福島原発事故: ずくなしの冷や水

2017年07月13日

無痛分娩などで麻酔を使って事故が起きているようです

2017/7/13に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

ずくなし様
いつも貴重な話と分析結果、ありがとうございます。
最近、関西で無痛分娩の事故があいついで報じられているのをご存知でしょうか?

京都木津川市、大阪府和泉市、兵庫県神戸市の産婦人科で報道されているだけで5件です。時期は京都木津川2012年1件、2013年1件、兵庫県神戸市2015年8月1件9月1件、大阪府和泉市2016年1件です。これまであまりなかった事件が場所も近く、時期も福島事故のあと、さらに川内原発の再稼働後に相次いでいます。

麻酔後に心肺停止という形が多いようです。関西ではがれきの焼却ニュースもありましたし、心臓への影響が考えられないでしょうか?

また、関東でも婦人科関連のニュースですが2015年8月には千葉で35歳婦人科腫瘍術後の方が原因不明の心肺停止、2016年7月東京で中絶後の女性が6日後に突然死などの報道があります。この時期の空間線量などの過去データを見ることはできるのでしょうか?

・・・引用終わり・・・

過去の空間線量率については、「放射線モニタリング情報」の右側に「放射線量測定データダウンロード」という囲みがあり、それを開けてモニタリングポストと時期を指定することによりデータを入手することができます。

無痛分娩は、麻酔を使うんですよね。となると、外部被曝を示す空間線量率ではなく、呼吸や飲食物による内部被曝が影響している可能性のほうが強いと思います。

コメントを拝見して驚いています。大変重要な情報です。ありがとうございます。元のコメントは消去しましたのでご了承ください。

読者にお尋ねしますが、分娩に限らず手術などで麻酔を施された方が急死したなどの例は聞いておられますか?

ご存知でしたら教えてください。この関係のコメントはそのままでは公開しません。

・・・・・

1  産経ニュース‏認証済みアカウント @Sankei_news 7月9日
麻酔を使う #無痛分娩 に日本産婦人科医会が初の提言へ 相次ぐ死亡・重度障害事例 http://www.sankei.com/life/news/1707
無痛分娩をめぐっては、大阪、兵庫、京都の4カ所の医療機関で、妊産婦の死亡など少なくとも5件の重大事例が起きていることが明らかになっている。
米国で約1千例の産科麻酔の経験を持つ大阪大の大瀧千代講師(麻酔集中治療医学)は「海外でかなり普及して安全も確立しているが、日本では体制の整わないまま導入されている。産科医が分娩全てを行う診療所では、明らかなオーバーワーク状態であり、特に緊急時には産科医と麻酔科医、小児科医と最低でも3人の医師が必要で、産科医一人では危機的状態に陥る」と指摘する。

2  よもちゅ‏ @yomochu 6月29日
関西に集中。産医や麻酔医は少ないし大変。これも改革必要案件では/無痛分娩の女性死亡 子どもは重い障害 神戸の医院 (朝日新聞デジタル - 06月29日 14:04) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4643952&media_id=168&from=twitter&share_from=view_news

3 [青い蒼い]さんごのうみ‏ @coralocean 6月29日
神戸新聞 2017.6.29|無痛分娩ミス女性死亡 麻酔で呼吸困難、子も障害
「硬膜外麻酔」を施した直後、外来診察のため女性のそばを離れた。
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201706/0010324094.shtml
骨髄移植時には、麻酔医が常に呼吸管理をすると言われたのに有り得ん!
量も多かったのでは?

4 デイリースポーツ 2017.6.24
ミスター・ポーゴさん急死 鎖鎌、火炎放射など武器に活躍した“極悪大王”
 鎖鎌や火炎放射などを駆使して“極悪大王”の異名を取った悪役プロレスラーのミスター・ポーゴ(本名・関川哲夫)さんが23日、埼玉県内の病院で死去した。66歳だった。
 関係者によると、22日に脊柱管狭窄(きょうさく)症の手術を受けた際の麻酔で血圧が低下し、不整脈から脳梗塞を発症。別の病院へ救急搬送され、延命措置が取られたが、23日の正午過ぎに帰らぬ人となった。

5  森和美‏ @morimorikazun 2016年7月20日
数日前に首のヘルニア手術を受けた父が、無事退院との連絡。数年前、父方の叔父(父の弟)がヘルニア手術を受け、全身麻酔で眠っている最中に急死しています。原因は不明でした。麻酔による事故ではなかった様ですし、確率の話にもなりますが、自身も全身麻酔での手術。父は不安だったろうと思います。

6  ベルぽこ㌠‏ @velpoko10 2015年1月2日
@biedermeier_ynp
(知らずに糖尿病だったりして下手に怪我・病気で麻酔すると、最悪急死する、とかいう話を聞いたことがありましてね…とりまなっていーことないっすよー_( っ`ω、)っ)

・・・・・・

読者からは特にレスポンスがありませんが、上記のところからすれば、元プロレスラーの方は、「脊柱管狭窄症の手術を受けた際の麻酔で血圧が低下し、不整脈から脳梗塞を発症」とありますから、被曝影響の疑いが濃厚です。

神戸の子供に障害が出た例では、医師の過失がありそうです。関西に事例が多いのは、無痛分娩が相対的に多いからかもしれません。

関東の事例もあることを見ると、被曝がベースとなって麻酔が引き金を引く感じがします。ありうることですね。
posted by ZUKUNASHI at 18:22| Comment(0) | 福島原発事故

2017年07月12日

ロスアラモス研究所から2箇所に放射性物質を民間貨物便で空輸

RT2017/07/11
Botched nuclear shipment puts pressure on Los Alamos to make changes
Small amounts of radioactive material being transported incorrectly has led to the firing of several employees after an incident at the Los Alamos National Laboratory, the prominent facility that specializes in nuclear weapons.

Last month, federal regulators launched an investigation into the lab after small amounts of nuclear materials were shipped by air, instead of by ground, as they were intended to be. They were supposed to be sent to facilities in California and South Carolina aboard a commercial cargo plane. Air transport of these materials is not allowed due to US regulations, according to a press release by the National Nuclear Security Administration.

The laboratory has said it will not comply with requests to provide any details about the mistakes of its employees in connection to last month’s error and have said that everyone involved in the mishap has been held to account for their actions, according to the Associated Press.

The lab has transferred the duties related to certain nuclear shipments to another division in the wake of the accident. They have also created more controls for the making of shipment labels.

A spokesman for Los Alamos said “the lab is putting into place laboratory-wide measures to significantly reduce the likelihood of similar events occurring,” the Albuquerque Journal reported.

The lab also said in a statement that “although these shipments arrived safely at their destinations and no one was hurt, this mistake, taken together with other mistakes in recent years, is unacceptable and is in the process of being addressed promptly and thoroughly.” They went on to say “our response to this incident is not business as usual,” the AP reported.

