サル痘: ずくなしの冷や水

2022年07月20日

サル痘は機内や通常の接触で感染している



性的な接触は、感染しやすい(確実に感染する)だけのことです。空気感染もありうる。



posted by ZUKUNASHI at 07:19| Comment(0) | サル痘

2022年07月15日

*サル痘に警戒を*

この記事は先頭に置くため先日付になっています。
サル痘はいろいろな皮膚症状を示します。重い症状もある。感染者が急増しています。薬はないとされていますが、フランスの研究者が日本のアトピーなどの薬に効果がある可能性を指摘しています。

ワクチンの副作用による自己免疫性水疱症ではないかとの声がありますが、それなら感染性はないはず。

サル痘に感染すると、強い痛みが出るそうです。

欧州では、初期の感染者に男性の同性愛者が多かったため、感染がそのような集団に限られるとの見方もありますが、それは根拠がないとされています。

日本ではまだ感染者が発見されていないようですが、入ってくるのは時間の問題。警戒が必要です。

the World Health Network という組織がサル痘の世界的流行の宣言を出しました。WHOに宣言を出すよう促す声が強まっています。

肛門や性器に強い皮膚症状が出た人もいます。病院で診てくれるところがあっても、あちこちの科に回されます。

2022年06月18日
モンキーポックスは空気感染する

2022年06月16日
mRNA接種者に天然痘生ワクチンは危険がある可能性

2022年06月16日
モンキーポックスでこんな症例もあるらしい 性感染症類似の症例




posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(0) | サル痘

2022年07月13日

サル痘に曝露したらすぐに検査を受けるべきらしい



・・・・・

日本では検査を受けられない。
posted by ZUKUNASHI at 17:23| Comment(0) | サル痘

2022年07月08日

モンキーポックスは空気感染する 無症状者からも感染

@ サル痘が空気感染することが確認されています。
一番の感染経路は、接触感染のようです。患者の皮膚病変に触ることが最も危険。

A 発疹が起こる前から上気道スワブ検体からウイルスが検出されています。CT値も25以下と高い。

症状が出る前からウィルスが放出されている。感染が生じます。米国CDCがそのサイトから空気感染に関する記述を削ったことに強い疑問を呈する人がいます。

B 治療薬はない。(日本の安価な薬、トラニラスト(リザベン)が効くとの説もありますが、臨床などのデータがありません)

C 天然痘の予防注射が効果があるとの見解もありますが、WHOは現時点では推奨していません。
ベルリンで天然痘の予防接種を受けていた50代男性の感染確認

D 哺乳類のペットに感染する。

E 潜伏期は12日程度、3週間説も。

F 死亡率は1%説から10%説まで幅がある。

G 感染確認はPCR検査による。
日本は、PCR検査機器が海外よりも不備ですから、今回も検査不足の事態が生じえます。
現状、国内で検査可能なのは国立感染症研究所(東京)に限られる。

H 感染者の使用した衣類、寝具などに触らない。(感染者の皮膚に接したものはウィルスが付着している。)

まだ東アジアでは感染者が報告されていませんが、確認された感染者は氷山の一角です。日本にいつ入ってきてもおかしくない。

新コロナウィルスの出現当初と同じような状況です。
日本での対応は、遅れるでしょう。海外の情報に注目する必要。

最新のサル痘発生状況







2022年06月02日
サル痘 何が何でも感染できない事態
モンキーポックスについて、日本語での情報発信が早いのはAngama@Angama_Market氏のツイートです。フォロー推奨。

2022年05月25日
モンキーポックスの確認地域が広がっている

2022年05月24日
モンキーポックスで緊急事態宣言が出る見込み

2022年05月21日
モンキーポックスについて知っておくべきこと

2022年05月20日
モンキーポックスの拡大に警戒強まる
posted by ZUKUNASHI at 19:35| Comment(0) | サル痘

2022年06月27日

現在世界的に蔓延しているサル痘ウイルスは、単一の起源を持つ可能性





Extremely Mutated Monkeypox Strain Appears to Have a Single Point of Origin
The heavily mutated monkeypox virus that is currently spreading globally might have a single origin, a new study has suggested.

