輸入食品中の放射性核種: ずくなしの冷や水

2014年02月01日

輸入食品中の放射性核種

データソース:「輸入食品中の放射性核種に関する調査研究(平成21年度)」の輸入食品中の放射性核種濃度、「輸入食品中の放射性核種に関する調査研究(平成22年度)」の輸入食品中の放射性核種濃度

単位:Bq/kg、原表で検出限界未満又はNDと表記されたものはグラフには表示していない。誤差は考慮していない。乾燥シイタケから上が平成22年度分。













参考になるサイト
(以下のリンク先のサイトの運営者様 リンクがご迷惑でしたらコメント欄からお知らせください。ただちに削除します)
中国茶の産地
中国タケノコ産地
中国のコンブ
中国の海苔
中国のシイタケ栽培
中国の大豆生産
中国の栗産地
中国産赤貝
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
貴重な情報をありがとうございます。

盲目的に海外産を求めるのも考えもの…ということですね。

 事故後、いろいろ勉強して、いままで何と無知だったかと反省しました。
数年前まで中国茶をブームに乗って飲みまくってたのが痛い記憶です。最近になって「危ないのだろうな」と思っていましたが、こうして数値で突きつけられると、衝撃もひとしおです。

いまは、中国(ウイグル地区等の内陸地で核実験が繰り返し行われ、残留汚染ので住民に重大な被害が出ていると伝えられている)、東ヨーロッパ方面(トルコ、ハンガリー、ポーランド、ギリシャ等。ウクライナはもちろん)、北欧(チェルノブイリで高濃度汚染された地方がある)、米西海岸(フクシマの影響が懸念されている)、アイルランドの海産物(セラフィールドの汚染水の影響)等々の産地のものには注意を払うようにしています。

でも、そう言っていると、なかなか買えるものがないのですよね…。

いったい人類は、何を考えているのだと、こんなにどこもかしこも汚染だらけにしてしまってどうするつもりなのかと、徒労感に襲われます。

やっぱり人類は「核」で滅亡するのではないか、なんて…。

ところで、ずくなしさまにひとつお願いなのですが、このような数値を掲載される際に、その数値をどう判断すべきかの指標になるような情報を、書き添えていただけるとたいへん助かります。例えば、「ドイツでは、子どもは4Bq/kgをこえるセシウム137を含んだ食品を与えないようにと勧告されている」のような。議論の的になってしまいそうなので、難しいかもしれませんが、もしも可能でしたら、よろしくお願いいたします。
Posted by paco at 2014年02月03日 23:02
この記事の元データを見つけたときは、嫌なものを見てしまったというのが、正直なところでした。元の数値データそのままで載せるのも不親切かと考えてグラフに加工したのですが、それによって私自身の衝撃度合いが数倍になりました。
シイタケや海苔が中国のどの辺で栽培されているかよく知りませんし、極めてデリケートな問題もあるので、コメントなしで掲載したのです。
このデータへの関心が高いようなので中国での生産状況について触れてあるサイトのリンクを貼りましたが、拒絶されるかもしれませんね。
元データの載っている研究報告書には、アカガイについての被曝量の推定がなされています。しかし、内部被曝をSvで測ってみても意味ありません。
上のグラフに掲げた品目別の濃度をどう評価するか、おそらく私達が依拠しうる研究成果はないだろうと思います。それに特別な機器でなければ測れないわけですから、アルファ線源、ベータ線源で汚染されたらお手上げだということです。
せっかく問題提起していただいたので、あえて申し上げますが、セシウム137に関しては、日本国内産のシイタケや茶の中には格段に強く汚染されたものもあります。ストロンチウムやプルトニウム、ウラン、ポロニウムに関しても中国産がより汚染が強いとも言い切れないものもあるのだろうと思います。少なくとも中国産の乾燥シイタケが今も同様な汚染状況であれば、私は国内産より中国産を選びます。いろいろな薬品を使っているとの話もありますが、菌床栽培ならその必要もありません。
試しに買ってみた中国産コンブは捨てるつもりです。出汁も出ないと書いてあるものもありますし、コンブとワカメ、ノリは同じ海域で栽培されているようなので。水産物は、本当に選ぶものがなくなりましたが、ノルウェー産のサバはまだいけそうだと知ったのが唯一の収穫でした。
Posted by ずくなし at 2014年02月04日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。