ウクライナ: ずくなしの冷や水

2023年01月10日

ドンバスの民間人に対するキエフの攻撃は 100% 意図的なもの

MSMが物語を紡ぐ任務を負う前の2014年のレポート。毎日無差別に無差別に爆撃されている状況を想像してみてください。民間人に対するキエフの攻撃は 100% 意図的なものであり、ドンバスを民族的に浄化し、その領土と富を占有することを目的としていました。
posted by ZUKUNASHI at 13:26| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月08日

drone strikes against Ukro targets

posted by ZUKUNASHI at 22:10| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナのロシア軍への攻撃で数十人が死亡-モスクワ

Dozens dead in Ukrainian strike on Russian troops – Moscow
The deadly attack took place in the city of Makeyevka in Donetsk People’s Republic, the Defense Ministry says
More than 60 Russian troops have been killed in a Ukrainian missile strike, Moscow confirmed on Monday. The attack hit a temporary housing area used by the Russian forces in Donbass.

The facility in the city of Makeyevka in Russia’s Donetsk People’s Republic was targeted by six missiles from US-supplied HIMARS multiple rocket launchers, the Defense ministry said. Two projectiles were intercepted by air defenses, but four made it through, the statement added.

"As a result of a strike by four missiles with high-explosive warheads on a temporary deployment point, 63 Russian servicemen were killed,” Defense Ministry spokesman Lieutenant General Igor Konashenkov said during a briefing.

All necessary assistance and support will be provided to the families of the fallen troops, the ministry assured.

The strike was earlier reported by the Donetsk People’s Republic’s Information Minister Daniil Bezsonov, who said the missiles targeted the building of a vocational school where the troops were stationed. It happened precisely at 0:01 am on New Year’s night, while the serviceman were celebrating, he added.

Russia’s Foreign Ministry earlier condemned Washington for not only supplying sophisticated weapons to Kiev, but also providing the Ukrainian military with intelligence about the location of the Russian forces.
ウクライナのロシア軍への攻撃で数十人が死亡-モスクワ
国防省によると、ドネツク人民共和国のマケエブカ市で攻撃が行われ、死者が発生した。
モスクワは月曜日、ウクライナのミサイル攻撃により60人以上のロシア軍兵士が死亡したことを確認した。攻撃は、ドンバスでロシア軍が使用している仮設住宅地を襲った。

国防省によると、ロシアのドネツク人民共和国のマケエブカ市にある施設は、米国が供給したHIMARSマルチロケットランチャーのミサイル6発の標的となったという。 2発は防空壕で迎撃されたが、4発は貫通したという。

国防省報道官のイーゴリ・コナシェンコフ中将はブリーフィングで、「高爆発弾頭を搭載した4発のミサイルが一時配備地点を攻撃した結果、ロシア軍兵士63人が死亡した」と述べた。

国防省は、死亡した部隊の家族に必要なすべての支援とサポートが提供されることを保証した。

ドネツク人民共和国のダニール・ベゾノフ情報相は、ミサイルは部隊が駐屯していた職業訓練学校の建物を狙ったものだと先に報告した。新年の夜、軍人が祝杯をあげている最中の午前0時1分に正確に起こったと、彼は付け加えた。

ロシア外務省は先に、ワシントンがキエフに高性能の武器を供給しているだけでなく、ウクライナ軍にロシア軍の位置に関する情報を提供していると非難している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




ロシア航空宇宙軍によるマスリヤコフカとクラマトルスクの「外人部隊」臨時配備地点への攻撃で、130人以上の外人傭兵が殺害された。
ドゥルジコフカの標的に対する攻撃。ドゥルジコフカ駅付近の軍事施設に対する攻撃の結果、米国製HIMARS MLRSランチャー2基とチェコ製RM-70 Vampire MLRS戦闘車両4台が破壊された。
MLRSミサイル800発以上、車両6台、最大120人のウクライナ軍人が排除された。
ロシア国防省
Russian military issues update on deadly Ukrainian strike
The number of casualties in the New Year’s night strike has grown to at least 89 people

Nearly 90 troops were killed by a Ukrainian missile strike that hit a temporary housing area used by Russian forces in the city of Makeyevka in Donetsk People’s Republic just after midnight on January 1, the Defense Ministry announced on Wednesday.

The death toll has grown to 89 people, including the unit’s deputy commander, the ministry said, as more bodies were pulled from the rubble of a vocational school where the troops were stationed on New Year’s night.

The facility was targeted by six missiles from a US-supplied HIMARS multiple rocket launcher, four of which penetrated air defenses, and hit the building at precisely 0:01am on January 1, the Defense ministry said, claiming that the launcher was later destroyed in a retaliatory strike.

While the fact-finding mission is still investigating the tragic incident, it is “already obvious that the main reason for what happened was the turning on and mass use of mobile phones by personnel – contrary to the ban – within the range of enemy weapons” which allowed Ukrainian forces to trace their coordinates, Lieutenant General Sergey Sevryukov from the Main Military-Political Directorate of the Russian Armed Forces told reporters.

Moscow reiterated its pledge to provide all necessary assistance and support to the families of the fallen troops. Russia’s Foreign Ministry earlier condemned Washington for not only supplying sophisticated weapons to Kiev, but also providing the Ukrainian military with intelligence about the location of the Russian forces.
ロシア軍、ウクライナの致命的な攻撃に関する最新情報を発表
新年の夜の攻撃での死傷者は少なくとも89人に上る

国防省は1日、ドネツク人民共和国のマケエブカ市で1月1日午前0時過ぎ、ロシア軍が使用していた仮設住宅地をウクライナのミサイル攻撃で襲い、90人近くの部隊が死亡したと発表した。

同省によると、元日の夜、部隊が駐留していた職業訓練校の瓦礫からさらに遺体が引き揚げられ、死者は部隊の副司令官を含む89人に上ったという。

防衛省によると、この施設は米国が供与したHIMARS多連装ロケットランチャーのミサイル6発の標的となり、そのうち4発は防空壕を貫通、1月1日午前0時1分ちょうどに建物に命中、その後報復攻撃でランチャーは破壊されたとしている。

ロシア軍主要軍事・政治総局のセルゲイ・セブリューコフ中将は記者団に対し、この悲劇的な事件を調査中であるが、「今回の事件の主因は、禁止事項に反して、敵兵器の射程範囲内で隊員が携帯電話の電源を入れ、大量使用したこと」であり、これによりウクライナ軍がその座標を追跡できたことは既に明白である、と述べた。

モスクワは、殉職した部隊の家族に必要なすべての支援とサポートを提供することを改めて約束した。 ロシア外務省は先に、ワシントンがキエフに高性能の武器を供給しているだけでなく、ロシア軍の位置に関する情報をウクライナ軍に提供していると非難している。

ウクライナ軍の攻撃でロシア軍死者89人に増加 原因は兵士の携帯電話使用 2023/01/04
https://t.co/4Yt0Qa8elI

ロシア軍は兵士の携帯電話機の携帯を禁じています。この施設にいた兵士は予備役です。副司令官も死亡。

100人以上もの若者が一斉にスマホを使った。電波の発信量が大きかったわけで、それがキャッチされてしまいました。スマホはGPSの受信装置が組み込まれています。アプリのいくつかは、その座標を利用するようになっています。Google mapで自分の位置を表示するのにこの座標を使っています。特殊な仕組みでこの座標情報を引き出すことができれば、常時、そのスマホの所在地を知ることができます。

配偶者が不貞を働いているのではないかと疑うような場合は、この仕組みが使えれば便利です。

ウクライナに情報を提供した米国がスマホの位置情報を引き出して解析したのか、スマホが集中している場所を探し出す技術を使ったのかはわかりません。

イラクでISISの幹部が携帯電話の所在を突き止められてミサイルで殺害された例があります。


More than 600 Ukrainian troops killed in ‘retaliation operation’ – Moscow
The strike in Kramatorsk was a response to the Ukrainian shelling of Makeyevka on New Year’s night, the Defense Ministry says
More than 600 of Kiev’s troops have been eliminated in a Russian missile strike in the Ukrainian-held city of Kramatorsk in the Donbass, Russia’s Defense Ministry has claimed.

