2014/3の小選挙区別人口動態 宮城、神奈川、茨城、栃木の悪化続く 東京も悪化傾向: ずくなしの冷や水

2014年05月01日

2014/3の小選挙区別人口動態 宮城、神奈川、茨城、栃木の悪化続く 東京も悪化傾向

小選挙区 主要都市 出生変化率 死亡変化率

山梨県は全小選挙区で人口自然増変化指数がマイナスになった。
山梨1 甲府市 0.98 1.02
山梨2 笛吹市 1.01 1.02
山梨3 甲斐市 0.99 1.00

静岡県は8小選挙区中7小選挙区で人口自然増変化指数がマイナスになった。
静岡1 葵区 1.00 1.08
静岡2 藤枝市 0.93 0.97
静岡3 磐田市 0.95 0.98
静岡4 清水区 0.97 0.98
静岡5 富士市 0.94 0.98
静岡6 沼津市 0.99 0.97
静岡7 西区 0.99 1.01
静岡8 中区 0.99 1.04

秋田1 秋田市 0.96 0.92
秋田2 大館市 0.99 1.04
秋田3 横手市 1.01 0.97

栃木県の5小選挙区すべてで人口自然増変化指数がマイナスになった。栃木4区悪化継続。
栃木1 宇都宮市 0.97 1.03
栃木2 鹿沼市 0.91 1.00
栃木3 那須塩原市 0.95 0.96
栃木4 小山市 0.98 1.06
栃木5 足利市 0.94 0.96

群馬4区は、人口自然増変化指数改善。
群馬1 前橋市 0.96 1.00
群馬2 伊勢崎市 0.98 1.01
群馬3 太田市 0.98 0.96
群馬4 高崎市 1.00 1.02
群馬5 渋川市 1.03 1.03

福島1 福島市 1.10 1.02
福島2 郡山市 1.00 0.98
福島3 須賀川市 1.07 1.00
福島4 会津若松市 1.02 0.92
福島5 いわき市 1.04 1.02



山形1 山形市 0.99 1.06
山形2 米沢市 1.00 0.95
山形3 鶴岡市 0.99 1.03

茨城県は、古河市など茨城7区の悪化が継続。死亡数前年同期比1割増で、人口自然増変化指数-0.129 関東のワーストツー。取手市など茨城3区は改善傾向。つくば市など茨城6区はじりじり悪化。
茨城1 水戸市 1.01 1.01
茨城2 神栖市 0.92 0.99
茨城3 取手市 0.95 1.01
茨城4 ひたちなか市 0.96 0.96
茨城5 日立市 0.96 1.02
茨城6 つくば市 0.93 0.98
茨城7 古河市 0.97 1.10

埼玉県は、所沢市など埼玉8区が悪化。坂戸市など埼玉10区、深谷市など埼玉11区、熊谷市など埼玉12区は悪化傾向。上尾市など埼玉6区は上向いてきた。
埼玉1 見沼区 0.99 0.96
埼玉10 坂戸市 0.97 1.00
埼玉11 深谷市 0.95 1.01
埼玉12 熊谷市 0.96 1.02
埼玉13 春日部市 1.04 1.00
埼玉14 三郷市 1.00 1.02
埼玉15 南区 1.05 1.05
埼玉2 川口市 0.97 1.03
埼玉3 越谷市 0.98 1.00
埼玉4 新座市 1.00 1.06
埼玉5 北区 0.98 0.96
埼玉6 上尾市 1.03 1.09
埼玉7 川越市 0.91 0.96
埼玉8 所沢市 0.95 1.07
埼玉9 狭山市 0.97 1.05

長野県は全体として改善基調か。きのこの採取自粛などの呼びかけが奏功か。避難者の流入続くか。
長野1 長野市 0.96 0.94
長野2 松本市 0.99 1.01
長野3 上田市 0.96 0.95
長野4 塩尻市 1.01 1.01
長野5 飯田市 0.93 0.97


新潟1 中央区 1.05 0.96
新潟2 柏崎市 0.91 0.95
新潟3 新発田市 0.95 1.01
新潟4 三条市 0.95 0.97
新潟5 長岡市 0.98 0.99
新潟6 上越市 0.95 0.96

東京10区豊島区が大幅悪化。16区江戸川区は悪化継続。平井などの濃厚汚染が伝えられている。24区八王子市など悪化継続。7区中野区は大きく悪化。
東京1 新宿区 1.03 0.99
東京10 豊島区 0.98 0.98
東京11 板橋区 0.96 1.03
東京12 北区 1.05 0.97
東京13 足立区 0.99 1.06
東京14 墨田区 1.02 0.98
東京15 江東区 1.01 1.00
東京16 江戸川区 0.97 1.05
東京17 葛飾区 0.98 0.95
東京18 府中市 0.98 0.97
東京19 西東京市 0.98 1.02
東京2 文京区 1.03 1.02
東京20 東村山市 0.98 0.98
東京21 日野市 0.96 1.00
東京22 調布市 1.00 0.97
東京23 町田市 0.99 1.01
東京24 八王子市 0.93 1.00
東京25 青梅市 0.98 1.00
東京3 品川区 1.03 0.95
東京4 大田区 1.02 0.96
東京5 目黒区 1.02 0.94
東京6 世田谷区 1.03 0.99
東京7 中野区 0.96 1.00
東京8 杉並区 1.00 0.97
東京9 練馬区 0.99 0.98

神奈川県は18小選挙区中15小選挙区で人口自然増変化指数がマイナスになった。神奈川5区は前月より指数悪化、関東のワーストワン。出生数前年同期比1割超の減。
神奈川1 磯子区 0.97 1.02
神奈川10 川崎区 0.99 0.96
神奈川11 横須賀市 0.97 1.02
神奈川12 藤沢市 0.99 1.00
神奈川13 大和市 0.98 1.00
神奈川14 相模原市 0.95 1.03
神奈川15 平塚市 0.96 1.00
神奈川16 厚木市 0.96 1.01
神奈川17 小田原市 0.93 0.99
神奈川18 宮前区 0.97 0.96
神奈川2 港南区 0.97 1.01
神奈川3 鶴見区 1.02 0.98
神奈川4 鎌倉市 0.96 0.97
神奈川5 戸塚区 0.89 1.04
神奈川6 保土ケ谷区 1.00 1.00
神奈川7 港北区 1.00 1.00
神奈川8 青葉区 0.98 1.04
神奈川9 多摩区 0.97 1.00

宮城県は全小選挙区で人口自然増変化指数がマイナスになった。同県下では放射能汚染に対する警戒感が薄いとされており、さらに悪化する恐れが濃厚。
宮城1 青葉区 0.97 1.03
宮城2 泉区 0.95 1.00
宮城3 名取市 0.94 0.99
宮城4 大崎市 0.99 1.02
宮城5 石巻市 0.99 1.01
宮城6 登米市 0.89 0.96


千葉県は全体としては悪化傾向。
千葉1 中央区 1.00 1.08
千葉10 成田市 0.97 1.00
千葉11 茂原市 1.04 1.00
千葉12 木更津市 0.96 1.00
千葉13 鎌ケ谷市 0.96 1.01
千葉2 八千代市 0.95 1.00
千葉3 市原市 0.94 0.97
千葉4 船橋市 0.98 0.95
千葉5 市川市 0.95 1.04
千葉6 松戸市 0.95 1.01
千葉7 流山市 1.02 1.04
千葉8 柏市 0.90 0.98
千葉9 佐倉市 1.01 0.99
posted by ZUKUNASHI at 10:29| Comment(0) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。