ウクライナ: ずくなしの冷や水

2022年09月05日

二コラエフでウクライナ兵士1万人がロシア軍に包囲される


posted by ZUKUNASHI at 12:39| Comment(0) | ウクライナ

ドイツ反政府および反ウクライナ

posted by ZUKUNASHI at 12:36| Comment(0) | ウクライナ

捕虜のウクライナ兵にタバコを差し出すロシア兵

posted by ZUKUNASHI at 10:26| Comment(0) | ウクライナ

チェコの政権に危機


posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月04日

EUは反ロシア制裁のツケを払わなければならない - 伊元副首相

EU has to foot the bill for anti-Russia sanctions – ex deputy PM
Anti-Moscow sanctions are justified, but ordinary people should be protected, according to the Lega Nord leader

The European Union should compensate its citizens for the ‘energy pandemic’ resulting from anti-Russia sanctions over the Ukraine conflict, Italy’s former deputy prime minister Matteo Salvini said on Sunday.

Speaking to RTL radio, Salvini, a member of the Senate who leads the right-wing Lega Nord party, drew a parallel with financial stimulus packages during Covid lockdowns.

“Let Europe, as it happened during the pandemic, put up a shield, to protect families and businesses, and cover the extra bills families have to pay,” he said, adding that Brussels will need to adopt such measures to stave off mass unemployment.

Salvini also signalled his support for anti-Russia sanctions, despite their apparent inefficiency. He noted that his party has endorsed all kinds of support for Ukraine and condemned Russia’s military offensive. However, he pointed out that Moscow is raking in the profits from high oil and gas prices, while Europe is reeling from the energy crunch.

“It would be the only case in which the sanctioned person makes money and the one who sanctions suffers”, he noted, adding that Brussels recognizes that economic warfare is a double-edged sword.

According to the Italian politician, the EU cannot simply lift the sanctions, as that would imply giving in to Russia.

Last week, however, Salvini urged the EU to review its anti-Russia sanctions policy, saying it could be hurting member states more than Moscow. “If they are working, fine, but if they hit the sanctioning countries more than Russia… they will stoke the war rather than promote peace,” he claimed.

Italy is set for a general election on September 25 following the collapse of Mario Draghi's government in July. According to a study released last month by the Cattaneo Institute think tank, Italy’s right-wing bloc, of which Salvini’s Lega Nord is a part, is on track to win a broad majority in both houses of parliament.
反モスクワ制裁は正当だが、一般市民は保護されるべきとレガノルド党首が発言

イタリアのマッテオ・サルヴィーニ元副首相は日曜日、ウクライナ紛争をめぐる反ロシア制裁によって生じた「エネルギーのパンデミック」に対して、欧州連合(EU)は国民に補償を行うべきだと述べた。

右派政党レガ・ノルドを率いるサルヴィーニ上院議員は、RTLラジオとのインタビューで、コビド閉鎖時の金融刺激策と並行して、次のように述べた。

「パンデミック時に起こったように、欧州は家族や企業を守るための盾を設置し、家族が支払わなければならない追加料金をカバーしよう」と述べ、ブリュッセルは大量失業を食い止めるためにそのような措置を取る必要があるだろうと付け加えた。

サルヴィーニ氏はまた、明らかに非効率であるにもかかわらず、反ロシア制裁への支持を表明した。同氏は、同党がウクライナへのあらゆる支援を支持し、ロシアの軍事攻勢を非難していることに言及した。しかし、モスクワが石油・ガス価格の高騰で利益を得ている一方で、欧州はエネルギー不足に陥っていると指摘した。

「制裁される側が儲かり、制裁する側が苦しむ唯一のケースだろう」と指摘し、ブリュッセルは経済戦争が諸刃の剣であることを認識していると付け加えた。

イタリアの政治家によると、EUは単に制裁を解除することはできず、それはロシアに屈することを意味する。

しかし先週、サルヴィーニ氏はEUに反ロシア制裁政策を見直すよう促し、モスクワよりも加盟国を傷つけている可能性があると述べた。「制裁が機能しているのならいいが、ロシアよりも制裁国に打撃を与えているのなら...平和を促進するどころか、戦争をあおることになるだろう」と主張した。

イタリアでは7月にマリオ・ドラギ政権が崩壊し、9月25日に総選挙が行われる予定となっている。シンクタンクのカッタネオ研究所が先月発表した調査によると、サルヴィーニ氏のレガ・ノルドが属するイタリアの右派ブロックは、議会の両院で幅広い過半数を獲得する勢いだという。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:38| Comment(0) | ウクライナ

ヨーロッパは滅亡する 2








Germany admits it ‘can’t give much more’ to Ukraine
Berlin will continue supporting Kiev but its weapons stocks are now too limited, the German defense minister said
Berlin stands ready to support Ukraine in the future but in terms of weapons supplies it can’t “give away much more,” German Defense Minister Christine Lambrecht said on Tuesday.

