福島原発事故: ずくなしの冷や水

2019年02月21日

IT機器挑戦 頑張ってください!

読者の一人にSIMセット済のモバイルルーターをお送りして空間線量率測定システムにつないでいただきました。

その際のやりとりです。今回、FREETELのモバイルルーターにSIMをセットしてテストしたとき、夜電源を切り朝電源を入れたら携帯電話回線に接続しなかったのです。悪い予感。この機種は簡単に接続が切れるとの説もあります。つなぎっぱなしならよいのでしょうが。FREETELの設定をしてもらわないといけませんから、手間なのです。

・・・・・

[管理人からの事前メール]
モバイルルーターは充電してあります。
1 電源を入れる。
2 スティックパソコンの画面で右下のWifi設定の扇型をクリックしてモバイルルーターのSSIDを見つけ、パスワードを入れる。
画面右下にキーボードのマークが出ているはず。これをクリックするとキーボードが画面に表示されます。←スマホを使う方はこれには慣れています。
3 モバイルルーターとのWifi接続を確認
4 スティックパソコンを再起動
これだけで送信が始まるはずです。
モバイルルーターのケーブルをスティックパソコンにつなぐ。これで充電されます。

↑事前メールにはもっと詳しく書いてありましたが、どなたも長い文章は読みません。その時必要なことしか読まないのです。ですから読者の作業が始まったらつきっきりでメールで助言します。

モバイルルーターを受け取った読者が緊張して作業を始めました。禊(?)をし、深呼吸して、いざ決戦。

まず、次の画像が送られてきました。(この画面で調べることは管理人は指示していませんでした。)


[管理人からのメール]
これはWifiでモバイルルーターとパソコンがつながっているが、モバイルルーターが携帯電話回線につながっていないということを示します。

次の操作をしてください。

スティックパソコンでブラウザを起動してください。edgeが入っていますよね。

ブラウザのアドレス欄に mfi.home と打ち込みます。FREETELと書かれた画面が現れるまで少し時間がかかります。このページが出るまで何度か呼び出してください。

画面がパスワードを要求したら ***** と打ち込み、その後現れる画面の半ばほどに 接続 というボタンがありますので、これをクリックします。

画面右上の地球儀のマークに上下逆向きの矢印2本が出れば接続成功です。

読者から送られた画像

[管理人からのメール]
この中の Microsoft Edge というソフトを起動します。

読者から https://www.mfi.home/ と出ているがだめだと。


[管理人からのメール]
これで大体あっています。←優しいでしょう!
ただ、http://mfi.home/ が正しいのです。
https のsはいりません。
www. もいりません。
消してください。

ドットは、数字の小数点です。
数字が出ているキーボードにして小数点を入れてください。半角の小さな文字のほうです。

ここまでできればもうすぐです。←励まします!

まあ、今週中に成功させましょう。←気長に構えてもらいます。短気を起こさないように。

どうかな、うまくFREETELの設定画面が出たかな? 思っていたら次の画像が送られてきました。「接続」ボタンが「切断」になっています。成功ですね。



読者から地球儀に反対向きの矢印が出ていないと。

それはFREETELの設定画面の話なのですが、つながればもう用はありません。

[管理人からのメール]
パスワードは保存してください。
それからこのページをお気に入りに入れてください。
右上にある☆印だったと思います。
後で使うときに便利です。

[管理人からのメール]
インターネットに接続されていますね。
スティックパソコンのブラウザで、ほかのサイト何でもよいですから見てください。
そして最新の情報が表示されればインターネットに接続されています。

夕食時にかかってしまいました。次の作業手順だけを書き送ります。
[管理人からのメール]
スティックパソコンの画面の右下に ヘ の字のマークがありますから、これを左クリック。
カラフルなSHAREXのマークを右クリック
SHAREXの設定項目がずらりと出ます。
一番上のCaptureにマウスを当てると隣に吹き出しが出ます。一番下のほうにあるAutocapture を左クリック。
開いた小さなwindowの下にStartという横に長いバーがありますからこれをクリックしてStopに変えてください。
そして、×印ではなく横棒でこの画面を見えなくします。
まずこれをやってください。

管理人が食事をして戻ると、グラフが送信されていました。
大成功。

スマホであれ、パソコンであれ、e-mailが使えるとこんな風に遠隔地でも詳しく手順を相談しながら進めることができます。

電子メールのメリットは何度も書いてきましたが、文章入力とともに画像ファイルを送れるスキルを身に着ければやれることが大きく広がります。

何人かの方にこんな形でパソコンシステムを設置してもらったりしましたが、若い人は飲み込みと慣れが早いです。こういうハードのセットだけでなく、表計算や画像処理のスキルも身に着けておくことが絶対必要です。

今は講演会などでは大型プロジェクターを使い、パワーポイントなどで作ったスライドを投影して見せます。秘書に雇われても、文書が作成できない、表計算も足し算掛け算だけ訪問先リストの作成に何日もかかる、スライド作成など到底無理ということでは、到底務まりません。

結婚した女性はやはり時間がありません。若い独身の女性は、今のうちです。いえいえ、若い男性ももちろん必要なのですが、一般的に若い男性のほうが器械には関心が強いように感じています。

これでモバイルルーターを使ったシステムが3件動くことになります。このシステム導入でずいぶん勉強しました。(させられましたし、失敗もありました)

教訓
モバイルルーター使用のシステムはモニター必須
モバイルルーター設定のためのサイトはブラウザのお気に入りに入れておく。使用頻度が高い場合もある。
パスワードはブラウザに覚えさせておいたほうがよい。
FERTELのモバイルルーターは、インターネット接続が切れることが多い。
ブラウザ:インターネットエクスプローラーなどのソフトでネット上のサイトを見るためのソフト
USB充電器:家庭用電源から5VのUSB電源を得るための電源アダプターをこのように言う例が多い。

posted by ZUKUNASHI at 19:20| Comment(0) | 福島原発事故

F1 2号機北側地面に近いところで湯気らしきもの

※ 大沼安史 @BOOgandhi氏の1:25 - 2019年2月19日のツイート
[フクイチ・ユーチューブ]2019年2月18日夜D 
19日午前0時44〜1時07分 2号機建屋・北側外壁下部に注目
 
 @Kiyoshi_IWATA @namiekuwabara @microcarpa1 @fairewinds @DrHCaldicott @motokorich

下の円内の部分で湯気、蒸気?のようなものが出て画像が揺らいでいます。両目でじっと見ていないとわかりません。


原発停止から約8年、崩壊熱は大きく減じているはずなのにまだこんなに湯気、蒸気?のようなものが出ている。

2015/8/2の福島第一原発3号機燃料取扱機の引き揚げ時に共同通信が空中から撮影した動画。
20トン大型がれき撤去 福島第1原発3号機
キャプチャー画像


これほどではありませんが、単に崩壊熱が一方的に減じていっているだけではありませんね。新たに発熱しているところもある?

でも地下に沈降していれば、水をかけるしか手はない。新たな核分裂反応が生じないよう祈りながら、水を注いで温度の上昇を防ぐしかない。冷却水温度が上昇すれば、それが気化する際に多量の放射性物質も大気中に運びます。

崩壊熱の減り方は緩やかになっています。とにかく待つしかない。「崩壊熱が下がるのを待つしかありません」と言ったほうが国民の置かれた状況をより適切に表現することになるはずです。

しかし、それでは原子力利用の怖さを印象付けてしまう。そのために格納容器の中を覗いたり、デブリに触ってみたりしている、それが実態です。

地下に沈降したデブリがどれほど深いところにあるのか、そちらの調査が必要ですが、今は、危険すぎてボーリングなどには手が出せない。

航空機で海水の温度を測定したりして高温な水の発生源とその流れを推定しているのではないかと管理人は見ています。
posted by ZUKUNASHI at 13:10| Comment(0) | 福島原発事故

医師がドラキュラに 手術後の胸をなめた?

