Covid19: ずくなしの冷や水

2020年10月10日

はて 私どこで感染した? 感染経路などわからない

保健所は感染者について濃厚接触者の調査をしますが、ほとんどわからない場合が多いです。

このところ毎日数人の感染者が検出されている浦安市の場合、総感染者212人のうち、県内感染とだけ記されている者が109人。約半分。(千葉県発表の一覧リストによる)

残りの103人は、「浦安医療機関関係」が23人、個別の接触者が記されているもの73人、海外渡航者2、調査中が3、「千葉市球団関係」が2。

感染経路が判明しているケースより判明していないケースのほうが多いのです。

千葉県全体では、接触者の記載のあるもの2,336件、県内発生とのみ記載されているもの1,947件。感染経路不明が不明のものが全体の45%を占めます。

厚生労働省のクラスター調査、感染経路把握の方針はとっくに破綻しています。

次のグラフで青のラインがほぼオレンジのラインに追随して動いています。感染者数が多くなっても少なくなっても青のラインはオレンジのラインの83%ほどの水準で動いています。


感染確定者の45%は感染経路がわからない。ということはその人の感染源になった人はまだ感染者として確定されていない可能性が大きいということです。つまり、実際の感染者は、公表数値よりも5割多いはずということになります。

上に書いた接触者が把握できている者と把握できていない者の割合は千葉県についてのものですから、東京都や神奈川県、あるいは大阪府では異なる比率になっているでしょう。

仮に東京でも実際の感染者数は公表値の1.5倍だと仮定し、死者も同じ割合で増やすと次のようになります。



集団感染のあったところでは、その後も感染者が続くことがあり、超過死亡が出ている例もあることは何度も書いてきましたが、上のように考えると、当然ありうることといわなければならないでしょう。

今日本は、特に大都市部については、「どこでも感染者」の状況です。実際の感染者は公表値よりもはるかに多い。感染防御のためにはこれを念頭に置く必要があります。

2020/10下旬から日本では感染者でも入院できる人は老人などに限られることになったそうです。かかったら苦しみぬく。そして最悪の場合治療が間に合わず亡くなることになります。
posted by ZUKUNASHI at 20:19| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス感染防止は簡単

Manitoba Government@MBGov氏の2020/10/9のツイート
Myth: Wearing a non-medical mask will protect me from getting #COVID19.
Fact: Wearing a non-medical mask does not protect the person wearing the mask, but may help protect the people around them.
Learn more at https://bit.ly/3ls5ulq. #Covid19MB
流布された誤解:非医療用マスクでも着用すると、#COVID19に感染するのを防ぐことができます。
事実:非医療用マスクを着用しても、マスクを着用している人を保護することはできませんが、周囲の人を保護するのに役立つ場合があります。
詳細については、https://bit.ly/3ls5ulqをご覧ください。 #Covid19MB

※ Marina Eller Vance@marinavance氏の2020/10/9のツイート
返信先: @MBGovさん
Hi! Aerosol scientist here!
Cloth masks have low efficiency, but they do reduce exposure to some extent. I agree with your take-home message, though! Don't wear a mask and believe you are 100% protected. Keep distance, avoid crowded unventilated spaces, AND wear a mask.
こんにちは! エアロゾル科学者はこちら!
布製マスクは効率が低いですが、ある程度露出を減らします。 しかし、私はあなたの重要なメッセージに同意します! マスクを着用せずに100%保護されていると信じないでください。 距離を保ち、混雑した換気のない場所を避け、マスクを着用してください。

・・・引用終わり・・・

訳は少し管理人の主観が入っているかもしれませんが、防御策の基本はこれです。簡単でしょう。

他者との社会的距離を取る。
混雑した換気のない場所を避ける。

これが重要なのは、新コロナウィルスが空気感染するからです。新コロナウィルスがない場所、薄い場所にいれば感染しません。

日本でもどこにもコロナ感染者という状況になっています。都市的環境は人的密度が高く効率的な反面、「他者との社会的距離を取る」、「混雑した換気の悪い場所」を避けることが難しいのです。

ですから人込みが好きな人、都市的施設を使うのが好きな人から感染していきます。

長野県のサイトには注意事項として次のように書かれています。
・外出に際しては、「人との接触機会の低減」、「人と人との距離の確保」、「会話時のマスク着用」、「訪問先での換気の徹底」などを行い、「三つの密」を避けてください。
・感染者の多い地域と往来する場合は、人ごみ、クラスターの発生するリスクのある場所を避け、基本的な感染防止策を徹底して行ってください。

管理人が観察したところでは、マスクをして例えば物品販売などの業務に従事しても、それによって感染するケースは少ないようです。それ以外のプライベートな生活活動の中で感染しています。

例えば、コンビニ店員が次々に感染するという状況にはなっていません。

感染は、飲み会への参加、カラオケルームで歌った、コーヒーショップでマスクなしでスマホの通話を続ける人のそばにいた、ホームパーティで羽目を外した、マスクなしでの友人との会話などで感染しています。

特に感染者の唾液は怖いです。千葉県では歯科衛生士が二人も感染しています。業務中に感染した可能性もありましょう。ついでに言うと、密室での性行為など、相手が感染していれば確実に感染します。接触が濃密すぎるのです。

換気の悪いところの例では、航空機内や長距離バス、混雑した電車などもあります。

とにかく人の息が滞留するような場所はリスクが高い。

人と接しなければならない場合も、とにかく少しでも距離を保ち、時間もできるだけ短くします。

上のような感染防止の基本を理解していない人とは、付き合わないほうがよいです。

社会環境は様変わりしたのです。これはこの先ずっと続きます。
posted by ZUKUNASHI at 16:31| Comment(0) | Covid19

トランプが投与されたリジェネロン社の抗体カクテル1億5千万円超

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/8のツイート
"As far as we know, the President is the only person in the world to have received this combination of treatments."

NYT also estimates it costs ~ $1.5 million for the Regeneron antibody cocktail.

・・・・・

リジェネロン社の抗体カクテル
150万ドル=1億5千万円超

npr October 6, 20208:38 PM ET
Cutting-Edge COVID-19 Care For Trump, Not Available For Regular Folks
Like hundreds of thousands of Americans who have been hospitalized with the coronavirus, President Trump is recovering at home after being discharged. Unlike most Americans, his home is equipped with a medical unit, where he will receive around-the-clock medical care from a team of physicians and nurses.

And the differences between his treatment and many people's don't stop there. The President has received cutting-edge care and VIP treatment since his diagnosis with COVID-19 last week, including a combination of treatments that would not have been available to most Americans early in the progression of the illness.

