ウクライナ: ずくなしの冷や水

2022年12月18日

モスクワ、「非友好的な国」からのトラック輸送禁止を拡大へ - RBK

Moscow to extend ban on trucks from ‘unfriendly countries’ – RBK
Companies from the EU, Norway, Ukraine, and the UK are not allowed to transport goods through Russia by road
The Russian government will extend a ban on cargo transit by road for companies from countries that have placed similar restrictions on Moscow, RBK reported on Thursday, citing sources close to discussions on the matter.

The ban, which was initially introduced in October and was due to expire on December 31, will now be extended until June 30, 2023, according to the report.

Under the ban, companies from the EU, Norway, Ukraine, and the UK are not allowed to transport goods through Russia by road. Restrictions apply to both bilateral and transit goods transportation, as well as cargo transportation to or from the territory of a third state. Goods delivery to final recipients in Russia is still carried out, but only after the cargo is reloaded from foreign trucks to Russian and Belarusian vehicles at the border.

The ban was a response to similar restrictions imposed by these countries on Russian trucks as part of Western sanctions on Moscow earlier this year.

The Russian Ministry of Transportation and Ministry of Industry and Trade have so far declined to comment on the report.

According to Yevgeny Antipov, deputy head of the Russia-based association of international road carriers ASMAP, the countries which imposed sanctions on Russian truckers “flagrantly violated international law, which could not remain unanswered.”

He noted that, thanks to Moscow’s reciprocal ban, Russian companies had obtained an opportunity to participate in the delivery of European cargo on the part of routes that run through Russia, which helps them offset financial losses due to Western sanctions.

“We gave our carriers work, the price [of goods] did not increase due to transshipment on the border, [the ban] only slightly affected delivery time,” Valery Alekseev, vice president of the Russian Automobile Transport Union, told RBK.

The ban exempts some products, including various types of food, manufactured goods and certain non-food items. Cargo delivery to or from the Russian exclave of Kaliningrad is also exempt from restrictions.

EU、ノルウェー、ウクライナ、英国の企業はロシアでの陸路による貨物輸送を禁じられている
ロシア政府は、モスクワに同様の制限を加えている国の企業に対して、道路による貨物輸送の禁止を延長すると、RBKがこの件に関する協議に近い情報筋の話として、2日に報じた。

この禁止令は当初10月に導入され、12月31日に期限切れとなる予定だったが、今後は2023年6月30日まで延長されることになったという。

この禁止令により、EU、ノルウェー、ウクライナ、英国の企業は、ロシアを経由した陸路での貨物輸送ができなくなった。制限は、二国間輸送とトランジット輸送の両方に適用され、第三国の領域への貨物輸送や第三国の領域からの貨物輸送にも適用されます。ロシア国内の最終受取人への物品配送はまだ行われていますが、国境で貨物を外国のトラックからロシアやベラルーシの車両に積み替えた後でなければなりません。

この禁止措置は、今年初めに欧米の対モスクワ制裁の一環として、これらの国々がロシアのトラックに対して同様の制限を課したことに対応するものである。

ロシア運輸省と産業貿易省は、今のところこの報道についてコメントを控えている。

ロシアに拠点を置く国際道路運送業者協会ASMAPのエフゲニー・アンチポフ副代表は、ロシアのトラック運転手に制裁を課した国々は「国際法に明白に違反し、これに答えないわけにはいかない」と指摘する。

彼は、モスクワの相互禁止令のおかげで、ロシア企業はロシアを通過するルートの一部でヨーロッパの貨物の配送に参加する機会を得ており、西側の制裁による経済的損失を相殺するのに役立つと指摘した。

ロシア自動車輸送組合のヴァレリー・アレクセーエフ副会長はRBKに、「我々は輸送業者に仕事を与え、国境での積み替えにより(商品の)価格は上昇せず、(禁止令は)配達時間にわずかに影響しただけだ」と述べた。

禁止令は、さまざまな種類の食品、製造品、特定の非食品など、一部の製品を免除している。また、ロシアの飛び地であるカリーニングラードへの貨物輸送も制限の対象外となっている。
posted by ZUKUNASHI at 22:28| Comment(0) | ウクライナ

ロシアの兵器メーカーが週6日勤務に変更

Russian arms manufacturers switch to six-day working week
Shifts at defense enterprises may also be extended to 12 hoursArms manufacturers in Sverdlovsk Region in Russia’s Urals are working longer weeks due to the conflict in Ukraine, a trade unions chief has said.

Enterprises that are busy fulfilling government defense orders “are now working six days [a week] instead of five,” Andrey Vetluzhskykh, the head of the federation of local trade unions, said during a press conference in Ekaterinburg on Friday.

Working days could also be increased for employees, Vetluzhskykh added, noting that the Russian law allows for the addition of four hours per shift in the event of “production necessity.” That means “working up to 12 hours daily,” he explained.

Businesses also have the option to recall workers who are on vacation, or deny scheduled paid leave, the unions chief said. However, this only applies to the defense industry and should in no way affect companies producing goods for civilian use, he added., a trade unions chief says

Employees must be fairly compensated for the additional work, and unions are keeping an eye on employers to ensure that they fulfill their obligations, Vetluzhskykh pointed out.

The measures are being implemented because state defense orders have “significantly expanded” as the conflict in Ukraine continues, he said.

Sverdlovsk Region is a major Russian defense industry hub, hosting more than 100 defense firms. They include the likes of Uralvagonzavod and Uraltransmash, which manufacture armored vehicles and howitzers, respectively; NPO Avtomatiki, one of the country’s leading producers of control systems and electronic equipment for the space industry; Kalinin Machine-Building Plant, which supplies air defense systems to the Russian military; and many others.

防衛関連企業のシフトも12時間に延長される可能性があるロシア・ウラル地方のスヴェルドロフスク州の武器製造業者は、ウクライナ紛争の影響で勤務時間が長くなっていると、労働組合の責任者が述べた。

エカテリンブルクで金曜日に行われた記者会見で、地方労働組合連盟のトップであるアンドレイ・ベトルジフスキー氏は、「政府の防衛命令を遂行するために忙しい企業は、現在5日間ではなく6日間働いている」と述べた。

Vetluzhskykh氏は、ロシアの法律では「生産上の必要性」がある場合、シフトごとに4時間の追加を認めていると述べ、従業員の労働日数を増やすことも可能であると付け加えた。つまり、「毎日12時間まで働ける」ということだ、と彼は説明した。

また、企業は休暇中の労働者を呼び戻したり、予定されている有給休暇を拒否したりすることができると、労働組合の責任者は述べた。しかし、これは防衛産業にのみ適用され、民生用の商品を生産する企業には決して影響しないはずだ、と彼は付け加えた。

従業員には追加労働の対価として公正な報酬が支払われなければならず、労働組合は使用者がその義務を果たすよう監視している、とヴェトルジフスキーは指摘した。

ウクライナ紛争が続く中、国家防衛の受注が「大幅に拡大」したため、このような措置がとられるようになったという。

スベルドロフスク州はロシアの防衛産業の中心地で、100社以上の防衛関連企業がある。その中には、装甲車や榴弾砲を製造するウラルバゴンザボド社やウラルトランスマッシュ社、宇宙産業用の制御システムや電子機器を製造する国内有数の企業であるNPOアフトマティキ、ロシア軍に防空システムを供給するカリーニン機械製造工場など、多くの企業が含まれています。
posted by ZUKUNASHI at 19:09| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナの民間インフラへの被害は自業自得-ロシア

Damage to Ukrainian civilian infrastructure self-inflicted – Russia
‘Unprofessional actions’ by Kiev's air-defense units during missile strikes on Friday are to blame, Moscow claims
Mistakes made by Ukrainian forces in their attempt to repel Russian missiles on Friday has damaged civilian infrastructure, the Russian Defense Ministry claimed in a statement on Saturday. Earlier, Kiev had blamed Russian forces for hitting residential apartments in the strike, which killed four people, including a toddler.

“Unprofessional actions of the Ukrainian air defense units resulted in damage to civilian infrastructure on the ground,” the ministry said, without providing any further details.

Earlier, the governor of the Ukrainian Dnepropetrovsk Region, Valentin Reznichenko, said that four civilians had died in Krivoy Rog in Friday's strike, including a one-year-old boy. A total of 13 people were injured, including four children, he added. According to Reznichenko, it was a Russian missile that supposedly had hit a residential building, leading to four deaths.

The Russian Defense Ministry said the “high-precision weapon strike” was targeting the Ukrainian military command and administration system as well as the military industrial complex and relevant power-supply networks. The strike had in particular “disrupted foreign weapons and munition transportation” and had “blocked the advancement of the Ukrainian reserves,” the ministry said. Production at some military industrial facilities was stopped as well, it added.