※ 産経新聞2019/2/20(水) 15:30配信
手術後のわいせつ被害は「せん妄可能性」 東京地裁、男性医師に無罪
 手術後の女性患者の胸をなめるなどしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師(43)の判決公判が20日、東京地裁で開かれた。大川隆男裁判長は「女性は『せん妄』に伴う幻覚を体験した可能性がある」として無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。
 男性医師は平成28年5月、東京都足立区の病院で、30代の女性患者の胸のしこりを取る手術後、胸をなめるなどしたとして起訴された。
 せん妄は、手術へのストレス、麻酔を含む薬物投与などにより、認知能力が一時的に低下した状態。「寝ぼけ」のような状態となり、意味不明な言葉を発したり、現実感を伴う幻覚を見たりする場合などがあるとされる。
・・・女性にはドラキュラ遭遇願望があった?

弁護士ドットコム2019年02月20日 16時33分
手術後わいせつ事件、無罪の医師「捜査が非科学的」「報道やネットの投稿で傷ついた」
手術後の麻酔が残っている女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師に対して、東京地裁は2月20日、無罪の判決を言い渡した。男性医師は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いて、「ホッとしている」と話した。
男性医師は2016年5月、東京都足立区の病院で、女性の乳腺腫瘍の摘出手術を担当したあと、全身麻酔から覚醒途中だった女性の着衣をめくり、乳首を舐めて吸うなど、抗拒不能に乗じてわいせつな行為をおこなった疑いが持たれていた。
男性医師側が一貫して「冤罪」を主張した裁判では(1)「男性医師から乳首を舐めたり吸ったりされた」という女性の証言の信用性、(2)アミラーゼ鑑定やDNA鑑定が、科学的な証拠として認められるか――が争点となった。
東京地裁は判決で、(1)女性が麻酔による「せん妄」という状態で、性的な幻覚をみた可能性がある、(2)女性の乳首から検出されたアミラーゼとDNA型は、触診や別の医師との会話などで付着した可能性があり、DNA鑑定の信用性に疑いがあるとして、無罪を言い渡した。
●男性医師「100日以上拘束されて、社会的信用や職を失った」
男性医師は2016年8月、準強制わいせつの罪で逮捕されて、同年12月に保釈されるまで、100日以上勾留されていた。判決後の記者会見で、「警察の非科学的な捜査手法があった」と怒りをにじませつつ、「100日以上拘束されて、社会的信用や職を失った。警察から一方的な情報による報道や、それに悪乗りしたネット上の悪意ある書き込みで、私や家族、周りの人間が大きく傷ついた」と明かした。
・・・この医師の方の容姿がわかりませんが、かなり好感を持たれるタイプなんでしょうね。管理人の感想。
@女性は望み通りの幻想を体験したんですよね。なんでその幻想を大事にしなかったんだろう。幻想を思い出して自分で快感を楽しめばいいのに。
A男はせん妄でどんな幻想を見るんでしょうね。攻撃的になるんですかね。そのときは体が動かないはず。
Bメルマガをやっている知人には、「パソコンを遠隔操作していつもインカメラから自分の姿を覗かれている」なんて訴えられないようにしたほうがいいと助言しなければ。でも、幻想でそう感じられたらそういう事実はないことを証明するのも大変です。


※ 共同通信2019/2/20(水) 10:30配信
田畑毅衆院議員に「乱暴された」 元交際女性が告訴、愛知
 自民党に離党届を提出した田畑毅衆院議員(46)=比例東海、当選3回=に乱暴されたとして、当時交際していた名古屋市の女性が準強制性交容疑の告訴状を愛知県警に提出したことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、女性は昨年12月24日夜、田畑氏と食事し、酒も飲んだ。その後、2人で女性の自宅へ行き、寝ている間に乱暴されたと主張し今月、告訴状を提出した。
 田畑氏の携帯電話には女性の裸を撮影した画像が保存されていたため、女性は軽犯罪法違反容疑でも被害届を提出したという。
・・・食事をし酒も飲んで自宅に連れて行けば、男は当然期待しますよね。

※ 西日本新聞社2019/2/5 06:00
元福岡市議を書類送検 福岡中央署 強制わいせつ容疑
タクシー車内で女性に無理やりキスしたなどとして、福岡中央署が強制わいせつの疑いで、福岡市議会の元市議田中丈太郎容疑者(46)=同市博多区元町2丁目=を福岡地検に書類送検したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。書類送検は1日付。
書類送検容疑は昨年11月3日未明、福岡市内を走行中のタクシーの後部座席で、女性にキスをしたり、下半身を触らせたりした疑い。捜査関係者によると、田中元市議は「酔って覚えていない」と容疑を否認している。知人ら計4人での会食後、女性に「帰る方向が同じだから乗って」と声を掛けたという。
女性は被害届を提出し、1月25日に告訴状を出した。今月4日、西日本新聞の取材に対し「何も言えず怖かった。正当な処罰を受けてほしい」と話した。
元市議は11月29日、取材に対し「(任意聴取前で)警察の話を聞かないとコメントのしようがない。一緒に酒を飲んだことは事実だが、どうやって帰ったか記憶にない。不快に思われるようなことがあれば、真摯(しんし)に謝罪しないといけない」と述べた。
田中元市議は2007年に初当選し、3期目途中の昨年12月3日、国民民主党に離党届を提出。翌4日には「一身上の都合」で議員辞職願を提出し、許可された。
・・・4人で会食した帰りでしょう。タクシーの中ならそれ以上はないわけだし。

※ IZA2018.4.4 17:31
援助交際歴10年の派遣社員の告白「私の何が悪いかわからない」
1996年の流行語大賞にも入賞した「援助交際」とは、若い女性があらかじめ対価を決めて、男性とデートや食事、ホテルへ一緒に行くことを指す隠語だった。それから約20年が経ち、SNSの普及によって、その「援助交際」を副業のようにして暮らす女性も出現している。ライターの森鷹久氏が、社会人として地道に働く傍らで援助交際をやめられない女性の実態に迫った。
* * *
 東京都東部に住む派遣社員のA子(二十代)は、勤務先の大手OA機器メーカーの営業所を17時ぴったりに出ると、電車で千葉県某市の繁華街まで移動し、カフェに入った。その十数分後には、カフェの前に30代前半と思われる男性が現れる。スマートフォンに目を落としていた男性が、カフェを出てきたA子の姿に気がついた。
 「A子さんですか? 初めまして。とりあえず軽くメシでも行きますか」
 「お腹減ってるんですー」
 「何か食べたいものとかありますか?」
 「初めまして」という挨拶を除けば、妙齢の男女が仕事後に落ち合い、 食事などを取って“デート”しているようにしか見えない光景。だが、食事後に二人はスムーズにとラブホテルにチェックインすると、A子は男性から現金三万円を受領した。デートの待ち合わせに見えたあの場面は、まさに「援助交際」が始まる瞬間だったのだ。
・・・3万円もかかるの!