"The President received experimental therapies that no one has access to," says Leana Wen, an emergency physician and public health professor at George Washington University. "As far as we know, the President is the only person in the world to have received this combination of treatments," she says.

Since his diagnosis, Trump has received these key interventions: supplemental oxygen, steroids, an experimental antibody cocktail, and the antiviral medication remdesivir.

Part of the treatment was standard, says Dr. William Schaffner, a professor of infectious diseases at the Vanderbilt University Medical Center in Nashville, Tennessee. "I think most good hospitals would provide the basic structure of that sort of treatment to their patients across the country."

But, he adds, treatment with the antibody cocktail made by Regeneron is the one exception − that's still in clinical trials and has not been granted emergency use authorization by the federal government.

"Those monoclonal antibodies... would not have been available to others," Schaffner says.

ワールド
2020年10月9日3:55 午前8時間前更新
米リジェネロンの抗体療法、トランプ氏に効果か=ファウチ氏
[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は8日、新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の経過について、米リジェネロン・ファーマシューティカルズREGN.Oが開発中の「抗体カクテル」に効果があった可能性があるとの見解を示した。
ファウチ所長はMSNBCのインタビューに対し、「(リジェネロンの抗体カクテルで)トランプ氏の容体が改善した可能性は十分にある」と述べた。
その上で、抗体療法の緊急使用許可承認について米食品医薬品局(FDA)が検証すると述べた。
ファウチ氏はこのほか、新型ウイルス感染症は季節性インフルエンザよりもはるかに危険と警告した。

Maggie Haberman@maggieNYT氏の2020/10/10のツイート
The president said the dex he was taking was to keep the "swelling" of the lungs down. He said he doesn't take it anymore. Asked if he's still taking medicine, he says "pretty much nothing." Unclear when this was taped.

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/10のツイート
New−Trump now confirms he has swelling in his lungs, and hence the dexamethasone. This has never been confirmed before, not even by Dr Conley. Trump had a pretty serious #COVID19, no doubt about it now. But is VERY unusual to go from initial symptoms to hospitalization in 1 day.

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/10のツイート
2) it is unusual because the time course from symptoms to shortness of breath/ hospitalization is usually 6-7 days after first fever/cough symptom onset. Thus, Thursday first reported illness to Friday night hospitalization is INSANELY fast.

クリックで拡大画像
dyspnoea:呼吸困難、sepsis:敗血症、ARDS:急性呼吸不全、systemic corticosteroids:全身性コルチコステロイド、costeroids:副腎皮質ステロイド薬、invasive ventilation:侵襲的換気(ECMOの使用だと思います)
posted by ZUKUNASHI at 10:32| Comment(0) | Covid19

これは絶対に罹患しない方が良いウイルス

くぅ@wishforpeace22氏の午後10:37 ・ 2020年10月9日のツイート
2週間以上微熱のみの症状になり、倦怠感も抜け、ほぼ1日中起きていられて、所用を済ませることも可能な日々を過ごしていました。やっと良くなったかなと、良くなっていくに違いないと思っていました。が、甘かった。今週に入り、37.5度前後の熱が全く下がらない。頭が痛い。だるくて寝てばかり。続↓

くぅ@wishforpeace22氏の2020/10/9のツイート
世の中がまるでコロナなどなかったかのようになり、かかっても仕方ないような流れになっていることが恐ろしい。これは絶対に罹患しない方が良いウイルスです。心身共にしんどい。みんな思い通りに検査や治療が受けられない。みんなスッキリ治るとは限らない。何で分かってもらえないんだろう
泣き顔
posted by ZUKUNASHI at 10:02| Comment(0) | Covid19

2020年10月09日

これは虐殺だ トランプに対する非難が公然化

axion2020/10/7
トランプ氏は科学に大損害を与え回復に数十年かかる、英科学誌ネイチャーが非難
トランプ氏が大統領就任後に行った様々な政策が科学に甚大な損害を与え、その回復には数十年を要する、と英科学誌ネイチャー記者のジェフ・トレフソン(Jeff Tollefson)が主張している。

「トランプ氏は、マスクや社会的距離を置くことの必要性を軽視し、一方で、病気の感染を止めることを目的としたロックダウンのルールに抗議するよう人々に奨励してきた。彼の政権は、ウイルスを研究し、その害を減らすために働いている政府の科学者たちを弱体化させ、弾圧し、検閲してきた」とトレフソンは記事のなかで書いている。「そして、彼の任命者は、米国疾病管理予防センター(CDC)と食品医薬品局(FDA)を政治的な道具にして、不正確な情報を発表し、誤った保健指導を行い、COVID-19のための実証されていない、有害な可能性のある治療法を宣伝するように、機関に命令した」。

11月3日に再選を目指すトランプ氏のCOVID-19に対する行動は、過去4年間に科学とその機関に与えたダメージの一例に過ぎず、人命と生活に影響を与えている。大統領とその任命者たちはまた、温室効果ガスの排出を抑制するための努力を後退させ、汚染を制限する規則を弱め、米国環境保護庁(EPA)における科学の役割を低下させてきた。政策の専門家によれば、多くの機関において、政策決定を裏付けるために証拠を抑圧したり歪曲したりすることで科学的な整合性を損なっているという。

「トランプ氏はまた、孤立主義的な政策とレトリックによって、グローバルな舞台でのアメリカの地位を蝕んできた。多くの訪問者やヨーロッパ以外の移民に対して国の門戸を閉ざすことで、トランプ氏は外国人留学生や研究者に対して米国をより魅力的ではない国にしている。そして、世界保健機関(WHO)のような国際機関を悪者にすることで、トランプ氏は世界的な危機に対応するアメリカの能力を弱め、国の科学を孤立させてしまった」。

トランプ氏は国際的な気候変動対策に対しても打撃を加えてきた、とトレフソンは主張している。


USA TODAY
'It is a slaughter': Public health champion asks CDC director to expose White House, orchestrate his own firing
Brett Murphy Letitia Stein

A former director of the Centers for Disease Control and Prevention and public health titan who led the eradication of smallpox asked the embattled, current CDC leader to expose the failed U.S. response to the coronavirus, calling on him to orchestrate his own firing to protest White House interference.

William Foege, a renowned epidemiologist who served under Democratic and Republican presidents, detailed in a private letter he sent last month to CDC Director Robert Redfield his alarm over how the agency has fallen in stature while the pandemic raged across America.

