Covid19: ずくなしの冷や水

2023年01月31日

*ダボス2023から得た有益な情報*

Davos2023から得た有益な情報 - COVIDsafeなミーティングの運営方法。どんな組織的な集まりでも、これを欠かしてはならない。多くの人に広範な感染が存続する中で、支配者層のこの程度の保護が明らかにとても快適である皮肉。
私は、それがメディア、ひいては一般大衆から失われているのではないかと心配しています。それは一面のニュースであるべきです。 ️

・・・今、マスクを外そうなどと発信している人は、支配層を支えるために自らを、家族を含めて犠牲にして尽くそうとする人たちです。

ウィルスの拡散源でもあります。彼らに引きずられて健康を損なうほどばかげたことはない。

自宅、職場、学校でダボス会議並みの空気浄化対策がなければ、自分の吸う空気だけでも少しでも浄化しなければならない。

バカとは距離を置くしかない。

2023年01月20日
富裕層はコロナ感染防止のために空気環境を整えている

2023年01月20日
ダボス会議では換気量を増やして室内でコートを着ている
posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | Covid19

2023年01月27日

接種者との性行為

接種者との性行為
中村 篤史/ナカムラクリニック

話題が出てきました。
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(0) | Covid19

ウィルスの変異を人為的に誘導する計画


posted by ZUKUNASHI at 14:08| Comment(0) | Covid19

2023年01月26日

管理人のコロナその後

2023/1/24は、朝8時に目が覚め、その後机に向かっていましたが、10時半ころ少し眠気を感じたので1時間弱横になり眠りました。

1/24午後3時に何日ぶりかの便通。その直後の体温35.4度。熱は引きました。パルスオキシメーターは、98と73。心拍数は用を足した直後で少し高い。

外出も可能と考え、無料検査を受けてみようと調べましたが、電話が通じたところは、10/26でないと予約が取れないとのことでした。抗原検査キットを入手しようとしますが、無料配布は65歳以上は対象外。発熱外来に行けということですね。もう、発熱は終わりました。他に症状はない。何しに来た?と追い返されそうです。

市販の抗原定性キットは、ワンセット1,848円。結構な値段がします。自分と友人のふたりで2個使おうかと思いましたが、分かったからどうこうできるものでもないです。ここはコロナ感染とみなして、これからの行動に気を付けることとしました。

千葉県のサイトを見てみましたが、大変入り組んでいてわかりにくい。具合の悪い時にこんなのを丁寧に読んでいられないし、軽症の人であれば検査を受けず登録もせずに済ませる人も多いでしょう。他県のサイトと比較していませんが、千葉県の感染者数が少ないのはその辺にも原因がありそうです。

1/24、夜も深まり、食欲も回復傾向。眠気も出ませんので体調は元に戻ったとみてよいでしょうか。

私の症状の経過と次の表と照らし合わせてみます。ゼロ日目が感染日になるのでしょうが、私の場合これがまだ確定できません。強い症状が出たのが1/21ですからこの表の2日目に対応するでしょうか。3日目と4日目はほとんど寝て過ごしました。今日はこの表の5日目になりましょうから、症状はピーク時の半分程度になることが多いのでしょうが、私の実感ではほとんど症状なし。

これがイベルメクチンの服用による症状短縮効果だとすれば、効果は大きいといえます。

前から繰り返し書いていますが、イベルメクチンはとにかくウィルスが体中に回り細胞に侵入を開始すると同時に服用するのが効果があります。IVMを初期症状が出終わったころの患者に処方しても効果が薄いのです。

私の場合、使った薬はIVMだけですが、脳梗塞に注意すべきとの助言をもらいましたので、とりあえずバッファリンを1錠飲みました。

この後、体調の変化を注意して観察します。

自分自身に関しては一安心なのですが、もう一つ問題が発生。私の介護をしてくれた友人が喉が痛いと言い始めました。しばらく仕事を休まなければならないかもしれません。休業補償も考えないといけません。

