ウクライナ: ずくなしの冷や水

2022年09月17日

欧州委員会委員長の発言は前からひどかったが唖然

posted by ZUKUNASHI at 07:26| Comment(0) | ウクライナ

プーチン大統領、ウクライナでより深刻な対応を警告

Putin warns of more serious response in Ukraine
Russia has shown “reserved” reaction to Kiev’s actions and “terror attacks,” but that may change, the president has signaled

プーチン大統領、ウクライナでより深刻な対応を警告
ロシアは、キエフの行動と「テロ攻撃」に対して「控えめな」反応を示してきたが、それが変わるかもしれないと大統領が示唆した。

ドネツク、ルガンスクへの攻撃が続き犠牲者が出ています。ルガンスクの検事総長が攻撃によって死亡したとの説も。ウクライナに近いノブゴロド周辺の村などが攻撃を受けています。

ロシアが強硬になるのは時間の問題でした。

Ukraine attacks Russian town
The artillery strike killed one civilian and cut the power to Valuyki, the Belgorod Region governor says
As a result of a Ukrainian artillery attack, one civilian was killed and two were wounded in the town of Valuyki, Belgorod Region Governor Vyacheslav Gladkov said shortly after midnight on Friday. The projectiles that managed to get through the Russian air defenses also destroyed three vehicles and set eight private homes on fire.


posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月16日

ロシアはどのようにしてハリコフの戦いに敗れ、どのような教訓を引き出すべきか?


ロシアはどのようにしてハリコフの戦いに敗れ、どのような教訓を引き出すべきか?
posted by ZUKUNASHI at 14:34| Comment(0) | ウクライナ

キエフ政権が正しいことをするための最高の動機付け


Когда Россия говорит, что она ещё не начинала - это не громкие слова, а действительно предупреждение и просьба задуматься о возможных последствиях.

Ведь можно в течении нескольких дней погрузить в темноту, холод и хаос всю Украину - полностью парализовав страну в предверии зимы:

1) остановить Запорожскую АЭС
2) прекратить транзит газа через территорию Украины
3) продолжить наносить, удары с воздуха, по критической инфраструктуре страны( ТЭЦ, ГЭС).
4) уничтожить центры телекоммуникаций
5)Параллельно разрушив мосты являющиеся связующими артериями и для поставок западного оружия.

темнота, холод и голодные бунты - лучшее мотиваторы правильных решений для Киевского режима !

ロシアが「まだ始まっていない」と言うのは、暴言ではなく、まさに警告であり、起こりうる結果を考えよという訴えなのだ。

何しろ、数日のうちにウクライナ全土を暗闇と寒さと混沌に陥れることが可能なのだから、冬を目前にしたウクライナを完全に麻痺させることができるのだ。

1) ザポリジャー原子力発電所の停止
2)ウクライナ経由のガス輸送を停止する
3)国の重要インフラ(火力発電所、水力発電所)への空爆を継続する。
4)通信センターを破壊する。
5)同時に、欧米の武器供給用コネクターをつなぐ橋を破壊する。

暗闇、寒さ、飢餓の暴動は、キエフ政権が正しいことをするための最高の動機付けとなるのです

Илья Киваは、ウクライナの政治家、現在はモスクワに住む。45歳のようです。

ロシアは、発電所を攻撃して全土の停電を引き起こしました。ダムの放水口を破壊して下流の水嵩を増やしたりしています。まだ破滅的な被害は与えていません。武器輸送の鉄道はすでに要所を破壊しています。戦闘地域からは住民が避難しています。




posted by ZUKUNASHI at 11:15| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月15日

Their best chance is to drop NATO aspirations & negotiate

posted by ZUKUNASHI at 15:57| Comment(0) | ウクライナ

多目的誘導ミサイル「Product 305」がロシアに配備される

posted by ZUKUNASHI at 13:04| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月14日

western media the war is over and Ukraine has won

posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | ウクライナ

Kiev publishes security guarantee proposal

Kiev publishes security guarantee proposal
The ‘Kiev Security Treaty’ would see the likes of the US, UK, Turkey and Australia act as guarantor states
Ukraine has presented a proposal of recommendations for security guarantees, which would politically and legally bind the country and its guarantor states in a strategic partnership known as the ‘Kiev Security Treaty.’

The proposals, developed at the request of President Vladimir Zelensky and published on Tuesday, were drawn up by an advisory group headed by former NATO secretary general Anders Fogh Rasmussen.

Kiev suggests countries including the US, UK, Australia and Turkey could act as security guarantors for Ukraine. The “multi-level” approach would see a “core” group of allies making clear commitments to support Ukraine’s military, while a broader group would provide non-military guarantees based on sanctions.

