次の大地震が接近か 地震の動向に注意: ずくなしの冷や水

2017年07月20日

次の大地震が接近か 地震の動向に注意

マグニチュード10回移動平均。2017/1/1から7/20 10時半まで


上がってきましたが、まだまだです。

2017/7/20、9時13分東日本で地震。震源地 福島県沖
マグニチュード 5.6

カムチャッカで大きな地震 津波の可能性も
2017/7/18
Tsunami alert as powerful quake hits off Russia’s Kamchatka
A powerful 7.4 magnitude earthquake off Russia’s Kamchatka region may trigger tsunami waves within a 300km radius, the US Pacific tsunami warning center said.

2017/7/2午前1時頃熊本県で最大震度5の地震
発生時刻 2017年7月2日 0時58分ごろ
震源地 熊本県阿蘇地方
深さ 10km
マグニチュード 4.5

2017年7月1日 23時45分ごろ 2017年7月1日 23時50分 胆振地方中東部 5.3 5弱

2017/2/28 16時50分頃
東北の広い範囲で地震。東京近郊ではゆっくりと揺れました。
2017年2月28日 16時49分ごろ
震源地 福島県沖
緯度  北緯37.5度、経度  東経141.4度
深さ 50km
マグニチュード 5.6 津波の恐れなし

2016/12/28 21時38分頃茨城県北部でマグニチュード6.3の地震

2016/10/21 16:08
共同通信
鳥取中部で震度6弱
岡山や島根も大きな揺れ
21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町、北栄町で震度6弱の地震があった。岡山県北部で震度5強、島根県隠岐でも震度5弱を記録するなど、関東から九州にかけての広い範囲で揺れを観測した。
 気象庁によると、震源地は鳥取県中部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.6と推定される。津波の心配はない。
 その後も、鳥取県や岡山県で震度4を観測するなど、余震とみられる地震が続いた。

amaちゃんだ氏の2016/9/24のツイートでは、最近のM規模の大きい地震として次のものが上げられていますが、下線以外のものは上のグラフに含まれていません。含めても大きくは変わりません。これからです。
9/22 19:21 4.7M 千葉県南東沖
9/23 00:56  5.3M 千葉県南東沖
9/23 01:20  4.7M 千葉県南東沖
9/23 09:14  6.5M 関東東方沖
9/23 09:30 4.5M 千葉県南東沖
9/23 09:42 4.9M 千葉県南東沖

2016/8/22。熊本地震がノイズになっているのでそれを除くと

この移動平均が5を超えてきたらいよいよ接近です。

311では本震に先駆けて次第にマグニチュウドがステップアップしていった。


三陸沖でM5超の地震が連続しています。熊本地震がまた発生しており、そのMが小さいので平均値が上がっていません。

※ とんとかいも(tomtokaimo) ‏@Santiago_Hotel 氏の2016/5/14のツイート
熊本発震から一月経過時で総余震数は1400回超。(東日本震災は別格、無視して)余震多い中越地震と比べても、20日目の熊本の余震回数(震度1以上)は群を抜く。これをただの余震では説明できない、むしろ火山活動ではないか、の声も出だした。

※ 山口隆之 ‏@FujizoushiBot 氏の2016/5/5のツイート
先ほど三重県中部震源の小規模地震がありましたが、実は4/12に同所で似た規模の地震が発生しています。ある意味この中央構造線上の地震が「始まり」だったのかもしれません。その前は2009年6月。その時も九州中部の地震が活性化しました。

2016/5/2に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

熊本大地震は、発生確率30年で8%。首都圏直下型・南海トラフ・東海大地震の発生確率は70%超える。しかし、地震学者がまったくノーマークの場所で、熊本大震災が起きました。 今回の大地震で、被害が拡大したのは、ノーマークの場所で起こり、事前に耐震化工事を熊本の方々はしていなかった事です。

今後、九州は夏場大型台風が来ますので建物倒壊・崖崩れ等の2次災害の方が怖いのかもしれません。 

地震予知に税金を年間100億円使って、まったく予知が外れているのはどうしてなのか?  東日本大震災もあれだけ大きな大地震が起きたのに、予知した地震学者はほとんどいません。 阪神淡路大震災も同じです。 これから起こるであろう首都圏直下型大地震や東海大地震は来ないのではないかと思います。 

首都圏は大地震よりも、原発事故の放射能汚染の方が、私も心配な感じがします。 旧ソ連の原発事故は、大事故後から4年後から放射能被害が広がっています。いま、正にその時期です。 

さらに、昔は、関東大震災が再来するといわれていました。それから早40年。一向に起きません。首都圏直下型大地震は、心配なく、やはり放射能汚染の被害状況を隠蔽するために、大地震が起こる確率を高めているだけなのではないでしょうか? それが今回の熊本大地震で分かった事です。  