The bombardment on Sunday was a “retaliation operation” carried out in response to “a criminal attack” by Ukraine on a temporary housing area accommodating Russian servicemen in the city of Makeyevka in the Donetsk People’s Republic (DPR) on New Year’s night, the ministry said in a statement.

Over the past 24 hours, the Russian military has managed to uncover and confirm the location of Ukrainian troops in Kramatorsk in the DPR, the statement read. This data revealed that dormitory No.28 in the city was hosting more than 700 Kiev soldiers, with 600 more staying in dormitory No.47.

“As a result of a massive missile attack on these temporary housing areas of the Ukrainian military’s units, more than 600 Ukrainian servicemen were killed,” the ministry said.

The Ukrainian military, however, has denied sustaining heavy casualties as a result of the strikes. A spokesman for the Eastern Grouping of Ukrainian Armed Forces, Sergey Cherevaty, dismissed Moscow’s statement as a “psy-op” intended to distract from Russia’s own heavy losses of equipment and personnel.

On January 1, at precisely 0:01am, Ukrainian forces targeted a temporary housing area containing Russian troops in the city of Makeyevka. Six missiles from a US-supplied HIMARS multiple rocket launcher were fired at the building. Two of them were intercepted by Russian air defenses, but four made it through, causing massive damage to the facility. The death toll from the strike has reached 89, according to the Russian Defense Ministry.

Earlier this week, Moscow said several HIMARS systems operated by Ukraine had been destroyed in Donbass, including the launcher that was used in the strike on Makeyevka.

The strike on Kramatorsk took place following a 36-hour truce announced by Russian President Vladimir Putin to allow Orthodox Christians, who make up the majority of the population in Russia and Ukraine, could go to church and celebrate Christmas safely. The ceasefire by Russian forces was unilateral, and the Ukrainian military continued to shell multiple areas in the newly incorporated Russian territories of Donbass, Kherson and Zaporozhye regions, Moscow said.
「報復作戦」でウクライナ軍600人以上死亡-モスクワ
クラマトルスクでの攻撃は、新年の夜にウクライナのマケエブカへの砲撃に対応したものだと国防省は発表しています。
ロシア国防省は、ドンバスのウクライナ領の都市クラマトルスクで行われたロシアのミサイル攻撃で、キエフの軍隊600人以上が排除されたと主張している。

日曜日の砲撃は、新年の夜、ドネツク人民共和国(DPR)のマケエブカ市にあるロシア軍人を収容する仮設住宅地に対するウクライナによる犯罪攻撃」に対抗して行われた「報復作戦」だったと同省は声明で発表した。

この24時間で、ロシア軍はDPRのクラマトルスクにいるウクライナ軍の位置を明らかにし、確認することができたと声明は伝えている。このデータにより、同市の28号寮には700人以上のキエフ軍兵士が滞在しており、47号寮にはさらに600人が滞在していることが判明した。

「これらのウクライナ軍部隊の仮設住宅地に対する大規模なミサイル攻撃の結果、600人以上のウクライナ軍人が死亡した」と同省は述べている。

しかし、ウクライナ軍はこの攻撃による死傷者の多さを否定している。ウクライナ軍東部グループのセルゲイ・チェレバティ報道官は、モスクワの声明は、ロシア自身の装備や人員の大きな損失から目をそらすための「サイコ・プ」であると断じた。

1月1日午前0時1分、ウクライナ軍はマケエブカ市のロシア軍を含む仮設住宅地を標的にした。米国が供与した多連装ロケットランチャー「HIMARS」から6発のミサイルが発射された。うち2発はロシア防空網に迎撃されたが、4発は貫通し、施設に甚大な被害をもたらした。ロシア国防省によると、この攻撃による死者は89人にのぼった。

今週初め、モスクワは、マケイブカへの攻撃で使用されたランチャーを含め、ウクライナが運用するHIMARSシステム数基がドンバスで破壊されたと発表した。

クラマトルスクへの攻撃は、ロシアとウクライナの人口の大半を占める正教徒が教会に行き、安全にクリスマスを祝うことができるようにと、プーチン大統領が発表した36時間の停戦の後に行われたものである。ロシア軍による停戦は一方的なもので、ウクライナ軍は新たにロシア領になったドンバス、ケルソン、ザポロジエの各地域で砲撃を続けたとモスクワは発表している。
posted by ZUKUNASHI at 13:30| Comment(2) | ウクライナ

ウクライナには時間がない - 元米国政府高官

Ukraine running out of time – former US officials
Condoleezza Rice and Robert Gates think more weapons are the solution to Kiev’s woes
Former US Secretary of State Condoleezza Rice and former Defense Secretary Robert Gates have admitted that Ukraine’s economy and military are almost completely reliant on bailouts from the West, and barring a dramatic turnaround, its chances of victory are slipping away.

Ukraine’s “economy is in a shambles,” the ex-diplomat and former Pentagon chief wrote in the Washington Post on Saturday.

The country’s “military capability and economy are now dependent almost entirely on lifelines from the West,” they continued, arguing that should Ukraine fail to mount a successful offensive in the near future, President Vladimir Zelensky will be pressured by the West to negotiate a ceasefire with Russian President Vladimir Putin – something the Ukrainian leader has repeatedly refused to consider.

With the frontline relatively static since autumn, Russian forces have ground down their Ukrainian opponents in fierce fighting near Bakhmut/Artyomovsk, with an American mercenary commander recently acknowledging that Ukraine is suffering “extraordinarily high casualties” in that sector, and Ukraine’s ambassador to Canada, Vadim Pristaiko, describing his side’s casualties as “huge” and “indigestible.”

Kiev has publicly proclaimed that it plans a major offensive in the spring, but Rice and Gates wrote that Ukraine may have “weeks, not months” to stay in the fight.

To that end, they advocated sending the country more and heavier weapons. Although the US has already allocated more than $110 billion in military and economic aid to Ukraine since February, they said that Washington won’t send heavy tanks. Germany “and other allies” should fill this need instead, they argued.

The Biden administration announced on Friday that it would give Ukraine 50 Bradley infantry fighting vehicles – the most modern armor sent to Kiev so far – as part of a $3 billion weapons package. France also pledged a number of wheeled ‘light tanks’, and Germany promised 40 Marder infantry fighting vehicles.

Nevertheless, Kiev says it needs more. In an interview with The Economist last month, Ukrainian general Valery Zaluzhny said he would need 300 more tanks, up to 700 infantry fighting vehicles, and 500 howitzers to conduct offensive operations. This is more than the number of such vehicles in the entire British or German inventory.

Russia, meanwhile, has repeatedly insisted that “pumping” Ukraine with weapons will ultimately have no effect on the outcome of the conflict and will only serve to prolong the hostilities and lead to more bloodshed.  
ウクライナには時間がない - 元米国政府高官
コンドリーザ・ライスとロバート・ゲイツは、より多くの兵器がキエフの苦境を解決するものだと考えている。
米国のコンドリーザ・ライス元国務長官とロバート・ゲイツ元国防長官は、ウクライナの経済と軍がほとんど完全に西側からの救済に依存しており、劇的な好転がない限り、勝利のチャンスは遠のいていくことを認めた。

ウクライナの「経済はボロボロだ」と、元外交官で元国防総省長官のケイツは土曜日のワシントン・ポストに書いている。

同国の「軍事力と経済は、今やほとんど西側からのライフラインに依存している」と彼らは続け、ウクライナが近いうちに攻撃を成功させることができなければ、ウラジミール・ゼレンスキー大統領は、ロシアのプーチン大統領と停戦を交渉するよう西側から圧力をかけられるだろう-ウクライナ指導者は繰り返しその検討を拒否しているが-と主張する。

