ウクライナ: ずくなしの冷や水

2022年12月04日

西側が戦争から抜け出す方法を探している?

posted by ZUKUNASHI at 20:51| Comment(0) | ウクライナ

ショイグがベラルーシに飛んだ

ショイグの予期せぬミンスク訪問について。プーチンがルカシェンコに電話した後、昨日手配された可能性が最も高い。まず、ショイグはベラルーシのカウンターパートと共に、1997 年の安全保障条約の修正に署名した (国防省本部ではなく飛行場で急いで署名した)。 1/4
それからショイグは、休日にホッケーをしていたルカシェンコのところへ直行した。彼は、ロシアのモビックを訓練してくれたことに感謝し(これが公に認められたのは初めて)、共同の地域グループは「すでに任務を遂行できる一種の力のように見える」と述べた. 2/4

しかし、最も重要なことは、ショイグが初めて、ロシアはベラルーシの国防省とルカシェンコ自身からのより積極的で建設的な接触を期待していると明確に述べたことです。会議の後、ルカシェンコは真夜中まで宮殿に留まりました(非常に珍しいことで、特に休日には)。 3/4
ベラルーシのより積極的な関与について話すのは時期尚早です-地上での軍事活動の増加はありません。しかし、ロシアが積極的な措置を講じ、不満を表明しているという事実は、いずれにせよ非常に重要です。 4/4

posted by ZUKUNASHI at 16:19| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月03日

米国人傭兵の死は、ウクライナの「国際軍団」での奉仕活動の暗い現実を露呈している %読み応えあり%

The death of a US mercenary exposes the bleak reality of service with Ukraine’s 'International Legion'
Grim accounts from surviving volunteers are forgotten as Western media favors fantasy narratives about Ukrainian heroism and success
It’s been confirmed that Trent Davis, a 21-year-old US citizen who travelled to Ukraine to fight in the International Legion, has been killed in combat. The tenth American known to have met their end in the conflict, his premature death highlights the enormous dangers facing foreigners joining Kiev’s fight.

Davis was an army veteran, having enlisted at just 17. However, he had no actual combat experience, having served as a chemical, biological, radiological and nuclear (CBRN) defense specialist, before leaving in December 2021.

He reportedly travelled to Ukraine in March to join the Georgian Legion, a unit so notorious for executing Russian prisoners of war that even the Western media has been forced to acknowledge its savagery. The foreign mercenaries, however, considered Davis incompetent and insufficiently experienced to take part in hostilities, so he was sent home two months later.

Davis returned in October, and two weeks later was overjoyed to inform his mother that he had signed a contract and was now officially part of the International Legion, created on 26 February by Ukrainian President Volodomyr Zelensky to attract foreign fighters.

“Anyone who wants to join the defense of Ukraine, Europe and the world can come and fight side by side with the Ukrainians,” Zelensky said in a statement at the time, in which he eased visa restrictions to facilitate their arrival.

Davis told his mother he would soon be heading out to fight in a counteroffensive in the south of Ukraine. His mother and father never heard from their son again. On 8 November, he was killed on his very first mission, as Ukrainian forces attempted to recapture Kherson. 

The details of how Davis died are murky, although the greatest mystery of all is why he was hired by the International Legion in the first place, let alone sent to the front line on his very first outing. Officially at least, combat experience – which he of course lacked – and a “belief in freedom and democracy” are the basic requirements for enlistment in the unit.

When contacted by the Military Times, the International Legion declined to comment on why Davis was sent to the front, only remarking that “recruiting decisions are made by officers in western Ukraine,” and amazingly alleging: “no commander takes on inexperienced soldiers who did not have the appropriate training and skills.”

Clearly, a commander did in respect of Davis. And there is no reason to believe he is in any way unique.

Tales from another side

While mainstream outlets have completely ignored the corruption, brutality, and abuses that are a daily staple of life on the front line with the International Legion, foreigners who fought with them aren’t silent about the horrors they witnessed first-hand, and have openly discussed their experiences in YouTube interviews and via other mediums.

Take, for example, a former US marine who fought with the International Legion, who has revealed that Ukrainian commanders don’t have radios, artillery cover or extraction teams for wounded soldiers, and testified to a thriving black market for Western weapons, such as anti-tank missiles.

He reported that these weapons would be collected in unmarked vans and ferried away to places unknown. In public, Western officials deny that any arms sent to Kiev have ended up on the black market, but the ex-marine claims US officials he encountered acknowledged that “low-level” corruption was endemic. It has, moreover, been confirmed that at least some of this arsenal is circulating in Europe.

The corruption he encountered took other forms. Foreign soldiers of fortune were offered financial inducements for destroying Russian vehicles and aircraft, which led to them fighting over rewards – pointlessly as it happened, given the reward money “often” wasn't paid at all.

Another former International Legion fighter echoed much of the ex-marine’s reports, alleging that NATO anti-aircraft guns constantly disappeared from his unit’s armory within days of arrival, but the Ukrainian Security Service, despite knowing about this, did nothing. Commanders who were reported to superiors for their complicity in this criminal activity also went unpunished.

“Volunteers don't trust Ukrainian authorities because of how corrupted they are. For so many people war is profitable... It's hard to find reliable sources where your supplies and equipment can reach the right people,” the former fighter said. “They keep stealing left and right. The problem in Ukraine is that it's in their culture... Looks like they steal from all levels.”

Complicating the International Legion’s battle even further, in the south and east of Ukraine its fighters frequently encounter significant hostility towards them and Ukrainian soldiers from the local population, who provide information to Russian forces leading to their ambush and capture, if not destruction.

“The problem with Donetsk is that it is highly pro-Russian... there is a really serious issue with so many pro-Russian civilians,” one foreign fighter has said. “For me it's hard to say how [Ukraine] can conduct the fight against all those ‘spies’ if you can call them that.”

One way Ukrainian forces fight against “spies” – alleged “collaborators” – is summary torture and execution. Shockingly, such bloodsoaked cleanup operations have been outright praised by the Western media, and hailed as symbols of Kiev’s “liberation” of territory. Anyone who helps Russian forces in any way can be considered a “collaborator”, but some – such as teachers – get off lighter, with harsh prison sentences.

It’s not merely citizens caught up in the conflict who need to be careful about who they assist. An Australian who joined the International Legion has claimed that Ukrainian commanders often sent foreign fighters to the most dangerous battles, with death almost guaranteed, using them as courageous war propaganda poster boys. 

In some disturbing instances, if senior officials didn’t like a particular fighter, or group of fighters, they would even deliberately dispatch them on literal suicide missions. Once, the Australian mercenary said, a group of foreign recruits was ordered to walk across a minefield, without them knowing about the explosive devices lurking under the soil.

