福島原発事故: ずくなしの冷や水

2023年02月05日

Will the war in Ukraine lead to a nuclear war?

posted by ZUKUNASHI at 21:42| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月29日

0000

Urgent health warning issued in Australia
Radioactive material, capable of causing acute sickness, has been lost in the west of the country
Authorities in Western Australia (WA) issued an emergency health alert on Friday, warning about a capsule emitting a "reasonable" amount of radiation that has been lost in the area. The WA chief health officer, Andy Robertson, urged people to stay away from the object if they find it.

"As a source, it emits both beta rays and gamma rays. So if you have contact or have it close to you, you could either end up with skin damage, including skin burns, over a period of time," Robertson said, adding that "one of the long-term risks if exposed to a source like this is cancer."

The capsule in question is a tiny object six millimeters long and eight millimeters high, or smaller than Australia’s ten-cent coin. It is believed to have fallen from a truck traveling on a 1,400-kilometer-long highway between a mine near the city of Newman and a depot in south-western city of Perth.
Australia defies health advice on Covid tests for Chinese arrivals
Read more
Australia defies health advice on Covid tests for Chinese arrivals

The capsule, which was reportedly lost on January 10, emits an amount of radiation equivalent to ten X-rays in an hour within a distance of 1 meter. That is roughly the amount of natural radiation a person is exposed to over the course of a year.

Authorities are urging all motorists who traveled along the highway after January 10 to check their tires in case the capsule is lodged in a tread. Australia’s Department of Fire and Emergency Services (DFES) said that the item cannot be weaponized, but recommended people to stay at least five meters away from anything that resembles the capsule and to immediately contact them.

"The capsule remains unfound," DFES Country North chief superintendent David Gill said on Friday, adding that searching for such a tiny object in an area spanning over 1,400 kilometers does pose "challenges."
オーストラリアで緊急健康警告が発令される
急性疾患を引き起こす可能性のある放射性物質が同国西部で失われた
西オーストラリア(WA)州当局は金曜日、緊急健康警告を発し、「妥当な」量の放射線を発するカプセルが同地域で紛失したことについて警告を発した。WA州のアンディ・ロバートソン最高衛生責任者は、その物体を発見したら近づかないようにと呼びかけた。

"線源として、それはベータ線とガンマ線の両方を放射しています。そのため、もし接触したり、近くに置いたりすれば、一定期間内に皮膚の火傷を含む皮膚の損傷を受ける可能性があります "とロバートソンは言い、"このような線源にさらされた場合の長期的リスクの1つは癌です "と付け加えました。

問題のカプセルは、長さ6ミリ、高さ8ミリの小さな物体で、オーストラリアの10セント硬貨よりも小さい。ニューマン市近くの鉱山と南西部のパース市の貯蔵所を結ぶ1,400キロの高速道路を走行中のトラックから落下したものと思われる。

1月10日に紛失したとされるこのカプセルは、1メートルの距離で1時間にX線10枚に相当する量の放射線を放出する。これは、人が1年間に浴びる自然放射線の量にほぼ匹敵する。

当局は、1月10日以降に高速道路を走行したすべてのドライバーに対し、カプセルがトレッドに挟まっている可能性があるため、タイヤを点検するよう呼びかけている。オーストラリアの消防・救急局(DFES)は、武器になるようなものではないとしながらも、カプセルに似たものから少なくとも5メートル離れ、すぐに連絡するよう勧めている。

DFES Country Northの主任監督官であるDavid Gill氏は金曜日に、「カプセルはまだ見つかっていない」と述べ、1,400キロメートル以上の地域でこのような小さな物体を探すことは「挑戦」をもたらすと付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 10:49| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月25日

中国人民志願兵の北朝鮮殉教者追悼


1958 年、周総理は中国人民志願兵の殉教者を追悼するために北朝鮮を訪れましたが、大雪の中、長い間沈黙を守っていました。

297 万人の中国兵が、中国でよく知られている米国の侵略に抵抗し、韓国を支援するための戦争に参加しました。

114,084 人の軍人が軍事作戦または事故で死亡し、25,621 人の兵士が行方不明になりました。他に約 70,000 人の負傷者が、傷、病気、その他の原因で死亡した、と彼は述べた。
posted by ZUKUNASHI at 00:34| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月24日

ウクライナ、原子力発電所に兵器を貯蔵 - ロシア情報庁

Ukraine storing weapons at nuclear plants – SVR
Kiev is using the facilities as cover for stockpiles of Western-made munitions, Russia’s foreign intelligence chief says
Ukrainian forces are storing Western-supplied missiles and artillery shells in nuclear power plants, Russian Foreign Intelligence Service Director Sergey Naryshkin said on Monday. He claimed that Kiev has been using the plants as cover for ammunition stockpiles.

“There is credible information that Ukrainian troops are stockpiling the Western-supplied weapons and ammunition on the territory of nuclear power plants,” Naryshkin said, according to a statement on the intelligence service’s website. He added that the armaments include rockets for US-made HIMARS launchers and missiles used by foreign air defense systems, as well as “large-caliber artillery shells.”

According to Naryshkin, several cars loaded with “lethal cargo” were delivered by rail to the Rovno Nuclear Power Plant in western Ukraine during the last week of December alone. “They rely on the calculation that the Russian Armed Forces would not strike nuclear power plants because they realize the danger of a nuclear disaster,” the intelligence chief said.

And if another Ukrainian anti-air missile ‘veers off course’, causing large-scale detonation of the stockpiles and the destruction of the nuclear power plant, the tragedy could always be blamed on Moscow.

Both sides have raised concerns over the safety of power plants since the conflict between Russia and Ukraine broke out in late February. The International Atomic Energy Agency (IAEA) deployed a monitoring mission to the Rovno plant last week and promised to station experts in other facilities in Ukraine.
READ MORE: UN nuclear watchdog reveals plans for Ukraine mission

Russia has accused Ukrainian forces of shelling the Zaporozhye Nuclear Power Plant, which is Europe’s largest. It is located in the eponymous region which, along with three other former Ukrainian territories, joined Russia following referendums in September.

