福島原発事故: ずくなしの冷や水

2018年12月26日

延岡の近くに放射性物質放出源 与那国島で線量率上昇

新潟県下の測定ポイントで深夜になって上がってきました。

12/24には移動平均値が0.18μSv/hまで下がっています。0.03μSv/hの上昇でした。

志賀原発は冬季を通じて日本海沿岸に放射性物質を届けています。志賀原発は早期に停止、廃炉が必要。

与那国島で上がっています。北の風ですね、どこでしょう。韓国起源? 与那国島は雨が降っています。韓国も雨らしく各地で上がっています。そんなに大きくは上がらない感じです。

与那国島の上昇が続いています。ちょとおかしい。

ようやく上げ止まりました。
ここで寝ましたが、その後もまた上げていました。0.05μSv/h幅の上昇です。

起源は台湾のようです。






台湾の第一原子力発電所か第二原子力発電所が起源です。次は第一原子力発電所


このような現象が収まるまで台湾の保養には注意が必要です。

2018/12/25、宮崎県で空間線量率が小幅に上がっています。

このような現象が繰り返し見られます。九州の他の地域で上がっていないのに宮崎だけで上がる現象。

詳しく調べたらこの1年でこんなに上がっています。宮崎で核事故ありました?


周りは官庁と学校です。放出源になりそうな施設は見当たりません。ということは、延岡市の広い地域で線量率が上がっている恐れがあります。


posted by ZUKUNASHI at 01:16| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月25日

FUKUSHIMAの人口はどう動く

さくらのサーバーが復旧しました。プロがプロ仕様の機器を使ってやっていても障害はまま起きます。

福島県は人口動態の公表で5歳刻みの年齢階層別人口を公表しています。

2013/11時点から2018/11時点までを年齢階層別に並べると次のようになります。一番左が0歳から5歳未満、その右から5歳刻みで年齢階層が上がります。20歳未満の若い人の数は年々減少しています。20から24歳階層で数が落ち込んでいますが、これは学校卒業で県外に出る若い方が多いためとみられます。



30から34歳と35から40歳を比べると30から34歳の左端青い線の人たちが毎年約5分の1ずつ一つ上の階層に移行し、5年後の2018/11には35から40歳階層の一番右の黄色い線の構成者となります。だいたい見合った数値になっています。この年齢階層での増減は、5年間の自然減(死亡)と社会増減によるものです。

あまり変化がないということは、自然減(死亡)も社会増減も少ないということになります。

2013/11と2018/11を取り出して並べます。手書きで書き込んだような対応関係です。


比較しづらいので2013/11の分を一つ右に動かします。青い棒と黄色の棒との差が人口変化です。若い人の層と老年層で人口減が大きいことがわかります。


変化率をみると次のようになります。60から64階層から減少率が高くなっています。現役引退で県外に転居する人もいるのかもしれませんが、減少率の変化は連続的です。特に社会減が大きいということではなさそうです。

ということは、福島県内では60から64歳階層から死亡率が上がり、75から79歳階層では5年間で人口減10%となっています。


もう一度冒頭のグラフに戻ると、今、福島県では65から69歳階層が突出した数を示しており、16万人弱の人口がありますが、この階層の今後5年間の動向によっては、人口減がさらに大きくなるということになりかねません。


福島県の人口構成は、若者と老人が少なく、壮年層が多い安定した、活力のある社会の姿が続くことになりそうです。

・・・・・

2018/12/25、福島県が12/1現在の人口と11月中の動態を発表しました。

福島1区の指数が急悪化しワースト上位に進出です。短期の順位変動は、短期指数、つまり出生率変化率(直近1年間の人口10万人当たり出生率とそれ以前1年間の人口10万人当たり出生率の差、通常マイナス)から死亡率変化率(直近1年間の人口10万人当たり死亡率とそれ以前1年間の人口10万人当たり死亡率の差、通常プラス)を差し引いた値によって左右されます。
福島1区は年央は短期指数が縮小していましたが、ここにきてまた拡大しています。特に注目されるのが出生率がじわじわと低下していることです。これは、出産環境条件の影響が大きいとみられますから、そう簡単に好転はしないでしょう。

年月  出生率変化率 死亡率変化率
Apr-18   0.97 1.05
May-18   0.97 1.04
Jun-18   0.98 1.03
Jul-18   0.96 1.02
Aug-18   0.96 1.03
Sep-18   0.96 1.01
Oct-18   0.95 1.01
Nov-18   0.95 1.02

福島で子供と老人が少なく、壮年層が多い安定した、活力のある社会の姿が続くことになければ、復興事業景気の中で、♯福島復興不倫などが続くことになるのかもしれません。まさにハッピー福島! ということになるかもしれないという気がしてきます。
posted by ZUKUNASHI at 19:34| Comment(0) | 福島原発事故

ここまで露骨にやっても無駄だよ

河北新報2018年12月18日火曜日
自主避難者家賃補助終了へ 福島知事「実態調査は不要」
 東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の現状について、内堀雅雄福島県知事は17日の定例記者会見で、実態調査を行う必要性はないとの考えを示した。
 県は2017年春、自主避難者に対する住宅の無償提供を終了。このうち所得の低い約2000世帯を対象に続けてきた家賃補助も来春で終える予定。
 内堀知事は「避難元(の市町村)や避難先と連携し、住宅確保などを支援する」と強調。自主避難者全体を対象にした調査の必要性を問われたものの「現時点では相談がある方から話を聞く」との趣旨の説明を繰り返した。
 自主避難者への対応を巡っては、複数の支援団体が11月下旬、原発事故に伴う全ての避難者の生活実態調査や家賃補助の継続などを求める要望書を県に提出している。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の11:22 - 2018年12月25日のツイート
福島県知事が棄民。福島県は事故から2020年までに避難者ゼロを目標にしてるから、これもその一環なのか。避難者として数えなければ、見た目の数は減らせるから。
→自主避難者家賃補助終了へ 福島知事「実態調査は不要」 | 河北新報オンラインニュース

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/25のツイート
内堀県知事=東電の犬ですから当然でしょう。プルサーマルに関しても、原発25年賞味期限40年延長←40年延長しなければ大震災であろうが、今回の事故は起きなかったでしょう

・・・引用終わり・・・

2000世帯を対象に続けてきた家賃補助を2019年春に打ち切りか。多くの人が帰らないと思う。生活保護も県外のほうが受給しやすい。帰っても野心の大きい医師のモルモットにされかねない。
posted by ZUKUNASHI at 13:53| Comment(0) | 福島原発事故

この惨状 もう言葉がないよ 日本の「大学教授」は非科学的

※ sivad @sivad氏の2018/12/21のツイート
返信先: @konamihさん
こなみさん、おしどりマコさんへの謝罪はまだですか?

※ こなみひでお @konamih氏の1:53 - 2017年2月12日のツイート
放射線に関してベクレルという一番簡単な単位すら理解出来ないバカがマスコミにまだいることはまったく許しがたいこと。おしどりマコにしてもそれで稼いでいるプロで,何も分かっていないくせにデマを吹き,メディアが持ち上げるなどとんでもない話。 https://twitter.com/konamih/status/830457413710991360

※ 大石雅寿(個人としての発言) @mo0210 氏の11:23 - 2018年12月23日のツイート
大石雅寿(個人としての発言)さんがペーターをリツイートしました
「可能性はゼロと言い切れない」=「可能性はゼロとみなして良いから気にしないでね」です。

・・・・・

※ きょん @Rosa_centifolia氏の2018/12/23のツイート
伊達市の件、勉強会で早野先生のお話しを聞いたけど、個人情報がどうなっているか聞いたような気がする。記憶が曖昧だけど、個人が特定できないデータと仰ってた気がする。わざわざそんなミスしないでしょ。

※ Haruhiko Okumura @h_okumura氏の2018/12/23のツイート
あの論文は,緯度経度は粗く丸めて個人がわからないようにした上で解析しているし,倫理委員会も通してあるけれど,論文に出した図とほぼ同じものを,倫理委員会に通す前のICRPダイアログセミナーで見せたことに,市議が食いついているらしい

※ Jun Makino @jun_makino氏の2018/12/23のツイート
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2335
実際の論文には 1/100 度より細かい、個人特定可能なデータが使われている、という指摘もありますね。

※ Haruhiko Okumura @h_okumura氏の2018/12/23のツイート
丸められていてもjitterをかけて個数分の点を打つことは私ならよくやりますので,この指摘が正しいかどうかはわかりません

※ Jun Makino @jun_makino氏の21:08 - 2018年12月23日のツイート
メッシュの中で集落がありそうな場所に選択的に点をうつのはなかなか高度な技術だと思いますが、そういうことにあるのかもしれません。同意のないデータが使われているというのは了解されたということでしょうか?

※ Haruhiko Okumura @h_okumura氏の2018/12/23のツイート
返信先: @jun_makinoさん
それは市側・著者側どちらの落ち度かは私にはわかりません

※ Jun Makino @jun_makino氏の2018/12/23のツイート
どちらかに落ち度はあるということですね。了解いたしました。

※ Jun Makino @jun_makino氏の2018/12/24のツイート
通常の奥村さんなら論文の図と地図を重ねて偶然の一致がありえるかどうかを統計的に検定くらいはしそうだが、まあ、すると面倒なことになるからね、、、

・・・・・

この奥村という人については次のような指摘もある。

※ 私のニセモノに注意 ‏@tokaiama氏の2013/9/25のツイート
安全デマで有名な奥村三重大副学長のツイート →19時のNHKニュース,広野町のコメ全袋検査,PanasonicのTOUGHBOOK,K-40まで0.0Bq/kgと表示 pic.twitter.com/DGbEWEdPFD これには嗤った 頭隠して尻隠さず、狸が化けて尻尾を振ってるぞ
玄米にはキロ当たり70〜80ベクレルのカリウム40が含まれている セシウムがゼロでもカリウムがゼロには絶対にならない。なるとすれば測定が真っ赤なウソである証明である

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/25のツイート
個人情報流出も在りますが、データの採取にあいまいさ多いもので科学の信憑性を欠いた論文を出してしまうというお粗末さも大学教授への信頼を失うとともに、大学とは何か?今の大学の質で存在させて良いのか問われる。政治は変わるが教育に利権や政治、権力を介入はさせてはならない。

・・・引用終わり・・・

「大学教授」として何十年も生計を立ててきた人たちが、なんでこんなに「科学的」でないのか。以前から薄々感じていたから、別に被爆の影響で頭おかしくなっているわけでもないらしい。日本の「大学教授」の多くはその程度なのか。
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(1) | 福島原発事故