※ カナコロ2016/6/9 09:072018/12/7 15:48updated
同僚の市議を強制わいせつ容疑で刑事告訴 逗子の女性市議
 市議会閉会後の酒席でわいせつな行為を受けたとして、逗子市の女性市議(53)が同僚の男性市議(48)を強制わいせつ容疑で県警に刑事告訴していたことが8日、分かった。県警は受理し、慎重に調べている。男性市議は「肩には触れたが、セクハラに当たる行為は一切していない」と説明している。
 女性議員へのセクハラ行為を巡っては、全国各地の女性議員らでつくる議員連盟のアンケートで、半数以上がセクハラで不快な思いをした経験があると答えている。被害が顕在化しているが、県内で刑事告訴まで発展するのは異例。
 告訴は4月19日付。告訴状などによると、第1回定例会閉会後の3月23日夜、2人は別の市議5人と市内の居酒屋で打ち上げに出席。午後11時ごろ、2次会のカラオケ店で、女性市議は別の市議が歌っている最中に男性市議に室外へ呼び出され、服の上から体を触られたり、あごをつかまれて無理やりキスをされたりしたという。女性市議は車で参加しており、飲酒していなかった。
 その後、睡眠障害やうつの症状などが現れ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。「唇をちぎれるものならちぎりたい。それほど屈辱的な行為。事実を認めて責任を取ってほしい」と訴えている。
 同席した市議の一人は「直接は見ていないが、外で何かやっているなと気付いた」。別の市議は「みんなで部屋から出ると、女性市議は手で頬を押さえ、目に涙をため、眼球が震えていた」と話す。
 男性市議は取材に、「事実無根。先輩議員として『もっと頑張れよ』と激励するために外に呼び出し、両肩に手を置いただけ」と反論。今後、名誉毀損(きそん)に当たるなどとして法的手段を検討するとしている。
 逗子市議会(定数18人)は男性12人、女性6人。男性市議は副議長などを歴任し、現在4期目。女性市議は2期目。
・・・2016/6のことですね。

もうチヨさんとハグしあうのは止めよう。夜手をつないで公園の隅に行ったりすることも。ハグしあえば、絶対に向こうのほうが抱きごこちを楽しめるはずなのだから、私が訴えればいいのかな。
でもそれは世間では通用しないな。
posted by ZUKUNASHI at 12:49| Comment(0) | 福島原発事故

2019年02月20日

こういうことですね

※ からなっとうあせあせ(飛び散る汗) @karanatt000氏の2019/2/19のツイート
ひっそりと治療してる芸能人増えたな。49歳...

的場浩司、2度の手術を告白 「深刻に受け止めんで下さい…」既に仕事復帰(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000090-it_nlab-ent … @YahooNewsTopics
posted by ZUKUNASHI at 20:56| Comment(0) | 福島原発事故

放医研の明石真言理事 官邸に「疫学調査不要」

東京新聞2019年2月18日 朝刊
官邸に「疫学調査不要」 福島原発事故で放医研理事
東京電力福島第一原発事故後の二〇一一年四月、国の研究機関・放射線医学総合研究所(放医研)の明石真言(まこと)理事が福山哲郎官房副長官(当時)に、住民の疫学調査は不要と進言していたことが分かった。原発事故の疫学調査では一般的に、多発が心配される甲状腺がんの患者数や分布を調べ、放射線の影響を分析する。しかし、国は本格的な調査に乗り出さず、福島県が「県民健康調査」を始めた。 (榊原崇仁)

 甲状腺がんの原因となる甲状腺内部被ばくの測定も、国は千八十人で終えていた。明石氏はこの測定を問題視しなかった上、甲状腺がんの状況も調べなくてよいと提案したことになる。

 本紙は、同年四月二十六日に明石氏らが福山氏と首相官邸で面会し、住民の被ばくについて説明した会合の議事概要を情報開示請求で得た。文部科学省が作成し、放医研が保有していた。

 それによると、経済産業省の幹部が「論点として疫学調査の必要性の有無があろうが…」と切り出し、明石氏が「住民の被ばく線量は最も高くても一〇〇ミリシーベルトに至らず」「(疫学調査は)科学的には必要性が薄い」と述べていた。

 明石氏は現在、量子科学技術研究開発機構執行役。取材に応じ、「健康影響が確認できる基準は一〇〇ミリシーベルトと理解していたが、外部被ばくは原発の正門付近の空間線量からそこまでにならないと判断した。甲状腺の内部被ばくは国の測定で線量が高い人でも五〇ミリシーベルト、一〇〇ミリシーベルトにならなかったはず」と説明。「必要性が薄い」と判断した理由に、平常時との差が確認できるほど病気が増えると考えにくかったことを挙げた。

 放医研は文科省所管で一九五七年に発足した。緊急被ばく医療体制の中心的機関として位置付けられ、福島の事故では官邸や各省庁の助言役として活動。国が疫学調査をする場合は、実施主体になる可能性があった。国がこの調査をしなかったのは、放医研が否定的だったことが影響したとみられる。

・・・引用終わり・・・

放医研の明石真言理事が疫学調査の必要がないと述べていた。明石真言氏は私の目からは見送り人に見えていました。核利用関係機関の内部的な事故などで被ばくし、放医研に送られた人の病状について同氏が会見で説明することが多く、楽観的な見方がされるとともに個人情報だとしてその後の消息が分からなくなることが多いからです。

多くの日本人が健康悪化の原因を知ることもなく見送られたとみることもできます。

この方です。

2016.2.20 放射線医学総合研究所福島復興支援本部いわき出張所 開設記念講演会からキャプチャー

※ 島薗進 @Shimazono氏の2019/2/18のツイート
島薗進さんがh■m■■k■(秘密保護中・反戦争法案)をリツイートしました
放医研とはどのような機関か?放医研は国連科学委員会に代表を送る組織でもある。その国連科学委員会(UNSCEAR)は当初から政治性の強い組織。放医研は「医学」を掲げているが原子力開発と不可分の国策的な組織。厚生省ではなく科学技術庁所管だったのはなぜか?https://togetter.com/li/1306041

※ 金子勝認証済みアカウント @masaru_kaneko氏の2019/2/18のツイート
【放射線ムラは犯罪的だ】福島原発事故後、放医研の明石真言理事が福山哲郎官房副長官(当時)に、住民の疫学調査は不要と進言していた。甲状腺がんの状況も調べなかったが、277名も発生している。原発を続けるためには、データ隠し、ごまかしが横行。原発とともに滅びる日本。

※ 添田孝史 @sayawudon氏の9:42 - 2019年2月18日 のツイート
そもそも被曝量が十分わかっていないのに「健康影響は無いだろう」と疫学調査をしないよう進言する放医研の明石氏。津波再検討の実質先送りを規制対象・東電との二者密談で認めてしまった国の審議会委員(東北大・今村文彦氏)。我が国の「科学的助言」の実態は、なかなか怖い。

※ 白石草 @hamemen氏の13:22 - 2019年2月18日のツイート
明石氏は、原発事故の健康影響に関するあらゆる会議の委員なのだけど、事故後のスクリーニングやヨウ素服用や計測などの対応全てに関与している人なので、そもそも利益相反だと思ふ。

※ T−T @tcy79氏の2019/2/20のツイート
これは100mSv安全論で住民の被曝調査をさせなかったひと。

SYNODOS / シノドス2018.05.12 Sat
UNSCEARの報告はなぜ世界に信頼されるのか――福島第一原発事故に関する報告書をめぐって
明石真言氏インタビュー / 服部美咲