***

These are of course the assorted words of the International Legion volunteers who made it back – total fatality numbers are not known. In keeping with the Western media’s wider failure to seriously report on the reality on the ground, in favor of fantasy narratives about Ukrainian heroism and success, their cautions have fallen on deaf ears.

As the Russian winter offensive begins, this oath of silence may not be able to endure much longer. While Ukraine keeps its casualty figures a closely guarded state secret, Western officials have quietly admitted that at least 100,000 have lost their lives to date. There are surely many more Trent Davises in the ranks of the International Legion – and while dead men tell no tales, their families do.

By Felix Livshitz


西側メディアがウクライナのヒロイズムと成功についての幻想的な物語を好むので、生存する志願者の厳しい証言は忘れ去られている。
国際軍団で戦うためにウクライナに渡った21歳の米国人、トレント・デイヴィスが戦闘で死亡したことが確認された。紛争で最期を迎えた10人目のアメリカ人として知られる彼の早すぎる死は、キエフの戦いに参加する外国人が直面する大きな危険を浮き彫りにしている。

デイヴィスは、わずか17歳で入隊した陸軍のベテランだった。 しかし、2021年12月に退役するまでは、化学、生物、放射線、核(CBRN)の防衛専門家として勤務しており、実際の戦闘経験はなかった。

彼は3月にウクライナに渡り、ロシア人捕虜の処刑で悪名高く、欧米メディアもその残虐性を認めざるを得ない部隊「グルジア軍団」に参加したと伝えられている。しかし、外国人傭兵はデイビスを敵対行為に参加するには無能で経験不足と判断し、2カ月後に帰国させた。

10月に帰国したデイビスは、2週間後、母親に「契約書にサインして、正式に国際軍団の一員になった」と報告して大喜びした。国際軍団は、ウクライナのヴォロドミル・ゼレンスキー大統領が、外国の戦闘員を集めるために2月26日に創設したものだ。

「ウクライナ、ヨーロッパ、そして世界の防衛に参加したい人は誰でも来て、ウクライナ人と肩を並べて戦うことができる」とゼレンスキー大統領は当時の声明で述べ、彼らの到着を容易にするためにビザの制限を緩和したのであった。

デイビス君は母親に、もうすぐウクライナ南部での反攻作戦に出陣すると言っていた。その後、母親と父親は息子と連絡が取れなくなった。11月8日、ウクライナ軍がケルソンを奪還しようとしたとき、彼は最初の任務で殺された。

デイビスの死因の詳細は不明だが、最大の謎は、そもそもなぜ彼が国際軍団に採用され、ましてや最初の任務で前線に送り込まれたのか、ということだ。少なくとも公式には、戦闘経験(もちろん彼にはない)と「自由と民主主義への信念」が部隊入隊の基本条件である。

ミリタリー・タイムズの取材に対し、国際軍団はデービスが前線に送られた理由についてのコメントを避け、「募集の決定はウクライナ西部の将校が行う」とだけ述べ、驚くべきことに次のように主張した。"適切な訓練と技能を持たない未熟な兵士を引き受ける指揮官はいない "と。

デイヴィスに関しては、明らかに指揮官が行った。そして、彼が特別な存在であると信じる理由はどこにもない。

別の側面からの物語

国際部隊の最前線における腐敗、残忍性、虐待の実態を、主要メディアが完全に無視する一方で、国際部隊とともに戦った外国人は、彼らが直接目撃した恐怖について黙ってはいないし、YouTubeのインタビューやその他の媒体を通じて、その経験をオープンに語っている。

例えば、国際軍団と戦った元アメリカ海兵隊員は、ウクライナの指揮官が無線機や大砲の援護、負傷兵の救出チームを持っていないことを明らかにし、対戦車ミサイルなど西側兵器の闇市が盛んであることを証言している。

彼は、これらの武器はマークのないバンで集められ、知らない場所に運ばれていくと報告した。公の場では、キエフに送られた武器が闇市場に流れたことはないと西側当局者は否定しているが、元海兵隊員は、彼が出会った米国当局者が「低レベル」の汚職が蔓延していることを認めていると主張している。さらに、この武器庫の少なくとも一部はヨーロッパで流通していることが確認されている。

彼が遭遇した腐敗は、他の形でも見られた。外国人の幸運な兵士たちは、ロシアの車両や航空機を破壊することで金銭的な誘惑を受け、その結果、報酬をめぐって争うようになった。

別の元国際部隊の兵士は、元海兵隊員の報告の多くを引用し、NATOの対空砲が到着後数日で部隊の武器庫から常に消えていたと主張したが、ウクライナ保安局はこのことを知っていたにもかかわらず何もしなかったと言う。この犯罪行為に加担していると上官に報告された指揮官もまた、罰せられないままだった。

「ボランティアは、ウクライナ当局がいかに腐敗しているかということを信用していない。多くの人にとって、戦争は儲かるものだから...」。戦争は多くの人々にとって利益となるものだ。物資や装備が適切な人々に届くような、信頼できる供給源を見つけるのは難しい」と、元戦闘員は語った。「彼らは右へ左へと盗み続けている。ウクライナの問題は、それが彼らの文化であるということだ...。彼らはあらゆる階層から盗んでいるようだ"

国際軍団の戦いをさらに複雑にしているのは、ウクライナの南部と東部では、国際軍団の兵士が、彼らやウクライナ兵に対して、地元住民から大きな敵意を向けられることが多いことだ。彼らはロシア軍に情報を提供して、待ち伏せや捕獲につながるが、破壊はされない。
「ドネツクの問題は、親ロシア派が多いことだ。親ロシア派の市民が多いことは、本当に深刻な問題だ」と、ある外国人戦闘員は言っている。ある外国人戦闘員は、「ウクライナはどうやって "スパイ "と呼ばれる人たちと戦っているのか、私にはわからない」と語っている。

ウクライナ軍が「スパイ」、つまり「協力者」とされる者たちと戦う方法のひとつが、略式拷問と処刑である。衝撃的なことに、このような血みどろの掃討作戦は西側メディアによって手放しで賞賛され、キエフの領土の「解放」の象徴として歓迎されてきた。ロシア軍に少しでも協力した者は「協力者」と見なされるが、教師のように厳しい実刑判決で済まされる者もいる。

紛争に巻き込まれた市民だけが、誰を助けるかについて注意しなければならないわけではない。国際部隊に参加したあるオーストラリア人は、ウクライナの司令官がしばしば外国人兵士を最も危険な戦いに送り込み、死がほぼ確実な状況で、彼らを勇気ある戦争プロパガンダの広告塔として使っていると主張している。