伊達市民は原発事故の人体影響を調べるための・・・・か

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の19:41 - 2018年12月23日のツイート
ぐえ。

「ところが2015年2月に早野氏と宮崎氏は、伊達市の測定事業を実施している事業者の千代田テクノル(東京)から、品質向上のためという名目で個人情報を含むデータの提供を受けていたのである。このことは伊達市も承認していた」

次の記事は、込み入った話をよく掘り起こし、整理して書かれています。めったにない良記事。木野龍逸氏の活動、快調です。
AERAdot 木野龍逸 2018.12.21 17:29
伊達市が2万7千人以上の被ばくデータ無断提供 杜撰過ぎる個人情報の取り扱い
地方自治体の個人情報の扱いの杜撰さと、研究者の個人情報に対する意識の低さが浮き彫りになる事態が発生した。

伊達市は2018年12月21日、第三者を含めた「調査委員会」を立ち上げることを発表。調査開始時期や人選は未定だ。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故後、福島県伊達市が市民を対象に実施している被ばく線量測定事業に関連して、伊達市が福島県立医科大学に測定結果の分析を依頼した際、明確に提供への不同意を示していた97人を含め、2万7千人分以上の本人同意を得ていないデータを研究者に提供。研究者がすべてのデータを論文に使っていたのだ。加えて、分析依頼の約半年前には、同じ研究者らに、個人情報にあたる住所や生年月日などが含まれたデータが提供されていたことも新たにわかった。

 データの提供を受けたのは、東京大学教授(当時)の早野龍五氏と、福島県立医大助手(当時)宮崎真氏。2015年8月に伊達市は、当時の仁志田昇司市長の名前で福島県立医大に対し、被ばく線量測定事業で得られたデータの分析とあわせて、分析結果を論文で発表するよう依頼していた。

 この依頼を受け、同大の放射線健康管理学講座は宮崎氏を主任研究者、早野氏を研究担当者にした研究計画書を作成。同年12月に倫理委員会で了承され、2016年と17年に宮崎氏と早野氏の共著で論文が発表された。

 二つの論文の前提となる福島県立医大の研究計画書には以下の記載がある。

「研究対象者については、伊達市からこの研究のもととなるデータを取得する事業について説明を受け、事業に参加しデータ提供を行うことに同意した者のみを対象とする」

 しかし、この条件は守られていなかった。

 同意した市民の人数が明らかになったのは、2018年9月4日の伊達市議会だった。伊達市の健康対策担当参事は高橋一由市議の質問に対し、不同意が97人、同意書の未提出が2万7233人と回答。しかし論文では、不同意や未提出まで含めたデータを個人情報が含まれた状態のまま分析していた。倫理の問題だけでなく、合法性が問われるのではないかという研究者もいる。

 同意のないデータを提供したことについて伊達市健康推進課は、「どうなっていたのか、当時の関係者に聞き取りをしています」と、歯切れが悪い。今後については、「これから(個人情報保護条例の担当部署の)総務部なども含めて、市として調査することになると思います」という。

 一方の宮崎氏と早野氏は、メールでの取材に対し、「委託元との信頼関係の上で、適切なデータが渡されているという前提であり、当方が確認をしていないこと自体が問題であるとは認識していません」(宮崎氏)、「委託元から適切なデータが渡されているという認識でした」(早野氏)と回答した。
しかし、伊達市が福島県立医大に提供したデータを情報開示請求で入手した伊達市民らは、「データには同意の有無を示す項目がある。見てないなんてありえない」と憤る。確かに市民から提供された資料を見ると、データ一覧の右端に「同意有無」の項目があるのが一目でわかるようになっているのがわかる。

 また、研究倫理に詳しい東京大学の井上悠輔准教授は、同意書の手順について「不安を感じる」と述べ、次のように指摘した。

「この同意書は、問診表と研究への同意書を一枚の紙で運用していますが、『問診表兼同意書』というのが強引に見え、読んだ人が果たして自由な判断ができたかどうか、疑問に感じます検査結果の『研究機関への提供』と『本人への連絡』をひとまとめにして説明し、同意を求めていますが、これらは本来別々の流れのもののはずです。それを一緒にしているため、両者は一体か、あるいは前者(研究へのデータ提供)が後者(本人への検査結果の連絡)の条件であると受け取られる可能性があります」

 この件ではもうひとつ、個人情報の取り扱いに重大な瑕疵があったことが推察される点があった。

 伊達市は2015年8月1日に福島県立医大に分析を依頼した時、「個人を特定しうる情報を削除した上で、個人情報保護に配慮した処理を施した形」でデータを提供すると明記していた。それを受けて福島県立医大は、「研究者には個人特定が可能な情報は市により除去され提供されない」と研究計画書に記載した。

 ところが2015年2月に早野氏と宮崎氏は、伊達市の測定事業を実施している事業者の千代田テクノル(東京)から、品質向上のためという名目で個人情報を含むデータの提供を受けていたのである。このことは伊達市も承認していた。データには個人に付けられたID、世帯番号、地番を含む住所、性別、生年月日、ガラスバッジの測定結果などが記載されていた。

 問題は、このデータがその後、どうなったのか確認できないことだ。

 取材に対して早野氏、宮崎氏はともに、データは消去したと回答している。しかし伊達市に聞くと、破棄されたのかどうかは「把握できていない」と話し、「データ(の管理状況)を把握する必要はあった」と、手続きの不備を認める。

 他方で早野氏、宮崎氏は、研究では測定事業の住所情報は使っておらず、伊達市により数値化された情報なので問題はないという認識を示している。

 ほんとうにそうだろうか。

今回、宮崎氏に問い合わせたところ、測定事業で個人に付けられた番号を研究でも個人IDとして使用していたことがわかった。つまり早野氏、あるいは宮崎氏が2月のデータを保有していた場合、伊達市が住所がわからないように加工しても、個別の番号から個人情報を識別できる状態になっていたのである。伊達市が「個人情報保護に配慮した処理」をしてデータを提供したという説明には根拠がなくなるのだ。

 自治体の個人情報保護に詳しい情報公開クリアリングハウスの三木由希子理事長はこのような状況について、「脱法的ではないか」と強く批判する。

実質的に識別可能な状態にあるにもかかわらず、8月に提供したデータには個人情報を含んでいないので問題ないかのように扱うのは、住民から見れば詐欺的な行為と言えます。伊達市は個人情報を含むデータを2月に提供したことを認識しているのですから、本来は、8月に研究用としてデータを出す前に、2月の情報を破棄したことを書面で証明するなどの確認手順を踏まないと、個人情報保護に配慮した処理がされたことにはなりません。また、情報は持っていたが使っていないという主張も、通りません。個人が特定できるデータを持っているのであれば、照合は可能ですから個人情報として扱うべきです。照合を実際にするかどうかに関係なく、誰がどのように、いつまで保管し、どうやって破棄したことを確認するのかなど、事前に取り扱いを明確にすることが必要です。それをしていないのは大きな問題というほかありません」

 前出の井上准教授も、「一義的に責を負うのは、杜撰な情報提供を行った伊達市でしょう。一方、これを受け取った研究者も、この状況を看過したばかりか、仮に約束違反と知りながら漫然と使用を継続していたならば、一方の当事者であるといえます」と厳しい。

「個人情報が社会にとって重要な知識をもたらしうる場合、どこまで本人の同意を厳密に得る必要があるか。これは法解釈上の大きな課題です。しかし、今回はそれ以前の問題ではないでしょうか。この研究は、個々人や地域にとって重要な意味を持ちうる情報を取り扱うものであり、『個人情報ではない形での情報の取り扱い』と『同意の取得』を市民に約束していたにもかかわらず、これらの約束は疎かにされてしまいました。調査は市民の生活と深くかかわるものですが、今回のようなことがあれば、人々は自治体や研究者による説明を信頼できなくなるでしょう。また、こうした雑な運営のもとで生み出された成果を我々は信用できるでしょうか。情報を出した自治体側もこれを受け取った大学側も、組織的な反省と今後の対応策を目に見える形で提示してほしいと思います」

 伊達市はこれからどのように対応するのか。また、研究者が透明性をもって市民の情報を適切に扱っていくのか、厳しく見ていく必要がある。(木野龍逸)

・・・引用終わり・・・

いやはや、すごいですね。伊達市民は被ばくによる健康影響の研究対象母集団として世界から注目されるでしょう。

伊達市民の中には、アルファ線源、ベータ線源と見られるものが首筋から肩に付着し、その部分がじくじくして長期にわたり治らなかった方がおられると聞いたことがあります。避難者の例です。

福島県内の行政のやることにはことごとく悪意を感じます。福島のものは食べてはいけない! 福島に行ってはいけない!

福島県内で働く医師の中には野心の強い意欲的な方が多いようです。
2018年12月23日
これは議論を呼ぶだろう

伊達市議会でこの問題を追及したのは、市議会議長なんだそうですね。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の0:27 - 2018年12月25日のツイート
アエラドットからの転載記事。多くの伊達市民の方に知ってほしいです。
ヤフーニュースを見て知った、伊達市議会の高橋議長の功績 | Webタクティクス・投稿サイト
この記事には本当に細かい事情が書かれてあり、伊達市の個人情報の取扱いが本当に疑わしいという事が良く分かりました。私の知る限りでは、「ガラズバッジデータが論文に使われた。」なんていう事を知っている人は全然居ないので、みんなこの「2万7千人」の該当者だと思います。
私は早速、伊達市ケーブルテレビの議会中継を録画している友人の家で、この事について議長席から一旦降りた高橋一由市議がガッチリと一般質問している動画を見せてもらいました。その内容を見ると、本当に詳細に調べ抜いた高橋氏の質問に、伊達市側は全然まともに答えられず、森友問題の国会答弁みたいになっていました。不謹慎な言い方かも知れませんが、見ごたえがあり、中々面白かったです。
恐ろしいと思うのは、もしこういう議員さんが居なかったら私達市民の個人情報が垂れ流されても全然表沙汰にされず分からないままだったいう現実です。高橋さんみたいな人が居て本当に良かった思いました。また、その方が議長に就任されているのならば、今後議会にも多少期待は出来るのかも知れない、と感じています。
posted by ZUKUNASHI at 11:57| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月23日

中東の実像 12 イラン

FARSNEWS2018/12/22
'Yalda Night' Celebration
TEHRAN (FNA)- The celebration of Yalda Night , the night before the beginning of winter, is an ancient tradition in Iran in which Iranians celebrate throughout the country to welcome winter. The Friday night of December 21, known as winter solstice, is the longest night of the year. After this night, days become longer and Iranians believe that the Sun will be reborn. [PHOTOS]

