福島原発事故: ずくなしの冷や水

2022年09月24日

核実験のあったマーシャル諸島 米国との主要な交渉を停止

posted by ZUKUNASHI at 00:40| Comment(0) | 福島原発事故

2022年09月21日

今日の放射能 健康被害が広がっている!


German nuclear plant suffers leak
While the failure poses no danger, operations at the plant will have to be suspended, the environment ministry said
A reactor leak has been detected at the Isar 2 nuclear power plant in the southern German state of Bavaria, the environment ministry said on Monday, citing the plant’s operator. The malfunction apparently poses no risk to the public, but could compromise the government’s plan to alleviate the energy shortage, triggered mainly by the Ukraine conflict.

According to the ministry, maintenance work will be carried out in October, and it will take at least a least a week to fix the problem. During that period, all operations at the plant, which is run by E.ON subsidiary PreussenElektra, will have to be completely suspended, the ministry said.

Initially, the nuclear power plant was slated to go offline in late 2022 as part of Germany’s efforts to phase out atomic energy. However, the current energy crisis has forced Berlin to put the facility on standby until April 2023 as a reserve source of power, which could be tapped if the situation worsens.





東海村 放射性物質検出 会社側“損傷排水管 点検記録なし”
東海村にある医薬品の研究支援などを行う民間企業「積水メディカル」の施設では今月4日、第1実験棟の床下にある放射性物質を含む廃液を流す排水管が損傷しているのが見つかり、床下の土の表面から通常の値を超えるトリチウムなどの放射性物質が検出されました。
第1実験棟は昭和40年からおととしまで使われていて、排水管に残っていた廃液が漏れ出たとみられていますが、従業員の被ばくは確認されておらず、環境への影響はないとみられるということです。




2022/8/8、20時、稚内で+0.02μSv/h超、函館で+0.03μSv/h超の空間線量率上昇。稚内は泊原発の影響ですが、函館は青森県内からの影響でしょうか。ともに降雨があります。



2022/8/4、岐阜県恵那市で空間線量率が大きく上昇。

核融合研究所からの漏洩が疑われます。







朝日2022/7/19
関西電力は19日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)について、26日から発送電を再開すると発表した。3月から定期検査を始めたが同月末に伝熱管の損傷が見つかり、再開時期を未定としていた。調査と対策が進んだため、再開するという。



共同2022年7月14日 18:22 JST 更新日時 2022年7月14日 19:23 JST
最大9基の原発稼働へ、冬の電力を安定確保−岸田首相が表明
萩原ゆき
日本全体の電力消費量の1割に相当、国も前面に立って協力得る
安全性を前提にした上で原子力規制委も審査を効率化
岸田文雄首相は14日、冬の電力の安定確保のため、最大9基の原発稼働を進めるよう経済産業相に指示したと述べた。記者会見で語った。




2022/7/8、夜になって中国四国と中京で降雨、空間線量率が少し上がっています。


・・・陸路での漁獲物の輸送が困難だったから他の地域に運ぶにしても、長島港は三重県の尾鷲に近いです。




France investigating nuclear ‘cover-ups’
The probe comes after the country was forced to shut down half of its reactors amid a mounting international energy crisis
The French government is investigating whistleblower allegations that a state-run utility agency attempted to conceal safety issues at a nuclear power plant. Prosecutors confirm they are following up on complaints filed late last year.

Officials in Marseille launched an investigation into the alleged safety problems last month after an anonymous whistleblower said conditions at the Tricastin nuclear plant in southern France were “endangering the lives of others,” French newspaper Le Monde reported on Wednesday.
フランス紙ルモンドが水曜日に報じたところによると、南フランスのトリカスタン原子力発電所の状況が「他人の生命を危険にさらしている」と匿名の内部告発者が述べた後、マルセイユの当局は先月、安全問題の疑いについて調査を開始した。
An engineer at the facility, the whistleblower also accused officials at the plant of “harassment,” as well as “violations of the criminal code, the environmental code, the labor code and the regulations relating to nuclear installations.” Though incidents continued – including a mysterious power surge at one reactor in 2017 and a flood at the same station one year later – no action was taken.
トリカスタン原発の技術者である内部告発者は、原発の職員が「ハラスメント」を行い、「刑法、環境法、労働法、原子力施設に関する規則に違反している」とも訴えた。2017年に1つの原子炉で謎の電力サージが発生し、その1年後に同じ発電所で洪水が発生するなど、事件は続いていたものの、何の対策もとられなかった。
The largely state-run firm which operates the plant, Electricite de France (EDF), confirmed the ongoing investigation to the Wall Street Journal, saying the probe would help to “shed all necessary light on the alleged facts and thereby show the truth.”

Speaking to Reuters on Thursday, a lawyer for the whistleblower, William Bourdon, said the complaint was initially filed in November, but noted that the subsequent investigation does not target EDF directly. Instead, a probe “against X” has been launched, allowing prosecutors to look into the actions of multiple different parties.

The new investigation marks another blow for the French utility, which has recently taken half of the country’s nuclear reactors offline due to scheduled maintenance and refueling, and even outages caused by corrosion and damage. The spate of shutdowns coincided with soaring energy prices across Europe and elsewhere, driven in part by the conflict in Ukraine, as well as Western sanctions on Russian gas and oil exports.
この新しい捜査は、フランスの電力会社にとって新たな打撃となる。同社は最近、定期保守点検や燃料補給、さらには腐食や損傷による停止で、国内の原子炉の半分を停止させているのである。一連の停止は、ウクライナ紛争やロシアのガスや石油の輸出に対する欧米の制裁もあり、欧州やその他の地域でエネルギー価格が高騰していた時期と重なった。
The cost of inspecting and repairing the French nuclear plants could exceed €4.5 billion ($4.8 billion), according to recent EDF estimates, well beyond previous expectations. France derives around 70% of its electricity from nuclear power, and has seen a jump in prices throughout 2022.

Prior to the whistleblower filing, the Tricastin nuclear site had encountered some safety issues, including two separate uranium leaks within a matter of days in July 2008 which contaminated 100 employees at the plant and led to a ban on using local water for drinking, swimming, and agriculture.



福島第一原発、汚染配管撤去作業がまた中断 「数時間被ばくで死亡」レベルの高線量検出で
2022年5月27日 21時23分
東京電力が約2カ月ぶりに再開した福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管の撤去作業が、また中断した。23日に初めて切断した配管で毎時3シーベルト(3000ミリシーベルト)と極めて高い放射線量が検出され、26日に予定した2回目の切断を中止。東電は切断方法や作業員の被ばく抑制策の再検討に時間をかける。
 毎時3シーベルトは人が数時間被ばくすれば死亡するレベルの高線量。東電によると、配管の切断面内部の線量を測定した作業員の被ばく線量は最大0.41ミリシーベルトで、事前に計画していた被ばく限度は超えなかった。





