ウクライナ: ずくなしの冷や水

2022年09月22日

ロシアの部分的な動員に対する米国と同盟国の反応

US and allies react to Russia’s partial mobilization
The US ambassador to Ukraine branded it a sign of weakness, while German vice-chancellor said it’s a “misguided step”
The US and its European allies have reiterated their commitment to supporting Ukraine, in response to the announcement in Russia of a partial mobilization.

“Sham referenda and mobilization are signs of weakness, of Russian failure,” US ambassador to Ukraine Bridget Brink wrote on Twitter on Wednesday.

She insisted that Washington “will never recognize Russia’s claim to purportedly annexed Ukrainian territory,” referring to the planned votes on joining Russia to be held in Donbass, Zaporozhye and Kherson regions between September 23 and 27. In his earlier speech, Russia’s President Vladimir Putin pledged to support the referendums in terms of security and said Moscow would respect whatever outcomes they produce.

“We will continue to stand with Ukraine for as long as it takes,” Brink promised.

British ambassador to Ukraine Melinda Simmons came up with an almost identical tweet on the issue, claiming that Russia’s President Vladimir Putin “still refuses to understand Ukraine. Partial mobilization and sham referenda don’t change that essential weakness.”

One of the key members of the German government Robert Habeck, who is both vice chancellor and economy minister, described Moscow’s partial mobilization as “another bad and misguided step” by the country.

Habeck also vowed that Berlin will continue to support Kiev in its conflict with Moscow.

President Putin announced the partial mobilization earlier on Wednesday, insisting that it was a sensible and necessary move, as Russia was up against “the entire Western military machine” in Ukraine.

Those recruited would be provided additional training, along with all the benefits due to persons involved in active duty, he said.

Defense Minister Sergey Shoigu later clarified that some 300,000 reservists, or just over 1% of Russia’s full mobilization potential, are designated to be called to arms.

The US, EU, the UK and some other countries have been actively supporting Ukraine during the fighting, providing Kiev with weapons, including multiple rocket launch systems, armored vehicles and drones, as well as sharing intelligence and sending billions of dollars in financial aid to the government of Vladimir Zelensky.

Several thousand foreign mercenaries have also been involved in the conflict on Kiev’s side. Minister Shoigu said on Wednesday that more that 2,000 of them have been killed, with another 1,000 soldiers of fortune remaining in the ranks of the Ukrainian military.

駐ウクライナ米大使は "弱さの表れ"、独副首相は "誤った一歩 "と指摘
米国と欧州の同盟国は、ロシアでの部分的な動員の発表を受けて、ウクライナを支援することを改めて表明した。

ブリジット・ブリンク駐ウクライナ米国大使は、水曜日にツイッターで、「恥ずべき住民投票と動員は、弱さとロシアの失敗の兆候である」と書き込んだ。

ブリンク大使は、ドンバス、ザポロージエ、ケルソンで9月23日から27日にかけて行われる予定のロシアへの加盟に関する投票について、「ロシアがウクライナの領土を併合したという主張を認めることは決してない」と主張した。ロシアのプーチン大統領は先の演説で、安全保障の観点から住民投票を支援することを約束し、どのような結果が出ようともモスクワは尊重すると述べた。

ブリンクは「我々は必要な限り、ウクライナに寄り添い続ける」と約束した。

メリンダ・シモンズ駐ウクライナ英国大使は、この問題に関してほぼ同じツイートを思いつき、ロシアのウラジミール・プーチン大統領について「いまだにウクライナを理解しようとしない」と主張した。部分的な動員や見せかけの国民投票では、その本質的な弱点は変わらない。"

ドイツ政府の主要メンバーの一人で、副首相兼経済相のロバート・ハーベック氏は、モスクワの部分動員を「また悪い、見当違いのステップ」と表現した。

また、ハーベックは、モスクワと対立しているキエフを引き続き支援することを誓った。

プーチン大統領は2日未明、部分的な動員を発表し、ロシアがウクライナで「西側の全軍事機構」に直面していることから、賢明かつ必要な動きであると主張した。

プーチン大統領は、動員された兵士には追加訓練が提供され、現役の兵士に与えられるすべての手当も提供されると述べた。

国防相のセルゲイ・ショイグ氏はその後、ロシアの全動員数の1%強にあたる約30万人の予備役が招集される予定であると明かした。

米国、EU、英国、その他一部の国は、戦闘中のウクライナを積極的に支援しており、キエフに複数のロケット発射システム、装甲車、ドローンなどの武器を提供するとともに、情報を共有し、ウラジミール・ゼレンスキー政権に数十億ドルの財政支援を送っている。