Nuclear watchdog groups spoke out following the incident and said that the lab was lucky to avoid a disaster because its packaging of materials allowed for possible rapid pressure changes.

No contamination or loss of radioactive material was found after tests were done on the shipments when they arrived at their destination.

Los Alamos is currently preparing to ramp up production of a key plutonium component for the US cache of nuclear weapons. Federal regulators, which are composed of an independent panel, have opened up a review of the lab’s track record and its ability to work safely with plutonium, the AP reported.

The lab is operated by Los Alamos National Security LLC, which is a private consortium, which includes the University of Southern California and Bechtel. Following performance reviews that were deemed unsatisfactory, the federal government made the decision to not extend the consortium’s more than $2 billion annual operating contract past 2018. The feds have also started to compose and rebid the contract. There has been increased criticism of Los Alamos after many articles were written by the Center for Public Integrity about federal regulators’ interest in safety lapses at the lab, according to the Journal.

RT2017/06/25
Feds probe Los Alamos lab for mislabeling & shipping nuclear materials by air

Federal regulators are investigating an “absolutely unacceptable” violation of improper handling of nuclear material after the mislabeled cargo was sent on commercial cargo flights to two laboratories in the United States.

Last week, unknown quantities of “special nuclear material” were sent from Los Alamos National Laboratory in New Mexico to Lawrence Livermore National Laboratory in California and the Savannah River Site in South Carolina via “commercial air cargo” in violation of federal regulations.

Originally, the nuclear matter to both labs was packaged and “containerized” for commercial ground cargo transportation. But it later emerged that the documents by Los Alamos National Laboratory were prepared for air shipment in violation of well-defined federal regulations, the National Nuclear Security Administration (NNSA) said in a statement.

While the packaging was not breached and the nuclear material not contaminated during its transportation, the NNSA announced that it is now investigating the case.

“This failure to follow established procedures is absolutely unacceptable,” said NNSA Administrator Lt. Gen. Frank Klotz, USAF (Ret).

“I require the contractors who manage and operate our national laboratories and production plants to rigorously adhere to the highest safety and security standards in performing the vitally important work they do for our national security.”

The NNSA emphasized there was “no loss of radioactive material,” but promised that those who potentially jeopardized public security will be held accountable. It also gave assurances to undertake measures to avoid future incidents of this type.
posted by ZUKUNASHI at 13:44| Comment(0) | 福島原発事故

被曝影響はこんなに精妙 あなたの体内でもカチカチと時を刻んでいる

今振り返ると、所によりますが5年目の半ば頃から被曝による健康影響が顕著に現れてきていることが分かります。

福島第一原発事故直後の心筋梗塞から始まり、次第に症状の幅が広がり、かつ最も身体的に弱い階層、生命活動の最も微妙なところで影響が出てきています。

言うまでもなく、前者は高年齢層であり、後者は生殖活動です。

今なお汚染食品が市場に出回り、福島第一原発を初めとして各地の核関連施設から放射性物質が放出されていますから、追加的な放射能被曝が続いています。

対処療法で持ちこたえている面がありますが、私達の体は悲鳴を上げています。その声を聞き漏らした人から消えていくことになるでしょう。下に掲げる典型的なグラフに示された傾向は継続します。







posted by ZUKUNASHI at 12:01| Comment(0) | 福島原発事故

2017年07月11日

活動家:850万人のアルジェリア人がフランスの核実験で殺された

下の記事に掲げられていたフランスの核実験と見られる画像です。

福島第一原発3号機の爆発の際の雲と同じです。


FARSNEWS2017/7/11
Activist: 8.5 Million Algerians Killed in Nuclear Tests by France
TEHRAN (FNA)- The head of Algeria's society for the revolution of national liberation said over 8.5 million Algerians were killed during nuclear tests in the Algerian Sahara by France’s colonial system and bodies of the innocent people were thrown into the Seine River.

Abdul Hamid Salaghji said the history of Algeria is filled with cruelties to its nation. On October 17, 1961, 8.5 million Algerians were killed after these innocent people only called for their freedom and shouted: “Long live Algeria", Awd News reported.

The Algerian people who were killed by the colonial system were the legacy of France and its war crimes in Algeria, he said.

French colonial rule destroyed Algeria during 1830 to 1962 and committed war crimes.

Salaghji called these actions against the innocent people of Algeria by French legal institutions, army, police and in total, French integrated colonialism. One of the worst crime by European colonial systems including France, Spain, Europe and … against the people of Algeria was that they beheaded 12,000 Algerians.

French colonialists also used nuclear explosions in Algeria that led France to join International Atomic Energy Agency, and the Algerians have suffered from the effects of nuclear tests which led to different kinds of disease and cancers, Salaghi added.

The head of the society for the revolution martyrs of national liberation referring to the issue said that they have estimated the number of martyrs will reach one and a half million and some of them were martyred without trial that Algeria wasn’t able to find their names and even the location of their bodies.

Salaghji also asserted that the case of French crimes against the people of Algeria should be investigated at the International Court of Justice.

“Unfortunately, this cannot be done, because France has not signed the Treaty of Rome,” he added.

He said: “in 1963, Marshall Algerian lawyer tried to resume the case of France’s colonial crimes in the Court of Paris. But the case was rejected because of the above reasons. Meanwhile, the society was seeking a way out in the case of May 8, 1945. But it can’t also be done because France signed the Amnesty Law for covering crimes committed in 1964.”
posted by ZUKUNASHI at 18:14| Comment(0) | 福島原発事故

茨城北部の汚染はどうなんだろう

SPM分析で考察しましたが、東海第二原発は大震災で170回もベントして放射性物質を放出したらしいのですが、それによる汚染が残っているはずです。

水戸市から東の地域は放射能のメッカ、いや失礼、原子力のメッカと呼ばれることもある核関連の研究機関などが集中立地している地域です。

米国による土壌調査では茨城県下一円でサンプルが採取されています。その中で水戸市桜川1丁目のサンプルが群を抜いて高いのです。



下の空中測定マップからすると、そんなはずはありません。


サンプル採取箇所をよく調べると、水戸駅南口の立体化されたコンコースの上です。サンプルデータには採取深も重量も載っていません。

そして"Soil sample 550 ccpm before removal, 180 ccpm after removal;"とありますから採取されたものは180cpm? それとも370cpm?