秋以降、戦線は比較的安定しているが、ロシア軍はバフムート/アルチョモフスク付近での激しい戦闘でウクライナの敵を挽回している。最近、アメリカの傭兵司令官が、同地区でウクライナは「非常に多くの犠牲者」を出していると認め、ヴァディム・プリステコ駐カナダ大使は自軍の犠牲者は「膨大」で「消化できない」、と表現している。

キエフは春に大規模な攻撃を計画していると公言しているが、ライスとゲイツは、ウクライナには「数ヶ月ではなく数週間」戦いに留まることができるかもしれないと書いている。

そのために、より多くの、より重い武器を送ることを提唱している。米国はすでに2月以降、ウクライナに1100億ドル以上の軍事・経済援助を割り当てているが、重戦車は送らないだろうと彼らは言った。ドイツや他の同盟国」が代わりにこの必要性を満たすべきだと主張した。

バイデン政権は金曜日に、30億ドルの兵器パッケージの一部として、ブラッドレー歩兵戦闘車50台(これまでキエフに送られた中で最も近代的な兵器)をウクライナに供与すると発表した。フランスも車輪付きの「軽戦車」を多数、ドイツも40台のマーダー歩兵戦闘車両を約束した。

それでも、キエフはもっと必要だと言っている。ウクライナのヴァレリー・ザルジニー将軍は先月、『エコノミスト』誌とのインタビューで、攻撃作戦を行うにはさらに戦車300両、歩兵戦闘車700両、榴弾砲500門が必要だと述べた。これは、イギリスやドイツの全車両の数よりも多い。

一方、ロシアは、ウクライナに武器を「送り込む」ことは、最終的には紛争の結果に何の影響も与えず、敵対行為を長引かせ、さらなる流血を招くだけだと繰り返し主張している。  

・・・・

ウクライナが挽回することはないです。国土の多くで電力が断たれています。軍の食料などの補給品もいつまで供給できるか、他から調達しても前線に届ける手立てがありません。

バフムートでNATOが化学兵器を使ったとの情報が入ってきています。シリアでアサド政権が毒ガスを使ったから制裁だと空港に砲撃を加えたのは米国です。

米国下院で共和党が多数をとったこととも関連して、米国と同盟国による軍事・経済支援はブレーキがかかります。

この冬は地面の凍結が遅れているそうですが、これも間もなく条件が整うでしょう。

米国は、シリアでテロリストを軍事消耗品として使いましたが、ウクライナではナチテロリストと傭兵、そして国民を「チェスの駒」として使っています。

これが民主主義や人権を奉ずる西側先進国の実像です。
posted by ZUKUNASHI at 11:29| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナ軍がバフムートで化学兵器を使用



posted by ZUKUNASHI at 08:56| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月06日

米国はロシアと「最後のウクライナ人まで」戦うことを決めた-モスクワ

US set to fight with Russia ‘to the last Ukrainian’ – Moscow
Earlier, President Joe Biden voiced skepticism about the Christmas truce offered by Russia
The US government’s policies on Ukraine show it is not interested in a peaceful resolution of the conflict, the Russian ambassador to Washington said on Thursday.

In a statement, Anatoly Antonov argued that Washington’s decision to supply Kiev with Bradley Fighting Vehicles only confirms the US has not “even tried to listen” to Russia’s warnings against such “a dangerous course.” 

“The US unleashed a real proxy-war against Russia by supporting Nazi criminals in Kiev” as early as 2014, the ambassador said, referring to the coup that ousted the democratically elected president, Viktor Yanukovich. “Any talk about a ‘defensive nature’ of weapons supplied to Ukraine has long become absurd,” he added.

The envoy claimed Western arms shipments only encourage Ukrainian radicals to commit “terrible deeds,” adding to “their feeling of impunity… They continue to kill civilians in Donbass, Zaporozhye and Kherson Regions of the Russian Federation in an extremely cynical way.” 

“Nobody should still have doubts who bears responsibility for prolonging this conflict,” as all actions by the US administration “indicate a lack of any desire for a political settlement,” Antonov said.

The Russian ambassador highlighted US President Joe Biden’s reaction to the 36-hour truce on Orthodox Christmas announced by Russian President Vladimir Putin on Thursday. Earlier, the US president dismissed Moscow’s offer, saying: “I’m reluctant to respond to anything that Putin says… I think he’s trying to find some oxygen.” 

“All this means that Washington is committed to fighting with us ‘to the last Ukrainian’, while the destiny of people of Ukraine means nothing to the US,” the diplomat argued.

The proposed ceasefire was branded “hypocritical” by Ukrainian officials, with President Vladimir Zelensky calling it a ruse, saying: “Everyone in the world knows how the Kremlin uses ceasefires to continue the war with renewed vigor.”
米国はロシアと「最後のウクライナ人まで」戦うことを決めた-モスクワ
これに先立ち、ジョー・バイデン大統領は、ロシアが提示したクリスマスの休戦について懐疑的な見方を示した

アメリカ政府のウクライナ政策は、紛争の平和的解決に関心がないことを示していると、ワシントンのロシア大使が木曜日に述べた。

アナトリー・アントノフ大使は声明で、キエフにブラッドレー戦闘車を供給するというワシントンの決定は、このような「危険な路線」に対するロシアの警告にアメリカが「耳を傾けようともしない」ことを裏付けるだけだと主張した。 

"米国は、早くも2014年に、キエフのナチス犯罪者を支援することによって、ロシアに対する真の代理戦争を解き放った "と、大使は、民主的に選ばれた大統領、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチを追放したクーデターに言及して、言った。ウクライナに供給された武器の「防衛的性質」についてのいかなる話も、とっくに不合理になっている」と彼は付け加えた。

特使は、西側の武器供給はウクライナの過激派が「恐ろしい行為」をするのを促すだけで、「彼らの免罪感」に拍車をかけると主張した。"彼らはドンバス、ザポロジエ、ロシア連邦のケルソン地域で極めて冷酷な方法で民間人を殺害し続けている"。 

「この紛争を長引かせているのは誰かという疑問は、誰も持ってはいないはずだ。

ロシア大使は、プーチン大統領が木曜日に発表した正教会のクリスマスにおける36時間の停戦に対するジョー・バイデン米大統領の反応を取り上げた。これに先立ち、米大統領はモスクワの申し出を却下し、次のように述べた。"プーチンの言うことに反応するのは不本意だ...彼は何か酸素を見つけようとしているのだろう"。 

"これらはすべて、ワシントンが我々と "最後のウクライナ人まで "一緒に戦うことを約束していることを意味し、ウクライナの人々の運命はアメリカにとって何の意味も持たない "と外交官は主張した。

提案された停戦は、ウクライナ政府関係者から「偽善的」と烙印を押され、ウラジミール・ゼレンスキー大統領はこれを策略と呼んで、次のように述べた。"クレムリンがいかに停戦を利用して、新たな勢いで戦争を続けるか、世界中の誰もが知っている。"

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | ウクライナ

ひらひらと飛ぶドローンで民間住宅に置かれたレーダーを破壊

Shah-136 ドローンは、民間の住宅の上に設置されていたウクライナの早期警戒レーダーを破壊しました。
民間人の近くに軍事装備を配置することは戦争犯罪です。
攻撃はOrlan-10無人偵察機によって観測されました。

・・・・

低層集合住宅の屋上に置かれたレーダー。小型貯水槽程度の大きさのようです。
Shahed 136がひらひらと飛んできて爆破しています。こんなふうに飛ばれたら早期警戒レーダーでも探知できない。

Shahed 136は、多様な飛び方ができるんですね。

次は、ドローンが飛んできたのでキエフの防空システムが総動員で撃ち落とそうとしたらしいのですが、どうも当たらなかったらしい。結局、送電施設に命中して停電になりました。空中で撃ち落とされたような気配がありません。

posted by ZUKUNASHI at 18:52| Comment(0) | ウクライナ

旧式爆弾にグライダーを付けて精密兵器化





精密兵器化が急速に進んでいます。GPS使用のカミカゼドローンの成功が旧型爆弾の改善につながっています。精度が高ければ、目標の破壊に必要な弾薬も少なくて済みます。
posted by ZUKUNASHI at 11:50| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月05日

米国は この戦争に負けることを許すことができるだろうか?