During a visit to Mullheim, she told reporters that Ukraine could be assured of Germany’s intentions “to continue to support them in the future.” Stressing that Germany had already provided Kiev with some state-of-the-art heavy weapons, such as Panzerhaubitze 2000, Lambrecht also said that she had a very trusting and constructive relationship with her Ukrainian counterpart, Alexey Reznikov.

“We can’t give away much more from the Bundeswehr, I'll say that very clearly, and my colleague is aware of that,” the German minister said.

Earlier this month, Lambrecht made it clear that Berlin would keep supporting Ukraine “with everything possible” but not at the expense of its own defense capabilities.

Germany has been providing Ukraine with assorted weaponry since the beginning of the Russian military offensive against the neighboring country in late February.




posted by ZUKUNASHI at 20:11| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナにとって「交渉は後よりも今が良い」と米退役将官は言う

‘Better to negotiate now than later’ for Ukraine, retired US general says
Logistical shortfalls could force Kiev and NATO to change strategy, Mark T. Kimmitt warns in an op-ed for the WSJ

Sustaining the conflict in Ukraine is becoming increasingly difficult for NATO, so Kiev must think about negotiating with Moscow, retired US Army brigadier general Mark T. Kimmitt has said in an opinion piece for the Wall Street Journal.

Washington’s latest military aid package to Kiev last month included “older and less advanced” systems, which “may indicate that battlefield consumption rates have outpaced production to a point where excess inventories provided to Ukraine are nearly exhausted,” Kimmitt pointed out in his article on Thursday.

Dealing with “dwindling stocks of leading-edge weapon systems” in NATO countries would likely mean a prolonged conflict between Ukraine and Russia. Such a scenario could result in “more pressure from supporting nations, sustained inflation, less heating gas, and falling popular support” in the West, he wrote.

Kimmitt, who served as assistant secretary of state for political-military affairs in 2008-09, suggested four ways to speed up the resolution of the conflict, which has now been underway for six months.

The first option is to “dig deeper” into NATO stockpiles and send arms to Kiev that have so far been withheld by members due to their own national defense requirements, the retired general suggested. That’s something EU countries may be willing to do as it’s “better to use these weapons in Kherson than Krakow,” he added.

The US and its European allies could also try ramping up production of the systems that are required by the Zelensky government, Kimmitt said, acknowledging that such a move would unlikely have an immediate effect on the situation on the ground.

The third option is “to step up the conflict” by providing Ukraine with longer-range systems, such as ATACM missiles, F-16 jets, and Patriots, and “broaden the rules of engagement to attack targets in Crimea and possibly Russia,” he wrote. However, the retired general warned that such escalation would definitely face a “response from Moscow” and create the risk of conflict spilling into Europe.

The final available solution, according to Kimmitt, is for Ukraine to “push for an interim diplomatic resolution without (or with) territorial concessions.”

“There is little incentive to negotiate” at the moment, but Ukrainian President Vladimir Zelensky “must recognize that diminishing resupplies would have a disastrous effect on his army, not merely for battlefield operations but for the message of declining outside support it would send to the people of Ukraine,” he insisted.

“Beginning the diplomatic resolution would be distasteful, and perhaps seen as defeatist, but as there is little chance of climbing out of the current morass, it may be better to negotiate now than later,” the retired general said.

The two sides haven’t sat down at the negotiating table since talks in Istanbul in late March. Moscow, which had initially been optimistic about the prospects for the peace process, later accused Kiev of backtracking on all the progress that had been achieved in Turkey and said it had lost all trust in the Ukrainian negotiators. Russian officials warned that Moscow’s demands would be more extensive if talks were to resume.