2022/5/21、11時40分、東京都足立区の空間線量率が0.061μSv/hと平常より0.032μSv/h程上がっています。都内は、局地的に強い雨です。



説明なく再利用 重大
山下氏 放射性廃棄物めぐり
 日本共産党の山下芳生議員は4月26日の参院環境委員会理事懇談会で、東電福島第1原発事故による放射能汚染土壌の最終処分に向けた進捗(しんちょく)状況の報告を受け、放射性廃棄物200万トンが民間業者によって道路建設などに再利用されていた問題を追及しました。
 山下氏は、避難区域とされた地域の廃棄物は「国が処理する」と放射性物質汚染対処特措法にあると指摘。「現に汚染された“土壌”は道路建設への再利用の実証事業が行われようとしたが、住民の反対でとん挫した。しかしコンクリート片などの“廃棄物”は民間業者が勝手に再利用している。なぜこのような事態になったのか」とただしました。
 環境省担当者は「土壌以外は再利用すれば廃棄物でなくなる扱いとした」と答弁。山下氏が「特措法のどこに根拠規定があるのか」とただすと「特措法でなく政府で解釈した」と説明しました。
 山下氏は「脱法行為だ」と批判し、「廃棄物がどこでどう再利用されているか、住民は知らされているのか」と追及。同省担当者は「業者が取りに来て汚染濃度を確認して持って行く。行き先は把握していない。住民説明会は行われていない」と述べました。



2022/4/29、近畿から東北の広い範囲で降雨。日本海側で空間線量率上昇。

2022/4/26、全国的に雨ですが、夜になって島根県浜田市で空間線量率が上がっています。

鳥取でも上がっているところがあります。
岩手県滝沢市も上昇。

秋田県由利本荘市 0.02μSv/h程度の上昇
気流を見てもどこが放出源なのかわかりかねています。


・・・

この記事の古いコンテンツは、「今日の放射能備忘録1〜198」に保管してある。過去のコメントは別に記事を起こして採録している。

                
posted by ZUKUNASHI at 00:34| Comment(13) | 福島原発事故

2022年09月14日

ポーランドが米国の原発建設提案を受ける

Poland receives US nuclear offer
A joint agreement would see Washington help Warsaw build nuclear power plants
The US has sent Poland a proposal to help build six nuclear reactors in the country in a bid to reduce carbon emissions and gradually phase out coal, the Polish Climate ministry announced on Monday.

Delivered to Poland’s Minister of Climate and Environment Anna Moskwa by US ambassador Mark Brzezinski, the proposal suggested that Washington and Warsaw create a detailed bilateral roadmap for the construction project, which is set to be finished by 2040.

“It's more than a commercial offer, it reflects 18 months of work and millions of dollars spent on analysis and evaluations,” said a spokesperson for the Westinghouse Electric Company, a US firm bidding to take on the project.

US Secretary of Energy Jennifer M. Granholm called the report “a major step towards Poland’s development of a robust civil nuclear industry that is zero-carbon emitting and will result in another European source of energy that is free from Russian influence.”

“This project has the potential to ensure that the Polish people can receive the safest, most advanced, and reliable nuclear technology available,” the politician added.


posted by ZUKUNASHI at 08:38| Comment(0) | 福島原発事故

ショルツが1時間半プーチンと電話会談 ドイツがザポロージェ原発を懸念

Putin and Scholz hold phone call
The Russian president told his German counterpart that Ukraine is committing war crimes
Russian President Vladimir Putin and German Chancellor Olaf Scholz spoke by phone on Tuesday, with Scholz calling on Putin to withdraw his forces from Ukraine and Putin highlighting Ukraine’s “blatant violations of international humanitarian law.”

During the 90-minute conversation, Scholz urged Putin to “come to a diplomatic solution as quickly as possible, based on a ceasefire, a complete withdrawal of Russian forces and respect for the territorial integrity and sovereignty of the Ukraine,” according to a statement from spokesman Steffen Hebestreit.

The German chancellor also called on Putin to “avoid any escalation” around the Zaporozhye Nuclear Power Plant, and to implement a UN-recommended ‘safe zone’ around the facility. Putin countered that the plant is subjected to “constant missile attacks from Ukraine, which creates real risks of a large-scale catastrophe,” according to a readout of the call from the Kremlin.

The Russian president also accused Kiev of “blatant violations of international humanitarian law,” pointing to the shelling of majority Russian-speaking cities in Donbass.

Putin also said Russia will supply energy to Europe, should the EU lift sanctions preventing supply along the Nord Stream 1 gas pipeline. Germany’s refusal to certify the Nord Stream 2 pipeline while blaming Russia for its energy woes “looks very cynical,” he said.

Along with French President Emmanuel Macron, Scholz has been one of the few European leaders to remain in contact with Putin following the launch of Russia’s military offensive in Ukraine in February. The pair held a joint conversation with the Russian president back in May, with the conversation fiercely condemned by more hardline anti-Russian officials from the Baltic states.

Under Scholz, Germany has not budged on its support for EU sanctions on Russia, and continues to arm Kiev’s military, although the chancellor has been criticized by some domestically for not going far enough in its support. German Defense Minister Christine Lambrecht said last week Berlin had “reached the limit” of what it can provide militarily.

Russia’s ambassador to Berlin accused Germany on Monday of having “crossed the rubicon” by providing weapons to Ukraine which are used to kill Russians.

Despite sour relations between Germany and Russia, Scholz and Putin agreed to stay in contact, both sides said after Tuesday’s call.
posted by ZUKUNASHI at 08:05| Comment(0) | 福島原発事故

2022年09月13日

打って間もなくの接種者はガイガーカウンターの数値が上がる



ワクチンに放射性物質が含まれていればガイガーカウンターが反応することはあり得ますが。同じような症状が出るからと言って被ばくがあるとは言えない。
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(0) | 福島原発事故

2022年09月12日

Hiroshima Nuke = 15 kilotons

posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | 福島原発事故

2022年09月04日

福島1号機震度5強(440ガル)で倒壊の可能性?


posted by ZUKUNASHI at 20:02| Comment(0) | 福島原発事故

2022年09月01日

ザポリージャ原発の貯蔵施設には兵器用プルトニウムや濃縮ウランが保管されている



UN wants ‘permanent presence’ at Russia-held nuclear site
Moscow has welcomed the idea of UN inspectors remaining at the Zaporozhye nuclear plant
The International Atomic Energy Agency (IAEA) plans on establishing a “permanent presence” at the Russian-controlled Zaporozhye nuclear plant. Moscow has repeatedly accused Kiev of shelling the nuclear facility.

IAEA Director General Rafael Grossi made his remarks on Wednesday at a press briefing in Kiev, before inspectors traveled to Zaporozhye.

The Zaporozhye facility is Europe’s largest nuclear power plant, and was seized by Russian troops several days after Moscow launched its military operation in Ukraine in February. As it continued to operate with local staff under Russian control, the facility has come under artillery and drone attacks, with Russia blaming Kiev for the strikes.

Ukraine has alternated between blaming Russia for the shelling, and accusing the Russian military of using the plant as cover for its soldiers. While the US has accused Russia of firing from the plant, a senior military official admitted on Monday that “there’s probably a likelihood” that Ukrainian forces have bombarded the nuclear facility.

Moscow insists that it does not keep heavy weapons, including artillery, stationed at the plant.

Grossi’s remarks were welcomed by Russia’s permanent representative to international organizations in Vienna, Mikhail Ulyanov. In a series of posts to Twitter, Ulyanov said that Moscow has supported the IAEA’s mission “from the very beginning,” and wished the inspectors “productive work on the site.”

