2012年秋に3ヶ月間来日した米国人留学生の被曝体験: ずくなしの冷や水

2014年06月11日

2012年秋に3ヶ月間来日した米国人留学生の被曝体験

EcoWatch Melanie Pawlyszyn June 6, 2014
Was I Exposed to Radiation From Fukushima?

原文の抜粋を下に引用掲載した。次の日本文は、あくまでも読者の便宜のためこのブログ管理人ずくなしが訳したもの。なお、この体験部分の一次資料と見られるものが、Fukushima Voice version 2 2013/9/20の記事にある。「20代前半の米国女性が、日本へ短期留学した後に体調を崩した経験をメールで語ってくれた」とのこと。下の記事に書かれた内容と比較すると、米国帰国前の2週間に東京で5日間、日光で2日間、仙台で2日間過ごしたとある。行動経過の記載が違っていることに加え、メールの記事には「東京では、築地市場の近くでお寿司を食べ」たとの記述もある。

・・・・・

2012年秋、私は、日本の京都での留学プログラムに3ヶ月間参加した。日本滞在の最後の週の一つ前の週に、私は福島の南約200キロの日光と、福島の北約100キロの仙台で3日間を過ごした。
日光では、私はカエデの葉がカラフルな森へハイキングに行ったが、そこで私は奇妙な頭痛や疲れを感じ始めた。その時点では、私はその地域で放射線被曝の可能性があるとは考えもしなかった。私は、福島第一原発で進行中の危機と2011年3月のメルトダウン以降、本州の北半分、福島を取り巻く各県の陸域に及んだ核降下物について無知だった。
私が仙台へ新幹線で移動したとき、福島で停車した。 その時初めて、放射線被曝の可能性が私の心を過ぎった。乗客を乗降させるためドアが開き、私は、空気に重苦しい雰囲気を感じた。 私の周りの乗客が下向きにうつむくように見えた。 何人かは彼らの手や袖で鼻と口を覆い、また何人かは上着の内側上部に自分の顔を入れた。 彼らは私が知らない何かを知っていたのか。
3日間抜けなかった頭痛が突然突き刺すような片頭痛に変わった。私は以前にも片頭痛を経験したことがあるが、最後の偏頭痛から6ヶ月以上経過していた。なんらかの原因がこれほど急に偏頭痛を引き起こすということは、尋常なことではない。
片頭痛は、1時間続いた。 列車が北に向かって走行を続けるにつれて、私の頭の中の圧力は緩和された。 仙台に到着した頃には、私の痛みは完全に消えていた。 次の3日間、私は元気だった。
11月中旬、私は京都に戻り、日本での最後の週を過ごした。最後の4日間に私は再び片頭痛を経験した。出発の日に、私は大阪から東京へ飛び、そして東京から米国に飛んだ。太平洋横断飛行中を通じて、私は胃に原因不明の刺すような痛み、吐き気、精神錯乱を感じた。胃の痛みは、私が今まで経験した食中毒のどれよりもはるかに強かった。
私が家に戻った頃には、痛みが消えていたことで私は安心した。だが、私の奇妙な症状の終わりは、実際には始まりだったことを思い知らされる。翌朝、私は鼻が血まみれで目が覚めた。 翌月、私は毎日、鼻血、頭痛やめまいを経験した。 私は慢性疲労や脱力感を感じ、私の心は曇った。
12月の第2週に、私は二日連続で嘔吐し、どうしようもないまま私の体から全ての水分を排出した。この間、私は食べ物を口に出来なかった。私の体は弱くなり、力が抜けてしまった。私は1月の途中まで鼻血を出し続けた。
2013年1月半ば以降、これらの症状は止まっている。 私は西洋医学と東洋医学の両方で何人かの医師のアドバイスを求めてきた。彼らは私が放射線被曝の典型的な症状を経験したことを確認した。彼らは、私が身体内部の損傷があるかどうかをテストするために、また放射線の長期的な影響を防ぐために今できることは何もないと言う。
日本留学後1年半経過した今でも、私は自分の身体的な健康の変化に気づく。 私の筋肉は弱く、週に3、4回の運動とウエイトリフティングは私が強さを取り戻す助けにはなっていないように見える。
私には、私の鼻血、頭痛、吐き気、疲労が放射線被曝によるとも、吸気(被曝)によるとも、経口摂取(被曝)によるとも、原因を定かにすることはできない。私は科学者ではないし、疑いの余地がないほどに因果関係を証明する科学的な証拠や実験室でのテスト結果を持っていない。
しかし、科学的な証拠がないことが、私の経験を無価値にするだろうか? 多数の説明のつかない症状に苦しんでいる福島県の市民のように、放射線病の因果関係の証明が欠けているからと言って、他者が彼らの苦しみを無視して顔をそむけてしまうことが正当化されるだろうか。