“The strike’s goal was reached. All the designated targets were hit,” the Russian ministry claimed. Ukraine's General Staff claimed on Saturday that Russia had launched a total of 98 missiles the day before. It did not elaborate on how many were shot down.

On Friday, Ukraine’s state-owned energy giant Ukrenergo declared a state of emergency following reports of the Russian strikes hitting critical infrastructure. The operator called the situation a “system breakdown,” adding that it had registered a 50% fall in nationwide electricity consumption.

In recent weeks, Russia has ramped up its airstrikes against Ukraine’s critical infrastructure, through missile and drone barrages across the country. This followed Kiev's launch of several sabotage operations against civilian infrastructure in Russia, including the Crimean Bridge truck-bomb attack.

The Russian Defense Ministry had previously said the Russian forces only target military sites in Ukraine. In October, the Russian military started targeting energy facilities that the Defense Ministry believes to be crucial for Ukraine’s military capability. As a result, the Ukrainian energy system has been significantly degraded.

ウクライナの民間インフラへの被害は自業自得-ロシア
キエフの防空部隊による金曜日のミサイル攻撃時の「非専門的行動」が原因だとモスクワは主張している。
ロシア国防省は土曜日の声明で、ウクライナ軍が金曜日にロシアのミサイルを撃退しようとした際に犯した過ちにより、民間インフラに損害を与えたと主張した。キエフ政府は、ロシア軍が住宅用アパートを攻撃し、幼児を含む4人が死亡したことを非難していた。

「ウクライナの防空部隊の専門外の行動が、地上の民間インフラに損害を与えた」と同省は述べ、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

これに先立ち、ウクライナのドニエプロペトロフスク州のヴァレンティン・レズニチェンコ知事は、金曜日の空爆でクリボイ・ログで1歳の男児を含む4人の民間人が死亡したと発表した。また、4人の子供を含む合計13人が負傷したと付け加えた。レズニチェンコ氏によると、ロシアのミサイルが住宅の建物に命中したとみられ、4人の死亡につながったという。

ロシア国防省は、「高精度兵器の攻撃」は、ウクライナ軍の指揮管理システム、軍需産業複合体、関連する電力供給網を標的にしていたと発表した。この攻撃は特に「外国の武器や弾薬の輸送を妨害」し、「ウクライナの予備軍の進出を阻止」したと同省は述べている。また、一部の軍事産業施設の生産も停止させたという。

「攻撃の目的は達成された。指定された標的はすべて攻撃された」とロシア外務省は主張した。 ウクライナ軍参謀本部は土曜日に、ロシアが前日に合計98発のミサイルを発射したと主張した。撃墜された数については詳述していない。

金曜日に、ウクライナの国有エネルギー大手ウクレネルゴは、ロシアの攻撃が重要なインフラを攻撃したという報告を受けて、緊急事態を宣言した。同事業者は、この状況を「システム崩壊」と呼び、全国の電力消費量が50%減少したと付け加えた。

ここ数週間、ロシアはウクライナの重要インフラに対する空爆を強化し、ミサイルやドローンの乱射を全国的に行っています。これは、キエフがクリミア橋のトラック爆弾攻撃など、ロシアの民間インフラに対する破壊工作を開始したことを受けたものです。

ロシア国防省はこれまで、ロシア軍はウクライナの軍事拠点のみを標的としていると述べていた。10月に入り、ロシア軍は、国防省がウクライナの軍事力にとって極めて重要と考えるエネルギー施設を標的にするようになった。その結果、ウクライナのエネルギーシステムは著しく低下している。

・・・ロシアは、Unprofessionalという言葉をよく使います。
職業上の規則に反した、本職でない、しろうとの という意味ですが、ようするに「プロ専門家としての技量が低い」という意味です。

戦闘機のパイロットの威嚇行動などで危険が強い場合などによく使われます。

日本の専門家は、最近どんどんUnprofessionalになっています。感染症の専門家や医師がそうですし、小売りや公務員もどんどんそうなっています。みんな派遣職員などに切り替わっていますから当然です。
posted by ZUKUNASHI at 14:57| Comment(0) | ウクライナ

Russian troops get fresh batch of ‘Penicillin’

Russian troops get fresh batch of ‘Penicillin’ – RIA
Named after the antibiotic, the acoustic and infrared hardware can effectively detect Ukrainian artillery, a source told RIA Novosti Russian troops have received a fresh batch of ‘Penicillin’ advanced reconnaissance systems, RIA Novosti news agency reported on Saturday, citing a source. The hardware is expected to be deployed in Ukraine.

According to RIA, the Russian Defense Ministry “received another batch of the advanced 1B76 Penicillin acoustic and infrared reconnaissance systems,” adding that the device “effectively detects the positions of the Ukrainian artillery and transmits coordinates for their prompt destruction.”

Another source earlier told the agency that Penicillin artillery trackers had proved their worth in the Ukraine conflict, as they are able to target, among other things, NATO-grade artillery.

The reconnaissance system can also detect rocket and air defense systems, and register acoustic and infrared waves. This provides the operator with precise coordinates to pinpoint the adversary’s firing positions. The time needed to locate a single target does not exceed five seconds.
posted by ZUKUNASHI at 14:43| Comment(0) | ウクライナ

西側はロシアとの対話を決してやめてはならない - ショルツ

West should never quit talks with Russia – Scholz
Putting an end to the ongoing conflict in Ukraine would be much harder without a dialogue with Moscow, the German chancellor warns
The Western nations should never walk out of talks with Moscow, regardless of how big the "differences" between the two sides are, German Chancellor Olaf Scholz told Germany’s SZ newspaper in an interview published on Friday. Dropping out of any talks with Moscow would only make the task of ending the ongoing conflict in Ukraine harder, the chancellor believes.

"What is important is that, despite major differences in [our] positions, we do not let the thread of talks with Russia be broken," Scholz said, adding that "if we do not talk, Russia would be even less likely to end the war."

The chancellor still blames Moscow for its ongoing conflict with Kiev and maintains it is Russia that should be proactive in halting military action. Yet, the chancellor also advocates a negotiated solution rather than a military one. "For this, it will be necessary to talk," he told SZ.

When asked about when there could be a "window for negotiations," Scholz said that "the time has actually long since come." The chancellor also expressed his hope that "once this war is over and we are dealing with a different Russia … capable of making peace, we may be able to live together again." He did not elaborate on what he meant by "a different Russia."

Scholz also and once again outlined Berlin’s position on arms deliveries to Ukraine, saying that Germany would send "modern weapons" to Kiev but would also seek to prevent a "direct confrontation between NATO and Russia" and would not take any steps in the field of military aid alone.

The German chancellor has repeatedly called for continued dialogue with Moscow, arguing that it was the only viable option for ending the fighting in Ukraine. Earlier in December, he defended his decision to "keep talking" to Russian President Vladimir Putin by saying he wants to live to see the moment when it would be possible "to get out of this situation."

Scholz and Putin talked by phone on December 2. According to the Kremlin, the two discussed "different aspects of the situation in Ukraine." Scholz then said he "condemned the Russian airstrikes" against what he called "civilian infrastructure in Ukraine." In the Saturday interview with SZ, he also referred to these airstrikes as a "clear violation of international law."

Russian forces have been targeting some of Ukraine’s energy infrastructure facilities since October. The Russian Defense Ministry believes these to be crucial for Kiev’s military capability.

ウクライナで進行中の紛争に終止符を打つことは、モスクワとの対話なしでははるかに困難であると、ドイツの首相は警告している。
西側諸国は、両者の「違い」がどれほど大きいかにかかわらず、決してモスクワとの会談から手を引くべきではないと、ドイツのオラフ・ショルツ首相は金曜日に掲載されたインタビューにおいてドイツのSZ紙に語った。モスクワとの会談を取りやめれば、ウクライナで進行中の紛争を終わらせる作業が難しくなるだけだと、首相は考えている。

「重要なのは、立場の大きな違いにもかかわらず、ロシアとの話し合いの糸を断ち切らせないことだ」とショルツ氏は述べ、「もし我々が話し合いをしなければ、ロシアは戦争を終わらせる可能性がさらに低くなる」と付け加えた。

首相は依然としてキエフとの紛争が続いていることをモスクワの責任とし、軍事行動を積極的に停止させるべきはロシアであると主張している。しかし、首相はまた、軍事的な解決ではなく、交渉による解決を提唱している。「そのためには、話し合いが必要だ」とSZに語った。

交渉の窓」はいつできるのかという質問に対して、ショルツ氏は「実はもうとっくにその時が来ている」と答えた。首相はまた、「この戦争が終わり、平和を作ることができる別のロシアを相手にするようになれば、我々は再び一緒に暮らすことができるかもしれない」と希望を述べた。しかし、"異なるロシア "とは何を意味するのか、詳しくは語らなかった。

ショルツ氏はまた、改めてウクライナへの武器供与に関するベルリンの立場を説明し、ドイツはキエフに「近代兵器」を送るが、「NATOとロシアの直接対決」を防ぐことも目指し、軍事援助だけの分野では何も手を打たないだろうと述べた。

ドイツ首相は、モスクワとの対話の継続を繰り返し求め、それがウクライナの戦闘を終わらせるための唯一の有効な選択肢であると主張してきた。12月初めには、ロシアのプーチン大統領と「対話を続ける」という決断を、"この状況から抜け出す "ことが可能になる瞬間を見るまで生きていたい、と弁明していた。

ショルツ氏とプーチン氏は12月2日に電話で会談した。クレムリンによると、2人は "ウクライナ情勢のさまざまな側面 "について議論したという。そして、ショルツは "ウクライナの民間インフラ "と呼ばれるものに対するロシアの空爆を "非難する "と述べた。SZの土曜日のインタビューでも、彼はこれらの空爆を "明確な国際法違反 "と言っている。

ロシア軍は10月以降、ウクライナのエネルギーインフラ施設のいくつかを標的にしてきた。ロシア国防省は、これらがキエフの軍事力にとって重要であると考えている。
posted by ZUKUNASHI at 14:36| Comment(0) | ウクライナ

Gerasimovの前線訪問が漏れていた?


