フィールドワークの記録 12 自宅内外の平均線量率の測定: ずくなしの冷や水

2015年03月04日

フィールドワークの記録 12 自宅内外の平均線量率の測定

自宅の累積線量率を測りたくて、新しい測定器を買った。安くて、累積線量が測定できるものという条件でSOEKS DEFENDERを選んだ。この測定器は、噂どおり電池の消耗が早く、新品の単4電池でも24時間持つかどうか。単4の2次電池4本と充電器を購入し、常時1組を充電しておいて、測定器の電池残量が少なくなったらスイッチを切って電池を取り替えている。スイッチを切ってもリセットするまで累積線量は保持される。

なお、USB電源で作動するが、2次電池を入れたままでは測定器が熱を持つ。電池なしでUSB電源で作動させておくといつの間にか電源が切れていた。

これまでの測定結果。
@ 累積線量 2.44μSv、累積時間21時間、平均0.116μSv/h。年間1.016mSv。
A 累積線量 1.89μSv、累積時間17時間、平均0.111μSv/h。年間0.973mSv。降雨、外出せず。
B 累積線量3.4μSv、累積時間 29時間30分、平均0.115μSv/h。
C 累積線量3.27μSv、累積時間 28時間20分、平均0.115μSv/h。
BとCでは、高線量率の場所も測定したが、時間が短いのでその影響は見られない。
D 2014/6/13、累積線量3.86μSv、累積時間 32時間30分、平均0.119μSv/h。年間1.04mSv
E 2014/6/14、上の継続で累積線量4.19μSv、累積時間 35時間30分、平均0.119μSv/h。年間1.04mSv
エアーカウンターの測定値は、多くが0.05μSv/h前後だから、SOEKS DEFENDERで測定した平均線量率は約2倍だ。
F 2014/6/15、佐倉方面ウォーキング、7時間23分、1.02μSv、平均0.136μSv/h。屋外だから少し高い。視認した高い値は0.33μSv/hだった。
G 2014/6/19、家の近所、57分、0.13μSv、平均0.1368μSv/h。視認した高い値は0.39μSv/hだった。
H 2014/6/20から6/21にかけて友人に持ち歩いてもらった。職場は江戸川区。27.8時間、3.02μSv、平均0.1086μSv/h。自宅周辺より低いが、職場が新築の建物内にあるためのようだ。
I 2014/6/22、夕刻2時間35分、0.36μSv、平均0.139μSv/h。北寄りの風、私の懸念施設からの影響が強いようだ。
J 2014/6/26、33.5時間、3.85μSv、平均0.115μSv/h。夕刻屋外で0.5μSv/h視認。

茨城県稲敷郡にお住まいの方が、SOEKS DEFENDERで測定した結果を掲載しているサイトがある。
Zチューンとブレーキ&ソーラーアシスト、節油と節電で 地球温暖化対策中!
ここに掲載されていた雨樋下の計測結果
直置き サランラップ  1.6μSv/h
直置き アルミホイル  1.44
地表から5cm       1.04
同1m          0.25
私の見つけたマイクロホットスポットの2倍以上ある。

この測定器は、一定の電波に反応するようだ。
SOEKSで強い電波も探索できる? 近所で使う携帯端末の電波でも線量計が誤作動する

K 2014/6/30、 3日3時間半8.76μSv、平均0.116μSv/h、ときどき0.3μSv/h超の警報。
L 2014/7/3、56時間、6.46μSv、平均0.115μSv/h
M 2014/7/6、56時間、6.45μSv、平均0.115μSv/h
IH調理器具の間近でエアーカウンターが異常値を示すと聞いて試してみたがあまり上がらなかった。底に近づけると少し上がった。0.12μSv/h。
N 2014/7/10、72.7時間、8.24μSv、平均0.113μSv/h
O 2014/7/14 58時間、6.63μSv、平均0.114μSv/h
P 2014/7/16 32.3時間、3.64μSv、平均0.113μSv/h
屋内主体だと、0.114μSv/hで安定してきた。パナソニックの二次電池の持ちが悪くなっている。1ヶ月余で能力低下だ。1日2回取り替えないといけない。
Q 2014/7/24 73時間、8.33μSv、平均0.114
R 2014/7/29 66時間、7.48μSv、平均0.113
20 2014/8/3  85.83時間、9.8μSv、平均0.114
21 2014/8/7  63.07時間、7.38μSv、平均0.117
22 2014/8/13 116.5時間、13.2μSv、平均0.113
23 2014/8/14 13時間 1.52μSv、平均0.116μSv/h
24 2014/8/15 5.25時間 0.73μSv、平均0.139μSv/h
5.25時間は、途中駅から帰着駅まで 
25 2014/8/20 62.8時間 7.25μSv、平均0.115μSv/h
26 2014/8/27 133.2時間 15.2μSv、平均0.114μSv/h
27 2014/8/31 55.5時間 6.2μSv、平均0.112μSv/h
28 2014/8/31 0.67時間 0.22μSv、平均0.132μSv/h