不穏な例では、高官が特定の戦闘員や戦闘員グループを気に入らなければ、意図的に文字通りの自殺ミッションに彼らを送り込むことさえあった。オーストラリアの傭兵によれば、ある外国人新兵グループは地雷原を歩いて渡るよう命じられたが、彼らは地雷の下に爆発物があることを知らなかったという。
posted by ZUKUNASHI at 22:49| Comment(0) | ウクライナ

ロシア軍の冬季攻撃本格化 バフムート攻略

Ukraine will plunge into total darkness in a few weeks
28.11.2022 18:39
Austrian Defenсe Ministry strategist, Colonel Markus Reisner, said that Ukraine would find itself cut off from electricity completely in a few weeks if the West stopped helping Kyiv.
オーストリア国防省の戦略家、マルクス・ライズナー大佐は、西側諸国がキエフへの援助を止めれば、数週間後にはウクライナは完全に電力を断たれるだろうと述べた。
See more at https://english.pravda.ru/news/hotspots/154938-ukraine_darkness/

Russian Defence Ministry: Over 100 Ukrainian soldiers destroyed in one air strike
28.11.2022 15:16
ロシア国防省 一度の空爆で100人以上のウクライナ兵を撃破
Russia's Aerospace Forces, with the use of high-precision weapons, struck a location where manpower of the Armed Forces of Ukraine (AFU) was concentrated, Lieutenant-General Igor Konashenkov, an official speaker for the Russian Defense Ministry told reporters on November 28.
See more at https://english.pravda.ru/news/hotspots/154930-100_soldiers/



2022/11/28、黒海に戦略爆撃機 Tu-95が20機活動中。これまでの最高は11機。

戦闘機がまるで鳥のように飛んでいます。


速報: ロシア軍はバフムートでオザリャニフカとゼレノポリエを占領し、バフムートの南に進軍を続け、そこで 30,000 人を超える外国人傭兵とウクライナの戦闘員への西側の武器供給を完全に遮断しようとしています。一昨日の時点で、
ロシア人によって一掃されたバフムートは、ロシア軍の強力な大砲の下に置かれ、主要で重要な幹線道路を通って西からその軍隊を補給しようとするあらゆるウクライナの試みを阻止した。このロシア軍のバフムト戦線への侵入は、結局のところ、陸軍長官スロヴィキンの正当性を証明することになるかもしれません。



posted by ZUKUNASHI at 20:33| Comment(1) | ウクライナ

ロシア軍が遠隔操作のタンクを投入

posted by ZUKUNASHI at 20:26| Comment(0) | ウクライナ

0000

posted by ZUKUNASHI at 01:02| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月02日

ロシアのウクライナ攻撃は「対応策」、プーチン大統領がショルツ大統領に伝える

Russian strikes in Ukraine ‘a response,’ Putin tells Scholz
The Ukrainian government started targeting key Russian infrastructure, paving the way for retaliation, the president said
Russian precision attacks against Ukrainian infrastructure are a necessary response to Ukrainian sabotage on Russian soil, including the bombing of the Crimean Bridge, President Vladimir Putin has told German Chancellor Olaf Scholz.

The two leaders spoke on the phone on Friday at Berlin’s request, according to a statement released by the Kremlin. Putin explained the logic behind Russia’s military operation against Ukraine and stated that the Western policy of arming and training Ukrainian troops was “destructive,” according to the readout.

“It was noted that the Russian Armed Forces had been refraining from conducting precision missile strikes on certain targets in the Ukrainian territory for a long time, but now such measures have become necessary and unavoidable as a reaction to Kiev’s provocative attacks on Russian civilian infrastructure, including the Crimean Bridge and energy facilities,” the Kremlin said.

The “terrorist attack” against the Nord Stream undersea pipelines “stands in the same category” and requires a transparent investigation that would include Russia, Putin told the German leader.

Scholz’s office said the conversation lasted for about an hour and that the “chancellor condemned the Russian airstrikes against civilian infrastructure in Ukraine and stressed Germany’s determination to support” Kiev.

Russia changed its military tactics in Ukraine days after a powerful bomb damaged the Crimean Bridge in early October. Russian investigators accused Ukrainian military intelligence of masterminding the attack, which killed three people, including the driver of the truck that carried the disguised bomb.

In retaliation, Russian forces started targeting Ukrainian energy facilities, which the Defense Ministry believes to be instrumental for Kiev’s military logistics. The damage forced Ukrainian authorities to introduce rolling blackouts. The Ukrainian government and its Western backers accused Moscow of using terrorist tactics.

The blasts that damaged the two undersea Nord Stream pipelines happened in late September, severing links that would have enabled Germany to get natural gas directly from Russia.

Moscow said the obvious beneficiary of the sabotage was the US, which had long sought to force Berlin to reduce its energy trade with Russia and replace Russian fuel with more expensive liquified natural gas produced by American companies.

ウクライナ政府はロシアの重要なインフラを標的にし始め、報復の道を開いたと大統領は述べた。
ウクライナのインフラに対するロシアの精密攻撃は、クリミア橋の爆破を含む、ロシア国内でのウクライナの破壊工作に対する必要な対応であると、ウラジーミル・プーチン大統領がドイツのオラフ・ショルツ首相に伝えた。

クレムリンが発表した声明によると、両首脳はベルリンの要請により金曜日に電話で会談した。プーチンは、ロシアの対ウクライナ軍事作戦の論理を説明し、ウクライナ軍を武装・訓練する西側の政策は「破壊的」だと述べたと、声明は伝えている。

"ロシア軍は長い間、ウクライナ領内の特定の目標に対する精密ミサイル攻撃を控えていたが、今やキエフによるクリミア橋やエネルギー施設などロシアの民間インフラに対する挑発的な攻撃への反応として、そうした措置が必要かつ不可避となった "とクレムリンは指摘した。

ノルドストリーム海底パイプラインに対する「テロ攻撃」は「同じカテゴリーに属し」、ロシアを含む透明性のある調査が必要だと、プーチン大統領はドイツの指導者に述べた。

ショルツ首相の事務所によると、会談は約1時間行われ、「首相はウクライナの民間インフラに対するロシアの空爆を非難し、キエフを支援するドイツの決意を強調した」。

ロシアは10月上旬にクリミア橋が強力な爆弾で損壊した後、ウクライナでの軍事戦術を変更した。ロシアの捜査当局は、ウクライナ軍情報部がこの攻撃の首謀者だと非難し、偽装爆弾を運んだトラックの運転手を含む3人が死亡した。