また、数千人の外国人傭兵がキエフ側の紛争に関与している。ショイグ大臣が水曜日に語ったところによると、そのうち2000人以上が死亡し、さらに1000人の幸運の兵士がウクライナ軍の隊列に残っているとのことである。
posted by ZUKUNASHI at 00:12| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月21日

カラチュノフスキー貯水池のダム



イグレット川は地図の丸印からくねくねと曲がりながらヘルソンでドニプロ川に注ぎます。ロシア軍はこの川の渡河を妨害するために水嵩を増やし、浮橋が使えないようにしたのです。ダムの放水口の上部を破壊しています。戦闘機で8発のミサイルを発射し、油圧構造物を壊したとされています。コンクリートの構造物は破壊しなかったんですね。ある程度ダムの水位が下がればおのずと放水は止まります。ロシア軍はやることが細かいです。

posted by ZUKUNASHI at 21:39| Comment(0) | ウクライナ

2022/9/21プーチン演説

Russia to begin partial mobilization – Putin
The measure will apply to members of the reserve forces and those with military experience
Russian President Vladimir Putin announced a partial military mobilization during an address to the nation on Wednesday morning. He said the Defense Ministry had recommended drawing military reservists into active service as the country faces a protracted conflict in Ukraine and Donbass.

The measure is sensible and necessary under the circumstances, Putin said, considering that Russia is fighting “the entire Western military machine” in Ukraine. He has already signed an order for the call-up to start immediately.

The move will see the armed forces draw on military reservists only, and those who have completed national service, the president added. He promised that they would be provided with additional training, along with all the benefits due to people involved in active duty.

Defense Minister Sergey Shoigu revealed some details about the mobilization in a separate statement on Wednesday. He said the ministry wanted to call to arms some 300,000 reservists, or just over 1% of Russia’s full mobilization potential.

Putin has accused Kiev of backing away from peace talks with Moscow, which he said it had done on the instructions of its Western backers. Instead, the Ukrainian government has doubled down on military action, he said.

“After certain compromises [with Moscow] were reached, Kiev received a de facto direct order to derail all agreements. More weapons were pumped into Ukraine. The Kiev regime deployed more gangs of international mercenaries and nationalists, military units trained to NATO standards and under de facto command of Western advisers,” Putin said.

Russian forces sent to Ukraine in February have secured a large portion of territory claimed by the Donetsk and Lugansk People’s Republics, as well as parts of Ukraine, he said. The resulting front line stretches over 1,000km, the president pointed out.

He warned the US and its allies against ramping up pressure on Moscow. Western nations are openly pursuing a military defeat of Russia, seeking to push the country into insignificance and to loot its natural wealth, he stated.

“Parts of Western elites use every effort to preserve their dominance. That is why they try to block and suppress any sovereign centers of development, so that they can continue to brutally force their will on other nations and peoples, to impose their pseudo-values,” he explained. “Their goal is to weaken, disunite and ultimately destroy our nation.”

Some senior officials in NATO states have even suggested that using tactical nuclear weapons against Russian troops would be justified, according to Putin. The president stressed that Moscow would not hesitate to retaliate to such an attack with its own nuclear weapons.

If the territorial integrity of our nation is threatened, we will certainly use all the means that we have to defend Russia and our people.

Putin also commented on the upcoming referendums in the two Donbass republics and two regions of Ukraine currently controlled to a large extent by Russian troops. The four entities are putting to a general vote a proposal to ask Moscow to accept them as new parts of the Russian Federation, with polling scheduled to start on Friday.

The Russian leader pledged to support the plebiscites in terms of security and said his government would respect whatever outcomes they produce. Russia’s goal is to protect civilians from the Ukrainian government, which had escalated the persecution of its opponents at home and had been using terrorist tactics against people living in Russia-controlled lands, Putin said.
この措置は、予備軍メンバーや軍隊経験者にも適用されます
ロシアのプーチン大統領は2日午前、国民向けの演説で軍の一部動員を発表した。プーチン大統領は、ウクライナとドンバスでの紛争が長引く中、国防省が予備役軍を現役に引き入れるよう勧告したことを明らかにした。

プーチンは、ロシアがウクライナで「西側の軍事組織全体」と戦っていることを考えると、この措置は賢明であり、この状況下では必要であると述べた。プーチン大統領はすでに、召集を直ちに開始する命令に署名している。

この措置により、軍隊は予備役と国家公務員を終了した者だけを集めることになる、と大統領は付け加えた。大統領は、予備役には追加訓練を提供し、現役の兵士に与えられるすべての利益を提供すると約束した。

