Covid19: ずくなしの冷や水

2022年08月03日

イスラエル生物学研究所所長がコロナ対策を批判

posted by ZUKUNASHI at 13:59| Comment(0) | Covid19

WHOが入院患者へのレムデシベル使用に消極

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/21のツイート
BREAKING−wow−WHO just recommended **against** the use of @GileadSciences’s drug remdesivir in hospitalized #COVID19 patients, citing “there is currently no evidence that remdesivir improves survival or reduces need for ventilation in these patients”.
右指差し
https://who.int/news-room/feature-stories/detail/who-recommends-against-the-use-of-remdesivir-in-covid-19-patients

WHO has issued a conditional recommendation against the use of remdesivir in hospitalized patients, regardless of disease severity, as there is currently no evidence that remdesivir improves survival and other outcomes in these patients.
WHOは、レムデシビルが入院患者の生存率やその他の転帰を改善するという証拠が現在ないため、疾患の重症度に関係なく、入院患者へのレムデシビルの使用に対して消極的な条件付きの勧告を出しました。

(新型コロナウイルス感染症COVID-19 診療の手引き 第3版)9月4日掲載
 (令和2年9月4日厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 事務連絡)から
1 日本国内で承認されている医薬品
【レムデシビル】(RNA 合成酵素阻害薬):2020 年 5 月 7 日に特例承認
【デキサメタゾン】(ステロイド薬)

2 日本国内で入手できる薬剤の適応外使用
【トシリズマブ】(ヒト化抗 IL-6 受容体モノクロナール抗体,効能・効果:関節リウマチ)
【ファビピラビル】 (RNA 合成酵素阻害薬 , 効能・効果 : 新型・再興型インフルエンザ)

【その他の薬剤】・シクレソニド(吸入ステロイド薬 , 効能・効果:気管支喘息):現在,国内において特定臨床研究が実施されているほか,観察研究に関しても実施中 . (jRCTs031190269)・ナファモスタット(蛋白質分解酵素阻害剤 , 効能・効果 : 急性膵炎):現在,国内において特定臨床研究が実施されているほか,観察研究に関しても実施中 .(jRCTs031200026) ・サリルマブ (遺伝子組換えヒト化抗 IL-6 受容体モノクローナル抗体 , 効能・効果 : 関節 リウマチ):現在,国内において企業治験が実施されている .(JapicCTI-No:205253)・ネルフィナビル(プロテアーゼ阻害薬,効能・効果:HIV 感染症):現在,国内において医師主導治験が実施されている.(jRCT2071200023)

日本では、レムデシビルとデキサメタゾンが標準治療になっています。レムデシビルが効果なしとされて日本の厚生労働省はどうする?

東京新聞2020年6月30日 14時00分
新型コロナ治療薬1人分25万円 日本では負担なし
【ワシントン=白石亘】米医薬品企業ギリアド・サイエンシズは29日、日本政府も承認した新型コロナウイルスの治療薬「レムデシビル」の価格を発表した。患者1人当たりの価格は、先進国の政府向けで2340ドル(約25万円)。レムデシビルは新型コロナへの効果が最初に確認された治療薬で、今後開発される薬の価格設定の目安になりそうだ。
◆入院日数短縮の効果、死亡率低下は確認されず
 大半の患者は5日間で薬を6回投与されるため、1回当たりの価格は390ドル。途上国向けには後発薬メーカーに生産を委託し、価格を抑える。ギリアドは商業生産の体制が整う6月末までは、日本など各国に無償で薬を提供している。7〜9月は生産量のほとんどが米国政府への供給となる見込み。

里見宏@satomihiroshi氏の2020/11/20のツイート
WHO(世界保健機関)はレムデシビルがコロナ患者に効果がないばかりでなく、害作用がある危険を指摘した。あわてて認可した厚労省は抵抗しているが、いずれ止めることになるだろう。
コロナワクチンも二の舞になる危険がある。ワクチンに飛びつかないことだ。