US sought to stop Ukraine from killing Russia’s top general – NYT
Kiev’s forces reportedly launched a strike in April in an alleged attempt to kill Russian Chief of General Staff Valery Gerasimov
Washington allegedly sought to dissuade Kiev from trying to kill the head of the Russian General Staff, Army General Valery Gerasimov, the New York Times (NYT) said on Saturday, in a lengthy report based on "secret battle plans, intercepts and interviews with Russian soldiers and Kremlin confidants," as well as some unnamed US officials.

According to the report, the US learned of the alleged plans by Gerasimov to visit the frontlines in late April amid the conflict between Moscow and Kiev. American officials then decided to keep the information from Ukraine out of fear that Kiev might use it to try and kill the general, potentially sparking a conflict between the US and Russia, the NYT added.

The Ukrainian military reportedly obtained the information about Gerasimov’s plans anyway, prompting US officials to contact the Ukrainians and ask them to call off an attack on the Russian general, the media outlet said. The request was put forward after consultations with the White House, the NYT said.

"We told them not to do it," a senior American official told the paper. "We were like, ‘Hey, that’s too much.’"

The Ukrainian military still launched an attack on what they believed was the general’s position. Gerasimov was not affected by the strike in any way, the NYT said, adding that the attack still allegedly made Russian top military commanders "scale back" their visits to the frontlines.

Russia has never officially confirmed Gerasimov's April visit to the frontlines. According to the Russian Defense Ministry, the chief of the general staff visited the Russian troops in Ukraine in early July. The general visited several command posts, met senior commanding officers, and listened to reports on the course of the Russian military operation as well as combat support from the troops, the ministry said.

His visit came a week after Russian Defense Minister Sergey Shoigu also traveled to the frontlines to present top state awards to servicemen involved in the conflict. The Defense Ministry did not mention any Ukrainian attacks targeting either the minister or the head of the General Staff at that time.

Back in early May, the NYT published a report on an alleged Ukrainian strike targeting Gerasimov a week before. The attack had reportedly missed its target but allegedly claimed the lives of some 200 soldiers, including at least one general, the paper reported at the time, citing an anonymous Ukrainian official. Moscow never confirmed any of these claims.
米国、ウクライナのロシア軍最高司令官殺害を阻止しようとした - NYT.
キエフ軍は、ロシアのヴァレリー・ゲラシモフ参謀総長を殺害しようとしたとされる攻撃を4月に開始したと報じられている
ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)は土曜日に、「秘密の戦闘計画、傍受、ロシア軍人とクレムリンの側近とのインタビュー」、および一部の無名のアメリカ当局者に基づいた長いレポートで、ワシントンはキエフがロシアの参謀本部長、ヴァレリー・ゲラシモフ陸軍大将を殺害しようとしないようにしようとしたと言われている、と発表した。

報告書によると、アメリカはモスクワとキエフの対立の中で、ゲラシモフが4月下旬に前線を訪れるとされる計画を知っていた。アメリカ当局は、キエフがこの情報を使って将軍を殺そうとし、米露間の紛争を引き起こす可能性を恐れて、ウクライナから情報を隠すことを決定したとNYTは付け加えた。

ウクライナ軍がゲラシモフ氏の計画に関する情報を入手したため、アメリカ当局はウクライナ側と連絡を取り、ロシア軍将軍への攻撃を中止するよう要請したと、同メディアは伝えている。この要請は、ホワイトハウスと協議の上、出されたとNYTは述べている。

「アメリカの高官が同紙に語ったところによれば、「我々はそれをしないよう彼らに言った。"おい、やりすぎだぞ "という感じだった」。

ウクライナ軍はそれでも将軍の立場と思われる攻撃を開始した。ゲラシモフ氏はこの攻撃の影響を一切受けなかったとNYTは言い、この攻撃によってロシア軍の最高司令官たちは前線への訪問を「縮小」させられたと依然として言われていると付け加えた。

ロシアはゲラシモフ氏の4月の前線訪問を公式に確認したことはない。ロシア国防省によると、参謀総長は7月上旬にウクライナのロシア軍を訪問した。同省によると、参謀総長は複数の司令部を訪問し、上級指揮官に会い、ロシアの軍事作戦の経過や部隊からの戦闘支援に関する報告に耳を傾けたという。

同将軍の訪問は、ロシアのショイグ国防相が前線に赴き、紛争に参加した軍人に国家最高賞を授与した1週間後のことであった。国防省はその時、大臣や参謀本部長を狙ったウクライナの攻撃については触れていない。

5月上旬、NYTはゲラシモフ氏を狙ったウクライナ軍の攻撃について、その1週間前に報告書を掲載した。この攻撃は標的を外したとされるが、少なくとも1人の将軍を含む約200人の兵士の命を奪った疑いがあると、同紙は当時、匿名のウクライナ政府関係者の話を引用して報じた。モスクワはこれらの主張を確認することはなかった。

・・・ゲラシモフが前線を訪問して怪我したとの情報が流れ、しばらく画像が出なかったことがあります。
posted by ZUKUNASHI at 13:10| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月17日

ロシアのがウクライナのドローンの製造元や運用本部を突き止める


Moscow has data confirming US’, Poland’s involvement in terror attacks in Russia − agency
According to the specialists’ assessments, a number of facts "confirm the direct involvement of the US and Poland in the massive military-logistical support of the Kiev regime, in preparation and implementation of joint terror attacks on the Russian Federation territory"

MOSCOW, December 16. /TASS/. Data from intercepted drones confirm the involvement of the US and Poland in preparation of terror attacks on the Russian territory, a source in Russian security agencies told TASS Friday.

"Relevant agencies of the Russian Federation analyzed electronic components of the intercepted unmanned aerial vehicles, used by Ukraine for attacks on Russian infrastructure objects - in particular, in Sevastopol, in Crimea, in Kursk, Belgorod and Voronezh Regions," the agency said.

According to the specialists’ assessments, a number of facts "confirm the direct involvement of the US and Poland in the massive military-logistical support of the Kiev regime, in preparation and implementation of joint terror attacks on the Russian Federation territory."

The agency noted that "the avionics and drone control stations were produced by US’ Spektreworks, a company that performed the initial tuning and check of the drones at the Scottsdale airport in Arizona."

In addition, the relevant agencies pointed out that "the final assembly and flight trials of these drones were carried out on the Polish territory, near the Rzeszow airport, used by the US and NATO as the main supply node for Ukrainian armed forces."

"The installation of payload, flight mission and the launch itself were carried out near Odessa and Krivoy Rog," the statement says.
モスクワ、12月16日。/傍受した無人機のデータから、ロシア領土へのテロ攻撃の準備に米国とポーランドが関与していることが確認されたと、ロシア保安機関の関係者が金曜日にタス通信に語った。

「ロシア連邦の関連機関が、ウクライナがロシアのインフラ対象物(特にセバストポリ、クリミア、クルスク、ベルゴロド、ボロネジ)への攻撃に使用した、傍受した無人航空機の電子部品を分析した」と同機関は述べています。

専門家の評価によると、多くの事実は、「キエフ政権の大規模な軍事・後方支援に米国とポーランドが直接関与し、ロシア連邦領域への共同テロ攻撃の準備と実施に関与していることを確認する」ものである。

同機関は、"アビオニクスとドローン制御ステーションは、アリゾナ州のスコッツデール空港でドローンの初期チューニングとチェックを行った米国のSpektreworks社によって製造された。"と指摘しました。

さらに、関連機関は、"これらのドローンの最終組み立てと飛行試験は、米国とNATOがウクライナ軍への主要供給ノードとして使用しているルツェゾフ空港の近くのポーランド領で行われた "と指摘している。

"ペイロードの設置、飛行任務、打ち上げ自体はオデッサとクリヴォイ・ログの近くで行われた "と声明は述べている。

・・・
posted by ZUKUNASHI at 14:51| Comment(0) | ウクライナ

戦争では敗者が最も嘘をつく

In War, Losers Lie The Most
William Schryver
Over the course of the Ukraine War – or the “Special Military Operation”, as Russia is careful to term it – I have confidently concluded that one of the essential sources for reasonably accurate information regarding the far-flung combat operations in the theater is … The Russian Federation Ministry of Defense daily briefing.

