Covid19: ずくなしの冷や水

2020年04月06日

「買い物・旅行」 60代が最も活発なんだそうだ

ITmedia ビジネスオンライン2020/4/4(土) 9:02配信
新型コロナで外出自粛でも「買い物・旅行」、60代が最も活発――若者は自粛傾向だが……
・・・緊迫する新型コロナウイルス問題。ただ、ちょうど要請が出た3月末のタイミングのアンケート調査によると、他の世代に比べて60代が最も、「商業施設への買い物」といった外出を伴うような行動・レクリエーションについて実行していることが明らかになった。
【グラフ】若者よりはるかに外出する60代行動データ
「買い物」「旅行」「外食」60代が実行率トップ

 調査はマーケティング分析を手掛けるクロス・マーケティング(東京・新宿)が、東京都などから大規模な外出自粛要請があった週末に当たる3月27〜29日に掛けて実施。全国の20〜69歳の男女計2500人にWeb上でアンケートを取った。
 「現在、どんな行動を実行できているか」と各年代の男女に聞いたところ、例えば「商業施設への買い物」で60代男性が42.8%、60代女性も42%が「できている」と回答。他の年代が20〜30%と自粛ムードなのに比べ、いずれも唯一40%を超えた。
 他の「家族との外食」(60代男女いずれも34%)や「旅行に行く」「トレーニングジムに行く」といった、主に外出を伴う活動・レクリエーションの11項目いずれでも、60代が男女ともに「できている」の比率トップとなった。
・・・引用終わり・・・

はーん、そうなのか。60代なら現役を退いた人も多い。そういう人たちの外出が多ければ、この人たちが感染する機会は相対的に高いことになる。

そういう人たちが、感染して病院に入っていけば、日本の特に都市部での感染リスクが低下していく。年代別に見ると60代前の感染者が多いけれども、彼らは現役で外出しなければならず、感染機会を避けるという面では制約、限界がある。

少なくとも出歩いている人よりも出歩かない人のほうが感染リスクは低い。

これから、年代別の陽性者の動きに注目してみよう。この階層の陽性者が多くなってきたら、次は自分の番だと構えることにしよう。
posted by ZUKUNASHI at 01:03| Comment(0) | Covid19

2020年04月05日

著名人の死亡が続いている


Former Libyan Prime Minister Mahmoud Jibril Dies From Coronavirus - Reports

Ex-French Minister Patrick Devedjian Dies of COVID-19 in Paris Aged 75 - Authorities

志村けん氏 2020/3/29死去 70歳

英国のディック駐ハンガリー次席大使(37)が新型コロナに感染し死去した

スペイン国王の親戚が死去、コロナウイルスに感染 http://cgi.tbs.co.jp/n/GXhJ #tbs #tbs_news #japan #news

Emmy-winning musician & co-founder of Fountains of Wayne, Adam Schlesinger, dies of coronavirus at 52
posted by ZUKUNASHI at 22:22| Comment(8) | Covid19

新コロナウィルス関連情報 11

厚生労働省のサイト











※ 報道されないコロナ情報@JPYlTqpLzb65rdX氏の2020/4/5のツイート
ヤマト運輸、佐川急便、ウーバーイーツ、新聞配達員、等々他にも多数のデリバリー会社の報告あり
デリバリーや郵送物も感染報告多いため対面せず置き配、荷物の消毒の徹底を

※ mai@jrmmnisi氏の2020/4/5のツイート
ヤマト運輸支店でクラスター発生か…全国の新たな感染者は297人、2人死亡
https://yomiuri.co.jp/national/20200405-OYT1T50107/
千葉県の感染者のうち、松戸市に住む30〜70歳代の男女6人は、同市の「ヤマト運輸南花島支店」の従業員と家族だった
同店では既に従業員2人の感染が明らかになっている

※ ロンド@londolonlon氏の2020/4/5のツイート
山梨の20代 新型コロナで髄膜炎になった男性
肉声で元気には話していたが
この1〜2年の記憶がない
そうです。
若くても 気をつけてと 言ってました。

北京からアイルランドのダブリンへ医療機器・用品を運ぶためにユーラシア大陸を6機ものA330が飛んでいます。商業ベースのようですが、ロシアの米国への機材供与といい中国の各国への援助、機材供与といいすばやいです。


※ 医療統計P@MalusPumila4氏の2020/4/5のツイート
現状を説明する、今、一番有力な仮説は、BCGでもマスクでもクラスター対策でもなく、感染力の弱い株が先に入っていて、今、強い株が広まっているという、全くもってありふれていて、かつ、救いようのない話だと思う。これが正しいと、1、2週間後に人がバタバタ死に始める。間違っていると嬉しい。

posted by ZUKUNASHI at 21:57| Comment(2) | Covid19

自分が感染したと思ったら終活を急がなければ

70歳の人は助かる見込みがないかというと、人によってはあり得ますだって

「特に感染したら致死率が高いと言われている高齢の方や持病がある人は、流行状況によっては話し合っておいた方がいいかもしれません。

ただ、70歳の人は助かる見込みがないかというと、人によってはあり得ます。本人の意思ももちろんですし、高齢だから一律治療しないというのでは、助かる人も助からなくなる。」

70歳を超えた人は、さらに助かる見込みが少ないんですね。

自分が感染したと思ったら終活を急がなければ。

えーっと、ろくな資産はないから子供が勝手に処分すればいい。使っていない金融機関の口座は、閉めた。プロバイダーの契約、格安SIMの契約4件。具合が悪くなったら解約していこう。困るのは、レンタルサーバーの契約。

それと、空間線量率測定システムの管理をどなたにお願いするか。

電気、水道、ガス、固定電話。

雑多な家具も整理しなければ。これはもう間に合わないな。着ない衣類はできるだけ捨てよう。

車はないし、猫も見送った。

葬式はないから連絡もしなくてよい。

事務手続き先のリストを整理しておこう。
posted by ZUKUNASHI at 19:22| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス関連情報 10



※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/4/5のツイート
これ先程、行田市まで防護装備作るのに買い物行った時、私の姿見て私に声をかけてきた3人同じこと言ってました。
また、精製水購入するため薬局に行った際も、店員さん「検査してくれないんだ!」とよく聞くそうです。また、コロナの認識足りないとも言ってた。貴方は特別な姿し完全防備、差が大きいと

※ Peppermintアメリカ国旗@Peppermint_2525氏の2020/4/5のツイート
ニューヨークは今回の破局の規模がほぼ正確に分かってる。これまでの所、予測モデル通りに推移してる。必要なベッドの数も、呼吸器の数も、医師や看護師の数もそこから全部予測されてるし、現場の混乱はあっても、それに見合うように準備されてる。本当に恐ろしいのは、破局の規模さえ定まらない東京。

※ 平川典俊@soudearunara氏の2020/4/5のツイート
医療関係者やモーニングショーの視聴者は知っていたことです。ただ新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長の尾身茂氏が発言したことと現実は反対に向かっていますが。検査拒否で乗り越えられると信じた感染症対策専門家ってやはり恐ろしすぎます。厚労省官僚には必ず責任を取って貰いましょう。

※ Lady Baba (鍵なし)ドブ撹拌中@BabaJaga33_2氏の2020/4/5のツイート
そうですか...こちらではさらに一段階進んで、たとえパンひとつ買うだけでもカートなしではスーパーに入れなくなりました。そして、カートを持っていくと入り口で係りの人がカートと手を消毒してくれます。

※ 千葉県の2020/4/4判明の陽性者は家庭内感染で家庭外での感染源が不明なものが2件出ています。家族の中に新コロナウィルス感染の可能性のある症状の出た方がおられたら、隔離対策を取りましょう。マスクをさせ、手洗いは入念に。換気をする。食事は別々に。寝る部屋は別々に。スキンシップ、濃厚接触は止めましょう。マスクがなければ鼻と口の周りになんでも長い布を巻くだけで効果があります。マスクが手作りできれば外観が悪くてもそれに越したことはない。内側にキッチンペーパータオルを挟みます。

※ Syrian Girlシリア国旗@Partisangirl氏の2020/4/4のツイート
Now #Germany, #France and #Canada know what it’s like to have the US steal from them. The same way it’s been stealing #Syria’s oil.

※ 地方で突然休業する食品関係の店が出たり、確実に変化が生じています。ある時、突然お住いの地域に集団感染が見つかることがあります。アンテナを高くしておきましょう。

※ KAZOU@nutbushlimits氏の2020/4/4のツイート
関東圏に住む80代の親父から電話があった。友人がこの1週間で3人立て続けに亡くなったと。肺疾患、心不全、突然死。いずれもコロナではないとのことだが、こんなに友人が立て続けに亡くなることは今までの人生で一度もなかったと言っていた。検査もされずにコロナで亡くなっている人が多いのではないか



※ onodekita@onodekita氏の2020/4/58のツイート
人間だから当たり前だ、こんな疫学調査に頼っていては絶対に感染まとまらない直ちに広範囲にPCR検査を開始せよ

ライブドアニュース@livedoornews2020/4/5
【新型コロナ】東京都の感染者、約半数の感染元たどれず
https://news.livedoor.com/article/detail/18073222/
4日に判明した感染者118人のうち、感染経路不明は7割近くに上る。担当者は「なかなか話してもらえないこともある」と話した。

※ 横川圭希@keiki22氏の2020/4/5のツイート
これ、大きな病院が次々に院内感染起こすのって、日本の大都市が次々に空襲で焼き払われてるのに「まだ大丈夫」って言ってる戦い方とどこが違うのか。

2020/4/5
千葉県の森田健作知事は5日の記者会見で、県立学校の再開を撤回し、休校措置を4月末まで延長すると発表した。同県での感染拡大が「東京都での影響を大きく受けている」との認識を示した。

※ 布施祐仁 / Fuse Yujin@yujinfuse氏の2020/4/5のツイート
これが国土交通大臣政務官の発言です。国の責任は自粛要請するところ迄で、あとは全部国民の皆さんが自分で責任を負って下さいねという、自己責任論に隠れた政府の責任放棄。分かりやすいですね。

※ 冠CORONA病院MAN冠冠病毒病院@HyperChebla氏の2020/4/5のツイート
中国湖北省の医師は、武漢の新規コロナウイルスは、2回目の感染時に突然の心臓発作を引き起こすと警告しています。 ウイルスに対する抗体は2回目の感染時には機能しないため、感染により心不全が発生し、人々がさらに突然死する可能性があります。#コロナウィルス #CoronavirusOutbreak

※ 善川チャーリ@GoodBye_Nuclear氏の2020/4/4のツイート
ある程度の抗体産生は促されるかもしれません。年月が経てば治療薬の登場もあり、死亡率は低下するとは思います。ただし、いつまでも「死ぬ感染症」という性格は残ります。いま存命の人は天寿を全うするまで、新型コロナウイルス感染の恐怖からは逃れられないでしょう。

※ kankan@kanakan74087968氏の2020/4/4のツイート
日赤医療センタードクターから
今、東京の日赤総合病院で働いていますが、この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。
私の病院のコロナ病床は満床になりました。
重症者もいます。
現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。
#コロナ#コロナ現状#感染拡大防止

毎日新聞2020年4月4日 21時37分(最終更新 4月4日 21時54分)
スペイン感染死者の4割が高齢者施設入居者 マスク・防護服不足、対策後手に
 新型コロナウイルスの感染者、死者が急増しているスペインで、死者の少なくとも4割が高齢者施設の入居者だったと地元メディアが報じ、国内に衝撃が広がっている。施設職員にマスクや防護服が十分に行き渡っていないことが原因とみられ、施設への対応が後手に回った政府に批判が集中している。 死者のうち約4100人が高齢者施設の入居者だったとみられている。

※ sivad@sivad氏の2020/4/のツイート4
クラスター対策は崩壊したのだから、さっさとこの対策班は解散して『市中感染対策班』にチェンジしないと、延々街灯の下で鍵を探すばかりで、被害は広がる一方です。

※ Masaki Oshikawa (押川 正毅)@MasakiOshikawa氏の2020/3/4のツイート
日経 新型コロナ座談会(再掲)
https://nikkei.com/article/DGXMZO56113520X20C20A2M10800/
引用:
中国の対応をどうみますか…
押谷氏 …都市を封鎖するのは19世紀の対策だ。…
尾身氏 感染拡大を防ぐだけが目的なら、中国と同じことをやればよい。しかし、…もっと合理的な21世紀型の対策があるはずだ。
(感想)こんなこと言って

※ onodekita@onodekita氏の2020/4/4のツイート
4月2日に4月16日の学会中止を決めたのが 感染症学会 自分たちの得意分野でこの失態。彼らには何の分析能力もないことを完膚なきまでに見せつけてくれた。
ここに所属する専門医の助言を聞いた「兵庫県」、信用したら、地獄を見るぞ。

※ 澤田愛子@aiko33151709氏の2020/4/3のツイート
今日大変なニュースを聞いた。CNNが報道。新型コロナウイルスは飛沫と接触によって感染すると言われてきたが、それらに加え、吐く息でも感染するらしいと分かってきたそう。だから人と話す時や人と談笑したり、人の話をまじかで聞くときも感染の危険性。だから人と会う時は絶対マスクをしましょう。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/4のツイート
チェコの有名な分子遺伝学者でウイルス学者のソニアペコバは、パンデミックを引き起こしたコロナウイルスが人工的に作成された可能性を排除することはできないと語った

Czech Geneticist: New Coronavirus has signs of being man-made
PRAGUE – The well-known Czech molecular geneticist and virologist Sonia Pekova says that one cannot exclude the possibility that the coronavirus that caused the global pandemic was created artificially.