日経 2020/11/20 19:05
官房長官、レムデシビル「承認見直さず」
加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、新型コロナウイルス治療薬「レムデシビル」に関し「厚生労働省で承認を見直す必要はないというのが現時点での認識だ」と説明した。世界保健機関(WHO)が使用を推奨しない指針を示していた。
レムデシビルは米製薬大手が手がける抗ウイルス薬で、世界各国で新型コロナの治療薬として使われている。日本では5月に特例承認された。

posted by ZUKUNASHI at 10:07| Comment(0) | Covid19

「37.5度4日間ルール」が復活




posted by ZUKUNASHI at 08:05| Comment(0) | Covid19

2022年08月02日

新型コロナ 大阪では死亡の9割が重症を通ってない

posted by ZUKUNASHI at 12:13| Comment(0) | Covid19

医療崩壊 自分で用心するしかない



熱中症予防のためエアコンを使い始めました。自転車は低速走行。この夏は、グリーンサウナもやっていません。

新コロナウィルスは、外出抑制と早期服薬戦略を徹底。僻地の無医村に住んでいるつもりに切り替えです。

毎日朝から救急車の音が聞こえます。救急車がコロナ感染者搬送中との旗をつけていると聞きました。

さて、今日は所用で外出しなければならないが、バスにするか自転車にするか。

自転車でソロソロと行きました。用務先の都合で1時間待たされ、公園でアイスを食べ水を飲んでいたら幼児が話しかけてきます。友達を待っているが来ないと。私に遊んでほしそうでしたが、この暑さの中では無理。

幼児が感染源になることが多いことを思い出し、マスクをしました。

風もありましたので走っている間はそれほどでもないのですが、自転車を降りたとたんにどっと汗が吹き出します。暑さは半端でない。

熊本県は県民34人に一人感染者(患者)がいます。東京は50人に一人。


昨日の幼児との接近局面は、彼が感染していれば確実に移る距離だった。うっかりした。IVM服用。

近所のコンビニが店員のコロナ感染疑いで閉店中。
posted by ZUKUNASHI at 08:09| Comment(0) | Covid19

2022年08月01日

妊娠中の接種で胎児が脳卒中を起こしていた

posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | Covid19

免疫抑制の闇

posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | Covid19

2022年07月31日

3日連続新規感染者20万人超え



posted by ZUKUNASHI at 20:02| Comment(0) | Covid19

オンライン受診



・・・・

オンライン受診で検査はどうするんでしょう。
別途検査を受けて→オンライン受診→薬処方

どんな薬を処方してくれるんでしょう。解熱剤に咳止め? 抗ウィルス薬は処方されないんですよね。

私なら 症状発現の疑い→抗ウィルス薬→解熱剤・咳止め と一刻を争って薬を呑みます。検査結果や医院受診まで待っていられない。
posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | Covid19

2022年07月30日

死亡率の差はそれぞれに理由がある

人口動態は、厚生労働省全国人口動態統計速報 2022/5までを使用

当初北海道が人口当たりの死亡数で突出していましたが、その後次第に低下し、大阪の急伸で全国ワーストワンの地位を譲りました。大阪は、とにかく異常な事態が起きています。これからも続くのではないかと懸念されます。

1位大阪、2位北海道、3位沖縄、4位東京。次いで奈良、千葉と来ています。これらの都県の首長の会見を見ていると、まるで人ごとのようであったり、対処方針が不備、不適切な印象があります。大阪は言うまでもなく、東京、沖縄、奈良、千葉に当てはまります。

こういう非常時には、首長の見識、指導力の差がはっきり出ます。これらの都府県は、自治体のリーダーの選出を間違えたのです。そこは、まさに住民の自己責任になります。

次は札幌市です。2020年12月、2021年1月(1月は例年多い)、2021年5月に死亡数が大きく増え、2022年の冬にも2月、3月と多くなっています。これは新コロナウィルスの防護に失敗したことを示します。北海道は新コロナウィルスが最初に入った場所の一つですが、初動の失敗よりもその後の対応に不備があったことを示しています。それが人口当たりの死亡数の大きさにつながりました。
posted by ZUKUNASHI at 19:43| Comment(0) | Covid19

コロナてんでんこ ワクチン親知らず子知らず

厚生労働省全国人口動態統計速報から
2014/1から2022/5まで

まず、うすらばかが行政担当の千葉県 
出生死亡比率=月別の出生数÷死亡数 死亡数が出生数の倍あれば0.5です。
2021年と2022年の年初には0.5を割り込んでいます。