ロシア軍は報復として、キエフの軍事兵站に役立っていると国防省が考えているウクライナのエネルギー施設を標的にし始めた。この被害により、ウクライナ当局は計画停電を実施せざるを得なくなった。ウクライナ政府とその西側支援者は、モスクワがテロリストの手口を使ったと非難した。

海底パイプライン「ノルドストリーム」を破損させた爆発は9月下旬に起こり、ドイツがロシアから直接天然ガスを得ることを可能にするリンクを断ち切った。

モスクワは、破壊行為の明らかな受益者はアメリカであると述べた。アメリカは長い間、ベルリンにロシアとのエネルギー貿易を減らし、ロシアの燃料をアメリカ企業が生産するより高価な液化天然ガスに置き換えるよう求めていた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 23:56| Comment(0) | ウクライナ

リベラルや左翼の国際情勢音痴

posted by ZUKUNASHI at 22:40| Comment(0) | ウクライナ

ロシアは戦い続けるための弾薬を十分に持つ


・・・ロシアはシリア戦争のときからカスピ海や地中海の艦船から巡航ミサイルを飛ばしたり試験的な武器の試行をやっていました。年を追って新式の武器、弾薬の製造が軌道に乗っている印象はありました。この間、ドンバスへの攻撃は続いていましたので、武力で答える用意は整えていたはずです。
posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(2) | ウクライナ

ロシア軍ボランティアのインタビュー 



軍隊経験があり最近まで病院に勤めていたといいます。ひげからチェチェンの人かと思いますが、この方の見識が注目されています。
posted by ZUKUNASHI at 08:30| Comment(0) | ウクライナ

2022年12月01日

ダグラスマクレガーのウクライナ戦況解説



・・・ダグラスマクレガーの観察と今後の見通しはいつも的確です。私が集めている情報と食い違うところはありません。
年齢69歳、大変シャープです。ドイツ大使に指名されながらも議会の承認がとれなかったのは、民主党によく思われていないからでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 22:36| Comment(0) | ウクライナ

ワルシャワ、ウクライナの一部併合を計画-ロシア・トップスパイ

Warsaw plans to annex parts of Ukraine – top Russian spy
The Polish president has sought an official pretext for the move, says Sergey Naryshkin
Warsaw is preparing to make an official claim on parts of Western Ukraine and President Andrzej Duda has already instructed the “relevant services” to come up with a justifiable basis for the move, according to the director of Russia’s Foreign Intelligence Service, Sergey Naryshkin.

In an interview with RIA Novosti published on Wednesday, the spy chief claimed Russia had received intel suggesting that Warsaw plans to submit weighty restitution demands to Kiev for the 1943 Volhynia massacres.

The brutal attacks saw some 100,000 Poles murdered by the Organization of Ukrainian Nationalists (OUN) and the Ukrainian Insurgent Army (UIA).

According to Naryshkin, Warsaw plans present the claim as an “initiative from below” by seeking out descendants of the people who suffered at the hands of Ukrainian nationalists living in Poland. The country’s leadership has also allegedly instructed Polish media outlets to “warm the public up” to the idea that here’s a need to “collect Polish lands,” the intelligence chief added.

“The Ukrainian leadership intends to act proactively and persistently out of fear that senior NATO partners will try to negotiate with Moscow in the coming winter months, ignoring the interests of not only the Ukrainians, but the Poles as well,” Naryshkin suggested. He noted that Warsaw believes it is due “generous compensation” for providing military assistance to Kiev in its ongoing conflict with Moscow. 

Furthermore, Naryshkin claims that Warsaw plans to draw on the “successful Russian experience of returning ancestral territories by holding referendums” to annex parts of Western Ukraine, primarily the regions of Lviv, Ivano-Frankovsk, and Ternopol. 

The Russian spy chief urged the Polish officials to carefully examine the country’s history of violent clashes with Ukrainian nationalists and avoid “stepping on the same rake again.”

Last month, the Polish Foreign Ministry released a list of reparations the nation is seeking from Berlin for the tangible and intangible losses it suffered at the hands of Nazi Germany during World War II. In its claim, Warsaw demanded a staggering €1.32 trillion as well as the return of cultural items and assets of Polish state banks confiscated by the Third Reich.

Germany has denied owing Poland any reparations and claimed that its financial commitments related to World War II had been settled with the reunification of the country under the 1990 Two Plus Four Treaty.

ポーランド大統領は公式な口実を求めているとセルゲイ・ナリシキン氏は言う。
ロシア対外情報庁のセルゲイ・ナリシキン長官によると、ワルシャワは西ウクライナの一部を公式に主張する準備を進めており、アンドレイ・ドゥダ大統領はすでに「関連サービス」に正当な根拠を打ち出すよう指示しているという。

水曜日に発表されたRIA Novostiとのインタビューで、スパイ主任は、ワルシャワが1943年のヴォルヒニアの大虐殺に対してキエフに多額の返還要求を提出する予定であることを示唆する情報をロシアが受け取ったと主張した。

この残忍な攻撃では、約10万人のポーランド人がウクライナ民族主義者組織(OUN)とウクライナ反乱軍(UIA)によって殺害された。

ナリシキン氏によると、ワルシャワは、ポーランドに住むウクライナ民族主義者の手によって被害を受けた人々の子孫を探し出し、この主張を「下からのイニシアチブ」として提示する計画だという。また、同国の指導部はポーランドのメディアに対し、「ポーランドの土地を集める」必要性がここにあるという考えに「国民を温める」よう指示したとされている、と情報部長は付け加えた。

ナリシキン氏は、「ウクライナ指導部は、NATOの上級パートナーたちが今後冬の数ヶ月の間に、ウクライナ人だけでなくポーランド人の利益も無視してモスクワと交渉しようとすることを恐れて、積極的かつ執拗に行動しようと考えている」と指摘した。ナリシキン氏は、モスクワとの対立が続くキエフに軍事支援を行ったことで、ワルシャワは「寛大な補償」を受けるべきと考えていると指摘した。

さらに、ワルシャワは「住民投票によって先祖代々の領土を返還したロシアの成功例」を参考に、リヴィウ、イワノフランコフスク、テルノポールといった西ウクライナの一部を併合する計画だとも主張している。

ロシアのスパイ長はポーランド政府関係者に対し、ウクライナの民族主義者との激しい衝突の歴史をよく調べ、"同じ熊手を再び踏む "ことを避けるよう促した。

先月、ポーランド外務省は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの手によって受けた有形無形の損失について、同国がベルリンに求めている賠償金のリストを発表した。その中で、ワルシャワは1兆3200億ユーロという途方もない額と、第三帝国によって没収された文化財やポーランド国営銀行の資産の返還を要求している。

ドイツはポーランドへの賠償を否定し、第二次世界大戦に関連する金銭的債務は1990年の2プラス4条約に基づく再統一で解決済みだと主張している。
posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | ウクライナ

EU chief’s assessment of Ukrainian casualties deleted

EU chief’s assessment of Ukrainian casualties deleted

・・・ウクライナは死者の数値公表を拒否しています。

Ursula von der Leyen had earlier said around 100,000 Kiev troops had been killed to date
A claim about the number of Ukrainian soldiers killed during the conflict with Russia has been removed from a speech by European Commission President Ursula von der Leyen on the executive’s official website.