Of course, those inclined to support Ukrainian perspectives on this war immediately rise up in arms at such a suggestion. “How could you possibly believe anything the Russians have to say? They lie about everything!”

Well, I’m not typing out this brief missive in an attempt to disabuse the Russia-haters of the world of their fondest prejudices. That would be a fool’s errand, at best. But I will briefly explain the rationale I have employed to reach the conclusion that, in fact, the most accurate picture of ongoing Ukraine War combat operations available to the general public is, indeed, coming from the daily Russian MoD briefings.

First of all, I want to freely acknowledge that there is no way they can always be correct. The very nature of battle is fraught with inherent challenges to accuracy. Squad, company, and battalion commanders naturally inflate their successes and downplay their failures. Air defense crews and fighter pilots observe a clear hit on an aircraft, watch it fall to the full extent of their perspective, but sometimes fail to see that it somehow managed to recover before crashing into the ground, and then miraculously limped back to its base. These sorts of things are an unavoidable and not all that uncommon reality, and contribute substantially to the pervasive “fog of war” in any conflict.

Fully accurate data for a war takes years to emerge, and even then can be corrupted by inaccuracies that are never detected and corrected. So the best one can hope for in the midst of a war is a reasonably accurate “rough sketch” of what is really happening at any given time, as well as a constantly coalescing picture of what has really been happening over the course of time.

To achieve the latter, one must also examine the positional maps, taking into account which strategic locations are being won and lost, and what the general trajectory of operations suggests as reflected in the way the lines of contact move and evolve.

But the one thing, above all, that should be kept in mind is that, as a general rule, the side that is really winning is much more likely to tell the truth, and the side that is losing is, far more often than not, lying through its teeth.

Of course, this hardly means that the winning side always tells the truth. They may have very good reasons for lying, obfuscating, or simply having inaccurately ascertained what the truth really is.

On the other hand, the losing side, at the first realization they’re in over their heads, starts lying some of the time, and as their prospects deteriorate further, they quickly resort to lying nearly all the time.

Indeed, it becomes imperative to do so, both to shield troop morale from the full truth, and (as attested very notably in this particular war) also to reassure allies and benefactors that, despite a few “minor setbacks”, everything is actually going “according to plan”, and glorious victory is “just around the corner”, if only you keep helping us out with more weapons, guns, ammo, victuals, and coin to pay our ever-dwindling numbers of soldiers.

Also, it must be appreciated that, in any war, even a lopsided one, the dominating power is bound to make stupid mistakes on occasion, and incur an embarrassing setback that he will desire to deny, spin, or otherwise downplay. Similarly, if the weaker army pulls off a rare triumph, he will exaggerate its magnitude and relative significance, and will predictably forecast “much more of the same” going forward.

For these reasons, the determination of “things as they really are” in wartime can be a complex calculus – but nevertheless not outside the capability of the experienced observer/analyst to ascertain to a reasonably accurate degree.

And make no mistake, to any reasonably objective and knowledgeable observer/analyst not intellectually crippled by mindless bigotry or riven with ulterior motives, the Russians are winning this war, and winning it big. And therefore their natural inclination will be to tell the truth in order to lend weight to that perception in the public mind.

The mountains of propaganda that have dominated western media reports and the “expert analysis” of its stable of arms-manufacturer-funded think-tank monkeys and talking-head “retired generals-for-hire” have, unfortunately, irredeemably tainted the perceptions of those for whom these voices constitute their only sources of information.

I wish there were a way to scrape the scales of darkness from their eyes, but alas, I have concluded it is more or less futile at this juncture. For most, not even “settled history” many years down the road will dissuade them from resolutely clinging to their most cherished delusions.

In any case, as pertains to the regular daily briefings of the Russian Ministry of Defense, those who follow them closely, as I do, will observe that they are typically detailed, not apparently prone to exaggeration, and delivered in a totally matter-of-fact fashion – no superfluous commentary about “glorious victories” or “trampling the enemy under our feet”, etc. “Just the facts, ma’am.”

Furthermore, it must be understood that the Russians are also in a far superior position to know what has actually occurred on the battlefield. They have access not only to high-resolution satellite-based imagery, but more importantly to the countless hours of video shot every single day from their hundreds (thousands?) of loitering observation drones that are a constant fixture over almost every engagement of appreciable size.

That said, it is important to understand that, for obvious reasons, they’re absolutely not going to permit the general public and the OSINT practitioners of the world to have access to imagery as they see it. Instead, they consistently downgrade the resolution of shared video and still photos, and employ edits to remove any video footage they deem to be “privileged information” – such as what weapon is being used for an airstrike, or the angle from which it came.

As for the Ukrainians, it is apparent they no longer have a significant drone capability over the battlefield, and are therefore “flying blind” in a great many instances.

In conclusion, all perceptions of battle are distorted to some degree. Some things which are claimed to have happened may, on occasion, be substantiated with incontrovertible evidence of some kind: conclusive imagery, multiple credible witnesses, or the frank admission of the other side to an effectively undeniable loss or setback.

I would roughly estimate that the perception of truth of any given event, under the best of conditions – even for the respective combatants armed with far superior intelligence and imagery – probably never exceeds 90% accuracy. The general public, using open-source intelligence and reasonably reliable on-the-ground reporting, can optimistically hope for maybe 60% - 70% accuracy.

For these reasons, the acquisition of a knowledge of "things as they really are” in war is never an exact science. But it is an art that can consistently produce conclusions highly consonant with the objective facts of the matter.


ウクライナ戦争、あるいはロシアが注意深く呼ぶところの「特別軍事作戦」の過程で、私は、この戦域の遠く離れた戦闘行為に関する合理的に正確な情報の重要な情報源の一つは、ロシア国防省の日報であると確信している...。

もちろん、この戦争に関するウクライナの見方を支持する人たちは、このような提案に即座に反発する。「ロシア人の言うことなど信じられるか。彼らはすべてにおいて嘘をついている!"

私は、世界中のロシア嫌いの人たちの偏見を払拭するために、この短い文章を書いたのではない。それはせいぜい愚の骨頂である。しかし、私が、現在進行中のウクライナ戦争の戦闘行為について、一般大衆が入手できる最も正確なイメージは、実は、毎日のロシア国防省のブリーフィングから得られている、という結論に達した根拠について、簡単に説明しよう。

まず第一に、ロシア国防総省の発表が常に正しいということはありえないということを率直に認めたい。戦闘の本質は、正確さへの挑戦を内在している。分隊、中隊、大隊の指揮官は当然、成功体験を誇張し、失敗体験を軽視する。防空隊員や戦闘機パイロットは、航空機に明らかに命中したのを観察し、それが落ちるのを目一杯見ているのに、地面に墜落する前に何とか回復し、奇跡的に足を引きずって基地に戻ってきたことを見過ごすことがある。このようなことは避けられないし、それほど珍しいことでもない現実であり、どんな紛争でも蔓延する「戦争の霧」に大きく寄与している。

戦争に関する完全に正確なデータを得るには何年もかかるし、それさえも不正確な情報によって汚染され、発見され修正されることはない。したがって、戦争中に期待できるのは、その時々に実際に起こっていることの合理的に正確な「下絵」と、時間の経過とともに実際に起こっていることの絶え間ない結合のイメージである。

後者を達成するためには、どの戦略拠点が勝ったり負けたりしているか、また、接触線の動きや展開に反映される作戦の全般的な軌道が何を示唆しているかを考慮しながら、位置関係図を検討しなければなりません。

しかし、何よりも肝に銘じておかなければならないのは、一般論として、本当に勝っている側は本当のことを言い、負けている側は歯を食いしばって嘘をついていることがはるかに多いということである。

もちろん、勝っている側が常に真実を語っているとは限らない。嘘をついたり、難読化したり、あるいは単に真実が何であるかを不正確に把握したりする正当な理由がある場合もある。

一方、負けた側は、どうにもならないと思った瞬間から嘘をつき始め、さらに見通しが悪くなると、すぐにほぼ常に嘘をつくようになる。

実際、そうすることが不可欠になる。それは、部隊の士気を完全な真実から守るためでもあり、(この特定の戦争で顕著に証明されたように)同盟国や支援者を安心させるためでもある。いくつかの「小さな後退」にもかかわらず、すべてが実際に「計画通り」に進み、輝かしい勝利は「すぐそこに」ある。あなたがもっと武器、銃、弾丸、食糧、そして減り続ける兵士に支払うためのお金で我々を助け続けてさえくれれば、である。