2016年ころから出生数の減少が大きくなっています。福島第一原発事故の影響もあります。

ここ1年程毎月の死亡数がトレンド直線の底に沿っています。


次に狂人集団としか思えない維新支配下の大阪府 ここ1、2年出生死亡比率の低下が加速しています。

ここ2年、出生数がトレンドラインの下に来ることが多くなっています。

2022年になって死亡数が突出しています。コロナによる死亡数激増です。

東京都も出生死亡比率の低下が加速

東京都の2022年に入ってからの死亡数の増加も大きいです。

12か月移動平均でみると、2020年に新コロナウィルスが蔓延し始めたころは警戒する人が多かったが、その後警戒が緩み死亡者が急増したことがわかります。

福島第一原発事故の影響が強く残る福島県。2022/5でも出生死亡比率は0.43。急速な人口減が続いています。

死亡数は、冬季はほぼ頭打ち状態ですが、夏季の死亡数が上がっています。

出生数はこの8年間で7割に減っています。千葉、大阪は8割程度ですからやはり減り方が大きい。


この先、2022/6以降の動向は、いくつかの要因が予測できます。
@ 目下の感染拡大がどこまで死亡者数の増加を生むか。BA.5は年代を問わず重症化する人も多いようですから、死亡数が増えることは避けがたいとみられます。

A ワクチン接種の障害でかなりの数の死亡者が出ると予測されています。これまでの死亡者の発生状況からみてどうも確実なのではないかと危惧されます。

B 福島第一原発事故の影響による晩発性の障害が出てきます。がんです。ワクチン接種による影響と相乗的に現れる恐れがあります。

C 出生数については、コロナ罹患、ワクチン接種ともに不妊になる障害発生が懸念されています。経済的な面でも先行きは改善が見込めず、これも出生数低迷の要因になります。

この先の人口動態は、恐るべきものになると予想しています。

人口動態の分析は、福島第一原発事故の影響が傾向としてはほぼ明らかになってきたこと、新コロナウィルスの流行による影響が波状的に発生していることから市町村別のデータ分析は停止していましたが、コロナ罹患、ワクチン接種の影響が顕著になってきたため都道府県、主要都市別の分析を再開します。
posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(0) | Covid19

2022年07月29日

新規感染者数 管理人の当面のメドは30万人です


東京都の2022/7/28の新規感染者が4万人。全国では23万3千人。



社会の各種サービスに支障が出てきます。

市販薬に品不足が出ています。救急車は来てくれない。病院には入れない状況です。

韓国の一日当たり新規感染者のピークは40万人でした。

posted by ZUKUNASHI at 12:12| Comment(3) | Covid19

Fauci says Covid mandates should have been tougher

Fauci says Covid mandates should have been tougher
The White House Covid chief said he should have urged harsher restrictions much earlier in the pandemic

Senior US coronavirus adviser Anthony Fauci has said that if he had another chance to tackle the Covid-19 pandemic, he would have pressed for stricter containment policies in the initial phase of the outbreak and acted with more urgency.
米国のコロナウイルス上級顧問アンソニー・ファウチ氏は、もしコビッド19のパンデミックに取り組むチャンスがもう一度あれば、発生の初期段階でより厳しい封じ込め政策を求め、より緊急に行動していただろうと述べた。
During an interview with The Hill on Monday, Fauci was asked what he and other health officials might have done differently with the benefit of hindsight, to which he answered: “a lot of things.”

“If I knew in 2020 what I know now, we would do a lot differently, because back then we were not sure of a number of things,” he said, adding that “there would have been much, much more stringent restrictions in the sense of very, very heavy encouragement of people to wear masks, physical distancing, what have you.”
"もし私が2020年に今知っていることを知っていたら、我々はもっと違うことをしていたでしょう。当時は多くのことが分からなかったのですから。"と彼は言い、"マスクの着用や物理的距離を置くことなど、とてもとても厳しく制限していたはずです。"と付け加えました。
Fauci went on to explain that the “insidious nature of spread in the community” should have stoked “much more of an alarm,” noting experts at the time “did not fully appreciate” that individuals without symptoms could still pass the virus to others.
ファウチ氏はさらに、「地域社会での広がりの陰湿な性質」が「もっと警鐘を鳴らすべきだった」と説明し、症状のない個人がまだ他の人にウイルスを渡す可能性があることを当時の専門家が「十分に理解していなかった」と指摘した。
“We know now, two and a half years later, that anywhere from 50 to 60% of the transmission occurs from someone without symptoms,” he continued.
「2年半後の今、感染の50〜60%は症状のない人から起こることが分かっています」と彼は続けた。
While the White House health adviser has since endorsed a variety of containment measures, such as lockdowns and masking mandates, his initial response to the pandemic was more subdued, urging Americans not to panic and even discouraging the use of face coverings early on. Fauci is now a vocal advocate of masking up, in line with more recent federal guidelines, though he told the Hill that only “high quality” and “well-fitted” masks can stem the spread of the virus.