Researchers from Portugal managed to isolate 15 samples of the virus, mostly from their home nation, in order to research its genetic make-up.

Their findings, published in the journal Nature Medicine, have provided an insight into the current strain that is now circulating in at least 44 non-endemic countries. According to CDC data as of Thursday, there are now over 3,500 confirmed cases of monkeypox.

In the latest study, researchers made several findings including that the viruses had far more genetic mutations than they would have expected, with around 50 identified compared with related viruses from 2018 and 2019.
Newsweek Newsletter sign-up >

Another observation is that the ongoing outbreak has a single origin−though this does not mean it came from a single person.

"All outbreak monkeypox strains sequenced so far tightly cluster together," the researchers say in the study, "suggesting that the outbreak has a single origin."

The study suggests that the current viruses descend from a branch associated with the spread of monkeypox from an endemic country−Nigeria−to the U.K., Israel, and Singapore in 2018 and 2019. This might mean that the 2022 virus may also be traced back to this outbreak.

João Paulo Gomes, head of the Genomics & Bioinformatics Unit at the National Institute of Health in Portugal who co-authored the study, told Newsweek that all sequenced viruses within the 2022 outbreak are very similar to one another and "considerably different from all other available genomes," also suggesting a single origin.
現在世界的に蔓延している変異の激しいサル痘ウイルスは、単一の起源を持つ可能性があることが、新しい研究で示唆された。

ポルトガルの研究者たちは、このウイルスの遺伝子構成を研究するために、主に自国から15個のウイルスのサンプルを分離することに成功した。

この研究成果は、学術誌『Nature Medicine』に掲載され、現在少なくとも44の非流行国で循環している現在のウイルス株について洞察を与えている。CDCのデータによると、木曜日現在、3,500人以上の猿痘患者が確認されている。

最新の研究では、2018年と2019年の関連ウイルスと比較して、ウイルスには予想をはるかに超える遺伝子変異があり、約50個が確認されたことなど、いくつかの知見が得られている。

もう1つの観察は、現在進行中のアウトブレイクは単一の起源を持つということです-ただし、これは1人の人間から発生したことを意味するものではありません。

"これまでに配列決定されたすべてのアウトブレイクサルポックス株は、緊密にクラスタリングされている。"研究者は、研究の中で、"アウトブレイクが単一の起源を持つことを示唆している。"と述べている。

この研究は、現在のウイルスが、2018年と2019年に流行国-ナイジェリアから英国、イスラエル、シンガポールへのサル痘の拡散に関連する枝から派生していることを示唆しています。これは、2022年のウイルスもこのアウトブレイクにさかのぼる可能性があることを意味するかもしれません。

この研究の共著者であるポルトガル国立衛生研究所のゲノミクス&バイオインフォマティクス・ユニット責任者のジョアン・パウロ・ゴメス氏は、2022年のアウトブレイク内で配列決定されたすべてのウイルスが互いに非常によく似ており、「他の入手可能なすべてのゲノムとはかなり異なる」ことも単一起源を示唆しているとNewsweekに語っている。
posted by ZUKUNASHI at 16:15| Comment(0) | サル痘

2022年06月23日

ワクチンがサル痘の原因?



・・・・・

自己免疫性水疱形成疾患なら感染性はないですよね。
よくわからないです。

以下は参考
Autoimmune Blistering Disorders
Medically Reviewed by Stephanie S. Gardner, MD on September 16, 2020
What Are Autoimmune Blistering Disorders?

Autoimmune blistering disorders (also called autoimmune blistering diseases or autoimmune bullous disorders) are a group of rare skin diseases. They happen when your immune system attacks your skin and mucous membranes -- the lining inside your mouth, nose, and other parts of your body. This causes blisters to form.

Researchers have found many types of this disorder. Although there's no cure for them, your doctor can give you treatments to help heal the blisters and prevent complications.
Types of Autoimmune Blistering Disorders

Autoimmune blistering disorders are broken down into different types. These are some of the main ones:

Pemphigus is a group of disorders that cause blisters to form on the skin and inside the mouth, nose, throat, eyes, and genitals. They are soft and can break open easily.