“I believe that this cannot be ruled out. It behaves very unusual. There are a finite number of viruses that infect humans in the world. We can usually guess by the symptoms of the disease which virus causes it. Of course, not 100%, but we can say: if the symptoms look like this, then this is most likely some kind of flu virus, when diarrhea is another type of virus, when a rash is one where we are looking for herpes viruses.

Therefore, when we know that the disease is caused by a coronavirus, it will have a certain course. But this coronavirus has a completely different picture, it’s like a new type of disease,” she said.

- Advertisement -

According to the virologist, the opposite view is not established by an article by American scientists, which states without clear evidence that the artificial origin of this virus is ‘completely excluded’.

“This article was published in the highly reputable journal Nature Medicine. She said it is undoubtedly very well and carefully written. However, it is entirely devoted to the structural genes of this virus and does not mention a word about its regulatory region.

Indian scientists, by the way, found structures similar to the structures of HIV, just in the structural part of the virus – to what extent this is true, I’m not in the position to say to you. But be that as it may, the article in Nature Medicine does not consider the regulatory region of this coronavirus at all, but it seems to me that the change in the genocode of this virus is located in this regulatory region, ” Pekova clarified.

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/4のツイート
ボリス・ジョンソンのアドバイザーがまだ「免疫群の形成」を主張。大勢の国民の死を前提とするもので、世界中から批判された狂気の政策!

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/4/4のツイート
コロナウイルス感染して「発熱しないで死亡」もあるのか。無症状でも菌保有で感染させる。やっぱりWHO推奨「検査・検査・検査」で保菌者隔離しかないのか。

次の千葉県の感染者は京都、大阪に旅行して感染しています。自営業でやむを得ない事情があったのでしょうか。旅行自体がリスクが高い。
○患者(千葉県内143例目)の概要
1年 代:60代
2 性 別:男性
3 居住地:南房総市
4 症状、経過:
3月28日 発熱(38°C台)が出現。 4月 2日 県内医療機関 N を受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。 検査の結果、陽性と判明。 4月 3日 県内医療機関 N に入院。
5 行動歴:発症前 2 週間以内に海外渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触も確認 されていない。 3月23日〜3月25日 京都府及び大阪府へ旅行。

NZに旅行して感染した人も
○患者(千葉県内136例目)の概要
1年 代:10代
2 性 別:男性
3 居住地:市川市
4 症状、経過: 3月28日 発熱(38.5°C)、頭痛、倦怠感が出現。 県内医療機関 A を受診。 3月31日 県内医療機関 A を受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。 4月 1日 検査の結果、陽性と判明。 5 行動歴:3月28日 ニュージーランドから帰国。 肺炎患者との明確な接触は確認されていない。
6 職 業:学生

※ Jun Makino@jun_makino氏の2020/4/3のツイート
返信先: @BB45_Coloradoさん
お金も人もかけないでもこんなに上手くいくんだよ、というのを主張しちゃった人にみんなとびついた、というだけのことだと思います。よくある話です。

※ Hiroshi Makita Ph.D.@BB45_Colorado氏の2020/4/3のツイート
返信先:@jun_makinoさん
多少なりとも自然科学に造詣があれば、人為的に定義したクラスターに絞って追跡したら殆どの市中感染者を取りこぼすことなんて自明なのになんで誤ったのかが全く分からない。

東奥ウェブ2020年4月3日
八戸勤務、都内在住の医師が感染 200人診察
 青森県と八戸市は2日夜、同市で新たに1人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。感染したのは同市小中野の「北村耳鼻咽喉科」に勤務する東京在住の50代男性医師。実家は同診療所に隣接している。男性は3月28日以降、延べ約200人の患者を診察した。医師の感染が県内で確認されたのは初めて。感染者は県内で9人、うち同市で8人となった。

※ Mark Ames@MarkAmesExiled氏の2020/4/3のツイート
On Radio @TheWarNerd, guest @Annibal97783312
made this same point several days ago about Italy's vastly underreported official death toll. Assume US death toll underreported by at least half too.

次は、ジョン・ホプキンス大学のサイトから日本時間2020/4/2午後9時時点で取った米国内の感染者(?)の分布です。米国は、ダイヤモンドプリンセス号の米国人乗客の引き取りも当初は拒否していました。米国人乗客が下船して帰国したのは2/20頃です。あの頃の米国内の新コロナウィルス検査結果ではほとんど事例がないことになっていたのです。

ところが、それから40日後、これだけ各地に感染者が見られます。管理人の推定では、かなり早い時点で感染者が出ていた。しかるべき機関はそれを知っていた。自国内での感染拡大勃発のショックを和らげるためには、世界同時多発という形にすれば良いのです。しかも対立中の国を主なターゲットにする。管理人にはそのように見えます。

※ 医療統計P@MalusPumila4氏の2020/4/3のツイート
COVID-19にアビガンが有効とされた唯一の論文が撤回されました

外出時にはバンダナやスカーフで顔を覆え、毎日取り換えて石けん水で洗濯、完全に乾かして使う。・・・マスクが足りないから代わりにスカーフということのようです。
bloomberg2020/4/3
New Yorkers Should Cover Faces While Outside Home, Mayor Says
The White House is likely to recommend that people living in hotspots like New York and New Jersey cover their faces in public, Bloomberg News reported earlier, as new research shows that the pathogen may hang in the air after people sneeze, cough or even talk.
The city’s health commissioner, Oxiris Barbot, recommended cloth face coverings such as old bandannas or a scarf that covers the mouth and nose, use it for a day and then wash it in soap and water and make sure it’s completely dry. Paper may also be used as long as it’s kept clean and dry, she said.
“These face coverings are not a substitution for all the other layers of prevention,” such as practicing social distancing from others, frequently washing your hands and using hand sanitizer, Barbot said.

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/4/3のツイート
久々に近所の銭湯に来ると、がらがら。若い人が多い銭湯でしたが。働いている方に聞いたら「志村さんが亡くなってから」と。最初、「若い人はだいじょうぶ」「インフルエンザと大差ない」等、喧伝されていましたからね。

※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/4/3のツイート
UNITED STATES: Chairman of National Academy of Sciences committee on Emerging Infectious Diseases says coronavirus may be spread by normal breathing.
・・・当然のことでは?

※ みみ@0912Mmss氏の2020/4/1のツイート
私自身、#濃厚接触者 です。
二週間は家にこもります。備蓄した食料で賄います。
彼の意識が戻るのかの恐怖と、自分が発症するかもしれない恐怖でいっぱいです。
発症すれば、治るか骨になるまで家族にも会えません。皆さん真剣になってください

※ nagaya@nagaya2013氏の2020/4/1のツイート
この1ヶ月、国民は経済を犠牲にして自粛しました。本来ならその感染抑制期に全力で検査してピークを見極め、抑え込むべきなんです。指数関数的増加のピークはいつかきます。ならば早い方がいい。日本はクラスターにうつつを抜かしピークが予想できない。あなたがたは国民の自粛を無駄にしてるんです。

※ Hiroshi Nishiura@nishiurah氏の2020/4/1のツイート
僕はその国民性の強さはハンパでないと思ってます。そんな若手だらけの日本には希望しかありません。だから、皆さん、たとえ流行があっても冷静に受け止めて乗り越えましょう。皆さんとならできると信じてます。僕は最後まで流行抑止をあきらめませんが、皆と一緒に頑張りたい。乗り越えよう。 7/7
・・・感染学関係で出てくる人、幼児性の強い人が多い。「信じて問題解決」ならもう学問じゃないです。

※ Jun Makino@jun_makino氏の2020/4/2のツイート
でも、皆様の行動変容くらいでは駄目でしたね、というのが https://doi.org/10.25561/77731 これに書いてあることである。

※ Jun Makino@jun_makino氏の2020/4/2のツイート
https://jsph.jp/covid/files/gainen.pdf
COVID-19への対 策の概念って、これ滅茶苦茶やばくない?クラスター対策は失敗したのであとは皆様行動変容してね、と書いてあるようにしか見えない。

※ TANAKA Sigeto@twremcat氏の2020/4/1のツイート
「感染者の8割はほかにうつさない」というデータのカラクリについて / “TANAKA Sigeto on Twitter: "38/54つまり70%において、必ずいるはずの感染源を見つけていない。おそるべき精度の低さである。「積極的疫学調査」なるものの精度はせいぜいその程度だということ。"” https://htn.to/AGWvzxPoAi

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/1のツイート
韓国の市民は文政権に絶大な信頼を置いている。韓国政府は、これをウィルスのトラッキングのみに使うと約束。しかし日本やアメリカの場合は、データをあのスガ内調やCIAが悪用? 検査を拒否し医療体制も整えず、位置情報や検索状況をスパイすると言っているこの政府に私はとっても不信感を覚える

※ so sora@sosorasora3氏の2020/4/1のツイート
●「軽症者は自宅療養」でイタリアは感染爆発した、と指摘3/31
・ヴェネト州:当初から全面的検査を実施→死者400人程
・ロンバルディア州:重篤な症状の人のみを検査→死者7000人
「当人だけでなく、家族や友人、近隣住民を検査して、陽性なら、承諾を得て施設に隔離を」
https://gigazine.net/news/20200331-

共同 2020/4/1 16:10 (JST)4/1 16:23 (JST)updated
欧米で未成年の死者相次ぐ
新型コロナ、0歳児も
 新型コロナウイルスに感染した未成年の死者が欧米で相次いで出ている。米中西部で0歳児が死亡したほか、ベルギーでは12歳の少女、英国でも13歳の少年が死亡した。基礎疾患を持つ高齢の感染者が重篤化しやすいと考えられてきたが、若年層の死亡例も続き、衝撃が広がっている。
 WHOのテドロス事務局長は「入院が必要な患者のかなりの割合を50歳以下の人が占めている」と述べ、中年・若年層にも警戒を呼び掛けた。
 米カリフォルニア州では3月24日、未成年が死亡したと発表され、イリノイ州は同28日、0歳児が死亡したと発表した。英メディアによると、13歳の少年が同30日に死亡した。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/1のツイート
疑問。イギリス政府が資金を提供しているアルカイダ・ホワイトヘルメット。なぜ彼らは防護服を手に入れることができた? 英本国の医師・看護師が防護服がなくて困っているのに?

※ mko@trappedsoldier氏の2020/4/1のツイート
シドニーでアジア系少女を攻撃する白人少女。アメリカでも、アジア系アメリカ人に対する事件が1,000件以上発生している。病院に搬送される暴力事件も。トランプが「中国のウィルス」と称し、政治家の無責任な発言が、コロナでパニックになっている国民に民族差別を煽っている。

毎日新聞2020年3月31日 23時44分(最終更新 4月1日 02時04分)
政府、通信事業者に任意で位置情報提供を要請 「クラスター」早期発見狙う プライバシー侵害懸念も
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は31日、携帯電話会社やIT大手に対し、利用者の位置情報や検索ワードの履歴などを集めた統計情報の任意での提供を要請した。人の流れをビッグデータで把握することにより、クラスター(感染者集団)の早期発見につなげる狙いがある。

※ yoͥ̊̈͋͌̆͑s̔hͯ̓͐͌ͬ́̈́̅il͆͂͋ͧͬͮo͌ͧ́ͮ̂͒̏̆̎̑̓̽̓gͫ̔̓͊͐̌ͦ@yoshilog氏の2020/3/31のツイート
本人は心臓麻痺だと思って救急車を呼んだが、病院について調べたら、心臓麻痺は起きていなくて、コロナ感染だったというケースが増えてるそうだ。

※ onodekita@onodekita氏の2020/3/31のツイート
【緊急会見】市立静岡病院看護師と家族 4人感染 透析患者49人が濃厚接触者の可能性 http://sut-tv.com/news/indiv/4286/
#スマートニュース
透析室に勤務する看護師で、現在症状はない。
23日に勤務中に38度の発熱があり、早退をした。翌日に熱が下がったため、24日と28日に通常通りの勤務を行っている。30日に出勤した後、PCR検査を受けた。
posted by ZUKUNASHI at 19:04| Comment(1) | Covid19