※ T−T @tcy79氏の2019/2/20のツイート
シノドスは早野さんのも含めて放射能安全論をいま全力で繰り返しツイートしてる。やはりPAだな。

・・・引用終わり・・・

明石真言氏が出てくるこのブログの記事

2017年07月10日
日本原子力研究開発機構・大洗被爆事故の作業員3人が再々入院

2017年06月12日
日本原子力研究開発機構被爆事故 体表面の汚染を内部被曝と間違えた?? そんなことはありえない

2017年06月09日
アルファ線源の大量内部被爆 極めて重大な事故 日本原子力研究開発機構 1

2017年06月08日
アルファ線源の大量内部被爆 極めて重大な事故 日本原子力研究開発機構 2

その他、放医研の名前が出てくるもの

2019年01月29日
福島県に関する情報に注意! 正視できない状況になっていくと思います

2019年01月26日
11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後  反応

2019年01月22日
11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後

2018年09月28日
今日の放射能備忘録 177

2018年05月18日
あの方たちはどうされているだろう

2017年11月30日
今日の放射能備忘録 164

2017年08月05日
米学者:プルトニウムの吸入・摂取に安全量はない 放医研見解とえらく違うぞ ハンフォード事故
posted by ZUKUNASHI at 19:11| Comment(2) | 福島原発事故

横須賀市の給食は丸ごと検査でセシウム「フリー」だったと早野龍五



検出限界値未満だからと言って決してゼロではない。一定の検出限界値のもとでNDでありうるだけだ。横須賀市は神奈川県下でも人口動態の悪化が顕著だ。


WBCから学校給食まであらゆる分野でごまかしをやっているようだ。次々に暴かれている。

よほど気を付けないと、あいつらに殺されるぞ!

あらゆる面で隠蔽ごまかし、信じられるものなどない。データ再チェック、応戦態勢再構築だ。

彼らは、人が死ぬのは承知の上だ。未必の故意による殺人。いや、それ以上だ。故意による殺人になるのでは?

未だに被ばく回避の意思のない人が姿を消すのは、もうどうしようもないとあきらめるほかないかもしれない。幸運を祈るだけだ。

神のご加護を!!

でも、諦めの境地でそのように割り切って考えると。日本ではすごいプロセスが進んでいるんですね。民族内での淘汰のプロセスが。

そういう言葉の多い英語では何に当たるんでしょう。
genocide、mass murder、mass homicide、massacre、annihilation、
extermination、elimination、liquidation、eradication、decimation、butchery、bloodletting、pogrom、ethnic cleansing、holocaust

@ 学校でウソを教え、社会でウソを浸透させる。
A ウソを見抜けなかった人は被ばくし、その代で健康を害して早く死ぬ。死ななくても遺伝子に損傷を受ける人が多くなる。
B 遺伝子に損傷を受けた人は、子孫を作りにくい、子孫ができても障害があったり、早死にしたりする。
C ウソを見抜けなかった人の系統は、生物学的問題に経済的な問題が加わり早晩途絶える。
D ウソを見抜けなかった個人のレベルでは、なぜかわからないままに倒れていって終わるが、社会全体でみれば、ウソを見抜いて防護策を講じた人の系統が生き残る。
E 社会の中で情報弱者、生きる上での危険に注意深くなかった人の系統が消えていく。
F 「ウソを見抜けなかった個人」の中には、疑いを持っても被ばく回避を実践しなかった人も含まれる。それゆえ、学歴、経済力、頭の賢さ、社会的地位、思想傾向などの特定の指標と被ばく蓄積が強く相関しているようには見えない。
G ただ、職業面では、漫画家、脚本家、声優、大学教員などに被ばくが原因とみられる急死事例が先行的に発生した時期がある。
H 福島第一原発の作業従事者、除染作業従事者、汚染車両運搬業務従事者などを除けば、屋外労働、肉体労働に従事する人に強い被ばく症状が集中的に発生しているようには見えない。
I 日本に住む人全般の遺伝子に損傷が増えているはずだ。
J 経済的な階層別には、ある程度経済的な余裕があり、いい物、おいしい物を購入可能な階層(の特に子弟)に被ばくに起因するとみられる障害が出ている例がある。
K 一方、官邸の機密費で飲み食いしている人たち、政治家の体調不良の事例情報が、中枢神経障害とみられるものを除き低位に推移している。経済界の上位にある人たちの体調不良による引退などの情報も低位に推移。
L Kの現象が、その人たちがなんらかの別途の情報源を有していて被ばく回避を心掛けているためなのか、特に高級な飲食店が使用食材を厳選しているためなのかは不明。(高級レストランの中には食材選択面への配慮をうたっているところもある。オバマは来日時数寄屋橋のすし屋のすしは食べなかったがホテルのすし屋のすしを食べた)

日本は単一民族ではありませんが、「日本人」が圧倒的に多い。その「日本人」の中で個人別の系統選抜が行われているのです。

上に見たように、日本での「淘汰」は個人が有する特定の指標に応じて、ターゲットになっているようには見えません。

ですから "ethnic cleansing" には当たらず、核・原子力利用で生活の資を得ている人たちが自分たちの利権を保持するために事実を隠蔽し、ウソを流しているのです。それだけです。真理は常に単純です。

今、日本は "Indiscriminate mass homicide" を進める勢力に支配されています。政府がその支配の道具になっています。

シリアでISISが勢力を拡大し、ダマスカスのシリア政府が崩壊寸前に追い込まれた時でさえ、シリア政府はISISと対峙し続けました。

弾薬で爆薬で、米軍機の空爆で多くの市民が殺されましたが、ISISがシリア国内から消えようとしている今、シリアの人々は復興に立ち上がり、希望に燃えています。シリア危機発生から間もなく8年です。

シリア危機は福島第一原発事故とほぼ同時期に始まっています。原発事故から8年経っても日本の人々の健康被害は収まらず、将来の健康被害顕在化の恐れは強まっています。

私たちは、核・原子力利用推進勢力の私欲のためのテロを一日も早く終わらせ、政府を自分たちの影響下に取り戻さなければなりません。

※ nagaya @nagaya2013氏の2019/2/20のツイート
これは、ただの瑕疵ではなく事故後の原子力行政の「測らない」「測るんならND」「手段を工夫して過小評価」「自然放射線との一般化」という評価方針の一環としての論文なんだ。そこでは科学が歪められ、住民の権利侵害のために利用されており、早野龍五氏はその司令塔だったんだ。という視点がほしい。

※ 日経サイエンス認証済みアカウント @NikkeiScienceの2019/2/20のツイート
「福島第1原発事故 個人被曝線量の解析論文に疑義」
福島県伊達市の住民が測った個人線量を解析した論文が揺らいでいる。 日経サイエンス2019年4月号(2月25日発売) http://www.nikkei-science.com/201904_078.html #研究倫理 #雑誌情報
posted by ZUKUNASHI at 19:08| Comment(0) | 福島原発事故

Trump accused of seeking to sell US nuclear ‘secrets’ to Saudis… so why is this Russia’s fault?

Trump accused of seeking to sell US nuclear ‘secrets’ to Saudis… so why is this Russia’s fault?
House Democrats have launched a probe into the Trump administration’s alleged attempt to transfer ‘sensitive’ US nuclear technologies to Saudi Arabia. The company implicated has already found a couple of usual suspects to blame.

White House staff members are reportedly fast-tracking “the transfer of highly sensitive US nuclear technology” to Saudi Arabia without the necessary congressional review, possibly running afoul of the Atomic Energy Act and potentially allowing the Saudis to build a nuclear bomb, according to an interim staff report by Committee on Oversight and Reform chair Elijah Cummings (D-Maryland), which cites “multiple whistleblowers” as the source of the information. The Committee has opened an investigation into the allegations.

The report implicates the President’s adviser and son-in-law Jared Kushner, former national security adviser Mike Flynn, and Trump fundraiser Thomas Barrack in a project backed by “strong private commercial interests” to develop “dozens of nuclear power plants” through a private US company called IP3 International under the so-called “Trump Middle East Marshall Plan.”