Pemphigoid is another group. It has three main types:

・ Bullous pemphigoid usually affects people older than 70. It causes itchy blisters to form on the arms, thighs, and belly.
・ Mucous membrane pemphigoid affects the lining of the mouth, eyes, nose, throat, and genitals.
・ Pemphigoid gestationis affects women during pregnancy or just after their baby is born. It starts as a bumpy rash on the belly, arms, and legs. Then the bumps turn into blisters.

IgA mediated bullous dermatoses are disorders in which the immune system makes a lot of immunoglobulin A (IgA), a type of antibody that fights bacteria, toxins, and viruses. It comes in two types:

Dermatitis herpetiformis affects people with celiac disease (who are sensitive to the wheat protein called gluten). It causes clusters of itchy blisters to appear on the elbows, knees, scalp, and buttocks.
Linear IgA disease causes new blisters to form a ring around old ones on the skin. This is sometimes called a “cluster of jewels.” This type affects mucous membranes, too.

Epidermolysis bullosa acquisita mostly affects middle-aged and older adults. It makes the skin so fragile that blisters form from minor injuries.
Autoimmune Blistering Disorder Symptoms

The places on your body where blisters form depends on which disorder you have. Some types cause blisters to grow on the skin. Other types cause them to form in the mucous membranes that line the mouth, nose, throat, eyes, and genitals.

They can be painful or itchy. They can break open and leave a sore.

自己免疫性水疱症とは?

自己免疫性水疱症(自己免疫性水疱症または自己免疫性水疱症とも呼ばれます)は、まれな皮膚疾患の一種です。免疫系が皮膚や粘膜(口や鼻など体の内側の粘膜)を攻撃することで発症します。これにより、水疱が形成されます。

この病気は、研究者によって多くの種類が発見されています。治療法はありませんが、医師は水疱を治し、合併症を予防するための治療法を提供することができます。
自己免疫性水疱形成疾患の種類

自己免疫性水疱症は、様々なタイプに分類されます。その中でも主なものを紹介します。

天疱瘡は、皮膚や口、鼻、喉、目、生殖器などの内部に水疱を形成する疾患群である。水疱は柔らかく、簡単に破れてしまいます。

天疱瘡は別のグループです。主に3つのタイプがあります。

水疱性類天疱瘡は、通常70歳以上の人がかかります。腕や太もも、お腹にかゆみを伴う水疱ができます。
粘膜天疱瘡は、口、目、鼻、喉、生殖器の粘膜が侵されます。
妊娠性天疱瘡は、妊娠中または出産直後の女性が罹患します。お腹や腕、足にぶつぶつとした発疹ができるのが始まりです。その後、隆起が水疱に変わります。

IgA介在性水疱性皮膚炎は、免疫系が細菌や毒素、ウイルスと戦う抗体の一種である免疫グロブリンA(IgA)を大量に作る疾患である。2つのタイプに分けられます。

疱疹状皮膚炎は、セリアック病(グルテンと呼ばれる小麦タンパク質に過敏な人)の人が罹患します。肘、膝、頭皮、臀部などに、かゆみを伴う水疱が多数発生します。
線状IgA症は、皮膚にできた古い水疱の周りに新しい水疱が輪のようにできる病気です。これを "宝石の集まり "と呼ぶこともあります。このタイプは粘膜も侵されます。

後天性表皮水疱症は、主に中高年が罹患します。皮膚が非常にもろくなり、ちょっとしたケガで水ぶくれができます。
自己免疫性水疱症の症状

水疱ができる部位は、どの疾患に罹患しているかによって異なります。あるタイプでは、皮膚に水疱が生じます。また、口、鼻、喉、目、生殖器などの粘膜に水疱ができるタイプもあります。

水疱は痛みやかゆみを伴うことがあります。水ぶくれが破れて、ただれが残ることもあります。

Deeplで翻訳
posted by ZUKUNASHI at 21:57| Comment(0) | サル痘

サル痘に効く薬がある?