何かの葉で具を包んでいます。ブドウでしょうか。


何か菜っ葉のようなもので包んだものと餃子の皮のようなもので包んだものもあります。


その上に小さなトマト。これも何か詰めてあるらしいです。


煮上がりました。


いろいろなものが載っています。どんな味なのでしょう。おいしそう。


スイカにザクロにオレンジ、ズッキーニ(?)、キーウィも見えます。ケーキのようなお菓子も入っていますね。スイカはボケていませんね。どうやって保管したのでしょう。右側の鍋には何かのスープ。粥のようなものかもしれません。


これが何かわかりません。魚ではないようだし。ヒマワリの種でしょうか。ずいぶん長いです。


一族が集まりました。立派なペルシャじゅうたん。これから会食でしょう。かなり裕福なお宅なのではないでしょうか。家が広いです。


左の壁際に料理を作っていたご婦人が座っています。この一連の画像には、アルコール類が見えません。後で出てくるんでしょうか。上の料理はアルコールが欲しくなりますね。
posted by ZUKUNASHI at 00:16| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月22日

今日の放射能備忘録 181

※ ニセ科学批判の大石雅寿氏はなぜ小児甲状腺がんに関する主治医や患者家族の発言を捏造しているのか?
天文学者の大石雅寿氏は伝聞の形で『お医者さんは「経過観察しても問題ない」と仰ったけれども親御さんが心配して切除して欲しいと希望された例がほとんどだ』と述べていますが、実際の主治医や患者家族の証言やデータとまったく異なっています。これは医師や患者家族らへの愚弄であり、また病気に関する虚偽の情報を流布していることになり、危険な行為です。

sivad @sivad氏のツイート
大石雅寿さん、がん患者の家族・主治医の発言や病気の性質について悪質なデマを飛ばし、指摘されても訂正もしない、と。こんな人物がニセ科学批判を名乗り、周囲も批判できないんだから笑えない冗談ですよね。
togetter.com/li/1272919

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/18のツイート
桑ちゃんさんが大沼安史をリツイートしました
これ勘違いされては困る。震災前はここに「斑点」出ること自体が異常だったのだから。
・・・F1のダストモニター状況のグラフに関して

※ Lady in Satin @fj_333氏の2018/12/17のツイート
検察庁を抑えて絶対逮捕されない体制を作り、どんな憲法違反も罪を問われないよう最高裁も抑え、政権に不利な情報を流さないようNHKも抑え民法各局は電通で縛る。国会の強行採決はもはや常套手段。沖縄の民意を踏みにじり、巨額の武器購入で米国へ税金を流す。こんな悪魔のような政治家、他にいるか?

※ 松井計 @matsuikei氏の2018/12/16のツイート
私は、日本が最も繁栄した昭和後期の社会的特徴は、格差の小さい社会だったという点にあると思う。であれば、その成功体験に学べばよさそうなものなのに、国を滅ぼした大日本帝国の失敗体験をもう一度、なぞろうというのだから、どうすればそういう考え方になるのか、私には不思議で仕方がありません。

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の22:43 - 2018年12月15日のツイート
菅義偉官房長官「全力で埋め立てを進めていく」

これは菅氏失言でしたね。この発言を聞いて、安倍内閣総辞職に追い込むしかない、と思った国民かなりいると思いますよ。

※ まさのあつこ @masanoatsuko
「推計にあたり、屋外における外部被ばく線量は、原子力規制庁事業「生活行動パターンを模擬した連続的な空間線量率の測定事業」を参考に、空間線量率に0.6(成人の係数)」をかけると。p.20→
http://www.nsr.go.jp/data/000254389.pdf

※ まさのあつこ @masanoatsuko
金曜に内閣府原子力被災者生活支援チームにヒアリングをした時には0.6という数値について異なる説明をしていました。

※ まさのあつこ @masanoatsuko
まさのあつこさんがschwarz-bachをリツイートしました
今、気付いたのですが、「環境省が2011年に採用した空間線量率から実効線量への換算係数0.6」と宮崎真氏書いています。

まさのあつこ @masanoatsuko24 時間24 時間前
伊達市発行のニュースで市が「福島県立医科大学放射線健康管理学講座助手の宮崎真さんらが行った解析の結果からわかったことについて、解説をいただきました」として、「伊達市のガラスバッジ測定から明らかになった大事なこと」も執筆。
http://www.city.fukushima-date.lg.jp/uploaded/attachment/28646.pdf

※ schwarz-bach @schwarz_bach氏の18:28 - 2018年12月15日のツイート
返信先: @masanoatsukoさん
宮崎早野論文が載った論文誌の規定にに反しています。論文の内容を紹介するときは、書誌情報、すなわち、著者名、論文題目、掲載された論文誌名、巻数、号数、ページを明らかにした上でやらなければなりません。それなのにこれが宮崎氏を筆頭著者とする論文であることも示されていません。


※ 信州戦争資料センター @himakane1の2018/12/13のツイート
77年前の今日、昭和16年12月14日の大阪毎日新聞。真珠湾攻撃の戦果続報。この時の戦果全容判明はかなり後で、作戦参加者が帰国して擦り合わせてから発表する手堅さで、ほぼ正確でした。しかし、以後の発表が徐々に誇大発表となったのはご存じの通り。爆撃同乗記など、軍と一体の報道をご覧ください。

※ 白石草 @hamemen氏の2018/12/14のツイート
正直、福島県には驚かされる。。。「結節病変」と言っていた甲状腺サポート事業の対象は「甲状腺がん」だった。(汗)
【新着動画&記事】小児甲状腺がん少なくとも272人〜福島サポート事業で判明 | OurPlanet-TV:http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2342




※ Craig Murray認証済みアカウント @CraigMurrayOrg氏の2018/12/14のツイート
Let's make the MOD/FCO Orwellian titled "Integrity Initiative" the most counterproductive effort ever in the history of covert state disinformation and propaganda campaigns.

※ sivad @sivad氏の2018/12/15のツイート
「甲状腺検査サポート事業」で医療費を受給した患者233人すべてが甲状腺がん/検討委員会のデータと合算すると272人となり、これまで公表されていた人数を大幅に上回る / “小児甲状腺がん少なくとも272人〜福島サポート事業で判明 …” http://htn.to/4SuEv3

※ しんちゃん @shinchann2008氏の2018/12/14のツイート
「もんじゅ 核燃料取り出し4度目のトラブルでまたまた中断 2018年12月9日」  http://www.radiationexposuresociety.com/archives/9547  せめて、関電の4基の原発止めて、もんじゅの廃炉作業をやるべきだ。いや関電の原発はすべて廃炉にして、もんじゅの廃炉に集中すべきだ。危険なナトリウム
 
 

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2018/12/14のツイート
このtweet、私のフォロワーにretweetされていないにもかかわらず、TLに流れてくるんですよね。なので、ご自身でtweetを「プロモーション」しているのだと推測しますが。この方職業的にこのようなことをやられるようになったんだ、と理解した方がいいでしょう。
  ↓
※ モトケン@motoken_tw
矢部善朗。元検事の弁護士(京都弁護士会)です。H25.3までLSの教員もしてました。 アイコン(作者は Y_Coronaさん)は単なる趣味(^^; ツイッターがまともな議論の場になりますように。 趣味のブログ http://ltcat.net/ FaceBookアカウントは、Yoshirou Yabe

※ Fukushima☢Watch @yuima21c氏の2018/12/14のツイート
アケルケ・スルタノヴァ『核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在』花伝社18年7月刊 https://amzn.to/2Lh21VY
セミパラチンスク出身の著者が、閉鎖後の現在も近郊に住民が住む世界唯一の核実験場を見つめたフィールドワーク研究。

※ クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy氏の2018/12/11のツイート
クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ)さんが週プレNEWSをリツイートしました
勝てないとわかっているのに解散したと白状する野田。そして消費増税延期が安倍の延命に役立っていると理解しつつ消費増税に固執する。まさに安倍長期政権の立役者。野党が仲間にしてはならない一番の政治家。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/14のツイート
外国人労働者受け入れの制度が、どうめちゃくちゃかと言えば、彼らに人権侵害があった時に守る仕組みがないということ。ILOがいくつも勧告を出しているのに、日本の労働者に対しての侵害も、ほぼ全く守れていないし守ろうともして来なかった事実があるのだから外国人労働者など守れる筈がない。

※ sivad @sivad氏の2018/12/12のツイート
事故後ベラルーシで低線量地域ながら高線量並みに甲状腺癌が発症したブレスト地区では硝酸塩摂取が多かったという論文。日本人の硝酸塩摂取量も多い。
http://www.endocrine-abstracts.org/ea/0029/ea0029p1567.htm

※ Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906氏の2018/12/11のツイート
早野さんは答えに窮すると答えなくなるからなあ。この時もそうだった: 論文が先か、公開が先か ― セシウム土壌汚染のシミュレーション論文出版に寄せて https://togetter.com/li/215492
引退した早野さんはいいのかもしれないけれど、宮崎さんはまだまだこれからの人なんだから、放っておいては可哀想だ。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/12/13のツイート
個人情報の取り扱いに重大な落ち度。このデータによる福島県立医大・宮崎氏と東大(当時)の早野氏の論文は、個人情報の削除済みが前提。元データに瑕疵があった場合、論文として成立しない可能性大。
→住民被ばくデータ無断提供 福島・伊達市2万7千人分:福島民友新聞社

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/12/13のツイート
そもそも、同意を得ていないデータを使ってる時点で、倫理指針を守れてないので、論文としてはアウト。それにしても伊達市のミスはひどいけど、データの中身を確認しないで使うのもいかがなものか。情報開示請求で開示された元データは「住基ネット」の項目に生年月日や性別、居住地もあるし(続)

※ 福島民友新聞社2018年12月13日 18時32分    
住民被ばくデータ無断提供 福島・伊達市2万7千人分
 東京電力福島第1原発事故後、福島県伊達市が住民に線量計を配布し測定した個人被ばく線量のデータのうち、少なくとも約2万7千人分を同市が本人の同意を得ないまま研究者に提供していたことが13日、分かった。市は「手続きに落ち度があった」とし、当時の経緯を調べている。氏名や住所を含む情報を提供した可能性もあり、個人情報の取り扱いに問題がなかったか検証する。
 市が提供したのは2011〜15年ごろに、住民に配布した「ガラスバッジ」と呼ばれる線量計で測定したデータ。