また、どんな戦争でも、たとえ不利な状況であっても、支配的な権力者は時に愚かな間違いを犯し、否定したり、ごまかしたり、あるいは軽視したいと思うような恥ずかしい失敗をするものだということを理解しなければならない。同様に、弱小国が稀に勝利を収めた場合、その大きさと相対的な重要性を誇張し、「今後も同じことが起こる」と予測するだろう。

これらの理由から、戦時中の「物事の本質」を見極めることは複雑な計算を要するが、それでも経験豊富な観察者/分析者が合理的に正確な程度まで把握する能力の外にあるわけではない。

そして間違いなく、心ない偏見にとらわれず、下心にとらわれない、合理的に客観的で知識のある観察者/分析者には、ロシアはこの戦争に勝っており、大勝利を収めているのです。したがって、彼らの自然な傾向は、大衆の心の中でその認識を重くするために真実を語ることであろう。

西側メディアの報道を支配してきたプロパガンダの山と、武器メーカーが資金提供するシンクタンクの猿や、口先だけの「雇われ退役将軍」の「専門家分析」は、残念ながら、これらの声が唯一の情報源である人々の認識を救いようもなく汚してしまっているのだ。

彼らの目から闇の鱗を落とす方法があればいいのだが、残念ながら、今のところ、それは多かれ少なかれ無駄なことだという結論に達している。多くの人は、何年も先の「定説」ですら、自分の大切な妄想に固執することを止めないだろう。

いずれにせよ、ロシア国防省の毎日の定例ブリーフィングについて、それをよく見ている人なら、私のように、典型的に詳細で、明らかに誇張する傾向がなく、「輝かしい勝利」あるいは「敵を足下に踏みつける」などという余計なコメントはなく、まったく平静な形で伝えられていることに気がつくだろう。"事実だけ "です、奥さん。

さらに、戦場で実際に何が起こったかを知るには、ロシアがはるかに優れた立場にあることも理解しなければならない。彼らは高解像度の衛星画像にアクセスできるだけでなく、より重要なのは、それなりの規模の戦闘のほとんどに常備されている数百(数千?)の観測ドローンから毎日撮影される無数の時間のビデオにアクセスしていることだ。

とはいえ、重要なのは、明白な理由により、彼らは一般市民や世界中のOSINT専門家が、彼らが見たままの画像にアクセスすることを絶対に認めないということです。その代わり、彼らは一貫して共有するビデオや静止画の解像度を下げ、「特権的な情報」だと判断したビデオ映像、例えば空爆に使われた武器やそのアングルを削除する編集を行っています。

ウクライナ側は、もはや戦場上空に重要なドローン能力を有していないため、多くのケースで「盲目飛行」をしていることが明らかである。

結論として、戦闘に関するすべての認識は、ある程度歪んでいる。決定的な画像、信頼できる複数の目撃者、あるいは事実上否定できない損失や後退を相手側が率直に認めるなど、ある種の揺るぎない証拠によって、起こったと主張されていることが立証されることもある。

どんな出来事も、最高の条件のもとでは、たとえはるかに優れた情報と画像で武装したそれぞれの戦闘員であっても、真実の認識はおそらく90%の精度を超えることはないだろうと私はおおよそ推測している。一般市民は、オープンソースの情報とそれなりに信頼できる現場での報告を用いて、楽観的に60%から70%程度の精度を望むことができます。

こうした理由から、戦争における「物事の本質」についての知識を得ることは、決して正確な科学ではありません。しかし、客観的事実と非常に一致する結論を一貫して導き出すことができる芸術である。
posted by ZUKUNASHI at 14:44| Comment(0) | ウクライナ

ロシアがウクライナを徹底的に叩き潰すまで戦争は終わらないのかも






#Russiaは#Ukraineのインフラストラクチャを破壊し、軍事戦術を変更しました。西側はこの戦争を長く続けることはできません。 EU は 2023 年にキエフに 190 億を貸す予定であるが、ゼレンスキーは月に 70 億が必要だと言った。
ウクライナが交渉を余儀なくされるのは時間の問題です。

posted by ZUKUNASHI at 14:23| Comment(0) | ウクライナ

Ukraine wants West to stop pushing for ‘unacceptable’ peace terms

キッシンジャー氏、ウクライナ和平提案の概要を発表
米国の長老政治家は、1916年に第一次世界大戦の終結を交渉する機会を逸したことを引き合いに出した。
ヘンリー・キッシンジャー元米国国務長官は、金曜日に発表されたエッセイの中で、ウクライナでの敵対行為の終結を早急に交渉することが、次の世界大戦を防ぐことになると主張した。99歳の政治家は、1916年に米国政府は外交を通じて第一次世界大戦を終わらせる機会があったが、国内政治の理由でそれを逃したと指摘した。

キッシンジャー氏は『スペクテイター』誌の12月17日号で、現在の紛争を「二つの核保有国が条約で武装した国と争う戦争」と表現し、ウクライナが米ロの代理戦争であることを明確に言及した上で、その理由を説明した。

キッシンジャーが提案する「平和プロセス」は、キエフの中立はもはや選択肢ではないとして、「ウクライナを、たとえ表明されたものであれ、NATOに結びつける」ものであるとしている。また、ロシアには2月24日以前のラインまで撤退してもらい、ウクライナが主張する他の領土、ドネツク、ルガンスク、クリミアは "停戦後に交渉の対象となりうる "としている。 

ウクライナの自由を確認する」ことに加え、この取り決めは「新しい国際構造、特に中・東欧を定義する」ことに努め、その中でロシアは「最終的に」居場所を見つけるべきであると説明した。

戦争で無力になったロシア」を望む声もあるが、キッシンジャーはそうは考えない。モスクワの「歴史的役割を低下させるべきではない」と主張する。ロシアを解体すれば、その広大な領土は「争いの絶えない真空地帯」となり、「競合する社会は暴力で争いを解決することになるかもしれない」し、近隣諸国は「何千もの核兵器」が存在する中で、力による領土主張をしようとするかもしれないのだ。

実質的には、これはキッシンジャーが5月に最初に言い出した提案と同じもので、そのために彼はウクライナの敵とされ、悪名高い「ピースメーカー」殺害リストに加えられた。今月初め、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領はインタビューで、キエフが主張する1991年の国境線を起点としない停戦はいかなるものであれ断固として拒否した。

また、ドイツのアンゲラ・メルケル前首相が、2014年のミンスク休戦はウクライナに戦争の準備をする「時間を与える」ためのものだったと認めた後では、モスクワが西側の仲介による停戦を受け入れるかどうかはまったく不明であった。

キッシンジャーのスペクテイター誌のエッセイで新鮮なのは、彼の推論である。彼は、第一次世界大戦の最中の1916年8月、戦勝国が未曾有の流血を終わらせるために米国の調停を求めたことを指摘している。ウッドロウ・ウィルソン大統領は、「現状を修正した上での和平は手の届くところにあった」にもかかわらず、11月の再選を果たすまで会談を延期した。その時にはすでに遅く、戦争はさらに2年続き、「ヨーロッパの均衡は取り返しのつかないほど損なわれた」。

キッシンジャーの提案について問われたクレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアのプーチン大統領は「論文を熟読することを熱望している」としながらも、「残念ながらまだその機会がない」と述べた。

ロシアは2月24日にウクライナに軍隊を派遣した。キエフがドネツクとルガンスクの地域にウクライナ国家内での特別な地位を与えるために作られたミンスク合意を履行しないことを理由とするものだ。クレムリンは、ウクライナが正式に中立国であることを宣言し、西側諸国の軍事ブロックに決して参加しないことを要求した。キエフは、ロシアの攻撃は完全に無抵抗であったと主張している。

Ukraine wants West to stop pushing for ‘unacceptable’ peace terms
Foreign Minister Dmitry Kuleba says Kiev can defeat the Russians with enough Western support

Ukraine can defeat Russia on the battlefield if the West supplies enough artillery and other heavy weapons instead of pushing Kiev towards a bad peace deal, Foreign Minister Dmitry Kuleba wrote in an op-ed published by Foreign Affairs magazine on Friday.

“The West must therefore not suggest peace initiatives with unacceptable terms and instead help Ukraine win,” Kuleba wrote, calling for additional weapons for Kiev and more sanctions on Moscow.

The foreign minister criticized French President Emmanuel Macron for saying the West should not “humiliate” Russia, and former US Secretary of State Henry Kissinger for suggesting that Ukraine should cede some territory for the sake of peace with Moscow.

“These declarations are premised on the idea that Ukrainians, no matter how well they fight, cannot defeat Moscow’s forces. But that notion is wrong,” Kuleba said. He insisted that “with sufficient support,” Ukraine can stop the advance of Russian troops and take back some of its land.