リザベン・トラニラストともに個人輸入業者が扱っています。

Trilliana 華@Trilliana_z氏のツイートは、以前から引用させてもらっていますが、控えめでも的確な情報です。
posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(0) | サル痘

2022年06月22日

シンガポールで客室乗務員がサル痘感染 韓国も感染者





英国の航空会社の職員のようです。
posted by ZUKUNASHI at 21:49| Comment(0) | サル痘

2022年06月16日

モンキーポックスでこんな症例もあるらしい 性感染症類似の症例


Case 24-2022: A 31-Year-Old Man with Perianal and Penile Ulcers, Rectal Pain, and Rash
Dr. Vivian De Oliveira Rodrigues Gama (Medicine): A 31-year-old man was admitted to this hospital because of perianal and penile ulcers, rectal pain, and vesiculopustular rash.

The patient had been in his usual state of health until 9 days before this admission, when he noticed several itchy white “bumps” around the anus that subsequently evolved into ulcerative lesions. The next day, he sought evaluation at a primary care clinic of another hospital. Tests for human immunodeficiency virus (HIV), syphilis, gonorrhea, and chlamydia were performed. An injection of penicillin G benzathine was administered, and treatment with valacyclovir was started.

During the next 5 days, the perianal ulcers did not abate, and the patient stopped taking valacyclovir. Painful proctitis with rectal bleeding and malodorous, mucopurulent discharge developed, along with fever, chills, drenching sweats, and new tender swelling in the groin. Three days before this admission, a new painless ulcer appeared on the penis that was similar in appearance to the perianal ulcers. Two days before this admission, new scattered vesicular lesions appeared on the arms and legs, and the patient presented to the infectious disease clinic of this hospital for evaluation.

Additional history was obtained from the patient. Fourteen years before this evaluation, sore throat and upper body rash developed; he received a diagnosis of secondary syphilis and was treated with penicillin G benzathine. He also had a history of recurrent oral herpes simplex virus (HSV) infection, for which he was treated intermittently with valacyclovir. He took daily oral emtricitabine and tenofovir for HIV preexposure prophylaxis (PrEP). There were no known drug allergies.

The patient lived in a suburban area of Massachusetts with two roommates and a cat. Two weeks before this evaluation, he had traveled to an urban area of southeastern Canada. During this trip, he had had sex with male partners without the use of barrier protection. There was no other recent travel. The patient did not smoke cigarettes or use illicit drugs; he drank alcohol rarely.
Vivian De Oliveira Rodrigues Gama医師(医学)。31歳の男性が,肛門周囲と陰茎の潰瘍,直腸痛,小水疱性発疹のため当院に入院した。

患者はこの入院の9日前まで通常の健康状態であったが,肛門周囲の数個のかゆみを伴う白い "こぶ "に気づき,その後潰瘍性病変に発展した。翌日,他院のプライマリーケアクリニックで診察を受けた.ヒト免疫不全ウイルス(HIV),梅毒,淋病,クラミジアの検査が行われた。ペニシリンGベンザチンの注射が行われ,バラシクロビルの投与が開始された.

その後5日間,肛門周囲潰瘍は軽快せず,バラシクロビルの服用を中止した.直腸出血と悪臭を伴う粘液膿性分泌物を伴う有痛性直腸炎が発症し,発熱,悪寒,発汗,鼠径部の新たな圧痛性腫脹が出現した。この入院の3日前に,肛門周囲の潰瘍と同様の外観の無痛性潰瘍が陰茎に新たに出現した.入院2日前に腕と脚に小水疱が出現し,当院感染症外来を受診し診断された.

患者から追加の病歴を聴取した。14年前に咽頭痛と上半身の発疹が出現し,二次梅毒と診断され,ペニシリンGベンザチンで治療された.また,口腔内単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症の再発歴があり,バラシクロビルで断続的に治療していた.HIVのPrexposure Prophylaxis(PrEP)のためにemtricitabineとtenofovirを毎日経口投与していた。既知の薬物アレルギーはなかった。

患者はマサチューセッツ州の郊外に2人のルームメイトと猫1匹と一緒に住んでいた.この評価の2週間前に、彼はカナダ南東部の都市部に旅行していた。この旅行中,彼はバリア保護具を使用せずに男性パートナーと性交した.その他に最近の旅行はなかった。患者はタバコを吸わず,違法薬物も使用せず,アルコールもほとんど飲まなかった.