まあ、どちらでもたいしたことはありません。

同じく米国海軍が直接採取したと見られるつくば市谷田部のサンプルは、"Soil Sample 750 ccpm before removal"とあります。こちらは分譲用宅地の真ん中です。

水戸市駅前のサンプルもつくば市のサンプルも2011/3/26に採取されています。

現地で測定したcpmについては、使用した測定器のアルファ線検出部分の大きさは、管理人が使っているものよりも小さいことはないでしょう。これは他との比較の余地があります。

しかし、採取深が違いますし、採取時点も異なりますから特に半減期の短いヨウ素131についての比較はあまり意味を持たないでしょう。核種間の比率を見るくらいしか分析のアプローチはないかもしれません。

次は、テルル132とヨウ素132、セシウム134の比率を見たものです。つくば市、水戸市が似てくるのは当然としても、日本政府が2011/4/7に採取した笠間市のサンプルも比率が同じようになっていますが、その他のサンプルは大きく異なります。



稲敷市や龍ヶ崎市はセシウム134の濃度は同じくらいなのですが、笠間とも核種間比率が大きく異なります。これがいかなる原因によるものかは、さらに調べないといけません。

福島第一原発事故直後で水戸市やつくば市で数百cpm、6年経過した今、松戸市で250cpm検出されるということは、なかなかのことだと分かります。
posted by ZUKUNASHI at 14:59| Comment(0) | 福島原発事故

2017年07月10日

日本原子力研究開発機構・大洗被爆事故の作業員3人が再々入院

日経2017/6/19 13:38
原子力機構事故 被曝した作業員5人が再入院
 量子科学技術研究開発機構は19日、日本原子力研究開発機構・大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で起きた事故で被曝(ひばく)した作業員5人全員が18日に再入院したと発表した。5人は事故後に量子機構の放射線医学総合研究所に入院し、放射線量の検査や放射性物質を体外に出す治療などを受けたが、13日に退院していた。
 放医研の担当者は「深刻な状況ではない」と話している。再入院の経緯などについては19日夕方に説明する。

Yahoo News 6/19(月) 23:35配信
尿からプルトニウム 被ばく作業員再入院
作業員5人が再入院した。
日本原子力研究開発機構は、茨城・大洗町の研究施設で被ばくした作業員5人が、放射線医学総合研究所に再入院したと発表した。
5人は、放医研で内部被ばくを低減する治療などを受け、13日に退院していた。
そのあとの検査で、尿からプルトニウムとアメニシウムが検出され、内部被ばくしていたことがわかったことから、2回目の治療を受けるため、18日、再入院したという。
また、原子力機構は19日、法令に基づいた事故の報告を、原子力規制委員会に提出した。
児玉理事長は、東京都内で会見し、あらためて謝罪したうえで、原因究明や再発防止に全力を尽くすとして、現時点での辞任を否定した。

・・・引用終わり・・・

放医研は、被曝事故の際に印象操作をする役割も果たしています。「内部被ばくを低減する治療など」はキレート剤による排出促進のことでしょう。再入院を公表したのは治療によって確かな効果を生む自信があるためなのか、それとも隠しきれない事情があるためなのか。

毎日新聞 2017年7月3日 19時46分(最終更新 7月3日 19時46分)
茨城被ばく
樹脂が放射線で分解、ガス発生か
作業員3人は3回目の入院
 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県)の被ばく事故で、原子力機構は3日、核燃料物質が入ったビニール袋が破裂したのは、試料に含まれる樹脂が放射線で分解され、ガスを発生させたことが原因の可能性が高いとの見方を文部科学省に伝えた。検証試験の結果、実際にガスの発生が確認できたという。
 ただ、化学反応や袋の劣化など他の原因も否定できないことから、同機構は別の検証試験も行って詳しく調べ、21日までに原因を推定するという。
 一方、量子科学技術研究開発機構は3日、内部被ばくした作業員5人のうち2人の治療を打ち切ると発表した。治療の効果で尿中のプルトニウムが非常に少なくなったため。残る3人はこの日3回目の入院をし、治療を続ける。【酒造唯】

共同2017/7/3 20:57
ガス発生確認、被ばく事故で実験
日本原子力研究開発機構
 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の作業員被ばく事故で、機構は3日、放射性物質と、接着剤として使われる「エポキシ樹脂」を交ぜる再現実験をした結果、ガスが発生した一方、樹脂が放射線で分解されて量が減ったことが確認されたと文部科学省に報告した。事故では放射性物質を包んだビニールバッグが膨らんで破裂し、中の放射性物質が飛散した。
 機構の児玉敏雄理事長が同日、文科省に「事故の有力な要因だ」と報告。機構は既に、事故でも粉末試料がエポキシ樹脂で固められ、ガスが発生した可能性があると同省に報告しており、再現実験をしていた。

毎日新聞2017年7月10日 20時37分
原子力機構事故
被ばく量、当初より80倍低く
 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)の被ばく事故で、量子科学技術研究開発機構は10日、内部被ばくした作業員5人の今後50年間の被ばく線量の推計を発表した。そのうち最も線量が高い作業員は最大150ミリシーベルトとされ、原子力機構の当初の推計は、80倍過大だったことになる。
 機構の発表では、作業員5人が50年間に受けるとされる被ばく線量の内訳は、100ミリシーベルト以上200ミリシーベルト未満が1人▽10ミリシーベルト以上50ミリシーベルト未満が2人▽10ミリシーベルト未満が2人。量子機構は「個人が特定される」として詳細を明らかにしなかったが、関係者によると、最大の被ばく線量は150ミリシーベルトだったという。原子力機構は事故直後には、この作業員が2万2000ベクレルのプルトニウムを吸い込み、今後50年で1万2000ミリシーベルト(12シーベルト)を被ばくするとしていた。
 プルトニウムは肝臓や骨に沈着する性質があり、被ばく線量が100ミリシーベルトを超えると、がんを発症する確率が100ミリシーベルトあたり0.5%高くなるとされている。会見した量子機構の明石真言執行役は、この作業員について「こうした臓器ががんになる確率は高くなる」と説明した。他の4人については、がん発症の確率への影響は確認できないほど低いという。【酒造唯】
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(0) | 福島原発事故

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その2

「原発はいますぐ廃止せよ」の2013/11/14の記事に鳥取市岩倉地内における放射線レベルの高い廃棄物に関する鳥取県の分析結果が紹介されていた。次の表はそれから崩壊系列ごとに抜き出したもの。
鳥取県は、「大部分がラジウム、或いはラジウムが崩壊してできる鉛やビスマスなど天然核種であり、原子炉生成物質を疑うセシウム134 などは含まれていませんでした」としている。



上の表で崩壊系列の頭にあるウラン238やトリウム232のベクレル数が分かれば、その後に出てくる子孫核種との存在比率が分かるのだが、これら二つについては測定データがない。

この廃棄物は、人形峠のウラン鉱脈を掘った際に生じた掘削土を持ち出したものではあるまいか。

そうだと仮定すると、掘削土のウラン濃度を参照してみればよい。

人形峠製レンガの安全性
「原料掘削土にはわずかですがウランが含まれていることから、レンガ製品の放射線等の測定を行い、以下のデータが得られています。
○ウラン濃度;0.57ベクレル/グラム」