今回の体調悪化の経過を考えてみると、熱は解消したのに、ときどき体の動きが鈍かったり、眠気に襲われたりします。決して本調子になっているわけではない。

私はコロナに感染したのではないのかもしれません。歩行困難や発熱は別の要因によるものなのかもしれません。高齢者の場合、基礎疾患のある人は重症化する例が多いです。

その可能性を疑い、1/25、都内の脳神経外科を受診しました。知人に付き添いを依頼をしたら幸い引き受けてくれました。不精ひげをバリカンで剃り、衣類を取り繕い、タクシーを依頼。(私本人としては、コロナの感染性は失われていると判断していますが、しっかりマスクを着用し、窓を開けて寒さに耐えて送ってもらいました。)
病院到着は、10時半。現地で付き添いと合流。診察後、MRIを撮ります。午後2時の予約枠ですので2時間ほどの待ち時間。

MRIの画像を見た医師の所見は、小さな白い点が1個あるというものでしたが、それが原因となっているかは不明とのこと。とりあえず、薬を出すので2週間飲んでみろということでした。

薬は、パーキンソン病の治療に使われるものでした。小さな錠剤を一日1錠服用します。こんなので効くの?

ドーパミンとパーキンソン病
「ドーパミンを増やすには、新しい刺激、初めての感動といったものが大変有効です。例えばいつもとは違う道を通ってみたり、新しいスポーツに挑戦したり、はじめての場所に訪ねてみたりすることでドーパミンが分泌されます。また、外に出るだけでも違いが出てくるので、自分の身体や気分に合わせて脳に刺激を与えてみてはいかがでしょうか。」

・・・私の見知らぬ土地の徘徊は、ドーパミンの分泌に効果があるんですね。今、自分の生活で楽しいこと、目新しいことがないので、わくわくすることもない。何かワクワクすることを探さなくては。やっはりあれか? 情事は安上がりで手近でわくわく感が得られますね。配偶者がボケないようにするには、浮気に少し寛容なほうが良い?

1/26、処方薬2日目服用。頻尿が改善されました。何時間もPCで作業していると、眠気が襲います。

食欲低下で体重が落ちています。80kgを切る勢い。

体温36.8度。パルスオキシメーターは、97と71。

私のかかった都内の病院は、玄関口に非接触式の体温計がありましたが、それでもれなくチェックする体制巣にはなっていませんでした。医師や看護師はもちろんマスク着用、そして待合室のガラスは数センチ開けてあり、屋内は寒かったです。1/25が特に寒かったからでもありますが。

診察を終え近くの薬局で薬をもらい、この冬一番の寒さの中、駅まで徒歩10分強、地下鉄を短区間乗車してバスに乗り換え。帰宅したら3時半頃だったでしょう。

次回は2/6午前です。それまでにせいぜい楽しいことを探さなければなりません。今の私に楽しいことって何だろう。
posted by ZUKUNASHI at 19:03| Comment(6) | Covid19

65歳以上は発熱外来受診は意味があるが

行政のサイトでは、65歳以上の人がコロナの検査を受けるには、発熱外来を受診するように規定されています。

現実問題としては、発熱外来は混み合っており、電話が通じないとよく聞きますが、最近は改善されたのでしょうか。

コロナ感染により、基礎疾患を持つ人は、それが悪化したり、そうでない人も新たな疾患が見つかる場合が多いのではないかと思います。

船橋市のコロナ死亡者の死因を見ると、「新型コロナウイルス感染症急性呼吸器疾患」と書いてある人と、「新型コロナウイルス感染症以外の疾患」と書いてある人とがいます。前者は「急性呼吸器疾患」で死んだ方ですし、後者は「急性呼吸器疾患」以外で亡くなった方です。

亡くなった方以外の障害のほどはわかりませんが、亡くなるには至らなくても、障害が出ている方は多いはずです。

年寄りは感染させない、感染したら抗ウィルス薬でできるだけ早くウィルスを追い出してしまう。そして、新たに表れた体の不調については、専門の医療機関の診察を受ける。

65歳未満の方も基本的には同じと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 16:46| Comment(0) | Covid19

2023年01月23日

管理人 コロナ発症の模様

管理人は コロナ発症のため休養に努めています。
管理人の場合、発症はまともに外を歩けないということから始まりました。平衡感覚がおかしくなりました。

2023/1/21 午後3時ころウォーキングで外出したら、体が前倒しになり、歩行を管理できない。途中喉が乾いて公園の水をがぶ飲み。一方、トイレも近くなる。
帰宅後すぐに布団に入る。

