福島原発事故: ずくなしの冷や水

2020年01月13日

英国王室が騒がしくなっている

SPUTNIK2020/1/13UK Princes William and Harry Condemn "Offensive" Newspaper Report on Their Ties
The two royal brothers issued a statement amid an emergency meeting hosted by the Queen to discuss the future of the Duke of Sussex and his wife after their unexpected decision to abandon their royal status and live independently.

Prince William and his younger brother Prince Harry issued an official statement condemning an "offensive and potentially harmful" report published in the Times earlier today.

"Despite clear denials, a false story ran in a UK newspaper today speculating about the relationship between The Duke of Sussex and The Duke of Cambridge," the statement read. "The use of inflammatory language in this way is offensive and potentially harmful."

The Times reported, citing an unnamed source, that the Duke of Cambridge "bullied" his brother and his wife Meghan due to his personal dislike of the Duchess, which could have been instrumental in the Sussexes making their decision to step away from their duties.

The Times wrote that the royal couple felt "pushed away" from the royal family due to Prince William's "bullying" attitude.

The Duke of Sussex ヘンリー
The Duke of Cambridge ウィリアム
二人は、ダイアナ妃とチャールズの子。アンドルューはチャールズの弟
posted by ZUKUNASHI at 21:36| Comment(0) | 福島原発事故

2020年01月04日

ソレイマニはアンドロイドを使っていた?

※ Elijah J. Magnier@ejmalrai氏の2020/1/3のツイート
#Iran #QassemSoleimani used his Mobil phone like any normal person

それで米軍がソレイマニの動向を把握できた。そうかもしれません。

ソレイマニのモバイルが軍の所有であっても、ソレイマニの使うモバイルの電話番号がわかれば、機器は特定できます。アンドロイドが一般に収集している個人情報をGoogleに提供させるだけでも多くの情報が得られますし、裏口がある機種ならそこから中に入って位置情報などを使えるようにすることもできます。

通話はもちろんチェックしています。

ソレイマニがイラクやシリアに行くときは、ほとんど秘密にはできないようです。それほどの国際的著名人。

ソレイマニは、米軍がそういうモバイルからの個人情報を使って暗殺を謀るとは考えていなかったのでしょう。普通の国はやらなくても、米国はやるのです。

個人情報だだ漏れの怖さについては、何度も書いてきましたが、こういうことに使われるのです。

あなたは、そんなVIPではない? わかりますけど、奴隷として捕まえて売り捌くには、お客の好みに応じた品揃えが必要なのです。別に高価な上玉でなくてよいという客もいますから。元気だけが取り柄なら、臓器取り出し用としても使えます。

あなたが強盗に狙われているなら、スマホから位置情報を取り出している誰かがいるかもしれないのです。そんな仕組みがあることは書きましたよね。
2019年11月21日 アンドロイドスマホで画面をロックしていても、ハッカーはカメラの画像を取り出し現在地を把握できた

どうぞ気を付けてください。まあ、これだけ何度も書いてもピンとこないようなら、もう無理ですね。個人情報をだだ漏れにし、好きなだけ電磁波に被ばくしてください。

ソレイマニですら、甘いところがあったわけですし。

・・・・・

米軍は、携帯電話の電波をとらえてその場所を攻撃するのは得意技で5年近く昔からやっています。
2015年11月13日 携帯電話の電波がドローンを誘導する?

ソレイマニの暗殺で米国は、米国人に危害を及ぼす恐れがあるから殺害したという言い訳をしていますが、こんな理屈が通るようなら、誰でも殺せます。沖縄や米軍基地の近くで基地反対闘争に参加している市民に対してこの理屈を使われない保証はない。

携帯電話やスマホをこのような目的に使うのに、裏口のない機種は使いにくい。中国の某企業のスマホシェアが急拡大して裏口のない機種が増えていることにいら立ちを強めた。この某企業に対する営業妨害のすさまじさはそのように考えると、理解できます。

逆に凶悪犯罪があったときは、事件が起きた時刻に現場付近にあった携帯・スマホを特定できれば容疑者を拾い出すことができるかもしれません。警察はやっている?
posted by ZUKUNASHI at 22:57| Comment(2) | 福島原発事故

2020年は容易ならざる年

RT2020/1/1
Woke on steroids, Brexit breakthrough & Iran on brink of war: 2020 predictions from RT contributors
2019 was a volatile year of fever-pitch politics, flamboyant rhetoric, culture wars and narrowly missed actual wars. By the looks of it, 2020 is set to crank it all up even further. Here are RT’s top predictions for the new year.

〇 Culture: More woke, more broke
Zachary Leeman, author of the novel ‘Nigh’ and journalist who covers art and culture:

Woke female Bond (‘No Time to Die’), unnecessary sequels (‘Bad Boys for Life,’ ‘The New Mutants’), reboots (‘Fantasy Island,’ ‘Sonic the Hedgehog’), remakes (‘Mulan,’ ‘Dolittle’), and an election for Donald Trump’s spot in the White House that is sure to further trigger already-triggered celebrities is what 2020 has to offer us, so the new year will kind of be like 2019, but on steroids.

With Hollywood continuing its politically correct effort to keep theaters empty while staying afloat with retooled works boasting brand names, woke mobs on social media will feel as empowered as ever to give some extra juice to cancel culture by targeting anyone who dares to speak an opinion not totally in line with the most progressive talking points out there. Plus, the presidential election will be pushing celebrity political rhetoric to a new level of annoying. Buckle in.

〇 Economy: The time of gold, bitcoin and neo-feudalism
Max Keiser, veteran business commentator, host of RT’s Keiser Report:

2020 is the year the USD loses its role as the global reserve currency. We will see a multipolar world of several dominant currencies with gold playing a central role and hitting new all-time highs against the dollar. Bitcoin will also hit new all-time highs as the so-called alt-coin market (BCH, XRP, ETH, BSV, etc.) falls from 32 percent dominance to less than five percent.

QE4 will be unleashed by the US Fed in 2020 and the world’s central banks will continue to gobble up toxic assets and overpriced equities by the trillion. Global central banks will soon hold more than 100 percent of the world’s GDP on their books in the form of illiquid, mis-priced ‘assets’ that can never be sold.

In 2020, easy money and the absence of the rule of law in financial markets will result in a 99 percent concentration of the world’s wealth being controlled by just a few thousand individuals as the global economy transitions to neo-feudalism.

〇 Arms race: A new generation of weapons unleashed
Scott Ritter, former US Marine Corps intelligence officer writing on international security and arms control and non-proliferation:

Russia and the US find themselves on the cusp of a new arms race that is as unnecessary as it is dangerous. The legacy of Cold War arms control agreements born of the previous arms race between the US and Soviet Union has been deconstructed by successive US presidential administrations, leaving only the Obama-era New START agreement in place. But this treaty, which places restrictions on the size and composition of Russian and US strategic nuclear forces, is scheduled to expire in early 2021.

President Trump has criticized the treaty as advantageous to Russia and has indicated he would rather negotiate a new treaty which also covers China’s strategic nuclear force. There isn’t time to negotiate a new treaty before the existing New START agreement expires, setting both the US and Russia on course to develop and deploy a new generation of strategic nuclear weapons without any controls or limitations.

〇 China: Hong Kong riots settled through incentives, not force
Benjamin Chiao, co-author with Nobel Laureate French economist Jean Tirole:

The Hong Kong riots will continue in 2020. The US will continue to give enough incentives to nurture the opposition forces so that Hong Kong can be used as a bargaining chip in US-China relations.

The intermediate goals for the rioters are to undermine the credibility of the pro-establishment camp and the government so that the pan-democratic party will win majority seats of the upcoming legislative council election and the chief executive election.

Even if Beijing fails to see the most desirable candidate elected, it will not march in the People’s Liberation Army, especially because not all protesters are rioters. In fact, Beijing could simply not appoint the elected candidate as a last resort. Beijing will also need to win back the hearts of all protesters by giving favorable policies in the Greater Bay Area. Hong Kong youngsters will find it too attractive to turn down such offers. The youngsters will have no choice as Hong Kong will continue into the second year of recession, the worst in recent decades. They will then find the people across the Shenzhen River are also blood and flesh, different from what the Western media depicts.

