死神はその角を曲がったところで行列を作って待っている 家族に感謝の言葉を告げるなら今のうちに 手紙を書くのもいい: ずくなしの冷や水

2014年04月17日

死神はその角を曲がったところで行列を作って待っている 家族に感謝の言葉を告げるなら今のうちに 手紙を書くのもいい

福島第一原発事故による健康被害が想像もつかないほどにひどいものになることは、もはやはっきりしたと私は考える。私がそう考える理由を以下に掲げる。

@ 福島第一原発事故による日本国内の放射能汚染は、人口密集地に及んでいる。

A 福島第一原発事故では、チェルノブイリ事故に比べてアルファ線源、ベータ線源の放出が多いとされている。

B チェルノブイリ事故で住民を避難させた汚染度の場所に日本は住民を住み続けさせている。

C 食品の放射能汚染にかかる流通規制は、チェルノブイリ時に被災国が取った措置よりもゆるい。

D 被曝回避のための住民に対する啓発が行われていない。

E 日本では、広い範囲にわたって初期吸気内部被曝が大きい。

F 健康被害の出方が早い。

G 放射性物質に汚染されたガレキや廃棄物、車両が国内各地に移動、拡散している。

H チェルノブイリ事故では、7ヵ月後に石棺化に成功したが、日本では3年後の今なお、福島第一原発から放射性物質が放出され続けている。

I 福島第一原発から放出される放射性物質の封じ込めのめどが立たない。

J 福島第一原発の構内は、ストロンチウムの泥沼化しており、乾燥時には再浮遊する。

K 汚染水が大量に海に流出しており、ストロンチウムやトリチウムなどが沿岸部を主体に陸上へ回帰すると見られる。

L 福島第一原発事故の収束作業に携わる者の多大な被曝が継続している。

M 海産物のストロンチウム汚染が進行すると見込まれるにもかかわらず、アルファ線源、ベータ線源の測定は行われていないに等しいまま流通している。

N 被曝により生ずると懸念される深刻な疾病の早期・継続的な診断と治療態勢が整っていない。

O 医療関係者の被曝による健康被害の認識が低い。

P 放射能問題に関する国民の知識、認識が乏しく、自らの命を自分たちで守るために、今何が必要か、考え、行動しようとしていない。

・・・・・

後3年はなんとか生き延びたいと願っているが、難しいかもしれないと思い始めている。家族や兄弟、友人に早めに感謝の気持ちを表しておいたほうが良いかと考え始めた。

突然死んだら、そんな私の気持ちも伝えられない。
posted by ZUKUNASHI at 15:45| Comment(10) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
わたしも同じ気持ちで生きている。
Posted by 田中冽 at 2014年04月17日 18:49
同じ気持ちの方がおられてほっとしました。貴兄からのコメント着信通知を見て、思わず、「田中さん ご無事でしたか」と声に出そうになりました。
一日でも長くレジスタンスできるよう、しぶとく粘りましょう。
Posted by ずくなし at 2014年04月17日 19:09
思うんです。
被爆回避努力をする人としない人の違いは何だろう?と・・・。
学歴や知識、情報収集能力に係らず、その人の心のアンテナにひっかかるか、ひっかからないか。
そこが決め手になっている気が致します。
目を背けたくなるような日本の現状に溜め息しか出ず、どのような希望を抱いて今後進むべきなのか考えあぐねている昨今です。
Posted by 二児の母 at 2014年04月17日 20:21
今は、一人一人が生きられるか、死んでしまうかの瀬戸際です。考え迷うことなどありません。とにかく生き延びる これだけです。二人のお子さんは、親だけが頼りです。両手に子どもを抱いたら、他人のことなど考えている余裕はないはずです。
とにかく家族が生き延びるために最大限の努力をする。希望などは、霧や煙が途切れた隙間からわずかに見える期間が何年も続くでしょう。もちろん、政治を改めるためにやるべくことはやらなければなりません。希望が持てないからと戦わなければ不戦敗です。
Posted by ずくなし at 2014年04月17日 22:40
見ず知らずの私に叱咤激励してくださるずくなし様のお気持ちに感謝致します。
目が覚めたように思います。
悲観的な気持ちになる前にやることをやる。
今まで通り情報収集を怠らず、今まで以上に被爆回避に努めたいと思います。
全ては我が家の希望の光である子供達を守るためです。
ずくなし様もお体お大事にお過ごしください。
いつも貴重な貴重な情報をありがとうございます。
Posted by 二児の母 at 2014年04月18日 08:55
こんにちは。我が家では、被爆を気にしているのは私一人です。