友人が介護に来てくれる。

1/21は体温の測定はしなかった。額に手の甲を当てると冷たい感じがしたので少し上がっていたと思う。

体温上昇の測定は遅れましたが、上がり方も大きくなかったです。2/22の朝37.1度、2/22の夜37.7度。
2023/1/23 12:30 36.5度 熱が下がりふらつきが減ると同時にブログに報告する元気が出ました。2023/11/23 午後36.7度、夜36.1度。2023/1/24 午前8時 36.6度

私の平熱は、35.8度です。

喉の痛みはほとんどありませんでした。友人に枇杷茶を飲ませ私も一緒に飲んていたのでその効果かもしれません。

咳やくしゃみもなし。頭痛は部分的に始まったかなと思うことがありましたが、広がりませんでした。

そのため医薬品は、イベルメクチンのみを服用しています。私の場合1回の基準量が体重80kgで16mgになりますので、足掛け3日で48mg呑みました。3回分に相当します。たぐちゃんさんからご指摘をいただきましたが、発症時は予防時の倍量ですね。24mgを呑み続けます。

イベルメクチン以外の薬品については、今のところ控えています。解熱剤、頭痛薬も使っていません。

風邪をひき、歩けなくなったことはありますが、発熱は何十年ぶりです。そして今回、壁に向かって寝ていると、目の中に英語の文章のスクリーンや日本語の文章のスクリーンが浮かびます。あれ、俺は今PCに向かっているわけじゃないはずだと目を開けて確認することが何度もありました。文章が読み取れるわけではありませんが、一応それらしい文章が出てきたのには驚きました。本当の達人は、寝ているときも文章で考えている? 私の場合、これは脳に異常が発生しているんですよね。

何年か前に脱水症状を起こし平衡感覚が失われてしまった時の医師のテストを思い出して自分の右指で医師の指と自分の鼻先を交互に触るテストをやって見ましたが、円滑に動かず狙いを外すということはありませんでした。
ただ、キーボードの入力でミスが多いですから影響ありますね。読み取りも遅いです。

そうそう、パルスオキシメーターはすっかり忘れていました。2023/1/23の時点で97の81.1。2023/1/24 午前8時98の65.心拍数が大きく下がっています。

私の感染源は特定が容易です。一つ目
1/17、新しいスマホ用のマイクロSDメモリーを買いに行きました。大型家電量販店ですので店舗の空間はたっぷりしています。それに私の行った時間帯は閑散でレジに並んでいる人はいませんでした。

私に応対してくれたレジ係りのお兄さんからもらったのでないかと思います。応対は30秒くらいのものだったでしょうけど。

もう一つの可能性は友人から。木曜日ころに喉が痛いと言っていました。

私の場合は、喉の痛みはなく、平衡感覚の障害でした。歩けないので土曜の夜から月曜の昼までずっと寝ていました。その後も気力が続かず作業ができず、寝ました。

1/23の午後9時ころに目覚めましたが体温はわずかずつながら低下、気力は大きく改善しました。これはイベルメクチンが奏功したと考えています。発症初期から呑み始めて丸2日間寝ていましたが、体調不良はほぼなくなりました。これは服薬の成果と考えられます。原因となるウィルスが何であれ、効果が上がっていますので服薬を強めにして継続します。一気にウィルスに勝負をかけます。

私は、今回の発症後2年ほど前に購入していたイベルメクチンを飲み続けており今日24日で96mgに達するでしょう。1錠200円弱で購入していましたので費用は1600円になります。

数日経ったら抗原検査を受けます。症状が始まったばかりでは反応が出ないことがあります。抗原検査キットの購入費のほうが抗ウィルス薬より高くなります。

今回、自分が発熱や喉の痛みではなく、歩行困難に見舞われて、他の一人暮らしの高齢者はどうしているんだろうと考えました。近くに頼る人がいなければ、何日も物も食べず、トイレにも行けずに糞まみれになって見つかるということですよね。