※ sivad @sivad氏の2018/12/13のツイート
sivadさんがsekkaiをリツイートしました
これは間違いで、実際には接種群で有意に症状が低いという異常な結果が出ているんですね。機序として炎症を惹起させるワクチンを打っているわけですから、これはデータに強いバイアスがあったことを示しています。
https://www.npojip.org/sokuho/No177-bessi.pdf
 ↓
※ sekkai @sekkai氏の20:16 - 2018年12月12日 のツイート
名古屋スタディの一番の功績は HPV ワクチンの接種群と非接種群で有害事象の発生率に有意差がないことを示したことだと思われているけれど、本当に大切なのは「何もしていなくても意識障害などをきたす思春期の女性が一定数いる」という事実を明らかにしたことだと思う。

※ あいもい @imoysakura9氏の2018/12/12のツイート
HPVワクチン薬害。少女が突然の痙攣や失神、体の痛みで苦しんだことは紛れもない事実なのに、それを診察した医者が「詐病だ」「学校で嫌なことがあったんだろう」、見ていた教師が「嘘をつくな」「体育を受けろ」、何故その子の苦しみに正面から向き合ってくれないのか
・・・ワクチン打って点数を稼いだ医師はまず責任逃れのために患者を攻撃する好例ですね。

※ 2012年02月23日
いわき市草野ガソリンスタンドの貼り紙は悪魔の囁き



※ もふもふえもん @ZPTPpAfD9HRoAK2氏の2018/12/12のツイート
返信先: @shinchann2008さん
海風で飛ばされた粉塵が山の木々にへばりつくために、本当に阿武隈山脈側の放射能値などは沿岸部より遥かに高いです。
地元民は十分に理解して生活をしています。

※ 美澄博雅 @hiroma_misumi氏の2018/12/12のツイート
これほど汚染された地域は放射線科のお医者さんのレントゲン室とは違う。線量だけでは考えられない場所、立ち入り禁止になるはず。考え方が破綻している。いつの間にか人々を汚染地に追いやる論理になってしまった。

※ 毎日新聞2018年12月12日 19時54分(最終更新 12月12日 19時54分)
福島原発復旧作業で労災認定 50代男性甲状腺がん
 厚生労働省は12日、東京電力福島第1原発事故後に構内で電源の復旧作業に従事し、甲状腺がんを発症した50代の男性について、10日付で労災認定したと発表した。事故後の被ばくとの因果関係を認めた労災認定は甲状腺がんでは2例目で、白血病や肺がんと合わせ計6例になった。
 厚労省によると、男性は東電の協力会社に所属。1993年11月〜2011年3月のうちの約11年に、第1原発を中心に複数の原発で作業し、累積被ばく線量は約108ミリシーベルトだった。このうち約100ミリシーベルトが事故直後の11年3月中の被ばくで、17年6月に甲状腺がんと診断された。作業中は防護服や全面マスクを着用していた。
 甲状腺がんに関する原発労働者の労災認定基準は、被ばく線量が100ミリシーベルト以上▽被ばくから5年以上経過して発症――など。放射線医学の専門家らで作る厚労省の検討会の意見を踏まえ、認定した。
 東京電力ホールディングスは「作業員の方にお見舞い申し上げる。引き続き、労働環境の改善、発電所の安全確保に努めたい」とコメントした。【神足俊輔】

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/11のツイート
エネルギー政策で大失敗しているのはフランスで、今でもフランスの方がドイツの電力を輸入しています。その方が安いです。
・・・フランスは原発大国です。

※ 野村修平 / 0→1立ち上げ責任者USA旗(祝日・日の丸) @VC_II_1009
氏の22:48 - 2018年12月11日 のツイート
アメリカの驚き️賞金事情
・現金持たず
・小切手いまだ普及
・Dabitカード普及
・$100紙幣嫌われモノ
・Creditスコア?簡単に作れない!
・Credit複数枚で割り勘
・Venmoアプリでお金やり取り
・Robinhoodで株取引気軽に
・ドライブスルーATMの存在
・レジで少額現金引き出し
・スキミング日常茶飯事ショッキング
・・・スキミングというのは、クレジットカードを使った際にカードの情報を読み取られ(て悪用され)ることですね。

※ まっと@アメリカUSA正規留学エンジニア|12/27まではタイ @matt_922w氏の2018/12/12のツイート
最後のスキミングはあまりないですが、全部すごくわかります笑

※ 白石草 @hamemen氏の9:31 - 2018年12月12日 のツイート
福島原発事故後、国や福島県が十分な情報を提供しなかったために、無用な被曝を受けたとして、子どもや保護者約150人が国と県を訴えている裁判で、国が時効による却下を訴えていて驚いた。

※ nagaya @nagaya2013氏の2018/12/12のツイート
これは法廷戦術としては妥当なのかもしれないが、行政のあり方としては「極悪」の部類に入る。マスコミがきちんと取り上げたほうがいい。防護のための情報を流さなかったのは誰なのか。その後、住民の詳しい被曝情報収集を忌避したのは誰なのか。そのせいで発生した「心配」の責任は誰にあるのか。

※ hiino @iinoh氏の2018/12/12のツイート
hiinoさんが津田大介@『情報戦争を生き抜く』発売中をリツイートしました
前近代的な戸籍制度など即刻廃止して諸外国の様に出生証明だけで事足りて役人の数も減らせる一石二鳥なのに…

※ sivad @sivad氏の2018/12/12のツイート
小児甲状腺癌は、大人と比べて発見時すでに進行性のことが多く、臨床的に特徴的なことはaggressiveで発見時、すでに大きく、肺転移、リンパ節転移なども多くみられる
病理と臨床2013Vol.31p22

※ 白石草 @hamemen
東京大学の早野龍五名誉教授が、倫理委員会の承認を受けないまま、伊達の住民データを解析し、ICRPの会合で発表していたことがわかった。
【新着記事】研究申請前に成果を公表〜伊達市の被ばくデータ http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2337

※ 市民ウェストン氏 @HuFmy氏の2018/12/12のツイート
返信先: @hamemenさん、@pon_kinさん
高校生の「被曝ツアー」とか組織しているトンデモ学者。
データ泥棒して、しかもその目的が「放射能の影響なし」との結論を導くためなのだから…
徹底弾劾する!

※ ロイター.co.jp認証済みアカウント @Reuters_co_jp
の2018/12/11のツイート
【動画】フィリピンのマニラで大規模なデモ。
0:50
戒厳令延長に反対する市民がデモ、フィリピン(10日)
国際人権デーだった10日、フィリピンの首都マニラで戒厳令の延長に反対する大規模な集会が行われた。同国のドゥテルテ大統領は過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いで、2016年5月に戒厳令を発令。その後5カ月に及ぶ戦闘で1000人以上が死亡した。反対派は、戦闘がフィリピン全土に広がることを恐れている。戒厳令は年末で期限切れを迎える。(ナレーションなし)
・・・戦闘が生じたのは、過激派組織「イスラム国(IS)」が戦いを仕掛けたからです。なにかこの記事を読むとドゥテルテが戦いを仕掛けたからのように見えます。ロイターは「イスラム国(IS)」側なのでしょうか。このような記事を作り、かつ日本語に訳して流しています。拡散しろという指令が来ているんですね。ロイターの記事は注意が必要ですし、米国の政府、軍、メディアが一体となってドゥテルテの評価を損なうための活動をやっています。この記事は露骨ですぐわかりますが。

※ はたらきあり @FxSUcvCwFO5Sce5氏の2018/12/10のツイート
はたらきありさんがたぬきち 5連直のプロ最終夜をリツイートしました
だから!うちに見においで。見せてあげるよ。子宮頸がんワクチン副反応被害者の日常を。知りもしないくせに。血の滲むような毎日を見る勇気があるのか️楽しいはずの十代の殆どを布団のなかで起き上がれず過ごした苦しみを知れ️

※ 肩肘張子 @katahiji5353氏の2018/12/11のツイート
5Gで、鳥などの生物が死んでるとの報告あるのに、日本も導入するのか
スマホ使わぬ人にも健康被害を及ぼす

※ yayoi @yayoi12333氏の10:07 - 2018年12月11日 のツイート
元旦那が急死したんですよ。離婚してからあちらの家族含め一切連絡取ってないし、ママ友たちも会ってないし。養育費が入らないからなんかあった?と思ってたら、今妻さんが訪ねてきて教えてくれて発覚。

※ yayoi @yayoi12333氏の2018/12/11のツイート
離婚経験ありの今妻さんで、養育費がなくなると大変だよね?の意味で、昔の離婚調停の書類の住所からうちを探してくれたらしい。
うちの子供は実子だから、いろいろ貰えるお金があります。って教えてくれて。良い人…(;O;)

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/11のツイート
この彼が配ると言っている特別手当のばら撒きの問題点は、富裕層から取って回すのではなく国民から取ったお金の一部を国民に返すだけだという話である事。さらに貰える人と貰いない人が出る不平等もある。一時的なもので、抜本的に何も変わらない。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/11のツイート
これが今日のマクロン大統領の国民に向けた演説です。お金をばら国民に撒いて幕引きを図ろうという話。これでは収まらないだろう。
REPLAY. "Gilets jaunes" : regardez en intégralité l'allocution d'Emmanuel Macron https://www.francetvinfo.fr/economie/transports/gilets-jaunes/replay-gilets-jaunes-regardez-en-integralite-l-allocution-d-emmanuel-macron_3094273.html#xtor=CS2-765-[twitter]- … @franceinfo

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/11のツイート
エリック ・CさんがK.Tをリツイートしました
日本の経済力が強かったのは大企業が下請け、孫請けの中小企業を不当に競争させ安い賃金で働かせて来たからである事は世界に知られている事です。欧米の大企業や労働者の立場からは当然、昔から日本のその構造をやめさせたかったのです。

※ sivad @sivad氏の2018/12/11のツイート
あとは閾値の問題ですね。放射線被曝の確率的影響は閾値なしなので、低線量でも集団となればがんやがん死の人数は無視できない数になるわけです。しかし菊池氏は閾値ありと思い込んでいるので、話が通じないわけです。

※ sivad @sivad氏の2018/12/11のツイート
sivadさんがBuzzFeed Japan Medicalをリツイートしました
ところがそもそもその効果自体が実証されていない上、シャロンハンリー氏は「シャインキャンペーン」「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」両方のメンバーであり、そのどちらもがGardasilと Cevarixの製造会社から支援を受けているというズブズブな人。

※ masa @zebra_masa氏の2018/12/11のツイート
税金をたんまり注ぎ込んでやっと成り立ってるものを、営利企業がやると安くなるなんて、ようアホ丸出しを言えるよなあ。しかし、自治体も自治体で何で維持には、このぐらいの費用が必要とかの試算を出さないかなあ。結局、自分らの失敗を隠して、天下り先を作りたいだけじゃないってなるよなあ。

※ 非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111氏の2018/12/11のツイート
さっそく名古屋が水道民営化を検討。さらに水道料金が安くなるとか言ってるが、安くなるはずがない。

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/11のツイート
安倍の移民受け入れはフランスより酷い事になります。理由はフランスでは労働者の権利が守られていて、それにちょっとでも違反すれば雇用主はすぐに罰せられる構造が何重にもあります。それでも問題が起こる。日本は日本人労働者すら守れない構造です。労働時間一つをとってもそれです。

※ 敵の次の手は何だろう
発達障害の記事もそうでしたけど、この記事も反応がありません。皆さんとっくにわかっていることを私自身の整理のために書いただけだから? 12/11、日中のアクセス数が大きく伸びていますけど。参考にしていただいている向きもある?