“More than 100,000 Ukrainian military officers have been killed so far,” she declared during an address earlier on Wednesday, adding that around 20,000 civilians had also died in nine months of fighting. The source of this information was not provided.

However, her reference to Kiev's death toll soon disappeared from the text of the speech on the European Commission’s website. It was also cut from a video of the address on the website and on von der Leyen’s account on Twitter.

The editing was noticed by some media outlets and social media users, who compared the two versions of the statement online. The move was then officially confirmed by the European Commission.

The EU executive body’s spokeswoman Dana Spinant took to Twitter to thank those who had “pointed out the inaccuracy” in von der Leyen’s speech.

“The estimation used, from external sources, should have referred to casualties, i.e. both killed and injured, and was meant to show Russia’s brutality,” she wrote.
ウルスラ・フォン・デア・ライエンは以前、これまでに約10万人のキエフ軍兵士が殺害されたと述べていた
欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長の演説から、ロシアとの紛争中に死亡したウクライナ軍人の数に関する主張が、同委員会の公式ウェブサイト上で削除された。

彼女は水曜日未明の演説で、「これまでに10万人以上のウクライナ軍人が死亡した」と宣言し、9カ月に及ぶ戦闘で約2万人の民間人も死亡したと付け加えた。この情報の出所は明らかにされていない。

しかし、キエフの死者数に関する彼女の言及は、欧州委員会のウェブサイトに掲載された演説のテキストからすぐに消えてしまった。また、同サイトやツイッターのフォン・デル・ライエン氏のアカウントに掲載された演説の動画からもカットされていた。

この編集は一部のメディアやソーシャルメディアのユーザーによって注目され、ネット上で2つのバージョンの声明を比較した。その後、この動きは欧州委員会により公式に確認された。

EU執行機関の広報担当者であるダナ・スピナントはツイッターで、フォン・デル・ライエンの演説の「不正確さを指摘」した人たちに感謝の意を表した。

「外部情報源から得た推定値を用いたのは、死傷者の数、すなわち死者と負傷者の両方を指すべきであり、ロシアの残虐性を示すためのものだった」と彼女は書いている。

Ukraine objects to EU assessment of its casualties
The number of dead is “sensitive” and up to Kiev's top officials to release, a presidential spokesman insisted
Ukraine has reacted badly to a claim from European Commission President Ursula von der Leyen. that it has lost more than 100,000 personnel in the conflict with Russia.

Released via Twiitter, it was deleted from von der Leyen's account earlier on Wednesday. Kiev argued that it was up to President Vladimir Zelensky and top Ukrainian officials to voice such numbers.

However, officials did not deny the European Commission President's estimates.

Zelensky’s spokesman, Sergey Nikoforov, told Ukrainian media on Wednesday that such “sensitive” information should only be made public by the country’s top military commander General Valery Zaluzhny, Defense Minister Aleksey Reznikov, or the president himself.

Earlier in the day, the head of the EU executive branch cited an assessment that more than 100,000 Ukrainian troops and over 20,000 civilians have been killed in the conflict with Russia. The video statement has since been pulled from her Twitter account and replaced with a new version, which omits the figures. Von der Leyen did not identify the source of the assessment.

Earlier in the month, US General Mark Milley, who serves as the chairman of the Joint Chiefs of Staff, said that over 100,000 soldiers may have been killed and wounded on each side of the conflict, with 40,000 civilians killed as collateral damage.

Milley, speaking at the Economic Club of New York, said that the winter season would cause hostilities to go “static” and open “a window of opportunity” for negotiations. The call for diplomacy reportedly outraged officials in Kiev, who pledged to continue fighting against Russia until it fully regains pre-2014 positions.

In her Wednesday address, von der Leyen urged the UN to convene a special tribunal to try Russia for its alleged crimes against Ukraine.

The Commission chief also shared the EU’s plans to invest seized Russian national reserves and “oligarch” money for profit that would later be used to rebuild Ukraine. She estimated Ukraine’s damage at €600 billion ($621bn) so far, which dwarfs the €319 billion ($330bn) of Russian funds blocked by the EU. The assets would only be unfrozen after anti-Russia sanctions are lifted, to be paid in compensation to Ukraine, the official stated.

Top Russian officials, including President Vladimir Putin, have criticized the freezing of assets by the US and its allies, including the EU. At first, they devalued national reserves denominated in dollars and euros through inflation, and later “pawed and pocketed” them, Putin remarked in October.
ウクライナ、EUの死傷者数評価に異議を唱える
死者の数は「機密事項」であり、キエフのトップが発表することだと、大統領報道官は主張した。
ウクライナは、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長が、ロシアとの紛争で10万人以上の兵士を失ったと主張したことにひどく反発している。

Twiitterを通じて公開されたこの声明は、フォン・デル・ライエン氏のアカウントから水曜日に削除された。キエフは、そのような数字を声に出すのはウラジミール・ゼレンスキー大統領とウクライナ政府高官次第だと主張した。

しかし、当局者は欧州委員会委員長の試算を否定しなかった。

ゼレンスキー大統領のセルゲイ・ニコフォロフ報道官は2日、ウクライナのメディアに対し、このような「機密」情報は、同国軍最高司令官のヴァレリー・ザルジニー将軍、アレクセイ・レズニコフ国防相、または大統領自身によってのみ公表されるべきものだと述べた。

これに先立ち、EU執行部のトップは、ロシアとの紛争でウクライナ軍10万人以上、民間人2万人以上が死亡したという評価を引用した。その後、動画の声明は彼女のツイッターアカウントから削除され、数字を省略した新しいバージョンに差し替えられた。フォン・デア・ライエンは、評価の出所を明らかにしていない。

今月初め、統合参謀本部議長を務めるマーク・ミリー米大将は、紛争の両側で10万人以上の兵士が死傷し、4万人の民間人が巻き添えで犠牲になった可能性があると述べた。

ニューヨークの経済クラブで講演したミリー氏は、冬の季節になると敵対行為が「静観」され、交渉のための「機会の窓」が開かれると述べた。外交を求める声は、2014年以前の地位を完全に取り戻すまでロシアとの戦闘を続けると誓ったキエフの当局者を激怒させたと伝えられている。