風の通る広場で0.2μSv/hが連続1分以上続いた。
29 2014/9/2 42.9時間 4.88μSv、平均0.114μSv/h
30 2014/9/2 1.6時間 0.21μSv/h、平均0.131μSv/h 少し長めのウォーキング。屋外が95%。北よりの風。

上の測定結果からすると、屋外0.13μSv/h、屋内0.114μSv/hといったところだ。0.13μSv/hはちょうど1μCi。「チェルノブイリの長い影」では、1μCiの水準を超える汚染地域では健康被害が生じているとある。屋外で遊ぶ時間の多い子供の中にいずれ健康を害する者が多くなることは避けられない環境だ。長じて生殖機能に支障を生ずる者も多くなるだろう。SOEKSはロシア製だから、この測定値が使える。私もいずれ発症するだろう。

31 2014/9/4 26.7時間 3.02μSv、平均0.113μSv/h
32 2014/9/5 31.78時間 3.64μSv、平均0.1145μSv/h
33 2014/9/7 44.33時間、5.06μSv、平均0.114μSv/h
34 2014/9/8 26.33時間、3.07μSv、平均0.117μSv/h 屋内でも少し高かった。
35 2014/9/9 33.8時間、3.96μSv、平均0.117μSv/h 屋外で0.22μSv/h視認。北風で線量率が上がっている。
36 2014/9/11 42.2時間、4.79μSv、平均0.1135μSv/h。
37 2014/9/13 41.5時間、4.75μSv、平均0.1145μSv/h。
38 2014/9/13 4.05時間、0.56μSv、平均0.138μSv/h
39 2014/9/15 42.33時間、4.87μSv、平均0.115μSv/h 38の測定分を含む。
40 2014/9/15 1.7時間、0.22μSv、平均0.129μSv/h 風がなくてもやはり屋外は高い。
41 2014/9/16 26.2時間、2.97μSv、平均0.1134μSv/h
42 2014/9/17 21.75時間、2.52μSv、平均0.1159μSv/h
年間1ミリシーベルトの水準が続く。
43 2014/9/18 21時間、2.4μSv、平均0.1143μSv/h 外出時に携帯しなかった。 西風になったら線量率が下がった。
44 2014/9/19 21.05時間、2.41μSv、平均0.1145μSv/h
45 2014/9/20 25.75時間、2.91μSv、平均0.113μSv/h 風もなく久方ぶりに低い値が出た。外出時に携帯しなかった。
46 2014/9/21 21.25時間、2.47μSv、平均0.116μSv/h 3時間ほどウォーキング。0.22μSv/h出ていたときもあったが、それほど高くなっていない。
47 2014/9/23 25.9時間、2.99μSv、平均0.115μSv/h 1時間半ほど外出
48 2014/9/23 5時間、0.65μSv、平均0.13μSv/h 4時間外出、フィールドワークも
49 2014/9/27 85.3時間、9.66μSv、平均0.113μSv/h
50 2014/9/29 29.5時間、3.42μSv、平均0.116μSv/h 9/28のウォーキングが影響しているようだ。
51 2014/10/3 89.5時間、10.1μSv、平均0.113μSv/h
52 2014/10/6 66.5時間、7.54μSv、平均0.113μSv/h
53 2014/10/7 17.15時間、1.92μSv、平均0.112μSv/h 屋内特定場所の測定
54 2014/10/12 102時間、11.5μSv、平均0.1127μSv/h
55 2014/10/17 82.13時間、9.4μSv、平均0.1144μSv/h
56 2014/10/19 127.65時間、14.5μSv、平均0.1136μSv/h
57 2014/10/23 72.27時間、8.25μSv、平均0.1142μSv/h
58 2014/10/25 4.03時間、0.55μSv、平均0.1347μSv/h 郊外の林を歩いた。
59 2014/10/31 87.5時間、9.85μSv、平均0.1126μSv/h 屋外に持ち出さなかったからか少し低い。
60 2014/11/7 141.65時間、16.1μSv、平均0.1137μSv/h 
61 2014/11/10 69時間、7.79μSv、平均0.1126μSv/h 
デジカメ用のUSB電源に接続しているが、熱を持たない。
62 2014/11/14 71.33時間、8.08μSv、平均0.1133μSv/h 11/12都心へ
63 2014/11/17 28.5時間、3.33μSv、平均0.1168μSv/h 11/16、4時間ほど近郊ウォーキング。
64 2014/11/30 112.4時間、12.9μSv、平均0.1148μSv/h 11/24、4時間ほど近郊ウォーキング。
65 2014/11/30 5.68時間、0.79μSv、平均0.139μSv/h これまでの最高と同じ
66 2014/12/3 82.68時間、9.62μSv、平均0.1163μSv/h 屋内のみ少し高い