Shortly before the IAEA delegation arrived at the plant, an official in the Russian-allied administration of Zaporozhye Region, Vladimir Rogov, said that a group of would-be saboteurs were arrested in the nearby city of Energodar. The suspected Ukrainian plotters were found with rifles, Western-made missile launchers, drones, and aerial photos of the nuclear plant, with Rogov claiming that they were planning a “series of terrorist attacks.”
国連、ロシア核施設に「常駐」希望
モスクワは、国連の査察団がザポロージエ原子力発電所に留まることを歓迎している。
国際原子力機関(IAEA)は、ロシアが管理するザポロジェ原子力発電所に「常駐」することを計画している。モスクワは、キエフがこの原子力施設を砲撃したと繰り返し非難している。

IAEAのラファエル・グロッシ事務局長は、キエフでの記者会見で、査察団のザポロージエへの移動に先立って、このように発言した。

ザポロジエの施設は欧州最大の原子力発電所で、モスクワが2月にウクライナで軍事作戦を開始した数日後にロシア軍に接収された。ロシア軍の支配下で現地スタッフとともに稼働を続ける中、同施設は砲撃やドローンによる攻撃を受け、ロシアはキエフを非難している。

ウクライナは、砲撃についてロシアを非難することと、ロシア軍がこの施設を兵士の隠れ家として利用していると非難することを交互に繰り返している。アメリカはロシアが原発から砲撃したと非難しているが、軍高官は月曜日に、ウクライナ軍が核施設を砲撃した可能性が「おそらくある」と認めている。

モスクワは、大砲を含む重火器を原発に駐留させていないと主張している。

グロッシ氏の発言を、ロシアのウリヤノフ国際機関ウィーン常駐代表は歓迎した。ウリヤノフ氏はツイッターで、モスクワはIAEAのミッションを「当初から」支持してきたと述べ、査察団の「生産的な作業」を祈願した。

IAEA代表団が原発に到着する少し前、ロシアと同盟関係にあるザポロジエ州行政当局のウラジミール・ロゴフ氏は、近くのエネルゴダール市で妨害工作員らしき一団が逮捕されたことを明らかにした。ウクライナ人容疑者はライフル、欧米製ミサイルランチャー、ドローン、原発の航空写真などを所持しており、ロゴフ氏は「一連のテロ攻撃」を計画していたと主張している。

Ukrainian troops try to seize Zaporozhye nuclear plant – Russia
Two commando groups landed near the station, Moscow has said
Kiev sent commando groups in an attempt to capture the Zaporozhye Nuclear Power Plant on Thursday morning, the Russian Defense Ministry claimed.

There were two separate “sabotage groups” of up to 60 troops, which used seven boats to cross the Kakhovka Reservoir and land about three kilometers from the nuclear facility early in the morning, according to the statement. They attempted to capture the station from the Russian troops who are guarding it, the ministry said.

The Russian military said it took action to “destroy the enemy, including by deploying close air support aircraft.”

The ministry also claimed that about two hours after the landing of the commando forces, Ukrainian artillery started shelling a certain location near the city of Energodar, which hosts the power plant. Inspectors from the International Atomic Energy Agency (IAEA), who are on their way to visit the facility, are scheduled to pass the area, according to the report.

“The provocation of the Kiev regime is aimed at derailing the arrival of the IAEA mission to the Zaporozhye Nuclear Power Plant,” the ministry said.
キエフは木曜日の朝、ザポロジエ原子力発電所を攻略するためにコマンドグループを派遣したとロシア国防省は主張した。

最大60人の部隊からなる「破壊工作グループ」が2つに分かれ、7隻のボートを使ってカホフカ貯水池を渡り、早朝に原子力施設から約3キロの地点に上陸したという。彼らは核施設を警備しているロシア軍から核施設を奪おうとしたと同省は述べた。

ロシア軍は、"近接航空支援機を配備するなどして敵を撃破する "行動を取ったという。

同省はまた、コマンド部隊の上陸から約2時間後、ウクライナの大砲が発電所を抱えるエネルゴダール市付近のある場所への砲撃を開始したと主張している。同施設の視察に向かう国際原子力機関(IAEA)の査察官が、この地域を通過する予定だという。

同省は、「キエフ政権の挑発は、ザポロジェ原子力発電所へのIAEAミッションの到着を頓挫させることが目的だ」と述べている。



posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月31日

今日の放射能備忘録 198









地震に警戒です。
22時30分にも東京湾の最北部でマグニチュード4.7の地震
2022/4/4、19時29分福島沖で地震。マグニチュード5.1
21時現在、茨城県の一部で空間線量率が上がっています。鉾田市鉾田 +0.019μSv/h。風は北から、降雨があります。 


2022/3/26、日本海側と北日本で荒れた天気。岩手県、青森県、秋田県で降雨とともに空間線量率が上がっています。21時40分現在では、山形、宮城はピークを越えた感じです。

風は南風。放出源はF1ですね。
高いところで0.015から0.02μSv/hアップとなっています。
特に事故があったようにも見えません。
雨が止めば下がると思います。

福島第一原発「デブリ取り出しは不可能」と専門家 廃炉できないなら「『石棺』で封じ込めるしかない」
東京電力福島第一原発事故からまもなく11年。国と東電は30〜40年後の廃炉完了を目指すロードマップに基づき、作業を進めている。だが、相次ぐトラブルから廃炉作業の計画は大幅に遅れている。廃炉は本当に可能なのか。AERA 2022年3月7日号は、小出裕章・元京大原子炉実験所助教に聞いた。




東京新聞2022年2月21日 12時05分
2045年にどこへ?原発事故で発生した汚染土 福島・中間貯蔵施設の現在地

【メモ】トリチウムは0.37Bq/Lの低濃度でも染色体異常起こす!!


14年6月2日中国新聞
父被爆でリスク高まる 「2世」の白血病発症 広島大研究 長崎で発表 出生時期も影響
「2世」の白血病発症
 広島で被爆した親を持つ被爆2世のうち、原爆投下から1年以降、15年以内に生まれて白血病を発症したケースでは、父親の被爆と、出生までの年月の長短が発症に影響していることが、広島大の鎌田七男名誉教授(血液内科)や同大原爆放射線医科学研究所の大滝慈教授(計量生物学)たちの研究で分かった。1日、長崎市であった原子爆弾後障害研究会で発表した。(馬場洋太)
1年ごとに38%減
 鎌田名誉教授は「これまでないとされてきた、被爆2世への遺伝的影響がある可能性が強まったと言える」と分析している。
 広島県と広島市が1973、74年に実施した調査で判明した被爆2世と、県内の病院で白血病と診断された患者のデータを照合。@親の両方または一方が被爆者A本人ときょうだいが1946年7月以降に生まれ、本人だけが白血病を発症―の条件を満たす54人を抽出し、発症リスクをきょうだいと比較した。
 その結果、父親または両親が爆心2キロ以内で被爆したか、2キロ以遠で被爆して8月6日に入市被爆したケースで、白血病を発症した2世の出生が原爆投下から年月が浅いほど発症リスクが高かった。母親だけ被爆したケースでは因果関係がみられなかったため、父親の被爆が要因とみられると結論付けた。
 リスクは1年ごとに約38%ずつ減っていて、例えば被爆1年後に生まれた2世のリスクを100とすると、同6年後は10を下回った。
 鎌田名誉教授は「遺伝情報や生活習慣が似通ったきょうだいを比較対象としたため、信頼性が高い分析といえる」と説明。父親の被爆が2世に影響する点については「精原細胞のDNAが傷つき、精子に異常が出たためと考えられる」と推測している。
(2014年6月2日朝刊掲載)