フォン・デル・ライエン委員長は水曜日の演説で、ロシアをウクライナに対する犯罪の容疑者として裁く特別法廷を招集するよう国連に要請した。

また、同委員長は、押収したロシアの国家備蓄と「オリガルヒ」の資金を投資して利益を上げ、後にウクライナの再建に役立てるというEUの計画も披露した。同委員長は、ウクライナの被害額をこれまでのところ6,000億ユーロ(約6,210億円)と推定しているが、これはEUがブロックしているロシアの資金3,190億ユーロ(約3,300億円)を凌ぐものである。資産の凍結解除は反ロシア制裁解除後に行い、ウクライナへの補償金として支払うとした。

プーチン大統領を含むロシアのトップは、米国とEUを含むその同盟国による資産凍結を批判している。最初はインフレでドルやユーロ建ての外貨準備を切り下げ、その後「ポーンとポケットに入れた」とプーチン大統領は10月に発言している。

posted by ZUKUNASHI at 08:18| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナは幅100キロの無人地帯で分断される?

posted by ZUKUNASHI at 00:03| Comment(0) | ウクライナ

2022年11月30日

ロシア、兵器費増額を発表

Russia announces arms-spending hike
Defense Minister Sergey Shoigu says increasing spend by 50% in 2023 will ensure combat-readiness
Russia is on track to spend nearly 50% more on defense next year than in 2022, Defense Minister Sergey Shoigu has revealed. He explained that the hike will help ensure a 97%-combat-readiness rate for weaponry and hardware.

Meanwhile, in late September, Vedomosti media outlet, citing government documents, claimed that Moscow spent 4,679 trillion rubles ($77 billion) on defense in 2022. According to journalists’ estimates at the time, the figure was expected to further rise next year and reach some five trillion rubles. The article also claimed the upward trend would continue into 2024.

Speaking at the Defense Ministry’s collegium on Wednesday, Shoigu called on Russian arms manufacturers to “retain the maximum production capacity” and ensure “ahead-of-time deliveries to the military.”

He also stressed the need for continued modernization of weapons, so that state-of-the-art models can be sent to the battlefield in Ukraine.

セルゲイ・ショイグ国防相、2023年の支出50%増で戦闘態勢を確保と発言
ロシアは来年の国防費を2022年比で50%近く増やす方向であることをセルゲイ・ショイグ国防相が明らかにした。この引き上げは、兵器やハードウェアの戦闘準備率97%の確保につながると説明した。

一方、9月下旬、メディア「Vedomosti」は政府資料を引用し、モスクワが2022年に国防費として4兆679億ルーブル(770億ドル)を支出すると主張した。当時のジャーナリストの試算によると、来年はさらに上昇し、約5兆ルーブルに達する見込みだという。また、この記事は2024年まで上昇傾向が続くと主張している。

水曜日に行われた国防省の合議で、ショイグ氏はロシアの兵器メーカーに対し、「最大限の生産能力を保持し」、「軍への納期を前倒しする」ことを求めた。

また、ウクライナの戦場に最新鋭のモデルを送り込めるよう、兵器の近代化を継続する必要性を強調した。

特に、大砲やミサイル、ドローンを活用した兵器の強化に力を入れるべきだとしています。

「特別軍事作戦と部分的な動員の結果、国家(防衛)秩序に関して、あらゆるレベルの統制と実施に関する要件が高まった」と同大臣は指摘した。

ロシアのプーチン大統領は、キエフがドイツとフランスが仲介し、ドネツク共和国とルガンスク共和国にウクライナ国家としての特別な地位を与えることを想定したミンスク合意を履行していないとして、2月24日にウクライナに軍を派遣した。また、クレムリンは、ウクライナがロシア語を話す少数民族を差別していると非難した。

ロシア軍に占領された旧ウクライナ領のケルソン、ザポロージエ、そしてドネツク、ルガンスク両共和国が10月上旬にロシアに編入されることになった。これに先立ち、これらの地域では住民投票が実施され、地元当局によると、ほとんどの有権者がロシアへの加盟を支持した。

9月下旬、モスクワの「特別軍事作戦」から7カ月近くが経過し、プーチンは同国での「部分的動員」を宣言した。

その結果について、ショイグ氏は2日、ロシアとベラルーシで過去2カ月間に30万人以上の予備役が、3000人の教官の助けを借りて訓練を受けたと述べた。

また、戦車、歩兵戦闘車、大砲システム、防空、ドローン、電子戦部隊のために8000人以上の乗組員が準備されたことを明らかにした。
posted by ZUKUNASHI at 22:38| Comment(0) | ウクライナ

紛争で死亡したウクライナ人兵士は10万人 - EU

100,000 Ukrainian soldiers have died in conflict – EU
Ursula von der Leyen provided the estimate, adding that around 20,000 civilian lives have also been lost
European Commission president Ursula von der Leyen has presented the total number of losses estimated to have been suffered by Ukraine in its conflict with Russia.

“More than 100,000 Ukrainian military officers have been killed so far,” von der Leyen claimed on Wednesday, while adding that around 20,000 civilian lives have also been lost amid the fighting, which has continued since late February.

The head of the European Commission didn’t reveal the sources of the information she provided.

In late September, Russia’s Defense Minister Sergey Shoigu stated that Ukrainian losses had to date amounted to more than 61,000 troops, which was ten times higher than those of Russia.

In her address, von der Leyen also proposed to set up a specialized, UN-backed court to investigate and prosecute what she described as “Russia’s crime of aggression.”

She also said that a special structure would be created by the EU to manage and invest 300 billion euro (nearly $311 billion) in Russian Central Bank reserves and 19 billion euro of Russian business figures’ assets, which the EU froze after the outbreak of the conflict. The plan is to use the proceeds from those activities to rebuild and assist Ukraine, according to the commission president.

