福島原発事故: ずくなしの冷や水

2017年04月24日

かけがえのない家族を連れて逃げたウルトラおやじさんから近況が届きました

2017/4/23、ウルトラおやじさんから寄せられた投稿を掲載する。ウルトラおやじさんからは、2017/1/6に次の投稿が寄せられ、これに触発された投稿が何件も寄せられるなど大きな反響があった。関連記事は末尾のリンク参照。

2017年01月06日
唯一持って逃げれるものは目の前にいる大切な家族 他の方の意見を読んで決心がついた

4月20日(木曜日)に会社の関係で、日本食の料理屋さん(九州北部)で会食をしたのですが、本日4月23日(日曜日)早朝から、40℃の高熱と下痢・歯茎の腫れでダウンしていました。
メイン料理は魚です。

食べるべきか食べざるべきか、結構悩んだのですが、取引先との懇親会なので食べないわけもいかず、食べた結果がこれです。
魚しかないので、選ぶ猶予はありませんでした。

九州県内の魚とは言っていましたが、正直「どうなんだろう?」と言った感じでしたが、体調は絶不調。

(経緯を知らない方へ説明→放射能の危険性という理由で中部地区から実家の九州へ移住。
 現在は九州の会社で勤務。おかげさまで貧乏になりました。でも健康になりました 笑 )

中部地域の会社勤務の時、東京・神奈川・群馬・栃木・静岡へ出張した時にも同じように出張後に高熱・下痢・歯茎の腫れなどの症状はありました。

とくに、酷かったのは静岡で、出張後1週間くらいは40℃前後の高熱が続いていました。
おまけに、膝の痛みです。
各種データをみると、東京・群馬・栃木の方が危険性は高いようなのですが、私の場合は静岡に行くと必ずといってもいいくらい、高熱と歯茎の腫れが1週間近くありました。

私自身の、現在の対策は以下のような感じです。

○肉類・魚介類・卵・乳製品・牛乳は一切食べない
○完全菜食主義に変更(野菜・豆類・木の実のみ食べる)

と言った具合です。
豆類も、豆腐などの未発酵の大豆食品は食べません。
大豆に含まれるフィチン酸が有害という理由です。
あと、ナス科の野菜(トマト・ナス・ピーマン・ジャガイモなど各種)は身体の炎症を促進するという理由から食べないようにしています。

大豆やナス科の危険性は、いろいろな研究論文などでも発表されおり、危険性が言われております。

現在の食事内容(上記の内容)で、特に問題が起きたということはありません。

もともと登山が趣味で、100kmウルトラマラソン、山岳トレイルに出ておりますが、野菜や豆・木の実だけの食事で体力が落ちたといったこともありません。

逆に、菜食主義に変更したことで、体力・持久力はUPしているのは?と感じています。
毎週末、山道をおよそ40km〜60km走っていますが、徐々にタイムが短くなり持久力がUPしています。

完全菜食主義(ビーガン)になったのは昨年ですが、子供たちがインフルに罹ったときも私だけは感染せず元気でした。

このような私の行動状況を長男(小学校4年生)は敏感に感じているらしく、野菜って元気になるの?とか聞いてきます。

親が実行すると、子供は敏感に反応します。

子供に言っても「訳の分からない」ことは、なかなか聞き入れてはくれません。
まずは、親が、実行して証明する。
これが、一番効果があります。

おかげで、長男は野菜を結構な量食べるようになりました。

よく菜食主義(ビーガン)はタンパク質を気にするあまり、ベジ肉などの大豆製の食品を多く食べると聞きます。
ベジ肉などの未発酵の大豆食材はフィチン酸が多く、食べると必須ミネラルを体内に吸収できず、結果として、菜食主義になったけれど体調不良になり断念する人が多いという話しを聞いたことがあります。ネットでも見かけますが。

あと、ナス科の食べ物でも、日本人はよく生のトマトを食べます。
しかし海外赴任の時に経験したのですが、海外では生のトマトはあまり食べた経験がありません。
推測ですが、日本以外の国は経験的に生のトマト(ナス科)は身体に悪いということを知っているのかもしれません。

食生活を見直すにあたり、経験・体験したことなどを総合的に考えて、現在の前記のような食事に変更しました。

牛乳でもそうですが、スウェーデンの研究チームが牛乳摂取によって骨折率が上昇するとの研究論文が発表されています。
過去にも同じような研究発表はありましたが・・・。
それを言ってしまうと、一産業がなくなり、税収が見込めなくなり失業者が増加する?
そういったことがあり、都合の悪いことは黙殺するのでは?と思ってしまいます。

私の子供には牛乳は飲ませていません。
放射性物質が濃縮しやすいという理由+カルシウムは100gあたり100mgとたいした含有量ではないという理由からです。
あと、カゼイン蛋白は身体に悪いのは?という疑念があるからです。←(各種論文発表からです)

論文で発表されたから信じるとかではなく、自分の身体で試験して試してみる。
その結果どうだったかによって、その論文を信じるか信じないかを実践しています。

本当に真実ならば、追試験を行っても同じ結果が得られます。

追試験の結果、つまり自分自身が実験台になって同じ結果が得られなければ、それは嘘・あるいは不確実性が含まれるということになります。

これは、私の大先輩から学んだことです。
追試験・追実験をして、同じ結果が得られなければ、その論文は疑ってかかれと言われたからです。

これからのサバイバルの時代、何が真実で、何が嘘か?
それを見抜く力が、生きる力になってきています。
『知らぬが仏』ではなく『知らぬがあの世』の時代です。


【補足】
以前、ずくなし様に取り上げていただいた投稿

知恵・経験・楽しい思い出・学んだことさえあれば幸せになれる
両手に持って逃げれるものは、子供や家族、という文章

その元を教えて頂いたのは、ユダヤ系ドイツ人の方です。(名前は××・アハター氏:今は70代)

仕事の取引で、初めて出会ったのは、2000年初頭です。
その後、日本の北アルプスに登りたいと言われ、登山が趣味の私が北アルプスのガイドをしてから懇意にしてもらいました。

あるとき、私に言ってくれたのが以下の文章です。

祖父・祖母はユダヤ系ということで、酷い経験をしたそうです。
いつも迫害を受け、いつも着の身着のままで追い出される。

その経験を元に、××・アハター氏が話してくれた話しです。

『日本人は、車・家・財産・名誉・お金に拘るが、そんなものは、戦争になったら価値はないよ』
『今のドイツ人も似たようなものだけどね』
『戦争になれば、裸で逃げなきゃいけない時だってある』
『その時に、持っていけるものは何だと思う?』
『それは、頭。頭脳。』
『物を持って逃げても、両手に持てるだけしか持てない。でもね知識や経験は無限でしょ?』
『頭脳には、無限にいろいろな物を詰め込める』
『死ぬ寸前まで、持ち歩くことが出来る便利な金庫は、頭脳なんだ』
『ミスター ウルトラおやじさん、今学ぶべきことを頭脳に沢山蓄えなさい』
『そして、楽しい思い出も沢山記憶するんです』
『楽しいときに写真を撮ることに夢中になってはいけない』
『日本人はカメラが好きなようだけど、写真をとったら半分の記憶しか残らない』
『カメラのレンズを通しての思い出はすぐに忘れてしまうから』
『自分の目でよく見て、自分の脳で記憶するんです』
『その記憶は、きっとあなたを幸せにしてくれる』

これを聞いたとき、私の身体は雷を打たれたような感覚になりました。
そして、わけも分からず涙が溢れました。
『もっと早く会いたかった。』
それが私の正直な思いです。

神様は必要な時に、必要な人と人とを結び付けてくれるなんて聞いたことがあります。

まさにこれなのか?と今更ながらに思っています。
そして、このことは、時代を超え国を超え、私の子供に教えている次第です。

ちょっと長文になりましたが、今、一生懸命に生きている方へ
少しくらいの、勇気になればと思い書きました。

・・・引用終わり・・・

ウルトラおやじさんありがとうございます。そう言えば、外国で生のトマト、食卓に上った記憶がありませんね。ナスももちろんですが。

毎週末、山道をおよそ40km〜60km走破ですか!! これはすごい山道マラソンですね。私の夏のグリーンサウナがせいぜい平場を12kmです。この夏はさらに頑張ります。

2017年01月07日
私は 世間では自分勝手でホントに凄い妻

2017年01月07日
私も稀代の悪妻として 夫の周りの「世間」ではちょっと名が知れてる存在

2017年03月16日
お気づきになりましたか 男性から投稿が増えています
posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(3) | 福島原発事故

2017年04月23日

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その3

この記事は2017/4/24、計算違いを修正しました。図表と記述を変更しています。

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その2 で鳥取県の分析結果を用いて、ウラン238の崩壊系列の核種の出す放射線の数の比を推定しました。



米国が行った土壌調査の結果では6箇所についてウラン238のベクレル数が測定されています。そこでその数値を用いてウラン238を基準として子孫核種のベクレル数を推定すると次のようになります。いわき市の1件は省略しています。


このデータでグラフを作ります。トリウム234すべてPa234mに変わり、Pa234mからPa234になるのはごく一部ですから、Pa234は考えないことにします。

横須賀市地表面積100平方センチ当りの子孫核種の存在量、単位ベクレル。これですとわずかです。


ですが、1平方メートル当たりに直すと上の数値の100倍になります。


横須賀市で地面1平米当りでビスマスなどが20ベクレルあるとします。とするとその前後の鉛やポロニウムも同じくらいあるはずです。全体では数百ベクレルになるでしょう。その多くはまだ土中にとどまっているでしょうが、その一部が風に煽られてフラフラと飛べば、気の触れた老人が草原で手に持つ放射能測定器の値が30cpmも上がることは、別にマジックでもトリツクでもないこと分かっていただけますよね。