Foege, who has not been a vocal critic of the agency's handling of the novel coronavirus, called on Redfield to openly address the White House’s meddling in the agency’s efforts to manage the COVID-19 crisis, then accept the political sacrifice that would follow. He recommended that Redfield commit to writing the administration's failures – and his own – so there would be a record that could not be dismissed.

“You could upfront, acknowledge the tragedy of responding poorly, apologize for what has happened and your role in acquiescing,” Foege wrote to Redfield. He said simply resigning without coming clean would be insufficient. “Don’t shy away from the fact this has been an unacceptable toll on our country. It is a slaughter and not just a political dispute.”

The CDC did not immediately respond to a request for comment. Redfield, an HIV/AIDS expert and former military physician, lacked experience running a public health agency when Trump selected him to head the CDC in 2018.

White House spokesman Judd Deere did not respond to the contents of the letter but said in a statement that the CDC has not been compromised. "This dishonest narrative that the media and Democrats have created that politics is influencing decisions is not only false but is a danger to the American public," Deere said.

Foege's letter Sept. 23, which was obtained by USA TODAY and has not been previously reported, is a striking condemnation from a public health figure who spent decades helping prevent the spread of diseases while earning the respect of peers.

In an interview, Foege said he felt compelled to write to Redfield after the White House appointed Dr. Scott Atlas to the Coronavirus Task Force, even though he is not an infectious disease expert.

The Washington Post and other outlets reported that Atlas endorsed the controversial strategy of herd immunity, although Atlas denied doing so. The reports prompted Foege, who helped steer India away from such a strategy during the smallpox epidemic, to reach out to Redfield.

Foege said he sees an opportunity for Redfield to help the United States turn around its response to COVID-19 if he helps implement the lessons learned from decades of fighting pandemics.

“So much of this is the deaths. It's the deaths,” Foege told USA TODAY, noting that he did not want the letter to become public for fear that it might create a political sideshow and add to Redfield’s burden.



“This will go down as a colossal failure of the public health system of this country,” Foege wrote. “The biggest challenge in a century and we let the country down. The public health texts of the future will use this as a lesson on how not to handle an infectious disease pandemic.”


Foege described how morale among the agency’s staff broke down. “At the moment, they feel you accepted the White House orders without sufficient resistance,” he wrote. “You have a short window to change things.”

Foege called on Redfield to take a strong, public stance against the White House and accept that he would lose his job as a result.

“When they fire you, this will be a multi-week story and you can hold your head high. That will take exceptional courage on your part,” Foege wrote in closing. “I can't tell you what to do except to revisit your religious beliefs and ask yourself what is right.”

Foege, in his interview with USA TODAY, said he’d like to see the CDC reclaim its leadership role from the White House.

“Dr. Redfield could still be a savior in all of this,” he said.













posted by ZUKUNASHI at 14:46| Comment(0) | Covid19

感染者が出現すると短期間にその地域で死亡者が出る

※ Angama@Angama_Market氏の2020/10/8のツイート
データがとれるヨーロッパ37カ国のうち22カ国で、住宅街の人の出と平均9日後の死亡数に有意な相関があることを書きました。
Mobility engineering

Angama氏はGOOGLEのデータを使っているようです。

私は、感染者が出るとその地域で死亡者が増えることを確認していますが、このタイムラグは9日間程度とみることもできようかと思います。

例えば糸魚川市。これまで感染者は一人だけですが、糸魚川市に現場を持つ上越市の建設会社の感染者と接点があります。

新潟日報2020/07/15 20:19
糸魚川の男性と同じ現場で働く新型ウイルス感染、上越の会社員男性2人
 新潟県は15日、ともに上越市在住の10代会社員男性と20代会社員男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は同じ会社に勤務しており、11日に陽性が判明した糸魚川市在住の20代会社員男性と、7月上旬に同じ現場で働いていた。県内の感染者は計88人となった。
 上越市の10代男性は9日に37・6度の発熱とのどの痛みがあり、10日と13日に医療機関を受診。14日に帰国者・接触者外来で検体を採取し、PCR検査の結果、15日に陽性が判明した。上越市の20代男性は11日に38・5度の発熱があり、14日に同外来で検体を採取し、PCR検査の結果、15日に陽性が判明した。
 県によると、上越市在住の10代男性と20代男性の勤務先は、糸魚川市在住の20代男性の関連会社。上越市在住の2人は糸魚川市在住の男性と7月上旬に同じ現場で働いたが、長時間の会話や食事はなく、濃厚接触者に含まれていなかった。

そしてこうなりました。


糸魚川市の人口は、41,496人。前年との比較で10万人当り死亡率50人の増加ですから4万人なら20人になります。例年なら死亡者50人程度のところですからこれが85人になったわけでかなりの異常事態が見られたはずです。

感染者が生じて抵抗力のある二次感染者が発症するかどうかという時点で亡くなる人が出ているわけです。

もう一つ、神奈川県三浦市の例。感染者の検出状況。


8月に入って感染者が急増しました。その結果死亡数72人となっています。


2020/8に一族の集団感染があった匝瑳市も同じような現象が起きています。匝瑳市の累計感染者数16人のうち12人が8月に陽性が確認されています。この集団感染ではそんなに亡くなってはおられないはずなのに、死亡数は53人となり超過死亡が出ています。匝瑳市の人口35000人。


匝瑳市の事例では月末にかけて感染者が出ていますので感染から死亡者発生までのタイムラグが9日間程度なら9月にも死亡数の増加が見られるはずです。

神奈川県南足柄市も超過死亡が出ています。


陽性者の出現履歴は次のとおりで8月に入って急に増えています。4月中旬以前の市町村別の出現件数はわかりません。


このような事例を見れば、イタリア北部のナーシングホームで入居者がバタバタと死んで埋葬が間に合わず、軍隊が棺を運んだという事例が決して特別なことではないことがわかります。

上にあげた例は、それまで感染者がごく少なかったところで感染者発生と同時に死亡者が増えたために新コロナウィルスによる死亡とされない死亡事例が発生していることが明らかになっています。

感染者が自分は短期間で回復したと喜んでいてもその陰には亡くなっている人がいるかもしれないのです。地方で不祝儀があっても都会からの参列を断るのは合理的なことです。葬儀が葬儀を呼ぶことになりかねません。
posted by ZUKUNASHI at 13:34| Comment(0) | Covid19

ホワイトハウスで感染した大学総長に学内から辞任要求

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/9のツイート
Trump WH rose garden attendee is demanded to resign−Student and faculty outraged at Notre Dame president John Jenkins for not masking and social distancing at the #SCOTUSNomination event. #COVID19

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/9のツイート
2) “>200 students have signed a petition calling for Jenkins to resign, "Fr. Jenkins' public displays of disregard for public health directly contradict his commitment to the Notre Dame community, directly endanger the safety of students, faculty and staff"

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/9のツイート
3) “Two days before Jenkins' diagnosis, an editorial titled "Frankly, this is embarrassing" was published in Notre Dame's student-run newspaper lashing out at Jenkins for breaking the rules he expects Notre Dame students to uphold.”