Kiev denied targeting the facility and claimed that Russia was using the plant as a base and cover for its soldiers. Russian officials said that heavy weapons have never been deployed to the site, and that a select number of armed security personnel were maintaining the safety of the plant, as it is located near the frontline.
ウクライナ、原子力発電所に兵器を貯蔵 - ロシア情報庁
ロシア対外情報庁長官は、キエフは西欧製軍需品の備蓄の隠れ蓑として施設を利用していると述べた。
ロシア対外情報庁のセルゲイ・ナリシキン長官は月曜日、ウクライナ軍が原子力発電所に西側から供給されたミサイルと砲弾を保管していると語った。彼は、キエフが弾薬の備蓄のための隠れ蓑として原発を使用していると主張した。

ナリシキン氏は、「ウクライナ軍が原子力発電所の敷地内に、西側から供給された武器や弾薬を備蓄しているという信頼できる情報がある」と述べたという。武器には、米国製HIMARSランチャー用のロケットや外国の防空システムで使用されるミサイル、"大口径の砲弾 "が含まれているという。

ナリシキン氏によると、12月の最終週だけでも、ウクライナ西部のロブノ原子力発電所に「致死的貨物」を積んだ数台の車両が鉄道で届けられたという。「ロシア軍は核災害の危険性を認識しているので、原子力発電所を攻撃しないだろうという計算に基づいている」と情報部長は述べた。

そして、もしまたウクライナの対空ミサイルが『コースを外れ』、備蓄品の大規模な爆発と原子力発電所の破壊を引き起こせば、その悲劇はいつでもモスクワのせいにすることができるのだ。

2月下旬にロシアとウクライナの紛争が勃発して以来、双方が発電所の安全性に懸念を抱いている。国際原子力機関(IAEA)は先週、ロブノ原発に監視団を配備し、ウクライナの他の施設にも専門家を常駐させることを約束した。

ロシアは、ウクライナ軍がヨーロッパ最大のザポロージエ原子力発電所を砲撃したと非難している。同原発は、9月の住民投票により他の3つの旧ウクライナ領とともにロシアに加盟した同名の地域に位置している。

キエフはこの施設への攻撃を否定し、ロシアはこの発電所を兵士の基地や隠れ家として使用していると主張した。ロシア側は「重火器が配備されたことはない」とし、「前線に近いため、一部の武装警備員が工場の安全を維持している」としている。
posted by ZUKUNASHI at 01:40| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月19日

元ロシア大統領、ウクライナの核シナリオに警告

Ex-Russian president warns of nuclear scenario in Ukraine
A nuclear power has never lost an existential conflict, Dmitry Medvedev reminds those arming Kiev
"Morons" demanding a Russian defeat in Ukraine seem to be oblivious to the fact that such an outcome could result in a nuclear escalation, former President Dmitry Medvedev has argued.

Medvedev, who currently serves as deputy chair of the Russian Security Council, reiterated the warning ahead of a meeting on Friday of Ukraine’s military donors at the Ramstein US air base in Germany. He lashed out at Western politicians advocating a loss in the conflict for Russia as the only possible option in Ukraine.

“Not one of those morons is apparently willing to make the next logical step: a loss by a nuclear power in a conventional war may trigger the start of a nuclear war. Nuclear powers never lost a major conflict on which their fate depended,” he said on social media on Thursday.

The Prime Minister of Poland Mateusz Morawiecki is among those who support sending as many arms as possible to Kiev. He claimed this week that “the defeat of Ukraine may become a prelude to World War III, so today there is no reason to block support for Kiev and postpone matters indefinitely.”

A nuclear escalation was cited by some Western leaders, including US President Joe Biden, as a scenario they want to avoid by restricting their involvement in the Ukrainian conflict. They have also warned Moscow against deploying nuclear weapons in Ukraine, stating that this would be considered a major provocation.

The Russian military doctrine allows the use of such weapons of ultimate resort either in retaliation for an attack against Russia or its allies with weapons of mass destruction, or during a conventional conflict that puts the Russian statehood at significant risk.

Moscow considers the situation in Ukraine to be a proxy war waged against it by the US and its allies. Their goal is to hurt Russia as much as possible, which is why they are prolonging the hostilities by arming Kiev and forbidding it from pursuing a negotiated settlement, senior Russian officials have assessed.

Russian President Vladimir Putin has warned that his government would not hesitate to use all means at its disposal.
元ロシア大統領、ウクライナの核シナリオに警告
核保有国は実存的紛争に負けたことがない、ドミトリー・メドベージェフはキエフを武装させる人々に注意を促す
ウクライナでロシアの敗北を要求する「愚か者」は、そのような結果が核のエスカレーションにつながるという事実に気づいていないようだと、ドミトリー・メドベージェフ元大統領は主張しました。

現在、ロシア安全保障会議の副議長を務めるメドベージェフ氏は、金曜日にドイツのラムシュタイン米空軍基地で開かれるウクライナの軍事支援者会議に先立ち、改めて警告を発した。彼は、ウクライナで唯一可能な選択肢として、ロシアが紛争に負けることを提唱する西側政治家を非難した。

「通常戦争で核保有国が敗北すれば、核戦争が始まるかもしれないという論理的な次のステップを踏み出そうとするバカは一人もいないようだ。核保有国は、自分たちの運命がかかっている大きな紛争に負けたことがない」と、木曜日にソーシャルメディア上で発言している。

ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、キエフにできるだけ多くの武器を送ることを支持する人たちの一人だ。彼は今週、"ウクライナの敗北は第三次世界大戦の前奏曲となるかもしれない。だから今日、キエフへの支援を阻止し、問題を無期限に延期する理由はない "と主張している。

核のエスカレーションは、ジョー・バイデン米国大統領を含む一部の西側指導者が、ウクライナ紛争への関与を制限することで避けたいシナリオとして挙げていた。また、ウクライナに核兵器を配備することは重大な挑発行為とみなされるとして、モスクワに警告を発している。

ロシア軍のドクトリンでは、ロシアやその同盟国に対する大量破壊兵器による攻撃への報復、あるいはロシア国家の存立が著しく危うくなるような通常兵器の衝突の際には、こうした最終手段の使用を容認している。

モスクワは、ウクライナ情勢を米国とその同盟国による代理戦争とみなしている。彼らの目的はロシアをできるだけ傷つけることであり、そのためにキエフを武装させ、交渉による解決の追求を禁じることで敵対関係を長引かせていると、ロシアの高官は評価している。

ロシアのプーチン大統領は、政府が自由に使えるあらゆる手段を使うことをためらわないと警告している。
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月18日

今日の放射能備忘録200

2022年11月25日小出裕章さん土浦で講演

稚内市で大きく空間線量率が上がっています。泊原発から出た放射性物質が海沿いに北上している場合が多いです。

2023/1/1、むつ市で大きく空間線量率が上がっています。一時貯蔵施設があります。

新潟県の積雪はだいぶ減ったようです。ところが西風で柏崎刈羽から放射性物質が飛んでいます。南魚沼市で0.05μSv/hの上昇、上越市で0.045μSv/h。

中部、近畿で西風が強まり、中部で若狭湾からの放射性物質が流れています。福井県の白木では0.04μSv/h超の上昇がみられます。愛知県下もその影響が出ています。私設測定ポイントで過去22時間の平均値0.163μSv/h。






2022/11/30の夕刻になって柏崎刈羽から大規模な放出。村上市と新潟市で0.044μSv/hの上昇、上越市も上がっています。新潟県は降雨が続いています。




2022/11/20の深夜から各地で空間線量率が上昇

高島市マキノ局、一宮市、静岡県吉田町などで相対的に大きな上昇。中部から東北南部にかけて降雨があります。管理人自宅で前夜GM10、30CPM。


2022/11/16夜遅くなって日本海側新潟を中心に降雨。上越市で+0.025μSv/h超の空間線量率上昇。
21:10 村上市で0.116μSv/hまで上がっています。約0.05μSv/hの上昇。