“[Russian President Vladimir] Putin is not suicidal; a Ukrainian victory will not lead to nuclear warfare,” Kuleba said. “Instead of focusing on Putin’s feelings, the United States and Europe should focus on practical steps to help Ukraine prevail.”

The op-ed comes at a time when Ukrainian officials are growing frustrated with the speed and quantity of Western arms deliveries.

“Either the world doesn’t quite understand what is happening, or it does understand, is tired, and is content with a few Ukrainians dying,” Defense Minister Alexey Reznikov told The Economist on Sunday.

Mikhail Podoliak, an adviser to President Volodymyr Zelensky, suggested this week that countries such as France and Germany are “hiding from the war.”

“If you think we should lose, just tell us directly: ‘We want you to lose.’ Then we will understand why you give us weapons at this level,” Podoliak told the New York Times.
"負けるべきだと思うなら、直接言ってくれればいい。負けてほしい』と。そうすれば、なぜこのレベルの兵器を与えてくれるのか理解できる」とポドリアックはニューヨーク・タイムズ紙に語った。
Several European leaders, including Macron, German Chancellor Olaf Scholz, and British Prime Minister Boris Johnson, met with Zelensky in Kiev this week, pledging more support. Sergey Nikiforov, Zelensky’s spokesman, denied that the Ukrainian leader was pressured into holding talks with Russia.
マクロン大統領、ドイツのオラフ・ショルツ首相、英国のボリス・ジョンソン首相など、複数の欧州指導者が今週、キエフでゼレンスキー氏と会談し、さらなる支援を約束した。ゼレンスキー氏のスポークスマンであるセルゲイ・ニキフォロフ氏は、ウクライナの指導者がロシアとの会談を行うよう圧力をかけられたことを否定した。

Kissinger outlines Ukraine peace proposal
Elder US statesman invoked the missed opportunity to negotiate an end to WWI in 1916
Urgently negotiating an end to hostilities in Ukraine would prevent another world war, former US secretary of state Henry Kissinger argued in an essay published on Friday. The 99-year-old statesman noted that, in 1916, the US government had the chance to end the First World War through diplomacy, but missed it for reasons of domestic politics.

Kissinger laid out his reasoning in the December 17 issue of The Spectator, describing the current conflict as a “war in which two nuclear powers contest a conventionally armed country,” a clear reference to Ukraine being a proxy war between the US and Russia.

The “peace process” Kissinger proposes would “link Ukraine to NATO, however expressed,” as he believes neutrality for Kiev is no longer an option. He also wants Russia to withdraw to the lines before February 24, while the other territories Ukraine claims – Donetsk, Lugansk and Crimea – “could be the subject of a negotiation after a ceasefire.” 

In addition to “confirming the freedom of Ukraine,” the arrangement would strive to “define a new international structure, especially for Central and Eastern Europe,” in which Russia should “eventually” find a place, he explained.

While some would prefer “a Russia rendered impotent by the war,” Kissinger disagrees, arguing that Moscow’s “historical role should not be degraded.” Dismantling Russia could turn its vast territory into a “contested vacuum,” where “competing societies might decide to settle their disputes by violence” and neighbors could seek to claim territory by force, all in the presence of “thousands of nuclear weapons.”

In substance, this is the same proposal Kissinger had first floated in May, for which he was labeled an enemy of Ukraine and added to the notorious ‘Peacemaker’ kill list. In an interview earlier this month, Ukrainian President Vladimir Zelensky categorically rejected any sort of ceasefire that did not take Kiev’s claimed 1991 borders as the starting point.

It was also unclear whether Moscow would accept any Western-mediated ceasefire at all, after former German Chancellor Angela Merkel’s admission that the 2014 Minsk armistice was intended to “give Ukraine time” to prepare for war.

What’s fresh in Kissinger’s Spectator essay is his reasoning. He points to August 1916, at the height of the First World War, when the warring powers sought US mediation to end the unprecedented bloodshed. Though “a peace based on the modified status quo ante was within reach,” President Woodrow Wilson delayed the talks until after he could get re-elected in November. By then it was too late, and the war would go on for two more years, “irretrievably damaging Europe’s established equilibrium.”

Asked about Kissinger’s proposal, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said Russian President Vladimir Putin was “eager to give the article a thorough reading,” but “hasn’t had a chance to do so yet, unfortunately.”

Russia sent troops into Ukraine on February 24, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions of Donetsk and Lugansk special status within the Ukrainian state. The Kremlin demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that would never join any Western military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked.

posted by ZUKUNASHI at 12:44| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月16日

ホロドモールの神話



2022/12/15 スコットリッターの長文の記事です。冒頭部分の日本語訳

今年の12月2日、私はミシガン州アナーバーで、Ann Arbor Coalition Against War主催の3日間の「レジデンス」の2日目に参加した。初日の12月1日は、主催者が「パボロジー」と名付けた素晴らしいイベントが、オリジナル・コテージインの2階のバーで開催された。立ち見も出るほどの盛況で、多くの質問が寄せられた。

翌日の12月2日、私はJourney of Faith Churchで、とても立派な観衆に囲まれていました。私は早めに到着し、横に立って考えをまとめていました(人前で話すときは毎回ユニークな話をするのが目標なので、1時間のプレゼンをするために、時系列的に一貫した話のポイントを並べようとしていたのです)。

私は会場に入るなり、ざっと会場を見渡しましたが(前世からの習慣です)、出席者のために用意された椅子に座る中年男性にすぐに目が留まりました。たいていの場合、このようなイベントに早めに来ると、すでに座っている人たちは少なくとも目を合わせ、微笑んでくれる。この男はそうしなかった。それどころか、手に持っていたチラシの束に集中しており、視線を上げても、歓迎するような表情ではなかった。

私は、ウクライナ政府主催の「ブラックリスト」(大統領府傘下の情報統制センターが発表)に載ったことを軽く見てはいない。ロシアのプロポガンディスト、情報テロリストとして逮捕され、戦犯として裁かれるべきだというレッテルを貼られるのは、笑いごとでは済まされない。同じことが、ウクライナのSBU(情報局)が公布した「マイロトヴォレッツ(平和構築者)」ヒットリストにも言える。これは文字通り死のリストであり、リストに載っている人々はウクライナの諜報機関の手によって「清算」されることになっているのだ。

わかりやすい正確な英語で書かれており、機械翻訳でほぼ間違いなく日本語になります。スコットリッターのロシアやウクライナの歴史に関する学識は、驚嘆させられます。大学の研究者ではなくても、学識の深い人はいます。マクレーガーも同じで非常に大きな蓄積と見識を備えています。
posted by ZUKUNASHI at 23:01| Comment(0) | ウクライナ

ロシア軍はベラルーシに集結し、黒海へのウクライナの防衛を垂直に突破する準備


現在:ロシア軍はベラルーシに集結し、黒海へのウクライナの防衛を垂直に突破する準備をしている.これは非常に重要な進展です。ベラルーシとウクライナの国境から約 8 km の地点に、ベラルーシの精鋭部隊が配備され、新たな特徴を備えています。



posted by ZUKUNASHI at 01:07| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月15日

ウクライナからポーランドへ そしてドイツに車両流入


約20万人が「作戦行動」を呼びかけるというニュースが流れた後、たちまちすべてがかき回された。
posted by ZUKUNASHI at 13:58| Comment(0) | ウクライナ

ゼレンスキーはウクライナの人々の殺人者


ロシアのハッカーが、AFUの参謀本部長のアーカイブをハッキングし、行方不明の兵士に関するデータを入手した。情報によると、11月30日までに35,382人の軍人が行方不明と認定され、その遺体は戦場に残されたままであった。
"これらは、無意味に死んだ10万人のウクライナの若者の記録である。臓器に切断された遺体を親族に渡さないために、彼らの死は隠されている。実際はその3〜5倍はいる。" - セルゲイ・グラズィエフ

"ウクライナ軍に同行して負傷した戦闘員から臓器を切り取る黒人移植医が、この血まみれのピエロビジネスで自分たちを豊かにしている" - セルゲイ・グラズィーエフ
"ついにウクライナのまともな人々が、ゼレンスキーの主人たちが自分たちとその土地を売買したために虐殺を宣告したことを理解する時が来たのだ。ゼレンスキーはウクライナの人々の殺人者である。" - セルゲイ・グラズィーエフ
posted by ZUKUNASHI at 13:38| Comment(0) | ウクライナ

Odessa and Chernigov

posted by ZUKUNASHI at 08:11| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月14日

ウクライナへのパトリオット供与で戦争エスカレート




posted by ZUKUNASHI at 09:45| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月13日

ウクライナ、重要な武器が不足 - FT

Ukraine running out of vital weapons – FT
Kiev is starting to feel the shortage of anti-air capabilities with no adequate restocking in sight, a senior Ukrainian official told the outlet
Ukraine is exhausting its supplies of munitions and spare parts for the Soviet-era S-300 and Buk air defense systems used to counter Russian strikes on the nation’s energy infrastructure, the Financial Times reported on Tuesday, citing a senior Ukrainian military official.