2022/2/10、鉾田市の鉾田で空間線量率が小幅上昇。真北からの風です。


Google Street Viewから 鉾田市役所の敷地内にあります。


千葉県下でもごくわずかながら広い地域で空間線量率の上昇がみられます。東海村で何かあったのでしょうか。
常総市は早朝に少し上げていました。


土浦市は夜間に上げています。


千葉県北西部でも2022/2/9の正午頃に上がっています。東京近郊は鹿島灘からの気流が流れ込んでいます。


茨城県、埼玉県東部で小幅ながら空間線量率が上昇している地域が見られます。原因不明。










「未公開映像」3.11東日本大震災  宮城県気仙沼市【津波】「With subtitles」TSUNAMI,Great East Japan Earthquake
https://www.youtube.com/watch?v=sM0voN702fo


時事2022/2/1
小泉元首相らに抗議 放射線影響で「誤った情報」―山口環境相
小泉氏らは先月27日付で、欧州連合(EU)欧州委員会の委員長宛てに、東京電力福島第1原発事故により多くの子どもたちが甲状腺がんに苦しんでいるとする声明を送付していた。
 山口環境相は書簡で、福島県が実施している検査で見つかった甲状腺がんの症例について「専門家会議により、現時点では放射線の影響とは考えにくいという評価がなされている」と指摘。






Fukushima Radiation Made Japanese Fir Trees Go Haywire After Nuclear Disaster


・・・これはすごい。東海村は露地栽培だとこんなに汚染するのか。






※ 2022/1/13、夜になって愛知県一宮市で空間線量率上昇。+0.025μSv/h。滋賀県高島市マキノ局+0.022μSv/h。敦賀市白木+0.023μSv/h。
若狭湾から名古屋、浜松方面に風が吹いています。降雨のある範囲で上げています。





2022/1/5午後1時、与那国島で+0.031μSv/h、午後1時20分+0.034μSv/h

【論文】「廃炉時代」がやってきたー原子力発電の後始末

※ 2022/1/1午前10時半、札幌市で空間線量率が+0.025μSv/h。

NHK2021年6月11日 18時24分
日本製鉄工場で社員2人被ばくか 年間限度量の数十倍の可能性も
兵庫県にある日本製鉄の工場で先月、エックス線を使う測定装置の点検中に事故が起き、男性社員が年間の限度量の数倍から数十倍に及ぶ大量の被ばくをした可能性があることが関係者への取材でわかりました。

日本製鉄や警察などによりますと先月29日、兵庫県姫路市にある日本製鉄の瀬戸内製鉄所の工場でエックス線を照射する測定装置の点検をしていた30代と50代の男性社員2人が翌日の30日になって体調不良を訴え、病院を受診しました。現在、2人は高度な被ばく医療を提供する広島大学の医療施設で検査や治療を受けています。

関係者によりますと、2人は29日の作業でエックス線を一定時間、浴びた可能性があり法令で定められている1年間の被ばく限度の50ミリシーベルトを大幅に超えたとみられています。最終的な被ばく量はわかっていませんが、関係者によりますと年間の限度量の数倍から数十倍に及ぶ可能性もあるということです。
2人の容体について日本製鉄は明らかにしていません。

2021/12/25夜茂原市で空間線量率上昇。+0.03μSv/h。

一時0.045μSv/hも上がっています。市原も少し高い。香取市も動いています。
12/25の16時頃神奈川県海老名でもスパイクが出ています。18時前に茨城県の行方市、鹿嶋市。
行方市、鹿嶋市、香取市、茂原市、市原市、海老名市
富山市が長時間継続的に上がっています。


日本海側の原発の放出した放射性物質が飛んできている?
でも茂原の上がり方はそうではない。




測定時点と場所が確認できました。浪江町の「大柿簡易郵便局(葛尾村営バス停脇)」MP、最近時点です。



2021/12/18岐阜県土岐市下石町322-6の核融合科学研究所で、モニタリングデータに異常があったとの情報があります。
核融合科学研究所 環境放射線モニタリングシステム(RMSAFE) 配置・測定データ
モニタリングデータ公表サイトなどを見てみましたが、特に異常は見当たりませんでした。中京地域は、この施設からの影響によるとみられる空間線量率の上昇が観察されることがあります。特にベータ線を検知する測定器に反応が出ます。

2021/12/18の昼過ぎに岡崎の測定値に欠測が出ています。何か異常があった疑いが濃厚ですが、これだけでは判断できません。

ベータ線を検出できる測定器を備えておけば異常が把握できます。

規制庁のサイトの反応が悪く、過去のテータが表示されません。どんどん使いにくくなっていきます。




2021/12/6、午後になって愛知と静岡の私設測定ポイントの空間線量率が上がっています。降雨があるようですのでその影響でしょうか。




※ 2021/12/1午後1時半、山形県三川町で+0.039μSv/h。柏崎刈羽から出ているようです。

※ 2021/11/30、親戚が乾燥シイタケを送ってくれました。大きくてうまそう。この10年ほとんどシイタケは食べていません。産地は汚染地帯、しかも汚染はかなり強い。放射能を測ってみました。GC10を使った携帯型測定器。この検出管の上にセロファンの袋ごと置きました。

室内で測る空間線量率とほとんど変わりません。
ラベルをよく見たら、原木栽培ではなく菌株栽培。おがくずや米ぬかを使って栽培します。この程度ならまだいいか。少量しか消費しないし。

MAZURで測るとアルファ線も、ベータ線はより幅広く測れますが、そのうちやってみよう。

※ 2021/11/30、午後2時、上対馬で+0.03μSv/h。玄海の周りで線量率上昇地点が見られます。

2021/11/26、0時10分、稚内市で+0.046μSv/h。
2021/11/25、23時20分、南魚沼市で+0.04μSv/h。上越市で+0.033μSv/h。








※ 双頭の牛が生まれ、住民はガンに…50年前の「ヒロシマ事故」で滅んだソ連の村の真相とは
※ 2021/11/9、午前10時、宝達清水町で+0.032μSv/h、恵那市で+0.019μSv/h。
敦賀湾から名古屋方向に気流が流れており、これから線量率上昇の可能性。




2021/11/8午後1時対馬で+0.03μSv/h超の線量率上昇
対馬は、強い西風。降雨があります。佐賀県は南の風。起源はどこでしょう。+0.04μSv/hまで上がっています。気流は日本から韓国へ流れています。


・・・別の場所も測定されています。線量率は下がっています。

2021/11/6、午前、九州南部に雨。空間線量率が上がっています。水俣市+0.02μSv/h。島原市+0.014μSv/h。

2021/11/5、昼過ぎに秋田と山形の私設測定ポイントで0.25μSv/hのスパイクが出ています。弱い雨が続いているようです。



※ 2021/11/3朝10時、六ヶ所村で+0.012μSv/h。11時前+0.017μSv/h。

※ 2021/11/2、正午前、函館市で空間線量率上昇。+0.02μSv/h超


posted by ZUKUNASHI at 19:11| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月30日

ザポロージェで発電された電気を地域の送電網から切り離すな?