〇 Middle East: Iran on the brink of war
Darius Shahtahmasebi, legal and political analyst focused on US foreign policy in the Middle East, Asia and Pacific region:

Iran will be one of the most ominous theaters in the Middle East to keep an eye on in 2020. Just on December 29, the US struck five facilities in Iraq and Syria linked to Iranian-backed militia. While delivering the strikes, the US gave a stark warning that the superpower will take “additional action” necessary for self-defense and “deter further behavior from militia groups or from Iran.” Right until the end of 2019, the US continued to ramp up its maximum pressure campaign against Tehran through the use of its targeted sanctions regime and continues to deliver very elaborate threats against Iran. Furthermore, the possibility of a war between Israel and Iran becomes ever more real.

With Iran-hawks such as John Bolton out of the picture, it is unclear whether or not the US will launch a strike against Iran in 2020. As President Trump seeks to be re-elected in the new year, a hot war with Iran may be the last thing on his mind. However, the tit-for-tats and multiple accusations levied against Iran, namely that it has been targeting US forces and major allies in the region, will also raise the specter that 2020 is likely to result in a noteworthy conflict at some stage involving Iran. Be sure to keep an eye on developments in Iran as the new year ticks away.

〇 US: Failed impeachment & re-election give Trump free hand
Robert Bridge, American writer and journalist, author of the book ‘Midnight in the American Empire’:

Despite a soaring economy and low unemployment, 2020 will be a very challenging year for the American people. The never-ending effort on the part of the Democrats to impeach Donald Trump will continue into the spring, aggravating partisan tensions to boiling point. Meanwhile, yet another domestic scandal will erupt as the Republicans level charges against a number of former Obama officials connected to Hillary Clinton’s 33,000 missing email messages as well as spying on the Trump campaign.

Regarding the much-anticipated 2020 presidential elections, Hillary Clinton will be tempted to join the race as the field of Democratic contenders stands no chance of defeating the incumbent.

Nebojsa Malic, Serbian-American journalist, blogger and translator, senior writer at RT:

Facing a fractured Democrat field and the DNC preference for an establishment candidate, chances are that Trump will get re-elected thanks to the robust economy.

With his opposition thoroughly discredited, Trump would then have a free hand to write his own legacy, both at home and abroad. He might withdraw from Afghanistan, ending the longest US war ever, or make peace with North Korea. He could also start a war against Iran, egged on by Israel and Saudi Arabia – and facing no opposition from Democrats or the media. Expect hostility towards Russia and China to continue, too.

One major promise Trump has yet to deliver on is to “drain the swamp” in Washington, punishing those who targeted him in ‘Russiagate’ conspiracy. He may do that, or he may keep just tweeting about it. We’ll see what happens.

〇 Russia: Turning to Asia, wary of the West
Bryan MacDonald, Irish journalist based in Russia:

Russia’s pivot to Asia will continue. In 2018, the value of Russia-China trade passed $100 million. And that’s only going to grow. The new “Power of Siberia” pipeline, and a massive €11 billion ($12.4 billion) gas processing plant project in the Far East, will further drive it.

Relations with the EU depend on a) whether Angela Merkel lasts the year (and who replaces her if she doesn’t); and b) how determined Emmanuel Macron will be in pursuing his plans to bring Russia “back to Europe (sic).”

The almost complete silence of the EU when the US pulled out of the INF Treaty was bizarre, given that Western and Central Europe has so much to lose from any renewed arms race, as was the incredibly feeble German response to US sanctions on Nord Stream 2. Moscow sees the EU as a US vassal, unable to make its own foreign policy. And Berlin’s reaction will only confirm that belief.

Everyone will hope for peace in eastern Ukraine. Russia would like to improve relations with the EU, and put an end to (at least some) sanctions. But whether Ukrainian President Volodymyr Zelensky is strong enough, and able to resist US pressure, in order to deliver Kiev’s side of any bargain is a real unknown.

The Kremlin will probably try to keep the US at arm’s length, fully aware that the “Russia scare” will be used to discredit presidential candidates who threaten the interests of wealthy liberals who control the mainstream media there.

At home, barring some unexpected global shock, Russian economic growth should pick up. Watch the ruble this year. An under-reported story has been its rise in 2019 (especially against the euro). It may well make further gains.

〇 India: War of Indianness 2.0 & a possible surprise with China
Abhijit Majumder, senior Indian journalist who has been the editor of national dailies like Mid Day, Hindustan Times (Delhi and NCR editions) and Mail Today:

As nationalists push harder for their 2020 vision of India, the pushback from the old, ‘liberal’ Nehruvian establishment will be fiercer this year.

After passing the Citizenship Amendment Act to shelter persecuted minorities from Muslim-majority Pakistan, Afghanistan and Bangladesh, the Narendra Modi government is now aiming for a more stringent and updated National Population Register and thereafter a nationwide National Register of Citizens. All this to weed out illegal immigrants mainly from Bangladesh and Myanmar.

Other widely anticipated political earthquakes next year are a two-child policy, and a Uniform Civil Code (which the Indian Constitution advises), dissolving any religion-based personal law.

Frosty India-China relations may spring a warm surprise in 2020, with Chinese President Xi Jinping and Modi designating it the ‘Year of India-China Cultural and People to People Exchanges.’

〇 EU: Learning to live without Britain
Neil Clark, journalist, writer, broadcaster and award-winning blogger:

One of the most cogent arguments for supporting Brexit, from a genuinely internationalist viewpoint, was that without Britain, the EU would go in a better direction, certainly in regards to its foreign policy. The UK, where neocon influence in the establishment remains very strong, even after Iraq and Libya, urged the EU to lift its arms embargo on Syrian ‘rebels’ and has also been the most hawkish of the major EU powers on sanctioning Russia. The downside of Brexit, from a Brussels perspective, is that the third largest net contributor to the EU budget is leaving, so that hole in the finances will have to be covered after the transition period ends. The EU faces a challenging year, but predictions of a total collapse are likely to be proven wrong again: the EU is simply too big to fail. Paradoxically, Brexit could help it in the medium- or long-term, especially if it leads to the economically suicidal sanctions on Russia (calculated to have cost the EU €30 billion ($33.7 billion) in October 2017) being substantially eased or lifted.

〇 UK: Buy British, build British, think British
George Galloway, former UK MP, TV and radio presenter, film-maker, writer and renowned orator:

I predict a big jump in the sale of union flags in Britain as post-Brexit our people begin to think British, buy British, build British! For years now, we have been regaled by EU fanatics with Project Fear. We’d run out of everything apparently from medicines (including those we invented) through cheese (cheddar anyone?) to people who pick our apples. Well, now we will have to pick our own fruit and grow more of our own food in this green and fertile land. I predict a surge in patriotic feelings and there is reason to be pleased about that. A self-sufficient country (like Russia) is something to be. The EU flag in any case never really caught on in Britain – except among Labour leadership contenders like Emily Thornberry who wore one to the Labour Party conference.
posted by ZUKUNASHI at 00:00| Comment(0) | 福島原発事故

2020年01月02日

長年の習慣、慣習なんてもろいものです 捨てても何も痛痒を感じないものばかり

管理人は、日本人としての習慣や慣習をほとんど捨てました。最近は、状況の変化に応じてふっ切れる年配者も多いようです。一度捨てて、その後に何が生まれてくるかですね、大事なのは。

今日届いたお便りから。

今年は餅なし、お刺身なし、魚なし、お雑煮なし、おせち料理なしの普通の食卓でした。ついでにうるさい正月番組を流すテレビも消して・・・。

 元旦の朝食は、いつもように中華食材のトウチとフニュウを入れた味噌汁風の御汁とオーストラリア産のごはん、を基本に、好きな洋楽を聞きながら・・・。

 長年の習慣の縛りから抜けることは、案外たやすいことでした。
 今年は人間関係の縛りからも抜けることになりそうです。

・・・・・

若い方は、意味のない習慣にとらわれず、自分流の習慣を。世の慣習に縛られて貴重な時間を費やすことはありません。
posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(0) | 福島原発事故

2020年01月01日

今年はシロアリ商法類似診断事業で資金確保が課題

今年は、放射能、電磁波環境測定診断サービスを始めます。昨年、電磁波対策のコンサルティングでお客様の頭痛が解消するという顕著な成果を見ました。生じているのは、頭痛だけにとどまるはずがありません。

機材は、いろいろ取り揃えました。

簡易型放射能測定器・・・ロシア製 
サーベイメーター類似の放射能測定器・・・米国製

連続的放射能測定記録システム携帯型・・・タブレットパソコン、測定器共に日本製(測定器のGM管はロシア製、タブレットは中国製のはず)

