病院が怖い 千葉は医師らに脳神経障害?? とうとう来たか: ずくなしの冷や水

2016年01月05日

病院が怖い 千葉は医師らに脳神経障害?? とうとう来たか

TBSNEWS 2014/4/22
千葉県によりますと、「千葉県がんセンター」でおととし9月から今年2月にかけて行われた消化器外科の男性医師による腹腔鏡手術を受けたすい臓がんなどの患者3人が、術後、相次いで死亡したということです。死亡したのは57歳から80歳の男女3人で、いずれも手術当日から2週間の間に死亡していました。

5/1追加情報
このほかにも、2008年と2010年にも、同じ手術を受けた3人が死亡していたことがわかったという。
このうち2人は、問題の医師が執刀していて、検証委員会が調べる方針。

5/8追加情報 2014/5/8朝日
 厚生労働省が千葉県の医療機関の手術で死亡事故が相次いでいることや、歯科医が無資格で麻酔をしていることを知らせる内部告発を受けながら、調査していなかったことが朝日新聞の調べでわかった。同省では内部告発を放置する例が相次いで発覚しており、専門家は「医療機関との癒着を疑われても仕方ない」と指摘している。
 内部告発をしたのは、2010年9月まで千葉県がんセンター(千葉市中央区)に勤めていた麻酔科医の志村福子さん(42)。同センターで医師が行うべき麻酔を歯科医が日常的に行っていること、腹腔(ふくくう)鏡手術で死亡事故が相次いでいることを告発する内容のメールと文書を11年2月、公益通報者保護法に基づいて内部告発を受け付ける厚労省の行政相談室に送った。
 ところが、相談室は志村さんがすでに退職していたため、「保護法に基づく内部告発ではない(法律が保護する『労働者』ではない)」と判断。文書を送り返し、管轄の千葉県に告発するよう伝えた。

千葉市の主要医療機関は市の東南部、大網街道沿いに集中している。次の図の上から
@ 千葉大学付属病院
A 千葉市立青葉病院
B 国立病院機構千葉東病院
C 千葉社会保険病院
D 千葉県がんセンター
E 下総精神医療センター
F 千葉県子ども病院
G 千葉県千葉リハビリテーションセンター



上の図には含まれないが、千葉市内には、H 国立病院機構千葉医療センターもある。

幸い、これらの医療機関のお世話になったことはないが、ウォーキングの際に建物を眺めたことはある。だいたいが日曜か祝日で、人や車両の出入りが少なく、えらくさびしい病院だと思ったのがいくつもある。

大網街道は片側1車線の古い道路。

上に列挙した病院のうち、千葉大学付属病院は1日の外来が3,500人だという。すべて紹介状を持った患者だ。

他の病院がどんな状況かは知らないが、最近、次のようなツイートがあった。

私のニセモノに注意 ‏@tokaiama 氏の2014/3/14のツイート
吐き気と頭痛を伴う片足の痺れが進行している21歳女性を国立千葉病院で診察を受けたら何故か内科に回され「もやもや病」の疑いとか 普通は脳梗塞を疑いMRIを取るはずなのに 千葉では被曝に関連づけられる心筋・脳梗塞の疑いを他の病気にすり替えるように上から指令が出てるのだろうか?

最近、医療過誤のニュースが多い。報道されるのは氷山の一角だろう。冒頭の報道は見かねた病院の内部者が県に通報したのではないか。

知人からも、近くの病院がいかに頼りにならないか、いやというほど聞かされている。重い病気にかかったら諦めよう。眼科だけは、ネットで信頼できる医師を見つけた。新幹線代がかかるが、その人に診てもらおうと思っている。

・・・

現代ビジネス2014/4/22 「週刊現代」2014年4月5日号から 日本薬剤師会会長(児玉孝氏)
現代の西洋医学におけるクスリというのは、人工的に作られた化学合成物質ですから、身体の中にはもともと存在しないものであり、「毒」と言ってもいい。できれば飲まないほうが良いものなのです。

現代ビジネス2014.04.22
女性は2011年1月、突如現れた男たち(民間の救急搬送業者)に拉致され、車で大阪府立精神医療センターに運ばれた。そこで「統合失調症」と誤診され、閉鎖病棟に収容された。対応した2人の精神科医(うち1人は強制入院の必要性を判断できる精神保健指定医)は、「妻には妄想や幻覚がある」などの元夫の作り話や、元夫が提出したウソの病歴書面を真に受け、健康な女性を重い精神疾患と診断し、人身の自由を奪った。