※ 二階幹事長「高血圧の症状が見られた」として、1週間程度を目安に検査入院
年齢の割にはお元気ですが、79歳ですからね。

※ あー、やっぱり知的に見えるためには痩せていないとだめのようです。


※ レイジ @sinwanohate氏の2018/12/10のツイート
.@uchida_kawasaki さんの「松浦晋也氏『放射能の影響については基本はほぼ全面的に解明されている』について(2018.12.10作成)」https://togetter.com/li/1296958 をお気に入りにしました。

※ 脱暗黒社会‏ @58kawanagare氏の2018/12/9のツイート
電波5G化でアンテナは300メートル幅で設置される。しかも位置はこれまでよりずっと低く、電波は強烈。仮にスマホを捨てたとしても、もう5Gエリアは通ること自体危険。経済界でさえ疑問の声が出ている。IOTも家庭では不要。ほとんど使いみち無し。

※ gendai.ismedia 2018/12/9
それでも北方領土「二島」が返ってこない理由
再交渉シナリオに存在する稚拙なウソ
矢部 宏治
・・・極めて明快、これで4島問題がわかる。是非お読みを。

※ AEQUITAS /エキタス @aequitas1500氏の2018/12/8のツイート
こうして正規と非正規の分断が広がっていく。
「茨城県つくば市の50代女性は製造業の派遣社員として働く。「10連休で3分の1は給料が減るだろう」。アパートの家賃など生活するために必要な出費は変わらない」
観光業界は特需期待、非正規労働者は収入減不安…10連休法案成立

※ sivad @sivad
sivadさんがナカイサヤカ@「反ワクチン運動の真実」発売中をリツイートしました
ナカイサヤカさんって実際に副反応の診療や研究にあたっている神経内科の専門家を無視して根拠なく整体を持ち上げたあげく、プラセボの意味も勘違いしていますよね。
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=7027

※ ナカイサヤカ@「反ワクチン運動の真実」発売中 @sayakatake氏の11:45 - 2018年12月9日のツイート
知らず知らず反科学になっているリベラル集団に所属してしまっていた人は、いままで「勉強」してきたことがウソだったと知るのは認めがたいショックでしょうけど、「市民団体」系の科学は怪しいという認識を持ってチェックしてほしいです。

※ sivad @sivad
ナカイサヤカさん、これはおかしな理解ですね。治療効果のない偽薬やおまじないでもプラセボは効きます。
>プラセボが効くのは、科学的に説明できる現象だから

※ ナカイサヤカ@「反ワクチン運動の真実」発売中 @sayakatake氏の22:13 - 2018年11月27日 のツイート
返信先: @t_kasekiさん
よくわからないのですが、プラセボが効くのは、科学的に説明できる現象だからですよ。ただ私はそこまで専門ではないので、解釈が間違っているかもしれないので、説明するのには躊躇していますが。

※ sakuradorf @sakuradorf1氏の2018/12/1のツイート
何の効果もないプラシボが効いたと錯覚するのは薬を服用する患者と判定する医師双方に先入観念が入り起こる。其れを防ぐには外観は全く同じ薬を作り、医師及び患者も知らない状態で試験する事で二重盲検法といい、統計処理は専門家が実施

※ nagaya @nagaya2013氏の2018/12/9のツイート
nagayaさんが想田和弘をリツイートしました
もうこれ科学とか議論とかじゃなくて「犯罪」だから。しかも大阪大学、国立天文台という公人、フクイチ従事者、行政パイプ開沼博の関係者だからな。
刑法230条「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」

※ 但馬問屋 @wanpakutenshi氏の20:32 - 2018年12月6日のツイート
#Nスタ
“外国人材拡大法案”
安倍首相の“ややこしい質問”に野党が反発!
辻元議員「時差ボケで帰ってきたら、しんどいとか、そんな姿勢で国会に臨もうとしている」
「初めて聞いた」「わたしは答えようがない」と安倍首相。
人並みの人権意識があれば、この程度の質問に、その場で答えられるはずしょぼり

※ Dr.ナイフ @knife9000氏の15:46 - 2018年12月7日のツイート
参議院本会議で、体を張って入管法などを阻止する自由党、森ゆうこ議員。参議院議長は怒り狂って「連れ出せ!」と怒号。
パフォーマンスというのは簡単だけど、いま国民も野党も、こういう怒りの姿を政府与党にぶつける時じゃないでしょうか。
最後に山本太郎さんが拍手で迎える姿が印象的(2分動画)
https://twitter.com/knife9000/status/1070932462048489477

※ うすい @iwanttoplaybad氏の22:14 - 2018年12月7日 のツイート
茨城県に関わる人、茨城県産を体に入れてる関東全域の人に知らせます。
http://www.coop-joso.jp/vision/gene.html
モンサント社による、遺伝子組み換え大豆の、【花粉撒き散らし行為】が行われていました。
常総や八郷の組合が抗議しています。
国は相変わらずモンサントと癒着し、遺伝子組み換えを推進してます

※ 赤木継 @nougekanow氏の2018/12/7のツイート
悲惨な交通外傷を多く見た脳外科医として
子供の送迎の際に心掛けていること

1.路肩に停車した時に子供にドアを開けさせない
2.駐車場では駐車し終わるまで子供を降車させない
3.子供が待っている側の車線から迎えにいく
4.できれば少し離れた所に駐停車し、歩いて子供の傍まで迎えにいく

※ Miyuki Nozu @miyukiest氏の23:12 - 2018年12月6日 のツイート
最低賃金以下で働かされていた技能実習生の数について法務省は調査した2870人のうち22人と発表。野党が元資料をあたったら1939人だったという乖離は酷いが、亡くなった実習生が3年で69人もいた事実を追求するまで隠していたことに唖然。過労死、溺死、凍死、自殺など。報じられた死があっただろうか

※ 池田としえ(利恵) @toshi2133氏の2018/12/1のツイート
今朝の読売新聞一面トップの記事です。HPVワクチン裁判の前には何かと記事がでるようです。今月5日大阪地裁、6日名古屋地裁、12日九州でも開催されます。年間3000人が死亡すると言っても他の癌同様にほとんど高齢者です。10歳の子供に打っても死亡率に変化はありません。効果も証明されてません。

※ AZUL @AZUL3285氏の11:42 - 2018年12月3日 のツイート
60-70歳代での発症も含めて予防するために、若年のうちから接種するんですよ。感染から発症、治療そして死亡するのには長い時間がかかります。
それについてはどのようにお考えですか。
・・・この人は医師

※ にいがた学(Manami Niigata) @hyperprovaxxerM氏の2018/12/6のツイート
にいがた学(Manami Niigata)さんがAZULをリツイートしました
長い時間なんてかかりませんよ。私は子宮頚がんワクチン接種後数年で癌化しました。陰性判定からです。

※ asuka @asuka_SGP氏の17:12 - 2018年12月5日 のツイート
私は東日本大震災の時にボランティア(医療)をやってました
その後にわかった事ですが、被害者以外の多く日本人は他人事で、私が助けた日本の子供達は今も避難生活します。いったい今も何人の日本人が避難生活してると思いますか?
何でOlympicをやるのですか?
何で万博をやるのですか?
バカですよね

※ sivad @sivad氏の2018/12/4のツイート
東京新聞の福島須賀川小学生以下10人中6人糖尿病の件の詳細は未だ不明なままだけど、福島健康診査が血液検査せず小児糖尿病をスルーしている状況なのは非常にまずいと思われます。http://p.tl/3pAh http://p.tl/cgWr

※ 澤田愛子 @aiko33151709氏の2018/12/4のツイート
極右維新が極右安倍と組んで時代錯誤で、血税をどぶに捨てる万博をやるんだってさ。まともな国のまともな都市はこんなものに今さら名乗り出ないよ。大阪の皆さん、大変ですね、沖縄の人を「土人」と呼んだ府警警官を擁護したあの松井知事のもとで、皆さんの大切な血税がどぶに捨てられるのですから。顔3(かなしいカオ)

※ レインボー @ori2rainbow1氏の2018/12/5のツイート
パニック障害の方、増えているよね。
芸能人もだけどもちろん一般の方にも。
バスに乗る時に「パニック障害があって1番前の席じゃないと座れないので変わってもらっていいですか?あと窓を開けてもいい?」って聞かれた。
生活するのもままならなくなっちゃうよね。

※ sivad @sivad氏の2018/12/5のツイート
押しつけられるリスク論に疑問をお持ちのかたは、ぜひこちらを。特定の方法で測られる「量」のみならず、「質」や「分配」や「正当性」の問題まできちんと考察されています。環境リスクと合理的意思決定―市民参加の哲学

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/5のツイート
安い給料で時間が取られては生活ができないばかりか、さらに生活が劣化してしまう。家に世話をしなければならない人がいればそうなる。本人に健康の問題があっても同じ。ワーキングプアになる事もできないプアが大勢。解決法は給料を上げれば良いのだ。より安い奴隷を外国から連れて来るのは大間違い。

※ NHK2018年12月4日 18時54分
幼稚園児11人が赤痢に集団感染 東京 葛飾区
東京 葛飾区にある幼稚園で、3歳から6歳までの園児11人が集団で赤痢に感染しました。重症の園児はいないということで都と保健所が原因などを調べています。
東京都によりますと葛飾区内の幼稚園に通う4歳の男の子が下痢などの症状を訴えて医療機関を受診したところ、先月26日に赤痢と診断されたということです。
届け出を受けた葛飾区保健所が調べた結果、4日までに3歳から6歳までの園児11人が赤痢に感染していることが確認されました。重症の園児はいないということです。
幼稚園は4日午後から閉園し、保健所はすべての園児を対象に検便を実施するとともに、園内の消毒方法などについて指導しています。
幼稚園で出された給食からは、赤痢菌は検出されていないということで、都と保健所が原因などを調べています。
赤痢の集団感染は、ことし10月に目黒区の保育園でも確認されていて、都は食事の前やトイレのあとなどに手洗いを徹底するよう呼びかけています。
posted by ZUKUNASHI at 22:50| Comment(1) | 福島原発事故

米軍アフガン撤退関係

FARSNEWS2018/12/21
Afghan Government Says US Withdrawal Will Not Affect Security
TEHRAN (FNA)- The possible withdrawal of US troops from Afghanistan will not affect the security situation of the country, senior Afghan officials stated, following numerous media reports that President Donald Trump was planning such a move.