セルゲイ・ショイグ国防相は2日、別の声明で動員に関する詳細を明らかにした。国防省は、ロシアの全動員可能人数の1%強にあたる約30万人の予備兵を招集したいとしている。

プーチンは、キエフがモスクワとの和平交渉から手を引いたと非難している。キエフは、西側支援者の指示で和平交渉を行ったと述べた。その代わりに、ウクライナ政府は軍事行動を倍加させたと彼は言った。

「モスクワとの)一定の妥協が成立した後、キエフは事実上、すべての合意を頓挫させるよう直接命令を受けた。さらに多くの武器がウクライナに投入された。キエフ政権は、国際的な傭兵や民族主義者、NATOの基準で訓練された軍隊、西側顧問の事実上の指揮下にあるギャングをさらに配置した」とプーチン大統領は述べた。

2月にウクライナに派遣されたロシア軍は、ドネツクおよびルガンスク人民共和国とウクライナの一部が主張する領土の大部分を確保した、と彼は言った。その結果、前線は1,000km以上に及んでいると大統領は指摘した。

大統領は、米国とその同盟国がモスクワへの圧力を強化しないよう警告した。西側諸国は公然とロシアの軍事的敗北を追求し、ロシアを無価値に追いやり、その天然資源を略奪しようとしている、と彼は言った。

「西側エリートの一部は、自分たちの支配力を維持するためにあらゆる努力を払っている。そのため、彼らは、自分たちの意思を他の国や民族に残酷に押し付け続け、自分たちの似非価値観を押し付けることができるように、あらゆる主権的な発展の中心を阻止し、抑圧しようとするのだ」と説明した。「彼らの目標は、我が国を弱体化させ、分裂させ、最終的には破壊することだ。

プーチンによると、NATO諸国の高官の中には、ロシア軍に対する戦術核兵器の使用が正当化されると示唆する者さえいる。大統領は、このような攻撃に対しては、モスクワは自国の核兵器で報復することをためらわないと強調した。

もし我が国の領土保全が脅かされた場合、我々はロシアと国民を守るためにあらゆる手段を確実に用いるだろう。

プーチンはまた、現在ロシア軍が大規模に支配しているウクライナのドンバス2共和国と2つの地域で実施される住民投票についてもコメントした。この4つの地域は、ロシア連邦の新しい部分として受け入れることをモスクワに求める提案の一般投票にかけられ、金曜日から投票が行われる予定です。

ロシアの指導者は、安全保障の観点から国民投票を支援することを約束し、政府は国民投票の結果がどのようなものであっても尊重する、と述べた。ロシアの目的は、ウクライナ政府から市民を守ることだ。政府は国内で反対派への迫害をエスカレートさせ、ロシア支配下の土地に住む人々に対してテロ戦術をとっていた、とプーチン大統領は述べた。

・・・・

プーチンの演説内容は予想されたところと異なりません。
当面30万人の予備兵の動員です。

ウクライナと西側の動揺は大きいはずです。彼らの反応からうかがえます。今すぐ召集開始すれば9/27には一部現地に配置できるでしょう。そのうえで住民投票の結果を待つことになります。

住民投票の結果を踏まえてロシアへの帰属申請、受理承認プロセスを超スピードでやれば、その後のドンバスなどに対する攻撃はロシア本土に対する攻撃になります。

posted by ZUKUNASHI at 19:53| Comment(1) | ウクライナ

セルゲイ・ショイグ国防相

Moscow provides details on partial mobilization
A total of 300,000 reservists will be called up to fight in the Ukraine conflict, the Russian defense minister has said
Russia will call on 300,000 reservists to serve in the conflict with Ukraine, under a partial nationwide mobilization, Defense Minister Sergey Shoigu announced on Wednesday. He added that Moscow has considerable capacity in terms of personnel.

According to Shoigu, the mobilization will apply neither to university students, nor conscripts. The minister stressed that only those who have already served in the military will be called up.

“Those are not people who have never heard anything about the army. Those are those who, firstly, had completed their military service, secondly, those who have a military specialty… and have military experience,” he noted.

Shoigu also stressed that Russia possesses an immense mobilization capability and could summon almost 25 million people with some military experience. “So one could say that this partial mobilization is just 1%, or a bit more” of the total number of people that could be mobilized, he added.
READ MORE: Russia to begin partial mobilization – Putin

The defense minister noted that the line of contact between Moscow and Ukraine’s forces is more than 1,000 km long, and the mobilization would be used for defending it.