In the fall of 2012, I participated in a study abroad program in Kyoto, Japan, for three months. During the penultimate week of my stay in Japan, I spent three days in both Nikko, about 200 kilometers (124 miles) south of Fukushima, and Sendai, about 100 kilometers(62 miles) north of Fukushima.

While in Nikko, where I went hiking through forests of colorful maple leaves, I began experiencing strange headaches and fatigue. At the time, I had not even considered the possibility of radiation exposure in that area. I was ignorant of the ongoing crisis at Fukushima Daiichi and the nuclear fallout from the March 2011 meltdowns that covered areas of land in the prefectures surrounding Fukushima in the northern half of Honshu.

As I traveled by bullet train to Sendai, the train stopped in Fukushima. For the first time, the possibility of radiation exposure crossed my mind. The doors opened to let passengers pass through, and I felt a heavy mood in the air. The passengers around me seemed to be folding downward. Some covered their noses and mouths with their hands or sleeves, and some even tucked their faces into the tops of their jackets. Did they know something that I didn’t?

My headache that was lingering for the past three days suddenly magnified into a piercing migraine. I had experienced migraines in the past, though it had been over six months since the last one. How unusual that something could have triggered a migraine so quickly.

The migraine lasted up to an hour. The pressure in my head eased as the train continued northward. By the time I arrived in Sendai, my pain had completely dissipated. For the next three days, I felt fine.

In mid-November I returned to Kyoto, where I spent my final week in Japan. During the last four days, I experienced a migraine again. On departure day, I flew from Osaka to Tokyo and then from Tokyo to the U.S. During the entire transpacific flight, I felt unexplainable stabbing pains in my stomach, nausea and delirium. The pain was far greater than any kind of food poisoning I had ever experienced.

By the time I arrived back home, I felt relieved that my pain was gone. What I thought was the end of my strange symptoms was actually the beginning. The following morning I woke up with a bloody nose. During the next month, I experienced daily nosebleeds, headaches and dizziness. I felt chronic fatigue and weakness, and my mind was clouded.

During the second week of December, I vomited for two days straight, uncontrollably purging all of the liquids from my body. On those days, I could not consume food. My body became weak and drained of energy. I continued to have nosebleeds halfway into January.

Since mid-January 2013, these symptoms have stopped. I have sought the advice of several doctors of both western and eastern medicine, and they have confirmed that I experienced typical symptoms of radiation exposure. They say there is nothing I can do now to test if I have internal damage or to prevent long-term effects of radiation.

Still now, one and a half years after studying in Japan, I notice a change in my physical health. My muscles are weak, and it seems that exercising and lifting weights three to four times a week does not help me gain strength.

It is not possible for me to attribute my nosebleeds, headaches, nausea and fatigue to radiation exposure, either inhaled or ingested. I am not a scientist, and I do not have the scientific evidence or laboratory test results to prove the causal relationship without a shred of a doubt.

But does the lack of scientific evidence nullify my experience? Like the citizens of Fukushima Prefecture who have suffered from numerous unexplainable symptoms, does the lack of causal proof of radiation sickness justify others to ignore their suffering and simply look the other way?

(初出 2014/6/11 冒頭部追記 2014/6/12)
posted by ZUKUNASHI at 15:05| Comment(0) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。