“We need a military force strong enough to repel the Russians’ desire for revenge. And one capable of causing irreparable damage to the aggressor if this desire turns out to be irresistible,” Zelensky’s chief of staff Andrey Yermak said.

He said the agreement would not be a substitute for joining NATO, but a means of ensuring security until Ukraine officially joins the US-led military bloc.

Former NATO secretary general Rasmussen said the “immediate priority” was to achieve victory for Kiev and stressed that Ukraine would require decades of support from its Western partners.

Security guarantees for Ukraine was a main sticking point in talks with Russia in Istanbul in March. Moscow argued that if Ukraine promised not to seek NATO membership, it would be provided with guarantees from a number of countries, including Russia.

Talks eventually came to a halt after Ukraine’s negotiators insisted on sovereignty over the Crimean peninsula, which seceded from Kiev’s rule in 2014 and joined the Russian Federation following a public referendum.

The ‘Kiev Security Treaty’ proposal has been in the works for months. Russia has previously insisted that the only promises of security for Ukraine can be provided by Moscow.

“No one will accept Ukraine into NATO now. The alliance consists of Russophobes, but it is not suicidal,” he said, arguing that the US will cease to care about Ukraine when it is convenient.


Western “half-wits” from “stupid think tanks” are leading their countries down the road of nuclear armageddon with their hybrid war against Moscow, former Russian president Dmitry Medvedev wrote on his Telegram channel on Tuesday. Endlessly funneling weapons and support to Ukraine while pretending not to be directly involved in the conflict will not work, added the deputy chair of the Russian Security Council.

The “security guarantees” proposal unveiled by Kiev on Tuesday was “really a prologue to the Third World War,” said Medvedev, calling it a “hysterical appeal” to Western countries engaged in a proxy war against Russia.

If the West continues its “unrestrained pumping of the Kiev regime with the most dangerous types of weapons,” Russia’s military campaign will move to the next level, where “visible boundaries and potential predictability of actions by the parties to the conflict” will be erased and the conflict will take on a life of its own, as wars always do, Medvedev argued.

“And then the Western nations will not be able to sit in their clean homes, laughing at how they carefully weaken Russia by proxy. Everything will be on fire around them. Their people will harvest their grief in full. The land will be on fire and the concrete will melt,” Medvedev wrote, before citing a Bible verse from Revelations 9:18.

“Yet still the narrow-minded politicians and their stupid think tanks, thoughtfully twirling a glass of wine in their hands, talk about how they can deal with us without entering into a direct war. Dull idiots with a classical education,” Medvedev wrote.

His comments were prompted by Kiev’s publication of a “security treaty” proposal, developed under the tutelage of former NATO secretary-general Anders Fogh Rasmussen. The draft envisions the US and its allies guaranteeing Ukraine’s pre-2014 borders with weapons, ammunition, financial assistance and training, as well as committing to maintain sanctions against Russia for as long as Kiev wants, and handing over any confiscated Russian property to Ukraine.

ロシアのドミトリー・メドベージェフ前大統領は、火曜日、自身のテレグラム・チャンネルに、「愚かなシンクタンク」に属する西側の「半端者」が、モスクワに対するハイブリッド戦争で、自国を核兵器の破滅への道に導いている、と書いた。ウクライナに武器や支援を延々と送り続けながら、紛争に直接関与していないふりをすることはうまくいかないだろう、とロシアの安全保障理事会の副議長は付け加えた。

キエフが火曜日に発表した「安全保障」の提案は、「まさに第三次世界大戦へのプロローグ」であり、ロシアに対する代理戦争に従事している西側諸国への「ヒステリックなアピール」だと、メドベージェフは言った。

もし西側諸国が「キエフ政権に最も危険な種類の兵器を無制限に送り込む」ことを続ければ、ロシアの軍事作戦は次の段階に進み、「紛争当事者による行動の目に見える境界線と潜在的予測可能性」が消え、戦争が常に行うように、紛争は独自の命を持つようになるだろう、とメドベージェフは論じた。

「そうなれば西側諸国は、自分たちが代理人として注意深くロシアを弱体化させたことを笑いながら、きれいな家の中で座っていることはできなくなるでしょう。彼らの周りはすべて火の海になるだろう。彼らの国民は、悲しみを十分に収穫することだろう。土地は燃え、コンクリートは溶けるだろう」とメドベージェフは書き、その前に黙示録9章18節の聖書の一節を引用している。

「それでもなお、狭量な政治家とその愚かなシンクタンクは、ワイングラスを手に思案しながら、直接戦争に突入せずに我々に対処する方法について話している。古典的な教育を受けた鈍い馬鹿者たちだ」とメドベージェフは書いている。

この発言は、キエフが元NATO事務総長のラスムセンの指導の下で作成した「安全保障条約」案を公表したことに端を発している。この草案は、米国とその同盟国が2014年以前のウクライナの国境を武器、弾薬、財政支援、訓練で保証し、キエフが望む限りロシアに対する制裁を維持し、没収したロシアの財産をウクライナに渡すことを約束することを想定している。

Ukraine’s security proposal makes Russian op ‘more urgent’ – Kremlin
The threats posed to Moscow remain high, Dmitry Peskov has said
Moscow should double down on its military offensive in Ukraine after Kiev released a proposal on how the US and its allies could guarantee Ukraine’s security, Kremlin spokesman Dmitry Peskov has said. The document highlights the threat that NATO poses to Russia, he argued.

