日本のおばさんは頑張る若い母親を応援している: ずくなしの冷や水

2014年06月04日

日本のおばさんは頑張る若い母親を応援している

私が寄稿を依頼したある読者の便りから抜粋して紹介する。

・・・・・・

私が“主婦キャリアの長い立場で被曝を避けるために心がけていること”を寄稿できなかったのは、文章にするのが面倒だったからではありません。

私は、色々な立場・・・時間的、身体的、経済的に余裕があるかどうか等の状況によって、できることとできないことの差がとても大きい様に感じ、少し辛く思っています。

例えば、乳幼児を保育園に預けてフルタイムで働いている第二子以降の出産の可能性のあるお母さん。

内部被曝を避け、取り込んでしまったものを排出すべき、私の中での優先順位が一番高い方達ですが、果たしてそれはたやすくできることでしょうか?

食物の産地を選べる立場にあるということは、とても恵まれているように思います。私は、若い方達に申し訳ないようにも思っています。

又、確実でもなく実行するのが難しいことを話して、不安にしたり混乱させたくないとも思っています。

日本の国民のほとんどが、新聞やテレビの報道を露ほども疑うことなく信じていたと思います。

多くの政治家は国や国民のために人生を賭け、優秀な頭脳を持つ官僚は国をよりよくする為に誇りを持って尽力していたはずでした。

もちろん私も同世代の優秀な友人を横目で見ながらそう信じていました。

原発事故、内部被曝・・・3.11後ネットで情報を集めざるをえなくなりました。

ネットで原発事故の状況をググって調べるうち、「騙されて死ぬのは絶対いやだ」と思うようになりました。

幸い活字を追うことが苦痛でなかったものですから、何百というブログや記事を納得いくまで追いかけ、様々な講演にも足を運びました。

初めてPCで送ったメールは、京大・小出先生の講演会申込みでした。すぐに満席になってしまいそうで、夜家族が帰宅してから申込みしてもらっても間に合わないかもしれない、と必死でした。

本当のことを知りたい。自分の目や耳で確かめたい、子どもを守りたいと必死で、十人近い方の講演を聴かせていただきました。その中で、私の心に一番残った忘れられない言葉をお伝えします。

おしどりマコさん「すぐに人(の言うこと)を信用しないでください。もちろん私の言うことも、こうして会って話を聞いてから自分で判断してほしい。良い人、悪い人はどこにでもいるし、ネットで顔は見えません。何でも自分の目で見て、耳で聞いて、自分で感じて考えて判断することが大切です」。

武田邦彦教授「放射能のことを心配する母親達のことを“神経質だ”と言う人がいるが、日本のお母さん達が神経質だから、日本の乳幼児死亡率は低いのです」。

3.11以降一番ショックだったのは、“国やマスコミが嘘をついている=未曾有の災害時、国家に国民を守る気持ちがなかったし、これからもそうするつもりがない”ということでした。

そうする中で“人は自分が納得いくように生きる権利がある”と思い至りました。

例えば戦争中に、「隣が疎開しないから、うちも疎開しない」などと他人任せの呑気な判断を、親世代や、祖父母の世代はしたでしょうか。

皆必死で、まずできることを、自分の足元を守ろうと頑張ったから、今の私達があるのではないかと思います。

精一杯自分で考え、調べ、迷い、判断すること。自分の命に対して責任を持つこと。そして自分以外に対して何ができるのか。

私は自分にも我が子にも問い続けたいと思っています。それがこの三年間で私が学んだ一番大きなことでした。
posted by ZUKUNASHI at 11:01| Comment(1) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
ずくなし様

こんばんは。若くはありませんが(笑)小さな子どもを育てている母親です。
移住したいのですが日本中原発だらけ、汚染も広がってしまい、調べれば調べるほど、どこに逃げたものやら分からなくなってきています。

汚染は多かったけど雨でだいぶ流れてしまった市街地と、汚染はわずかだったけど田んぼや畑の多い地域と、汚染はほとんどないけど元々自然放射線の高い地域と、どこを選択しようかと。
事故後4年目ともなると、「勢い」で移住も出来ず、、。

私の行動範囲である多摩市〜東京都心では、概ね0.05〜0.08マイクロシーベルト/時(ガンマ線のみ)で安定しています。山や川、海に近づかなければそれほど危険はなく、見切り発車で慌てて移住しないほうが良いのではないかと気がゆるんでおります。
食べ物だけはかなり気をつけており、手洗い・うがい・マスクも励行していますが。。。何かヒントをご教示下されば幸いです。


すいません前置きが長くなりました。
ご存じかもしれませんが、母親達の啓発に向いていそうなサイトを紹介させて下さい。
参考になれば幸いです。

子ども全国ネット
http://kodomozenkoku.com/

みえないばくだん
https://www.youtube.com/watch?v=7k8DtTzna5c

ママレボ
http://momsrevo.blogspot.jp/


体調を崩しやすい気候です、
それではどうぞご自愛くださいませ。
Posted by ゆる at 2014年06月09日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。