・・・ノートルダム大学は、アメリカ合衆国、インディアナ州サウスベンド近郊にあるカトリック教会創設の名門私立大学。

次は結婚式での感染事例

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/9のツイート
Wedding party endangerment: WH chief of staff Mark Meadows hosted a lavish no-mask wedding for his daughter in Atlanta this May, despite a statewide order and city of Atlanta guidelines that banned gatherings of more than 10 people to prevent #COVID19.

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/9のツイート
2) “The wedding took place May 31 at the Biltmore Ballrooms in Midtown Atlanta. The 70 or so guests, including U.S. Rep. Jim Jordan of Ohio, donned tuxedos and ball gowns for the indoor affair, but no masks”

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/9のツイート
3) We know weddings are risky. Think Maine in which dozens were infected and secondary cases even died.

※ Student Nurse@StudentRN4Biden氏の2020/10/9のツイート
返信先: @DrEricDingさん
I had to cancel my wedding this year and it was devastating but I DID IT because I care and love my friends and relatives and knew it was the right (and legal!) decision.

・・・日本の結婚式場はどうなっているんでしょう。

※ 女性の人魚Siren Sucker of the Blue Wave波@bluewaveredhead氏の2020/10/9のツイート
返信先: @DrEricDingさん
One part of privilege is believing that rules and laws do not apply to them.

米国の支配階層は、やはり新コロナウィルスの危険を甘く見ていたのですね。
posted by ZUKUNASHI at 08:52| Comment(0) | Covid19

2020年10月08日

誰が感染源かは推定がつく 家庭内感染は家庭の危機を招く 

匝瑳市では2020/8に一族の集団感染がありました。保健所の濃厚接触者の調査結果によると、このうちのお一人が他の感染者の全員と接触しています。発症時期からしても、この方がスーパースプレッダーになっている可能性が強い。

でも幸いに、その後この一族が感染源となって移った人は出ていないようなのは幸いです。


自分が感染源となって他人に感染させてもわからないだろうというのは甘いです。

次はタムス浦安病院の集団感染。ここでは「2020/7/10に20代看護師1人の感染が分かったことから、院内で接触のあった患者と同僚計17人を検査した結果、12日に9人(入院患者6人、看護師3人)の感染が判明」したと伝えられています。看護師が発症する前に入院患者の一人が6/25に、もう一人が7/2に発症しており、転院転入してきた患者の感染を早期に検出できなかったことが、40人にも上る集団感染になりました。



千葉県では引き続き20代男性の感染者が最も多くて、次いで20代女性。さらに30代、40代、50代男性。これらの男性は家庭にウィルスを持ち込んでいます。家庭内感染を生じさせている方も少なくないはず。

家庭が危機に瀕します。自宅療養では家庭内感染を防ぐのは至難の業。家族に感染者が出れば子供が登校停止になるところもあります。



韓国では新コロナウィルス感染追跡の職員に嘘をついた20代の学校教員が刑務所に入れられました。

aljazeera 8 Oct 2020
S Korean accused of lying to COVID-19 investigators sent to jail

Prosecutors say infections in at least 80 other people were traced to the 24-year-old man, who taught at a school in Incheon.

A South Korean man accused of lying to authorities about his job and whereabouts during a coronavirus-tracing investigation has been jailed for six months, Yonhap news agency reported on Thursday.

The case is the most high profile yet in the South Korean government’s aggressive efforts to track, trace, and quarantine suspected coronavirus cases.

The court in Incheon, just to the west of Seoul, said the 24-year-old man impeded contact tracing by lying in at least 20 instances and “inflicted huge economic and social damage and caused fear among community members,” Yonhap reported.

The man was accused of not disclosing that he taught at a school in Incheon after he tested positive for the coronavirus in May, during a significant outbreak which involved several nightclubs and bars in Seoul.

Prosecutors, who had asked for a two-year sentence, said infections in at least 80 other people were traced to the man.


posted by ZUKUNASHI at 19:50| Comment(0) | Covid19

集団感染のあったところ 感染者発生密度が濃い地域は要警戒

新コロナウィルスの集団感染が発生して単位人口当たりの感染者数、感染者密度が高くなった都市は、その後も感染者が出続ける傾向が見られます。

以下のグラフで東庄町は除外。




今は、感染経路不明な事例が多くなっています。感染者の増加が顕著な地域は、判明していない感染者が相応に多いということです。それが感染者を増やしています。

感染者密度の高い地域には立ち入らない。そういうところで買い物などの用を足したりしないようにする。これが一つの感染防止策になります。

感染拡大は、弱まるどころか拡大しています。もう手の打ちようがないほどに。

この勢いが続けば、10万人当たりの感染者数(累積)はどんどん増えていきます。あちこちで集団感染の発覚が続くでしょう。

浦安市では、いずれ10万人当たり100人になるでしょう。1000人に一人です。

千葉県では再陽性となった者が9名います。

感染者1人の陰には感染源となった者が少なくとも一人います。その人がすでに感染者とカウントされている場合もありますが、感染経路不明の場合は、おそらくカウントされていないでしょう。そのように考えれば実際の感染者数は判明している人の少なくとも倍はいるはずです。

浦安市を例にとれば、10万人に付き200人程度。500人に一人の感染者がいると見られます。

この先、新コロナウィルス感染拡大継続の見通しが続くと、これはとても辛い。

佐倉はここまで感染者が増えています。

NHK2020年08月23日 19時18分
佐倉警察署の留置場でコロナ感染
千葉県警察本部は、23日、佐倉警察署の留置場で、勾留されている30代の男性容疑者が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
警察によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、佐倉警察署の留置場で勾留されている佐倉市に住む30代の男性容疑者です。
この男性容疑者は、今月20日に、逮捕されて留置場に入りましたがこの日の夜にせきをしていたことから警察が保健所に連絡し、22日、PCR検査を受けて感染が確認されました。
警察によりますと逮捕後、1人部屋で勾留されていて、今も佐倉警察署の留置場で勾留されているということです。
これまでのところ、警察官や留置場で勾留されているほかの容疑者のなかで体調不良を訴えている人はいないということですが、千葉県警は、取り調べや逮捕の際に接触した可能性がある警察官17人を自宅待機にして、濃厚接触者の確認を進めていきたいとしています。