東電は解体されるどこか、誰も罪を償う人おらず、刑を受けた東電関係者はいません。さらに、株価まで上がりおかしな話です。 これが今の日本の姿でしょう。

・・・引用終わり・・・

首都圏直下型大地震や東海大地震に対する備えを怠ることは出来ませんが、何がより差し迫った危険なのか、そういう視点で物事を見る、備えるという姿勢が大事なのは投稿者の指摘のとおりではないでしょうか。

熊本地方の地震が続いています。過去にも群発地震がありましたが、是だけの回数、頻度は異例だと思います。日本では自然災害でも原子力災害でも、健康被害でも悪いニュースは流れなくなっています。

気象庁が熊本地方の地震に関しては、震度3以上のものしか履歴に掲載しない扱いをしていましたが、4/26、19時過ぎに扱いを変更したようです。震度1でも掲載されています。このためマグニチウド10回平均が急低下しています。熊本地方以外のものは、震度3以下でも掲載されていました。気象庁は、極めて恣意的なことをやっています。気をつけましょう。

※ T.HIRANO ‏@TOHRU_HIRANO 氏の2016/4/23のツイート
#熊本地震
(震度3以上)でないと、公表を止めたんだって。だから、アプリなどでは、22日から熊本地震は収まったかのように思ってしまう。気象庁は現地の人に対して非常に危険な行為をやってる。http://www.jma.go.jp/jp/quake/20160423211540387-010000.html

※ T.HIRANO ‏@TOHRU_HIRANO 氏の2016/4/23のツイート
#熊本地震
気象庁の「地震履歴データ」が、おかしい。昨夜からデータが表示されなくなってる。今日、NHKでは「震度1以上が20回おこってる」と報道しているのに、一般には公表をしていない(あまりにも多すぎるから?)現時点でM2.5以上(恐らく震度1〜2)の地震が約30回おこってる

※ dodekogude ‏@ETAN14000687 氏の2016/4/19のツイート
☟東大阪の方の井戸でも、ここ1週間で鉄分が増えて濁ってきたとのこと。井戸水や地下水の変化は兆候の1つ。熊本地震からもう6日。中央構造線に沿っての変化なのだろうか。近畿方面も注意。

九州の地震は、震源が動き各地に広がり始めました。

2016年4月20日 21時19分ごろ 福島県沖 M5.6 最大震度 3

熊本の地震について、さらなる規模の大きい地震がありうるとする見方が強まっているようです。気象庁もそのような発言を始めました。
上のマグニチウドの10回平均のグラフで見る限り、規模は大きくなっていません。

仮に前回の大きな地震M7.3を越える規模のものが熊本地方で発生するとなれば、これまでにかなり揺すられてきた建物が倒壊したりする危険があります。一時避難が適当かも知れません。余震が少なくなったからといって屋内にいても大丈夫ということではない可能性があります。

そして、熊本県以外で発生する場合、さらに物流網が被害を受けたり、津波が発生すること、原発に被害が出ることなどがありえます。


世界的には、太平洋を囲む陸地で大きな地震が続いており、さらにM8以上の地震の恐れもありとされています。RT2016/4/18
Sunday’s devastating earthquake in Ecuador might just be the beginning, according to a seismologist who says that current conditions in the Pacific Rim could trigger at least four quakes with magnitudes greater than 8.0.

熊本地震は、震源が東に広がりましたが、2016/4/18夕には地震の頻度が低くなっています。


熊本地震は、中央構造線地震にまとめました。必要があれば、そちらに戻ります。



4/16未明のM7.1(M7.3)が本震でピークだったようです。

5年前の三陸沖地震と比較すると、前回は2011/3/9 11:45に突如、三陸沖でM7.3の地震、その後も三陸沖で大きめな地震が相次ぎ、2011/3/11 14:46三陸沖 M9.0の本震の後は震源があちこちに広く動きました。

今回は、最初の地震からほぼ同じ震源で約50回の地震があり、その後震源が移動しつつ3日間で約200回の地震がありました。

今回の経過からすれば、中央構造線に沿ってM6.4程度の地震が突如発生し、移動しながら地震が続くことがこれからもありうるということになります。

気象庁による震源の推定は、あやふやです。修正が多く、2011/3/11の地震でもおそらく震源は適切に推定されていないと見られます。津波高の見積もりを間違えたりもしました。