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その1に次の情報を引用しました。

爆発後の日々 横浜の堆積物からは、プルトニウムとアメリシウムは検出されなかった
「ただし,Pb210が異常に高いです。これは同位体研究所のエムポアディスクの使ったストロンチウム分析でも問題になったβ線を出す物質です。
この毒性について分かりませんが,築7年のマンションの屋上に自然由来のPb210が8000Bq/kgも堆積する可能性があるのか私には分かりません。」

ビスマス214が平米30ベクレルあれば、その娘のポロニウム214もその程度ありえますし、その次の娘の鉛210は半減期が長いので原子数がポロニウム214と同程度であれば、1秒当りの崩壊数、放射線数は格段に少なくなります。この事例は福島第一原発事故のあった年ですから鉛210も福島の原子炉から飛んできた可能性もあります。マンションの屋上で累積、濃縮していたのかもしれません。標本採取のやり方などが分かりませんが、標本の重量が少なければ、8000Bq/kgもありえないことではないでしょう。

今私達に差し迫った危険は、ウラン系列の放射性物質が食品の中に入り込んでいることです。ラジウム226が日本産の食品の多くから検出されています。味噌から数ベクレル検出された例があります。

こんなデータもありました。
みんな楽しくHappy♡がいい♪
「日立・鹿島沖 真いわしからセシウムよりも多いウランの娘核種(2種類)が検出」どんな娘達か調べてみました。 から


エジプトのAtomic Energy AuthorityとBenha Universityの研究者がエジプトの輸入食品について放射能測定を行った結果が論文に掲載されています。
Gamma Spectroscopic Measurements of Some Imported Foodstuffs in Egypt

サンプルに選ばれた食品は、日本の水産物が5点、ロシアの水産物が2点、穀物が2点、ウクライナの穀物が10点、ノルウェーの水産物が5点、イエメンの水産物が3点、ベトナムの水産物が1点、トルコの穀物が3点と飼料添加物4点。


この結果ではトリウム232も出ています。トリウム232の崩壊系列も長いです。

トリウム232系列の崩壊過程


ウラン232系列の崩壊過程

出典:日本原子力学会資料

ウラン235 アクチニウム系列の崩壊過程
posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | 福島原発事故

2017年04月22日

こんなコメントも来るんですよ

000000
2017/04/22 23:11
2017/3 小選挙区別人口動態 … a@a.a
2chの各板に対する無差別投稿、くそうぜえ。 いいかげんにしろや、屑が
180.46.***.***

あsdさだsだ
2017/04/22 23:10
2017/3 小選挙区別人口動態 … a@a.a
2chの各板に対する無差別投稿、くそうぜえ。 いいかげんにしろや、屑が
180.46.***.***

・・・・・

今日2017/4/22は、2017年04月20日 2017/3 小選挙区別人口動態 市原市の死亡数が異常 何が起きている? 
へのアクセスが異常に多いです。

もう、国内のアクセスなど問題にしていないから、よそに投稿することなどないんですがねぇ。

それに2チャンネルの見方知らないし。

複数の板にリンクが張られているようですが、リンクから来ているアクセス総数など微々たるものなんですよ。まあ、ユニーク訪問者数は増えていますけどね。普段より5割増しかな?

2チャンネルの人気も落ちたもんだ。

2チャンネルよりももっとおもしろいサイト一杯あるからね、今は。

そう言えば、ツイッターのリンクから来る人も、ずいぶん少なくなりましたね。

いつも変わり映えしないことしか書いていないから、面白くないんでしょうね。

ネット上の情報の流れ方も確実に変わっています。
posted by ZUKUNASHI at 23:33| Comment(0) | 福島原発事故

新機材導入

2017/4/15、北朝鮮危機が高まっていましたが、晴天で強い風がありましたので、また屋外測定に出ました。

まず、裸で測ります。10分間測定で60CPM、前回より高いです。


食品用ラップフィルムで包んで。ほんど下がりません。2分で打ち切りました。57CPM


ビニールケースに入れて。30CPM


屋外の測定を終えて屋内で裸で測ったら24CPM、通常並みです。

屋外で裸で測定した時とビニールケースに入れた場合との30CPMの差を生む原因物質は何でしょう。アルファ線源はありそうですが、あっても数は少ないです。なにしろ測定器の検出部分の数mm以内に入らないと検出できません。

トリチウム? トリチウムのベータ線は食品用ラップフィルムを通れないとの説もあります。であればより強いベータ線です。

ベータ線の一部を検出できるSOEKSの測定値は0.15μSv/h程度で推移でした。特別に高くありません。

SOEKSでは測れないベータ線、トリチウムでもないベータ線源とは何でしょう。

今環境中に残っているものといえば、半減期の長い放射性物質です。

ウラン238の崩壊系列表を見ます。ベータ崩壊はPb鉛とBiビスマスが主体です。


ベータ線が届く距離は、そのエネルギーによって決まります。
トリチウムの出すベータ線は、エネルギーが低く0.018MeVとされています。

こちらの周期表・元素一覧でエネルギーを調べ

こちらの β線の飛程の計算ツールで飛距離を計算します。

トリチウム 0.018MeVだと空気中で1.321cmと出ました。
上の崩壊系列表からPb鉛とBiビスマスを選んで
Pb-214 0.351MeVだと空気中で79.64cmと出ました
Bi-214 0.609MeVだと空気中で170.4cm

Pb-210 0.01651MeVだと空気中で1.17cm。
Bi-210 1.16MeVだと空気中で411.4cm。

ずいぶん格差があります。新機材のベータ線エネルギー検出レンジを0.15MeV以上とすると、トリチウム、Pb-210は検出が難しく、Pb-214、Bi-214、Bi-210は検出範囲となります。

SOEKSのベータ線エネルギーレンジは狭く、セシウム134、137の出すベータ線も一部しか検出できないとの説があります。次の記事にあるように0.5MeV程度〜とすれば、Bi-214、Bi-210が検出です。

ドイツのこととか
RKSB-104でセシウム由来のベータ線は検出できるか?

このように考えると、新しい測定器は、Pb-214、Bi-214、Bi-210が風に乗って飛んできたときにその発するベータ線を検出しているということになりましょう。

もう一度上のウラン238の崩壊系列表を見ると、ラドン222以降は半減期が短いものが多く、時間の経過とともに放射平衡(永続平衡)が成立するとされています。ただ、Pb-210の半減期は22年となっていますからまだここで溜っているものも多いでしょう。

そのように考えれば、今後時間の経過とともにPb-210、Bi-210の崩壊が増えることになります。もちろん、Pb-210は風に乗って飛んでいますから特定の場所で放射平衡が成立するわけではありませんが、極めて広い地域をとらえて全体として見ればそうなります。

管理人がこれまで現地連続歩行測定で調べた結果によれば、地表5〜10cmの測定値は、地上高1mの測定値の1割から2割増し程度でした。どんな核種のベータ線を捉えているのだろうとずーっと疑問に思っていましたが、やはりストロンチウム、イットリウムのベータ線が主体ではないかと思えてきました。そこにビスマスのベータ線が少し加わっている!!

今度風がないときに地表面の測定をやってみます。

上に書いた推測が裏付けられたらどうしよう? と とても悩みます。

2016/10/10の徘徊でSOEKSが少し高い値を示しました。地上高1m。飛んできたのはセシウムか、ビスマスか、それともストロントウム? 風の強い日は外出を控えるのが良いということになりましょう。

・・・・・

2017/4/21、午前はほとんど風がありませんでした。屋外で測りました。裸で27cpm、プラスティックケースに入れて26cpm、廊下で裸で24cpm。廊下で測定した値は屋内での測定値と変わりません。

前回の60cpmを検出した場所よりは高さがあります。風の有無だけに着目すれば30cpm以上も違います。

前回60cpmを検出した同じ場所で裸で、このテーブル放射能が強いようです。


手持ちに切り替え、少しずつ下がって最後は30cpm、ここまで低ければ遮蔽の有無ではあまり差が出ません。


最後に風の良く通る高台で。この後二重のビニールケースに入れて34cpm。ベータ線はほとんどない。


アルファ線測定
雨水下水道流入口 裸で直置き 47cpm


ビニール袋に入れて 42cpm


アルミ板を敷いて 22cpm


測定器の上や横から入る放射線を考えなければ、アルファ線5cpm、ベータ線20cpm、ガンマ線22cpmですが。

2017/4/22、前回60cpmを検出した同じ場所(定点2)で裸で手持ち、34〜36cpm。

二重のプラケースに入れて33cpm。ほとんど差はありません。

別の定点観測点(定点1)は裸で28cpm。

ベータ線はほとんどないようです。芝生の広がるところは少しベータ線が多いです。

2017/4/22までの測定結果

60cpmの記録は、測定時に使用したテーブルの汚染の影響がありうるようです。

継続調査で確認します。

2017/4/22は夜になって雨が降り始めました。1分ごとに記録が残るようにセットし、測定器を窓際に置いて外出したらパソコンがスリープになって記録が取れなくなっていました。

ですが、やはり降り始めにカウント数が上がっています。28から33へ。この間約18分でした。

今はぽつぽつといった雨。器械を外に持ち出して測り始めましたが、寒くて3分で断念。29cpmでした。

雨の降り始めはやはり上がります。

2017/4/23、好天で千葉市南部へ徘徊に出かけました。

千葉市東部で少し風がありました。34cpm
その後、二重のプラケースに入れて23cpm。自宅屋内とほとんど差はありません。ベータ線の遮蔽はかなり強いとみられます。

