明日は私か 彼か それとも彼女か 50歳台、60歳台の訃報が続く: ずくなしの冷や水

2014年05月22日

明日は私か 彼か それとも彼女か 50歳台、60歳台の訃報が続く

毎月のこのブログの検索ワードの傾向は、「「最近死んでる 放射能のせい?」「被ばくと突然死は関係あるの?」「今年は人がたくさん死ぬの?」」でまとめてあるが、2014/4は、突然死、急死に関する検索ヒット数が増加し、白血病の検索数も高水準で推移している。

突然死の関係では、脳障害よりも心筋障害によるものが多いようだ。専門家の指摘と一致する。甲状腺、のう胞の検索数は落ち着いた。白血病は急増ということではないようだが、これが増え始めたら恐怖だ。

訃報が伝えられた著名人などのご逝去時の年齢。50歳台が60歳台と並ぶ異常さだ。70歳以上は原則としてカウントしていない。下に列記した訃報のほか、それ以前のものも加えて集計してある。

縦軸:年齢、横軸:人数

縦軸:5歳刻み年齢階層、横軸:人口10万人当り年間死亡数。100歳以上階層の男性では、年間10万人当り4万人が死亡。10人のうち4人の方が亡くなっている。

部分拡大図

・・・・・

エスケイジャパン前社長の久保 敏志氏が、2014/5/20、多臓器不全で死去。52歳。

元玉造町長の成島忠行氏が、2014/5/19、胃がんのため死去。62歳。

公立南丹病院総長の梶田芳弘氏が、2014/5/19、すいぞうがんで死去。66歳。

2014/5/19、若手ミュージシャンK氏が死去。

元東日本銀行常務の白鳥 進氏が、2014/5/19、敗血症により千葉県柏市の病院で死去。71歳。

むつ市長宮下順一郎氏が、2014/5/19、急逝。62歳。

会社員の荒谷俊二氏が、2014/5/18、鉾田市大竹海岸で急性心不全により死去。52歳。

元大関魁傑、放駒親方、西森輝門さんが、2014/5/18、死去。66歳。

前北陸放送社長の笹原忠義氏が、2014/5/17、肺炎のため死去。59歳。

クラブDJ の松井英一氏が、2014/5/17、クモ膜下出血で死去。55歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/5/20の記事)

バイタルケーエスケー・ホールディングス取締役の鈴木 淳氏が、2014/5/16、死去。67歳。

スポーツニッポン新聞社執行役の手島大治氏が、2014/5/16、中咽頭がんで死去。56歳。

元岩手県副知事の竹内重徳氏が、2014/5/15、すい臓がんで死去。70歳。

教育評論家の宮川俊彦氏が、2014/5/14、死去。60歳。

ヘヴィメタルバンドベーシスト横山明裕氏が、2014/5/13、急逝。49歳。

元競輪選手の永倉通夫氏が、2014/5/11、呼吸不全で死去。54歳。

北九州市の医師岩本昭三氏が2014/5/11、急性骨髄性白血病で死去。63歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/5/8の記事)30年以上、主に肝臓癌の診断と治療を専門にしてこられた由。

元JUKI取締役常務執行役員の水野孝氏が、2014/5/11、多臓器不全のため死去。63歳。

元セコム常務執行役員の小河原俊二氏が、2014/5/10、心不全のため死去。59歳。

元サッカーJ2横浜FC取締役の田部和良氏が2014/5/9、リンパ腫のため東京都内の病院で死去。52歳。

男鹿市在住の全日本柔道連盟理事国安教善氏が2014/5/8、肝細胞がんのため死去。65歳。

阿賀野市在住の書家小山素雲氏が2014/5/8、急逝。60歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/5/8の記事)

俳優の逢坂じゅん(本名渡辺美二)氏が2014/5/8、脳出血のため大阪市の病院で死去。68歳。

元日本経済新聞社システム局技術部技師の藤江晴夫氏が、2014/5/6、心不全で死去。65歳。

セゾン自動車火災保険社長の福沢秀浩氏が2014/5/4、肝臓がんのため死去。59歳。

モンテディオ山形のチームドクター、こせき内科消化器科クリニック院長 小関大平氏が2014/5/1、死去。48歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/5/3の記事)