私も歩行できない状態か続けば、おむつを使わなければならなかったでしょう。具合の悪いときは尿意を感じてから尿が流れ出すまでに余裕がありません。簡易な尿瓶(飲用水の5L程度の大きなものの肩から上を切り落とす)も使ってみましたが、こぼさずに使うことが難しかったです。用便は食べる量が少なかったので排出していません。下痢になる方が多いそうですが、私はそうではありませんでした。

他の方の症例を伺うと、発熱と喉の痛みが圧倒的に多いですが、実際には様々な症状が出ているはずだと思います。特に基礎疾患のある高齢者は、そこから攻め込まれて命を失うことになっているのではないでしょうか。

弱毒化していると言われますが、コロナ患者は詳しく診察もせずに解熱剤を処方して終わりなんですよね。コロナ患者がどんな症状を示してどんな改善経過をたどるかも情報がないのに、医師が適切な判断ができるはずがない。深刻化すれば、あとは救急病院に行ってください。そこで適切な治療が受けられるかは、ベッドの空き次第、経験を積んだ有能な医師に出会えるかは運次第ということです。

このままでは、高齢者は続々と亡くなっていきます。これは間違いありません。抗ウィルス薬も飲まずに短期に克服できるとは到底思えないです。

私は、予防的にイベルメクチンを服用してきましたが、今回は集中的に服用したためイベルメクチンの在庫がかなり減ってしまいました。使い始めれば減り方は速いです。

親御さんの面倒を見ている方が、転勤で遠くに移るとき、親の面倒を見れなくなりますから、@一緒に連れていく。A介護施設に預ける。B自宅で介護サービスを受けさせる。などが思い浮かびますが、実態的にどうされているのでしょう。

今、老人を介護施設に入れるのは寿命を短くすることにつながりかねません。ですが、訪問介護では、コロナ発症が疑われる老人の介護に来てくれるものでしょうか。

いろいろ面で出口が見えなくなっています。

管理人は、1/24の朝8時自然に目が覚めましたが、まだ寝れる感じですので、眠くなれば寝ます。今日は抗原検査をしてみるつもりです。

追記予定
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(15) | Covid19

2023年01月21日

英国で心臓麻痺や卒中のリスクが50万人なら日本は100万人

注目を集める心臓発作による死亡が続いているため、次のことを覚えておいてください。

「心臓発作による死亡者数の急増は、COVID 感染の急増に追随してきました。オミクロンの期間中であっても…データは、増加が 25 〜 44 歳の個人の間で最も顕著であることを示しました…」
「パンデミックの 2 年目までに、心臓発作が劇的に増加し、これらの出来事で何人の命が失われるかを予測するために使用されたモデルが崩壊しました。」
posted by ZUKUNASHI at 17:11| Comment(0) | Covid19

後期高齢者は感染したら死ぬ! 集団感染が止まらない

ひどい感染状況です。コロナは風邪ではありません。深刻な後遺症が出ます。日本の変異株に警告が出されています。後期高齢者は、死にます。

知人や読者から感染の連絡を受けることが増えています。これまでにないことです。

知人がかかりつけ医で順番待ちをしていたら、別の患者に風邪症状の人は診ないと言って診察拒否をしたそうだ。

知人の知り合いがコロナ感染。発熱外来に行って陽性確認はできたものの、薬の処方もなく、1週間経ったら外出できますと言われただけだそうです。社会的地位の高い人の中には新しい抗ウィルス薬を処方される人もいるようですが、一般の人にはそのような話を聞きません。

経過観察中の船橋市は2023/1/15の週になって感染者が大きく減っています。市井の感染者が本当に減っているのでしようか。介護施設などによる集団感染は続いているのですが。

11/20の週から1/8の週までの週間新規感染者の前週比

70代以上の感染者はごくわずかです。70代以上からほとんどの死者が出ています。これ以下の層は時間の経過とともに障害が出ます。特に児童は比較的短い期間に他の感染症を発症して命を落とす恐れがあります。10歳未満の感染者が増えています。