5年間、地震予測情報を追ってきましたが、当たりません。特に何月何日などと期日を指定しているのは、全部ダメです。これは、学者も民間研究者もみな同じです。



2016/4/14、九州熊本で最大震度7の地震発生

発生時刻 2016年4月14日 21時26分ごろ
震源地 熊本県熊本地方
緯度 北緯32.7度
経度 東経130.8度
深さ 10km
マグニチュード 6.4

なお、薩摩川内市 震度4



※ しーた@ヘタレ団 ‏@germans_lover 氏の2016/4/14のツイート
結構地震起きた後に写真撮って載せてる人いるけど、撮ってた方がいいと思う。私、東日本大震災のときに実家がめちゃくちゃになったんだけど、どれだけ酷かったのか証拠を残してたおかげで地震保険?的なやつがおりたから。

2016/4/1、午前11時39分近畿地方で大きな地震、最大震度4、M6.1。

2016/2/7 19時27分ごろ茨城県南部でM4.6の地震。このところ茨城県で大きめな地震が続いています。


2016/1、宮城県沖、岩手県沖で少し大きな地震が連発


※ 2ちゃん原発情報 ‏@2ch_NPP_info 氏の2016/1/15のツイート
(Mixiから)
2016年01月15日10:49
新潟県の岩室温泉で泉質が変化して騒ぎになっている。
今までの温泉と全く違って臭いも無くなった。
岩室温泉はホッサマグナの東側のラインに沿ったホッサマグナ温泉です。

2016/1/14昼過ぎ北海道で強い地震

※ 2ちゃん原発情報 ‏@2ch_NPP_info 氏の2016/1/5のツイート
名無し:2016/01/05(火) 14:18 ID:XXXXXXXX
東京で地鳴りの報告が相次ぐ
http://www.buzznews.jp/?p=2040844


311では本震に先駆けて次第にマグニチュウドがステップアップしていった。


※ 本物黒酒 ‏@honest_kuroki 氏の2015/9/18のツイート
@asuka_250 地質学者木村政昭教授公式サイトコピペ》
2015年9月17日(日本時間)、南米チリでM8.3の巨大地震が発生しました。
過去の規則性から見ると、日本列島付近の巨大地震発生の可能性に注意が必要かと思われます。
http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/2015/09/17/1304/

※ 共同通信公式 ‏@kyodo_official 2015/9/14
気象庁は14日、噴火した熊本県の阿蘇山について、中岳第1火口の周辺で火砕流が発生した可能性があると発表した。

※ 箱根の避難指示。大涌谷から、半径およそ1kmの範囲に出していた避難指示を、半径およそ500メートルに縮小した。2015/9/14午前

※ NEWS ポストセブン 8月10日(月)16時6分配信
MEGA地震予測創設以来初 南関東警戒レベルを最大に引き上げ
民間会社JESEA(地震科学探査機構)は「南関東の警戒レベルを最大に引き上げた。これは我々が東日本大震災後にメルマガを開始してから初めてのこと」と。

※ Eq-p ‏@prediction_ 氏の2015/7/17のツイート
八丈島近海の群発地震、で木村教授の予測からはM8.5を示唆、状況からはM9もありえる、震源が八丈島東方沖に移行した場合は要注意、M9が発生した場合、最大60m級の大津波の恐れあり、各種データから今夏中に来てもおかしくはない状況です!!

2015/5/30、20時29分頃関東地方で地震。M8.5


上の画像は、桜橋から撮影されたものですが、通常時のほぼ同じアングルの画像がこちらにあります。



海面が30m上昇した場合の浸水区域。30mの津波が来ても、内陸深く浸水区域が広がることはありません。1時間も津波が押し寄せ続けることはありませんから。


2015/6/30、箱根で噴火


ニューギニア付近で大きな地震が続いています。
2015年3月30日 8時49分ごろ ニューギニア付近 7.6
2015年5月1日 17時06分ごろ ニューギニア付近 7.1
2015年5月5日 10時44分ごろ ニューギニア付近 7.5
2015年5月7日 16時10分ごろ ニューギニア付近 7.2

◎ 最近の地震前兆関係の情報
※ BOPPO ‏@Boppo2011氏の2015/2/15のツイート
◆東京で潮位異常 現在、数年1度レベルの原因不明の潮位異常を観測 潮位変化監視・評価・研究システム http://www.eqtide.com/ によると、東京で-32cmは標準偏差3.35σ=0.04% 関東周辺でM6級の可能性も

※  rima @risa_mama117 氏の2015/2/4のツイート
東北沖のプレート、震災前の状態に回復? 筑波大発表 http://www.asahi.com/articles/ASH23436TH23UJHB00R.html … 「大震災でエネルギーが解放されたが、予想以上に早くたまっている可能性があるという」