これはアルファ線の測定結果なのだろうが、そのような記述はなく、ウラン238だけなのか、ウラン234も含めて測っているのかも明らかでない。

しかも、これは「レンガ製品の放射線等の測定」結果だから、アルファ線を測ったのなら、最も表面にあるウランが出したアルファ線を測っているに過ぎない。

このウラン濃度を1kg当りに直せば570ベクレル/kgとなるが、表面より内側のウランが出すアルファ線は測定できないから「レンガ製品の表面の放射線等の測定」というべきであり、kg当りの表示は意味がない。

また、「レンガ表面の放射線量率は平均0.22マイクロシーベルト/時であり、花崗岩(みかげ石、高いもので0.2マイクロシーベルト/時)程度の値です。」とも記載されている。

管理人が、徘徊途中ウランレンガを積上げたものではないかと見られる塀を見かけ、SOEKSを近づけて測定したら0.2μSv/hあった。アルファ線を検出しない簡易な測定器でも差は生じた。

2017/7/9、レンガの壁をMAZURで測定した。紙1枚挟んで60cpmだから0.18μSv/h、紙を挟まなかったらこれより下がってしまった。鉛直面の測定は難しい。

2016年10月21日
ポロポロ崩れるもろいレンガにご注意

また鳥取県の公表資料に戻って考えると、ウラン238の測定結果はないが、ウラン238が崩壊してできる娘核種のトリウム234のベクレル数は書かれている。

ウラン238の半減期は44億年だが、トリウム234の半減期は24.1日。トリウム234が毎秒これだけ崩壊していれば、ほぼ同じ数だけウラン238が毎秒崩壊してトリウム234の崩壊して減少した分を埋めなければ、トリウム234は枯渇して崩壊数が激減してしまう。

つまりこの廃棄物1kg中にあるウラン238の毎秒の崩壊数はトリウム234に近い値になっているはずだ。

レンガ1個は2.5kgとされるから、仮にこの廃棄物でレンガを作ったら、レンガ1個の中でトリウム234が77,000〜62,000ベクレル/kgの2.5倍、192,500〜155,000ベクレルの放射線を出していることになるし、ウランもほぼ同じ数のアルファ線を出していることになる。

もちろんレンガは焼き固められているからアルファ線は表面にあるアルファ線源からしか外部には届かない。

しかし、これが経年変化でボロボロ崩れ始めたとき、粉末化したレンガの材料からは猛烈なアルファ線が出ていることになる。

155,000ベクレル÷2500g=62ベクレル/g

原子力機構のサイトにある「ウラン濃度;0.57ベクレル/グラム」と二桁違うが、固形物の表面を測った場合とそれを粉末化して自己遮蔽がないようにした場合とで100倍の違いはありうるだろう。

だいぶ分かってきた。ウラン238がベクレル数で100あれば、トリウム234もほぼ同じベクレル数があり、以下の子孫核種では鳥取県の測定結果と同じような形でベクレル数が変化すると考えてよいだろう。

途中でベクレル数がほぼ半減しているのは、ひとつはウラン234とその次のトリウム230の半減期が極めて長いために滞留が生ずるからだろうし、もう一つにはラドンを経由してラドンの次の核種が散逸してしまうためと考えてよいだろう。ウランレンガが経年変化でボロボロになるのもラドンを経由することが原因の一つかも知れない。

上に述べたことをイメージで示すと次のとおりだ。トリウム234が崩壊してすべてがPa234mになり、その99.84%がウラン234に
、残りの0.16%がPa234になる。Pa234mの半減期が1.2分、Pa234が6.75時間。Pa234は無視してよいほどの割合だが、なぜかPa234mの崩壊数がトリウム234よりも大幅に少なくなっている。測定誤差だろうか。



なお、プロトアクチニウムは強い放射性と猛毒性を有し、プルトニウムのアルファ線同等の強発癌性を有するとされている。

上に書いてきたところからすれば、CTBT高崎放射性核種観測所の粒子状放射性核種の観測結果でビスマス214の大気中の濃度が時間を追って上昇していることは重大な意味を持つ。

CTBT高崎放射性核種観測所の粒子状放射性核種の観測結果」(2016年12月21日時点)による9月から11月までの最新データを加えて作成したビスマス214の大気中濃度のグラフ。


ビスマス214が増えていることは、とりもなおさず、ウラン238以降の系列にある放射性核種が増えていることにほかならない。

ビスマス214以前のラジウムも増えている。ラジウムはカルシウムと似た性質を有するとされ、骨に入れば長く残留するという。

既に日本産の食品からは多くのものでラジウムが検出されているとの情報もある。食品によっては数ベクレルだから過去に計測された水準を数桁上回ることになる。

各都県が測定した定時降下物からもラジウム226は検出されている。群馬県では2013/3と2014/5に平米当り3.1から2.4ベクレル検出された。



ラジウムなどの厳密な検出は手間がかかり難しいという。他の府県では降下していない、飛んでいないということはない。検出するだけの分析力がないか測定方法の限界で検出限界未満となっているだけだろうと考えられる。

・・・・・

次の資料を目にしたが、難しくて分からない。
北陸地域アイソトープ研究会誌 第3号
2001年−75−利用技術
γ線スペクトル解析による天然ウランと劣化ウランの判別
posted by ZUKUNASHI at 01:06| Comment(0) | 福島原発事故

2017年07月09日

握り飯と携行食の工夫

2017年07月05日
握り飯を何で包むかに寄せられたminaminaさんの投稿を掲載する。うーん、なるほど! の一言に尽きます。

ハンバーガー袋を紹介したminaminaです。
ずくなし様、アドバイスと温かいお言葉をありがとうございました。

家族の病気治療等で慌しくしていた為、暫くこのページに書き込みが出来ずにいたのですが、たくさんのコメントに驚きました。

私は化学物質過敏症や金属アレルギー、アミノ酸アレルギー等あり、ほ が多い食材を少し食べただけで倒れた事もあるので、外食を避け厳選した食材を使って自炊しています。

数ヶ月前までは移動が多かったので、移動中は手製の携行食、移動先でもなるべく持参した食材等 試行錯誤してきました。
ずくなし様や携行食に悩まれる皆様の参考になるかもしれないと思い、書き込みいたします。

♩食べやすい形の工夫

棒状に作ると、立ったまま袋に入れた状態で食べる時に便利だと思います。
車中では、棒状が食べやすく好評なのでおにぎりも、パンも棒状が多くなりました。
具を中心に入れ ごはんを巻きつけて形を作る時もあります。

焼きおにぎり 五平餅 きりたんぽ風
ごはんを平たい棒状にまとめて油を塗ったホイルかクッキングペーパーに乗せ、甘味噌(私は荏胡麻やクルミ、紫蘇など入り)を塗り、オーブントースターで焼くと香ばしい。

パンの場合、夏場はお出かけ前日にロールサンドイッチを作り、ラップで包んだサンドイッチをジップロックへ縦に並べて入れ冷凍。
ジップロックに入れたまま持参すれば食中毒の心配もなく、食べやすくてケースも不要。
具は解凍時に水気が出にくい食材、薄切りやペースト、千切り等が適しています。
パンにピーナッツバター等を塗り、バナナを巻いて凍らせれば、半解凍でも美味。