海外の例によると、成人でも再感染を繰り返している人は、重篤な疾患にかかったり、日常的な行動が困難になる人が増えています。英国では連鎖球菌感染が増えています。

2022/9から感染者の全数把握が変更になっています。それ以前との感染者数(療養者数)などの比較は意味が失われました。

船橋市では、医療機関、介護施設、児童施設での集団感染が相次いでいます。施設数としては、増加傾向です。
船橋市立医療センターでは感染者145人のクラスター発生。
2023/1/18の新規集団感染と継続で感染者増の事例

2023/1/14の新規集団感染と継続で感染者増の事例

2023/1/13の新規集団感染と継続で感染者増の事例

2023/1/12の新規集団感染と継続で感染者増の事例

2023/1/8の新規集団感染と継続で感染者増の事例

2023/1/5の新規集団感染と継続で感染者増の事例

2023/1/1発表分

2022/12/30の新規集団感染と継続で感染者増の事例

老人介護施設、医療機関での集団感染発生が続いています。

12/30発表の死亡者は、市内医療機関に入院されていた船橋市居住の方2名(333例目・334例目)、市外医療機関に入院されていた船橋市居住の方1名(335例目)及び市内高齢者施設等で療養されていた船橋市居住の方2名(336例目・337例目)。病院に収容されずに高齢者介護施設からそのまま旅立つ人もいます。

介護施設がことごとく積極的終末施設になっています。何やっているんだ!

2023/1/14、全国の死者数503人 一日の発表としては最多

県別の人口当たり死亡者数の変化が大きいです。
【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス死者数の推移
2023/1/13 四国九州でまた増えています。

2022/12/30 北日本で多い。

2022/12/24


全国の感染者数は減ってきましたが、何が原因?
2023/1/23、32571人
2023/1/21、78954人
2023/1/20、82614人
2023/1/18、125108人
2023/1/17、126989人
2023/1/16、54378人
2023/1/14、13万2071人
2023/1/13、144077人
2023/1/12、185472人
2023/1/11、198873人
2023/1/10、75504人
2023/1/9、95308人
2023/1/8、190538人
2023/1/7、238654人
2023/1/6、245542人 25万人に届きました。
2023/1/5、226904人 年末年始の滞留分があるために多くなっているとみられます。
2022/12/30、148784人
2022/12/29、192063人
2022/12/28、216219人
2022/12/27、202853人
2022/12/26、77256人
2022/12/25、149665人
2022/12/24、177622人
2022/12/23、173336人
2022/12/22、184375人
2022/12/21、206943人 第7波のピークに届きました。
2022/12/20、185694人
2022/12/19、70921人
2022/12/18、136237人
2022/12/17、15万8383人
2022/12/16、15万3602人
2022/12/15、168491人
2022/12/14、19万607人
2022/12/13、175961人 (→17万9403人)
2022/12/12、6万2336人
2022/12/11、11万9174人
2022/12/10、13万5761人
2022/12/9、12万7090人
2022/12/7、149383人
2022/12/6、137193人
2022/12/3、109591人
2022/12/2、109928人
2022/12/1、182人死亡 11万8201人感染 (1日)
2022/11/30、13万8108人感染、183人死亡


全国の死者数 NHKのサイトから



年末で人の動きが活発です。数日で25万人行くでしょうか。


政府は、何事もないような動きを見せています。


医療従事者が息つく暇もなく患者への対応に追われています。私の秘密の情報源によると、かなり感染者増は深刻です。
船橋市の死亡者情報から216例目から302例目まで2022/8/7から11/27まで分を見てみました。9割以上が70歳以上です。その後も傾向は変わりません。

@ 70歳以上の方は、今コロナに感染すると亡くなる可能性が高いです。70歳代、80歳代、90歳代と年代が上がると亡くなる危険が高まります。
A これらの年代の多くの方は、介護施設を利用されているとみられ、介護施設での感染で命を落としているものとみられます。船橋市内では介護施設での集団感染が続いています。
B 60歳代で亡くなっている方もいますが、少数で死後PCR検査をしたとみられるケースがあります。
C 60代以下の壮年層での死亡者が少なくなっていますが、若い方ほど体力がありますので、コロナ感染後しばらく経過して亡くなっているものとみられます。
以下は2022/7初めからの船橋市の死亡者121人についてグラフ化しています。