2022/11/1以降の全国的な空間線量率の上昇はこちらに記録。

2022/10/24、山梨県の南部町で0.075μSv/h程の上昇が見られます。

群馬県安中市、富岡市、下仁田町でも上昇。富士山の西側を流れて行っているようです。起源は浜岡原発でしょう。
静岡県は10/18の夜、広い地域で空間線量率が上がりました。浜岡は再起動に向けて動き出した? これは警戒を要します。
10/24、19時半、吉田町で0.027μSv/h上昇。御前崎市でも大きく上昇。
21時40分 伊豆市+0.026μSv/h。

2022/10/23、22時30分、富山市で0.029μSv/h上昇。少し雨があるようです。鳥取県西部、島根県でも0.25超の上昇。


飯舘村の放射線霧箱 放射線 飯舘村 福島 いちづく石


2022/10/8、正午 與邦国島で空間線量率が0.02μSv/h超の上昇です。ここ1か月では見られない上昇となっています。昨夜来の降雨があり、今も少し降っているようです。石垣島では上昇がみられません。


2022/10/7、午前8時現在、高島市マキノ局、長浜市、一宮市、高浜市、舞鶴市などで空間線量率が上がっています。高島市マキノ局は、+0.045μSv/h。弱い雨が降っています。風は弱い。若狭湾で普段より大きな放出があったとみられます。福井県、滋賀県はほぼ全域で上昇。京都府も上がっています。名古屋市も0.03μSv/h程度の上昇。

2022/10/5、午後4時現在、茨城県北東部から埼玉県中部にかけて空間線量率が0.02μSv/h程度上がっているところがあります。降雨があり風がF1から吹き込んでいます。


2022/9/27、水俣市で午前8時、0.03μSv/hを超える空間線量率上昇。水俣市も降雨。
2022/9/27、鳥取県で空間線量率が上昇。午前7時現在降雨があります。島根原発の影響でしょうか。0.03μSv/h程度の上昇の場所も。

posted by ZUKUNASHI at 20:26| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月17日

今日の放射能 健康被害が広がっている!

2023/1/17深夜になって与那国島で空間線量率が0.03μSv/h強上がっています。

2023/1/16、茨城、千葉、東京で空間線量率上昇。放出源はどこでしょう。ちょうど降雨のある地域です。


1/15朝六ヶ所村で0.066μSv/hの上昇。

日付が変わって1/15、上越市でやはり0.04μSv/h超の上昇。午前1時0.05μSv/h弱の上昇。ここは柏崎刈羽の影響です。ピーク値は午前1時ころの0.104μSv/hでした。
島根県は表示が復旧していませんが、鳥取県の測定ポイントの数値から見る限り、どんどん上昇していく感じではないです。コントロールされているとみられます。
島根県でモニタリングのデータが止まっています。


次は境港、鳥取県

https://atmc.jp/prefs.cgi?pref=32&mode=から
2023/1/14夜遅く、松江市で空間線量率上昇

2023/1/10朝、新潟市と秋田市で空間線量率上昇





・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜199」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

                
posted by ZUKUNASHI at 23:11| Comment(20) | 福島原発事故

2023年01月16日

ロシアの巨大潜水艦に搭載する初の核推進魚雷が準備完了-メディア

First nuclear-propelled torpedoes for Russian mega-submarine ready – media
The Poseidon weapons are among the latest additions to the country’s nuclear deterrence
Russian shipbuilders have produced a full set of atomic Poseidon torpedoes, which will be carried by the nuclear mega-submarine Belgorod, a source close to the Defense Ministry has told TASS.

The new boat will be armed with the weapons “in the nearest future,” the source stated, adding that the weapon system has completed tests on its various elements, including the propulsion system.

Poseidon has an onboard nuclear reactor to generate propulsion and carries a powerful nuclear warhead as a payload. The first hints about its development were released by Russia in 2015. The weapon is yet to formally enter military service.

The system is designed as a hard-to-intercept weapon of mass destruction that can obliterate strategic naval assets, such as military bases, shipyards and aircraft carrier strike groups. It can also inflict massive damage on coastal cities in the event of a full-blown nuclear war.

While few details have been published about the torpedo, it’s known to require a specialized platform for deployment. The Russian military reported plans to build up to four nuclear submarines configured for this mission.

The first of them, the Belgorod, was completed in 2019 and commissioned in July last year. It’s not clear how many Poseidon torpedoes constitute a “set” for a vessel. Most assessments said the submarines can carry as many as six, but some suggested that up to eight can be deployed by a single boat.

The Belgorod has a reported displacement of 30,000 tons submerged and a record length of 184 meters. Poseidon torpedoes are believed to be 16 to 24 meters long and are expected to be carried in transport containers attached to the hull of the submarine rather than in internal tubes.

ポセイドンは、ロシアの核抑止力を強化する最新の兵器である
国防省関係者がタス通信に語ったところによると、ロシアの造船会社は、原子力潜水艦ベルゴロドに搭載される予定の原子式魚雷ポセイドンのフルセットを製造したという。

同関係者は、「近い将来、新型艦に搭載される」とし、「この兵器システムは、推進システムを含む様々な要素のテストを完了した」と述べた。

ポセイドンは、推進力を得るために原子炉を搭載し、強力な核弾頭を搭載する。その開発に関する最初のヒントは、2015年にロシアから発表された。この兵器はまだ正式に軍用に入ることはない。

軍事基地や造船所、空母打撃群などの戦略的な海軍資産を消滅させることができる、迎撃困難な大量破壊兵器として設計されています。また、本格的な核戦争になれば、沿岸部の都市に甚大な被害を与えることができる。

魚雷の詳細はほとんど公表されていないが、配備には専用のプラットフォームが必要なことが知られている。ロシア軍は、この任務のために構成された原子力潜水艦を最大4隻建造する計画であると報告した。

その最初の1隻である「ベルゴロド」は2019年に完成し、昨年7月に就役した。ポセイドン魚雷が何本で1隻の「セット」を構成するかは明らかではない。ほとんどの評価では、潜水艦は6本まで搭載できるとされているが、1隻で最大8本まで展開できるとする意見もあった。

ベルゴロド号の潜水量は3万トン、全長は過去最高の184mと報告されている。ポセイドン魚雷の長さは16〜24mとされ、内管ではなく、船体に取り付けられた輸送用コンテナに搭載されると予想されている。
posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(0) | 福島原発事故

元ロシア大統領、核発言で日本を辱める

Ex-Russian president shames Japan over nuclear remarks
Tokyo is “talking nonsense” by joining with Washington's warnings against Moscow, Dmitry Medvedev has said
Japanese Prime Minister Fumio Kishida has defiled the memories of the hundreds of thousands who perished in the US atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, former Russian President Dmitry Medvedev has claimed on Saturday.