小麦粉や米粉、コーンフラワー等を水で溶き、フライパンか卵焼き器へ薄く広げて焼いた皮で野菜等を巻くと簡易ラップサンドが出来ます。
具や皮によってメキシカン、フレンチ、中近東風、中華風、沖縄風など変幻自在。
ホームベーカリーでパンを焼くより、時間や手間がかからず、変化をつけられ便利です。

♩おにぎりを包むもの

ハンバーガー袋や小型ビニール袋へ入れるのも、手で直接持たずに食べられるからです。

私が紹介したハンバーガー袋と同様の製品↓
http://item.rakuten.co.jp/paquet-poche/b-fukuro_no12m_100/

ワックスペーパーはスタイリッシュだけど化学物質過敏症者にはパラフィン臭が厳しい時も。
ハンバーガー袋は匂いもなく、とても安価なので、気軽に使い続ける事が出来ます。

友人のお店を手伝った時、アルミホイルをくしゃくしゃにして開いてから包みました。
隙間に水分が溜まる為、ご飯がべちゃつきにくく、アルミホイルに触れる部分が少ないので金属的な味を感じにくい、との事。

沖縄に滞在中は月桃の葉でおにぎりや米粉で作ったお餅を包み、アジアに滞在中はバナナや蓮や椰子の葉で携行食を持ち歩きました。
柿の葉や茗荷の葉、竹の皮なども好きですが、311以後は西日本でも使用を躊躇います。
葉を使う時は良く洗い、塩水か重曹水に浸けて
ほ を軽減し、再び洗い水気を取ってから。

植物の葉で包むと、蒸気が適度に逃れて美味しく、香りが良く、抗菌効果もあり、環境負荷もなく、情緒も感じられ素晴らしい事ばかりなのに、気軽に使えなくなり残念です。

しかし、おにぎりも葉で包む事も素晴らしい文化なので、ほ を軽減する工夫を凝らす等して、時折おにぎりを作っています。
日々の被曝回避は重要だけれど、私は食を楽しむ事、文化の継承も大切だと思うから。

皆さんのコメントから、様々な視点で考える事ができました。
ありがとうございます。

・・・・・・

確かに、ちまきや笹団子は笹の葉の防菌作用を利用したものといわれていますね。使ったことはありませんが、イイギリという木の名は飯を包んだからとされています。柏餅の柏も同じような効果があるのかもしれません。

でも放射性物質が飛んでいることを考えると、産地を選び、良く洗うなど手間がかかることになってしまいました。

minaminaさんありがとうございます。

2017年07月06日
たかが握り飯 だがすべての問題が集約されている
posted by ZUKUNASHI at 23:40| Comment(0) | 福島原発事故

2017年07月07日

原発を地震・津波・ミサイルが狙う これはたまらん ミサイルは東京都心へどうぞ これは本音 

毎日新聞2017年7月7日 19時06分
規制委員長
田中氏「例え悪く撤回したい」 ミサイル発言
福井県高浜町で報道陣の取材に
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は7日、原発を狙った北朝鮮によるミサイル攻撃について問われて「東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良い」と話した6日の発言について、「もっと大きな心配をしたらどうかという意味で言ったが、例えが悪かった」と釈明し、「撤回したい」と述べた。福井県高浜町で報道陣の取材に答えた。【近藤諭】

・・・引用終わり・・・

これは本音ですね。

いったん、ミサイル攻撃が命中すれば、放射能は安全、安心、被曝心配なしと言い続けるだけで済むが、ミサイル攻撃への対策はと問われれば、規制委員会の仕事が増える。対策の打ちようもなく、せいぜい原発を止めるだけ。

「原発なんぞ狙いませんよ、東京都心に落とせば直接的な人的犠牲ははるかに多いから、そうするでしょう」

全国の原発関係者は拍手喝采したのではないでしょうか。

この方、大洗のプルトニウム被曝事故の際に流れたJCO事故の記録映像に若い頃の姿が写っていましたね。

原子力村の生え抜きが規制する側の責任者になれば、ずぶずぶは避けられませんね。

http://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/10,23071,c,html/23071/3-05.pdf
posted by ZUKUNASHI at 20:08| Comment(6) | 福島原発事故

「中枢神経系の疾病がトレンド」だそうだ

どなたかのコメントに最近は中枢神経系の疾病がトレンドだとありました。

意味が分かりませんでしたが、2017/1月分の人口動態統計月報(概数)によれば、 神経系の疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、その他の神経系の疾患)による死亡数が増えています。
老衰以外の原因不明も増えています。



例年は、1月分でも前年との比較が記されているのですが、2017/1月分には前年の数値が記載されていませんでした。
posted by ZUKUNASHI at 17:11| Comment(1) | 福島原発事故

SPM分析 MPの空間線量率が上がらなくてもSPM濃度が上がればプルームが来ている

2017年05月31日
SPM分析の効用と限界

大気汚染のデータは量が多く、分析すればいろいろ新しい発見もあるはずですが、何しろ手間がかかります。

今さら2011/3のプルームの動きを調べてもという面はありますが、少なくとも粒子状の放射性物質の飛来状況はつかめますので、次なる苛酷事故の際にプルームの動きを把握する手段として活用したいのです。

当面の目標は、SPMの測定値をリアルタイムで等高線図に変換することです。粗いものであればすぐにもできます。次のような形ですね。

茨城県の2011/3/12から数日間のSPM測定値については茨城県が隠蔽しています。次のグラフで明らかでしょう。



手前側に水戸市の測定局がありますが、7つほどがずーっとブランクです。MPの線量率だけでなく、SPMについても手を回しました。



次は2011/3/20から3/21にかけてのSPMの測定値ですが、3/20一日かけてSPMが上がって行き、3/21には下がっています。東葛に濃厚汚染をもたらしたプルームは県南から入り込んでいますが、SPM濃度はそんなに高くなくて、むしろ3/20の深夜のほうが高いところが多くなっています。



2011/3/20のプルームは、昼頃に銚子の北辺りで内陸部に入ったと見ていましたが、茨城県全体を覆うほどの広がりを見せていたことが分かります。



雨がなかったので降下沈着が少なかっただけなのです。そしてこのブルームは南関東にも到達し、神奈川県でも検出されることになっています。

神奈川の2011/3/15、すべての観測ステーションを含んではいません。午前7時前にどーんと高くなっています。そして深夜まで高い状態が続いています。これは粒子状のものだけですからこれ以外にガス状のものがあります。やはり、神奈川のプルームは強かったことが分かります。


2011/3/16は群馬西部、埼玉西部、東京西部を経てプルームが南下しました。ところにより極めて高い値が出ています。3/15、3/16の二日にわたり粒子状放射性物質の濃度が高かったことが分かります。