※ 各地で竜巻型の地震雲が観察されている。昔の人は、こんな雲を見て龍が天に昇るイメージを抱いたのだと思う。

◎ 大地震を警戒する専門家の声
※ (日刊ゲンダイ2013/11/11)
元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏(地殻変動解析学)
3・11地震によるひずみが解消していない空白域である茨城県沖や北海道十勝沖、根室沖付近は、いつ大きな揺れが襲ってもおかしくない。問題は、次に茨城県沖や、房総沖で大きな地震が起きた時です。東京は3・11以上に大きく揺れ、首都直下の震源域を刺激しかねない。直下地震を引き起こすことも考えられます

※ 2015年までに、最大M8.5の伊豆・小笠原地震が発生すると予測する研究者がいる。「この海溝でM8.5の地震が発生したら、首都圏や本州沿岸部でも最大で震度6程度が想定できます。この海域にあるフィリピン海プレートは柔らかく、地震時の跳ね上がりは東日本大震災の比ではない。最悪の場合、房総沖から西日本沿岸にかけて、東日本大震災を凌駕する30m級の大津波に襲われる可能性もあります」と。

※ 日刊ゲンダイ2015年2月17日
立命館大環太平洋文明研究センター・歴史都市防災研究所の高橋学教授
一昨日(14日)発生した兵庫県南西部地震の揺れ方です。兵庫から岡山に延びる『山崎断層』や、諏訪湖―豊橋―和歌山―徳島を経て阿蘇山の下へ延びる日本列島最大の活断層『中央構造線』の徳島北部の位置で揺れている。どちらも、南からのフィリピン海プレートの圧力に耐えられなくなって、ユーラシアプレートの活断層が動いたのです。しかも、徳島北部では深さが40キロでした。内陸直下では普通は10キロ。40キロということは、プレートが押されて沈みかけているところで地震が起きているということです。西日本の南北圧縮が限界になりつつあります。南海トラフとの関わりの強い、桜島、阿蘇山、新燃岳の噴火も続いている。6日の徳島地震くらいの揺れがあと1、2度起きれば、いよいよ切迫した状況になるでしょう

※ 南海地震の接近を警告している測量学者もいる。

◎ 地震予測関係
ロシアのシュミット地球物理研究所アレクセイ・リュブシン氏が2013/4にM9クラスの地震の発生を予測。危険期間の始期が2012年初め、危険期間2年だから、すでに3年経過した。幸い、予想は今のところはずれだ。
カラスはどこに消えた? その16


アレクセイ・リュブシン氏のペーパーが2015/2に更新され、次に大地震が起きる場所は南海トラフだとされている。場所については変わりがないが、時期については触れられていない。

According to the results of seismic noise processing from Japan broadband network F-net the region of Nankai Trough could be the place of the next mega-earthquake.

※ 琵琶湖周辺の地震を警告している八ヶ岳南麓天文台串田氏の観測状況ではまだ前兆が継続中のようだ。発生見込み時期がどんどん先に延びていて、果たして予測といえるのか、いささか疑問もある。

◎ 過去の大地震
「1891年に岐阜市内で濃尾地震を経験した人の回顧録によると、地震発生時は立って歩ける程度の震動だったが、やがて動けなくなって地面に四つん這いとなる程の激しい震動となり、その振動が約10分間程継続した」との記述を掲示板で見た。2011/3/11も、数分間激しい揺れが続いた感じだった。

◎ 噴火関係
※ 最近の最大の地震前兆であった、小笠原諸島の「西之島」の噴火、2013/12/29、鹿児島県十島村、諏訪之瀬島の大きな噴火。そしてしばらく置いて2014/9/27 木曽御嶽山が噴火。大惨事になった。

※ 毎日新聞2014/9/30
仙台管区気象台は東北地方の18活火山うち蔵王山、秋田駒ケ岳、吾妻山、八甲田山の4火山の活動が昨年ごろから活発化しているとして、「直ちに噴火する兆候は認められないが、今後の推移に注意が必要」と呼びかけている。【金森崇之】
 同気象台によると、東北の活火山のうち、国が24時間の常時監視が必要な対象に選定しているのは10火山。現在はいずれの山も「平常」な状態で、登山や周辺での日常生活に支障はないという。
秋田・岩手県境の秋田駒ケ岳と、福島・山形県境の吾妻山は、火山性地震は少ないものの噴気活動が続いており、注意が必要だとしている。

※ 火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は、「富士山はいつ噴火してもおかしくない状態」と述べていて、いつ頃噴火するとは言っていない。