キエフとNATOは、兵站の不足から戦略を変更せざるを得なくなる可能性がある、とマーク・T・キミット氏は、WSJの論説で警告している。

ウクライナでの紛争を維持することはNATOにとってますます難しくなっており、キエフはモスクワとの交渉を考えなければならないと、退役米陸軍准将のマーク・T.Kimmitt氏は、Wall Street Journalに寄稿し、次のように述べた。

先月、ワシントンがキエフに行った最新の軍事支援パッケージには、「より古く、より高度でない」システムが含まれており、「戦場での消費率が生産を上回り、ウクライナに提供された過剰在庫がほぼ枯渇していることを示しているかもしれない」と、キミット氏は木曜日の記事で指摘している。

NATO諸国の「最先端兵器システムの在庫減少」に対処することは、ウクライナとロシアの紛争が長期化することを意味する可能性が高い。このようなシナリオは、西側諸国における「支援国からの圧力の増大、持続的なインフレ、暖房用ガスの減少、民衆の支持の低下」をもたらす可能性があると、同氏は書いている。

2008年から2009年にかけて国務次官補(政治・軍事担当)を務めたキミット氏は、現在6カ月が経過した紛争の解決を早めるための4つの方法を提案した。

最初の選択肢は、NATOの備蓄を「より深く掘り下げる」ことであり、加盟国が自国の防衛上の必要性からこれまで差し控えてきた武器をキエフに送ることだと、同元帥は提案した。クラクフよりもケルソンで武器を使用する方が良い」ため、EU諸国はこれを喜んで行うかもしれない、と彼は付け加えた。

米国とヨーロッパの同盟国は、ゼレンスキー政権が必要とするシステムの生産を拡大することも可能だ、とキミット氏は述べた。

第3の選択肢は、ATACMミサイル、F-16ジェット機、パトリオットなど、より長距離のシステムをウクライナに提供し、「交戦規則を拡大し、クリミアや場合によってはロシアの標的を攻撃する」ことで「紛争を激化させる」ことだと、同氏は書いている。しかし、このようなエスカレーションは間違いなく「モスクワからの反撃」に直面し、紛争がヨーロッパに波及する危険性があると、退役将官は警告している。

キミット氏によれば、最終的に可能な解決策は、ウクライナが「領土の譲歩を伴わない(あるいは伴う)暫定的な外交的解決策を押し進めること」だという。

現時点では「交渉するインセンティブはほとんどない」が、ウラジミール・ゼレンスキー大統領は「補給の減少が、単に戦場での活動だけでなく、外部からの支援の減少というメッセージをウクライナの人々に送ることになり、彼の軍隊に悲惨な影響を与えることを認識しなければならない」と主張した。

「外交的解決に乗り出すのは不愉快だし、敗北主義者と見られるかもしれない。しかし、現在の泥沼から抜け出す可能性がほとんどない以上、交渉は後回しにするより今やった方がいいかもしれない」と退役将官は述べた。

両者は3月下旬のイスタンブールでの会談以来、交渉のテーブルに着いていない。当初は和平プロセスの見通しについて楽観視していたモスクワは、その後、キエフがトルコで達成したすべての進展を後退させたと非難し、ウクライナの交渉担当者に対する信頼をすべて失ったと述べた。ロシア政府関係者は、協議が再開された場合、モスクワの要求はより広範囲に及ぶだろうと警告した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

German leader’s party calls for Ukraine ‘peace initiative’
Chancellor Scholz’s SPD says “more intelligent solutions” to Ukraine crisis are needed
German Chancellor Olaf Scholz’s government has pledged to support the government in Kiev with money and weapons no matter what, but some members of his own party are now calling for a peace initiative as well, Der Spiegel reported on Friday. According to the outlet, several SPD parliamentarians at a meeting in Dresden said their party needed to encourage peace and diplomacy.

“We need a peace initiative from the SPD,” Bernd Westphal, who is the party spokesman on matters of economic policy, reportedly said at the meeting, calling for “more intelligent solutions” than war, which destroys lives and infrastructure and makes everyone poorer.

“The SPD is the peace party and must provide an impetus for it,” Westphal argued, according to people present at the meeting who spoke to Der Spiegel. Similar statements came from fellow Bundestag members Nina Scheer and Ralf Stegner. According to Stegner, Germany should be active in politics and diplomacy, and not be reduced simply to the role of a weapons supplier.

French President Emmanuel Macron also defended diplomacy in a speech on Thursday, telling his diplomats that no one wants “Turkey to be the only world power that is talking to Russia.” He has faced vocal criticism from Kiev and eastern EU members for making phone calls to the Kremlin since the conflict in Ukraine escalated in February.

While no one at the SPD meeting in Dresden objected to the calls for peace, MP Michael Roth – who chairs the foreign affairs committee – later denounced his colleagues’ statements to Der Spiegel.

“It's not as if there hasn’t been a variety of diplomatic efforts,” Roth said, claiming that Russian President Vladimir Putin’s “psychological warfare is aimed precisely at our fears. He wants to divide our societies and delegitimize our support for Ukraine.”