US urges shutdown of nuclear plant slated for IAEA inspection
米国、IAEA査察予定の原子力発電所の停止を要請
The Russian military had earlier suggested that taking the Zaporozhye facility offline could be necessary due to Ukrainian attacks
Senior US officials have urged a full shutdown of Ukraine’s Zaporozhye nuclear power plant, which is under Russian control.

A “controlled shutdown” of the facility “would be the safest and least risky option in the near-term,” White House National Security Council spokesperson John Kirby told journalists on Monday. The same call came from an unnamed senior US defense official, who briefed journalists the same day.

The power plant and the city of Energodar that hosts it have been under Russian control since March, though Ukrainian civilian workers continue to operate the facility. For several weeks now, the site has been under constant artillery and drone attacks.

Russia and Ukraine have accused each other of being behind the strikes. Kiev has also claimed that Russian forces have used the Zaporozhye facility as a military base and have deployed heavy weapons there, which Moscow has denied.

This week, the International Atomic Energy Agency (IAEA), the UN’s nuclear watchdog, is expected to visit the plant for an on-site inspection. The agency's delegation will be led by its head, Rafael Grossi, and may arrive at the site as soon as Wednesday.

The Soviet-built Zaporozhye nuclear power plant is the largest facility of its kind in Europe. It hosts six of Ukraine’s 15 power-generating reactors, which are spread across four plants. The facility reached its full capacity of over 6,000 MW for the first time in December 2021, when all of its VVER-1000 units became operational at the same time. At the moment, only reactors five and six remain online.

Despite hostilities between Russia and Ukraine, the Zaporozhye plant supplies power to parts of Ukraine controlled by both sides, according to the head of the Russia-allied administration of Zaporozhye Region, Vladimir Rogov.

The Russian military suggested in mid-March that shutting down the reactors could become necessary due to Ukrainian attacks on the plant. Such a proposal was voiced by Lt. Gen. Igor Kirillov, who heads the unit of the Russian armed forces trained in dealing with the consequences of the use of weapons of mass destruction, including radiation contamination.



5つの原子炉すべてを止めたのかどうか。



・・・ザポロージェで発電された電気を地域の送電網から切り離すことにウクライナが反対している。切り離してどこに送る? 何を言っているのかわかりません。
Washington on Thursday warned Russia against diverting energy from a nuclear plant Kyiv says was cut off from its grid, as calls for an independent inspection of the facility mount. Ukraine's Zaporizhzhia nuclear plant is under occupation by Mosco...

Read more at: https://www.deccanherald.com/international/world-news-politics/us-warns-moscow-not-to-divert-power-from-ukraines-zaporizhzhia-nuclear-plant-1139427.html


・・・ゼレンスキーはわかっていない。
posted by ZUKUNASHI at 19:19| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月29日

すべての国がウクライナ側に圧力をかけ原発に対する砲撃をやめさせるべきとロシア

Moscow urges ‘all nations’ to pressure Kiev over nuclear site
But creating a demilitarized zone around the Zaporozhye nuclear site isn’t on the agenda, the Kremlin says
Making Ukraine cease its attacks on the Russian-controlled Zaporozhye nuclear power plant will require a joint effort from the whole international community, Kremlin press secretary Dmitry Peskov has said.

“We still believe that all countries are obliged to put pressure on the Ukrainian side, so that it stops endangering the European continent by shelling the territory of the Zaporozhye nuclear power plant and adjacent areas,” Peskov told the media on Monday.

The statement came hours after International Atomic Energy Agency head Rafael Grossi announced that IAEA experts would visit the nuclear plant this week to assess the security situation and establish a permanent presence at the facility.

“We’ve been waiting for this mission for a long time. We believe it to be necessary,” the Kremlin spokesman said, adding that Moscow was ready to cooperate with the UN atomic agency.

He assured that Russia would provide the necessary security to the IAEA inspectors once they reach the plant from Ukrainian-held territory.

Peskov also commented on a suggestion by UN Secretary-General Antonio Guterres that the crisis at Europe’s largest nuclear power station could be resolved by setting up a demilitarized zone around the perimeter.

“No, there’s no talk about it,” the Kremlin press secretary said when asked about the proposal.

Russia has repeatedly accused Ukraine of targeting the Zaporozhye nuclear power plant and the nearby town of Energodar with artillery and drones, warning that it could trigger a disaster that would eclipse the 1986 Chernobyl incident.

Ukraine, meanwhile, has claimed that Russian forces have turned the nuclear plant into a military base and that they’ve been shelling the facility themselves to pin the blame on Kiev. Moscow, which has denied those accusations, has been insisting on a visit by the IAEA to the site.

Russia’s Defense Ministry said that a Ukrainian drone was shot down above the Zaporozhye plant on Sunday and that at least eight large-caliber shells were fired at Energodar by Kiev’s forces on the same day.

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ウクライナにロシアが管理するザポロジェ原子力発電所への攻撃を止めさせるには、国際社会全体の共同努力が必要であると述べた。

「我々は、すべての国がウクライナ側に圧力をかけ、ザポロージエ原子力発電所とその隣接地域に対するすべての国がウクライナ側に圧力をかけによってヨーロッパ大陸を危険にさらすことを止めさせる義務があると信じている」と、ペスコフ報道官は月曜日にメディアに語った。

この声明は、国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ所長が、IAEAの専門家が今週中に原発を訪問し、安全状況を評価し、原発に常駐することを発表した数時間後に発表された。

「我々は長い間、この任務を待っていた。我々は、それが必要であると考えている」とクレムリン報道官は述べ、モスクワは国連の原子力機関に協力する用意があると付け加えた。

また、IAEAの査察団がウクライナ領内から原発に到着した際には、ロシアが必要な安全を提供することを確約した。

ペスコフ氏はまた、アントニオ・グテーレス国連事務総長が、欧州最大の原子力発電所の危機は、周辺に非武装地帯を設定することで解決できると示唆したことについて、次のようにコメントした。

クレムリンの報道官は、この提案について聞かれると、「いや、それについての話はない」と答えた。

ロシアは、ウクライナがザポロジェ原発とその近くの町エネルゴダールを砲撃やドローンで狙っていると繰り返し非難し、1986年のチェルノブイリ事故をしのぐような災害を引き起こす恐れがあると警告してきた。

一方ウクライナは、ロシア軍が原発を軍事基地化し、キエフに責任を負わせるために自ら原発を砲撃していると主張している。これらの非難を否定しているモスクワは、IAEAによる現地訪問を主張している。

ロシア国防省は、日曜日にザポロジェ原発上空でウクライナの無人機が撃墜され、同日、キエフ軍によってエネルゴダールに少なくとも8発の大口径砲弾が撃ち込まれたと発表した。

Kiev shelling damages roof of nuclear reactor fuel storage – official
The roof of the building was damaged in the attack, Zaporozhye Region’s administration says
A Ukrainian strike has hit a reactor fuel storage at the Russian-controlled Zaporozhye nuclear power plant, local authorities said on Monday.