The Russian official noted on Wednesday that the proposed series of treaties between Ukraine and the US and its allies is specifically meant as a stopgap solution before Ukraine formally joins NATO. Moscow considers Ukraine’s accession to the US-led military bloc unacceptable due to the perceived threat to its national security such a step would entail.

“One of the main threats to our nation remains, which means that one of the main reasons for the special military operation remains, or even becomes more urgent,” Peskov told journalists.

He added that the best path that Ukraine has to ensure its national security under the circumstances was to address Russia’s concern over its cooperation with NATO.

“The leadership of the country must take steps to eliminate the threat posed to Russia. They know well what those steps should be,” Peskov said.

The proposed ‘Kiev Security Compact’ was released on Tuesday by the office of Ukrainian President Vladimir Zelensky. The document was prepared by his chief-of-staff Andrey Yermak and former NATO Secretary General Anders Fogh Rasmussen.
クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、キエフが米国とその同盟国がウクライナの安全を保証する方法に関する提案を発表した後、モスクワはウクライナでの軍事攻撃を倍加させるべきだと述べた。この文書は、NATOがロシアにもたらす脅威を浮き彫りにしていると同氏は主張した。

ロシア政府高官は2日、ウクライナと米国およびその同盟国の間で提案された一連の条約は、特にウクライナがNATOに正式に加盟する前の一時的な解決策としての意味があると指摘した。モスクワは、ウクライナが米国主導の軍事同盟に加盟することは、自国の安全保障に対する脅威として受け入れがたいと考えている。

ペスコフ氏は記者団に対し、「わが国に対する主要な脅威の1つが残っている。つまり、特別軍事作戦の主要な理由の1つが残っているか、さらに緊急性を増している」と述べた。

また、この状況下でウクライナが国家の安全を確保するための最善の道は、NATOとの協力に対するロシアの懸念に対処することであると付け加えた。

「ウクライナの指導者は、ロシアへの脅威を取り除くための手段を講じなければならない。彼らはそのステップがどうあるべきかをよく知っている」とペスコフ氏は述べた。

キエフ安全保障コンパクト」案は、ウラジーミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領の事務所が2日に発表した。この文書は、ゼレンスキー大統領の参謀であるアンドレイ・ヤーマク氏と元NATO事務総長のアンデルス・フォグ・ラズムセン氏によって作成された。
posted by ZUKUNASHI at 21:42| Comment(0) | ウクライナ

機械翻訳は落とし穴があります

スコットリッターの論説を紹介するツイート

ツイートを組み込まれたGoogleの翻訳機構で訳すと、disagree がagreeで訳されています。Googleの翻訳はおそらく意図的にこういう語訳をします。

DeepLで訳すと次のようになります。disagreeは正しく訳されていますが、Natoを正しく認識していません。

ウクライナとロシアの戦争から、露国との戦争へと急速に(そして危険なほど)夢遊病的に移行しているという、この元米国情報将校の意見に反対するのは難しい。

原文のNatoをNATOに直すと、正しく訳されました。
Hard to disagree with this former US intelligence officer that we're sleepwalking rapidly – and dangerously – from a Ukraine-Russia war to an overtly NATO-Russia war
ウクライナとロシアの戦争から、あからさまなNATOとロシアの戦争へと、急速に(そして危険なほど)夢遊病的になっているという、この元米国情報将校の意見に反対するのは難しい。

「夢遊病的になっている」は「夢遊病的に動いている、移行している」なら日本語としてさらに読みやすいですが。
posted by ZUKUNASHI at 20:22| Comment(0) | ウクライナ

ハリコフ近郊でのロシア軍退却があっても全体の戦況は変わらない

Russia conducts ‘massive strikes’ in Ukraine
Kiev’s forces have lost hundreds of troops to Russian artillery and missile fire, the Ministry of Defense has claimed

Russian forces have unleashed a heavy barrage on the Ukrainian army on all fronts, with Kiev’s casualties amounting to more than 800 in one day, the Russian Ministry of Defense said on Tuesday.