The Russian president doesn’t want peace, Roth insisted, so SPD members advocating for it are “falling into his trap again.”

Earlier this week, German Foreign Minister Annalena Baerbock – member of the Greens, a junior partner in Scholz’s “traffic light” coalition – told a conference in Prague she intends to support Ukraine “no matter what my German voters think,” even if they take to the streets this winter because they can’t afford the skyrocketing energy bills.
独指導者の政党がウクライナ「平和イニシアチブ」呼びかけ
ショルツ首相率いるSPD、ウクライナ危機には「より知的な解決策」が必要だと指摘
ドイツのオラフ・ショルツ首相の政府は、何があってもキエフの政府を資金と武器で支援すると約束しているが、自民党の一部の議員も和平イニシアチブを呼びかけていると、デア・シュピーゲルが金曜日に報じた。同誌によると、ドレスデンでの会合でSPDの議員数名が、党として平和と外交を奨励する必要があると述べたという。

「SPDの平和イニシアチブが必要だ」と、経済政策に関する党のスポークスマンであるベルント・ヴェストファー氏が会議で発言し、人命やインフラを破壊し、すべての人を貧しくする戦争よりも「より知的な解決策」を求めたと報じられている。

「SPDは平和の党であり、その推進力を提供しなければならない」とヴェストファーレン氏は主張したと、会議に出席していた人々がデア・シュピーゲル紙に語ったという。同じような発言は、連邦議会議員のニーナ・シェールやラルフ・シュテグナーからもあった。シュテグナー氏によれば、ドイツは政治や外交に積極的に参加すべきであり、単に兵器供給国としての役割に矮小化されるべきではないとのことだ。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領も木曜日の演説で外交を擁護し、外交官たちに "トルコがロシアと対話する唯一の世界大国になる "ことは誰も望んでいない、と語った。彼は、2月にウクライナの紛争がエスカレートして以来、クレムリンに電話をかけたことで、キエフと東部EU加盟国からの声高な批判に直面してきた。

ドレスデンで開かれたSPDの会合では、平和を求める声に異議を唱える者はいなかったが、外交委員会の委員長を務めるミヒャエル・ロート議員は、後にシュピーゲル誌に同僚の発言を糾弾している。

ロート議員は、ロシアのプーチン大統領の「心理戦は、まさに我々の恐怖心を狙ったものだ」と主張し、「これまで様々な外交努力がなされてこなかったとは言えない。彼は我々の社会を分裂させ、ウクライナへの支援を委縮させたいのだ"。

ロシア大統領は平和を望んでいないので、平和を擁護するSPDのメンバーは "また彼の罠にはまる "とロートは主張した。

今週初め、ドイツの外務大臣アンナレナ・バーボック(ショルツの「交通信号」連合の下位パートナーである緑の党のメンバー)はプラハでの会議で、「私のドイツの有権者がどう考えようと」、たとえこの冬、高騰するエネルギー料金を払えないために街頭に立つとしてもウクライナを支持するつもりである、と語った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 19:23| Comment(0) | ウクライナ

経験豊富な戦場ジャーナリストに理解不能は無理もない



posted by ZUKUNASHI at 08:54| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月03日

drones with a device for spraying chemicals

posted by ZUKUNASHI at 23:36| Comment(0) | ウクライナ

ヘルソンの弾薬庫爆破

posted by ZUKUNASHI at 20:44| Comment(0) | ウクライナ

Zelensky and Boris Johnson had an emergency tele talk

posted by ZUKUNASHI at 10:06| Comment(0) | ウクライナ

GAME OVER FOR THE EU!



・・・ロシアから欧州にガスは送られない、石油は売らない。欧州の経済と市民生活は混乱を極めるでしょう。しかし、欧州の政治指導者は間違いを認めることはできない、方針転換ができない。

Hungary reveals what weakened EU
The country’s top diplomat says the bloc’s leaders failed to protect their citizens from the Ukraine conflict’s ramifications
The armed conflict in Ukraine has “catastrophically” weakened the European Union, Hungary’s Foreign Minister, Peter Szijjarto, has claimed.

Speaking at the ‘Open Balkan’ summit in Belgrade on Friday, Szijjarto argued that the Ukraine conflict along with its “economic influence and a ruinous energy crisis… has led to a catastrophic weakening of Europe and the EU.” The diplomat went on to claim that EU leaders’ failure to “protect people in Europe” has resulted in citizens paying the price for a “war they are not even responsible for.”

The Hungarian minister stressed that talks are needed within the bloc to ensure that the consequences of the conflict are not “fatal to the continent.”