The comments were in response to a warning issued by Kishida and US President Joe Biden, that if Russia uses nuclear weapons in Ukraine it would be an “act of hostility against humanity and unjustifiable.” The two leaders issued the statement after talks in Washington, DC on Friday.

Writing on Telegram, Medvedev, who serves as the deputy chairman of Russia’s Security Council, described the statement as “hideous cringe.” 

“I will not even comment on the paranoia over the nuclear plans of our country,” he added.

Russian officials have repeatedly stated that Moscow does not intend to use nuclear weapons in Ukraine. In October, Russian President Vladimir Putin said that doing so “would make neither political, nor military sense.” Under its official nuclear doctrine, Russia would only use the weapons in response to an attack with weapons of mass destruction or when there is “a threat to the existence of the state as a whole.”

Medvedev also said that Kishida was “talking nonsense about Russia in a degrading loyalist frenzy” which has led to him “betraying the memory of hundreds of thousands of Japanese who were burned in the nuclear fire of Hiroshima and Nagasaki.”

The former president went on to say that the Japanese PM “does not care one bit that the only country that effectively used nuclear weapons was the United States,” and “their only victim was his motherland.” He added that Kishida should demand that the US president repent for the attack, but he is just “attending personnel for Americans. And servants cannot be courageous.”

The atomic bombing of the Japanese cities of Hiroshima and Nagasaki took place on August 6 and 9, 1945, respectively, at the end of WWII, and remains the only instance in which nuclear weapons have been used in combat. The death toll in the two blasts is estimated at 70,000 to 135,000 in Hiroshima, and 60,000 to 80,000 in Nagasaki.
元ロシア大統領、核発言で日本を辱める
メドベージェフ大統領は、東京はワシントンのモスクワに対する警告に同調することで「ナンセンスなことを話している」と述べた。
岸田文雄首相は、アメリカの広島と長崎への原爆投下で亡くなった何十万人もの人々の記憶を汚したと、ドミトリー・メドベージェフ元ロシア大統領が土曜日に主張した。

この発言は、岸田氏とジョー・バイデン米大統領が、ロシアがウクライナで核兵器を使用すれば、それは「人道に対する敵対行為であり、正当化できない」と警告したことを受けてのものであった。両首脳は、金曜日にワシントンDCで行われた会談の後、この声明を発表した。

ロシアの安全保障理事会の副議長を務めるメドベージェフ氏はテレグラムに書き込み、この声明を "hideous cringe "と表現した。 

"我が国の核計画をめぐるパラノイアについてコメントすることもない "と付け加えた。

ロシア政府高官は、モスクワがウクライナで核兵器を使用する意図はないと繰り返し述べてきた。プーチン大統領は10月、「政治的にも軍事的にも意味がない」と述べた。公式の核ドクトリンでは、ロシアは大量破壊兵器による攻撃に対応する場合か、"国家全体の存立を脅かす "場合にのみ核兵器を使用することになっている。

メドベージェフはまた、岸田氏が "劣化した忠誠心の狂騒の中でロシアについて無意味なことを話している "と述べ、それが "広島と長崎の核の炎で焼かれた何十万もの日本人の記憶を裏切ることになった "と述べた。

元大統領はさらに、日本の首相は「核兵器を効果的に使用した唯一の国はアメリカであり」、「その唯一の犠牲者は彼の母国であることを少しも気にしていない」と述べた。さらに、岸田氏は米大統領に攻撃について悔い改めるよう要求すべきだが、彼は「アメリカ人のために人事を尽くすだけだ。そして召使いは勇気を持つことができない。」

日本の広島と長崎への原爆投下は、第二次世界大戦末期の1945年8月6日と9日にそれぞれ行われ、核兵器が戦闘で使用された唯一の例として残っている。この2つの爆発による死者は、広島で7万から13万5千人、長崎で6万から8万人と推定されている。

日本の首相はG7に「台頭する中国に対する統一戦線」を要求する.

ここで、「セキュリティのジレンマ」の典型的なケースがますます見られます。自分自身をより安全にするための行動が敵意のスパイラルにつながり、誰もが安全でなくなるというものです...



posted by ZUKUNASHI at 16:30| Comment(0) | 福島原発事故

Philippines's Bataan Nuclear Power Plantの現状


スレッド
https://twitter.com/energybants/status/1614572717579161605
posted by ZUKUNASHI at 07:39| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月13日

ウクライナ紛争の人質となった米露の核軍備管理 - その危険な理由はここにある。

US-Russian nuclear arms control has become a hostage to the conflict in Ukraine – here’s why it’s so dangerous
Why Moscow’s and Washington’s positions on how to manage atomic weapons are fraught with mistrust, unpredictability and volatility

By Elena Chernenko, special correspondent at the Kommersant daily newspaper in Moscow

During the Cold War, Moscow and Washington managed to agree on arms control regardless of the degree of their involvement in regional conflicts, whether in Europe or in Afghanistan. In the case of Ukraine, the situation is different: one of the side effects of the deployment of Russian troops in the country has been the freezing of these negotiations between Russia and the US.

The process of drawing up new agreements in this field, launched in 2021, has been stopped. The last of the existing bilateral treaties on strategic offensive arms is facing serious problems. In the meantime, the breakdown of arms control will lead to more mistrust, unpredictability and instability.
A step forward…

In the area of strategic stability, 2022 started well overall. On January 26, the US responded to security demands issued by Russia, and although Washington refused to provide guarantees that Ukraine would not join NATO or to withdraw the bloc’s forces to 1997 positions, in the area of strategic stability the US was clearly in favor of compromise.

The American response indicated that they were willing to negotiate on a number of topics that Russia had been unsuccessfully pushing for over the previous few years. The most prominent example: Moscow’s 2019 proposal for a moratorium on the deployment of land-based intermediate-range and shorter-range missiles in Europe.

Before last January, the US and its NATO allies had publicly labelled the Russian initiative as “unacceptable and untrustworthy.”

However, Washington's response to Moscow's demands explicitly stated that the Americans had agreed to negotiate on the issue.

Moreover, the letter specified that the US was ready to discuss a transparency mechanism with Russia to verify the absence of Tomahawk cruise missiles at Aegis Ashore sites in Romania and Poland, provided that Moscow provided reciprocal transparency conditions for two selected land-based missile bases on its territory. Earlier, the Russian side itself had proposed similar verification measures, but Moscow’s suggestion was only listened to against the background of its December 2021 ultimatum on Ukraine and its concentration of troops on the Ukrainian border.
ウクライナ紛争の人質となった米露の核軍備管理 - その危険な理由はここにある。
核兵器の管理に関するモスクワとワシントンの立場は、なぜ不信感、予測不可能性、不安定性をはらんでいるのか。

モスクワの日刊紙コメルサント特派員 エレナ・チェルネンコ 記

冷戦時代、モスクワとワシントンは、ヨーロッパでもアフガニスタンでも、地域紛争への関与の度合いにかかわらず、軍備管理で合意することができた。ウクライナの場合、状況は異なる。ロシア軍配備の副作用として、こうしたロシアとアメリカの交渉が凍結されてしまった。

2021年に開始されたこの分野での新しい協定の作成プロセスは停止された。戦略的攻撃兵器に関する既存の二国間条約のうち、最後のものが深刻な問題に直面している。一方、軍備管理の崩壊は、さらなる不信感、予測不可能性、不安定性をもたらすだろう。
一歩前進...