“The Russian Air Force, missile troops and artillery are conducting massive strikes on units of the Ukrainian Armed Forces across all operational areas,” the ministry said.

Russian high-precision attacks have targeted the deployment areas of units of the 95th Airborne Assault Brigade near the towns of Slavyansk and Konstantinovka in eastern Ukraine, the statement read. The ministry went on to say that its forces had also bombarded the 115th Mechanized Brigade near Artemovsk, and the 53rd Mechanized Brigade near Kurdyumovka, both in Donetsk Region.

According to the Defense Ministry, it also conducted strikes on several Ukrainian units both in the south of the country and in the north, closer to Kharkov.
Senator confirms US helped Ukraine with counter-offensive
Read more
Senator confirms US helped Ukraine with counter-offensive

“As a result of the strikes, the losses among Ukrainian service members and foreign fighters exceeded 800 people killed and wounded,” the ministry stated.

The attacks come after Ukrainian troops apparently advanced in Kharkov Region, with Russian and allied forces withdrawing from some areas to “regroup.” On Monday, commenting on the recent development in Ukraine, Kremlin press secretary Dmitry Peskov insisted that Russia will continue with its military operation “until the goals that were set in the beginning are achieved.”

ロシアの高精度な攻撃は、ウクライナ東部のスラビャンスクとコンスタンチノフカの町付近の第95空挺突撃旅団の部隊の展開区域を標的としたと声明は読み上げた。同省はさらに、ドネツク州のアルテモフスク付近の第115機械化旅団とクルデュモフカ付近の第53機械化旅団にも砲撃を行ったと述べた。

国防省によると、南部と北部のハリコフ近郊にある複数のウクライナ軍部隊への攻撃も実施した。

「この攻撃の結果、ウクライナの軍人と外国人戦闘員の死傷者は800人を超えた」と同省は述べている。

この攻撃は、ウクライナ軍がハリコフ地方で前進し、ロシア軍と同盟軍が「再編成」のためにいくつかの地域から撤退した後に行われた。月曜日、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ウクライナの最近の動向についてコメントし、ロシアは「最初に設定した目標が達成されるまで」軍事作戦を継続すると主張した。

・・・・

ハリコフ近郊でのウクライナ軍の侵攻でロシア連合軍が退却しましたが、その直後にこれだけの死者、負傷者を出しています。ウクライナは、これによる支配地域の拡大を大きな成果としていますが、兵員の消耗は依然として激しくなっています。メインストリームメディアの報道はとんでもない事実誤認の内容になっています。新しいロシアの戦略がどうなるか注目されます。メドベージェフは、完全な降伏を求める考えを示しています。



posted by ZUKUNASHI at 13:01| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月13日

イズムはウクライナではなく、NATOのチームによって攻撃された


posted by ZUKUNASHI at 16:29| Comment(0) | ウクライナ

9/11日曜午後ウクライナ全土に空襲警報 広い地域で停電 断水も



キエフの中心部が爆撃されており、全土空襲警報が事実ならウクライナ側がHIMARSでロシア領を攻撃した可能性があります。上の情報はまだ確認が取れません。ただ、ロシア軍の攻撃は継続中。9/12



Ukraine suffers massive blackout after ‘Russian strikes’
President Vladimir Zelensky has confirmed energy shortages across multiple regions of the country
Multiple regions of southeastern Ukraine suffered electricity shortages and blackouts late on Sunday.

President Vladimir Zelensky has said the cause was missile attacks by Moscow on “critical infrastructure.”

Full blackouts have hit Kharkov and Donetsk regions, Zelensky said in a social media post, apparently referring to the Ukrainian-controlled part of Donetsk People’s Republic. Sumy, Dnepropetrovsk, Poltava, Zaporozhye and Odessa regions have been hit by partial blackouts, according to the president, who blamed the incident on “Russian terrorists.”

So, far Moscow has remained silent on the matter, neither confirming nor denying its involvement. Still, the incident has been preceded by a reported launch of multiple cruise missiles from Russian ships positioned in the Black and Caspian Seas.

Footage circulating online shows the aftermath of the purported attacks, with firefighters trying to extinguish flames at what appear to be power plants.

Another video, purportedly shot in Poltava, shows a trolleybus that caught fire, apparently due to a power surge in the grid.

The blackout has affected the operations of Ukrainian railways, which reported delays across the country. It also brought the subway system in the eastern city of Kharkov to a halt the, footage circulating online purports to show.

So, far, emergency services have managed to restore power supply only in Poltava, Sumy and Dnepropetrovsk regions, according to Ukrainian media reports.