Moon of Alabama の上掲の記事から一部を抜粋、日本語訳した。

アメリカの軍事計画はかつて世界クラスでした。 しかし、西側諸国のどの国よりもはるかに優れた防空技術を備えていると認められている大砲の達人の 1 つであるロシアに対する代理戦争を計画し、傀儡のウクライナに劣った武器と 6 か月分しか持てない弾薬を装備するのは誰でしょうか? そして確かに、アメリカの計画担当者は、もはや補給のための製造拠点がなく、NATO の倉庫が実質的に空であることを知らずにはいられなかったのだろうか?

これは広範囲にわたる結果をもたらします:

米国の現在の指導者は、イデオロギー、傲慢、そして「ルールに基づく」世界的覇権を追求するという幻想に目がくらんでいる完全な馬鹿の集まりです。 米国は冷戦に勝ったかもしれませんが、平和を失いました。 その戦略的思考とその軍隊は時代遅れであり、軍隊と装備の両方の構成は過去千年からの仮定に基づいています. 一極アメリカの覇権の下での大規模なグローバルリセットのための戦いも失われました。 世界経済フォーラムは現在、神聖ローマ帝国とほぼ同じくらい関連性があります。 彼らができることは、ますます権威主義的な西側諸国を愚かな政策提案で恐怖に陥れることだけです。

ロシアを破壊しようとする試みは、プーチンと彼のチームによる華麗な外交とリーダーシップの爆発にそれを促し、世界の残りの部分が主権と多極世界を好むことを静かに確立した. ラリー・ジョンソンが呼んだ冷戦後の「ポックス・アメリカーナ」は終わった。 未来の歴史家は、この時代の歴史を興味深く研究するでしょう。 歴史の中で、これほど大きな変化がこれほど速く起こったことはめったにありません。

戦争に負けたことの影響は、世界と国内の政治で注目されるでしょう。 「西側」の世界的地位は低下し、戦争党の指導者は当然のバッシングを受けるでしょう。

しかし、米国はそれを許すだろうか? この戦争に負けることを許すことができるだろうか? それともエスカレートしますか? それが状況を悪化させるだけの可能性がある場合でも?

ワシントンの誰が、どのようにこれらの問題を決定するのか、私にはまだわかりません
posted by ZUKUNASHI at 23:30| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月04日

「NATO スケジュール」


posted by ZUKUNASHI at 22:11| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月03日

ウクライナ議会がナチスの協力者を祝福したことで非難を浴びる

Poland responds to Ukraine’s Nazi-collaborator celebration
Polish Prime Minister Mateusz Morawiecki has vowed to raise the issue of Stepan Bandera’s glorification with Kiev at the first opportunity
There can be "no nuances" when it comes to the glorification of WWII Nazi collaborator Stepan Bandera in Ukraine, Polish Prime Minister Mateusz Morawiecki told a press conference on Monday. Warsaw would not show any leniency to those who "do not want" to recognize "terrible crimes" committed by Ukrainian nationalists against Poles during WWII, he added.

"We are extremely critical, very, very negative towards any glorification or even reminders of Bandera," Morawiecki said, commenting on a Twitter post by the Ukrainian parliament, the Verkhovnaya Rada, celebrating what would have been the 114th birthday of the head of the Organization of Ukrainian Nationalists (OUN), an ultranationalist group that existed during WWII and had its own paramilitary wing, known as the Ukrainian Insurgent Army (UPA).

In the post, which was later deleted amid outcries from Poland, Israel and the US, the Ukrainian parliament cited Bandera as having said that "the complete and supreme victory of Ukrainian nationalism will be when the Russian Empire ceases to exist." The Rada then said that the modern Ukrainian Armed Forces chief, General Valery Zaluzhny, is "well aware" of Bandera’s "instructions." The general himself was featured in another tweet, pictured with a large Bandera portrait in the background.

"There can be no nuance here," Morawiecki insisted, vowing to be "very, very clear about that" the next time he gets an opportunity to talk to Ukraine’s Prime Minister Denis Shmygal. The Polish prime minister branded Bandera "an ideologist of … criminal times, the times of war" that saw "terrible Ukrainian crimes." There will be no "leniency" for those who refuse to admit the "terrible genocide" Poles suffered at the hands of the Ukrainian nationalists during WWII was "something unimaginable," he added.

Bandera has been officially hailed as a national hero in Ukraine since 2010. Ukrainian nationalists regularly marked his January 1 birthday with torchlit marches and massive demonstrations. Poland and Israel associate him with the mass killings of Poles and Jews committed by Ukrainian nationalists during the WWII.

In 2016, the Polish parliament recognized the so-called Volyn Massacres as genocide at the hands of UPA militants. In 2018, Polish President Andrzej Duda signed a bill that banned the promotion of the ideology associated with Stepan Bandera. Israel has also repeatedly called on Kiev not to glorify "war criminals or rehabilitate wartime collaborators."
ポーランド、ウクライナのナチス協力者記念式典に対応
ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、最初の機会にキエフにステパン・バンデラ賛美の問題を提起することを誓った。
ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、月曜日の記者会見で、ウクライナにおける第二次世界大戦のナチス協力者ステパン・バンデラの美化に関して、「ニュアンスの違いはありえない」と述べた。ワルシャワは、第二次世界大戦中にウクライナの民族主義者がポーランド人に対して行った「恐ろしい犯罪」を「認めたくない」人々には、いかなる寛容さも示さないだろうと彼は付け加えた。

モラヴィエツキ氏は、ウクライナ議会ヴェルホブナヤ・ラダが、第二次世界大戦中に存在し、ウクライナ反乱軍(UPA)として知られる独自の準軍事組織であるウクライナ国民党(OUN)のトップの114歳の誕生日を祝うツイッター投稿についてコメントし、「バンデラを称揚したり思い出させることに対して非常に厳しく、非常にネガティブである」と話した。

ポーランド、イスラエル、米国からの反発で後に削除されたこの投稿で、ウクライナ議会はバンデラ氏が "ウクライナ民族主義の完全かつ最高の勝利は、ロシア帝国が消滅したときだ "と述べたと引用した。そして、同議会は、現代のウクライナ軍最高責任者であるヴァレリー・ザルジニー将軍がバンデラの "指示 "を「よく承知している」と述べた。別のツイートでは将軍自身が登場し、バンデラの大きな肖像画を背景に写真に収まっている。

「モラヴィエツキ首相は、ウクライナのデニス・シュミガル首相と話す機会があれば、「このことについて非常に明確に」話すと主張した。ポーランド首相は、バンデラ氏を「ひどいウクライナの犯罪を見た...犯罪の時代、戦争の時代の思想家」と烙印を押した。第二次世界大戦中にウクライナの民族主義者の手によってポーランド人が受けた「恐ろしい大虐殺」を認めない人々には、「寛大さ」はないだろう、と彼は付け加えた。

バンデラ氏は2010年以来、ウクライナで公式に国家的英雄として称えられている。ウクライナの民族主義者たちは、1月1日の彼の誕生日を、松明をともした行進や大規模なデモで定期的に祝っている。ポーランドとイスラエルは、第二次世界大戦中にウクライナの民族主義者によって行われたポーランド人とユダヤ人の大量殺害と彼を結びつけている。

2016年、ポーランド議会は、いわゆるヴォリン虐殺をUPA過激派の手による大量虐殺と認定した。2018年、ポーランドのアンドレイ・ドゥダ大統領は、ステパン・バンデラに関連する思想の普及を禁止する法案に署名した。また、イスラエルはキエフに対し、"戦争犯罪者を美化したり、戦時中の協力者を更生させたりしない "よう繰り返し求めている。