ここまで初出 2020-08-23 22:43:56

次は2020/10/06までの感染者。警戒を緩めた千葉市が躍進。なお急伸中です。柏市は集団感染、浦安市は早くに集団感染、佐倉市、八千代市はカラオケ集団感染など。市原市はフィリピンパブ、工事現場の集団感染。鎌ヶ谷市は介護施設さつまの里、野球球団集団感染の影響も。


次は野田市の感染者累計の推移。パブ、スナックでの集団感染がありました。


黄色のハッチの部分が飲食店集団感染関係。集団感染発生前に感染者の広がりが見られますし、発生後も感染者が止まりません。
posted by ZUKUNASHI at 15:07| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス受容が医師から始まる

※ COVID収集用(Corona info)@corona8128氏の2020/10/7のツイート
多くの医者の考えは「もう感染は止められない。自分たちのような比較的若くて基礎疾患のない人はほとんど死なない。もう諦めて受容すべきである」というところです。
私自身は医療者として全くそう考えてはいないので、話が合いません。

・・・引用終わり・・・

こうなってくるんでしょうね。でもこのように考える医師はやはり愚かです。再感染すると格段に重い症状が出る例もあり、その辺はまだわかっていない。後遺症があることも認識していないようです。

福島第一原発事故後の被ばく問題でも感じましたが、ほとんどの医師は学校で覚えたこと以外の新しい問題には対応能力がない。
posted by ZUKUNASHI at 12:52| Comment(0) | Covid19

日本の軍は世界の常識から外れている 自軍内でウィルス拡散

ABEMA TIMES701 10/4(日) 11:50配信
女性自衛官22人がコロナ感染 朝霞駐屯地での訓練に参加後に感染が判明
 陸上自衛隊は、東京の朝霞駐屯地での訓練に参加した20代の女性自衛官22人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。
朝霞駐屯地では7月ごろから各地の部隊から参加する訓練が行われていた。先月末に訓練を終え、所属部隊に戻ってから感染が判明した。所属は北海道、岩手県、東京都、静岡県、佐賀県、熊本県、沖縄県など各地に及んでいる。


ANNnewsCH
新型コロナウイルスに集団感染した女性自衛官がバスを貸し切ったバーベキューツアーに出ていたことを明らかにし、感染が拡大した原因とみて調査を進めています。
 陸上自衛隊によりますと、女性自衛官44人が先月26日に民間バスを貸し切り、朝霞駐屯地から埼玉県内まで移動して日帰りのバーベキューツアーに出ていたということです。このツアーについて、参加者は「親睦を深めるためだった」と説明しています。今月5日の検査の結果、これまでに感染が判明した27人に加え、新たに1人の陽性が確認されました。陸上自衛隊は女性自衛官がバスの中でソーシャルディスタンスを取っていなかったことやバーベキュー中にマスクをしなかったことなどで感染が拡大したとみて、今後、対策を徹底して再発防止に努める方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

・・・引用終わり・・・

20代の男女に感染者が多い。業務上の接触によるものももちろんありましょうが、こういう風に業務外の活動で感染している例が多いのではないかと思えます。医療関係者、保育士、学校の教員などもそうなのだと思います。
posted by ZUKUNASHI at 01:37| Comment(0) | Covid19

人の出と死亡数増に9日間のタイムラグ

※ Angama@Angama_Market氏の2020/10/8のツイート
データがとれるヨーロッパ37カ国のうち22カ国で、住宅街の人の出と平均9日後の死亡数に有意な相関があることを書きました。
Mobility engineering

・・・引用終わり・・・

9日後ですと発症から間もない時期です。それにもかかわらず、人の出と死亡数との相関があるとのことですから、間を置かずに亡くなる方が少なくないということです。超過死亡が発生するのも当然ということになります。

MediumのAngama氏の記事をどう探せばいいのかちょっとわかりませんので、原文が見られたら追記します。
posted by ZUKUNASHI at 00:38| Comment(0) | Covid19

2020年10月07日

60代後半以降は人工心肺を付けないらしい

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/8/13のツイート
そうなのですね。疑問に思っていたことがあるのですが。このサイト(https://crisis.ecmonet.jp)では、今までにICUでECMO及び人工呼吸器装着(即ち重症化)後に亡くなった方は194人。ところが日本の総死亡数は1000人以上。ICU外で人工呼吸器装着して何人?人工呼吸器装着せずに何人?亡くなったのでしょう?

※ mm@tyonarock氏の2020/8/13のツイート
返信先: @koichi_kawakamiさん
注目してもらいたいのは、80才以上も人工呼吸器をつけて治療する余裕があるってことです。インフルエンザは。
COVIDの場合80歳以上の多くは呼吸器を付けません。そして亡くなる方はそのまま亡くなります。そのような患者は重症者にカウントされません。

※ mm@tyonarock氏の2020/8/13のツイート
ECMOnetで約8割人工呼吸器装着患者を把握できています。把握できてない人工呼吸器装着患者も同割合で亡くなるとしたら、それを計算して、残りが装着せずに亡くなった患者さんです。

※ 白雲@f_ojr76氏の2020/8/14のツイート
人工呼吸器は延命治療になります
入院時には本人又は家族に延命治療の希望を聞かれます
施設の入居時にも
高齢者になると希望されない方が増えますので、その辺りも関係していると思います

※ Hiroshi Makita Ph.D.@BB45_Colorado氏の2020/8/14のツイート
返信先: @m7m5eaさん, @koichi_kawakamiさん 他2人
高齢者は、人工心肺を付けてもその間は生きられるのですが、離脱が難しく、外すと死んでしまうので私の知る限り、心臓手術などの必須例を除けば60代後半以降は人工心肺を付けないはずです。敷居年齢は、医療機関によって異なるようです。
人工心肺は、外すのが凄く難しいそうです。若くても失敗する。

NHK2020年8月16日 17時52分
新型コロナ 人材確保へ 人工心肺装置ECMO講習会
ECMO治療 年代上がるほど多く
新型コロナウイルスに感染して人工呼吸器を使った治療を受けた患者は、「ECMOnet」のまとめではことし2月以降、今月13日までに775人いて、年代別では、▽10代以下が5人、▽20代が8人、▽30代が19人でしたが、▽40代は67人で全体の8.6%と、▽50代が136人で17.5%と年代が上がるにつれて増え、▽60代が211人で27.2%、▽70代が225人で29.0%、▽80代以上が104人で13.4%となっています。

また、ECMOの治療が必要になった患者は、合わせて199人いて、▽10代以下はおらず、▽20代が2人、▽30代が9人と少なかったものの、▽40代は25人で全体の12.6%、▽50代が60人で30.2%、▽60代が66人で33.2%、▽70代が33人で16.6%、▽80代以上が4人で2.0%でした。

中高年以上の患者が重症化して、人工呼吸器やECMOを使った治療を受けるに至ることが多い傾向は、患者が多かった4月から5月の時期も、現在も変わっていないということです。
posted by ZUKUNASHI at 19:39| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス感染で容態が急に悪化する

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/7のツイート
Folks- let’s honor the memory of Herman Cain by learning from his illness.