ウクライナ西部でも停電





posted by ZUKUNASHI at 13:24| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナからの避難






posted by ZUKUNASHI at 10:24| Comment(0) | ウクライナ

ロシアが戦略変更か









武器輸送に使われる鉄道はすでに破壊した部分がありますが、民間向けも含めてインフラをロシアが破壊したのは新しい戦術です。これまでは、チェルノブイリや、ザポリージェの原発の安全確保のために全土停電はできませんでしたが、チェルノブイリはベラルーシから電気を引き、ザポリージェはすべての原子炉を止めています。ザポリージェが電気を必要としないのかは不明です。必要だとしても何らかの対策を確保したうえで大規模停電を起こした。

市民の生活に影響が生じますが、ウクライナ政府機関の通信などにも支障が生ずるはずです。スマホもパソコンも使えない。ネットも使えません。ロシアの持ち込んだS400などのレーダー施設は発電車がついています。

ロシアは、ウクライナ政府・軍の機能マヒを狙い、その間に作戦を進めるつもりでしょうか。カディロフはオデッサの作戦に言及しています。

ロシア軍の発電送電施設の破壊の前にウクライナ軍がやはり発電所を攻撃したらしいのですが、破壊場所や時間的な関係がわかりません。

また、ロシア軍は前線の一部から撤退しましたが、その間にもウクライナ軍には数千人の死者とその数倍の負傷者が出たとされており、これまでのへルソンでの犠牲者を加えるとウクライナ軍は戦う力を失っているとみられます。

停電策でウクライナ側の政府・軍の機能を止めて、停戦交渉に持ち込めるのか。正念場に来ています。






Hassan Mafi ‏@thatdayin1992氏の見方が当たっています。
事実関係としては
1 8/11の午後8時に停電、6時間後に解消。8/12の午後1時半に停電、3時間半後に場所により解消。一時全土で停電。どちらもロシア軍の攻撃による。
2 停電により軍用車両や弾薬を運ぶ列車が運行できない。停車した列車を狙ってロシア軍が攻撃し被害が出ている可能性。ウクライナ政府・軍の通信網が途絶するはず。
3 ウクライナがロシア領に向けて砲撃をしている。 Belgorodなど。
4 ロシアは、ウクライナ攻撃に関して民生部門のインフラは破壊しない方針であったが、NATO・米国の攻撃継続で警告の意味をこめて電力網を破壊。キエフの政府機関への攻撃はまだ行われていない模様。
5 これまでのところ、停電は比較的短時間に解消しており、ロシアの攻撃は発電所の基幹部分は破壊していない。
posted by ZUKUNASHI at 10:13| Comment(0) | ウクライナ

「恐怖によるプロパガンダ」を広めるキエフ-フランス元大統領候補




Kiev spreading ‘propaganda by fear’ – French ex-presidential candidate
Segolene Royal has faced backlash after questioning Ukrainian recounting of events in Bucha and Mariupol
A former presidential candidate in France has accused Ukrainian leader Vladimir Zelensky of using ‘war propaganda’ as a tool to obstruct the peace process. Veteran politician Segolene Royal also called on the UN and media associations to fight against such tactics.

Royal’s suggestion, that some of the “war crimes” Kiev blames on Russian troops were part of ‘propaganda,’ has made her a target for widespread criticism.

Speaking to BFMTV earlier this week, Royal said that “everyone knows that there is war propaganda by fear.”

As an example, she cited the alleged shelling of a maternity hospital in Mariupol – the story which made headlines in Western media in early March. Zelensky blamed Russia for the incident that, as local authorities claimed, killed three people, including a child. The Russian military denied targeting the medical facility and insisted the whole thing was a “completely staged provocation” by the Ukrainian side.

“You can imagine that if there had been any victim, any baby with blood, in the age of cell phones we would have seen [their photos],” Royal stressed.

The authenticity of the photos presented by Kiev as proof of the claimed Russian attack were questioned by many online. Marianna Vyshemirskaya, one of the pregnant women featured in the images that appeared on the front pages of many major outlets, later claimed that there had been no Russian airstrike on the hospital. She insisted that she told AP journalists about this, but they decided not to mention it in their reportage.

Royal, who used to be a long-term partner of France’s former president Francois Hollande, also commented on the events of April in the town of Bucha near Kiev, after which Zelensky claimed that negotiations with Russia became impossible. Ukrainian authorities accused the Russian forces of multiple atrocities against civilians in the town, including the rape of children. Moscow firmly denied the allegations of war crimes, insisting it was “yet another provocation” by Kiev.

“The stories of child rape for seven hours under the eyes of the parents: but it’s monstrous to go and spread things like that only to interrupt the peace process,” the veteran French politician stated, without elaborating

She also claimed that Zelensky used accounts of alleged torture of Ukrainian soldiers by Russian troops – which Moscow also vehemently denies – not only to impede any peace process but also to “remobilize” troops. She argued that as “there’s been enough horror of war and casualties” and that “Ukrainian propaganda” should be stopped “under the aegis of the UN and media organizations.”