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

(中略)

Laboratory Diagnosis

Infection with monkeypox virus, West African clade.
Contact Tracing and Exposure Investigation

Dr. Shenoy: While awaiting confirmation of the diagnosis, we began the process of contact tracing and exposure investigation to identify and subsequently assess risk for persons with confirmed exposure to the patient during the period when he was not isolated. This period included his outpatient visits, an encounter in the emergency department, and his inpatient admission. All health care personnel with a confirmed exposure of any risk level (high, intermediate, or low or uncertain) were monitored for symptoms. We worked with the Massachusetts Department of Public Health to identify options for postexposure prophylaxis for persons with high-risk exposures or with specific intermediate-risk exposures.
Public Health Considerations

Dr. Brown: Once the diagnosis of monkeypox was established, epidemiologists from the Massachusetts Department of Public Health coordinated with the hospital to initiate case investigation and contact tracing. Interviews of the patient elicited an epidemiologic profile consistent with that observed in other recent cases, including no history of travel to an endemic region and no known contacts with monkeypox. Contact tracing initially identified more than 200 possible contacts among health care personnel and personal contacts. Further assessment, performed with the application of criteria for exposure risk level, reduced this number. Contacts with an exposure of any risk level are to be monitored for symptoms (fever or chills, lymphadenopathy, and rash) for 21 days after the exposure. Monitoring is to be overseen by the public health department or health care institution; frequent communication between contacts and monitors is advised.11

Dr. Lawrence C. Madoff: Smallpox vaccination provides protection against monkeypox; however, routine smallpox vaccination in the United States ended in 1972, after disease eradication. Thus, postexposure prophylaxis with the use of the smallpox (vaccinia) vaccine (ACAM2000) or the smallpox and monkeypox vaccine (JYNNEOS) is recommended after high-risk exposures and can also be considered for intermediate-risk exposures. Given its safety profile and ease of administration, JYNNEOS, which has been approved by the Food and Drug Administration for the prevention of both smallpox and monkeypox,11,12 was obtained from the Strategic National Stockpile and made available to occupational health services at the hospital. Within the first week after diagnosis, several contacts were tested for monkeypox, and none had positive tests.

Current guidance indicates that infected persons should remain in isolation until all skin lesions have resolved and a fresh layer of skin has grown. Because this patient had mucous membrane lesions, reepithelialization of ulcerated mucosal surfaces was thought to be required.

Most patients with monkeypox have mild, self-limited disease and are treated with supportive care only, but some patients have severe disease. Currently, no medical countermeasures have been approved for the treatment of monkeypox. However, two antiviral agents (tecovirimat and cidofovir) and vaccinia immune globulin intravenous are available in the Strategic National Stockpile as options for treatment. To date, among reported cases in the United States in the current outbreak, at least one patient has been treated with tecovirimat.13 These medical countermeasures should be considered in patients with monkeypox who have severe disease or have a high risk of severe disease, including immunocompromised patients, children, pregnant or breast-feeding patients, and those with one or more complications of illness. In accordance with current CDC recommendations, treatment should also be considered in patients with monkeypox caused by accidental implantation in the eyes, mouth, or other areas.14
研究室診断

西アフリカのサル痘ウイルスによる感染。
接触者追跡と曝露調査

Dr. Shenoy:診断の確定を待つ間、私たちは、患者が隔離されていなかった期間に接触したことが確認された人物を特定し、その後リスクを評価するために、接触追跡と曝露調査のプロセスを開始しました。この期間には、患者の外来受診、救急部での診察、入院が含まれる。リスクレベル(高、中、低、不明)にかかわらず、曝露が確認されたすべての医療従事者は、症状をモニターされた。マサチューセッツ州公衆衛生局と協力して、高リスクの曝露を受けた人や特定の中リスク曝露を受けた人に対する曝露後予防の選択肢を明らかにした。
公衆衛生に関する考察