posted by ZUKUNASHI at 17:06| Comment(5) | Covid19

ワクチン接種の副作用報告に関し一般市民の方々の間で重大な不信感が高まっている


posted by ZUKUNASHI at 14:39| Comment(0) | Covid19

2023年01月20日

ダボス会議では換気量を増やして室内でコートを着ている






・・・わかりましたか? お金持ちは感染防御のために施設・設備に金をかけています。暖房費もかかるでしょう。
金持ちがマスクをしていないのでそれを真似るのはバカなこと。ヘバフィルターに換気量増加、場合によて紫外線まで。誰の家にそんな設備が整っていますか?


「このパンデミックの本当の転換点は、中国でのCovidゼロの解除でも、NYCでのKrakenでもなく、2023年のダボス会議かもしれません。
世界は、富裕層や権力者が室内空気の質を改善することで#COVID19から身を守ることに気付きました." @flahault

posted by ZUKUNASHI at 11:55| Comment(0) | Covid19

軽度のCovidでも、6ヶ月以内に何らかの原因で死亡する確率が10倍

新しい研究は、Sars Cov 2/Covid が感染者の肺に残存し、死の約 1 年前から「回復」し、でたらめな PCR で陰性の結果が出ている間、重大な肺損傷を引き起こしたことを示しています。
鼻と口の PCR は、ウイルスが体内のあらゆる場所に拡散する前に実際にウイルスを検出できる数日間、非常に優れています。 '研究が示しています。

いつものことですが、この研究を公開するために、彼らは自分たちの発見を最小限に抑えています。

「COVID-19の少数の患者は、急性ウイルス感染から回復したように見えますが、それでも病気が進行し、最終的には死亡します..
SARS-CoV-2 RNAの分子検査で陰性が続いているにもかかわらず、である。
軽度のCovidでも、6ヶ月以内に何らかの原因で死亡する確率が10倍になるのだから、少数派ではないことは明らかだ。
「ここでは、明らかにCOVID-19から回復したが、鼻咽頭スワブまたは気管支肺胞でウイルス陰性が繰り返されたにもかかわらず、臨床状態が徐々に悪化した27人の連続した患者の死後分析を行った...


posted by ZUKUNASHI at 07:22| Comment(0) | Covid19

2023年01月19日

コロナ5類引き下げ、今春にも

posted by ZUKUNASHI at 22:02| Comment(0) | Covid19

米国の労働年齢層の死亡率は過小評価されている

「2021 年の第 3 四半期と第 4 四半期の労働年齢層 (18 歳から 64 歳まで) の死亡率は、パンデミック前のレベルよりも 40% 増加しています。」

「彼は、労働年齢のアメリカ人の間でCOVIDによる死亡が非常に過小評価されていることをデータが示していると述べました。」
posted by ZUKUNASHI at 00:22| Comment(0) | Covid19

2023年01月18日

とうとう来たか 友人の職場で複数の感染者発生

友人の職場の職人に発熱者と発咳者が出ているそうだ。発熱外来に行くのかどうかはわからない。一人は年配だという。

友人は、発熱者の発生で今日の仕事がキャンセルになったというから、比較的良心的な会社か。

建設現場で働く年配の職人たちは、自分たちの年を考え、コロナに感染したら死ぬと恐れを抱いているという。今は、人手不足のためか、建設現場に65歳や70歳の人もいる。

そういう人は、休憩時間でも人から離れているという。

知人の子供の家族が4人全員感染。先週半ばから症状が強まったらしい。発熱は、38度台。世帯主は、出勤再開を検討中だと。

症状がピークを越えても感染性は残ると警戒を呼び掛けた。

感染者がだいぶ増えている。夏に私の家族が一人感染。知人の家族の家で一人、知人一家、知人本人二人。そして友人の職場同僚(2人以上感染の模様)、知人の家族の家全員、知人の家族の家で一人。もともと交際範囲が狭い私でもこのところ話を聞くことが多くなっている。

昨年末から比較的身近なところで感染者の発生を聞くようになっているが、全国の公式感染者数は前回のピークに並びかけたところ。公式な感染者数は、実態を大きく下回っているはずだ。

コロナに関しては、病理学者の研究が進み、身体の内部メカニズムに異常が多発していることがわかってきた。最も顕著だとされるのは免疫異常。そして感染から半年以内に死亡率が10倍以上に上がるとの統計もある。

コロナは決して風邪ではない。日本で医療関係者から発せられる警告が少ないのはなぜだろう。
posted by ZUKUNASHI at 14:49| Comment(0) | Covid19

結局 他の人に感染させるのが最大の悪


それはどういう意味ですか?