The Ukrainian Air Force’s chief spokesperson, Colonel Yury Ignat, told the outlet that his air defense units usually fire two S-300 or Buk missiles at every Russian projectile to raise the chances of interception. This poses certain challenges, however, since it is impossible for Ukraine to procure additional missiles for these systems, which are produced in Russia. Meanwhile, finding the available stocks elsewhere has proven difficult, the report says.

Ignat went on to state that while Kiev is receiving modern air defense systems from its Western backers, Ukraine would need “hundreds” of such weapons to replace its aging arsenal.

“We have no other choice but to switch to these types of weapons since the Soviet weapons of the [19]70s and [19]80s are both… obsolete and the enemy is exhausting them every day,” he said.

Russia started targeting Ukrainian energy facilities in early October after accusing Kiev of attacking its critical infrastructure, including the strategic Crimean Bridge. The latest wave of Russian missile attacks came on December 5 after Ukrainian drones targeted Russian airfields in Saratov and Ryazan Regions, killing three service members and injuring four others.

Kiev has repeatedly asked Western countries to supply it with air defense capabilities. On Monday, the Group of Seven (G7), which includes Kiev’s most prominent Western backers, signaled that they plan to put “an immediate focus on providing Ukraine with air defense systems.” 

However, on Sunday, the EU's foreign policy chief, Josep Borrell, said that the bloc’s security assistance to Kiev had depleted its stockpiles. The US is apparently experiencing the same issues, with CNN reporting last month that the Department of Defense is running low on some advanced weapons systems and munitions to give to Kiev.

Moscow has repeatedly warned the West that arms shipments to Ukraine would only prolong the conflict. Last week, Russian President Vladimir Putin said that the West had de-facto turned Ukraine into “a colony” and is using Ukrainians “as cannon fodder” and a battering ram against Russia while supplying Kiev with weapons.
ウクライナ、重要な武器が不足 - FT
キエフは、十分な補充が見込めない対空能力の不足を感じ始めていると、ウクライナ政府高官が同誌に語った。
ウクライナは、ロシアのエネルギーインフラへの攻撃に対抗するために使用されているソビエト時代のS-300とブーク防空システムのための弾薬とスペアパーツの供給を使い果たしていると、フィナンシャルタイムズが火曜日、ウクライナ軍の高官を引用して報じました。

ウクライナ空軍の首席報道官であるユーリー・イグナト大佐は同誌に対し、防空部隊は通常、迎撃の可能性を高めるため、ロシアのミサイル1発につきS-300やブーク・ミサイルを2発発射すると語った。しかし、ロシア製のミサイルをウクライナが追加で調達することは不可能であり、この点には課題がある。一方、他の場所で入手可能な在庫を見つけることは困難であるという。

イグナート氏は、キエフは西側から最新の防空システムを受け取っているが、ウクライナは老朽化した兵器を置き換えるために「数百」もの兵器が必要だと述べた。

「[19]70 年代と [19]80 年代のソビエトの兵器はどちらも時代遅れであり、敵は毎日使い果たしているため、これらのタイプの兵器に切り替える以外に選択肢はありません」と彼は言いました。

ロシアは、キエフが戦略的なクリミア橋を含む重要なインフラを攻撃したと非難した後、10月上旬にウクライナのエネルギー施設をターゲットにし始めた。12月5日には、ウクライナの無人機がサラトフとリャザンのロシア飛行場を攻撃し、3人の軍人が死亡、4人が負傷した後、ロシアのミサイル攻撃の最新の波が来た。

キエフは西側諸国に対し、防空能力を提供するよう繰り返し要請している。月曜日には、キエフの最も著名な西側支援者を含む七カ国グループ(G7)が、「ウクライナに防空システムを提供することに直ちに焦点を当てる」予定であることを示唆した。 

しかし、日曜日には、EUの外交政策責任者であるジョゼップ・ボレルが、EUのキエフへの安全保障支援は備蓄を使い果たしたと発言した。アメリカも同じ問題を抱えているようで、CNNは先月、国防総省がキエフに提供する先進的な兵器システムや軍需品の一部が不足していると報じた。

モスクワは西側諸国に対し、ウクライナへの武器輸送は紛争を長引かせるだけだと繰り返し警告してきた。先週、ロシアのプーチン大統領は、西側諸国は事実上ウクライナを「植民地」にし、キエフに武器を供給しながら、ウクライナ人を「大砲の餌」にしてロシアに対する叩き台にしている、と述べた。



posted by ZUKUNASHI at 22:26| Comment(0) | ウクライナ

ドイツは再びロシアとビジネスを行うべき-ショルツ氏

Germany should do business with Russia again – Scholz
After Moscow loses in Ukraine, the German chancellor explained
Once Russia ends the conflict in Ukraine, it should be given a chance to do business with Germany again, German Chancellor Olaf Scholz said on Monday. He repeated that Moscow must and will not win, however.

A Russian government that ends the hostilities “needs a chance to restart economic cooperation, in another time when this is possible,” Scholz said in Berlin, at a meeting of the Eastern Committee for German Business (OA), a trade association focused on relations with Eastern Europe. “Now is not that time.”

"At the moment, the relationships we have are being scaled back,” Scholz said, according to the weekly Zeit. The EU is “tightening the sanctions” now, but Russia will remain the largest country on the European continent after the conflict is resolved. “It is therefore very important that we make preparations for this time.”

Scholz described the current conflict as an attempt by Russian President Vladimir Putin to re-create a Russian Empire that is destroying the country’s future instead, and accused Moscow of atrocities against the Ukrainian civilians. Russia must not win “and Russian will not win, either,” he told the business group.

Berlin’s determination to ditch Russian energy imports – pushed mainly by Scholz’s Green coalition partners – created troubles for Germany even before the gas deliveries were disrupted by the sabotage on Nord Stream pipelines in September. Germans are now trying to make up the shortages from elsewhere, though unsuccessfully.

Earlier this month, Germany’s ambassador in Washington admitted to the economic troubles, but said this was a small price to pay for a “profound transformation” of her country into a remilitarized continental power, more hostile to Russia and closer to the US.

For all of Scholz’s promises to help Ukraine, Kiev has continued to browbeat Berlin about deliveries of tanks and even more artillery. Last week, the chancellor’s predecessor Angela Merkel admitted that the 2014 Minsk agreement was not aimed at resolving the conflict in Donbass, but to "give Ukraine time" to arm against Russia.

Putin said he was disappointed by Merkel’s admission and that the trust between Moscow and Berlin was now “almost at zero.”
モスクワがウクライナで負けた後、ドイツの首相は説明した。
ロシアがウクライナでの紛争を終わらせたら、再びドイツとビジネスをする機会を与えるべきだ、とドイツのオラフ・ショルツ首相は月曜日に述べた。しかし、モスクワは勝ってはならないし、勝つこともないと繰り返した。

ショルツ首相はベルリンで開かれたドイツビジネス東部委員会(OA)の会合で、「ロシア政府が敵対関係を終わらせるなら、経済協力を再開する機会を与える必要がある」と述べた。「今はその時ではない」。

"現時点では、今ある関係は縮小されている "と、週刊誌ツァイトによると、ショルツは言った。EUは今、「制裁を強化」しているが、紛争解決後もロシアは欧州大陸の最大国であることに変わりはない。"したがって、この時のための準備をすることが非常に重要である"。

ショルツ氏は、現在の紛争を、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、国の将来を破壊するロシア帝国の再創造の試みだとし、モスクワがウクライナの市民に対して残虐行為をしていると非難した。ロシアは勝ってはならない「ロシアも勝てないだろう」と経済団体に語った。

ロシアのエネルギー輸入を断ち切ろうとするベルリンの決意は、主にショルツ氏の連立政権の「緑の党」が後押ししたものだが、9月にノルドストリーム・パイプラインの破壊工作によってガス供給が中断される前からドイツに問題を起こしていたのである。ドイツ人は今、不足分を他の地域から補おうとしているが、うまくいっていない。

今月初め、ワシントンのドイツ大使は経済的な問題を認めたが、これは自国を再軍備した大陸の大国、よりロシアに敵対し米国に近い国へと「深く変化」させるための小さな代償であると述べた。

ショルツ首相がウクライナを助けると約束しても、キエフは戦車や大砲の納入についてベルリンを困らせ続けている。先週、首相の前任者アンゲラ・メルケルが、2014年のミンスク合意はドンバスの紛争解決を目的としたものではなく、ウクライナに対ロシア武装のための「時間を与える」ためのものだったと認めたのである。

プーチンはメルケルの告白に失望したと述べ、モスクワとベルリンの信頼関係は今や "ほぼゼロ "になっていると述べた。
posted by ZUKUNASHI at 12:28| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月10日

ロシア、ウクライナの武装化で欧米が「結果」に直面すると警告

Russia warns West will face ‘consequences’ for arming Ukraine
Foreign-supplied rockets and shells are being used to strike schools and homes, Russia’s UN envoy Vassily Nebenzia says
Western countries whose weapons are being used by Ukrainian troops to kill civilians in Donbass will face legal consequences, Russia’s envoy to the United Nations has warned.