ブラウン博士 サル痘の診断が確定すると、マサチューセッツ州公衆衛生局の疫学者が病院と連携して、症例調査と接触者追跡を開始しました。患者への聞き取り調査では、流行地への渡航歴がなく、サル痘との接触も知られていないなど、最近の他の症例と一致した疫学的プロファイルが得られました。接触者追跡の結果、医療従事者および個人的な接触者の中から200人以上の接触者の可能性があることが判明しました。さらに、曝露リスクレベルの基準を適用して行われた評価により、この数は減少しました。あらゆるリスクレベルの曝露を受けた接触者は、曝露後21日間、症状(発熱または悪寒、リンパ節腫脹、発疹)について監視されることになっています。モニタリングは、保健所または医療機関が監督することになっており、接触者とモニタリング者の間で頻繁に連絡を取ることが推奨されます11。

ローレンス・C・マドフ博士 しかし、米国における天然痘の定期的な予防接種は、サル痘根絶後の1972年に終了しています。したがって、高リスクの曝露後には天然痘(ワクシニア)ワクチン(ACAM2000)または天然痘・サル痘ワクチン(JYNNEOS)を用いた曝露後予防を推奨し、中リスクの曝露の場合にも検討することが可能である。その安全性と投与の容易さから、天然痘とサル痘の両方の予防に食品医薬品局から承認されているJYNNEOSを戦略的国家備蓄から入手し、病院の産業保健サービスで利用できるようにした。診断後1週間以内に、数名の接触者にサル痘の検査を行ったが、陽性者はいなかった。

現在のガイダンスでは,感染者はすべての皮膚病変が消失し,新しい皮膚の層が生えるまで隔離されるべきであるとされている.本症例は粘膜病変を有していたため,潰瘍化した粘膜面の再上皮化が必要であると考えられた.

サル痘の患者の多くは軽症で自己限定的であり、支持療法のみで治療されるが、中には重症化する患者もいる。現在、サル痘の治療法として承認されている医療用対策はない。しかし、抗ウイルス剤2剤(テコビリマット、シドホビル)およびワクシニア免疫グロブリン静注用を治療の選択肢として戦略的国家備蓄として利用することが可能です。現在までのところ、米国で報告されている今回の感染者のうち、少なくとも1人の患者がテコビリマットによる治療を受けています13。これらの医療対策は、免疫不全患者、小児、妊娠中または授乳中の患者、1つ以上の合併症を持つ患者など、重症化しているか重症化のリスクが高い猿痘患者において検討すべきものです。現在の CDC の勧告に従って、目、口、その他の部位への偶発的な埋め込みによって引き起こされた猿痘の患者にも治療を考慮する必要があります14。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 10:37| Comment(0) | サル痘

2022年06月05日

サル痘 何が何でも感染できない事態



#monkeypox dashboard.

「私はこれに驚いています。 毎日目を覚ますと、感染している国が増えています。これは西アフリカで見られたような広がりではないため、西洋で何か新しいことが起こっている可能性があります。」
アフリカの科学者がヨーロッパ、米国でのサル痘の症例に困惑

「これが最初にどのように始まったのか、そしてなぜウイルスが今や勢いを増しているのかを本当に理解する必要があります。アフリカでは、サル痘の発生は非常に制御されており、まれです。 それが今変化しているのなら、私たちは本当にその理由を理解する必要があります。」










論文のサマリーから
ここでは、人獣共通感染症に関連するサルポックスウイルス(MPXV)のエアロゾル化感受性を、10.7リットルの回転式チャンバーを使って研究した。このチャンバーは、クラス3の生物学的安全キャビネット内に収まるように作られており、特に空気中のバイオセーフティーレベル3(BSL3)の微生物を研究するためのものである。空気中に浮遊するウイルスは、最長90時間経過後に培養と定量ポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)により検出されました。検出されたウイルス濃度は、最初の18時間以内に培養分析で2ログ、qPCR分析で1ログ低下した。ウイルス濃度は18時間から90時間の間安定しており、MPXVが90時間以上エアロゾル中の感染性を保持する可能性が示唆された。本研究で使用した回転式チャンバーは、ウイルス粒子を長時間にわたって正常に空気中に維持することができ、他のBSL3微生物の感受性の研究に使用できる可能性がある。
・・・サル痘のウィルスがエアロゾル状態で放出されるのは、患者がくしゃみや咳をしたとき? それとも喋っただけで放出される? 閉鎖空間がさらに危険になる。








・・・一般の人の市中感染ですね。
posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(0) | サル痘