時事通信2014/4/23
兵庫県立淡路医療センター(洲本市)で昨年11月、心不全で入院していた男性患者=当時(77)=の容体が急変した際、心電図の警告音が鳴ったのに看護師が約70分間気付かず、男性が死亡していたことが23日までに分かった。病院は医療過誤を認め、遺族らに謝罪した。

※ TBS2014/7/25
千葉県がんセンターで腹腔鏡下手術を受けたがん患者9人が術後死亡していた問題で、25日、第三者検証委員会の初めての会合が行われ、これまでの9件とは別に、複数件の死亡事例があったことがわかりました

onodekita@onodekita氏の2014/8/1のツイート
東大病院がいいかどうか・・ QT @TerukoOkamoto: @onodekita 千葉がんセンター勤務の医師の妻が病気になると、妻は即刻東大病院へにゅういんになった。コネの力は人間の生と死を支配する。

毎日新聞 2015年03月26日
 千葉県がんセンター(千葉市)は26日、肝細胞がんの治療を受けていた県内在住の男性(65)が抗がん剤投与後に容体が急変し、死亡したと発表した。投与したのは消化器外科の50代の男性医師で、同センターで腹腔(ふくくう)鏡手術を受けたがん患者が相次いで死亡した問題では大半の事例を執刀していた。センターは医療ミスの可能性もあるとみて外部有識者を含む院内事故調査委員会を設置した。

毎日新聞 2015年03月30日
千葉県がんセンター(千葉市中央区)で腹腔(ふくくう)鏡手術を受けたがん患者が相次いで死亡した問題で、県の第三者検証委員会は、検証対象とした11例の大半で術式の選択や術中、術後の対応に複数の問題があったなどとする最終報告書案をまとめ、30日、県側へ提出した。指摘を受けたセンターは、院内の体質改善を含めた再発防止策を迫られる。

毎日新聞 2015年04月16日 23時00分
聖マリアンナ医大病院:患者強制入院が4件判明
 聖マリアンナ医科大病院(川崎市)の医師が「精神保健指定医」の資格を不正に取得していた問題で、川崎市は16日、申請時に不正があったとされた11人の指定医のうち、4人の判断で患者を強制入院させたケースが2010〜14年度に4件あったと発表した。
 同病院は15日夜に開いた記者会見で「11人の医師が患者を強制入院させる『措置入院』の判断に関わった事例はない」と説明していた。同病院総務課は16日、「会見の説明は『聖マリアンナ医科大病院に措置入院した患者はゼロ』という意味だった。他の病院に入院した患者に関しては、判断時の資料を市に提出したので分からなかった」と釈明した。
 市によると、措置入院させられた患者はいずれも退院しており、市は「当時のカルテを基に措置入院が妥当だったかどうか確認する」とした。

神戸新聞NEXT 6月5日(金)10時33分配信
生体肝移植手術後に患者の死亡が相次いだ神戸市中央区の民間病院「神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)」で、3日に生体肝移植手術を受けた肝臓がんの男性患者(63)=西宮市=が死亡したと、KIFMECが5日発表した。
 関係者によると、患者は5日未明に死亡した。
 手術は田中紘一前院長らが担当。3日午前から4日午前まで18時間半かけて行われ、男性の妻(64)の肝臓の一部を摘出して移植した。
 同病院では、手術を受けた患者8人のうち4人が術後1カ月以内に死亡したため、日本肝移植研究会が問題を調査。男性の手術は当初4月に予定されていたが、延期していた。

脊椎外科医の戦場 医師の選び方についての体験談

毎日新聞 2015年07月04日 11時04分
千葉市立海浜病院:心臓血管外科で患者7人が手術後に死亡
 千葉市美浜区の市立海浜病院(太枝良夫院長)の心臓血管外科で4〜6月、患者7人が手術を受けた後に死亡していたことが分かった。短期間に多くの死亡者が出ていることから、同病院は7日にも院内に調査検討委員会を設置し、医療過誤がなかったか調べる。
 病院によると、入院していた50〜70代の男女7人が手術から1〜20日後に死亡した。執刀医は2人だった。


共同2015/12/2
千葉、術後8人死亡も報告書なし 市立海浜病院
 千葉市美浜区の市立海浜病院の心臓血管外科で、4〜6月に心臓や大動脈などの手術を受けた患者8人が、手術翌日から1カ月半後に相次いで死亡した問題で、医師らが死亡経緯などの報告書を全く作成していなかったことが1日、病院への取材で分かった。院内で情報共有ができず、検証やその後の手術の中止といった対応が遅れた。
 関係者によると、8人は合併症による死亡とされた。病院の内規は合併症の場合、後に問題となる可能性が予測される時には報告書を提出するよう定めているが、医師らは「問題にはならない」と判断していたという。
 病院は7月以降、心臓血管外科の手術を全て中止している。
(共同)