After BFMTV tweeted a fragment of her interview with a caption “Segolene Royal questions certain war crimes in Ukraine,” the politician responded that this was “false,” as she’d “never denied war crimes.”

On Saturday, Royal published the final part of her remarks which, as she said, was cut by the television network. In this fragment she says that “there is a form of one-upmanship in the description of the horror, to encourage arms deliveries and to refrain from setting up negotiation and peace processes.”

“To plead for peace is to act for the end of the suffering of the Ukrainian people and of Russian aggression,” she wrote in a caption to the video.

Royal’s interview was condemned by some politicians as well as by many social media users. The Stand With Ukraine group representing the victims and the families of victims of “Russian aggression” even announced that it was considering filing a complaint against Royal in order to defend “the honor of disappeared.”

Meanwhile, the president of the party The Patriots, Florian Philippot, criticized “the aggressive and crazy reactions” to Royal’s remarks and said that she “has every right, and an intellectual duty” to question war propaganda.

セゴレーヌ・ロワイヤルは、ブシャとマリウポルでの出来事についてウクライナ側の説明に疑問を呈し、反発に遭っている。
フランスの元大統領候補が、ウクライナの指導者ウラジミール・ゼレンスキーが和平プロセスを妨害する道具として「戦争プロパガンダ」を使っていると非難した。また、ベテラン政治家セゴレーヌ・ロワイヤルは、国連やメディア協会に対し、このような戦術と闘うよう呼びかけた。

キエフがロシア軍を非難している「戦争犯罪」の一部は「プロパガンダ」の一部であるというロワイヤルの提案は、彼女を広く批判の的にした。

今週初めにBFMTVに出演したロイヤルは、"恐怖による戦争プロパガンダがあることは誰もが知っている "と述べた。

その例として、彼女はマリウポルの産科病院への砲撃疑惑を挙げた。この話は3月初旬に西側メディアで大々的に取り上げられた。ゼレンスキーは、地元当局が主張するように、子供を含む3人が死亡したこの事件でロシアを非難した。ロシア軍は医療施設を狙ったことを否定し、すべてはウクライナ側による「完全に演出された挑発行為」だと主張した。

「もし犠牲者や血まみれの赤ん坊がいれば、携帯電話の時代なら(その写真を)見ることができたと想像できるだろう」とロイヤル氏は強調した。

キエフがロシアの攻撃と主張する証拠として提示した写真の信憑性については、ネット上で多くの人が疑問を呈している。多くの主要メディアの一面に掲載された画像に登場する妊婦の一人、マリアナ・ヴィシェミルスカヤさんは、後に病院へのロシアの空爆はなかったと主張した。彼女はこのことをAP通信の記者に話したと主張したが、AP通信は報道でそのことに触れないことにした。

ここまでDeeplによる翻訳、以下はGoogleによる翻訳

フランスの前大統領フランソワ・オランドの長年のパートナーだったロイヤルもまた、キエフ近くのブチャの町での4月の出来事についてコメントし、その後、ゼレンスキーはロシアとの交渉が不可能になったと主張した。ウクライナ当局は、子供の強姦を含む、町の民間人に対する複数の残虐行為でロシア軍を非難した.モスクワは戦争犯罪の申し立てを断固として否定し、それはキエフによる「また別の挑発」であると主張した。

「両親の目の前で7時間子供がレイプされたという話:しかし、和平プロセスを妨害するためだけにそのようなことを広めるのは恐ろしいことです」とベテランのフランスの政治家は詳述せずに述べた。

彼女はまた、ゼレンスキーがロシア軍によるウクライナ兵の拷問疑惑の説明を使用したと主張した. ロシアも激しく否定している.彼女は、「戦争と死傷者の恐怖は十分にある」ので、「ウクライナのプロパガンダ」は「国連とメディア組織の保護の下で」止めるべきだと主張した。

BFMTV が彼女のインタビューの断片をキャプション付きでツイートした後、「セゴレーヌ・ロワイヤルはウクライナでの特定の戦争犯罪に疑問を呈している」とキャプションを付けた後、政治家は「戦争犯罪を否定したことはない」ため、これは「誤り」であると答えた。

土曜日に、ロイヤルは、彼女が言ったように、テレビネットワークによってカットされた彼女の発言の最後の部分を公開しました.この断片の中で、彼女は、「武器の配達を奨励し、交渉と和平プロセスの設定を控えるために、恐怖の説明には一種のワンアップマンシップがあります」と述べています。

「平和を嘆願することは、ウクライナの人々の苦しみとロシアの侵略を終わらせるために行動することです」と彼女はビデオのキャプションに書いた.