The roof of the building has been damaged as a result of the attack, Vladimir Rogov, the spokesman for Zaporozhye Region’s administration, said on Telegram.

He also posted a photo of a hole in the roof that was supposedly caused by the strike.

The affected storage facility holds fresh nuclear fuel for the reactors of the plant, which is the largest in Europe.

Moscow said earlier that a Ukrainian drone targeting the Russian-controlled facility had been shot down.

Moscow has repeatedly accused Kiev's forces of targeting the Zaporozhye nuclear power plant – which has been under Russian control since March, but operated by Ukrainian staff – with artillery and ‘kamikaze’ drones.

It warned that those attacks could trigger a disaster that would eclipse the 1986 Chernobyl incident. Radioactive material could potentially reach Poland, Slovakia, Romania, Moldova, Belarus, and even Germany in a worst-case scenario.

Ukraine, meanwhile, has claimed that the Russian forces have turned the nuclear plant into a military base and that they’ve been shelling the facility themselves to pin the blame on Kiev.

Russia has repeatedly denied those accusation and urged for international inspectors to visit the site to assess the situation for themselves.

Earlier on Monday, International Atomic Energy Agency head Rafael Grossi announced that such a mission will take pace after all, with IAEA specialists expected to arrive at the Zaporozhye plant this week.
posted by ZUKUNASHI at 22:30| Comment(0) | 福島原発事故

日本もエネルギー価格はさらに上がる

東京電力ホールディングスは29日、電力小売り子会社の東京電力エナジーパートナー(東電EP)が250億円強の債務超過となり、増資引き受けへ調整が行われているとの報道について、東電EPの債務超過額は6月末時点で約67億円で、「増資等を含めた対応を検討していることは事実」とコメントした。
・・・燃料費の高騰によるものとされています。
posted by ZUKUNASHI at 12:28| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月28日

Japanese hospitals have issued the highest level of warning

posted by ZUKUNASHI at 20:43| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月26日

4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃

Artillery hits Zaporozhye nuclear dump
Four Ukrainian artillery rounds struck the spent fuel storage area, Energodar officials say
Four artillery projectiles fired from the Ukrainian side struck the fuel storage site of the Zaporozhye nuclear power plant on Friday, authorities in the Russian-controlled city of Energodar told reporters. Radiation levels remain normal, suggesting that they inflicted no damage.

Europe’s largest nuclear power plant was seized by Russian troops in early March, soon after Moscow launched its military operation in Ukraine. Since then, Russian National Guard and specialist troops have been guarding the site, while the Ukrainian staff continued operations.

Russian and local officials have accused Ukrainian forces of repeatedly attacking the Zaporozhye NPP with drones, artillery and even US-supplied weapons. Kiev has rejected the accusations and claimed Russia was using the facility as a military base and shelling its own troops to make Ukraine look bad.

On Thursday, shelling started a wildfire south of Energodar and forced a shutdown of the power plant to prevent a meltdown.

While the reactor building is designed to withstand a lot, the plant’s support systems are far more vulnerable. The area where hundreds of barrels of spent fuel are stored is particularly problematic, as any breach could lead to a radioactive release.

Russian ambassador to the UN Vassily Nebenzia has shown evidence of Ukrainian culpability in the shelling to the Security Council, including naming the units involved and giving their precise location.

International Atomic Energy Agency (IAEA) chief Rafael Grossi said on Tuesday he personally intended to lead a mission to inspect the Zaporozhye NPP “within days.” Moscow has repeatedly called on the IAEA to come inspect the facility, but the mission has been delayed by Ukraine’s insistence the inspectors must travel through Kiev.

The Ukrainian government and its Western backers have accused Russia of a plot to “steal Ukrainian electricity” and demanded Moscow hand the Zaporozhye plant back to Kiev’s control, or set up a 30-kilometer demilitarized zone around it. Moscow has rejected the demands as unacceptable.


ロシア支配下のエネルゴダール市当局が記者団に語ったところによると、ウクライナ側から発射された4発の砲弾が金曜日、ザポロジェ原子力発電所の燃料貯蔵所を直撃したとのこと。放射線量は通常通りであり、被害はなかったという。

ヨーロッパ最大の原子力発電所は、モスクワがウクライナで軍事作戦を開始した直後の3月上旬にロシア軍に占拠された。それ以来、ロシア国家警備隊と専門部隊が現場を守り、ウクライナのスタッフが作業を続けている。

ロシアと地元の関係者は、ウクライナ軍がドローンや大砲、さらには米国が提供した武器でザポロージエ原子力発電所を繰り返し攻撃していると非難している。キエフはこの非難を拒否し、ロシアがこの施設を軍事基地として利用し、ウクライナの印象を悪くするために自国軍を砲撃していると主張しています。

木曜日には、砲撃によってエネルゴダールの南で山火事が発生し、メルトダウンを防ぐために発電所の停止を余儀なくされた。

原子炉建屋は多くのことに耐えられるように設計されていますが、原発の支援システムははるかに脆弱です。数百バレルの使用済み燃料が保管されているエリアは特に問題で、何らかの違反があれば放射性物質の放出につながる可能性がある。

ヴァシリー・ネベンジア国連大使は、安全保障理事会に対し、砲撃に関与した部隊の名前と正確な位置を示すなど、ウクライナの犯行を示す証拠を示している。

国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ部長は24日、ザポロジエ原発の査察団を「数日以内に」自ら指揮する意向を示した。モスクワはIAEAに何度も視察を要請しているが、ウクライナは視察団がキエフを経由しなければならないと主張しており、視察は遅れている。

ウクライナ政府とその西側支援者は、ロシアが「ウクライナの電気を盗もう」と企んでいると非難し、モスクワにザポロジエ原発をキエフの支配下に戻すか、周囲30キロの非武装地帯を設定するよう要求している。モスクワは、この要求を受け入れられないと拒否している。
posted by ZUKUNASHI at 23:39| Comment(0) | 福島原発事故

Zaporozhye原子力発電所でセキュリティシステムが作動-関係者

Security systems activated at Zaporozhye nuclear power plant – officials
The pro-Russian local administration said the power outage was caused by fires started by Ukrainian shelling
Security systems have been activated at the Zaporozhye nuclear power plant after a power outage, which temporarily left the facility without electricity, members of the Russia-backed administration in the Ukrainian region have claimed.

The plant has since been connected to an alternative source of power, according to officials.
The blackout is said to have been caused by massive wildfires in the area, which were started by Ukrainian shelling, theу said.

Fires, which have engulfed parts of the steppe and woods surrounding the city of Energodar, led to short-circuits in the local grid, leaving not only parts of Zaporozhye region without power, but also the neighboring Kherson region.

The head of the pro-Russian military-civil administration of Energodar, Yevgeny Balitski, has been quoted by media as saying: “according to preliminary information, because of massive shelling by the Ukrainian armed forces, which has continued since last night, fields and undergrowth caught fire. This led to a short-circuit in the grid.”

Meanwhile, Ukraine’s state-owned Energoatom company, which is the operator of the power plant, has issued a statement saying Russia’s actions have “resulted in the complete disconnection of the Zaporozhye Nuclear Power Plant from power supply – for the first time in history.”