一方全行程を通してのSOEKSの計測値、0.67μSv/h、5時間11分。平均0.1288μSv/h。

2017/4/25、午後定点2で測定。屋外のテーブルの放射能を測ります。
裸で62cpm

ビニール袋に入れて60cpm、アルファ線はいつもわずかです。

アルミ板を敷いて36cpm、ベータ線が24cpmもあります。

二重のプラケースに入れて28cpm、ガンマ線のみ。千葉市南部よりかなり高い。

樹の下の苔むした場所で47cpm、短時間では77cpmもありました。

ビニール袋に入れて46cpm、やはりアルファ線はわずかです。

posted by ZUKUNASHI at 22:55| Comment(2) | 福島原発事故

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その2

「原発はいますぐ廃止せよ」の2013/11/14の記事に鳥取市岩倉地内における放射線レベルの高い廃棄物に関する鳥取県の分析結果が紹介されていた。次の表はそれから崩壊系列ごとに抜き出したもの。
鳥取県は、「大部分がラジウム、或いはラジウムが崩壊してできる鉛やビスマスなど天然核種であり、原子炉生成物質を疑うセシウム134 などは含まれていませんでした」としている。



上の表で崩壊系列の頭にあるウラン238やトリウム232のベクレル数が分かれば、その後に出てくる子孫核種との存在比率が分かるのだが、これら二つについては測定データがない。

この廃棄物は、人形峠のウラン鉱脈を掘った際に生じた掘削土を持ち出したものではあるまいか。

そうだと仮定すると、掘削土のウラン濃度を参照してみればよい。

人形峠製レンガの安全性
「原料掘削土にはわずかですがウランが含まれていることから、レンガ製品の放射線等の測定を行い、以下のデータが得られています。
○ウラン濃度;0.57ベクレル/グラム」

これはアルファ線の測定結果なのだろうが、そのような記述はなく、ウラン238だけなのか、ウラン234も含めて測っているのかも明らかでない。

しかも、これは「レンガ製品の放射線等の測定」結果だから、アルファ線を測ったのなら、最も表面にあるウランが出したアルファ線を測っているに過ぎない。

このウラン濃度を1kg当りに直せば570ベクレル/kgとなるが、表面より内側のウランが出すアルファ線は測定できないから「レンガ製品の表面の放射線等の測定」というべきであり、kg当りの表示は意味がない。

また、「レンガ表面の放射線量率は平均0.22マイクロシーベルト/時であり、花崗岩(みかげ石、高いもので0.2マイクロシーベルト/時)程度の値です。」とも記載されている。

管理人が、徘徊途中ウランレンガを積上げたものではないかと見られる塀を見かけ、SOEKSを近づけて測定したら0.2μSv/hあった。アルファ線を検出しない簡易な測定器でも差は生じた。

2016年10月21日
ポロポロ崩れるもろいレンガにご注意

また鳥取県の公表資料に戻って考えると、ウラン238の測定結果はないが、ウラン238が崩壊してできる娘核種のトリウム234のベクレル数は書かれている。

ウラン238の半減期は44億年だが、トリウム234の半減期は24.1日。トリウム234が毎秒これだけ崩壊していれば、ほぼ同じ数だけウラン238が毎秒崩壊してトリウム234の崩壊して減少した分を埋めなければ、トリウム234は枯渇して崩壊数が激減してしまう。

つまりこの廃棄物1kg中にあるウラン238の毎秒の崩壊数はトリウム234に近い値になっているはずだ。

レンガ1個は2.5kgとされるから、仮にこの廃棄物でレンガを作ったら、レンガ1個の中でトリウム234が77,000〜62,000ベクレル/kgの2.5倍、192,500〜155,000ベクレルの放射線を出していることになるし、ウランもほぼ同じ数のアルファ線を出していることになる。

もちろんレンガは焼き固められているからアルファ線は表面にあるアルファ線源からしか外部には届かない。

しかし、これが経年変化でボロボロ崩れ始めたとき、粉末化したレンガの材料からは猛烈なアルファ線が出ていることになる。

155,000ベクレル÷2500g=62ベクレル/g

原子力機構のサイトにある「ウラン濃度;0.57ベクレル/グラム」と二桁違うが、固形物の表面を測った場合とそれを粉末化して自己遮蔽がないようにした場合とで100倍の違いはありうるだろう。

だいぶ分かってきた。ウラン238がベクレル数で100あれば、トリウム234もほぼ同じベクレル数があり、以下の子孫核種では鳥取県の測定結果と同じような形でベクレル数が変化すると考えてよいだろう。

途中でベクレル数がほぼ半減しているのは、ひとつはウラン234とその次のトリウム230の半減期が極めて長いために滞留が生ずるからだろうし、もう一つにはラドンを経由してラドンの次の核種が散逸してしまうためと考えてよいだろう。ウランレンガが経年変化でボロボロになるのもラドンを経由することが原因の一つかも知れない。

上に述べたことをイメージで示すと次のとおりだ。トリウム234が崩壊してすべてがPa234mになり、その99.84%がウラン234に
、残りの0.16%がPa234になる。Pa234mの半減期が1.2分、Pa234が6.75時間。Pa234は無視してよいほどの割合だが、なぜかPa234mの崩壊数がトリウム234よりも大幅に少なくなっている。測定誤差だろうか。



なお、プロトアクチニウムは強い放射性と猛毒性を有し、プルトニウムのアルファ線同等の強発癌性を有するとされている。

上に書いてきたところからすれば、CTBT高崎放射性核種観測所の粒子状放射性核種の観測結果でビスマス214の大気中の濃度が時間を追って上昇していることは重大な意味を持つ。

CTBT高崎放射性核種観測所の粒子状放射性核種の観測結果」(2016年12月21日時点)による9月から11月までの最新データを加えて作成したビスマス214の大気中濃度のグラフ。


ビスマス214が増えていることは、とりもなおさず、ウラン238以降の系列にある放射性核種が増えていることにほかならない。

ビスマス214以前のラジウムも増えている。ラジウムはカルシウムと似た性質を有するとされ、骨に入れば長く残留するという。

既に日本産の食品からは多くのものでラジウムが検出されているとの情報もある。食品によっては数ベクレルだから過去に計測された水準を数桁上回ることになる。

各都県が測定した定時降下物からもラジウム226は検出されている。群馬県では2013/3と2014/5に平米当り3.1から2.4ベクレル検出された。



ラジウムなどの厳密な検出は手間がかかり難しいという。他の府県では降下していない、飛んでいないということはない。検出するだけの分析力がないか測定方法の限界で検出限界未満となっているだけだろうと考えられる。

・・・・・

次の資料を目にしたが、難しくて分からない。
北陸地域アイソトープ研究会誌 第3号
2001年−75−利用技術
γ線スペクトル解析による天然ウランと劣化ウランの判別
posted by ZUKUNASHI at 17:01| Comment(0) | 福島原発事故

放射能測定器は高周波検知機の代用になる?

2017/4/21、SYさんから寄せられた投稿を掲載する。SYさんは西日本にお住まいだがSOEKSで0.2μSv/h前後の測定値が見られることから、原因を調べた結果を教えてくれた。引用開始。

以前とり上げていただきました西日本当地のSOEKS高測定値の件、昨日当地の幹線国道で移動して検証しましたところ0.05μsh/h以下でした。

で、高い数値の原因は、測定位置が電磁波のホットスポットであったことがほぼ確定しました。

PC、wi-fi機材、屋外柱上トランス、携帯基地局直近で高周波のデパート状態、別の意味での被爆環境、無意識に人も寄らない静かな場所だったわけです。

とりあえず更に人が近づき難いよう場所塞ぎをして、更なる対策を検討中です。

よいきっかけを作っていただき、誠にありがとうございました。

してみると逆に、東日本出張時の測定値はやはり本物だったのだと確証を持ちました。

・・・引用終わり・・・

私のSOEKS2台のうち、1台DEFENDERという機種は、携帯電話の電波に反応して0.3μSv/h以上を表示した後、急激な放射線数の変化があった場合の定められた反応として、それまでの表示値がリセットされ、ゼロから数え直しになります。

電子レンジなどの側に置くと高い値を示すこともあるようです。

携帯の基地局の近くでは、文部科学省の空中測定でも異常な値が出ています。
2016年02月12日
原子力規制委員会 2016/2/2最新空中測定マップ公表

ガンマ線は電磁波ですし、SOEKSはX線も拾いますから、高周波に反応しても不思議はないです。

読者の保有する放射能測定器が、その地域としては異例な値を示すのであれば、電波の影響がないか調べてみたらよいかも知れません。

意外とあなたに「電磁波攻撃」が仕掛けられていることに気づくかもしれません。

電磁波が多い環境は、がん発症の原因になりうることは知られています。

でも、「無意識に人も寄らない静かな場所」に「PC、wi-fi機材」があるところってどんな場所でしょうね。管理人的には警察署が真っ先に思い浮かぶのですが、静かな場所ではありませんよね。税務署? 火葬場? 何でしょうね。

・・・・・

Saitoさんから体験例と技術情報が寄せられました。

電磁波が計測器に影響しているのは感じます。
エアカウンターSをコ〇トコへ(南半球食材の調達)たまたま持参した時、2μなどの数値を示しました。

そんなに出ているのかとLND7317(PRM-9000)も持参したところこちらは全く上がらず。
エアカウンターSは4個のフォトダイオード・センサーが入っており、4個直列での数値ではなく、それぞれのセンサーが4個の別マイコンに接続されて最終の平均数値を表示します。
2個以上のセンサーに同時に反応がある場合は誤反応数値としてカウントがキャンセルされる仕組みです。
なので、エアカウンターSで高い数値時は4個のセンサーに時間的には別々のタイミングで実際に何かが当たり、反応していると考えてよいようです。
状況的にWi-Fi電波あたりかなと想像していました。

半導体式はセンサーの違いこそあれ、最近のモニタリングポストにも採用されています。

ポリマスターのシンチは近くで鍵をカチャカチャすると高線量が出ます。

SOEKSの場合は丈夫なSBM-20-1のセンサーで、GM管は構造も単純なことからGM管そのものからはあまり誤検出は少ないような感じでいますが、紫外線とか何か、特殊な状況には反応があるかもしれません。

線量計は精密機器との意識で環境電磁波を除かないと本当の数値はわかりにくい装置もありますが、逆にその特性を知り生かすなら防御の点でメリットですね。
posted by ZUKUNASHI at 10:47| Comment(5) | 福島原発事故

2017年04月21日

Japanese face surges of sudden death

An astonishing question appeared on the Japanese medical examination questionnaire.