戦略的安定の分野では、2022年は全体的に順調なスタートを切った。1月26日、アメリカはロシアが出した安全保障上の要求に応じ、ワシントンはウクライナのNATO加盟や1997年の陣地へのブロック軍撤退の保証を拒否したが、戦略的安定の分野では、アメリカは明らかに妥協に賛成している。

アメリカの反応は、ロシアが過去数年にわたり不成功に終わっていた多くのテーマについて交渉する意思があることを示していた。最も顕著な例だ。モスクワが2019年に提案した、欧州における陸上型中距離・短距離ミサイルの配備のモラトリアム(一時停止)である。

昨年1月以前、米国とそのNATO同盟国は、このロシアの構想を "受け入れがたい、信頼できない "と公然と非難していた。

しかし、モスクワの要求に対するワシントンの回答は、アメリカ側がこの問題で交渉することに同意したと明言した。

さらに、米国は、ルーマニアとポーランドのイージス・アショア拠点にトマホーク巡航ミサイルがないことを確認するための透明性メカニズムについてロシアと話し合う用意があること、ただし、モスクワが自国にある陸上ミサイル基地2カ所について相互に透明性を高める条件を提供することが明記されている。これに先立ち、ロシア側自身も同様の検証措置を提案していたが、モスクワの提案は2021年12月のウクライナに対する最後通告とウクライナ国境への兵力集中を背景に聞き流されるにとどまった。

中略

Not on a counter course

When the bilateral consultative commission for the START Treaty will now meet in person and what will happen on the outstanding issues, including inspections, is not at all clear. If Moscow insists as a condition that Washington change its foreign policy course, including the cessation of American military assistance to Kiev, then neither consultations on the treaty nor inspections will take place for the foreseeable future. 

Sergey Lavrov said in an interview with Moscow’s First Channel, late last month, that Russia had conveyed to the US that it was “fully committed to its obligations under the treaty as far as they can be implemented on an equal basis.”

“We will provide them with the information stipulated in the treaty in a timely manner and in full scope and send appropriate notifications,” Mr. Lavrov clarified.

However, the mere remote exchange of information and notifications of launches may not be enough for the US. There have already been statements in Washington that Russia’s word cannot be trusted, and that without on-site inspections the treaty is not in the US national interest. The State Department's annual report on compliance with international arms control, non-proliferation and disarmament agreements is about to begin. If on-site inspections under the START Treaty are not resumed (and by the end of June 2023, the Americans would like to conduct the maximum number of inspections stipulated by the agreement) and no commission meeting is held, it is possible that the next report will say that Russia is not fully complying with the treaty.

This, in turn, could lead to Congress introducing an amendment to prohibit the allocation of funds for cooperation with Russia under the START Treaty, i.e. effectively demanding a suspension of the treaty until Russia resumes cooperation. Or Joe Biden’s administration itself could take such a step. If the US does not comply with the START Treaty, Russia could also renege on its commitments altogether.

In such a case, the key – and indeed last – US-Russian arms control treaty would become ineffective or collapse.

The lack of agreement in this area has three negative consequences. 

Even greater mistrust: in implementing the treaties, the military and diplomats of the two countries communicated regularly and in person, which strengthened personal ties and mutual understanding.

More unpredictability: in the absence of ceilings and frameworks, each side will likely overestimate the potential of the other and base its planning on worst-case scenarios.

Extra volatility: This is virtually inevitable in an intensified arms race not covered by any treaty.
カウンターコースではありません

START条約の二国間諮問委員会が直接会合する時期と、査察を含む未解決の問題について何が起こるかは、まったく明らかではありません。 モスクワが、キエフへのアメリカの軍事援助の停止を含め、ワシントンが外交政策方針を変更することを条件として主張する場合、条約に関する協議も査察も当面行われません。

セルゲイ・ラブロフは、先月末、モスクワのファースト・チャンネルとのインタビューで、ロシアは米国に対し、「平等に実施できる限り、条約の下での義務に完全にコミットしている」と伝えたと述べた。

「私たちは、条約に規定された情報をタイムリーに完全な範囲で彼らに提供し、適切な通知を送信します」とラブロフ氏は明確にしました。

しかし、遠隔地での情報交換や打ち上げの通知だけでは、米国にとって十分ではないかもしれません。 ワシントンでは、ロシアの言葉は信用できず、現地査察なしでは条約は米国の国益にならないという声明がすでに出ている。 国際的な軍備管理、不拡散、軍縮協定の順守に関する国務省の年次報告書が始まろうとしています。 START 条約に基づく現地査察が再開されず(そして 2023 年 6 月末までに、アメリカは協定で規定された最大数の査察を実施したいと考えている)、委員会の会合が開催されない場合、次の 報告書は、ロシアが条約を完全に遵守していないと言うだろう.

これにより、今度は、議会が START 条約に基づくロシアとの協力のための資金の割り当てを禁止する修正案を導入する可能性があります。つまり、ロシアが協力を再開するまで条約の停止を事実上要求することになります。 または、ジョー・バイデンの政権自体がそのような一歩を踏み出す可能性があります。 米国が START 条約を遵守しない場合、ロシアもその約束を完全に破棄する可能性があります。

そのような場合、鍵となる、そしてまさに最後の米ロ軍備管理条約は、効力を失うか崩壊するだろう。

この分野での合意の欠如は、3 つのマイナスの結果をもたらします。

さらに大きな不信感: 条約の実施において、両国の軍と外交官は、定期的に、そして直接的に連絡を取り合い、個人的な絆と相互理解を強化しました。

予測不可能性が高まる: 上限や枠組みがない場合、双方が相手の可能性を過大評価し、最悪のシナリオに基づいて計画を立てる可能性があります。

余分なボラティリティ: これは、どの条約にも含まれていない激化する軍拡競争では事実上避けられません。
posted by ZUKUNASHI at 23:36| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月12日

韓国、核兵器を保有すると脅す

US ally threatens to acquire nuclear weapons
The country has the technology to build its own arsenal, South Korea's president has claimed
Seoul could arm itself with tactical nuclear weapons if tensions with Pyongyang continue to grow, South Korean president, Yoon Suk-yeol, has said. It comes after North Korean leader Kim Jong-un said this month his country would develop a new intercontinental ballistic missile as the US and South Korea were seeking to “isolate and stifle” Pyongyang.

“If the [North Korean nuclear] problem becomes more serious, the Republic of Korea may deploy tactical nuclear weapons or come to possess its own nuclear weapons,” Yoon, who became president last year, said during a government meeting on Wednesday, as quoted by local media.