コンビナートの煙突から出た煙が筋を作って流れるようなものではなく、べたっとシートを被せるように広い範囲を覆いながら流れていることが分かります。

そして、それは場所により大きなムラがあり、濃厚なところと希薄なところが隣り合わせで流れています。

これでは、プルームが来たことを知ってから逃げるのは無理です。
瞬時に横浜の港から厚木辺りまで飛べるのなら意味はありますが、そうでなければプルームの中を走り続けることになります。

SPM分析では、これまでの理解とは違う姿が見えてきます。


そらまめ君の時報値からグラフを作りました。1時間以上遅れていますが、これが一番早いでしょう。茨城県が7月になって欠測を繰り返しています。なにもなければ良いですが。
posted by ZUKUNASHI at 12:51| Comment(1) | 福島原発事故

とにかくこの夏を乗り越えなければ

茨城県の人口動態速報発表8都市のうち、4都市について2017/6分の公表が終わりました。
未公表の水戸、日立、常総、神栖の4市を前年同月の数値で仮置きして計算した出生死亡比率は前年同期比大きく低下、前月比でもほぼ横ばいです。



茨城県は、2011/3の吸気被曝が大きく、農作物の汚染も強かったと見られる割には、人口動態の指数は踏みとどまっていました。

外国人の流入も見られることが人口動態の指数の底支えになっていたと見られる面もあります。

2017年06月29日
茨城県の人口動態指数が改善している

大震災当時から茨城県に居住している人の健康被害の実態はかなり悪いと見ています。すでに健康被害が出尽くしたということはないと考えます。

他県については、人口動態の速報値の公表がまだ少ないので判断を控えますが、おそらく同じように悪化すると見込まれます。

横浜市公表、悪いです。出生が大きく減っています。


2017年07月06日
2017/6人口動態速報 悪化継続 今やるべきことは?

管理人自身は、この夏の乗り切りに向けて警戒を強めています。ブログ記事の更新数も落としていく予定です。
posted by ZUKUNASHI at 10:51| Comment(4) | 福島原発事故

2017年07月06日

たかが握り飯 だがすべての問題が集約されている

2017年07月05日
握り飯を何で包むかの記事は、管理人が予想した以上に読者に困惑効果があったように見えます。

ごまかしていた部分を突きつけられた?

握り飯問題は、福島第一原発事故後の環境変化を集約して示しています。

@ 材料の制約が強まった。
海苔、具材(鮭、たらこ、おかか。昆布、佃煮)がハイリスク(忌避)食品に

既製品の具材を使って調製できなくなったため、おかずを調理しなくても良いという簡便性のメリットが失われた。

A 材料の制約が包装材の制約に
制約が具材だけであれば、手間をかけさえすれば工夫の余地はあるが、包装材の制約が食味を落とすことになった。「簡便でかつおいしい」は過去のものに。

B 屋外での簡便な食事としての他の形態が見つからないことに。

C 弁当箱使用へ。
嵩張る、洗浄の手間が増える。

D 屋外での弁当食は、浮遊する放射性物質の混入を避けられない。(基本的に汚染環境での屋外での飲食は避けるべきもの)

という問題がある中での個人的な対応のバリエーション
T 食材の制約完全無視 → 何も変わらない、支障なし
U リスクの高い食材を回避して使用継続 → ほとんど以前と変わらない。
V 握り飯の包装資材を変更 → 適当なものが見つからない。試行錯誤。
W 弁当に変更 → 手間がかかる、食事中の汚染混入懸念。
Y パンを素材とする携行食に変更
(ハンバーガー、サンドイッチ)

コメントを寄せてくれた皆さんの思いも色々です。

握り飯を含め日本食の伝統なんか、木っ端微塵に打ち砕かれた、それだけは認識しておいたほうが良いでしょう。

普段の食事は難民食同然でもかまわない管理人も、徘徊時や現地調査の際には簡便で腹の足しになるものが欲しいこともあります。なんとかブレイクスルーを探っていかなければなりません。
posted by ZUKUNASHI at 12:07| Comment(3) | 福島原発事故

ヨウ素濃度の上昇は燃料を入れた容器に損傷が生じたため 九州南部ではアルファ線源も降下しているらしい

毎日新聞2017年6月22日 11時11分
川内原発
2号機も運転継続容認へ 鹿児島知事
鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は22日の県議会で、九州電力川内(せんだい)原発2号機(同県薩摩川内市)について「現状では強い対応を取る必要はないと考えている」と述べ、運転継続を容認する考えを明らかにした。
 2号機を巡っては、川内原発の安全性などを議論する県の専門家委員会が今月19日、九電が実施した特別点検などの結果を踏まえ、1号機と同様に「熊本地震の影響はなかった」などとする意見書を県に提出していた。
 22日の県議会の代表質問で2号機の安全性について問われた三反園知事は「問題があった場合には強い対応を取ることに変わりはない」と答え、現時点で問題がない2号機の運転継続を容認する姿勢を示した。1号機については今年2月に運転継続を容認している。
 三反園知事は昨年7月の知事選で「脱原発」を掲げて初当選。就任後は「熊本地震で県民の不安が高まった」として、九電に川内原発1、2号機の即時一時停止と再点検を要請していた。【田中韻】

九州電力のサイトから


管理人が読者から得た情報では、よちよち歩きの幼児の手に小さな穴が開いたことがあると聞いています。アルファ線源が疑われます。
posted by ZUKUNASHI at 09:32| Comment(0) | 福島原発事故

燃料デブリの取り出しはできない どこにどうなっているかも分かっていない

※  宍戸俊則(shunsoku2002)‏ @karitoshi2011 氏の2017/7/5のツイート
今朝の朝刊各紙にも掲載されているので、ほぼ確定らしい。
東電福島第一原発1号から3号の事故で発生した燃料デブリの取り出し方法について、当初から検討されていて作業員の被曝も少ない水中工法を諦めた。
燃料デブリ全体を水で覆う方法にめどが立ちそうもない事を、ようやく認めたのだ。

※  宍戸俊則(shunsoku2002)‏ @karitoshi2011 氏の2017/7/4のツイート
非常に申し訳ないが私が予想する次の段階は、
「燃料デブリの全量取り出しそのものを断念する」という発表だ。
どこにどのような状態で、どれくらいの量が存在するのかを突き止めることができないので、取り出すための工法を検討することができないからだ。
つまり「原子力緊急事態」は終わらない
posted by ZUKUNASHI at 09:15| Comment(0) | 福島原発事故

2017年07月05日

握り飯を何で包むか

徘徊時の昼食には、握り飯が便利。
だが、海苔は食べなくなったので、これを包むものがない。
アルミフォイルは金属の味がする。

ラップフィルムでは、水分が抜けずに飯がまずくなる。

ある日の午後、駅のホームで中学生の野球少年が、小さな保冷箱から果物の入った器を取り出して食べると続いて紙に包んだ握り飯を出して食べた。

こんなふうに包めるのか。あの紙はなんだろう。ワックスペーパーに見えたが。

家にあったクッキングシートで握り飯を包み、ラップフィルムでゆったりと包む。

数時間経過、食べようと取り出すと、クッキングシートが水分を吸ってべちゃべちゃ。ご飯は、水分が飛んだ感じだ。

少しご飯が硬い感じもするが、ラップフィルムで包むよりよほどうまい。

ワックスペーパーでは水分が逃げないはずだが、こちらを使ったらどうなんだろう。

握り飯に、クッキングシートやワックスペーパーを使っている方おられますか?