With Kushner now on his way to Saudi Arabia to showcase the administration’s “Middle East peace plan,” those efforts “may be accelerating,” the report warned, noting that Trump had met last week with “nuclear power developers at the White House about sharing nuclear technology with countries in the Middle East, including Saudi Arabia.”

Unnamed “experts” cited in the report fear the Saudis might seek to build a nuclear bomb using the technology, further destabilizing the Middle East – especially if the transfer proceeds in secret, without congressional approval, which would require the transfer agreement to meet specific non-proliferation requirements. Saudi Arabia, the whistleblowers claim, is “refusing to agree to prohibitions on enriching uranium and processing plutonium similar to those agreed to by other countries in the region.”

IP3 immediately denied any wrongdoing, claiming that - on the contrary - its main goal is to protect vital US national security interests in the Middle East and beyond. Accusing Moscow and Beijing of “aggressively” pursuing profits, and even more so seeking to expand their “geopolitical influence,” IP3 claimed that “only the United States nuclear industry can deliver the standard of safety, security, regulatory oversight, and operational primacy required to ensure both the non-proliferation goals as well as the strategic goals of the United States.”

“It was clear Russia and China intended to build, own and operate nuclear plants” in the region, the release states. “It is a strategic imperative that the United States compete and win against Russia and China in the nuclear power arena.”

While mentioning Russia and China four times across their press release, and Saudi Arabia not even once, the company vowed to cooperate with the probe and share any information requested by the committee.
posted by ZUKUNASHI at 17:16| Comment(0) | 福島原発事故

出生死亡比率の反転はいつか

団塊の世代の山が消えるのに10年はかかるだろう。
そこで反転するか?
若い人に亡くなる方が出ている。そのころ出産適齢期を迎える人たちは、被爆が積み重なっている。



今も福島第一原発からの放射性物質の放出は続いている。他の原発からも随時放出。原発は老朽化。

原発推進勢力による人体実験まがいの被爆放置は続くだろう。日本人の遺伝子は徹底的に損傷を受ける。

反転は遅れるのではなかろうか。反転しても上昇度合いは緩やかだろう。
posted by ZUKUNASHI at 13:06| Comment(0) | 福島原発事故

2019年02月19日

おやじに爺! よく見ろ! あんたの種は全滅だな

厚生労働省全国人口動態統計速報による出生死亡比率の変化度合いの測定
2009/1から2009/12の平均を基準として2018/1から2018/12の平均を指数化
出生死亡比率=出生数÷死亡数だから、この比率の低下が大きいほど新生児が減り死亡者が増えている度合いが強いことになる。










2018/8は黄色が前月比1減、緑が4減、青が4増、橙が1増です。この冬、神奈川が0.65に限りなく接近する恐れがあります。








過疎化の市町村が多い西日本の県よりも東京が「新生児が減り死亡者が増えている度合いが強い」ということは、いったいどういうことだ!


東京はとっくの昔に人口自然減に転落

種蒔きっぱなしで害虫駆除もしなければ、キュウリやなすでさえ育たないことは分かっているだろうに。
posted by ZUKUNASHI at 21:24| Comment(3) | 福島原発事故

Less fallout, more danger: US ‘low-yield’ warhead pushes Doomsday Clock closer to midnight

RT2019/1/31
Less fallout, more danger: US ‘low-yield’ warhead pushes Doomsday Clock closer to midnight
A new “low-yield” US warhead is less powerful than the bomb dropped on Hiroshima but more capable of igniting a nuclear conflict than bigger nuclear weapons, analysts believe.

Dubbed W76-2, the weapon is now being produced by the Pantex plant in Texas, according to Donald Trump’s nuclear posture review which he signed last year. The Trump administration – whose boss has already shown a fixation on building up nukes – claims the new “low-yield” warhead would give the US a more “flexible” deterrent.

The new “mini-nuke” has less velocity than the Hiroshima bomb as it was designed by taking away one stage from the original two-stage W76 thermonuclear device usually mounted on Trident ballistic missile. The new warhead’s explosive power was reduced from 100 kilotons of TNT, to around five.

Now, an enemy (Russia, for example) could no longer count on Washington being afraid of using its huge nuclear arsenal due to the unimaginable civilian casualties, the US administration says.

However, less damage doesn’t mean no damage at all as the ‘Little Boy’ bomb, which the US dropped on Hiroshima, killed up to 80,000 people in 1945.

Some US mainstream media noticeably voiced concerns about the new weapon and the impact it will have on international peace. Defense News, for instance, cited some non-proliferation advocates who argue “all nuclear weapons are strategic, not tactical.”

Some Democrats in Congress worry that installing a low-yield and high-yield warhead on the same missile creates a dangerous situation where an adversary cannot know which system is being used, the paper wrote. Therefore, it would react as if the larger and deadlier warhead has been launched.

That aside, the W76-2 could give birth to other low-yield projectiles, reducing the threshold for using nuclear weapons, Mikhail Khodarenok, a Russian military expert said. Such nuclear munitions could easily be launched from the B-21 Raider, a US heavy bomber currently under development by Northrop Grumman, or the F-35 jet, he believes.
posted by ZUKUNASHI at 13:21| Comment(0) | 福島原発事故

workers at Hanford illegally dumping radioactive water

RT2017/10/28
Video shows workers at Hanford illegally dumping radioactive water
Investigators are looking into the Hanford nuclear facility in Washington state, after contractors were filmed dumping radiation-affected water and later tried to bury the evidence at the site of one of the largest nuclear cleanup efforts in the world.

Several videos obtained by Seattle’s KING-TV show workers at the Hanford facility’s Plutonium Finishing Plant (PFP) dumping liquids from large metal containers that are labeled “Caution: radioactive materials.”

“In nearly 25 years of working here I’ve never seen anything like that,” a Hanford worker told KING.

The workers are employed by Washington River Protection Solutions (WRPS), the organization responsible for cleaning approximately 53 million gallons of high-level radioactive and chemical waste stored in the containers at Hanford.

The facility dates back to the Manhattan Project in the 1940s. For decades, it produced the majority of the plutonium for the US nuclear weapons arsenal. In 1988, production stopped and the site became a burying ground for radioactive waste. Hanford has since become the most contaminated spot in the Western Hemisphere, prompting a multi-billion dollar clean-up process that isn’t expected to be completed until 2060.

“The soils under Hanford are extensively contaminated over a broad, broad area. The one thing you don’t want to do is create more waste sites,” said Dirk Dunning, a chemical engineer and Hanford expert.

WRPS told state investigators that workers dumped around 15 gallons of potentially toxic water on August 15 and 200 gallons on August 17, according to a document from the Department of Ecology.

Washington law makes it a gross misdemeanor to discharge pollutants into the water or soil. The company was also required to report any discharge of toxic waste to the Department of Ecology within 24 hours.

However, WRPS did not report the discharges for nearly a month, and a notification from the Department of Ecology shows the company only made the report days after KING emailed WRPS, federal and state officials, and the Environmental Crimes Unit of the state Office of the Attorney General about the incident.

“They knew it was wrong (to dump the liquids) but they did it anyway. They were hoping no one would question it. They definitely knew it should have been reported,” a WRPS employee said.

WRPS had been tasked with digging up 18 underground nuclear waste hoses and putting them in containers, which would then be buried in a nuclear waste dump at the facility. When workers found one of their containers filled with rainwater, they decided to dump it onto the ground rather than testing the water or transferring it to new containers.

A contract shows the company would earn $58,333 for each hose that was removed, for a total of more than $1 million dollars, if they finished the project by September 30.