“It is natural that this line should be reinforced and those territories (held by Russia) should be controlled. Of course, this is the purpose of this work,” he said, referring to the mobilization effort.

Earlier on Wednesday, Russian President Vladimir Putin announced a partial military mobilization, describing the move as sensible and necessary due to the military campaign in Ukraine. He pledged that those who are called up will be provided with additional training and benefits.
ロシアはウクライナとの紛争に従事するため、全国的な部分的動員のもと、30万人の予備兵を召集すると、セルゲイ・ショイグ国防相が水曜日に発表しました。また、モスクワは人材面でかなりの能力を有していると付け加えた。

ショイグ氏によると、この動員は大学生や徴兵制には適用されないという。同大臣は、すでに兵役に就いている人たちだけが召集されると強調した。

「軍隊のことを何も知らない人たちではない。第一に兵役を終えた人、第二に軍事的な専門性を持っている人...そして軍事的な経験を持っている人たちです」と指摘した。

また、ロシアには膨大な動員力があり、軍事的経験のある2500万人近くを召集することができると強調した。「今回の部分的な動員は、動員可能な総人数のわずか1%か、もう少し多いと言える」とも述べた。

国防相は、モスクワとウクライナ軍の接触線は1000キロ以上あり、今回の動員はその防衛のために使われると指摘した。

「この線を強化し、(ロシアが保有する)領土を支配するのは当然だ。もちろん、これがこの作業の目的だ」と、動員作業について言及した。

これに先立ち、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナでの軍事作戦のため、軍の部分的な動員を発表し、この動きは賢明かつ必要なものであると説明した。プーチン大統領は、召集された者には追加訓練と手当が提供されると約束した。

Russia reveals military losses in Ukraine
A total of 5,937 Russian troops have died during the military operation, Defense Minister Sergey Shoigu says
The Russian military has lost almost 6,000 troops during the fighting in Ukraine, Defense Minister Sergey Shoigu said on Wednesday.

Fatalities on the Ukrainian side are ten times higher, with 61,207 Kiev troops killed, according to the minister.

It’s the first time that Russia announced its losses during the military operation since late March when the number of killed servicemen stood at 1,351, according to the defense ministry.

“Our losses to date are 5,937 dead,” Shoigu revealed.

He also praised the work of military medics, saying that 90% of the Russian troops who had been wounded during fighting were able to return to action after treatment.

“Initially, the Armed Forces of Ukraine amounted to between 201,000 and 202,000 people, and since then they have suffered losses of around 100,000, with 61,207 killed and 49,368 others wounded," he said.
READ MORE: Moscow provides details on partial mobilization

Shoigu added that Kiev has since mobilized hundreds of thousands more men into its forces.

The Russian forces and the militias of the People’s Republics of Donetsk and Lugansk have also eliminated more than 2,000 mercenaries fighting for Kiev, the minister said. Just over 1,000 foreigners currently remain in the ranks of the Ukrainian military, he added.
ロシア軍はウクライナでの戦闘で約6000人の兵士を失ったと、セルゲイ・ショイグ国防相が21日、明らかにした。

同大臣によると、ウクライナ側の死亡者数はその10倍で、キエフ軍の死亡者数は6万1207人に上る。

国防省によると、ロシアが軍事作戦中の損失を発表したのは、死亡した軍人の数が1351人に上った3月下旬以来となる。

ショイグ氏は「これまでの損失は5,937人だ」と明らかにした。

また、戦闘中に負傷したロシア軍の9割が治療後に復帰できたと述べ、軍の衛生兵の働きを称賛した。

「当初、ウクライナ軍は20万1000〜20万2000人だったが、その後、約10万人の損失を被り、死者6万1207人、負傷者4万9368人となった」と述べた。

さらに、キエフはその後、さらに数十万人を軍に動員していると付け加えた。

ロシア軍とドネツク、ルガンスク両人民共和国の民兵は、キエフのために戦う2000人以上の傭兵も排除したと、同大臣は述べた。現在、ウクライナ軍には1,000人強の外国人が残っていると、大臣は付け加えた。

posted by ZUKUNASHI at 19:07| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナ情勢切迫

ウクライナ情勢に関して同報メールを送信しました。










総動員はないと言っています。戒厳令が導入される地域がありうるとも言っています。


午後 7 時に、ロシア大統領#Putinが国民に向けて演説します。総動員 (150 万人の兵士) と#Donetsk 、 #Lugansk 、 #Kherson 、 #Zaporizhzhiaの旧ウクライナ地域の正式な併合を発表します。攻撃された場合、 #Russiaへの攻撃と見なされます。 .
posted by ZUKUNASHI at 14:15| Comment(0) | ウクライナ

特殊軍事作戦と本格的な戦争の違い


すぐにウクライナは特殊軍事作戦と本格的な戦争の違いを知るだろう
posted by ZUKUNASHI at 14:10| Comment(0) | ウクライナ

ブチャ2.0

Vladimir Kornilov: Time to drop our illusions, the West is waging a war to destroy Russia
Moscow’s enemies want to land a fatal blow on the country, some even want to dismember it
And here comes Bucha 2.0: Another provocation where Ukraine has allegedly discovered “mass graves of victims” shortly after Russian troops have withdrawn.