2014/12/6、寒いが買い物に出た勢いで、ベータ線の測定。ズボンの裾に測定器を貼り付けて歩いた。途中で空間線量率が0.44μSv/hにもなったので、ショートカットで帰宅。25分しか歩いていなかった。
累積線量0.07μSv/h、換算して0.165μSv/h。これだけの値はそうそう出ない。時間が短いので誤差を考慮しても 0.154から0.174μSv/h。十分に高い。0.05μSv/hも差が出るとは意外だった。
なお、出かける前は49.42時間で5.65μSv、平均0.114μSv/hだった。帰宅後は1時間20分で平均0.113μSv/h。これからは、ウォーキングの際は、測定器を靴の上に縛り付けて歩く。

69 2014/12/7 19.37時間、2.19μSv、平均0.113μSv/h
70 2014/12/7 2.08時間、0.3μSv、平均0.15μSv/h 測定器を足首に貼り付けて測定。ベータ線が含まれる。
71 2014/12/10 67.57時間、7.66μSv、平均0.113μSv/h。外出時携行なし。
72 2015/1/4 82.81時間、9.04μSv、平均0.1092μSv/h。新SOEKS。
73 2015/3/7 16.12時間、1.72μSv/h、平均0.1067、新SOEKS、外出なし。




コメント関連

(初出 2014/6/30 随時追記)
posted by ZUKUNASHI at 09:07| Comment(9) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様
 
 私はロシア製RD1503にて中部、滋賀方面を計測していますが、凡そ0.15μSv/h前後の数値が出ます。稀に0.18μSv/hが縦樋の下であります。この機種は比較的高い数値が検出されるとの事ですが、この機種で千葉県佐倉付近を計測された方の結果は次の通りです。

http://hakatte.jp/spot/12699

http://hakatte.jp/spot/6851

http://hakatte.jp/spot/30698

http://hakatte.jp/spot/30680
Posted by 山川 廉 at 2014年06月26日 19:46
ロシア製だとやはりコバルト60で較正でしょうか。それだとSOEKSと同じに高めに出るかもしれませんね。
調べていただいた志津の辺りから南は線量率が高いですが、今はもう少し下がっているのではないでしょうか。
花崗岩土壌で自然放射線が少し高くても空中を放射性物質が飛んでいなければ、まだリスクは少ないと思います。今日は公園入り口地上1mで0.5μSv/hでしたから、危険が大きいです。
Posted by ずくなし at 2014年06月26日 20:26
ずくなし様

こんばんは
たいへん初歩的な質問で恐縮なのですが・・・

先週ある場所を訪れ、自前のカウンター(HORIBA PA1000 ガンマ線のみ)で0.08〜0.09μSv/hを示しました。やや強い降雨の直後でした。
翌日は晴れで、全く同じ場所を訪れ測りますと0.04〜0.05μSv/hを示しました。