電磁波測定器・・・3種、台湾製

距離測定器・・・中国製

バッテリーカメラ・・・中国製
タブレットスマホ・・・中国製
緊急時用スマホ・・・多分中国製
巻き尺・・・中国製
デジカメ・・・日本製
安いモバイルーター・・・中国製
安い有線ルーター・・・日本企業のものですが中国製のはず
大体1個在庫を置いています。

安いWebカメラ・・・日本企業のものですが中国製のはず
USBハブ各種・・・中国製
携帯用モニター・・・中国製
雑多なケーブル、周辺機器・・・中国から送られてくるものも多かったです。在庫を置いています。
少し高い据え置き型LTEルーター
安い無線ルーター・・・中国製
これも在庫を置くことになるでしょう。

今、私は、リアルタイム測定装置の出張修理・設定に行く際には、雑多な小物類が入ったカーペンターバッグなるものを持っていきます。その場に応じて器具を取り替えながら作業するのにとても便利。

徘徊時には次の機械入りのバッグを肩にかけて営業重点地区を探します。

簡易型放射能測定器(SOEKS)・・・ロシア製 
電磁波測定器、コンパクトなもの・・・台湾製(個人勘定に振り替え)
距離測定器・・・中国製
タブレットスマホ(ファーウエイ)・・・中国製
緊急時用スマホ(アイフォン)・・・多分中国製
デジカメ・・・日本製

今年は、シロアリ商法類似商法で少しは稼がなくては。リアルタイム測定システムに使う機械もだいぶくたびれてきているはず。
posted by ZUKUNASHI at 11:24| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月31日

放射能測定器? それとも電磁波環境異常検出器?

管理人が読者からの出捐で調達し、全国に置いてもらっている空間線量率リアルタイム測定システムは、コストは安いもののなかなかの優れものなのです。

全国各地にあるこの測定システムは、一義的にはそれぞれの管理者が一番受益します。お住いの環境の放射能水準がどうかを把握できることのほかに、電気的、電磁波的な環境もチェックできるのです。当初、こんなに設置環境の差が顕在化するとは想定していませんでした。

例えば、住まいの近くの工場で日常的に非破壊検査を始めた、どこかのレーダーの電波が住まいに照射されるようになったなどの変化は検出できるでしょう。

1か所で毎日16:30に送信が止まるとクレーム。機械交換。新しいものでも16:30送信停止。これは測定システムに原因があるわけではない。さてなんだろう。午後4時半というと、よい子はおうちに帰りましょうの放送の時間だ。ShareXが止まるというのだが、ネットが止まっているはず。

機械交換後のサーバーの受信記録と、交換前の機械の送信ログを調べると、

12/18 16:32:16
12/17 16:30でグラフ送信停止 取り換え後の新しい機械。
以下は取り替え前の機械のHistryによる停止前の最終送信時刻。
12/15 16:31:59
12/14 16:32:00
12/13 16:32:04
12/12 停止なし
12/11 停止なし
12/10 16:31:56
12/9 16:31:55
12/8 停止なし
12/7 16:31:52
12/6 停止なし
12/5 16:31:56 
12/4 停止なし
12/3 停止なし

放送が終わってブチッと電源が落ちるときに送信が止まっているようだ。
このシステムは繊細、脆弱なのでこんなことまでわかります。(ええ、安い器具を使っているからですよ。不憫に思ったら出捐を!)

このシステムを設置していれば、お住いの場所の電磁波環境が変わると、異常が出ることが多いのです。すごいでしょう。

まあ、この件については、ネット関係のアダプターも交換し、再起動の時間を16時半過ぎにして、安定稼働を確保できました。

最近管理者から教えてもらったところによると、管理者のお宅から100メートルも離れていないところにビルが建ち、10月半ばから入居が始まっていたと。

ちょうどそのころからテレビ代わりに使っていたモニターの画像が乱れるようになったのだそうです。お住いと新築ビルとを結ぶ線は、スカイツリーの方向に延びているのだそうですからまあ、テレビ画像に影響が出ることもありうるでしょう。

ですが、私は、新しいビルが防災行政無線の電波を反射するようになったのではないかと考えています。そのうち機会があれば現地で空を眺めながら歩いてみたいと思います。

この管理者の方は、あまり街並みの変化などには普段ご関心がないようなのですが、大変な勉強家なのです。

「私が16:30でスティックPCが止まるのに気づいたのが11月初めくらい。
市の防災無線の放送自体に変化がなくても、このビルがなんらかの障害になっている可能性もあるな〜と思っています。」

しっかりと原因の推定をつけておられます。機械の脆弱さもすごいけど、その分管理者がぐーんと成長する好例です。とてもうれしいです。
posted by ZUKUNASHI at 23:15| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月30日

2019年も年末まで悪魔のささやきは続きました

※ kikumaco(2/1ビッグアップル)@kikumaco氏の午後8:34 ・ 2019年12月29日のツイート
福島産の米は全量について放射性物質検査がされており、約1000万袋のうち99.9951%が測定下限値未満。もちろんTOKIOの米もその中に含まれます。値が出たわずかな量の米の中に100Bq/kgの基準値を超えたものはありません
https://fukumegu.org/ok/contentsV2/kome_summary_2.html

この大阪大学の教員のツイートが日本の社会にどれだけの影響力があるか知りませんが、このような悪意に満ちたツイートを繰り返していることは、影響力はないということなのだろうと思います。

※ 桑ちゃん@namiekuwabarad氏の2019/12/30のツイート
放射線管理員も経験した桑ちゃんからすると、Cs134+Cs137>100Bq/kg越えをドラム缶詰め管理区域保管していたもの食品基準とされてもね。しかも主食の基準が100Bq/kgとは恐れ入る。事故後経過8年以上たっていても緊急時の基準でやってる国って迷惑な話だしこんな学者には教わりたくもない。

放射能被ばく問題について、その害を軽視する立場で発言している日本の学者の世界的な観点から見た学問的業績は、決して誇れるものではない。

日本に限らず学者、大学教員というものは、ある面については、深い知識があるかもしれませんが、他の分野についても同じく深い知識、正しい理解を持っているわけではなく、社会に害悪を流すこともままあるということは、上のツイートからも理解できるはずです。
posted by ZUKUNASHI at 11:52| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月29日

放射能被ばくが多いと新生児の男女比が下がる 本当らしい

愛知県調査2019/11/1時点 県計
0-4歳の男 0-4歳の女 男女比
161,854   154,125  1.0501

福島県調査2019/12/1時点 県計
0-4歳の男 0-4歳の女 男女比
32,698    31,948    1.02348  


食べ物の影響もありますけど、どうも本当らしい。2018/10時点の5歳未満児ですから、被ばく回避しなかった親は、たっぷり被ばくしている。

データ出所:人口推計 各年10月1日現在人口 2018/10/1現在

もう少し長く見てみると、男性の精子が放射線で被ばくして女の子が増えるということはあるにしても、それ以外の要因も大きいようです。


福島県の出産適齢の男性が2011/3に大きく生殖器に被ばくしたのだとしたら、2014/10/1現在(2009/10から2014/9に生まれた者)の5歳未満の者の男子比率がこんなに上がるのはおかしいですよね。

posted by ZUKUNASHI at 20:49| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月28日

日本人は激減、ハンディキャップを持った人のお世話も満足にできない社会になっていく

F1事故からの9年近い時間の経過とともに色々なことが起きていますね。読者との意見交換の中で伺う話は、深刻でちょっと書けないです。

それほど深刻ではなさそうなところでは、歯の生え替わりの異常。
ちょっと驚くのは、女の子で性的成熟が早まり、小学1年生で性徴が見られるなど

男子では、性的な成熟が早まり、小学校の低学年で精通を見たなどということがあるんでしょうか。昔から早い人は早かったですけど。

むしろ性的成熟は被ばくによって遅くなっているのではないかと、予想していたのですが。

個別に身長が伸びないという事例はあります。多数伺っていますが、統計的にははっきりその傾向が出ているわけではありません。サンプル調査の結果でサンプル数も少なく統計値の信頼性にいささか疑問があります。

ただ、親の被ばくによって通常の男女比1.05が下がるということは昔から言われており、それは統計上もうかがわれます。

それ以上に人の誕生を巡っての顕著な変化は、出生数の減少です。

次の図では、出生数の減が特に激しくなっています。9年間で月当たり80人の減。あと16年経つと新生児ゼロ? これは人口減に伴って、出産適齢にある男女の数が減っていることも影響しています。