【群馬大学病院】腹腔鏡手術後8人死亡、事故発生の問題点まとめ 〜肝臓がん切除手術との因果関係

(河北新報)2015年12月3日(木) 11時34分掲載
診療ミスで手足指20本切断 医療法人を提訴
 宮城県岩沼市の整形外科クリニックを受診した宮城県南の60代の主婦が両手足の指20本を切断したのは、医師が病状を正しく認識せず適切な処置が遅れたためだとして、主婦が2日までに、病院を運営する同市の医療法人に約4400万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

共同 2015年12月3日 10時26分
転院患者1人当たり10万円 名城病院を捜索、愛知県警
人工透析患者の転院をめぐり収賄容疑で逮捕された国家公務員共済組合連合会名城病院(名古屋市)の医師赤沢貴洋容疑者(41)=同市東区=が、患者1人当たり10万円を受け取る約束で、贈賄側の医療法人の病院などに紹介していたことが3日、愛知県警への取材で分かった。県警は同日、容疑を裏付けるため、名城病院を家宅捜索した。
 県警によると、赤沢容疑者は2〜10月、贈賄容疑で逮捕された医療法人「光寿会」の実質的経営者多和田英夫容疑者(64)=名古屋市西区=から、患者8人を光寿会の病院や診療所に紹介した見返りに現金を受け取った疑いがある。県警は3日、両容疑者を送検した。

※ かにちゃんと世界線 ‏@hunterkani 氏の2015/12/13のツイート
死の商人、いわゆる医者の常套句
「ストレスですね」
「感染性○○炎です。抗生物質出しますね」

「検査したけど異常ないですね」
「原因不明です」
「急性○○です。お薬出しますから様子見ましょう」
#情報線
こんな医者は要注意

毎日2015/12/25
千葉県がんセンター(千葉市中央区)は25日、県内に住む30代の早期乳がん患者について、すぐに手術の必要がないのに右乳房をすべて切除するミスを起こしたと発表した。細胞の検査結果を50代の進行性の乳がん患者と取り違えたのが原因という。センターは外部有識者を含む院内事故調査委員会を設置し、来月に初会合を開いて詳しい原因を調べる。
センターによると、10月中旬、被害に遭った30代女性の乳がんが疑われる部位の組織を針で採取して検査した。本来は経過観察していればよい早期の乳がんだったが、センターは同じ日に検査した50代女性の検体と取り違えて11月上旬、乳房の全摘手術が必要と診断。12月上旬に手術した。女性は退院しており、命に別条はないという。
 今月15日、病理医が手術で取り除いた組織を診断して10月の検査時と型が異なることに気づいた。2日後、2人の検体の遺伝子検査をして取り違えていたと分かった。一方、進行性の50代女性は10月下旬の時点で、検査結果が視診と一致しなかったことから再検査を受けていた。
 検体は診療科でホルマリン容器に入れ、患者名のラベルを張るなどした上で病理検査科に送られて組織の診断をされる。一連の過程には医師や看護師、臨床検査技師らが関与する。その間に取り違えたとみられるが、センターは「現段階でどの過程で間違いがあったか特定できていない。院内事故調の結果を待ちたい」と説明している。
 センターは、今月18〜22日に2人の患者や家族に経過を説明して謝罪した。補償などについても検討する。25日、県庁で記者会見したセンターの永田松夫病院長は「患者、家族はじめ、県民に深くおわびする。徹底的に原因究明と検証を行い、速やかに再発防止策を講じていく」と述べた。【岡崎大輔】
 千葉県がんセンターを巡っては、2008年6月〜14年2月に腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者11人が相次いで死亡する問題が昨年4月に発覚。このため今年4月、国による「がん診療連携拠点病院」の指定を更新されなかった。さらに、保険適用外の腹腔鏡手術を実施して診療報酬を不正請求していたことも明らかになり、行政処分を受けた。
 腹腔鏡手術の問題に関する県の第三者検証委員会は、センターについて「不都合な情報を表に出したくない意識の表れがあり、原因究明や再発防止に向けた取り組みを行わなかった」との報告書をまとめている。
 これを受け、センターは11例のうち8例を執刀した医師らを処分。医療事故の再発防止策を検討する医療安全管理委員会の権限を強化したり、患者が主治医以外の意見を聞けるように他病院の医師を紹介する「セカンドオピニオンセンター」を設置したりして、院内体質の改善を進めていた。センターの永田松夫病院長はこの日、「改革を進めている中での事故で大変重く受け止めている。再び起こらない体制を整えたい」と謝罪した。【岡崎大輔】