元新菱冷熱工業取締役江川孝夫氏が2014/5/1、病気のため死去。64歳。

自民党徳島県連会長の竹内資浩氏が、2014/4/26、肝臓がんのため死去。69歳。

岡田れえな(本名 鮫島令恵奈)さんが、2014/4/26、急性心不全で死去。26歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/4/27の記事)

元静岡県副知事の花森憲一氏が、2014/4/25、病気のため死去。67歳。

書道家の大石幽岳氏が、2014/4/24、死去。64歳。

元中部管区警察局長渡辺巧氏が、2014/4/24、特発性肺線維症で死去。62歳。

前参院議員加賀谷健氏が、2014/4/24、肝内胆管がんのため千葉市の病院で死去。70歳。

東京電機大教授舟久保昭夫氏が、2014/4/23、悪性リンパ腫のため東京都新宿区の病院で死去。51歳。

慶応大理工学部名誉教授鹿園直建氏が、2014/4/22、虚血性心疾患で死去、67歳。

法政大学教授ジョン・ブロウカリング氏が、2014/4/20、死去。57歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/4/23の記事)

ルアーフィッシングの松田正弘さんが、2014/4/19、心筋梗塞で突然死。47歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/4/20の記事)

ポプラ社前社長の坂井宏先氏が、2014/4/18、死去。68歳。

エッセイストの勝見洋一氏が2014/4/17死去。64歳。昨年夏に筋萎縮性側索硬化症と診断されていた。

SBIホールディングス副社長井土太良氏が2014/4/16、脳腫瘍で死去。57歳

フランス菓子店のオーナーシェフ加登学氏が、2014/4中旬、急死。45歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/4/17の記事)

タレントの一宮さちこ(芸名:大木堂ゆば)氏が、2014/4/中旬死去。53歳。
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/4/17の記事)

鹿島 スタジアムDJのダニー石尾さん、肝臓がんで闘病中のところ、2014/4/15、死去。66歳。

写真家の内山英明さんが、2014/4/14、脳出血のため死去。65歳。

ロックバンドのベース奏者橋本潤さんが、2014/4/14、病気のため死去。55歳。

日本経済新聞社論説副委員長の西田 睦美氏が2014/4/12、急性消化管出血のため死去、56歳。(2014/4/15付け日本経済新聞)

建築家の萩田隆義氏が 2014/4/12、病死。44歳。(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014/4/16の記事)

「支那そばや」創業者の佐野実氏が、2014/4/11
、多臓器不全で死去。63歳。

水戸証券副社長山本浩さんが、2014/4/9、心不全で死去。60歳。

中国料理家の周富徳氏が、2014/4/8、誤嚥性肺炎で死去。71歳。

札幌市南区のフリーアナウンサー佐々木秀克さんが、2014/4/8、路上で倒れ、病院で死亡が確認された。62歳。

ジャズDJの平林伸一さんが、2014/4/6、入院先の病院で死去。62歳。

竹中工務店専務黒川省二氏が、2014/4/6、膵がんで死去。64歳。

脚本家の南木顕生氏が、2014/4/4、急性大動脈解離のため東京都目黒区の病院で死去。49歳。(日刊スポーツ2014/4/5)