Szijjarto added that food shortages in developing countries caused by the fighting in Ukraine have left “hundreds of thousands of people under the threat of famine,” leading to a “new level of migrants’ aggression” at Hungary’s borders.

The official also stressed the importance of the EU’s expansion in the Western Balkans.

Unlike most other EU member states, Hungary has remained relatively neutral since the start of the conflict in February, refusing to provide weapons to either Ukraine or Russia. Prime Minister Viktor Orban’s government has argued that such shipments could see Hungary getting dragged into direct military confrontation – which is not in the country’s interest.

Moreover, officials in Budapest have repeatedly criticized EU sanctions against Moscow, insisting that the punitive measures hurt the bloc itself more than they do Russia. Hungary has also called for dialogue with Russia to put an end to the Ukraine conflict.
ハンガリーのトップ外交官は、EUの指導者たちはウクライナ紛争の影響から国民を守ることができなかったと述べた。
ウクライナでの武力紛争は、EUを「破滅的に」弱体化させたと、ハンガリーのピーター・シヤルト外相が主張した。

金曜日にベオグラードで開催された「オープンバルカン」サミットで、シジャルト外相は、ウクライナ紛争は「経済的影響と破滅的なエネルギー危機とともに、欧州とEUを破滅的に弱体化させている」と主張した。同外交官はさらに、EUの指導者たちが「ヨーロッパの人々を守る」ことに失敗した結果、市民が「自分たちの責任でもない戦争」の代償を払うことになってしまったと主張した。

ハンガリーの大臣は、紛争の結果が「大陸にとって致命的」とならないよう、EU内での話し合いが必要であると強調した。

シジャルト氏は、ウクライナでの戦闘による途上国の食糧不足が「何十万人もの人々を飢餓の脅威にさらしている」とし、ハンガリーの国境で「新たなレベルの移民の侵略」につながっていると付け加えた。

同高官はまた、西バルカン諸国におけるEUの拡大の重要性を強調した。

他の多くのEU加盟国とは異なり、ハンガリーは2月の紛争開始以来、ウクライナとロシアのいずれにも武器を提供することを拒否し、比較的中立を保ってきた。ヴィクトール・オルバン首相の政府は、そのような武器輸送はハンガリーを直接的な軍事衝突に引きずり込む恐れがあり、それはハンガリーの利益にならないと主張してきたのである。

さらに、ブダペストの政府関係者は、EUの対モスクワ制裁を繰り返し批判し、その懲罰的措置はロシアよりもEUそのものを傷つけると主張している。また、ハンガリーはウクライナ紛争を収束させるためにロシアとの対話を求めている。
posted by ZUKUNASHI at 09:19| Comment(0) | ウクライナ

13 employees of the Ministry of Emergency Situations were killed

posted by ZUKUNASHI at 00:11| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月02日

ロシアは価格上限を支持する国に石油を売らない

Russia issues oil supply warning to G7
Countries that support price cap will not get Russian crude, according to the deputy PM
Russia will embargo countries that support the Washington-proposed price cap on its oil, Deputy Prime Minister Alexander Novak said on Thursday.

“In my opinion, this is a complete absurdity… To those companies or countries that will impose restrictions, we will not supply our oil and oil products, because we are not going to work under non-market conditions,” he told reporters, commenting on a plan to limit prices on Russian oil currently being discussed by the Group of Seven (G7) countries.

Establishing a price ceiling on Russian oil is conceived as a means of slashing Moscow’s revenues from exporting the commodity while avoiding shutting the country’s crude out of the market. The proposal is due to be discussed at a meeting of G7 finance ministers on Friday.

According to Novak, such a plan would jeopardize the market mechanisms of “such an important industry as oil,” and could only lead to the destabilization of both the industry and the oil market.

“And European and American consumers will be the first to pay for it, while they are already paying high prices today because of the destabilizing measures [their governments] are implementing. In particular, the sanctions restrictions,” Novak said.