人口減要因の影響を緩和するために人口10万人当たりでみると次のようになり、出生率の低下度合いは緩和されます。



この地域は、人口流出が続いています。2011年の初めから転出超過状態。改めて眺めるとF1事故直後の転出が大きいです。この地域は、2011/3に何度もプルームが通りました。体調悪化を感じた人も多かったのかもしれません。


転入転出する人は、概して若い方です。転入超過なら出産適齢の方が増えますから出産が増え、新生児の減り方が少なくなります。千葉県の東葛地域などの人口動態がそれほど悪くないのは、人口流入の効果です。

ですが人口流入があっても、指数が悪化しているところがあります。神奈川県の大和や厚木の辺りがそうです。

出生数減のほかにも子供の異常があります。奇形を持って生まれてくる子供の情報はぱったり止みました。不思議なほどに。

そして発達障害やその他の精神的な障害を持つ子供が増えています。これは統計で明らかです。

女の生殖機能に変調が出ている。男の生殖機能にも同じく変調。生産される精子に不健全性が認められることも多いはずです。

日本人の再生産メカニズムは、今大変な危機に遭遇しています。何も啓発せず、規制もせず、被ばくするかどうかは自己責任にゆだねるどころか、むしろ被ばくを奨励すらしています。

10年で止まるか、管理人は難しいだろうと考えています。バンダジェフスキーが言うように、このまま放置すれば日本人の人口は激減する。ハンディキャップを持った人のお世話も満足にできない社会になっていくと管理人は危惧しています。

ハンディキャップを持った人の親御さんは、死んでも死にきれない、そんな思いを持つようになりはしないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 20:53| Comment(1) | 福島原発事故

2019年12月27日

F1 3号機原子炉建屋内調査の映像 放射性物質漏洩の危険がいっぱい

※ NMF2011@NMFUKUSHIMA2011氏の2019/12/26のツイート
【映像資料】東京電力福島第一原子力発電所における3号機原子炉建屋内調査の映像


※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/12/26のツイート
めちゃくちゃやね。やはり3階あたりだと歪大きいね。耐震設計?またドライウェル側が下がっていることが気になる。土台のひずみとも考えられ、ペデスタル支持金具が外れた場合、格納容器自体も崩壊最終的に原子炉建屋に及ぶ恐れあり。開口部もあったようだし強風で拡散するの当たり前だね。地震怖いね

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/12/27のツイート
それと気になったことは、3階上部天井コンクリート剥がれ包筋材むき出し、梁の支口も錆あれば強度なく、使用済み燃料の内張りSUS6mmの厚み、いつまで強度的に持つのかも心配になったね。異常事態宣言出ている最中、復興語る福島県。今さえよければ人間ばかり。

・・・引用終わり・・・

構造物の強度に不安。地震で破壊される恐れが大。さらなる放射性物質の飛散。

東海再処理施設のガラス固化がとん挫している。

※ 朝日 2019年12月26日09時30分
放射性廃液の処理を2年中断 東海再処理施設の廃止作業
福地慶太郎
 日本原子力研究開発機構は25日、原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す東海再処理施設(茨城県)の廃止作業で、放射能が強い廃液を固める工程が約2年間中断する見通しを初めて示した。漏れ出すリスクを下げる最初の重要な作業だが、設備の故障が相次ぎ、12年半で終える計画は達成が困難となる。完了まで約70年、約1兆円の国費を投じる廃止作業は出だしからつまずいている。
 施設内には、再処理で出た高レベル放射性廃液が約350立方メートル残る。この廃液は、冷却設備などが使えなくなると沸騰や水素爆発が起こる危険があり、放射性物質が外に漏れるおそれがある。

危険がいっぱいだ。
posted by ZUKUNASHI at 11:30| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月26日

北電31年間誤って報告? こんなことは言い訳に過ぎない

※ 青木美希@aokiaoki1111氏の2019/12/25のツイート
「北電はガスのサンプリング調査のときに、配管を保護するため、空気と混ぜてガスの濃度を半分にしています。しかし、国などへの報告やホームページで公表する際に本来の数値に戻していませんでした」「サンプリング数値を元の濃度に戻すとマニュアルに書いていなかった」

北海道放送(株)2019/12/24(火) 18:48配信
“31年間”誤って報告 泊原発から放出の放射性廃棄物量 濃度半分の数値を元に戻さず 北海道電力
北海道電力は24日、泊原発から放出されるガスに含まれる放射性物質の量を31年間誤って報告していたと謝罪しました。
北電によりますと、誤っていたのは、ぞうきんなどを燃やす施設から大気中に放出される放射性物質の量です。
北電はガスのサンプリング調査のときに、配管を保護するため、空気と混ぜてガスの濃度を半分にしています。
しかし、国などへの報告やホームページで公表する際に本来の数値に戻していませんでした。
実際の放出量は国の基準値のおよそ10万分の1で人体に影響はないということです。
17日の原子力規制庁の検査で明らかになり、1988年の試運転開始からミスは31年間続いていました。
サンプリング数値を元の濃度に戻すことはマニュアルに書いていなかったということで、北電はミスの原因を調べることにしています。

  

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/12/25のツイート
こんなことは言い訳に過ぎない。
これを見れば、平気で大気放出していたことがうかがえる。北海道が白血病増えたことにも起因してるでしょう。
原子力発電所での放射線量上昇0.02(μSv/h)警報設定、前にもTWしたが0.068μSv/h上昇8000Bq/kgCs計濃度必要。0.02の恐ろしさ理解しないとね。

・・・引用終わり・・・

「ガスのサンプリング調査のときに、配管を保護する」? 原発は、配管が腐食するほどの強い酸化作用のあるガスを常時放出しているんですね。

大気中に放出され薄められても近傍に住む人は吸い込む機会が多い。のどや肺が腐食する。

空気と混ぜて測定していた! ほんとに半分の濃度になるように31年間正しく混ぜていた? 混ぜるのは31年間正しく行われて、濃度の計算は間違っていた?

そんなこと信じられますか? こんなのは意図的ですよ。故意ですよ。

原発の運営者は、放射能が体に害があり、原発が放射性物質を常時放出しているために人の健康に有害であることはを百も承知なのです。ですから隠すのです。

女川原発の近くでは、宮城県が設置したモニタリングポストが分厚い鉛の腹巻をしていました。これも同じです。県もずーっと、ぐるだったのです。

それでいながら放射能は安全安心だとか、食べて応援などという宣伝に乗せられている人は、冥途に送り込まれているのです。自分で進んで収容所に入っているようなものです。

そして次々に待機期間が終わり順番の来た人から深刻な病を発症しています。
posted by ZUKUNASHI at 12:08| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月25日

被ばくによる健康障害はこれからが本番

相双地域への住民の帰還が進められています。地方の人口減少が続く都市とまだ人口増の続く大都市近郊都市との出生率や死亡率を比較するのは難しいですが、特に死亡率に大きな格差が続いています。





死亡率の上昇は、主に高齢層の人口の厚さによるもので、その死亡数の増にF1災害による環境汚染がどれだけ寄与しているかはわかりません。

ただ、被ばくによる健康障害は何年もの時間をかけてじわじわと現れることは確かなようです。海外の学者が指摘しています。

管理人も、数か月前に開業医のところで高校生くらいの背の高い若い男性が採血を受けていた光景が心に澱(おり)のようにとどまっています。なんで採血? 中年の人も。勤め人が定期健康診断を受けるような医院ではありません。

白血病のり患患者が続いています。白血病は、そのタイプにもよりますが、今は決して不治の病ではないそうです。

これからの季節、本物の風邪やインフルエンザが流行ります。白血病のかかり始めは、風邪の症状に似ているとされます。

福島県立医大では若い方の白血病患者が多いと聞きました。福島だけではないはずです。どうぞご注意ください。おかしいと思ったら病院へ。

被ばくによる疾患は、原因不明とされることも多いのですが、白血病は血液を検査すれば診断は容易です。それを怠って白血病を見逃したのであれば、訴訟を起こして賠償金を取りましょう。

医療界は、内心、我が世の春なのです。

若い人は、健康保険の負担と受益のバランスでは、負担のほうがはるかに大きい。仕事が忙しくても出世なんかしなくていいから休みを取って病院へ! 健康保険税、健康保険料掛け金を生きているうちに取り戻そう!