This time in Izium. What it amounts to is clear evidence that along with the development of the military conflict in Ukraine, the informational “special” operation against Russia is intensifying.

It’s not even about Kiev’s reaction – officials there concoct primitive fakes against our state and the army non-stop, around the clock.

The indicator here is the way in which this provocation was immediately picked up by Western politicians, who are already urgently calling for an “international tribunal” to punish Russia. Meanwhile, the West’s media, in a united push, is putting unfounded statements about “mass executions and torture in Izium” on its front pages.

This fakery is crass and easily refuted. But it is clear from this unanimous reaction of the West that no one there cares at all how and when the people buried in the cemetery died. The culprit has been appointed in advance – and it has to be Russia. Because only this verdict fits into the overall strategy of the current campaign in Ukraine.
そして、ブチャ2.0の登場です。ロシア軍が撤退した直後に、ウクライナが「犠牲者の集団墓地」を発見したとされる、もう一つの挑発行為です。

今回はイジウムで。これは、ウクライナでの軍事衝突の進展とともに、ロシアに対する情報提供の「特別」作戦が激化していることの明確な証拠となるものである。

キエフの反応はどうでもよい。キエフの当局者は、我が国と軍隊に対する原始的なフェイクを24時間ノンストップで作り出しているのである。

この挑発を西側の政治家がすぐに取り上げ、ロシアを罰するための「国際法廷」を緊急に要求していることが指標となる。一方、欧米のメディアは、一斉に「イジウムでの大量処刑と拷問」という根拠のない記述を一面トップに載せている。

この捏造は粗雑であり、容易に反論できる。しかし、この西側諸国の一致した反応から明らかなのは、墓地に埋葬されている人々がいつ、どのように死んだのか、現地では誰も全く気にしていないということである。犯人はあらかじめ決められており、それはロシアでなければならない。なぜなら、この判決だけが、現在のウクライナでの作戦の全体的な戦略に合致しているからだ。
posted by ZUKUNASHI at 07:27| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月20日

欧州の金属精錬が止まる

posted by ZUKUNASHI at 13:27| Comment(0) | ウクライナ

ロシア兵は、当たり前のようにウクライナ兵の治療を始めた

posted by ZUKUNASHI at 11:15| Comment(0) | ウクライナ

イランの軍事ドローン


離陸時にジェット噴射を使っています。目標物に対する命中度も高そうです。ロシアの24時間追跡システムと組み合わせれば、敵の高性能ロケット発射部隊を壊滅することはより容易になります。
イランのドローンがいつロシアに引き渡されるか。

これらのドローンはミサイルと変わらない破壊力を持つ。目標物への命中度も高い。巡航ミサイルよりも機構的には簡単でしょう。動体目標も追尾して攻撃できるはず。再利用可能。航空母艦も攻撃できます。
巡航ミサイルは1機数千万円と言われます。ジャベリンも数千万円。イランのドローンの価格によっては、他国からの受注も見込めます。ドローンのS400版。戦争のゲームチェンジャーになる可能性。

2022/8/30のRTの報道によると、ロシアはまだイランのドローンを輸入していないようです。


posted by ZUKUNASHI at 11:04| Comment(0) | ウクライナ

Europe is likely to claim there is no energy shortage this winter

posted by ZUKUNASHI at 09:32| Comment(0) | ウクライナ

WAGNER is preparing for a long haul war

posted by ZUKUNASHI at 09:29| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月19日

Only EU countries are allowed to purchase Russian fertilisers

posted by ZUKUNASHI at 17:37| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナ産穀物が安値で東欧に流入

posted by ZUKUNASHI at 12:53| Comment(0) | ウクライナ

Пушилин

posted by ZUKUNASHI at 12:38| Comment(0) | ウクライナ

Russia has started a counter offensive in Kharkov region

posted by ZUKUNASHI at 12:01| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナの「不自然な」国境線は引き直すべき-EU諸国の元外相

Ukraine’s ‘unnatural’ borders should be redrawn – EU country’s ex-foreign minister
Romania’s former top diplomat has called upon Kiev to cede some of its territory to neighboring states

The borders of modern Ukraine are “unnatural,” and Kiev should cede parts of its territory to the neighboring states that these lands rightfully belong to, Romania’s ex-foreign minister, Andrei Marga, believes. The former diplomat made the explosive remark on Saturday as he presented his new book ‘The Fate of Democracy’ at the Alba Transylvania book fair.