"If the few thousand foreign troops that advise, train & assist, leave it will not affect our security," Fazel Fazly, chief adviser to the Afghan President Ashraf Ghani, said on Twitter on Friday, Al-Jazeera reported.

"In the past four & half years our security is completely in the hands of Afghans and the final goal is that ANDSF [the Afghan National Defense and Security Forces] will stand on their feet to protect & defend soil on their own," he added.

Presidential Spokesperson Haroon Chakhansuri also said on social media that a US withdrawal will not have a security impact.

Various US media outlets reported on Thursday that Trump planned to withdraw some 7,000 of 14,000 US troops from Afghanistan.

The news followed a two-day meeting in Abu Dhabi between US special peace envoy Zalmay Khalilzad and Taliban representatives at which the two sides discussed the withdrawal of international forces.

In 2002, some 130,000 international troops entered Afghanistan following the military intervention of US forces to topple the Taliban government. Since then, close to 2,500 US troops have lost their lives in the war.

Former Ministry of Defense Spokesman Zahir Azimi said on Friday that a possible withdrawal could affect the capabilities of Afghan troops in conducting effective night raids. US aerial support is also critical to Afghan ground forces.

The US has about 14,000 troops in Afghanistan as part of a NATO-led mission, known as Resolute Support, and a separate US counterterrorism mission largely directed against armed groups like the Islamic State of Iraq and the Levant (ISIL, also known as ISIS) group and al-Qaeda.

In addition, some 8,000 troops from 38 other countries in Resolute Support provide training and support for Afghan forces.

The Taliban are fighting to remove foreign forces from the country and defeat the Western-backed Kabul government.

タリバンの戦士は、堂々としています。
若い兵士はひたむきな顔つきをしています。

地元の人たちがタリバンの戦士を見る目は、畏怖が混じったように見えます。
posted by ZUKUNASHI at 21:32| Comment(0) | 福島原発事故

子供が減り 亡くなる人が増えるのはあと何年も続く



掲載都府県:愛知県、茨城県、岩手県、宮城県、群馬県、埼玉県、山形県、秋田県、新潟県、神奈川県、静岡県、千葉県、大阪府、島根県、東京都、栃木県、福島県

大阪府は、首都近郊と変わりません。
愛知県は、相対的に見ればまだ水準は高いですが、落ち方に大差ありません。
新潟県は、島根県とクロスしています。

汚染環境で育つ子供はかわいそうです。
posted by ZUKUNASHI at 20:26| Comment(0) | 福島原発事故

空間線量率の継続測定は精神安定に効果がある?

パソコンに測定機をつないで行う空間線量率の連続測定は、グラフ化すると変化状況が分かり、ときに大きく上昇してもそれが続くことはあまりないことがわかります。

もし、空間線量率の普段と異なる上昇があれば、それが普段とどのくらい違うかによって、プルームの強さを判断し、対応策をとることができます。

ある測定ポイントの管理者は、普段の空間線量率がそれほど高くなかったこともあり、安心したそうです。

そして、そのことが家庭内のストレス低減につながったと伺いました。

空間線量率を測定器で継続的に測れば、どういうときに緊張すべきかわかりますから普段は飲食料品に気を付ければよいことになります。飲食料品の選択は、習慣化できますから毎日の買い物でそんなに神経質になることもなくなります。

日々の測定器の示す値に不安があって気になる方は、連続測定をお勧めします。


posted by ZUKUNASHI at 14:01| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月21日

UNでホワイトヘルメットに関する報告会議

RT2018/12/21
‘Organ traders, terrorists & looters’: Evidence against Syrian White Helmets presented at UN
The ‘White Helmets’ are not a rescue group but an extension of jihadist militants, and should be designated a terrorist organization, Russia’s envoy to the UN argued at the presentation of evidence into the group’s wrongdoing.

Praised in the West as humanitarian rescue volunteers, in reality the ‘White Helmets’ work with Islamist militants in Syria, harvest organs from the victims they pretend to be “rescuing,” stage false chemical weapons and other attacks for cameras, and loot the bodies and homes of Syrians killed and injured in the war, according to Maxim Grigoriev, director of the Russia-based Foundation for the Study of Democracy.

Grigoriev presented the results of the Foundation’s research into White Helmets at the UN headquarters in New York on Thursday. Russia’s envoy to the UN, Vassily Nebenzia, said the evidence shows the group is dangerous.

“The White Helmets deserve to be on the United Nations’ designated terrorist list,” Nebenzia said.

Rather than volunteers, almost all the members of White Helmets were paid staff, Grigoriev explained. There is also “undeniable evidence” that the group has been taking written orders from Jaysh al‑Islam, an Islamist militant group most notorious for its occupation of Douma.

It was in this suburb of Damascus that the White Helmets staged the “chemical attack” that served as the pretext for French, UK and US missile strikes against the Syrian government in April this year.

“Falsification of chemical attacks was an essential part of the White Helmets' activities,” Grigoriev testified, adding that the group also regularly engaged in “making fake news and organizing staged rescues.”

He cited a particular example of a place called Jisr al‑Haj in Aleppo, where the militants had set trash on fire, brought bodies from the local morgue, and had the White Helmets film a staged rescue. Grigoriev cited a testimony by a member of the White Helmets, who also said that everyone involved received an extra $50 for the effort.

Many local residents interviewed for the research spoke about people “rescued” by the White Helmets ending up dead, with their internal organs missing. One of the witnesses interviewed was a former member of Ahrar al-Sham, who testified that his commander Shadi Kadik, also known as Abu Adel Al-Halabi (of Aleppo), acknowledged the organ harvesting. The total number of cases involving organ theft is “at least several hundred” in Aleppo alone, Grigoriev testified.

Instead of rescuing civilians and children, the White Helmets looted homes damaged in the fighting and bodies of the dead, while forcing the children out of schools and kindergartens to set up offices there.

“At a rough estimate, out of 26 centers operating in Eastern Ghouta, ten were located in schools and one in a kindergarten,” Grigoriev cited from the testimony of a Syrian journalist in the area.

In Eastern Ghouta alone, between 100 and 150 members of White Helmets were also members of terrorist and militant groups. They engaged in building trenches, tunnels and fortifications for the militants, openly boasting about their membership on social media, but denying it whenever they were interviewed by Western reporters.

“Facebook accounts of members of the White Helmets are full of propagandist materials of terrorist groups, including [Islamic State] and al-Qaeda, praising Osama bin Laden and other individuals listed by the UN as terrorists,” Grigoriev said, adding that the so-called rescuers also posted “hundreds of photos with weapons in their hands.”

The Foundation is a member of the Global Counter-Terrorism Research Network established in 2013 by the UN’s Counter-Terrorism Committee Executive Directorate. Its report is based on interviews with over 100 eyewitnesses, including 40 members of the White Helmets, 50 local residents and 15 former terrorist and militant fighters. More than 500 local residents were also surveyed in Aleppo and Deraa.

A number of Western countries, such as the UK and Canada, have proudly announced they would be accepting White Helmets as refugees, after several hundred members of the group were evacuated from a jihadist-held enclave in southern Syria ahead of the advancing government troops.

The government in Damascus considers the White Helmets to be in the same category as illegal militias and terrorists.

※ vanessa beeley @VanessaBeeley氏の2018/12/20のツイート
Pleased to say I will be speaking at this session via video connection. Session commences at 1.15pm New York time. #WhiteHelmets are terrorist auxiliaries in #Syria funded by Western & Gulf state govts to produce propaganda against Syr Govt, Army & allies. @RussiaUN

※ Russian Mission UN認証済みアカウント @RussiaUN
Today a conference on the activities of #WhiteHelmets took place at the @UN. Amb. #Nebenzia & Amb. #Jaafari delivered their remarks. Independent researchers @VanessaBeeley, @grigorievms and Syrian journalist R.Lotef shared their findings about crimes of this NGO in Syria.
posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 福島原発事故

おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から2009/12の平均を基準として2017/11から2018/10の平均を指数化
出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。







2018/8は黄色が前月比1減、緑が4減、青が4増、橙が1増です。この冬、神奈川が0.65に限りなく接近する恐れがあります。








過疎化の市町村が多い西日本の県よりも東京が「新生児が減り死亡者が増えている度合いが強い」ということは、いったいどういうことだ!