The official added that Russia is currently pumping as much oil as it has the ability to produce and sell at the moment, but if global market conditions stabilize and Russian producers could be confident in finding buyers, output could be raised. He noted that Russian oil producers are preparing for the upcoming EU oil embargo due to take effect in December, but they plan to maintain current levels of production regardless.
価格上限を支持する国はロシア産原油を入手できなくなる、と副首相が発言
アレクサンダー・ノバク副首相は、木曜日に、ロシアは、ワシントンが提案した原油の価格上限を支持する国々を禁輸にすると述べた。

「私の意見では、これは完全に不合理だ...制限を課すような企業や国には、我々は我々の石油や石油製品を供給しない。なぜなら、我々は非市場的な条件の下で働くつもりはないからだ」と、現在G7(グループ7)諸国によって議論されているロシアの石油の価格を制限する計画についてコメントし、記者団に対して語った。

ロシア産原油の価格上限を設定することは、モスクワの原油を市場から締め出すことを避けつつ、原油の輸出による収入を削減するための手段として考えられている。この提案は、金曜日に開催されるG7財務相会議で議論される予定である。

ノバク氏によれば、このような計画は「石油という重要な産業」の市場メカニズムを危うくし、産業と石油市場の両方の不安定化につながるだけだという。

「そして、その代償を最初に払うのは欧米の消費者であり、彼らは(自国政府が)実施している不安定化対策のために、今日すでに高い代償を払っているのだ。特に、制裁措置による制限だ」とノバク氏は述べた。

同高官は、ロシアは現在、生産・販売能力の範囲内で石油を汲み上げているが、世界市場の状況が安定し、ロシアの生産者が買い手を見つけることに自信を持つことができれば、生産量を引き上げることができると付け加えた。また、ロシアの石油生産者は、12月に予定されているEUの石油禁輸措置に備えているが、それとは関係なく現在の生産量を維持する予定であると述べた。


posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナ軍がキエフでクーデターを起こす?



Russian ex-president envisions military junta in Kiev
A coup is the only alternative to a civilian government accepting Russia’s terms for peace, Dmitry Medvedev said

Former Russian president Dmitry Medvedev predicted that the Ukrainian military may stage a coup in Kiev to do what the civilian government refuses to do – negotiate peace with Russia.

Medvedev, who is now deputy chair of the Russian National Security Council, outlined the scenario as one of two options that he believes to be viable for Ukraine. The other was if the government of President Vladimir Zelensky changed its tune and agreed to Russia’s terms for ending hostilities. Either way, Russia will get what it wants from Ukraine, the official said.

Moscow declared the demilitarization and ‘denazification’ of Ukraine as the goals of its military operation in the country. Kiev initially appeared willing to accept a neutral status, but was later emboldened by Western military aid. Zelensky now insists that defeating Russia on the battlefield and retaking all the land that was under Kiev’s control before 2014 is the only possible option for his country.

The assessment by Medvedev apparently came in response to a Wednesday article in the Guardian, which made predictions for how the Ukrainian crisis could develop over the next six months. Dan Sabbagh, the British newspaper’s defense and security editor, offered five predictions that he considers likely.
READ MORE: ‘Absolute deficit’ in Germany’s weapons stock – foreign minister

The expectations included a deadlocked conflict and a reduction in the intensity of hostilities, a campaign of sabotage by Ukrainian special forces and a renewed refugee crisis during winter.

The Russian official said that any scenario for the conflict that would predict a victory for Kiev was “crystal-clear lies and demagoguery.”
ロシアのドミトリー・メドベージェフ前大統領は、ウクライナ軍がキエフでクーデターを起こし、文民政府が拒否していること、つまりロシアとの和平交渉を行う可能性があると予想した。

現在、ロシア国家安全保障会議の副議長を務めるメドベージェフ氏は、このシナリオを、ウクライナにとって実行可能だと考える2つの選択肢のうちの1つであると説明した。もう一つは、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領政権が方針を転換し、敵対行為の終結に向けたロシアの条件に同意した場合である。いずれにせよ、ロシアはウクライナから欲しいものを手に入れることになる、と同高官は述べた。

モスクワは、ウクライナの非軍事化と『デナズ化』を、同国における軍事作戦の目標として宣言した。キエフは当初、中立的な立場を受け入れるように見えたが、その後、西側の軍事援助によって強化された。ゼレンスキーは現在、戦場でロシアを打ち負かし、2014年以前にキエフの支配下にあった土地をすべて奪還することが、自国にとって唯一の可能な選択肢であると主張している。

メドベージェフの評価は、ウクライナ危機が今後6ヶ月の間にどのように展開するかを予測したガーディアン紙の水曜日の記事に反応したものらしい。英国紙の国防・安全保障担当編集者であるダン・サッバーク氏は、可能性が高いと思われる5つの予測を提示した。

予想されるのは、紛争の行き詰まりと敵対行為の強度の低下、ウクライナの特殊部隊による妨害活動、冬場の難民危機の再燃などだ。

ロシア政府高官は、キエフの勝利を予想するような紛争のシナリオは、"透明な嘘とデマゴギー "であると述べた。


Ukraine conflict will be over soon – Belarusian president
Kiev's troops on the front lines see the situation as “hopeless,” Alexander Lukashenko believes
The denouement in the Ukraine conflict is coming soon, Belarusian President Alexander Lukashenko has predicted, alleging that there are tensions emerging between the country’s armed forces and its civilian leadership.