・・・・・

この記事は、2017/7/3の午前10時に掲載しました。アクセスはありますが、コメントが3件しかありません。

そんなことも知らないの? こうするのよ! という声が何時間もしないうちに寄せられると見込んでいたのです。一方で相変わらず海苔を使っている家が多いんだろうなという予想もありました。

結果的には、後者でしたね。「西日本産野菜の自家製漬け物」を作り漬物で巻いているなどという方がそうそうおられるとは思いません。バーガー袋を使っている方はおられるかもしれませんが。

「アルミホイルで包んでいます。金属臭は気になりません。」
「ラップフィルムで包んでいます。オニギリの水分を調節してベタベタにならないようにしています。」
などというコメントは来ませんでした。

いや、管理人は海苔がすべて危険だとは考えていません。ですが、ある方のコメントに「福島産」の海苔をもらったとありました。国産海苔の中には福島産もあるのです。

給食の親子丼で国産の刻み海苔を使って食中毒を引き起こした例があります。

管理人の問題意識は、例えば、濃厚汚染地帯に現地調査に入ったときに、屋外の青空の下で昼飯を食べなければならないのです。公園などで。手を洗う場所がないこともあります。

その場合、放射性物質が浮遊している可能性があるので、弁当箱などを広げると浮遊物が入る恐れがあります。そういう汚染環境では弁当箱を広げるよりも、握り飯が包みからのぞいた状態でかぶりつくのがホコリの混入防止には良いと考えているのです。

管理人が見かけた野球少年は、駅のホームのベンチで食べていましたが、彼らはグラウンドの端で食べることもあるでしょう。風があれば砂ホコリが舞います。公園で遊びまわってその夜から高熱を出した例も最近伝えられました。

そんな環境での昼飯のことを想定しているのです。車の中や職場の屋内でのことではありません。一日、屋外で仕事をし、昼食も道路わきに座り込んで摂っている方も多いのです。道路工事の警備員に場所を提供する方はおられますか?

野球少年が住んでいる地域は、所属チームから判断して濃厚汚染地帯です。その野球少年の母親は、おそらくはチーム全員が一緒に昼飯を食べる場合を想定して、いろいろ配慮しているのだろうと受け止めました。

料理がお得意の方ももちろんおられると思います。ですが、被曝回避のためには、その人の置かれた環境にもっと配慮が必要だと言いたいのです。

いいですか? 読者の皆さんに申し上げますが、皆さんの被曝回避努力はいい加減で自己満足なものでしかありません。

家族が深刻な病気を発症しても、「あんなに気をつけていたのに」などと言う資格はありません。

・・・・・
反論、異論大歓迎! 2017/7/5のコメント。

ここ数か月、友人とそのお子さんのサポートにあたっていて
記事を読ませては頂いておりましたが、コメントまでの時間が取れずにおりました。

おにぎりですが、ご指摘通りうちではまだ海苔を使用しています。在住地のメーカーのものは産地が別であっても購入しませんが。
昔から船を使って広範囲に流通しています。
これでも徐々に年数回にまで減らしています・・・。
・・・私は友人から佐賀産の海苔をもらって食べていましたが、あるとき読者から「私なら海苔を剥がして食べる」というコメントをもらい、ガーン! それもそうだと海苔を止めました。

味噌汁は徐々に和だしの使用をやめて、完全にコンソメなどにすり替わりました。
・・・和風だしは何年も使っていません。中華のだしも恐る恐るです。ブイヨンで十分ごまかせます。

お米は土鍋で炊いて、仕上げは冷ましてからラップに包んでいます。
世間では食中毒がと言われていますが、
熱いご飯を塩多めの手で握ったおにぎりの方がおいしいです。
・・・1回の炊飯で2回分のご飯を炊いています。ボトル水と電気の節約のためです。

先日、ちゃんと食事をしているか心配で友人にパンを焼いたのですが、間に合わせの材料ですが「気持ちが入っていておいしい」と言ってくれました。
家族にも機械的にならず、気持ちも大切だと思ったところです。
・・・自家製のパンはすぐ傷みますが、胃がもたれることがありません。現地調査の際には、これをかりっと焼いてビニール袋に入れておき、その中に口を突っ込んで食べます。

外でのお弁当もそうですが、河原でバーベキューは
風も強く、海からの風も上がってくるので心配です。
・・・バーベキュー、日本ではとっくにやってはならない屋外行事になりました。もともとよく炭を起さないと赤外線では焼けません。下ごしらえも必要、後始末も・・・煙でいぶしてよー食べるなぁといつも眺めています。

それから、子どもに「ジュースを外で飲むなら何味がいい?」
と聞かれるようになりました。
小学生にわかるように一覧表?リスク表などできないかと考えています。
こんな感じでいいのか悪いのか。ツッコまれそうです。

イノシシ>牛>豚>鶏>羊
・・・イノシシは論外です。羊はもちろん南半球産ですね。

ペットボトルのジュース>紙パックのジュース>紙コップの自販機ジュース
・・・衛生面では自販機ジュースはどうでしょう。生ビールはビールサーバーの洗浄度合いにより味がゼンゼン違います。缶入りのものが衛生面では安心です。欧州では炭酸入りのミネラルウォーターがノンガスよりも安全です。

ブルーベリー>ミックスベリー>イチゴ>モモ>メロン>リンゴ>オレンジ>みかん>ぶどう>パイナップル>マンゴー>キウイ>アボカド
・・・フロリダ産かんきつは汚染懸念があります。最高級伊予産みかんは伊方の汚染があるはずです。

米>そば>うどん>ラーメン>パン>焼きそば>パスタ
・・・国産ソバ使用は、私は食べません。

場所や季節により産地や流通も変わるし、
何かいい方法はないものかと思案中です。
外であまり食べなくてもいいよう、
主人は飲み会前に家で食事をとってから出かけます。

・・・良いことです。私は知らない人と会食せざるを得なければそうします。今は、私の放射脳を理解する人としか会食しません。

中京でもこの春〜初夏は外の空気がいつもと違うように思います。
のどに異変の声を多く聞きました。
「今日は空気が悪くて」と友人に話すと、全員から本人又は家族の不調が帰ってきました。
posted by ZUKUNASHI at 16:56| Comment(13) | 福島原発事故

2017年07月04日

放射性物質の飛散防止

次はハンフォードで大きなバックフォーを使って土砂を移動している現場の風景です。



タンク車と大きな送風機を使って水を霧状にして噴霧しています。なぜこんなことをしているのか? 
放射性物質の飛散防止に他なりません。


日本の除染現場でこんなことをやっているでしょうか。ハンフォードとは汚染の度合いが違う?