東京はとっくの昔に人口自然減に転落

種蒔きっぱなしで害虫駆除もしなければ、キュウリやなすでさえ育たないことは分かっているだろうに。
posted by ZUKUNASHI at 22:00| Comment(3) | 福島原発事故

日本では今なら実効線量66%増量サービス

特定復興再生拠点区域における放射線防護対策に関する骨子案及び調査結果について
平成30年11月内閣府原子力被災者生活支援チーム

pdfのp21、文書のp20
外部被ばく線量の推計にあたって
@ 住民や事業者等が立ち入る場合の代表的な行動パターンを想定し、成人における外部被ばく線量を推計。
A 推計にあたり、屋外における外部被ばく線量は、原子力規制庁事業「生活行動パターンを模擬した連続的な空間線量率の測定事業」を参考に、空間線量率に0.6(成人の係数)を乗じて、実効線量として算出。また、屋内における外部被ばく線量は、空間線量率に0.4(家屋による遮蔽係数※)を掛けた屋内線量率を用い、実効線量として算出。

だて復興・再生NEWS
「伊達市のガラスバッジ測定から明らかになった大事なこと」
私たちは、上記の解析をさらに深めて、ガラスバッジでより長い期間にわたり実測された線量と、航空機モニタリング調査により測定された住む場所の空間線量率とを対応させる手法を確立して、両者の間にどのような関係があるのかを調べました。
結論は、以下の3点になります。
○ ガラスバッジの線量は、住む場所の航空機モニタリング調査による空間線量率に良く比例し、その比例係数はおおよそ0.15倍でした。式で表すと、「ガラスバッジの線量(1時間あたりに換算)=0.15×航空機モニタリング調査による空間線量率」となります。
○ この比例関係は、ガラスバッジ測定と対応する航空機モニタリング調査の時期を変えても変化しませんでした。つまり、時間の経過に伴う線量の下がり方が、ガラスバッジの線量と航空機モニタリング調査による空間線量率の間で違わないことを示しています。
○ 実際の測定結果にもとづく解析によって得られた比例係数0.15は、環境省が2011年に採用した空間線量率から実効線量への換算係数0.6(「実効線量=0.6×空間線量」で示されます)が、結果的に4倍ほど安全側に立つ係数であったことを示しました。
なお、一斉放射線量測定と航空機モニタリング調査との対比で比例係数が異なるのは、前者の測定値が後者よりも低め(係数として0.7倍程度)になることに起因します。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏のツイート
「推計にあたり、屋外における外部被ばく線量は、原子力規制庁事業「生活行動パターンを模擬した連続的な空間線量率の測定事業」を参考に、空間線量率に0.6(成人の係数)」をかけると。p.20→
http://www.nsr.go.jp/data/000254389.pdf

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏のツイート
金曜に内閣府原子力被災者生活支援チームにヒアリングをした時には0.6という数値について異なる説明をしていました。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏のツイート
まさのあつこさんがschwarz-bachをリツイートしました
今、気付いたのですが、「環境省が2011年に採用した空間線量率から実効線量への換算係数0.6」と宮崎真氏書いています。

まさのあつこ @masanoatsuko24 時間24 時間前
伊達市発行のニュースで市が「福島県立医科大学放射線健康管理学講座助手の宮崎真さんらが行った解析の結果からわかったことについて、解説をいただきました」として、「伊達市のガラスバッジ測定から明らかになった大事なこと」も執筆。
http://www.city.fukushima-date.lg.jp/uploaded/attachment/28646.pdf

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/16のツイート
一体、いつから空間線量から外部被ばくを推計する時に0.6をかけ、屋内は0.4にしたのか。屋内0.4はIAEAだけど、0.6ってなんなのか。

※ まさのあつこ @masanoatsuko氏の2018/12/16のツイート
「実際の測定結果にもとづく解析によって得られた比例係数0.15は、環境省が2011年に採用した空間線量 率から実効線量への換算係数0.6(「実効線量=0.6×空間線量」で示されます)が、結果的に4倍ほど安 全側に立つ係数であった」と結果しか記載なしで。

※ 4nwanelson‏ @4nwanelson氏の22:00 - 2018年12月15日のツイート
ウソつき宮崎氏の苦しいエクスキューズあり。研究計画書は知らなかったですむ内容でないでしょ

※ 朝日 古源盛一 2018年12月15日03時00分
福島)線量測定データ 伊達市が同意なしに県立医大に
福島第一原発事故後に福島県伊達市が全市民に配ったガラスバッジ(蛍光ガラス線量計)による被曝(ひばく)線量の測定データのうち、約2万7千人分を本人の同意を得ないまま福島県立医大に提供していたことが分かった。市は個人を特定する情報は含まれていないと説明するが、「手続きに問題があった」として当時の経緯を調べている。
 市によると、2015年8月、2011〜15年に測定した少なくとも5万8481人分のデータを大学に研究目的で提供した。データには氏名や年齢、性別は含まれず、住所も番地を削除したものだったという。市は事前に3万1151人から提供の同意を得ていたが、97人は不同意、2万7233人は同意書を未提出だったが、全データを提供していたという。
 また、同年2月にも別の時期に行った測定データを渡した可能性もあり、谷米博成・市健康対策参事は「当時の担当者に聞き取りして、同意・不同意の取り扱いや提供の状況を精査したい」と話す。

※ schwarz-bach @schwarz_bach氏の2018/12/18のツイート
「住所も数値に置き換えられた形で提供され」とは住所が緯度と経度で表されているということで、同意・不同意とは全く無関係です。「大学側が同意・不同意を知る状況にはない。」なら、「同意した市民のデータのみを使う」と研究計画書に書いた以上、データは一切使ってはいけないことになります。

※ schwarz-bach @schwarz_bach氏の2018/12/18のツイート
「問題にならないと考える」とは、「それでも、全員のデータを使ってみた。何が悪い。」ということです。これは、「医学系研究の倫理指針など従わなくていいのだ」という発言です。医者である宮崎氏がこのような発言をすることは大問題です。

福島県楢葉町公式ブログ
個人線量に関する座談会を開催!
福島県立医科大学放射線健康管理学講座助手の宮崎真氏の画像あり。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi氏の2018/12/21のツイート
個人情報が照合できる状態で研究してたことを否定できる枠組みがなかったので、その部分はアウト。杜撰すぎ。
→被ばくデータ無断提供 調査委の設置 伊達市が発表 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS
posted by ZUKUNASHI at 19:23| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月20日

汚染土拡散

※ パカロロ姐さん @lovemoonbaby氏の2018/12/18のツイート
もうセメントは汚染土で作られていて、これから日本は放射能汚染土で作った道を歩き、汚染土で作ったマンションに住み
汚染土で作った野菜、穀物を食べさせられて、侵略を防ぐ為に軍事費を増やしていくのね…
侵略される前に日本の政府によって日本人は殺されちゃうよ青ざめ

※ 澤田愛子 @aiko33151709氏の15:25 - 2018年12月18日のツイート
下記拡散。これはとんでもない決定。環境省が放射能汚染土を農地造成に再利用することを決定と。そこにできた作物が放射能に汚染されぬと誰が言えますか。ぞっとするほど恐ろしい決定です。こんなことを許したらいけないですよ。早く安倍政権を終わらせないと、この国の人々は国家に殺されてしまう。青ざめ

どこに汚染土が搬入されるかわかりませんから、自衛策としては国産の農産物消費を抑えるしかないことになります。
posted by ZUKUNASHI at 14:07| Comment(3) | 福島原発事故

あからさまに安倍政権に騙されているのにみんな平気なのはなぜ? ホント不思議

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/19のツイート
日本の国は国民を守る為には存在していない。国が国民を奴隷として利用しているだけの国。
なんでこんなにあからさまに安倍政権に騙されているのに、みんな平気でいられるのだろうか。

※ negu @negu847988091氏の6:27 - 2018年12月20日のツイート
毎日は腹が立って眠れない。国民が覚醒する事があるんだろうか。税金吸い上げるだけに存在する国民。その金は安倍のATM。国民に還元される事がないことに怒らない国民て理解不能だ。

※ pansar星2星2星2️ @pansarpin氏の2018/12/20のツイート
そろそろプツっとキレるんじゃないですかね...
無知な私でさえ限界です
我慢は美徳でも何でもない
もう妙な美徳は要らない

※ エリック ・C @x__ok氏の2018/12/20のツイート
日本通の外国人は知っています。日本人は怒らない。しかしある日、恐ろしい勢いで、ぶっつりとキレるのです。そうなるともう手が付けられない。安倍政権も、それを見る日が近いのではないだろうか?もしかしたら。。
posted by ZUKUNASHI at 12:28| Comment(0) | 福島原発事故

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)増えています

脊柱管狭窄症は、被ばくにより症状が強く出ます。外部被ばくよりも内部被ばくによるところが大きいようです。このため、それほど汚染が強くない地域でも患者の増加が見られます。

東日本では、日本海側や東山を含めて患者が増えている模様です。手術を受ける方も多いのですが、必ずしも成功して痛みが消えるということではなさそうです。

・・・・・

2018/3/11、現地調査を終えて熊谷駅から鈍行に乗ると、ラグビーを楽しんでいるらしい高年者のグループと乗り合わせました。

車内は混雑しており、私はドアの脇の仕切りにもたれて立っていました。荷物棚も一杯でした。

ドアから見える風景に目を向けつつ、近くにいた高年齢男性グループの話を聞いていました。6人ほどいたでしょうか。

スポーツ好きな老人たちの仲間に関する噂話、なかなか面白かったです。多かったのが、出身高校・大学、各人の技量能力の変化、そして怪我と体調不良でした。

私より若いとはいえ、老人が激しいスポーツをすれば怪我は付き物。それは何も不思議ではありませんが、一人の方の消息が話題になった時、その人が脊柱管狭窄症を病んでいるとどなたかが発言しました。

えっ、どこかで聞いた話だと私はぎょっとしましたが、会話に参加しているどなたからも「脊柱管狭窄症」とは何かという質問はありませんでした。

えーっ、この病気はそんなに知られた、ありふれた病気なの? 誰も驚かないの?

別に医師のグループではないと思います。グリーン車も新幹線も使わず、二人ほどは立ちながら缶チューハイを呑んでいました。

脊柱管狭窄症は、専門医が限られるようですね。前に公園であった老人から聞いた話を書きましたが、腕の良い外科医に手術をしてもらわないと痛みが緩和する成功率は低いという認識はかなり広まっていて、それ専門の外科医がいる病院は、大変繁盛しているそうです。

次の記事を書いたのは、ちょうど1年前になるんですね。
2017年03月08日
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が急増です

最近管理人は、地方でも上の記事にあるのと同じような状況だと地方の医療関係者から聞きました。

何とか肥満を解消とまでは行かなくとも、軽減するようにしなければなりません。

それともう一つ。6人ほどのグループでしたが、3人ほどがひげを生やしていました。どなたもささやかなひげでしたが、白髪交じりのひげ。年齢、年の功をアピールしているんですね。歳を取ってはいるが体の動きは若いものに負けないぞという自負心の現れなのか、こんな歳なんだからあまり期待してくれるな、攻撃するのもほどほどにしろよというアピールなのか分かりませんが、歳を訴えるには良い方法なんですね。

私の近くにもう一人、山登りかハイキング帰りの男性がおられて、この方のひげが一番長かったと思います。連れもいない単独行のようでした。

山でひげが役に立つのは、どんな時? やはり遭難したときですよね。本人の意識がなくても外見で歳が分かる。老人男性は、髪を染めたり、かつらをつけるよりひげを生やしたほうが絶対に効用がありますね。

相手をごまかして親しくなっても、「えーっ、こんな爺さんだったのか!!」と、相手の驚き、落胆する顔や豹変する態度を見るのは楽しくないはずですが。

初出 2018年03月12日 追記 2018/12/20
posted by ZUKUNASHI at 09:40| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月19日