読売新聞 12月30日(水)16時58分配信
群大術後死51例検証へ…問題医師以外の執刀も
 群馬大学病院(前橋市)で肝臓の手術を受けた患者が相次ぎ死亡した問題で、第三者による調査委員会(委員長=上田裕一・奈良県総合医療センター総長)は29日、2007〜14年度に行われた消化器外科手術後に死亡した患者51人を対象に、診療に問題がないか詳細な医学的検証を行うと発表した。

 この中には、既に明らかになっていた問題の男性医師による30人も含まれる。検証は日本外科学会に委託されており、来春にも結果をまとめる予定だ。

 この日、京都市内で記者会見した上田委員長によると、同学会は、問題の男性医師が旧第二外科に在職した07年4月から15年3月まで8年間の調査を実施。難易度の低い手術も含め、旧第二外科と旧第一外科で行われた消化器外科の全手術(約6700例)から、入院中に死亡した64人(旧第一26人、旧第二38人)の病名や手術方法といった基礎データを検討した。64人の手術は、問題の男性医師を含む15人が執刀した。

 検討の結果、51人に詳細な調査が必要と判断。今後、遺族の同意を得てカルテや検査画像を精査し、手術や術後管理など診療に問題がないか調べる。51人のうち30人は、問題の男性医師が執刀した肝胆膵(かんたんすい)(肝臓、胆道、膵臓)外科手術の患者(腹腔(ふくくう)鏡8人、開腹22人)だった。

Googleレビューから 2016/1/5
柏市立柏病院
Schenker Avernus
1 週間前
診療ミスで父を殺されかけた、本当なら訴えたい位。2度と行くことは無い

共同通信2016/5/17 22:35
 千葉県の船橋整形外科病院で、腰の神経圧迫を取り除く手術を受けた女性患者が誤って大腸を傷つけられ死亡した問題で、この手術を担当した50代の男性副院長が、別の男性患者に同じ方法で手術した際もミスで大腸を傷つけたことが17日、分かった。男性は一時、腹痛や吐き気を訴えたが治療後に回復、既に退院したという。
 同病院の大内純太郎院長が17日午後、記者会見して明らかにした。
 大内院長によると、手術は、患者2人とも脇腹に穴を開けエックス線で体内を映すなどしながら医療機器を使う「XLIF」という方法で実施。2人の手術日はいずれも1月14日で、女性は手術の3日後に死亡した。