Ukrainian parliament slammed for celebrating Nazi collaborator
A Twitter post cheering Stepan Bandera’s birthday has caused a backlash among Kiev's supporters
ウクライナ議会がナチスの協力者を祝福したことで非難を浴びる
ステパン・バンデラの誕生日を祝うツイッターの投稿が、キエフの支持者の間で反感を買っている。
ウクライナ議会がソーシャルメディア上で第二次世界大戦中のナチス協力者ステパン・バンデラ(1909-1959)の誕生日を祝う投稿をしたことに対し、ポーランド政府関係者や、米国、イスラエルの研究者やジャーナリストから非難が相次いでいる。Verkhovna Radaはこの騒ぎの中、ツイートを削除した。

現在削除されている、1月1日に114歳の誕生日を迎えるバンデラ氏を祝う投稿には、同氏の引用文と、ナチスの協力者の大きな肖像画を背景にしたウクライナ軍最高司令官ヴァレリー・ザルツィニー将軍の写真が掲載されていた。

イスラエルのハーレツ紙が月曜日に報じたところによると、ラダが削除したとみられる別の投稿では、バンデラ氏が「ウクライナ民族主義の完全かつ最高の勝利は、ロシア帝国が消滅したときだ」と述べたと引用されている。ザルジニー氏は「ステパン・バンデラのこれらの指示」を「よく知っていた」と投稿は付け加えたと、同ニュースは伝えている。

この投稿は、西側諸国のウクライナの支持者、特にポーランドにはあまり受け入れられなかった。

posted by ZUKUNASHI at 11:15| Comment(0) | ウクライナ

元NATO軍将官、ウクライナ停戦を予測

Ex-NATO general predicts Ukraine ceasefire
Neither Moscow nor Kiev will succeed with their military goals, a former NATO general has claimed
A senior German Army officer and former Commander of Allied Joint Force Command Brunssum, General Hans-Lothar Domröse, has predicted that the Russia-Ukraine conflict will run into a stalemate and some sort of a ceasefire will be reached by summer.

“I expect a standstill in early summer,” Domröse told the newspapers of the German Funke media group on Sunday, arguing that by such time, both sides will feel that continued fighting is “no longer of any use.”

Between February and May, it is likely that both parties will realize “they are getting stuck,” the former general said, adding that this will be the moment to begin ceasefire negotiations. 

“We will have a truce sometime in 2023,” Domröse predicted, cautioning that this would not mean an immediate lasting peace. “A ceasefire means: We stop shooting,” he said, but negotiations are “likely to take a long time.”

Regarding the current state of the conflict, Domröse said that Russia has the advantage of having “more tanks and more missiles,” while Kiev is “absolutely dependent” on Western arms supplies. “It's hard for me to imagine Ukraine regaining [the Russian-held territories] completely – even if the West supplies the heavy weapons that are required, especially tanks and artillery,” he added.

Since the start of Russia’s military campaign in Ukraine last February, Germany, along with a series of other Western nations, has been supplying Ukraine with weapons. However, Chancellor Olaf Scholz has been reluctant to provide Leopard 2 battle tanks to Kiev, arguing that since no other nation has yet sent such modern weaponry, Germany should not blaze a trail.

The general claimed that if “we take our responsibility seriously, we must provide [Kiev] with the heavy weapons” before its stockpiles run dry, because it could take well over a month from the government’s decision to have Leopard 2 tanks on the ground in Ukraine.

“At some point Ukraine will have lost its last tank, then it will need supplies. And at some point there will be a ceasefire, then Ukraine will also need further support and weapons,” Domröse said. “It is high time that the European countries that have Leopard tanks now form a coalition of the willing and deliver together in a coordinated manner.”

Moscow has consistently argued that Western weapons deliveries to Ukraine only serve to prolong the conflict. It has also warned that NATO member states are getting increasingly involved in the hostilities, which could potentially lead to an all-out military confrontation between the bloc and Russia.

The general acknowledged that the only way to end the conflict is through a negotiated agreement acceptable to both sides, suggesting that a possible solution could be for Zelensky to waive Kiev's demand to immediately integrate Crimea into Ukraine and instead agree to a “transition period” of 50 years.

However, the Kremlin previously called such proposals a non-starter, insisting that if Ukraine wants peace it should take into account “the new realities,” referring to the four former Ukrainian regions that voted to join Russia last fall, after Crimea did the same in 2014 following a coup in Kiev.
元NATO軍将官、ウクライナ停戦を予測
モスクワもキエフも軍事的目標を達成できない、と元NATO軍将官が主張
ドイツ陸軍の幹部で元連合軍ブルンスム司令官のハンス=ローター・ドムレーゼ大将は、ロシアとウクライナの紛争は膠着状態に陥り、夏までに何らかの停戦が成立すると予測している。

ドムレーゼ氏は日曜日にドイツのメディアグループFunkeの新聞に「初夏には膠着状態になると思う」と述べ、その頃には双方とも戦闘を続けることは「もはや何の意味もない」と感じるだろう、と主張した。

2月から5月の間に、双方が「行き詰まっている」ことに気づくだろう、と元将軍は述べ、これが停戦交渉開始のタイミングになるだろうと付け加えた。 

「2023年頃には停戦になるだろう」とドムレーゼ氏は予想し、それが直ちに永続的な平和を意味するものではないことに注意を促した。「停戦の意味は我々が射撃を止めることだ。しかし、交渉には「長い時間がかかるだろう」と述べた。

紛争の現状について、ドムレーゼ氏は、ロシアは「より多くの戦車とミサイル」を持っているという利点がある一方、キエフは西側の武器供給に「絶対的に依存している」と述べた。「たとえ西側が戦車や大砲などの重火器を供給したとしても、ウクライナが(ロシア領を)完全に取り戻すとは私には考えにくい」と付け加えた。

昨年2月にロシアがウクライナで軍事行動を開始して以来、ドイツは他の西側諸国とともに、ウクライナに武器を供給してきた。しかし、ショルツ首相はキエフにレオパード2戦車を提供することに消極的で、他の国はまだこのような最新兵器を送っていないため、ドイツが道を切り開くべきでないとしている。

同将軍は、「もし我々が真剣に責任を負うのであれば、キエフの備蓄が枯渇する前に重火器を提供しなければならない」と主張した。なぜなら、政府の決定からウクライナの現場にレオパード2戦車を投入するまでには、1ヶ月以上かかる可能性があるからである。

「ウクライナは最後の戦車を失い、補給が必要になる。そして、ある時点で停戦となり、ウクライナはさらなる支援と武器を必要とする」とドムレーゼ氏は述べた。 「レオパルド戦車を保有するヨーロッパ諸国は、今こそ有志連合を結成し、協調して物資を提供する時だ」と述べた。

モスクワは、欧米のウクライナへの武器供与は紛争を長引かせるだけだと一貫して主張してきた。また、NATO加盟国が敵対行為への関与を強めており、NATOとロシアとの全面的な軍事衝突につながる可能性があると警告している。

同将軍は、紛争を終わらせる唯一の方法は双方に受け入れられる交渉による合意であることを認め、ゼレンスキー氏がキエフのクリミア即時統合の要求を放棄し、代わりに50年の「移行期間」に合意することが解決策となる可能性を示唆した。

しかし、クレムリンは以前、このような提案を非主流派と呼び、ウクライナが平和を望むなら「新しい現実」を考慮すべきだと主張した。これは、キエフのクーデター後の2014年にクリミアがロシアへの加盟に投票したのに続き、昨秋にも旧ウクライナの4地域が同調したことを指す。

・・・NATOが重火器の支援を続けるならば、戦闘はやまないでしょう。ウクライナが戦闘能力を失い、停戦に至るよりもNATOとの戦いが強まる恐れが強いです。

German MP warns against ‘unimaginable escalation’
Berlin will continue to support Kiev but will not risk becoming a party to the conflict with Russia, a lawmaker has said

Berlin has no plans to send modern Western-made tanks to Ukraine, as the risks involved are too high, a German lawmaker said on Monday. Such a move could make NATO a direct party to the conflict between Moscow and Kiev and lead to an escalation, Michael Mueller told Germany’s ARD broadcaster.