今の政府は、国民の安全を守る意識が薄いことは災害や人質事件で露見した。インフラが壊れることも念頭に置いて備蓄などの準備は生き延びるために必須。

2015/5/14、千葉県北部にお住まいのうささんから寄せられた地震予想は当たりました。2015年5月15日 17時25分ごろ 茨城県南部  M2.9。まだあるのかもしれません。
(初出 2013-11-09 23:43:01 随時追記予定)
posted by ZUKUNASHI at 10:48| Comment(22) | 東日本大震災
この記事へのコメント
こんにちは
雑談です おひまなときにでも
地震に遭遇しその後の生活の知恵としてもしかして?
使えるかもしれない話のひとつかも?な話等です(モバイルハウス)
ソーラーパネルの話とか自然エネルギーの話とかもあります

爆 発 後の討論、約2時間
DOMMUNE pt1. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=7R3cFRhbBl0

DOMMUNE pt2. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也×磯辺涼
http://www.youtube.com/watch?v=HoNybrjb35M

DOMMUNE pt3. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
http://www.youtube.com/watch?v=zHRqvqm7CK0

DOMMUNE pt4. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
http://www.youtube.com/watch?v=3NnVnedmr2M

DOMMUNE pt5. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
http://www.youtube.com/watch?v=hk1bRDEdxns

DOMMUNE pt6. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
http://www.youtube.com/watch?v=Vmdnmlxdmhw

DOMMUNE pt7. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
http://www.youtube.com/watch?v=4zR9pLtr41M

DOMMUNE pt8. 2011/4/6 坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
http://www.youtube.com/watch?v=N_v3THdvh34
Posted by とおりすがり at 2014年03月27日 15:07
つずき 爆 発 前
DOMMUNE part1「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=Yyvrh0_nHQs

DOMMUNE part2「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=A13ZiScO-rc

DOMMUNE part3「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=3f_YUqPj6fs

DOMMUNE part4「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=3B5u7yMMRUw

DOMMUNE part5「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=Q02SsWdc8Og

DOMMUNE part6「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=gsDH4CLKsQc

DOMMUNE part7「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=yS6Wv8b9N3Y

DOMMUNE part8「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平
http://www.youtube.com/watch?v=QP4fhI2hJLw
Posted by とおりすがり at 2014年03月27日 15:08
ずくなし様、祈祷師の私としては、今年とても悪いことが起こりそうでなりません。今年になつてから強く感じています。巨大な地震か、原発の爆発か、核戦争か、みなさん注意してくださあい。
Posted by 西 亨 at 2015年02月17日 22:56
ぢしんだぁ〜\(><)/福一事件により福一から90kmの栃木県内の自宅を放棄して外房へ避難放浪中。癌にならなければ安全なんて政府の詭弁自宅地区では奇形魚確認されてまっせ
Posted by 頭が悪いおぢさん at 2015年03月26日 06:52
>2015/4/11 朝、電波時計の時間がずれていた。

2015/4/11 朝 電波時計の時間がずれていたのが正常に。
昨日の朝 電波時計の時間が1分間遅れでずれていた。
方位磁石の方位はNW方向にずれ下方向に傾き振れが阻害される。
こんな事象が起こると決まって利根川、茨城県付近で地震が・・・

Posted by うさ at 2015年04月11日 13:53
>東海方面で大きな地震と津波を警戒する声があります。

5.11 17:46 説も出ています。
http://u111u.info/kOIu
東海、近畿も危ない?
何も起きなければよいのですが・・・
Posted by 顔介 at 2015年05月09日 12:28
方位磁石が東に15度程、昨晩(5/13)の茨城北東部地震からずれが戻らない。
先週末ごろ西に5度ほどずれが急に東に、磁粉入り製図版に用紙抑えの磁石が
落下、また地下から突き上げるような微振動がつたわる。
 基礎に8mパイル打ち込み使用からか夜中は良く感じる。

酒々井ICー大栄IC 近辺の方位磁石の変化に注目してから変化最大です。
成田あたりの震源に要注意のことだが揺れは周辺100k圏の方が大きいだろう
予測です。
Posted by うさ at 2015年05月14日 10:38
栃木の研究者さんのサイトでも再度関東圏で強い地震がありそうと予想されていますね。
本命の大災害級のものはまだ少し先そうですが、ずくなしさんの地域でも5/30と同程度かもう少し強い程度の地震に警戒しておいてください。
Posted by 流しの at 2015年06月20日 16:13
流しのさん ありがとうございます。この前はずいぶん揺れました。
Posted by ずくなし at 2015年06月20日 17:16
こんにちは、ここのホームページを偶然見つけました。
串田氏の公表している近畿圏大型地震の予測日に関する考察です。

串田氏が発生日と計算した日付はほとんどが「新月」もしくは「満月」近辺となっています。
彼は「月の引力が地盤に与える影響」を観測しているだけなのかな?と思います。
もしくは、大型地震は「新月」もしくは「満月」近辺に発生するということなのでしょうか?