自家用車で避難を検討しているなら早めに実行

2020/4/4、高速道路が空いています。東京近郊から自家用車で地方へ避難を検討している方は、早めに実行したほうが良いかもしれません。

東京は、いつ〇〇宣言が出てもおかしくないし、出すべき状況です。
〇〇宣言は、医療崩壊の宣言と同じ意味を持ちます。

※ 伊藤隼也@itoshunya氏の2020/4/47のツイート
既に都内一部医療は破綻しています。東京都はこの事実を一切認めません。また、一部の大学病院は医師などのPCRを独自に行い感染の事実は保健所でも把握していません。ハッキリ言ってもはや破滅への道を進んでいると言っても過言ではないでしょう。

公共輸送機関、鉄道、バス、航空機を使っての避難は、管理人は消極的、否定的です。感染の機会が大きすぎる。

避難先に落ち着いたら、まずは2週間家にこもって様子を見ましょう。意外と感染している例が多いはずです。

読者に教えてもらいましたが、沖縄で入域・外出制限を求める署名活動が始まったそうです。
沖縄タイムス2020/4/4
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県内の有志3人が、県に入域制限と外出制限を求める署名活動を始めた。ネットで募り9日に県知事宛に提出する。募集は4日午前11時から開始し、午後9時半時点で824人が賛同している。

こういう動きが増えるでしょう。すでに沖縄では島外のナンバーの車両が増えているそうです。
posted by ZUKUNASHI at 19:02| Comment(0) | Covid19

今週は国内で混乱が始まるだろう 

今週は、国内で混乱が起きる恐れが大きいです。急激に感染者が増えています。2020/4/3、4/4も各地で多数の感染者が判明したようですが、厚生労働省のデータは2020/4/3の18時現在。
国内の発生状況
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000618764.pdf

皆さん、新コロナウィルスの情報をどうやって得ているんですかね。
テレビですか。こんな人がテレビに出ているんですよね。




それでは、状況はわからないし、どう防御すべきかもわかりませんね。

毎日新コロナウィルス関係の記事でなによりも空気感染の防止が大事と書いていますが、そのように書いている人はあまり見ませんから、このブログは異端なんだと思います。

でも、海外のニュースや映像を見ていれば、防疫などに従事する人は、何よりも空気感染に注意しています。中国からの情報でも武漢の市場で15秒間立ち話をして感染したという例が早くから伝えられていました。

日本の専門家と自称する人たちはそれを甘く見ていました。なぜまだ満員電車が止まらないのか。米国にまで呆れられる始末。
専門家の発言を見て、この人たちは何の専門家と疑問に思いますし、こんな愚鈍なやつらに殺されたくないと強い焦りを感じます。

※ Hiroshi Nishiura@nishiurah氏の2020/4/1のツイート
呼吸が苦しいのに助けられず死んでいく人が出る。助けてほしいのに病院が溢れる。助けたい医師や看護師も数多く感染する。近しい親族や好きな人の安全が守れない。そんな事態が十分に想定されます。そんな事態でも、僕と押谷先生でクラスター対策でやったように、僕は日本人を信じてます。5/7

意味不明。無能な「僕」は、早く退場しろ!

爆発的な感染増加は、来週中にも目立つようになると思います。そうなったとき、これまで身の回りに感染者がいなかった人でも、新コロナウィルスを身近に感じるようになるでしょう。コメディアンの事例が身近で発生するのです。

その時、幼い子供を持つ親、特に母親の動揺は大きいでしょう。今は、このブログの読者にはそういう方はおられなくなっていますので、無知でノーテンキな行動の情報も入りませんが、その分厳しい実態は遠慮せずに書けるのです。

※ 香山リカ@rkayama氏の2020/4/5のツイート
あるところで連日コロナの心の相談に携わってます。
「感染してるかもしれない。検査してほしいのにしてもらえない。恐怖でどうにかなりそう」という相談がとても多い。
検査数抑えて医療崩壊は免れたとしても(免れないだろうけど)、その前に不安や恐怖からメンタル崩壊する人が爆発的に増加しそう。

このブログを読んでメンタル崩壊しても責任は負えません。

2020/4/6から学校再開のところが多いようで反対の署名などを始めているところがありますが、そんなことでは間に合わない。保護者の判断で休ませれば済むこと。

日本では親が真っ先に責任を放棄している。

関西弁を話すニューヨーカーの女子
ほんまに聞いてほしい!️マジでコロナを舐めたらアカン


※ nagaya@nagaya2013氏の2020/4/4のツイート
日本はロックダウンと同時に徹底検査・隔離をやらないかもしれません。行動規制だけして発症ベースで医療対応。入院期間短縮のために感染末期でしか受け入れない。そうやって潜在感染者を一定割合以下にしとく方法。長期化必至です。感染者の一定割合は死亡するし、企業は倒産します。淘汰政策ですね。

現在の日本の人口10万人当たり陽性者約2人ですが、これが110人のドイツ並みに上がった場合に現在の県別分布傾向が続くとした場合に県別数値がいくつになるかです。

(別添1)新型コロナウイルス感染症(国内事例)の状況(累積)(PCR検査陽性者)(単位:人)

2020/4/3現在の数値を使ってみたら陽性者率をドイツ並みに引き伸ばす必要はなさそうです。


こちらに同じ計算をしたものがあります。
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000618979.pdf

人口10万人当たりの陽性者数を見ると、東京がトップでついで福井県なんですよ。

※ onodekita@onodekita氏の2020/4/5のツイート
検査件数は絞られているが、検査件数、陽性割合 をみれば、おおよそその地方の現状はつかめる。
東京、千葉、京都、大阪がやばそうだ。とくに東京は、もう現場はひどいことになっているだろう。なぜ、非常事態宣言を出さないのか、理解不能

posted by ZUKUNASHI at 18:53| Comment(4) | Covid19

換気に努めましょう

いつ家族の中に感染者が出るかわからない状況です。家の換気を怠らないようにしたほうが良いです。

もちろん、家族の手洗い、うがい励行。

接触感染もあるでしょうが、食べ物は清潔な食器、箸を使えばリスクは大幅に軽減できるはずです。

日本では、手づかみで食べるものはそう多くない。むしろコンビニで買ったスナックを袋の口を開けて手で食べるのが最も危険。

感染のメインルートは、空気感染です。最近言われる三密回避はまさにそのことです。

※ Lady Baba (鍵なし)ドブ撹拌中@BabaJaga33_2氏の2020/4/5のツイート
そうですか...こちらではさらに一段階進んで、たとえパンひとつ買うだけでもカートなしではスーパーに入れなくなりました。そして、カートを持っていくと入り口で係りの人がカートと手を消毒してくれます。

カートを使わせるのは、おのずと他の人との距離が取れるため。カートと客の手の消毒は、商品に触っても商品にウィルスがつかない、残らない効果があります。

通常の会話でも保菌者からウィルスが飛ぶことが発見されたとか言っていますが、そんなことは常識、当たり前。

放射性物質の飛来を警戒して換気を弱めにしているお宅もあるでしょうが、今のところ東京近郊では強いプルームの飛来は観察されていません。
プルームが来たり、降雨に合わせて原発から放射性物質が放出されれば、次のグラフで容易に知ることができます。

ただいまの空間線量率 変動状況

時々眺めて異常があったらお知らせください。

桑原氏が警告しているように、福島第一原発で追加的な事故が生じて放射性物質が大量に飛散することはあり得ます。東海第一も危ない状況。九州、北陸、東海からも事故があれば飛んできます。

当面は新コロナウィルス感染回避が何よりも重要です。
posted by ZUKUNASHI at 16:46| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス対策、続々とロシアに支援要請

※ Cyril Ramaphosa南アフリカ国旗@CyrilRamaphosa氏の2020/4/5のツイート
I spoke to President Vladimir Putin and asked for technical expertise on infection control, supply of lifesaving equipment for mobile testing & infection control. South Africa has a long friendship with Russia & they have supported China, Italy & US in the fight against #COVID19

ロシアにイタリア、セルビア、米国、南アフリカが新コロナウィルス対策で救援要請。ベネズエラは中国がまず入りました。

ロシアは、シリアにも新コロナウィルス対策で救援しているはず。

プーチンは、医療機器・用品のフル生産を命じています。

生物兵器に関する知識と準備があるはずの米ロ英独、中国、イスラエル

米国は飛びぬけて、そしてイスラエルも陽性者が大。なぜ?
posted by ZUKUNASHI at 16:01| Comment(0) | Covid19

医療従事者が感染する例が増えるだろう

海外の新コロナウィルスとの戦いの様子を追っています。

詳しいのはロシアのメディアが伝える情報です。

ロシアは、武漢にロシア人を連れ戻しに行った時も、飛行機の乗員は完全装備でした。イタリアには、もともと細菌兵器や放射性物質による汚染に対処する部隊が送られており、輸送機で運んだトラック自体がそのための専用装備になっています。柄の長いスプレーノズルがトラックの後ろ扉の内側に着脱式で取り付けてありました。


防護服、マスクなどもそれなりの水準を保ったもののように見えます。

軍事部門の一つとはいえ、機器から消耗品まで供給に不足がないのは、大変驚かされます。ロシアの製品と言えば、昔は品質が悪い、供給が滞る、慢性的な不足が常識でした。

一方、今の日本では、医療関係消耗品は、「品質が悪い、供給が滞る、慢性的な不足が」が生じています。

そんな中で急増する感染者。医療従事者に感染者が広がります。これは今の装備上からして避けられないでしょう。

亡くなる人、障害の残る人も増えるでしょう。

でも、それは福島第一原発事故の後から見えていたんですよね。被ばくを懸念する人の声を鼻で笑うような医師が大半だったわけですから。

新コロナウィルスについても、海外の状況を知らないでツイッターなどでとんでもない発言を繰り返している医師が多いです。

日本の医師は、試験には合格しているかもしれませんが、知識人でも有識者でも、もちろん人格者ではない。幻想を捨てて現実をよく見るべきです。日本の医療を過信しないことです。

別に今始まったことではない。その通りです。ただ言えるのは、福島第一原発事故後、医師たちが恥部を隠さなく、堂々とさらけ出すようになったことです。

※ Masaki Oshikawa (押川 正毅)@MasakiOshikawa氏の2020/3/29のツイート
「何故感染者が増えているのか、特に大学生から40歳代の人、コロナに感染しても無症状か、軽い風邪だと思っている人が、アクティブに行動することが、その大きな原因と言われて…」
東京都医師会がCOVID-19の危険性を過小評価した広報を行ったことも、その大きな原因では?

※ Masaki Oshikawa (押川 正毅)@MasakiOshikawa氏の2020/3/9のツイート
東京都医師会
新型コロナウイルス感染症に関するリーフレット 都民の皆様へのお願い
https://tokyo.med.or.jp/16698
なかなか凄い。
「感染力はインフルエンザと同程度かそれより弱い」
「重症度は、通常のインフルエンザなどと同程度」
「感染しても多くの方は症状が出ないか、少し長めの呼吸器症状で完治」

3/8と言えば、このブログでは、次の記事を載せています。
2020年03月08日
もたつく日本を尻目にイタリアはロンバルディア地方と他の14の州を4月3日まで事実上封鎖

大きく状況判断が異なります。東京医師会の資料を作った医師らは、このような情報は全く得ていなかったということです。

※ onodekita@onodekita氏の2020/3/30のツイート
医師のネトウヨ割合は、6〜7割あるような感じを受けます。

海外からは医療従事者、医師の死亡が伝えられています。

孫向文 新刊「国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話」@sonkoubun氏の2020/3/29のツイート
米国初 医者が感染で死亡

日本でも亡くなる方が続くでしょう。

次は、ロシアの兵士が消毒を終えて退出するところです。感染者死亡者がたくさん出た施設ですが、こんな風にしっかりと消毒しています。青い服と銀色の服は、使い捨てではないようです。



医師に限らず、一般の方でもこの点は十分注意してください。普通のマスク1枚で防護ができるわけではありません。

薄いマスク1枚で新コロナウィルスで汚染された場所、環境にいれば感染します。これは間違いない。だから感染者が爆発的に増えているのです。

※ コロナ怖い研修イさん@kenshui_arai氏の2020/3/30のツイート
補足
3人の感染した医療職とは、愛知県の旭労災病院の40代女性看護師(3/19)、兵庫県西宮市立病院の20代男性研修医(3/24). 群馬県の公立館林厚生病院の20代女性看護師(3/28)でいずれも患者を担当していました。加えて名古屋市感染症指定医療機関の20代男性看護師(3/29)の4人に増えました。

2020/3/30、宮城県発表 大崎市民病院勤務の医師 30代男性が感染

2020/3/31 新たに医師ら2人の感染を確認 − 国立がん研究センター中央病院
2020/3/31 静岡市立静岡病院の看護師が新型コロナに感染

※ Michael Tracey@mtracey氏の2020/4/2のツイート
Doctor killed by coronavirus at Valley Hospital in Bergen County, NJ according to @NJTVNews. I was there around six weeks ago and it looked like they were taking maximal precautions, very early on