ウルスラ・フォン・デア・ライエン氏が推定値を提示、約2万人の民間人の命も失われたと補足
欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、ロシアとの紛争でウクライナが被ったと推定される犠牲者の総数を提示した。

フォン・デア・ライエン委員長は30日、「これまでに10万人以上のウクライナ軍人が死亡した」と主張し、2月下旬から続いている戦闘の中で約2万人の市民の命も失われていると付け加えた。

欧州委員会のトップは、提供した情報の出所を明らかにしなかった。

9月下旬、ロシアのショイグ国防相は、ウクライナの損失は現在までに6万1000人以上に達し、これはロシアの10倍であると述べた。

フォン・デア・ライエンは演説の中で、"ロシアの侵略の罪 "を調査・起訴するために、国連の支援を受けた専門裁判所を設置することも提案した。

また、紛争勃発後にEUが凍結したロシア中央銀行の準備金3,000億ユーロ(約3,110億ドル)とロシア人財界人の資産190億ユーロを管理・投資するための特別機構をEUが創設すると述べた。同委員長によると、これらの活動で得た収益をウクライナの再建と支援に充てる計画である。

posted by ZUKUNASHI at 22:13| Comment(0) | ウクライナ

2022年11月29日

ウクライナで殺害されたポーランド人、「アメリカ式」埋葬へ-メディア

Poles killed in Ukraine to get ‘American’ burial – media
A news outlet suggests the grim reason for the sudden concern with efficiency
The controversial decision by municipal authorities in Olsztyn to create an “American-style” cemetery is due to the large number of military burials for the 1,200 Poles who have died fighting in Ukraine, according to the news outlet Niezalezny Dziennik Polityczny.

Olsztyn, in the Warmia-Masuria province, is home to Poland’s 16th Mechanized Infantry Division. Many of its current and former soldiers heeded the calls from President Andrzej Duda and Defense Minister Mariusz Blaszczak and enlisted in Ukraine, where over 1,200 Polish citizens have been killed in action so far, according to NDP. Thousands more have been injured or disabled, the outlet reported, citing publicly available sources.

The outlet says that almost “daily” burials at the Olsztyn cemetery – including the volleys fired by the honor guard – have “irritated” the local residents and led to many inconvenient questions being asked of the city’s authorities. NDP suggested this was the true motive behind the announcement of an “American” cemetery earlier this month.

The proposal calls for 1,700 plots for urns with cremated remains, with “standardized tombstones” along the line of American war cemeteries, according to municipal graveyard director Zbigniew Kot. 

Kot told Gazeta Olsztynska that there was “enough motley” in Polish cemeteries already, and that the new design aimed for a more orderly cemetery, along the minimalist lines seen in Germany and some Scandinavian countries. It is also supposed to help with the rising cost of burials, he added.

The Polish public has reacted poorly to Kot’s design, which envisions rows of 60-centimeter-square headstones surrounded by turf, with no trees, benches, or flower beds common in the mostly-Catholic nation. 

NDP called the design a “disgraceful end to mercenaries who died in Ukraine,” and suggested the number of planned plots means many more are expected to perish.

Specific casualty numbers from the conflict have been hard to come by. In June, officials in Kiev admitted to losing 1,000 or more men per day in the heavy fighting. In September, the Russian Defense Ministry put the number of Ukrainian casualties at 61,000 dead and more than 49,000 wounded, including over 2,000 foreign mercenaries.

あるニュースメディアは、突然効率にこだわるようになった厳しい理由を示唆しています。
ニュースメディア「Niezalezny Dziennik Polityczny」によると、オルシュティンの市当局が「アメリカ式」墓地を作るという物議を醸したのは、ウクライナで戦って死んだ1200人のポーランド人の軍葬が大量にあるためだという。

ウォルミア=マズリア州にあるオルシュティンは、ポーランドの第16機械化歩兵師団の本拠地である。NDPによると、同師団の現役および元兵士の多くが、アンドレイ・ドゥダ大統領とマリウシュ・ブラシュチャク国防相の呼びかけに応えてウクライナに入隊し、これまでに1200人を超えるポーランド人が戦死している。さらに数千人が負傷したり障害を負ったりしていると、公開されている情報源を引用して同誌は報じている。

オルツィン墓地でのほぼ「毎日」の埋葬は、儀仗兵による砲撃も含め、地元住民を「苛立たせ」、市当局に多くの不都合な質問をさせることになったと同誌は述べている。NDPは、これが今月初めに発表された「アメリカ人」墓地の真の動機であることを示唆した。

市営墓地の責任者であるズビグニエフ・コット氏によれば、この提案では、火葬した遺骨を納める骨壺のための1700区画を、アメリカの戦争墓地の線に沿って「標準的な墓石」で整備するとしている。

コト氏はガゼタ・オルスティンスカ紙に、ポーランドの墓地はすでに「十分雑多」であり、新しいデザインは、ドイツや北欧のいくつかの国で見られるミニマリストの線に沿って、より整然とした墓地を目指している、と語った。また、埋葬の費用が高騰しているため、その対策にもなるという。

このデザインは、60センチ角の墓石が芝生に囲まれ、カトリックの国であるポーランドでは一般的な樹木やベンチ、花壇がないもので、ポーランド国民の反応は芳しくない。

NDPは、このデザインを「ウクライナで死んだ傭兵たちの不名誉な最後」と呼び、計画されている区画の数は、さらに多くの人が死ぬことを意味していると指摘した。

紛争による具体的な死傷者数はなかなか出てこない。6月、キエフの当局者は激しい戦闘で1日あたり1000人以上の兵士を失ったと認めた。9月にはロシア国防省が、ウクライナ人の死者は6万1000人、負傷者は4万9000人以上と発表し、その中には2000人以上の外国人傭兵が含まれている。
posted by ZUKUNASHI at 15:23| Comment(0) | ウクライナ

ロシア軍のウクライナ軍への攻撃は、前線で実を結び始めている

うわあ ドネツクのロシア語圏の勢力が2014年にウクライナ人に奪われた地域をすべてロシア人が奪還。繰り返しになるが、ウクライナ人がこれらの地域の支配権を失ったのは2014年以来初めてである。ドネツク共和国代表のデニス・プシーリン氏によると、ロシア軍はドンバス地域のすべての前線で前進しており、非常に困難な状況下で戦いながらも、領土を奪取し続けているとのことです。ロシア軍のウクライナ軍への攻撃は、前線で実を結び始めている。補給路の遮断、修理基地への攻撃、兵器工場、研究所、通信センター、西部兵器庫、エネルギー基盤などへの攻撃は、すべて「兵站、追跡・通信能力などに大きな影響を与えている」という。ロシアに圧力をかけ続けるよう促した。


地元住民や地方当局からの報告によると、クリヴォログの主要な鉄道ハブは、ロシアの巡航ミサイルによって複数回攻撃されました。
「今日のストライキの後、Krivoy Rog の鉄道は長期間機能しなくなります。」・OVA主任シトニチェンコ

ウクライナのエネルギーインフラはほぼ壊滅状態であり、今後数週間は燃料、鉄道、場合によっては橋梁へのシフトが進むと思われます。
バフムトの周辺が大変なことになっているようです。
posted by ZUKUNASHI at 11:08| Comment(0) | ウクライナ

2022年11月28日

ドミトリー・トレニン プーチンの告白は、ウクライナ紛争が何年も続く可能性があることを示唆

Dmitry Trenin: A confession from Putin suggests that the Ukraine conflict could last for years
Most likely, the fighting will continue into 2023, and quite probably beyond, until either Moscow or Kiev is exhausted, or one side claims a decisive victory

Dmitry Trenin is a Research Professor at the Higher School of Economics and a Lead Research Fellow at the Institute of World Economy and International Relations. He is also a member of the Russian International Affairs Council.    
Last week, Russian President Vladimir Putin commented, during a meeting with soldiers’ mothers, that he now regards the Minsk agreements of 2014 and 2015 as a mistake. This concession was stark in the context of the possibility of peace negotiations to end the fighting in Ukraine.