私たちがCovidに際限なく感染し続けると、それはより短く、より病気になり、より不快で、より困難で、より苦痛で、より不便で、より予測不可能な生活を意味することになると思います.
かなりそうです。
すべての人のために。

私たちはお互いにCovidを与えるのをやめる必要があります.

・・・・

他の人に感染させないためには、何よりも自分がかからないこと。
posted by ZUKUNASHI at 11:40| Comment(0) | Covid19

2023年01月17日

抗原検査だと症状があっても反応が出るまでに時間がかかることがある

エレノアのクラスで COVID の症例があり、今では全員が病気ですが、自宅での一連の検査では 4 日以上連続して陰性でした????

#1 お元気ですか?
#2 コメントで述べたように、RAT に表示されるまでに数日かかる場合があります。頬、喉、鼻が正確で、3 日目までに(+)が表示されることがわかりました。もう一度試してください。PCR の方が優れています。RSV/インフルエンザを忘れないでください。
#3時々FAINTです。 24〜48時間でほぼ常に+に変わります
喉/頬/鼻のスワブを行う場合は、少なくとも30〜60分間食べていないことを確認してください.
はい!食べ物、飲み物、コーヒー、歯みがきに関して少なくとも30分…
待って、線が表示されたら/1時間後に陽性に変わると思ったのですが、それは有効ではありませんか?
つまり、次の 24 〜 48 時間での追加のテストです。不適切な言葉遣いをお詫びします。提案された時間枠外で RAT を読むべきではないというあなたの意見は完全に正しいです。ツイートは私に非常に多くの文字しか与えません:)
^^これ。医師は、それがCOVID、RSV、またはインフルエンザであるかどうかを示すテストを行うことができます.
posted by ZUKUNASHI at 18:13| Comment(0) | Covid19

コロナ感染防止で頼れるのは自分の体調と行動履歴の記憶

コロナ感染者の増加が止まりません。
距離、換気、マスクでウィルスに曝露しないようにし、感染の兆候があるときは、すぐに抗ウィルス役を服用し、安静にして回復を図る。

人によっては、@早い時期に検査を受ける人もいますAコロナ用に開発された抗ウィルス薬を投与される人もいます。

B病院に収容される人もいますが、すでに病院は満杯だとされています。呼吸困難になれば病院に入れなければ窒息死です。

@発熱外来に行っても解熱剤が処方される程度で一般に治療はありません。自主的な検査を行って登録しても、保健所からどんなアドバイスや便宜供与が得られるのか、メリットは失われています。

Aコロナ用に開発された抗ウィルス薬を投与されても、その服用でCt値が10程度下がる上がることはあってもそれ以上に顕著な効果があるとは限らないようです。
訂正:Ct値は、大きいほどウィルス量は少なくなります。

これから感染者がさらに増える中で、考えてみると、感染した後はほとんど打てる手はない。せいぜい自分で手当てしたイベルメクチンを一刻を争って呑む程度です。

結局、感染してしまったら、あとは自分の体力、免疫力次第となります。

コロナで死なないためには、何よりも感染しないように気を付けることにつきます。いくつかポイントをあげます。

A 感染した日に、喉の違和感などを感じる人もいるようです。感染性については、感染した日から生ずるとみられています。感染後すぐに症状が出なければ、本人が気づかないまま接触者に感染させていることになります。
・・・→注意深い人、周りに迷惑をかけないように心がけている人でも安全な人はいない。