串田氏地震発生予測日 予測日誤差範囲 月齢日 現象
2016/4/6 ±1 2016/4/7 新月
2016/4/2 ±1 2016/4/1 下弦
2016/3/25 ±1 2016/3/23 満月
2016/3/22 ±2 2016/3/23 満月
2016/3/11 ±3 2016/3/9 新月
2016/2/24 ±2 2016/3/23 満月
2016/2/9 ±1 2016/2/8 新月
2016/1/25 +1 2016/1/24 満月
2016/1/18 ±1 2016/1/17 上弦
2016/1/12 ±1 2016/1/10 新月
2016/1/10 +1 2016/1/10 新月
2015/12/27 +1 2015/12/25 満月
2015/12/26 ±1 2015/12/25 満月
2015/12/24 ±1 2015/12/25 満月
2015/12/13 ±0 2015/12/11 新月
2015/12/18 ±0 2015/12/19 上弦
2015/12/14 ±1 2015/12/11 新月
2015/12/11 ±1 2015/12/11 新月
2015/12/9 ±1 2015/12/11 新月
2015/11/30 ±0 2015/11/26 満月
2015/11/29 ±2 2015/11/26 満月
2015/11/20 ±1 2015/11/19 上弦
2015/11/19 ±1 2015/11/19 上弦
2015/11/13 ±2 2015/11/12 新月
2015/10/27 ±1 2015/10/27 満月
2015/10/25 ±3 2015/10/27 満月
2015/10/14 ±2 2015/10/13 新月
2015/10/5 ±1 2015/10/5 下弦
2015/9/5 ±3 2015/9/5 下弦
2015/8/30 ±3 2015/8/30 満月
2015/8/15 ±1 2015/8/14 新月
2015/8/13 ±1 2015/8/14 新月
2015/8/1 ±2 2015/7/31 満月
2015/7/31 +1 2015/7/31 満月
2015/4/20 ±1 2015/4/19 新月
2014/11/8 ±1 2014/11/7 満月
2014/7/21 ±1 2014/7/19 下弦
2014/6/27 ±1 2014/6/27 新月
2014/4/1 ±1 2014/3/31 新月
2014/3/11 ±1 2014/3/8 上弦
2014/3/5 ±1 2014/3/8 上弦
Posted by ぽんぽn at 2016年03月31日 13:20
ぽんぽんさん こんにちは
>大型地震は「新月」もしくは「満月」近辺に発生するということなのでしょうか
東海アマ氏も引力の変化が引き鉄になるという見方のようですね。確かにそれはあると思いますが、暦では分からないことをどうやってとらえて行くかですよね。
北大の先生がやっていた電波の伝播具合による予測はどうなったのでしょう。
管理人は、大きな地震が接近して地震の平均規模が大きくなっていくという前回の例しか参考にならないと感じています。
Posted by ずくなし at 2016年03月31日 13:51
震度7を記録した熊本県益城町は、川内まで、断層がつながっていること。
今まで、東海地震が起こると言われていながら、そこで起こらず、
神戸・新潟等、まったく無警戒な所で、震度7規模の大地震が起こったように、
今回も、中部から四国にかけての東南海を警戒、と言われていながら、
その予測は外れ、全く無警戒だった、九州で起こった。
つまり、高次の宏観現象予測でもしない限りは、
多額の国民の血税を使う、外ればかりの、統計学的手法による、
幾つかの大学での、地震予測は、まったく、
意味をなしていないし、今後は、お金がもったいないので、
辞めるべきだと思う。
考えてみれば、日本列島は、プレート境界に、串刺しになっている。
プレートの引き延ばしに無理が来て、そのエッジ(先端)を弾きそうな場所など、
東南海などは、その1候補に過ぎず、実際には、何千とあるのだ。
これでも、依然、あの、九電の言われるがままに、ポケーっと何も考えずに、
川内原発差し止め請求を、火山の噴火面だけで、丸め込まれ、
地震の事など、故意に、一切、頭に行かせようとはしていなかった、
棄却した、おバカさんな、
ただ単に、九電におもねって、昇進目的だけにいる
福岡地裁宮崎支部の、裁判長を筆頭に、
推進屋は、ここだけの話、
彼らも、あくまで本音ベースだが、
「日本の”災害列島”のコンセプトは、
 311から、何も変わらず。
 地震はじめ、いろんな災害は、
 川内はじめ、各原発を襲い、
 人が一定数、晩発の内部被ばくで、犠牲になる」
ことを、あらためて、認識したのではないかと思う。
だから、この人たちは、同胞の命など、どうでも、で、
彼らとその家族の幸福など、犠牲にしても、
お金を儲けたいだけなので、
(推進屋の筆頭格、パン泥改め、高木毅復興相の、
 実父である、原発銀座にいた、敦賀元市長がそう言っている)
この裁判官を筆頭に、別に、裁判所にいて、
敢えて、常時、正義面のような、堅苦しい事をしていなくても、
東日本に行って、葬儀屋さんに転職した方が、
正義側の国民からは、揶揄されない形で、
チェルノブイリでの、健康被害の歴史を見たって、
「これは、環境中に、サリンを撒き散らしたオウムの如く、
 (軒並み、彼らは、教唆犯も含め、大部分が、死刑判決)
 テロリストなみの、殉職者巻き込みの自殺行為?!」
を彷彿とさせる兇器の行動に、恐怖におののいている国民も、
推進屋に再稼働されない形で、彼らは、これからは、どんどん、儲かると思う。
厚労省は、東日本での健康状況を熟知しているので、
悪党に、更生を促すと言うか、
血の気の多い彼ら、推進に、”葬儀屋さん”と言う、
カタギの、崇高な仕事を斡旋してやるべきだ。
これで、日本は、うまく、回るのである。
Posted by 浮き船 at 2016年04月15日 19:49
電子機器にたよらないほうがいいかなあと。いろいろな計算やら伝送遅延、何等かのフィルタリング動作があるので、至近距離では逆に遅すぎるでしょう。

