の姿は少ない。(最近は公園などの隅で中年以上の男性何人かのグループで飲酒するのを見かけることもあります)

朝日2021/10/4
【長野】新型コロナの緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた2、3日、県内にはたくさんの観光客が訪れ、にぎわった。感染対策に気を配りつつ、どの表情にも「ようやく」という安堵(あんど)の気持ちと先行きへの期待感がにじんでいた。

日経2021/10/4
緊急事態宣言の全面解除で週末の行楽地に人出が戻るなどリオープン(経済再開)の動きが広がっており、飛行機や鉄道、百貨店といった「お出かけ」関連銘柄に買いが集まっている。

・・・これは危険な兆候。安い飲食店に人が戻っているだけではありません。
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | Covid19

2021年10月03日

イスラエルのグリーンパス更新がシステムのダウンで延期に

Israel delays Covid Green Pass update after Health Ministry’s system crashes under massive traffic
Israel’s plan to reissue coronavirus Green Passes, making them available only to those with booster shots, has been delayed, after the ministry’s dedicated website failed to handle the traffic overload and crashed.

Under the new rules that came into force on Sunday, the Green Passes of all Israelis were to become void, with citizens being told to re-register on the system to maintain their access to public venues, including restaurants and gyms.

However, there was a catch: only those who had received their third, booster shot, or who’d had their second jab within the past six months, would have been eligible to renew, meaning between 1.5 and 1.7 million people would have lost their Green Pass privileges.
イスラエルでは、コロナウイルスのグリーン・パスを再発行し、予防接種を受けた人だけが利用できるようにする計画が、同省の専用ウェブサイトがアクセス過多に対応できずにクラッシュしたため、延期された。

日曜日に施行された新ルールでは、イスラエル国民全員のグリーンパスが無効となり、レストランやジムなどの公共施設での利用を維持するためには、システムに再登録することが求められている。

しかし、3回目の予防接種を受けた人、または過去6ヶ月以内に2回目の予防接種を受けた人だけが更新できることになっており、150万人から170万人がグリーンパスの特権を失ったことになる。

In early August, Israel became one of the first countries in the world to launch a booster campaign, and has already inoculated more than three million of its citizens with the third shot.

Many of those people rushed to the special website set up by the Health Ministry to get their new Green Passes, but they were met with a message saying the page was undergoing maintenance. The system worked for only a few hours early on Sunday morning before crashing due to the massive number of pass requests, local media reported.

After some time, the Health Ministry issued a statement saying the old Green Passes would remain valid “for the next few days.” It’s currently unclear when the system will be back online.

Even members of the Israeli government were affected, with Construction and Housing Minister Ze’ev Elkin blaming the Health Ministry for creating the “mess.”

“I didn’t download my new pass because the website doesn’t work,” Elkin complained to Israeli national public broadcaster Kan, adding that the switch should have been executed in a more “orderly manner.”
8月初旬、イスラエルは世界に先駆けてブースターキャンペーンを開始し、すでに300万人以上の国民に3回目の予防接種を行っています。

そのうちの多くの人々が、新しいグリーンパスを手に入れようと保健省が開設した特設サイトに殺到しましたが、「このページはメンテナンス中です」というメッセージが表示されました。日曜日の早朝に数時間だけシステムが作動した後、大量のパス申請があったためにクラッシュしたと地元メディアが報じた。

しばらくして厚生省は、古いグリーンパスは "今後数日間は "有効であるとの声明を発表しました。現在のところ、システムがいつ復旧するかは不明である。

イスラエル政府のメンバーも影響を受けており、Ze'ev Elkin建設・住宅大臣は、「混乱」を引き起こした保健省を非難しています。

「ウェブサイトが機能しないので、新しいパスをダウンロードできなかった」とエルキン氏はイスラエルの国営放送局Kanに訴え、切り替えはもっと "秩序立った方法 "で行われるべきだったと付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 22:42| Comment(0) | Covid19