イラストレーターの門坂流氏が、2014/4/3、胃がんで死去。65歳

琉球大学物理系准教授の清野光弘氏が、物理学会参加中に倒れ、2014/4/2、死去。51歳。

作家の光本正記氏が2014年3月31日、死亡。35歳。お住まいは関西だった模様。葬儀は岡山にて。

日本大学芸術学部演劇学科熊谷保宏教授が2014年3月30日、自宅にて心不全のため死亡。46歳。

ドラマーで音楽プロデューサーの宮田繁男さん(55歳)が2014/3/30、死去。

俳優の蟹江敬三氏が、2014/3/30、胃がんで死去。69歳。

ゲームクリエーターの増田雅人氏が、2014/3/29、死去。48歳。

麻布中・高校教諭の鳥越泰彦氏が、2014/3/29、国際交流の引率先、韓国にて就寝中の心停止により死亡。

作詞家の園田凌士氏が、2014/3/27死去。38歳。死因は急性心筋梗塞と見られている。

「いわきの子どもを守るネットワーク」代表の団野和美さんが2014/3/26、入院先の病院で死去。44歳。

映画装飾家の山下順弘氏が2014/3/26、逝去。52歳。

東京交響楽団のチェリスト井伊準さん(27歳)が2014/3/26、逝去。

元サッカー国際審判員の十河正博さんが、2014/3/24、死去。64歳。自宅は那須塩原市。

福来心理学研究所の菊地文人氏(37歳)が、2014/3/22、心不全で死去。

音楽プロデューサーの渡辺茂樹氏が、2014/3/15、死去。63歳。

歌手の牧野隆志氏が、2014/2/7、肺がんによる呼吸不全で死去。49歳。

東京大名誉教授の鈴木博之氏が、2014/2/3、肺炎で死去。68歳。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りする。
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(11) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
いつも丁寧な収集をありがとうございます。
1ー3月と短い期間ですが甲状腺の増加が急激ですね。この理由について、環境省が対照群とした3地域との比較で有意差がないと発表したことの影響はあまりないでしょう。理由は安心だという方向の話なので検索する行動にはならないと思います。
甲状腺エコーでのう胞や結節が認められたが2年後に再検査をいわれた保護者の子供はもちろんですが甲状腺の部位が腫大しているような徴候が見つかり、何かおかしいと感じた親などが検索の動機に走らせているように想像します。
甲状腺専門家は今までの豊富な甲状腺癌の観察から、進行がゆっくりという認識をもっていて、それが福島の子供に適用できるという考えだと思います。今回の放射線由来の場合は進行が早いようです。木下黄太氏に相談にした女性のケースですが、前後の結節の直径と其の期間が書いてありましたので倍加時間(癌の細胞が2倍に増える期間)を計算できます。試算したところ1.1月でしたので通常の固形がんよりはるかに早いことが分かりました。福島の子供でも前後の測定値とその期間さへわかれば倍加時間は簡単にわかりますので、個人名を伏せて公表すべきです。現状は闇の中です。
それから心筋梗塞も毎月着実に増えていますね。若いヒトの突然死は非常に珍しい(10万人にひとり位)の発症なので特に注目しています。