ロイヤルのインタビューは、一部の政治家や多くのソーシャル メディア ユーザーから非難されました。 「ロシアの侵略」の犠牲者とその家族を代表する「ウクライナに立ち向かう」グループは、「行方不明者の名誉」を守るために、ロイヤルに対して苦情を申し立てることを検討しているとさえ発表した。

一方、愛国者党のフロリアン・フィリポット党首は、ロイヤルの発言に対する「攻撃的でクレイジーな反応」を批判し、彼女には戦争プロパガンダに疑問を呈する「あらゆる権利と知的な義務がある」と述べた。

・・・このような記事は事実関係に関する知識がないと適切な訳ができません。機械翻訳の限界を示しています。
posted by ZUKUNASHI at 09:18| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナは大きな人的損失を出している

posted by ZUKUNASHI at 08:53| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月12日

2022/9/12

Czech president explains why Prague can't mediate between Moscow and Kiev
Milos Zeman says his country is an “interested party” in the conflict between Russia and Ukraine, and that is why it can’t propose negotiations
Czech president explains why Prague can't mediate between Moscow and Kiev
President of the Czech Republic Milos Zeman コピーライトマーク Mateusz Wlodarczyk / NurPhoto via Getty Images

The Czech Republic can’t propose peace talks between Russia and Ukraine because it is a “participating country” in their conflict, its President Milos Zeman explained in an interview on Sunday.

Zeman noted that there are other countries that would be better placed to direct peace negotiations between Moscow and Kiev. “Countries like China, Israel, Turkey could all be considered. They have a balanced position and will not be taken as biased by any party,” he explained.

Since Russia launched its military campaign against Ukraine in late February, the Czech Republic has been a fervent supporter of the government in Kiev and has backed all the EU sanctions imposed on Moscow. It’s also been one of the top military donors to the Ukrainian army.

However, Prague’s stance has contributed to soaring energy prices and inflation back home. This led tens of thousands to attend anti-government demonstrations earlier this month, demanding that Czech authorities take a neutral stance in the Russian-Ukrainian conflict and secure direct contracts with natural gas suppliers, including Russia.

Czech Prime Minister Petr Fiala dismissed the protesters' demands, implying that the demonstrations were being stoked by the Kremlin.

“The protest on Wenceslas Square was called by forces that are pro-Russian, are close to extreme positions and are against the interests of the Czech Republic,” said Fiala, adding that “It is clear that Russian propaganda and disinformation campaigns are present on our territory and some people simply listen to them.”

Ukraine says it’s repaired damaged power infrastructure
The electricity supply has been fully restored in three of the affected regions, according to a presidential aide
Blackouts allegedly caused by Russian strikes on the Ukrainian power grid were partially dealt with overnight, according to President Vladimir Zelensky’s deputy chief-of-staff.

In a Telegram post, Kirill Timoshenko reported the full restoration of electricity supplies in the Ukrainian cities of Sumy, Dnepropetrovsk and Poltava. Grid capacity in Kharkov region, which was the scene of a successful Ukrainian counter-offensive last week, was at 80% on Monday morning, according to the official.

The Mayor of Kharkov, Igor Terekhov, said on Monday morning that the city’s subway and trolleybus systems were back online and that the water supply would be fully restored during the day. Electric-powered transport was paralysed during the Sunday outage.

Kiev blamed the blackouts in several of its regions on Russian missile attacks targeting power stations and key nodes of the transmission grid. The Russian military has neither confirmed nor denied carrying out such attacks.
ウラジーミル・ゼレンスキー大統領副補佐官によると、ロシアによるウクライナの送電網への攻撃によって引き起こされたとされる停電は、一晩で部分的に処理されたとのことです。

テレグラムの投稿で、キリル・ティモシェンコは、ウクライナのスミー、ドニエプロペトロフスク、ポルタヴァの各都市で電力供給が完全に回復したことを報告した。先週ウクライナの反攻作戦が成功したハリコフ地方の送電網の容量は、月曜日の朝には80%になっていたとのことである。

ハリコフ市のイーゴリ・テレホフ市長は、月曜日の朝、市内の地下鉄とトロリーバスが復旧し、水の供給も日中に完全に回復するだろうと述べた。日曜日の停電の間、電気で動く交通機関は麻痺していた。

キエフは、いくつかの地域での停電を、発電所や送電網の主要なノードを狙ったロシアのミサイル攻撃のせいだと非難した。ロシア軍は、このような攻撃の実行を肯定も否定もしていない。





























posted by ZUKUNASHI at 21:23| Comment(0) | ウクライナ

Germany has ‘crossed red line’ – Russia

Germany has ‘crossed red line’ – Russia
There will be no turning back after Berlin supplied arms to kill Russians, Moscow’s envoy says
Germany has crossed a red line with Russia by sending arms to Ukraine, Moscow’s ambassador in Berlin said on Monday. The decision undermined decades of reconciliation since the end of World War II and the Nazi invasion of the Soviet Union, the diplomat added.