6/24: Attends Trump rally, maskless
7/2: Tests positive for #COVID19
7/10: Says he’s improving
7/15: Says his doctors seem happy
7/27: Says he’s getting better
7/30: Passes away

COVID is unpredictable.

このように回復に向かっていたはずの人の容態が急に悪化することは、日本人のツイートでも伝えられています。
posted by ZUKUNASHI at 14:48| Comment(0) | Covid19

米国の新コロナウィルス感染者は青天井に

RT@RT_comの2020/10/7のツイート
Russia state-affiliated media
The US remains the ‘world’s top hot spot’ for the pandemic. Donald Trump is discharged from hospital and returns to the White House. Meanwhile, New York is already set to ‘close schools’ in several neighborhoods that are hit hard by the virus.

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/6のツイート
Worse than headline−Senator @RogerWicker
not only didn’t wear a mask, reminded 2x by @Delta
, but he’s also chair of Senate committee that oversees airlines. Next day, Trump WH rejects union petition of mandate for masks be worn on planes, trains. #COVID19

トランプが退院して選挙活動を再開する構えですが、スーパースプレッターになる恐れが強いです。米国国内の様子が少しわかってきましたが、CDCは今頃空気感染に関する警告を公式に行っています。

ですが、おそらく米国民の行動は変わらない。死者30万人では止まらなくなりそうです。

[ワシントン 6日 ロイター]
トランプ大統領は「大統領選が終わるまでコロナ対策を巡る協議を停止するよう指示した」とし、「私は大統領選での勝利後すぐに、勤勉な米労働者と中小企業に焦点を当てた大型の刺激策法案を通過させる」とツイッターに投稿した。

トランプ大統領の発言を受け、米株価は一時2%超下落した。

トランプ大統領はまた、民主党のペロシ下院議長が真摯に協議に臨んでいないと批判したほか、マコネル上院院内総務に対し、バレット最高裁判事候補の承認に注力するよう要請したと明らかにした。

大規模な追加対策に冷ややかな態度を示してきたマコネル氏は記者団に対し、トランプ氏の協議停止決定を支持すると表明。大統領は民主党との合意が成立しそうにないと考えているのだろうとし、「われわれは達成可能なことに注力する必要がある」と述べた。

トランプ氏は数日前には追加のコロナ対策を巡り迅速な行動を促していた。

一方、共和党のジョン・カトコ下院議員は、トランプ氏に決定を撤回するよう求め、「人々の命がかかっている。支援策の協議を停止している場合ではない」と述べた。

共和党のスーザン・コリンズ上院議員も、トランプ氏の決定は「大きな間違いだ」と指摘した。

ペロシ下院議長は、ホワイトハウスは「完全に混乱」しているとし、下院民主党議員らと電話協議を行い、トランプ氏が新型コロナの治療として投与を受けたステロイド薬が同氏の判断力を鈍らせた可能性に言及した。

電話協議の関係者によると、ペロシ氏は「ステロイドが思考に影響を与えるとの見解がある」と語った。

ペロシ下院議長とムニューシン財務長官はここ1週間ほどコロナ経済対策を巡る協議を続けており、ペロシ氏は4日、協議が「進展していると」述べていただけに、トランプ大統領の動きは驚きと受け取られた。

トランプ氏はまた、ソーシャルメディアへの投稿で、新型コロナの脅威を過小評価する主張を展開。国民の職場復帰を促し、大統領選を前に楽観ムードを演出しようとした。

「ワクチンがあっても、時に10万人を超える多くの人が毎年、インフルエンザで亡くなっている。しかし、われわれはインフルエンザと共に生きることを学んだため、米国を閉鎖することはない。同様に、コロナと共に生きることを学んでいる。コロナは大半の人にとってそれほど致死的ではない!!!」と、ツイッターとフェイスブックに投稿した。

ツイッターTWTR.Nはトランプ氏の投稿に誤解を招く情報が含まれている恐れがあるとし、警告ラベルを表示。CNNによると、フェイスブックFB.Oも、新型コロナの誤った情報に関する自社のポリシーに反するとしてトランプ氏の投稿を削除した。

民主党のクリス・マーフィー上院議員は「これはうそだ。インフルエンザの年間死者数は10万人ではない」とツイートした。米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長も、新型コロナの脅威はインフルエンザとは「非常に異なる」と指摘した。

米国の新型コロナ感染による死者数は20万9000人超で、世界最多となっている。米政府の統計によると、米国のインフルエンザ死者数は年間2万2000─6万4000人。

新型コロナの脅威を重視しない姿勢を示してきたトランプ氏は先週、検査で陽性となり、5日まで入院していた。

トランプ氏の主治医は6日、同氏について、症状はなく「極めて良好な状態」にあるとの見解を示した。

トランプ氏はこの日、ツイッターへの投稿で、来週15日に予定されている民主党大統領候補のジョー・バイデン前副大統領との第2回テレビ討論会を楽しみにしていると述べ、「気分は良い」と明らかにした。

ただ、6日にトランプ氏の公務は予定されておらず、職務や選挙運動を全面再開する時期も明らかになっていない。公の場には姿を現しておらず、5日夜以降、新たなビデオも公開していない。

posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(0) | Covid19

トランプはマスクをしなかったからコロナにかかった

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/2のツイート
My son just heard the news and said aloud (unprompted):
“Donald Trump got COVID because he was a naughty man for not wearing a mask”
Oh boy. #COVID19
私の息子はちょうどそのニュースを聞いて思わず声に出して言った:
「ドナルド・トランプは、マスクをつけない行儀の悪い男だったので、COVIDになったんだ」