Berlin will continue to refrain from any “ill-considered unilateral moves,” Mueller, who is a member of the German Bundestag’s Foreign Policy Committee, told ARD’s Morganmagazin show.

“We would only deliver such weapons in coordination with our NATO partners,” he said, adding that the military bloc wants to avoid becoming a direct party to the Russia-Ukraine conflict.

“That would be in the interests of all of us… If NATO became a direct war party against Russia, it would be an escalation that none of us want to imagine,” Mueller, a member of Chancellor Olaf Scholz’s Social Democratic Party (SPD), warned.

No other nations who possess “comparable” military hardware – including the US and France – have supplied them to Ukraine, Mueller pointed out, adding that those countries appear to share Germany’s concerns.

The lawmaker also said that dialogue with Russia should be maintained. “There should always be an offer to talk,” he argued, criticizing his party’s coalition partners – the Greens and the Free Democrats – for failing to understand that.

Mueller said Chancellor Scholz is now the only leader who continues to seek such contacts, adding that the Foreign Ministry should also look for options for dialogue.

Scholz has previously repeatedly said that resolving the conflict between Russia and Ukraine would be much harder without dialogue with Moscow. Foreign Minister Annalena Baerbock, on the contrary, has taken a staunch anti-Russia position, vowing to ramp up sanctions against Moscow and stating that “normal relations” with the Kremlin are out of the question.
ドイツ議員、「想像を絶するエスカレーション」に警鐘
ベルリンはキエフを支援し続けるが、ロシアとの紛争の当事者になるリスクは冒さないと、ある議員が発言した。

ベルリンには、ウクライナに西洋製の近代的な戦車を送る計画はない。このような動きは、NATOをモスクワとキエフの紛争の直接の当事者とし、エスカレートにつながる可能性があると、ミヒャエル・ミューラー氏はドイツのARD放送局に対して述べている。

ドイツ連邦議会の外交政策委員会のメンバーであるミューラー氏は、ARDのモルガンマガジンの番組で、「ベルリンは、いかなる『無分別な単独行動』も慎み続けるだろう」と語った。

「NATOのパートナーと協調してのみ、そのような兵器を提供するだろう」と述べ、軍事ブロックNATOがロシアとウクライナの紛争の直接の当事者になることを避けたい思っていると付け加えた。

「NATOがロシアとの直接の戦争当事者になれば、誰も想像したくないエスカレーションになるだろう」と、オラフ・ショルツ首相率いる社会民主党(SPD)のメンバーであるミューラー氏は警鐘を鳴らした。

米国やフランスなど「同等の」軍備を持つ国々がウクライナに軍備を提供したことはないとミューラー氏は指摘し、これらの国々がドイツの懸念を共有しているように見えると付け加えた。

同議員はまた、ロシアとの対話は維持されるべきであると述べた。「常に対話の申し出があるべきだ」と主張し、同党の連立パートナーである緑の党と自由民主党がそのことを理解していないと批判した。

ミューラー氏は、そのような接触を求め続けている指導者は今やショルツ首相だけだとし、外務省も対話の選択肢を探すべきだ、と付け加えた。

ショルツ首相は以前から、ロシアとウクライナの紛争解決はモスクワとの対話なしにははるかに困難であると繰り返し述べている。これに対し、アナレナ・バーボック外相は反ロシアの立場を堅持し、モスクワに対する制裁の強化を公言し、クレムリンとの「正常な関係」は問題外であると述べている。
posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月02日

キエフで日本人カメラマンが負傷

posted by ZUKUNASHI at 23:08| Comment(0) | ウクライナ

2023年01月01日

ロシアがキエフで外国顧問がいる構造物を攻撃







約束通り、大晦日から新年にかけて、ロシアはウクライナを隅々まで叩きのめしてきた。キエフのほか、ハリコフ、ジトーミル、フメルニツキー、テルノピル、ケルソン、ビニツィア、リヴィウ、オデッサ、ニコラエフ、クラマトスクなどが無慈悲な打撃を受けている。キエフでは当初、少なくとも10回の爆発があり、そのほとんどが市の中心部で、人気のあるホテルが攻撃された。ウクライナの情報では、そのホテルにはNATO/西側軍事顧問団が滞在していた。この攻撃は、プーチンがロシアが破壊すると宣言したパトリオットミサイルのウクライナへの移送を控え、ロシアから西側への強いメッセージであると多くの人が言っている。プーチンは、「パトリオットシステムは時代遅れだ。しかし、もし送られてきたら、100%破壊すると確信している。"と述べた。ウクライナの複数の情報筋によると、このホテルには、ウクライナへのパトリオットシステムの輸送と設置を調整するためにキエフにいたアメリカ人も宿泊していた可能性があるとのことです。ロシアは彼らの居場所と任務について何らかの情報を持っていたため、強いメッセージを送ることにしたと関係者は述べています。

posted by ZUKUNASHI at 23:21| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月31日

Bakhmut は全滅の包囲戦に発展した



バフムートからは離れていますが、ノボセスカヤ村でウクライナのタンク乗員が内側からSOS信号を発して降伏の動きだそうです。

Ukrainian tankers, who have been trapped outside in their own tanks, slowly drive to surrender by turning away their guns and then tapping out an SOS signal on their armour from inside, a Russian special forces scout of the Western Military District in the village of Novoselovskaya LNR said.



American instructor reveals Ukrainian frontline death rates
Mozart Group says dire media reports about the situation in Artyomovsk/Bakhmut are true
The Ukrainian military is taking massive casualties in the battle for Artyomovsk (known as Bakhmut by Kiev), which is the lynchpin of the Donetsk frontline, the US Mozart Group has revealed to Newsweek.

The retired Marine who heads the group, which claims charity status but also trains Ukraine’s military, alleges that some units are seeing casualty rates of 70% and more.

With the Ukrainian military tightly controlling media access to the front, Mozart is notable for regularly posting photos and videos of what is going on, “which is an absolute annihilation of Ukrainian frontline towns to an extent that I have not seen in the media,” Andrew Milburn, who was a colonel in the US Marines, told the magazine.

“Bakhmut is like Dresden, and the countryside looks like Passchendaele,” he said, in reference to a German city destroyed by Allied bombing in WWII and an infamous mud-soaked WWI battlefield, respectively. 

It's just a horrible and miserable place.

The few references to Artyomovsk in Ukrainian media, both legacy and social, have described the battle as a “meat grinder” with many dead and wounded, though official casualty figures have not been released.

The Russian Defense Ministry has not posted detailed claims of Ukrainian casualties in Artyomovsk, but has reported on advances both north and south of the city, threatening its encirclement.

Ukrainian units training with Mozart “have been taking extraordinarily high casualties,” Milburn told Newsweek. “The numbers you are reading in the media about 70 percent and above casualties being routine are not exaggerated.”

Ukrainians are struggling to get new recruits into the line to replace the losses, Milburn admitted, noting that about 80% of the people sent to Mozart for training have never fired a weapon before.

While admitting Mozart is giving Ukrainian troops combat training, Milburn insists his “volunteers” have a “higher emotional intelligence” and don’t actually engage in the fighting. Mozart is a registered tax-free charity “that's doing mostly humanitarian work,” he told Newsweek. Their name is a deliberate counterpoint to the Russian Wagner Group, a private military company heavily involved in the fighting around Bakhmut.