The crisis around Ukraine must be solved through negotiations involving the major international players, including Russia, China, the US, and EU, Marga stated. The leading powers should come together and agree on a new “security structure” in Europe and worldwide, he suggested.

“If an agreement is not reached, there will be no peace in Europe. Without peace, democracy will suffer,” he said.

Ukraine, for its part, should cede certain territories to neighboring countries, the ex-minister suggested, calling the country’s existing borders “unnatural.” Marga listed the regions that were incorporated into then-Soviet Ukraine by the Communists, but which he thinks should be relinquished.

We are in a very special situation here, and I take this with all responsibility, Ukraine exists in unnatural borders. It should cede Transcarpathia to Hungary, Galicia to Poland, Bukovina to Romania, Donbass and Crimea to Russia. These are the territories of other countries.

Over the course of the ongoing conflict between Russia and Ukraine, Kiev has repeatedly vowed to return to its control all of the territories it ended up with following the collapse of the Soviet Union. After the 2014 Maidan coup, Ukraine lost Crimea, which ended up re-unifying with Russia after a referendum.

ウクライナの「不自然な」国境線は引き直すべき-EU諸国の元外相
ルーマニアの元外交官、キエフに領土の一部を近隣諸国に割譲するよう要請

ルーマニアのアンドレイ・マルガ元外相は、現代のウクライナの国境は「不自然」であり、キエフはその領土の一部を、これらの土地が正当に属している近隣諸国に割譲すべきであると考えている。この元外相は土曜日、アルバ・トランシルバニア・ブックフェアで新著『The Fate of Democracy』を発表した際に、この爆発的な発言をしたのである。

ウクライナの危機は、ロシア、中国、アメリカ、EUなどの主要な国際的プレーヤーが参加する交渉によって解決されなければならない、とマルガ氏は述べた。主要な大国が集まり、ヨーロッパと世界における新しい「安全保障構造」について合意する必要がある、と彼は提案した。

「もし、合意に至らなければ、ヨーロッパに平和は訪れない。平和がなければ、民主主義が苦しむことになる」と述べた。

また、ウクライナの現在の国境線を「不自然」とし、近隣諸国に一定の領土を譲り渡すべきと提案した。マルガ氏は、共産党が当時のソビエト連邦ウクライナに編入した地域のうち、譲渡すべきと考える地域を列挙した。

ウクライナは不自然な国境に存在している。トランスカルパティアはハンガリーに、ガリシアはポーランドに、ブコビナはルーマニアに、ドンバスとクリミアはロシアに割譲すべきです。これらは他国の領土である。

ロシアとウクライナの紛争が続く中で、キエフはソビエト連邦崩壊後に行き着いた領土をすべて自国の支配下に戻すと繰り返し宣言してきた。2014年のマイダンのクーデター後、ウクライナはクリミアを失い、住民投票の結果、ロシアに再統一されるに至った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Hungarian PM warns Ukraine could lose up to half of its territory – media
The conflict between Moscow and Kiev could last for years, Viktor Orban reportedly said in a speech behind closed doors

The Ukraine conflict could last until 2030 and the West is to blame for making it global rather than local in nature, Hungarian Prime Minister Viktor Orban has said, according to Radio Free Europe (RFE/RL).

Orban was reportedly speaking at a closed-door event involving his ruling Fidesz party a week ago, with the details of his speech now being leaked to the media.

The Hungarian leader allegedly told his supporters in the village of Kotcse on September 10 that he believed Ukraine may end up losing between one third and one half of its territory due to the conflict with Russia, RFE/RL reported on Friday, citing participants of the meeting.

The fighting between Moscow and Kiev – which is being helped by the US, EU and some other countries – could continue all the way until 2030, Orban reportedly warned. The crisis in Ukraine started as a local conflict but the involvement of the West has turned it into a global affair, the prime minister said.

According to the report, Orban again lashed out at EU sanctions imposed on Russia over its military operation in Ukraine, saying the bloc had shot itself in the foot with those curbs.

The energy crisis, which occurred as a result of those restrictions, could force 40% of European industry to shut down this winter, he reportedly added.