"Do you have someone relatives died suddenly? "

Oh my God!

Japan’s reality after Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident


4/21/2017
Lawn mat


Gardening soil
posted by ZUKUNASHI at 18:43| Comment(3) | 福島原発事故

足がつったらセシウムを食べたと疑ってください

読者の被曝兆候はなんでしょう? と問いかけたら、早速コメントが寄せられました。

予想通り、「足がつる」、「こむら返り」がトップ、目下4票を獲得。

ひどくなると手がつる人もいます。臀部や腹がつるという例も。

セシウムは動物に不整脈を起すのに使われます。心臓の筋肉にリズムを狂わすだけのパワーがあります。ふくらはぎの筋肉を収縮させて動きを止めるなど朝飯前です。

放射線を出さないセシウムもあります。キセノン133が崩壊してできたセシウム133です。働きは同じです。

口内炎、はぐきの腫れが浮上です。下痢もありますね。(下痢すると体重落ちますか? ちょっと個人的な関心に傾きすぎたかも。)

口の中がチリチリするのは、ベータ線、ガンマ線? 夏、腕を露出して外に出ると、歩き出して間もなくポツリと雨粒が当たった感じ。あれは人によってはチリチリ感なのかもしれませんね。

前回、目やに(眼脂)についてお尋ねしましたが、なんとなく目に違和感のある方多いようですね。

2017/4/21、近所の奥さんと話したら、足がつるという話は良く聞くと。6年経って足がつるようになったら、被曝が進行しているということですよね。

・・・・・

2016/12/17、力哉さんから寄せられたコメント

目脂は今更の話なんですがね。都内在住の2011年5〜6月の段階で結膜炎並みの目脂が出てました。

その後、関節炎(膝)、腰痛、頻尿(膀胱炎)、視力低下と満身創痍の中で会社を辞めて西に移住。3ヶ月程度で快復。都内撤退は2011年の暮れ。

「放射脳www」と揶揄してた親しくもない都内在住の知人は随分と鬼籍に入りましたな。

・・・管理人から
「3ヶ月程度で快復」は早いです。
「関節炎(膝)、腰痛、頻尿(膀胱炎)、視力低下」成人男性によく見られそうな症状ですね。そのため、そのうち治るさと甘く見ている人が多いように思います。
2011年暮れの都内撤退は極めて早いほうに入ります。正解でしたね。

「体が求めるものを摂るのが最上」との考えで、移住後は漬け物、酢漬け、味噌漬け、等を肴に日本酒ばかり呑んでました。昔に読んだ杜氏の回顧録で「広島でピカにやられたが、ワシは酒呑みやったから被曝の症状が出んかった」などもありましたので。やはり発酵食品は最強です。で、先頃、5年ぶりに健康診断の機会がありましたが、数値的には問題なしでした。別に受けた検査でも、甲状腺、食道、咽喉についても異常なし。逆に、都民があの環境で生活を続けていることが不思議でなりません。仮にあのまま移住せずに都内に住んでいたら、私は確実に現時点で生きてはいないでしょう。

・・・管理人から
日本酒については効果発現のメカニズムで分からないところがあります。日本酒はビン詰めの過程で火入れをしますから酵母は死にます。火入れをしないのはどぶろくです。精米、発酵の過程で不純物が抜けてしまう?
漬物は、自家製ですか?


日本酒は普通の純米酒、漬物は近所の総菜屋の漬物でした。田舎なので、店の手作り。
酒の酵母自体は火入れで消えてる訳ですな。なら効果的には利尿作用ですかね?
白血病などはクスリをガンガン打って、尿から排泄するらしいですから。

・・・・・

2016/12/18、かなり自己規律が緩んでいるらしいももさんからの投稿

ドキッ、いやギクッ、ですか。
最近、足がつることがあります。
先週、数回手がつりました。てのひらの真ん中あたりがつるんです。
手がつるなんて初めての経験で、戸惑っていたのですが。これもアレですか…。蝕まれているんですね…。

北関東から届く書類を触ると、軽く咳が出ることがあります。先週は指が痛くなりました。以前こちらで報告した、宮城土産をさわった時に起きた痛みと同じタイプの痛みです。あれより、かなり軽いですが。

お店のお弁当や惣菜を食べて、1時間以内に胃痛→激しい腹痛→激しい下痢になることは、結構あります。汚染食材だっのかなーと思っています。

めやに、この秋からひどいです。アレルギーで毎秋出るんですけど、今年のはより重症。結晶みたいで痛いです。と思ったら、私の他にも周囲いました。ずくなしさんのブログを読んでなかったら、これもそうだとは思わないでしょう。

咳が出たり呼吸が浅くなる、気管支がチリチリざわざわする、なんていうのは都内でもよくあります。
排気ガスで汚れた空気を吸った時とは体の反応が微妙に違うんですよ。排気ガスの時は中は動いているけど入口が閉じて吐き出す感覚、そうでないほうは中が異常な反応をしてフリーズしそうになる感覚…と、言いますか。

・・・管理人から
管理人は久方ぶりに足がつってやられた!と思っているくらいです。「足がつる、手がつる」は、1年かそれ以上前に友人の建築現場で働く居酒屋好きの若い衆が仕事中に叫んでいた言葉です。

「お店のお弁当や惣菜を食べて、1時間以内に胃痛→激しい腹痛→激しい下痢」
これは恐怖ですね。管理人がそうなったらすぐトイレに閉じこもりますけど、働いている方はそうも行きませんね。でも、それは身体が強い拒否反応を起していることにほかならず、これを繰り返しているうちに知らず知らずのうちに病院の門に近づいていると思います。


・・・・・

2016/12/18、桜の季節さんからの投稿

私は震災当時横浜在住の50代女性です。義実家が千葉県ホットスポットにあり行き来がありました。この5年間に起きた症状です。

1 頭痛が続く
2 ひどいギックリ腰
3 東京有楽町で外食中、突然絶不調になる
4 注意力散漫(コーヒーをこぼし、しばらく気がつかず結果大火傷)
5 指の先に湿疹
6 骨折
7 長く続く咳  (A)

頭痛以外は2011年以前にはなかった症状です。
外食で突然絶不調になったのも初めてでした。(2012年6月だったと思います)それ以来用心するようになりました。
自分以外家族や友人の話ですが、
1 骨折
2 腫瘍や癌
3 仕事中目の前で上司が倒れる
4 原因不明の微熱が続く
5 湿疹
6 お風呂で倒れる
7 眠気
8 いらいらする
などがありました。
その他皆さんのコメントを読んで思い出しましたが、震災直後近所のツツジの植込みが一列同じように枯れていました。

・・・管理人から
Aはすべて桜の季節さんがご自身で体験されたものですよね。すごいです。Aの中にある「外食中、突然絶不調になる」というのは腹痛下痢ですね。もっとひどくて意識朦朧でしょうか。

でも、この程度ならまだまだというのがこ一両日の記事を書いた管理人の感想なのです。有償記事配信にかかる強制アンケートに答えてくれた方の情報で、2011/3/15、3/16のプルームの経路、時間などがだいぶはっきりしました。

massaさんからの投稿に管理人のコメントを載せましたが、あのような形で横浜にお住まいの方の被曝履歴がだいぶ分かってきました。桜の季節さんは今は横浜にお住まいではないのかと思いますが、デトックスに励まれること、汚染食品の排除を徹底されることをお勧めします。
posted by ZUKUNASHI at 10:51| Comment(15) | 福島原発事故

2017年04月20日

サウジはイエメン戦争でも先が見えない

サウジは、イエメン戦争で民生用の施設などを狙い撃ちしており、イエメン国民の怒りは強まるばかりです。部族の一つをカネで買収しようとしましたが、失敗。

エジプトに軍隊の派遣を持ちかけて断られ腹いせに石油の供給を止めました。チュニジアも兵士の派遣を断りました。次の記事によるとヨルダンも派遣しない模様です。

イエメンは、ミサイルでサウジを攻撃していますがミサイルの性能が上がり、リヤド近傍の空軍基地にミサイルが届くようになっています。リヤドに打ち込めるミサイルができれば戦況は大きく変わるとのイエメン軍スポークスマンは述べています。

米国国防総省のマッチスがリヤドを訪問しています。このところ米国政府要人のリヤド訪問が目立ちます。米国はサウジからカネを受け取っています。中にはワイロも多いでしょう。

サウジの国家財政が逼迫していることは確実でサウジはアラムコの株を上場したり、債券発行で巨額の資金調達を行っています。

911事件に関して、遺族による損害賠償訴訟に加え、保険会社からも賠償請求がなされています。

シリア戦争は、テロリストの劣勢が強まっています。原油生産カットだけはサウジの提案が通りましたが、実効性を持たせるためにサウジは他国より強めの減産を余儀なくされています。

サウジの内部事情はかなり深刻なはずです。これまで武器を売り込み、シリア戦争でもイエメン戦争でも深くかかわってきた米国がそう簡単にサウジを突き放すこともできないでしょう。

この先の展開に注目です。

FARSNEWS2017/4/19
Arab Analyst: Saudis Entangled in Yemen's Bottleneck

TEHRAN (FNA)- Abdel Bari Atwan, the editor-in-chief of Rai al-Youm newspaper, referred to the change of words by Saudi Defense Minister's Advisor Ahmed al-Asiri on Egypt's willingness to send ground forces to the war in Yemen, and said Riyadh is now in a deadlock.