米国人インストラクターがウクライナの前線での死亡率を暴露
モーツァルト・グループ、アルチョモフスク/バフムートの状況について悲惨なメディア報道は事実であると発表
ドネツク前線の要であるアルチョモフスク(キエフではバフムートと呼ばれている)の戦いで、ウクライナ軍が大量の死傷者を出していることを、米モーツァルト・グループがニューズウィーク誌に明らかにした。

慈善団体を標榜しながらウクライナ軍を訓練している同団体を率いる退役海兵隊員は、一部の部隊では死傷率が70%以上になっていると主張する。

ウクライナ軍が前線へのメディアアクセスを厳しく規制する中、モーツァルトは定期的に写真や動画を投稿しており、「メディアでは見たことがないほど、ウクライナの前線の町が完全に消滅している」と、米海兵隊の大佐であったAndrew Milburnは同誌に語っている。

「バフムートはドレスデンのようであり、田舎はパシェンデールのようだ」と、第二次世界大戦で連合軍の爆撃によって破壊されたドイツの都市と、悪名高い泥まみれの第一次大戦の戦場をそれぞれ引き合いに出して、彼は言った。 

「とにかく恐ろしくて悲惨な場所なんだ」。

ウクライナのメディアでは、アルチョモフスクの戦いは「肉挽き器」であり、多くの死傷者が出たと書かれているが、公式な死傷者数は発表されていない。

ロシア国防省は、アルチョモフスクのウクライナ人犠牲者の詳細な主張を掲載していないが、同市の北と南の両方が前進し、包囲の範囲を脅かしていると報告している。

モーツァルトで訓練しているウクライナの部隊は、「非常に多くの犠牲者を出している」とミルバーンはニューズウィーク誌に語っている。"メディアで読まれている70%以上の死傷者が日常的に出ているという数字は誇張ではありません。"

ウクライナ人は、損失を補うために新しい新人を戦線に送り込むのに苦労しているとミルバーンは認め、訓練のためにモーツァルトに送られた人々の約80%は、これまで武器を撃ったことがないと指摘した。

モーツァルトがウクライナ軍に戦闘訓練をしていることは認めながらも、ミルバーン氏は彼の「ボランティア」は「より高い感情的知能」を持ち、実際に戦闘に参加することはないと主張している。モーツァルトは非課税の登録慈善団体で、「主に人道的な活動をしている」と彼はニューズウィークに語った。彼らの名前は、バクムート周辺の戦闘に深く関与している民間軍事会社であるロシアのワーグナー・グループと意図的に対置しているのだ。


Bakhmut 周辺のウクライナの防御は、ゆっくりと、しかし確実に崩壊し始めています。私は元日までにバフムートが解放され、その後すぐにソレダーも解放されると信じています。彼らが解放されると、ドンバスの最後から 2 番目の UKR 防衛線が崩壊します。



ロシア人がその境界の包囲を完了しようとしているときに、バフムート周辺の森に閉じ込められた、ひどくパニックに陥った西側および外国の傭兵のリークされたビデオ. #WARisHELL
posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月30日

熱探知ドローンを使った夜間攻撃

DPR軍は、Avdiivka戦線付近で前線補給を試みるウクライナ軍に対し、サーモバリックKornet ATGMと砲撃で攻撃した。
熱探知ドローンの使用は、敵の位置を特定し、被害評価を行う上で非常に有効である。

・・・夜間の補給すらもこのように止められれば、戦闘継続はできません。熱探知ドローンのカメラはどこが供給しているのでしょう。かなり鮮明な画像です。
posted by ZUKUNASHI at 11:01| Comment(0) | ウクライナ

日本企業、ロシア海域の船舶保険停止は先延ばしへ-メディア

Japanese firms to halt ship insurance for Russian waters – media
The decision could impact Tokyo’s oil and gas imports
Three Japanese companies will stop providing insurance services for war damage to vessels in Russian waters, the Nikkei news outlet reports on Friday, citing unnamed sources.

The decision was reportedly prompted by reinsurance companies refusing to take on risks related to the military operation in Ukraine, launched by Moscow in February.

Tokio Marine & Nichido Fire Insurance, Sompo Japan Insurance and Mitsui Sumitomo Insurance have reportedly started notifying ship owners of plans to stop providing coverage for war damage anywhere in Russian waters, including the country’s Far East, which is thousands of kilometres from the conflict zone. The measure comes into effect on January 1.

Before sailing through Ukrainian or Russian waters, ship owners are currently obliged to sign up for extra war damage insurance. Providers have to be notified in advance to follow up on terms for payouts and premiums. Starting next year, ship owners will no longer have that option from the three Japanese firms.

According to the newspaper, Japanese imports of liquefied natural gas from Russia’s Sakhalin-2 project and elsewhere could be affected by the inability to secure coverage, resulting from the decision.

In September, the Group of Seven nations agreed to impose a price ceiling on exports of Russian sea-borne oil, as part of Ukraine-related sanctions. In early December, the limit was agreed upon by the G7 countries, the European Union and Australia at $60 per barrel. Under the decision, marine insurance and other services for ships are prohibited when transporting oil purchased above the set threshold. In response, Moscow pledged to ban oil sales under contracts that specify a price ceiling.

Tokyo has supported the price limitation, calling it an effective tool for reducing Russian energy revenue. At the same time, Masahiro Okafuji, the head of the Itochu company, which participates in the Sakhalin-1 project via the Sodeco consortium, said in November that Japan was not able to survive without oil and gas imports from Russia.

Japanese companies announced plans to maintain participation in the Sakhalin-1 and Sakhalin-2 gas projects after the anti-Russia sanctions were imposed, and President Vladimir Putin gave orders to transfer the project, which was previously managed by US oil giant ExxonMobil, to a domestic entity.
日本企業、ロシア海域の船舶保険停止へ-メディア
この決定は東京の石油・ガス輸入に影響を与える可能性がある
日本経済新聞は、日本企業3社がロシア海域での船舶の戦争被害に対する保険サービスの提供を停止すると、匿名の情報筋を引用して、金曜日に報じた。

この決定は、モスクワが2月に開始したウクライナでの軍事作戦に関連するリスクを引き受けることを再保険会社が拒否したためと言われている。

東京海上日動火災保険、損保ジャパン、三井住友海上火災保険は、紛争地域から数千キロ離れた極東ロシア海域を含むロシア海域での戦争被害への補償提供を停止する計画を船主に通知し始めたと報じられている。この措置は1月1日に発効する。

現在、ウクライナやロシアの海域を航行する前に、船主は追加の戦争損害保険に加入することが義務付けられている。プロバイダーには事前に通知し、支払い条件や保険料についてフォローアップする必要がある。来年からは、船主は日本の3社からそのオプションを受けることができなくなる。

同紙によると、ロシアのサハリン2プロジェクトなどからの液化天然ガスの日本の輸入は、この決定によって保険が確保できなくなり、影響を受ける可能性があるという。

9月には、ウクライナ関連の制裁の一環として、ロシアの海産原油の輸出に価格上限を設けることで七カ国が合意した。12月上旬には、G7諸国と欧州連合、オーストラリアが1バレルあたり60ドルで制限を合意した。この決定により、設定された基準値を超えて購入した原油を輸送する場合、船舶に対する海上保険などのサービスが禁止されることになった。これに対し、モスクワは価格上限を定めた契約による石油販売の禁止を約束した。

東京は、価格制限をロシアのエネルギー収入を減らす有効な手段だとして支持している。一方、ソデコ社経由でサハリン1プロジェクトに参加している伊藤忠商事の岡藤正広代表は、11月に「日本はロシアからの石油・ガス輸入なしでは生きていけない」と発言した。

反ロシア制裁が発動され、プーチン大統領が米国の石油大手エクソンモービルが管理していたサハリン1、サハリン2ガスプロジェクトを国内企業に移管する指示を出した後も、日本企業は参加を維持する方針を表明していた。

「船舶戦争保険」当面継続へ サハリン2のLNG調達には課題残る
こうした中、再保険の確保に向けて損保業界で交渉を進めた結果、年明け以降、来年3月までは、保険の提供を継続できる見通しだということです。

ただ、再保険会社が引き受けられる補償額はこれまでよりも少なく、来年4月以降の再保険の提供も不透明だということで、将来にわたって、保険で補償を提供する仕組みを継続して「サハリン2」から安定的にLNGを調達できるかが課題となります。
posted by ZUKUNASHI at 08:17| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月29日

ポーランドが兵役年齢の男性を召集開始

posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月28日

オデッサで行われたナチスの犯罪行為の証言


https://twitter.com/Kumi_japonesa/status/1607988073362780162
posted by ZUKUNASHI at 21:04| Comment(0) | ウクライナ

ロシア、ウクライナについてサイバー兵器警告を発出

Russia issues cyberweapon warning about Ukraine
The threats posed by Kiev's influence are "universal", a senior diplomat has claimed
Ukraine poses a global challenge to the international community, as the country is being used by NATO as a vehicle for the uncontrolled distribution of cyberweapons, Russian Deputy Foreign Minister Oleg Syromolotov said on Wednesday.