カナロコ by 神奈川新聞2020/4/4(土) 21:30配信
「危機感足りなかった」 研修医20人で会食、5人でカラオケ5時間… 横浜市立市民病院で研修医の感染2人目
 横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになった。同病院関係者の感染は2人目。感染経路は3月下旬に同僚の研修医20人で開いた会食とみられ、その場には1人目の感染者の20代女性も含まれていた。
 同病院は感染症指定医療機関の一つで、新型ウイルス感染者らを受け入れる立場。市役所での会見で同病院幹部は「危機感が足りていなかった」と陳謝した。
 市によると、20人の会食があったのは3月27日。前日の26日には、黒岩祐治知事が夜間を含む週末の外出を自粛するよう県民に緊急メッセージを発していた。
 男性研修医は27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加。研修医5人でのカラオケは5〜6時間に及んだという。病院は会食などへの参加について明確に禁じていなかった。
 感染が判明した研修医2人の濃厚接触者は、現在も同病院に勤務する医師や研修医らだけで30人以上という。いずれも検査結果は陰性だったが、自宅で経過観察中。同病院の医療体制について、幹部は「大きな影響はない」としている。
神奈川新聞社

※ superbigchoco@superbigchoco1氏の2020/4/5のツイート
八戸では20代男性医師が、3/23からのスペイン旅行にて感染、28,29日に発熱症状、1日から病院での研修、3日に感染確認。研修医がこの時期に旅行って、非常識極まりない。そして病院は外来休止5日間。医師になる資格はお持ちだがモラルがない。プロ意識の欠如、病院の管理も甘いんじゃないか。

posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(3) | Covid19

突然倒れて痙攣する人が出ている

※ itou kino @ItouKino氏の8:32 - 2020年4月5日のツイート
こちらの動画はインドネシアだそうです。
消されるかもしれないから、敢えてリツイートしておきます。
突然倒れる人々の多くは、お年寄りではありません。
最初は武漢で、次は湖北省、香港、シンガポールで、このような動画がたくさんアップされていました。 https://twitter.com/charles984681/status/1246463857502990336

しろくま
@hontounokotoga1

3時間
持病ない10代が突然…欧州で相次ぐ死亡例、WHO警鐘
 10代の若者が感染して死亡する例が続いている
 母親 心臓や呼吸器の持病もなく「深刻ではない」と診断されたが、容態が急変して死んだ
2020年4月5日 9時00分:朝日新聞デジタル
https://asahi.com/articles/ASN446R9SN41UHBI01L.html
#新型肺炎・コロナウイルス
posted by ZUKUNASHI at 11:12| Comment(0) | Covid19

ニューヨーク州 1日で陽性者10,841人増加、死者630人

MOSCOW (Sputnik) - The US state of New York has recorded its largest daily increase in the number of new COVID-19 cases as 10,841 positive tests were reported on Saturday, with the death toll also rising by 630, State Governor Andrew Cuomo said.

2020/4/4、ニューヨーク州の陽性者10841人増加。死者630人。陽性者113,704人、死者3,565人


During a televised press briefing, Cuomo confirmed that 10,841 new cases of the disease have been registered, raising the total number of cases reported in the state since the start of the outbreak to 113,704.

The COVID-19 death toll in the state of New York now stands at 3,565, Cuomo said.

The state governor added that 15,905 people are currently receiving treatment for the disease in hospital, and 4,126 of those are currently in intensive care units.

New York has become the epicentre of the COVID-19 outbreak in the US, which itself has reported more than double the amount of cases than any other country.

The mayor of New York City Bill de Blasio has warned that the city does not have sufficient medical supplies to cope with the expected surge in the number of critically ill patients in the coming weeks and months.

A Russian military cargo plane landed in the US on Thursday loaded with medical supplies to combat the disease. US President Donald Trump said that the supplies were of “very high quality.”
posted by ZUKUNASHI at 02:44| Comment(0) | Covid19

Humanity May Be Stuck With Coronavirus for Good, Leading Russian Virologist Warns

sputnik2020/4/4
Humanity May Be Stuck With Coronavirus for Good, Leading Russian Virologist Warns
Nations around the world have introduced a range of measures to battle COVID-19 and slow or even stop its spread. However, that may be impossible, a veteran Russian scientist says.

Coronavirus is with us for good, and is a genie that cannot be put back in its bottle, Dr. Vitaliy Zverev, a respected virologist specializing in molecular biology and pathogenic microorganisms who serves as chief of the Moscow-based Mechnikov Science and Research Institute of Vaccines, believes.

“It’s necessary to understand that this virus has come to the human population not for today, not until summer, not until fall. It has come for many, many years, maybe even permanently. Seventy percent of the planet’s population will go through this infection,” Zverev said, speaking on the 60 Minutes programme on Russia-1 Friday evening.

Zverev also believes that if testing for COVID-19 was more widespread, including in Russia, the infection rate would prove to be significantly higher than it is today, while the accompanying mortality rate would show to be much lower than it is at present.

“The mortality rate is not five percent, but less than that of the flu. This is an infection with which we will have to live, similarly as we live with the flu, with the adenovirus,” the veteran academic believes.

Comparing mortality rates from coronavirus infections and influenza in the United States – currently the country with the highest number of infections, Zverev suggests that even though the flu epidemic in the United States has been weaker than normal this year, more Americans have died from the disease than from COVID-19.

Medical Debate Rages

Not everyone in the medical community agrees with Dr. Zverev’s assessment regarding just how much of a danger the new coronavirus poses.

Among the problems commonly described by scientists which are said to make COVID-19 more dangerous are a lack of a vaccines, lack of herd immunity, and long incubation time, which makes it more likely that persons infected with the virus will pass it on to someone else before exhibiting any symptoms. On Saturday, for instance, Russian authorities reported that a quarter of all confirmed COVID-19 cases in Russia haven’t shown any symptoms.

Some scientists have also pointed to a higher reported mortality rate from COVID-19, although others have challenged this assertion, pointing to a lack of information about overall infection rates, caused by a lack of testing kits or even faulty tests.

Better Safe Than Sorry?

Most countries have taken a ‘better safe than sorry’ approach to dealing with the virus, introducing a series of increasingly tough measures –starting with the cancellation of public events and the closure of public places, schools, malls, and public transportation, and, in some cases, introducing regional or countrywide lockdowns restricting freedom of movement altogether. However, some countries have opted to limit restrictions, with Sweden challenging European-wide lockdown recommendations, while Belarus too has limited its response to pinpoint quarantine measures for confirmed infections. Britain’s government initially supported a herd immunity approach, but has since backed down in favour of social distancing and self-isolation rules seen in many other countries (although unlike some, UK authorities continue to allow people to leave the house for exercise).

The hard quarantine approach has been praised by many medical professionals, but has also led to concerns in some quarters about the future of the world economy. President Trump has taken a lot of flak for his desire to get the US economy ‘back up and running in time for Easter’, and has since backed down on such promises. However, on Wednesday, UN Secretary-General Antonio Guterres warned that apart from its epidemiological impact, the virus is having and will have a substantial economic impact, including “a recession that probably has no parallel in the recent past.” According to Guterres, the economic crisis caused by the global economic shutdown may lead to instability, unrest and conflict unlike any the world has seen since the Second World War.

4245/5000
sputnik2020 / 4/4
人類はコロナウイルスで行き詰まっている可能性があり、ロシアのトップウイルス学者が警告している
世界中の国々は、COVID-19と戦ってその拡散を遅らせるか、さらには停止するためのさまざまな対策を導入しています。しかし、それは不可能かもしれない、とベテランのロシアの科学者は言います。

コロナウイルスは永遠に私たちとともにあり、そのボトルに戻すことのできない精霊、モスクワに本拠を置くメヒニコフ科学研究所の責任者として機能する分子生物学および病原微生物を専門とする尊敬されたウイルス学者であるビタリーズベレフ博士ワクチンは信じています。

「このウイルスが、今日まで、夏まで、秋までではなく、人類に感染していることを理解する必要があります。それは何年も、何年もの間、多分永久にやって来ました。地球の人口の70%がこの感染症を経験するでしょう」とZverevは言った、ロシア1金曜日の夜に60分のプログラムで話しました。

Zverevはまた、COVID-19の検査がロシアを含めてより広範囲に及んだ場合、感染率は現在よりも大幅に高くなり、付随する死亡率は現在よりもはるかに低くなると考えています。

「死亡率は5%ではありませんが、インフルエンザの死亡率よりは低いです。これは、インフルエンザと同じように、アデノウイルスにも感染しなければならない感染症です」と退役軍人は学んでいると考えています。

米国のコロナウイルス感染とインフルエンザによる死亡率を比較すると、現在、感染数が最も多い国であるZverevは、米国でのインフルエンザの流行は今年よりも弱かったにもかかわらず、より多くのアメリカ人がこの疾患で死亡していると示唆しているCOVID-19より。

医療討論会

医学界の誰もが、新しいコロナウイルスがもたらす危険の大きさに関するズベレフ博士の評価に同意するわけではありません。

COVID-19をより危険にすると言われている科学者によって一般的に説明される問題には、ワクチンの欠如、群れの免疫の欠如、および長い潜伏時間があり、ウイルスに感染した人がそれを感染させる可能性が高くなります症状を示す前の誰か。たとえば、土曜日に、ロシア当局は、ロシアで確認されたCOVID-19の全症例の4分の1に症状が見られなかったと報告しました。

一部の科学者はまた、COVID-19の報告された死亡率が高いことを指摘しましたが、他の人はこの主張に異議を唱え、検査キットの欠如または欠陥のある検査によって引き起こされる全体的な感染率に関する情報の欠如を指摘しました。

転ばぬ先の杖?

ほとんどの国では、ウイルスに対処するために「申し訳ありませんがより安全な」アプローチを採用しており、一連のますます厳しくなる対策を導入しています。まず、公共のイベントのキャンセル、公共の場所、学校、モール、公共交通機関の閉鎖などです。場合によっては、移動の自由を完全に制限する地域または国全体の封鎖を導入する。しかし、一部の国は制限を制限することを選択し、スウェーデンはヨーロッパ全体のロックダウン勧告に異議を唱えていますが、ベラルーシも確認された感染に対する正確な検疫措置への対応を制限しています。英国政府は当初、群れの免疫のアプローチをサポートしていましたが、その後、他の多くの国で見られる社会的距離と自己分離のルールに賛成しました(一部とは異なり、英国当局は人々が運動のために家を離れることを引き続き許可しています)。

ハード検疫のアプローチは多くの医療専門家から称賛されてきましたが、一部の地域では世界経済の将来についても懸念が生じています。トランプ大統領は、米国経済を「復活祭に間に合うように立ち上げて走らせたい」という彼の願望に多くの批判を払い、それ以来、そのような約束を支持してきました。しかし、水曜日に、国連事務総長のAntonio Guterresは、疫学的な影響は別として、このウイルスは「最近の不況はおそらくない」など、かなりの経済的影響を及ぼしており、今後も及ぼすであろうと警告した。グテレスによると、世界的な経済の停止によって引き起こされた経済危機は、世界が第二次世界大戦以来見たのとは異なり、不安定さ、不安と紛争につながる可能性があります。
posted by ZUKUNASHI at 02:14| Comment(0) | Covid19

2020年04月04日

70歳の人は助かる見込みがないかというと、人によってはあり得ますだって

※ sivad@sivad氏の2020/4/4のツイート
さらっとものすごいことが書いてますが、これ、症状がなくなっても3週間は感染性があるかもしれないってことです。
隔離施設を用意しないとやばいという話ですよ。
『良くなった人も3週間ぐらいPCR検査で陽性が出続けるのです。』

回復者の血しょう投与試験もスタート 新型コロナ治療の最前線に立つ医師が見ている風景
忽那賢志(くつな・さとし)国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室医長のインタビュー記事

実際、日に日に悪くなっていますね。2週間前ぐらいからです。先週ぐらいからずっと満床は続き、保健所から受け入れ要請の連絡が来ても、断らざるを得ない状況です。

良くなった人も3週間ぐらいPCR検査で陽性が出続けるのです。そういう人はずっと元気で、携帯電話をいじってやることないなと時間を持て余している人が多いです。

陽性が出ることと、感染性があることは必ずしも一致しないのに、こういう人がベッドを占有し続けるので新しい人が入れません。新たに発症した人のためにベッドを使った方がいい。

東京都がホテルを借りると言っていますけれども、自宅に帰るのが難しいとしても、そういうところで陰性を確認する方がいいのではないでしょうか?