人込みでは高い放射能を出している人に遭遇することがあります

2017年の11月初めに東京の街を歩いた人が次の経験をしたそうです。

1つだけ不思議なことがありました。ガイガーカウンターを眺めながら歩いていると、時々線量が跳ね上がるんです。道路に溜まっている汚染物質が人の動きで舞い上がっているのかもしれません。交差点で人とすれ違った時、歩いていて0.08〜0.1くらいの数値を乱高下しながら示していたSOEKSが一瞬0.23μSv/hくらいの数値を出しました。誤検知かと思いましたがその後帰宅して以降はそのような動きをすることはありませんでした。

どうやら人混みは放射能汚染物質が舞い上がっている可能性があるようなので確かに避けるべきですね。

・・・引用終わり・・・

読者から人と比較的近接した場で高い線量率を記録したとの経験を伺ったのは2例目です。

2018/4、千葉の観光地に行った方が、帰宅後衣類や靴から高い放射能を検出した例があります。タートルネックのフリース→0.38〜0.29μSv/hなど。しかし、これは測定器を衣類に密着させ時間をかけて測定した結果です。

濃厚汚染地帯から都会にたとえば遊びで出てきた方の身体や衣服からすれ違っただけで0.23μSv/hが検出されることはまずありません。

上のすれ違い時の高線量率は、すれ違った方が甲状腺の放射線治療でヨウ素を服用された方であるためと考えられます。

もう1例は2014/2ですから早い時期です。

※ 横浜にお住いの読者が所用で東京まで電車で往復した日、携帯していた線量計の日平均線量が0.542μSv/hという高い値が出たと伺ったことがある。2014/2のこと。これは甲状腺がんの手術の後放射性ヨウ素を投与された方が電車に乗り合わせ、その方から強いガンマ線が出ていたことによるものと推定されます。電車の中でヨウ素131を投与された人の側、線量率が25μSv/hの席に30分いたとすると12.5μSv、それ以外の時は0.08μSv/hで23時間半で1.88μSv、合計14.38μSv、24時間で割ると0.599μS/hとなる。日平均で0.542μSv/hはありうることになる。
posted by ZUKUNASHI at 13:19| Comment(1) | 福島原発事故

2018/12/19線量率

東北南部の測定ポイント、ガンマ、ベータ、アルファ込み。
2018/12/17、18と線量率水準が上がっています。降雪もあったはずですが、雪が積もれば通常は遮蔽効果で線量率が下がります。積もるほどではなくて西風が運んできた放射性物質の影響が強く出ているということです。数cpmの上昇でもそれは放射性物質が流れてきたことにほかなりません。吸っています。


2018/12/19の千葉県北西部のグラフです。G26とG19は比較的近くてG26が西寄り、G23は北に離れています。G26とG19で11時ころと12時ころにピークが立っています。今日は西風が放射性物質を運んできています。G23も11時ころと12時ころにピークが見られます。


今回は低いピークですが、大きな強いプルームが来れば、測定ポイントの測定値の水準が大きく上がりますから、その上がった順番でどっちからプルームが流れてきたかわかります。
posted by ZUKUNASHI at 12:50| Comment(0) | 福島原発事故

2018年12月18日

風邪が流行っている?

※ レイ‏ @3104rei228氏の2:00 - 2018年10月30日 のツイート
風邪の初期症状みたいのが増えてるようだけど、何だろうねえ???
消化器症状、呼吸器症状だけでなく耳鼻科領域も聞いたけど…
まだ散発的とは言えインフル出ていたから、尚更心配しちゃうよ。

・・・管理人は今月2回かかりつけの医院に行きました。簡易健康診断と定期的な薬剤処方です。2回とも高熱の人がいました。若い人と中年の人。一人は熱が高くて院内のベッドで寝ていました。逃げ帰ってきました。

若い方の死亡例が目立ってきていることと考え合わせると嫌な予感がします。

デスラーさんの2018/10/30のコメント

お晩です。
私の心の俳句:

1.元気よく、食べて応援、あの世行き。

2.微熱かな、ナメてかかれば、白血病。

3.被爆かな、生まれてきた子が、なんだか変。

色々と書けばキリがありませんが、今年の冬は、様々な病気が日本国中蔓延するものと思われます。
風疹・赤痢が横行していますね。アメリカは日本への渡航を自粛するよう呼び掛けています。

内部被爆によって、免疫力が低下しているから、様々な感染症・ウイルスに上記3項目の人達が次々に罹っています。
でもこれは、広島・長崎原爆、ビキニ環礁での水爆実験、スリーマイル島での事故、ネバダ州核実験、セミパラチンクスでの核実験、チェルノブイリ原発事故、サライェヴォやイラク戦争での劣化ウラン弾・・・などによる放射性物質によって様々な人的被害が報告されている事から、容易に想像出来るはずです。

この事以外にも、例えば、家のマンションの電気メーターがいつの間にかスマートメーターに替わっていて、それ以来体調が悪いし、2020年には、スマホが4G→5Gへ替わるそうで、そうなると、更に電磁波による健康被害が爆発的に増えると思われます。

そうすれば、福島第一原発による被爆+ハイテクノロジーによる電磁波の人的被害+医療&製薬会社による様々な副作用・病気誘発・合併症よって、日本人はボロボロにされるのは目に見えています。

もうね、

「海外に移住」

しかないと思います。
皆さん、本当に、どうか御身&お子様を大事になさって下さい。。。

・・・引用終わり・・・

寒さが厳しくなってきました。今週はまだよいのかもしれません。今、身体のバイオリズムがどんどん低下しています。冬至が底で年が明ければ回復するのだそうです。無理せず、年を越しましょう。

初出 2018/10/30 追記 2018/12/17
posted by ZUKUNASHI at 20:45| Comment(5) | 福島原発事故

中学生の不登校の数字に驚愕

2018年12月13日
発達障害の子供の数は驚かされる水準になっている模様の記事に関連しての投稿を掲載する。引用開始。

この中学生の不登校、驚愕の数字ですが、昨今聞くところによる、学校という場がかなり特殊(異常?)な状態になっていることを考えると、そうした環境に我が身を置きたくない、という意思表示ができる子供達がいる、とも考えられると思います

ブラック校則
組体操の危険性
ネットイジメ

ただ、これらの影響を差し引いても、今の子供達が、従来とは異なる状態にある、もしや、チェルノブイリと似たような事が起きているのではないか、と思ってしまいます。

映像報告 チェルノブイリ28年目の子ども達
16:39あたりから 低線量長期被曝の子供達の健康状態について 29:07あたりから キャリア30年以上の教師(校長)が話す事故前と事故後の子供達の変化について 紹介されていますが、こういう状態の子供達が日本にも増えているのではないか、と懸念しています。

この映像、今後、日本の子供たちの健康状態の悪化が顕在化したら、見られなくなるかもしれませんね。

原発事故後の東京近郊の子供たちの健康状態の悪化を診察を通じて認識し、その深刻さに警鐘を鳴らし、岡山に移住された三田医師は、2017年の診療のまとめ、として、2018年2月18日付けで『能力減退症』について詳細解説をして下さっています。

三田医院HP 2017年の診療のまとめ 『新ヒバクシャ』 に 『能力減退症』 が始まっている
ここで提示されている能力減退症ですが、不登校の中学生たちの「学校に行かない(行けない)事情」として紹介されている「授業についていけない。」の背景には、この能力減退症の症状があるのかも・・・と思ったりします。

また、国外に移住して年に数回日本に帰国する知人・友人達(ホに全く関心の無い人達)が口を揃えて言う「最近、日本に帰って電車に乗ったり街を歩いていると、ゾンビのように無表情で魂が抜けたような人が多くて気味が悪い。」という感想と、この能力減退症の症状にも何らかの関連があるのではないか、と私は感じています。

日本にいて周囲が皆そのような表情だと、その変化に気づかず、その状態を異常だと感じないのかもしませんが・・・。

・・・・・

※ Posted by hiyaase at 2018年12月14日 20:15
菅元総理は2011年の年頭所感で、この国には約60万人の「ひきこもり」がいる。この問題を私はなんとかしたい。
そう言いましたが、世間から総無視されました。

私は当時住んでいたマンションに3人もひきこもりがいたのを気付いていたので、関心を持っていましたが、3月に311震災が起きて、その話は完全に忘れ去られました。

だから、何かの人が100万人いて不思議はないと思って生きてきました。
約120人に1人です。
50年前には、ひきこもりや不登校など、ほぼ完全に近いほど存在しませんでしたから、これは今の時代の最大の特徴です。
もちろん、誰も解決しようとはしないでしょう。

※ Posted by SY at 2018年12月14日 23:16
50年前にもいましたよ。たいてい病院送りで、薬で精神疾患にされるか、脳の障害を疑われて頭を開かれるかしてます。
だから日常生活から見えなかっただけで、いなかったわけじゃない。

まあ、戦争体験世代の親にしてみれば学校は、給食でうまいもん食えて、家の手伝いもせずに遊んでるぐらいの認識だったから、行けないのは明らかに病気だったんでしょうね。

精神疾患が、一昔前で100人に1人、今は数人、隠れを入れたら10人はくだらないでしょう。
引きこもらないために、薬飲んで病みつつ頑張ってるというのが世の中の実態かな?

若い世代の引きこもりや不登校は、病気にされないで薬飲んでないなら、むしろ健康かもね。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/16のツイート
学校に行きたくない中学生10人に1人傾向。子供3人一応育てた桑ちゃんジージから言わせると「当たり前現象」かな。うちの次男坊も一時不登校になった。原因はいじめ、いじめてる子供を責める前に家庭環境を調べた。その子に言わせると「羨ましかった」と。両親とも不倫してて家庭内別居状態あれるわね。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/16のツイート
息子が学校に行きたくないといった時、桑ちゃんは職場に連れて行ったり、現場を見させたり連れて歩いた。学校で学ぶ数学や絵などなんで学んでいるか実際に使うこと見せるためにね。図面見せて現場を見せて寸法だしや展開して部材の取り合い決めるところ等やっていたら自分から行くといって休まず通った

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/16のツイート
まあ不登校もあったし当然学力低く高校進学受けたものの当然落ちた。先生から「補欠で入れる学校がある」といわれ息子に「行くか?」と聞いたら悔しかったのか「行く」と。受け入れる学校に授業についていけないようであれば塾にも通わせる手紙書いて入学させた。高校2年先生から進学コース進められる

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2018/12/16のツイート
子供に言ってはいけない言葉「お前は何やってもダメだな!」

桑ちゃん @namiekuwabara氏の息子さんの現状を尊重する姿勢、待ち見守る姿勢、が解決改善に貢献したこと、このとおりだと思います。
posted by ZUKUNASHI at 01:31| Comment(1) | 福島原発事故