きのこが教える汚染地図 2(更新版): ずくなしの冷や水

2013年11月19日

きのこが教える汚染地図 2(更新版)



この2013/11/19版では、岩手県、群馬県、山梨県など10市町村についてデータを追加。乾シイタケについてはそのセシウム濃度を10分の1に引き下げる調整を加えている。検出値10ベクレル/kg未満のものでは、セシウム134が検出限界未満のものが半数近くある。新潟県、秋田県、山梨県は検出限界が相対的に低く、試料件数も多い。

次の原子力研究開発機構によるセシウム沈着量シミュレーション図は、1000ベクレル/m2の境界線を分かりやすくするため色合いを修正している。2013/11/15版では、下図にある佐渡島へのプルーム到達を確認できた。





posted by ZUKUNASHI at 18:37| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
数年前までキノコ狩りを楽しんでいましたが、事故以来、行っていません。これでは、山菜もダメですね?
Posted by 柏村 佳秀 at 2013年11月21日 06:05
山菜、タケノコはきのこと同じで汚染が強いです。
茶の葉も広い地域で汚染が見つかっていますし、月桂樹、肉桂などの葉もデータはありませんが、汚染の可能性がありますから注意が必要です。
Posted by ずくなし at 2013年11月21日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。