この冬は、前年よりもさらに死亡者が増えるのは確実。若い方が年寄りに交じって長い旅に旅立つことはありません。

被ばくによる健康障害はこれからが本番です。

めげ猫「タマ」の日記が南相馬市小高区の居住者数の変化を分析しています。
南相馬市小高は居住者減、避難指示解除3年3ヶ月
「どんどん減っています。今の所は歯止めがかかる気配はありません。これからも減り続けます。」と書いてある。

今日は12/23、都県の11月分人口動態が発表され始めています。県別の人口動態も10月分の速報が近く公表されます。

自分はいつまでもこの統計値に含まれることはないと考えるのはご自由ですが、少なくとも心の用意は必要です。あの人が!! と皆驚いているのに自分に関しては人を驚かすことはない? そんなに都合の良いことは起きません。

2019/11分の人口動態が発表されています。茨城県第3区の人口動態指標は大きく悪化です。次のグラフでは、F1事故のあった2011/3以降出生数、死亡数ともにこれまでのトレンドが変わったことがはっきりと読み取れます。

特に出生数は、ここでトレンドが反転しています。

植物で言えば、種ができない、種ができても芽の出ないものがどんどん増えているのです。そういう不健全な種から芽が出ても健全に育つことは難しい。

被ばく回避をしない人は、自身、そして自分の子孫にそういう不健全性を受け入れています。そしてどんな障害が出てくるか、じっと見守り待ち受けているのが日本の医師たちです。

今、日本のサービス業のコンサルタントは、「お客様」とは言わないで「オカネ」と言うんだそうです。医院によっては、「患者」ではなく「オカネ」と呼んでいるかもしれません。

9年経つとF1から放出された放射性物質が跡形もなく消えてしまう? そういう夢は楽しいですよね。ですが、そんな夢を抱いている人は、中枢神経に障害が出ている人だけです。

被ばくによるものと疑われる深刻な体調不良の例を、ぽつぽつと伺っています。因果関係がわかりませんから、事例の紹介は控えていますが、事例を教えてくれた方から、もっと書いてよいと言っていただくようになっています。

2019年12月23日 寿司食いねえ! 

老人の私には、不確かなことを書いて世間を驚かせるインセンチブも、時間もありません。このブログに書くことをどこまで真剣に受け止めるかはあなた次第です。

出生数減のグラフよりもはるかに急な傾斜でこのブログのアクセスが減りました。もうお役御免と期待しているのです。いつも売れ残りの衣類をゲットと自慢しているのも恥ずかしくなってきたので、アルバイトでもしてボロ衣類を更新しなければなりません。

消費増でそのほうがよほど世の中のお役に立つはず。フリーハグもしなくてはいけないし。
posted by ZUKUNASHI at 12:14| Comment(2) | 福島原発事故

2019年12月23日

寿司食いねえ! 

この記事は、2019/12/22に読者から寄せられたお便りに触発されて書いたものですが、お便りの内容には触れませんでした。便りをくださった読者から、もっと書き込んでもよい、それがより多くの人が健康を維持する助けとなるなら望むところだとのメッセージが寄せられました。

この読者のお宅では、夫婦ともに働いておられます。子供さんが二人。夕食はご主人が作っておられるようで西日本の食材で賄っておられます。ご主人と子供さんたちには特段の体調不良は見られません。

ただ、奥様のほうがお忙しいようで、夕食を回転寿司でとることが重なっていたようです。最近、奥様が家にいるときは横になっていることが多く、何かちょっとしたことで激昂することも増え、自動車事故も起こすようになってきたとのことです。

先日奥様が少し深刻な事故を起こしたことでご主人が注意したところ、奥様が激昂し、子供さんとともに転居してしまったのです。子供さんの学区の関係もありますから、おそらくこれまでの住居からはそう遠くない場所ではないでしょうか。

ご主人は奥様の変わりようを見て、寿司などを食べて被ばく回避に努めなかったのが原因となり、ブラブラ病類似の症状が出てきたのではないかと心配しておられます。

以上のような経過を伺い、以下のような警告を書き起こしたのです。管理人は、もう一人寿司が好物だった女性に身体症状が出た例を伺っていますが、一番新しいお便りでがんが見つかったと伺っています。寿司をはじめとする海産物の危険性について警告するのは久方ぶりです。


寿司はうまいですよね。チラシ寿司でも江戸前寿司でも。

でも、寿司が好きな方に体調不良を起こす例が見られます。因果関係について確たることは言えませんが、家族の中で寿司が好きな人にだけ特定の体調不良が起きたりする例があります。

管理人は、寿司を食するときに呑むお茶、海鮮魚類に汚染があり、それが主な要因になっていると見ています。海苔も原因となりうるでしょう。

F1からは、汚染水が毎日大量に海に流出しています。海は広い。ですが、F1事故後北米サンフランシスコ近くの海岸で高い放射能が検出されたり、海洋生物に異変が起きたりしていたのです。

北米近くに到達したごみや放射性物質は、もう日本の近くまで戻ってきているのではないでしょうか。

海水の定期的な検査とその結果発表は行われていません。

少なくとも日本近海の海産物は危険。食べないほうが良いです。特に回転寿司チェーンの一部では奇形魚を仕入れているとの説があります。一時、回転寿司チェーンの店に救急車が何台も来ていたとの目撃体験が伝えられました。

回転寿司チェーンから病院に運ばれた方々の今の健康状態はどうでしょう。

チラシ寿司なら作るのは難しいことはありません。アフリカ沖のタコ、アルゼンチン産のエビ(砂が多いです)、インド洋のマグロ、チリの養殖の鮭は湯がいて少しだけ。

卵焼きも少し。アボガド。海苔の代わりに辛いカイワレダイコン。

寿司飯をうまく作れば、十分行けます。
posted by ZUKUNASHI at 21:07| Comment(1) | 福島原発事故

2019年12月19日

横浜市が災害廃棄物焼却

横浜市が丸森町の災害廃棄物焼却開始

世田谷区

横浜市青葉区
posted by ZUKUNASHI at 10:16| Comment(6) | 福島原発事故

2019年12月18日

位置について よーいドン!

管理人が全体の管理を総括している私設空間線量率測定システムは、1号機の設置から1年半以上を経過しました。開発開始からほぼ2年です。

読者の協力を得て一応全国をカバーするシステムとなりましたが、この管理運営に多くの手間がかかっています。

当初は、Wifi利用でサーバーにデータをアプロードしていましたが、管理人自身がWifi電波に常時さらされて目に障害が出ました。

それで有線LANへの切り替えをお願いしてきました。現在Wifi利用のポイントは2か所、携帯電波+据え置き型ルーター使用が3か所。ただ、有線LANへの切り替えでは、電流が不足するという問題が生じました。そのため電源供給付きのUSBハブを手当てしました。

当初 スティックパソコン+GC10、Wifi利用
一次 スティックパソコン+GC10、Wifi利用、ヒートシンク
二次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター
三次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター+LTEルーター(一部のみ)
四次 過去画像の記録開始
五次 ソフト改良 電源オンで自動でソフトが立ち上がり送信開始に
六次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター+電源供給付きUSBハブ
七次 一部にタブレットパソコン、ミニパソコン導入
八次 ソフト改良 毎日一定時刻に自動再起動
九次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター+電源供給付きUSBハブ+ノイズ遮断措置

測定システムで生ずる問題をこうやって一つずつつぶしてきましたが、まだ問題が残っているところがあります。

管理人としては、できるだけ管理者に手間を、負担をかけないで済むようにソフトも改善してきました。一日一回の再起動は、WINDOWSの更新が多い中で、安定稼働に資するはずと期待しています。

一応、最新鋭システムが多くの箇所に配置され、稼働開始です。さて、どこで最初に問題が生ずるか・・・・。出来の悪い子ほどかわいい。よく言ったものです。

・・・・・・

朝見て見ると、なんと私の手元のパソコン画面が真っ黒け。これは少し古い型のものでむしろ安定していたのですが。再起動。

1か所は、管理人にお任せ。もう1か所は、不調になること織り込み済。他は正常。あれっ、島根で高いスパイク。



正午に予定した自動再起動は、管理人が外出したため確認できませんでした。でも夕刻の時点では、管理人が調製して出荷した機械は一応正常稼働。

この測定システムは、一義的にはそれぞれの管理者が一番受益します。お住いの環境の放射能水準がどうかを把握できることのほかに、電気的、電磁波的な環境もチェックできるのです。こんなに設置環境の差が顕在化するとは想定していませんでした。

例えば、住まいの近くの工場で日常的に非破壊検査を始めた、どこかのレーダーの電波が住まいに照射されるようになったなどの変化は検出できるでしょう。

また、誰か悪意の者が自宅や自分の車両にX線を照射しているなどの事例があれば、これも測定データで確認できます。据え置き型のほかに携帯型のシステムも作り、実地試験を終えています。

