2014/1の人口動態 大幅悪化の都市相次ぐ 死亡者増今年が本番の恐れ濃厚: ずくなしの冷や水

2014年02月10日

2014/1の人口動態 大幅悪化の都市相次ぐ 死亡者増今年が本番の恐れ濃厚

2014/1月分の人口動態の公表一番手は柏市。死亡数が増加し、出生死亡比率が過去6年間で最低を記録。





守谷市、出生数、死亡数ともに前月比2割増。死亡数は2011/6以来の高水準。出生死亡比率は前月比ほぼ同じだが、前年同期比では低下。転入超過基調続く。

神栖市、出生数、死亡数ともに前年同月比減、出生死亡比率は2011/1以降の最低を記録



筑西市、出生数前年同月比減、死亡数前年同月比増、出生死亡比率は2011/1以降の最低を記録



神奈川県大和市、出生数前年同月比増、死亡数前年同月比減、出生死亡比率は前年同月を上回った。

千葉県浦安市、出生数が横ばい傾向で死亡数が急増。死亡率はこの5年間で最高を記録。出生死亡比率も1を割り込む流れ。





日立市、2014/1の死亡率は、2011/3を上回り2011/1以降で最高となった。出生数が増えたため出生死亡比率では2011/12を上回った。



仙台市、2014/1は2012/1以来の人口自然減。社会増続く。

千葉県流山市、死亡数2010/1以来の最高。出生死亡比率最低





横浜市、出生死亡比率はこの4年間の最低、死亡数は最高を記録。





神奈川5区(戸塚区、泉区、瀬谷区)の指数悪化が止まらない。出生数減が激しい。どうぞご注意を。



区別人口自然増変化指数


船橋市、出生数減、死亡数増加だが出生死亡比率は前年同期を上回る。



松戸市、出生数増、死亡数増。出生死亡比率は前年同期を上回る。



市原市、出生数、死亡数ともに前月比増加。死亡数は2011/1以来の高水準。出生死亡比率は前年同期を上回る。

いわき市、死亡数は前年、前々年同月を下回る。出生数は2011/7以来の高水準。

鎌倉市、出生数、死亡数ともに前年同月比微減。出生死亡比率は前年同月とほぼ変わらず。

福島市、死亡数は高水準だが出生数増加で出生死亡比率は前年同月比上昇。



市川市、死亡数急増。



郡山市、死亡数急増。





単純出生率が福島第一原発事故前の水準に戻りつつある。関東で出生数の減少が目立つ都市が多いのに逆の傾向を示す。

川崎市、死亡数増加だが、出生数堅調で出生死亡比率は前年同期を上回る。

横須賀市、死亡数急増。出生死亡比率0.43で過去3年間の最低。これまで詳しく見てこなかったが、関東でも人口動態の悪化が激しい都市のひとつだ。





予想通り人口動態の悪化が見られるが、船橋、松戸、市原、いわき、鎌倉は比較的しっかりした動きを示した。
posted by ZUKUNASHI at 12:34| Comment(5) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
柏の健康被害が顕在化し、人口が再び減少に向かいましたね
これから柏の人口は加速的に減っていくでしょう
Posted by ATOS at 2014年02月04日 20:43
柏市の2014/1は自然減が社会増を上回り人口が減りましたが、この先はまだ分かりません。
加速的に人口が減るのは、異変が誰の眼にも明らかになってパニックが起きたときでしょう。
Posted by ずくなし at 2014年02月04日 21:21
皆さんのコメントまでもが凄く参考になり、心からの救いです。近くの解らず屋より遠くの仲間、近くの敵より遠くの味方、フィーリングや相性ではなく心で近くに居る、そう感じます。あなた達は私そのものです。ありがとう。大阪より心を込めて。
Posted by よーちゃん at 2014年02月08日 17:04
はじめて書き込み致します。
船橋市に住む会社員です。

私はもともとそんなに体力がある方ではありませんが、去年の11月頃から
風邪をひきやすくなりました。朝、起きると無性に咳が出る日がたびたびあります。
下痢もしやすくなりました。食事はダイエットもかねて脂っこいものを減らし、小食にしているにも関わらず。
周囲でも、部長からパートさんまで、いろいろな人がたびたび体調不良で欠勤しています。
喉の痛みや乾きを訴えて、何か月もマスクをしている人すらいます。
何ていうか、みんな体が弱っている雰囲気です。

地元は名古屋なので、体のことを考えれば地元勤務になれたら一番ありがたいのですが・・・
こちらは豆腐や水産加工品を見ても、多くが北関東や南東北のものが圧倒的に多いですね。
京都産の豆腐は扱いが少なく割高。
肉も九州産は去年あたりから取り扱いが減り、北関東産や北東北産が増えました。

今は人口が増えている船橋市ですが、ここを含めて関東ではやはりあとしばらくすると、
若いうちから持病持ちになったり早く亡くなったりする人が増えるんでしょうか。
Posted by ひでき at 2014年02月17日 12:40
船橋市の人口動態が急激な悪化を免れている理由が今一つ分かりませんが、お書きのように全般的に健康障害が出ている状況にあることは間違いないと思います。
すでに千葉県の東北部や東葛飾では人口動態が悪化しており、これがいつ頃加速するのかが焦点になってきています。
東京近郊では次第に西日本産の農畜産物の需要が増えているようで、私の行き付けのスーパーも西日本産が少なくなり、他のスーパーに足を運ばなければならなくなっています。
Posted by ずくなし at 2014年02月17日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。