米国の感染拡大状況は、数値指標で追ってきましたが、なぜ止められないのかとずっと疑問に。

米国の一部では、マスクなどの顔の覆いを着けることを法律で禁じているところもあるんですね。

共和党は、特に顔のカバーに否定的だと言います。

顔のカバーといえば、米国ではマスクでなく覆面になるのでしょう。銃が市販されている社会ですから覆面は犯罪に結びつきます。

※ 青藍(猫岳)@Seiranmakoto氏の2020/10/2のツイート
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する誤情報の拡散を世界で最も牽引したのはドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領だとする論文が1日、米コーネル大学(Cornell University)の研究チームによって発表された。
https://afpbb.com/articles/-/330

米国での新コロナウィルスの蔓延は、米国社会の病と通じるところがあります。支配階層は、これまで蔓延を免れてきた面があってもいつまでもそれが続けられることはない。

トランプの発症は、まさに米国社会が新コロナウィルスとの戦いに敗北しつつあることの現れと見ています。感染者、死亡者はさらに増えると考えざるを得ません。

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/7のツイート
Breaking−new military aides to Trump have now tested #COVID19 positive. That makes 33 in first degree direct orbit within past week.


CDCがガイダンスを変更しています。



posted by ZUKUNASHI at 01:00| Comment(4) | Covid19

2020年10月06日

トランプが新コロナ感染で入院 感染は早かったらしい

※ K. Thor Jensen@kthorjensen氏の2020/10/3のツイート
WH sources indicate the President has diarrhea in the helicopter
ホワイトハウスの情報筋は、大統領がヘリコプターで下痢を起こしていることを示しています

※ Hiroshi Makita Ph.D.@BB45_Colorado氏の2020/10/3のツイート
マリン1が大統領をウォリターリード病院(軍の病院)へ搬送する模様。
入院の可能性。
CNN

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/3のツイート
画鋲 So, Trump knew of Hope Hicks was positive Thursday (Oc 1st) morning−but he didn’t quarantine but went to NJ instead. He had 2 meetings−one “roundtable” and a reception (see calendar). He was already feeling sick in NJ says reports. So he KNOWINGLY endangered people. #COVID19
そのため、トランプは、ホープヒックスが木曜日(10月1日)の朝にポジティブであることを知っていましたが、検疫はせず、代わりにニュージャージーに行きました。 彼は2つの会議を行いました。1つは「円卓会議」で、もう1つはレセプションです(カレンダーを参照)。 彼はすでにニュージャージーで気分が悪くなっていたと報告されています。 それで彼は知っていながら人々を危険にさらしました。

※ Ryan Grim@ryangrim氏の2020/10/3のツイート
Do you have any idea how bad Trump had to be feeling to agree to go to Walter Reed?
トランプがウォルターリードに行くことに同意するのにどれほどひどい気分だったのか、あなたは何か考えることがありますか?

※ Dr. Safa Mote@SafaMote氏の2020/10/3のツイート
Many experts discuss Mr. Trump's risk factors such as his age and obesity in regards to his survival odds.
But the most important determinant of the severity of his COVID is the VIRAL DOSE that infected him.
And without a MASK, he is likely to have been infected by a high dose.

※ Koichi Kawakami, 川上浩一@koichi_kawakami氏の2020/10/2のツイート
日米で「コロナは大したことない」「コロナはただの風邪」「コロナはデマ」「コロナは陰謀」「PCRは別のものを検出している」等々、とんでもない言説が跋扈する中、自らの罹患によって「国民よ、コロナを甘く見るな」と警鐘を鳴らした第45代アメリカ大統領。早期回復を祈ります。

青藍(猫岳)@Seiranmakoto氏の2020/10/2のツイート
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する誤情報の拡散を世界で最も牽引したのはドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領だとする論文が1日、米コーネル大学(Cornell University)の研究チームによって発表された。
https://afpbb.com/articles/-/330

・・・引用終わり・・・

トランプの体調はかなり悪いようです。トランプの感染が日本人の新コロナウィルスへの警戒感をどこまで高めるかは疑問だと思います。

米国の医療技術でどこまで回復させることができるのか注目しています。


BREAKING−President Trump's Friday fever was "Quite High" (CNN).

Jim Acosta@Acosta氏の2020/10/4のツイート
Source close to the WH confirmed Trump has received supplemental oxygen Friday. Trump “definitely has had oxygen,” the source said. Last night CNN reported Trump had been having trouble breathing.

今2020/10/4午前7時半ですが、米国時間夕刻の6時半。米国人のツイートが洪水のように流れています。要人に次々と陽性判明。



トランプは、高熱で酸素吸入。この48時間が大事だと。新コロナウィルスの病状に詳しい人たちがトランプの症状を追っています。米国でも学者のツイートでないと参考にならない。大統領選挙は2020年11月3日火曜日。あと1か月。

BREAKING−Former NJ governor Chris Christie is going to the hospital after earlier #COVID19 test. Chris Christie has a well know serious risk factor.
Chris ChristieはABCニュースの討論番組の参加者

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/4のツイート
Breaking−a number of @ABC
News staff w/ direct contact with Chris Christie, who was an ABC News debate pundit, must now go into quarantine. ABC executives are absolutely fuming that Christie’s “reckless behavior is risking the lives of ABC News employees."

Who believes it's "precautionary"? 予防的措置だと誰が信ずるか?

I'm starting to feel good. You don't know, over the next period of a few days, I guess that's the real test. So we'll be seeing what happens over those next couple of days.

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/4のツイート
Update−25 positive #COVID19 tests in 2 days
Donald Trump
Melania Trump
Bill Stepien, Trump CM
Hope Hicks
Kellyanne Conway
Chris Christie
Sen Mike Lee
Sen Thom Tillis
Sen Ron Johnson
Ronna McDaniel
John Jenkins, Notre Dame president
3x WH reporters
11x Cleveland debate staff twitter.com/drericding/sta…

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/4のツイート
Breaking−First ever report that Trump suffered *HEART PALPITATIONS* possibly due to @Regeneron
monoclonal antibody drug. Also 103 fever. And he asked if he will succumb like his friend who died in April from #COVID19. https://vanityfair.com/news/2020/10/t

※ Carl Zha@CarlZha氏の2020/10/4のツイート
Chinese Weibo joke:
“When u r sick, ur boyfriend says drink more hot water, then goes to play video games.
When Trump sick, ur boyfriend glue 2 mobile screen to frequently check on how he is feeling”