B 検査で陽性が出た時には、症状のピークが過ぎつつある。これはPCRでも抗体検査でも似たようなものでしょう。PCR検査のほうがわずかなウィルス量でも検出できる面はありましょうが、わずかな時間早く判明しても、一般人にはほとんどメリットがありません。・・・→自力検査は、救急車を呼ぶときにオキシメーターの値とともにアピールの材料になる程度です。

誠実な人は、職場などで周りに移さないよう欠勤の判断に使うこともあるでしょうが、証明書の提出が必要な場合でなければ、あまり意味がありません。(PCR検査でCt値が表示される場合は感染性の一つの目安にはなります)

C それよりも重要なのは、症状がピークを過ぎた後の感染性の判断です。感染性、移りやすさは、症状が改善しても長く続きます。下の表で感染から20日目になってもなお感染性ありとされています。

日本の研究者が自らPCR検査を行った結果で、り患21日目でもCt値が35ありました。
2022年12月14日
COVID罹患27日目で症状は回復しているがウイルスが減りきらない

感染者は、症状がなくなり、体調万全になったと本人が言っても、3週間を経過するまでは感染性を持つ場合があります。2週間を経過するまでは特に同居の家族は注意が必要です。



友人や知人と話をして周囲の感染者との接触の有無を確認するときに3日前、4日前の行動記憶さえ定かでないことがあります。過去にさかのぼって行動を確認するために次のような行動記録、日記をつけることをお勧めします。対人接触記録です。


ちょっと書きにくいのですが、性行為によって感染しているケースは多いのではないでしょうか。感染性のある者と性行為をすればまず100%近く感染すると思います。「濃厚なキス」はウィルスが大量に含まれた唾液を交換していることになりかねません。あっさりとした性行為でも肌に触れないままに終わるとは思えませんし、そもそも閉鎖空間に入りきりになるでしょう。

これに関連して、性風俗産業に従事する人は、生計が立てられなくなっているのではないかと思います。余計なお世話でしょうか、でもこれは典型的な例であって、コロナの長期化、場合によっては風土病化によって産業分野に大きな影響を与えることがありうるはずとみています。

・・・・

この記事と関連記事は、あまりアクセスがありませんでしたが、次の記事に先行したと自己満足しています。読者は肝心の記事をお読みでないです。

AERA
なぜ「コロナ後遺症」は長引くのか 持続感染で8日目以降もウイルス排出?専門家が指摘

性行為による感染も間違いないですね。

「コンドームとバリアはあなたを守るのに役立ちます
HIV やその他の STI の予防に役立つのと同じように、COVID-19 から感染を防ぎます。
セクシュアルヘルスガイドのアドバイスによると...Covidは空気感染だけでなく、精子感染の可能性もあります。

バリアというのは何でしょう。 STIは性感染症のことです。
posted by ZUKUNASHI at 17:16| Comment(0) | Covid19

いつ、どんな連絡が入るかわからないということか

もう 1 つ: 心臓突然死: Covid はこれらを引き起こすことがよく知られており、感染後少なくとも 1 年以内: いわゆる「軽症」の Covid では、少なくとも 6 か月後までに死亡の可能性が 10 倍に増加します:
通常の場合と同様に、これはワクチンによって攻撃されており、すべての人を殺しています: この非常に説得力のある投稿からわかるように、明らかにビットコインにも熱心な「心臓専門医」から?もちろん。

アメリカン アイドルのスター、CJ ハリス (31 歳) が、「明らかな心臓発作」の後、突然死亡した。心臓専門医としても、20 代と 30 代の人々が定期的に心臓発作で亡くなっていなかった時代を思い出せる年齢です。おそらく、Covidの死に焦点を当てている人は、突然死に焦点を当てるべきです!
posted by ZUKUNASHI at 08:59| Comment(0) | Covid19

セレブは良い医療が受けられるから感染を気にしない?

人に何を伝えたらいいのかわからない。 3年が経ちました。この超拡散イベントの真の範囲を知ることは決してありません。有名人は、彼らのヘルプが静かに死ぬか、労働力から抜け出し、障害があり、見捨てられている間、最高のケアを受けることができます.
posted by ZUKUNASHI at 08:28| Comment(0) | Covid19

Covid literally infects the immune system

posted by ZUKUNASHI at 07:33| Comment(0) | Covid19