でも、今朝娘が最近職場の人で忌引きで休む人が多いと言っていました。私は「もう皆いつ死ぬか分からない状態になって来ているんだよ。もし私に何かあったらここに色々入っているから」と話しました。
娘は「えーッ(冗談でしょ)」という感じでしたが、私は本当にそう思っています。
昨年暮れ頃から何となく体調が悪く、まだ定年まで4年近くあったのですが、春に肉体的にきつい職場だったので、それを乗り切る自信がなく、このまま働きづめで死んでしまうのは嫌だという思いもあり、思い切って退職しました。
やっと心身共に落ち着いてきましたので、身辺の整理や、もしもの時の為に色々準備しておこうと思っています。
3.11の原発が爆発した時、ネットでチェルノブイリ事故後の人口減少のグラフを見て、日本もそうなるのだろうと思ってきていましたが、いよいよ自分にも差し迫ってきているなと思います。
もしかしたら、被爆を気にしない家族が私より早く亡くなるかもしれません。
でも、そこは旅行に行かない方がいいとか、これは買わない方がいいとか、言い続けるのは限界があります。家族であっても人生はその人のものだと思うことにしました。もちろんできるだけのとこはするつもりです。
福島の原発事故現場でひどい放射線量の中働いている人たちの事を思うと、まだ色々準備できる状況にある私たちは幸せです。
線量の高いところで、皆さん恐怖を感じながら、人によっては体調の悪さを感じながら働いているのではないでしょうか。
人為的ミスのようなことも報じられますが、私はもうしょうがないところまできているのではないかと思っています。
Posted by tomo at 2014年04月18日 10:53
tomoさん コメントありがとうございます。私もまったく同じように考えています。若い母親たちに読んで欲しく、「今日の放射能・・・」の記事本文に掲載させてもらいました。
現役引退後は被曝回避もやりやすくなります。ゆとりを楽しまれることを願っています。
Posted by ずくなし at 2014年04月18日 11:25
いつも拝見しております。今の日本の状況は切ないです。テレビなどで福島の方々がまだ汚染されているであろう所に戻るとか・・。私はずくなしさんとだいたい同年齢くらいです。チエルノブイリの事故はよく覚えています。広島・長崎の原爆のことも本などをたくさん読んでいます。だいたいこれから起こるであろうことは予想できるほうです。テレビを見ながらいつも涙が出ます。こんな状況なのにテレビでは笑って食べています。悲しいです。福島原発の事故が起こってから約1年くらいたってガイガーカウンターを購入しました。そのときから、ほとんど0,09〜0,11、多いときは0,15くらいになる時があります。この現状は夢なのではないかと・・・
Posted by hiro at 2014年04月18日 22:06
hiroさん こんにちは
0,09〜0,11、多いときは0,15くらいですか。お住まいの地域は、比較的高めのところも多いようですね。最近も放射性物質が飛んできていますから変動は大きくなっているかもしれません。
常に0.11μSv/hあると、私らは良いとしても、若い方、特に子どもには少し心配がありますね。
0.13μSv/hあると1μCiでこれ以上では、健康被害の出る方が多いといわれています。
でもより怖いのは内部被曝ですからそちらの対策に重点を置いたほうが良いでしょうか。今、測定器をつけたら0.1から0.08です。まったく困ったものです。
Posted by ずくなし at 2014年04月18日 22:56
tomoさんのコメントは、自分の気持ちを整理して書いていただいたように感じました。ありがとうございます。
私も家族の中で一人だけ放射能を気にしています。

少し前までは、子どもの健康と命は私の努力で何としても
守りたいと思っていました。
しかし、本人が防御しなければ限界が有り、ずっと
どうしたら良いか悩んでいました。

子どもといえども別の人間である以上、私の意のままに動かすことはできません。
私の出来ることをする・・・そこまでしかできません。

今は誰が生き残れるか、はっきりとした選別が行われているのでしょう。

早くから対処していても、亡くなる方々が出ているのです。
無防備でいたらどうなるかは自明です。

もし、家族が先に亡くなって自分がまだ動ける状態であれば、汚染地から保養や移住する子供たちの世話をするような仕事をしたいと腹をくくりました。
だから、どんなに家族が無防備でも、自分が動ける状態で生き残る意義はあるはずと思っています。
Posted by 横浜にて at 2014年04月21日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。