(初出 2014/4/23 追記 5/1 5/8 8/1 2015/3/26 4/16 6/5 7/4 12/2 12/3 12/13 12/25 12/31 2016/1/5 2016/5/18)
posted by ZUKUNASHI at 20:11| Comment(8) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
うーん。
最近は、手術に耐えるだけの抵抗力も墜ちているんですかね。
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/78/b0/1009501-el5feeeno/8705/d01ccd8c3dd81e02dd72eba5af175f1e.jpg
において、311前から、外来受療率や入院受療率の高い所は、
なおさら、注意した方がいいのかもしれません。
ところで、私がかつて、投稿した、中部地方での、各種がん患者の増減データが
ソースの場所で、消されたようなので、再褐しておきます。
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/32/8e/1007201-ffcbbbabcabf0bcv/1720/ec0ca1861965318e1417ca7c7ca1b474.jpg
事故原発から離れていても、病気としては、増えている所も、
あるということですね。
全国レベルで見ると、
各種がんの増え方は、
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/74/70/1006502-elbcg/1518/edaac8a8f165bbff2870ec9e22daf066.jpg
非ガン系の病気の増え方は、
http://textream.c.yimg.jp/res/textream-cimg/bb/c7/1007267-kdced5bb8a69a96h/733/5b8d4badd4eaab426913f8a4d750516b.jpg
です。
原発事故による、健康被害の特徴としては、
極端の発症の少ない病気も
(全国よりも発症増の小さな病気さえも)
あれば、
逆に、大きく患者数が、グラフのように、2年で6割増ないし倍増と、
伸びる病気もあります。
ちなみに、脳膜血管閉そく症の場合は、全国平均では、311後2年間で
たかだか14%の伸びだけだが、東日本単独で絞ると、+11ポの
25%に患者増は、跳ね上がっています。
事故前は、非がん・ガン系問わず、何らかの病気になり、
病院に通っている、ないしは、
入院している患者数は、全国で、約250万人位でした。
症状が現れていないだけで、軽重問わず、
潜在的に病気を抱えている人を入れれば、
病気持ちは、500万人と言われました。
それが、311後、症例間で、平均おしなべて、
3割台の増だから、つまり低く見積もっても、
150万人も増えたことになります。
推進屋さんのやった仕事は、"凄い"の一言に尽きると思います。
軒並み死刑判決になっている、オウムがサリンを
20年前に、東京の地下鉄や松本市と言う、特定の地域で撒き散らした事象など、
推進屋が、福島から放射能を撒き散らした事案には、
到底、足元にも及ばないのではないのでしょうか。
なお、他人が周囲でバタバタ病気になった場合、
風評被害なのか健康被害なのかは、
こうしてデータ分析してみて、患者数の推移が、
今までの増減の延長線上にあるのか、
また、各種がんも含めて、表やグラフのように、
事故前にはない、トレンドを示す場合、
放射線物質以外に、他に原因があるのか、
消去法で考えてみれば、すぐに判るのと、
今は科学が進歩したので、DNAの切れ具合も含め、患部周辺に
セシウム137やストロンチウム90等、放射線物質が検知されるのか否かで、
病気の犯人が判るようになりました。
(顕微鏡でモノを観測する場合、
 1mmの1000分の1の分解能にまで持って来れるようになったのです。
 Medical Engineeringの発達です)
こうして、物証が上がるのが、時間の問題な中にあって、
推進屋は、一切、多くの人を傷つけた罪の意識さえも感じる事なく、
電気は、原発は無くとも足りており、
原発は、火力・風力等、別電源と比べれば、コストも高く、
また逆に発電効率は低く、
燃料のウランが石油・石炭・LNG・シェールと違い逼迫、
最終的な使用済み燃料の引き受け手が、世界何処にもない中、
彼らは、その後に及んで、誰も事故が起こった時に、詰め腹を切ることから
逃げているのに、福島の事は隠蔽期待で、
別な地域(複数)で、再稼働したいと言っています。
どうしましょうか?
Posted by 浮き船 at 2015年03月27日 10:11
少し前に、野菜を取らねばという呪縛から逃れ、肉食にしたら良かったとのコメントがありました。実は、私も何年も糖質制限をしているのです。タンパク質をしっかり摂取するのにもいいですし、身体も軽くなりますが、糖質制限をしている時に、栄養源が肉に偏ると、時にこむら返りの症状が起こることがあるらしく、この食事法を進めている医師も、ナッツや海藻、小魚等を推奨しているので、小魚はどうかと思いますが、外国産ナッツ、沖縄の海藻や、カルシウムを補うニュージーランド産チーズ等を摂取するようにすると更に良いと思います。以下のリンクにもあります。ご参考まで。 http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1574.html
Posted by akyoya at 2015年03月27日 13:40
akyoyaさん ありがとうございました。
Posted by ずくなし at 2015年03月27日 16:07
浮き船さんの投稿、ホームページに載せました。
http://inventsolitude.sakura.ne.jp/homepage/ukifune_post20150327.html
Posted by ずくなし at 2015年03月28日 00:57
ずくなしさん。
ありがとうございます。
各地での、各種病気増は気になりますね。
昨日、古賀茂明元経産省官僚が、
「安倍首相が、美しき国日本の姿として、
 目指しているのは、
 1.原発輸出大国
 2.武器輸出大国
 3.ギャンブル大国
 の3つである。」
と発言していましたが、
この後に及んで、1.と2.は
特に、税金を払っている国民の面前では、 止めていただきたいものですが。
Posted by 浮き船 at 2015年03月28日 10:53
こんな情報がありました。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42507?page=3

※癌の三大療法も?の洗脳でありました。なぜ医者が毎年量産されるのか
不思議に思っていました。歯科医師の友人に聞きますと「我々は土建業者と同じ
掘っては埋め、また埋めては、ほじ繰り返す」 医者は病人を自由に作られるが、
歯科医師では限界があるよね。 との事です。
Posted by y at 2015年04月01日 18:55
ジャーナリスト山本 節子さんのブログ・WONDERFUL WORLD最新記事に「トリチウム水の気化・拡散を狙う政府とIAEA」とうものがあります。http://wonderful-ww.jugem.jp/
わざとトリチウムを気化させているんですね。やっぱりだ。
Posted by 鷹の爪 at 2015年12月26日 00:44
yさん

総合感冒薬は飲み続けていたら、そうとう危険があると思います。
必要のない症状の薬まで詰め込んだいい加減な処方です。
1つ1つ成分の副作用検索していくと、ぞっとしますよ。
医者が飲んでいたら、そうとうのヤブです。
たいていの風邪は、クラシエの銀翹散で簡単に治ります。
Posted by hiyaase at 2015年12月26日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。