The Zaporozhye Nuclear Power Plant is the largest facility of its kind in Europe. It was seized by Russian forces in early March, soon after Moscow launched its military offensive against Kiev. Since then, the country’s National Guard and Nuclear, Biological and Chemical Defense Troops have been guarding the site, with Ukrainian staff continuing to operate the plant.

Over the past month, Russia has repeatedly accused Ukrainian forces of shelling the nuclear power plant, damaging some of the equipment and buildings. Moscow has warned that Kiev is risking a nuclear incident on a similar scale as the 1986 Chernobyl disaster or even worse.

Ukraine, in turn, strongly denies its military is targeting the facility, and accuses Russian troops of deliberately shelling the plant to frame pro-Kiev forces. Moreover, Ukrainian officials and some of their Western supporters claim that Russia is using the plant as a military base, hiding its personnel and hardware on its grounds.

Russian officials, for their part, have repeatedly called on the International Atomic Energy Agency (IAEA) to send inspectors to the facility, saying that such a mission would corroborate Moscow’s version of events.

親ロシア派の地元政権は、停電はウクライナの砲撃による火災が原因であると発表した。
ザポロジェ原子力発電所で停電が発生し、一時的に電力が供給されなくなった後、セキュリティシステムが作動したと、ウクライナでロシアを支持する政権のメンバーが主張している。

関係者によると、原発はその後、代替電源に接続されたという。
停電は、ウクライナの砲撃によって発生した大規模な山火事によって引き起こされたとу。

エネルゴダール市を囲む草原や森の一部を焼き尽くした火災は、地域の送電網のショートにつながり、ザポロジェ州の一部だけでなく、隣接するケルソン州も停電になった。

エネルゴダール市の親ロシア派の軍民行政の責任者であるエフゲニー・バリツキー氏は、メディアの報道を引用して次のように述べている。「予備的な情報によると、昨夜から続いているウクライナ軍による大規模な砲撃のため、畑や下草に火がついた。これが送電網のショートにつながった "と述べた。

一方、発電所を運営するウクライナの国営エネルゴアトム社は、ロシアの行為により、"ザポロジェ原子力発電所が電力供給から完全に切り離される結果となった-史上初めて "との声明を発表している。

ザポロージエ原子力発電所は、この種の施設としてはヨーロッパで最大のものである。モスクワがキエフへの軍事攻勢を開始した直後の3月上旬にロシア軍に奪取された。それ以来、同国の国家警備隊と核・生物・化学兵器防衛隊が現場を守り、ウクライナ人スタッフが発電所の運営を続けている。

この1カ月間、ロシアはウクライナ軍が原子力発電所を砲撃し、一部の設備や建物を損傷させたと繰り返し非難している。モスクワは、キエフが1986年のチェルノブイリ原発事故と同規模、あるいはそれ以上の原発事故を起こす危険性があると警告している。

一方、ウクライナは、自国軍がこの施設を標的にしていることを強く否定し、ロシア軍が親キエフ派を罠にかけるために故意に原発を砲撃したと非難している。さらに、ウクライナ政府関係者や欧米の一部の支持者は、ロシアが同工場を軍事基地として利用し、その敷地内に人員や機材を隠していると主張している。

ロシア側は、国際原子力機関(IAEA)に査察官を派遣するよう繰り返し要請しており、そうすればモスクワ側の言い分が裏付けられるとしている。

次のツイートは、BBCを引用。ロシアのRTのほうが最新情報を伝えています。



posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月24日

ウクライナ・米国はザポリージェ原発の破壊をやる気らしい





水は屋内退避のために何よりも重要。しかし、食品の準備を言っていません。救急キットなどは役に立たない。ウクライナの集合住宅には地下室があるようですから、それを使わせるはずですが、言及しているでしょうか。
書類
薬とマスク
水、食べ物
電話、ラジオ
は言っています。

Ukrainian spies detained at nuclear plant – Russia
Two workers at the Zaporozhye facility have been providing information to Kiev, the Russian National Guard has claimed
Russian forces have detained two employees of the Zaporozhye Nuclear Power Plant in southern Ukraine, who have been providing information on troops and hardware locations to Kiev’s forces, the Russian National Guard (Rosgvardiya) said on Wednesday.

“Apart from that, a violator of access control [to the plant], an accomplice of the Armed Forces of Ukraine, who transmitted the coordinates of the movement of columns of Russian military hardware, has been detained,” they added.

After seizing control of the power station on March 4, Russian forces have detained 26 violators of access control to the plant – the largest nuclear power plant in Europe, the National Guard revealed. The facility continues to operate with local staff, while Russian troops patrol the premises and check for explosive devices and unexploded munitions, the National Guard said.

They noted that “Specialists of the nuclear, biological and chemical defense of the National Guard, together with colleagues from the Ministry of Defense, daily, several times a day, monitor the situation by measuring radiation levels at control points along the perimeter of the facility.”

In recent weeks, the nuclear power plant and the nearby city of Energodar have been repeatedly shelled by Kiev’s forces. The attacks damaged multiple buildings on the premises of the plant, causing fires and power outages, according to the Russian Defense Ministry.

Moscow has warned that the continuing attacks could ultimately render the power plant inoperable and might even result in a major disaster similar to the one in Chernobyl in 1986. Kiev and some Western officials, however, have accused Russia of shelling the plant, despite the fact that it is controlled by Russia’s own troops.
posted by ZUKUNASHI at 18:38| Comment(4) | 福島原発事故

ウクライナの「汚い爆弾」は9カ国に影響 - 核専門家

‘Dirty bomb’ in Ukraine would affect nine countries – nuclear expert
A former top USSR nuclear inspector warns it’s hard to predict where else the wind would blow the particles

A total of nine countries could be contaminated if the Russian-controlled Zaporozhye nuclear power plant in southern Ukraine is hit by multiple launch rocket systems, a former chief inspector of the USSR’s nuclear authority told RT.

Russian troops established control of the Zaporozhye NPP, Europe’s largest facility of the kind, early on in the course of military operations in Ukraine. Since then, Russia has repeatedly accused Kiev of launching artillery and drone strikes on the facility. Ukrainian officials claimed that the Russians were shelling themselves to discredit Kiev.

In an interview published on Tuesday, Vladimir Kuznetsov warned that if the plant is hit by volley fire, with numerous missiles striking the storage facility that holds spent nuclear fuel, chances are that more than one container would be damaged. This scenario would entail radiation escaping “into the environment – hence the contamination of not only the industrial site but also the Dnepr river which is nearby,” the expert noted.

Kuznetsov also pointed out that such a strike would most likely be accompanied by a fire, and “God knows where the wind would send the combustion products.”

The former chief inspector surmised that should 20 to 30 containers be breached in such an attack, the “radiation would affect approximately nine countries: Turkey, Bulgaria, Romania, Slovakia, the Czech Republic, Poland, the Baltic states and obviously Western Ukraine.”

Russian forces took over the Zaporozhye nuclear power plant in early March, within the first two weeks of Moscow’s military campaign against its neighbor.

In recent weeks, the Russian military has accused Ukraine of deliberately targeting the facility multiple times and warned that a major nuclear disaster, akin to that at Chernobyl in 1986, or even worse, could happen if such attacks continue unchecked.