経済を度外視して感染症のことだけを考えて良いのであれば、した方がいいです。

今なら本当にみんなが2週間家を出なかったら、一瞬は収まるでしょう。けれども、海外で流行している限りは必ずまたウイルスは入ってくる。東京だけ収まっても日本のどこかでくすぶっている限りはまた流行は起きます。

理想的には、今のように社会生活を一定程度維持しつつ、流行を抑えるのがいいのでしょう。けれども、東京はそれも難しくなりつつあります。


特に感染したら致死率が高いと言われている高齢の方や持病がある人は、流行状況によっては話し合っておいた方がいいかもしれません。

ただ、70歳の人は助かる見込みがないかというと、人によってはあり得ます。本人の意思ももちろんですし、高齢だから一律治療しないというのでは、助かる人も助からなくなる。

(一般の人には)とにかく家から出ないでくださいということしかないですね。特に平日の夜と、休日は出ない。東京、大阪、名古屋など流行している都市に住んでいる人はとにかく外に出ないことが一番大事です。

あとは咳エチケットと手洗いが大事なのは間違いない。とにかくみんながそれを徹底してほしいです。みんなが外に出なかったら確実に流行は収まります。

今まだ流行が続いているのは、みんなが外に出て人と接しているからです。

補償の問題を国が配慮してくれると家に止まりやすいですよね。そういう経済的な問題を度外視すると、とにかく今は外に出ないでとお願いしたい。
posted by ZUKUNASHI at 19:28| Comment(0) | Covid19

本当に、秋まで生きられるかどうか

管理人は特別栽培米の集団購入を計画して目下需要調査をしています。年配男性(私よりずっと若い)のお便りに「秋まで生きられるかわかりませんが・・・」と書いてありました。「本当に、秋まで生きられるかどうかという話になりつつありますね。」とお答えするのが精いっぱいです。

お宅では、今後のサバイバル戦略をお決めになりましたか? まさか布製マスク2枚で難をしのげるとはお考えではありませんよね。

そのマスクすらいつ届くかわからないのですから。

管理人が調べたところでは、この4月の半ばころから修羅場が始まりそうです。最近の陽性判明者は、欧州などからの帰国者が多くなっていますが、前から何となく感じていたところですが、日本で当初伝染したウィルスと今欧州から入っているウィルスはタイプが違うようです。欧州タイプは感染性がより強く、致死率も高いようです。

そして修羅場が収束に向かうのは5月末になるだろうとの予測があります。最悪1千万人が感染し、亡くなる方もそれに応じて多い。

スペインでは、人口10万人当たりの陽性者数が254人、スイスでは224人に達しています。人口千人当たりでは、それぞれ2.5人と2.2人です。

日本は都市の封鎖もやっていませんので、潜在的な感染者が増えており、これがもとになって爆発的な感染拡大が生じうると見られているのです。
それが早ければ、今月半ばに始まります。

日本全体で1000万人の感染者ということは、10万人当たり8150人ですから人口千人当たり81人になります。100人当たり8人ほど。

それだけの人がちょっと熱を出して咳をして終わればよいのですが、そうはならない。亡くなる方も、後遺症の残る方もあります。それにどこでも同じ割合で感染者が出るわけではなく、感染者が集中するところもあります。

そして社会のインフラが止まるところも出てくる。物流にも障害が出るということになりかねません。食料が常に円滑に供給される保証はありません。ある女性読者は、次のように書いておられます。

5月末なら私の予想よりちょっと持ち堪える感じですね。
こういう時、一個人になにができるんでしょうね。
ソーラーパネルもあるし、マッチ、ローソクも用意してあるけど、やりすぎですかね。
とりあえず、仕事そっちのけで種をまいたり苗を植えたりしています。
ベランダくらいしかないですが。

管理人に意見を求められれば、私は簡易な水耕栽培をお勧めします。そのうち私もベランダで水耕栽培を手掛けるつもりです。

お子さんのおられるご家庭では、学校が始まったらどうしますか?
管理人の意見は、ズバリ休ませましょうです。

社会的なお付き合いは、全部断りましょう。もともと、葬式なんかは参列できません。知人が入院したと聞かされても見舞いにも行けません。

町内会のどぶさらい。ゴミ置き場の清掃。これは早くから始めて終わったらさっさと帰る。

買い物は見合わせる。そのうち買い物客も目立って減ってきます。朝開店一番で短時間で済ませる。

家にいて何をする? 新コロナウィルスによる肺炎が収まったころには労働力の再配置が必要になるでしょう。知識を入れてキャリアアップの準備をしましょう。インターネットによる座学です。時間はたっぷり。高校生は英語の勉強を。今は生きた興味の持てる素材が豊富です。

とにかく2か月を籠って暮らす。どこまでできるかです。

毎日、感染者の数を追って過ごすのも気持ちが荒みます。やはり野菜栽培が良いか。20年以上家にいた猫をこの前見送りましたので邪魔も入らない。それがいいかな。

ただ、5月に入ると人口動態の統計を蓄積しなければなりません。気が進みせんね。読む人もいないでしょう。

コロナにかかって、突然この世から隔離され、それっきりになることは避けたいと思っているんですけど、避けられないかもしれませんね。


データの出所、時点はばらばら。

親密国からも日本の新コロナウィルス対策への不信の声、医療崩壊を警戒する露骨な声が出始めました。

毎日新聞2020年4月4日 00時19分(最終更新 4月4日 00時19分)
「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す
 在日米国大使館は3日、日本での新型コロナウイルスの感染拡大について「日本政府は(PCR)検査を幅広く実施しない方針をとっており、感染率を正確に評価することが難しい」との警戒情報を出し、帰国希望者や一時滞在者に即時帰国を促した。「日本の保健医療システムを信頼しているが、感染例が著しく増加すれば、今後数週間にシステムの機能がどうなるのか予測するのは難しいと判断している」と指摘している。
 米国大使館のウェブサイトによると、警戒情報では「日本では過去72時間に650人以上の感染が確認された。医学界や政界で、感染例の急増で事態は切迫しているとの懸念を表明する声が増えている」と現状を分析。その上で「米国や欧州に比べて、日本の感染者数や入院者数は低い水準にとどまっているが、検査が幅広く行われていないため感染率の評価が難しい。感染例が今後激増した場合、基礎疾患がある米国市民は普段慣れている医療を受けられなくなることもあり得る」と警告した。
 また「3日時点で日米間の航空便は、新型コロナウイルスの感染拡大以前の11%しか運航しておらず、短中期的にはさらに減ることも想定される」として、帰国希望者には早期の帰国を促した。
 日本政府は、網羅的にPCR検査を実施して全体の感染状況を把握するのではなく、重症者のケアや医療機能の維持、集団感染事例の把握などを重視する方針をとっており、他国に比べると検査数が少ない状況が続いている。【秋山信一】

自給生活志向の読者からお便りをいただきました。

@ 5月末の水のストップに備え、雨水を溜めれるように、チャイルドプールの購入を検討しています。ブルーシートで蓋をしようと思っています。
A 溜めた水を何に使いますか? 今の雨水はいろいろ含んでいるので、トイレに流す水くらいにしか使えないと思います。そして、家族が次々にトイレを使うとプールの水が空になり、次の雨までトイレが使えない?
ペットボトルの空きがあったらそこに水道水を入れてダンボールに戻して家の隅に置いておくのがお勧めです。私は311の時、これで水道が止まっても困りませんでした。

A 防塵ゴーグルも持っていますが、より気軽に仕事中も掛けられるものとして、花粉症対策眼鏡も購入してきました。隙間は開いてしまいますが、咳をしている子どもと濃厚接触する事も日常茶飯事の為、飛沫を目に入れない効果はあると思います。
A はい、これはいいですね。ただ、やはり視野が狭くなったりします。つばが飛散して目に入ることを防ぐのなら普通の眼鏡でも効果があると思います。

B リーフ系とインゲンの家庭菜園の種を購入してきました。ミニトマト、キュウリ、ピーマン等複数のものをしっかりとした苗を一株づつ買って育てるのが、ベランダには適しているとのアドバイスを受けたので販売開始待ちです。
A リーフ系は大きくなって収穫したら終わりのところが寂しい。インゲン、キヌサヤがいいかもしれません。次々に花が咲いてわずかですが継続的に収穫できます。夏野菜では、作りやすいのはピーマン。キュウリ、トマトは消毒が必要になるかもしれません。種で簡単なのはシソです。
posted by ZUKUNASHI at 17:21| Comment(0) | Covid19

米国のCovid19死者 中国を超える 米軍 遺体袋10万 確保へ

ニューヨークの病院は武漢と同じ。遺体袋が並んでいる。

SPUTNIK2020/4/3
2019 War Games by US Naval War College Eerily Resembled COVID-19 Pandemic
Last September, the US Naval War College hosted a war games scenario aimed at addressing a global pandemic. The scenario - and some of its findings - bear an eerie resemblance to the COVID-19 pandemic and the challenges faced in fighting it.
Urban Outbreak

In September 2019, the US Naval War College (NWC) in Newport, Rhode Island, assembled a team of 50 experts to think out ways to address a global pandemic on an international level. The two-day war game scenario was called “Urban Outbreak 2019,” and many of its premises and conclusions are startlingly similar to the crisis and responses seen as a result of the COVID-19 novel coronavirus pandemic.

In Urban Outbreak, the team of experts faced a deadly infectious disease that attacked the victim’s respiratory system and spread rapidly across a metropolitan area, Military.com explained. Their attempts to quarantine infected groups, coordinate international aid and find a place for the vast logistical apparatus of the US military all struggled to contain the disease.

The experts on the panel hailed from the NWC’s Humanitarian Response Program as well as the Uniformed Services University of the Health Sciences (USUHS), the National Center for Disaster Medicine and Public Health (NCDMPH) and Johns Hopkins University’s Applied Physics Lab. Their conclusions drawn from the exercise were published on Wednesday.
Conclusions Parallel COVID-19 Lessons

The group arrived at 16 conclusions and provided expanded explanations for them in the report. Many of them mirror those already discovered in practice by addressing the COVID-19 pandemic, while others could find use among experts strategizing about how to contain the virus that has already infected more than 1 million people in 171 countries, killing at least 50,000 of them.

For example, in thinking out how people would react to various government initiatives, the experts noted that “forced mass quarantine or other top down approaches to an outbreak that securitize the response with law enforcement and/or military enforcement may not be successful and could increase the spread of the disease.”

“Early actions and planning across all sectors are exponentially more important than reactive measures once the disease is widespread,” the experts also found.

“Responders may be overconfident if they are not directly connected to the field. Frontline health care workers and first responders are often a good source of realistic assessments,” they also noted.

The experts also warned of the danger of misinformation spreading, the dangers of citizens hoarding goods and the possibility that gangs, religious groups and other non-governmental authorities could rise to social prominence in some communities amid the crisis.

Incorporating the present crisis into their report, the experts noted that it’s better to focus on the death toll as the primary indicator of the scale of the outbreak, since confirmed case counts will always lag and be incomplete.

“Without real time and widespread testing of infections, mortality offers tangible and reliable data,” they found. “Mortality ‘doubling time’ is the most important and widely accessible metric for winning the race against COVID-19 in the absence of extensive testing.”
Resistance to Thinking Outside the Box

Benjamin Davies, the game's designer and the associate director of research for NWC's civilian-military humanitarian response program, told Military.com on Wednesday that a major problem faced by the planners was that they kept focusing on how past outbreaks, such as those involving Ebola, have been fought, rather than on what the present situation required.

For example, since the US military didn’t provide direct aid to infected populations in the 2014 and 2016 outbreaks of Ebola in West Africa, the experts “were really stuck” on the military not doing so in their scenario, either.

This opposition to thinking outside of past boxes actually impaired the war game itself in ways that might have hurt the response to the present crisis.

"The original pathogen proposed for the game had an R0 [rate of transmission] closer to the COVID-19 virus, exhibited itself with cold- and flu-like symptoms, and required long-term intensive medical care for a small portion of the population," the report notes. "The learning opportunity lost by failing to use the original pathogen proposed is now obvious."

Instead, the game focused on a "known and curable bacterial pathogen."
Outbreak on Carrier Theodore Roosevelt

Some echo of these observed tendencies among leadership might be found in the present crisis involving the aircraft carrier USS Theodore Roosevelt. The warship has dozens of detected cases of the novel coronavirus, but when the ship’s captain raised alarm with Navy brass about his inability to follow established quarantine standards for his crew of more than 4,000 sailors, he was reprimanded for it. His alarmist letter was leaked to the San Francisco Chronicle last week, and he was sacked by the Navy on Thursday.

Acting Navy Secretary Thomas Modly told reporters Thursday that Captain Brett Crozier, the Roosevelt’s commanding officer, "demonstrated extremely poor judgment" amid the outbreak, noting that sending the letter to as many people as he did was "completely unnecessary to do."

"It created the perception that the Navy is not on the job, the government is not on the job and it’s just not true," Modly said.





RT2020/4/2
Pentagon seeks 100,000 body bags as US sees yet ANOTHER daily Covid-19 death toll record & 25,000+ new cases
The Pentagon is looking to hand out some 100,000 body bags as hospitals and morgues are overrun with coronavirus fatalities, with the US breaking its daily death toll record yet again.

The Defense Department will first distribute military-style “Human Remains Pouches” from a stockpile of 50,000 units to the Federal Emergency Management Agency (FEMA), and will later seek to purchase more, Pentagon officials told several media outlets on Wednesday.

The request from FEMA comes as the US sees its Covid-19 outbreak accelerate across all 50 states, counting another 884 deaths on Wednesday and breaking a nationwide death toll record set just 24 hours prior. The US also confirmed 25,000 new cases of the illness on the same day, bringing the national total to over 215,000, according to Johns Hopkins University.

