2011/3/15〜3/16 神奈川県はプルームの下にあった: ずくなしの冷や水

2013年12月28日

2011/3/15〜3/16 神奈川県はプルームの下にあった

ツイッターで見た「11年3月、横須賀米軍が15マイクロシーベルト観測した」との記述のソースを探していて、藤沢市で2011/3/15前後の空間線量率を測定していた方のブログを見つけた。

その方のブログから拾い出した日時別の空間線量率。2011/3/15は降雨ありの天気予報だったとのコメントが付いている。3/15は東京でもにわか雨にあたったとの情報があるが、気象庁のデータでは確認できないので書いていない。



定時あるいは連続的な測定ではないが極めて貴重なデータだ。もともとMPや簡易測定器の測定値を比較するのは意味がない。

まず地理的関係から。測定者は3/15は出社されたようだ。



MPや簡易測定器の測定値を比較するのは意味がないのだが、いつピーク値をつけたかは、比較可能だ。関東地方のプルーム往来線量数値表を見てもらえば分かるが、2011/3/15以降、関東は何波ものプルームの襲来を受けている。

新宿での測定値で言うと、2011/3/15の未明に第一波、午前10時前後に第二波、午後7時頃に第三波、3/16の早朝に第四波だ。

茅ヶ崎では、3/15の12時台と13時台にピークをつけており、藤沢でもこの時間帯がピークだったようだ。世田谷区で都の関係機関が測定した結果では午前10時台に0.59、日野市で個人が測定した結果では12時台に0.75をつけており、台東区で個人が測定した結果では午前9時台に1.02となっているから台東区にプルームが到達後、西に広がりながら南下したもののようだ。



0.48μSv/hはそんなに高い線量率ではなく、健康に影響が出る心配はないというのが、当時の見方だったが、2011/3/15、時間不明ながら、厚木基地での米軍の測定で5μSv/hという高い値が出ている。

これはベータ線込みの値と見られ、ガンマ線のみに比べて1桁高い数値となっている。つまり、藤沢で0.4μSv/h程度のときに近傍ではベータ線込みで5μSv/hが観測されていたということになる。

藤沢市の方の観測結果で注目されるのは、3/15の午後8時半に武蔵小杉で0.37μSv/hが観測されており、これより少し遅れて日野市では0.32μSv/hをつけている。この時間帯には、新宿で第三波0.458μSv/hが観測されているが日野市の観測値は新宿の観測値との比較で相対的に高いものとなっている。武蔵小杉での0.37μSv/hも世田谷区でのこの時間帯の測定値より高く、プルームが滞留していた疑いをぬぐいきれない。

もう一点注目されるのは、2013/3/16の朝7時半に0.66μSv/hが観測されている。これは時間的には新宿で見られた第四波に相当するものだろうが、日野市で0.33が観測されている以外には、これほど高い観測値は見られない。

これほど高い値をもたらしたプルームはどこから来たのだろう。東や北でより高い数値が出ていないことから、いったん太平洋に抜けたプルームが再上陸した、あるいは上空にあった強いプルームが降下したという可能性が残る。

次は、気象研究所のシミュレーション画像の切り取りで、2011/3/16午前1時現在と5時現在のプルームの所在を示す。南関東の広い地域で3/15に入り込んだプルームがとどまっていることが分かる。





藤沢市の人口動態は、2011/8から異変を見せた。2011/7を底に2012/2まで毎月死亡者数が増加すると言う事態が続き、2011/7の死亡数234人が343人にまで増加した。その後2013/11に至るまで死亡数が343人を超えたことはない。



2012/3以降、死亡数が減ったのは、学生などの転出などによるものだろう。藤沢市は大学などが多く、年度末年度初めの転出入が多い。

上の地図で分かるが、町田市、大和市、藤沢市は南北に連なっている。これらの都市で態様は異なるものの人口動態が悪化したのは、それなりの要因がある。

福島第一原発からより遠いにもかかわらず、横浜市を含めた神奈川県下で人口動態の悪化が見られることの最大の原因は、初期被曝の大きさにあるというのが私の結論だ。

1年がかりで調べてきたが、ようやく私なりの結論が得られた。だが、それが正しいとしたら、年明け以降の健康被害の多発が心配だ。今年も良い年越しにはならなかった。

補足記事

関連記事
ヨウ素の表面沈着量推定図を見ると 初期被曝の大きいところほど突然死が多いように見える
2011/3、神奈川県の広い地域でベータ線込みの線量率ピークが5μSv/hに達していた
神奈川県藤沢市の不可解な人口の動き
町田、大和、綾瀬、海老名、藤沢は2011/3月に長時間空間線量率が高かった
神奈川県も死者が増えている 藤沢市で何が起きている?
posted by ZUKUNASHI at 12:15| Comment(0) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。