Speaking on Thursday during a virtual class for all Belarusian school and university students, Lukashenko said that “Ukraine is being divided” and that a “conflict is brewing between the president and the military.”

According to the Belarusian leader, the Ukrainian army is the only power in the country that can “pound the table and say: let’s talk or else Ukraine will be wiped off the face of the earth.”

Lukashenko argued that the country's military, which has first-hand experience of what is actually happening on the frontline, “sees that it’s hopeless.”

Meanwhile, he warned that the conflict in the neighboring country could spiral into the “most dreadful confrontation” involving the use of weapons of mass destruction.

He also stated that “Russia cannot suffer a defeat there,” adding that Minsk stands firmly by its ally, Moscow.
ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は、ウクライナ紛争の終結は近いと予測し、同国の軍隊と文民指導者の間に緊張が生まれつつあると主張した。

木曜日、ベラルーシのすべての学校と大学の学生を対象とした仮想授業で、ルカシェンコは「ウクライナは分裂しつつある」、「大統領と軍の間に対立が生まれつつある」と述べた。

ベラルーシの指導者によると、ウクライナ軍はこの国で唯一、「テーブルを叩いて、話し合おう、さもなければウクライナは地球上から消え去る」と言うことができる勢力であるとのこと。

ルカシェンコは、最前線で実際に起きていることを直接体験している同国軍は、"絶望的であることを見抜いている "と主張した。

一方で、隣国での紛争が大量破壊兵器の使用を伴う「最も恐ろしい対立」に発展する可能性があると警告した。

また、「ロシアはそこで敗北を喫することはできない」と述べ、ミンスクは同盟国であるモスクワの側にしっかりと立っていると付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月01日

ゼレンスキーのヘルソン反攻のコスト 兵士1700人以上が死亡




戦車12両の列は、仲間を救出するために勇敢にも絶望的な試みで、川の南側に渡りました。何台かは直ちに破壊され、他の何台かは無秩序な退却の過程で自軍の地雷原を乗り越えて破壊された。
ポーランドから送られた12台の戦車のうち、AFUの支配地域に無事戻ってこれたのは5台だけであった。
これは、米国やNATOが兵器を送ることはできても、未熟な者の手にかかるとほとんど役に立たないという事実を浮き彫りにしている。

どうやらウクライナ空軍のわずかな残党さえも見せ場を作ろうとしたが、地上のAFU部隊と同じような運命に見舞われたようだ。
前24時間の間に、Su-25 2機、Su-24 1機、MiG-29 1機、Mi-8 ヘリコプター3機が撃墜された。
破滅的になっていく「反攻」の累積コスト。
- 戦車63台
- その他装甲車107台
- 機関銃を搭載したピックアップ14台
- ウクライナ兵1700人以上
私は、ゼレンスキー政権がこの恐ろしい大失敗をどのように乗り切るか、理解に苦しむ。
posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(0) | ウクライナ

ゼレンスキーがイタリアに持つ別荘をロシア系の夫妻が賃借

Zelensky rents his Italian villa to Russians – media
The realtor in charge of the villa denied the report, but did not provide any evidence, citing privacy
Ukrainian President Vladimir Zelensky has rented his luxury villa in Tuscany to Russians for the month of August, Italian newspaper Il Tirreno reported on Tuesday. Meanwhile, Zelensky has called on EU leaders to deny visas to Russian tourists.

A Russian couple with a London address have rented the villa for the month of August, paying the princely sum of €50,000 ($50,237), the newspaper reported. The villa, located in the seaside town of Forte dei Marmi, was bought by Zelensky for four million euros while the Ukrainian leader was still an actor, the report added.

Photos posted on social media by the couple confirmed that they were staying in Zelensky’s property, Il Tirreno stated.