In his speech, the Hungarian leader also allegedly revealed that European leaders are expected to decide on prolonging the sanctions for another six months later in autumn, insisting that an attempt should be made to prevent that extension.

The way things are going now, the eurozone and the EU itself could cease to exist by 2030, Orban was quoted as saying.

Hungary has remained relatively neutral since the outbreak of fighting in Ukraine in late February. It has refused to send arms to Kiev and consistently criticized EU sanctions on Moscow. Budapest, which is heavily dependent on Russian energy, was also able to negotiate an exemption for itself from the bloc-wide ban on Russian oil.

Earlier this month, Mikulas Bek, the European affairs minister of the Czech Republic, which now presides over the EU Council, warned that Hungary’s stance on Russia could theoretically end up with it exiting the bloc.
ハンガリー首相、ウクライナは最大で領土の半分を失うと警告 - メディア。
モスクワとキエフの紛争は何年も続く可能性があると、ヴィクトル・オルバン氏が密室での演説で述べたと報道されました。

ラジオ・フリー・ヨーロッパ(RFE/RL)によると、ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相は、ウクライナ紛争は2030年まで続く可能性があり、西洋はそれを局所的ではなく世界的にする責任を負うと述べたとのことです。

オルバン氏は1週間前、与党フィデス党が関与する非公開のイベントで演説したとされ、その詳細が今メディアにリークされている。

RFE/RLが金曜日に伝えたところによると、ハンガリーの指導者は9月10日にコトツェ村で支持者に、ロシアとの紛争によりウクライナは最終的に領土の3分の1から2分の1を失うかもしれないとの考えを示したという。

モスクワとキエフの戦闘は、アメリカ、EU、その他の国々によって支援されているが、2030年まで続く可能性があると、オルバン氏は警告したと伝えられている。ウクライナの危機は、ローカルな紛争として始まったが、西側諸国の関与により、グローバルな問題へと変化していると首相は述べた。

報道によると、オルバン首相は、ウクライナでの軍事行動をめぐってロシアに課されたEU制裁を再び非難し、EUはその制裁で自らの足をすくわれたと述べた。

その結果、エネルギー危機が起こり、ヨーロッパの産業の40%がこの冬に操業停止を余儀なくされるかもしれない、と付け加えたと報道された。

また、ハンガリーの指導者は演説の中で、欧州の首脳が秋以降にさらに6ヶ月間の制裁延長を決定する見込みであることを明らかにし、その延長を阻止するための試みを行うべきだと主張したという。

今のままでは、2030年までにユーロ圏とEUそのものが消滅する可能性がある、とオルバン氏は述べたとされる。

2月下旬にウクライナで戦闘が始まって以来、ハンガリーは比較的中立を保っている。キエフに武器を送ることを拒否し、EUのモスクワへの制裁を一貫して批判してきた。ロシアのエネルギーに大きく依存しているブダペストは、EU全体で禁止されているロシアの石油を自国だけ免除するよう交渉することができた。

今月初め、現在EU理事会を主宰するチェコのミクラス・ベク欧州問題担当相は、ハンガリーのロシアに対する姿勢は理論上、EUから脱退することになりかねないと警告した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Ukraine fumes over ‘unnatural borders’ claim
Officials defend the “inviolability” of modern Ukraine’s Soviet-drawn frontiers
The Ukrainian Embassy in Romania has accused the EU country's former foreign minister, Andrei Marga, of undermining the “basic principles of international law,” after he claimed that the borders of modern Ukraine are “unnatural,” and suggested that Kiev should cede parts of its territory to neighboring states.

The embassy voiced its “regret” that a former top official of a “democratic European state” would make a statement that is not just “unacceptable under any circumstances,” but also represents a “particularly blatant deviation at a time when Ukraine heroically defends its independence and the security of Europe.”

The former Romanian diplomat made the controversial remark earlier on Saturday at the Alba Transylvania book fair, where he presented his new book ‘The Fate of Democracy’ and suggested that leading world powers should come together and agree on a new “security structure” in Europe and worldwide.

“We are in a very special situation here, and I take this with all responsibility, Ukraine exists in unnatural borders. It should cede Transcarpathia to Hungary, Galicia to Poland, Bukovina to Romania, Donbass and Crimea to Russia. These are the territories of other countries,” he said, listing the regions that were incorporated into then-Soviet Ukraine by the Communists, but which he thinks should be relinquished.

Over the course of the ongoing conflict between Russia and Ukraine, Kiev has repeatedly vowed to regain all territories it held following the collapse of the Soviet Union.