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/10/5のツイート
7) Another finding is that dexamethasone, when used too soon has no effect on mortality usually if patient is <7 days *since symptom onset*. Means either 2 things:
画鋲
A. Trump either got sick really REALLY damn fast (faster than typical 7 days)
画鋲
B. Trump diagnosed much earlier

共同2020/10/5 13:13 (JST)10/5 13:21 (JST)updated
トランプ氏、最初の陽性公表せず
米紙報道、「誰にも言うな」
 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは4日、トランプ大統領が1日夜に新型コロナウイルスの簡易検査で陽性反応が出た後も、2回目の詳細な検査での陽性判明後の2日未明まで公表しなかったと報じた。
 関係者によると、トランプ氏は陽性反応について、側近に「誰にも言うな」と口止めしたという。トランプ氏はFOXニュースの1日夜の電話インタビューでは「今夜か明日朝には結果が戻ってくる」と説明していた。
 トランプ氏は結局2日未明、ツイッターでメラニア夫人と共に陽性結果が出たと発表した。

※ Ali Velshi@AliVelshi氏の2020/10/5のツイート
It’s now confirmed that when Trump went on Hannity on Thursday night and said “I just went for a test, and we’ll see what happens, I mean, who knows,” he already has the positive result and knew he had coronavirus.
・・・木曜日ですから2020/10/1です。専属の医師は陽性を知っていてこの時点で治療を開始していた? 自らの感染を知りながらマスクもせずに集会に出ていたことになります。


posted by ZUKUNASHI at 10:53| Comment(0) | Covid19

2020年10月04日

私の周りでも感染回避が最優先

都内でサラリーマンをしている子供に別件で連絡を取ったら、「コロナの陽性になった人は自分の周りでもちょこちょこ出てきてます」と知らせてきました。

今東京都では10万人当り陽性者累積数190人ほどですから千人に二人。社会的な交流範囲の広い現役の人ですと「ぽつぽつ」を過ぎて「ちょこちょこ」の感じのようです。

田舎の親戚に不幸がありましたが、東京に出ている子供は呼び戻さずに地元の関係者だけで内輪に葬儀をするとのこと。私は新幹線の旅行をせずに済みます。葬儀参列が感染機会になって葬儀が続くようなことは避けたほうが良い。助かりました。
posted by ZUKUNASHI at 22:13| Comment(0) | Covid19

米国はすべてが陰謀を疑うことから始まる国

ホワイトハウスが発表したトランプが仕事をしている場面だとする画像について、疑問を指摘する声、それに応える声が噴出しています。
国民がすべてのホワイトハウス発表について、ウソではないかと疑ってかかっている。米国の政権自体、自分たちがやっていることを他国も同じようにやっていると疑っている。

次のツイートにつながる返信を見てください。ただ、残念なことに米国人の書くツイートは言葉が難しく、理解できないものもあります。その点、RTやFARSNEWSの英語ニュース、母国語が英語でない人の英語でのツイートはなんとわかりやすいことか。

posted by ZUKUNASHI at 16:18| Comment(0) | Covid19

2020年10月03日

新コロナウィルスは日本ではほとんどエンドレスに

米国はこんな会合をやって政府や議会の要人に感染者が多発しています。

つまり、支配階層に属する者は一般人の感染者と接する機会を避けてきたということです。支配階層の会合に感染者が紛れ込んでいた。それが何ということかトランプ夫妻をはじめとするホワイトハウス関係者だったのです。

まあ、彼らは手厚い治療を受けられますので、命を落とすことはないのかもしれません。それはトランプの経過を見ればわかるでしょう。

一方、日本では、まだ人口当たりの感染者数は米国に比してけた違いに少ないですが、この数字は日を追って上がってきていますし、これからも上がるでしょう。

ただ、欧米との社会慣習の違いが蔓延を抑制する方向に働いていると見られるのは幸いなことです。お辞儀の文化、マスク着用への慣れです。

政府は、ワクチンに期待をかけていますが、これが本当に感染防止に役に立つかは疑問も残ります。ロシアの開発したワクチンは、ベネズエラにも送られていますが、ワクチンが効果を持つのはインフルエンザワクチンと同じようにワンシーズン程度なのではないでしょうか。

詳しくはわかりませんが、安全確保のための試験を短期間で終えているところなどを見ると、既存のインフルエンザワクチンと同様な仕組みのワクチンではないかと見られます。

欧米の製薬会社の開発しているワクチンは、特に長期の効果を持つということでもなさそうです。ですからどちらを導入しても、ワクチンの効果は限定的。ワクチンですべてが解決して以前の社会が戻るということにはならないでしょう。

CDCのトップがワクチンよりもマスクが感染防止に効果的と述べています。全員がワクチンを打つわけではないからだと解説されていますが、新コロナウィルスはそう簡単には根絶できない。

やはり感染防止の基本はリスクのある人と接触しないということに尽きるでしょう。プーチンは人と会う前にその人の2週間の行動履歴を確認するそうです。行動履歴のわからない、怪しい人とは接しないことが一番の防止策です。

そして、マスクを欠かさない。トランプは、濃厚感染したようです。感染はある程度のウィルス量を体内に入れないと生じないはずです。ごく少量なら身体の防御反応でウィルスの増殖を抑えることができるはずです。

ですから、買い物に行く際は、人の少ない時間帯を見計らって、マスクをつけ、できるだけ短時間で買い物を済ませる。できれば無人レジを使うのがベターということになります。

コンビニで支払いや買い物をする際は、行列ができている時は避ける。空いたときに手早く物を取り、レジでも垂れ幕から離れて立つのが良いことになります。

もし、ワクチンに効果が期待できるとすれば、それまではそんな風に自己努力で感染回避を図るしかありません。

私自身こう書きながら、こういう生活習慣は、精神的にはストレスが大きいと認めざるを得ません。

自家用車をお持ちの方は、遠くに出かけることもできますが、車のない私の場合は電車利用ですのでこれもリスク回避に気を使います。

※ ぽよよょょょ@keicielayame051氏の2020/10/3のツイート
自粛してるけどそのうち自分も感染してるんじゃないかと不安だわ……どうやって子守るのよ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

どなたも感染回避は大変に気を遣うところでしょう。愚痴を聞いてくれる人もいなくて鬱になるという例はありうるだろうと思います。

でも、愚痴や雑談がしたければ、オンラインでいくらでもできますよね。

私は雑談のためのチャットをやろうかと考えています。ただ、チャツトは司会役がいないと円滑に進みません。司会役に年配夫人がよいかなとも思っていて、そういう方をリクルートしないといけないと考えているところです。
posted by ZUKUNASHI at 23:48| Comment(0) | Covid19