ちなみにその場所とは南アルプスの西側、畑の広がる平地で、標高600m位の場所です。
またその周辺の地域や車に乗っている最中も、初日と翌日では似たような差がありました。

降雨にビスマスが含まれ空間線量率が上がると聞いたことがあるのですが、雨の影響だけでそんなに差が出るものなのか、もしかしてプルーム!? かとぞっとしました。

東京にいるときは、降雨の前後差をあまり感じることがないので、やや面食らいました。
何かヒントをご教示下されば幸いです。

(追伸)
先月SOEKS DEFENDERを入手しましたが未だ使い方奮闘中です。。。;
Posted by ゆる at 2014年07月03日 19:42
ゆるさん こんにちは
特に夏は降雨に伴って空間線量率が上がります。ご指摘のようにビスマスなどラドン系列の放射性物質が雨に含まれて降下してくるからです。2014/7/1は、岐阜県の下呂市で局地的な降雨があり、空間線量率が大きく上昇しました。記事の末尾にグラフを掲げました。
このような現象は昨夏は特に顕著でした。
2013/8/15長野県で降雨による空間線量率急上昇
http://inventsolitude.sblo.jp/article/72491111.html
雨が降ったら急いで洗濯、飲み水貯留、外出控えよ
http://inventsolitude.sblo.jp/article/61571384.html
家庭で手軽にラドン温泉浴?
http://inventsolitude.sblo.jp/article/74004095.html
ラドンだけでなく、セシウムなども降下しているのだろうと個人的には見ていますが。
Posted by ずくなし at 2014年07月03日 20:16
うわーすごいですね。。。
絶句です・・・いやはや...
Posted by ゆる at 2014年07月03日 20:48
はじめまして、こんにちは。

昨日、7月7日は1メートルの所で0、17〜0、26でした。本日は、0、24〜0、38と跳ね上がっています。普段は0,05〜0,06の地域です(千葉市花見川区)。付近には工場など何もないのどかな地域です。何故、7月に入り線量が跳ね上がっているのかが疑問です。
Posted by TO at 2014年07月08日 08:06
高橋さん こんにちは
ずいぶん高いですね。もう少し詳しく教えていただけますか。
測定頻度:一日何回、何時頃、一回につき何分測定か。
測定機器
風向き等(今日は千葉市周辺は晴天で北東の風ですね)
そして、花見川区内の位置:花島公園を中心にそこから東西南北だけで結構です。
普段0.05から0.06ですと区内では異例の低さですね。
Posted by ずくなし at 2014年07月08日 09:10
早速のお返事ありがとうございました。

詳しくは、花見川区長作町の武石インター寄り。長作小学校から幕張中学校の中間で自宅の玄関先で計測しました。機器はエステーのエアカウンターです(タマゴ型)。測定は週に1回くらいで午前8時頃です。申し訳ありません、風向きは微風だった為あまり意識しませんでした。スイスの放射性物質拡散予測は時折見ています。今日は関東地方ひどいですね。私としては、福一1号機の建屋カバーの取り外しが行われているらしいので、線量が跳ね上がっているのはその影響かなと思っていますが……。
Posted by TO at 2014年07月08日 10:02
7/7は降雨の影響か公設のMPも若干あがっていました。でも7/8は、私が見ている線量率は特に上がっていません。
お住まいの地域は、高台になっていますから、埋立地にある焼却施設の排煙等の影響も受けやすいと思います。
もし、今日7/8の測定値のような高い値が頻繁に出るようなら、周辺で廃棄物処理などが始まっていないか、警戒が必要です。
せっかく測定器をお持ちなのですから、頻繁に測定されたほうが良いと思います。自宅の線量率の変化をとらえるという点では、屋内の一定の場所で測れば良いのですから。他の方が他の場所で測った数値と比較するなら、屋外地上1mうんぬんが必要になりますが、自宅玄関前の通常値が分かっているわけですから、出勤時の被曝リスクを確認するためでなければ、屋内で計測したほうが良いでしょう。強いプルームが流れてくれば、屋内でも数値の変化があります。
1号機のカバーの取り外し、私も警戒していますが、まだ影響を捕捉出来ていません。
Posted by ずくなし at 2014年07月08日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。