It is worth remembering that in 2014, Putin acted on a mandate from the Russian parliament to use military force “in Ukraine,” not just in Crimea. In fact, Moscow did save the cities of Donetsk and Lugansk from being overrun by Kiev’s army, and defeated Ukraine's forces, but rather than clearing the whole region of Donbass, Russia stopped, and agreed to a cease-fire brokered in Minsk by Germany and France. 

Putin explained to the mothers that at the time, Moscow did not know for sure the sentiments of the Donbass population affected by the conflict, and hoped that Donetsk and Lugansk could somehow be reunited with Ukraine on the conditions laid down in Minsk. Putin might have added – and his own actions, as well as conversations with then-Ukrainian President Pyotr Poroshenko, confirm it – that he was prepared to give the new Kiev authorities a chance to settle the issue and rebuild a relationship with Moscow. Until rather late in the game, Putin also hoped that he could still work things out with the Germans and the French, and the US leadership. 

Admissions of mistakes are rare among incumbent leaders, but they are important as indicators of lessons they have learned. This experience has apparently made Putin decide not that the decision to launch the special military operation last February was wrong, but that eight years before, Moscow should not have put any faith in Kiev, Berlin, and Paris, and instead should have relied on its own military might to liberate the Russian-speaking regions of Ukraine.

In other words, agreeing to a Minsk-style ceasefire now would be another mistake which would allow Kiev and its backers to better prepare to resume fighting at the time of their choosing.

The Russian leader realizes, of course, that many nations in the non-West, those who refused to join the anti-Russian sanctions coalition and profess neutrality on Ukraine, have called for an end to hostilities. From China and India to Indonesia and Mexico, these countries, while generally friendly toward Russia, see their economic prospects being impaired by a conflict that pits Russia against the united West. The Western media also promote the message that global energy and food security is suffering because of Moscow’s actions. Russia’s arguments and protestations to the contrary have only limited impact, since Russian voices are rarely heard on Middle Eastern, Asian, African, or Latin American airwaves.

Be that as it may, Moscow cannot ignore the sentiments of the larger part of humanity, which is now increasingly referred to in Russian expert circles as the Global Majority. Hence, official Russian statements that Moscow is open for dialogue without preconditions. However, any Russian delegation to talks would have to take into account the recent amendments to the country’s Constitution, which name the four former Ukrainian regions of Donetsk, Lugansk, Kherson, and Zaporozhye as part of the Russian Federation. As Foreign Minister Sergey Lavrov has put it, Russia will only negotiate on the basis of existing geopolitical realities. It should be noted that the Kremlin has not retracted the objectives of the military operation, which include the demilitarization and denazification of Ukraine, which means ridding the state and society of ultra-nationalist, anti-Russian elements.    

As for Kiev, it has gone back and forth on the issue. Having nearly reached a peace agreement with Moscow in late March, it later reversed course to continue fighting (the Russians believe this was done on Western advice). Having achieved operational successes on the battlefield this past fall, Ukrainian President Vladimir Zelensky had all contacts with the Kremlin formally banned and formulated extreme demands which he addressed to Putin’s successors, whenever they may emerge. For the West, this was bad from the perspective of public relations, and Zelensky was asked to make it appear as if he was open for talks, but in reality, nothing changed.

The reality is that the principal parties involved in the conflict in Ukraine, namely Washington and Moscow, do not consider the present, or the near future, as a good time for negotiations. From the US perspective, despite the unprecedented sanctions imposed on Russia by the West and the recent setbacks that the Russian Army has experienced in Kharkov and Kherson, Moscow is far from being defeated on the battlefield or destabilized domestically. From the Kremlin’s perspective, any truce or peace that leaves Ukraine as an ‘anti-Russia’, hostile state, is tantamount to a defeat with highly negative consequences.

Instead, both sides believe they can win. The West, of course, has vastly superior resources in virtually every field that it can use in Ukraine. But Russia is working to mobilize its own substantial reserves in both manpower and the economy.

Where Moscow has an advantage is in escalatory dominance. For the US, Ukraine is a matter of principle; for the Kremlin, the matter is simply existential – the conflict with the West is not about Ukraine, but about the fate of Russia itself.

It looks as if the war will continue into 2023, and possibly beyond that. Talks will probably not start before either side is prepared to concede due to exhaustion, or because both parties have reached an impasse. In the meantime, the death toll will continue to mount, pointing to the essential tragedy of major power politics. In the fall of 1962, then-US President John F. Kennedy was ready to walk to the edge of the nuclear precipice in order to prevent the Soviet Union from turning Cuba into its missile base. Sixty years later, Russian President Vladimir Putin ordered a military action to make sure that Ukraine does not become an unsinkable aircraft carrier for America.

There is a lesson to be learned from this. Whatever Soviet leader Nikita Khrushchev thought about his right to counter US missiles pointed at Moscow from Turkey with weapons of his own targeting Washington and New York from Cuba (with Havana’s consent), and whatever successive US presidents thought about their right to expand the NATO military bloc to include Ukraine (at Kiev’s wish), there is always a horrendous price to pay for the failure to take into account the rival power’s security interests. Cuba went down in history as a narrow success for common sense. Ukraine is an ongoing story, with its outcome still hanging in the balance.
ドミトリー・トレニン プーチンの告白は、ウクライナ紛争が何年も続く可能性があることを示唆している。
モスクワとキエフのどちらかが疲弊するか、一方が決定的な勝利を収めるまで、戦闘は2023年まで、そしておそらくそれ以降も続くだろう。

ドミトリー・トレニンは、Higher School of Economicsの研究教授であり、Institute of World Economy and International Relationsの主任研究員である。ロシア国際問題評議会のメンバーでもある。
posted by ZUKUNASHI at 23:21| Comment(0) | ウクライナ

太陽のいびき氏によるダグラス・マクグレゴー大佐 最新アップデート





posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(0) | ウクライナ