“Right now, we are very, very clear that masks do work in prevention of acquisition and transmission. But you've got to get a well-fitted mask that is of a high quality. And the two we know are high quality are N95 and KN95,” he said.




posted by ZUKUNASHI at 09:38| Comment(0) | Covid19

BA.5は重症化する



























posted by ZUKUNASHI at 09:22| Comment(0) | Covid19

コロナワクチンの影響


コロナワクチンを接種した人に進行したがんが見つかる例が出ています。福島第一原発事故から11年、被ばくによるがんが出てきます。がん患者急増を危惧しています。


「コロナワクチン接種後に急激に癌が進行する」例が間違いなく存在
お子さんの免疫に半永久的なダメージを負わせてしまう可能性。更に「免疫不全(VAIDS)」「月経異常や不妊症」「無精子症」その他多くのリスクが明確に。治験の結果は【欠陥注射器(血)】。








posted by ZUKUNASHI at 07:22| Comment(0) | Covid19

2022年07月28日

コロナ感染拡大続く 家庭内感染防止に全力を

2022/7/28の全国の新規感染者が23万人を超えてきました。まだまだ増えます。登録遅れの感染者、把握できていない感染者も多いとみられ、実際には23万人を何万人も上回るでしょう。

老人介護施設、病院などの集団感染が急増しています。

これらの施設は、毎日職員のPCR検査をして感染者を入居者に接触させないようにしなければならないのですが、その体制ができていません。

今支配的な変異株BA.5は、感染力が強く、広い世代にわたって重症化する人が出ています。

甘く見ないようにしましょう。夏の暑さの盛りに近親者の野辺の送りになる恐れがあります。



posted by ZUKUNASHI at 23:52| Comment(2) | Covid19

40度超の発熱に備え水枕を発注 準備点検

BA.5では、熱発が激しく体温が40度以上に上がることがあります。こうなると、頭を冷やさないと熱による脳障害が出ます。

昔ながらのゴム製の水枕が良いと思い、発注しました。



冷水のシャワーを被った、水風呂に入ったなどの体験が伝えられています。

子供から大人まで40度を超えるような高い熱を出すという例はこれまでほとんど見たことがありません。今流行の変異株の特徴です。一方で高熱を出さない人も多く、症状の幅が広いです。

保健行政破綻、医療崩壊。社会サービスの中に停滞するものが出ています。

行政が自己責任でやれと投げ出しました。

仕方なく、準備を点検。
薬品類は、IVMを除いてほとんど使っていません。カモスタットを家族にわずかですが渡しました。

マスク KF94の在庫がまだあります。郊外ウォーキングの際には普通の不織布マスクを使っています。混んだ電車には乗らないようにしています。

パルスオキシメーター
温度計

水枕を発注しました。

非常用食品は、団地の期限切れ保存食品も含めて1週間分ほどはあるでしょう。

ケガなどをしても治療を受けられないかもしれないので、自転車は低速走行。歩行時も転倒、衝突などのないよう気を付けています。

抗原定性検査、PCR検査キットなどは用意していません。陽性と判明しても何か支援があるわけでもないでしょう。


2022年07月25日
BA.5もこんなに壮絶ですよ これでは死ぬ


posted by ZUKUNASHI at 17:07| Comment(0) | Covid19

医療従事者にワクチン関連死が増えるだろう

2022年07月28日
*ワクチン接種の後遺症対策は難しい*

を書きましたが、ワクチンによる害を事後的に解消、軽減する確実な方法は、目下のところないようです。

2022年07月28日
ワクチン接種 次は止めないと死ぬぞ

ワクチンを接種した人が、時間経過に伴ってどのような身体的な変化によって亡くなるのかはわかりませんが、現に亡くなる方が出ているようです。



ワクチン接種が多い職種は、なんといっても医療従事者でしょう。義務教育の教員も多いかもしれません。

ハイリスクの集団に属する方は、できればリスク軽減策を講じたほうが良いですし、ある意味覚悟が必要かもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 16:11| Comment(0) | Covid19

2022年07月27日

Where did the pandemic begin?



The Huanan Seafood Wholesale Market in Wuhan was the early epicenter of the COVID-19 pandemic
posted by ZUKUNASHI at 08:14| Comment(0) | Covid19

2022年07月26日

医療従事者はコロナ感染で労災認定を受けやすい

posted by ZUKUNASHI at 13:37| Comment(0) | Covid19