ハンフォードでは、放射能漏れが検知されると作業員を屋内退避させます。飲食禁止です。

地表面に手を入れるとホコリとともに放射性物質が舞うのです。それが大気中を流れないように霧を吹いて地面に降下させています。

福島第一原発でどのようにしているのかは分かりません。構内のライブカメラでは人の動きは写しません。

大洗町で起きたプルトニウム吸入事故で、5人の関係者のうち
3人が三度目の入院をしたそうです。なぜ出たり入ったりするのでしょう。少量でもアルファ線源であるプルトニウムの吸入は大変怖いはずと管理人はこれまで得た知識から考えています。

キレート剤を投与して排出を促すことで被曝した方々に障害が出ることは防げるのか。肺の中に残ることはないのか。

個人の健康被害の問題ですから憶測は控えますが、研究所の発表が比較的楽観的なトーンになっていることに違和感を感じています。純粋に科学的に冷静に状況を述べればそういうことになるのかもしれませんが。

福島第一原発事故から6年経過して人口動態の悪化もはっきりしてきました。

原発を推進する側は、あくまでも被曝と健康被害の相関を否定して逃げ切れると思っているのか、それとも状況が悪いと悟った責任ある立場の人間から人前から姿を消していくのか?

明らかなウソだと見え見えでもウソを突き通すのか、あるいはある時点で全部ウソでしたと白状するのか?

全部ウソでしたと白状されたとき、国民はどう反応するのでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 20:19| Comment(0) | 福島原発事故

東日本でプール熱が流行

椰子の樹。さんからの情報提供
■埼玉県
JCAST ヘルスケア  2017/5/22 17:30
首都圏でプール熱が流行の兆し 埼玉県など手洗い、うがいの徹底を呼びかけ
夏季に流行することが多い「咽頭結膜炎(プール熱)」の患者報告数が東京や千葉、埼玉など首都圏で増加しつつあり、2017年5月17日に3都県の感染症情報センターが相次いで注意喚起を発表している。
流行時期は夏とは限らない
咽頭結膜炎はアデノウイルスによって発症する感染症で、ウイルスに汚染されたプールで感染が拡大することが多いため、プール熱とも呼ばれる。発症すると高熱となり、のどの腫れや結膜炎などの症状が表れる。
プールが利用される夏に流行するイメージもあるが、アデノウイルスは1年中存在するため実際には時期を問わず流行する可能性があるという。感染力が強く、目や口、鼻、のどから容易に体内に侵入するため、うがいや手洗いといった基本的な対策に加え、感染者との接触や感染者が触れたものを避けることも重要な予防法となる。

■栃木県
下野新聞 6月11日 朝刊
プール熱、流行の兆し 栃木県内 過去最多の2014年を上回るペース
 自治医大付属病院感染制御部の森澤雄司(もりさわゆうじ)部長は咽頭結膜熱を引き起こすアデノウイルスの感染力はかなり強い一方、感染しても発症しない人が多いと指摘。それだけに対策は難しいが、「まずは手洗いを徹底する。そして症状がある人はしっかり休むのが望ましい」と訴えている。

■山梨県
日本経済新聞 2017/6/14 13:04
プール熱、過去10年で最多 手洗いなど予防呼び掛け
 子どもに多い咽頭結膜熱(プール熱)が流行し、患者が2007年以降で最多となっていることが、国立感染症研究所の調査で14日までに分かった。夏場にかけてさらに流行拡大が心配されるため、同研究所は手洗いなど予防に努めるよう注意を呼び掛けている。
 同研究所によると、4日までの1週間に報告された1医療機関当たりの患者数(速報値)は全国で0.95人で、既に過去10年のピークの患者数を上回っている。都道府県別は山梨県が3.29人と最も多く、北海道(2.02人)、奈良県(1.53人)、鹿児島県(1.51人)と続いた。
 咽頭結膜熱は、ほとんどは自然に治るが、まれに重症化することがある。予防には、手洗いをまめにするほか、プールで他人と別のタオルを使うことが重要という。〔共同〕

■東京都
医療介護 CBニュース 2017年06月16日 14:30
首都圏でプール熱猛威、東京は過去10年最多  警報レベルの地域続出
 首都圏で、のどの炎症や結膜炎などの症状が出る咽頭結膜熱(プール熱)が猛威を振るっている。5日から11日までの週の患者報告数は、東京など4都県で軒並み増加し、警報レベルの地域が続出している。東京都は「過去10年で最も高い値」と指摘。患者が増加傾向の自治体は、手洗いの徹底やタオルの共有を避けるといった感染予防の徹底を求めている。

■群馬県
上毛新聞  2017年6月17日(土) AM 06:00
プール熱流行の兆し 県内、最多年上回る 注意呼び掛け
 子どもに多い咽頭結膜熱(プール熱)が全国で流行している。
 群馬県内で11日までの1週間に報告された1医療機関当たりの患者数は0.74人で、過去10年で最多だった2011年の同期(0.72人)を上回った。夏場にかけて感染が拡大する恐れがあり、専門家は注意を呼び掛けている。

■宮城県
河北新報 2017年07月03日月曜日
<プール熱>感染、過去5年で最多
 乳幼児を中心に感染する「プール熱」と呼ばれる咽頭結膜炎の患者が、過去5年で最も多いペースで発生している。例年夏に流行のピークを迎えるため、宮城県が注意を呼び掛けている。
 県疾病・感染症対策室の担当者は「流行の原因は不明だが、全国的にも増加傾向にある。せっけんと流水による手洗いの徹底、タオルの共用を避けるなど予防に努めてほしい」と話す。
posted by ZUKUNASHI at 19:06| Comment(0) | 福島原発事故

この夏は体調管理に特に注意 病院は患者を待っている

この夏は、日本も猛暑になるとの予想があります。
生き抜くために体調管理に気をつけましょう。

急に暑くなって、自家製パンがあっという間にカビだらけになります。保存料を使っていない食品は、腐りやすい。

食中毒に注意!

経験のない体調悪化が生じたら、すぐに病院へ!

病院では、聞かれない限り被曝うんぬんを口にすることは控えましょう。よほどできる医師でなければ、どう応答したらよいか分からないため、不機嫌になったりします。

とにかく、診察をしてもらって、要すれば他の病院への紹介状を書いてもらうことが大事です。

どうせ、一般人には対処療法しかやってくれません。体調悪化のときはとにかく他の深刻な疾病に進行しないようにすることが大事。

病院や医師にとって、被曝症状の蔓延はビジネスチャンスでしかありません。彼らは、患者を歓迎してくれます。
posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(1) | 福島原発事故