The Defense Logistics Agency’s Troop Support unit, which manages the stockpile of body bags typically used for soldiers killed overseas, has contacted a manufacturer to determine whether it can meet the massive demand, but has not yet placed an order, Bloomberg reported.

FEMA and the Pentagon have already coordinated efforts in New York – which has been hit harder than any other state in the outbreak with nearly 84,000 cases and over 2,200 deaths – setting up refrigerated morgue trucks to cope with the influx of fatalities, while the military has dispatched a mortuary services team to New York City.

The US Navy has also deployed medical vessels to NYC and Los Angeles, where they will treat non-coronavirus patients in an attempt to take pressure off both cities’ crowded hospitals.

According to models prepared by the White House Covid-19 task force, up to 240,000 Americans could die in the epidemic, with a low end of 100,000 if appropriate containment measures are put in place. To date, more than 215,000 infections have been reported in the US, with over 5,100 deaths, as tens of thousands contract the illness each day.
posted by ZUKUNASHI at 14:08| Comment(0) | Covid19

超デブは新コロナウィルスで死にやすい

reuters_co_jp@ReutersJapanの2020/4/4のツイート
米南部ニューオーリンズは、人口当たりの #新型コロナウイルス による致死率がNY市の約2倍。なぜこんなに高いのか。
https://twitter.com/i/status/1246218422821609472


・・・・

私の観察したところでは、日本にはあまりデブはおられないんですよね。

特に年配者にデブが少ない。私なんかトップクラスです。新コロナウィルスにかかったらすぐ死にますね。
posted by ZUKUNASHI at 12:58| Comment(0) | Covid19

各国の感染者数の推移

so sora@sosorasora3氏の2020/4/4のツイート
ちょっとめも、4/4

ロシアは早くから国境閉鎖措置を取りました。その後この措置は強化され国外との人の移動は陸上、航空ともに停止されました。帰国者が感染している例が増えたため、ロシア人を連れ戻す便も停止になっています。
スウェーデンは日本と同じように放置主義、これから感染爆発が起きると見られています。
スイスは検査もやっていますが、ピークに達したかどうか。
韓国は、抑え込みに成功しました。

米国は、隠蔽策を取り払ったとたんに陽性者急増。世界最大の陽性者数を示すのも時間の問題と見られます。
posted by ZUKUNASHI at 10:37| Comment(0) | Covid19

2020年04月03日

COVID-19関係海外情報短信 日本人はアベ政権に殺される

RT2020/4/3
Long-term customers shocked as Bank of America restricts coronavirus bailout loans to businesses who’ve borrowed before
Bank of America customers trying to apply for their piece of the $350 billion small business bailout were appalled to learn the bank was restricting loans to businesses who’d borrowed previously – despite claiming otherwise.
Outraged customers discovered on Friday that the massive financial institution is unilaterally denying loans through the Paycheck Protection Program – the small business bailout passed as part of last month’s coronavirus economic stimulus – to any business that hasn’t borrowed from Bank of America previously.
While the bank’s CEO Brian Moynihan told CNBC it was merely prioritizing existing business loan customers, the policy posted on its website contradicted that claim, revealing that a prerequisite for applying to the scheme was a “small business lending relationship, inclusive of credit card,” that existed prior to February 15. Bank of America was the first of the ‘big banks’ to begin accepting applications – and, as of Friday morning, the only one, though the program’s website was supposed to go live at midnight on Thursday.
Social media was filled with outraged reports from customers, some of whom said their relationship with the bank goes back years.

MOSCOW (Sputnik2020/4/3) - Russia is suspending, from April 4, all flights for bringing its citizens back home from abroad, a source in a major Russian airline said on Friday.
"From midnight, all air travel with foreign countries will be suspended, including for Russians' evacuation from abroad," the source said.

英国でインターネットが広範囲でダウン
SPUTNIK2020/4/3
According to media reports, Sky broadband is down across the UK as users report that they are unable to access the internet.
Customers in Cornwall, Plymouth and other parts of Devon are reporting a loss of internet services, according to the CornwallLive media outlet.

ロシアがセルビアにウィルス学者と機器を供与
SPUTNIK2020/4/3
Russia Will Deliver Virologists, Medical Equipment to Serbia to Help Combat Coronavirus
The day before, Russian President Vladimir Putin and his Serbian counterpart, Aleksandar Vucic, discussed the possibility of cooperating in the fight against coronavirus, with Moscow pledging to provide humanitarian assistance to the country.
The Russian Defence Ministry stated on Friday that eight Russian medical teams with equipment are ready to be sent to Serbia to help fight coronavirus.
As of Friday, Serbia has registered 1,171 coronavirus cases and more than 30 fatalities, while the total number of COVID-19 cases worldwide has surpassed 1 million with about 53,000 fatalities.

ロシアが医療機器用品をフル生産へ
SPUTNIK2020/4/3
MOSCOW (Sputnik) - Russian President Vladimir Putin has instructed the government to increase the production of personal protective equipment and disinfection products in the necessary volumes and create a reserve in the light of growing COVID-19 pandemic, according to a document published on the government's website on Friday.

ロシアが有給休業期間を4/30まで延長
SPUTNIK2020/4/2
Putin Prolongs Non-Working Week Until April 30 as Part of Russia's COVID-19 Response

スウェーデンの高齢者介護施設で感染防止用品が不足寸前
SPUTNIK2020/4/3
COVID-19 Spreading Among Retirement Homes Across Sweden, Elderly Residents 'Terrified'
In some places, the problem is exacerbated by the lack of protective material, which may run out after several days or hours at worst, healthcare professionals admitted.

The situation in Stockholm's retirement communities and nursing care homes is alarming, as over 400 COVID-19 cases in 100 care homes across the region have been confirmed, national broadcaster SVT reported.

There are around 16,000 people living in about 400 special housing facilities for the elderly in Stockholm County alone, bringing the total infection rate to 3.1 percent.

Staff, residents and relatives are worried about what will happen, as people in the highest risk group are no longer safe. So far, senior citizens in the 80-90 age bracket have accounted for the largest group of COVID-19 fatalities in Sweden.

The outbreak is not limited to Stockholm. According to Swedish Radio, at least 90 municipalities throughout the country have so far confirmed or suspected cases of COVID-19 in their retirement homes.

“The problem is that in many places you only have protective material for days or at worst hours ahead. This creates great concern among the staff, which can lead to great absenteeism if they dare not work,” Stefan Amér of the healthcare company Familjeläkarna ('Family Doctors') said.

“One resident said that he was terrified of getting coronavirus. He has high blood pressure, diabetes, asthma and allergies. He is really at risk. So I told him that we do what we can to minimise the risk,” nurse Maria Placonà told SVT.

According to Georg Engel, head of palliative care at one Stockholm nursing home, the end of life will look completely different in the coming months. In many cases, there will be no relatives to offer their final farewell.

The concerns were shared by Sweden's state epidemiologist.

“We are worried about the elderly group. The curve goes up again. It is very unfortunate,” state epidemiologist Anders Tegnell said.

Tegnell, who has repeatedly called for the elderly to be protected, admitted that the strategy hasn't worked.

“No, it obviously hasn't. That is exactly what we are trying to prevent in every way possible. It is possible that it cannot be prevented altogether. Now, the state is taking another step and forbids visits altogether, except in extremely exceptional cases, and these figures unfortunately argue that maybe that is exactly what we have to do,” Tegnell told Swedish Radio.

So far, Sweden has 5,466 registered COVID-19 cases and has seen 282 fatalities. As opposed to the rest of Europe, Sweden appears to have gone its own way in tackling the coronavirus epidemic, as only voluntary restrictions and no lockdowns have been imposed. With only a few restraints in place, such as a limit on gatherings of over 50 people, Sweden largely continues to run as usual, with schools and preschools still open.

The country's largely voluntary measures and laissez-faire approach has been largely attributed to the “Swedish model”, which builds on mutual trust between the state and the citizens.
国の主に自発的な措置と自由放任主義のアプローチは、主に「スウェーデンのモデル」に起因しており、それは国家と市民の間の相互信頼に基づいています。


SPUTNIK2020/4/2
Half of Sweden's Population to Be Infected by COVID-19 in April – Professor
4月末までにはスウェーデンの人口の半分がCOVID-19にかかっているだろうと 教授が述べる
Stockholm University professor Tom Britton said that he would “bet his house” that something between 250,000 and half a million are infected in the Nordic country of 10 million at the moment.
ストックホルム大学のトムブリットン教授は、北欧の国で現在25万から50万の間の人数が感染していることに「家を賭ける」と語った。

T.S. Eliot once wrote that April is the cruellest month, and it also happens to be the month when the spread of coronavirus will be most intense, according to Tom Britton, a professor of mathematical statistics at Stockholm University, who specialises in modelling how infectious diseases behave in a population.

“This disease is so contagious that over half of Sweden's population will be infected before the end of April. After that, the spread of infection will not stop, but it will go slightly slower so that about two-thirds will be infected by the end of May,” Britton told Swedish national broadcaster SVT.
「この病気は非常に伝染性で、スウェーデンの人口の半分以上が4月末までに感染するでしょう。その後、感染の拡大は止まることはありませんが、少し遅くなるため、5月末までに約3分の2が感染することになります」とブリトンはスウェーデンの全国放送局SVTに語った。

Britton said he would “bet his house” that between 250,000 and half a million are infected at the moment. This is in stark contrast to the official count of 4,947 sick.
ブリットン氏は、現在25万から50万人が感染しているとの見解に彼の家を賭けたと述べた。これは公式の4,947人の病人とは対照的です。

This means, according to Britton, that April is high time for the elderly and at-risk groups to stay at home and avoid social contact.

“If you go out in April, maybe one in ten people is contagious. This means that you only need to meet ten people for you to run a fairly high risk of getting infected. If you do the same thing in late May or June, however, you do not run the same risk at all,” Britton said.
「4月に出かけると、おそらく10人に1人が伝染します。つまり、感染するリスクがかなり高い場合でも、10人の人と会うだけで十分です。ただし、5月末または6月に同じことを行っても、まったく同じリスクを負うことはありません。

Jan Albert, a professor of infectious disease control at the Karolinska Institute, stated that there was a lack of conclusive data, as few tests have been available to the general population so far, but called Britton's projections “not at all unreasonable”. Albert also anticipates the infection to peak in April.

“Right now most people expect an active spread of infection, which is heading towards some kind of peak. Whether it is a single peak or if more are to come, we do not know,” Albert mused.

In tackling the coronavirus epidemic, Sweden has long been an outlier in the EU, imposing no lockdowns and content with only voluntary restrictions built on the so-called “Swedish model” where citizens are assumed to possess a deeply ingrained respect for the authorities. Apart from a few restraints, such as a limit on gatherings of over 50 people, Sweden largely continues to run as usual, with schools and preschools still open.
コロナウイルスの蔓延に取り組む上で、スウェーデンは長い間EUの外れ値であり、市民が当局に根深い敬意を抱いていると想定されるいわゆる「スウェーデンモデル」に基づいた自発的な制限のみで、封鎖やコンテンツを課していません。 50人以上の集まりの制限など、いくつかの制限はありますが、スウェーデンは学校や幼稚園がまだ開校しているため、おおむね通常通り運営されています。

While the number of infected people is comparable with its neighbours, Sweden has seen 239 deaths, most of them in the 80-90 age bracket. Still, this is more than ten times the figure recorded in neighbouring Finland, and even more than in the rest of the Scandinavian nations combined.

Greater Stockholm has been the most affected area of the country, spurring calls to impose a lockdown on the capital area. However, only 18 percent of Stockholmers support the idea, SVT reported.

According to state epidemiologist Anders Tegnell, the infection curve is only starting to get steep.

“If you look at the last month in Sweden, we have had a relatively flat curve but now we're having a fairly steep upturn,” Tegnell told the Finnish newspaper Hufvudstadsbladet.

According to World Health Organisation (WHO) Director General Tedros Adhanom Ghebreyesus, the global number of COVID-19 cases was likely to reach 1 million within the next few days, with 50,000 fatalities.

オランダの潜水艦が新コロナウィルスの発生で北海での訓練を中止
Dutch Navy submarine aborts North Sea training mission due to Covid-19 outbreak on board
A Dutch combat submarine was forced to cut its voyage short and quickly return home after several of its crew members tested positive for the Covid-19 disease.
The mission was aborted after 15 sailors on board the Walrus-class submarine HNLMS 'Dolfijn' showed flu-like symptoms. Eight of them later tested positive for Covid-19, the Dutch Defense Ministry said.