"Asiri withdrew his past comments and said Egypt's proposal to send 40,000 ground forces was not about the war in Yemen, but was an offer to the Arab League (AL) for forming a joint Arab force," Atwan wrote in Rai al-Youm newspaper on Wednesday.

He said that the same situation also implies to the relations between Jordan and Saudi Arabia, as Amman has turned down Riyadh's demand for dispatching troops to Yemen.

"Asiri's remarks highlighted the stalemate that the Saudi-led coalition is facing now because winning the war in Yemen everyday seems farther and more costly and it is impossible for the coalition to end it with minimum casualties," Atwan underlined.

Meantime, the official spokesman of the Yemeni Armed Forces, Brigadier General Sharq Luqman, announced that the country is in possession of advanced missiles which can hit the Saudi capital.

"We have been able to develop our weapons and make progress so that they can hit the Saudi capital," Luqman told al-Mayadeen news channel in March.

Noting that Borkan-2 missile was the first missile which could target King Salman airbase, he said that new missiles are underway.

Luqman said that after hitting Riyadh, the war in Yemen will enter a new stage and all equations will change.

RT2017/4/20
Saudi February crude oil exports drop to 21-month low
As Saudi Arabia is overcomplying with the OPEC production cuts and showing fellow OPEC members a ‘lead by example’, the Kingdom cut its crude oil exports in February to the lowest level since May 2015, while Saudi refineries processed record amounts of supply for domestic use.

According to data the single countries report to the Joint Organizations Data Initiative (JODI), Saudi Arabia’s crude oil exports in February stood at 6.957 million barrels per day, the lowest volumes shipped in a month since May 2015 when exports were 6.935 million bpd.

Since May 2015, Saudi exports were below 7 million bpd only in August 2015 and in February this year, data by JODI show.
posted by ZUKUNASHI at 21:11| Comment(0) | 福島原発事故

南半球産食材の割合を高めていくことをお勧めします

地球規模で黄色い粉(管理人の想定ではウラン238が主体)が降下したことははっきりしています。

具体的な測定データはあえて示しませんが、管理人の得た情報では、日本産の魚からウラン238が、農産物からラジウム226が研究所の専門家などによって検出されています。

次のグラフは、ウラン238崩壊系列の核種について毎秒1崩壊、つまり1ベクレルの放射能を出すために必要な核種別の原子数を管理人が試算した結果です。

日本産の魚が7ベクレル/kgのウラン238を含んでいれば、そこに存在するウラン238の原子数は下のグラフの数値の7倍になります。



日本産の農産物が6ベクレル/kgのラジウム226を含んでいれば、そこに存在するラジウム226の原子数は上のグラフの6倍になります。

しかも、ラジウムが崩壊した後に生成・崩壊する核種の半減期は相対的に短く、次々とベータ線やアルファ線を出します。

ウランやラジウムが含まれた魚や農産物を食べてもそれがすべて身体に吸収されて体内で害を及ぼすということにはならないのではないかと考えますが、リスクは否定できません。

北半球産の食品は相対的にセシウムもその他のウラン系列の放射性物質も相対的に濃度が高くなっています。

既に1年以上前から書いてきましたが、できるだけ、南半球産の食材の割合を高めていくことをお勧めします。

特に福島第一原発事故後に生まれた乳幼児は、大きな吸気被曝が避けられています。汚染された飲食料品で内部被曝をもたらすほど愚かしいことはありません。

2016年06月08日
ここは「煽りのブログ」であって「食材選択情報のブログ」ではありません

2017年03月20日
これが黄色い粉です

2017年02月25日
黄色い粉はどこから出てくるのだろう

2017年02月25日
黄色い粉は怖いのか

2017年04月19日
今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか

(初出 2017/3/31 追記 2017/4/20)
posted by ZUKUNASHI at 20:21| Comment(14) | 福島原発事故

フィールドワークの記録 新シリーズの2 アルファ線の測定

アルファ線を測るのはとても難しいです。とにかく線源との間に数ミリ以上の空間があったら検出できません。これは測定器の性能の良し悪しに関係なく同じです。

2017/4/20、風が少ししかないので、自宅近くの平面を選んで測定してみました。福島第一原発事故後人手が入っていないと見られる場所を選びました。



ここでは、箸を地面との間に置いて、ビニール袋に入れて、アルミ板を挟んでとやってみましたが、ほとんど差が出ません。最後にまさに直置きして39cpmでした。アルファ、ベータ、ガンマ込みということになります。

場所を替えました。人が通らない少し苔の生えた場所。

ビニール袋に入れて49cpm


アルミ板でベータ線、アルファ線を遮蔽して42cpm


箸をはさんではビニール袋入りと変わらないので、今度も直置きで54cpm


この結果からは、アルファ線が5cpm、ベータ線が7cpm、ガンマ線が42cpmということになりそうですが、風が吹くと数値が変動しましたし、どれほど正しいのか分かりません。

ただ、最初の計測地点ではアルファ、ベータ、ガンマ込みで39cpmでしたから、こちらではガンマ線だけで42cpm、アルファ、ベータ、ガンマ込みで54cpm、場所の違いによる放射能の違いもはっきりと出ました。

この器械は、Inspectorと同じGM管を使っているそうですので、cpmで表示した時の感度はほぼ同じでしょう。

米国西海岸での高い空間線量率検出の動画が2013年の末に公開され、大変驚かされました。ここでの使用器械はInspector、時定数3秒のように見えますが、動画では安定的に高い値を示しています。

2015年07月04日 福島第一原発事故は ノースアメリカ・シンドローム 2

岸辺に近づくと値が上がる。Inspector は、ガンマ、ベータ、アルファ いずれも検出する。遮蔽はしていないだろう。64cpm


92cpm、152cpmの画像もあります。管理人が見つけたミニホットスポットは、ベータとガンマで160cpmあります。

この2015年07月04日の記事を書いたとき、原因物質はストロンチウムと考えたのですが、ウラン系列のベータ線源の可能性が高いです。ストロンチウムがこんなに高ければ、海岸で遊んだ人が次々と白血病を発症したでしょう。

米国カリフォルニアの海岸で米国人が測定して驚いていた64cpm、日本では東京近郊で少し風があれば検出されます。地面でも60cpm近くの値が出る。

管理人の測定例は、やはり海外の方が見たら驚くでしょう。平気な日本人はすごい!


なお、この新しい器械は、読者からの資金援助と労力提供によって調達しています。ここに記して謝意を表します。
posted by ZUKUNASHI at 18:56| Comment(2) | 福島原発事故

キセノン133問題に関するうささんの見解

2017/4/20にうささんから寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

キセノン133問題
 日本政府が隠している3号機燃料プールが核爆発の決定的証拠が世界機関より発表されている。
 群馬県高崎市にあるCTBT放射性核種探知観測所で3・11以降に、大気中から高濃度のテクネチウム99m(Tc-99m)、バリウム140(Ba-140)、 プロメチウム151(Pm-151)、ランタン140(La-140)、テルル129/129m/132(Te-)、 ヨウ素131/132/133/135(I-)、セシウム134/136/137(Cs)、
希ガス状のキセノン131m/133(Xe)などが検出されていた。
キセノン131m/133については、3月15日前後の濃度が高すぎて計測不能となった。

 また千葉県稲毛市にある日本分析センターでもキセノン133は基準値の30倍を記録している。

管理人注:上記のデータについては、この記事にデータを掲載している。

キセノン133は、半減期約5.2日でベータ崩壊し安定同位体のセシウム133になります。 そして、セシウ133は空気中の水分と反応して容易に水酸化セシウムになります。
 当初、というか今も、「キセノンは不活性ガスだから人体への影響はない、と言われています。

「私設原子力情報室」から
 水酸化セシウムは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)と同じくらい強塩基です。

強塩基はたんぱく質を加水分解するので、皮膚を腐らせ、眼に入ると失明の原因になりかねません。
人体の構成成分は、水と骨以外は殆どがタンパク質で出来ているので、空中を漂っていたキセノン133が水酸化セシウムになり、その水酸化セシウムが皮膚や粘膜に付着して様々な疾患を起こすと考えられます。

セシウム133は安定同位体なので、放射線は出ませんが、強塩基となって人体に悪影響を及ぼす可能性は十分にあると思います。
ただ、どれくらいの水酸化セシウムが付着すると、人体に悪影響が出るのか?というデータがないため、確定はできません。影響があったとしても傷ついた粘膜は再生しますが、問題は、眼に対する影響でしょう。

角膜内皮は再生力に乏しいので、継続して水酸化セシウムに暴露することで視力の低下、最も重度な場合は失明に至る可能性も否定できないとおもわれます。対策としては、こまめに眼を洗い、メガネをかけることくらでしょうか?