“If that happens, it won’t take long, and with our science and technology, we could have [nuclear weapons] sooner as time passes,” Yoon added.

The US pulled its nuclear forces from South Korea in 1991 following disarmament talks with Pyongyang and Moscow. Relations have since deteriorated, with North Korea stepping up missile tests last year and enshrining the right to use nuclear weapons into national law in September. The escalation has rattled Seoul, which is now seeking to strengthen its military alliance with the US and deepen cooperation with Japan.

Yoon said on Tuesday that the allies were discussing holding new joint military drills, including tabletop and computer simulations, as well as exercises involving the “delivery means for nuclear weapons.”

US President Joe Biden, however, denied on Monday that Washington was considering joint nuclear drills with South Korea.

Pyongyang has insisted that its launches are a response to US-South Korean exercises, which North Korea views as a national security threat.
米国の同盟国、核兵器保有を脅かす
自国の核兵器を製造する技術を持っていると韓国大統領が主張
韓国の尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領は、平壌との緊張が高まり続ければ、ソウルは戦術核兵器で武装する可能性があると述べた。これは、北朝鮮の金正恩委員長が今月、アメリカと韓国が平壌を「孤立させ、抑圧」しようとする中で、新たな大陸間弾道ミサイルを開発すると述べたことを受けたものである。

昨年大統領に就任したユン氏は、水曜日に開かれた政府の会議で、「(北朝鮮の核)問題が深刻化すれば、韓国は戦術核を配備するか、独自の核兵器を保有するようになるかもしれない」と述べたと地元メディアが伝えている。

「もしそうなれば、長くはかからないだろうし、我々の科学技術があれば、時間が経つにつれて早く(核兵器を)持つことができるだろう」とユン氏は付け加えた。

米国は1991年、平壌とモスクワとの軍縮会談を経て、韓国から核戦力を引き揚げた。それ以来、関係は悪化し、北朝鮮は昨年、ミサイル発射実験を強め、9月には核兵器の使用権を国内法に明記した。このエスカレートはソウルを動揺させ、ソウルは現在、アメリカとの軍事同盟を強化し、日本との協力関係を深めようとしている。

尹氏は火曜日に、同盟国は卓上やコンピューターシミュレーション、そして「核兵器の運搬手段」を含む新しい合同軍事訓練の開催について議論していると述べた。

しかし、ジョー・バイデン米大統領は月曜日、米国が韓国との共同核訓練を検討していることを否定した。

平壌は、北朝鮮が国家安全保障上の脅威と見なしている米韓演習に対応するための発射だと主張している。
posted by ZUKUNASHI at 23:26| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月09日

管理人の超華麗な年末年始

いつも静かな年末年始なのですが、今年は息子の家に呼ばれたので、結構忙しかったです。

いつもは、別に正月だからと言ってなにもしませんし、お客もありません。あったとしても、昼間に孫が凧揚げに来るくらいのもの。

昨年は、12月に知人がコロナに感染し、経過を詳しく教えてくれました。身内の人から感染。それに触発されて私は晦日に向けて警戒態勢を取りました。

まず、12/31の往路の途中で有料検査場所で検査を受けることに決定。そこで陽性が出れば、息子に断って帰宅します。

晦日に感染力を持つなら、3、4日前に感染が必要だと考えました。それで1週間前から慎重を期すことにしましたが、やはり目論見通りにはいきません。12/29には近辺でのコロナ流行状況の情報交換で知人と1時間も話してしまいました。

12/28にはイベルメクチンを服用しました。

そして計算。友人からコロナをもらったら31日は4日目です。発症していれば、3日目には症状が出ます。一方、抗原検査では4日目では反応が出ないことも多いことがわかります。30日の夜遅く様子を見て症状がありませんでしたので、31日の昼過ぎに抗原検査を受けても意味は薄いと判断し、検査をキャンセルしました。

今日は、正月の最後の行事、1/3の買い物から5日目になります。特に症状もないので、年末年始の行事は乗り切ったとみてよいでしょうか。

コロナの検査は、特に抗原検査はタイミングを間違うと意味がないんですね。

おそらく無症状でも抗原検査の感度は同じでしょう。

でも検査よりも、距離、マスク。そして危ないと思ったらイベルメクチン服用が管理人の防護策です。

・・・・・


オミクロンの変異体ではPCR検査で偽陰性が出やすいとの情報があります。症状が出て1日か2日経ってから、症状がピークを越えたころでないと反応が出ないのでは、検査をする意味が薄れます。自分の身体反応で判断するしかないです。

「被曝リスクと疾病経過から、Covidの可能性があるかどうかを判断する必要があります」と書かれています。風邪でもインフルエンザでもコロナでも他の人に移さないようにするのは当然。一定の症状が出たらコロナ感染を想定して対処するしかないです。

2023/1/14、知人と会食をして年末年始の行事はすべて終わりました。これらの豪華の会食の連続で確認できたことがあります。

とにかく酒に弱くなっている。缶ビール350ml 1缶で2時間、テキーラ水割り2杯で3時間、ビール中ジョッキ2杯で3時間半、酔いが持続します。缶ビール500ml 1本と日本酒2合程度ですと朝まで持続。

酔いが回っている間は、ブログを書く意欲もなくなります。

話し相手がいて、しゃべっていれば、酔いの回り方は遅いのでしょうが、最近はコロナの話とか弾む話は話題にはなりません。

後期高齢者には、もう酒の効用は少ないです。2023年は、おそらく年末まで飲酒の機会はないでしょう。出先で酒、特にビールを飲むとトイレが近くなって往生することが多いです。

総括すれば、歳を再確認させられた2022〜23年の年末年始でした。

1/3、1/14とイベルメクチンを服用しています。そうそうろ、1/14は知人に誘われてファミレスに行きましたが、タブレットパソコンに注文を入力して、ロボットが運んでくる仕組みになっていました。コロナのためにサービスをする人が不足しているんだそうです。
posted by ZUKUNASHI at 08:39| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月07日

ワクチンの副次効果とXBB.1.5に備える

ワクチンの副次効果とXBB.1.5に備えるタイミングです。

ワクチンの副次効果、中期的な影響
@ 発達したがんが見つかる人が多いです。半年に一回のがん検診を勧める医師もいます。
A ワクチンを接種した人は、コロナにかかりやすくなるとの指摘もあります。
 コロナの株が異なるとワクチンは効かないことがあります。
 ワクチンを打った人は、基本的な防御措置を怠るという面もあるでしょう。
B ワクチン接種者が感染すると、無症状のまま、感染力の強いウィルスを排出する人がいる。
C ワクチン接種により高齢者では認知症などが進行する例があります。時間の経過とともに現れます。