インドでロックダウン、公共輸送機関のストップによる失業者の都市脱出で大混乱
RT2020/3/30
‘No such plan’: Modi govt dismisses report it’s considering extension of coronavirus lockdown beyond April 14
New Delhi has denied that it has been considering an extension of the 21-day lockdown for a week, with fears mounting that a massive migrant exodus is bound to undermine the effect of the measure.
India has been in a state of a complete lockdown since March 25, after Indian PM Narendra Modi announced sweeping restrictions on movement and ordered all non-essential commerce to shut down.
Public transport came to a screeching halt, with most states banning inter-state bus routes, railway lines and, in some cases, private transport, including buses and auto-rickshaws. While the measure was aimed at emptying the streets of people – quite a challenge for the world’s second-most-populous country of over 1.3 billion residents – the move backfired, as it saw thousands of migrant workers setting off on a long journey home, including on foot.
The sight of scores of workers, now jobless, roaming the streets without much money or food, has sparked concerns that the lockdown might not be that effective and prompted authorities to provide buses for the stranded migrants to take them home.

ロシアは新コロナウィルス治療薬を3種持つ
SPUTNIK2020/3/30
Russia Now Has Three Drugs That Can Help Treat COVID-19 – Russian Academy of Sciences

ロシアが持ち運べる新コロナウィルス診断機を開発中
SPUTNIK2020/3/30
MOSCOW (Sputnik) - Russian state-owned military corporation Rostec is now developing a portable mini-laboratory for coronavirus diagnostics, Executive Director Oleg Yevtushenko said.

ロシアが2020/3/30から車両、鉄道の国境通過を停止
SPUTNIK2020/3/28
Russian PM Orders Suspension of Border Crossing by Car, Rail Starting 30 March

イスタンブールは人気なし。65歳以上は外出禁止に
SPUTNIK2020/3/28
Workers in protective suits disinfect Dolmabahce Palace due to coronavirus concerns in Istanbul
Istanbul Nearly Deserted Amid COVID-19 Pandemic - VideoTurkey is suspending air travel with other countries amid the COVID-19 pandemic, Turkish President Recep Tayyip Erdogan said on 27 March.
Istanbul is almost empty as Turkish President Recep Tayyip Erdogan called on citizens to go into "voluntary quarantine" due to the coronavirus pandemic.
A day earlier, Turkey registered 2,069 new cases of the coronavirus in 24 hours, bringing the total number of positive cases to 5,698, according to Turkish Health Minister Fahrettin Koca.
Turkish authorities have banned people aged over 65 from going outside due to the risk of infection.

ウクライナが国境閉鎖
ウクライナは、国内の政治経済の混乱で何百万人もの人がポーランドなどへ出稼ぎに出ています。ところがこれらの国も新コロナウィルスで景気悪化、出稼ぎの人は収入が急低下のはずです。そこにウクライナが国境を閉鎖すると発表。3/27の封鎖実行の数時間前、ポーランドとウクライナとの国境のポーランド側にウクライナに入国しようとする人たちの長い列ができています。

Google Mapで見るとここです。

この先250mほどのところに検問所があります。

最初の写真はベルディシュティと書いてある辺り。

川の対岸にあるウクライナ側の検問所までの距離は1.4kmほど。歩道があるようには見えません。ポーランドとウクライナの他の国境通過点でも同じような行列ができていたそうです。

何年先かはわかりませんが、日本もウクライナと同じような政治、社会情勢になっているかもしれません。極右勢力の跋扈と汚職の常態化、無能な政治家です。

RT2020/3/27
WATCH thousands of Ukrainians swarm border to get back home ahead of coronavirus lockdown
27 Mar, 2020 21:35 / Updated 1 hour ago
With Ukraine’s borders scheduled to slam shut to cope with the Covid-19 contagion, thousands of Ukrainians who had been working in Europe risked infection by crowding at crossings to get back into the country.
Endless lines of mostly men, many wearing face masks but some without, waited for hours at border crossings between Ukraine and Poland on Friday, hours before the lockdown was to take effect. RT’s news agency Ruptly captured some of the footage in Lublin Voivodeship, on the Polish side of the crossing in Dorohusk.
Similar scenes unfolded at other border crossings, with photos widely shared on social media showing tightly packed crowds – the exact opposite of “social distancing” advised across the world as the best way to slow the spread of the potentially deadly virus.

RT2020/3/28
'No new patients until release': WATCH staff protest KIDNAPPING of Haiti hospital chief as Covid-19 takes root in country
The chief surgeon and director at one of Haiti’s major hospitals was kidnapped on his way into work, triggering protests from the facility’s staff, who have refused to take any new patients until the doctor is freed.
The surgeon, Dr Jerry Bitar, was abducted soon after leaving his home for the Bernard Mevs hospital in Haiti’s capital of Port-au-Prince on Friday, an administrator at the facility told Reuters. Crowds gathered outside the hospital to demand Bitar’s release, chanting slogans and declining treatment for any new arrivals.
“Hospital staff decided not to take any new cases for the time being,” said the administrator, Carla Puzo, adding: “We will continue to look after those already here.”

RT2020/3/28
First train with medical supplies for Europe leaves Wuhan as China eases Covid-19 lockdown
28 Mar, 2020 08:04 / Updated 1 hour ago
Beijing has resumed its railway freight service between Wuhan and Europe by delivering medical aid to Germany as authorities work to lift strict quarantine measures after the number of new cases Covid-19 dropped.
A train loaded with medical supplies and construction materials has left a station in Wuhan, the capital city of China's central Hubei Province, and is set to arrive in the city of Duisburg in Germany in two weeks, Chinese outlet the Global Times reported on Saturday. The delivery will be the first China-EU cargo freight operation from Wuhan since the city was placed under strict quarantine in January after the Covid-19 outbreak.

[ワシントン 25日 ロイター] - 米首都ワシントンDC当局は、新型コロナウイルスの感染防止のため、生活に必須の業種を除くすべての企業の閉鎖を命じた。期間は25日夜から1カ月。

※ シリア国旗NadieHarbiehシリア国旗@HarbiehNadieの2020/3/25のツイート
#Syrian government issued a decision to enforce a nighttime curfew across #Syria from 6 PM to 6 AM as of Wednesday 25/03/2020, with all commercial activities and shops to be closed completely during curfew times for confronting the #Coronavirus (#COVID19) #fightcoronatogether

モスクワ、3月24日-RIAニュース。18:33 03.24.2020(更新:18:46 03.24.2020)
ロシアでは、ナイトクラブ、映画館、エンターテイメントセンターを閉鎖します
政府はコロナウイルスの発生により、ナイトクラブ、映画館、その他の娯楽施設を一時的に閉鎖するよう地域に命令しました。
ロシアにおける感染症の輸入と拡散を防止するための運営本部の会議に続くこのような決定は、内閣のウェブサイトで公開されました。
バー、カフェ、レストランでの喫煙ギセルの禁止も指示されました。


Egypt imposes nighttime curfew, partially closes shops to fight coronavirus spread

The Egyptian government has imposed a two-week long curfew and is shutting down shops and restaurants to curb the spread of the coronavirus epidemic in the country.
The curfew will be in force between 7pm and 6am starting Wednesday and apply to all citizens and transport, Egyptian Prime Minister Moustafa Madbouly announced in a televised address. Violators would be subjected to fines and prison terms.
Businesses will have to stay shut between 5pm and 6am on all days except Fridays and Saturdays, when they will not be allowed to open at all. Supermarkets, pharmacies and bakeries however will be exempt.

India to go into COMPLETE lockdown from midnight – PM Modi
Indian Prime Minister Narendra Modi has announced that the country will go into complete lockdown for a period of 21 days beginning on Wednesday after midnight.
“If we are not able to manage the upcoming 21 days, we will be pushed back 21 years,” Modi said.
There will be a total ban on venturing out of your homes.
The country had been in a partial lockdown for several days, with the so-called ‘janta curfew’ imposed throughout the country to restrict the freedom of movement in the hopes of stemming the tide of infection, but Modi announced the decision to extend both the scale and length of the lockdown in a televised address on Tuesday.


Germany-bound shipment of 6 MILLION face masks vanishes in Kenya

A shipment of face masks, ordered by Germany to protect health workers battling the ongoing coronavirus outbreak, has mysteriously vanished in Kenya. It remains unclear whether the batch was stolen or simply misplaced.
The German military confirmed the loss of the shipment on Tuesday. The batch of six million FFP2 protective masks was due to arrive in Germany on March 20, but it went missing at an airport in Kenya.
“The authorities are trying to find out what happened,” a defense ministry spokesperson said, confirming earlier reports by German media. The Kenyan Airports Authority (KAA) told Reuters it was still “assessing the situation.”
It remains unclear how – and why – the shipment ended up in the east African country in the first place, as the masks are said to have been produced by a German company. It was also not immediately clear whether the six million masks were stolen or somehow got lost in transit.

※ ヴィズマーラ恵子イタリア国旗@vismoglie氏の2020/3/22のツイート
カトリックでは、危篤に近い段階で司祭(神父)を呼び、逝去の前に「聖油の秘蹟」=塗油式を行うが、その際にコロナウイルスに感染したくさんの神父が亡くなっている。ベルガモでは15人の司祭が亡くなった。ここ3日間でミラノも3人の司祭を失った。パルマは6人の司祭と次々に
・・・ベルガモでは15人の司祭が亡くなった。そりゃそうなりますよね。でも宗教儀式はそう簡単には改まらない。

ドイツ
Germany’s Covid-19 cases jump by 2,705 in one day as death toll hits 47
The number of Covid-19 cases in Germany has climbed by 2,705 to 16,662 and the death toll has hit 47 after 16 fresh fatalities were reported on Saturday.
The Robert Koch Institute announced the stark figure on Saturday morning and it is based on data collected up until midnight on Friday.
The federal agency, which is responsible for disease control and prevention in Germany, said a total of 47 people have died after testing positive for the illness, an increase of 16 from Friday’s tally.


スペイン
Spain’s Covid-19 death toll jumps by over 300 in one day, number of cases nears 25,000
The death toll from the Covid-19 illness in Spain has hit 1,326, an increase of over 300 in just one day, as the coronavirus crisis deepens in Europe.
The Spanish health ministry announced that the number of Covid-19 cases in the Iberian country climbed to 24,926 on Saturday, an increase of nearly 5,000 from Friday’s tally of 19,980.
Speaking on Friday, Spanish health emergencies chief, Fernando Simon, said that the number of infected people could actually be higher than reported as the test laboratories are “overwhelmed” and unable to process all of the samples.

イタリア
Italy coronavirus death toll hits 4,825 as 793 die in ONE DAY in biggest daily increase
The death toll from the Covid-19 illness in Italy has nearly reached 5,000, as health authorities reported on Saturday that another 793 people have fallen victim to the coronavirus.
Saturday’s staggering increase of nearly 20 percent is by far the largest daily rise since the outbreak began a month ago.
Officials announced that 4,825 people have died from the disease in the Mediterranean nation, which surpassed China to become the worst-hit country in the world on Thursday.
The total number of cases across Italy rose to 53,578, an increase of over 5,000 from a previous tally of 47,021.
The worst-affected region of Lombardy remains in a critical situation, with 3,095 deaths and 25,515 cases. The situation in the region has become so severe that the Italian military had to move dozens of coffins from the cemetery in the town of Bergamo to other areas because local funeral providers were overwhelmed.

ロシア スペイン旅行後自己隔離をせず多数の者と接触した女性教員が感染判明。投獄される可能性も。
‘Doctor Death’: Russian INFECTIONS expert faces jail for hiding trip to Spain & potentially EXPOSING countless people to Covid-19
A leading infectious diseases specialist in Russia’s southern Stavropol region endangered the lives of dozens of her colleagues and students by failing to self-quarantine after a holiday in Spain, where she contracted coronavirus.
Instead of self-isolating for at least 14 days, following her brief trip, Professor Irina Sannikova spent a whole week giving lectures and meeting fellow doctors and medical students - even attending a scientific conference - before she felt sick and was hospitalized with pneumonia on March 17.

シリア軍の兵士が、握手、チークキス辞退しますとの紙を掲げています。新コロナウィルス感染防止策です。

イタリアで新コロナウィルスによる死者が急増。医療関係者が助けを求めています。遺体を他の都市に運んで火葬するために軍のトラックが使われています。イタリアで新コロナウィルスの死者を軍のトラックで火葬場へ移送

One Iranian dies of coronavirus every 10 minutes, 50 get infected every hour – health ministry
イランでは新コロナウィルスで10分ごとに一人、1時間ごとに50人が感染感染している(感染が判明している)。

Stay near home & no cycling: France tightens Covid-19 lockdown restrictions to ‘max 2km from home’
フランスでは新コロナウィルスによる外出範囲規制を各人の家から2kmに強化、家にいなさいサイクリングは禁止

Germany calls up reservists to fight coronavirus
ドイツは予備兵を召集、コロナウイルスと戦う

Saudi Arabia limits worship at Mecca & Medina mosques, risking tighter crowds amid coronavirus pandemic
サウジアラビアは、コロナウイルスの蔓延の中で礼拝をメッカとメディナのモスクのみに制限し、より密集した群衆のリスクを冒している
サウジアラビアでまだ祈りのために開かれている礼拝所は、メッカとメディナのモスクのみ。 他のすべてのモスクでは集合による祈りが中止されている。

New Delhi to impose 1-week ban on commercial flight landings in India as it cracks down on coronavirus
ニューデリーは、商業フライトの1週間インド着陸禁止へ

欧州主要空港の出発便激減。仁川が入っています。

※ Syrian Girlシリア国旗@Partisangirl氏の2020/3/20のツイート
The US increase of sanctions on #Iran and #Syria during #coronavirus crisis truly reveals the depth of evil , demonic and inhuman nature of their deep state.
The world is witness to their shame.