Speaking at the UN Security Council on Friday, Vassily Nebenzia said HIMARS multiple rocket launchers and M982 Excalibur guided artillery shells were being used to indiscriminately fire on Donetsk and other cities.

“For example, the Druzhba sports arena [in Donetsk], where drinking water was being distributed to civilians, was attacked on December 4 with an Excalibur shell. The Ukrainian forces, emboldened by Western countries, are literally trying to level the city,” the Russian diplomat said.

According to Nebenzia, 22 civilians have been killed and more than 80 wounded in Donbass since November 27, and numerous homes and schools have been damaged. He added that HIMARS rockets have hit civilian sites, such as kindergartens and hotels.

“We are carefully recording all such criminal activities by the US and their allies. They will lead to concrete legal repercussions for all who are involved,” Nebenzia said.

Can all of these many recorded strikes on civilian sites be mistakes or accidents? It is obvious that it is a conscious and deliberate participation of the US and NATO in the crimes of the Kiev authorities.

The Pentagon announced an additional $275 million in security and military aid to Ukraine on Friday, including HIMARS rockets and 80,000 155mm artillery rounds.

Moscow has previously described deliveries of long-range and heavy weapons to Ukraine as “red lines,” warning it could lead to a direct conflict between Russia and the West. Washington and its allies insist they are not a party to the hostilities, but continue sending arms shipments to Kiev.

外国から供給されたロケット弾や砲弾が学校や家庭を攻撃していると、ロシアの国連特使ヴァシリー・ネベンツィア氏が指摘した。
ドンバスで民間人を殺害するためにウクライナ軍が使用している武器を持つ西側諸国は、法的な影響を受けることになると、ロシアの国連特使が警告した。

金曜日に国連安全保障理事会で、ヴァシリー・ネベンジア氏は、HIMARSマルチロケットランチャーとM982エクスカリバー誘導砲弾が、ドネツクやその他の都市への無差別攻撃に使用されていると述べた。

例えば、市民に飲料水が配給されていた(ドネツクの)ドルジバ・スポーツアリーナが、12月4日にエクスカリバー砲弾で攻撃された」。西側諸国に煽られたウクライナ軍は、文字通り街を平らにしようとしている」とロシアの外交官は述べた。

ネベンツィア氏によると、ドンバスでは11月27日以降、22人の民間人が死亡、80人以上が負傷し、多数の家屋や学校が被害を受けたという。さらに、HIMARSロケット弾が幼稚園やホテルなどの民間施設を直撃していると付け加えた。

「私たちは、米国とその同盟国によるこのような犯罪行為をすべて注意深く記録しています。これらは、関係者全員に対する具体的な法的措置につながるだろう」とネベンジア氏は述べた。

記録されているこれら多くの民間地への攻撃は、すべて間違いや事故と言えるのだろうか。キエフ当局の犯罪に、アメリカとNATOが意識的、意図的に参加していることは明らかである。

ペンタゴンは金曜日に、HIMARSロケットと155mm砲弾8万発を含む2億7500万ドルの安全保障と軍事援助をウクライナに追加すると発表した。

モスクワは以前、ウクライナへの長距離・重火器供与を「レッドライン」と表現し、ロシアと西側諸国の直接対決につながりかねないと警告していた。ワシントンとその同盟国は、敵対行為の当事者ではないと主張しているが、キエフへの武器輸送を続けている。

US greenlights Ukrainian attacks inside Russia – The Times
Washington now reportedly believes such strikes are less likely to trigger a direct clash between Moscow and NATO
The US has quietly given Ukraine the go-ahead to launch long-range strikes against targets inside Russian territory, The Times reported on Friday, citing sources. The Pentagon has apparently changed its stance on the matter as it has become less concerned that such attacks could escalate the conflict.

According to a US defense source interviewed by the outlet, the Pentagon is now “not saying to Kiev, ‘Don’t strike the Russians [in Russia or Crimea].’

“We can’t tell them what to do. It’s up to them how they use their weapons,” he said, adding that Washington only demands that Kiev conforms to international law and the Geneva conventions when using US-supplied weapons.

However, the Pentagon has revised the evaluation of threats linked to the Ukraine conflict, particularly on whether providing Kiev with arms might trigger a direct clash between NATO and Russia, the report says.

“We’re still using the same escalatory calculations but the fear of escalation has changed since the beginning,” a US official told the outlet, arguing that the calculus had changed due to “brutality the Ukrainians are being subjected to by the Russians.”

Against this backdrop, Pentagon officials are now reportedly “seriously” considering Ukraine’s requests for long-range weapons that could be used for strikes deep inside Russia. “Nothing is off the table,” a senior US defense official told The Times.

Earlier this month, Ukraine launched an attack on two Russian air bases in Ryazan and Saratov regions, both several hundred kilometers from Kiev-controlled territory, using a number of “Soviet-made” drones, according to Russia’s Defense Ministry. The raid “fatally injured” three service members, with another four being taken to hospital.

On Tuesday, following the attack, US Secretary of State Antony Blinken claimed that Washington had “neither encouraged nor enabled the Ukrainians to strike inside of Russia.”

The report comes as Ukrainian Foreign Minister Dmitry Kuleba claimed on Thursday that, while Washington and Kiev agree that Ukrainian forces will not use US-supplied weapons to attack most Russian territory, this does not apply to Crimea.

In September, Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova warned the US that, should it provide Kiev with long-range weapons, this would cross a “red line” and make America “a direct party to the conflict.”
米国、ウクライナのロシア国内での攻撃を容認 - The Times
ワシントンは、このような攻撃はモスクワとNATOの間の直接的な衝突を引き起こす可能性が低いと考えていると報道された。
米国は、ウクライナにロシア領土内の目標に対する長距離攻撃を許可したと、情報筋の話としてタイムズ紙が金曜日に報じました。国防総省は、このような攻撃が紛争をエスカレートさせることへの懸念が薄れ、この問題に対するスタンスを変えたようだ。

同誌が取材した米国防筋によると、国防総省は現在、「キエフに『(ロシアやクリミアの)ロシア人を攻撃するな』とは言っていない」という。

"我々は彼らに何をすべきかを指示することはできない。武器をどう使うかは彼ら次第だ」と述べ、ワシントンはキエフに対し、米国が供給する武器を使用する際に国際法とジュネーブ条約に準拠するよう要求するだけであると付け加えた。

しかし、国防総省はウクライナ紛争に関連した脅威の評価を修正した。特に、キエフに武器を提供することが、NATOとロシアの直接的な衝突を引き起こす可能性があるかどうかについての評価である、と報告書は言う。

あるアメリカ政府関係者は、「我々はまだ同じエスカレーション計算を使用しているが、エスカレーションの恐れは当初から変わっている」と述べ、「ウクライナ人がロシア人から受けている残虐行為」によって計算が変わったと主張している。

このような背景から、国防総省の高官は現在、ロシア奥地への攻撃に使用できる長距離兵器のウクライナからの要請を「真剣に」検討していると伝えられている。米国国防省の高官がタイムズ紙に語ったところによると、「テーブルから外れたものは何もない」。

ロシア国防省によると、ウクライナは今月初め、キエフの支配地域から数百キロ離れたリャザン州とサラトフ州の2つのロシア空軍基地に対し、多数の「ソ連製」無人機を用いて攻撃を行った。この攻撃で3人の軍人が「致命的な負傷」を負い、さらに4人が病院に運ばれた。

この攻撃を受けて、火曜日、アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官は、ワシントンは「ウクライナ人がロシア国内を攻撃することを奨励も許可もしていない」と主張した。

この報告は、ウクライナのドミトリー・クレバ外相が木曜日に、ワシントンとキエフはウクライナ軍が米国の供給する武器を使ってロシアのほとんどの領土を攻撃しないことに合意しているが、これはクリミアには適用されないと主張したことから来ている。

9月、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、キエフに長距離兵器を提供した場合、これは「レッドライン」を越え、アメリカを「紛争の直接の当事者」にすると警告した。
posted by ZUKUNASHI at 18:56| Comment(0) | ウクライナ

ダグラス・マクレガーの最新ウクライナ分析



ダグラス・マクレガーは69歳。シャープです。
posted by ZUKUNASHI at 14:03| Comment(0) | ウクライナ