集団ストーカー被害に遭っている人は、X線照射を受けていると訴える人もいますが、そのような場合にどれほどの時間、どの程度のX線照射を受けているかを把握できます。

被害者から依頼があれば、資金提供者と相談して無償貸与も考えるのですが、これまでご依頼はありません。

・・・・・

1日経過。1か所で不具合発生。自動再起動で回復するか見ます。2回目の再起動。再起動せず。ネット回線の障害かWindowsOSに障害発生です。おそらくネット回線の障害でしょう。

サーバーの画像が古いまま。更新が止まっている。
・ネット回線の障害
・機械が停止
・キャプチャーソフトが停止(送信先が誤り)
・WindowsOSの障害(Update後の再起動の失敗)

サーバーの画像は更新されているが、古い画像のまま。
・ネットは稼働、キャプチャーソフトも稼働
・GC10モニターソフトの障害で同一画像を表示したまま(あまりない)

表示される画像がおかしい。
・GC10からの信号を受信できていない。ケーブル接続不良、電圧低下)
・GC10モニターソフトの障害

自動再起動しない。
・再起動してもネット障害で画像が送られない。
・機械またはOSの障害。(機械本体の取り換え)

遠隔監視で必要な措置を管理者に要請できます。管理者の手を極力煩わせない効果もあります。なぜか問題児だった測定ポイントのシステムががおとなしくなっています。問題児がこのままおとなしくなれば、システムは完成です。

残る問題は、管理者には基本的なパソコン取り扱いの知識が必要なこと。当初知識がなくてもこちらからの助言でどんどん吸収していく方もおられれば、そうでない方も。

これから家庭でもパソコンを使う機会は増えるだろうに、主婦だからパソコン使えなくてもよいということにはならないだろう。

2019/11/19は3回目の再起動。組み込み済のところで障害発生の箇所1か所を除いて再起動実行。このまま続くとよいですが。

2019/11/19夜の時点で停止が2か所。1か所でデータが取れなくなっています。OSは動いています。

2019/11/20 再起動予定の9か所のうち障害発生中の1か所を除き再起動実行。

G20が6時で画像が変わらなくなった。10時半現在同一画像の送信継続。
G23が10:50現在8:10現在の画像をアプロード継続している。
G38は稼働継続

2019/11/21、正午に障害発生中の1か所を除き7か所が再起動。
夜になってG24で障害発生。G24が21:50 送信停止。G27復帰

2019/11/22、G24を除き7か所が再起動。G38連続稼働だったが22:20異常発生。

2019/11/23、障害発生のG24を除き7か所が再起動。

2019/11/24、毎日再起動予定のところ8か所全部で再起動。1か所は週一回水曜日。鉢かぶりパソコンが1か所。近く網被り測定器も出現予定

2019/11/25、順調に再起動。G38連続稼働だったが11/25、22:50異常発生。

2019/11/26、8か所再起動。G38 17:40障害発生

2019/11/27、9か所再起動。G20 朝方障害発生、画像送信継続、再起動  G38 14時点ですでに障害発生。23:27現在、14時から15:20のグラフをサーバー送信して表示。G4再稼働 

2019/11/28、8か所再起動。G23、11/28中に次第に検出数消滅。G38、11/29朝グラフ更新停止


2019/11/29、7か所再起動。G5、朝8時前に送信停止、再起動せず、電源落ち、原因不明。

2019/11/30、朝G5停止継続、7か所再起動

2019/12/1、6か所再起動。

2019/12/5、再起動予定箇所9か所すべて作動

先発の私設測定網がいくつかありますが、時間の経過とともに不稼働か所が増えてきています。測定器の故障、パソコンの不調、ネット回線の不調、メンテナンスが大変なんですね。自分でやれなければ誰かに依頼するしかなく、費用がかさみます。

都市部での電磁波激戦区でも耐えうる機械を確保すべく、GM-10をテストしてみることにしました。機械を取り寄せて、まずメンテナンス。あれれ、ソフトが動かない。数日前まで動いていたのに。仕方がない。パソコンのOSアプデイトから始めたが、終了しても改善せず。

パソコンを替えることにした。ソフトのインストールと設定。これが面倒。シリアル番号を入れなければならないのだが、どこにあっただろうか。明日はまた探し物かとうんざり。

新しいパソコンを使うことにして、古いパソコンをアプデイトしたのちにクリーンインストールした。1909になったが、今回はずいぶん時間がかかった。

GM-10のソフトの設定。アプロードする画像の拡張子をつけなかったら画像として認識されなかった。何度やっても迷う。

一応、グラフ送信にこぎつけて、一晩稼働させ、翌日再起動。自動で立ち上がったが、グラフの縦のスケールが記憶されていない。設定内容をグラフで記録。SHAREXを起動して全画面をキャプチャー。

GM-10_2019_12-setup、GM-10_2019_12-graph、GM-10_2019_12-ftpとして画像を201912に保管。こうやって記録しておかないとすぐ忘れる。

GM-10を再起動して1時間経たないが、meanが0.11、40cm離れた場所のGC10の平均値は0.109μSv/h。ぴったり同じ。機械の調整完了。



過去画像を記録しており、最高数値が高くなっている時は、それを調べればいつの事象なのかがわかる。


GC10は携帯電話の電波の影響を受けているらしい。GM-10には反応がない。


2019/12/10、10か所で再起動、近く2か所の機械を更新して12か所になる予定。4か所は管理者がすぐ対応してくれるので自動再起動は導入していない。大体狙い通りの動きになったようだ。

12/10、G38障害発生

2019/12/11、10か所で再起動。午後4、5所で再起動の予告が出ましたが、短時間で終わり、グラフ描画も中断しませんでした。

2019/12/16、予定した箇所がすべて再起動。機器の健全性確保確認に自動再起動は効果が大きいです。

1か所で毎日16:30に送信が止まるとクレーム。機械交換。新しいものでも16:30送信停止。これは測定システムに原因があるわけではない。さてなんだろう。午後4時半というと、よい子はおうちに帰りましょうの放送の時間だ。ShareXが止まるというのだが、ネットが止まっているはず。

12/18 16:32:16
12/17 16:30でグラフ送信停止 取り換え後の新しい機械。
取り替え前の機械のHistryを調べると。
12/15 16:31:59
12/14 16:32:00
12/13 16:32:04
12/12 停止なし
12/11 停止なし
12/10 16:31:56
12/9 16:31:55
12/8 停止なし
12/7 16:31:52
12/6 停止なし
12/5 16:31:56 
12/4 停止なし
12/3 停止なし

放送が終わってブチッと電源が落ちるときに送信が止まっているようだ。
このシステムは繊細、脆弱なのでこんなことまでわかります。

このシステムを設置していれば、お住いの場所の電磁波環境が変わると、異常が出ることが多いのです。すごいでしょう。

先週末にスティックパソコン、3台の機能最終確認して送り出しました。今日は2台、帰ってきたものの機能確認しましたが、問題なし。しばしばOSのバージョンアップを要求していた1台は、1809から1903の準備ができていましたが、1903はスペック的に無理な機械なのです。要求通りに再起動しいましたが、案の上失敗。いつか更新を止めなければなりません。そしてスタンドアロン的に使います。

これまで開発してきたリアルタイム空間線量率測定システムは、都市部、電磁波激戦区での稼働が安定せず、これらの地域に置くためには設備の抜本的な強化策が必要かと考え始めています。

これから電磁波環境は悪化する一方と見込まれますので、今のペースでトラブルが増えていくと費用も掛かり労務的にも対応しきれなくなりそうです。

設置場所でこれだけの差が出るとは、思いもよりませんでした。まあ、初期に設置された私設測定網が半身不随以上の残念な状態になっていることを考えれば、あり得たことなんですね。

防災行政無線によるとみられる障害は、4時半の定時放送でなく臨時の放送の後にも発生すれば原因確定です。原因究明優先か、安定稼働優先かは管理者の選択です。

手元にあった少し高級な(1000円以上)の周辺器具が2個家から出ていきました。中国製でもいろいろあって、高いものはそれなりに使えますが、安いものはそれなりにいろいろある。

電磁波環境の状況を判断する何らかの数値指標が欲しいと考え始めています。

12/18、G29、16:32:16を最後に送信停止、G20、18:42:16を最後に送信停止。G27、14:56:49を最後に送信停止。

なないちさんの日記帳 というサイトに
LANケーブルをUSBコネクタに変換Aという記事があり、その中でむき出しのピンの部分をアルミ箔で包んだら効果があったと書かれています。