何らかの珍事象で発生をキャッチできないときは、その時の体感でいくしかないです。音はどうか、波は重なっているか、止まらないとか、大きくなってきたとか、自分の感性を磨いたほうがましでしょう。

地震学は所詮、学説だし、それに引っ張られているうちは予測なんて
無理でしょう。標準学説のプレートテクトニクス、断層理論とかは
あてにならないですよ。

Posted by white at 2016年04月20日 22:02
はじめまして。
静岡で地震防災研究会をやっております、ヨシと申します。
毎日欠かさず拝見しております。原発事故も被曝も、全てが人災ですね。

静岡市葵区で出生死亡比率が悪化した原因は、2012年に市内で行われた
ガレキ処理が大きく影響していると考えます。私も父親をこれで亡くしました。

研究会では、原発問題、被爆問題の他に、震災調査、地震予知、津波防波堤開発
などを行っています。

今回の熊本地震、前震を検知したことで、16日の本震M7.3を予知しました。
拙作ブログにて注意報を発表しましたが、無名研究会でもあり、
残念ながら現地の方々へはお役には立てませんでした。
簡単な前震の判定方法ですので、今後拡散希望です。
http://ameblo.jp/shizusinken/
Posted by ヨシ at 2016年04月29日 22:17
ヨシさんこんばんは
あの余震が続く中での一段大きい地震の予想は立派です。
コメントで教えてもらえば、掲載させていただく用意があります。
Posted by ずくなし at 2016年04月30日 00:12
ずくなしさん、おはようございます。
早速のレスと励ましのお言葉、ありがとうございました。

前震の検知による本震の予知方法は、その地震が「前震」であることを判定する
基準が肝要となります。当研究会では、過去の歴史地震及び東日本大震災を詳細に
分析した結果、以下の前震判定基準を見出し採用しています。

ある地点で発生した1回目の地震と、その直後に近傍で発生した最大地震(2回目)
のマグニチュード(M)の差を比較します。
海溝型地震の場合:M差が0.7以上(例えば1回目がM8なら、2回目がM7.3以下)
内陸型地震の場合:M差が0.3以上(例えば1回目がM7なら、2回目がM6.7以下)
の場合、1回目を「本震」、それ以降を「余震」と判定し、1回目を上回る地震は
発生しないと予知します。

一方、
海溝型地震の場合:M差が0.6以下(例えば1回目がM7なら、2回目がM6.4以上)
内陸型地震の場合:M差が0.2以下(例えば1回目がM7なら、2回目がM6.8以上)
の場合、1回目と2回目を共に「前震」と判定し、2回目から3日以内に、2回のMを
上回る「本震」が発生すると予知します。

東日本大震災では、3月9日にM7.2、3月10日にM6.6が発生し、海溝型地震2回の
マグニチュード差が0.6だったため、この2回は「前震」と判定されました。

今回の熊本地震では、4月14日にM6.5、4月15日にM6.4が発生し、内陸型地震2回の
マグニチュード差が0.1だったため、この2回は「前震」であると判定し、その後
にこれら2回を上回る「本震」が発生すると予知しました。