影響があったとしても傷ついた粘膜は再生しますが、問題は、眼に対する影響でしょう。

  ***************************************************

〖私は、事故後の被害体験の症状から初期の鼻血、口内炎、結膜炎(角膜炎)信号青が良く見えない。足首異常で歩行困難、咽喉頭痛、喉のイガイガ等で声帯が侵され声がよくでない。聴覚障害で人の声が聴きずらい、マスクしてる人との対話ができない。
喉、唇の渇き、粘膜疾患・皮膚疾患、指先皮膚剥離、呼吸器循環器障害で血圧不安定。下痢、便秘等重症にはならないが回復には時間がかり再発する。特に雨上がり、風のある外出は注意を要する。注:強調は管理人

 キセノン133→水酸化セシウム→水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が浮遊で土中に付着、蓄積されまた気中に浮遊しているを体に付着、体内に取りこまれ人体を構成する蛋白質が溶かされ疾患を起こすと考えられ何が起きても不思議ではない。

 放射線空間線量計測では分からない放射性物質崩壊後残渣等の計測は土壌採取、水道水と同じ体積比で水洗いし其の水を水酸化ナトリューム(苛性ソーダ)濃度計で計測では劇物扱いの5%となる値をはるかに超20%越もある。果樹の搾り汁も20%を超える物もある。

(水道水00%で校正比較)水酸化ナトリューム計はそんな使い方しない、との批判があるが農産物を水洗した水、農産物果汁で同じはなんと説明するんだ。

 蓄積される原発事故のセシウム等は最初の1年位は土壌表層にとどまり毎年少しずつ沈降で20センチくらいで止まって、それ以上浸透しなくなると言われている。生活用水、農産物にも注意が必要です。

 福島から200キロ以上離れている地域でも、高齢に近い人が体調不良で肺機能低下もありで突然死しているのが不思議ではありません。〗

・・・引用終わり・・・

2015年11月22日
セシウムの放射能が減っても 探知できない非放射性セシウムもある 民間研究者の投稿を掲載する

2016年09月01日
原発から漏れる放射性物質は拡散・飛散中に濃淡の偏りが激しい

2016年03月09日
原発推進派はセシウム133、135に気付いてほしくない
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(5) | 福島原発事故

海に流したり燃やして飛ばしたり F1なんでもあり 賑わう歴史上初の巨大事故現場

2017/4/12の午後白昼、F1構内のライブカメラ4号機側で黒い煙が噴出するのが見えたそうです。

次はVIMEO O04-12 1430 smokeからのスクリーンショットです。





何年か前にも真っ黒の噴煙が吹き出たことがありましたが、その時はディーゼルエンジンの起動時の黒煙だと。

今回もディーゼルエンジンの起動? こんな高い位置で?

2017/4/12ですから今からちょうど1週間前です。

プラント事故から丸6年も経過して、汚染水は垂れ流し、プラントの土台から湯気がもうもうと上がり、時には黒煙が噴出する。空では鉄塔隠しのマジック。

長者原交差点の国道6号線を行きかう車両は、工事車両、特殊車両が多いです。そんな状況がもう6年も続いており、賑わいは衰える気配を見せません。

世界でこんな事故現場ありますか? 世界初、歴史上初の大災害の現場から至近距離に私達は住んでいます。

毒物の噴出はいまだ止められていません。

海外で福島第一原発事故とその影響について注目している人は多いはずです。この記事に掲げた事象も元は海外でF1のライブカメラの映像を録画している方がおられてその映像チェックの結果によるもののようです。

日本でそのような記録を付けている方がおられるでしょうか。パソコン1台あればできることで、24時間経ったら映像を早送りしてチェックすればよいわけです。

簡易測定器を持っていても活用している方は少ないように感じます。せっかくデータを教えてもらっても、機種、ベータ線遮蔽の有無、屋内か屋外か、地上高、測定時間、天候、近くに焼却施設などがあるかどうかが付記されていなければ、そのデータはほとんど無価値です。

日本人は、滅びるべくして滅びる。放射能による健康被害の怖さを知っていて日本の状況に注目している海外の方はそのように見ているのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 11:12| Comment(0) | 福島原発事故

太平洋の温度上昇で海洋生物が溶ける!

RT2017/4/19
Sea creatures ‘dissolving’ in warming Pacific ocean – study

The mixture of warming waters and ocean acidification is proving a lethal combination for many sea creatures who are dissolving in the hostile conditions, according to a new study.

The study, from the University of California, found that marine animals are dissolving in Pacific waters off the Northern California coast.

“We thought there would be some thinning or reduced mass,” said lead author Dan Swezey of the study, which saw ocean conditions recreated in a lab with cloned tiny invertebrates, known as bryozoans. “But whole features just dissolved practically before our eyes.”

・・・引用終わり・・・

いずこも同じです。日本では海洋生物が「溶ける」説は出ていません。米国西海岸の海水の汚染はやはりすさまじいものがありそうです。
posted by ZUKUNASHI at 01:23| Comment(0) | 福島原発事故

2017年04月19日

今 環境に多いベータ線源は何か それは健康被害をもたらさないか その1

新しい測定器を導入して環境にベータ線源が多いことを確認した。その太宗はなんだろう。

次は、米国による土壌調査からベクレル数をもとに原子数を推定したもの。ウラン238が飛び抜けて多いことが確認できる。この中には「天然のウラン238」も含まれているが、そのほとんどは福島第一原発事故により降下したものだ。(このグラフは数年分の減衰を考慮してあるため米国調査結果とは差異が出ている。)



これらのうちベータ線を出すものは、ウラン238、235、232の子孫核種、セシウム137、134、136、ヨウ素131。そしてストロンチウム90。

セシウム137、134、136、ヨウ素131は、まずベータ線を出して娘核種に変わり、それが続いて崩壊してガンマ線を出す。だから、セシウム137、134、136、ヨウ素131の出すガンマ線とベータ線を漏れなく検出できれば、ある程度の時間をかけてカウントすればガンマ線とベータ線は等しくなるはずだ。

福島第一原発事故から丸6年経過して、半減期8日のヨウ素131、半減期13.16日のセシウム136は減衰しきっている。セシウム134は13%程度になり、セシウム137も87%程度に減っている。ストロンチウム90は半減期28.79年、これはイットリウム90を生みこちらのベータ線はエネルギーが強い。

このように見てくると、セシウム137、134、136、ヨウ素131、そしてストロンチウム90(+イットリウム90 半減期64時間)は、半減期が長くて30年。いずれも時間の経過とともにそれらの出すベータ線は少なくなってきている。

それにもかかわらず、大気の中で測定器を風に曝したときのベータ線量が極めて多いのはなぜだろう。ベータ線を遮断したときのcpmが30、遮断しないときのcpmが60だ。

減衰したとはいえセシウムの出すベータ線を拾っているからガンマ線で30cpmあればベータ線も30cpmありうるはずという見方もありうる。だが、ガンマ線は何十mも飛んで測定器に反応を生じさせるが、その地点から発せられたベータ線は測定器には届かない。

屋外の地上1mでは、すぐ近くの地表面から発せられたガンマ線のほかに数十メートル離れた場所から飛んでくるガンマ線も検出している。周りの樹木や建物から発せられたものもある。

だからこのような状況で測定したガンマ線数と同じ数のベータ線を検出することはありえない。測定器の感度が良くてもせいぜい1〜2割程度だろう。

ではその差を埋めるベータ線は何かということになるが、もちろんストロントウム、イツトリウムはありうる。横須賀市の事例では当初ストロンチウムの原子数はセシウム134と並んでいた。6年経過でセシウム134は減って当初のストロンチウムが一部減衰しただけで残っているのなら、セシウム134より大幅に多い。

しかし、これをセシウム137の原子数と比較すると10分の1以下であり、いくらがんばってもセシウム137の出すガンマ線よりははるかに少なくなる。イットリウムのベータ線を加えても倍になるだけだ。セシウム137もストロンチウム90も半減期は30年近いから同じように減っているし、原子数当りの崩壊数も大きくは違わない。

となると、残るはその他核種で存在量、原子数の大きいものとなる。ウラン238、235、232だ。これらの核種は半減期が桁違いに長く、時間当り原子数当りの崩壊数は極めて小さい。

だが、これら核種の崩壊系列は延々と長く、その系列にある子孫核種はそれぞれにアルファ線やベータ線を出す。ウラン238、235、232は、1回または2回崩壊して安定するということはない。

小出しに子孫を生みながらそれが次々と崩壊して放射線を出す。しかも、厄介なことにこれらの崩壊系列はラドンという気体の形状の子孫核種を有しており、これ以降の子孫核種はおそらくは大気中を浮遊しやすくなるものと考えられる。

風の強い日に大気中を飛んで測定器にベータ線を入射させるにはうってつけの性質を持つ。

以下では、ウラン238を例にとってその特性を見る。

いつものように「き坊の棲みか」のウラン238の崩壊図を使わせてもらうが、今回は青い枠を加えている。



図の中に書いてあるが、ラジウム226の半減期1600年に比べてそれ以降の娘、孫核種の半減期は短いので、放射平衡という現象が起こり、多くの核種が並存して放射線を発する状態になる。



米国の専門家は、「ラジウム226。これはもともとのウラン燃料が核分裂反応のプロセスを始める最初の段階で生成されます」と述べている。どういう仕組みか分からないが、ウラン238に中性子が当たると、ラジウム226への変化が促進されているということだろう。

2014年11月20日 原子炉の中ではラジウムが促成される ラジウムが拡散しラドン、ビスマスが増えている

つまり、地震でF1の原子炉がスクラム、緊急停止したとき、燃料棒の中のウラン238は自然状態の中で崩壊が進む場合よりもウラン238に比べてラジウム226が多かったということになる。

ここでウラン238の崩壊系列にある子孫核種が放射平衡になって、それぞれが毎秒1崩壊する場合の核種別の原子数を計算すると次のようになる。ウラン238が突出して多く、次いでウラン234、ラジウム226。これは半減期の違いによって半減期の長いものほど原子数当り、1秒当りの崩壊数が少ないためだ。

ウラン238から崩壊が始まって次々にその右側にある核種に変化していく。そしてそのたびにアルファ線やベータ線、さらにはガンマ線を出していく。



上で使った半減期は自然状態でのものだから、原子炉内にあった場合は異なってくる。特に注目されるのは崩壊系列の初めにある特に半減期の長い核種が原子炉内に置かれると崩壊が促されるという点だ。