グラフから白血病はまだそれほど関心がないようですが、カルディコット医師も肥田医師も白血病のピークは5年後といっていますし、チェルノブイリ後の発症数でも5年後くらいから急増していた記憶があります。従って、今後の動向に注目しております。
先日庭仕事をしている時、偶然地方議員の方がみえ、何か要望がないか尋ねてきた。計測が難しいという理由で日本ではストロンチウムを計ってこなかったことに危惧している。生物半減期が長いのでいったん取り込むとセシウムよりやっかいと思っている。東電のもっている簡易法は1時間以内に計れ、政府公認の正式測定法は1カ月かかるが精度は1%くらい悪いだけだったように記憶している。詳しくは熊本で開業している小野医師のブログに書いてある旨伝えた。普通のヒトはバスの便を増やしてとか言うだろうが私はこの機会とばかりストロンチウム測定のみ話した。一生懸命メモしてくれた点は評価した。
死亡数および出生数12ケ月平均移動線についても、それぞれ増加(冬季に小ピークがあり、少し凸凹がありますが)および減少の方向は軽度ですが一貫しているように受け取られました。残念ながら、この傾きは時間経過とともにより明確になってくると想像します。
Posted by sakuradorf at 2014年04月06日 21:18
sakuradorfさん こんにちは
4年目に入ったばかりでこの状況なのに、まだ危険に気づかない人も多くて暗澹たる思いです。
テレビやエンターテイメント関係の方々に特に亡くなる方が増えているように思います。仕事柄暗い話は飯の種にならないことは分かるのですが、犠牲の先頭に立ってしまっているようです。
大学の先生も、すべての方が分かっているわけではないようです。
とことんまで行ってしまうのかもしれませんね。
庭仕事はどうぞほどほどになさってください。危険です。
Posted by ずくなし at 2014年04月06日 22:01
ずくなしさんこんばんは。
先日タレントの釈由美子さんの愛犬が亡くなりましたが、1月5日生まれのまだ生後3ヶ月半で伸び盛り室内犬でした。種類は小さなチワワです。
特にこれといった原因もなかったようです。犬も人間と同じように呼吸していますので、放射能の影響なのかなと思い、また不自然に思いました。
報道されないだけで、人間以上に動物は放射能汚染に敏感なのかなとも思いました。ずくなしさんはどうお考えになりますでしょうか。
Posted by arashi at 2014年04月25日 23:26
arashiさん こんばんは
福島第一原発事故後間もない頃に中型犬だったと記憶しますが、鼻血が止まらずに死んでしまったという情報を読んだことがあります。
地面に近いところをクンクン嗅ぎまわれば、放射性物質も吸い込みますよね。
他にも犬の体調不良に関する情報は多く、ツイッターでペットの体調不良の情報を交換している方もおられます。
生後3ヶ月の室内犬ですと放射能が命を縮める原因になったのか、ちょっと考えにくいようにも思います。
ただ、犬は世代交代も早いので、親の被曝が影響して子犬が短命になったという可能性はまったくない訳ではないだろうと思いますが。
Posted by ずくなし at 2014年04月26日 00:03
ずくなしさん
お返事ありがとうございます。
私は釈さんのファンで、また私も室内犬を飼っていた時期がありましたので、愛犬の死がとてもつらいということを知っておりますので、釈さんへ励ましのメッセージを書いたりしました。
ただ私の室内犬の場合、15年も生きましたので、犬の年齢で考えるとおじいさんでしたので、寿命で体が弱くなっていたんだと考えることができました。
釈さんの室内犬の場合、原因がわからないのですから、本人も悩まれたと思います。そして私も今までに犬の突然死などは聞いたことがありませんでしたので、疑問に思い、ずくなしさんへご質問させていただきました。
親からの影響も放射能の場合、考えられるかもしれませんね。ただニュースや本人のブログで知る内容でしか状況がわからないため、親犬はどこで買ってきたのかや、どこに住んでいるのかや何を食べていたかなどは全くわからないため、推測することしかできませんが。
ずくなしさんのブログはいつも様々な角度からの資料があり参考にしております。ありがとうございます。無理はなさらないようにお体にはくれぐれもお気をつけください。


Posted by arashi at 2014年04月26日 10:23
こんばんわ、ご無沙汰しています@@

 我家での話しですが、「俺は放射能を気にしない」と言っていた兄のお嫁さんに「キノコは放射性物質を多く取り込むから、食べないほうがいい」なんて忠告を(?)先日できました。どう受け取られたのか、忠告を聞いてくれたのかはわかりません。が、それでも言わないでごにょごにょ考えているよりは良いと思っての判断でした。

 私自身は放射能汚染による被害なんて見たことはありませんし、あったこともないのが現状です(気がついてないだけかもしれません)。
 ただ、チェルノブイリ後のキエフ地方の健康被害状況を「少し」だけ調べたら「9割の子供が健康に問題」「放射能のエイズ」等、深刻な問題が出ていることはよくわかりました。キーコさんのブログで文字起こしをされていた政府側の甲状腺癌に対する問答も、「あ、危険なんだな」と思う判断の要因にもなりました。

 愚痴ですが、料理にキノコを使っていた人に「それ危ないかも」なんて好き好んで言わなきゃならないのか・・・!なんて思いつつも、今後の子供のためには言ったほうが良いようです(笑)
 