2022年06月02日

ロシア衛生局、サル痘対策でEAEUとWHO欧州地域を支援する用意あり

Russia’s sanitary watchdog ready to assist EAEU, WHO European Region in fighting monkeypox
The sanitary watchdog emphasized that nowadays, the solutions of Russian virologists and epidemiologists are in demand at the venues of specialized international organizations
ロシア衛生局、サル痘対策でEAEUとWHO欧州地域を支援する用意あり
ロシア衛生局は、現在、ロシアのウイルス学者と疫学者の解決策が、専門的な国際機関の場で求められていることを強調した。
MOSCOW, June 2. /TASS/. The Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing is ready to provide consultations and practical assistance in the fight against the spread of monkeypox to the countries of the Eurasian Economic Union (EAEU) and the WHO European Region, the press service of the sanitary watchdog told journalists on Thursday.

"The Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing has already received requests from the EAEU countries and the WHO European Region for consultations and practical help in counteracting the spread of the monkeypox virus, including on the use of Russian test systems. If necessary, the partners will receive appropriate assistance," the statement said.

Earlier, the agency presented scientific research results on fighting the spread of the disease at an international conference organized by the WHO. Experts on epidemiology and virology reviewed the general epidemiology of monkeypox, including the current outbreak, its diagnostics as well as recommendations on laboratory testing for the presence of the virus.

"The Vector Center of the Federal Service for Surveillance on Consumer Rights Protection and Human Wellbeing presented to the international community the results of scientific developments of the modern diagnostic means of the monkeypox virus and other orthopoxviruses that are pathogenic to humans. The demonstrated systems help detect the disease and distinguish it from similar infections rapidly and with high precision. Russian research caused great interest," the agency’s press service said.

The sanitary watchdog emphasized that nowadays, the solutions of Russian virologists and epidemiologists are in demand at the venues of specialized international organizations. The agency’s researchers and specialists continue to actively interact with the WHO and the EAEU countries on preventing and responding to new epidemiological threats, including monkeypox, the press service noted.

Earlier, the agency’s press service noted that Russia did not have any monkeypox infections. The sanitary watchdog is taking the necessary steps to prevent the import of the infection and curtail the possibility of its spread in Russia.

モスクワ、6月2日。/消費者権利保護・人間福祉監視連邦局は、ユーラシア経済連合(EAEU)諸国およびWHO欧州地域に対し、サル痘の蔓延対策に関する相談・実務支援を行う用意があると、衛生監視団のプレスサービスが木曜日に記者団に伝えた。

"消費者の権利保護と人間の福利に関する監視のための連邦サービスは、すでにEAEU諸国とWHO欧州地域から、ロシアの検査システムの使用を含む猿痘ウイルスの拡散対策に関する協議と実践的な支援の要請を受けています。必要であれば、パートナーは適切な支援を受けることができる」と声明は述べている。

これに先立ち、WHOが主催する国際会議において、同機関は病気の蔓延対策に関する科学的研究成果を発表しました。疫学とウイルス学の専門家は、現在の流行を含むサル痘の一般的な疫学、その診断法、およびウイルスの存在に関する実験室での検査に関する推奨事項を検討しました。

「消費者権利保護と人間の福利に関する監視のための連邦政府サービスのベクターセンターは、サルポックスウイルスとヒトに病原性を持つ他のオルソポックスウイルスの最新の診断手段の科学的開発の結果を国際社会に発表しました。この診断システムは、サル痘ウイルスを検出し、類似の感染症との区別を迅速かつ高い精度で行うことができるものです。ロシアの研究は大きな関心を呼んだ」と同庁のプレスサービスは述べている。

衛生監視団は、現在、ロシアのウイルス学者や疫学者のソリューションは、専門の国際機関の場で求められていることを強調した。同機関の研究者や専門家は、サル痘を含む新たな疫学的脅威の予防と対応について、WHOやEAEU諸国と積極的に交流し続けている、と同記者らは述べています。

これに先立ち、同庁のプレスサービスは、ロシアではサル痘の感染が発生していないことを指摘しています。衛生監視機関は、この感染症の輸入を防ぎ、ロシアで広がる可能性を抑制するために必要な措置をとっている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 18:00| Comment(0) | サル痘