このため燃料棒内にあったウラン238は、子孫核種への変換が進んでおり、ラジウムの割合が高くなっている。福島第一原発事故によって環境に放出されたウラン238の子孫核種は、ラジウムが多いとすれば、ラジウム以降の核種も当然多い。

ラジウム226以降の核種について着目すると、放射平衡が成立して子孫核種がそれぞれに毎秒同じ数だけ崩壊するに必要な原子数は次のとおりとなる。出発点のラジウム226から始まってその後は半減期が短いので1崩壊に必要な原子数は少なくなるが、ラジウム226以降で半減期が長いのは鉛210の22年。放射平衡が成立したラジウム226以降の核種の標本があって、その原子数を調べればラジウムに次いで鉛210の存在数が最も多くなるはずだ。



「原発はいますぐ廃止せよ」の2013/11/14の記事に鳥取市岩倉地内における放射線レベルの高い廃棄物に関する鳥取県の分析結果が紹介されていた。

鳥取県は、「大部分がラジウム、或いはラジウムが崩壊してできる鉛やビスマスなど天然核種であり、原子炉生成物質を疑うセシウム143 などは含まれていませんでした」としている。「セシウム143」 はセシウム134の間違いと思われる。



上の表の数値を表計算ソフトに移し変える。上がウラン系列、次がトリウム系列、そしてその下はまた別のものだ。トリウム系列はすべての娘核種を書き込んではいない。



これはゲルマニウム半導体検出器によりガンマ線のスペクトル分析を行った結果によるものだから、ガンマ線を出さない核種や弱いガンマ線、わずかなガンマ線しか出さないものはベクレル数が測定されていない。それとガンマ線を出す核種も崩壊時に必ずガンマ線を出すというわけではなさそうだから上の表のデータは解釈が難しい。ラドン経過後のベクレル/kg数が半減しているが、これもラドンが気体となって逸失したためかは分からない。

米国発の情報に次のものがある。

Before and after the Fukushima accident, the environmental 210Po/210Pb ratio in precipitation samples varied from 0.02 to 0.09 with an average of 0.06 at the SSC in southern Mississippi… However, the 210Po/210Pb ratio during the Fukushima fallout was up to 1.5 on March 23…

南ミシシッピーの雨水中のポロニウム210鉛210比が通常平均0.06から1.5に上昇。つまり崩壊系列で鉛210より二つ後にあるポロニウム210の鉛210に対する比率が大きく上がったわけで、これはポロニウム210が福島第一原発事故によって増えたものと推定される。

上の毎秒1崩壊する場合の核種別の原子数で比較すると、ポロニウム210/鉛210比は0.0174となるが、ここでの比較はベクレル数のはずで、雨水中のベクレル数の比だから様々な要因が影響している。

2014年12月08日
ベータ線情報 4 横浜市の屋上堆積土にポロニウムが含まれている2011/3/23



密閉空間にウラン238を入れて何年、何十年と経過すればその空間内のウラン238の子孫核種は上のグラフに示すような原子数の比になるはずだ。

だが、現在の日本では、福島第一原発事故で飛散した放射性物質の構成が分からない、場所によって落ちたものの種類や濃度も違う、降下後も雨風によって放射性物質は刻々とその所在を変え崩壊し続けている。

それゆえに、ある場所で測定したウラン238の子孫核種の原子数の比が上の「毎秒1崩壊に必要な原子数」のグラフのようになることはありえない。

しかし、全地球的に見れば、いずれ放射平衡に近い状態に近づいていくはずだ。福島第一原発事故によって、自然の崩壊系列の核種別存在比からかい離してより多い核種の1秒当たり崩壊数は他より大きくなり、より少ない核種の1秒当たり崩壊数は他より少なくなりそれ以降の崩壊系列にある核種の崩壊数に影響を与えつつかい離が少なくなるように作用する。

そのような過程の中で、現時点では地域別、時間別のウラン238の子孫核種の原子数で見た比は様々になっていると言える。

2015年03月23日 ヨウ素やセシウムは吸ったがウランは吸わなかったのか

以下、いくつかの情報について、上の考え方で説明がつくのか見てみる。

1 爆発後の日々 横浜の堆積物からは、プルトニウムとアメリシウムは検出されなかった
「ただし,Pb210が異常に高いです。これは同位体研究所のエムポアディスクの使ったストロンチウム分析でも問題になったβ線を出す物質です。
この毒性について分かりませんが,築7年のマンションの屋上に自然由来のPb210が8000Bq/kgも堆積する可能性があるのか私には分かりません。」

「Pb210が8000Bq/kg」の原データが見つからないが、半減期30年のセシウム137が東葛で3万〜6万ベクレル/m2あったわけだから、これを65で除せば462〜923ベクレル/kg、半減期22年のPb210が建物の屋上で濃縮されて3m×3m分集まっていたとすれば8000ベクレル/kgに接近することはありうる。

固相抽出法による放射性ストロンチウムの分析に関する発表

横浜市が採取した堆積物及び堆積物の採取箇所の周辺土壌の
核種分析の結果について


2 次は、「CTBT高崎放射性核種観測所の粒子状放射性核種の観測結果」(2016年12月21日時点)による9月から11月までの最新データを加えて作成したビスマス214の大気中濃度のグラフ。


ビスマス214は鉛210の二つ前の核種で、ビスマス214が崩壊するとポロニウム218になるが、これはほぼ瞬時に鉛210に変わり、この鉛210の半減期が22年だから入ってくる鉛210と出て行く鉛210が同じになるためにはある程度のストックが必要になる。

だが、ビスマス214以前の核種はラジウム226を過ぎれば半減期の長いものでもラドン222の3.8日に過ぎず、ラドン222以降は鉛210の手前まで崩壊が連続する。放射平衡状態に近くなれば、各核種が毎秒ほとんど同じ数だけ崩壊してアルファ線や、ベータ線、さらにはガンマ線を出すことになる。

ビスマス214は崩壊時にベータ線とガンマ線を出し、ガンマ線のスペクトルは比較的精度の低い測定器でも検出、分別可能なようだ。

これを測定すればウラン238系列の子孫核種の多寡を知ることができ、ビスマス214が検出されればその前後の核種も毎秒同じ数だけ崩壊していると推定できることになる。

降雨の際にビスマス214はしばしば観測され、降雨時の空間線量率上昇の主因となることも多い。もともと天然にあるウラン238からも生じているので「天然放射能」と呼ばれるが、これは正確ではない。ビスマス214が天然にもあることはその通りだが、現在の日本では原子炉の燃料棒の中に入っていて人工的な核反応の影響を受けたウラン238を起源とするものが多い。

CTBT高崎観測所の観測データでは、ビスマス214は福島第一原発事故後大気中の濃度がじりじりと上がったが、2016年に入って低下し、また上昇の気配となっている。この深い谷がどんな原因によって生じたのかは不明だが、ラジウム226のストックが福島第一原発事故後急増したとすれば、その半減期は1600年だからこの先ほとんど低下することなく推移すると見られ、ラジウム226以前の核種も少しずつ崩壊してラジウム226のストックを増やしていくと考えられる。

3 ウラン238の崩壊系列に属する放射性物質のいくつかは、健康に害があることが明らかになっている。
(1) ラドンは気体だが、これを吸入すると肺がんを発症する恐れがあり、米国は住宅などについて環境基準を設定している。

(2) ポロニウムは猛毒とされている。ウラン238の崩壊系列ではポロニウム218、214、210と3種あるが、218と214は半減期が短く毒物としての使用上の制約が大きいが、ポロニウム210は140日と長く、またアルファ線しか出さないため容器の外側から検知することが難しい点も毒物として使用されることがある要因となっている。

2006年に元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐、リトビネンコ氏が暗殺された事件ではポロニウム210の使用が疑われている。

(3) 上のウラン238の崩壊系列表ではわき道だがタリウム、Tl210、Tl206も猛毒だ。名古屋大の元女子学生によるに女性殺害(2014年)、高校生2人の傷害(2012年)事件では、劇物の硫酸タリウムが使われたとされている。

(4) 鉛は、ウラン238の崩壊系列表で3箇所出てくるが、鉛206は安定とされている。

鉛は食物にも僅かに含まれるため常時摂取されており、特に量が多くなければ健康被害は少ないとされている。しかし、米国ミシガン州フリント市で経費節約のため水道水源をヒューロン湖からフリント川に切り替えたら原水の水質が腐食性で水道管の鉛が溶け出し、市民の中に鉛中毒になる人が出た。

2016年02月06日 水道水が鉛汚染 ミシガン州フリント市

ウラン238が崩壊してできた鉛が大気中を浮遊していても、鉛中毒を発症することはないのではないかと考えられるが、重金属過敏症の方は反応することがあるかもしれない。

鉛の生物に対する毒性としては、体表や消化器官に対する曝露(接触・定着)により腹痛・嘔吐・伸筋麻痺・感覚異常症など様々な中毒症状を起こすことがあるとされる。

ちなみにPb210、8000ベクレルは、質量換算で0.000000003g=10億分の3gになる。

(5) 柏市の小学校で運動会の練習期間中に発熱、腹痛などを起した生徒が多数出たことがある。

(6) 雷雨に当たった人に体調不良が生じています。
読売新聞 2013年7月27日(土)22時12分配信
東京消防庁などに入った連絡によると、人気アイドルグループ「NEWS」のコンサートが開かれていた秩父宮ラグビー場(東京都港区)で、27日午後8時半過ぎから来場者らが相次いで体調不良を訴え、女性75人が手当てを受け、うち19人が病院に搬送された。
コンサートは午後7時半頃、豪雨のため途中で中止になった。多くの人に、雨による低体温症や過呼吸の症状がみられたという。
・・・現場にいた人の話では、吐血した人もいたという。19人が病院に搬送。