Kiev, meanwhile, denies these allegations and claims that it is Russian forces that are shelling the power plant to frame the Ukrainian military – a point of view shared by the US and EU. The UN has called the attacks “suicidal” and proposed sending an International Atomic Energy Agency delegation to the site to provide “technical support” and help avoid a further escalation.

On Tuesday, local government administration member Vladimir Rogov told Russian media that Ukrainian forces had fired multiple rockets directly at the coolant systems and nuclear waste storage site inside the facility.

Since the storage site is out in the open, any hit would result in the release of nuclear waste ranging from dozens to hundreds of kilograms and lead to contamination of the area, the official explained.

“In plain language, that would be like a dirty bomb,” said Rogov.

元ソ連トップの核査察官は、風が粒子を他にどこに飛ばすか予測するのは難しいと警告している

ロシアが支配するウクライナ南部のザポロージエ原子力発電所が複数の発射ロケットシステムによって攻撃された場合、合計9カ国が汚染される可能性があると、ソビエト連邦の原子力当局の元主任検査官がRTに語った。

ロシア軍は、ウクライナでの軍事作戦の早い段階で、この種の施設としてはヨーロッパ最大のザポロージエ原子力発電所の支配権を確立した。それ以来、ロシアはキエフがこの施設に砲撃やドローンによる攻撃を行ったと繰り返し非難している。ウクライナ当局は、ロシアがキエフの信用を落とすために自ら砲撃していると主張している。

ウラジーミル・クズネツォフ氏は、火曜日に発表されたインタビューの中で、もし原発が砲撃され、多数のミサイルが使用済み核燃料を保管している貯蔵施設を攻撃すれば、複数の容器が損傷する可能性があると警告しています。この場合、放射能は「環境中に放出され、工業地帯だけでなく、近くにあるドニエプル川も汚染される」と専門家は指摘した。

さらにクズネツォフ氏は、このような攻撃は火災を伴う可能性が高く、「燃焼生成物が風に乗ってどこへ飛んでいくかは神のみぞ知る」とも指摘した。

元主任検査官は、このような攻撃で20〜30個のコンテナが破損した場合、「放射能はおよそ9カ国に影響を与える」と推測している。トルコ、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、チェコ、ポーランド、バルト三国、そして明らかに西ウクライナだ」。

ロシア軍は3月初旬、モスクワの隣国に対する軍事作戦の最初の2週間で、ザポロージエ原子力発電所を占拠した。

この数週間、ロシア軍はウクライナがこの施設を何度も故意に攻撃したと非難し、このような攻撃が野放しにされ続ければ、1986年のチェルノブイリのような、あるいはそれ以上の大規模な原子力災害が起こり得ると警告している。

一方、キエフ側はこれらの疑惑を否定し、ウクライナ軍を罠にかけるためにロシア軍が発電所を砲撃していると主張しており、この点は米国やEUも同じである。国連はこの攻撃を「自殺行為」と呼び、国際原子力機関(IAEA)の代表団を現地に派遣して「技術支援」を行い、さらなるエスカレーションを回避するよう提案している。

火曜日、地元政府の行政官ウラジミール・ロゴフ氏はロシアのメディアに対し、ウクライナ軍が施設内の冷却装置と核廃棄物貯蔵所に直接複数のロケット弾を発射したと語った。

貯蔵所は野外にあるため、命中すれば数十キロから数百キロの核廃棄物が放出され、周辺地域の汚染につながると説明した。

「分かりやすく言えば、ダーティーボムのようなものだ」とロゴフ氏は言う。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




posted by ZUKUNASHI at 16:37| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月20日

ある種のバンカーバスター爆弾、おそらく戦術核を使用する

posted by ZUKUNASHI at 22:40| Comment(0) | 福島原発事故

2022年08月17日

原爆投下の日は 米国大使館や米軍施設にデモをかける日では


露国連次席大使が国連事務総長を批判、米国が広島と長崎に原爆を落としたことを言及すべき
2022年8月7日, 11:00
ロシアのドミトリー・ポリャンスキー国連次席大使は広島市で開かれた平和祈念式典後に会見を行った国連のアントニオ・グテーレス事務総長に対し、果たしてどの国が広島と長崎に原子爆弾を落としたのかを言及すべきだったと苦言を呈した。
ポリャンスキー国連次席大使はツイッターへの投稿で次のように記した。

「親愛なる事務総長殿。世界はこの犯罪を米国が犯したことを決して忘れるべきではありません。この国は民間人に対して原子爆弾を落とした唯一の国です。軍事的必要性もなく。貴兄がご自身の発言の中でもこの点について言及していればよかったですね」

・・・・・

広島、長崎の原爆投下の日は、犠牲者を悼む行事ももちろんいいが、米国大使館や米軍施設にデモをかける日ではないだろうか。



posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(2) | 福島原発事故

2022年08月16日

Russia and UN discuss crisis at nuclear plant

Russia and UN discuss crisis at nuclear plant
Moscow has accused Ukraine of shelling the Zaporozhye facility, while Kiev and the EU blame Russia

Russian Defense Minister Sergey Shoigu held a telephone conversation with UN Secretary General Antonio Guterres on Monday regarding safety at the Zaporozhye nuclear power plant. Russia, which controls the plant, has accused Ukraine of shelling the facility, while Ukraine and its Western backers insist the Russians are attacking territory that they themselves hold.

Shoigu and Guterres discussed “conditions for the safe functioning of the Zaporozhye nuclear power plant,” a statement from the Russian Ministry of Defense read.

Located in the city of Energodar in southern Ukraine, the Zaporozhye facility is the largest nuclear plant in Europe. It has been under Russian control since the beginning of Moscow’s military operation in Ukraine but has been subjected to a series of attacks in recent weeks.

Russia has accused Ukraine of launching artillery and drone strikes on the facility, denouncing the operations as “nuclear terrorism.” Kiev, however, claims that Russian forces are targeting the plant – that they control – and pinning the attacks on the Ukrainian military.

The US State Department has taken Ukraine’s side, and called on Russian forces to withdraw from the area. Guterres has made a similar request, calling for the establishment of a demilitarized zone around the plant but without singling out Russian or Ukrainian forces.

The EU published a statement on Sunday accusing the Russian military of attacking Zaporozhye, preventing the plant’s safe maintenance.

Russian Foreign Ministry spokeswoman Maria Zakharova accused the EU of “blatantly lying,” saying that it is “undeniable that the attacks on the station and Energodar are carried out by Ukrainian armed groups acting on orders from Kiev.” Zakharova said the supposed Russian threat to the plant is being fabricated to allow Ukraine to prevent International Atomic Energy Agency (IAEA) inspectors from accessing the facility.

Vladimir Rogov, a member of the Zaporozhye military-civil administration, told RT on Monday that Ukrainian and UN officials want to keep the IAEA team away from Zaporozhye, because if they visited the plant they would conclude that it had been shelled by Kiev’s forces.

“It is obvious, it’s all been documented, and not only that, it’s also well known who is being supplied with American guided missiles,” Rogov said. “Obviously, not Russia, but the Zelensky regime.”

Russia has previously appealed to the UN and IAEA to intervene and force Ukraine to cease firing on the plant.


posted by ZUKUNASHI at 07:10| Comment(0) | 福島原発事故