WRPS dumped the toxic liquid in order to meet their deadline, said Tom Carpenter, executive director at Hanford Challenge, a watchdog organization working to keep contractors working at the facility accountable.

“They are here for the money and that’s it,” Carpenter told KING. “This fee structure ignores human nature, which is to take shortcuts to get the money without any accountability unless they get caught.”

The Department of Ecology has launched an investigation and has already been to the site to take soil samples to check for chemicals such as arsenic, lead and fluorene at the first dumping site.

However, after WRPS did a radiological survey and identified beta and gamma radioactive contamination, they removed the contaminated soil and surrounding debris, which can no longer be tested by investigators.

The disposal of radioactive waste at Hanford has been plagued with problems. RT visited the site last year, after workers were evacuated from the facility due to a leak of thousands of gallons of toxic waste. Locals said that the site occasionally “burps” radiation, which has led to a number of employees developing serious medical conditions over the years. In August, the company tested more than 300 workers, and found 20 percent tested positive for radiation contamination.

The Department of Energy estimates that 444 billion gallons of radioactive material and chemical waste were discharged onto the grounds of the facility and into the Columbia River in the first 50 years since the facility opened.

Dumping at the site without a permit became illegal after the nonprofit advocacy group Heart of America Northwest sued the Department of Energy in 1993.

After seeing the recent footage of workers dumping the toxic waste at the site, state Representative Gerry Pollet, who also serves as the executive director of Heart of America Northwest, called their actions “outrageous.”

“This is the kind of thing that caused Hanford to be the most contaminated place in the Western Hemisphere in the first place. I am shocked to see something like this in 2017,” Pollet said.

“It’s a crime. I’m convinced by looking at this that you’re witnessing a criminal violation of several statues, not just one.”
posted by ZUKUNASHI at 12:34| Comment(0) | 福島原発事故

トルコでロシアが作った原発が2023年に稼働見込み

RT2019/1/24
Putin vows to launch first Russian-built nuclear plant in Turkey in 2023
One of Russia’s major energy projects in Turkey, the Akkuyu nuclear power plant (NPP), will soon become operational. It is expected to provide 17 percent of the country’s electricity needs.

“The implementation of a large-scale project for the construction of the first nuclear power plant in Turkey, Akkuyu, is under way and complies with the schedule. They are building its first power unit, which we plan to launch in 2023,” Russian President Vladimir Putin announced.

Putin specified that the date was chosen by Turkish President Recep Tayyip Erdogan, because the republic of Turkey will celebrate its centenary in 2023.

The $20-billion project will be the first NPP in Turkey. It should enable Ankara to reduce the cost of power generation and result in lower prices for consumers.

The agreement for constructing and operating the NPP was signed by the countries in 2010. The power plant’s first reactor is expected to begin working in 2023. The plant will have four reactors with a capacity of 4,800 MW, and a service life of 60 years.

Russia’s main energy projects with Turkey involve natural gas. In November, the two countries officially completed construction on the offshore section of the Turkish Stream pipeline. The section, which is 930km (578 miles) long and runs along the bottom of the Black Sea, is designed to deliver Russian gas to the Turkish market.
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | 福島原発事故

US Energy Dept. blindsides Nevada with secret delivery of half a ton of weapons-grade plutonium

RT2019/1/31
US Energy Dept. blindsides Nevada with secret delivery of half a ton of weapons-grade plutonium
The US Department of Energy secretly shipped half a metric ton of weapons-grade plutonium to Nevada despite the state’s strong opposition to receiving the nuclear material. The state government fears more deliveries may follow.

The Energy Department infuriated Nevada’s government with the admission that it had shipped weapons-grade plutonium from South Carolina to a nuclear security site 113km north of Las Vegas before November, when state authorities asked for a court order blocking such a move. They didn’t specify when the cross-country journey had occurred – merely that enough time had elapsed since then to disclose it without compromising national security.

The state of Nevada is seeking an emergency injunction to block further shipments of plutonium, Governor Steve Sisolak announced at a press conference, noting that the Energy Department’s nuclear surprise has created the “palpable suspicion” that more plutonium is on its way to his state. Sisolak is pursuing “any and all legal remedies,” including contempt of court orders to be filed against the federal government, in fighting back against what he called “reckless disregard” for Nevadans’ safety.

“They lied to the state of Nevada, misled a federal court, and jeopardized the safety of Nevada’s families and environment,” Sisolak said, describing negotiations with the Energy Department as a “total sham.” The state insists the department has not sufficiently studied the dangers of moving the hazardous material into an area subject to earthquakes and flash floods, and warns the plutonium would have to travel through Las Vegas to get to the nuclear site – endangering the city’s 2.2 million residents and 40 million annual tourists.

An earlier legal request to block the Energy Department from shipping a full metric ton of plutonium from South Carolina is winding its way through the courts and is currently before US District Judge Miranda Du. She declined to immediately block the shipment, opting to wait until February to rule. Meanwhile, she said, “I hope the government doesn’t ship plutonium pending a ruling by this court.”

The Justice Department, however, said in new court filings on Wednesday that no more shipments of weapons-grade plutonium from South Carolina to Nevada are planned. Any nuclear material removed from the Savannah River site ordered cleared by 2020 will go somewhere else, it said.

President Donald Trump revived a proposal – abandoned by his predecessor Barack Obama – to store the country’s nuclear waste at Yucca Mountain, a site outside Las Vegas. The Energy Department approved a plan last August to store a full ton of plutonium at Yucca and Texas’ Pantex Plant, from which it would be sent on to New Mexico’s Los Alamos National Laboratory or another site by 2027.
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(0) | 福島原発事故

Grand Canyon museum exposed tourists to radiation for YEARS, whistleblower says

RT2019/2/18
Grand Canyon museum exposed tourists to radiation for YEARS, whistleblower says
Grand Canyon National Park covered up the discovery of a cache of highly radioactive uranium that may have exposed employees and visitors to radiation at up to 4,000 times safe levels, a Parks employee claims.

High-level Park Service officials formed a “secrecy pact” to cover up the fact that three large drums of uranium had been stored in the Grand Canyon’s museum building for 18 years, exposing Parks employees and tourists alike – including children – to dangerous levels of radiation, National Park Service safety, health, and wellness manager Elston “Swede” Stephenson claims, according to USA Today.

Stephenson says he tried to convince Parks executives to warn the public that anyone visiting the site after 2000 could have been exposed to radiation he calculated at levels potentially over 4,000 times the Nuclear Regulatory Commission’s “safe” level for children and 400 times the level for adults, but was “stonewalled” by management. He believes the Park Service violated the law by not informing the public of the danger.

“Respectfully, it was not only immoral not to let Our People know, but I could not longer risk my (health and safety) certification by letting this go any longer,” Stephenson wrote in an apologetic email to senior Park Service officials, a week after he blew the whistle on the uranium cover-up in an email to all Park Service employees, informing them they had been exposed to possibly unsafe levels of radiation.

Federal officials learned last year that three five-gallon buckets stored in the Grand Canyon’s museum building were literally overflowing with highly-radioactive uranium ore. The buckets were moved to the museum building when it opened in 2000 and were so full of the ore one literally wouldn’t close. They were stored near a taxidermy exhibit where, Stephenson says, children often stopped on tours for presentations, exceeding federal safety standards of radiation exposure within three seconds of standing next to the drums. Even adults, he said, could only stand near the drums for half a minute before accumulating unsafe levels of radiation.