Worldwide coronavirus deaths surpass 9,000 – AFP新コロナウィルスによる世界の死者9000人を超す
欧州の死者がアジアの死者を上回る。

カバはリンゴが好き
https://twitter.com/i/status/1240850552600162304

共同2020/3/20 19:31 (JST)3/20 19:43 (JST)updated
韓国、欧州からの入国者全員検査
22日から開始、新型コロナで
 【ソウル共同】韓国政府は20日、欧州からの入国者全員に対し、新型コロナウイルスの検査を実施すると発表した。欧州全域で感染者や死者が急増していることを受けた措置。22日から始める。
 検査で陽性となった入国者は、状態によって病院か軽症者を収容する「生活治療センター」に搬送する。結果が陰性でも、韓国人や長期滞在予定の外国人は14日間、居住地で自主隔離させ、短期滞在の場合は「徹底的に管理する」としている。
 韓国政府当局者は20日の定例記者会見で「米国やアジア諸国なども鋭意注視している」と説明し、必要な場合は全員検査の対象国を拡大する可能性もあると指摘した。

モスクワは閉鎖されていないし、当面その予定はない。
Several media outlets previously claimed that the Russian capital was on lockdown or would be closed soon amid coronavirus fears, but the reports were later debunked.
Moscow being shut down over the global COVID-19 pandemic is not on the agenda, Russian presidential spokesman Dmitry Peskov said Friday.
"Not being discussed right now", the official said when asked if the issue of the capital's shutdown was being reviewed by the government.
So far, Russia has confirmed 199 cases of COVID-19, with one fatality. Addressing the disease, the authorities cancelled mass events and imposed travel bans, also organising mass medical testing.

ロシア大統領府
Vladimir Putin had a telephone conversation with President of the People's Republic of China Xi Jinping.
March 19, 2020 18:15
The presidents thoroughly discussed the situation around the coronavirus pandemic, given that Russia and China established close cooperation in fighting the infection from the very outset.
The Russian side highly assessed the results achieved by the Chinese leadership and the Chinese people in countering the spread of the disease.
Vladimir Putin and Xi Jinping spoke in favour of further mutual assistance and deeper cooperation in healthcare and the development of new medicines.
In addition, the leaders exchanged opinions on a number of other aspects of promoting friendly Russian-Chinese relations.
何だろう? 石油問題?

‘US wasted precious time China has bought!’ Beijing shreds Washington over ‘racist’ coronavirus rhetoric
「中国が購入した貴重な時間を米国は無駄にした!」北京は「人種差別主義者」的コロナウイルスのレトリックをめぐってワシントンに切り込む
Washington has passed off blame to Beijing for its own failures in addressing the Covid-19 outbreak, China’s Foreign Ministry said, hitting back at the ‘Chinese virus’ rhetoric with the ironic term ‘Trumpandemic’.
“Some people in the United States attempt to stigmatize China's fight against the epidemic and shirk its responsibility to China,” Foreign Ministry spokesperson Geng Shuang told reporters on Friday, referring to the finger-pointing adopted by President Trump and other top officials (after weeks of US media outlets calling it the 'Chinese' and 'Wuhan' virus).

Pentagon sends 2,600 Europe-based personnel into QUARANTINE after 35 test positive for coronavirus


RT 20 Mar, 2020 17:35 / Updated 10 hours ago
‘You are NOT invincible’: WHO chiefs give desperate warning to world's youth about Covid-19
Though coronavirus has disproportionately affected the elderly and infirm, the chief of the World Health Organization (WHO) Tedros Adhanom Ghebreyesus has issued a stark warning to younger generations: “You are not invincible.”
コロナウイルスは高齢者と弱い人に不釣り合いに影響を及ぼしていますが、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェサス局長は、若い世代に「あなたは無敵ではない」という厳しい警告を発しています。

"Data from many countries clearly show that people under 50 make up a significant proportion of patients requiring hospitalization," the agency's director-general said at a press briefing on Friday.
「多くの国からのデータは、50歳未満の人々が入院を必要とする患者のかなりの割合を占めていることを明確に示している」と同局長は金曜日の記者会見で述べた。

He then urged young people directly to take the threat of Covid-19 seriously: "This coronavirus could put you in hospital for weeks, or even kill you.”
彼はその後、若者に直接Covid-19の脅威を真剣に受け止めるように促しました。「このコロナウイルスは、あなたを数週間入院させたり、あなたを殺すことさえできます。」

Tedros added that even if younger people show mild or even no symptoms after contracting the virus, “the choices you make about where you go could be the difference between life and death for someone else.”
テドロス氏は、若い人たちがウイルスに感染した後に軽度の症状を示したり、症状を示さなかったりしても、「どこに行くかについての選択は、他人の生と死の違いになる可能性がある」と付け加えました。

His WHO colleague Michael Ryan emphasized the point by insisting people should not consider anything about the viral outbreak as 'normal.'
彼のWHOの同僚であるマイケルライアンは、ウイルスの発生については「正常」と見なすべきではないと主張することで、この点を強調しました。
posted by ZUKUNASHI at 18:51| Comment(0) | Covid19

佐藤彰洋氏(横浜市立大学教授)のインタビューのポイント

Yahooニュース
「新型コロナ感染症」:一刻も早い強力な「接触規制」を〜データサイエンスの専門家が警鐘

「ウイルス伝搬の数理モデル化とデータ駆動型シミュレーション」などの研究があるデータサイエンスの専門家、佐藤彰洋氏(横浜市立大学教授)

佐藤「すでに感染制御ができるギリギリの状態です。実はもう制御不可能に入りつつあるのかもしれません。このまま感染拡大して感染者数が増え、3000人から5000人の感染者が出ると医療と隔離の容量を超過します。これを超過すると、これまでのように感染された方を特定して隔離環境で治療することが困難となり、感染率が急上昇するのです。そして、その後始まるのが『爆発的感染拡大』と呼ばれている現象ですが、一旦この、指数関数的増加が始まれば、制御はほぼ不可能で、1週間で10倍の増加速度で感染者数が増え続けることになります。特に、1万人を超えたところで、その1週間後に10万人、2週間後に100万人、3週間後に1000万人と制御出来ないままに感染者が増えていくのを、手をこまねいて眺めていなければならなくなるでしょう」

佐藤「感染者が100万人を超えるくらいから、社会のあらゆる場面で感染者が発生することになり、社会経済産業の活動は再起動不可能な形で止まっていきます。
1000万人を超えるところで、労働人口当たり、6人に1人の割合で感染者が発生し、重症化していくことで再起不能な形で産業活動が停止していく。特に、1000万人程度では、ある瞬間にその分野に携わる人間が瞬く間にいなくなるような過酷事象が起きますから、電力インフラにそれが起こりますと、発送電設備の運転が不能に陥る危険性があるのです。原発はもちろん、水道、ガス、通信、公共交通など、現在社会のほぼ全ての産業セクターおよび日常生活は電気に依存しているため、電力インフラが停止することで、ほぼ全ての社会活動が完全に停止する状態となる。最終的に、病院での治療も不可能となりますし、日常生活のさまざまなところで停止が生じる。特に、家庭内の調理器具、物流や小売りが長期間にわたり停止するため、飢え死などの関連死する人も大量に発生するかもしれません

佐藤「弾道軌道に入ってしまえば、5月になれば終息するというような生やさしい話ではないのです。私の計算では、このままでは4月9日〜13日前後で、感染者数は、正しく感染率を抑え込むことができる医療容量を突破し、指数関数的増加状態が始まります。すなわち、爆発的感染拡大が起き、その後処置もできないままに感染者が増え続ける。そのような状況となってから都市封鎖を行おうとしても、既に医療機関は疲弊し、隔離的医療環境もないまま、感染率を大幅に低下させられる手段がない。そして、感染者数が1000万人を超えると予想される、5月末には多くの人が死に直面してしまう事態になります。まして英国で用いられた集団免疫などという概念は絶対にやってはいけません。集団免疫の議論では社会経済活動に死亡率や重症化率が与えるシナリオ評価や影響評価が全くなされていない。新型コロナ感染症には、ウイルスを完全に消滅させて制圧するか、全員が新型コロナ感染症になってしまうかの2択しかありません。そして後者を選んだ場合、社会が完全に止まってしまい、この疫病だけでなく、その関連死により更に多くの人が亡くなることになるでしょう。経済の立て直しは生き延びた後であれば、なんとでもできるのです。今はとにかく生き延びることを第一に考えなければならない。我々はそのような緊急事態の真っただ中にいるのです」

モデル計算によると、3月10日以後の感染率の10倍の上昇により、3月25日以降の感染者数の急増が理解できます。なぜ、このような感染数の急上昇が現れているのかといえば、海外帰国者が帰国後に発症し、持ち込んだと思われる、これまで日本国内で主として確認されていた新型コロナウイルスのウイルス型とは異なるウイルス型による2次感染、3次感染が発生し始めていることが状況証拠的に考えられます。この型のウイルスは、欧米で大規模な流行を拡大させている感染力の強いタイプと見ています」

佐藤「それは北京大学や上海大学などの研究グループが出した論文(※3)で、新型コロナウイルスは大きくL亜型とS亜型に進化し、L亜型は攻撃性が強く強毒性という内容です。おそらく欧米で猛威を振るっている、このL亜型が、帰国者を通じて日本国内にもたらされ、そのことで感染数の急上昇が起きているのではないかと考えています」

佐藤「その通りです。2020年3月10日から現時点まで、この感染率で今後の感者数の予測計算を行い、14日後までに確認されると推計される感染者数を計算すれば、すでに約1000名が東京都内で罹患または発症している概算になります。この概算値は、今後14日間で発症し、PCR検査の機会を得て感染者として確認できる人数の概算値です。つまり、無症状感染者や発症しても軽症のため、PCR検査の機会を得られない感染者はこれに含まれていません。80%程度が無症状または軽症の感染者という報告もあり、無症状または軽症の感染者まで加味すれば、すでに1万人程度が感染している可能性もあります」

佐藤「感染力の強いL亜型が流行していると仮定した最悪のシミュレーションでは、今からでも生命維持に必要と考えられる基本的セクターに携わる人以外の全ての人が他者と接触する活動、つまりソーシャル・ディスタンシング(社会的距離戦略)を通常の1.8%まで低下させ実行する必要があるということになります。人間同士の接触をこのレベルまで落とし、これを14日間以上継続すれば、下のグラフのように14日後から感染者数の減少を確認することができるというシミュレーションになります。実際には、これほど急に減少に転じず、累積感染者数は緩やかな上昇カーブを描きながら徐々に一定値、すなわち感染者がほぼ確認されない終息状態になるでしょう」

佐藤「感染連鎖を断ち斬るには、下の図(右)のように人間同士の社会的な直接触接を14日間程度、全くしないことで、有限サイズのクラスターを形成することが必要です。例えば、不要不急だけでなく、日常生活で必要なあらゆる外出を1/50以下にしたり、一度に他者と接触する人数を通常の1/50以下にするというようなことです。人間には睡眠や食事などの一次活動、仕事や学校、買い物などの二次活動、移動や余暇に使う三次活動がありますが、これまで1日にそれぞれ8時間ずつ使っていたとすれば、1日16時間を人との直接接触を伴う可能性のある活動に使っていたということになります。すなわち2週間では224時間を人との直接接触を伴う活動として使っています。一次活動は自宅で行い、三次活動も自宅でしか行わないようにすることは可能です。二次活動だけは生命維持のために買い物などで出かける必要がありますので、14日の間に二次活動を224時間×0.018=4.03時間まで頻度低下させます。更に、1回で会う人数についても1.8%つまり、1/50以下にします。つまり、仕事や学校、買い物に費やす時間を、1週間当たり2時間以下にして、一度に集まらないようにずらすということです。そして、この2週間で症状が出た人は、電話で個別に相談を行い、担当者が防護服や消毒薬を使い、正しく感染制御を行った上で、一人ひとり検査を行って医療機関での治療に専念していただくのです」

佐藤「その通りですが、ニューヨークで行われているレベルの都市封鎖では足りないと思います。もちろん、これほどまで人間の活動を抑えるというのは、かなり過酷な要求だと思います。しかし、14日間、これを続ければその後に起きる破局を回避できる可能性が高くなります。制御不能な指数関数的感染爆発が起きれば、多くの尊い人命が失われていくでしょう。なるべく早く決断し、厳しい都市封鎖をすれば、辛抱する時間も短くてすみますし影響も少なくてすむのです」
posted by ZUKUNASHI at 15:07| Comment(1) | Covid19