XBB.1.5に備える
A XBB.1.5は免疫回避の性質が強い。
B 感染力が強い。
C 後遺症が予想される。

D 防護は、これまでと同じく、N95マスク、換気で可能。

日本は、今後、ワクチンの副次効果とXBB.1.5の影響が二重に重なって現れます。

ア 老人介護施設で感染が続くでしょう。亡くなる方も増えます。老人介護施設の中には経営に行き詰まるところも出るでしょう。今、老親を介護施設に入居させるのは、ハイリスクの場に送り込むことになります。

イ 医療は崩壊状態が強まります。コロナを疑って発熱外来にかかっても、治療を受けられるかは疑問です。英国では携帯型の酸素供給機器が不足しています。中国では肺炎で亡くなる方が多いです。

ウ 感染しても自宅療養になります。家庭内感染の防止は特に寒さが厳しいこの時期は大変難しいです。風邪の気配が感じられたら、抗ウィルス薬などを服用し、隔離します。家族は高機能マスクの着用が必要です。

エ 株が異なると再感染があります。感染を繰り返すと、他の感染症にもかかりやすくなります。英国では、連鎖球菌、猩紅熱などが増えており、それで命を落とす子供が多くなっています。

オ コロナや感染症に関する現状などについて、政府当局からの発信は止まるでしょう。米国ではCDCが隠ぺいしたと非難が高まっています。日本の当局はどこまで現状を把握しているのか疑問です。


St.Georges Hospital の主要な腫瘍学者 - 新しい癌を引き起こしているのは BOOSTERS です。
posted by ZUKUNASHI at 11:50| Comment(0) | 福島原発事故

2023年01月01日

米国における XBB.1.5 の拡散具合

XBB.1.5がどのように国中に広がっていくかを視覚化してみた。
今後数週間のCDCのXBB.1.5のデータは、東北が飽和し、他の場所が追いつくにつれて、その先数週間、減速するように見えることを期待してください。 実際に遅くなることはないだろう。
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(0) | 福島原発事故

英国の原子力発電所は棚ぼた税により早期閉鎖に直面

UK nuclear plants face early shutdown
Windfall tax on energy sector will make it harder to keep ageing reactors running, operator says
Two nuclear power plants in the UK are at the risk of being closed next year as a result of thewindfall tax approved by the British authorities last year, The Sunday Telegraph reports on Sunday, citing French grid operator Electricite de France (EDF), which runs the stations.

EDF, which owns all five of the serving nuclear plants across the UK said that the new levy, which has come into effect on January 1, will make it harder for the operator to run the ageing stations of Heysham 1 and Hartlepool.

The UK authorities introduced the Energy Price Levy earlier this year and then expanded it in November in an effort to refill the nation’s budget drained by subsidizing natural gas bills that have skyrocketed since London joined the Ukraine-related sanctions.

The windfall tax on oil and gas generators was raised from 25% to 35%, imposing an overall tax rate of 75% on profits from UK operations. The measure places a 45% tax on any income from lower-carbon power sold for more than £75 ($91) per megawatt hour starting 2023.

“We accept there's definitely a need for a levy of some kind – you've got to break the link between really high gas prices and the impact they have on power prices,” Rachael Glaving, commercial director of generation at EDF UK, told the newspaper.

“But of course that's going to factor into the business case of life extension and we'll have to take that [the windfall tax] into consideration. It's not going to make it easier.”

She stressed that the levy will damage the business case for the facilities at a time when inflation is already pushing up other costs.

Heysham 1 and Hartlepool supply over two gigawatts of electricity to the grid, providing enough power for four million households annually, and nearly 4% of the power Britain uses during highest winter peaks.

Under the initial plan, the two power plants were to close in March 2024, but the owner considered extending the operating period for a “short term” amid a large-scale energy crisis that has hit Western Europe over the past years.

次はGoogleによる機械翻訳、不備なところがあります。
英国の原子力発電所は早期閉鎖に直面
エネルギー部門への思いがけない税金により、老朽化した原子炉の稼働を維持することが難しくなると、オペレーターは述べています
英国の 2 つの原子力発電所は、昨年英国当局によって承認された棚ぼた税の結果として、来年閉鎖される危険にさらされている、とサンデー テレグラフは日曜日に、フランスの送電網運営会社であるフランス電力公社 (EDF) を引用して報じた。 ステーション。

英国全土で稼働している 5 つの原子力発電所すべてを所有している EDF は、1 月 1 日に発効した新しい課税により、オペレーターがヘイシャム 1 とハートリプールの老朽化した発電所を運営することが難しくなると述べました。

英国当局は、今年初めにエネルギー価格賦課金を導入し、ロンドンがウクライナ関連の制裁に加わって以来、急騰した天然ガス法案への補助金によって枯渇した国の予算を補充するために、11 月にそれを拡大しました。

石油およびガス発電事業者に対する棚ぼた税は 25% から 35% に引き上げられ、英国での事業からの利益に対して全体で 75% の税率が課せられました。 この法案では、2023 年から、1 メガワット時あたり 75 ポンド (91 ドル) 以上で販売された低炭素電力からの収入に 45% の税金が課されます。

EDF UK の発電部門のコマーシャル ディレクターである Rachael Glaving 氏は、「ある種の賦課金が必要であることは間違いありません。非常に高いガス価格と、それが電力価格に与える影響との間のつながりを断ち切らなければなりません」と語った。 新聞。

「しかしもちろん、それは寿命延長のビジネスケースに織り込むことになるだろうし、私たちはそれを考慮に入れる必要があるだろう. それはそれを容易にするつもりはありません。」

彼女は、インフレがすでに他のコストを押し上げているときに、この課税が施設のビジネスケースを損なうことになると強調した.

ヘイシャム 1 号とハートリプールはグリッドに 2 ギガワット以上の電力を供給し、年間 400 万世帯に十分な電力を供給し、冬の最高ピーク時に英国が使用する電力のほぼ 4% を供給しています。

当初の計画では、2 つの発電所は 2024 年 3 月に閉鎖される予定でしたが、過去数年間に西ヨーロッパを襲った大規模なエネルギー危機の中で、所有者は「短期的」に運転期間を延長することを検討しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:00| Comment(0) | 福島原発事故

2022年12月30日

コロナ 死者420人で過去最多

2022/12/29発表の新型コロナウイルスによる全国の死者数は420人で28日の415人を上回ってこれまでで最も多くなった。
posted by ZUKUNASHI at 08:00| Comment(0) | 福島原発事故

2022年12月29日

ドイツ人、原子力緊急事態に備えるよう指示される

Germans told to prepare for nuclear emergencies
The head of the country’s radiation protection office says the Ukraine conflict could cause a wide range of catastrophes
Residents in Germany must make preparations for nuclear emergencies, the President of the Federal Office for Radiation Protection, Inge Paulini, warned on Wednesday.

In an interview with Funke media group newspapers, Paulini pointed out that “radiation does not stop at the borders,” and claimed that the ongoing military conflict between Moscow and Kiev has “made it clear to the general public that we have to be and remain prepared for a wide variety of nuclear emergencies.”