The radioactive hoard was discovered by a teenager with a Geiger counter during a museum tour and promptly swept under the rug, Stephenson says, adding that technicians dumped the ore into an old mine near Grand Canyon Village, concealing their meter readings from him the entire time they were cleaning up the radioactive mess. Alarmed at their unprofessional behavior, he called in the Occupational Health and Safety Administration, who found only the empty drums – which had been “inexplicably returned to the building” and still gave off faint radiation readings.

Public affairs specialist Emily Davis claims there is “no current risk to the park employees or public,” but admits the uranium has since been removed, and declined to address the rest of Stephenson’s allegations when contacted by the Arizona Republic.
posted by ZUKUNASHI at 11:44| Comment(0) | 福島原発事故

2019年02月18日

今のインフルエンザは危ないらしい 命を取り留めても財布が底をつくのは確実!!

※ ないすら‏ @9slugger_P氏の12:25 - 2019年1月15日のツイート
同僚から静商がインフルで学校閉鎖してるって話を聞いたがマジだったのか
100人以上感染してるらしい…

※ YUMI・M @kyogokutei氏の0:20 - 2019年1月23日 のツイート
利用者さんの息子さんが、47歳でインフルエンザで亡くなったと連絡が入った。
4〜5日前にインフルエンザに罹患し、治療を受けていたけど、急変。
肺炎を併発し、呼吸不全を起こしたと。
今年何人目だ?インフルで亡くなった人。
若くてもマジで死にます。

※ ひいレジスタードマーク❸m♀ @hii_ca氏の2019/2/4のツイート
明日から次男が学級閉鎖あせあせ(飛び散る汗)
先週近隣の小学校でインフル脳炎で亡くなった子がいるらしい...

※ さーちゃ@神様ありがとう‍♀️ @satyahimaya0氏の2019/2/4のツイート
近所の方が昨日、インフルでお亡くなりになられて…亡くなった人が診察に行ったとこ、私も診察してもらったことあって私の時もインフルじゃないと言われ他の病院行ったら秒でインフルです言われた。
結論 そこの病院やぶ医者説

・・・引用終わり・・・

前はこんなに死んだだろうか。

幼稚園の園児がインフルエンザを発症し、3日後に死亡した事例の情報が入っています。発症の日を含め4日目に様態が急変し、死亡とのことです。

管理人は、今日は所用で外出しましたが、用務先に車での送迎を依頼しました。公共交通機関には当分乗りたくないです。電動チャリのほうが感染防止にはマシ?

もう2月になりました。1月の人口動態は特に悪化するでしょう。2月も続くかもしれません。

読者から次のような感想が寄せられています。

インフルエンザの菌によるもので重篤になるというより、
病院で処方される、抗生物質や解熱剤やらの薬剤の副作用というか、
そういった化学物質に、被曝で弱ってしまった人間の身体が耐えられなくなってきているという事もあるのではないか?
と思ったりしたのですが。
実際に亡くなってしまった方達は、どのような処置をされ、何の薬を飲んだのか?
それとも、病院に行かず何もしなかったから悪化してしまったのか?
原因は何なんでしょうか?知りたいですね。

※ エリック ・C @x__ok氏の2019/1/27のツイート
インフル新薬「ゾフルーザ」と タミフルの戦いという、まるで怪獣の戦い映画のタイトルの様なことも、今シーズンは起きています。

管理人:インフル新薬「ゾフルーザ」の副作用とみられる症状で苦しむ方が出ています。

時事通信社2019年2月1日(金)10時03分
インフル患者が過去最多=厚労省
 厚生労働省は1日、全国約5000の定点医療機関から1月27日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数が1機関当たり57.09人となり、調査を始めた1999年4月以降で最多になったと発表した。

インフルエンザで入院した方が1カ月以上も個室にとどめられ、差額ベッド代40万円、のどに穴をあける瀬戸際まで行って回復に転じたと。

インフルエンザで苦しんで幸い退院できても入院費用の負担で生活苦。どっちにしても生きるのは大変。

管理人は先月の投薬を受けるための通院を見送っていましたが、本日決行。午後の診察一番乗りを目指して医院の前で受け付け開始を待ちました。受付が始まると、来るは来るはマスクをかけた新患が。私も受付のお姉さんに今日は通常の診察ですかと聞かれたほどです。インフルエンザは終息していません。

薬局でダイエット指導の会がありますから出ませんかとお姉さんに勧められました。えっ、なんで私に勧めるの? 一目でわかる見苦しいデブだと? ダイエットのやり方は知っているんだけど、被ばく回避を優先すると食材に制約が出るんですよ。関東の野菜しか出ていない今の時期は特にね。あなたは、関東の野菜食べているの? 子供産めなくなる人もいるだろうから気を付けたらよいよ。とつぶやいたら目を丸くしていました。

若い男女には、子供産めなくなるという脅しが一番効きます。

2019/2/16
高齢の患者がアナフィラキシーショックのような症状で一晩中苦しんで死んだが老衰で処理された
posted by ZUKUNASHI at 15:55| Comment(1) | 福島原発事故

被ばくによる脳障害は治療不能

※ 平川典俊 @soudearunara氏の10:44 - 2019年2月17日のツイート
平川典俊さんがLightworkerをリツイートしました
フクシマでこのことに言及するのは現在はタブーですが、確実に事態は良くない方向に進行している。チェルノブイリ事故後チェルノブイリを訪れていた日本人医師が「平川さん、大きな声で言えませんが大変なことです、何故なら一度脳障害が発生するとそれを治療することは不可能だからです」と言われた。

※ Lightworker @Lightworker19氏の10:40 - 2019年2月17日のツイート
チェルノブイリ事故の被曝者を診察してきた医師「最も酷い障害は中枢神経障害です。ほぼ全員です。調べていて、あるときから医師のカルテが用成さなくなっていくという私の恐怖わかりますでしょうか 」 現地の医師も中枢神経障害になっていたそうです。

・・・引用終わり・・・

一時、道路や駅構内で眠りこんでいる人の姿が伝えられました。最近は、あまりそのような画像を見ません。

また、ツイートで嗜眠症状が改善したという情報もありません。最近は、物忘れや認識誤りなどの情報が増えています。

脳神経障害の出た人はどこかに消えて行っている?

2012年04月14日
福島県下でうつ病との診断増加 脳神経障害発現か? さあ、お父さんはどうしますか?

2014年08月01日
四肢の麻痺痙攣が増えている 脳神経障害と疑われる症状も

2016年01月15日
被曝症状最前線 36 自転車で転ぶ
posted by ZUKUNASHI at 11:40| Comment(0) | 福島原発事故

2019年02月17日

人の健康に対しては被曝は累積する

人の健康に対しては被曝は累積する。これまでにあなたはどれだけ累積したか。

日々の測定値が順調に下がっているところでは


理論値はこんな感じになります。


ただし、こういうところもあります。




上は外部被ばくの変化を推定する場合です。内部被ばくは別です。野菜に放射性物質による汚染があったとします。畑の土壌の中のセシウムは、時間の経過とともに減衰していきますから、野菜に含まれるセシウムも一般に減っていきます。吸収率が変わらないという前提で。

内部被ばくについては、生物学的半減期と言われるものがあり、物理学的半減期よりもはるかに速いスピードで減衰(身体の中の放射性物質から出る放射線を測定した場合)していくとされます。尿や便、汗、髪の毛、爪などから排泄されるからです。

ですが、人工の放射性物質は、身体の中に均等に分布するのではなく、特定の臓器などに集中するものがあるとされます。残留、蓄積するものがあるのです。甲状腺にはヨウ素だけでなくセシウムも集まるとされています。ストロンチウムは、骨です。