Corriere Della Serra, another Italian newspaper, contacted the realtor managing the property, who said that “The tenants weren’t Russian, but I can’t say more because privacy prevents me.” However, the paper said that the tenants are likely of Russian origin, “but have long since had their residence and perhaps English citizenship.”
ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領は、トスカーナ地方の高級別荘を8月の間、ロシア人に貸したと、イタリアの新聞「イル・ティレーノ」が火曜日に、報じた。一方、ゼレンスキー氏はEUの首脳に対し、ロシア人観光客へのビザを拒否するよう求めている。

同紙によると、ロンドンに住所を持つロシア人夫婦が8月の1カ月間、5万ユーロ(約695万円)という高額な料金を支払って別荘を借りたという。海辺の町フォルテ・デイ・マルミにあるこの別荘は、ウクライナの指導者がまだ俳優だった頃、ゼレンスキーが400万ユーロで購入したものだと同紙は付け加えている。

夫妻がソーシャルメディアに投稿した写真から、ゼレンスキーの物件に滞在していることが確認されたと、Il Tirrenoは述べている。

同じくイタリアの新聞であるコリエレ・デラ・セラ紙は、この物件を管理する不動産業者に問い合わせたところ、"入居者はロシア人ではなかったが、プライバシーが邪魔をするのでこれ以上は言えない "と答えたという。しかし、同紙は、入居者はロシア系である可能性が高いとし、"しかし、とっくに居住地は決まっており、おそらくイギリスの市民権も持っている "と述べている。
posted by ZUKUNASHI at 16:04| Comment(0) | ウクライナ

ソ連崩壊後、ウクライナのテレビやインターネットにはファシストイデオロギーが氾濫

posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(0) | ウクライナ

タンクで 10600 meters先のものに砲弾を命中できるか


posted by ZUKUNASHI at 11:10| Comment(0) | ウクライナ

2022年08月31日

ガスプロムがフランスの電力会社エンジーへのガス供給を停止

Russia cuts off gas supply to French energy giant
Gazprom has announced it will halt supplies to Engie following the French company’s failure to pay for gas deliveries in July
Russian state-owned energy giant Gazprom confirmed on Tuesday it had cut off off gas supplies to French utilities company Engie. The Paris-based firm has failed to pay for July gas deliveries in full, the St. Petersburg major explained.

Gazprom informed Engie that it would cease the gas deliveries starting September 1 until the moment it gets the payment for the already supplied gas in full, the energy giant said in a statement. It also noted that the French side had failed to make the payment by Tuesday evening, making any further gas deliveries impossible under Russian law.

Earlier in the day, Engie warned that Gazprom had informed it “of a reduction in gas deliveries” and cited “a disagreement between the parties on the application of some contracts,” according to Bloomberg. It did not provide any details about the nature of the disagreements and did not specify the level of delivery restrictions.

French Energy Minister Agnes Pannier-Runacher accused Moscow of using its gas exports as a weapon on Tuesday. She also said that France “must prepare for the worst-case scenario of a complete interruption of supplies.” Her statement was made before the Gazprom announcement.

ロシア国営エネルギー大手ガスプロムは24日、フランスの電力会社エンジーへのガス供給を停止したことを明らかにした。パリに本社を置く同社は、7月に納入したガスの代金を全額支払わなかったと、サンクトペテルブルクの大手企業は説明した。

ガスプロムは、すでに供給したガスの代金を全額受け取るまで、9月1日からガスの供給を停止するとEngieに通知したと、エネルギー大手は声明で発表した。また、ガスプロムは、フランス側が火曜日の夕方までに支払いを行わなかったため、ロシアの法律により、これ以上のガス供給は不可能になったと述べている。

ブルームバーグによると、エンギーは同日未明、ガスプロムから「ガス供給量の削減」を通告され、「いくつかの契約の適用に関する当事者間の不一致」を理由に警告を発した。不一致の内容についての詳細は明らかにせず、配送制限のレベルも特定しなかった。

フランスのアニエス・パニエ・ルナシェ エネルギー相は、火曜日、モスクワがガス輸出を武器として使っていると非難した。また、フランスは「供給が完全にストップする最悪のシナリオに備えなければならない」とも述べた。彼女の発言はガスプロムの発表の前になされたものである。

エンギーは、「顧客に対するコミットメントと自社の必要量を満たすために必要な量はすでに確保している」とし、ガスプロムによる供給停止の可能性がある場合、「直接的な財務的・物理的影響を大幅に軽減する」ための措置を講じると付け加えた。

今回の事態は、EU政府が暖房シーズンの到来と、EUの主要ガス供給国のひとつであるロシアからの供給量減少に直面し、ガス備蓄の充足を図っている中で起きた。ガスプロムはまた、8月31日から9月2日にかけて、コンプレッサーが1基しか稼働していないノルドストリーム1をメンテナンスのために完全に停止させると発表した。

月曜日には、Engie のクレール・ウェイサン副社長が、フランスでは貯蔵量が90%満たされていると述べ、冬を乗り切るには十分であると付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | ウクライナ