 私のようにある程度年を食ってちょっとおっちゃんになった人の「目の下のクマ」は怠惰な生活のうえにできたクマってわかるんだけれども、2歳、3歳ぐらいの子供の目の下のクマの原因がわからない。
 これまで意識してなかったけれども、甥(?、2歳~3歳ぐらい)の子供の目の下にクマができていました。横浜ですが、ちょっと関わった同い年ぐらいの子供にも目の下にクマができていました。2歳〜3歳ぐらいの子供の目の下にクマってできるもんなんだろうか・・・・。彼らは親の管理下の元にいて、よく寝てるはずなんだが。放射能の影響かな、とか思いつつ・・・。
 
 うーん、きっとこれは、思考回路の奥底では「異常な状態」って気付いているのかな。デモ日常生活を送る上では「迷惑なもの」として認識しようとしていないこととして避けているのか・・。

 そんなぐだぐだな駄文でしたw
御体にお気をつけてください!
Posted by あきゃ at 2014年04月26日 23:34
あきゃさん こんばんは
「私自身は放射能汚染による被害なんて見たことはありませんし、あったこともない」のであれば、大変幸運だと言えると思います。
私は、歯茎の痛みがあってその時から放射能のせいだと思っていましたが、最近は医師の方も被曝症状として歯茎や歯の痛みに言及するようなってきました。
個人によって、生活環境も違いますし、放射能に対する反応性も大きく違うようです。
これからも被曝に起因する症状が出ないように気をつけてください。
私は他人にはおせっかいを焼かないようにしていますが、兄弟などには厳しく言っているんですよ。孫を被曝させたら死んだり、障害を持つことになると。
山菜やきのこ採りが趣味だった兄弟はきっぱり止めたと聞いています。
年配者には、孫を白血病にするつもりかとか、突然死しても泣かないんだろうねと、ほとんど脅迫に近いことを言わないと頭に刻み込まれません。
私と同年代の頭の柔軟性が失われている友人知人は救いがたいですね。
どうぞお先に! と思っています。
Posted by ずくなし at 2014年04月27日 00:17
白血病は、ツイート追っていると、いわきあたりまでは去年、夏風邪疑い後の白血病とか流れてましたので、そろそろ南下すれば関東のベルト地帯来そうですね。

歯の破折が異常に増えていますが、義歯の破折も同様なようです。
Srよりも、噛み込みのストップを司る支配領域がやられてる方が両方説明がつきます。
骨折も反射が遅れるんで、怪我するんですけどね。似たような理由ですよね。脳の萎縮。
骨折は、副腎の破壊も調べるといいかもしれません。
Posted by KAT at 2014年05月10日 23:02
義歯の破折もあるのですか、それなら噛み込みの問題ですね。仙台の学生の脳の萎縮が報じられていましたね。サラダ食べてて歯が欠けたという人もいますが、それ以前にひびが入っていたということなんでしょうか。骨粗鬆症は、副腎皮質ホルモンの異常が影響するとも言われていましたね。

読者からKATさんに質問が寄せられています。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/95125875.html#comment
Posted by ずくなし at 2014年05月10日 23:31
はじめまして。ずっと拝見させていただいています。旦那のいとこ、千葉県北部在住(ホットスポットより東側)がつい数日前に孤独死したそうです。一人暮らしの50代男性。その前の週まで仕事に行き、体調わ悪いので数日休むと連絡あり、連絡がとれなくなったので調べたら亡くなっていたそうです。
死因は不明ですが、多分食事もなにも気を使っていなかったのではないかと思われます。
とりあえず関東に住んでますが移住したいと思ってます。3月15日から気を付けて21,22日あたりは関西にいました。いまのところ家族は健康です。
Posted by ぴーみー at 2014年05月22日 21:26
ぴーみーさん こんにちは
まず心からお悔やみを申し上げます。
読者から寄せられたコメントからすると、「千葉県北部(ホットスポットより東側)」は、3/15の初期被曝が大きかったのではないかと疑っています。それに、汚染も少なくありません。東葛飾と比べれば低いだけです。
今のところ健康が維持できているのならご同慶に堪えません。ですが、関西にもプルームは飛びました。油断は禁物です。
Posted by ずくなし at 2014年05月22日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。