USB1.1になる詳しい原因は分かりませんが
「アダプタの "ピン" が剥き出しのせいで、外部からノイズの影響を受けているのでは?」
と考え、試しにアルミホイルで変換アダプタを包む事にしました。
「変換アダプタ」にアルミホイルを直接巻きつけると、剥き出しの配線にアルミが接触してショートするのでまずは下地にテープを貼り、次にアルミホイル、最後にテープの順で貼り付けます。
・・・
検証のため「一旦アルミカバーを取り除く→再び付ける」を三往復回繰り返します
・・・
速度計測を行った結果
間違いなくアルミカバーは有効である
という事を確認しました。


私らが放射能測定器をアルミ箔で包んだりしていたのは、決して間違っていなかったのです。最近は、サーバーの受信記録と、個別端末のキャプチャー画像でどこかおかしいかは推定が付くようになっています。
posted by ZUKUNASHI at 21:05| Comment(3) | 福島原発事故

2019年12月17日

福島の若い人たちに深刻な被ばく症状が継続

この記事の初出 2019-11-20 00:33:41

福島県下で白血病やブラブラ病のような被ばくに起因するとみられる疾病を発症する若い方が続いています。

被ばく回避に努めている方の中にもそういう方がおられるそうです。

福島県立医大には、白血病で入院している若い人が多いそうです。福島県立医大の医師は、被ばくによる疾病の増加は百も承知です。福島県には立ち入るべきではありません。

福島県と福島県外との仕切りはありません。被ばくによる健康被害は、被ばく量に応じて直線的でかつ閾値なしで生じます。

宮城県に配偶者の実家がある方は、その家はがん家系ではないのに一家全員ががんを発症したと。

福島であろうと茨城であろうと宮城であろうと、要するに汚染があるところに住めば健康を害する確率は高まります。

そんなことはわかりきったこと。人口動態統計がそれを実証しています。被ばく影響の特徴は、原因となる物質が体から抜けにくいこと。そして、身体の器質的な変化を起こし、子孫にまで影響があることです。

8年も経ったのに福島以外でも突然死が出ているとまた伝えられています。30代とかで。何も不思議ではない。そういう事例が見られなくなることはない。日本の国土の放射性物質汚染は半永久的に続きます。

ほら、またですよ。ご冥福をお祈りします。

※ ライブドアニュース@livedoornews氏の2019/11/15のツイート
1000RT:【訃報】滝口幸広さん、突発性虚血心不全で死去 34歳  https://news.livedoor.com/article/detail/17382248/
13日に死去したことを所属事務所が報告。人気舞台『ミュージカル・テニスの王子様』などで知られ、舞台を中心に活躍していた。

被ばく症状と疑われるものをまとめた次の記事は、毎日数は少ないもののアクセスがあります。読む人が絶えない状況です。
被曝症状最前線 こんな症状が出たら被曝が原因ではないかと疑うのが今の日本の常識です

2016年03月20日
BBCがなんと言おうと 福島の災害は人々を殺しつつある クリスバスビー

※ Greenlabel_sideB@greenlabel_tw氏の2019/11/4のツイート
【引用】残念ながら日本人は情報が少なすぎる。(政府当局は)情報を隠している。今のような形で情報を隠し続けると、(対策の遅れによって)数十年後に日本の人口は激減してしまう。この悲劇を小さな事故だと見なしてはいけない。( #東洋経済 オンライン 2012年03月22日)
セシウムによる健康被害を解明したベラルーシの科学者バンダジェフスキーが会見、心臓や甲状腺への蓄積を深刻視

良心的な海外の科学者が予言したとおりになっています。

いくら福島県が原発事故による被害を隠ぺいしようとしてもそれはできない。福島市、郡山市、いわき市合計の出生死亡比率。出生数÷死亡数
2019/11は、赤ちゃん1人に亡くなる方が2人の割合です。濃厚汚染地帯に無理やり元の住民を帰還させようとしても、早晩帰還した人の健康被害が強まります。亡くなる方の出方を早めるだけ。

福島県は、県民の消滅を急いでいる? 人がどんどん消えていき、その後に人が入ってくるわけではありません。新たに入ってきた人にもいずれ健康被害が出ます。福島県は日本人に人生の終着駅を提供している? 

身元不明の遺体が見つかるのは、千葉県が多いです。福島県ではどうなっている? 自殺者が大変多いともされています。

https://twitter.com/m9999s9999m/status/1160168878137200640
(M (QarmyJapanE4))
地元なので言います。 自殺者すごいです
https://twitter.com/TAKAHIRDRAGON13/status/1142328963806588928
(TAKAHIRO☆DRAGON (QarmyJapan eagle1))
知ってますか? 311後、プレハブ住まいになった方達が、
生活困難で1000人以上亡くなってることを 政府はなにもしなかった
5:39 - 2019年8月10日

福島県下では、原因が何であれ、避難者に厳しい。

民の声新聞 2019/12/17 07:24
【台風19号水害】体の良い追い出し? 郡山市が「25日で避難所終了」を決定。いわき市なども「無理に追い出さないが年内閉鎖を目標に支援続ける」。避難者を路頭に迷わすな!


posted by ZUKUNASHI at 15:36| Comment(4) | 福島原発事故

生きているうちにシリアに行きたいものだが

シリアを調べていて無性に行ってみたい気持ちが強くなっている。
観光客の受け入れが可能になれば、私のできるささやかな助けになるかもしれない。

そこで、シリアの安全確保が先か、私の倒れるのが先か、どっちだろうと真剣に検討した。

次は政府の人口推計から、2014/7月の年齢階層別人口と2019/7月のそれを比較して年齢階層別の人口減耗率を計算したもの。私の属する階層では、5年間で5.1%減。これが後期高齢者になると8.6%に上がる。まだいけるだろうか。

もっとも後期高齢者になれば、ほとんどの人が病気のデパート。

私には、シリアは刺激が強すぎるかもしれない。

行けるとしても、東南アジアがせいぜいだろうか。子供がこの前タイに行ったと書いてきた。長距離の旅、ようやるな。まあ、仕事ならしょうがないか。別のは何年か前に中東の人権面で批判の多い国に行っていた。ロシア人は、エジプトのシナイ半島の先端に保養に行くらしいが、私は行きたくない。

でも、シリヤは面白そうだ、いろいろな民族が入り混じって暮らしているのがとても魅力だ。ひょっとしたら旅行できるようになるまで生きられるか。もう一回計算。今度は男のみ。

男だけで計算すると、2014/7から2019/7までの70から74歳の減耗率が7.2%、75歳を超えると12%だ。以下の推計では、この階層別の減耗率がこの先も変わらないとの前提で計算しています。

私は5年前には65〜69歳階層だった。5年後は75〜79歳階層、10年後は80〜84歳階層に属する。

これからサバイバル競争が激しさを増すことがわかる。でも5年後までならなんとか生存者のほうに入り込めるかもしれない。10年後になると今の人数の7割しかいなくなる。

自分が生き残れなければ、ロシアとシリアに頑張ってもらって早く治安を回復してもらえばよい。

体力も当然落ちていくだろうが、向こうで倒れたら向こうで葬ってもらって構わない。中村哲氏の遺体は、日本に帰ってきたらしいが、彼の身体と精神は、アフガニスタンの風土とすでに一体化していたのではなかろうか。そんな気がするのだが。


モウロクじじい! さっさとくたばれ!と毒づいてみても、そう簡単にはその通りにはならないのです。あなたのほうが先かも。

年齢階層別の人口分布を男性について2019年と2029年で比較すると、2029年では50歳代と60歳代の前半が多いことが明らかです。

サービス業や物販でも50代後半から60代前半のむさくるしい親父が多くなる?