Speaking to RIA Novosti, Syromolotov stated that the “threats posed by Ukraine in the information space are of a universal nature.”

He went on to say that the US-led military bloc “is essentially distributing digital weapons in an uncontrolled fashion” via Ukraine.

These activities could trigger “unpredictable consequences for all members of the international community,” the deputy foreign minister warned. “Today, it is Russia which is in the crosshairs, and tomorrow it may be any other state that Washington dislikes.”

Syromolotov did not elaborate on the type of weapons he meant, but noted that after Russia began its military operation in the neighboring state in late February, it faced “unprecedented external aggression in the information space,” with the number of cyber-attacks on Russia increasing by as much as 80%. Earlier, he claimed that these attacks mostly come from the EU and North America.

In October, Syromolotov accused the US Department of Defense and National Security Agency (NSA) of encouraging “Russophobia” among international hackers, while leveraging the private sector, including Microsoft, to “implement their aggressive plans.” The US-based company has committed more than $400 million in support of Kiev.

In early August, the official also claimed that the US and their allies had admitted to creating a volunteer “IT-army of Ukraine” to attack Russian infrastructure. This came after General Paul Nakasone, the head of US Cyber Command, confirmed that Washington had “conducted a series of operations” in support of Kiev, including offensive, defensive, and information operations.

In September, the Washington Post revealed that the US had developed a network of fake social media accounts to conduct psychological and information warfare and spread pro-Western narratives. It allegedly deployed hundreds of accounts over the past five years, to advance “anti-Russia narratives.”

ロシア、ウクライナについてサイバー兵器警告を発出
キエフの影響力がもたらす脅威は「世界共通」であると外交官幹部が主張
ロシアのオレグ・シロモロトフ外務副大臣が水曜日に語ったところによると、ウクライナはNATOによってサイバー兵器の無秩序な配布のための手段として利用されており、国際社会に対してグローバルな課題を突きつけているとのことです。

RIA Novostiの取材に対し、Syromolotov氏は、「情報空間においてウクライナがもたらす脅威は普遍的なものである」と述べました。

さらに、米国主導の軍事ブロックは、ウクライナ経由で「基本的に無秩序にデジタル兵器を配布している」と述べました。

これらの活動は、「国際社会のすべてのメンバーに予測できない結果をもたらす」可能性があると、外務副大臣は警告した。「今日はロシアが標的にされているが、明日はワシントンが嫌っている他の国が標的になるかもしれない」。

シロモロトフ氏は、どのような兵器を指しているのか詳しくは述べなかったが、ロシアが2月末に隣国での軍事作戦を開始した後、ロシアに対するサイバー攻撃が8割も増加し、「情報空間における前例のない外部侵略」に直面したと指摘した。これに先立ち、これらの攻撃の多くはEUと北米からだと主張している。

10月、シロモロトフ氏は、米国防総省と国家安全保障局(NSA)が国際的なハッカーの間で「ロシア恐怖症」を助長し、マイクロソフトなどの民間企業を活用して「攻撃的な計画を実行」していると非難しました。米国に本拠を置く同社は、キエフへの支援に4億ドル以上を投じている。

8月上旬には、米国とその同盟国が、ロシアのインフラを攻撃するためのボランティア「ウクライナのIT軍」を創設したことを認めたとも主張していた。これは、米国サイバー司令部の責任者であるポール・ナカソネ将軍が、キエフを支援するために、攻撃、防御、情報作戦など「一連の作戦を行った」ことを確認した後のことである。

9月、ワシントン・ポスト紙は、米国が心理戦と情報戦を行い、親欧米の物語を広めるために、ソーシャルメディアの偽アカウントのネットワークを構築していたことを明らかにした。過去5年間に数百のアカウントを展開し、"反ロシアのシナリオ "を推進したとされています。

UK commentator's Twitter blanked after mystery hack
Profanities aimed at the British royal family were posted on Piers Morgan’s account under someone else’s control
British media personality Piers Morgan’s official Twitter account has been blanked after hackers, calling themselves the “chuckling squad,” spent over an hour posting obscenities from the handle on Tuesday.

Posting under Morgan’s account – which was renamed several times, to “lol” and “PIERS C**T” among other aliases – the hackers lobbed profanities at the British royal family (“f**k the queen”), former PM Boris Johnson (“get a f**king haircut you ugly bum”) and pop star Ed Sheeran (“you ginger f**ker”).

Some messages appeared to suggest the hackers hailed from Somalia, while in others they teased followers with the possibility of revealing Morgan’s private DMs with celebrities. One post erroneously claimed social media influencer Andrew Tate had been “found shot dead in Dubai.”

Their handiwork was finally scrubbed about an hour after the account was taken over, and Morgan’s TV show account ‘Piers Morgan Uncensored’ informed Twitter CEO Elon Musk that its host had been hacked. “Any chance of getting him back, @elonmusk?” the account asked.

Morgan reportedly became the highest-paid journalist in the UK in January upon signing a £50 million deal with News Corp’s Rupert Murdoch to write columns for the New York Post and The Sun, and anchor his show ‘Uncensored’ on TalkTV.

The commentator is no stranger to controversy, regularly lashing out at high-profile figures like Prince Harry and Meghan Markle, whose recent Netflix documentary he referred to as a “whine-a-thon,” and polarizing his audience with his rigid stance on Covid-19 regulations.
英国コメンテーターのTwitterが謎のハッキングで空白に
英国王室を狙った卑猥な言葉が、何者かに操られたピアーズ・モーガンのアカウントに投稿されていた
イギリスのメディアタレントであるピアーズ・モーガンの公式Twitterアカウントが、"chuckling squad "と名乗るハッカーが火曜日に1時間以上かけてハンドルネームから卑猥な言葉を投稿した後、空白になったそうです。

モーガンのアカウントは何度も改名され、「lol」や「PIERS C**T」などの別名を持つが、ハッカーたちは英国王室(「f**k the queen」)、ボリス・ジョンソン前首相(「get a f**king haircut you ugly bum」)、ポップスターのエド・シーラン(「You ginger f**ker」)に下ネタを浴びせたという。

ハッカーがソマリア出身であることを示唆するメッセージもあれば、モーガンの有名人とのプライベートなDMを暴露する可能性があるとフォロワーをからかうものもあった。ある投稿では、ソーシャルメディアのインフルエンサー、アンドリュー・テイトが「ドバイで射殺体で発見された」と誤って伝えていた。

彼らの手口は、アカウントが乗っ取られた約1時間後にようやく洗浄され、モーガンのテレビ番組アカウント「ピアース・モーガン・アンセンサー」は、TwitterのCEOイーロン・マスクに、そのホストがハッキングされたことを知らせました。"彼を取り戻すチャンスはありますか、@elonmusk? "と同アカウントは尋ねた。

モーガンは1月、News Corpのルパート・マードックと5000万ポンドの契約を結び、New York PostとThe Sunにコラムを書き、TalkTVの番組「Uncensored」のキャスターを務め、イギリスで最も稼いだジャーナリストとなったと伝えられている。

ハリー王子とメーガン・マークルのような有名人には定期的に暴言を吐き、最近出演したNetflixのドキュメンタリー番組を「泣き言大会」と呼んだり、Covid-19規制に対する厳格な姿勢で視聴者を分断するなど、このコメンテーターは論争に慣れているわけではありません。
posted by ZUKUNASHI at 18:21| Comment(0) | ウクライナ