After the 2014 Maidan coup, Ukraine lost Crimea, which ended up re-unifying with Russia after a referendum. In February 2022, the Kremlin recognized two Donbass republics as independent states, citing Kiev’s failure to implement the Minsk agreements, designed to give the regions special status within the Ukrainian state.

ウクライナ、「不自然な国境線」主張に噴出
ソ連が引いた現代のウクライナの国境線の「不可侵性」を擁護する当局者たち
ルーマニアのウクライナ大使館は、同国のアンドレイ・マルガ元外相が現代のウクライナの国境は「不自然」だと主張し、キエフの領土の一部を周辺国に譲り渡すべきだと示唆したことから、「国際法の基本原則」を損ねたと非難した。

大使館は、「民主的な欧州国家」の元高官が、「いかなる状況下でも容認できない」だけでなく、「ウクライナがその独立と欧州の安全を英雄的に守っている時に、特に露骨な逸脱を示す」発言をしたことに「遺憾」の意を表明している。

この元ルーマニアの外交官は、土曜日に開催されたアルバ・トランシルバニア・ブックフェアで、新著「民主主義の運命」を発表し、世界の主要国が集まり、ヨーロッパと世界における新しい「安全保障構造」について合意すべきと提案し、物議を醸した。

「ウクライナは不自然な国境に存在している。トランスカルパティアはハンガリーに、ガリシアはポーランドに、ブコビナはルーマニアに、ドンバスとクリミアはロシアに割譲されるべきだ。これらは他国の領土だ」と、共産党が当時のソ連ウクライナに編入した地域のうち、手放すべきと考える地域を列挙した。

ロシアとウクライナの紛争が続く中、キエフはソビエト連邦崩壊後に保有していたすべての領土を取り戻すと繰り返し宣言してきた。

2014年のマイダンのクーデターでクリミアを失ったウクライナは、住民投票の結果、ロシアに再統一されることになった。2022年2月、クレムリンはドンバス2共和国を独立国家として承認し、キエフがミンスク合意を履行しなかったことを理由に、ドンバス地域にウクライナ国家内の特別な地位を与えることを意図している。
posted by ZUKUNASHI at 00:51| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月18日

Wounded from Ukraine are transported to hospitals in the EU

posted by ZUKUNASHI at 15:28| Comment(0) | ウクライナ

2022年09月17日

アンモニアパイプライン

posted by ZUKUNASHI at 23:12| Comment(0) | ウクライナ

もう単純にガスを止めれば終わる


‘Everyone will freeze’ if Russia turns off gas to EU – Serbian president
The EU attempt to cap Russian gas price means “everyone will freeze” this winter, said Aleksandar Vucic
Moscow might decide to shut off gas supplies completely, if the European Union moves ahead with plans to impose a price cap, Serbian President Aleksandar Vucic warned on Friday.

“If the EU makes such a decision, then Russia could decide to turn off the gas to Europe entirely, and then there will be none of it and everyone will freeze,” Vucic said, adding that the price of electricity would in that case also skyrocket from today’s €400 per megawatt-hour.

The Serbian leader’s comments came in a TV interview after his meeting with Hungarian Prime Minister Viktor Orban. Among the topics they discussed, Vucic said, was the upcoming autumn and winter, which Orban thinks will be “decisive survival in economic terms.”

At their joint press conference in Belgrade, Orban took aim at the EU embargo against Russia, saying that it amounted to “energy dwarfs imposing sanctions against the energy giant.”

Elaborating on the Hungarian PM’s statement, Vucic told TV Pink that the energy crisis will mean hardship for households, but “the main problem will be whose companies and economies will survive” the winter.

Germany can afford to “throw money” at the problem, Vucic said, along with France and maybe Spain – but not the smaller EU members, or Serbia.

Earlier this week, French PM Elisabeth Borne warned that the price of electricity on the spot market could rise tenfold over last year, while the price of gas for 2023 has already increased fivefold since 2021.

Brussels has moved to ban all imports of Russian oil – though some members, such as Hungary, received exemptions – and cut the amount of natural gas, citing the need to support the government of Ukraine in the ongoing conflict and “diversify” its energy sources, at the urging of Washington. However, the US has been unable to step in with deliveries of its liquefied natural gas – at a much higher price, even – to make up the difference.

“There is simply no appropriate alternative to the supply of Russian pipeline gas for Europe. No country is capable of providing resources comparable to the resources and fields of Siberia and the Yamal Peninsula. No one can increase supply using pipeline systems on the terms offered by Gazprom,” the company’s deputy chairman Oleg Aksyutin said on Thursday.
posted by ZUKUNASHI at 08:56| Comment(0) | ウクライナ