スーパーのレジにおやじばっかり。コンビニもおやじ。どこもかしこも、おやじや爺さんばっかり。お客は、おばさんや婆さんばっかり。介護士もおやじやおばさんばっかり。

減耗率はさらに上がる。障害で働けない人も増える。どんな社会になっていく?

posted by ZUKUNASHI at 13:10| Comment(0) | 福島原発事故

2019年12月16日

日本に住むには高圧洗浄機は必須機材

高圧洗浄機の実演販売をやっていました。

「この機械は、福島第一原発事故の直後に欲しかったです。ドイツの人が家を洗えと言っていて、何かおかしいことを言うなと思っていましたが、セシウムなどの放射性物質が付着した家屋は、すぐ高圧洗浄で洗い流すべきだったんですね。」

「当時、そういうご依頼があってお受けしています。」

はー、やはり知っている人は知っていたんですね。

「今回の水害でも需要が多かったでしょう。流れ込んだ土砂の洗浄に重宝しますよね。」

「はい。」

「福島第一原発事故のような事故がそう頻繁に起きては困るけど、日本に住めば原発事故に、水害も覚悟しなけれはなりませんからね。売れ筋はいくらくらいですか。」

「この機種です。」

「2万円ですか。そのうち買わないといけませんね。」

まあ屋根の上までは無理でも外壁程度なら洗えそうな感じでした。
posted by ZUKUNASHI at 01:27| Comment(1) | 福島原発事故

2019年12月14日

マニュアル 自動更新停止

Windows OSの更新を止める方法はうまいものがないのですが、次の操作をしてみてください。

Windowsマーク → プログラムの一覧からWindowsシステムツール を開く
コントロールパネル → 右上のカテゴリーから小さなアイコンを選択
管理ツール → サービスを開く
 サービスの一覧画面でWindows Update を右クリックしてpropertyを開く。
スタートアップの種類を無効、サービスの状態で停止を選択。
適用を押す。

 サービスの一覧画面に戻り、Update Orchestrator Service をダブルクリック、開いた画面で 上と同じように
スタートアップの種類を無効、サービスの状態で停止を選択。
適用を押す。

あと、機械によりタスクスケジューラーの設定変更が必要なこともあるようですが、お手元の機械にはrebootを除き、追加あるいは削除すべきtaskはないはずです。

当面、上の操作を行ってください。そしてこの機械を継続利用してみてください。

次の記事を参考にしています。
Windows 10自動更新を無効化/停止して止めて手動アップデートをする方法

・・・・・

機械取り換え要求殺到。何個か、最新の状態にアプデイトしてありましたが、出荷のために最終確認すると、また更新。明日、1個発送。月曜に2個発送。まだ来るかな、なんである時に集中するんだろう。

でも管理者から調子がおかしいんだがと知らせていただけるのはありがたい限り。一種のお守りになっているのかな。

管理者からの交換OKの通知待ちの待機1個。

次のサイトを見て自分でやってください。なんて言ったら石投げられるだろう。
Windows Updateを勝手に自動更新しないよう設定を変更する~グループポリシーエディター(gpedit.msc)を使用する方法
posted by ZUKUNASHI at 15:47| Comment(4) | 福島原発事故

2019年12月13日

F1の収束作業はこの先どうなるんだろう

※ 二太郎@2tarou氏の2019/12/12のツイート
デブリ搬出1グラムから検討 F1 /  東京新聞  : 瀬戸の風 http://ow.ly/R09x30q16fq

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の午前8:44 ・ 2019年12月13日のツイート
やっぱり「下手にデプリいじるなよ」蓮池さんの考えも同じですね。
何故かを一般の方は理解できないし、炉内想像ができない事、放射性物質の特性、核分裂連鎖反応の条件基本的な知識身に付けていないので「どんな危険があるか?」予知できない。日本では原子力に関し嘘教えこんでいるから始末が悪い。

・・・・・・

F1の収束作業はこれからどう進むのでしょう。

要するに、原発事故を大火災害などと同じように扱いたいんですよね。小出氏が原発事故があると「国破れて山河あり」にはならないと述べていたと記憶します。

「立ち入れない山河」、「変わり果てた近づけない山河」にはしないというのが核利用推進者側の目標なのでしょう。

@ 土地の放射性物質汚染は、除染作業でごく一部を取り除き、居住不可の場所を局限する。住民の帰還を促すのは、「ほら、もう普通に人が住んでいますよ」というためです。

A 放射能被ばくによる健康被害は、放射能被ばくとの因果関係を否定する。鼻出血の被ばくとの関係を否定する政治家まで現れました。きわめて稀な子供の甲状腺異常、がん多発について福島第一原発事故との因果関係をあやふやにしようと福島県の委員会が粘っています。

この2点は強引に進められてきました。

B 事故を起こし、強烈な汚染があるF1の施設はどうするんでしょう。@、Aからすれば、更地に戻すのがベストです。何もなかった、何も起きなかった場所に見せたいはずですが、これは避難者への補助を打ち切り、マスコミに洗脳させる、カネにまみれた学者を動員するだけでは足りません。

A 石棺化は、計画では検討すらされていないようです。
チェルノブイリの石棺は、原発事故の負の象徴です。二つ目は作らせないという、推進陣営の方針があるようです。

B 汚染水は海洋放出が有力な選択肢、現在でも汚染水は海に流れ込んでおり、事実上止めようがない。

仮にF1の敷地を更地に近い状態に持っていく、事故の痕跡がない状態に持っていくとすれば、核燃料の取り出しは必須条件です。

さもないと未来永劫に放射性物質に触れた濃厚汚染水が太平洋に流出する。今後何年も放射性物質を含む蒸気が地面から噴き出すということになります。

2018/2/7 13時57分





放射能測定器を持った人が近づいて、静かに顔を見合わせるような状態ではだめなのです。

溶融核燃料の固まったもの、デブリは、原子炉格納容器内、原子炉格納容器外の底に接する部分、原子炉格納容器外の地中(深浅含め)にあると見られます。

放射能の強さを考慮しなければ、取り出しやすいのは原子炉格納容器内。まず原子炉内のデブリを取り出す。ついで、原子炉格納容器からデブリを取り出す。

次に、原子炉、原子炉格納容器と建屋を除去する。

原子炉格納容器外の底に接する部分のデブリを除去するのは、その後になります。

最後に、地中のデブリを除去する。大きな、深い穴を掘ることになるでしょう。

こんな順序になるでしょうか。膨大な放射性廃棄物が産まれます。

放射能の強いデブリは、そばに寄れない。遠隔操作で動かすにしても、どこに保管する? 

原子炉格納容器は厚い鋼鉄製です。切断して運ぶのでしょうか。放射性廃棄物としてはこれと建屋の建物がかさばります。

汚染水タンクの置き場所すらないというのに。F1の敷地外のどこに置く? 野ざらしというわけにはいきませんよね。大きな屋根のある倉庫が必要になります。

燃えるものは燃やす? ガレキ焼却本番です。

建屋の除去のためには、建物底部の汚染水を抜かなければならない。この汚染水はどうする?

福島第一原発の事故処理は、世界に散らばる原発の過酷事故の際の対処の先例になります。原発事故があっても自己責任で対処しろというわけです。日本はまだカネがあるからいろいろできるという面があるでしょう。

彼らには、日本人の命など吹けば飛ぶほどに軽いものなのかもしれません。

そういう処理をされては、日本に住むものとしては耐えられないのですが、それは耐えさせる、許容させるというのが推進陣営に支配された日本政府の方針です。

おそらく、上に書いた方針に沿って事故処理が進むと思われます。

収束作業従事者の被ばくは途方もなく大きくなり、被ばくが原因で亡くなる方も多数に上るでしょう。

そして従事者でなくても、日本に住む限り、この先被ばくが累積するリスクは大きなものがあります。例えば建屋の撤去になったとき、粉塵は飛び放題に飛ぶでしょう。3号機でその前例があります。1、2号機排気塔の切断ですら大量の放射性物質が飛散しました。

原子炉建屋だけではなくタービン建屋の撤去でも膨大な放射性物質に汚染された粉塵が飛ぶでしょう。それに続いて原子炉格納容器の除去。

そして、それがいつになるかはわからない。収束作業が30年になるか、50年になるか、100年になるか。東海第一の廃炉作業でも建物などはほとんど手つかずのままです。

福島第一原発事故の月に生まれた人たちは、その人生の終盤で福島第一原発の収束作業が終わっているのを見ることは難しいだろうと管理人は考えています。

蓮池透氏は、近著「告発 東京電力は万死に値する」の中で「今世紀中の廃炉はムリ」と書いておられるそうです。2011年生まれの方が22世紀を迎えるときには89歳ということになります。

蓮池透氏は、原発管理のプロフェッショナルです。ブログ管理人は、核物理や原発管理の実態については全くの素人です。シロウトが海外の事故事例、チェルノブイリ、スリーマイル島、ハンフォードやラザフォードの事例を見て得た結論は同じでした。

関心もなさそうな年配者が多いですが、ご自分の遺伝子が途絶えることもあまりご関心がないんですかね。なら、なんで孫を抱いて喜んでいる? 不思議でなりません。
posted by ZUKUNASHI at 17:26| Comment(2) | 福島原発事故