原発から放出された放射性物質は何百種類もあります。アルファ線源は測定が難しいうえに半減期が長いために身体の中に入ると悪影響は長く続きます。

上のグラフから、人口動態の悪化はまだまだ続く。死に至る前の深刻な疾病も増勢が止まらないことになるでしょう。

より長期的には、日本人の遺伝子がどんどん傷ついていき、健全に生まれる子供の数が低迷することは必至です。
posted by ZUKUNASHI at 19:04| Comment(0) | 福島原発事故

被ばく累積で発がん これはわかりやすい

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の17:45 - 2019年1月22日のツイート
これは明らかな間違いなのでコメントします。被曝を積み木に例えます。だいたい100個積むと崩れて癌になるとします。その高さは人によって違い、120個の人も90個の人もいる。低線量被曝をするとそれが20個、30個と徐々に積みあがっていきます。この方自称医師ですが、よく医学部卒業できましたね。



※ sivad @sivad氏の18:47 - 2019年1月22日のツイート
sivadさんがKoichi Kawakamiをリツイートしました
より細かく言うと、一人の体の中でも細胞ごとに積み木の高さは違うわけですね。

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2019/1/22のツイート
返信先: @sivadさん
はい。被曝が累積するイメージの説明です。細かく言うと積み木の形も違うかもしれません。

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/1/22のツイート
返信先: @koichi_kawakamiさん、@BB45_Coloradoさん
「預託線量」という定義、良くも悪くも積み重ねですね。

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2019/1/22のツイート
人の健康に対しては、被曝は累積する、と言う概念を無視してはいけませんよね。

※ 杉田仙太郎 @saintarrow氏の2019/1/22のツイート
タンパク質が60℃以上で熱変性する事から、60℃以上で火傷に成る。60℃がタンパク質の生物が火傷になる閾値。
「40℃の風呂は火傷しないが、150℃の水蒸気は火傷する」は、閾値が無い可能性がある放射線の性質を無視して、閾値の有る現象を当てはめる誤った喩では?

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2019/1/22のツイート
はい、そう思います。被曝は累積する、ことを無視しています。

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2019/1/22のツイート
返信ありがとうございます。被曝は累積するという一番大事なことをイメージしたつもりで、正確ではないですが。積み木の1個1個は何らかの生物学的イベントですね。遺伝子に変異がはいるとか。癌になるかどうかの閾があるとしたら、99個は大丈夫で100個目で崩れて癌になる。その境目かなと思います。

※ Koichi Kawakami @koichi_kawakami氏の2019/1/23のツイート
(遺伝子の)修復時にエラーがはいります。

・・・・・

国立遺伝学研究所
川上 浩一 教授(かわかみ こういち)
初期発生研究部門 川上研究室

忘れられない瞬間
「アメリカから帰ってからの4、5年、ペットショップで安い水槽を30個くらい買ってきて、ほとんど1人で実験していました。GFPというタンパク質をゼブラフィッシュの体のいろいろな場所で効率よく光らせるための研究でね。2001年ごろ、蛍光顕微鏡を見ていて脳の一部が光る魚が最初に見えた時は、力が抜けました。『これで何とかなる!』と思った。その瞬間、今の大規模なフィッシュルームを持つことが予想できました。」1人で大変だったのでは?と聞くと、意外な答えが返ってきた。「いや、1人って結構いいんです。全部自分でコントロールできるから。お金も人もないと工夫するし。やらなくていいことは徹底的にそぎ落とすから、やることが洗練されるんです。ただ自分の実験技術は100%確かじゃないとお話にならない。」

・・・引用終わり・・・

※  エム(Behind the Days)‏ @Behind_the_Days 氏の2017/10/3のツイート
広島大などのチームが9/9日付の米科学誌キャンサーセルに発表 → 『原爆投下から半世紀以上たっても被爆者に白血病が多い。これほど長期間影響が残る原因の一つが分かった。』『何らかの理由で・・染色体のうち、1本が・・失われている』

・・・引用終わり・・・

DNAは損傷しても修復しますが、修復時にエラーが入るとされています。

画像クリックでソースのサイトに飛びます。


上の説明で原発事故から時間が経過してもがんなどの発症がある理由がわかります。世代を超えた影響もありうるわけです。
posted by ZUKUNASHI at 16:05| Comment(0) | 福島原発事故

自民党女性議員の発言 何度読んでも意味不明

※ とみ @meow164氏の2019/2/16のツイート
ダメだ…意味が分からない…悪意があるとかないとかそういう次元じゃなくて…何でこんな発言が次から次へと出てくるんだ…何なんだこの自民党とかいう集団は…カルトか何かか?一人の人間の命を、人生を何だと思ってんだ?

※ 木村結 @yuiyuiyui11氏の2019/2/17のツイート
白血病の罹患率が急増している。
福島原発事故由来ではないか?
自民党の原発推進政策のせいではないか?
そんな反省は微塵もない
#五輪返上
/橋本氏「五輪の神様が使った」=病を公表の競泳・池江選手に関連付け発言(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000000-jij-spo … @YahooNewsTopics

朝日2/16(土) 20:35配信
橋本聖子氏「五輪の神様が池江選手の体を使って…」
 日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子副会長は16日、東京都府中市で開かれた2020年東京五輪・パラリンピックに向けた機運を高めるイベントでの講演で、白血病を公表した競泳女子の池江璃花子選手について触れ、「私も高校3年生の時に(腎臓などの)病気をして、立ち直ることができた一人であるなというふうに思っております。池江選手には何とか頑張って欲しい、と思うと同時に、彼女ならできると信じているんです」と語った。

 また、「私はオリンピックの神様が池江璃花子の体を使って、オリンピック、パラリンピックというものをもっと大きな視点で考えなさい、と言ってきたのかなというふうに思いました。あらゆる問題が去年から頻繁に、スポーツ界には起きました。池江選手が素晴らしい発信をしてくれたことによって、スポーツ界全体がそんなことで悩んでいるべきではない、ガバナンス、コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない、もっと前向きにしっかりやりなさい、ということの発信を、池江選手を使って、私たちに叱咤(しった)激励をしてくれているとさえ思いました」などと話した。

 イベント終了後に報道陣から真意を問われると、池江選手が『神様は乗り越えられない試練は与えない』とのメッセージを出したことについて「私たちこそが、池江選手の治療できる環境、頑張ってもらえる環境を作らなければならない、と教えられたということです。コンプライアンス、ガバナンスを今こそしっかりとしていかなければ、池江選手を盛り上げることにもならないし、しっかりしなければいけないということです」などと説明。「今、大臣の発言とか、いろいろ言われており、変なことは言ってはいけないことは理解しています。スポーツ全体の問題としてとらえてしっかりとやっていくべきなんだ、ということを彼女の頑張りから私たちスポーツ界が教えられた、ということです」と話した。

※ 大下賢一郎 @kemuchiman氏の2019/2/17のツイート
18歳の女性を白血病にする神様なんていらんだろ。東京オリンピックなんてやめちまえ、そう思わない?

2/17に寄せられたコメントに関連して池田選手のツイートの一部
池江 璃花子認証済みアカウント @rikakoikee氏の2019/2/13のツイート


・・・引用終わり・・・

まったくもって意味不明! 私の日本語理解能力がおかしくなった?
posted by ZUKUNASHI at 14:57| Comment(2) | 福島原発事故

お知らせ ツイッターの記録はリツイートに切り替えます

びっくりな事柄が増えていて、ツイッターの記録が追いつきません。管理人のツイッターアカウントでのリツイートに切り替えます。

コメントしたいものだけ、ブログに掲載します。
posted by ZUKUNASHI at 12:22| Comment(0) | 福島原発事故