“The very fact that the Ukrainian regime is being supplied with German-made lethal weapons, which are used not only against Russian military service members, but also the civilian population of Donbass, crosses the red line,” Ambassador Sergey Nechaev said in an interview with Izvestia newspaper.

He added that Berlin should have known better, “considering the moral and historic responsibility that Germany has before our people for the Nazi crimes.”

“They have crossed the Rubicon,” Nechaev stated, using an idiom for passing the point of no return.

Berlin discarded its longstanding policy of not sending weapons into zones of armed conflict to join the US and other NATO allies in providing weapons to Ukraine. The German government says it has a moral responsibility to back Kiev so it can defend itself against Russia.

Germany also joined an effort by the EU to decouple the economies of member states from Russia’s. German businesses have been relying on cheap Russian natural gas for five decades, since before the Soviet Union collapsed.

The German government “has unilaterally acted to destroy bilateral relations [with Russia] that were unique in scale and depth and had been built over decades,” the Russian ambassador noted. “In essence, the post-war reconciliation of our nations and peoples is being eroded,” Nechaev said.

According to the diplomat, economic restrictions imposed on Russia over the Ukraine conflict have resulted in a sharp increase in utility bills, a surge in consumer prices, and a decrease in real incomes in Germany. Nechaev said the “sanctions war” against Moscow is being increasingly seen as “shooting yourself in the foot” in Germany, which has already faced protests over the cost-of-living crisis. The ambassador noted that Russia took no pleasure in seeing the damage, even if Berlin has itself to blame for it.

“We believe the ongoing processes to be Germany’s domestic issue, in which we do not get involved,” he said. “And we certainly are not in the habit of delivering pompous lectures, the likes of which the West constantly makes about Russians.”

ベルリンがロシア人を殺すために武器を供給した後、後戻りはできないだろうとモスクワの特使が述べた。
ドイツはウクライナに武器を送ることで、ロシアとのレッドラインを越えてしまったと、ベルリンのモスクワ大使が月曜日に述べた。この決定は、第二次世界大戦の終結とナチスのソビエト連邦への侵攻以来、数十年にわたる和解を損ねたと、外交官は付け加えた。

セルゲイ・ネチャエフ大使は、イズベスチヤ紙とのインタビューで、「ウクライナ政権がドイツ製の致死性兵器を供給されているという事実そのものが、ロシア軍兵士だけでなくドンバスの民間人に対しても使用されており、レッドラインを越えている」と述べた。

彼は、ベルリンがもっとよく知るべきだったと付け加えた。"ナチスの犯罪に対してドイツが我々の人々の前に負っている道徳的、歴史的責任を考慮すれば"。

彼らはルビコンを渡った」とネチャエフ氏は述べ、「戻れない地点」を通過することを意味する慣用句を使った。

ベルリンは、武力紛争地帯に武器を送らないという長年の方針を捨て、米国や他のNATOの同盟国と共にウクライナに武器を提供した。ドイツ政府は、キエフがロシアから自国を守れるように支援する道義的責任があると言っている。

ドイツはまた、加盟国の経済をロシアから切り離すというEUの取り組みに参加した。ドイツの企業は、ソビエト連邦が崩壊する前から50年間、安価なロシアの天然ガスに頼ってきた。

ドイツ政府は「規模も深さも独特で、数十年にわたって築かれてきた(ロシアとの)二国間関係を一方的に破壊する行動をとった」とロシア大使は指摘する。「本質的に、戦後の両国・国民の和解は損なわれている」とネチャエフ氏は述べた。

外交官によると、ウクライナ紛争でロシアに課された経済的制約により、ドイツでは光熱費の急増、消費者物価の高騰、実質所得の減少が起こっているという。ネチャエフ氏は、モスクワに対する「制裁戦争」は、すでに生活費危機に対する抗議に直面しているドイツにおいて、「自分の足を撃つ」ようなものだとの見方が強まっていると述べた。同大使は、たとえベルリンに自責の念があるとしても、ロシアはその被害を見ることに喜びを感じていないと指摘した。

「現在進行中のプロセスは、ドイツの国内問題であり、我々は関与しない」と述べた。「そして、西側諸国が常にロシア人について行っているような、尊大な説教をする習慣もない」。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 20:59| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナはウソを流して混乱させるしかなくなっている

posted by ZUKUNASHI at 09:59| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナからの脱出強まる







posted by ZUKUNASHI at 08:58| Comment(0) | ウクライナ