前震の判定基準と予知方法のあらましは以上です。これらは破壊力学と密接に関連
する現象であり、前震がある場合は、これらにより判定可能です。前震がない場合
であっても、物体が破壊する時は必ず事前に「微小な破壊」が発生していますので、
破壊音や電磁波などにより検知可能です。当研究会では、上記の前震検知手法と
並行して、御前崎海岸など数ケ所において、破壊音=低周波音の計測を行い、より
精度が高い予知手法の構築を試みています。
Posted by ヨシ at 2016年04月30日 07:32
御無沙汰しています。貴方のこのブログ、最近益々冴えを増して何よりです。
少し(というか非常に)気になったことがあるので久々にコメントです。もっとも情報通の貴方は既にご存知だと思いますが。
@熊本地震の震源地 自衛隊高遊原分屯地の存在する地点と一致
A鹿児島で墜落した自衛隊入間基地所属U125点検機の乗員遺体回収作業員がなぜか防護服を着用 
(その理由は<新日本の黒い霧>サイトでどうぞ)

311も熊本も人工地震っぽいな、というのが正直な感想です。だから予知とは全く無縁のところで発生する。ということは、これからも大地震が来るのではないかと。                                                     
Posted by 真実の瞬間 at 2016年05月21日 18:23
熊本地震の震源地が自衛隊高遊原分屯地の存在する地点と一致し、しかもボーリングをやっていたとの情報もありますね。人工地震だとして、大きなのが3回までは分かりますが、その後今に至るまでの地震継続をどうとらえるかですね。人工地震の余震という見方ももちろんありますが。
ヘリコプターは回転翼の回転数をカウントするために翼にストロンチウムがつけてあるようですね。ベータ線源ですから翼が至近距離に来たときだけ測定器・検出器がベータ線をとらえます。ベータ線源の特性を使った使い方です。ヘリコプターの事故ではこのストロンチウムが飛散することを警戒するようです。沖縄の学校敷地に米軍ヘリが落ちたときは、防護服を着てガイガーカウンターを手にしていました。

熊本地震で阿蘇山の火山活動が活発化するのかなと見ていますが。
Posted by ずくなし at 2016年05月21日 19:42
福島沖で比較的強い地震。まだこれが本震ではない可能性もありあすし、何より今回は寒い。
かなり危険な兆候かと思いますね。
Posted by 水源 at 2016年11月22日 07:14
低周波音計測機で地下岩盤の振動音のみを計測すると、その音量ボリュウムの推移で地震予知が可能に成ります。地表面浅い穴の中で聴診器スタイル・防音シートで円錐形にして、地表5センチ以内の不可聴低周波振動音のみを計測し、その音量を計測記録すると断層に圧力が掛かり変形すれば振動音が放出されます、振動音のピークを迎えて破砕・断層がずれます。計測機を広範囲に設置すれば地震発生タイミング・規模と発生場所が予見でき首都圏に配備すれば、次の首都直下地震発生前に電車を停車できます、地震予知は可能です。地震計で音量は計測出来ません、巨大な音量の不可聴低周波振動音を感じて動物たちは異常行動を起こし動物の宏観異常現象として目視され、その後大規模地震が発生し、多くの人々が被災しますが、低周波音計測機で地下の地鳴りを計測すれば音圧・音量が異常に増大する時、地震予知が実現できます、日本国特許・近距離直下型地震予知システム、人類史上初の計測システムによる偉業を成し遂げてみませんか。
Posted by 嶋田正廣 at 2017年06月27日 09:17
地層中の低周波音を拾いその変化を見るという方法は確かに有効なように思います。
今はGM-10で常時個人宅の線量率をネットにアップしている人も多いですから多くの方が自宅の地層中低周波音の変化を捉えて、それを集約すれば足りるわけですね。
コンパクトな低周波音計測機を開発して、それを地中に埋めるだけになれば協力する人も出るのではないでしょうか。
自分でパソコンにデータを入れて分析してもよいのでしょうね。
Posted by ずくなし at 2017年06月27日 10:09
ずくなしさん評価有り難うございます。兵庫県選出の衆議院議員・赤羽一義先生から政府も取り組んでいると伺いました。首都圏で震度5程度の地震が発生すれば予兆現象をとらえて、数年以内には日本で地震予知に成功する可能性も有ります。しかし計測方法・内容が知らされないので、自分でも安価な計測器を購入して、関東の地下岩盤の低周波振動音の音圧・音量の基礎数値の計測実行に取り組む気持ちも有ります。高性能の機械は10万円以上しますが輸入物では安価な機械の宣伝も載っています。関東の電鉄会社にも、研究段階での特許使用料は要りませんから。私鉄協会でトライしてみませんかとコピー9枚送りました。一般個人で計測しても地震発生は予知できます、規模の大小は広範囲に設置してネットでつなぐ必要が有ります。
Posted by 嶋田正廣 at 2017年07月05日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。