(7) 健康被害の事例は他にもあると見られる。足の親指の爪が痛みもなくはがれるという事例は、黄色い粉の目撃と結び付いているので、おそらくはウラン系列のベータ線核種と関係があるのではないかと管理人は考えている。

補足すべきことが見つかれば追って追記したい。

次の記事にあるように降雨に伴って降下するビスマスなどの濃度は時と場所により様々だ。

2013年08月16日
2013/8/15長野県で降雨による空間線量率急上昇

閉鎖空間であれば、ウラン238は上にある崩壊系列図に沿って崩壊を続け、放射平衡になる一定のストックを保つ。

だが、開放空間においては、例えばビスマス210を一定ベクレル検出したからといって、その場に親である鉛210がそのベクレル数を生み出すに必要な量存在しているとは限らない。

また逆にビスマス214がほとんど検出できないからといってその場に孫である鉛210がないということにはならない。風に乗って動いているからだ。

プルトニウムはアルファ線源でその怖さは多くの人が知っている。だが、ウラン238の崩壊系列に属する核種の多くはアルファ線源だ。

これらのアルファ線源は安全でプルトニウムだけが危険なわけではなく、皆同じだ。

ウラン238の崩壊系列に属するアルファ線源の所在をつかむのは大変難しいが、その系列の中にあるいくつかのベータ線源はエネルギーの高いベータ線を発するため個人用測定器でもある程度検出することができる。一部のガンマ線を出す核種はスペクトル分析で核種と放射線の数を把握することができる。

特にウランとその子孫核種の放射線を測定しようとすると、その困難性に絶望することも多い。放射性物質の所在をつかむのは大変困難なことだと痛感する。そのような危険な物質を生み出す核利用は止めなければならない。

私達は、ウラン系列の子孫核種が検出されたら、アルファ線源があると判断してそこを遠ざかるか、原因物質を排除するしか防御策がない。

アルファ線源は、ウラン238の系列だけでなくウラン235、ウラン232などいくつ物崩壊系列がありが、どれも危険であり、ビスマス検出、Pb検出と聞いたら、それらはすぐに猛毒ポロニウムになるんだと思い浮かぶよう頭に刻んでおきたい。

追記予定
posted by ZUKUNASHI at 23:59| Comment(1) | 福島原発事故

Transition of Birth and Death Rates after Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident

Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident:3/2011
Birth and Death Rate = births/deaths

Chiba prefecture main 10 cities total


Fukushima prefecture main 3 cities total


Ibaraki prefecture 8 cities total


Kanagawa prefecture 7 cities total 


This page will be updated monthly.
posted by ZUKUNASHI at 19:20| Comment(0) | 福島原発事故

市原市で何が起きている? イノシシの害ではない

千葉県市原市の死亡数増加が再燃しています。







いくら呼びかけても市原市には、読者はいないようです。

さらに悪化しなければいいですが、他人事と思っていると足をすくわれます。

この前の日曜にも現地調査をしてきましたが、もう行けないですね。バスの便もなくなったし。

次に行くときは、集落がひっそりとしていたり・・・。出迎えてくれるのは、イノシシとタヌキとハクビシン??

2017/4/16に現地調査を行ったのは、次の地点です。


フィールドワークの記録 新シリーズの1



もし、現地で測定をしようとする方がおられれば、ベータ線の防護に気を付けてください。場所によってはさらに高いところが見つかるかも知れません。

2016年08月03日
鯉のぼりの泳ぐ市原市は薫風に乗ってセシウムが飛ぶ
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(1) | 福島原発事故

地表近くのベータ線込みの測定で高い値が出た場所の線量率は下がりにくい

管理人は、これまでもベータ線も検出できる個人用放射能測定器を使用していましたが、感度の良い器械を導入して、これまで使っていた器械のベータ線検出感応度がかなり低いことに気づきました。

もともと兵士が携帯してガンマ線とベータ線いずれかで高い線量率を検出した場合の危険回避を目的として作られたもののようです。そうであれば、ガンマ線と強いベータ線に反応すれば目的は達せられるわけで、ベータ線の低エネルギーのものや機器が繊細になるアルファ線を捉えられる検出部は不要です。

これまで地表近くと地上高1mでの連続歩行測定を行ってきましたが、警報が鳴ったことは数えるほどしかありません。

これは、管理人が濃厚汚染地域に立ち入らないようにしていたことによるもので、例外は松戸市南部と我孫子市です。

松戸市南部の連続歩行測定では、地表近くと地上高1mともに相対的に高い値が出ましたが、0.3μSv/hを超えて警報が鳴ることはありませんでした。

地表近くに置いた測定器の警報が鳴ったことが一度だけあります。次の記事の事例です。

2015年01月31日 我孫子市は線量率が高い 現地調査で地表0.4μSv/h地点も

この時は、すぐ現場を離脱しましたので警報が鳴った場所の周りを詳しく調べることはしていません。

ただ、その後の調査の結果から考えると、この場所は堆積物によって放射性物質が濃縮する場所ではありませんし、警報が鳴ったスポットの周囲にも放射能の強い物質があったのではないかと考えています。

何か大きな放射能を持つ微細な粒子が降下したのではないかと思われる例もありましたが、その後1年、2年経過して、器械も更新して調べてみると、高い線量率を示すスポットの周りが全体的に高い放射能を示すことがあります。

高い放射能がウラン系列の放射性物質によって生じているのであれば、時間の経過とともにベータ線による放射能が上がることはありうることです。

それに東京近郊では、ウラン系列の放射性物質も極微粒子で降下しているような印象を受けています。


フィールドワークの記録 新シリーズの1
の記録画像を見ると分かりますが、当初の調査では特に高いスポットに目を奪われていましたが、後日、より広い範囲で調べると周辺もそれなりのベータ線込みの線量率を示していることがわかりました。

その理由は良く分かりませんが、もしウラン系列の放射性物質が薄く広く降下しているとしたら、時間の経過とともにベータ線込みの線量率が上がることはありうることだと考えられます。

そして、それに伴って空中に浮遊するベータ線源が増える、その中には当然アルファ線源もあるという嫌な想定もしなければならないかと考え始めています。

なお、空中を浮遊するアルファ線源がご心配な方は、もし経済的な余裕があれば、ラドン測定器を設置して継続的に測定してみることをお勧めします。

安価な器械は小型です。内部にアルファ線を検出する検出器があると見られます。もともとプルトニウムのようなアルファ線源が空気中を浮遊しているなどという事態は想定されていないはずですから、ラドンやその前後のアルファ線源が出すアルファ線を検出する仕組みになっているのではないでしょうか。

小型の機械は設置、通電してから24時間以上経過しないと数値が出ないようです。管理人がより大型の器械で屋外でアルファ線、ベータ線、ガンマ線込みで測定すると10分間でも高い値を検出することはありますが、その場合でもアルファ線は測定器の検出部分に衝突するほど近くに来たものしか検出されていないはずです。



posted by ZUKUNASHI at 10:13| Comment(0) | 福島原発事故

個人差がありますが喉の刺激に敏感な人は咳が続くでしょう

2017/4/19、東京にお住まいのあなた 咳が止まらない? ずーっと止まらないと思いますよに次のコメントが寄せられました。引用開始。

東京に住んでます。
今年になって周りは咳が出るのは花粉症のせいと言ってますが、大気汚染だと痛感しました。
マスクせずに眠れない毎日です。

・・・引用終わり・・・

今環境に多いベータ線源は何かに書きましたが、管理人は東京近郊でベータ線源、アルファ線源と見られる放射性物質が大気中を飛んでいると考えています。

風通しのよい広場で測定器裸で60cpm、ビニールケースに入れて30cpmの計測結果があります。30cpm分はビニールケースによって遮蔽された放射線によるものですから、ベータ線とアルファ線だと推定されます。

30cpmは、測定器が1分間に放射線を30回検知しているということです。測定器の周りで飛距離の短いベータ線やアルファ線を出す放射性物質の崩壊が1分間に少なくとも30回はあることになります。崩壊した放射性物質が原子レベルで少なくとも30個はあったということです。

大気中の放射性物質濃度は、計算単位の容積の取り方にもよりますが、発せられた放射線の半分を測定器が検出したと仮定すれば60個の崩壊があったことになります。60個は飛んでいたということになります。

その内の数個を吸い込んでその中の1個でも喉に付着すれば、喉が刺激を受けます。

もちろん、それを刺激と感じない人もいるでしょうし、そのような刺激が重なって喉が敏感になっている人は、咳が出ることはあるでしょう。

就寝時にマスクをしないと眠れないということは、マスクがそのような刺激物を防いでくれているからです。

東京近郊で、大気中のベータ線源、アルファ線源の浮遊は、これから顕著に少なくなると期待できるとは管理人は考えません。

その理由は、「今環境に多いベータ線源は何か」に書いたところで理解してもらえるでしょう。

対策は、そのような放射性物質の浮遊が少ないところへ移る、それまでの間は空気清浄機の使用などで浮遊している放射性物質を極力減少させる、ことではないでしょうか。

このような放射性物質を絶え間なく吸い込んでいると、いずれ深刻な病気を発症する恐れがあります。肺がんの原因にもなりうるでしょう。ウランは甲状腺異常の原因物質のひとつともされています。
posted by ZUKUNASHI at 09:33| Comment(1) | 福島原発事故

2017年04月18日

2017/4/17は一転荒れた天気になるらしい

2017/4/17 西から雨が降ってきました。


原発所在地の近くで線量率が大きく上がっています。










posted by ZUKUNASHI at 10:09| Comment(0) | 福島原発事故