Russia has repeatedly insisted that it does not intend to use atomic weapons in Ukraine and has referred to its nuclear doctrine which only allows the use of such munitions in a retaliatory fashion or in the case the country is faced with an existential threat from conventional warfare.

Paulini also criticized Germany’s neighbors who have not phased out nuclear energy from their power grid. “On the contrary, many of our neighboring countries are planning new power plants,” she said, warning of the risks of accidents at these facilities, which could affect all of Europe.

Germany in recent years has launched an initiative to wean itself off of nuclear energy, with the country’s Green Party pointing to the potentially catastrophic risks associated with producing it. The nation only has three operational nuclear power plants remaining after MPs voted in November to extend their operations until April 2023 in light of the ongoing energy crisis in Europe.

Meanwhile, vice president of the Bundestag and FDP member Wolfgang Kubicki has blasted the government’s refusal to revise its overall approach to nuclear power plants and has warned of a potential default unless something is done to address the energy crisis.

“We don't want gas and oil supplies from Russia any more, at the same time our ‘green’ friends are restarting coal-fired power plants, while preventing a reasonable extension of the life of nuclear power plants,” Kubicki said earlier this week.
ドイツ人、原子力緊急事態に備えるよう指示される
同国放射線防護局長は、ウクライナ紛争がさまざまな大惨事を引き起こす可能性があると述べている
ドイツの住民は核の緊急事態に備えなければならないと、連邦放射線防護局のインゲ・パウリーニ局長は28日、警告した。

パウリーニ氏はフンケメディアグループ紙のインタビューで、「放射能は国境に止まらない」と指摘し、モスクワとキエフの軍事衝突が続いていることから、"さまざまな核の緊急事態に備え、今後も備えなければならないことが一般市民にも明らかになった "と主張した。

ロシアは、ウクライナで原子爆弾を使用する意図はないと繰り返し主張し、報復的な方法や通常戦による存亡の危機に直面した場合にのみ使用を認めるという核ドクトリンに言及している。

パウリーニはまた、ドイツの近隣諸国が電力網から原子力エネルギーを段階的に排除していないことを批判した。「それどころか、多くの近隣諸国が新しい発電所を計画している」と述べ、これらの施設で事故が発生した場合、ヨーロッパ全体に影響を及ぼす危険性があると警告した。

ドイツは近年、脱原発の取り組みを始めており、同国の緑の党は、原子力発電に伴う壊滅的なリスクの可能性を指摘している。欧州のエネルギー危機を受け、11月の国会で2023年4月までの運転延長が決議され、現在稼働中の原子力発電所は3基のみとなっている。

一方、連邦議会副議長でFDP議員のウォルフガング・クビッキ氏は、原子力発電所に対する全体的なアプローチを見直そうとしない政府を非難し、エネルギー危機に対処するために何かをしなければデフォルトになる可能性があると警告している。

我々はこれ以上ロシアからのガスや石油の供給を望まない。同時に、我々の『グリーン』な友人たちは石炭火力発電所を再稼働させ、一方で原子力発電所の妥当な延命を妨げている」とクビッキは今週初めに述べた。

・・・今のタイミングで何を言わんとしているのかよくわかりません。
posted by ZUKUNASHI at 18:02| Comment(0) | 福島原発事故

2022年12月25日

LNPによるmRNA型生物製剤は失敗したモダリティ
















posted by ZUKUNASHI at 20:26| Comment(0) | 福島原発事故

2022年12月23日

日本、原子力エネルギーに回帰へ

Japan set to return to nuclear energy
Tokyo plans to reverse the nuclear phase-out agenda introduced after the Fukushima disaster

A Japanese government advisory panel has approved a plan to revive the country’s nuclear energy sector, Prime Minister Fumio Kishida announced on Thursday.

According to the draft policy, which is a reversal of the country’s nuclear phase-out plan adopted after the Fukushima disaster, nuclear power is said to offer stable energy production and play “an important role as a carbon-free baseload energy source in achieving supply stability and carbon neutrality.” The plan suggests restarting most existing nuclear reactors, extending their lifespans beyond the 60-years limit and building new modern units to replace the old ones.

The policy, drafted by the Economy and Industry Ministry, was already greenlighted earlier this week by Japan’s Nuclear Regulation Authority, and now needs approval from the cabinet of ministers. The cabinet could act as soon as February, according to the Nikkei news outlet. The final step, in order to make the regulation lawful, will be securing parliamentary approval.

An accident at the Fukushima nuclear power plant occurred in 2011, when a 9.0-magnitude earthquake and a subsequent tsunami hit the site, triggering a catastrophic meltdown. Following the disaster, Japan adopted a nuclear phase-out plan, reducing its nuclear power generation to as low as 1% of the total output from about 30% before the incident, and shutting down most reactors. However, Tokyo later began gradually restarting reactors to battle energy supply problems.

In May of this year, Prime Minister Kishida pledged to reactivate idled nuclear plants in order to stabilize energy prices and supply due to energy market uncertainty amid the Ukraine-related sanctions war between Russia and the West. Japan, which sided with the West in sanctioning Moscow, is heavily reliant on energy imports, including from Russia. Last year, about 4% of the country’s crude oil and 9% of its gas came from Russia.
日本、原子力エネルギーに回帰へ
東京は、福島原発事故後に導入された脱原発計画を覆す計画だ

日本政府の諮問委員会は、日本の原子力エネルギー分野を復活させるための計画を承認したと、岸田文雄首相が木曜日に発表した。

福島原発事故後に採用された脱原発計画を覆す方針案によると、原子力は安定したエネルギー生産を提供し、「安定供給とカーボンニュートラルの達成においてカーボンフリーのベースロードエネルギー源として重要な役割」を果たすとされている。この計画では、既存の原子炉のほとんどを再稼働させ、耐用年数を60年の制限を超えて延長し、古い原子炉に代わる新しい最新の原子炉を建設することを提案している。

経済産業省が作成したこの政策は、日本の原子力規制委員会により今週初めに承認され、現在は閣議決定を必要としている。日経新聞によれば、内閣は早ければ2月にも行動を起こすという。規制を法制化するための最終ステップは、国会の承認を得ることである。

2011年、マグニチュード9.0の地震と津波が福島原子力発電所を襲い、壊滅的なメルトダウンを引き起こし、事故が発生した。この事故後、日本は脱原発計画を採用し、原発の発電量を事故前の約30%から最大1%まで減らし、ほとんどの原子炉を停止させた。しかし、その後、東京はエネルギー供給問題と戦うために、原子炉を徐々に再稼働させ始めた。

今年5月、岸田首相は、ウクライナに関連するロシアと欧米の制裁戦争に伴うエネルギー市場の不安から、エネルギー価格と供給を安定させるために休止中の原子力発電所を再稼働させることを約束した。モスクワへの制裁で欧米の味方をした日本は、ロシアを含むエネルギー輸入に大きく依存している。昨年は、同国の原油の約4%、ガスの約9%がロシアから輸入されていた。
posted by ZUKUNASHI at 10:11| Comment(0) | 福島原発事故